Blog

IMG_4825

スクリーンショット 2019-12-09 09.10.37


世界の中心ニューヨークで、飲食店業を営む。
それがいかにハードルの高いことであるか、想像に難くない。
苦労の末に開業までこぎつけても、たった数年で撤退するケースも多く、
まず10年を超え、さらに営業利益を出し続ける店舗は非常に稀。

そんななか、今月で創立50周年を迎えた日系企業が存在する。
マンハッタンからアップステートに向かう途中、
高速道路87号線から左手を見上げたヒルバーンという小高い山に、
「火鉢レストラン」として有名な「Mt.Fuji」レストランが鎮座している。

連日数百名の顧客が訪れ、週末のウェディングでは1000人超のパーティーも企画。
そんなレストランの顔とも言えるラウンジが、今春新装オープンした。
「山」という意味と、オーナーのファーストネームを絡めて「Y’s LOUNGE」。

2500sqftのスペースに、木目を基調とした粋な空間が広がる。
大理石のカウンタートップに、群青のバースツールのバランスも美しいが、
大きなガラス窓の外に広がる自然の借景が、何より心地が良い。

篠原シェフが新しく開発したバーフードも非常に興味深く、
日本から運んだ食材を駆使して、オリジナリティー溢れるメニューが完成した。
オーナー曰く、「ここで日本を体感していただきたい」、と。

日本食がアメリカナイズされた「火鉢」人気はすでに不動の地位にあるけれど、
ここから発信される新しい日本が、次はきっと創立100周年を迎えるのだろう。

Mt. Fuji Steakhouse,
296 Old Route 17 in Hillburn.
Mt.Fuji Japanese Steakhouse Website
写真 2019-11-17 20 10 51

写真 2019-11-17 19 50 03

写真 2019-11-17 20 01 41

写真 2019-11-17 20 09 48
写真 2019-11-17 20 17 26

写真 2019-11-17 20 22 19


If you wish to run a restaurant business is run in New York, the center of the world,
It's not hard to imagine how high the hurdles are.
There are many cases of withdrawal in just a few years, even if you open the restaurant after a hard time.
First of all, there are very few stores that have exceeded 10 years and continue to generate operating income.

Under such circumstances, there is a Japanese company that had celebrated it's 50th anniversary this month.
On the way from Manhattan to Upstate,
On a small mountain called Hillburn looking up on the left from the Interstate highway 87,
There is a “Mt.Fuji Restaurant", famous as "Hibachi Restaurant."

Hundreds of customers visit every day, and over 1,000 wedding parties are planned for weekend weddings.
A lounge that can be said to be the face of such a restaurant was newly opened this spring.
It's named “Y ’s LOUNGE” with the meaning of “mountain” and the owner's first name.

A stylish and swanky space based on wood grain spreads out in the 2500sqft space.
The marble countertop is beautifully balanced with ultramarine bar stools,
The natural scenery outside the large glass window is the most comfortable.

The bar food newly developed by Chef Shinohara is also very interesting,
A menu full of originality was completed using ingredients brought from Japan.
According to the owner, "We want you to experience Japan here."

The popularity of “Hibachi”, which has Americanized Japanese food, is already in an immovable position,
The new Japan born from here will surely celebrate the 100th anniversary of its founding.


Mt. Fuji Steakhouse,
296 Old Route 17 in Hillburn.

写真 2019-11-17 19 36 49

写真 2019-11-17 20 28 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-17 21 19 08

写真 2019-11-17 21 40 06

Next

写真 2019-11-20 20 58 28


「NY ADC Young Guns 17」授賞セレモニーは、ニューヨークの老舗、
ソニーホールで開催された。
世界中から集まった受賞者たちは、当日の18時に招集された。

受賞者本人以外は会場に立ち入り出来ず、篠原氏一人が会場内へ。
我々は、寒空の下で待機するよりも、バーで一杯飲んで待とうということになった。
PR担当の女性スタッフと込み入った話をして、18時半に会場に行くと、
篠原健太氏が、やや不安そうな面持ちで待っていた。

私がもう一度受賞者の動線を確認したいとオーガナイザーに申し出て、
最初から説明をし直してもらう。
その時に、主催者の一人であるスタッフが、私に頰を寄せてきた。
耳元で「今夜、素晴らしいことが起こるからね」とささやく。

会が進行し、最後に「クリエイティブ・チョイス・アワード」が発表された時、
先のオーガナイザーが、私にウィンクを送ってきた。

不意に名前を呼ばれても、堂々とステージに赴き、ガッツポーズをする若き英雄。
受賞者全員との記念撮影が終わると、篠原氏の姿が背後に消えた。

見ると、必死にトロフィーの写真を携帯で撮影している。
その数分後、送られてきた映像に、私は感嘆した。
篠原氏「コマ撮り」の技術が、瞬時にトロフィーに息吹を与えた。

テーブル上でクルクルと回るトロフィーの映像を眺めながら、
日本の広告業界の明るい未来に目を細める。

初日にチップを巻き上げられてからの巻き返し。
一般投票で最高位に君臨した賞金は、次の海外視察への資金になるだろう。

世界への扉は、こんなにも近いところに開かれている。
「ストップモーション・アニメーション」という言葉は、世界共通の言語になった。

写真 2019-11-20 21 34 05

完成したコマ撮り動画はこちら。

"NY ADC Young Guns 17” award ceremony was held at Sony Hall,
Held at Sony Hall.
The winners from all over the world were convened at 18:00 on that day.

No one other than the winner could enter the venue, Only Mr.Shinohara went into the venue.
Rather than waiting in the cold, we decided to wait for drink at the bar.
After a complicated talk with the PR staff, we went to the venue at 18:30.
Mr. Kenta Shinohara was waiting with a somewhat uneasy face.

I asked the organizer to check the winner ’s flow again,
asked them to explain from the beginning.
At that time, the staff who was one of the organizers came to me, whispering at my ear “Tonight, a wonderful thing will happen.”

When the meeting proceeded and the “Creative Choice Award” was announced at the end,
The previous organizer sent me a wink.

A young hero who made a guts pose on the stage majestically even if his name was called unexpectedly.
After the commemorative photo with all the winners, Shinohara disappeared behind.

When I see him, he desperately took a picture of the trophy on his cell phone.
A few minutes later, I was amazed by the video that he sent me.
Shinohara's “time-lapse” technology instantly brought the trophy to life.

While watching the video of the trophy spinning around on the table,
I see the bright future of the Japanese advertising industry.

He recovered after gave up tips on the first day.
The prize money that reigned in the general vote will be the fund for the next overseas visit.

The door to the world is open so close.
The word “stop motion animation” has become a universal language.

写真 2019-11-20 21 35 18

写真 2019-11-20 21 35 19


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-20 21 36 34

写真 2019-11-20 21 36 44


同行されたPR担当者から送られてきた写真を追記。
IMG_8110

IMG_8111

IMG_8127

IMG_8147

Next

写真 2019-11-21 14 10 01

写真 2019-11-21 14 33 23

写真 2019-11-21 14 33 18


授賞式から一夜明けての、メディア取材。
インタビューに答える篠原健太氏の表情に、少し安堵の色が見てとれる。
前日は時差疲れもあったのか、緊張で顔色が悪かったけれど、
この日は生き生きと対応して、タイムズスクウェアでの撮影も難なく終了。

ニューヨーク、まだまだ見どころはたくさんあるけれど、
とりあえずミッドタウンを制覇しようと、グランドセントラル駅からの、
エンパイアーステートビルディングのてっぺんまで。

ドリカムがテーマソングを歌った映画「Sleep in Seattle」を熱弁する私に、
若きクリエイターは、キョトンとして反応がない。
「キングコング」の話題で、なんとか空気を取り戻し、呼吸が復活。

「シュガーフィナ」でお土産を大人買いして、おにぎりカフェで夕飯を取り、
「Sleep No More」のショーに送り出して、私のミッションは終了。

駆け足で回ったニューヨーク。
日常的な観光ツアーのアテンドは受託していないけれど、
テーマをフォーカスしたツアーを構成するのは面白い。

これから羽ばたいていく若者たちへのタスキ繋ぎ。
こんなところから、世界は繋がっていく。
写真 2019-11-21 16 37 24

写真 2019-11-21 16 38 54

写真 2019-11-21 17 20 35

写真 2019-11-21 17 21 54

写真 2019-11-21 17 26 03

写真 2019-11-21 17 30 56


Mr. Kenta Shinohara got a media coverage, one night after the award ceremony.
In the face of him answering the interview, I could see a little relief.
Though the day before, he was tired of jet lag,
On this day, photo shooting at Times Square was completed without difficulty.

There were so many things to see in New York,
For the time being, we tried to conquer Midtown from Grand Central Station, to the top of the Empire State Building.

To me who is enthusiastic about the movie “Sleep in Seattle” that "Dreams come true" sang the theme song,
young creators did not react well.
With the topic of “King Kong”, we managed to regain air and breathed again.

They bought many souvenirs at "Sugarfina", had dinner at a rice ball cafe.
Then I sent them off to the “Sleep No More” show, and my mission was over.

We walked around in New York in rush.
We, our company, do not accept the attendance of daily sightseeing tours,
but it was interesting to organize a tour that focuses on the theme.

I pass the baton to young people who are walking here.
From this point, the world will be connected.

写真 2019-11-21 17 40 44

写真 2019-11-21 17 46 32

写真 2019-11-21 17 44 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-21 14 47 20
Next

写真 2019-12-01 5 12 37

写真 2019-11-19 13 55 48


クリエイター篠原健太氏、今回のニューヨーク出張が初めての海外。
待ち合わせは、タイムズスクウェア近くのホテルロビー。

マンハッタン一人歩きの10数分で、すでに観光客として餌食になり、
「その辺にいたキャラクターと写真を撮って、40ドル巻き上げられた」と笑う。
いきなり洗礼を受けた篠原氏、このニューヨーク滞在をどう乗り切るのか。
何よりも、その素直なキャラクターに、好感度がアップする。

初日は、ハドソン・ヤードから、ハイラインを歩いて、
チェルシーマーケットを散策する。
再開発の著しいその地区は、ニューヨークという街の歴史を辿るにふさわしい。

翌日、初心者向けに、徹底してダウンタウンを歩いてみようとなる。
まずはグラウンドゼロで、911テロの犠牲者たちに祈りを捧げ、
スタッテンアイランド行きの通勤フェリーに乗り込んで往復する。

この土地に長く住むと、観光地に足を踏み入れる機会は滅多にないから、
私自身、久しぶりに自由の女神とマンハッタンの摩天楼を眺めるシーンを堪能する。
ウォール街を歩き、チャイナタウンで小籠包を食し、5番街まで。

時差疲れもマックスであろうから、夜の授賞式に備えて、夕方前に解散。
こんなに歩かせて大丈夫だったろうかと、少し心配になる。

「僕、あんまり外には出ないんですけれど」
終始口数の少なかった篠原氏が、突然喋り出す。
「ニューヨーク、めちゃくちゃ刺激的で、楽しいです」
にっこり笑ったその表情に、私は彼の本気度を見出した。

若きクリエイター、きっとこの街を好きになってくれるに違いない。

写真 2019-11-20 10 58 25

写真 2019-11-20 10 57 27

写真 2019-11-20 11 38 14

写真 2019-11-20 11 38 29

写真 2019-11-20 12 20 33


For a Creator Kenta Shinohara, this business trip to New York was the first overseas.
First, we met in the hotel lobby near Times Square.

In just a dozen minutes of walking alone in Manhattan, he was already prey as a tourist,
“I took a picture with the character that was there, and it was rolled up for $ 40,” he laughed.
Mr. Shinohara, who was suddenly baptized, how did he survive this New York stay?
Above all, his likability increased by the obedient character.

On the first day, we walked from the Hudson Yard to the High Line,
Stroll around Chelsea Market.
The area of remarkable redevelopment was suitable for following the history of the city of New York.

The next day, for the beginners, we tried to walk through downtown thoroughly.
First at Ground Zero, we prayed to the victims of 911 terrorism,
then took a commuter ferry to Staten Island.

If we live in this land for a long time, we rarely have a chance to go the tourist area.
I enjoyed the scene of looking at the Statue of Liberty and the Manhattan skyscrapers.
We walked through Wall Street, ate soup dumplings in Chinatown, and went to 5th Avenue area.

Because time difference fatigue will be maximum, in preparation for the evening award ceremony, we dissolved before the evening.
I was a little worried about whether I let them walk too much like this.

"I'm not rich expression,"
Mr. Shinohara, who had a small number of mouths from beginning to end, suddenly began to speak.
“I'm really enjoying, New York is incredibly exciting and fun.”
I found his seriousness in the expression of the smile.

A young creator will surely love this city.

写真 2019-11-20 13 13 54

写真 2019-11-20 13 20 07

写真 2019-11-20 13 50 49


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-20 14 46 47

写真 2019-11-20 14 30 06

写真 2019-11-20 14 41 32

写真 2019-11-20 14 49 24


Next

写真 2019-11-19 20 03 58
写真 2019-11-19 20 07 28


日本で活躍中の若手クリエイターが、広告業界の国際賞を受賞した。
世界45カ国、500人の参加者から28人のWINNERに選ばれた篠原健太氏。
その授賞式にアテンドしてほしいというのがリクエストだった。

「ストップモーションアニメーター」と聞いて、何を想像するだろうか。
私は当初まったくイメージが湧かず、担当者のセリフを反復した。
パラパラ漫画のようなコマ割りでカットを考えて、
キャラクターをミリ単位で動かし、それらに息吹を与えるアーティスト。

渡されたプロフィールを暗唱して、セレモニーの当日に備えた。
PR担当女性と篠原氏がニューヨーク入りして、濃密な時間が始まる。
海外は初めてという篠原氏の目に、この街がどう映るのかも興味深い。

初日は、28人のWINNERとの親交を深める前夜祭。
1921年に世界最古の広告賞を設定したアート・ディレクターズ・クラブが主催、
それぞれの受賞者が自己紹介をしながら、和気藹々と盛り上がった。

翌日、レセプション会場となったソニーホールにはたくさんの人が駆けつけて、
世界中から集まった受賞者たちの功績を称えた。
最後に、一般投票で選ばれる「クリエイティブ・チョイス・アワード」の発表。

頂点に立った篠原氏の名前が呼ばれると、拍手喝采の中、彼が壇上に上がった。
一緒に寄り添って来たPR担当者が涙を流し、本人はガッツポーズ。
歴史的瞬間に立ち会ってしまった私は、感動で足が震えた。

英語が出来なくても、経験がなくても、アートは世界に門戸を開いている。
技術と能力があれば、きっと世界はすぐそこに繋がっていく。
若干30歳の日本人クリエイターが、次のステージに羽ばたく瞬間を、
私も共に、胸に刻んでいこう。

「クリエイターと歩く、ニューヨーク珍道中回顧録」に続く。

写真 2019-11-20 18 32 45

写真 2019-11-20 19 37 47

写真 2019-11-20 20 06 04

写真 2019-11-20 18 56 22

写真 2019-11-20 20 49 07


Young creator actives in Japan won international PR industry awards.
Mr. Kenta Shinohara was selected as 28 WINNER from 500 participants in 45 countries.
I got the request from my client to attend the award ceremony.

What do you imagine when you hear "stop motion animators"?
I didn't have any image at first, and repeated the staff's answer in charge.
he is an artist who moves characters in millimeters and gives them breath, with frame-cutting like a flip book.

I recited his profile to prepare for the day of the ceremony.
A PR lady and Mr. Shinohara arrived in New York and a rich time had begun.
It was also interesting to see how this city looked in the eyes of Mr. Shinohara, the first overseas.

The first day was a eve of making friendships with 28 WINNERs.
Organized by Art Directors Club, which set the world's oldest advertising award in 1921,
Each award-winner was excited about the self-introduction.

The next day, a lot of people gathered to Sony Hall, the reception venue,
We commended the achievements of the winners from all over the world.
Finally, the “Creative Choice Award” in the public vote was announced.

When the name of Shinohara, who got the award, was called, he went up on the stage in applause.
The PR person who worked with him came shed tears, and Sihinohara himself was in a guts pose.
I witnessed a historical moment, and my feet trembled with excitement.

Whether you don't speak English or have no experience, art is open to the world.
If you have the ability and skills, the world will be connected to you.
Let us engrave on the heart a moment when a 30-year-old Japanese creator flutters to the next stage.

This report continues to "New York's rare memoirs, walking with creators".

写真 2019-11-20 20 04 27

写真 2019-11-20 20 06 56

写真 2019-11-20 20 16 17

写真 2019-11-20 20 48 40

写真 2019-11-20 20 58 26

写真 2019-11-20 20 58 31


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-20 21 00 30

写真 2019-11-20 21 00 52

写真 2019-11-20 21 17 23

写真 2019-11-21 11 47 21


Next

写真 2019-12-01 6 37 23


ターキーを焼いたことがない。

それでもやっぱりこの日は、
すべてのことに感謝する。

毎年恒例、友人からお誘いいただき、
今年の感謝祭は寿司パーティー。

夜明けを眺めながら、
当たり前の朝がやってくるのが、当たり前じゃないと想う。

写真 2019-12-01 6 48 49



I have never baked turkey.

Still, on this day,
Thank you for everything.

As every year, we were invited from friend.
This year's Thanksgiving was a sushi party.

While watching the dawn,
I don't think it's normal that the morning comes.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next

写真 2019-11-15 17 20 45


一年で一番財布の紐を緩める時期。
今年お世話になった御礼にと、ギフトをいただく機会も多く、
だから私もお返しを考える。

贈られた人が包みを開けた瞬間に、どんな表情をするのだろう。
そんなことを想いながら、贈り物を考えるのが好き。

インディーズ系のデザイナーブランドが集結したサンプルセールは、
ホリデーシーズンのお買い物にふさわしく。

会場を埋め尽くす魅力的な商品の数々、
性格も素晴らしいデザイナーの皆さん。
だからみんな、ここに集う。

写真 2019-11-15 17 19 19

写真 2019-11-15 17 19 15
写真 2019-11-15 17 19 27

写真 2019-11-15 17 19 33


The time to open the wallet in the year.
There are many occasions for gifts to thank you for taking care of this year.
So I also think about giving back.

What kind of facial expression will be given at the moment a person opens the package?
I like thinking about gifts while thinking about that.

We had a sample sale of indie designer brands, that suitable for holiday season shopping.

Many attractive products that fill the venue,
Designers with great personality.
So we gathered here to see them.

写真 2019-11-15 17 19 38

写真 2019-11-15 17 19 48

写真 2019-11-15 17 20 18


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-15 16 40 19
Next

写真 2019-11-06 20 29 10


「同じ空の下で」繋がっているんだなと思う瞬間がある。

嬉しい時、悲しい時、幸せな時、しんどい時。
ふと、空の写真を送ってくれる友がいる。

年老いていく両親を介護しながら、外界を遮断していたら、
今見ている景色を「御両親に」と送ってくれた。

温度を持たないはずの写真が、温度を放つ瞬間。
心はそんなことで、温まる。

扉を開けてくれて、ありがとう。

写真 2019-11-06 20 29 12


There is a moment when I think you are connected "under the same sky".

When I am glad, sad, happy, difficult.
I have friends who send me sky photos, suddenly.

When I was caring for my aging parents and blocking the outside world,
He sent me the scenery he was looking at to my parents.

The moment a photo that should have no temperature radiates.
That's what makes my heart warm.

Thank you for opening the door in heart.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-07 17 37 31

Next

写真 2019-11-06 20 22 41


ニューヨークから14時間のフライト。
乗り換えたJR線の中で、見慣れた顔が私を迎えてくれた。
全身で誠実さを醸し出す、屈託のない笑顔。
大好きなシェフ米澤文雄氏が、アメリカンビーフをPRしている。

ニューヨークの老舗、ジャン・ジョルジュでスーシェフを務めた後、
2014年、同店舗の東京開業の際に、エグゼクティブシェフに就任した。

昨年、ニューヨークスタイルの料理を提供する「The Burn」オープン。
彼が長年従事したフレンチだけにはとどまらない、
多くの可能性を秘めたメニューがラインナップしている。

私が彼を心底尊敬しているのは、表に出ている活動の部分だけでない。
障害を持った子供たちのために無料で食事を提供したり、
仲間のイベントに休日返上で協力参加したり。

そんな彼が腕を振るう料理が嬉しくて、美味しくて。
短い滞在中、二夜連続でお世話になってしまった東京の夜。
写真 2019-11-05 6 07 42

写真 2019-11-05 6 27 09

写真 2019-11-05 6 42 32

写真 2019-11-06 4 43 03


14 hours flight from New York.
A familiar face greeted me in the JR line I transferred.
A carefree smile that brings integrity to the whole body.
My favorite chef, Fumio Yonezawa, promotes American beef.

After serving as a sous chef at Jean Georges, a long-established store in New York,
In 2014, he became an executive chef when the Jean Georges restaurant opened in Tokyo.

Last year, “The Burn” opened, he is serving New York-style cuisine.
It’s not just the French he’s been engaged in for years,
The menu has many possibilities.

It is not only the part of the activity that is mentioned that I respect him with all my heart.
He provides free meals for children with disabilities,
and participates in a friend's event on holidays.

I was glad that such a dish with his ability was so delicious.
During a short stay in Tokyo, I went there for two nights consecutively.

写真 2019-11-06 4 47 53

写真 2019-11-06 5 02 48

写真 2019-11-06 5 20 17

写真 2019-11-06 6 02 03


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-05 20 20 03
Next

写真 2019-11-08 0 17 09


麻布十番駅から徒歩1分。
奥行きのある店舗の手前に、カフェとフラワーショップがある、
フラワーデザイナー、秋貞右際(みぎわ)さんのお店。

彼女の世界がパーッと広がる、美しい空間。
街行く人が思わず立ち寄るのは、その温かい空気感ゆえだろう。

******

出会いは数年前、シェフとアーティストのコラボイベントだった。
パリで活躍したシェフが、右腕のように信用している彼女のセンスと、
そのキャラクターの可愛さで、私は一気にファンになった。

大手IT企業の秘書から、花を扱う職業へ転身。
憧れのフローリストに師事するため、単身パリに渡って修行を積み、
帰国後、レストランやイベントの装花、空間デザインなども手がけている。

******

日本にいる私の居場所を知って、5分でも良いからと、会いに来てくれた。
だから私も翌日、彼女のお店まで足を伸ばした。

星の数ほどのフローリストがいるなかで、彼女の突出した魅力は、
凛とした気持ちの良い性格と、仁義を忘れない丁寧な人繋ぎにあるのだと思う。
パリ時代に知り合ったシェフ仲間とは、今でもこまめに更新し合う。
私は勝手に姉のような気持ちで、彼女のことを応援している。

今秋、ユニクロのポスターで世界デビューした彼女。
週末、ニューヨーク5番街のお店に行ったら、みぎちゃんが微笑んでいた。

写真 2019-11-08 0 15 03

写真 2019-11-08 0 14 14


1 minute walk from Azabujuban Station.
There is a cafe and a flower shop in front part of a store,
It's a flower shop of Migiwa, a flower designer.

A beautiful space where her world spreads out.
It is probably because of the warm air that people in town stop by.

******

The encounter was a collaboration event with a chef and an artist several years ago.
She was introduced by the chef who was active in Paris,
the cuteness of her character made me her fan at once.

She changed from a secretary of a major IT company to a flower related profession.
In order to study with a florist she admired, she trained in Paris alone.
After returning to Japan, she also worked on restaurant and event arrangements and space design.

******

She came to see me as soon as she knew where I was in Japan.
So I went to her shop the next day.

Among the florists as many as the stars, her outstanding charm is
I think that it has a dignified and pleasant personality, and a polite connection that never forgets manner.
Even with chef friends she met in Paris, she still make frequent updates.
I'm cheering on her with the feeling of an older sister.

This fall, she made her world debut with a UNIQLO poster.
When I went to a 5th Avenue store on the weekend, she was smiling to me.

写真 2019-11-08 1 14 59

写真 2019-11-08 0 14 18

写真 2019-11-08 0 14 51


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

CD6F2ADD-6B6B-4BC0-93EE-C63A18D7F474

Next

「ミュージカル・未完の贈り物」地方公演が順延になることを聞いたのは、
10月後半に入ってのことだった。
その少し前に、とある筋からある批判を受けて心が弱っていたし、
制作サイドのトラブルを聞いた時には、身体に電撃が走った。

「必ずや原作と作品を守ります」
涙で訴えてきた脚本・演出家を、私は信じると決めたから、
滞在中はほぼ毎日、その解決のために奔走した。

彼女とそのカンパニーだけでは抱えきれないほど大きな問題を、
どうやったら前に進められるのか、事態は想像していた以上に深刻な現況。

幸い、東京公演が大成功に終わった実績が、たくさんの支援者に繋がって、
今また新しいスタートを切ろうとしている。

「美香さんを演じるでなくて、美香さんを生きる」
全身全霊をかけて主演を引き受けてくださった今泉りえさんとのブレストで、
私のやるべき方向が、ハッキリと見えてきた。

すでに同じ船に乗っているから、目指すゴールは一緒。
私たちの次のステージを、応援してください。

写真 2019-11-06 18 21 38


It was in late October that I heard that the "musical, Mikanno Okurimono, unfinished gift" local performance will be postponed.
Shortly before, I had be weakened by a criticism from a certain source.
When I heard about the trouble on the production side, it was like that I got the electric shock on my body.

"I promise to protect the original book and the work"
I decided to believe Julian, the script / director who appealed with tears.
During my stay, I tried to solve it almost every day.

There is a big problem that she and the company alone can't handle.
The situation is more serious than I had imagined, we think how to proceed.

Fortunately, the track record of successful Tokyo performances has led to many supporters,
We are trying to make a new start again.

"I do not play Mika, I live as Mika."
After Brainstorming with Rie Imaizumi who lead the work with her body and soul, we clearly see the direction we should do.

Since we are already on the same boat, the goals we are aiming for are the same.
Please support our next stage.


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

人生とは思うようにいかないもの。
特に人に裏切られた時に、そこから立ち上がるのに時間がかかる。

なかなかアウトプットができなかったけれど、
支えてくれる大切な仲間がいるから、また歩き出す。

すべての物事にはタイミングというものがあって、
出会いや再会のタイミングにも、すべて意味があると感じる。

申し合わせたかのようなタイミングで連絡してくれる方がいて、
なぜかぴったり時間が合ってしまうのは、やはり御縁というものだろうか。

駆け足で通り抜けた数日間。
私はどんな足跡を残せたのだろうか。

写真 2019-11-09 17 11 34


Life does not move as we think.
Especially when betrayed by a person, it takes time to get up from there.

It was difficult to output,
I have an important companion who will support me, so I move forward.

Everything has a timing,
I feel that the timing of encounter and reunion is all meaningful.

There are people who contact me at the timing as if we had agreed.
It is just the bonds that make the right time for some reason.

I stayed in Japan for a few days.
I wonder what I left behind there.

写真 2019-11-08 7 36 09

スクリーンショット 2019-11-22 04.09.33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-10 8 35 31

Next

留学していた頃、たくさんの家族にお世話になった。
食事を食べさせてもらったり、車で郊外に連れて行ってもらったり。
いつしか世代が交代して、私たちがお世話をする方の役割になった。

日本からの駐在で送られて来たスタッフの帰任が決まり、
いつものメンバーで送別会をやろうと話が持ち上がった。

私は簡単な前菜を用意するだけで、あとはシェフ仲間にお任せ。
あっという間に食卓が華やかな舞台に生まれ変わる。

ひたすらに飲んで食べて、あっという間に別れの幕に突入。
人生のステージは、いつもこんな風に忙しい。

写真 2019-10-26 20 23 24

写真 2019-10-26 20 09 29

写真 2019-10-26 20 03 19


When I was studying abroad, many families took care of me.
They had fed me eat, or took me to the suburbs by car.
One day the generation changed, and I became the role of the caregiver.

The return of the staff who was sent from Japan was decided,
We had a farewell party with the usual members at my apartment.

I just prepared simple appetizers and asked to left it to my chef friends.
The dining table was reborn into a gorgeous stage in no time.

We just drank and ate, and quickly entered the farewell curtain.
The life stage is always busy like this.

写真 2019-10-27 9 23 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-27 9 23 49

Next

写真 2019-10-24 23 15 37

写真 2019-10-24 23 15 46


細く、長く、応援し続けているシェフのお店を訪問する。

ニューヨーク近郊、ローカルの食材だけを使用したメニュー。

大切な友人と過ごす大切な時間は、とっておきのシェフのもとで。

写真 2019-10-24 20 52 12

写真 2019-10-24 21 03 57

写真 2019-10-24 21 13 54

写真 2019-10-24 21 42 40

写真 2019-10-24 21 45 13


We visited a chef's restaurant that I've supported long time.

He supplies a menu that uses only local ingredients near New York.

I love to spend my precious time with my precious friends at my precious chef's place.

写真 2019-10-24 22 21 44


写真 2019-10-24 22 39 13

写真 2019-10-24 22 52 04

写真 2019-10-24 23 00 31

写真 2019-10-24 23 15 11



人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-24 20 49 50

Next

写真 2019-10-26 11 31 32

写真 2019-10-26 11 31 41

写真 2019-10-26 11 43 29


海外に都立高校同窓会の米国支部があるのは珍しいらしい。
私が属するそれは、発足以来毎年、米国のどこかで総会が開催されている。

今年の総会はニューヨークで開催。
マンハッタンから車で40分ほどのウェストチェスター、
ハドソン川越しの広大な景色を見渡せるレストランでランチ会。

その後、ロックフェラー家の住まいを見学するツアーに参加。
カイカットという土地に、初めて足を踏み入れた。

米国最大の石油王、資本家であったジョン・ロックフェラー氏が建てた豪邸は、築100年以上、40室からなるお城のような佇まい。
しかし、中はいたってシックな造りで、蔵書のセンスも素晴らしい。

現在でも3代目のロックフェラー氏が住居として使用しており、
一般開放されているのはごく一部で、撮影もできない。

それにしても、お屋敷から見えるハドソンリバーの偉大さと、
どこまでも境界線のない広大な景色に圧倒される。

日本で台風被害を受けた河川敷沿いのニュース映像に衝撃を受けながら、
いつの時代も、富裕層は高い土地に住むものだと、つくづく思う。

写真 2019-10-26 15 27 02

写真 2019-10-26 15 28 23

写真 2019-10-26 15 30 09

写真 2019-10-26 16 54 49


It seems unusual to have the US branch of the Tokyo Metropolitan High School Alumni Association overseas.
This organization that I belong has held the general meeting somewhere in the United States every year since its inception.

This year's general meeting was held in New York.
Westchester, a 40 minute drive from Manhattan
We had lunch at a restaurant with a vast view over the Hudson River.

After that, we participated in a tour to see the house of the Rockefeller family.
For the first time, I entered the land called Kykuit.

The mansion built by John D. Rockefeller, the largest oil king and capitalist in the United States, looks like a castle with 40 rooms that built more than 100 years ago.
However, the inside is very chic and the sense of the collection is wonderful.

Even now, the third generation of Rockefeller uses it as a residence,
There are only a few that are open to the public, and photography is not possible.

Even so, the greatness of the Hudson River seen from the mansion,
We were overwhelmed by the vast scenery without boundaries.

While being shocked by the news video along the riverbed damaged by typhoons in Japan,
We know that wealthy people live in high land.

写真 2019-10-26 16 17 04

写真 2019-10-26 16 17 32

写真 2019-10-26 16 19 13

写真 2019-10-26 16 19 47

写真 2019-10-26 16 54 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-26 17 38 54

写真 2019-10-26 17 27 56

写真 2019-10-26 17 28 12

写真 2019-10-26 17 30 28

写真 2019-10-26 17 38 59
Next

2007年、mixiで呟き始めたのが、ブログの始まりだった。
ニューヨークで孤軍奮闘のなか、ずっと静かに生きていたけれど、
家族や親しい友人に、たまには近況を伝えたいと思ったから。

不定期で、確たるテーマもなく、日々の想いを綴るだけ。
何度も同じ想いや同じセリフが出てくるのは、素人の日記だから。
言葉を綴るのは、自分自身への戒めと、自分自身を奮起させるため。

心が弱っていると、うまく発信できなくなる。
誰かを説き伏せたり、生き急いでいる証を残したいわけでなく、
文字に綴ることで、心の整理をしている。

だから、時に暴力となり、凶器となって、心を傷つける言葉を、
キャッチボールのできない距離で、一方的に投げつけてほしくない。
お互いの想いは、きちんと話し合って解決したい。

裏切りは、最大の損失。
人を信じる力を、もう一度取り戻せますように。

写真 2019-10-28 11 31 16


In 2007, the beginning of blogging started with mixi.
In New York, I was living quietly in the struggle for solitary troops,
I wanted to tell my family and close friends about the current situation.

It is irregular, there is no definite theme, and it only spells out daily thoughts.
It ’s an amateur diary that has the same thoughts and the same lines over and over again.
The words are spelled out in order to inspire myself, and the commandments to myself.

If my heart is weak, I won't be able to write well.
I don't want to persuade someone or leave a testimony of being rushed,
I organize my mind by spelling letters.

So words that sometimes become violence, weapons, and hurt the mind,
I don't want you to throw it unilaterally at a distance that I can't catch.
I want to discuss and resolve each other's feelings properly.

Betrayal is the biggest loss.
May I regain the power to believe in people again.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-10-27 16 32 33

写真 2019-10-27 16 32 37


ケルト人の1年は10月31日で終わる。
秋の終わり、そして冬の始まりを告げるハロウィンの日、
家族の元には死者の霊が訪ねてくると言われる。

同じ時期に出てくる精霊や魔女が紛れて家に入って来ないように、
焚き火を焚いて、仮面をかぶって、家を守るのが本来のいわれ。

子供たちが各家庭のドアを叩く「トリックオアトリート」に備えて、
大人たちは手作りのお菓子やキャンディーを用意して待っている。

現代では、半ば仮装大会のようになってしまっているだけに、
米国の小中学校では、どこまで仮装して登校して良いものか、
各学校によって規定を決めている。
ナッツアレルギーが深刻なため、お菓子の持ち込みにも制限がある。

年々統制が取れにくくなっている昨今、
米国では、ハロウィンを週末にしようという動きがあるらしい。

アメリカのカレンダーが変わると、日本にも影響があるのだろうか。
今年の渋谷は、秩序ある街であるようにと祈るのみ。

写真 2019-10-27 16 37 09

写真 2019-10-27 16 37 06

写真 2019-10-27 16 35 31


The Celtic year ends on October 31st.
Halloween day is the end of autumn and the beginning of winter,
It is said that the spirit of the dead will come to the family.

So that the spirits and witches coming out at the same time won't get mixed in,
The original idea was to protect the house by burning a fire and wearing a mask.

In preparation for a “trick or treat” where children hit the doors of their homes,
Adults are waiting for homemade sweets and candies.

In modern times, it's just like a costume competition,
In the US elementary and junior high schools, how far you can dress up and go to school,
Each school has its own rules.
Due to the serious allergy to nuts, there are also restrictions on bringing in sweets.

Nowadays, it has become difficult to take control year after year.
In the US, there seems to be a movement to make Halloween a weekend.

If the American calendar changes, will it affect Japan?
I just pray that this year's Shibuya is an orderly city.

写真 2019-10-27 16 37 20

写真 2019-10-27 16 37 26


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-12 13 44 00

写真 2019-10-12 13 44 05
Next

写真 2019-10-24 10 59 38


2年半前、個展開催のため渡米中だったアーティスト西村麻里さんを、
バイオリニスト加野景子さんのコンサートにお誘いした。
予備知識を何もお伝えしないまま、ただ「一緒に行きましょう」と。

ミステリオという団体の主催で、座席には手作りの白い人形が置いてあった。
そこに絵柄を描いて完成した人形を、世界中の子供たちに配布するのが目的で、
ゲストたちは各々マーカーを手に取り、可愛い人形を完成させていた。

コンサートが始まると、会場の空気が明らかに変わった気がした。
マンハッタンで暮らす人々の様子を、音楽と朗読で奏でるストーリー。
和やかな雰囲気の中に、ピンと尖ったバイオリンの音色が激しく響いた。

隣にいた麻里さんの目から涙が溢れ出てるのが見えた。
いわゆる共感覚を持つ彼女は、本物のアートをまさに肌で感じている。
「音楽が放つオーラと、演奏者のオーラの色が1つに重なる時」に、
彼女の内面が激しく揺さぶられることを知っていたから、
私はそのシーンを見て、さらに熱い感動を一緒に味わっていた。

******

「自宅のピアノ横に飾る「不死鳥」を描いてほしい」
バイオリニストからのオーダーに、アーティストが応えた作品を、
一緒にお届けに伺った。

ベールが解き放たれた瞬間に、キャンバスの不死鳥が鮮やかに蘇った。
火に飛び込んだ不死鳥が、新しい生命に生まれ変わるときのように。
もの凄い迫力と同時に、生命をそっと見守る優しさが見え隠れする。

力強い不死鳥に見守られながら、バイオリンを弾く景子さんの姿を想像する。
小さな身体からは想像もつかないような迫力ある演奏は、まさに不死鳥のよう。
それを見事に表現した麻里さんの力量にも圧倒される。

ここからまた、新しい音霊が生まれていくのだろう。
無限大に人の心を鷲掴みにするアーティストのコラボレーション、
その瞬間に立ち会えた、奇跡に感謝。

写真 2019-10-23 8 43 29


Two and a half years ago, I invited an artist Mari Nishimura, who was in the US for a solo exhibition, to a concertby Violinist Eiko Kano.
I just said “Let's go together” though I've never input her prior knowledge about the musician.

The concert was hosted by a group called Msterio, there were handmade white dolls on the seat.
The purpose was to distribute the completed dolls to children all over the world,
Each guest picked up a marker and completed a cute doll.

When the concert started, I felt that the atmosphere in the venue had changed.
It was a story of music and readings about "the people living in Manhattan".
The tone of a violin with a sharp point reverberated in a peaceful atmosphere.

I saw tears overflowing from Mari's eyes next to me.
With so-called synesthesia, she feels real art with her skin.
"When the aura of music and the color of the performer's aura overlap,"
I knew that her inside was shaken violently,
I saw that scene and enjoyed the hot emotion together.

******

"I want Mari to draw a "phoenix" to display next to my Steinway piano at home."
We got an offer to the artist from a violinist.
I attended to deliver it to her home when Mari was in New York.

When the veil was released, the phoenix on the canvas revived vividly.
Like when a phoenix jumping into fire to reborn into a new life.
At the same time as the tremendous power, the warmth of watching life gently appears.

I imagine Eiko playing a violin while watching over a powerful phoenix.
Her powerful performance that cannot be imagined from a small body is like a phoenix.
I was overwhelmed by the ability of Mari who expressed it wonderfully.

From here, a new sound spirit will be born again.
A collaboration of artists who grab the hearts of people infinitely,
I appreciate the miracle that I saw that moment.

写真 2019-10-23 8 43 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-23 8 44 15
Next

IMG_2276


毎年この時期になると「Autumn in New York」の映画を思い出す。
2000年秋、私がニューヨークに留学していた頃に公開された大人の物語。
リチャード・ギアが恋人とマンハッタンの街を歩く姿がカッコ良くて、
あんな風に大人の恋をしてみたいと妄想した。

木々が紅く色づいていくセントラルパークの光景が、あまりにも美しくて、
そのシーンをみるだけで涙が溢れ出た。
不治の病に侵されていた彼女には、やがて死にゆく運命が待っている。
季節の移り変わりは、すなわち恋人たちに残された時間の経過を映し出す。

昨年二人で見た光景を、今年は一人で見るせつなさ。
でもそこにまた新たな光景が加わっていくからこそ、人生は美しい。

秋の午後を楽しむニューヨーカーの景色に、今自分が入り込んでいる。
少し歯がゆい、居心地の悪さを感じながら、
それはきっと、心でいつも海の向こうを考えているせいだと腑に落ちる。

IMG_2277

IMG_2288

IMG_2292


Every year at this time, I remember the movie “Autumn in New York”.
An adult love story released in the fall of 2000 when I was studying in New York.
Richard Gia walking in Manhattan with her lover looked very cool,
I wanted to love someone in that way.

The view of Central Park, where the trees turn red, was so beautiful.
My tears overflowed just by looking at the scene.
A lady was suffering from an incurable disease and was destined to die.
The changing season reflected the passage of time left for the lovers.

The scene you saw with someone last year might change to lonely scene.
But life is beautiful because new scenes can be added to it.

I am now in the New Yorker view of the autumn afternoon.
I have a bit different feeling, since I am always thinking of somewhere beyond the sea.

IMG_2278

IMG_2289

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

IMG_2300

IMG_2294

Next

スクリーンショット 2019-10-21 12.30.50


米国進出プロジェクトにお声がけいただいたのが2006年。
2008年にニューヨーク店舗を開業してから、ロス、マイアミ、ホノルル等、
米国に事業展開する様子を、近くと遠くから見守ってきた。

数年前から、外部から入ってきた経営者が指揮棒を振り出したため、
私は少しだけ距離を置いて、それでも愛を持って様子を見ていた。

日本から送られてくるスタッフも、現地採用のスタッフも、
皆それぞれ慕ってくれるから、可愛くて、大好きで、
私は精一杯自分なりの方法で、親しみを込めて応援してきた。

先月末、経営者陣が大幅に入れ替わったという知らせを受けた。
現場から離れていたこの数年間にも、内部事情はたくさん聞いてきたけれど、
上層部が変わったとしても、彼らのスタンダードはまったく変わりない。

いつもの笑顔でお客様を迎え入れ、いつもと同じ美味しさを提供する。
顧客の9割は非日系人で、男性客の多さが一過性の人気でないことの証明。
地元に愛される店舗作りをしてきた現場スタッフの尽力が、
これからもずっと実を結び続けますようにと願う。

開業12年目を迎え、今ではトライベッカで最も愛されている寿司店舗。
Sushi Azabuの未来に乾杯。

写真 2019-10-10 20 41 56

写真 2019-10-10 20 55 55

写真 2019-10-10 21 25 31

写真 2019-10-10 21 54 42


In 2006, I was asked to support the US expansion project by the owner.
Since opening the New York store in 2008, Los Angeles, Miami, Honolulu, etc.
I have been watching their business in the US from near and far away.

A few years ago, a manager who came in from the outside created new team,
I have been a little away and still looked with love.

Since I have loved the staff sent from Japan and the locally hired staff, I have been cheering in my own way.

At the end of last month, I was informed that the management team had changed significantly.
I have heard a lot about the internal situation in the last few years when I was away from the site,
Even if the management team changes, their standards remain the same.

They welcome customers with their usual smiles and offer the same deliciousness as usual.
Ninety percent of customers are non-Japanese, and it is proved that they have big number of male customers is not a temporary popularity.
To the efforts of the field staff who have been making stores loved by the locals,
I hope it will continue to be in success.

Now in its 12th year, "Sushi Azabu" is now the most beloved sushi restaurant in Tribeca.
Cheers for the future of "Sushi Azabu".

写真 2019-10-21 12 24 28


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-10 22 11 39

写真 2019-10-10 22 56 59 (1)
Next

久しぶりに42nd Streetを東向きに歩いた。
グランドセントラル駅から、1st Avenueに向かうこの道を、
20年前に何度も何度も通ったことを、思い出す。

1999年9月18日、たった一人で、ニューヨークに降り立った。
カッコいい片道切符なんかではなくて、往復チケットを確保していたのは、
会社に戻らなくてはいけないという約束があったから。

戻る場所はあったけれど、今いる場所はそこじゃない。
そんな中途半端な立ち位置、新しい街で居場所を見つけようと必死だった。

学費と家賃と生活費を捻出するために、定期預金は全部解約した。
それでも留学生に貸してもらえるアパートは少なくて、
ようやく見つけたのが、この道を通って辿り着いた古いアパートだった。

建物はテューダー様式を再現した趣のある外観だったけれど、
エレベーターは階段を上るくらい遅くて、部屋の中は本当にボロボロだった。
隣人は気の強い独身女性で、薄い壁の向こう、いつも罵声が聞こえていた。

毎日アパートと大学を徒歩で往復して、夜中まで課題と奮闘する。
週末になると2nd Avenue沿いのバーでは、若者たちが酔い潰れていた。
私はそれを横目で見ながら、とにかく卒業するまで頑張ろうと必死だった。

あれから20年が経ったことを、改めて思い返す。
孤独な大都会に、こんなに長く住むことになるとは思わなかった。
家族や友達ができて、今は少しだけ深呼吸できる場所がある。

でも、やっぱりいつか日本に帰ろう。帰りたい。

42nd Streetの西側に傾く太陽に、不意に「ありがとう」と言いたくなった。
この太陽が沈んだら、今度は日本の夜が明ける。

写真 2019-10-12 11 22 23


After a long time, I walked bound east on 42nd Street.
From Grand Central Station, I headed to 1st Avenue.
I remember going back and forth 20 years ago.

On September 18, 1999, I got down to New York alone.
It wasn't a cool one-way ticket, but I had a round-trip ticket.
Because I had a promise that I had to go back to the company.

There was a place to go back, but the place I was then was not belong to me.
I was desperate to find my place in a new city, as such a halfway standing position.

I canceled all time deposits in order to generate tuition, rent and living expenses.
Still, there are few apartments that foreign students can rent,
I finally found an old apartment that arrived through this street.

The building had a quaint exterior that recreated the Tudor style,
but the elevator was slow enough to go up the stairs and the room was really tattered.
The neighbor was a strong single woman who always yield a hoarse voice over the thin wall.

I went back and forth between the apartment and the college on foot every day and struggled with assignment until midnight.
On weekends, I looked over young people were drunk at the bar along 2nd Avenue.
I was desperate to do my best until I graduated.

I recall that 20 years have passed since then.
I didn't expect to live in such a lonely city for so long.
I have a family and friends, and now there is a place where I can take a deep breath.

But I'll go back to Japan someday. I want to go home.

I suddenly wanted to say “thank you” to the sun leaning to the west of 42nd Street.
When the sun goes down, Japan's night will dawn.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-12 11 20 02

Next

写真 2019-10-12 11 53 35


母は裏千家の茶道師範で、お稽古のある日にはいつも「練り切り菓子」と
「お干菓子」が用意されていて、私はその残り物を楽しみにしていた。

和菓子を調達する店舗は様々だったけれど、季節物の練り切りは予約をして、
指定された時間に取りに行く、それぐらい繊細で上質な物だと学んだ。

******

茹でた白いんげん豆や白アズキに、砂糖か蜜で甘みをつけた「白あん」に、
芋や米粉といったツナギの食材を入れて調整したのが「練り切りあん」。

「練り切りあん」に繊細な細工をして仕上げる「練り切り」和菓子は、
ニューヨークでは、滅多にお目にかかることはない。

そんなニューヨークで、練り切りのレッスンが受けられる。
友人にお誘いいただき、和菓子好きの私は即答で参加を決めた。

一番調整の難しい「あん」の部分は先生が作っていてくださったので、
私たち生徒は、粘土遊びをするかのように、楽しく作業を終了。
「ハロウィン」をテーマにした可愛らしい練り切りが完成した。

一緒に受講した方々は、皆とても手先が器用で、
私も元ジュエリーデザインを学んだ身だとは言い出せなかったけれど、
スパチュラーでワックスを削っていたあの感覚を思い出した。

茶道と同じく、和菓子の世界も本当に奥が深い。
こういう文化を伝えている日本人がいることが、本当にありがたい。

写真 2019-10-12 12 12 05

写真 2019-10-12 12 27 31


My mother has been a Urasenke tea ceremony teacher, and on a practice day of practice, there always had "Nerikiri" and “Dried sweets” were prepared and I was looking forward to the leftovers.

There were various shops where she procured Japanese sweets.
For seasonally sweets, she made reservations.
I learned that it was such a delicate and high-quality thing, since it should be picked up at the specified time.

******

"White An" is made of boiled white beans or white azuki beans with sugar or honey.
By adding ingredients such as rice bran and rice flour, it will be "Nerikiri An".

Japanese confectionery "Nerikiri" is finished with delicate hand work made of “Nerikiri An”.
We rarely see it in New York.

I heard be a friend that we could take Nerikiri Lesson in New York.
I decided to join with a quick response, since I loved Japanese sweets.

The teacher made the “An” part, which was the most difficult to adjust,
We students finished the work happily as if playing with clay.
A cute "Nerikiri" with the theme of “Halloween” has been completed.

The people who attended the course were very dexterous,
I couldn't say I had learned jewelry design before,
I remembered that sense of shaving wax with a spatula.

Like the tea ceremony, the world of Japanese sweets is really deep.
I'm really thankful that there are Japanese people who convey this culture in New York.

Ms_Kuramoto


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Class_1

Class_2
Next

写真 2019-09-27 21 04 16


ニューヨークに来て間もない頃、この街に馴染めずに、何度も涙した。
人も文化も刺激的だったし、少しずつ友達も増えていったのに、
どこか孤独で、どこか満たされない、空虚な気持ちがつきまとっていた。

みんな異人種で、みんな「仮住まい」に身を寄せて、日々を過ごす。
「人類のるつぼ」と呼ばれる街だから、ここにいる誰しもがきっと、
少なからず同じような気持ちを抱えて生きているのかもしれない。

そんな空虚な気持ちの隙間を埋めるのには、胃袋を満たすのが一番だった。
同郷の仲間と一緒に、故郷の味を探して、郷里の話で盛り上がる。
胃袋が温まると、心も温かくなり、また明日から頑張ろうと思い直す。

ソーホーより北側、若者が集うワシントン広場の近くに、
当時の「牛若丸」があって、ゲイの友人に誘われて行ったのが最初だった。
ネタもシャリも大きめで、いつもアメリカ人が行列を作っていた。

チェルシー地区と呼ばれる現在の場所に引っ越してからも、
常連は現地の人だらけで、日系人に出くわすことは滅多にない。

「日本の味」は、今や「世界の味」になり、世界の人の胃袋を満たしている。
そんな光景を見ながら、改めて自分が歳を重ねてきた歴史を顧みる。

写真 2019-09-27 20 25 43 (1)

写真 2019-09-27 20 31 03

写真 2019-09-27 20 40 19

写真 2019-09-28 15 35 08

写真 2019-09-27 21 50 06


When I first came to New York, I didn't get used to the city and I cried many times.
The people and culture were exciting, and I got friends little by little.
But somewhat lonely, somewhere unsatisfied, there was an empty feeling.

Everyone is interracial and everyone spends their days living in “temporary home”.
Because it is a city called "Human Crucible", everyone here must be living with the same feelings.

Filling the stomach was the best way to fill such empty feelings.
Along with friends from the same town, we searched for the taste of hometown and were excited about Japanese theme.
When the stomach was warmed up, my heart was warmed up, and I thought I would try again from tomorrow.

At the north of Soho, near Washington Square where young people gather,
There was Sushi restaurant “Ushiwakamaru” at the time.
I was invited by a gay friend to go there at the first time.
The sashimi and shari(rice) were large, and many Americans always made a line.

Even after their moving to the current location called Chelsea,
Regulars are full of local people and rarely encounter Japanese people.

“Japanese taste” is now “World taste” and fills the stomachs of the world.
While looking at such a scene, I look back on the history that I have been aged.

写真 2019-09-27 22 11 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-04 21 41 26

写真 2019-04-04 22 48 45

写真 2019-04-04 22 12 52

写真 2019-04-04 22 27 58
Next

写真 2019-06-07 14 11 18 (1)

写真 2019-06-07 14 11 29

写真 2019-06-07 14 11 34

写真 2019-06-07 14 12 40 (1)


ミッドタウンウェストのハドソン川沿いエリアの再開発が進んでいる。
25兆円というニューヨーク市場最大の予算を費やし、
高級コンド、ホテル、デパート、オフィス、劇場、公園などを新設して、
2025年までに完成を目指すという巨大な民間プロジェクト。

開発の第一段階まで終了した今春、高級ショッピングモールと、
スペインをテーマとしたフードホール、メルカド・スペインがオープン。
ニューヨークの新しい観光地として、毎日多くの人が訪れている。

建物の外側、ハドソン川に面した展望台「ベッセル」は、
イギリスの建築家トーマス・ヘザウィック氏がデザイン。
モジュール154個を組み合わせた、蜂の巣のようなユニークな構造で、
2500段近くの階段の合間に80箇所の踊り場があって、そこから展望を楽しめる。
総工費150億円の新名所に上る整理券を求めて、終日人々が列をなす。

ハドソンヤードという宇宙基地のような地下鉄駅で降車して、
昼と夜で表情の違うベッセルを眺めながら、ハイラインを散歩する。

この町の人は、古き良きものよりも、とにかく新しいものが好き。
ニューヨークという街は、どこに向かっているのだろうか。

スクリーンショット 2019-10-14 18.07.18


Redevelopment of the Midtown West area along the Hudson River is ongoing.
They spend the largest budget of the New York market of 25 billion dollars.
New high-end condos, hotels, department stores, offices, theaters, parks, etc.
It is a huge private project that aims to be completed by 2025.

This spring, when the first stage of development has been completed,
Mercado Spain, a food hall with a Spanish theme, has opened.
As a new tourist destination in New York, many people visit every day.

The observation deck “The Vessel” facing the Hudson River, outside the building, was designed by British architect Thomas Heatherwick.
With a unique structure like a honeycomb, combining 154 modules
There are 80 landings between 2,500 steps, and you can enjoy the view from there.
People line up all day looking for a numbered ticket that goes up to a new landmark with a total construction cost of 150 million dollars.

I got off at a subway station "Hudson Yard" like the space base,
Stroll along the High Line while watching The Vessel with different expressions day and night.

People in this town are more fond of new things than good old ones.
Where is New York going toward?

写真 2019-10-10 18 58 17

写真 2019-10-10 18 58 44

写真 2019-10-10 19 00 52


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-10 19 01 10

写真 2019-10-10 19 03 01

Next

家族ぐるみで仲良くさせていただいているファミリーとの再会。
それぞれに子供4人ずつ、いまや総勢12名。

セントラルパークでリスを追いかけたり、
一緒に大きなハンバーガーにかぶりついたり、
5番街のショッピングに出かけたり。

大中小の背中を眺めながら、時の経過を思い出す。
子育ての不安も喜びも、ここには吐き出せる。

数年後には皆もっと大きくなって、私たちを追い越していくのだろう。
世代交代をしっかりと見守っていけるように、日々精進。

写真 2019-10-06 17 07 04

写真 2019-10-06 17 07 21


A reunion with a family who is friends with the whole family.
We each have 4 kids, and we are 12 membaers total.

Kids were chasing squirrels in Central Park, and had a big hamburger together,
We went shopping on Fifth Avenue, too.

Recalling the passage of time while looking at the back of large, medium and small.
We can tell the anxiety and joy of parenting here.

In a few years all kids will be bigger and will overtake us.
We work hard every day so that we can watch over the generational change.

写真 2019-10-09 14 56 00


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-09 15 18 54

Next

先週から心塞ぐ出来事があって、発信する気力が萎えていた。
そういう時は、ひたすら本を読み、インプットに務める。

従妹の結婚式でお会いして以来、大ファンになってしまった慎太郎ママ。
きめ細やかな心配り、優しさ溢れる人付き合い。
骨董収集を紹介されるインスタグラムのセンスに毎回感動して、
ママがアンテプリマとコラボしたバッグも購入して、半ば追っかけ。笑

普段はバスタイムに本や資料を読むことが多いけれど、
慎太郎ママの本は、静かな部屋で一人でしっかり向き合って拝読。
まるでサロンでママと直接対話しているように、心が洗われた。

身体も所有物も、すべては預かりもの。
目の前のことを、淡々とこなすこと。諦めないこと。
あることがたし、徹底的に「感謝の気持ちを表現する」こと。
「自分のため」でなく「人様のため」の力を持続する。
不幸は自分で飲み込むもの。地獄は一人で見るから美しい。
むやみに人と戦わないことが、いつか勝ちに繋がる。
人生の縮図。空を見る、木々を眺める。

いつも心しているけれど、自分に出来ていないことがたくさんある。
本当の幸せは、さりげない日常の中にあることを、改めて思う。
今日も、同じ空の下で、淡々と生きてみよう。

素敵な本を世に生み出してくださった慎太郎ママに、感謝をこめて。

慎太郎ママのインスタグラムはこちら。

写真 2019-10-11 10 33 54


There was a trouble that made my heart closed since last week, and the energy of my output was deflated.
Everytime it happens, I read the book and refresh my brain.

I have become a big fan of Shintaro Yabe since I met her at my cousin's wedding.
He has a wonderful characters with sensitive tenderness.
I am impressed with the sense of his Instagram that introduces antique collection every time,
I also bought a lovely bag that he collaborated with Anteprima.

I usually read books and materials during bath time,
but I read Shintaro's in a quiet room.
It was as if I was talking directly with him at the salon.

All your body and belongings are rental things.
Do things in front of your eyes. Don't give up.
Important thing is to express "thank you" thoroughly.
Sustain the power of "For someone" instead of "For myself".
Misfortune is something you feel by yourself. Hell is beautiful because you see it alone.
Unnecessarily not fighting people will eventually lead to victory.
Look at the sky, look at the trees, so you see a microcosm of life.

Though I always have a lot of things I can't do,
I reaffirm that true happiness is in everyday life.
Let's live under the same sky today.

Thanks to Shintaro for creating a wonderful book.

「アンテプリマ x サロン・ド慎太郎」の記事
2017-10-30 13.48.42


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

懐かしの結婚式!
2015-09-21 16.15.35 HDR

2015-09-21 16.07.43

2015-10-04 20.25.03

2015-09-21 15.17.54
Next

写真 2019-10-03 19 42 08

写真 2019-10-03 19 53 26


今夏、非常に落ち込むことが多かった。
特に後半は、公私共に思い悩むことが多く、
人と会いたいという気持ちさえもなくしてしまった時期があった。

麻里さんは、なぜかそんな時にふと連絡をしてくださる。
「美香さん、これを見てきて。これを聴いてみて」

私が彼女に何かを相談したわけでもなく、
「ふと美香さんを思い出したから連絡した」という彼女の勘の鋭さに、
私は心を揺さぶられる。

アーティストは、常に孤独な戦いを強いられる世界にいるはずなのに、
こうやって周囲を思いやり、優しい気持ちで生きている彼女だから、
私はずっと応援していたいと思うのだ。

“Life is vivid, beautiful and precious.”
アートの個展にしては、やや長々しいタイトルだけれど、
西村麻里さんの人生を俯瞰すると、まさにこの言葉がピッタリ。

コピーライターとアーティストという二足のわらじを履きながら、
その両方できちんと名を馳せることが、どれほど凄いことか。

常にチャレンジを続けるからこそ、きっと振り幅も大きい人生。
私は彼女から、今その瞬間を一生懸命に生きることの大切さを学んでいる。

我が家のリビングルームには、麻里さんが描いた龍の絵が鎮座している。
心が弱った時にチカラをくれる宝物。

そのエネルギーを、貴方もきっと感じると思うから。
是非、会場に足をお運びください。

Mari Nishimura Solo Show 2019
“Life id vivid, beautiful and precious.”
10/3(Thu)-10/30(Wed)

MONTSERRAT Contemporary Art Gallery
547 West 27th Street
New York, NY10001

写真 2019-10-03 15 34 30

写真 2019-10-03 19 41 08

写真 2019-10-03 19 42 17

写真 2019-10-03 19 54 43


I was very depressed this summer.
Especially in the end of summer, I had been worried about many things in both public and private.
There was a time when I even lost my desire to meet people.

At that time, Mari contacted me at some point.
“Mika-san, let you see and listen this.”

Though I did not consult her for anything before,
Because of her intuition that "I contacted because I remembered Mika suddenly", I was thrilled.

Though the artist should always be in a world that is forced to fight lonely,
She is caring about her surroundings and living with a gentle feeling.
This is why I want to support her all the time.

“Life is vivid, beautiful and precious.”
It is a rather long title for as an art exhibition,
This word is perfect when you look down at the life of Mari.

She is working as both a copywriter and an artist.
How amazing is it that she is a famous for both of them.

A life has surely many drastic events, because it is always challenging.
I'm learning from her the importance of living so hard now.

There is a dragon painting drawn by Mari in the living room of my apartment.
It is a treasure that gives me power when my heart is weak.

Please feel her energy from her artworks.
Please visit her solo exhibition in New York.

写真 2019-10-03 19 53 31

写真 2019-10-05 16 20 37

写真 2019-10-05 16 21 08


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-06 9 15 04

写真 2019-10-03 20 06 58

写真 2019-10-07 12 16 32
Next

写真 2019-07-17 17 50 13


日本が大好きだから、日本の良きものを海外に伝えたい。
ここに居を構えて19年、根底にある想いはずっと変わらない。

デザイナーの東家雅子さんが世界に向けて発信するブランドは、
京都発、日本古来の伝統的な紋様和柄をモードファッションに取り入れる。

上質な素材なのに、家庭で洗濯できて、シワにならないから、
移動の多い方や、旅先でのレパートリーとして、本当に重宝する。

日本画家の大家、加山又造氏の作品とのコラボレーションに挑戦されるなど、
エネルギッシュに活動の場を広げられる、SOUL WORKの世界観に大注目。

世界に飛躍する日本人アーティストの進化に、ずっとエールを送っています。

写真 2019-07-17 17 49 40

写真 2019-07-17 17 49 54

写真 2019-07-17 17 50 05

写真 2019-07-17 17 49 19


Since I love Japan, I want to convey good Japanese things overseas.
19 years after staying here, the underlying feelings will not change.

SOUL WORK is the brand that Masako Touke, the designer, sends to the world,
Introducing Japanese traditional patterns into mode fashion from Kyoto, Japan.

Although it is a high-quality material, it can be washed at home and will not wrinkle.
It really comes in handy for people who travel a lot or as a repertoire on the trip.

Recently, she challenged to collaborate with the work of Japanese painter, Matazo Kayama.
Let us see the world of SOUL WORK that actives in the world.

We will cheer the evolution of Japanese artists who will made a leap to the world.

写真 2019-07-17 22 25 02

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-07-17 22 24 59
Next

写真 2019-08-13 10 51 13

写真 2019-08-15 6 43 33


若き世代と一緒に紡ぐ、まったく新しい作品。
「ミュージカル・未完の贈り物」の脚本チェックをしている頃は、
公私共々、猛烈に忙しい時期でもあった。

そんな時期に「人前で話してほしい」というオファーをいただいて、
迷った挙句にお引き受けしたKUDENの動画が、オフィシャル公開されている。
緊張しまくっている自分の姿に辟易して、そっと黙っておこうと思ったけれど、
原作の背景として伝えてほしいとのリクエストにお応えすることにした。

初作「未完の贈り物」を世に出した後の苦悩を吐露したインタビュー記事も、
合わせて再掲載中。(2年半前の記事です。)
なぜママのもとに生まれてきたの? インタビュー記事

あの時に支えてくださった周囲の皆さんに、改めて感謝。

この世に生まれた命には、すべて役割がある。
私に与えられた宿題を紐解きながら、今日も大切に生きてみよう。

KUDEN Vol.8 Photo Gallery



"Musical, Mikan no Okurimono" is a completely new one of working with the younger generation.
When I was checking the screenplay for the musical,
Both my business and private schedule were extremely busy.

At that time, I received an offer to give a speech session of "KUDEN"'
The video of KUDEN that has been undertaken in the meantime has been officially released.
Though I was shamed that I was too nervous,
I decided to respond to a request that people want to know the back ground of my original book.

An interview article that uncovered the suffering after launching the first work "Mikan no Okurimono" was here, too.
Thanks again to everyone around me who supported me at that time.

Every life born in this world has a role.
I will live carefully while solving the homework given to me.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-09-22 13 18 38


ニューヨーク市のオフィシャルページには、年間行事の規定があって、
毎週開催されるストリートフェアのスケジュールが事細かく明記されている。
極感の時期以外は、いつもどこかでお祭りがあるということだけれど、
私が住んでいる地区での開催は、毎年9月のこの時期が多い。

並んでいるベンダーも、あまり代わり映えもしないけれど、
今年は1ブロックを占めるジャパンブースが、ずいぶん人気のようだった。
焼きそば、たこ焼き、わたあめ、ヨーヨー釣り。
まるで日本の縁日を歩いているかのよう。

決定的な違いがあるとすれば、夜間の防犯対策のためか、
夕方5時を過ぎるとすぐに撤収準備を始め、NYPDが通行止めを解除すること。
災害に強いニューヨークは、祭り後の掃除だって猛烈に早く、
街が暗くなる頃には、いつものストリートに戻っている。

神社や寺の境内で、提灯の灯りを頼りに屋台をはしごする。
そんな縁日シーンは、日本ならではの風靡な世界。
今夏も日本の祭りには行けなかったけれど、
寒空の下で熊手を眺めて歩いた、酉の市のことをふと思い出している。

写真 2019-09-22 13 16 37

写真 2019-09-22 13 16 41

写真 2019-09-22 13 16 59

写真 2019-09-22 13 17 15

写真 2019-09-22 13 17 34


The New York City official page has list for annual events,
The weekly schedule of the street fair is clearly stated.
There is always a fair somewhere in NYC except during the extreme cold time,
There has a street fair held in my residential district in September every year.

The vendors in line are always almost same,
This year, the Japan booth, which occupied one block, seemed very popular.
Yaki-soba, Tako-yaki, Cotton candy, Yo-yo fishing.
It was as if we were walking around a Japanese fair.

As there is a decisive difference for nighttime crime prevention measures,
As soon as it gets 5:00 pm, they will start preparing for withdrawal, and NYPD will release the road closure.
In New York, which is strong against disasters, cleaning after the festival is extremely fast.
When the city gets dark, It's back on the usual street.

In the precincts of shrines and temples in Japan, you can use the lanterns to operate the stalls.
Such a fair scene is a unique world of Japan.
I could not go to a Japanese festival this summer,
Now I miss the Torinoichi festival that I walked looking at the rake under the cold sky.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-09-22 13 19 12

写真 2019-09-22 13 17 30
Next