Blog

写真 2018-08-03 16 25 21

写真 2018-08-03 16 28 03


生暖かい雨が降る夕方、まず福徳神社に参拝。
「水戯庵」で観世流の能舞台を観覧してから、隣のビルへ。

江戸の夏に彩りを添えていた「アートアクアリウム・日本橋」。
夜9時以降、そこは「ナイトアクアリウム」に変わる。

日本酒やカクテルなどのドリンクを楽しみながら歩く。
近未来的な色使いの会場で、DJが曲を操り、花魁が舞う。

「江戸・金魚の涼」と銘打った今夏のアートアクアリウム。
何度ここで「都会の涼」をもらったことだろう。

プロデューサー木村英智氏の夢物語、次は上海へ。

写真 2018-09-10 19 52 41 (1)

写真 2018-09-10 19 53 18 (1)

写真 2018-09-10 19 58 39


In the evening when warm rain fallen, first I visited Fukutoku Shrine.
After watching Noh stage of Kanze style at "Suigian", to the next building.

"Art Aquarium · Nihonbashi" which added coloring in the summer of Edo.
After 9 pm, it turned into "Night Aquarium".

We walked while enjoying drinks such as sake and cocktails.
In the futuristic coloring venue, DJ manipulated the songs, and Oiran danced.

This summer 's art aquarium was named "Edo - Coolness of Kingyo".
I wonder how many times I got "urban coolness" here.

写真 2018-09-10 22 02 20 (1)

写真 2018-09-10 22 02 51 (1)

写真 2018-09-10 22 03 03 (1)

写真 2018-09-10 22 03 47 (1)

写真 2018-09-10 22 03 56 (1)

写真 2018-09-10 22 04 57


Producer Hidetomo Kimura's dream heads next time to Shanghai.

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-10 22 14 56

Next

ニューヨークの老舗フレンチレストラン、ジャン・ジョルジュで
スーシェフまで務め上げた米澤文雄氏。
2014年にジャン・ジョルジュ東京がオープンした時には、
エグゼクティブシェフに就任した。
シェフズカウンターの向こうにいる彼の笑顔に会いたくて、
機会があればお店にお伺いした。

今春、NYイベントのことで彼に相談を持ちかけた。
いつも通り親身になって、対応してくれた。
その時に、実は新しい門出を考えていることを打ち明けてくれた。

満を持して今月、青山に炭火焼のお店「The Burn」がオープン。
天井の高い設計、バーカウンターの位置どりなど、
NYスタイルを感じさせる店内は、地下でも開放感がいっぱい。

炭火焼で仕上げる国産牛の熟成肉が一押し。
ポーク、チキン、手長エビ、魚、オーガニック野菜。
香ばしい料理に、サラダやパスタが並ぶと、BBQパーティーのよう。
すべての料理の塩加減が絶妙で、お酒が進む。

お客様で溢れかえる店内。
激務の間にも、満面の笑みで各テーブルまで御挨拶に回る。
米澤氏の気配りと、サービススタッフのおもてなしは秀逸。
予約が取れなくなる前に、ぜひ足をお運び下さい。

The Burn Home Page

写真 2018-09-13 22 48 38


At New York's long-established French restaurant, Jean Georges,
Mr. Fumio Yonezawa worked as sous-chef.
When Jean-Georges Tokyo opened in 2014,
He took office as an executive chef.
I wanted to see his smile on the other side of the Chef's Counter,
If I had the opportunity I tried to go to the restaurant.

This spring, I asked him to discuss about the NY event.
As usual he was kind, and responded.
At that time, he revealed that he actually thought of a new career.

This month, he opened a charcoal grill restaurant "The Burn" at Aoyama in Tokyo.
High ceiling design, position of bar counter, etc.,
Inside the store that makes you feel NY style, there are lots of opening feelings even it is in the basement.

Aged meat of domestic cattle finishing with charcoal grilling is highly recommended.
Pork, chicken, freshwater shrimp, fish, organic vegetables.
It is like a BBQ party when salads and pasta line up in a savory dish.
Salt of all dishes is exquisite, and it works with alcohol so well.

Inside the restaurant overflows with customers.
Even during hard work, he goes to greetings to each table with a full smile.
Mr. Yonezawa's attentiveness and service staff's hospitality are excellent.

Please come and try to taste his new stage.

写真 2018-09-13 22 48 45



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-13 20 24 56

Next

写真 2018-09-06 2 51 57


アーティスト山口歴(やまぐち・めぐる)氏。
ブルックリンを拠点に活動する新進気鋭のアーティスト。

ファッションデザイナーの両親を持ち、7歳から西洋画を習った。
浮世絵や印象派のポストカードを模写して過ごした幼少期。
漠然と芸術関係の将来を描いていたものの、芸大受験に失敗。
東京のデザイン事務所に勤めながら、デザインの本質を学んだ。

21歳の時に「アートに対する制限がない」ニューヨークに移住を決意。
ブルックリンにあるアーティストオフィスで5年間修行を積みながら、
欧米のポップアートやグラフィティアーティストに影響を受ける。

偉大な先人の仕事をリスペクトしつつ、
そこに自分なりの新しいエッセンスを加えていく。

「カットアンドペースト」という、絵具の筆跡を貼り合わせる独自の技法は、
まさに「現代アート」の骨頂。
キャンバスだけでなく、彫刻、壁画など、彼の作品は幅広い。

展示会場では、入り口に描かれた壮大な壁画が、まず人々をお迎えする。
「UNTAINETED ABSTRUCTION」のタイトル通り、抽象画の世界を堪能する空間。
「ナイキ」や「ユニクロ」とのコラボなど、活躍の場を広げている山口氏。
やはり彼の作品は、「リミットレスなニューヨーク」に似合う。

展示会に、ぜひ足をお運びください。

写真 2018-09-06 2 51 23

写真 2018-09-06 2 52 23


UNTAINTED ABSTRACTION by MEGURU YAMAGUCHI and EMILIO CAVALLINI
GR gallery
255 Bowery Street, New York, NY10001

Please click here to see the link.

写真 2018-09-06 4 46 12


Artist: Meguru Yamaguchi.
An up and coming artist based in Brooklyn.

He has parents of a fashion designer, and learned Western painting from age 7.
Early childhood who spent time copying Ukiyoe prints and impressionist postcards.
Despite he was vaguely depicting the future of art relations, failed to take entrance exam of the art college.
While working for a design office in Tokyo, he learned the essence of design.

At the age of 21, he decided to move to New York, since he felt there was no restriction on art there.
While training at the artist office in Brooklyn for five years,
he was affected by European and American pop art and graffiti artists.

While respecting the work of the great predecessor,
he will add his own new essence there.

A unique technique of pasting handwriting of paint called "cut and paste"
It is exactly the point of "modern art".
Besides canvas, sculpture, mural paintings, his works are in wide field

At the exhibition hall, magnificent mural paintings drawn at the entrance will welcome people first.
As the title of "UNTAINETED ABSTRUCTION", space to enjoy abstract painting world.
Mr. Yamaguchi who is expanding the place of activity such as collaboration with "Nike" and "UNIQLO".
After all his work fits "Limitless New York".

Please come and visit the exhibition.

写真 2018-09-06 4 46 18

写真 2018-09-06 4 46 24

写真 2018-09-06 4 46 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-06 4 54 25

Next

写真 2018-09-10 11 29 44


今年の初め頃に、正式な依頼をいただいてから、
私はずっと迷っていた。

私を育ててくれた母校に、恩返しがしたい。
でも、何を話せば良いのだろう。

これまでとはまったく違うオーディエンス。
障害を持った我が子を持つ御父兄の前で、
私ごときの体験談なんて、ちっぽけ過ぎるのではないかなと。

月曜日の朝にも関わらず、
会場には500名以上の御父兄がお越し下さっていた。

壇上に視線が集まると、私の緊張感が一気に高まる。
かつての恩師や同級生、友人の顔を探して、気を落ち着かせる。

いつも通り。ありのままで。
みんなそれぞれ、外からはわからない宿題を抱えている。

痛みや苦しみを、分かってほしいというのではない。
そこから学んだことを、一緒に考えていただけたら。

英語版チームも動き出した。
一緒に前へ。

武蔵野東学園ホームページより
写真 2018-09-10 10 44 09

写真 2018-09-10 11 40 43


About the beginning of this year, after receiving a formal proposal,
I have been anxious for a long time.

I would like to give something back to my graduated school that raised me.
But what should I talk about?

A completely different audience than before.
In front of his parents with disabled children,
I wonder if my experience story is no meanings.

Despite Monday morning,
More than 500 parents came over at the venue.

When gaze gathers on the platform, my tension increased at once.
Looking for the face of former teachers, classmates, friends, made my mind in relief.

As usual. As it is.
Each and every one has a homework that we do not know from outside.

I do not want you to ask to understand pain and suffering.
If you think about what we learned from it together.

The English version team also started to move.
We go forward together.

写真 2018-09-10 10 45 13



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-10 11 30 05 (1)

Next

写真 2018-09-09 9 43 30 (1)

写真 2018-09-09 9 44 52 (1)


愛する姪っ子は、東京からの下り電車で通学している。
彼女の自宅すぐ近くにある私の母校には目もくれず、
「日本一の文化祭」に惚れ込んで、その高校を選んだ。

高校3年生、最後の晴れ舞台。
その芝居を観るために、朝早くから抽選に並ぶ。

そのレベルの高さ、団結力。
青春の涙は、どこまでも純粋で、美しい。

学生時代の絆は、きっと永遠に続くから。
胸に刻まれたこの瞬間を、遠くでそっと見守っている。

写真 2018-09-09 11 01 14


My beloved niece goes to school by train from Tokyo to Suburbs.
She passed my high school which was near her house,
she fell in love with "Japan's best cultural festival" and chose that high school.

High school third grade, it was last stage.
In order to see that play, we were in the lottery early in the morning.

The height of that level, unity of force.
Tears of youth are pure and beautiful ever.

Because the bond of school days will surely last forever.
I keep watching this moment in the distance.

写真 2018-09-09 16 22 53



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-10 5 11 35



Next

私は今でも、その場所に行けない。
胸がザワザワとして、苦しくなる。

もし911がなかったら、私は日本に残っていたかもしれない。
家族は一緒にいるべきだと学び、NYに戻ったのだから。

ニューヨークで生まれた我が子たちは、あの悲劇を知らない。
苦しくても、悲しくても、伝えていくこと。

あの空を、忘れない。

写真 2018-09-01 21 20 55


I still cannot go to that place.
As my heart is murmuring, it makes me painful.

If it had not been 911, I might have lived in Japan.
Because we learned the family should be together, I returned to New York.

My children born in New York do not know that tragedy.
Even if it is painful, even if it is sad, we should tell it.

We will not forget that sky on the day.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-08-25 6 49 12


晩夏、サマータイムを惜しむ。

リーシュなしが許可されている早朝。
セントラルパークは、市民と犬たちで溢れている。

毎朝同じ顔ぶれに出会ううちに、自然と会話が生まれる。
グレートネックを5周走って、汗を流す。

帰りがけに、焼きたてのベーグルを買う。
こんな日常に、感謝する。

写真 2018-08-25 6 52 23


Late summer, we do not to miss the summer time.

Early in the morning taking dogs without leash is allowed.
Central Park is full of New York citizens and dogs.

Every morning meeting the same face, a conversation is born with nature.
we run the Great Neck 5 laps and sweat well.

On the way home, we buy freshly baked fresh bagels.
We thank you for such everyday life.

写真 2018-08-25 6 55 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-25 7 51 17

Next

半年前にリサーチを開始してから、すでに半年。
日本からクライアントチームが渡米されて、
現地との最後の調整に入る。

どこまでも裏方を見せないのが、かっこいいのかもしれない。
現地側には、こんなに注文の多いイベントは初めてだと嘆かれ、
日本側には、なぜこんなこともできないのかと注文される。

結果オーライになれば、それで良い。
皆の笑顔が待ち遠しい。

本番までの、カウントダウンが始まった。

写真 2018-09-11 6 28 41


It's been half a year since we started research six months ago.
A client team from Japan came to the USA,
We did the final adjustment with the locals.

Perhaps it is cool that no backstage is showed.
On the local side, they say this ordered event is the first time.
The Japanese side asks why such a thing cannot be done either.

Hope everything done well.
Hope everyone's smile.

A countdown has started, up to the actual day.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

夏休み、長男が一人で先にニューヨークに戻ることになった。
国内外に関わらず、飛行機での移動は慣れたもののはず。
でも国際線の一人旅は、税関やイミグレ審査など、不安も多い。

お盆前の金曜日、成田空港に見送りに行く。
チェックインの段階で、予約が取れていないことが判明。
キャンセル待ちの希望も叶わず、大荷物を持って実家に戻る。
往復に費やした時間、6時間以上。

日曜日、もう一度成田空港に送りに行く。
逞しくなった背中を見送り、JFK空港へのお迎え手配も完了。
成田から2時間かけて、実家の近くの居酒屋で一杯。

帰宅した途端、航空会社から連絡あり。
急病人発生で飛行機が戻ってくるので、羽田に迎えにきて欲しいと。
酔いから一気に覚めて、父の車を借りて一人深夜にハンドルを握る。
激しい雷雨が窓に降りかかり、緊張感いっぱいの首都高空港線。

国際線ターミナルまで到着しても、どこに行ったら良いのか分からない。
航空会社の電話は、どれも営業時間外で繋がらない。
深夜1時、ようやく本人からPC経由で連絡あり。
イミグレを抜けられず、明日のフライトまで空港ゲートで待機なのだと。
降機を希望するなら、荷物を下ろすのに数時間待つことになる。
翌朝8時の出発から逆算すると、家に戻っても2時間寝られない。
結局、息子を空港に残して、私一人で帰路に就く。

翌朝出発した飛行機は、15時間遅れでニューヨークに到着。
本人は、ラウンジの食事をもらって、思ったよりも快適に過ごしていたらしい。
こんなにもハラハラドキドキしていたのは、母親だけだったのかもしれない。

ダイバートの原因は、機内迷惑行為だったらしい。
成田を出発してまもなく、外国人乗客が、泥酔してトイレに篭ったとか。
千歳空港付近まで行ったのなら、なぜそこで旅客を降ろさなかったのか。

航空会社の裏事情も知っているだけに、一方的な文句は言えないけれど、
夜間、すべての電話がテープ案内のみになるシステムはいかがなものか。

写真 2018-08-23 17 52 44


Summer vacation, the eldest son was supposed to return to New York first.
Regardless of domestic and overseas, he is familiar traveling by airplane.
But traveling alone on international flights is uneasy for me, including customs and immigration screening.

On Friday before the Bon week, Japanese summer holiday season, we went to see off him at Narita Airport.
At the check-in stage, it turned out that the reservation was not taken.
Hope of waiting for cancellation does not come true, too, and we returned to my parents' house with big luggage.
Time spent round-trip, more than 6 hours.

On Sunday we went to Narita airport again.
We saw off the his back and completed order of pickup to JFK airport.
It took two hours from Narita, and I had dinner at the pub near my parents’ house.

As soon as we came home, there was a message from the airline.
As the sudden illness causes an airplane to return, they asked to pick up my son at Haneda.
I woke up all at once from drunk, borrow my father's car and hold the handle alone late at night.
A heavy thunderstorm leaned against the window, the capital high airport line full of my tension.

Even if I arrived at the International Terminal, I did not know where to go.
None of the airlines' phones could be connected off business hours.
At midnight I finally got in touch from my son via PC.
It was impossible to through from immigration gate and they had to be at the airport gate until tomorrow's flight.
If he wanted descent, we had to wait a couple of hours to luggage.
We could not sleep for two hours even if we go back to my house if we count back from the departure at 8 o'clock the following morning.
After all, leaving my son at the airport, I went home on my own.

The plane departing the next morning arrived in New York 15 hours later.
He seemed to have had a lounge meal and was comfortable more than I thought.
It might have been only a mother that I was so nervous like this.

The cause of Divert seemed to have been a trouble passenger onboard the plane.
Shortly after departing Narita, foreign passengers were drunk and caught in the restroom.
When the airplane went to near Chitose Airport, why did not they drop off the passengers there?

I do not say unilateral complaints because I know the backstage of the airline,
But how about a system where all phones become only tape guidance at night? .


海外永住 ブログランキングへ "
Next

語弊があるかもしれないけれど、
「時間があったら連絡して」というのは社交辞令に思えてしまう。

本当に会いたければ、具体的に時間や場所を提案する。
お互いの気持ちが合致すれば、必ず会えるタイミングが見つかる。

もちろん忙しい相手への気遣いは大事だけれど、
忙しい人こそ、待っているだけの人の気持ちまで推し量れない。

本気でエールを送りたければ、直に会いに行って伝える。
「言わなくても気持ちは分かる」なんて通じない。

好きなら「好き」と。
会いたいなら「会いたい」と。

奥ゆかしさや謙遜は、人付き合いには一番の害となるから。
具体的に会おうと提案してくれる人には、出来る限り応えること。

今夏、私のために時間を費やしてくれた友人達に。
心からありがとうと、今ふりかえる。

写真 2018-08-17 19 06 23

写真 2018-07-18 9 08 11


Although there may be a misleading,
"Please contact me if you have time" seems to be a social expression.

If you really want to meet, you had better suggest specific time and place.
If the feelings of each other match, you will find the timing when you can meet.

Of course, caring for busy person is important,
A busy person cannot imagine the feelings of just waiting people.

If you really want to send an ale, get to meet him/her and tell it.
it's doubt that "I can tell without the words".

If you like, say "like".
If you want to meet, say "I want to meet you".

Because modest and humility are the greatest harm to friendship.
To the person who suggests to concretely meet, to respond as much as possible.

To my friends who spent time for me this summer.
Thank you from the bottom of my heart, I will look back on it now.

写真 2018-08-21 23 18 28

IMG_2487



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-18 8 07 23

写真 2018-07-17 15 08 32

写真 2018-09-03 10 11 10


Next

話したからといって、解決策が見つかるわけじゃない。
泣いても笑っても、同じ態度で受け入れてくれる仲間たち。

外での肩書きとか実績とか、成功も失敗も関係ない。
何があっても味方、その信頼関係がすべてだから。

「とにかく、お疲れ様。」
ここに拠り所があるから、また頑張ろう。

写真 2018-08-02 20 36 07


Just because I talked, I cannot find a solution.
Even if I cry or laugh, my friends accept me with the same attitude.

It does not matter whether it is success or failure, such as title or achievement outside.
No matter what happens, we are trustworthy.

"Anyway, well done."
I have a base that heals me here, so I will do my best again.

写真 2018-08-19 1 25 35



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-02 18 47 35

Next

年明け頃から準備をしていた企画。
卒業30周年の「記念祭」には、壇上でプレゼンする企画も採択中。

悲しいかな、受けて待つだけの人に限って、文句が出てくる。
すべてボランティアで準備をしている幹事の苦労が偲ばれる。

去る者は追わない。
誠意ある仲間に誠意で返したい。
思いを共有できる人こそが、またさらに繋がっていく。

写真 2018-09-02 7 16 35


Planning that was preparing from around the beginning of the year.
At the "Memorial Festival" on the 30th anniversary of graduation, we are also adopting a plan to present at the stage.

Alas, complaints come out only for those who only wait and receive.
It is remembered the hardship of staff preparing everything as a volunteer.

Welcome the coming, speed the parting guest.
We want to give in good faith to a good faith fellow.
People who can share their thoughts will be connected further.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

初めて世に出した本は、9年間の日記そのままだった。
それから5年が経って、少し冷静に2冊目を書いた。

決して一人よがりにならないよう、
第三者と一緒に伝えていくという想いで、やってきた。

背中を押してくださる出版プロデューサー。
仕事の域を超えて、共に歩いてくださる編集者。
そのバックには、凄腕の出版発行人。
私の想いを色で表現してくださったアーティスト。
愛溢れる挿絵で、そこに温度を与えてくださったアートディレクター。

日本語以外の言語での出版作業が、少しずつ進められている。
各国の装丁デザインには、それぞれルールがあるようだけれど、
譲れない部分、伝えたい部分は、そのまま伝えたい。

とにかくチームで進めること。
仲間を信じること。それが絶対。

翻訳チームの皆さん、よろしくお願いいたします。

写真 2018-08-30 18 35 01


The book that I issued for the first time was my 9-year diary.
Five years later, I wrote a second book calmly.

To never be self-satisfied-complacent,
I came with the feeling of telling it with a third party.

A publishing producer who pushes my back.
Beyond work, an editors who walk together.
To that back, a publisher of a great arm.
An artist who expressed my feelings in color.
An art director who gave the warm feeling with an illustration full of love.

Publishing work in languages other than Japanese is progressing little by little.
There seems to be a rule for each cover design in each country,
I want to convey the part that I cannot yield, the part I want to convey.

Anyway we proceed as the team.
Believing in a fellow. That is absolute.

We've welcomed the translation team.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-08-18 19 23 02


初夏、油で火傷を負った。
どこの病院に駆け込めば良いのか、途方に暮れた。

銀座のど真ん中で、病院を紹介してくれた友人がいた。
まもなく一緒に開業するドクターチームの古巣があるからと。

それから一ヶ月、彼らのクリニックがオープンした。
女性を美しくするために、漢方内科まであるのが魅力。

火傷の跡はまだ疼くけれど、
いずれ落ち着いたら、レーザー治療に期待したい。

写真 2018-08-27 7 27 51 (1)

写真 2018-08-27 7 27 56

写真 2018-08-27 7 29 02 (1)


Early summer, I was burned with oil.
I was at a loss what sort of hospital to get treatment.

One of my friend introduced me the hospital in the middle of Ginza.
That was an ex-hospital of the doctor team who will open new clinic together soon.

A month later, their clinic opened.
To make women beautiful, it is attractive that there is Kampo medicine department.

Although the traces of burns are still dull,
If it settle down, I would like to expect laser therapy.


海外永住 ブログランキングへ "

39558184_904427893060764_9216015719949402112_n

写真 2018-08-18 19 43 30

写真 2018-08-27 7 28 04

写真 2018-08-27 7 28 14 (1)


Next

写真 2018-08-27 21 28 14


8年前のBB KING公演にも行った。
日本でミリオンセラーの実力者が、すぐ目の前で歌ってくれる、
ライブハウスのような距離感が、Ken’s Barの魅力。

今夏のツアーは、ソニーホールで開催された。
日本からのファンクラブメンバーでVIP席は占拠されていて、
地元ニューヨーカーは立ち見するしかないという事実。

それでも、平井堅氏の高音が、たまらなく好き。
せつない歌詞に、何度も胸が締め付けられる。

一緒に行った友人の連れが、少し呆れて言う。
「彼に魅了される女性陣の幸せそうな笑顔を見ているのが楽しかったよ」

心に届く音楽は、人を幸せにする。
それが最高の褒め言葉。

写真 2018-08-27 20 08 15


I also went to BB KING performance eight years ago.
Million seller 's musician in Japan sang right in front of us,
Distance feeling like a live house was the charm of Ken's Bar.

This summer tour was held at New York Sony Hall.
As VIP seats were occupied by his fan club members from Japan,
Local New Yorkers had to stand there.

Still, I love Ken Hirai's treble unbearably.
Too painful lyrics, my heart was shook many times.

A friend of a friend who went with me said a little amazedly.
"It was fun to watch the happy smile of the female fascinated by him."

Music that reached the heart made people happy.
That was the best praise.

写真 2018-08-28 12 35 52



海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-08-29 07.34.22

©︎Websiteより
Next

写真 2018-08-07 22 12 14


「地球こどもサミット」の打ち上げは、オトナだけで行われた。
今回の企画に直接関わっていた方が半分で、あとの半分は、
なぜ自分がこんなに盛大な場所にいるのか分からないという。

今夏の企画は大きな成果を収めたけれど、満足なんかしていない。
ようやく初めの一歩に駒を進めた段階だからこそ、
もうすでに次の段階への企画が始まっている。

「地球こどもサミット」は、子供だけのサミットではない。
子供たちが話し合う姿に、オトナたちは自分を省みる。
オトナが出来ないことを、子供たちが出来るのはなぜだろう。

損得勘定や利害関係のない無垢な気持ちを思い出す、
オトナ達が学ぶことがきっとある。

打ち上げは、お疲れ様の会ではなくて、
将来に向けてのキックオフミーティング。

未来への種まきに賛同してくださる方々、
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

写真 2018-08-28 12 29 34

写真 2018-08-28 12 31 26

写真 2018-08-28 12 30 16

写真 2018-08-28 12 32 22


The launch of the "The Earth Children Summit" was held only by Adults.
Those who were directly involved in this project were half,
other half those said they did not know why they were in such a magnificent place.

The plan of this summer was a big success, but we are not satisfied.
Because this stage where we advanced the piece to the first step,
Planning for the next stage has already begun.

"The Earth Children Summit" is not a summit only for children.
By watching the kids' discussion, the adults think about oneself.
We wonder why children can do things that adults cannot do.

Remembering non-interest connection and innocent feelings,
There are surely things that adults can learn.

The launch was not a cheers for good work,
It was a Kick-off meeting for the future.

People who approve of our concern for the future,
please keep watching and encourage us.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-15 8 59 02 (1)


Next

シェフ藤木千夏氏から電話があるのは、たいていニューヨークの午後遅く。
日本で東の空が白くなる頃まで、毎日働いているから。

新店舗のオープン前にも、彼女がSOSを出してきた。
SolaからUmiへと変化していく過程、大きなプレッシャーがあったに違いない。

新ブランドのコンセプトを考えている彼女に、会わせたい人がいた。
オープンしたら一緒にお店に連れて行くからね、と。

千夏シェフの料理は、いつも優しい。
生命の原点・海から産み出される素材が、穏やかに身体に浸透する。

お粥から始まり、素麺で締めるフランス料理。
唯一無二のおもてなしで、心がゆっくりと洗われる。

アグレッシブな人間関係に疲れた時も、ここに駆け込むことにしよう。

写真 2018-08-14 6 19 50

写真 2018-08-14 6 32 51

写真 2018-08-14 6 55 04

写真 2018-08-14 7 13 03

写真 2018-08-14 7 38 29

写真 2018-08-14 8 02 34

写真 2018-08-14 8 29 29


When I get a phone call from Chef Chinatsu Fujiki, it is always late afternoon in New York time.
Because she works every day until the eastern sky turns white in Japan.

Even before opening a new store, she asked me to help.
In the process of changing from Sola to Umi, there must have been a lot of pressure.

There was a person that I wanted to introduce to Chinatsu while thinking of the concept of a new brand.
I promised I would take her to the new restaurant together.

The dish of the Chinatsu chef is always kind.
Origin of life · The material born from the sea gently infiltrates the body.

It is French cuisine starting with porridge and finishing with noodles.
With one and only hospitality, the heart is washed slowly.

Even when I am tired of aggressive human relations, I had better to come here.

写真 2018-08-14 10 09 15



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-14 6 55 29

写真 2018-08-14 6 55 33

Next

イベントというのは、打ち合わせ段階でほとんどが決まる。
当日に向けて、何度も何度も呼吸合わせをする。

多分それは、仲間の人となりを知るための時間であり、
彼らと一緒にやっていくパッションを生み出す時間でもある。

主役になる人は、そこに気付かないこともある。
お膳立てされた舞台の上で、自分の表現だけして帰って行くことが多い。

でも、そこで育まれたチームワークは、永遠に繋がっていく。
本番まで秒読み段階に入り、緊張感のある打ち合わせが続く。

「ありがとう」という言葉があれば、すべて報われる。

写真 2018-08-14 15 36 50


The success of the events are mostly decided at the meeting stage.
We try to meet and discuss over and over again and again before the event.

Perhaps it is the time to know the people of a group,
It is also time to create passion to work with them.

People who become the protagonists sometimes do not notice there.
They often go home only after expressing themselves on the stage.

But teamwork raised there will be connected forever.
Entering the countdown phase until the actual stage, meetings with a feeling of tension continue.

If we have the word "thank you", we will be happy at all.

写真 2018-07-09 12 13 37



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-08-22 19 36 47


芝居を観るようになったのは高校時代。
今は亡き親友や当時の同級生と、ちょっと大人の世界を観るのが楽しかった。
役者の温度や息遣いが直に伝わる小劇場での公演は、その余韻が楽しい。
夏の最後に、役者・成田浬氏の出演する作品を観に行った。

寺山修司氏の作品は、アングラ系としてもかなりハードルが高い。
現実と非現実、現象と幻想が交錯して、時にテーマを見失う。
それでも彼の作品が断続的に上演される理由を探ってみたいと思った。

私は、女優・大山デブ子氏出演の映画を観たことはないけれど、
鬼才・寺山修司氏の寵愛を受けたというからには、
人として普遍的な魅力に溢れる人だったと想像できる。

女優デブ子がモデルとはいえ、舞台のデブコは単なる虚像でしかない。
「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「傲慢」「嫉妬」
キリスト教における7つの大罪とも言われる、人間の負の感情。
それらを象徴するキャラクターを、役者達が演じる。

舞台はオモチャ箱から飛び出してきたおとぎ話のように、
欲望の末に人魚になってしまった男を中心に進行され、
時折デブコの話を交えながら、「人生は祭りだ」と盛り上がる。

より人間くさく生きることは、7つの大罪すべてを背負うこと。
デブコが犯罪者たる所以を観客に考えさせるのが、
この作品の見どころなのかもしれない。

「B機関」という劇団、そして「点滅」氏の演出も初体験だったけれど、
舞踊と歌を芝居に混在させ、現実と幻想の世界を作る感覚が見事だった。

素敵な芝居にお声がけしてくれた浬くん、ありがとう。

写真 2018-08-22 19 36 51


It was during high school that I went to see a theater play.
I enjoyed watching a little adult world with my dear friend and classmate of that time.
A performance in a small theater where the actor 's temperature and breath are transmitted directly is a pleasant finish.
At the end of the summer, I went to see works that Mr. Kairi Narita acted as an actor.

Mr. Shuji Terayama's work is quite a deep as an underground play.
Reality and unreality, phenomena and fantasies interlace, sometimes losing sight of the theme.
Still I wanted to explore why his work was intermittently performed.

I have never seen a movie starring Actress Debuko Oyama,
Because it is said that she received the love of Mr. Terayama,
we can imagine that it was a person full of universal charm as a person.

Actress Debuko might be a model, but the stage Debuko was just a virtual image.
"Gluttony" "Lust" "Greed" "Wrath" "Sloth" "Pride" " Envy"
It is said to be seven big sin in Christianity, a negative emotion of man.
The actors play the characters symbolizing them.

Like the fairy tale that jumped out of the toy box,
It progressed mainly with a man who became a mermaid at the end of desire,
While occasionally talking about Debuko, and all characters raise up saying "Life is a festival."

To live as human beings is to carry all seven deadly sins.
It is the reason that the audience thinks that Debuko is the criminal,
It might be a highlight of this work.

Theater company "B-Kikan" and the directing of Mr. "Tenmetsu" was also my first experience,
Mixing dance and singing in the play, the sense of making the world of reality and fantasy was brilliant.

Thank you, Kairi, who invited to a nice play.

写真 2018-08-22 16 23 27



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-22 19 36 56
Next

写真 2018-07-08 15 57 06

写真 2018-07-08 15 17 49


今は誰もが名刺代わりに本を出版する時代だけれども、
それはすなわち、優秀なライターが増大しているということらしい。

ゴーストライターの存在が、その前面に出ない時代ではなく、
誰かに代わって本を書くことを生業とする時代。

著者が前面に出るビジネス本やタレント本のなかにも、
実はライターによるインタビューをまとめているものが多い。

料理研究家コルトンひでこさんの自叙伝を、
友人ライターの鮫川佳那子さんが一冊の本にまとめ上げた。

もちろんコルトンさんが主役であることには間違いないけれど、
彼女に惚れ込んだ鮫川さんがいたからこそ、それが世に伝わった。

謙遜が美徳とされる世の中で、自己流を貫き通す強さがむしろ美しい。
裏方に徹する人の存在をその主役が認めた時こそ、新しい物語が始まるから。

37926742_2070685829915003_1106281247853772800_o


It is now time for everyone to publish books instead of business cards,
That is, it seems that excellent writers are increasing.

It's time when the existence of ghostwriters appear on the front,
means that writers are writing a book on behalf of someone.

In business books and talent books whose authors are in front,
Actually, many are summarizing interviews by writers.

Cooking researcher Colton Hideko's autobiography,
A friend writer, Kanako Samekawa, put it together in a book.

Of course there is no doubt that Ms.Colton is the leading role,
It was because of Ms Samekawa who fell in love with her, it was transmitted to the world.

In the world where humility is regarded as virtue, the strength to penetrate self-flow is rather beautiful.
The new story begins when the protagonist recognizes the existence of a person who works on the back stage.

写真 2018-07-08 17 40 09



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-08 17 37 26

友人ライターの公文紫都さんとバッタリ。
Next

180801_katsumi_Zimagine_1


昨秋のJALイベント開催前に、KATSUMI氏のライブにお伺いした。
覚えている曲は数えるほどだったけれど、胸に伝わる想いを受け取った。

その後、彼のラジオ番組にゲスト出演させていただいた御縁もあって、
彼の世界観をもっとじっくり聴いてみたいと思うようになった。

「It’s my JAL」のCMソングで一世を風靡してから四半世紀。
私はその間、転職したり、子育てに悩んだり。
どこを目指して生きているのかも、わからくなっていた。
そうこうしている時もずっと、KATSUMI氏がアーティストとして、
今なお深くメッセージを伝え続けていることが感慨深い。

ゼロからモノを作り出すアーティストは、時に生みの苦しみに遭い、
伝えられないもどかしさに悩むこともあるに違いないけれど、
想いを貫き通す活動の尊さが、ファン層の幅を広げているに違いない。

夏のマンスリーライブ会場は、熱心なファンで埋め尽くされていた。
外気の暑さを忘れさせるような「風」を感じる曲目がテーマ。
共演する矢吹卓氏のマニアックなピアノにも魅了されつつ、
終盤に、自然と周囲に折り紙の飛行機を手渡すファンの姿に感動。

KATSUMI氏の育んできた世界が、その空間に優しさを形づくっている。
音楽に対して、人に対して、誠実であること。それがすべて。
またタイミングが合えば、彼の歌声に会いに行こう。

KATSUMI Official Website

180801_katsumi_Zimagine_2

©️KATSUMI

Before the last fall JAL event, we visited Mr.KATSUMI 's live show.
I did remember only a couple of his songs, but I received the feelings conveyed to my heart.

After that, there was also the edge that I had guest appearance on his radio program,
I wanted to listen more carefully to his view of the world.

A quarter of a century since the commercial song "It's my JAL" was on TV screen.
Meanwhile, I changed jobs and suffered from child rearing.
I had time that I did not realize where I find the aim of my life.
Even when I was over it,
I'm deeply impressed that Mr.KATSUMI has continued to convey the message deeply as an artist.

An artist who creates something from scratch is sometimes encountered with suffering of produce,
There must be something to worry about frustration that cannot be conveyed.
But the preciousness of activities that penetrate their thoughts is broadening the fans' range.

His monthly live in summer venue was filled with enthusiastic fans.
The theme of the set list was "wind" that made us to forget the hot weather.
While being fascinated by Mr. Taku Yabuki's piano to co-star,
I was impressed by the appearance of the fans who handed over the origami plane kindly to surroundings at the end.

The world that Mr. KATSUMI has nurtured was shaping kindness in that space.
Being honest with respect to music, to people. That was all.
If I have chance again, I would like to meet his singing voice.

写真 2018-08-01 23 00 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-02 5 32 13


Next

写真 2018-07-21 10 57 27


今夏の日本、とにかくよく台風がやって来た。

7月イベント前日、西日本での大雨被害。
新幹線が止まって、登壇者とは電話で打ち合わせしただけ。

沖縄行きは、当日朝まで飛行機のキャンセルが続いた。
幸運なことに、私達のフライトは、強風の合間を縫って着陸できた。

札幌からの帰りは、台風が来る前にと朝から何時間も空港に並んだ。
最後まで粘って、アップグレード費用を払って、何とか乗せてもらった。
その次の便から夜遅くまで、フライトは全便キャンセルになった。

「地球こどもサミット」当日は、台風直撃の予報が出ていた。
こども達のパワーで、サミットは無事終了し、皆帰宅できた。

家族がNYに戻る時、台風の影響で使用機材の到着遅れ。
そこから十数時間の長旅は、やはり身体にこたえる。

自然の力には敵わない。ただ、それに従うだけ。
運は引き寄せられるけれど、運命は変えられない。

写真 2018-07-28 0 42 48

写真 2018-07-28 0 43 41

写真 2018-07-28 0 44 04


Japan this summer, a typhoon came frequently.

The day before the July event, heavy rain damage in western Japan happened.
The bullet train stopped and I had a conference call with my partner only 10 mins.

When we went to Okinawa, the cancellation of the plane continued till the morning of the day.
Fortunately, our flight could land between strong winds.

The return from Sapporo, we lined up at the airport for hours from the morning, before the typhoon came.
We kept till the end, paid for the upgrade fee, we managed to get it on.
From the next flight until late at night, the flight was canceled all the way.

On the day of the "The Earth Children Summit", we had a forecast of a direct typhoon hit.
With the power of children, the summit ended successfully, everyone was able to go home.

When family returned to NY, the airplane delayed of arrival of equipment used due to typhoon.
After 14 hours' long trip from there, the body would be very tired.

There is no enemy for the power of nature. we just follow it.
We can call luck, but we cannot change our fate.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-21 5 45 17

写真 2018-07-29 18 43 29

写真 2018-07-29 18 38 08

写真 2018-07-29 17 20 19

Next

まったく予習なし、行き当たりばったりの北海道。
どこに行っても、食事は間違いなく美味しい。

写真 2018-07-27 21 09 12


We went to Hokkaido without any preparations at all.
No matter where we go, the meal was definitely delicious.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-25 15 05 53

写真 2018-07-25 15 03 37

札幌市内のパン屋さんでも、ソフトクリームが美味しい。結構高いけど。
写真 2018-07-26 14 58 38

写真 2018-07-26 14 45 40

写真 2018-07-26 14 32 28

写真 2018-07-26 14 59 01

ニセコで紅茶のルピシアがレストランをやっていた。突然発見して入ったら大当たり。
Next

写真 2018-07-27 12 34 06

写真 2018-07-27 12 31 43


マンハッタンの街中、歩道に白く塗った自転車が繋がれている。
命を落とした人に献花を捧げる、すなわち事故現場。

それほど危険な場所だから、子供たちは普段自転車に乗る機会がない。
毎夏、少しずつ練習をして、この数年でようやく末娘も人並に追いついた。

大自然の風を体感するために、洞爺湖で自転車を借りた。
あまりの暑さと虫の大群に、末娘のハンドルさばきは少しおぼつかない。
2時間以上かけて、ようやく3分の1周を往復。
およそ30㎞というところだろうか。

トライアスロン競技を趣味にしている友人たちに感服した日。
明日は筋肉痛がおそろしい。

写真 2018-07-27 11 39 01


In the city of Manhattan, a bicycle painted white on the sidewalk is connected.
It is an accident scene, offering a flower arrangement to the person who lost the life.

Children do not have the chance to ride a bicycle usually because it is such a dangerous place.
Every summer, my kids practice little by little and my youngest daughter finally caught up with her age's level in the last few years.

In order to experience the wind of the nature, we borrowed bicycles at Lake Toya.
To the terrible hot weather and a large group of insects, the youngest daughter took a time to ride.
It took two hours or more and finally went back and forth one third of the lake.
It was about 30 km.

I really respect of my friends who do triathlon competition.
I fear my muscle pain tomorrow.

写真 2018-07-27 11 39 04



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-27 13 37 04

Next

写真 2018-07-26 15 32 35


会社員時代、同僚とニセコスキー場に行った。
「望羊亭」というロッジがあって、そこで食べる海鮮丼が絶品だった。

生まれて初めて、夏の羊蹄山を望んだ。
なだらかに広がる裾野が美しく、蝦夷富士と呼ばれる所以を実感した。

美しい景色を見ると、娘に見せてあげたいなと思う。

写真 2018-07-27 17 15 24


I went to Niseko ski resort with ex-colleagues before.
There was a lodge called "Bo-Yo-Tei", and the seafood bowl we ate there was exquisite.

I saw the mountain Yotei in summer for the first time.
The gently-spreading foot-of-mountain was beautiful, I realized the reason called "Ezo-Fuji".

When I see beautiful scenery, I feel I want to show it to my daughter.

写真 2018-07-27 17 14 32



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-26 11 23 56

写真 2018-07-26 11 13 20


毎朝子供たちは、NHK連続ドラマの音楽で動き出す。
苦手だった日本語、いつしか日常会話ができるようになったのは、
紛れもなく、テレビという文明の利器のおかげ。

ウィスキーの製造に人生を捧げた夫婦の物語。
子供たちは「まっさん」の軌跡を見て大いに喜び、
私は異国の地で奮闘する喜びと苦しみを想像する。

旅の最終目的地は、どこへ向かうべきなのだろうかと。

写真 2018-07-26 11 41 11

写真 2018-07-26 11 44 26

写真 2018-07-26 11 47 02

写真 2018-07-26 11 47 07

写真 2018-07-26 11 37 43

写真 2018-07-26 11 59 15


Every morning my kids start moving with the NHK series drama music.
Though they were not good at Japanese before, it became possible to have everyday conversation.
Undoubtedly, thanks to the instruments of the TV civilization.

A story of a couple who dedicated their lives to the manufacture of whiskey.
My kids were delighted to see the story of "Massan"
I imagined the joy and suffering struggling in a foreign land.

I wonder where the final destination of the trip of life should go.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-26 11 22 04

写真 2018-07-26 12 29 16

写真 2018-07-26 12 12 45

写真 2018-07-26 12 13 45

写真 2018-07-26 12 17 46



Next

写真 2018-07-26 17 48 03


大学に入学して早々に、自動車の免許を取った。
その後の人生、もうすでに米国生活が半分近くなるのに、
いまだにアメリカで運転することに苦手意識がある。

北海道の大地で、ハンドルを握る。
このまま、どこまでも行けそうな気持ちになる。

すでに秋の風が吹く支笏湖、その透明な水の青さに感動。

ただ歩いて、ただ深呼吸をする。
命あるだけで、嬉しいと思える。

写真 2018-07-26 17 35 55


As soon as I entered university, I took driver's license.
After that, my life in the United States already is nearly half of my life,
I do still not like driving in the US.

But when I hold the steering wheel in the land of Hokkaido,
As it is, I feel like I can go anywhere.

Lake Shikotsu, where the autumn wind blew already, I was moved by the blue of its transparent water.

Just walk, just take a deep breath.
Just by having a life, I feel to be glad.

写真 2018-07-26 17 35 40



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-25 19 23 01


夏の北海道は学生時代以来。
まずは原点に帰ろうと、小樽散策。

あの頃、とても大きく見えた街。
異国情緒漂う景色に、外国語の看板が並ぶ。
街を歩く観光客も、ほとんどが外国人。

時の流れを回顧する、つかの間の休暇。

写真 2018-07-25 17 20 46


The last time I went to Hokkaido in summer was my student days.
First off, I went for Otaru walking to return to my origin.

In that time, the city looked very big.
Signs of foreign languages lined up in the exotic landscape.
Tourists who walked in the city became mostly foreigners.

Fleeting vacation to look back on the flow of time.

写真 2018-07-25 18 49 54



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-25 16 50 00

Next

写真 2018-07-11 13 45 08

写真 2018-07-11 13 45 24


ずっとお会いしてみたかったアーティスト、秋濱克大氏。
かつてニューヨークに在住していた友人から御紹介いただいた。

出会いの場所にセレクトさせていただいたのは、
私が飲食業界と御縁を持つキッカケになった仲間の一人、
栗本清氏がシェフを勤める東京駅すぐ近くのイタリアンレストラン。

秋濱氏は自身でハンドメイドのジュエリーを制作する一方で、
たくさんのアーティストとのコラボレーション企画を遂行している。

アーティストが一匹狼で戦い抜く時代ではない今だからこそ、
いかにたくさんの人と繋がり、いかに人を大切にしているかが、
そのファン層を拡大しているのだと、彼を見て思う。

すでに流れの出来ているチームに、どんなエッセンスを加えるべきか。
新しい出会いに感謝しつつ、航海の羅針盤をゆっくり眺めている。

写真 2018-08-14 17 14 35


I met Mr. Katsuhiro Akihama, an artist who I wanted to see for a long time.
I was introduced him from a friend who lived in New York before.

As for the meeting, I chose an Italian restaurant near the Tokyo station where the chef Kiyoshi Kurimoto worked.
He was one of my fellows who got me close to the food and beverage industry more than 20 years ago.

While Mr. Akihama makes handmade jewelry himself,
he is collaborating with numerous artists.

Now is not the era when artists fight with one lone war.
Since he knows how to connect with many people and how to cherish people,
I learn through him that he is expanding its fan base.

I wonder what essence should be added to the already flowing team.
I am grateful for the new encounter and watching the voyage's compass slowly.

写真 2018-07-11 13 51 54



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-14 17 47 16 (1)

Next

写真 2018-07-15 15 54 51

写真 2018-07-15 15 54 59 (1)

写真 2018-07-15 15 56 42


90年代後半にNYで知り合った友人らのグループが、
イスラエルのブランドSABONを日本に導入して10年が経過した。
当時のコンペには、いくつかの大手商社が参加していたけれど、
たった数年で何億という投資額を回収したスキルは、
まさに少数精鋭のブレイン仲間が企画をした賜物だった。

SABON JAPANの10周年を記念して、Decadeシリーズが発表された。
オリエンタルな甘さの中にも、どこか艶やかな大人を感じる香り。
そこから受けたインスピレーションを、さらにアートで表現するという試み。

西村麻里さんのライブペイントが始まると、観衆は静かに見守った。
制作風景を直に見せるライブペインティングは、いまでは珍しくないけれど、
出来た作品をそのまま献上できる完成度の高さは秀逸だ。

描き始めは、落ち着いたトーンで、大人っぽい風合いだと見て取れた。
そこに生命を吹き込まれたように、艶っぽい鳥が目の前で羽ばたくと、
それは女性らしいフェロモン漂う作品になっていた。

暑い夏の日、目黒川沿いのアトリエサボンに、不思議な風が流れるのを感じた。

写真 2018-07-15 15 56 00

写真 2018-07-15 16 36 18 (1)


A group of friends whom I met in NY in the latter half of the 1990s,
Ten years have passed since they have introducing the Israeli brand SABON to Japan.
There were several major trading companies participating in the competition at the time,
The skill that collected hundreds of millions of investment in just a few years,
It was a result that a very few elite Blaine fellow planned.

In commemoration of the tenth anniversary of SABON JAPAN, the Decade series was announced.
Among the oriental sweetness, it smells somewhat glossy adults.
At the atelier SABON, there were the collaboration events that the artists expressed the inspiration received from Decade series.

When Mari Nishimura's live paint began, the audience watched silently.
Although live painting, which shows the production scene directly, is not rare now,
The high degree of perfection that she can dedicate her work as it is outstanding.

At the beginning of drawing I saw that it was a calm tone and an adult-like texture.
As glittering birds fluttered in front of us as if life was blown there.
At the last, It was finished as a feminine pheromone work.

On a hot summer day,
I felt a wonder wind flowed in the atelier SABON along the Meguro River.

写真 2018-07-15 16 37 46 (1)

写真 2018-07-15 16 38 20


SABON Official Website


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-15 16 53 25 (1)

写真 2018-08-14 9 03 24
Next