Blog

写真 2017-06-25 13 52 43


大好きなドリカムが、私の誕生月にリリースした曲。
タイトルを聴いて、心が躍った。

夏雲を追いかけて、北上する。

大阪でも、ニューヨークでもいい。
みんな同じ空の下で、生きている。

写真 2017-06-25 17 08 13


My favorite music group "Dreams come true" released new CD in my birth month.
I was so excited when I heard the title of the song.

I headed north after chasing the summer clouds.

Even in Osaka, or New York.
Everyone is alive under the same sky.

写真 2017-06-26 14 13 45


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


27

©DCT
Next

写真 2017-06-23 23 02 03


金曜日の夜、女友達4人で出かける。
皆ワーキングマザーだから、仕事の後に子供達の食事を用意して、
20時以降にポツポツと集合する。
ニューヨークでは21時以降スタートの約束は当たり前で、
遅い時間に出かけられる環境や、家族の協力もありがたい。

地元で人気のスペイン料理のお店。
名物イカスミのパエリヤ、オイルサーディン、
アーティチョークのフリット、マッシュルームのクロケット。
とにかくお酒とお喋りが進むメニューが盛りだくさん。

ひと通り喋ったら、早々に退散するのもワーキングマザー仲間の特徴。
明日のお弁当作りと家事一式を考えながら、帰路につく。

損得勘定ない付き合いだからこそ、いつでも助け合える。
大切な友人たち、いつもたくさんの刺激をありがとう。

写真 2017-06-23 23 01 51


Friday night, I went out with four girlfriends.
Since they were all working mothers, prepared meals for children after work,
we met after 8:00 pm.
In New York, the commitment to start from 9:00 pm was a matter of course,
I was grateful for the environment that I could go out late evening and
my family cooperation.

It was a Spanish cuisine restaurant that was popular locally.
Specialty squid ink paella, oil sardine,
Frit of artichoke, croquet of mushroom.
Anyway, there are plenty of menus for drinking and chatting.

After we enjoyed talking, working mother fellows got away early.
While considering the packed lunch tomorrow and a household chores,
I was on my way home.

Because without gain or loss, we can help each other at any time.
Thank you for my precious friends, my heart is always full of their warmth.

写真 2017-06-27 11 25 17

写真 2017-06-27 11 28 12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-06-24 11 55 35


これまでに何軒もの商業店舗開業に携わってきたから、
ニューヨークで新しい店を立ち上げることの難しさは本当によくわかる。
飲食レストランの場合、内装工事だけでなくて、
各種ライセンスの取得や、ビル仕様資格の書き換えなど、
経験者でないと分からない実情が、目の前に立ちはだかる。

2015年秋にオープン予告のレセプションを開催してから、まもなく2年。
ようやく日本の若き侍たちが始動できる舞台が整った。

メインフロアーの「MIFUNE New York」は、
パリでミシュラン星を持つレストラン「Sola」の吉武広樹シェフが監修。
「Guy Sovoy」出身のシェフ島野雄氏が、クラシックなフレンチ料理をベースに、
日本人の繊細さでアレンジしたオリジナリティーを演出する。
黒澤映画で有名な俳優、三船敏郎氏のように、
ワイルドかつセクシーがテーマだというが、
島野氏の料理には、男性からにじみ出る母性のような優しさがある。
新しいテーマにチャレンジしようとするシェフらの意気込みを、
私は「ヌーベルジャポネーズ」と表現してみたい。

地元で人気のバー「エンジェルシェア」で活躍する後閑信吾氏監修のカクテル類も、
無造作にアルコールを混ぜただけのアメリカンカクテルに慣れた人達には、
きっと驚きの美味しさだと受け止められるだろう。

また地階の隠れ家「Sushi AMANE」では、寿司シェフ宇井野詩音氏が、
たった8席のカウンター席と1組のテーブル席のために寿司を握る。
予約の取れないミシュランの常連「寿司さいとう」(東京)で培ったスキルが、
いよいよニューヨーカー達にお披露目される。

ミッドタウンの国連本部周辺では、各界の重鎮がお気に入りの店を探している。
「MIFUNE New York」の誕生が、彼らのグルメリストに影響を与える日も近い。

他に類を見ない新しい日本食レストランの挑戦を、
ニューヨーカーと共にしっかりと見届けていきたい。

写真 2017-06-22 19 25 47

写真 2017-06-24 17 18 32

写真 2017-06-24 17 20 34

写真 2017-06-24 17 21 40


Since I have been engaged in the opening of many commercial stores so far,
I really understand the difficulty of setting up a new store in New York.
In the case of a restaurant, in addition to the interior construction,
they are required the acquiring various licenses, and getting permit of the building
specification qualification "C of O".
It takes time since nobody knows, unless who has experience, the fact in front of them.

It will be two years soon after hosting the reception for announcement of opening
in the fall of 2015.
Finally, the stage where young Japanese samurai play has been opened.

There is "MIFUNE New York" in the main floor.
It is supervised by Hiroki Yoshitake, the chef of Michelin star restaurant "Sola" in Paris.
Yuu Shimano, the chef from "Guy Sovoy'" gets a classic French cuisine,
directs the originality arranged by the delicacy of the Japanese.
It is said that the theme is "wild" and "sexy" like movie actor "Toshiro Mifune"
in "Kurosawa movie film."
But I feel that Shimano 's dish has kindness like motherly which oozes from men.
The enthusiasm of the chefs trying to challenge a new theme,
I would like to express it as "Nouvelle Japonaise".

Also, the barman, Shingo Gokan, who is active in the local popular bar "Angel's Share"
supervises the cocktails and wine list.
For people accustomed to American cocktail like just mixing alcohol simply,
it will surely be tasted as a delicious surprise.

At a secret hideaway "Sushi AMANE" in the basement,
a sushi chef, Shio Uino, produces Japanese-Edomae sushi for only 8 counter seats
and 1 table.
The skill trained at Michelin three stars’ restaurant "Sushi Saito" (Tokyo)
will be presented to the New Yorkers.

In the vicinity of the United Nations Headquarters in Midtown,
the authorities of various fields are looking for favorite restaurants.
The birth of "MIFUNE New York" is also close to the day when they influence
their gourmet lists.

For the challenge of a new Japanese restaurant that is unparalleled,
I would like to see it firmly with New Yorkers.

写真 2017-06-24 11 56 30

写真 2017-06-24 16 59 12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

2年前のレセプション記事はこちら。Please click here.

写真 2017-06-24 11 52 17
Next

写真 2017-06-22 19 00 08

写真 2017-06-22 18 59 08


無人ファーストフードeatsa。
全米7店舗のうち、2店舗がニューヨークにある。

キヌアや青菜を使ったサラダや弁当ボックス。
約80種類のメニューからタッチスクリーンでオーダーすると、
ものの3分もしないうちに、デリバリーボックスに商品が出てくる。

ミッドタウンの平均ランチ代より少し低めの設定。
コンポスト容器の使用など、環境にも優しいことも、
人気の秘密。

完全無人ではなく、店内案内のためのスタッフが配員され、
キッチンでは、きちんと人間の手で調理がされているという。

やっぱり、愛情と温かみのある料理を提供されたい。
そんな想いを抱きながら、今夜のメニューを考える。

写真 2017-06-22 18 59 38

写真 2017-06-22 18 59 42

27


The "eatsa" is an unmanned fast food shop.
Two stores out of seven stores in the US are in New York.

They serve healthy food, such like quinoa salad or lunchboxes.
When ordering with touch screen from about 80 kinds of menus,
Within three minutes of something, goods come out in the delivery box.

Setting slightly lower than the average lunch cost in Midtown.
The use of compost containers, environmentally friendly.
It is also the secret behind of popularity.

Not strictly unattended, staff for in-store guidance is assigned,
In the kitchen, it is said that cooking is done properly by the hand of man.

After all, I would like to be served love and warm food.
While thinking such feelings, I think about the menu of tonight.

写真 2017-06-22 18 59 22


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

いつからか、心に鍵をかけるようになった。
期待して、裏切られて、傷つくことを恐れるようになった。

以前は、自分で鍵を開け閉めすることができたのに、
いつしか、自由に調整することができなくなった。

誰一人として、他人のために生きている人などいない。
たくさん体験して、たくさん学んで、
少しずつ、無関心、鈍感力が身についていく。
大人になるって、こういうことなのだろうか。

永遠に続くように見えて、突然夕闇に襲われる夏至の夕暮れ。
初夏の季節、故郷が恋しい。

写真 2017-05-28 10 50 17


I've closed my mind, I don't know from when though.
Hoping, I was betrayed, I came to fear of hurting.

Previously, I was able to open and close the keys myself,
I cannot adjust freely now.

There are no people living for others.
I experienced a lot and learned a lot,
Little by little, we get indifference, insensitive strength.
Is it such a thing to become an adult?

Sunset seemed to last forever, suddenly being attacked by dusk.
At the season of early summer, I miss my hometown.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ここから日本の様子が見えないのと同じで、
日本からニューヨークの様子は見えない。
だからこそ、できる限りのコミュニケーションが大事で、
小さな温度差が、いつか命取りになることもある。

ネットワークは大切な財産で、決して一朝一夕では築けない。
確たる信頼関係があるから、人が動いてくれる。
うまくいかなかった時も、その後のフォローを丁寧に繋ぐ。

水面下であっても、まだ出来ることはあると信じたい。

45


It is the same as cannot seeing the real situation of Japan from here,
nobody can see the real market of New York from Japan.
That is why communication as much as possible is important.
Small temperature differences sometimes get bigger.

The network is an important asset, and it can never be built in one day.
Because there is a reliable relationship of trust, people encourage us.
Even when it did not work, we carefully do the follow-up to connect the future.

Even not be seen, I believe that there is still something I can do.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

「ニューヨークで流行りのホテルをリサーチしてほしい」
最近のお客様の傾向として、
パークハイアットやバカラといった最高級ホテルよりも、
いわゆる狭小ホテルの実態調査を御依頼されるケースが断然多い。

一般的に、ホテルには1つの部屋に1つの窓があることが大前提のため、
ニューヨークには、日本のカプセルホテルのような概念は存在しなかった。
しかし近年、ユースホステルとホテルの中間のような物件が出現して、
1つの窓を2つのユニットで分けていたり、
バンクベッドの隙間にかろうじて小さな明かり取り程度の小窓があったり。

2020年東京オリンピックが終わった後にも生き残るために。
日本のホテルオーナー方々の様々な戦略のヒントが、
ここニューヨークからも、発信されていくのだろう。

写真 2017-06-19 11 00 59


We have often offered to research popular hotels in New York.
As a trend of recent customers,
rather than the finest hotels such as Park Hyatt and Baccarat,
there are many cases where we are asked to investigate what is called
a narrow hotel.

Generally, it is a major premise that the hotel has one window in one room,
There was no concept like Japanese capsule hotel in New York.
However, in recent years, properties like the middle between the youth-hostel
and the hotel have appeared.
They divide one window with two units,
or there are small windows of minimum brightness in the gap of the bunk bed.

In order to survive even after the 2020 Tokyo Olympics ended.
Hints of various strategies of hotel owners in Japan,
it will be transmitted from New York as well.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-06-15 20 37 22

写真 2017-06-15 20 38 38


夏時間真っ盛りのニューヨーク。
子供達に夕飯を食べさせた後でも、外はまだ十二分に明るい。

平日の午後8時過ぎ、近所を散歩してまわる。
メトロポリタン美術館は、閉館後のライトアップが美しく、
こんな光景を見て歩けるのも、ここに住む醍醐味だと思う。

セントラルパークの街路樹をすり抜けながら、
都会のオアシスが、夕闇に包み込まれる瞬間を見届ける。

明日も良い1日でありますように。

写真 2017-06-15 20 40 04

写真 2017-06-15 20 39 42


Now it's daylight saving time in New York.
Even after having the children eat dinner, outside is still bright.

After 8:00pm on weekdays, we walk around the neighborhood.
The Metropolitan Museum of Art has beautiful lighting after closing,
I think that it is the real pleasure of living here to be able to walk with such a sight.

While passing through the street trees of Central Park,
we see the moment that the city's oasis is surrounded by dusk.

Hope tomorrow will be better than today.

写真 2017-06-15 20 41 48


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-06-15 20 42 27

Next

39

©BDDW

ソーホー地区にある、今一番ホットなショウルーム。
フィラデルフィアに工房を持つタイラー・ハイズ氏は、元画家であり彫刻家。
建築や設計施工にも長けている彼だからこそ、最高の家具をデザインできる。

広々とした空間で、仕切りもほとんどないのだが、
コーナーごとのテーマが明確で分かりやすい。

皮革製のチェストや、キャビネットの取っ手、手の込んだ照明家具。
どれ一つを取っても、世代を超えて使い続けられる逸品で、
丁寧にデザイン制作された、職人技術の偉大さを見せつけられる。

素敵な建築やインテリアに触れる機会が欲しくて、
ニューヨークの大学で、インテリアデザインを勉強した頃を思い出す。

今は生活優先で、気に入った家具があっても買えないけれど、
こうやって、夢をプロデユースする人たちと話ができる。
こんな積み重ねが、間接的に夢を伝える役目になっているのかもしれない。

写真 2017-05-22 14 38 46


It is the hottest showroom in the Soho area right now.
Mr. Tylor Hays, who has a workshop in Philadelphia, is a former painter and sculptor.
Because he is good at architecture and design construction, he can design the best furniture.

It is a spacious space and there are few partitions.
But the theme of each corner is clear and easy to understand.

Leather chests, cabinet handles, elaborate lightings.
Everything is a gem that can continue to use beyond generations,
Carefully designed and produced, we can be shown the greatness of craftsmen's technology.

Since I wanted an opportunity to touch nice architecture and interior,
I recall the time when I studied interior design at a university in New York.

Though now my priority is daily casual life and I cannot buy my favorite furniture,
In this way, I can talk to people who produce dreams.
This kind of role may be indirectly responsible for telling dreams.

写真 2017-06-16 9 52 33

写真 2017-06-16 9 53 20

写真 2017-06-16 9 54 05

写真 2017-06-16 9 55 15

写真 2017-06-16 9 55 53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-06-13 17 37 43

写真 2017-06-13 17 41 50


ニューヨーク・マンハッタンの私立校(プライベートスクール)は、
学力レベルの高さも授業料も世界の最高峰。
授業料だけで年間5〜6万ドル。
春休みや夏休み、長期休暇中のキャンプ費用やお稽古代を入れると、
子ども一人に年間10万ドル使うのが平均的。
幼稚園から医大生を送り込むぐらいの養育費がかかると言われる。

セイクレッドハート(聖心)は、セブンシスターズと呼ばれる女子名門校のひとつ。
ゴシップガールの舞台にもなったアッパーイースト地区に校舎があり、
近年の卒業生には、ヒルトン姉妹やレディーガガも名を連ねる。

卒業生50名全員がウェディングドレスを着て入場。
代々名門出身の大家族は、娘の名前が呼ばれると大歓声を上げて祝福する。
成績優秀者だけでなく、ボランティアや地域貢献に対するアワードが称えられる。
主席学生の答辞は、そのまま国連でスピーチできそうな落ち着きぶり。

5番街、セントラルパーク前の学び舎に移動して、レモネードで乾杯。
美しいケータリング料理は、某有名フレンチレストランによるプロデュース。
学校前の大通りを通行止めにして、地域全体で豪華にお祝いする。

世界に飛び出していく淑女たちにふさわしい門出のお祝い。
ドレス姿の彼女たちの姿を見て、なぜか涙が止まらなかった。
我が子の幸せを重ねながら、世界中がこの瞬間を祝福している。

写真 2017-06-13 17 03 27

写真 2017-06-13 16 46 27

写真 2017-06-13 16 55 38


The academic ability level and tuition fee of private schools in Manhattan, New York,
are the highest in the world.
Tuition fee is about 5-60 thousand dollars per year.
In addition, spring vacation, summer vacation, putting camping expenses
during long vacation and afterschool tuition,
It is average to spend 100,000 dollars a year for each child.
It is said that it costs a child support cost as if to raise a medical student
from kindergarten.

"Convent of the Sacred Heart" is one of prestigious girls’ private school,
called "Seven Sisters".
It is located in the Upper East Side district which also became the stage of Gossip Girl,
Hilton sisters and Lady Gaga are also famous for recent graduates.

All 50 graduates wearing wedding dress entered in the church.
Parents who studied at the same school for generations celebrated with a great cheering
when the name of their daughter was called.
Not only excellent grades but also awards for volunteers and community contributions
were praised.
The speech of the top student was perfect as if it was likely to be able to make
a speech at the UN.

We moved to 5th Avenue, the school in front of Central Park, and celebrated
with lemonade.
Beautiful catering cuisine was produced by a famous French restaurant "Daniel".
Police Department closed the main street in front of the school and celebrate l
uxuriously throughout the region.

It was a celebration of graduation, suitable for ladies who jump out to the world.
My tears overflew for some reason, looking at the figure of their dresses.
Over the happiness of our own child, the world blessed that moment.

写真 2017-06-13 17 33 51

写真 2017-06-13 17 33 44

写真 2017-06-13 17 46 51


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-06-13 15 54 45

Next

写真 2017-06-13 11 03 12


共通の友人から紹介された女性が主宰するNYツアーアレンジを依頼された。
かつてニューヨークで御活躍された主宰者が、
夢と期待をたくさん抱えた女性達を、日本から引き連れてやってくる。

ここで活躍する女性達のスケジュールを確保するには、
3か月前には動き出さなければならない。
まだ風の冷たい春先に、足を使って事情を説明して回った。

直前まで主宰者側の予定が二転三転して戸惑ったけれど、
ツアーをサポートするスタッフの迅速な対応が、すべてを救ってくれた。

「パワーアップランチ」と称された企画では、
ニューヨークで起業し、キャリアを積み上げている女性達が合流する。
しかし結局、ツアー参加者のほとんどが恋愛事情を質問してくる光景が微笑ましい。

起業することが決してすごいのではなくて、
思い描いたことを具体的に実現していこうとする姿勢が、人を動かすのだと思う。
今回ツアーでいらした方々、ひとりひとりにとっても、
きっと次に繋がる何かを探すキッカケができていますようにと願う。

観光ツアーにはない企画をするのが、ここに住む日本人としての役割。
この先もっと、ワクワクする企画が生まれてくる予感がする。

写真 2017-06-13 10 43 18

写真 2017-06-13 10 43 22

写真 2017-06-13 10 43 26


I was asked for a NY tour arrange presided over by a woman introduced from
a common friend.
The founder who was active in New York before, she will bring women who have
many dreams and expectations from Japan.

In order to secure the schedule of women active here,
I had to start working three months ago.
I used my feet to explain circumstances in the cold spring days of the wind.

Until shortly the tour schedule turned many times and I was puzzled,
The quick response of the tour support staff has helped my situation

In a project called "Power Up Lunch with NY women"
Women who have started up in New York and accumulate careers joined.
However, in the end, most of the tour participants were interested in the romance
circumstances than the business.

It is not the big deal to start a business,
I think that the attitude of trying to realize concretely what people imagined makes
people move.
For those who came on the tour this time, very much for each one,
I hope that they were able to find something to connect next.

As a Japanese who living here, we would like to plan an original one, not a
sightseeing tour.
I have a feeling that a more exciting project will be born in the future.

写真 2017-06-13 10 43 36

写真 2017-06-12 20 17 01

写真 2017-06-12 20 18 15

写真 2017-06-13 11 03 26

©Chika Asano

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-06-12 18 12 45

ツアーの裏方で走り回ったメンバー。本当にお疲れ様でした。
Next

友人が、約2週間のファスティングをして、見違える程に綺麗になった。
いつも慢性疲労と倦怠感が抜け切れないと訴えていた彼女が、
みるみるうちにスッキリして、生き生きとやる気に満ちていく。
その変わりように、感動すら覚えた。

身体の内部からいろんな毒素を排出することが目的で、
決してダイエットや根性試しのためでないことに、成功の秘訣があるらしい。

以前、酵素ジュースデトックスを試したけれど、
私はいつも2日目で挫折している。
強烈な頭痛と寒気に襲われて、身体が温かいものを欲してしまう。

無理のない程度に、生活に少しだけ「身体に良いもの」を取り入れる。
自分の心身をきちんと見直して、しなやかな心と身体をつくる。
友人のポジティブな姿勢を見習って、心身のデトックスをしてみよう。

写真 2017-05-07 13 17 13


My friend made a fasting for about two weeks and became beautiful enough to be
not able to imagine before.
She always complained that she could not overcome chronic fatigue and fatigue,
she is now refreshing, full of motivation to live.
I was impressed by her emotion.

For the purpose of discharging various toxins from the inside of the body,
It seemed that there was a secret of success in that it was not for dieting or Guts trial.

Previously I tried the enzyme juice detox,
I always gave up on the second day.
Attacked by intense headache and cold, my body wanted something hot.

To the extent that it is reasonable, I incorporate only a little 'good for the body' into my life.
I reexamine my mind and body properly, and build a supple heart and body.
Let's learn from my friend's positive attitude and try to detoxify my body and mind.

写真 2017-05-07 13 18 42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

私は本来とてもワガママで、好き嫌いがはっきりしている。
でもいつからか、慈愛の神様が私に宿り、たくさんの宿題を課してくる。
日々の悩み苦しみよりも、その先にあるたくさんの笑顔のために、
またひとつずつ宿題を紐解いていこうと思います。
こんな私を支えてくださるすべての人たちに、
心からのありがとうと、
またひとつ、無事に歳を重ねられた奇跡に、
感謝を込めて。
Happy Birthday to me.

写真 2017-06-11 13 48 57


I am very selfish in nature, and my likes and dislikes are clear.
But somehow God of compassion dwells in me and imposes a lot of homework.
Rather than suffering from everyday worries, due to lots of smiles ahead of it,
I will try to resolve homework one by one.
To all those who support me,
Thank you from the bottom of my heart.
One more thing, I appreciate to get an age miraculously.
Happy Birthday to me.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-06-07 21 49 21


ニューヨークにこんなに長く住んでいるのに、
プライベートで会う友人というのは、案外限られている。
駐在や留学で来ている人は、いつか日本に帰ってしまうから、
ここに基地を構えて、仲良くしてくれる友人の存在は、本当にありがたい。

春先に行ったモダンメキシカンのお店に行こうと誘われた。
いそいそと出かけて行ったら、友人たちが、少し早い私の誕生日を祝ってくれた。
その優しさにも感涙し、健やかに歳を重ねられることにも感謝した。

いくつになっても「おめでとう」を言ってもらえるのは、本当に嬉しい。

写真 2017-06-09 9 28 58

写真 2017-06-09 9 29 31


Though I live in New York for such a long time,
it is unexpectedly limited that I meet my friends in private.
Since people who are either resident or studying abroad will return to Japan someday,
I really appreciate the existence of friends who will set up a base here and make friends.

I was invited to go to the modern Mexican restaurant that I went in this spring.
Fortunately, my friends celebrated my birthday that comes soon.
I was also touched by their kindness and appreciated for being able to get age in healthy.

I am really happy that everybody says "congratulations" no matter how old I am.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-05-27 13 37 24

写真 2017-05-27 14 05 40 (1)

写真 2017-05-27 14 05 45


友人からのお誘いで、週末のチャイナタウンに出かけた。
薄曇りでやや肌寒い日だったけれど、街の活気はとどまることがない。

日本人が異国に住むと、なるべくその国のカルチャーに溶け込もうとする。
群れをなすことよりも、アメリカナイズされていることがサクセスとされる所以。
一方で、世界中の至る都市で、自分たちだけの街「チャイナタウン」を創造する
彼らの生命力は素晴らしい。

集まった名目は、美味しい小籠包を食する会。
トリュフ入りの小籠包も、プリッとしたエビ入りのハーカオも、
ちょっと甘みの強い担々麺も、どれもこれも美味しかった。

私は小龍包よりも、彼女らに会いたくて、そこに行った。
他愛ない会話が何よりのご馳走で、週末の午餐はあっという間。

夕暮れ前に、チャイナタウンを歩く。
街はまた一層、活気づいていた。

写真 2017-06-07 11 11 07 (1)


I went to Chinatown with my friends on the weekend.
It was cloudy and a rather chilly day, but the vibrancy of the city was there powerfully.

When Japanese live in a foreign country, we try to blend into the culture of that country
as much as possible.
Because Japanese are regarded as succeeding that being Americanized is more than
to form Japanese flock.
Meanwhile, in the cities around the world, Chinese people create their own city "Chinatown".
Their life force is wonderful.

The gathered nominal is a party to eat delicious dumpling.
All dim sum, such like Soup dumpling with truffle, Boiled dumpling with shrimp,
and Dandan noodle Szechuan style, were also delicious.

Because I wanted to see my friends, I joined there.
An elaborate conversation was perfect dishes, and the luncheon over the weekend
was over so quick.

I walked in Chinatown before the dusk.
The town looked even more flourishing.

写真 2017-05-27 13 14 12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-05-28 6 51 29
Next

写真 2017-06-06 13 53 53


もう何度も通っている、お気に入りのイタリアン。
お気に入りのシャンペンとワインを開けて、お気に入りの料理を食べる。

ここに来るのは、お気に入りの仲間と一緒と決まっている。
日本から来た友人と、ニューヨーク在住の友人。
仕事で出会った人が、いつしか親友になっているパターンが本当に多い。
多少の年齢差はあっても、心置きなく話せる友人の存在はありがたい。

世の中の流行は早すぎて、どんなにアンテナを張っていても追いつかない。
ニューヨークの流行りは、およそ2年遅れで日本に導入されるけれど、
来訪者の方がずっと、ニューヨークの穴場を知っていたりする。

このシェフも近い将来、日本にお店を開くのだろうか。

43


It was my favorite Italian restaurant which I had gone there many times.
we opened our favorite champagne & wine, and ate our favorite dish.

I have decided that I go here only with my favorite friends.
I went there with my friends from Japan and a friend living in New York.
I have many best friends that people who met at work at the beginning.
Even though there are some age differences, I am thankful for the existence
of friends who can speak from our heart.

The epidemic of the world is too early and I cannot catch up no matter how much
the antenna is stretched.
The New York fads are introduced to Japan about two years behind,
V\visitors are always aware of New York's spot.

Will this chef also open a shop in Japan in the near future?

写真 2017-06-06 8 34 09


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-05-22 21 52 39
Next

写真 2017-06-03 8 46 24


四半世紀前に、一冊の本を手にした青年が夢を見ていた。
美しいスタンウェイのピアノの写真を眺めながら、
いつかこのピアノを弾いてコンサートをやりたいと。

10年前、ニューヨークのスタンウェイ&ソンズを訪ねた。
そこでの出会いが、彼の運命を変えた。

******

西川悟平氏が、教え子のために開催する定期リサイタル。
ミッドタウンのスタンウェイホールで、たくさんのファンが会する。

小学生から年配者まで、生徒さんの年齢層は幅広く、
何歳からでもピアノの練習は始められるのだと、彼らの演奏が物語る。

音楽は、言葉の壁を超えて人々にメッセージを伝えることができる。
この日のために、わざわざ日本から来た方もたくさんいて、
西川氏の人柄と愛が溢れるコンサートに、美しい色を添えていた。

写真 2017-06-03 9 29 12

写真 2017-06-03 9 29 50


A quarter of a century ago, a young guy holding one book got a dream.
While watching the piano pictures of beautiful Steinway,
he thought he want to play this piano and do a concert someday.

Ten years ago, he visited the store of Steinway & Sons in New York.
The encounter there changed his fate.

******

A pianist, Gohei Nishikawa's regular recital to be held for his students.
Many fans gathered in the Steinway Hall in Midtown.

From elementary school students to elderly people, the age range of the students
was wide.
Their performance showed that the piano practice can begin at any age.

Music can convey messages to people beyond the language barrier.
Addition, there were a lot of people who came from Japan for this day, they gave
the beautiful essence and love to Gohei's concert.

写真 2017-06-03 8 43 57

©Keiko Asano

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

マンハッタンを東西に走る大通りと、夕日が沈む位置が一直線になる。
1年に2回しかその奇跡は起こらないと言われるが、
この時期の夕焼けはとても美しい。

少し角度は違っても、息を呑むようなそのシーンに出会えると、
本当に幸せな気持ちになれる。

先週はとても素敵な出会いがあって、重ね重ね人繋ぎの醍醐味を感じている。
世界中の子供達に生きる希望を与えるために、
もっといろんな方法で、お手伝い出来ることがあるのかもしれない。

幸せは独り占めするものでないから。
奇跡のマンハッタンヘンジに、世界平和を祈る。

54


When the boulevard running east to west of Manhattan and the sun setting position
are in one straight line, we call it Manhattanhenge.
It is said that the miracle will occur only twice a year,
the sunset around the early summer season is very beautiful.

Even if the angle is a bit different, if we meet that breathtaking scene,
we can be truly happy.

Last week there was a very nice encounter,
I felt the real pleasure of my role to connect with people.
To give hope to the children around the world,
Perhaps there are things we can do to help them in more ways.

Happiness is not something to be monopolized.
I pray for world peace to the miracle of Manhattanhenge.

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-05-20 20 02 03 (1)

写真 2017-05-20 20 03 07 (1)


ニューヨークで一世を風靡した「BOX」というナイトクラブがある。
そこをプロデュースした友人が、また新しい店をオープンさせた。

流行りのホテルが次々と改装オープンしているエリアで、
ちょっと着飾ったクールな大人たちが、続々と集まってくる。
彼のファンや友達も、人懐っこい彼の人柄に惹かれて来るのだろう。

ステーキ、バターチキン、サーモン、バーガーなど。
各メニューのボリュームも半端でないが、
米国人にとってのソウルフードは、やはりこれでないといけないのだ。

写真 2017-05-20 20 02 29 (1)


There is a nightclub called "BOX" that is very popular spot in New York.
My friend who produced it opened another restaurant "Esther & Carol."

In areas where fashionable hotels have been refurbished one after another,
Cool adults who dressed up nicely, gathered at the restaurant.
His fans and friends are also attracted to his friendly personality.

Beef steak, Butter chicken, Salmon, and Burger etc.
Although the volume of each menu was too much for us,
Soul Food for Americans must be these.

写真 2017-05-20 20 39 16

写真 2017-05-20 20 39 20

写真 2017-05-20 20 39 23

写真 2017-05-20 20 56 23 (1)

写真 2017-05-20 20 57 05 (1)

写真 2017-05-20 20 57 18 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-05-31 18 23 32


日本から来た友人が、ブロードウェイミュージカルに誘ってくれた。
ここに住んでいると、ゆっくり観光や観劇をする機会は少ないので、
こういうお誘いは本当に嬉しい。

彼女は、一昨年末に急逝した美の師匠の最後の秘書だった。
師匠の葬儀や納骨など、寂しい場面で会ったのが最後だったから、
気持ちを切り替えて、ニューヨークで会えることが嬉しかった。

舞台演出がとても美しく、キャストの歌声に惚れ惚れしながら、
あっという間の観劇だった。
家族連れが多いと思いきや、大人でも十二分に楽しめる作品。
台詞はともかく、歌詞を全部聞き取るのは容易ではないけれど、
やはりディズニー作品は、英語で観るのが面白い。

アラジンの魔法のランプがあったら、何を望むだろうか。
欲深さよりも、パッションで生きることを、目標としたい。

写真 2017-05-31 20 04 12


A friend from Japan asked me to go to a Broadway musical together.
When living here, there are few opportunities to sightseeing and watching theater,
Such an invitation is really glad.

She was the last secretary of my art master who died suddenly at the end of 2015.
Because we met in a lonely scene such as the master's funeral last time,
I was very happy to meet her in New York.

The stage production was very beautiful, I was lovingly fascinated by cast singing voice, and I felt it was very quick to finish.
I think both families and adults can enjoy the show.
It is not very easy to hear all the lyrics, you may understand actor's words.
After all, Disney works are interesting to watch in English.

What would we want if Aladdin's Magic jar is real?
I want to live by passion, target than greed.

写真 2017-06-02 10 45 25


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

写真 2017-05-31 21 35 49 (1)

写真 2017-06-02 10 44 17
Next

長男に黒帯昇格試験のインビテーションが届いた。
手紙が来るということは、昇格の可能性があることなのか。
資格試験の費用の高さにも閉口しながら、本人のやる気意思を確認した。

試験直前の練習のハードさは想像を絶し、
ヘトヘトに疲れて帰宅すると、夕飯も食べずに寝てしまう。
気力と体力の鍛錬に、前向きに挑む姿を見守ることしかできない。

試験は2週間にかけて実施され、型や超人筋トレ、スパーリング、
板割りなどの実技試験に加えて、エッセイを書く筆記試験まで盛りだくさん。

腹筋背筋200回に続けて、スパーリング200回などをこなしているうちに、
息も切れ切れになり、足元がフラフラしてくる。
まるで、リングサイドでボクサーを見守るセコンドの気持ちで、
喝を入れ、声援を送ることしかできないけれど、
成長した我が子を、客観的に見る機会があるのはありがたい。

今できるベストを尽くすことを、我が子にも教えられている。

56

00


My eldest son received an invitation for the black belt promotion test of Tae Kwon Do.
Did the letter came mean there was a possibility of promotion?
While confronting the high expense of the qualification examination, I confirmed his motivation intention.

The hardness of the exercise just before the examination was unimaginable,
When he got very tired and came back to home, he slept without eating supper.
I could only watch his positively challenging to training physical and mental strength.

The examination was carried out for 2 weeks.
In addition to practical tests such as Kata (poomsae), Superhuman muscle training, Sparring,
and Board-breaking, there was a written exam to write essays.

Continuing from 200 abdominal muscles and back muscle trainings, and sparring 200 times etc.,
All cadets looked totally exhaustion.
I could only encourage and sent cheers to him,
I was just supporter who watching boxers on the ringside.
I appreciate that I had an opportunity to objectively see my child who has grown up.

I am taught that I have to do my best I can do now.

48

22


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

31

Next

米国に移住してから、とても長い年月が経過したけれど、
毎年誰かしらが、突然ニューヨークに一人でやってくる。
仕事や留学といった計画的なものでもなければ、
海外旅行のように観光予定が詰まったものでもない。

たいていの場合「今度フラッとニューヨークに行くよ」と連絡が来る。
「いつでも待ってます」と答えると、すぐにその日がやってくる。

みんな必ず、何かを抱えてやってくる。

日程は限られているから、私も極力時間を合わせようとする。
仕事が詰まっている時は、長時間でなくとも、
毎日少しずつでも会える時間を作る。
時間だけでなくて、内容の濃さで、距離を縮める。
「大丈夫。きっと大丈夫」
自分自身に念押しするように口にして、彼女は帰って行った。

「たくさんのエネルギーがあふれる街で、何かを感じたかった。
日本からずっと離れた場所で、新しい自分を見つけたかった。
そして何より、貴女に会いたかった。
いつどんな時も、ずっと変わらないでいてくれて、ありがとう」

後日送られてきたメッセージで、心の火が灯る。
離れた場所にいても、力になれたことが、何よりも嬉しい。

48


A very long time has passed since I emigrated to the US,
Every year, someone suddenly comes to New York alone.
It is not planned like work or study abroad.
Also, it is not something that the tourist schedule is packed like a travel abroad.

In most cases, I will be informed that "I will go to New York soon."
After I answer "I'll be waiting anytime", that day comes soon.

Everyone surely comes with something.

Since the schedule was limited, I tried to adjust time as much as possible.
When the work schedule was so tight, even if it was not a long time,
I tried to make time to meet her little by little every day.
Shrink the distance not only by time but also by the depth of content.
"Do not worry, it's okay"
Talking to herself, she went back to Japan.

"I wanted to feel something in a city filled with lots of energy.
I wanted to find a new self in a place far away from Japan.
And above all, I wanted to meet you.
I was glad that you had never changed at any time in any situation. Thank you.”

When I got a message from her later date, a light grew in my hear.
Even though I was in a remote place, I was pleased that I became a force.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-05-31 8 04 55 (1)

写真 2017-05-31 8 04 57


ニューヨークはすっきりしない天気が続いているけれど、
毎日のように素敵な出会いがあって、
それだけでも日常に彩りが加わる。

一人で海を渡ってきた書道アーティストが、
ピンポイントで会いに来てくれた。
勇気あふれる行動力、前向きなエネルギーが清々しい。

人繋ぎの大切さとか、なぜアーティストを支援しているのかとか。
その背景にあるものを、きちんと理解できるかどうか。
何よりも、唯一無二の存在になりうるか。

帰り道、42nd Streetを通りがかる。
留学時代に間借りしていたオンボロアパートの前から見る光景は、
いつも初心を思い出させてくれる。

今日のマンハッタンヘンジは曇り空に邪魔されてしまったけれど、
私はここで、原点に返る。
力になれることは、きっとある。
未知の世界を予期させてくれる曇り空が、今日はとても愛おしい。

そして、ドバイから新しい企画の話が舞い込んだ。
感謝とリスペクト、謙虚な気持ち。それがすべて。

写真 2017-05-29 11 35 05 (1)


Although the weather has not been clear in New York continues these days,
I have a nice encounter every day.
Even this alone adds color to everyday life.

A calligraphy artist who came across the sea by herself,
she asked me to meet at pin-point.
Her brave action force, positive energy looked fresh.

We discussed the importance of human connections and the reason why I support
Japanese artist here.
Also, we told whether we can understand each background.
More than anything, the important thing is "one and only."

On the way back to home, I stopped by the 42nd Street.
The spectacle seen from front of the old apartment, which I borrowed in the era of
study abroad, always reminds me of my original intention.

Today's Manhattanhenge got in the way of cloudy sky,
but I return here to the origin.
There is surely possible to become a force.
Cloudy sky that makes us anticipate the unknown world is very lovely today.

And a new project came in from Dubai.
Appreciation and respect, humble mind. That's for all.

写真 2017-05-31 11 20 14

写真 2017-05-31 11 43 18

©深井玉扇

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

戦没将兵追悼記念日と訳される「メモリアルデー」。
5月の最終月曜日のこの日は「夏の始まり」を告げる行事がたくさん。

ハドソン川には大きな戦艦が寄港していて、
海軍部隊の制服を着た軍人さんが、街にもたくさん溢れていた。

生憎のお天気だったため、BBQや屋外の予定はすべてキャンセル。
チャイナタウンに飲茶に行って、家族揃って過ごす休日。
兄弟喧嘩に何度も声を荒げながら、夏休みの計画を立てるのも楽しい。

従姉からのメッセージに勇気づけられながら、
やはり家族は良いなと思う、こんな夏の始まり。

43


It was "Memorial Day".
On this last Monday in May, there are lots of events that tell "the beginning of summer".

A big battleship was anchoring at the Hudson River,
there were a lot of soldiers wearing a uniform of the navy in the town.

Because it was unfortunate weather, all BBQ and outdoor appointments were cancelled.
We went to have Dim Sum in Chinatown and had a family holiday.
It was pleasant to plan a summer vacation while raping voices many times for kids fighting.

I was encouraged by a message from a cousin, and thought my family was amazing.
It was my start of this summer.

06


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-05-20 14 59 25


毎週末、どこかしらでストリートフェスティバルが開催されている。
道路を閉鎖するから、交通警備にあたる警察官もたくさん必要だし、
参加する側も、毎週のように民族大移動している。

それでもお祭りが好きな国民なのだと思う。
まだ肌寒い気候が続いているけれど、街のエネルギーは変わらない。

写真 2017-05-20 15 00 09

写真 2017-05-20 15 01 04

写真 2017-05-20 15 06 17


Every weekend, street festivals are held anywhere.
Because the road is closed, a lot of police officers who are traffic guards are needed,
Participating parties are moving ethnically as well as weekly.

At all, New Yorkers are citizen who like festivals.
The weather still has a chilly climate, but the city's energy does not change.

写真 2017-05-20 15 07 08

写真 2017-05-20 15 23 57

写真 2017-05-20 15 25 33

写真 2017-05-20 15 26 07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

写真 2017-05-20 15 26 49

写真 2017-05-20 15 27 11

写真 2017-05-20 15 28 58

写真 2017-05-20 15 31 05
Next

写真 2017-05-28 16 19 28


ヴァイオリンコンサート「マンハッタンストーリー」。
ニューヨークに暮らす人間模様と音楽を絡めて、最後まで一気に聴かせる物語。
45分間一切の休憩をはさまず、拍手もできない。

演奏が始まると、ヴァイオリン奏者の小さな身体がふたまわり大きく見える。
一緒に会場に行った友人の横側が、チラチラと視界に入ってくる。
人よりはるかに鋭い感性を持っている彼女は、
音楽や空気の色までも感じ取ることが出来るのだ。

コンサート中に何度か、彼女の頬に涙が伝う。
音楽や人のエネルギーが、パッっと一つになった時に、
自然と涙が溢れ出てくるのだという。
それを見て、周囲もどんどん気持ちが高まっていく。

溢れ出る感情を外に表現する、いろんな方法がある。
なかでも音楽は、天国に一番近くまで届くアートなのだと思う。

写真 2017-05-24 19 41 04

写真 2017-05-28 16 22 10


"Manhattan story" was Eiko Kano's violin concert, supported by NPO "MSTERIO".
It was a story that mixed music with people living in New York, and they play
the story all at once.
The show will not catch any breaks for 45 minutes and audience can not clap.

When the performance began, the small body of the violinist looked bigger.
The silhouette of my friend who went to the venue together sometimes came
into my sight.
She has much sharper sensibility than general people,
and she can also sense the color of music and air.

I saw her tears were transmitted to her cheeks several times during the concert.
When music and people's energy got together one by one,
she said that tears were overflowing naturally.
Looking at her, the surroundings were getting more and more excitement.

There are various ways to express overflowing emotions outside.
I think music is the art that arrives nearest to heaven.

写真 2017-05-24 20 32 17

写真 2017-05-28 17 22 49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ファイル 2017-05-26 16 53 27


ずっと以前、友人が一冊の本を私に貸してくださった。
ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡」のサイドストーリー。
そのすぐ後に、入江富美子監督とニューヨークでお会いした。

入江監督の映画にたびたび登場する養護学校の先生が、
「かっこちゃん」こと、山元加津子さん。
本能の赴くままミッションを遂行している姿勢に、痛く共感した。
「いつかお会いしたいな」と願っていたら、かっこちゃんがNYにやってきた。

エンパイアーステートビルの75階を借り切って、
ケータリングは「Tama’s Kitchen」と「 HANAMIZUKI CAFÉ」。
かっこちゃんを大好きな人たちが、かっこちゃんを囲む会。

彼女のように、自然体で生きたいと切に思った。
みんな、生きてそこにいることに意味があることを、
私ももっと伝えていきたい。

かっこちゃんと日本での再会を約束して、お別れした。
彼女との出会いが、また新しい道を照らしてくれる予感がしている。
関わってくれたすべての方に、ありがとう。

56


A long time ago, my friend lent me a book.
It was a side story of the documentary movie " Miracle of 1/4".
Shortly afterwards, I met Mr. Fumiko Irie, the director of that movie, at New York.

Ms. Katsuko Yamamoto,"Kakko-chan", is the teacher of a disabled school
that often appears in a film directed by Irie.
I sympathized to her attitude of carrying out the mission while going to instinct.
If I had wished that "I would like to meet her someday," Kakko-chan came to NY.

Borrowing the 75th floor of the Empire State Building,
"Tama's Kitchen" and "HANAMIZUKI CAFÉ" served the catering.
The people who loved Kakko-chan surrounded the Kakko-chan.

Like her, I want to live in a natural way.
Everyone, to be meaningful to live there,
I want to tell more to the world.

We promised a reunion in Japan, we parted.
I have a feeling that encounter with her will light the new way again.
Thanks to everyone involved.

35

04

写真 2017-05-26 11 25 43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

20
Next

12


音楽との出会い、映画音楽の制作過程、普段のニューヨーク生活。
素顔の坂本龍一氏の話を、手の届く距離で聞けるセミナー企画。

通りで子猫に話しかけたり、カフェでコーヒーを飲んだり。
人目を気にせずに普通の生活を送れるのがニューヨークの魅力。

アーティストとして好き勝手ができない映画音楽の制作。
でも、苦しいプロセスがあるからこそ、
チームでやる素晴らしさを、神様が教えてくれるのだという。

まるで「徹子の部屋」の公開録画のような穏やかな雰囲気に、
150名の日系人が心を和まされた。

今週のニューヨークの空は、少し機嫌が悪いけれど、
新月を迎えながら、人繋ぎのミッションを再確認している。

21


Encounter with music, film music production process, usual New York life.
Seminar planning where we could listen to Mr. Ryuichi Sakamoto's story was
held at the Nippon Club.

He talks to the kittens on the street, and drink coffee at a cafe.
It is New York 's charm that celebrities can live a normal life without concern
for people's eyes.

He can not be selfish as an artist on the process of production of movie music.
But because there is a painful process,
He says that God teaches the splendor of doing with the team.

It was like a calm atmosphere like a recorded video of Japanese TV program
" The room of Tetuko",
About 150 Japanese people had relaxed their minds.

The sky in New York this week is a bit bad,
While welcoming the new moon, I reconfirm my mission to connect the people.

18664399_10203341914984289_837866462381827172_n


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

58

00


前夜まで、土砂降りの悪天候が続いていたのに、
毎年この日は不思議と天気が良くなる。

屋外テントでは、日本食やスナック菓子が配られ、
ステージでは、様々なタレントショーが繰り広げられる。

5万5,000人の日本贔屓が集まる祭典は、
セントラルパークの気温を少し高くする。

19

29


Until the before night, the weather was pouring down.
But the weather was better that morning.

In outdoor tents, Japanese food and snacks were distributed,
On the stage, various talent shows were held.

Fifty-five thousand Japanese fans gathered,
the temperature of Central Park increased slightly.

47 HDR


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

「メイドインジャパンのYシャツをニューヨークで販売する。」
「鎌倉シャツ」から最初に御相談があったのは、かれこれ6年前だった。

今やマンハッタンで2店舗を展開し、
すっかりニューヨークでもその地位を確立した感がある。

洒落たシャツを着た男性が、ウィスキーを飲む姿を想像する。
そんな夢のコラボイベントが実現した。

通勤帰りの男性が、ちょっと立ち寄ってお酒を飲んで、
自分自身のためのシャツを選ぶ姿は、ちょっとかっこいい。

ジャンルを超えたコラボイベント、その可能性は無限大。
写真 2017-05-22 9 38 16


"We would like to sell Made in Japan's Y shirt in New York".
It was 6 years ago when I was asked from "Kamakura Shirts" first time.

They now have 2 stores in Manhattan,
they have established that position in New York entirely.

Imagine a man wearing a fancy shirt drinking whiskey.
Such a dream collaboration event has come true.

Guys on the way back from work stopped by there a bit, and drunk alcohol.
The figure of choosing a shirt for himself looked so nice.

Collaboration event beyond genre, its possibility is infinity.

写真 2017-05-22 9 43 00


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next