Blog

世界を舞台に活躍するオペラ歌手・田村麻子さん。
彼女からのお誘いはいつも突然で、嵐のような勢いで連絡がくる。

自分のスケジュールを列挙して、半ば強引に私の予定を押さえ込む。
私はその勢いが大好きで、心地良くて、彼女と過ごす時間を最優先にする。

約20年前、彼女と私は同じ時期にニューヨークにやって来た。
当時、彼女はオペラ界という華やかな世界を渡り歩き、
私は迷いながらの子育てと仕事の毎日だった。
いつしか接点が交錯して、私は彼女の内面に魅せられながら時が経過した。

久しぶりのブレストミーティングで、彼女と今後の展望を話し合う。
いくつかの企画があるなかで、そこに関わる意義を考える。
私たちに残された時間で、できることをひとつずつやっていこうと意思確認。

******

昨年の初夏、ニューヨーク総領事公邸でプレビュー公演のあった
オペラ演目「白狐」のニューヨーク公演情報が解禁となった。
西洋のオペラが日本語で演じられ、さらに殺陣がコラボするという斬新な企画。

田村麻子は、間違いなく日本が生み出した世界のスーパーヒロインで、
その世界観を一緒に伝えていくことが、後世へのタスキ繋ぎ。

コロナウィルスの影響が落ち着くことを祈りながら、
4月の舞台までのカウントダウンを、一緒に楽しもう。

総領事公邸でのプレビュー公演の記事「THE WHITE FOX」

写真 2020-02-26 4 30 55

写真 2020-02-26 4 30 48


Asako Tamura is an opera singer active on the world stage.
She always calls me in sudden, and she gets in touch like a storm.

She enumerates her schedule and holds my schedule in little forcibly.
I love her momentum, it's comfortable and I spend the most time with her preferentially.

About 20 years ago, she and I came to New York at the same time.
At that time, she actived around the glamorous world of opera,
I was lost every day in parenting and work.
One day, we met, and I was fascinated by her inside and time passed.

we discussed our future at the brainstorm meeting after a long absence.
We considered the significance involved in several projects.
In the time left for us, we confirmed our intention to do what we can.

********

Early summer last year, there was a preview performance at the Consulate General's residence in New York.
The information on the New York performance of the opera show "THE WHITE FOX" has been released.
It would be a novel project in which western operas are performed in Japanese and sword fights collaborate.

Asako Tamura is definitely a superheroine of the world created by Japan,
Communicating the world view together is the connection to future generations.

While praying for the effects of the coronavirus to calm down,
Let's enjoy the countdown to the April stage together.

Please click here about "THE WHITE FOX"

87025454_10157290279358406_4437908617974251520_n (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

友人・公文紫都さんのお姉様・中村佐知さんの御著書。
スキルス胃がんに罹り、わずか21歳で御他界された娘さんへの愛と闘病の記録。
一気に読んでしまった。

過酷な運命を受け入れることと、諦めることは違う。
当事者にしか分からない想い、経験。
敬虔なクリスチャン一家、愛のかたち。

「隣に座って」その気持ちが、痛いほど分かる。
すぐ横で手を繋いでくれることが、何より欲しかったのだと。

最期の30時間の記録は壮絶で、嗚咽するほど泣いた。
時に残酷過ぎる、神様からの宿題。

最後まで美しく生き抜いた美穂さん、ありがとう。

私に何ができるだろう。

写真 2020-02-12 12 08 07


I got a book written by Sachi Nakamura, an elder sister of my friend, Sidu Kumon.
It is a record of love and struggle for a daughter who had Skills stomach cancer and passed away at the age of 21.
I read it all at once.

Accepting the harsh fate is different from giving up.
Thoughts and experiences that only the parties can understand.
A religious Christian family, a form of love.

"Come sit by me." I understand that feeling painfully.
She wanted to hold someone's hand right beside her.

The record of last 30 hours were fierce and I weeped sobbing.
Homework from God is sometimes too cruel.

Thank you, Miho, who has lived beautifully until the end.

What can I do?

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-02-04 14 49 06


ニューヨーク飲食業界のレジェンドと言われる寿司シェフ市村氏が、
人々に惜しまれつつトライベッカの店舗を閉業したのは2016年頃だった。
市村氏の体調も心配されつつ、ニューヨーカーは幻の寿司を懐かしんだ。

そして2年前に突然、レジェンド健在のニュースが飛び込んできた。
若者に人気とはいえ、まだ決して街全体がクリーンではない印象の、
ロウワーイーストサイドというロケーションに「宇宙」がある。

寿司懐石を提供する店としては少しユニークな「宇宙」という名称。
はたしてその「宇宙」で何が体験できるのか、ようやくその機会に恵まれた。

白無垢の空間、たった10席の寿司カウンター、一晩で2回転。
ゲストは皆同時に席に案内されて、先付けから一斉にスタートする。

レジェンドの手の動きに、ゲストが一斉に注目して、緊張感が走る。
器にも、料理にも、全神経が集中して、皆が食べることだけに集中する。
抜群の食材、提供のタイミング、美しさ、全てがアートショーのよう。

偶然、隣席に座った米国人フードライターが1人興奮して記録を取る様子が、
ますます私たちの興奮度を高めていくのを感じながら、恍惚に浸る。

今までに見たことのない、体験したことのない、この空気感に、
市村氏の威厳ある品格が見事に融合して、この「宇宙」を作り上げている。
ニューヨークに広がるこの「宇宙」が、人々の心にエネルギーを注いでいる。

写真 2020-02-11 21 11 06

写真 2020-02-11 21 22 04

写真 2020-02-11 21 55 49

写真 2020-02-11 22 43 56


A sushi restaurant of chef Ichimura, a legend in the New York food industry, in Tribeca was closed around 2016.
New Yorker was missing Ichimura's sushi while worrying about his health condition.

Two years ago, the news of the legend was suddenly jumping in.
There is a "universe" in the location called Lower East Side, the area with impression that the whole city is not yet clean, where is popular with young people though.

The name "Uchu / Universe" is a bit unique as a sushi kaiseki store.
Finally, I was blessed with what we could experience in the "universe".

Pure white space, sushi counter with only 10 seats, 2 spins overnight.
All the guests are guided to the seat all at once, and start all at once from the beginning.

Guests pay attention to the legend's hand movements at once, and a sense of tension runs.
All the nerves are concentrated on the dishes and dishes, and everyone concentrates on eating.
Outstanding ingredients, timing of delivery, beauty, everything is like an art show.

By chance, one American food writer sitting next door was excited and taking a record,
we feel ecstatic as we feel more and more exciting.

In this feeling of air that you have never seen, never experienced,
Mr. Ichimura's dignified dignity fuses together wonderfully to create this “universe”.
This "universe" spread over New York is putting energy into the hearts of people.

写真 2020-02-11 21 18 56

写真 2020-02-11 21 25 22

写真 2020-02-11 21 34 13

写真 2020-02-11 21 43 37

写真 2020-02-11 21 58 28

写真 2020-02-24 20 12 45

写真 2020-02-24 20 14 39

写真 2020-02-11 23 22 07


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-11 23 42 11

写真 2020-02-11 23 58 05
Next

写真 2020-02-04 20 23 25


2018年秋、佐賀県有田焼の老舗、330年の歴史を誇る香蘭社が、
オープン以来勢いの止まらないMIFUNEでコラボイベントを開催した。
同じ佐賀県発の天吹酒造もジョイントして、好評を博したのは記憶に新しい。

ニューヨーカーは新しいものに敏感であると同時に、
歴史のある「古き良きもの」にも、非常に造詣が深い。
一枚の絵付けに裏付けられたストーリーを、私たちよりもよく理解していることさえある。

古代メソポタミアの「ラピスラズリ」の鮮やかな色を有田焼に投影すると、
高貴の象徴、すなわち香蘭社独自の透明感のある「瑠璃」色が完成する。

高度な技術と経験を必要とする色彩やデザインの美しさを愛でつつ、
陶器の歴史を辿りながら、ニューヨークで粋な食事をいただく。
そんな時間を共有させていただきながら、次の構想を考える。

伝統に新しい息吹を注ぎ、革新と繋げること。
それがまた、新しい歴史を生み出していく。
もはやチームメイトの感を抱きながら、ここに忠誠を誓おう。

香蘭社に関わる記事

写真 2020-02-04 20 16 51

写真 2020-02-04 20 50 59

写真 2020-02-04 21 06 53

写真 2020-02-04 21 28 04


In autumn 2018, Koransha, a long-established store of Arita porcelain in Saga Prefecture, boasting a history of 330 years, had a collaboration event was held at MIFUNE, where momentum has not stopped since opening.
It is new to memory that the same Saga prefecture-based Amabuki Sake Brewery was jointly received and gained popularity.

New Yorkers are sensitive to new things,
they have a deep knowledge of the "good old things" with a history.
Sometimes they understand the story backed by a single painting better than we do.

When projecting the vivid colors of ancient Mesopotamian "Lapis Lazuli" onto Arita porcelain,
The symbol of nobleness, that is, Koransha's unique transparent "Ruri" color is completed.

While loving the beauty of colors and designs that require advanced technology and experience,
We can have a stylish meal in New York while following the history of pottery.
While sharing such time, I've thought about the next concept.

Bringing new life to tradition and connecting it with innovation.
It also creates a new history.
I swear loyalty here, with the feeling of a teammate.

Please click here to read the article about KORANSHA.

写真 2020-02-04 21 47 08

写真 2020-02-04 22 06 37

写真 2020-02-04 22 13 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-04 22 50 35

Next

NY在住というだけで、店の予約や販路の開拓を依頼されることがある。
私はツアコンではないし、ましてや駐在の営業マンでもないから、
仕事としての依頼という線引きがない時に、非常に苦労する。

一方で、自社社員を送り込んでくる企業があれば、
一緒に足を使って、何としてでも結果を出したいと尽力する。
お金が理由ではなく、そこに企業としての本気度があるかが分かるから。

マンハッタンで大成功を収めている老舗の和食器と包丁の卸売店は、
40年前にオーナー夫妻が渡米して、スーツケース2個だけでスタートした。
そこから今の地位を築き上げるまで、どれほど足を使っただろう。

私事、昨秋から立ち上げた新しい活動が、今は低空飛行でギリギリ飛んでいる。
一緒に挑戦してくれる人を探しながら、サポート業も変わらずにエネルギーを注ぐ。

具体的に動く。
心と足を使って伝えていけば、きっと届く。

写真 2020-02-04 15 03 25


I may be asked to book a restaurant or develop a sales channel just because I live in NY.
Since I'm not a tour conductor, not even a resident salesman, I have a very hard time when there is no distinction of a job request.

On the other hand, if there are companies that send their employees,
I try to use my feet together and get results anyway.
It's not because of money, but because I know if they are serious about the company.

There is a long-established Japanese tableware and kitchen knife wholesale store that has been very successful in Manhattan,
Forty years ago, the owners came to the United States and started with just two suitcases.
From that point on, they have used their feet to build its position.

My personal activity, a new activity launched last fall, is now flying at a low altitude.
While looking for someone to challenge together, I also continue to invest energy to the support business.

We active specifically.
If we communicate with our heart and feet, it will surely arrive.

写真 2020-02-04 15 29 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-02-02 22 19 25


NFLチャンピオンを決定する今冬スーパーボウルのカード、
前予想の通りに、カンザスシティー・チーフスに勝利の女神が微笑んだ。

サンフランシスコ・49ersとカンザスシティー・チーフス。
NFLファンであれば、クォーター・バックの殿堂ジョー・モンタナ氏が
かつてプレーしたチームだとすぐに分かるだろう。

日本航空在職時代に、カンザスシティー・チーフスの
チャーターフライトを担当したことがあった。
高校時代からアメフトの練習をよく見てきたとはいえ、
その選手らを運ぶことが、どれほど価値があるのかは理解していなかった。

ファーストクラスに、オーナーとその家族が座り、
ビジネスクラスは、スポンサーとメディアの方々。
選手がメインキャビンのエコノミー席で、チアガールが2階席。

エキストラ搭載されたのは、フルーツとスナックと大量の氷。
シーズン中に負傷した選手たちが、ありとあらゆるリクエストをして、
12時間のフライトで、一寸も休む時間がなかったことを覚えている。

ジョー・モンタナ氏は、ギャレー横の席で足を伸ばしていた。
食事のチョイスよりも、太腿を冷やす氷が欲しいというリクエストから、
いろんな身上話をしてくれたり、親しみ深い笑顔で会話をされていた。

在職中に、いろんなフライトを経験させていただいたけれど、
ヒーローであり続けることの苦悩を、こんな小娘に話して聞かせてくれた、
ジョー・モンタナ氏と交わした会話が、何よりの宝物となっている。

写真 2020-02-02 22 12 14 (1)

写真 2020-02-02 22 12 50

写真 2020-02-02 22 13 14


This winter's Super Bowl card, which will determine the NFL Champion
As expected, the goddess of victory smiled at Kansas City Chiefs.

San Francisco 49ers and Kansas City Chiefs.
If you're an NFL fan, you'll know right away that it was the team of the king of quarterback, Joe Montana've played before.

During my tenure at Japan Airlines, I was in charge of a charter flight of Kansas City chiefs.
Despite watching American football practice since high school,
I did not understand how valuable it was to carry those players.

The owner and his family sat in the First class.
Business class was occupied by sponsors and media.
Athletes sat in the economy cabin of the main cabin, and Cheerleader s were on the upper deck on B-747.

Extras carts were loaded with fruits, snacks and a lot of ice.
Players who were injured during the season made every possible request,
I remember there was no time to rest on a 12-hour flight.

Joe Montana was stretching his feet out in a seat next to the galley.
With a request for ice to cool the thighs rather than a choice of meal,
He told me various stories and had a friendly smile.

During my tenure, I experienced various flights,
He talked to me about the pain of being a hero,
The conversation with Joe Montana was one of the treasure above all.

写真 2020-02-02 22 13 26

写真 2020-02-02 22 13 36


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-02-04 13 22 19


創業330年の歴史を誇る佐賀県有田焼の老舗「香蘭社」が、
ニューヨーク最大の展示会「NY NOW」で、単独ブースとして出展した。

瑠璃色の背景に、日本画家・原田隆志氏が金の流水を描き、
周囲のブースよりひときわ華やかに目立つ空間が演出され、
美しい絵付のプレート類のデコレーション、香蘭社の世界が広がる。

展示会の訪問客が、ブースの前に足を止める瞬間に、
私の奥底に眠る営業魂が、ムクムクと動き出す。

伝統に甘んじることなく、新しい挑戦を続ける企業こそが、
ニューヨークに、革新という新しい空気を運んで来るのだ。

写真 2020-02-04 13 21 54

写真 2020-02-04 13 22 07


Koransha, a long-established Arita porcelain with a history of 330 years,
they exhibited as a stand-alone booth at NY NOW, the largest exhibition in New York.

Japanese painter Takashi Harada drew gold flowing water on a brilliant blue background,
A space that stood out more vividly than the surrounding booths was produced,
Decorating beautifully painted plates, the world of Koransha expanded.

At the moment when visitors of the exhibition stopped before the booth,
The sales soul that slept deep inside me began to move.

A company that continues to take on new challenges without being content with tradition, will bring a new air of innovation to New York.

写真 2020-02-04 13 23 29

写真 2020-02-04 13 23 25

写真 2020-02-04 13 23 34

写真 2020-02-04 13 23 39

写真 2020-02-04 13 23 43

写真 2020-02-04 13 23 49

写真 2020-02-04 13 23 57

写真 2020-02-04 13 24 01

写真 2020-02-04 13 24 49


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-04 14 21 06

写真 2020-02-04 13 57 12

Next

写真 2019-11-13 16 29 09


ニューヨークにはたくさんの美術館が散在しているけれど、
そこに住んでしまうと、意外とそれらを訪ねる機会は減ってしまう。

メトロポリタン美術館、近代美術館、グッゲンハイム美術館、
日本から来るゲストのリクエストは、およそ同じようなところが多い。

ニューヨークの美術館が素敵なのは、
隣接したカフェやレストランの居心地の良さにも、その理由がある。

近代美術館が順次改装されて2005年に「The Modern」が出来て、
ニューヨーカーも観光客も、こぞってそこに通った。

米国ではあまりにも有名なシェフ、ダニー・マイヤー氏が創設し、
あっという間にミシュラン2つ星を獲得、その地位を確立した。

あれから長い時間が経過したけれど、店のクオリティーは一定で、
そこに集まる人々が、また素敵な空気感を生み出している。

アートを楽しむ人々は、有意義な食のアートの楽しみ方を知っている。

写真 2019-11-13 16 28 43

写真 2019-11-13 16 29 11


There are many museums in New York,
If you live there, the chances of visiting them will decrease unexpectedly.

Metropolitan Museum, Museum of Modern and Contemporary Art, Guggenheim Museum,
Many guest requests from Japan are almost the same.

The nice thing about New York art museums is that
There is also a reason for the comfort of the adjacent cafes and restaurants.

The Museum of Modern Art has been renovated one after another and "The Modern" was completed in 2005,
Both New Yorkers and tourists have visit there.

It was founded by the very famous chef Danny Meyer in the United States,
He quickly earned two Michelin stars and established its position.

It's been a long time since that, but the quality of the store is constant,
The people gathering there are creating a wonderful atmosphere again.

People who enjoy art know how to enjoy meaningful food art.

写真 2020-02-03 14 03 38

写真 2019-11-13 15 44 50

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "


写真 2019-11-13 15 30 56

写真 2020-02-03 13 32 19


Next

写真 2020-01-28 22 03 52


「The Burn」のシェフ米澤文雄氏がニューヨークにやってきた際、
以前から気になっていたお店に連れて行ってくれた。

ウォール街、金融業界で働く人々が、夕方早い時間から集う新名所。
昨秋ミシュラン星を獲得し、乗りに乗っているジェームス・ケント氏は、
かつてレストラン「ジャン・ジョルジュ」で、シェフ米澤氏と同僚であった。

その後「Eleven Madison Park」や「The Nomad」といった名店で実力を磨き、
昨年、敏腕マネージャーとして知られるジェフ・カッツ氏とタッグを組んだ。

ダウンタウンにそびえ立つアール・デコ調のビル路面。
レジデンシャルと同じエントランス、ロビーを抜けて店内へ。
120席のダイニングとオープンキッチンは、時に騒々しくなりがちだが、
天井の高さと品の良い客層たちが、エレガントな空気を生み出している。

独創的で洗練されたメニューの数々は、どれも魅力たっぷり。
オーストラリア産のワインを積極的に提供している理由を聞くと、
売上の一部を森林火災復興支援に当てているという。

実績のあるシェフが投資家に見初められて、新しい店を出すチャンス。
そこにはもちろん実力が必要だけれど、もっと大事なのはその人徳。
アメリカンドリームを手に入れたシェフの笑顔はどこまでも輝かしい。

春にはルーフトップバーがオープンする予定。
911テロ事件以来、少し苦手なダウンタウンだけれど、また訪れてみよう。

写真 2020-01-28 19 05 31

写真 2020-01-28 19 07 50

写真 2020-01-28 19 39 22

写真 2020-01-28 20 10 29 (1)

写真 2020-01-28 20 11 09

写真 2020-01-28 21 09 06


When Fumio Yonezawa, the chef of "The Burn", came to New York,
He took me to a restaurant where I was interested for a long time.

Wall Street, a new landmark for people working in the financial industry to gather early in the evening.
James Kent, who got a Michelin star last fall,
Formerly, he was a colleague with chef Yonezawa at a restaurant " Jean Georges."

After that, he refined his skills at famous stores such as "Eleven Madison Park" and "The Nomad"
Last year, he teamed up with Jeff Katz, a well-known manager at "Del Posto".

"Crown Shy" is located at an art Deco building road surface towering downtown.
People enter the store through the same entrance as the residential building and the lobby.
Though the 120-seat dining and open kitchen can sometimes be noisy,
the height of the ceiling and the quality of the customer base create an elegant atmosphere.

The original and sophisticated menus are all attractive.
When asked why they are actively serving Australian wines,
A portion of the sales is used to support forest fire reconstruction.

There is a chance to open a new restaurant when a proven chef is found by investors.
Of course they need the ability, but more importantly is its morals.
The smile of the chef who got the American Dream was brilliant.

The rooftop bar will open in this spring.
I do not like come to downtown since the 911 terrorist attack, but would love to visit there again.

写真 2020-01-28 21 00 26

写真 2020-01-28 20 11 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-28 21 44 40

写真 2020-01-28 21 48 59
Next

今月はひたすら、身体のメンテナンス。
胃癌発症率の高い日本では、人間ドックに胃カメラは付きものだが、
米国では大腸癌の方が懸念されるから、大腸の内視鏡検査。

予防医学の発達した日本に比べて、米国はとにかく対処療法。
悪くなって初めて、保険適応の範囲内で病院に行く。

内視鏡検査が嫌なのは、前日の地獄のような時間。
死ぬほど不味い下剤を流し込み、トイレから離れられない夜。
世の中で、たった一人のような気持ちになる。

写真 2020-01-30 20 31 49


This month, I'm just doing body maintenance.
In Japan, where the incidence of gastric cancer is high, a stomach camera is attached to the medical checkup,
American people do the endoscopy of the colon, because colon cancer is more of a concern in the United States.

Compared to Japan, where preventive medicine is well-developed, the United States deals with coping anyway.
Only when they get worse do they go to hospital within insurance coverage.

What dislikes endoscopy is the time of hell the day before.
I had a terrible night when I couldn't leave the toilet, pouring in unpalatable laxatives.
I felt like a single person in the world.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

「ミュージカル・未完の贈り物」の地方公演が順延になった。
東京公演は大成功で終演したものの、杜撰な収支計上が明るみに出て、
このままではカンパニーの体力が持たないという判断だった。

その知らせを聞いた時、私は演出家と出演者を守ろうと心に決めた。
原作に傷が付くことよりも、彼らの将来を案じて眠れなかった。
私が出来ることは、ただ沈黙を守り続けることだけ。

社会的に、法的に、彼らを支援してくれる人を送り込み、
遠方からひたすら、解決に向けて奔走した。

伝えたいメッセージを正しく伝えるために、私たちは信念を貫き通す。
その先にあるものに、迷いはないから。

正しく真実を知る人のみが、きっとこの先も力になってくれる。

写真 2020-01-17 1 36 35


The local performances of "Musical / Mikan-no-Okurimono" has been postponed.
Although the Tokyo performances ended with great success, the unprofitable balance accounting came to light,
We had to make decision since the company would not have the economic strength as it was.

When I heard the news, I decided to protect the director and performers.
I couldn't sleep for thinking their future than to be hurt my original book.
All I can do is keep silence.

I sent people who support them by socially and legally,
and I worked hard from a distance to find a solution.

We carry on our beliefs to correctly convey the message we want to convey.
There is no doubt about what is ahead.

Only those who know the truth correctly will help us in the future.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "



Next

10年程前に、目の疾患を指摘された。
臨床数も少なく、まだ英語の文献しかない研究段階の疾患、
原因不明だが、他の疾患との合併の恐れがあると警告された。

いろいろ検査したけれど、差し当たり日常生活には影響がなく、
経過観察ということで、いつの間にか放置してしまっていた。

昨秋、別の疾患を指摘されて、また目の問題かと天を仰いだ。
完治はできなくとも、病気の進行を遅くする可能性にかけて、
最終段階の1つ手前と言われる、レーザー手術を受けることにした。

手術の朝、天まで突き抜けるような青空のもと、
エンパイアーステートビルを見上げて、心のシャッターを押した。
ここから抜け出せない自分を、嘆きながら。

麻酔の効いた目には、白い霞がかかって、世の中がうまく見えなくなった。
無性に泣けて、泣けて、夜はずっと眠れなかった。
翌朝、東の空が白んで、朝焼けの中にのぼる太陽を拝んだ。

当たり前のように朝が来ることを、噛み締めている。
いつか娘に私の目をあげるから、光を守ってください。

写真 2020-01-22 10 43 16


About 10 years ago, I was pointed out an eye disease.
It was research-related diseases with a small number of clinical trials and only English literature.
For unknown reasons, I was warned of a possible complication with other diseases.

I did various tests, but for the time being there was no effect on everyday life,
I was left unchecked because I just needed follow-up.

Last fall, I was pointed out another disease, and asked the heavens for eye problems.
Even if it cannot be cured, it may slow down the progress of the disease,
I decided to undergo laser surgery, which is said to be one step before the final stage.

On the morning of surgery, under the blue sky that penetrates to the sky,
I looked up at the Empire State Building and pressed the shutter of my heart.
I was lamenting myself who cannot escape from here.

When the anesthesia was effective, a white haze blew off the world.
I cried asexually, cried, and couldn't sleep all night.
The next morning, when the eastern sky was white and I worshiped the sun rising.

I don't think that the morning is coming as a matter of course.
I'll give my daughter someday my eyes, so I don't want to lose the light.

写真 2020-01-23 7 03 01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-01-27 13 54 48


今春オープン予定の日本食店舗の打ち合わせと称して、
ソーホーにある、隠れ家的存在の日本食店舗で会食する。

オーナーシェフ林寛久氏の名前「ひろ久」という看板は、
あまりにも小さくて、まったく主張をしていない。

シェフの故郷・福井県へのこだわりが、店のコンセプト。
福井県の名産や特産が数多く使用され、福井産の食材や地酒、
福井に窯元がある越前焼の食器類など、店内いっぱいに故郷への愛が広がる。

「福井の良さに気付いたのは、ニューヨークにやって来てから」
そう語るシェフの想いに、私自身の想いを重ねる。

異国の地に憧れた時代は遠い昔の記憶。
離れているからこそ、望郷の念だけが年々募っていく。

写真 2020-01-27 12 47 27

写真 2020-01-27 13 19 14


When we had a meeting about a Japanese restaurant scheduled to open this spring, we dined at a Japanese restaurant in Soho.

The signboard named Hirohisa, the name of owner chef Hirohisa Hayashi, might be missed since it is very small.

The chef's commitment to the hometown of Fukui Prefecture is the concept of the store.
Many of Fukui's specialties and specialties are used, Fukui's ingredients and local sake,
The love of hometown spreads throughout the store, including Echizen-ware tableware with a pottery in Fukui.

"I realized the goodness of Fukui after I came to New York."
I add my own feelings to the chef's thoughts.

The days of longing for a foreign land are memories of a long time ago.
Because of the distance from my home town, only the spirit of nostalgia increases year by year.

写真 2020-01-27 12 54 39

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

月曜日の夜、六本木の隠れ家的焼き鳥屋に、錚々たる面々が集まった。
私はこの日のために、NY戻りの飛行機を1日遅らせたほどで、
それがいかに重要な会合かは、きっと後になって分かる。

最後にメンバーのお一人が、おもむろにペンと葉書を取り出して、
一人一人にメッセージを手渡してくれた。

「がんばりすぎないように、がんばれ」
心に沁みるひと言を、胸に刻んで、飛行機に乗る。

また、帰ってくるからね。

写真 2020-01-20 7 12 35

写真 2020-01-20 7 12 38

写真 2020-01-20 7 14 11


On Monday night, a remarkable group of people gathered in a hidden Yakitori restaurant in Roppongi.
I delayed the flight back to NY by one day for this day,
we will know later how important it was.

Finally, one of the members took out the pen and postcard
He handed the message to each one.

"Take it easy, but do your best"
He brought a word that touched my heart and I came on board the airplane.

I'll be back again.

写真 2020-01-20 7 17 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-26 2 22 58


Next

敬愛するピアニスト西川悟平氏。
ジストニアという難病を抱えながらも、動く7本の指で鍵盤を叩く。

私と同じ頃にニューヨークに渡り、ずっと異国の地で奮闘してきたけれど、
昨年から日本にいる時間をかなり多くして、新しい挑戦を続けている。

日本全国で演奏をしながら、週末は銀座のサロンでコンサートを開催。
彼の音色を聴くために、ファンが集うあの空間が心地良い。

20年ぶりに新年を日本で迎えた西川氏、初詣の祈願で
「たくさんの人に感動を与えるインフルエンサーになりたい」と唱えたら、
翌週はまんまとインフルエンザに罹って、コンサートを中止を余儀なくされた。

ようやく復帰した第一弾が、この日のコンサート。
いつも通りのトークもさることながら、
右手が痙攣しながらも、作品を引き通す彼の意識の崇高さに、
私はいつも通り、涙が出てしまう。

誰かに勇気を与える存在になること。
目標は、まだずっと先にある。

写真 2020-01-18 3 14 28


A respected pianist, Gohei Nishikawa, hits the keyboard with seven moving fingers, despite the incurable dystonia.

He came to New York at the same time as I came to here and struggled all over the world,
Since last year, he have spent a lot of time in Japan and continues to take on new challenges.

A concert is held at a salon in Ginza on the weekend while performing all over Japan on weekday.
The space where the fans gather is comfortable to listen to his tone.

Nishikawa celebrated the New Year in Japan for the first time in 20 years, he wished "I want to be an influencer that impresses many people."
The following week, he got flu-infection and had to cancel the concert.

The first concert of this year was on this day.
Besides the usual talk,
While his right hand was cramping, by the sublime of his consciousness to pass through the work, as usual, my tears came out.

To be someone who gives courage to someone.
The goal is still a long way off.

写真 2020-01-18 5 29 19


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

第二次世界大戦中に「命のビザ」を発行した杉原千畝氏は、
結果、6000人の命を助けたと語り継がれている。

千畝氏亡き後、そこにいろんな外伝が加わっているとしても、
彼の実績を知る人の分母を増やすことが、後世へのミッション。

でもやはり「正しいことだけを伝えたい」という声が聞こえたら、
そこには最大の敬意を払い、そのお手伝いをしていきたいと思う。

昨年、ニューヨークで最上の歓喜に包まれた瞬間を一緒に体感したからこそ、
千畝氏の四男・伸生氏の想いを、日本の皆様へきちんと伝えていきたい。

今秋開催予定の企画のために、企業や人々へ、熱意を伝える。
2020年は、杉原千畝氏生誕120周年。
新しい軌跡のために、誠意を尽くして、歴史を作っていこう。

The Chiune Sugihara Memorial Foundation
写真 2020-01-17 3 07 51


Chiune Sugihara, who issued a “visa for life” during World War II,
As a result, it has been said that he saved 6,000 lives.

After Chiune's death, even if various stories were added there,
The mission for posterity is to increase the denominator of those who know his achievements.

But if we hear a voice saying, "I just want to tell you the right thing,"
I would like to pay the greatest respect there and help him.

Last year, we were able to experience together the moment of excitement in New York,
I would like to convey the thoughts of Chiune's fourth son, Nobuki, to everyone in Japan.

I have been communicating enthusiasm to companies and people for the upcoming event.
2020 is the 120th anniversary of Chiune Sugihara's birth.
We will make history with soul & body for a new trajectory.

写真 2020-01-17 3 08 06


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-17 3 07 11

Next

写真 2020-01-16 9 31 13


毎月だいたい10日に開催される「大斗会」。
帰国のタイミングと今月の開催日が偶然に重なったため、
御主人と開催者にお誘い受けて、新春の御挨拶に伺った。

「能舞台」「箏と尺八」「能と尺八」といった新春を慶ぶ演目の構成に、
1月という月が、日本人にとっていかにおめでたい月なのかと実感する。
今年は日本の正月気分など味わえないかと思っていたけれど、
日本橋の福徳神社の下で、こんな迎春の機会を体感できた。

地上の夜風は肌に心地良くて、持ってきたダウンコートは暑過ぎた。
寒空に凍えていた日本の冬のイメージが、今年はそっと後ろ手になった。

写真 2020-01-16 21 15 55

写真 2020-01-16 21 24 43

写真 2020-01-16 21 31 39

写真 2020-01-16 21 32 46

写真 2020-01-16 21 33 09


"Daitokai" is held on around the 10th of every month.
Because the timing of returning home and the date of this month happened to coincide,
we were invited the host and the organizers and joined there for the greetings of the New Year.

The performances that celebrate the New Year, such as “Noh Stage”, “Koto and Shakuhachi”, and “Noh and Shakuhachi”,
I realized that January was a very happy month for Japanese.
This year I thought I could not taste Japanese New Year,
Under Fukutoku Shrine in Nihonbashi, I was able to experience such an opportunity to welcome New Year.

The night breeze on the ground was comfortable on my skin and my down coat was too hot.
The image of winter in Japan, which was frozen in the cold sky, was softly away this year.

写真 2020-01-16 7 54 21

写真 2020-01-16 8 27 13

写真 2020-01-16 8 44 52

写真 2020-01-16 8 53 01

写真 2020-01-16 8 59 27


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-16 21 24 06

Next

出張の合間の隙間時間。
仲間と会う機会のほとんどは、ほぼ前日召集。

それでも、集ってくれる仲間がいる。
「お帰り」の一言で、元気になれる。

写真 2020-01-11 9 27 57


There has a little free time during business trip.
Most of the opportunities to meet with friends is convened almost the day before.

Still, there are friends who come to join.
I can get well with one word of "Welcome home."

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-01-16 12 59 53

写真 2020-01-16 12 59 49


菜食主義者の多いニューヨークで、ヴィーガン料理はとてもポピュラーで、
ヴィーガン料理だけでミシュランのジャンルができるし、
著名シェフも、こぞってヴィーガン料理のレシピ研究をしている。

元ニューヨークの「ジャン・ジョルジュ」でスーシェフとして活躍し、
前「ジェン・ジョルジュ東京」の総料理長でもあった米澤文雄氏が、
満を持して、ヴィーガンだらけのレシピ本を出版された。

焼いて、焦がして、旨味を引き出す熟成肉のお店「The Burn」のシェフが、
今このタイミングでヴィーガン料理を提言したことに、
世の中は、圧倒的なカルチャーショックを受けているに違いない。

出版記念パーティーには、120名もの米澤ファンが押しかけて、
その出版の経緯を存分に聞き出し、盛大にお祝いをした。

肉、魚、卵、乳製品といった動物性の食材を一切使用せずに、
ともすれば、アボガドと豆のイメージしかない完全菜食主義の料理が、
こんな風にバラエティー豊かにアレンジされて提供されることに、
その空間にいたすべての人が、感動のため息を漏らしていた。

肉という食材にこだわりがあるからこそ、受け手側の多様性を尊重して、
「肉なしで野菜を美味しく食べる」ことに積極的になるのだと。

誰しもが簡単に本を出版できる時代になったけれど、
周囲から熱望されてレシピを公開、出版するということは、
こんなにも世の中を幸せにするのだと感じた夜。

今夏、この店の周辺はオリンピック熱で、近寄れないのかもしれない。
若き侍、米澤シェフの前途を、私はここからずっと応援していたい。

写真 2020-01-15 19 40 02

写真 2020-01-15 19 40 44

写真 2020-01-15 20 03 40

写真 2020-01-15 19 32 22


Vegan cuisine is very popular in New York, where there are many vegetarians,
Vegan food can make Michelin genre,
Well-known chefs are also studying vegan recipes.

Mr. Fumio Yonezawa, formerly a sous-chef at Jean Georges in New York, who was also the head chef of Jen Georges Tokyo,
He has finally published a vegan recipe book.

The restaurant "The Burn" of aged meat restaurant to bake, burn, and bring out the taste.
To the thing that he suggested vegan cuisine at this time, people must be experiencing an overwhelming culture shock.

At the publishing commemorative party, Yonezawa fans, over 120 people, rushed in,
We fully heard the history of the publication and celebrated grandly.

Without using any animal ingredients such as meat, fish, eggs and dairy products,
I guess a former vegetarian dish image was made with only by avocado or beans.
He provided with a variety of arrangements for all vegan food, everyone in that space was sighing with excitement.

Because he is particular about the quality of meat, he respects the diversity of the recipient.
So he would suggest to "Less meat, more vegetables".

Although it is now easy for everyone to publish books,
Publishing recipes with the eagerness of the surroundings, made us very happy.
It was an essential point that makes people happy.

This summer, the surroundings of this restaurant may be inaccessible due to the Olympic fever.
I want to support the young samurai, Chef Yonezawa, from here.

写真 2020-01-15 18 48 36

写真 2020-01-15 19 32 41

写真 2020-01-15 19 34 10

写真 2020-01-15 20 13 41

写真 2020-01-15 20 13 49

写真 2020-01-15 20 13 52

写真 2020-01-15 20 14 00

写真 2020-01-15 20 14 09

写真 2020-01-15 20 14 12


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-16 6 58 38 (1)

写真 2020-01-15 18 53 33

写真 2020-01-16 6 58 47 (1)

Next

写真 2020-01-10 16 03 10

写真 2020-01-13 13 38 59


私は日米教育の違いは、パスタとチーズに喩えられると思っている。
束から1本飛び出しているパスタを、すっと引き揚げようとするのが米国式。
形の悪いチーズを削ぎ落として、表面を綺麗に整えるのが日本式。

ある一定の枠の中に収めておこうとする学校教育にうまく馴染めずに、
不登校になっている児童・生徒のために、東大が提供しているプログラム。
2014年にスタートした異才発掘プロジェクトROCKETの発表会に参加した。

知的能力が高く、自己の能力に貪欲過ぎて、集団学習には強調できない。
ROCKETに所属している子どもたちには、共通して「志」と「こだわり」がある。

その「志」と「こだわり」を引き揚げようとしてあげる環境と予算が、
それを必要としている子ども達すべてに届けられるわけではないけれど、
この画期的な試みは確実に「新しい価値を生み出す素質」を引き揚げている。

世に伝える絵画を描き続ける17歳青年の堂々としたプレゼンを聴きながら、
まもなく17歳になる我が娘は、社会に何を伝えられるのだろうと考える。

舞台は日本か米国か。
2020年、新しい活動を発進させた。
手探りのスタートだけれど、共に歩いてください。

写真 2020-01-13 14 17 57

写真 2020-01-13 10 17 30

写真 2020-01-13 10 28 30

写真 2020-01-13 12 03 26


I think the difference between US and Japanese education can be compared to "pasta and cheese".
The American style is to pull up one piece of pasta from the bunch.
The Japanese style is to scrape off badly shaped cheese and clean the surface.

There is a program provided by the University of Tokyo for school refusal that is for kids without getting used to school education that tries to stay within a certain frame.
We participated the presentation of the unique talent discovery project ROCKET (Room Of Children with Kokorozashi( ambition) and Extra-ordinary Talents) which started in 2014.

The children with high intellectual ability, too greedy for self-ability, cannot be emphasized in group learning.
Children who belong to ROCKET have a common ambition and commitment.

It is not delivered to all children who need the environment and budget for trying to pull up the “ambition” and “commitment”.
But this groundbreaking attempt is certainly pulling out "the ability to create new value".

While listening to the dignified presentation of a 17-year-old youth who continues to draw paintings that will be passed on to the world,
I wonder that what my daughter, who will turn 17 years old soon, can be passed something on to society.

Is the stage in Japan or the United States?
We've just launched a new activity in 2020.
It's a groping start, but please walk together.

写真 2020-01-13 12 11 06

写真 2020-01-13 13 48 34

写真 2020-01-13 15 42 41


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-13 14 18 58
Next

2011年、日本の女子プロ女子サッカーチームがワールドカップで優勝した時、
ニューヨークのエンパイアステートビルが、日の丸色にライトアップされた。
決勝で日本チームに負けた米国が、震災復興へのエールという想いもあって、
年間で決められたライトアップのスケジュールを急遽変更したのだった。

あの歓喜の中で大活躍していた選手が、今なお第一線で奮闘している。
プロスポーツ選手は、調子が良い時も悪い時もあるのは当然だけれど、
私は彼女の精神力の強さに、いつもいつも学ばされている。

昨秋に負った怪我のリハビリに専念している彼女を励まそうと思っていたのに、
私の方がたくさん勇気をもらいつつ、日々の大切さを胸に刻む。

彼女は西に、私は東に向かう、帰り道。
富士山を見るのが楽しみだったのに、日が暮れてしまった。

次の再会で、また夢の続きの話をしよう。

写真 2020-01-11 16 33 05


In 2011, when a Japanese women's professional soccer team won the World Cup,
The Empire State Building in New York was lit up in the color of the Japanese flag.
Because the United States, which lost to the Japanese team in the final, thought that it was an ale for reconstruction after the earthquake,
The light-up schedule, which was determined throughout the year, suddenly changed.

The player, Aya Sameshima, who was very active in that delight is still working on the front line.
Of course, the condition of the professional athletes are sometimes good or bad though,
I have always been learning about her strength.

I was trying to encourage her who is dedicated to rehabilitating the injury I suffered last fall,
I will keep my heart while receiving much courage.

On the way home, she went to west, I head to east.
I was looking forward to seeing Mt.Fuji, but I couldn't because the sun had set.

At the next reunion, let's talk about the dream again.

写真 2020-01-11 18 12 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-11 16 33 29

Next

写真 2020-01-10 16 02 41

写真 2020-01-10 12 50 46


小児病院近くある、病気の子どもとその家族のための滞在施設。
長女がフィラデルフィアで10時間に及ぶ大手術を受けた時に、
ドナルド・マクドナルド・ハウスの存在を知った。

1974年から現在まで、世界42カ国367カ所にも展開されていて、
病気と闘う子どもを支える家族を経済面と精神面からサポートするシステムは、
米国ではあまりにも有名で、その恩恵を授かれる機会に感謝した。

日本では2001年の「せたがやハウス」開業から始まり、現在11カ所に展開。
まだまだ認知度が低いのは、そのネーミングがネックになっているのかもしれない。
ハンバーガーのマクドナルド社は、あくまでも協賛企業の一部であって、
財団の大部分は、他の企業や個人サポーターの寄付によって支えられている。

全国のマクドナルド・ハウスに、拙著を寄贈させていただくことになり、
今年の活動は、東大病院に隣接する「東大ハウス」訪問からスタートした。

自分ができることをやる。
私たちの歩んできた道のりが、少しでも誰かのチカラになりますように。

ドナルド・マクドナルド・ハウスHP

写真 2020-01-10 13 07 45

写真 2020-01-10 13 09 06

写真 2020-01-10 13 17 38

写真 2020-01-10 13 18 33


There was an accommodation for sick children and their families near the Children's Hospital.
When the eldest daughter underwent a major 10-hour operation in Philadelphia,
we learned about Donald McDonald House.

From 1974 to the present, it has been deployed in 367 locations in 42 countries around the world.
An economic and spiritual support system for families who support children in the fight against illness, was too famous in the United States.
We thanked for the opportunity to benefit.

In Japan, the “Setagaya House” opened in 2001 and has been expanded to 11 locations.
Perhaps the reason for the low recognition might be that the naming is a neck.
The company of McDonald's is only part of the sponsoring company,
Most of the Foundation is supported by donations from other companies and individual supporters.

I had an opportunity to donate my books to McDonald House nationwide.
This year's activities started with a visit to the “Tokyo University House” next to the University of Tokyo Hospital.

I do what I can.
May our journey will be someone's hope.

写真 2020-01-10 13 11 46

写真 2020-01-10 13 12 31

写真 2020-01-10 13 21 13

写真 2020-01-10 13 22 13


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-10 13 24 34

写真 2020-01-10 13 06 43


Next

娘のいる学校のすぐ近くで、クリスマスツリーを買った。
あの土地から、空が繋がっているから、自宅に持ち帰った。

マンハッタンを少し遠くから眺めながら、
あと何回この景色を見るのだろうと、感傷的になった。

空が好きなのは、そこに希望があるから。
同じ空を見ていることが、支えになるから。

いつか娘に見せたいと思うのは、親のエゴであって、
空を知らない幸せも、きっとある。

ここから抜け出せなくて、もがいている。

現実を受け入れることは、希望を捨てること。
大人になることは、夢を諦めること。

でも、もう少し、もう少し。
私に何ができるだろう。

写真 2020-01-07 10 33 16


We bought a Christmas tree right next to my daughter's school.
Since the sky was connected from that land, we took it home.

While looking at Manhattan from a little far,
I was sentimental no matter how many times I saw this view.

I like to look up the sky because there is hope there.
There is a hope that we look at the same sky.

What I want to show my daughter someday is my ego as a parent.
There may be happiness that does not know the sky.

I can't get out of here and am struggling.

To accept reality is to abandon hope.
To be an adult is to give up my dream.

But a little more, a little more.
I wonder what I can do.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-11-12 12 59 05

写真 2019-11-12 12 59 09


かつてSOHO地区に住んでいた頃、これほど子育てに適さない街はないと思った。
ベビーカーの車輪が石畳に引っ掛かるし、四六時中、街の喧騒が絶えない。
私たちは逃げるようにアパートを探して、老人と子供の多い地区に引っ越した。

それでもSOHO地区とは御縁があって、立ち上げを手伝った店舗があったり、
日本からのクライアントを案内して回ったり、足を運ぶ機会は少なくない。

この20年間、街が変わりゆく変遷も、一緒に見てきたように思う。
かつての倉庫やギャラリーの多かったアーティスティックな街は、
今はブランドの旗艦店が立ち並び、流行の発信地となっている。

そんなSOHO地区に、アマゾンがリアル店舗を出したのは2018年秋のこと。
オンラインで評価の高い、4つ星以上の商品ばかりを厳選した品揃え。

オンラインで人気商品だけに在庫がなかったり、
商品の入れ替え時期とオンラインのタイムラグがあったりするけれど、
実際に手に取ってみないと分からないという人には、きっと有り難い。

市場調査に来たクライアントと店舗をまわり、
私もつられて、キッチングッズを買ってしまいそうになった。

いやいや、ここで荷物を増やしてはいけない。
やはりアマゾンは、家に届けてもらうことこそが、メリットだと思うのだ。

写真 2019-11-12 13 00 16

写真 2019-11-12 12 59 26

写真 2019-11-12 13 00 21

写真 2019-11-12 13 00 57


When we once lived in the SOHO district, I thought it was no better city for child-raising.
The wheels of the baby stroller were caught on the cobblestones, and the noise of the city was constant all the time.
We looked for an apartment to escape and moved to a district with lots of old people and children.

Still, there is a relationship with the SOHO district, there are stores that I helped launch,
There are also many opportunities to guide and visit clients from Japan.

I think I've seen the changes that have taken place in the city over the last 20 years.
An artistic city that once had many warehouses and galleries, is now the brand's flagship stores are lined up and are the epicenter of the trend.

Amazon opened a real store in the SOHO district in the fall of 2018.
There are an assortment of products that are highly rated online and have been carefully selected only for products with 4 stars or more.

If only popular items are not in stock online,
Although there is a time lag between product replacement and online,
If you can actually look it, you'll be grateful.

I went around the store with the client who came to the market research,
I was entangled and almost bought kitchen goods.

No, I should not increase luggage here.
After all, I think that the benefit of amazon is delivery it to home.

写真 2019-11-12 13 04 58

写真 2019-11-12 13 04 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 13 05 06

Next

写真 2019-12-10 13 39 01

写真 2019-11-12 10 39 37

写真 2019-11-12 10 42 44


ニューヨークには、たくさんのスポーツジムが存在している。
一年の半分近くは「寒いね」と挨拶を交わす土地だから、
アウトドアよりもインドアで健康管理をする人が多い。

なかでも「EQUINOX」は、ハイエンドに近いスポーツクラブで、
アップタウンのそれに行くと、セレブに遭遇することすらある。

「EQUINOX」プロデュースのホテルがオープン。
この先2年で、全米4都市に拡大予定だという。

ハドソン川を見渡すジムや、ヘルシーメニューが充実したレストラン。
忙しい出張の滞在中、その隙間時間にも徹底して身体を動かす人々。

年々高騰するニューヨークのホテル料金。
さらに3割増程を捻出してでも、健康志向に徹するホテルに滞在する。
新しいニューヨークスタイルが、誕生した。

写真 2019-11-12 10 48 03

写真 2019-11-12 10 48 30

写真 2019-11-12 10 48 26

写真 2019-11-12 10 49 21

写真 2019-11-12 10 47 03

写真 2019-11-12 10 46 49


There are many sports gyms in New York.
Nearly half of the year is a place where people are worried about the cold weather.
Many people manage their health indoors rather than outdoors.

Among them, "EQUINOX" is a sports club near the high end,
If you go "EQUINOX" in uptown, you may even encounter celebrities.

A hotel produced by "EQUINOX" has opened.
The company plans to expand to four cities in the United States in the next two years.

A gym overlooking the Hudson River and a restaurant with a healthy menu.
People who exercise their bodies thoroughly during their busy business trips even during their spare time.

New York hotel prices soaring year after year.
Even if you pay 30% more, you will stay at a hotel that is health-conscious.
A new New York style was born.

写真 2019-11-12 10 39 34

写真 2019-11-12 10 42 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 10 50 44

写真 2019-11-12 10 46 08

写真 2019-11-12 10 50 21


Next

写真 2019-12-26 14 40 51

写真 2020-01-01 12 12 58


昨秋、ニューヨークに来ていた従姉との会話。
「年末は暖かい所に行きたいと思って、バハマで集合ね」
「マイレージで行けるところなら、合流できるよ」

年末は、ニューヨークの寒さから逃れて、カリブ海方面へ。
蓋を開けてみると、従姉が行ったのはハバナ(キューバ)で、
私たちは、バハマ(英国加盟国)に向かっていた。笑

ニューヨークから、フライトでたったの2時間半。
白人が多く訪れる楽園の島、アジア人は本当に少ない。

目の前に広がるビーチと青い空、の予定だったのに、
ホテルの寒さで風邪を引いた私は、ずっと部屋に引きこもり。
お陰で、たまっていた仕事も出来たけれど、家族からはブーイング。

とにもかくにも、健康のありがたみを感じながら、
検疫にも引っかからずに、ニューヨークに戻った次第。

慌ててお節料理を用意して、2020年の始まりへ。
録画した紅白歌合戦を観る時間もないままに、ホリデーは終わった。

写真 2019-12-30 16 28 24

写真 2019-12-30 16 26 39


I had conversation with my cousin who came to New York last fall.
"I'd like to go to a warm place at the end of the year and get together in the Bahamas."
"If we can go by using airline's mileage, we can join there."

At the end of the year, we escaped the cold of New York and headed to the Caribbean.
When it actually happened, my cousin went to Havana (Cuba)
We were heading to the Bahamas (UK member states). Lol

It was only 2.5 hours by flight from New York.
There were really few Asians on paradise islands, where many white people visit.

Although the beach and blue sky that spread out in front of me were planned,
I caught a cold by the air condition of the hotel and stayed in my room forever.
Thanks to that, I was able to do some accumulated work, but my family was booing.

Anyway, while feeling thankful for being healthy,
I returned to New York without being quarantined.

I prepared for the Osechi (Japanese new year's food) in a hurry and welcomed the beginning of 2020.
The holiday was over without the time to watch the recorded Japanese TV show.

写真 2019-12-27 9 27 36

写真 2019-12-31 12 52 57


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-02 19 26 51

Next

日本から遅れること14時間、こちらも新年を迎えた。
ニューヨークから脱出して南下したけれど、時差はない。
そんな地球に住んでいる。

幼い頃は、21世紀を迎えることすら想像できなかったけれど、
2000年をとうに超えて、2020年という節目の年までやってきた。

毎年いろんなことが起こって、いろんな経験をさせていただいて、
それでも確かに命があることに、どれほど感謝しただろう。
今ここにある命を大切に紡ぎながら、次世代に何を繋いでいけるだろう。

壮大な宇宙の中で、自分一人で出来ることは限られているけれど、
気が付けばいつも寄り添ってくれる仲間がいて、
その存在にどれほど助けられてきたことか。

これからも、自分ができることを精一杯やる。
世界中に、たくさんの笑顔が溢れるように。
人に誠意を尽くし、懸命に、タスキを繋ぐ。

2020年が、皆様にとって幸多き一年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真 2019-12-30 16 22 46


We've welcomed a new year, 14 hours behind Japan.
I escaped from New York and went south, but there was no time difference.
I live on such an earth.

When I was young, I couldn't even imagine entering the 21st century,
It has gone beyond 2000 and has reached the milestone year of 2020.

Every year, various things happen and I have many experiences,
Nevertheless, how grateful I have a life.
What I can connect to the next generation while carefully cherishing the life here and now?

In the magnificent universe, what I can do alone is limited,
If I notice, there are always friends who will snuggle me up,
I appreciate how much they have helped me.

I will continue to do everything I can.
I hope many smiles will overflow all over the world.
I do the sincerity to the people, and pass the baton hard.

May the year of 2020 be a happy year for everyone.
Thank you very much.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-31 21 01 48




Next

4歳の時に父親をなくした母は、家庭的な行事に憧れていた。
誕生日やクリスマスという家族イベントをとても大事にしていて、
子供たちが巣立った後でも、クリスマスには庭をライトアップしている。

いつしかサンタクロースの存在に気付いた私が、
大きくなるまでずっとサンタクロースを信じているふりをしていたのは、
母を傷付けたくないと思ったからだったのかもしれない。

我が家の子供たちも、すでにその存在に気付いているはずなのに、
末娘は今年も丁寧に。サンタクロースに手紙を書いた。
クリスマスの朝、我が家のツリーの下には、旅行チケットが置かれていた。

翌日、ニューヨークから南へ、2時間半のフライト。
寒さから逃れてのバケーションのはずだったのに、
風邪を引いた私は、部屋に引きこもり。

でもこうやって、2019年を振り返るのも悪くない。
挑戦と試練と変化の一年、私らしく過ごせただろうか。
誠実に、誠実に、自分の役割を果たしていこう。

日本はそろそろ大晦日。
私が失った日本の正月、いつか故郷で過ごしたい。

写真 2019-12-30 10 59 31


At the age of four, my mother lost her father, longing for family events.
She takes great care of family events such as birthdays and Christmas,
Even after the children leave the home, the garden is lit up at Christmas.

I noticed the existence of Santa Claus one day,
Until I grew up, I was pretending to believe in Santa Claus,
Perhaps because I didn't want to hurt my mother.

Even though our children should already be aware of Santa's existence,
my youngest daughter wrote a letter to Santa Claus in polite again this year.
On Christmas morning, a travel tickets were placed under our Christmas tree.

The next day, a 2.5 hour flight south of New York.
It was supposed to be a vacation away from the cold,
I caught a cold and stayed in the room.

But it's not bad to look back on 2019.
I spent a year of challenges, trials, and changes.
Let me play my part sincerely and sincerely.

Japan is about to come to New Year's Eve.
I want to spend at the new year in my hometown, Japan.

写真 2019-12-30 10 59 31 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-12-05 20 32 36


12月初旬、ニューヨーク市内の和食レストラン10店舗で、
福島県の日本酒をプロモーションするイベントが企画された。

毎年、日本全国の日本酒の出来栄えを競う「全国新酒鑑評会」で、
福島県は7年連続、金賞銘柄を最多数産出している。
「日本酒」はすでに米国の飲食業界に定着しているけれど、
産地まで認識している米国人は少ないからこそのプロモーション。

イベントを統括したプロデューサーの取り計らいで、
福島県大堀相馬焼松永窯の「IKKON」盃を、一緒に紹介させていただいた。

「ここからできる震災復興支援」
数年前に東北大震災の追悼式典で出会い、ずっと応援してきた松永窯。
小さな声でささやき続けていた想いを、すくいあげてくれた方々。
皆様のサポートに、心より感謝いたします。

大堀相馬焼松永窯の商品が、ニューヨークで販売開始になりました。
日本の誇りを、世界へ繋げたい。
ゆっくりでも、確実に、足跡を残すお手伝い。
来年も精進します。

IKKONを応援してきた過去記事はこちら

IKKON公式ホームページ

販売店舗:TAKUMEN
5-50 50th Avenue, Long Island City, NY11101

写真 2019-12-05 18 23 36

2018-11-07 13.19.29

写真 2019-12-05 19 51 49

写真 2019-12-05 21 01 39


In early December, at 10 Japanese restaurants in New York City,
There had event promoting Sake of Fukushima Prefecture.

Every year, at the "National New Sake Appraisal", which competes for the performance of sake throughout Japan,
Fukushima has produced the largest number of gold prize brands for the seventh consecutive year.
“Sake” is already known in the US food and beverage industry,
we promoted Fukushima locality because few Americans are aware of the locality of products.

Thanks to the arrangement of the producer who supervised the event,
we also introduced the "IKKON" cup of the Obori Soma ware, Matsunaga Pottery, in Fukushima prefecture.

"Earthquake disaster reconstruction support that can be done from here"
I met Mr. Matsunaga, 4th generation of Matsunaga Pottery, several years ago at the memorial ceremony of the Great East Japan Earthquake, and have been supporting them all the time.
To those who saved up the feelings that had been whispering in a small voice.
Thank you for your support.

Obori Soma ware products are now available in New York.
We want to connect Japanese pride to the world.
Hope to help to leave footprints slowly but surely.
We will work hard next year, too.

Please click here to see the past articles supporting IKKON.

IKKON Official Homepage

Sale store: TAKUMEN
5-50 50th Avenue, Long Island City, NY11101

写真 2019-12-13 13 11 02

写真 2019-12-13 13 11 12

写真 2019-12-13 13 11 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-05 18 01 00
Next

今年のクリスマス。
目に見えない贈り物をもらった。
いや、まだ受け取っていないけれど、
心に届けば、それで十分。

あなたと出会えたことが、今年の最大の宝物。
The greatest gift I’ve ever had was you.

ニューヨークより、愛をこめて

写真 2019-12-04 21 52 41


This Christmas,
I got an invisible gift.
No, I haven't received it yet,
Since it reached my heart, that was enough.

Meeting you was the biggest treasure of the year.
The greatest gift I've ever had was you.

With love from New York

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next