Blog

写真 2018-07-10 23 20 25


福岡県、有明海の広がる街で生まれ育った少女が、
食べたこともないフランス料理に恋をして海を渡った。

ミシュラン星レストラン「Sola」の吉武広樹シェフに認められ、
スーシェフとして活躍した後に、また海を越えて帰国した。

恵比寿の小さな一軒家にオープンした藤木千夏シェフのお店。
すべての生命体の原点、海、生み。
海が繋げてくれた技術と味が、新しいストーリーを発信する。

素材を活かすというだけでない、すべてに優しい味がする魔法は、
きっとお祖母様から伝えられた、彼女だけの秘技。

昨年のRED-U35で「岸朝子賞」を受賞した実力はお墨付き。

千夏シェフの前途を祝して、東京の夏に乾杯しよう。

Restaurant Umi ホームページ

写真 2018-07-16 10 48 26

写真 2018-07-16 10 48 58


A girl who grew up in a town near Ariake Ocean in Fukuoka prefecture,
She fell in love with French cuisine she never ate and crossed the sea.

She worked with Hiroki Yoshitake, the chef of Michelin star restaurant "Sola" in Paris,
After working as a sous-chef, she returned home across the ocean.

Chef Chinatsu Fujiki's restaurant opened in a small house in Ebisu, Tokyo.
Origin of all life forms, sea, birth.
The technology and taste that were connected by the ocean will make a new story.

Not only to make use of the food material, she knows the magic that makes all tastes gentle.
Her secret magic was surely told by her grandmother.

She won the "Award of Asko Kishi" at last year's RED-U 35.
Let us celebrate the prospect of the Chef Chinatsu, and cheer to the summer of Tokyo.

写真 2018-07-10 23 59 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-09 16 06 41


重い障害を持って生まれた長女のミドルネームは「ティアラ」。
女性の頭上で品よく輝く王冠のように、皆に愛されてほしいと願った。

そんな「ティアラ」コレクションでも有名なジュエリーブランド・ショーメと、
今をときめく新進気鋭のアーティスト三浦大地さんのコラボ展示会。

大地さんが10年前に初めて自分のために購入したショーメのリングが、
「絆」を意味するクロスのデザイン「リアン」シリーズだったという。
御縁を繋いだ「リアン」のリングが、確実に「絆」を形にしてくれたのだ。

ジュエリーを手にした時の高揚感。
身に纏って鏡を覗いた時の、天にも昇るような気持ち。

ジュエリーボックスに入り込んで、空想の世界に飛んでいくような感覚を、
たくさんの方にお楽しみいただけますように。

“Inside the blue box by Daichi Miura”
銀座4丁目のポップアップストアで、7月29日まで開催中。
中央区銀座4−3−9 CHAUMET POP UP STORE

写真 2018-07-09 15 59 32

写真 2018-07-09 15 59 51



The middle name of the eldest daughter born with a heavy obstacle is "Tiarra".
Like a crown shining well over the top of a woman, we hoped that everyone would love her.

With such a "Tiarra" collection also famous jewelry brand Chaumet,
has been a collaborative exhibition of Daisuke Miura, an up-and-coming artist.

Chaumet's ring that Daichi Miura purchased for himself for the first time ten years ago,
he said that it was a cross design "Liens" series meaning "edge".
The ring of "Liens" that bound the edge surely formed "edge".

An euphoria when we have jewelry.
We feel like rising up to heaven when we looked into the mirror wearing it.

If you enter the jewelry box and feel like flying to the fantasy world.
Hope many people will enjoy there.

"inside the blue box by Daichi Miura"
It is a pop-up store of Ginza 4 chome, which is being held until July 29.
Chuo Ward Ginza 4-3-9 CHAUMET POP UP STORE

写真 2018-07-09 16 00 29

写真 2018-07-09 16 04 25

写真 2018-07-09 16 05 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-09 16 05 01

写真 2018-07-14 12 54 01


Next

幼少の頃、暑い夏の湯上り。
父が打ち上げ花火を見せてくれた。
少し風の強い日で、倒れた花火がそのまま私を襲ってきた。
パジャマにたくさん穴が開いて、私の右腕が燃え上がった。
今でもその時の火傷跡が、くっきり残っている。

久しぶりにガス栓を開けた実家の離れで、油がとんだ。
右腕に12カ所、丸い跡がついて腫れあがった。
市販の薬を塗ったら、少し痛みが和らいだ気がした。

翌日、仕事の打ち合わせ中に、従姉から病院行きの司令。
銀座のど真ん中で途方に暮れていたら、友人が皮膚科を紹介してくれた。
「手遅れにならなくて良かった」と医師に告げられた。
初期対応が何より大事なのだからと。

若い頃は数日で治る虫刺されの跡だって、
40代になると1年越しの傷跡になることだってある。

身体の傷は、時間が経てば癒ることもある。
でも、心の傷はなかなか立ち直れない。

私はまた火が怖くなった。
人生も花火も、少し遠くから見るのがいい。

写真 2018-07-08 16 49 18

写真 2018-07-09 15 00 15


When I was a child, it happened the time after the bath time in the hot summer.
My father showed us the fireworks.
A slightly windy day, the fallen fireworks struck me as it was.
A lot of holes opened in my pajamas, my right arm burned up.
Even now the scars of that time are clearly left.

I got the burn again at my parents’ house when I opened a gas faucet after a long time.
Twelve places on the right arm swollen with round marks.
When I applied a commercially available medicine, I felt that the pain was relieved a little.

The next day, during the meeting of work, my cousin asked me to go to the hospital immediately.
When I was at a loss in the middle of Ginza, my friend introduced me to the dermatology department.
"You were not to be too late" that the doctor was told.
Because initial response was more important than anything.

If we are young, a trace of insect bites would cure in a few days.
But there is a thing that it becomes a scar of over a year when it is in his 40's.

Bodily wounds may heal over time.
But, scratches of my heart cannot be recovered easily.

I am scared of fire again.
Both life and fireworks should be seen from a distance.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

懇親会終了後、最後の片付けまで残っていてくださった友人。
こういう仲間の存在が、本当に嬉しい。

少しリラックスしたら、また次のステージへコマを進めよう。

写真 2018-07-07 19 37 05


There were friends who remained until the last cleaning up after the social gathering.
The presence of such fellows was really glad.

After we relax a bit, let's move on to the next stage.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-07 19 35 49

写真 2018-07-07 18 01 27


セミナーの後、懇親会の会場に移動。
ここでようやく、参加者の皆様とゆっくり歓談。

遠くニューヨーク、ロンドン、そして国内各地から、
この日のために駆けつけてくださった方もいらして大感激。

具体的に行動できる人が集まると、そこに素敵なエネルギーが集結する。
「会いたい人には会える時に会う」という気持ちが何よりも大切で。

いろんな立場の人が、いろんな状況にいるけれど。
同じ時間を過ごした事実は、絶対的な宝物。

ここから繋がる仲間の輪が、きっと未来をも繋げてくれる。

写真 2018-07-07 13 11 10

写真 2018-07-11 9 29 24

写真 2018-07-07 13 18 08

写真 2018-07-07 15 49 50

写真 2018-07-07 15 50 12

写真 2018-07-11 10 02 00

写真 2018-07-07 18 01 30


After the seminar, we moved to the reception party.
At last, we talked to the participants individually.

Distantly from New York, London, and all over the country in Japan,
I was deeply impressed with some people who came for this day.

When people who can act specifically gather, nice energy gathers there.
The feeling "I meet the person I want to meet when I can meet" is more important than anything.

People in many positions were in various situations.
The fact that we spent the same time is an absolute treasure.

The circle of friends connecting from here will surely connect the future.

写真 2018-07-07 19 36 32

写真 2018-07-11 9 33 48

総括してくださった甲斐資朗さん、ありがとうございました!


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-07 13 55 49

To be continued...
Next

写真 2018-07-07 15 52 37

写真 2018-07-10 16 27 19


2018年7月7日、七夕の日。
累計140万部を超えるベストセラー作家山崎拓巳氏とのコラボ企画第2弾。
「夢で食べる!幸せのカタチ!」というテーマでのトークライブ。

豪雨の影響で帰京が心配された山崎氏と、当日朝にもう一度打ち合わせ。
台本も進行表もないセミナーだから、どこに行き着くか分からない。

夢を追い求めるだけでなく、それをきちんとビジネスに繋げていくこと。
山崎氏の「スゴイ!稼ぎ方」は、お金の儲け方を説くのではなくて、
どんな生き方、どんな働き方をすべきかというヒントをくれる。

一方通行のトークではなくて、参加者の皆様に何かを持ち帰ってもらい、
グループワークで交流することで、新しいコミュニティを発見してほしい。

山崎氏と横目で呼吸を合わせつつ、会の方向を確認しあう。
あっという間の2時間、話し足りないことは次回へと繋げよう。

土曜の早朝から会場にお越しいただいた大勢の皆様、
当日の運営を手伝ってくださったスタッフの皆様、
集客、会場設営、音響、進行、最後の集計まで統括してくださった甲斐資朗さん、
本当にありがとうございました。
そして120分を見事にナビゲートしてくださった山崎拓巳さんに、
心からの感謝を込めて。

第3弾企画をどうぞお楽しみに。

写真 2018-07-07 15 51 50

写真 2018-07-07 15 52 22


On July 7th, 2018.
I had the second collaboration project with Mr. Takumi Yamazaki, a best- selling author who sold more than 1.4 million copies in total.
It was a talk live with the theme "How to earn by your dream and happy."

Mr. Yamazaki who returned from Osaka in the early morning, and we had a quick meeting.
Because it was a seminar with no script or progress table, we did not know where we would arrive.

Not only to pursue your dreams, but also to connect it properly to your business.
Mr. Yamazaki's recent book was not to preach how to make money,
It gave us a hint as to how to live and how to work.

Instead of one-way talks, we wanted let everyone take home something,
We hoped them discover new communities by interacting with group work.

While confronting Mr. Yamazaki with breathing, I checked the direction of the meeting.
We've decided to continue our conversation to the next event.

I'm really thankful to;
Everyone who came to the venue from early Saturday morning.
All staff who helped to manage the day.
Mr. Shiro Kai who cooperated to operate the event.
And to Mr.Yamazaki who nicely navigated 120 minutes,
With a sincere gratitude.

Hope it will be continued to the next project.

写真 2018-07-10 4 00 28

写真 2018-07-10 4 00 38



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-10 16 27 28

スクリーンショット 2018-07-10 03.41.53

運営をお手伝いしてくださったスタッフの皆様。
Next

写真 2018-07-02 9 10 58


世にも美しい奇跡的な自然現象「マンハッタンヘンジ」。
マンハッタンの東西を貫くストリートの直線上に夕日が沈む時、
その雄大な美しさに、誰もがため息を漏らす。
年に4回の奇跡的自然現象「マンハッタンヘンジ」を追いかけて、
世界中から人々が集まって来る。

ピッタリの日程でなくとも、この時期のサンセットは実に見事。
摩天楼を一気に照らすエネルギーに、人々は毎日魅了される。
朝陽が昇る瞬間も、夕陽が沈む瞬間も。
大自然に逆らって生きることはできないことを痛感する。

地震や豪雨の被害に遭われた母国の人達へ。
何もできない自分にもどかしさを感じている。

写真 2018-07-02 9 10 47


A beautiful miraculous natural phenomenon "Manhattanhenge" in the world.
When the setting sun sets on the straight line of the street penetrating east and west of Manhattan,
Everyone sighs to its majestic beauty.
Following the miraculous natural phenomenon "Manhattanhenge" four times a year,
People gather from all over the world.

Even if it is not a perfect schedule, the sunset at this time is really brilliant.
People are fascinated every day to the energy that illuminates the skyscrapers all at once.
The moment when Sun rises, the moment when Sun sets.
I realize that we cannot live against the great nature.

To people in my home country who suffered from the earthquake or heavy rain.
I feel frustrated with myself who cannot do anything.

写真 2018-07-02 9 11 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-02 9 12 46


Next

写真 2018-06-28 18 49 10

写真 2018-06-28 18 50 58

写真 2018-06-28 18 52 09


東京浅草の仲見世通りにある老舗の玩具屋「助六」のコレクションが
ニューヨークの日本クラブで展示されいる。

江戸の庶民の暮らしや風情、風流を伝えるミニチュアコレクションは、
まさに日本の職人芸ともいえる、精巧な作りにため息が出る。
幼少時代は、これらを模倣したプラモデルでよく遊んだけれど、
それらの原型がここから来ていることを思うと、感慨深い。

展示会の初日には、助六店主によるレクチャーとレセプションが開催され、
多くのニューヨーカーが集まった。

同クラブの常連会員が、無料レセプションの食事に群がる姿に辟易して、
早々に会場を後にしてしまったけれど、
廃れゆく江戸の文化を、このような形で海外に伝えることは意義深い。

7月末まで開催の展示会、心の癒しにぜひ。

「江戸からの豆おもちゃ展」

写真 2018-06-28 18 50 25

写真 2018-06-28 18 50 42

写真 2018-06-28 18 51 12


A collection of well-established toy shops "Sukeroku", located on Nakamise Street in Tokyo Asakusa, is exhibited at the Japan Club in New York.

A miniature collection that conveys the lives, taste, and culture of the people of Edo,
The sophisticated skill of Japanese craftsmanship are amazing.
I used to play with a plastic model that imitated them in my childhood days,
I was deeply impressed thinking that these prototypes came from here.

On the first day of the exhibition, a lecture and a reception by Sukeroku shopkeeper were held,
Many New Yorkers gathered.

We were little frustrated that the regular members of Japan Club gathered for the free reception meal.
Although we left the venue early,
It was meaningful to tell overseas the culture of Edo in this way.

Please visit the exhibition held until the end of July, for your mind healing.

写真 2018-06-28 18 50 13

写真 2018-06-28 18 50 52

写真 2018-06-28 18 51 36

写真 2018-06-28 18 53 03

写真 2018-06-28 18 53 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-30 18 58 26

写真 2018-06-30 18 58 30





Next

初心に帰るこの日。
皆様どうぞ素敵な独立記念日をお過ごしください。

写真 2018-07-05 23 22 06


Go back to a beginner’s s[pirit.
Happy 4th of July.

写真 2018-07-06 0 14 43



海外永住 ブログランキングへ "
Next

米国で一番盛り上がる祝日といえば、独立記念日。
1776年にアメリカ独立宣言が交付された記念日で、
クリスマスや感謝祭と同じレベルで、米国中が祝日モードになる。

ネイルサロンでは、トリコロールのデザインが大人気。
アパレルショップでも、国旗を象ったTシャツが大量に重ねられている。
街中のいたるところで、星条旗が燦然とたなびいている。
少し郊外に行くと、家庭用の花火も販売されている。

かつては、打ち上げ花火の貧弱さに落胆したけれど、
近年では優秀な花火師も増え、米国の花火もなかなかのレベルになった。

とはいえ、やっぱり花火といえば、日本の夏祭り。
何につけても、故郷が愛おしい。

写真 2018-06-30 15 44 18

写真 2018-06-30 15 44 54


Speaking of the most exciting public holiday in the U.S., it is Independence Day.
It was an anniversary on which the Declaration of Independence of America was issued in 1776.
The United States becomes a holiday mode as the same level as Christmas and Thanksgiving.

In the nail salon, the design of tricolor is very popular now.
Even at the apparel shop, a large number of T - shirts embellished with national flags are stacked.
The American flag is pleasing everywhere in the city.
When going to the suburbs a little, household fireworks are on sale.

Once I was discouraged by the weakness of the fireworks,
In recent years the number of excellent fireworks technician has also increased,
and the fireworks in the United States has become quite a level.

However, speaking of fireworks, it is a summer festival in Japan.
Regardless of what it is, I miss my lovely hometown.

写真 2018-06-30 19 56 05



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-03-20 20 20 16


コットンで出来た人形に、それぞれが顔や洋服を描き込んでいく。
完成した手作り人形で、世界の子どもたちを繋ぐ。
そんな素敵な活動をしている「ミステリオ」が主催。

フリーマーケットやガレージセールとは全く趣旨が違い、
自宅で眠っている洋服や雑貨を持ち寄って、
いわゆる「物々交換」を行なうというのが第一義の目的。
参加者は任意の寄付金を支払って、あとは自由に会場内を回る。

なかにはタグが付いたままの新品や、贈答品セットもあるけれど、
「我が家では不要な物も、他の誰かの役に立つかもしれない」
参加者全員が、そんな気持ちで集まっているところが素晴らしい。
そこに利益を求めていないからこそ、多くの人が賛同する。

かつて駐在者のムービングセールに連れて行かれた時、
「こんな物まで売ろうとしているのか?」と驚いたことがあった。
引っ越し代まで会社に出してもらえる駐在者が
利益に執着している姿に、心が苦しくなった。

新品、新古品に関わらず、
処分するくらいなら、無償で誰かの役に立って欲しい。
そんな想いを共にする仲間が自然と集う機会。
エコロジー本来の意味を改めて考える、非常に意義深いイベントだった。

会場に残った品々は、そのまま世界の子供団体に寄付されます。

写真 2018-06-16 15 46 55


Each one draws face and clothes into a doll made of cotton.
Completed handmade dolls, connect the children of the world.
"Msterio" that is doing such a wonderful activity organized this event.

The purpose was completely different from flea market or garage sale,
Bring clothes sleeping at home and miscellaneous goods,
the primary purpose was doing so-called "barter trade".
Participants paid an arbitrary donation, and then freely went round the venue.

Inside there were new goods with tags attached and gifts sets,
"In unnecessary things at home, it may be useful for someone else."
It was wonderful that all the participants gathered in such feelings.
Many people agreed because it was not seeking profits there.

When I was taken to a "moving sale" of a Japanese expat family,
I was surprised that they sold everything by taking money.
Though they can get the "moving expense" from the company,
I was shocked that they stuck the egoistic benefit at all.

Regardless of new and old-stocked items,
We would like someone to use it for free without disposing it.
An opportunities for fellows who shared such feelings to gather with nature.
It was a very meaningful event to think again about the original meaning of ecology.

写真 2018-06-16 15 47 18


The items left in the venue will be donated to the world's children's organization as it is.

海外永住 ブログランキングへ "
Next

「人の心を掴むには胃袋から」と言われるように、
人間は胃袋が満足している場所で、心が満たされる。
自分が求めている料理があれば、そこで生きていける。

中嶋シェフに出会っていなければ、
私はもうとっくに日本に帰っていたかもしれない。
息をするのも苦しいほど傷付いていた時に、
彼の握る寿司は、胃袋をそっと癒してくれた。

あれから20年近くの月日が経過して、
ニューヨークには数多くの名寿司店と寿司シェフが参入した。
ミシュラン星を獲得し、予約の取れない店もたくさんあるし、
年に一度の御褒美でも行けないぐらい高い店もたくさんある。

でも私は、自分の原点を思い出す時に、ここに戻ってきたいと思う。
胃袋と心が満たされる場所、まさにここが「ホーム」だから。

以前の記事

写真 2018-06-14 22 57 42

写真 2018-06-14 23 01 12



As it is said that "The way to a man's heart is through his stomach.",
When a human being is satisfied with a stomach, his heart is filled.
If you have the food you are looking for, you can live there.

Unless I met a Sushi Chef, Mr. Nakajima Nakajima,
I may have already returned to Japan.
When I was wound my heart deeply,
His sushi gently healed my stomach.

About 20 years have passed since then,
Many sushi restaurants and sushi chefs have entered New York.
There are many restaurants that have Michelin stars and cannot make reservations.
There are plenty of restaurants that we cannot be reached even once a year.

But I want to return here when I recall my own origin.
The place where the stomach and mind can be filled, exactly this is "home".

写真 2018-06-30 11 46 57

写真 2018-06-30 11 48 16

写真 2018-06-30 11 49 04



海外永住 ブログランキングへ "
Next

2007年にブログを書き始めたけれど、
記事原稿に通し番号をつけ始めたのが2011年から。
2014年に一度デザインをフルチェンジして、今のスタイルに。

誰が読むか、読み続けてくれているか、分からない。
当初は、離れている家族や友人への近況報告が目的だったのに、
いつしか、たくさんの方が気持ちを傾けてくださるようになった。

気軽に読んでいただくことが目標だから、
できるだけ短く、息継ぎできる文章を心がけている。

日頃の想いも体験も、すべて備忘録に過ぎないけれど、
振り返った時に、ふと誰かに力添えできるキッカケになればという希望。

自分に正直に、読者の皆様に正直に。
小説を手に取るような感覚で、読んでいただけたらと思います。

伝えたい気持ちを受け取ってくださる皆様へ。
これからもよろしくお願いいたします。

スクリーンショット 2018-06-28 07.31.33


I started writing a blog in 2007,
Since 2011, I began attaching serial numbers to articles.
I changed the blog design once in 2014, to the present style.

I do not know who is reading or keep reading.
Originally, although it was the purpose of reporting up to the family and friends who are far away,
By it kept more than 10 years, a lot of people have joined to embrace the feelings.

Because it is the goal that people read it casually,
I try to make article is as short as possible that people can be breath.

Although my daily thoughts and experiences are all memoranda,
Hope it will be a key to be able to help someone.

Be honest with myself, to be honest to you.
I hope you can read it with a sense as if you pick up a novel.

To everyone who receives the feelings I want to tell.
I look forward to telling you and hearing from you.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

1969年、ゲイの溜まり場だった「ストーンウォール・イン」を、
警察が一斉検挙した折に、ゲイのコミュニティが反対運動を遂行。
その時のデモ行進が、現在のプライドパレードの発祥となる。

すべての人が、より自分らしく、誇りを持って生きること。
LGBTQへの理解を深めることを目的として、
この時期、街をあげて、たくさんのイベントが行われる。

人権会議、映画祭、クルージング、屋外ヨガ、ミュージカル。
6色レインボーの旗やミニグッズを掲げての活動に、
街中が、賞賛の喝采やエールを送り続ける。

クライマックスのパレードでは、大手企業の参加が目立ち、
LGBTQを理解するという理念が、企業宣伝ツールにもなることが分かる。

次男の卒業式では「This is me.」を全員で歌っていたけれど、
「自分らしくあることに誇りを持とう」という精神が、
この国を支えているのだと、つくづく思う。

写真 2018-06-17 16 37 24

©︎Sam Given

In 1969, As the police arrested all at once at "Stonewall Inn" which was a gathering place
of gay people, the gay community carried out the opposite activities.
The demonstration march then becomes the origin of the present Pride Parade.

All people should live more confidence and pridefully.
For the purpose of deepening the understanding of LGBTQ,
During this period, a lot of events will be held in the city.

Human Rights Conference, Film Festival, Cruising, Outdoor Yoga, Musical.
To people who were raising banner and mini goods of rainbow colors,
The city continues to send acclaimed applause and ale.

In the climax, the participation to Pride Parade of major companies is prominent,
You can see that the idea of understanding LGBTQ also serves as a company propaganda tool.

In the second son's graduation ceremony, "This is me." was sung by all.
I think that the spirit of "take pride in being yourself" supports this country.

36063276_10155812177352545_4419812962978496512_n

©️Pride Week


海外永住 ブログランキングへ "


Next

写真 2018-06-20 9 15 58


学校カレンダーで初めてこの言葉を見た時、何のことだか分らなかった。
一般的には「引越しの日」、そしてスポーツ業界では「移動日」。
学校生活においては「卒業の日」。まさに前進移動の日。

我が家の3番目、次男の小学校卒業式。
流行りの映画の曲を歌いながら、入場してくる子供達。
エンターテイメント会場のようなノリに、アメリカを感じる。

アジア人は数少ないけれど、この社会で堂々と生きている息子に、
改めていろんな想いを重ねる。
たくさん笑って、たくさん悔しい思いをして、大きく成長して欲しい。

慣れているはずなのに、息子の親友の涙姿にもらい泣き。
卒業は嬉しくて、やっぱりちょっと寂しい。

夏休みは思いっきり羽根を伸ばして、いろんな経験をしてみよう。

写真 2018-06-20 9 44 18


When I saw this word for the first time in the school calendar, I did not know what it was.
Generally, "Moving day", and in the sports industry "Moving day".
In school life "day of graduation". It is precisely the day of forward movement.

There was an elementary school graduation ceremony of our second son.
Children entered while singing popular movie songs.
I feel America in the auditorium like entertainment venue.

There are few Asians, but to my son who lives proudly in this society,
I repeat various thoughts again.
I want him to laugh a lot, make a lot of frustration, grow big.

Although I was accustomed, I cried for his son's best friend's tears.
I am glad that they graduate, and I feel somewhat lonely.

Let's feel free in the summer vacation and try various experiences.

写真 2018-06-20 10 00 47



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-06-23 9 38 22


専用のベルトを巻いて、血流を制限しながら運動をすると、
筋肉疲労を回復させようと、通常より多い成長ホルモンが生産される。
美容と健康、筋力アップに効果大の加圧トレーニング。

米国で加圧トレーニングが認可されたのは、比較的最近のこと。
すでに米国組織もあるけれど、私の周囲では聞いたことがなかった。

パーソナルトレーニングが主流のマンハッタンだからこそ、
いろんなリクエストにしっかり対応できる体制を整えてからの発進。

彼女に初めてお会いした時、その美しさにも惚れ惚れしたし、
裏表のないハッキリした性格が、とても気持ち良いなと感じた。
その人となりを理解していくことで、心から応援したい気持ちが高まる。

理想としては、しなやかスレンダー、もしくは細マッチョ。
何よりも、体幹を鍛えて、健康でいられる身体を維持したい。
そんな女性たちに、是非とも体感していただきたい。

くに先生の加圧トレーニング、今秋より本格的にニューヨークで始動します。

飯田くにこ先生 加圧トレーニングHP

彼女のブログで御紹介いただきました。

写真 2018-06-23 9 40 42


When wearing a special belt and exercising while restricting blood flow,
In order to restore muscle fatigue, more growth hormone than usual is produced.
Kaatsu training, Pressure training, is effective for beauty, health, and muscle up.

Kaatsu training was approved in the United States relatively recently.
There already have an American organization, but I had not heard it around me yet.

Because personal training is the mainstream in Manhattan, New York,
She has started her lecture after preparing a system that can respond firmly to various requests.

When I first met her, I fell in love with her beauty.
I also felt that her personality with a clear was very comfortable.
By understanding that person, the desire to support from the bottom of my heart increased.

Ideally, supple slender, or small muscle women.
More than anything, we want to train the body core and maintain a healthy body.
I'd like such women to experience this method by all means.

My instructor, Ms.Kuniko Iida, Kaatsu training will start full-scale in New York from this autumn.

写真 2018-06-23 9 36 48



海外永住 ブログランキングへ "



Next

特に強い憧れもなく、進学や就職を決めてしまったけれど、
偶然そこで出会った人達と、いまだに続く御縁に感謝する日々。

苦境に立った時、仕事や難しいことを一切抜きにして、
ただ気軽に会える友人がいるというのは、本当にありがたい。

高校の先輩たちと、ふと集まる。
日本語で本音を語れる仲間がいることが、どれほど稀少なことか。

ギブ・アンド・テイクじゃない。
与えることだけを考えている人を、信じていたい。

写真 2018-06-21 11 30 36


Especially without a strong longing, I decided to go on to school or get a job.
But I appreciate the people I came across by chance, still continuing.

When I get into trouble, withdrawing all the work and difficult things,
it is truly appreciated that there are friends who can easily meet.

I gathered with high school seniors suddenly.
I was happy there are companions who can tell our true intention in Japanese in New York.

It's not a "give and take".
I want to believe in those who are thinking only about giving.

写真 2018-06-14 9 15 48



海外永住 ブログランキングへ "
Next

春にニューヨークで講演をされた塩沼亮潤氏と再会。
爽やかな初夏の風が吹くミッドタウンで、精進料理を堪能。

4月に新しく就任した総料理長と若女将のおもてなし。
「大峯千日回峰行」を遂行された大阿闍梨のお話。
すべて悟りの境地から、心の声が伝えられる。

こんな時間を共有させていただける境遇に感謝。
仙台の慈眼寺での再会を約束して、大阿闍梨は西海岸へ。
私はまたしばらくここで踏ん張ろう。

写真 2018-06-12 12 09 44

写真 2018-06-12 12 21 49
写真 2018-06-12 12 38 28

写真 2018-06-12 12 51 57


I reunited with Mr. Ryojun Shionuma who was lectured in New York in spring.
In the midtown where a refreshing early summer wind blew, we enjoyed Japanese Vegan Cuisine.

The new chef Abe, who took that position in April and his wife gave us a great hospitality.
Mr.Shionuma told me the experience of "The 1000 Day Circumambulation".
Everything from the enlightenment point, gave me the voice of the heart.

I appreciated the circumstances that I could share such time.
We promised a reunion in Jigen Temple in Sendai, Mr.Shionuma left to the west coast.
I will also go over here in New York for a while.

写真 2018-06-12 13 29 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-12 14 24 27

Next

写真 2018-06-03 17 54 44

写真 2018-06-03 17 59 34


これまでたくさんの飲食業関係者と関わらせていただいたけれど、
ホスピタリティー最上の方といえば、ここの経営者御夫妻。

先代が築き上げてきた日系の火鉢レストランを、
先代亡き後そのまま受け継ぎ、そのまま愛されるレストランとして存続させる。
浮き沈みの激しい飲食業界において、それがいかに困難なことであるか。

惜しみなく顧客同士を紹介したり、常にハッピーな場面を演出する。
だからオーナー夫妻の周りには、いつもハッピーな仲間が集まってくる。

いくつになっても、おめでとうの言葉を言っていただくのは嬉しくて。
今宵もまた誕生日の余韻に浸っていられる。

写真 2018-06-03 18 52 16

写真 2018-06-03 18 57 02


Although I have involved with many people concerned with food and beverage industry,
Speaking of the best hospitality person, the owner couple of this restaurant.

The Japanese BBQ restaurant built by his father-in-law, survived as a restaurant
to be loved as it was.
We know how difficult it is in the drinking industry where the ups and downs are intense.

He introduces his customers kindly and constantly produces happy scenes.
So happy friends always gather around the owners and his family.

No matter how old I am, I'm happy to get the congratulations' words.
I will be immersed in the reverberation of my birthday again.

写真 2018-06-03 18 33 08

写真 2018-06-03 19 08 29

写真 2018-06-03 19 15 31



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-03 20 04 19

Next

写真 2018-06-11 19 07 47


私はずっと以前から、黒部エリさんの文章が大好きで、
初めてお会いした時には、いたく感動した。
聡明で愉快で豪快な文章を書かれるその裏側にある、
ガラス細工のように繊細な内面とのギャップが、また魅力的だったから。

文章で伝えることをなりわいとしている方が、その書き方を伝授する機会。
会場は100名を超えるエリさんのファンで埋め尽くされていた。

誰しも発信ができる世の中だからこそ、文章の優劣が明確になる。
秀逸な表現を学ぶためには、小説を読むこと。
ビジネス書を読んでいても、文章力の向上は望めない。
リズム、息継ぎを大事にしながら、言葉をスタイリングする。

たくさんの秘策を惜しみなく解き明かす講義は、笑いもいっぱい。
でも結局のところ、良書を読み、書き続けないとダメなのだと。

日本語の美しさ、表現の奥深さは、神様からの贈り物。
たくさんの人に触れ、心に触れ、言葉に触れ、そして着こなすこと。
自分らしく、自分の言葉で伝えることを、諦めないでいたい。

写真 2018-06-11 19 15 10


I have loved the text of Eri Kurobe from long ago,
I was deeply impressed when I first met her.
Her gap, written behind the brilliant, pleasant and amazing sentences,
with delicate inside like glasswork was also attractive.

Eri had held the seminar event to teach how to write you tell the sentences in writing.
The hall was filled with more than 100 fans of hers.

Because everyone can send out in the internet, the superiority or inferiority of the sentence
becomes clear.
In order to learn excellent expression, reading novels.
Even reading business books, we cannot hope to improve writing skills.
While breathing, styling the words.

A lecture to unlock and reveal lots of secrets generously, there were lots of laughter as well.
But, after all, you have to read good books, or you cannot write good sentences.

The beauty of Japanese, the depth of expression is a gift from God.
Touch a lot of people, touch the heart, touch words, and style them.
I will never give up to tell in my own words.

写真 2018-06-11 19 23 05

写真 2018-06-11 19 24 31

写真 2018-06-11 19 42 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-12 17 02 49

Next

ジュリア・ロバーツ主演の「ワンダー 君は太陽」が
まもなく日本で公開される。

誕生後、何度も手術を繰り返した主人公オーギーが、
病院のリストバンドを壁に貼っていくシーンだけでも、
我が家の歴史を辿るようで、涙が溢れる。

原作者は、当事者ではない。
障害を持った子をいじめた側の親という立場に遭遇して、
そこからこのストーリーを書き上げたという。

目に見える障害、目に見えない障害。
人はいろんな宿題を抱えている。
でも、視覚情報がメインの世の中だから、
顔に障害を持つことは、とても厳しい。

原作を、家族揃って、何度も何度も読み返した。
次男はセリフも全部覚えている。
当事者として、親として、家族として、友人として。
何ができるのか、何をすべきなのか。

いじめる側の立場から書かれたスピンオフ版も含めて、
日本の皆さんに、ぜひ読んでいただきたく思います。

昨年書いた「ワンダー」に関する記事

スピンオフ版の日本語訳は「もうひとつのワンダー」。

「ワンダー 君は太陽」予告編

写真 2018-06-09 9 12 16


The movie film, "Wonder / You are the sun.", starring Julia Roberts,
will be released in Japan shortly.

After birth, the hero Auggie repeated surgeries many times.
With the scene where the wrist bands of the hospital were stuck on the wall,
my tears overflowed since it reminds the history of our family.

The author is not a party of the hero.
She encountered the position of a parent who bullied children with disabilities,
From there she wrote this story.

Visible disabilities, invisible disabilities.
People have a lot of homework from God.
But since visual information is the main world,
Having disabilities in the face is very strict.

I read the original with all my family, over and over again.
My second son remembers all the lines and conversations.
As a handicapped, as a parent, as a family, as a friend.
What can be done and what should be done.

Including the spin-off version written from the teasing side's point of view,
I would like to invite everyone in Japan to read it.

The article "Wonder" that I wrote last year.

The Japanese translation of the spin-off version is "Another Wonder."

The trailer of the "WONDER" in Japan.

写真 2018-06-09 9 12 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next

10年以上通っているホットヨガのスタジオが、
1年前頃に、突然違う名前のスタジオになっていた。
プログラムもずいぶんと変更されて、今やホットピラティスの方が主流。

でも、そこにスタジオがあるから、通う。
古くから顔見知りのメンバーも、ほとんど変わらない。
必要なのは、便利の良い場所に、身体を動かす場所があって、
そこに日常があるということだから。

日曜日の朝、私はいつものようにスタジオに行った。
クラスの最後に、インストラクターが言う。
「After you breath, make a wish.」

1日1日を大切に過ごそうと思える、この瞬間が好き。
ありふれた日常の中に、1日1つだけ目標を持って生きる。
それを叶えた感謝と共に、1日を終える。
そうやって過ごしていたい。

お祝いのメッセージをくださった1人1人の顔を思い浮かべながら。
感謝を込めて。

写真 2018-06-10 20 35 45


A Hot Yoga studio that I have been going for over 10 years,
Around one year ago, it suddenly became a studio with a different name.
The program has changed a lot, now Hot Pilates is mainstream.

But, because there is a studio there, I go.
Members who have been known for a long time since long ago are almost the same.
All we need is a place where we can work out in a convenient place,
Because there is every day there.

On Sunday morning I went to the studio as usual.
At the end of the class, the instructor said.
"After you breath, make a wish."

I like this moment that I think I will spend a day carefully.
In the ordinary every day, I live with only one goal a day.
Together thanks for granting it, I will finish the day.
I would like to be in that way.

I got many birthday wishes from my dear friends,
I'm really thankful to you.

写真 2018-06-04 14 10 23



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-06-07 19 34 20


ミートパッキングとチェルシーからは少し離れている、
この地域を何と呼ぶのか分からない。

小さな間口の階段を降りた半地下のような空間に、
ひっそり佇む懐石和食屋がある。

ガラス越しに見える小さな坪庭を囲むように、
清潔感あふれるシンプルなダイニングが迎えてくれる。

季節の野菜を中心に、彩りよく配置された前菜のバスケット。
蕎麦の実リゾット、刺身の盛り合わせ。
ボリュームあるメインの後に、さらに締めの寿司。

演出たっぷりの懐石料理は、大人の会話がよく似合う。
隣にいた男女グループのかっこよさが、この店の人気層を象徴していた。

写真 2018-06-07 19 52 21

写真 2018-06-07 20 05 58

写真 2018-06-07 20 25 59

写真 2018-06-07 20 46 54

写真 2018-06-07 21 03 42

写真 2018-06-07 21 04 31

写真 2018-06-07 21 27 50

写真 2018-06-07 21 53 06


It is located a little away from Meat packing or Chelsea area,
I do not know what's name of this area.

In a space like semi-underground that got off the stairs of a small entrance,
There is a Japanese Kaiseki restaurant with quietly standing.

Surrounding the small Japanese yard seen through the glass,
A simple dining room with a sense of cleanliness welcomes you.

A basket of appetizers arranged in color with a focus on seasonal vegetables.
Buckwheat risotto, platter of sashimi.
After the main dish, they serve sushi pieces.

Kaiseki cuisine suits adult conversation well.
The coolness of the group of men and women next table symbolized the popularity
of this restaurant.

写真 2018-06-07 20 59 28

写真 2018-06-07 22 27 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-07 22 28 54

Next

写真 2018-05-30 20 13 06


つい見逃してしまう日常のワンシーンを、
女性として、母として、愛を込めてシャッターを切る。
趣味で始めたというカメラが、いつしか身体の一部になっているのだろう。

ほんの一瞬の出会いを大切にしている、彼女らしい写真が並ぶ展示会。
心温まる作品を眺めながら、彼女が過ごしてきた時間を想う。

デジタルの時代だからこそ、アナログでしか伝えられないものがある。
真っ直ぐに心に響く写真を撮れるのは、やっぱり真っ直ぐな心だけだから。

出会いとそこから繋がる人の輪に、感謝を込めて。

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 06

写真 2018-05-30 20 02 11

写真 2018-05-30 20 02 32

写真 2018-05-30 20 03 32

写真 2018-05-30 20 03 38


To the one scene of everyday life that we may miss easily,
As a woman, as a mother, she puts a shutter off with love.
The photography that she started with a hobby is probably becoming part of her body.

Her exhibition has been held that cherish the encounter with just a moment.
While looking at heartwarming works, I thought about the time she spent.

Because it is a digital era, there are things that can only be reported in analog.
Only a pure heart that can take pictures that resonate straight in the heart.

I thank to the encounter and the circle of people who connect from there.

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 17

写真 2018-05-30 20 01 24

写真 2018-05-30 20 04 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-09 11 58 34

Next

写真 2018-05-30 13 11 30

写真 2018-05-30 16 06 36


イーストビレッジで人気の寿司屋「くら」のオーナーが、
2年半前にオープンしたのが、うどん屋「らく」だった。
友人がインテリアスタイリングを手がけた店内は、
うどんをサーブするには上品過ぎるくらいモダンな空間で、
ビレッジにたまる若者たちを中心に、いつも長い列ができていた。

2号店はソーホーの中心地。
奥行きのある細長い店内は、中央にバーカウンターが配置され、
大人がゆったりとした時間を過ごせるための配慮が感じられる。

日本酒やワイン、そして前菜のメニューが充実していて、
メインのうどんに行き着く前に、すでに腹八分目を超えそうな勢い。

友人が趣向を凝らしたアートや調度品の苦労話を聞きながら、
この店の主軸となって働くメンバーが、日本人でないことにも驚く。
日本食文化は、世界というボーダーをとっくに越えているのだろう。

同じチームが展開する「デザートバー」も、まもなくオープン予定。
飛躍し続ける彼らのレポートが、楽しみでならない。

RAKU 1号店開業時の記事

写真 2018-05-30 15 33 30

写真 2018-05-30 15 40 17

写真 2018-05-30 16 06 20


The owners of popular sushi restaurant "Kura" at East Village,
opened a Udon restaurant "RAKU" two and a half years ago.
Inside the store where my friend handled interior styling,
To serve Udon is a modern space that is too elegant,
There are always long lines, mainly young people who active at the East Village.

The second store is in the center of Soho.
In the narrow space with depth, a bar counter is arranged in the center.
Familiarity for adults to spend relaxing time is felt.

The menu of sake and wine, and appetizers is substantial,
Before reaching the main Udon, you might be full of stomach.

While listening to the project story of art and furniture that friends have experienced,
I am also surprised that the members who work as the main axis of this restaurant are not Japanese.
I guess Japanese food culture has long passed beyond the world border.

"Desert bar" developed by the same team will be opened soon.
I look forward to hear their continuing leap reports.

写真 2018-05-30 15 40 03

写真 2018-05-30 15 39 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-08 15 11 21


Next

写真 2018-06-03 16 04 23


毎年のことながら、ニューヨークは衣替えができない。
週末にノースリーブを着たのに、今日はまたジャケットを取り出している。

今年の天候は不安定過ぎて、心もちょっと不安定になりがち。
寒暖差の激しさに、なかなか体調がついていけない。

今年の目標をまだひとつも達成しないまま、
あっという間に、今年の折り返しが近くなって来た。

有言実行と不言実行。
さて、どうするか。

写真 2018-06-03 16 05 06

写真 2018-06-03 16 05 01


Every year, we cannot change summer/winter clothes in New York.
Although I wore a sleeveless on the weekend, I am taking out a jacket again today.

The weather this year is too unstable, the mind tends to be slightly unstable.
I cannot keep up with physical condition due to the severity of temperature difference.

Without yet achieving this year's goal,
the half of this year will finish soon.

"action with words" and "action before words"
Well, which will you do ?

写真 2018-06-03 16 04 53



海外永住 ブログランキングへ "
Next

山崎拓巳氏とは、ニューヨーク、パリ、東京、浜松と、
いろんな場所でお会いする。
会うたびに、いろんなアイディアや元気をいただける。

仕事と夢をイコールにして、きちんと稼いできちんと回す。
すでに世界のトップステージに立たれているはずなのに、
決して奢らない謙虚な姿勢が、よりたくさんの人を惹き付ける。

仕事も得意ジャンルもまったく違う私達だけれど、
幸せの価値観の部分は、きっと同じベクトルを向いている。

だから、そこに行き着くまでのいろんなスキルを、
たくさんの仲間とシェアすることで、皆さんと一緒に歩きたい。

そんな想いで企画されたトークイベントの第2弾。
7月7日(土)東京にて開催します。
詳細はこちらから。(リンク先へ飛びます。)

皆さんに、お会いできることを楽しみにしています!

「夢が叶うランチ会」前回のイベント記事。

写真 2017-11-16 9 26 21


Mr. Takumi Yamazaki and I meet in various places such as New York, Paris, Tokyo, and Hamamatsu.
Every time I meet him, I get various ideas and energy from him.

He makes work and dream equal, earns properly and turns it properly.
Though he should already has been at the top stage of the world,
his humble attitude attracts more people.

Although we are completely different jobs and good-natured genres,
Our values of happiness is surely facing the same vector.

So, there are various skills to get there,
We want to walk with everyone by sharing it with a lot of colleagues.

Our second talk event had planned with such thought.
It will be held on Saturday, July 7 in Tokyo.
Please click here to see the event information.

We are looking forward to seeing you all!

写真 2017-11-08 11 52 11



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-29 19 35 07

写真 2018-05-29 20 47 50


キングコング西野亮廣氏が、5年ぶりにNY個展を開催。
ミッドタウン、グラセンから徒歩5分のギャラリーは、
連日多くの来場客で溢れていた。

あまりに美しい原画の数々に圧倒されながら、
娘にいつかこの鮮やかな色を見せてあげたいと思う気持ちが膨らむ。

西野氏と「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の話題に触れつつ、
2020年に映画化が決定しているというプペルの世界を、
視覚障害者にも伝える方法はないかなと考える。

音や文字に色が見える共感覚を持った人はいるけれど、
鮮やかな色の世界を、光のない世界で再現することは難しい。
映画の「音声ガイド」にとどまらず、
視覚に頼らずに絵本の世界を感じることができたら面白い。

5年前の個展を訪れた時、こんな未来があるとは思っていなかった。
次の5年後には、予想もしていなかった未来が訪れるのかもしれない。

写真 2018-05-30 11 47 50

写真 2018-06-01 14 14 49

写真 2018-06-01 14 10 51

写真 2018-06-01 14 11 23

写真 2018-06-01 14 11 50


Mr.Akihiro Nishino, the member of Japanese comedian group "King Kong",
held a NY solo exhibition for the first time in five years.
The gallery, a 5-minute walk from the Grand Central Station in Midtown,
It was full of many visitors every day.

While being overwhelmed by the many beautiful original drawings,
The feeling of wanting to show this vivid color someday to my daughter expanded.

While touching the topic of "Dialogue in the Dark" with Mr.Nishino,
I wonder that there is a way to tell visually handicapped people.
The world of Poupelle has been decided the filmzation in 2020.

Although some people have a sense of commonality in which colors are seen in sounds and letters,
It is difficult to reproduce the world of vivid colors in a world without light.
Not limited to the "voice guide" of movies,
It would be interesting if we could feel the world of picture books without relying on vision.

When we visited his solo exhibition five years ago, we did not think there was such a future.
In the next five years, the future that we did not anticipate may come.

写真 2018-05-30 7 06 06 (1)

写真 2018-05-29 20 11 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-30 5 56 46




Next

幼少の頃、授業参観が苦手だった。
親に自分の学校生活を見られるのは照れ臭かったし、
友達のお母さんに声をかけられるのも苦手だった。

米国では毎月授業参観があって、子供達は「見られる」ことに慣れている。
「誉めて伸ばす」教育のなか、どの子も積極的に手を挙げる。
間違うことを恐れずに発言する勇気に感服する。

日本語補習校の授業参観になると、一気に雰囲気が変わる。
教師主導の授業の中で、もじもじする子供達が微笑ましい。
彼らにとって、日本語は外国語でしかないけれど、
家族や友達と会話するより、さらに上のレベルが求められる。

間違った発言をした時に、教師がそれをどうフォローするか。
なぜその意見に行き着いたのかを、とことん聞いてあげる根気。

社会生活でも、きっとそれは同じこと。
人を信頼できる心を育てることが、明るい未来を育てることだから。

写真 2018-05-26 9 29 56


When I was a child, I was not good at class observation by parents.
I did not like that my parents see my school life,
I wanted to refuse to talk with my friend's mother.

In the United States there is a monthly class visit, and the children are used to being "seen".
Every child actively takes pride in the education of praising to perform better".
I admire the courage to speak without fear of making mistakes.

When it comes to class attendance at a Japanese school in the US, the atmosphere changes at once.
Children who snooze in teacher-led classes are interesting.
For them, Japanese is only a foreign language,
Beyond talking with family and friends, even higher levels are required.

How will the teacher follow it when kids making wrong remarks.
They inquire why they get to that opinion.

Even in social life, it surely is the same thing.
Because nurturing a heart that can trust people is to nurture a bright future.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-24 14 44 33


オフコースの「緑の日々」という曲が好き。
タイトルを聴くと「新緑の美しい季節」を表現したのかと思いきや、
二人の大人が過ごしてきた時間が「緑色」なのだと気付く。
こんなに深い愛を伝えられる人は、どんなにか幸せだろう。

そんなことを思いながら、ソーホーの街を歩く。
私は新緑の美しい初夏という季節が、一年のうちで一番好きなのだけれど、
今年は冬の季節があまりにも長過ぎて、春になったのかも分からないまま、
一気に新緑がまばゆくなる季節というのを感じることができなかった。

気付いた時にはすでに緑が濃くなってしまって、
とても大切な時間を見過ごしてしまったような気がしている。

40代後半、これからもっともっと時間が速く過ぎていくのだろう。
大事な時間、大事な瞬間、もっともっと自覚していかないと。

みんなが太陽を分かち合っている姿は、どこまでも穏やかだ。

オフコース「緑の日々」YouTube

写真 2018-05-24 14 42 30


I like the music titled "Green Days" of the music group "Off Course".
When I heard the title I thought that it expressed "the beautiful season of fresh green"
I was noticed that the time spent by two adults was "green".
I guess how happy if you will be able to convey such a deep love.

While thinking such a thing, I walked in the city of Soho.
I like every early summer season in a year, as fresh green stays beautiful.
Since the season of winter was too long this year, I did not understand when the spring started.
I could not feel the season when the fresh green would be blazing at once.

When I noticed it, the green of leaves already got darker,
I felt I missed my very important time.

In the late 40s, the time will pass much faster from now.
An important time, an important moment, I have to be more aware.

The figure that everyone shared the sun was calm everywhere.


海外永住 ブログランキングへ "
Next