Blog

女性が働くのが当たり前の一族の中で育ってきた。
女性が家事全般をやることが前提条件だから、普通に料理は作る。
男性も普通にキッチンに立つ時代、兼業主婦の負担はずいぶん減っている。

コロナ禍の今、食材の買い出しが一番リスクが大きくて、完全防備で出陣。
買い物リストもない、食べたい素材を適当に買ってきてから考える。
冷蔵庫をきちんとマネージメントをするのが、主婦の役目と定義する。

冷蔵庫に残ったものを組み合わせて、素材と味をイメージする。
もちろんレシピなど不要で、メニュー名も付けられないような料理が並ぶ。
全体的に茶色が多いけれど、ボリュームだけは十二分。

作るのに1時間。ピラニア軍団が食べるのに15分。
あっという間に、すべてのお皿が空っぽになり、食べ残しはない。
毎日毎日、毎日毎日、朝から晩まで、料理の献立を考えている。
もし食べる必要がなければ、どんなにか楽だろうと考える。

でもやっぱり、どんなメニューであっても、食べたらみんな笑顔になる。
お腹がいっぱいという喜びは、生きる明日への糧になる。

写真 2020-06-10 14 20 01


I grew up in a family where it was normal for women to work.
It is a prerequisite that women do all the household chores, so I usually cook of course.
In an age when men are also usually in the kitchen, the burden of being a housewife has decreased considerably.

Now that we're in the midst of the COVID-19 disaster, the biggest risk is shopping for ingredients, and we're going into battle fully protected.
We don't have a shopping list, we buy the ingredients we want to eat at random and then think about it.
I define the role of a housewife as managing the fridge properly.

I put together what's left in the fridge and imagine the ingredients and taste.
Of course, there is no need for recipes, and there are dishes that I can't even name on the menu.
The whole thing is very brown, but the volume is more than enough.

It takes an hour to make and fifteen minutes for the piranha army to eat.
In the blink of an eye, all the plates are empty and there is no leftover food.
Day after day, day after day, morning after morning, from morning to night, I have a food menu in mind.
I think about how much easier it would be if we didn't have to eat.

But after all, no matter what the menu is, everyone smiles when they eat it.
The joy of having a full stomach is the energy for tomorrow.

写真 2020-06-10 14 22 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-27 11 50 10
Next

3月22日、ニューヨーク州にロックダウンが命じられた時、
大きな箱を持った飲食店の経営が、何よりも案じられた。

通常100人近い人材をまわして経営している店舗では、
多くのスタッフを一旦解雇せざるを得ない状況であった。

長い年月をかけて教育したスタッフを手放すこと、
お互いに再雇用の確約はないなかで、苦渋の決断を迫られる。
解雇したスタッフには失業保険が支払われるように、手続きまで誘導する。

少数のメンバーでテイクアウトのみの営業、家賃を支払えば何も残らない。
出口の見えないトンネルの中で、いつかの再開に備えて最大限の準備をする。

この3ヶ月で廃業を決断した店舗が星の数ほどあるなかで、
粘り強く踏ん張る経営者たちに、心からのエールを送り続けたい。

Mt.Fuji TO GO
写真 2020-06-16 8 39 08


On March 22, when the lockdown was ordered on New York State.
Running a restaurant with a big box was more of a concern than anything else.

In a restaurant that is usually run with close to 100 people around, Many staff had to be laid off at one point.

They let go of the staff they had trained over the years, and
With no assurance of reemployment, they are forced to make a difficult decision.
They even guide the laid off staff through the process so that unemployment insurance will be paid to them.

Operating with only a few members and take-out only, they use their sales to pay the rent.
In a tunnel with no exit in sight, they will do the utmost to prepare for the reopening of the business one day.

Many owners have decided to close their restaurants in the last three months.
Among them, I would like to continue to send my heartfelt encouragement to those persevering managers.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next

写真 2020-06-10 17 34 27

写真 2020-06-10 17 34 33


「最後の晩餐」に食べたいものを聞かれたら、迷いなく「寿司」と答えるだろう。
甘酢のきいた酢飯だけでも御馳走に思える、それほど寿司が好き。

渡米して20年、もう何度も彼の寿司のことを書いてきた。
感性のない米国人に落胆し、何をしてもうまくいかな時に、胃袋を救われた。
いつしか手の届かないくらい人気の寿司職人になってしまったけれど、
彼の寿司に出会わなければ、米国生活をとうに投げ出していたかもしれない。

所属するお店が変わっても、彼を追いかけるファンはたくさんいて、
ようやく満を持して今春、自分のお店を出した時に、コロナ禍に見舞われた。

江戸前寿司に対するこだわりは、天下一品。
色白で大きな手から生み出される頑固な味が、喉元からゆっくり胃に移動する。

ありきたりの言葉だけれど、「胃袋を釣られる」とはまさにこのことで、
日々精進の日常も、またしばらく耐えられそうだと思えてしまうのだ。

写真 2020-06-10 18 51 11


If I were to be asked what I would like to eat for my "last supper," I would answer "sushi" without a second thought.
I love sushi, and the sweet-and-sour sushi rice alone would be a treat.

In the 20 years since I came to the U.S., I have written about his sushi many times.
It saved my stomach when I was discouraged by the feeling of the American people and when I could have nothing to work.
Now he became a popular sushi chef in New York.
If I hadn't met his sushi, I might have given up my life in the US away long ago.

He had changed his working restaurant many times, but he has a lot of fans who follow him.
When he finally opened his own restaurant this spring after, he was struck by the COVID-19 disaster.

His obsession with Edo-mae sushi is one of the best in the world.
The stubborn flavors produced by his pale, large hands move slowly from his throat to his stomach.

It's a cliché, but that's exactly what it means to be "caught in the stomach."
I will be bearable the hard daily routine for a while again.

写真 2020-06-10 18 51 06


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2020-06-24 22.02.51


Next

ニューヨークでは、皆それぞれが生きるのに必死で、
もしそこから自分がふといなくなっても、きっと誰も気付かない。

どこにも所属しない自分の居場所を探して、ずっと彷徨っているけれど、
何かあった時でなく、何もない時にも、存在を気にしてくれている友がいる。

マンハッタンが封鎖されてから3ヶ月、直接会う機会はなくとも、
家に食料を届けてくれたり、オンラインで近況報告をしたり。

そんな親友たちと、ようやく束の間のミートアップ。
ハグもできず、すぐ横に座ることはできなくとも、心が通う瞬間。

損得勘定もなく、ただ好きな気持ちで、そこにいる。

写真 2020-06-11 16 28 55


In New York City, we're all struggling to survive in our own way.
If I disappear from there, no one will probably notice me.

I've been wandering around, looking for my place since I don't belong any companies.
I have friends who care about my thing, not just when something happen, but when nothing happen.

It's been three months since Manhattan was sealed off.
Even if we haven't had a chance to see each other in person,
They delivered food to my house and gave me updates online.

Finally, there had a brief meet-up with these best friends.
It was a hearty moment, even if we couldn't hug them or sit right next to them.

There's no profit and loss, we were there just with the feeling of love.

写真 2020-06-11 16 23 47


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next

写真 2020-06-20 19 24 40


「Day 111」
6月19日、クオモ州知事が、コロナウィルスの第一波収束宣言を行った。
州内で最初の感染者が出た3月1日から111日間、1日も欠かすことなく、
医療関係者を含む対策チームと「事実」を公表する会見を行ってきた。

「どうか家にいてください。
誰がこんな言葉に従うだろうかと、私は胸が痛んだ。
データという事実だけを伝えるので、自分自身で考えて行動して欲しい」

かつて、こんな風に民意を励まし、奮い立たせてきたリーダーがいただろうか。
少し前までは、州都アルバニーにいる遠い存在だった州知事が、
いつしかニューヨーク最大のヒーローとなり、最強の仲間となった。

111日のうち、42日間はピークの階段を上り、69日間下降してきた。
4月上旬〜中旬には1日700人以上が亡くなり、まさに戦場と化していた。
その数字が20〜30人に落ち着き、経済の再開が段階的に進められている。

世界最大の感染者数となってしまった米国。
確たる原因は解明されていないが、新しい生活様式が定着しつつある。
マスク着用の義務化、そしてハグの挨拶がエルボーバンプに変わっていった。

これから迎える第二波の状況によっては、躊躇なく再びロックダウンが宣言される。
自由の国アメリカだからこそ、容赦なく法的措置が実施される。

「我々はタフだ。ニューヨークもタフだ。
この街は良い意味で私たちをタフにしてくれる」
「我々は、これを乗り切る。なぜなら、私はニューヨークを愛していて、
ニューヨークはあなたたちすべてを愛しているからだ」
「いつだって、最後には愛が勝つ。だからウィルスにも必ず勝つ」

幾度となく励まされてきた言葉と共に、完全なる収束を祈ろう。



Day 111.
On June 19, Gov. Cuomo declared the convergence of the first wave of COVID-19 virus.
In the 111 days since March 1, the first day that the first patient was outbreak in the state, he has held a press conference with a task force including a medical team to announce the "facts".

He said, "Stay home"
"But my heart aches for who would follow these words.
I'll just give you the facts, the data, so you could think and act on them for yourself."

Has there ever been a leader who has encouraged and inspired the will of the people in this way?
Not long ago, a distant presence in Albany, the state's capital, Gov.
Somewhere along the way, he became New York's biggest hero and strongest fellows.

Forty-two of the 111 days we climbed the stairs of the peak and descended for 69 days.
By early to mid-April, New York was a veritable war zone, with more than 700 people dying a day.
That number has settled to between 20 and 30, and the economy is being reopened in stages now.

The United States has become the world's largest infected country.
The cause of the outbreak is not yet known, but a new way of life is taking hold.
Putting on the mask has become mandatory, and hugs have been replaced by elbow bumps.

Depending on the circumstances of the upcoming second wave, a lockdown will be declared without hesitation.
Though it's the land of the free, America, legal action will be implemented without mercy.

"We are tough. New York tough.
Because this place makes you tough.
That’s makes you tough in good way."

"We gonna make it. Because I love New York. New York loves me.
New York loves all of you."

"In the end of the day, Love wins, always.
And we’ll win again, through this virus."

We pray for complete convergence, along with the words that have been encouraged many times.

写真 2020-06-20 19 22 51


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next

家族ぐるみで仲良くしている友人達と、セントラルパークで落ち合う。
大人は歓声と共に抱きつきたい気持ちを抑えて、遠くから手を振る。

幼い頃から一緒に大きくなっている子供達は、
思春期の照れもあってか、最初は話もせずに目で挨拶するだけ。

ソーシャルディスタンシングを気にしながら、芝生に座り込み、
マスクの下から笑顔を交わし、離れていた時間を補うように近況報告。

すぐに元通りとはいかないけれど、少しずつ感覚を取り戻そう。
同じ空間にいることがこんなに大事なことも、コロナから学んだ。

写真 2020-05-25 17 07 21


We met up with our close family friends in Central Park.
Adults waved from afar, suppressing the urge to hug them with cheers.

Children who have grown up together since they were young,
Perhaps due to the shyness of adolescence, they didn't speak at first, just greeted with their eyes.

We sat on the lawn, worrying about social distancing.
We exchanged smiles from under the mask and gave an update to make up for the time we've been apart.

It won't be back to normal right away, but we'll get back to our senses little by little.
I've learned from Corona that being in the same space is so important.

写真 2020-06-07 16 33 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-07 16 35 56

Next

写真 2020-06-16 2 47 52

写真 2020-06-16 2 48 21


「慎重な審査をしながら、生徒との面会を許可します」
ニューヨーク市が経済再開のフェーズ1に入って1週間後のこと。
アップステートにあるスペシャルスクールから連絡が入った。

3月上旬にスクールが封鎖されて以来3ヶ月、娘に会うことを禁じられてきた。
心身疾患の多い生徒が通う学校だから、子供たちの安全が最優先。
学校を信頼するしかないとはいえ、辛く寂しい3ヶ月間はとても長かった。

アポを入れた前日に、学校から問診の電話が入る。
当日は30分前に到着して、さらなる問診と検査が施される。

学校の庭に、面会用のテントが張られていて、そこで待機すること10数分。
寮に通じる小径、スタッフに手を引かれて歩く娘の姿が目に飛び込んでくる。
久しぶりに外の空気を吸った娘は、機嫌が悪く泣き顔で、歩みが進まない。

それでも手を広げて待つと、私の胸に顔をうずめた。
本当はハグも許されないけれど、遠くで見張るスタッフが黙認してくれている。
頬を寄せて、匂いを嗅ぐと、娘の感触すべてに、私の内面が興奮する。

オンライン面会では伝えられなかった温度を、親子で感じ合うと、
娘が嬉しそうに声をあげて笑った。
もうそれだけで、私の涙腺は崩壊した。

娘との人生の中で、3ヶ月も会っていなかったことは初めてで、
忘れられているかもしれないという小さな不安、会うのが少し怖かった。

それでも娘は、笑ってくれた。
手を繋いで、新緑の美しい校内を、ゆっくりと散歩する。
当初15分程度と言われていたけれど、1時間たっぷり密な時間を共有。

娘の教育を専門家に任せようと決断した8年前。
目の見えない娘の生活を、他人に託すために苦しんだことを思い返す。

見えなくても、知的障害があっても、親子の絆は存在する。
そこだけを信じて、また手探りで歩いていこうと思う。

初夏の日差しの中で、風にたなびく草花、たくさんの生命力を感じながら、
これをどうやって彼女に伝えようと、母親は悩み続ける。

人生にも、教育にも、正解はないだろう。
共に前に進める生命がここにある、それだけが紛れもない事実。

写真 2020-06-16 2 56 59

写真 2020-06-16 3 21 24

写真 2020-06-16 3 35 22


"With a careful reviewing, we will allow you to meet your daughter from next week."
It was a week after New York City entered Phase 1 of its economic reopening.
We received a call from a special school in Upstate.

I had been barred from seeing my daughter for three months since the school was shut down in early March.
Her school is for students with many mental and physical illnesses, so the safety of the children is paramount.
Even though we had to trust the school, it was a very long, painful and lonely three months.

The day before the appointment, the school called us for a medical interview.
Before the appointment on the day, we had to arrive 30 minutes early for further questioning and testing.

In the school yard, a tent was set up for visitors and we had to wait there for more than ten minutes.
On the path leading from the dormitory, I saw my daughter walking with a staff member.
She looked in a bad mood and had a crying face, and she couldn't walk smoothly.

I was waiting with open arms, and finally held her face into my chest.
We were not really allowed to hug her, but the staff watching in the distance gave us tacit permission to do so.
My insides were aroused by all of my daughter's touches as I put my cheeks to theirs and smell them.

When we felt a special feeling as a parent and child that we couldn't convey in online visits,
She laughed out with joy.
That was all it took for my tear glands to collapse.

This was the first time in my life that I hadn't seen my daughter in three months.
I was a little afraid to see her that I might be forgotten.

Still, my daughter smiled at me.
We held hands and walked slowly around the beautiful green school yards.
We were told it would only take about 15 minutes, but we spent an hour in close proximity to each other.

It was eight years ago that we decided to leave our daughter's education to the professionals.
I think back to the pain I suffered because we had to entrust my blind daughter's life to a stranger.

The bond between parent and child exists even if she cannot see or has an intellectual disability.
I will believe in that and walk on again, groping for it.

In the early summer sunshine, feeling the plants and flowers swaying in the wind, and a lot of life force.
Her mother continues to worry about how to tell her daughter this.

There will never be a right answer to life or education.
There is life here to move forward together, that is the only indisputable fact.

写真 2020-06-20 6 53 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-16 3 21 33

Next

写真 2020-06-16 16 53 07


男の子の誕生を期待されながら、私は予定日よりずっと早く生まれた。
出張先にいた父は、女児誕生の知らせに落胆して、帰宅はずっと遅かった。
私はとても小さいくせに、とても癇の強い赤ちゃんだったらしい。

4歳下の弟が生まれた時、父方の祖父の喜びようはすさまじかった。
当時住んでいた都営住宅の庭からはみ出すぐらいの大きな鯉のぼりと、
小さな子供がすっぽり入るぐらいの大きな鎧兜(五月人形)が送られてきた。

弟は生後まもなく、急性肺炎になって死にかけた。
医者にはもう助からないと言われたけれど、奇跡的に命を取りとめた。

身体が弱く、アレルギー性結膜炎で、いつも目を真っ赤にしていた。
同じ小学校に入り、朝礼の時、先生が弟の名前を叫ぶのが恥ずかしかった。
心の弱い自閉症の仲間がたくさんいた小学校で「友愛の心」を学んでいたのに、
目が痒くて痛くて、じっと立っていることができない彼を、私は守れなかった。

年齢差もあり、中学以降は同じ学校に一緒に行った時期はなかったけれど、
弟はいつも、私の歩いた跡を辿るのが嫌だと言っていた。
バスケ部に入り、少しずつ身体も丈夫になった彼は、もう私を越えていた。

人の倍くらい学生時代を過ごした彼が、社会人になった頃には、
私はすでに異国の地にいて、一緒に過ごす機会はあまりなくなっていた。
でも、いつの間にか雑学博士になっていた彼に、私はいつも質問していた。

O型の姉と弟にはさまれたA型の私は、彼らの大らかさに救われてきた。
私は不要な部分に神経が行き過ぎて、肝心なところが抜けている。
戸籍や血縁に関係なく人を大切にする概念は、我が一族の家訓であり、
いろんな事情があってもやはり、丁度良い距離感が保たれているように思う。

両親が次々と倒れて、今は弟が頼みの綱。
リモートワークができないインフラ関係の仕事の合間に、
フットワーク軽く、姉貴たちの代わりをこなしてくれている。

なかなか言えないけれど、いつもありがとう。
そして、お誕生日おめでとう。

写真 2020-06-16 21 44 14


I was born much earlier than my due date, while my parents were expecting a boy.
My father, who was on a business trip, discouraged by the news of the birth of our baby girl, and came home much later.
Apparently I was a very small but very testy baby.

When my brother, four years younger than me, was born, my paternal grandfather's joy was tremendous.
He sent my brother the big carp streamer that was too long for our public apartment where we lived at the time,
and also a suit of armor that was big enough for a child to fit.

Shortly after my brother was born, he contracted acute pneumonia and nearly died.
The doctors said he couldn't survive, but miraculously, he survived.

His body was weak, he had allergic conjunctivitis and his eyes were always red.
He entered my elementary school and I was embarrassed when the teacher shouted his name during the morning assembly.
As we had a lot of weak-minded autistic peers i elementary school, we were learning about the "spirit of fraternity".
But I couldn't protect him.

Because of the age difference, we didn't go to the same school together at any time after middle school,
But my brother always said he didn't want to follow the trail I walked in.
He had joined the basketball team and was slowly getting stronger and stronger, and he was already beyond me.

He spent twice time in school as much as others, and he started to work.
I was already in a foreign land, and we didn't have much opportunity to spend time together anymore.
But before I knew it, he had become like a Dr. of miscellaneous studies, and I was always asking him questions.

As a blood-type person of A, stuck between the type of O, elder sister and brother, I have been saved by their magnanimity.
I'm overly nervous about unnecessary parts of my life, and I'm missing out on the important parts.
The concept of valuing people regardless of their family history or blood relationship is a family tradition in my family.
Even though there are a lot of circumstances, I still think they maintain just the right amount of distance.

My parents have been sick in the hospital, and now my brother is the one I'm counting on.
In between infrastructure jobs where he can't work remotely,
He works for my parents well, and does a great job filling in for his sisters.

It's hard to say, but thank you for everything.
And happy birthday to you.

写真 2020-06-17 19 09 20


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-16 21 44 22
Next

写真 2018-12-08 17 19 48


この写真を撮って記事を書きかけたのが、半年以上前のことだった。
酵素ジュースを飲んで、身体の内面をスッキリさせようと思っていたのに、
忙しさを理由に、気付いたらジュースの賞味期限が切れていた。

新型コロナウィルスが蔓延して、体力と免疫力の強化が最大のテーマになった。
米国のコロナ感染患者、初期に鎮痛剤・イブプロフェエンを投与したことが、
症状の重篤化に繋がったと言われている。
そして腸を整える薬によって、症状が回復した人も多いという。

日本での感染者が、米国と二桁違いに抑えられているのは、
味噌や納豆といった発酵食品を常食して、腸が鍛えられているからともいう。

こちらで手に入る、コンブチャ(KOMBUCHA)。
日本の昆布茶ではなく、紅茶に菌塊(スコビー)ときび砂糖を加えた発酵茶。
お酢の炭酸バージョンのようで、かなりクセがあるけれど、
デトックス、免疫力アップ、美肌効果も期待しながら、腸を鍛えてみよう。

写真 2020-06-05 18 57 57


It was over six months ago that I took this picture and almost wrote an article about it.
I was going to drink some enzyme juice to clear out my inner body, I was so busy that I found it was expired.

With the spread of the new COVID-19 virus, strength and immunity became the biggest theme.
There were U.S. COVID-19-infected patients, who were given the painkiller ibuprofen in the early stages of the disease.
It is said that they had led to more severe symptoms.
And some of patients have been able to recover from their symptoms with medication to regulate their bowels.

The number of cases in Japan has been reduced by double digits compared to the United States.
There are reports it's because your intestines are being trained by eating fermented foods like miso and natto on a regular basis.

I've got KOMBUCHA here.
It is not Japanese kelp tea, but the fermented tea which added fungus (scoby) and cane sugar to tea.
It is like carbonated version of vinegar, it is quite peculiar, but
I exercise my gut while also detoxifying, boosting immune system and improving skin.


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

スクリーンショット 2020-06-06 05.40.36


「社会彫刻的アートプロジェクトを通して、都市のあり方を問い直す」

2020年4月8日、スーパームーンの日から、そのプロジェクトは始まった。
一年で最も、月が地球に近づく日に、世界中の都市で撮影された映像。

6月6日、満月の夜、九段ハウスに、ごくわずかなメンバーが集合。
世界5都市から召集されたメンバーは、オンラインで参加。
美しい音楽の調べが流れる洋館で、アートがもたらす心の潤いを感じる。

世界の月をとらえた作品を観て、感じて、新しいものを創り出していく。
あの日以降に生まれた新しい「LOVE」を、参加者が加えていく「リトリート」。

コロナ禍で世界が変わっても、朝になると太陽が昇り、夜は月を照らす。
普遍的なものの美しさ、それがきっと明日への希望。

出来上がった作品はこちら。

スクリーンショット 2020-06-06 05.27.55


They call "Reexamination of the city through a social-sculptural art project."

This art project has begun on April 8, 2020, the day of the supermoon.
The video was filmed in cities around the world on the closest day of the year that the moon comes close to the earth.

On June 6, on the night of the full moon, a very few members gathered at Kudan House.
Members convened from five cities around the world participated online.
In a Western-style building with beautiful music, we reaffirmed the art can bring to the soul enrichment.

We saw and felt the work that captures the world's moons, and created something new.
That was a "retreat" where participants added the new "love" that had been found since that day of supermoon.

Even though the world is changed by the COVID-19 disaster, the sun rises in the morning and shines the moon at night.
The beauty of the universal, surely that is the hope for tomorrow.

Here is the finished work.

スクリーンショット 2020-06-06 05.40.48


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ

スクリーンショット 2020-06-06 05.41.35
Next

ゴルフは、最初に父から習った。
「カッコ良いスイングと、ひたすら走る根性」を、徹底的に叩き込まれた。

障害を持った長女が生まれて、ゴルフを辞めた。
「好きなものを辞めると願いが叶う」という願かけの意味もあった。

それからずっと、本当の理由は言わずに、ゴルフのお誘いを断ってきた。
今はクラブの握り方さえ記憶にないほど、遠い世界になってしまった。

ずっと捨てられなかったクラブを、処分した。
まさに青春の思い出、過去には戻れない。

還暦を過ぎたら、また再開しようかな。
あの頃のようには走れないから、カートを使うことを許してもらおう。

写真 2020-06-14 16 16 12


I was taught playing golf by my dad first.
He advised me that ladies golf needs "cool swing and guts of running".

I quit playing golf after my first daughter was born with disabilities.
It was meant to be a wish-granting; "If you quit something you love, your wish will come true."

Ever since then, I've turned down invitations to play golf without telling the real reason.
Now I'm so far removed from the world of golf that I can't even remember how to hold a club.

I threw out my golf clubs that I couldn't get rid of for a long time.
That was memories of my youth, I can't go back to the past.

Maybe I'll get back playing when I'm turn sixties.
Since I can't run like I did back then, I may use a cart.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-06-10 17 47 53


ニューヨーク市がリオープンした今週、街はずいぶんと活気付いている。
フェーズ1では、小売、建設、製造、卸売業が再稼働を始めた。

小売店で客は店内に入ることはできず、店頭で商品を指定して購入する。
建設現場では怒声が飛び交い、ホームレスが元気に物乞いをしている。

市内のいたる所で「BlackLivesMatter」のデモが平和的に行われ、
NY市警察官たちは、友好的な雰囲気で、遠巻きにそれを見ている。
ダウンタウンでは、すでに渋滞が発生していた。

密集するデモに参加した人たちのなかで、コロナ感染者が出るとしたら、
恐らく来週末頃までに、その数字が顕著になるだろうと推測される。

フェーズ2の日程は、まだ正式には特定されていない。
リオープンしつつも、日本とは桁違いの感染者数が報告されているなか、
この半月が、次のステップ移行への試験期間となっている。

初夏らしい陽気が続くなか、コロナもどこかへ消え去って欲しい。

写真 2020-06-07 17 18 06

写真 2020-06-07 17 19 48


The city has come a long way this week as New York City reopened.
In Phase 1, retail, construction, manufacturing and wholesale businesses began to reopen.

Customers are not allowed to enter the store at retail, but rather specify products in the store to be purchased.
Shouting was heard at construction sites, and homeless people were cheerfully begging for food.

Peaceful "BlackLivesMatter" demonstrations have taken place throughout the city.
New York City police officers were watching it from a distance, in a friendly atmosphere.
There was already a traffic jam downtown.

If any of the people who attended the crowded protest were to be infected with corona,
Perhaps by the end of next week, the numbers will be more pronounced.

A date for Phase 2 has not yet been officially identified.
While it's reopening, the number of people infected by the disease is reported to be orders of magnitude higher than in Japan.
This half month will be a testing period for the next step in the transition.

As the early summer-like weather continues, we hope that the corona will fade away.

写真 2020-06-10 17 59 43


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-10 17 48 21
Next

自分が子供だった頃、西暦2000年になるということが信じられなかった。
世紀末が過ぎて21世紀を迎え、2020年という節目を迎えた今年、
新型コロナウィルスという、予測もしていなかった事態が世界を襲った。

身近な人がコロナに罹り、身近な人がコロナで亡くなった。
救急車のサイレンが激しく聞こえる環境が当たり前になり、
暴動から守るための板に囲まれたビルが近所の景観となった。

そんななかで誕生日を迎え、昨日と今日で何が変わったのか考える。
コロナ禍だからこそ、大切な人、大切なモノ、大切なことが顕著になった。

リモートでできることが増えた分、リアルの重みを感じる。
私はずっと、温度を感じ、温度を伝える人でありたい。

2021年の誕生日には、どんな世界が待っているのだろう。

写真 2020-06-11 7 34 55


When I was a young age, I couldn't believe that the year 2000 AD was coming.
As the end of the century has passed and we have entered the 21st century, we have reached a milestone, the year 2020.
A COVID-19, a situation that had never been predicted, struck the world.

Some friends were infected by COVID-19, and a friend passed away by it.
The sirens of ambulances could be heard loudly, and it became commonplace.
Buildings that are surrounded by board to protect against riots became the landscape of the neighborhood.

As I welcome my birthday in the midst of all this, I think about what has changed between yesterday and today.
Because of the COVID-19 disaster, the people, objects, and things that are important to me have become more prominent.

The more I can do remotely, the more I feel the importance of the real thing.
I want to be a person who feels the sensitivity and tells it.

I wonder what the world will look like on my birthday in 2021.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

2019-11-30 16.53.21-1


“REOPENING NYC”
朝から目に飛び込むこの文字に、ふと涙が出そうになった。

“DAY 100”
ニューヨークで最初の感染者が出た3月1日から100日目の今日、
クオモ州知事が「ニューヨーク市、リオープン」の宣言をした。

新型コロナウィルスは、ニューヨークの街に大打撃を与えた。
ニューヨーク市だけで感染者は20万5000人、死者2万2000人、
世界中でも最も被害の大きい都市となってしまった。

先月末に始まった人種差別に対する抗議デモや暴動が一斉に広がり、
再開に向けて準備してきていた街が、また暗闇に包まれていくかのようだった。

それでも、ニューヨークは再開する。
小売、建設、製造、卸売業で、約40万人が再稼働すると予測されるフェーズ1。
3月22日のロックダウンから2ヶ月半、ニューヨーク市民は耐えてきた。

恐る恐る戸外に出ると、大通りの車が増えたように感じる。
暴動防止の板を外し、営業の準備を始める小売店。
初夏の日差しの中、建設業の現場には大声が飛び交う。

街を歩く人はマスクで顔を覆い、路上でハグをする人もいない。
でも、明らかに昨日とは違う空気が、この街を覆い始めている。

“New York Tough”
皆を励まし続けてきた言葉の力を、今噛み締めている。

写真 2020-06-08 10 10 20

写真 2020-06-08 10 09 05


"REOPENING NYC"
In this morning, I just got the words of this big announcement, that almost got tear-filled my eyes.

"DAY 100."
Today, it could be passed 100 days after the first Patient was found in New York City on March 1.
Gov. Cuomo declared "New York City Reopens".

The COVID-19 has wreaked havoc on the state of New York.
In New York City alone, over 205,000 people have been infected, 22,000 have died, and
It has become one of the hardest hit cities in the world.

Protests and riots against racial discrimination that began late last month have spread on masse.
It seemed as if the city, which had been preparing to reopen, was going to be closed again.

Still, New York City has reopened.
About 400,000 people in retail, construction, manufacturing, and wholesale trade are expected to reopen in Phase 1.
In the two and a half months since the March 22 lockdown, New Yorkers have endured.

As I stepped fearfully out of the door, it felt as if the number of cars on Main Street had increased.
Retailers removed their protection boards for riot and began to prepare for business.
Under the early summer sun, workers were shouting at construction sites.

People walking the streets cover their faces with masks and no one is hugging in the streets.
But clearly, a different air is beginning to blanket the city than yesterday.

"New York Tough"
I am now feeling on the power of the words that have been encouraging everyone.

写真 2020-06-08 10 05 57


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

10年程前、目にとある疾患が見つかった。
まだ症例が少ない疾患かつ合併症のリスクがあって、要経過観察。

時が過ぎ、今年初めに緑内障の手術を受けた。
1ヶ月のインターバルを置いて、両目にレーザーを当てた。
麻酔が効いている間、世の中には霞がかかって、光だけが頼りだった。

コロナ禍でずっと会えなかった娘に、先日オンラインで再会した。
たった10分だけの猶予、一生懸命に呼びかけた。
娘は一瞬だけ笑って、あとはキョトンとしていた。

視覚障害と知的障害がある娘には、こちら側の世界が分からない。
世の中の情報80%は、まず視覚から得るのだという。
どんなにオンラインが発達しても、伝わらないものがある。

声をかけて、頬を触って、手を繋いで、肌と匂いを感じる。
温度がなければ、伝わらないもどかしさ。

満月の夜空を見上げながら、普遍的なものの存在を考える。
世界が変わっても、変わらない絆を、大事にしたい。

私はいつまで、この光を見届けることができるのだろう。

写真 2020-04-06 18 40 38


About 10 years ago, I was found to have a certain disease in my eyes.
It was a rare case, but there was a risk of complications and it needed to be monitored.

Time passed and I had glaucoma surgery earlier this year.
With a month's interval, I had laser treatments in both eyes.
While the anesthesia was working, the world was in a haze and the only thing I could rely on was the light.

I met my daughter online the other day after not seeing her for a long time due to the COVID-19 disaster.
It was only 10 minutes of grace, and I called out to her as hard as I could.
My daughter laughed for a moment, and the rest of the time she was confused.

My daughter, who is visually and intellectually impaired, has no idea what the world is like on this side of it.
It is said that 80% of the information in the world comes from sight first.
No matter how advanced the online world is, there are some things that can't be communicated.

I can talk to her, touch her cheek, hold her hand, feel her skin and smell.
It's a frustration that cannot be conveyed without the temperature.

Looking up at the night sky with a full moon, I thought about the existence of something universal.
Even though the world has changed, I want to cherish the bonds that remain unchanged.

I wonder how much longer I will be able to see this light.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

九段ハウスが提供する「オンラインアートサロン」の企画が終了した。

「つくらない都市計画」をテーマに、たくさんのゲストが登壇されて、
デジタルならではのアート談義を、地球の裏側から拝聴させていただいた。
隈研吾氏、篠山紀信氏をはじめとしたアート業界の立役者や、
都市づくりに関わる裏の仕掛け人の話など、興味深い講義が目白押しだった。

旧山口萬吉邸を改装してつくられたその空間で、たくさんのドラマが生まれた。
毎週土曜日には、「オンラインスナック」というユニークな企画。
参加者(ゲスト)は予めチケットを入手して、世界中からオンラインで繋がり、
各部屋でスタンバイしている登壇者(ママ)とトークや音楽を楽しむ。

主催者の吉川稔氏と、流しミュージシャンのコラボ「スナックみのる」。
「流し」へのリクエストというのは、昭和感が漂うけれど、
iPhoneで譜面を検索しながらリクエストに答える姿は、むしろ新鮮だった。

「リモートで体感するアート」の後に続くのは「リアルで体感するアート」。
6月からは、オフラインでの少人数体感アート企画が開催される。

KUDAN HOUSE オフィシャルウェブサイト

Art Meditation House

旧山口萬吉邸の記事

スクリーンショット 2020-05-30 07.49.01


The planning for the "Online Art Salon" offered by KUDAN HOUSE has come to an end.

Many guests took the stage with the theme of "Urban Planning without Development".
I was able to listen to the digital art discussion from the other side of the world.
Mr. Kengo Kuma, Mr. Kishin Shinoyama, and other leading figures in the art industry, and
There were many interesting lectures, including one about the people behind the scenes involved in urban development.

A lot of drama was born in this space, which was created after renovating the former Yamaguchi Mankichi residence.
Every Saturday, they had a unique project called "Online Art Snack".
Participants (guests) got the tickets in advance and connected online from all over the world.
We enjoyed talking and music with the speakers (moms) who were standing by in each room.

The organizer, Mr. Minoru Yoshikawa, and a "Nagashi" musician collaborated on the "Snack Minoru".
The request for a "Nagashi" has a Showa feel to it, but
It was rather new to see him answering requests while searching for music on his iPhone.

After "Art for Remote Experience," "Art for Real Experience" follows.
Starting in June, a small group experience art project will be held offline.

スクリーンショット 2020-05-30 07.45.03

スクリーンショット 2020-05-30 07.46.28


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2020-05-30 07.53.23

スクリーンショット 2020-05-30 07.53.37
Next

まず、この記事を読んでいただきたい。
#BlackLivesMatter

ミネソタで始まり、全米に広がった暴動。
「黒人の命は大事」というスローガンが、一気に広まった。
SNSでハッシュタグを付けて、抗議運動に関心があることを誇張する。
でも、どこまで理解しているか、説明しきれない人が多いだろう。

「抗議デモ」のほとんどは平和的に行われ、一部が暴徒化して「暴動」になる。
長い歴史の中で、人種差別に対する「抗議デモ」が繰り返されるのは、
アメリカ開拓という歴史を辿ると、根本的な解決が得られないからだろう。

長くアメリカに住んでいても、知らないことがある。
きちんと情報を理解して、きちんと伝えていきたいという若い世代。

差別される側にしてみると、自身が関わらないという選択肢はない。
私たちには無関心という権力があるけれど、同時に、行動を起こす力がある。
「沈黙は暴力です」

最後の言葉が、ずっと胸に響いている。

写真 2020-06-04 18 07 10


First, I want you to read this article.
#BlackLivesMatter (Japanese Article)

The riots began in Minnesota and spread across the country.
The slogan, "Black Lives Matter," went viral.
Hashtags on social media exaggerate the interest in the protest movement.
But many people will not be able to explain how deep they understand it.

Most of the "protests" are peaceful, and some turn into riots.
The long history of repeated "protests" against racial discrimination is one of that I think it's because the history of the American frontier doesn't provide a fundamental solution to the problem.

Even if you've lived in the United States for a long time, there are things you don't know.
I appreciate that she, the younger generation, wants to understand the information properly and communicate it properly.

For those who are discriminated against, they have no choice but to stay out of it ourselves.
We have the power of indifference, but at the same time we have the power to take action.
"Silence is violence."

Those last words have resonated me.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

日本の友人から「ニューヨークは大丈夫?」というメッセージが届く。
昨夜に引き続き、今夜20時以降の外出禁止、戒厳令が携帯アラートを鳴らす。

ミネソタ州ミネアポリスでジョージ・フロイド氏が警官に絞め殺された。
「息ができない」「ママ」と言いながら死んでいった彼の無念を想い、
人種差別に対する抗議デモは、あっという間に全米に広がっている。

デモとは、抗議の行進であり、きちんと届出をして、平和的に行われる。
警察は遠巻きに彼らを見守り、ルールを逸している人に注意をするだけ。

31歳の男性が、16歳の若者に向かって叫ぶ。
「10年後も同じことを繰り返すな。お前たち世代が、違う解決策を考えてくれ」
ただ叫んで争うだけでは、何も解決しないのだ。

ニューヨークで起こっている暴動事件は、明らかに別の扇動者による。
デモ隊が暴徒になって、店の商品を略奪しているわけではなく、
地元のギャングや白人至上主義の左翼グループが、火炎瓶を投げているのだ。

大切なのは、人種差別されている人に寄り添う気持ち。
私たちアジア人も、これからさらに生きにくくなるのだろうか。

今夜もヘリコプターとサイレンの音で、眠れない。

注目のツイッター

略奪の真相

IMG_2789


One of my Japanese friend sent me a message that asked, "Is New York okay? "
Continuing from last night, mobile alerts set off that curfew and martial law after 8 p.m. tonight.

Mr. George Floyd was strangled to death by a police officer in Minneapolis, Minnesota.
As he died, saying, "I can't breathe," and "Mama," .
Thinking of his heart, protests against racism are quickly spreading across the United States.

A demonstration is a march of protest, neatly filed, and done peacefully.
The police just watch them from a distance and pay attention to those who are deviating from the rules.

A 31 year old man yelled at a 16 year old youth.
"Don't do it again in 10 years. You and your generation need to come up with a different solution."
Just shouting and fighting won't solve anything.

The riots taking place in New York are apparently due to a different instigator.
It's not like the protesters are going rogue and looting the store's merchandise.
The local gangs and white supremacist leftist groups are throwing flames.

The important thing is to stand by those who are being racially discriminated against.
Are we Asians going to have an even harder time living in the future?

Again tonight, I won't be able to sleep with the sound of helicopters and sirens.

IMG_2794


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

IMG_6715
Next

ミネソタ州ミネアポリスで、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイド氏が、
警察官に窒息死させられた事件に対する抗議行動が、全米に広がっている。
人種差別に対する抗議暴動が一気に加速して、ニューヨークも緊迫した雰囲気、
ソーホーでは、立ち上げを手伝った店舗のガラスが割られた。

コロナ感染対策にプラスして、略奪抑制のための夜間戒厳令が発令された。
人々のいないゴーストタウン、治安が徐々に悪くなってきている。
ブロードウェイの劇場は、すでに2ヶ月以上封鎖されているけれど、
ワクチンもできていない現在の状況では、年内の再開は難しいだろう。

過日、ディズニーミュージカル「FROZEN」の公演中止が決定した。
「Let it go.(ありのままに)」という大ヒット曲を生み出した映画の第2弾で、
「Do the next right thing.(自分ができることをやる)」という言葉があった。

「正しいことをやる」以前に、「自分ができることをやる」。
ずっとそう思ってきたけれど、やっぱりそれには正当な道義が必要で。

絶対という正解ではないかもしれないけれど、今、暴力では解決しない。
抗議行動でなく、ストレスのはけ口としての暴動が正当化されてほしくない。

こんなにずっと頑張ってきたニューヨークが、また崩壊する前に。
どうか、この街を、この市民の底力を、守ってください。

スクリーンショット 2020-06-01 17.26.43

©️Internet

Protests over incidents that an African-American, George Floyd of being choked by police officers in Minneapolis, Minnesota, have spread across the United States.
The riots against racism have accelerated, and the atmosphere in New York has become tense.
In Soho, the glass of the store I helped launch was broken.

In addition to the COVID-19 pandemic control, night martial law, curfews, was imposed to control looting in the city.
In Ghost towns with no people, security is getting worse and worse.
Though the Broadway theater has already been locked down for more than two months,
With no vaccine in place at the moment, a re-open by the end of the year will be difficult.

In sad, Walt Disney company recently decided that the musical "FROZEN" would be cancelled.
In the second film that spawned the smash hit song "Let it go.",
There was a saying, "Do the next right thing."

Before "doing the right thing.", "do the next right thing."
I've always believe that way, but in the end, there has to be justice.

It may not be an absolute right answer, but right now, violence is not the answer.
I don't want riots to be justified as an outlet for stress rather than a protest.

We've been working so hard to protect the city all this time.
Before New York collapses again,
Please protect this city and the strength of its citizens.

スクリーンショット 2020-06-01 17.27.09

©️Internet

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

はみ出す=収まらない。
これからの時代に求められる生き方を提案する面白い企画が始まった。

はみ出し者同士は、何となく惹かれあう。
仕事や友人を通して、もしくはバーや飲み会の席でも、呼吸が合ってしまう。

そんなはみ出し者同士が集う会合は、オフラインでやるのが楽しいけれど、
コロナ禍の今だからこそ、オンラインでの開校。

長年私がアニキとして慕っている高島郁夫氏が特別授業に登壇すると聞いて、
ニューヨークの早朝5時から、オンラインスクールに参加した。

「いままで、そして、さぁ、これからどうしよう」
こんなテーマで話し出すのが、アニキのかっこいいところ。

「ステイホーム」の世の中で、これからどんなビジネススタイルが流行るのか。
これだけリモート化が進むと、海外への関心がどのように変わっていくのか。

これからのビジネススタイル、ライフスタイルについて考えながら、
地球の裏側にいる講師と世界中の受講者と、生でやり取りできるライブ感。

リモートで会うと、益々本物に会いたくなってしまう。
だからきっと、これからも、世界は遠くて近い。

ハミダシ学園 オフィシャルウェブサイト

Francfranc オフィシャルウェブサイト

写真 2020-05-22 5 57 02


Stick out = Unconventional
An interesting project has been launched to propose a way of life that will be required in the coming era.

Those (maybe me too) who are out of line are somehow attracted to each other.
Whether it's at work, through friends, or at a bar or at a drink, they match.

It's fun to hold such a meeting with these fellows.
Now, because of the COVID-19 disaster, they are opening an online school.

There had a special session of Mr. Fumio Takashima (CEO of Franfranc Inc.,) whom I have respected as a big-brother for many years.
I joined his online school at 5 a.m. in New York.

" So far, and then, what we're going to do?"
He was very cool as usual, he started talking about this roughly theme.

What kind of business style will become popular in the "stay home" world?
If we have so much remote meetings, how will the interest in going abroad change?

While thinking about the future of business and lifestyle,
we can communicate live with instructors on the other side of the world and students from all over the world.

Once I meet remotely, I want to meet the real people and thing more and more.
So, surely, the world is getting closer.

写真 2020-05-22 5 58 05


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

きっかけは、アーティストをサポートする仲間の集まりだった。
2年前に主役がトラブルを起こして、離れていった。

主役を支えてきた裏方の仲間こそが、本当の苦労を知っている。
だからみんな、今でも繋がっている。

近況を報告して、未来の展望を語る。
日本の匠、世界に誇れる職人技術。

次の企画に、胸が踊る。

スクリーンショット 2020-05-23 09.24.58


The first impetus was a gathering of fellows supporting the artist.
Two years ago, the main artist had a social trouble and disappeared.

It is the people behind the scenes who have supported the main character who know the real hardships.
That's why we're all still connected.

We reported on our progress and talked about our future prospects.
We are always proud of Japanese craftmanship in the world.

I'm excited about the next project.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

日本にいた4月、ストレスのなかで悪夢を見た。
歯をくいしばって、目が覚めると、下の前歯が小さく欠けていた。
ロックダウン中のニューヨークに戻り、少しずつ痛みが増していった。

渡米して20年近く、虫歯で歯医者に行ったことがない。
定期検診とクリーニングだけなら、保険の補助が出るけれど、
かかりつけの歯科医も、友人に紹介された医師も、休診中で連絡が取れない。

ようやく見つけた歯科医が「緊急時の処置のみ」対応してくれるという。
ミッドタウンのオフィスまで、片道50分の道のりを、歩いて行った。

フェイスシールドとマスク、防護服を着たスタッフによる問診。
検温で規定の100.4(摂氏38.0)度にやや近い数字が出て、驚いたのは私自身。

バックオフィスから出て着た医師が、丁寧にもう一度問診を始め、
体調と歯痛による微熱と判断して、奥の診察室に入るよう指示される。

さらに既往症の問診が続き、その間ずっと私もマスクをつけたまま。
なかなか、肝心の歯を診てくれないのだ。

そしてようやく患部を一瞥すると、医師が言った。
「これはコロナによるストレスが原因だから、エマージェンシーに当たるね」
欠けた部分を削って補填して、15分程で治療は終了。

歯科保健に入っているけれど、基本的に半額しかカバーされない。
日本では想像できない程の高い治療費を支払って、帰路に着く。
冷たい雨が降るなか、またもや徒歩50分。

今度虫歯になったら、日本で治療してもらおう。
日本の優れた医療制度が、きっとコロナ感染を抑えている一因にちがいない。

写真 2020-05-22 17 38 46


I had a nightmare by the stress, when I was in Japan in April.
I clenched my teeth and woke up finding a small chipped front tooth.
After I came back in New York City during the lockdown, the pain was increasing bit by bit.

In nearly 20 years of moving to the United States, I have never been to the dentist for cavities.
If it's just regular checkups and dry cleaning, it's covered by insurance.
I couldn't get in touch with my dentist or the doctor referred by a friend because they were closed.

I finally found a dentist who would take care of "emergency procedures only".
I walked 50 minutes one way to his office in Midtown.

First, I got an interview by a staff member wearing a face shield, mask and protective gear.
I was surprised myself when my temperature reading came out slightly closer to the prescribed 100.4 degrees (38.0 degrees Celsius).

The doctor, came out from the back office, politely began to question me again.
He judged it to be a slight fever due to my physical condition and toothache, I was instructed to go into the back examination room.

More questions about pre-existing conditions followed, and I was asked to keep wearing a mask the whole time.
He took long time by when he see my teeth.

Finally, after a quick glance at the affected area, the doctor said.
"This is due to the stress caused by the COVID-19, so you need emergencies treatment."
The treatment was completed in about 15 minutes.

I have dental insurance, but they basically only cover half the price.
I paid for the treatment, which was unimaginably expensive in Japan, and headed home.
It was another 50-minute walk in the cold rain.

The next time I have a cavity, I should have it treated in Japan.
Japan's excellent health care system must be one of the reasons why corona infections are suppressed.

写真 2020-05-22 17 59 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

新しい活動を始めて、5ヶ月近くが経過した。
これまで温めてきた想いを理事の皆と話し合い、企画を進めている。

団体の趣旨に賛同してくださる会員も少しずつ増えてきて、
私たちのリアルな言葉を、直接伝える機会を作っていくことにした。

コロナ禍の今、これまで以上に要支援者が置き去りにされていないだろうか。
まず自分と身内のことを最優先に考えてしまうのは致し方ないとしても、
平等にある命の重みを、どうやって伝えよう。

日本では、コロナ感染者が悪の根源のように報道されていると聞いて驚いた。
弱者が追い込まれて、ますます生きにくい社会が形成されてしまう。

誰しも好き好んで感染しているわけでないように、
誰しも好き好んで障害を背負っているわけではない。

誰にだって、不意にその機会が訪れる可能性があるのだから、
私たちと一緒に、少しでも生きやすくする社会を、考えていきませんか。

スクリーンショット 2020-05-21 07.15.03


It's been nearly five months since we started our new activity of "Seri's Gift Association".
We are discussing with the board members the thoughts and feelings that we have warmed up to this point, and are working on a plan.

We thank the number of members who agree with the purpose of the organization is gradually increasing.
We decided to have an opportunity for our real words to be told in person.

At this time of the COVID-19 disaster, we wonder if those who need assistance are left behind more than ever.
While you think about yourself and your family first,
how can we convey the value of life as an equality?

I was surprised to hear that in Japan, corona-infected people are reported as if they are the root of all evil.
The weak person will be push into a society that is increasingly difficult to live in.

Just like no one likes to be infected.
Not everyone wants to have a disability, like it or not.

We all have the potential for that opportunity to come up unexpectedly.
Why don't you join us in thinking about a society that makes life even a little easier?

スクリーンショット 2020-05-21 07.29.16


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-05-25 10 26 20


日本の緊急事態宣言が解除された今も、ニューヨークはロックダウンのまま。
政府が決めた感染患者数の基準値を下回らない限り、経済再開は先延ばしになる。

夏の始まりを告げるメモリアルデー。
毎年この日は郊外の友人宅で、BBQをするのが近年の定番になっていた。

100名近いゲストが集まり、昼間から飲んで食べて楽しんだ。
プールに突き落とされたり、花火をしたり、無邪気に遊んだことが懐かしい。

今年のメモリアルデーは、午後から気温が上がり、
初夏のような陽気に誘われて、セントラルパークにはたくさんの人が集まった。

マスクをしたまま、何となく距離を取って、芝生の上で日光浴をしたり、
一人バスケットボールや、テニスの壁打ちをする人もいた。

みんな、そろそろ限界になっているに違いない。

暴動やデモが抑えられているのは、中低所得者に対する政府の補助があるからか。
コロナ収束の理由は、何年も先の教科書では、どのように語られているのだろうか。

写真 2020-05-25 16 49 00

写真 2020-05-25 16 50 34


Even now that Japan's state of emergency has been lifted, New York remains on lockdown.
The reopening of the economy will be postponed unless it falls below the government-set threshold for the number of infected patients.

Memorial Day marks the beginning of summer.
Every year, we had a BBQ at a friend's house in the suburbs on this day.

Nearly 100 guests gathered to drink, eat, and enjoy themselves in broad daylight.
I miss being pushed into the pool, having fireworks, and playing innocently.

This year's Memorial Day was marked by higher temperatures in the afternoon and
Lured by the early summer-like weather, a lot of people gathered in Central Park.

You can keep your mask on, somehow get some distance, sunbathe on the lawn, or
One person was playing basketball and another was playing wall-to-wall tennis.

We must all be reaching our limits by now.

Are riots and demonstrations being suppressed because of government subsidies for low and middle income people?
I wonder how the reasons for the coronal convergence are told in textbooks many years down the road.

写真 2020-05-25 16 50 16

写真 2020-05-25 16 51 13


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-25 17 07 21
Next

ニューヨークのロックダウンが続くなか、大打撃を受けている飲食業界。
元の店が高級であればあるほど、この時期を生き抜くことは難しい。

高い家賃を支払うためには、それだけの客単価と回転数が必要なのに、
着席サービスを提供できない現在、テイクアウト用の営業しかできない。

その状況で、デリバリーとキッチンの人件費と家賃を考えると、
営業すべきか判断できずに、休業もしくは閉店する店が少なくない。

毎日の食事が、どれほど人間の精神状態に影響するかを改めて考える昨今、
ローカルの食材にこだわり抜く姿勢を、変えない店がある。

料理の格を下げることなく提供してくれる大堂シェフに、敬意をこめて。
いつもたくさんの心遣いを、ありがとうございます。

写真 2020-05-23 18 57 06


As New York's lockdown continues, the food and beverage industry is taking a big shock.
The more upscale the original restaurant is, the harder it is to survive this time of year.

In order to pay a high rent, they need to have that many customers and turnover.
They are currently unable to offer seated service and can only operate for take-out.

In that situation, when they think about the labor and rent for delivery and kitchen,
There are many stores that are closed because they cannot decide whether they should be open or not.

Nowadays, we are thinking again about how much our daily diet affects our mental state.
There is one restaurant that does not change its stance of sticking to local ingredients.

It's a tribute to Chef Odo, who serves the high quality food as always.
Thank you so much for always being so thoughtful.

写真 2020-05-23 18 57 22


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-23 17 56 25
Next

写真 2020-05-22 18 04 00


日本全国緊急事態宣言の発令中、公共交通機関が通常運行していたことが、
何よりの驚きだった。
電車もバスも、窓を開けて換気をしながら、時刻表通りに運行されていた。
リモートワークが推奨され、通勤ラッシュは多少緩和されていたのだろう。

ニューヨーク市内は、エッセンシャルビジネス以外の完全封鎖が続いている。
市民の足であった地下鉄は、かなりの間引き運転になっている上に、
閉鎖された空間の悪臭と治安の悪化が懸念され、乗客は激減している。

街中の渋滞がないから、今はバスを使うのが有用であるかもしれない。
エッセンシャルがゆえに移動をする。だから運賃は不要。
運転手の安全確保のためにシートがかかり、乗客は後方のドアから乗降する。

人々はマスクをしているものの、完全に人と距離を空けられないバスの中。
それでも車椅子や歩行器を使用する客は、堂々と乗降ができるアメリカ。

アフターコロナの世界は、どんな風に変わっていくのだろう。
ソーシャルディスタンシングを保てる公共交通機関なんて、夢のまた夢。

写真 2020-05-16 18 30 33


It was the biggest surprise of all that the public transport was operating normally during the declaration of a nationwide state of emergency in Japan.
Both trains and buses were running according to the timetable, with the windows open to ventilate.
Remote work was encouraged and the commuter rush was probably eased somewhat.

New York City remains on a complete blockade except for the essential businesses.
The subway, which used to be the major transportation, is now running at a much reduced schedule, and
Fears of the stench of the confined space and worsening insecurity have caused a severe drop in passengers.

It might be useful to take the bus now, since there is no traffic in the city.
People make the move because of the essentials, so no fare is required.
Seats are separated and covered for the driver's safety and passengers get on and off through the rear door.

People are wearing masks, but in a bus that can't completely distance itself from people.
Passengers using wheelchairs and walkers can get in and out with impunity.

I wonder how the world of After Corona is going to change.
A public transportation system that can keep social distancing is just a big dream.

写真 2020-05-21 11 51 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-21 11 51 42
Next

IMG_0787


日本に住む姉が、メッセージも付けずに動画のリンクを送ってきた。
彼女の意図するところは、何だろう。

琴線に触れる4分30秒、涙がすっと頬を伝った。

ひとつ年上の彼女は、私にとってはいつも憧れで、
運動も勉強も、何をやっても追いつけない存在だと思っていた。

私は何をするにも、センスの良い姉に意見を聞いていて、
Tシャツ一枚を買いに行くのでさえ、彼女と一緒だと安心した。

動物をこよなく愛し、いつも私と弟の手を引いてくれた姉が、
嫁いで離れていった時は、片腕をもぎ取られるほど寂しかった。

私は異国の地に渡り、障害を持った娘が生まれた時、
誰よりも先に「おめでとう」と、新しい家族の誕生を喜び、受け入れてくれた。

私にとっては、決して超えられないと思っていた姉が振り返る。
「貴女はいつも私より先に、親というハードルを超えていったのよ」

いつも冷静に周囲を見渡している姉にとって、私は破天荒な妹だっただろう。
次女という立場を利用して、自由勝手にやってきたことを反省、そして感謝しつつ、
この世で姉と妹として出会ったことが、何よりの宝物だと改めて思った。

「貴女はそこでの役割を終えたら、日本に帰っておいで」
姉はそう言ってくれるけれど、私の居場所はあるのかな。

「違うから、人は人を想う」
CMのメッセージに頷きながら、今度は弟のことを書いてみようと思う。



My elder sister, who lives in Japan, sent me a video link without a message.
I wondered what her intention was.

Tears ran down my cheek as the story of 4 minutes and 30 seconds touched the heartstrings of me.

She is one year older than me and I always admire her.
I thought that no matter what I did, I could not catch her up in all fields.

No matter what I do, I asked her opinion since she had good sense.
Even if I buy a T-shirt, I was reassuring to go with her.

When my elder sister, who loved animals and took care of me and younger brother, got married, I felt so lonely.

I went to a foreign land and my daughter with a disability was born.
She was delighted and accepted the birth of new family,.

I thought I could never be exceeded my elder sister, but she said.
"You always passed the hurdle of our parents that I could not do that."

To my elder sister, who always looked around the surroundings calmly, I would have been a terrible sibling.
Taking advantage as my second daughter's position, I am grateful for the fact that I came freely,
I thought once again the matter we encountered as sisters in this world was a treasure.

“When you've finished your role there, you can go back to Japan.”
My sister tells me so, but I wonder if there is a place for me.

"People think of people because they are different."
I'm thinking that I will write about my younger brother while I agree the message of CM.



人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

『JT想うた』

どこ行くときも いつも付いてきて 
何するときも いつも真似して

どんなときも 慎重な私
考える前に 始めるあの子
自分があって 個性的な妹
人の意見にそっと 合わせる私
全然違うのに 同じ道
いつの間にか ライバルみたい
二人の違いが 差にみえて
私だけが 憧れてると思ってた
いつの間にか 話すこともなく

悩みなんて ないと思ってた
私とは全然 違うから
だからなのか 違うからなのかな
二人いることが 支えになる
ずっとずっと 
Next

写真 2020-05-16 19 44 09


コロナ禍で大打撃を受けている飲食業界。
月に何万ドルも売り上げて、何とか高い家賃を支払ってきた彼らだが、
着席営業が禁止になった現在、テイクアウト料理を販売して画策している。

客単価60〜300ドルという日系飲食店では、弁当でも40〜100ドルと幅が広い。
決して安くない値段だが、一流シェフが腕をふるったそれは、
家庭では決して作れないような品数と、細かい手仕事の結晶。

コロナで戦う医療の最前線に、ボランティアで食事を届けるシェフたち。
彼らを応援したいと、せめてテイクアウトの料理を注文するけれど、
採算度外視ともいえる内容に、むしろ食する側が励まされていることに気付く。

ニューヨークで最も解雇者が多いのは、恐らくこの飲食業界かもしれない。
友人と連れ立って、また以前のように会食が出来る日は、いつになるのだろう。

写真 2020-05-16 19 43 01

写真 2020-05-16 19 43 22

写真 2020-05-16 19 43 09

写真 2020-05-16 19 43 34

写真 2020-05-16 19 43 42


The food and beverage industry in New York has been hit hard by the COVID-19 disaster.
They had been selling for tens of thousands of dollars a month and paying a high rent.
Now that seating has been prohibited, they're now scheming to sell take-out food.

The average price per customer is $60 to $300 for a Japanese restaurant, and even a boxed lunch can range from $40 to $100.
It's not a cheap price, but it's a top-notch chef's skill.
There are a number of items that would never be made at home, and the fruits of fine handiwork.

My friends, Chefs are delivering meals to the front lines of medical care fighting in COVID-19 as volunteers.
We'd like to support them by ordering to-go food at least.
I found the fact that the contents of this to-go menu are so unprofitable, and people who eat it are encouraged by chefs.

It's probably the food and beverage industry that has the most layoffs in New York.
When will the day come when I can have dinner with friends again like before?

写真 2020-05-16 18 59 29


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

小学校低学年の頃から、料理の手伝いをしていた。
一族揃って食べることが好きだから、大皿料理が基本で、レシピはない。
塩加減も加熱時間も、舌と頭を使って記憶するように叩き込まれた。

鍋を触って大火傷をしたり、包丁で指を切り落としそうになったこともある。
骨まで見えて救急車で夜中の救急病院に駆け込んだら、
当直の女医が気だるそうに、でも丁寧に縫合してくれたので、指は今でも動く。

今の我が家はアパート住まいで、家事を起こしたら大変だから、
子どもたちだけの留守宅では、火を使わないように徹底している。
でも、コロナ事情で在宅が続く間に、各人それぞれ少しずつ腕をあげている。

大好きなバスクチーズケーキのレシピを、妹みたいな友人が送ってくれた。
日本国内のオンラインでは、毎朝2分で売り切れになるという逸品。
久しぶりにレシピを見ながら、娘と並んでキッチンに立つ。

まろやかなクリームチーズとレモンの酸味のバランスが絶妙で、
なんというか、優しさに包まれた気分になった。

レシピを送ってくれた彼女に、無性に会いたくなった。
地球の裏側から、愛をありがとう。

写真 2020-05-17 12 34 11


Since the early grades of elementary school, I had been helping with the cooking.
My whole family likes to eat, so we serve basically a platter, no recipes.
I was taught to memorize the saltiness and the heating time using my tongue and brain.

I had experiences that I burned badly by touching pot, also I cut off my finger with a kitchen knife.
I rushed to the emergency room in the middle of the night in an ambulance since my bone could be seen.
The lady doctor on duty looked fretful, but she carefully stitched my finger up, and my finger still moves.

We live in an apartment now, and I'm scare to fire incident.
When I left my kids at home alone, I ask them that no fire is used.
But each one of them is getting a little better at it while we're at home due to the COVID-19 situation.

I got the recipe of my favorite Basque cheesecake from a friend who is like my sister.
It's a gem that sells out in two minutes every morning online in Japan.
For the first time in a long time, I stood in the kitchen side by side with my daughter, looking at a recipe.

写真 2020-05-17 12 39 16


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-17 12 43 35 (1)

Next

写真 2020-05-16 10 21 15


ロックダウンが6月13日まで延長と報道されて、ニューヨーク市民は落胆した。
翌朝に5月28日までと訂正報道があったけれど、きっとまた延長されるのだろう。

週末、初夏のような陽気に誘われて、市民はアパートの外に飛び出した。
公園の散歩だけでは飽き足らず、芝生に寝転がって寛いだり、
テイクアウトの店の前で、ビールを飲んでいる人もいた。

マスクをして、ソーシャルディスタンシングを遵守してはいるけれど、
自分が感染源になる可能性があることを、どこまで自覚しているのだろう。

目の前に、白杖を持って歩く人がいた。
帽子をかぶり、サングラスとマスクをつけて、全身をしっかり防護している。

彼が立ち止まって戸惑った様子を見せた時に、私はすぐに声をかけられなかった。
近くに他の人がいたことと、彼の表情が見えなかったことを、自分への言い訳にした。
弱者救済をうたっているのに、自分は一体何をしているというのだろう。

コロナ禍事情で、自分が加害者(感染源)になりうる自覚は皆にある。
だからこそ、置き去りにされてしまっている弱者の状況を気にかけたい。

娘の学校は、もう2ヶ月も封鎖されたままでいる。

写真 2020-05-16 10 21 50

写真 2020-05-16 10 22 57


New Yorkers were dismayed when it was reported that the lockdown would be extended until June 13.
The next morning, there was a corrected report that it would be until May 28, but we're sure it would be extended again.

Over the weekend, lured by the early summer-like cheerfulness, the citizens ventured out of their apartments.
As a walking in the park was not enough, there were people who had picnic on the yard.
Some people were drinking beer in front of the take-out bar.

Although they wear a mask and adhere to social distancing,
I wonder to what extent they are aware that they could be a source of infection.

In front of me, there was a person walking with a white cane.
He wore a hat, sunglasses and a mask to protect his entire body.

I couldn't talk to him right away when he stopped and looked puzzled.
I used the facts as my excuse that there were others nearby, and that I couldn't see his face.
What am I doing when we are claiming that we want to be helping the weak in the world ?

Everyone is aware that we can be the perpetrator (source of infection) of the corona disaster.
That's why we have to care about the situation of the vulnerable people who are being left behind.

My daughter's school has been on lockdown for two months now.

写真 2020-05-16 10 21 21


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-16 10 22 07

Next