Blog

57

43


リオパラリンピック視察の途中でNYに立ち寄った従姉と、
連日ミーティングに参加した。
今でこそ、LGBTという言葉が世界に浸透しているが、
ニューヨークでのその歴史は長い。

ミッドタウンには、専門のマーケティング会社があって、
明るくセンスの良いオフィスで、かっこいいスタッフが
楽しそうに働いている。

ウェストビレッジにあるコミュニテイーセンターは、1983年設立。
以前の建物は、人目を避けて密会をしていた彼らのために、
窓や戸口の狭い造りだったという。
昨今の改装後は、モダンな佇まいに、一般客の訪問も絶えない。

キースヘリングが通って描き上げたバスルームのアート。
当時のニューヨークタイムズは、その刺激的な内容に
記事を差し控えたという。
化粧室には全性用の表示。
図書館にはLGBT専門の蔵書が立ち並ぶ。
こんな貴重なものが見られる機会に感謝。

2019年ラグビーワールドカップと、2020年東京オリンピックのために、
こんなところからも、仕込みが始まっている。
世界でバズを起こすための、ワクワクする企画が生まれていく。

37

02

05

23

13

50


I participated the meeting every day with my cousin, who stopped over NY
on the way to the Rio Paralympics visit.
Nowadays, although the word of LGBT is to penetrate the world,
Its history in New York is long.

There was a professional marketing company in Midtown.
The cool staff was working happily at the bright and nice office.

The LGBT Community Center in the West Village has founded in 1983.
Previous building that was used for the secret meetings to avoid the public
eyes was a narrow structure of the window and doorway.
After the renovation in recent years, the general customer visits unceasing
at the modern appearance.

There was a bathroom that Keith Haring drew the art on the wall.
New York Times at the time stopped the article since it was the exciting
content.
The restroom shows the display of all genders.
The library has the special collection of LBGT books.
I thanked to the opportunity that I saw such a valuable art.

For the 2019 Rugby World Cup and the 2020 Tokyo Olympics,
The projects have begun from such a place.
For causing a buzz in the world, we are planning to be exciting.

41

55

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

46

32

19


ブルックリンにある和食屋から、イベント案内が来た。
ニューヨークで最高峰の蕎麦を作り続けている小谷修一氏と、
トライベッカの寿司麻布で包丁を握る白井雅也のコラボと聞けば、
行かないわけにはいかない。

日曜日の昼下がり。
近所に住むグルメなフランス人夫妻をお誘いした。
あたりの日本人よりずっと日本食通の彼らを前に、
イベントの進行がややスローで、少しドキドキした。

とはいえ、日本で懐石料理の修行を積んできた白井シェフのセンスは抜群で、
十割蕎麦の登場を引き立たせるコース仕立ても見事だった。

日本の食文化を受け継ぎ、ここで再現してくれるような彼らの姿勢を、
私たちはもっと、世界に伝えていかなくてはならない。

秋の実りには少し早い時分だったけれど、
松茸と土瓶蒸しの美味しい季節に、またここに来よう。

49

17

18

29

36

36


I got the event invitation From the Japanese restaurant in Brooklyn.
It will be the collaboration held by two chefs.
One is Shuichi Kotani, who has been making the buckwheat's highest
peak in New York.
And the other is Masaya Shirai, who works in the kitchen of Sushi Azabu
in Tribeca.

It was Sunday afternoon.
I brought the gourmet French couples who live in the neighborhood.
In front of the Japan foodie,
I was little nervous since the events progression is a little slow.

Nonetheless, the sense of Chef Shirai, who gained training of Kaiseki
cuisine in Japan, was preeminent.
The menu of course to complement the serving of 100% buckwheat was
also impressive.

I know their hope to inherit the food culture of Japan, and reproduce here.
We have to convey to the world more.

Although it was a little early season for the harvest of autumn,
I will try to come here again at the good season for Matsutake and Dobin-mushi
(matsutake in steamed teapot).

24


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

29

25


十五夜は、暦通りに中秋の名月を楽しんだけれど、
2日後の今夜が、本当の満月だった。

久しぶりにフライト乗務でやってきた同期と街を歩く。
「縦に長い空を見上げると、ニューヨークに来たなと思う」
彼女の言葉が、胸に突き刺さる。

空の狭い街に、住んでいるのかな。
摩天楼の横に佇む満月にも風情はあるけれど、
貴方の見ているそれは、きっともっと美しい。

47



Though I enjoyed a harvest moon on 15th,
Tonight was the true full moon.

I walked the street with my ex-co-worker, who came to the city as the
cabin crew.
"When I looked up the long sky in a vertical, I feel I'm in New York."
Her words stick to my heart.

I live in the narrow sky town.
I like the full moon that stands next to the skyscraper.
But the moon that you have seen is more beautiful.

56

07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


Next

26


幼い頃の記憶を辿ると、
都営住宅の平たい街並みに、いつも電柱と下水溝があった。
電柱には地元の小児科の看板があって、
キャッチボールをする時に恐怖となるドブがあった。

マンハッタンの街には、電柱も電線もない。
無機質な街の光景が日常になってしまったからこそ、
電柱のある街に立ち寄るだけで、なぜかホッとする。

デジタルな時代に、あえてアナログで生きること。
きっとそこに、私の原点があるのかもしれない。

45

36


When I trace the memory of childhood,
The flat town of the metropolitan housing, there were always utility poles
and sewage ditches.
There was a sign of local pediatric on the utility pole,
There was a ditch that we scared when we did catch ball.

The town of Manhattan, there is no electric cable or utility pole.
Because sight of inorganic city has become in everyday,
I am relieved when I stop by in the town with utility poles.

In the digital age, I live dare in analog.
There surely, might have my origin.

44

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

19


毎年この日はなぜか天気が良い。
明け方は曇っていたのに、次第に青空が広がって、
15年前のあの日を思い出す。

人生に「もし」はないけれど、
あのテロがなければ、私はきっとニューヨークに移住していなかった。
あの日を知らない我が子達は、あの後にニューヨークで生まれた。

今年のこの日は休日で、静かに1日が過ぎ去った。
ニューヨーカーの誰しもが、命あることに改めて感謝しただろう。

グランドゼロから、哀悼の光が夜空に放たれる。
静かに祈り、1日が終わる。
あの悲しみを、決して忘れない。

34


This day is the good weather every year.
Even though it was cloudy in the early morning, gradually blue sky
had spread out.
It reminded me that day of 15 years ago.

There is no "if not" in the life.
If there was not that terrorism, I was sure I did not move to New York.
My kids, who do not know that day, were born in New York after that.

Since the day of this year was Sunday, one day had gone quietly.
Every New Yorkers thanked that there was a life.

From the Ground Zero, mourning of light has emitted in the night sky.
We pray in quiet, and the day will be the end.
We never forget that sorrow.

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

09

26


ボストン湾から出発して、ケープコッド半島の突端周辺に向かう。
大型フェリーで約1時間、ボストン沖ステルワーゲン海洋保護区へ。

大西洋の深水が大陸棚にぶつかるため、大量のプランクトンが発生する。
そして、そこに集まるたくさんの生態系の頂点を体感するのが、
ホェールウォッチング。
ザトウクジラ、ナガスクジラ、ミンククジラ、カマイルカ。

素人目にはよく分からないけれど、添乗スタッフは大興奮。
時計の12時の方向につがいがいるとか、
4時の方向から数頭こちらに向かっているとか。
クジラが潮を吹いたり、尾ひれを見せたりすると、
乗客は船が傾くぐらいに大移動する。
決して豪華客船ではない3階建てのフェリーに揺られていると、
偶然隣りに座った家族との会話も自然と弾む。

ホェールウォッチングは、今や米国での大事な観光産業のひとつ。
夏の間だけ楽しめる自然探索で、ボストンの新しい一面を見た。

23

12


Starting from the Boston Bay, we went toward the headland around the Cape
Cod peninsula.
About 1 hour in the large ferry, we arrived at the coast of Stellwagen marine
sanctuary in Boston.

Since the deep water of the Atlantic Ocean hit the continental shelf, a large
amount of plankton occurs.
To experience the apex of a lot of the ecosystem that gather there, we had
the whale watching tour.
Humpback whale, Fin whale, Minke whale, Pacific white-sided dolphins.

Though I did not know well to the untrained eye, tour staffs were so excited.
Look at the breeding pairs in the direction of 12 o'clock !
Oh, some whales were heading here from the direction of 4 o'clock !
When whales blowing the tide or they showed the tail fin,
Passengers moved to the other side in the ship and it tilted.
Since we had been rocked to the non- luxury liner three-story ferry,
Conversation with family sitting next to chance was occurred with nature.

Whale Watching is now one of the important tourism industry in the United
States.
I experienced the new one side of Boston in natural search where people
can enjoy only during the summer.

16

52

04


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

16

20-1

22
Next

55


カレンダーを振り返ると、2年前の11月に同じ会場に行った。
あの日は北風の寒い夜で、一緒に行った友人のニット帽姿をよく覚えている。

今年はレイバーデーホリデーの初日。
一気に秋がやってきて、長袖のニットを羽織って出陣。
前日から列を作っていたというコアなファン達の熱気が高まる。

会場の入り口で、飲料のボトルは没収されたけれども、
カメラや携帯に関しては、無法地帯だった。
近くで見守るスタッフが黙認するまま、全世界に動画がライブで送られる。
彼女達が欧米でファンを獲得できたのは、こうしたSNSの恩恵でもあると実感する。

あどけないMCと、マリオネットのようなダンスショー。
欧米人の目にはどのように映るのか、アリーナの動きを見ているも面白い。

2時間たっぷりと、ビジュアルショーを楽しんだ気分で帰途につく。
芸術の秋、この季節からが、ニューヨークは面白い。

35


Looking back the calendar, they came to the same venue in November
of two years ago.
That day was the cold night with the north wind, and I remember my friend
wore a knit cap.

This year, it was held on the Labor Day holiday.
Since it was cool night, I wore a long-sleeved knit.
The core fans who were making the column before a day helped to increase
the hot air.

At the entrance of the venue, the beverage bottle has been confiscated.
But for the camera and mobile were left lawlessly
In front of the staff, the live video was sent to the whole world.
We were realized that the most of their fans in Europe and the US had made
by the benefit of SNS.

They enjoyed an innocent MC and, dance shows like marionette.
Also, we enjoyed watching the movement of people on the arena to know how
Western people felt.

We went back home in the mood that we enjoyed the two hours visual show.
New York is interesting from this season, autumn of art.

46

19


前回のNY公演の記事 Perfume World Tour 3rd

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

02
Next

45


企画としてのハイライトは、マンハッタンヘンジだったけれど、
どのシーンも鮮明に心に残っている。
作品が仕上がるたびに、一つ一つの仕込み過程の苦労が報われる。

改めて、アトリエで仕上げた作品が、ニューヨークに届いた。
嬉しそうにそれを眺める皆さんの横顔を拝見しながら、アートの偉大さを感じる。

世界の中心、タイムズスクウェアで達成した感動が蘇る。
来年は、どのシーンを描いてくれるだろうかと。

42



The highlights of "Art Trip 2016" was Manhattanhenge,
But every scene also remains in the mind vividly.
Each time the works were finished, hard time of one by one of the planning
process had been rewarded.

His artworks that was finished in the atelier, has arrived in New York.
While I looked the client's happily smile, I felt the greatness of Art.

The impressed scene that was achieved at the center of the world, Times
Square, has been revived.
Next year, I guess the scene he draws.

12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ロードアイランドから、さらに北へ1時間半。
前職時代からずっと親しくさせていただいている先輩を訪ねた。

会いたい人には会える時に会う。
御主人がボストン駐在になられたと聞いたら、会いに行かなくては。

日本では美容薬膳研究家として御活躍中の彼女が、
御主人のために作るお弁当のアイディアを、教えてくださった。
私は彼女のニューヨークイベントのアイディアを捻出する。

「時間がある時にしか作らないわよ」と笑う彼女の笑顔を肴に、
ずっと喋り通した数時間。
「またすぐ会おうね」

人と会う機会は、具体的に行動する気持ちが引き寄せてくれる。

35


We drove further to the north, one and a half hours from Rhode Island.
I visited my friend that we have known each other from the ex-company.

I meet people that I want to meet when I have time.
I wanted to meet her since she and her husband moved as Boston residence.

She works as a Healthy Medical Food Cooking expert in Japan,
And taught me the bento box ideas that she makes for husband daily.
I squeezed the idea of her New York event.

"I make only when I have time"
We talked through 8 hours with laughing.
"We'll see you soon."

If we act specifically, we have an opportunity to meet with people.

42

42


美容薬膳研究家 ちづかみゆき 公式ウェブサイト

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

17
Next

10


ドライブ途中に見かけた「ワイナリーオープン」の看板に、
好奇心で立ち寄ってみる。

小さなワイン畑の裏に、醸造所とバーカウンターがあって、
ダンディーな御主人が忙しく動き回っている。

昼間から、地元で採れたワインを楽しむ人々の優雅さに、
平和な時間が流れている心地よさを受け取った。

試しに買ってみたワインを手土産に、さらに北へ向かう。

19


I found the sign of "Winery Open" in the middle of the drive,
then we tried to stop by with curiosity.

On the back of small vineyards, there was a brewery and a bar counter.
The master, who worked very busy, welcomed me.

From the daytime, people enjoyed the local wine.
I received a comfort that the time of peace was flowing.

I tried to buy some bottles of wine for souvenir,
And headed further north.

13


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

28


マンハッタンから北へ、車で2時間半。
ボストンに行く道中、少し遠回りしてロードアイランド州に立ち寄った。

いわゆる富裕層のサマーハウスが建ち並び、
ビーチに行くにも、居住者用のライセンスが必要。

朝からボートを出してクルージング。
釣りやダイビングを楽しむ余裕が羨ましい。

パドルボードに挑戦する子供達を遠目に見ながら、
夕立前の夏空を眺める午後。

13


We drove to the north of Manhattan, two hours and a half.
Along the way to go to Boston, we stopped by the Rhode Island.

There were Summer Houses of the wealthy people.
We were invited to go to the private beach with a license for residents.

People enjoy the cruising from morning put out the boat.
we envy that they can enjoy the fishing and diving all the day.

I was watching the children to challenge the paddling boards from a distance.
The summer sky in the afternoon was ready for the evening shower.

34


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

26
Next

10

01


おそらくオリンピックゲームよりも、はるかに盛り上がるであろう
USオープンが明日、開幕する。
熱狂的なテニスファンの友人親子に誘われて、
開幕前の公開練習を見にスタジアムへ。

極至近距離で飛び交う黄色いボール。
サーブの勢い、そしてボレーへの執念。
世界トップレベルの選手達は、コートに佇むだけでも迫力がある。

子供達は、大きなボールを抱えて、
練習が終わった選手達にサインをねだる。
写真撮影にもにこやかに応える彼らが、神々しい。

明日からここで、新しいスポーツの歴史が刻まれる。

00

37

04

07

03

04


Perhaps people will be more excited than the Olympic games.
US Open will kick off tomorrow.
Since we had been invited to a friend parent and child of enthusiastic
tennis fans,
We went to the stadium to see the public practice of the previous day.

We saw the yellow balls that were flying at close range.
I was surprised the service momentum and the tenacity to the volley,.
Athletes of the world's top level, there had a power when they were on
the tennis court.

The children asked the signature of the players on the big ball.
They responded in smiling even to take photos.

Here from tomorrow, the history of the new sport will be engraved.

45

43

07 HDR

38


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

02

51

07
Next

56

05


おおいに盛り上がった今夏のオリンピックゲーム。
スポーツチャンネルはオンタイムで米国人の活躍を中継し、
米国のメダル獲得数はダントツ世界一だった。

しかし、アメフトのスーパーボールや、野球のワールドシリーズほど
国民が熱狂的になることはない。
日本人の活躍をライブで見ることも出来ず、
日本列島が多いに沸いた様子だけが伝わってくる。

当初は少しばかり取り残された感もあったけれど、
閉会式の臨場感を米国人と共有できたのも、ここならでは。

安倍首相や小池都知事への賛否よりも、
日本発信の音楽や演出を世界に知らしめた効果は大きい。

いよいよ東京へ。
目標はすでにロックオンされている。

15

24

45

35


People greatly enjoyed this summer's Olympic games.
ESPN Sports channel relayed the activities of Americans in the on-time,
And the United States got the most medals in the world.

However, people did not become enthusiastic than the Super Bowl of American
football, or the World Series of Baseball.
I could not be able to see the Japanese activities,
But I could only get the news of the Japanese archipelago.


Initially but there was also a sense that had been left behind a little.
But I was able to share a sense of realism of the closing ceremony with the
Americans since I was here.

Than the pros and cons of the Prime Minister Abe and Koike Governor,
the effect that we appealed Japanese music and production to the world was
very large.

We will toward to Tokyo.
The goal has already been locked on.

15

13

46


Please see the link of MAYA'S HOPE
ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

44





Next

03

09


ニューヨークで活躍するピアニスト西川悟平氏が出演するリサイタル。
会の趣旨もよく分からないまま、花束を持って出かけた。

コンサートホールは、ウェストビレッジにある大きな教会。
ステンドグラスの美しい堂内で、
バレエと音楽をコラボさせた、見応えのあるステージ。

世界平和のため、子供達のため。
会場には車椅子やハンディを持った子供達もいて、
音楽で世界をつなげようという主宰者の趣旨にも感銘。

西川氏の奏でる音は、力強くて優しい。
特に、彼にしか出せない低音の響きに、魅了される。

「僕はまだまだ中途半端だけれど、いつかビッグになるから。
千璃ちゃんへの希望も、きっと叶うと信じていて。」

西川氏の言葉はいつも、私に勇気をくれる。
12月には、カーネギーホールでまた彼の音色に逢える。

24

59


I went to the "FANTASIA" recital that a pianist, Mr. Gohei Nishikawa participated.
I did not not know well about the concept of the concert, but I went there with
a bouquet of flowers.

The venue was a large church in the West Village, a beautiful hall with stained
glass,
It was a spectacular stage, collaboration with ballet and music.

For the world peace, for the children.
There were some children with a wheelchair or handicap there.
I was also impressed with the spirit of "MAYA'S HOPE" that will try to concatenate
the world with music.

Gohei's music is gentle and strong.
In particular, I was fascinated by the bass sound that only Gohei can put out.

"Someday I will become big, I'm not yet though.
Please believe our hope to your daughter Seri will surely come true. "

Gohei's words always give me the courage.
In December, we will meet his sound again in the Carnegie Hall in New York.

34

43


Please see the link of MAYA'S HOPE
ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

57

56
Next

藤原紀香氏がJALの沖縄キャンペーンガールだった時代に、
取材させていただいたことがあった。
人前でお話されることもあまり慣れていなくて、緊張感がいっぱい、
非常に初々しい印象だった。

15年ぶりにすぐそばでお話されたその堂々たる姿に、
芸能界で生き抜いてきた彼女の芯の強さを垣間見る思いだった。

アフガニスタンはじめ戦地の子供達のために、学校作りを主とした
ボランティア活動を続けているなかで、
たくさんの体験を重ねてきたストーリーが、次々とお披露目される。

サプライズゲストはジャズピアニストの大江千里氏。
阪神淡路大震災の復興支援では、ミュージシャンと一般人だった二人が、
今は熊本震災復興支援のために、一緒に旋律を奏でる。

これほど多くの日本人がニューヨークの一堂に会する機会も珍しく、
協賛された企業の懐の深さに、改めて感激。

ニューヨークから祖国にエールを送る日本人の想いが、
きっと届きますように。

02


In the period that Norika Fujiwara was the Okinawa campaign Girl of JAL,
There was an opportunity that we were allowed to interview.
She was not too accustomed to be talked about in public.
It was full of tension, and very innocent impression.

After 15 years, there was an imposing her figure that had been talked about
in the immediate vicinity.
We were glimpsed of the strength of her core that has survived in the
entertainment industry.

For the children in Afghanistan or battlefield, she was mainly making school.
She unveiled one after another that she has continued to volunteer activities,
over a lot of experience.

The surprise guest, a jazz pianist, Mr. Senri Oe came to the last.
In the reconstruction assistance of the Great Hanshin-Awaji Earthquake,
Mr. Oe was a musician, and Ms.Fujiwara was a general public.
For now Kumamoto earthquake reconstruction assistance, they played the
melody together.

Such an opportunity that so many Japanese met together in New York was
very uncommon.
We were also inspiring the depth of the bosom of sponsorship companies.

We hope our feeling from New York will reach to our homeland.

14102533_1408778552485200_6544756433872741936_n

©Amnet New York

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Norika Fujiwara Charity Talk Live in NYC, by Amnet New York & Delta Airlines & FCI

18

©Amnet New York
Next

46


マンハッタンのミッドタウンには、
ニューヨークを象徴するビルディングが建ち並ぶ。

摩天楼のなか、空が狭いと嘆くことよりも、
自分の好きな空を探してみたい。

スコーンと突き抜けるような空が好き。
入道雲のたくましさも、
うろこ雲のかかる情緒も捨てがたい。

貴方もきっと、この空を見ている。

53


In Midtown Manhattan,
The buildings of symbols in New York are lined.

I don't lament that the sky is narrow among the skyscrapers.
I want to look for their favorite sky.

I like the sky as if it penetrates to the universe.
Also I like the hardiness of thunderhead.
I cannot throw away the emotion of the cirrocumulus cloud.

Surely you are also looking at this sky.

14


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

29

Next

50


この数週間、自宅アパートが騒がしい。
上の階は、デュープレックスという二層アパートになっていて、
新しい住人が入居するたびに、徹底した内装工事が施される。

夕方、突然大きな音と共に、
我が家のバスルームが焦げ茶色に染まった。
天井のスプリンクラーから、激しい勢いでペンキが流れ落ちてきた。

ありえない出来事に、呆然と立ち尽くすだけ。
あっという間に乾いていくペンキを眺めているしか術がなかった。

手指を染めてブラシをかけても、ペンキは落ちなくて、
ハンディマンを呼んで補修作業。
翌日、天井を塗り直してもらった。
目に見えるところだけは、以前よりずっと綺麗になった。

でも、根治処置が出来ていないのが気になる。
半月後には上階の工事が終わるというのも、あてにならない。

アメリカのこういうルーズさだけは、きっとずっと好きになれない。

37


The past few weeks, our apartment is noisy.
There has a duplex apartment.
Each time a new residents move in, interior construction work is applied.

The last evening, along with the sudden loud noises,
Bathroom of my apartment stained dark brown.
From the sprinkler of the ceiling, the paint flowed down in a fierce
momentum.

To sudden accident, I just stood with stunned.
I only looked the paint that will dry quickly.

Even though I brushed very hard, the paint was still there.
I asked the Handy Man to repair in Midnight.
The next day, the ceiling was re-painted.
The visible place became more beautiful than before.

But, I was concern that the curative treatment was not completed.
Also I doubt that the construction of the upper floor will be finished
within two weeks.

I wish I had a punctual action of Japanese craftsman here.

32


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

44


ニューヨーク市立図書館の真ん前というロケーション。
大きく目立った門構えの内側に、どんな世界が広がっているのだろう。
マンハッタン5番街、その前を通るたびに気になっていた。

扉を開けると、高い天井とゴージャスな内装が目に飛び込んでくる。
備前焼の壁タイル、切子硝子の盃。
ハードひとつひとつに、たっぷり贅沢をさせているのが分かる。

日本から空輸されたネタに、赤酢で締めたシャリ。
豪華なコース仕立てが、ニューヨーカーの舌をうならす。

ニューヨークにまた一つ、新しい名店が誕生した。

05

04



It is located in front of the New York Public Library.
I was curious the world that was spreading inside of the big entrance.
I checked it when I went through before that space on the 5th Avenue in
Manhattan.

When I opened the door, I saw high ceilings and a gorgeous interior.
There were the wall tiles of Bizen and the cups of Kiriko glass.
The hard of one by one, it can be seen that are allowed to have plenty of
luxury.

People enjoy the fish that has been flown in from Japan and the rice of red
vinegar.
Luxurious course tailoring impresses the tongue of New Yorkers.

Also new well-established store was born in New York.

37


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

米国には国民健康保険がない。社会保険もない。
自分の健康は、自分で管理しないといけない。

白い天井を眺めながら、待たされている時間が嫌い。
封印したはずのたくさんの出来事が、よみがえる。

あの時からずっと、一人で戦ってきたのに。
どうして人は、強くいられないのだろう。

20


There is no national health insurance and Social insurance in the United States.
We need to manage our health on own.

While looking at the white ceiling, I hate the time I have to wait.
A lot of sealed events revive to my mind.

Ever since that time, I have been fighting alone.
But why I cannot be strong?

35


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

空が好き。
空を見て勇気付けられる。

地球の裏側ニューヨークで、とても孤独だと思っていた時にも、
空はずっと繋がっていた。

日本が夜になると、必ずニューヨークに朝がやってくる。
明けない夜はないのだと、友が教えてくれる。

戦争で他界した祖父を想いながら、
子供達世代にどう伝えようかと考える。

空を見上げ、今ある命に感謝する。
静かに故郷を想う、夏の日が過ぎゆく。

14037446_1069902883091627_378222095_o


I like the sky.
I get the energy by looking the sky.

Even when I thought I was very lonely in New York where was far away
from Japan,
The sky was connected to there.

If Japan is in the evening, the morning is coming to New York.
My friends will tell, "There is no night that doesn't find the day."

While I remind my grandfather who passed away in the World War II,
I think how I tell the story to my kid’s generation.

I look up the sky, and I thank to the life that is now.
I think the hometown quietly on the day of the summer.

13978052_1064242656990983_2081300322_o

©S.Sakamoto@Dropout

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

日本航空に入社して間もなく、御巣鷹山の慰霊登山に参加した。
険しい尾根伝いには、まだ機体の残骸が散在しており、
事故の壮絶さは、私達の胸に深く刻まれた。

操縦不能後、32分間のダッチロール。
その時間を想うだけで、いたたまれなくなる。
520名の命を奪った責任は大きい。

一方で、御遺族のお世話を続けた担当者、一人一人のストーリーも、
外に出せないほど壮絶であった。
加害者である企業にいるという覚悟があったとはいえ、
御遺族との板挟みで、精神を蝕まれて他界した社員もいたし、
今夏は山道を整備していた社員が転落死したという。

罪を憎んで人を憎まず。
事故後31年、空の安全はどこまで守られているのだろうか。
「山の日」制定のニュースは、少し複雑な想いで受け止めた。

22


Shortly after I joined Japan Airlines, I took part in the memorial climbing
of Osutaka Mountain.
Along with the steep mountain, there still had been scattered wreckage
of the aircraft,
We were very shocked by the sublime of the accident.

The airplane did Dutch roll for 32 minutes with maneuvering inability.
I had shocked by knowing that time.
Responsibility that took the lives of 520 people was very big.

On the other hand, there were many fierce stories that had never been
put out to the outside.
They were about the staffs that continued to take care of the bereaved family,

Although there was a readiness that they were in a perpetrator companies,
By the negotiation with the bereaved families, an employee passed away
by melancholy.
This summer, an employee who had established a mountain road was
falling and dead.

Hate the sin, not the sinner.
This year is 31 years after the accident, we pray for the safety of the sky.
The news of the enactment of "Mountain Day" brought me the slightly
complicated feelings.

36


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

19


世界一の大都市ニューヨークとはいうものの、
マンハッタンは外から見るととても小さな島で、
車を走らせると、すぐに自然にたどり着ける。

人影の少ないビーチにも、まだ夏の太陽が居座っていて、
読書をするには少し暑過ぎた。

雲が少しずつ秋の形に変わっていく空を眺めながら、
夕飯の献立を考える。

マンハッタンに戻りながら、気持ちを整える。
今の生活を、頑張ろう。

26

52

25


New York is the metropolitan of the world,
But Manhattan is a very small island if you see from the outside.
When you drive, immediately we reach the natural scene.

There were few people on the beach, but the sun of summer had still lingered.
It was a little hot to read the novel.

While I watched the sky that the shape of clouds change to the fall style,
I was thinking the menu of the dinner.

While I returned to Manhattan, I settled down the feeling.
Let me do the best for the now of the life.

39

34


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

江戸時代を代表する花火師「鍵屋」「玉屋」の逸話を説く。
ニューヨークで見る花火は単調で、そこに情緒はないけれど、
季節の風物詩を、ここで体感できるだけでも幸せだと。

あの夏の花火を一緒に見た仲間は、
今年の花火を、どこで誰と見ているだろう。

空は繋がっているとはいえ、
この音も光も煙も、きっとそこには届かない。

ニューヨークは、もう夏が終わりかけている。

10

35


I told the anecdote of "Kagiya" "Tamaya", the masters of fireworks of Edo period.
The fireworks in New York were looked monotonous and unsympathetic.
But I was happy that I had experience of the seasonally tradition.

That reminds me the fellow whom I saw the fireworks of that summer together.
Where and with whom, does he look at this year's fireworks?

Although the sky is connected,
I'm sure that the sound, light, and smoke cannot reach there.

The summer of New York has almost over.

37

27


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

38
Next

32


このところ飲食関係の開発から少し遠ざかっていたけれど、
秋に向けていくつか案件をいただいた。
生来、美味しいものを探索するのが大好きだから、
食市場のリサーチは、本当に面白い。

仲間のお誘いに応じて出向いたのは、
イーストビレッジに新しくできた和洋折衷のお店。
元フレンチのシェフが、天ぷらを提供するという試み。

前菜からメイン、最後の締めとデザートまで盛りだくさん。
カウンター8席に座るお客様だけが、
想像の域を超える和洋のコラボを直に楽しめる。

日本人の手先と舌先の器用さを、改めて誇りに思う。
食の可能性が、またひとつ広がった。

36


Recently, I have been a little away from the development of food and
beverage.
But I received several projects towards the autumn.
Naturally, because I love to explore the delicious things,
The market research of food is really interesting.

I was asked to join the fellow's dinner.
The new restaurant of the blending of Japanese and Western style has
opened in the East Village.
A chef of the original French provides a tempura.

There were a lot of plates from appetizer to desserts.
Only customers, who sit at the counter 8-seat, can enjoy the collaboration
of Japanese and Western that exceeds the imagination.

We are proud of Japanese dexterity of hand and tongue.
Possibility of Japanese food also spreads to the world.

40


折衷よこ田 ウェブサイト SECCHU YOKOTA

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

45
Next

46


PC画面に、Facebook やTwitterのニュースフィードが流れてくる。
宮本敬文への追悼文で埋め尽くされている。
いかに尊敬され、いかに愛されていたか、彼の生き様が垣間見える。

私がまだ迷いの中にいた頃、敬文の写真集が発行された。
カンボジアにあるアンコール小児病院の子供達の記録だった。
彼の撮った子供達の輝いた目が、私の心に突き刺さった。
その時の複雑な心境は、今でも説明できない。

「写真は一瞬を永遠のものにする」
敬文がいつも言っていた。
「僕が千璃ちゃんを撮ってあげるよ」
あの約束は、天国まで持ち越しになってしまった。

彼はきっと、これからもたくさんの人の心の中で、
生き続けていくのだろう。
私はもう少しだけ、この世界で踏ん張るよ。

53


On the PC screen, News feed of Facebook and Twitter were flowing.
From last week, it had been filled with memorial statements to Mr. Keibun
Miyamoto.
It showed his life, how he had been respected and loved.

When I was still in the tunnel of hesitation, his photo collection had been
issued.
It was the record of Angkor Children's Hospital in Cambodia.
I was shocked by the shining of eyes of children that he took photos.
Mixed feelings at that time, I cannot explain even now.

"Photos can make a moment to the eternity."
He had always said.
"I'll take your daughter's photos soon."
That promise, has become a carry-over to the heaven.

Surely, he will continue to live in a mind of a lot of people.
I will stay in this world, a little more.

59

23


宮本敬文 渾身の作 The Moment 写真家の欲望

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

29
Next

11


20年近く前に、友人を通して知り合った建築家の先生がいた。
彼がデザインした店舗は、それぞれ私のお気に入りの場所だった。

広尾の「カフェデプレ」が閉店したという知らせを聞いて、
私達の思い出の場所がなくなってしまったという喪失感に苛まれた。

代官山に用事を作って「ASO」を訪れた。
当時のスタッフはもう皆いなくなってしまっていたけれど、
店舗の様相は変わらずにそこにあったことが、嬉しかった。

しばし音信不通になっていた先生から、久しぶりに御連絡いただいた。
御縁というのは不思議なものだとつくづく思う。

かつての東京の夜を思い出しながら、
再会の時を楽しみにしている。

10

28

54

30

08


Nearly 20 years ago, I met an architect through my friend.
Shops that he designed were my favorite place, respectively.

When I heard the news that "Cafe-ds-prés" at Hiroo was closed,
I was tormented by a sense of loss that the place of our memories was
gone.

I visited the "ASO" when I made errands to Daikanyama.
Although all staff at that time had gotten gone anymore,
I was happy that the aspect of the restaurant had been unchanged.

I got the contact from the architect, Mr.Kiyofumi Yusa, who had not had a
communication for a while.
I think that the friendship is really strange in the life.

While remembering the former Tokyo night,
I am looking forward to the time of the reunion.

遊佐清文氏 YU DESIGN OFFICE
リストランテASO / Ristorante ASO

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

19


Next

ニューヨークで留学生をしていた頃、
1人のフォトグラファーに会った。
くそ真面目に勉学だけをしなくてはと思い込んでいた私に、
彼はニューヨークのディープな場面をたくさん見せてくれた。

私達の結婚式に、年代物の二眼レフカメラを持ち込んで、
自由にシャッターを切っていた。
あの時のフィルムは、まだもらっていない。

ニューヨークでテロ難民になって、家に帰れなくなったと
言っていた。
彼のアパートでは、愛犬ウィスキーがずっと待っていた。

彼が日本に帰国してからも、くだらない悩みを聞いてもらったりしていた。
他愛ないメッセージの交換で、気が休まった。

昨秋、渋谷区役所アートプロジェクトをやると決めた時、
彼に撮ってもらいたいとお願いした。
タッチの差でスケジュールの都合がつかなかったが、
次回は無償で撮ってあげると言ってくれた。

そして昨夜、彼が逝ってしまった。
あまりに突然で、まだ実感がない。
今度のプロジェクトは、誰に撮ってもらえばいいのだろう。

今、途方に暮れている。
R.I.P.

01


When I was an international student in New York,
I met a photographer.
I was convinced that I should be an serious student.
But thanks to him, I saw a lot of deep scenes of New York.

To our wedding, he brought the twin-lens reflex camera of the vintage,
He took the photos freely.
I have not gotten the film of that time yet.

He told me that he could not go home since he became a terrorist
refugee in New York.
In his apartment, his dog Whiskey had been waiting.

Even after he returned to Japan, I asked him my stupid worries.
By the exchange of silly messages, I was in relief.

Last fall when we decided to do the Shibuya Ward Office Art Project,
I asked him to take photo records.
Although his schedule did not match to our event,
He said to me he would take our photos in free charge at next chance.

And he's gone last night.
Too sudden, I have been no feeling yet.
I have no idea how to ask him to take photos when we get big project.

Now, I am at loss.
Rest In Peace.

1914505_1211394640363_7758736_n


宮本敬文 Keibun Miyamoto / Photographer
宮本敬文 個人HP / Whisky Studio

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

画像はインターネットよりお借りしています。

13661899_930919870366807_5446760564901086356_o
Next

時差とか、気温差とか、疲労とか。
いろんなストレスが溜まっていたようで、
激しい痛みを伴う湿疹が左半身に広がった。

今週も母子家庭状態で、病院に行くこともできず、
痛みに耐えていたら、激しい熱が出た。
帯状疱疹の診断。全治3週間はかかるらしい。

半月後に、健康診断の予約を入れた。
身心共にメンテナンスして、再スタートしよう。

31


Because of time difference, temperature difference, and fatigue,
I may have accumulated a lot of stress.
Eczema with severe pain had spread to the left side of my body.

I could not go to the hospital in the mother and child home state since
my husband was on business trip.
After I withstood the pain, the intense heat came out.
Today I got the diagnosis of herpes zoster.
It needs three weeks or more for healing.

After half a month, I was put in a reservation for health diagnosis.
I will try to re-start after the maintenance for mind and body.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

02


ニューヨークは蒸し暑いのにすっきりしない天気が続いている。
どんよりとした曇り空から、たまに薄日が差す。
夕刻になると灰色の雲が広がって、一気に雨が降り出す。

こんな気候だというのに、ニューヨーカーは外に出たがる。
短い夏を楽しむ人々の表情は、極めて明るい。

セントラルパークで、水を得た魚のようにはしゃぐ子供達に、
彼らの故郷は、もうここなんだなと思う。

日傘も帽子もストッキングもいらない。
こんな気楽さが、今の私には合っているのかもしれない。

雨上がりの空は、いろんな想いを連れてくる。

56

41


New York is followed by the weather not refreshing to sultry.
From overcast sky, occasionally sun comes out.
When it comes to the evening, it starts to rain with gray clouds spread.

Though it is such a climate, New Yorkers wants to go outside.
People look extremely bright to enjoy the short summer.

In Central Park, the children frolic like a fish got the water,
I'd say their hometown is maybe here.

We don't need parasol, hat, and stockings.
This comfort might be matching to me now.

The sky after the rain brings a lot of feelings.

55

24


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

16
Next

13

40 HDR


沖縄本島、今帰仁村の近くに、毎年通っているお気に入りの宿がある。
プライベートビーチを構えたロケーションが最高。
そして、小さなコテージを丁寧に丁寧に運営している御夫妻のお人柄に惚れている。

一年に一度しかお会いできないのに、
まるで家族を受け入れるかのように歓迎してくださる。
おもてなし、ホスピタリティーの真髄を学ぶことで、
私自身の生き方指針を軌道修正していくきっかけになる。

夜中に御夫妻と一緒に飲むことが、楽しみのひとつでもある。
お酒が進み、かなり立ち入った話になると、思わず涙がこぼれる。
いろんな過去があるからこそ、今の御夫妻が輝いているのだと痛感する。

そしていつものように、朝がやってくる。
丹精込めて作られた朝食をいただき、来年の再会を約束して帰路につく。

日本には、まだまだたくさん知らない場所があるけれど、
毎年同じ場所を訪ねることができるというのも、最高の贅沢。

31

47

08 HDR


Close to the Nakijin-son in Okinawa Main Island, there is a favorite inn
I stay every year.
It is located best place holding a private beach.
And, I am in love with personality of the owners (Mr. and Mrs.) who
manage carefully carefully the small cottages.

Even though we can meet them only once a year,
They welcome us as if they accept the family.
By learning the essence of the hospitality from them,
It becomes an opportunity to modify the way of life of my own.

Drinking with the owners in the middle of the night is also one of the funs.
During the drinking, tears spilled involuntarily since we became quite
intrusive story.
Precisely because there is a lot of the past, I am acutely aware that
they are shining now.

And as usual, the morning came.
We had wonderful breakfast, and returned to Tokyo with the promise of
next year's reunion.

In Japan, there is a lot of places that I've never been to.
But now, the best luxury for me is to visit same place every year.

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

00

13

08
Next