Blog

写真 2019-07-10 20 41 34

写真 2019-07-10 20 44 30


「毎月だいたい10日に開催する大斗会」
アートアクアリウムアーティストの木村英智氏が、
またしてもユニークなイベントを企画をスタートされた。

東京・日本橋に復活した福徳神社の地下で、
1年365日、本家本元本流の日本の古典芸能が楽しめる空間。
「水戯庵」を月に一度ジャックして、プライベートパーティーを開催する。

6月10日、彼の誕生日(すなわち私の誕生日!)に発足した企画だから、
毎月「何歳と何ヶ月の誕生会だからお祝いしよう」と発信できるのも素敵。
7月の「大斗会」は、水戯庵のラウンジタイムを利用しての開催となった。

「日本のワインを愛する会」会長の辰巳琢郎氏のワイン講話。
宝生流第二十世宗家による能の舞。
伝統文化について語るセッションには、クリスペプラー氏が参加。
老舗和菓子屋「老松」当主・本田宗達先生による茶の呈。
大倉流小鼓方十六世・大倉源次郎氏による鼓打ち。

こんなに贅沢な「大人の社交場」が、東京の中心地に存在する。
こんなに素敵な空間を、もっともっと伝えていきたい。

写真 2019-07-10 21 10 36

写真 2019-07-10 21 25 59

写真 2019-07-10 21 32 50

写真 2019-07-10 21 48 37


Art aquarium artist, Mr. Hidetomo Kimura, has started planning a unique event.
It is called "Daito-kai", held on the 10th of every month.

In the basement of Fukutoku Shrine, which was resurrected to Tokyo Nihonbashi,
There is a space where we can enjoy Japanese performing arts of the classic 365 days a year.
Mr. Kimura will hold a private party by jacking "Suigi-an" once a month.

Because it is a project launched on his birthday (ie my birthday!) On June 10,
It is also wonderful to be able to send out "I will celebrate because it is a birthday party of how old and how many months" every month.
The "Daito-kai" in July was held using the lounge time of "Suigi-an".

Mr. Takuro Tatsumi, a chairman of "The association for Love of Japanese Wine" gave a wine session.
The dance of Noh was presented by twentieth sect of the Houjo style.
Mr. Chris Peppler attended a session on traditional culture.
The tea ceremony was presented by Mr. Sodatsu Honda, the master of Oimatsu.
Mr. Genjiro Okura, Sixteenth generation of Okura drum style, showed the 'Kotsuzumi" drum stage.

Such a luxurious "adult ballroom" exists in the center of Tokyo.
I would like to convey more and more such a wonderful space.

写真 2019-07-10 22 26 43

写真 2019-07-10 22 36 11

写真 2019-07-10 22 46 53

写真 2019-07-10 22 47 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-10 22 25 50

写真 2019-07-10 23 02 44

写真 2019-07-10 23 13 07

写真 2019-07-10 23 30 27


Next

次男のパソコンが壊れた。
電源を入れても、画面が立ち上がらない。

夜中になって、長男が米国アップル社に問い合わせをする。
英語のチャットが早過ぎて、私には理解できない。
結局オンラインでは原因を解明できず、ジーニアスストアに予約。

翌朝、新宿の街を歩く。
後ろにいる母を一度も振り返らずに、ガンガン歩く。

もう母親の役目は半分終わった気がする。
逞しくなった息子たちの背中に、明るい未来を見出したい。

写真 2019-07-09 12 44 40


My second son's computer was broken.
The screen did not come up even when the power is turned on.

At midnight, the eldest son made an inquiry to Apple in the United States.
English chat was too early for me to understand.
After all, the cause could not be elucidated online, and he reserved to a genius store.

The next morning we walked in the city of Shinjuku.
Boys walked ahead without looking back at their mother.

I feel that my mother's role was half over.
I would like to find a bright future on the backs of the sons who became big.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

たくさんの方々に御支援いただいた「未来のいのち国際サミット2019」。

皆様の想いを、ドイツ国際平和村の子どもたちに届けたい。
記念フラッグにお名前を記載する作業が、ようやく終了。

三浦大地氏デザインのフラッグがあまりに可愛くて、
将来「JAPAN国際平和こども王国」が実現したら、
きっとこれが国旗になるのだろうとワクワクする。

「未来のいのち国際平和パーティー2036」のサポーターも次々と増えている。
「正しいことを正しくでなく、正しいことを楽しくやるのが目標」
こんなことを提唱している方が仲間に入ってくださるから、心強い。

2036年、ニューヨーク、セントラルパークで会いましょう。
もうずっと、これを言い続けている。

フラッグ


"International Future Life Summit 2019" has been supported by many people.

We wanted to deliver the thoughts of everyone to the children of "Friedensdorf International / German International Peace Village".
The Work to put the name on the commemorative flag was finally over.

The flag of Daichi Miura's design is too cute.
If "JAPAN International Peace Kids Kingdom" is realized in the future,
We are excited that this will be the national flag.

Supporters of the "International Peace Party for Future Life 2036" are also increasing one after another.
"The goal is to do the right thing in fun"
We are encouraged by those who advocate this kind of things.

Let's meet in Central Park, New York, 2036.
We have been saying this for a long time.

写真 2019-07-08 14 59 15


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

フラッグ2

フラッグ1

Next

日曜日、七夕の夜。
東京には冷たい雨が降っていた。
一年に一度の再会を逃した彦星と織姫が、泣いているみたいだった。

胸がザワザワして落ち着かない、月曜日の朝。
会えるものなら、いま君に会いたい。

君たちと過ごした高校時代を再現したいからと、
あの頃の楽曲を復活させてほしいと、ワガママを言った。
事情を知らない友人らが、協力してくれている。

そこには、失った友への想いとか、一緒に過ごした時間とか、
たくさんの思い出が詰まっているんだよ。

9月のミュージカルを観に行くまでに治すからと、
つい10日前に、連絡くれたばかりじゃないか。

まだまだ生きたいという君の想いが、天に届くように祈る。
お願い、時間をください。

スクリーンショット 2019-07-07 19.40.18


Sunday, Tanabata night.
It was cold and rainy in Tokyo.
Hiko-boshi and Ori-hime, who missed the reunion once a year, seemed to be crying.

My heart is stuffy and restless, Monday morning.
If I can see you, I want to see you now.

I wanted to reproduce the high school days I spent with you,
I asked other friends and producer that I wanted to revive the music of that time.
Friends who do not know the circumstances are helping us.

I want to express my feelings for friends who pass away, time spent together, etc.
We have a lot of memories.

"I will cure my ill by the time I go to see your musical in September."
Just 10 days ago, he just did contact me.

I pray that your thoughts of wanting to live will reach heaven.
Please, please give us time.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-07-05 11 10 44


今夏の大きなイベントの1つ。
「地球こどもサミット2019」の準備を進めている。

遠隔からお願いしてばかりで、自分が動けないのがもどかしかったけれど、
具体的に足を運ぶと、急速にことが運ぶことが増えてくる。

ずっとお会いしたかった日本環境設計の岩元会長との打ち合わせ。
「持続可能な循環型社会」の実現を目指す。
やや固い言葉の羅列を紐解くと、目から鱗のような情報がたくさん。

世界のトップブランドが衣料品のリサイクルに乗り出しているのも、
携帯電話を集めて東京オリンピック2020のメダルを作り出しているのも、
映画「バックトゥーザ・フューチャー」のデロリアンを走らせているのも、
全部この会社の技術とアイディアが引き金になっている。

リサイクル部門では、日本が全世界を牽引していることを、改めて学ぶ。

エネルギーを半永久的にリサイクルすることで、
人々はその奪取のための戦争をする必要がない。その先には平和がある。

この夏、子どもたちに明るい未来を伝えることが、私たちのミッション。
8月8日「地球こどもサミット2019」開催。
是非会場に足をお運びください。

写真 2019-07-05 10 54 15

写真 2019-07-05 10 58 53


One of the big events this summer.
We are preparing for "The Earth Children Summit 2019".

I was asking from New York, and it was frustrating that I could not move directly.
Once I take a concrete action, the result will rapidly increase.

We had a meeting with Mr. Iwamoto, chairman of Japan Environmental Design, that we wanted to see you all the time.
Our aim is to achieve a "sustainable recycling society".
After we unraveled a string of somewhat hard words, there was a lot of information.

To ask the top brands in the world to start to recycle clothing.
To ask people collect mobile phones to create the Tokyo Olympic 2020 medal.
To buy DeLorean of the movie "Back to the Future" to move it by recycling energy.
All triggered by this company's technology and ideas.

In the recycling section, we learned again that Japan is leading the whole world.

By semi-permanently recycling energy,
People do not have to go to war for their abduction.
There is peace in the future.

It is our mission to tell children a bright future this summer.
"The Earth Children's Summit 2019" is held in August 8th.
Please come to join us to the venue.

写真 2019-07-05 11 10 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-05 11 10 28

Next

夏の一時帰国。
今夏はたくさんのイベントを抱え込んでいるため、
ゆっくり羽根を伸ばせるのは、きっとお盆過ぎになるだろう。

でも、会いたい人には、会える時に会う。
地元で、同級生たちと恒例の「オツカレ」会。
いつだって「お帰り!」と迎えてくれる、彼らが愛おしい。

ここには、まだ私の居場所がある。
いつも救ってくれて、ありがとう。

写真 2019-07-06 19 32 50


I have come back to Japan.
Because we have many events this summer,
It will probably be late in summer that I will have break.

But when I want to see someone, I see them when I have time.
We had the "Otsukare" meeting with my old classmates in Local.
My dears always welcome me, saying "Welcome back".

There is still my place here.
Thank you for always saving me.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

ニューヨーク店舗創業12年目を迎えたSUSHI AZABU。
トライベッカに人気のレストランが次々とオープンしていた開業当時。
住居用のビルは、まだまだ少なかった。

現在は高級コンドが建ち並び、セレブリティが住む街になった。
倉庫街とマフィアの多い危険なエリアとして有名だったのに、
いつしかマンハッタンで最も安全なエリアと言われるほど変化した。

町の住民が変われば、飲食店のニーズも変化する。
人気の寿司屋は相変わらず予約の取れない店が多いなか、
寿司を食べに来るニューヨーカーに、もっと日本酒のことを知って欲しいと、
SUSHI AZABUの1階に「SANKAKU SAKE BAR」がオープンした。

地元のファンがたくさん訪れて、オフィシャルオープンのお祝い。
また新しい歴史が始まるこの店の展望を、いつまでも見守っていきたい。

スクリーンショット 2019-07-03 20.28.13


SUSHI AZABU has reached its 12th year in New York.
At the time of opening when popular restaurants in Tribeca were opened one after another, there were still few residential buildings.

Today, luxury condos are lined up and become a city where celebrities live.
Although it was famous as a warehouse area and a dangerous area with a lot of mafia before,
It has changed to be called the safest area in Manhattan.

As the residents of the town change, the needs of the restaurant also change.
While popular sushi restaurant still have been booked every day,
To let New Yorkers who come to eat sushi to know more about sake,
"SANKAKU SAKE BAR" has opened on the first floor of SUSHI AZABU.

Many local fans visit and celebrated the official opening.
I also would like to keep an eye on their prospects where a new history begins.

写真 2019-06-26 19 52 37

写真 2019-06-26 19 52 42


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-04 9 23 36

Next

写真 2019-06-29 15 33 28

写真 2019-06-30 6 58 58

写真 2019-06-30 6 59 13


夏の帰国前、最後のミッション。
在ニューヨークのお客様のイベントを1階で開催しつつ、
2階のスペースでは、プライベートパーティーを開催。

ミシュラン星を取った寿司シェフと、懐石料理の達人がコンビを組んで、
特別メニューを企画してくださった。

いつものカフェが特別な空間になり、
ゲストの幸せそうな声が響き渡る。

私はその笑い声を聞いている瞬間が好き。
やっぱりどこまでも、裏方でいるのが好き。

写真 2019-06-30 6 58 25

写真 2019-06-28 19 18 06

写真 2019-06-30 6 58 33

写真 2019-06-30 6 58 37

写真 2019-06-30 6 58 41

写真 2019-06-30 6 58 43

写真 2019-06-30 6 59 02

写真 2019-06-30 6 59 05

写真 2019-06-30 6 59 08

写真 2019-06-30 6 59 28


It was last mission before I back to Japan in this summer.
While holding an event of customers living in New York on the first floor,
In the space on the second floor, we held a private party.

The sushi chef who took the Michelin star and the master of Kaiseki cuisine worked together, and planned a special menu.

The usual cafe became a special space,
The happy voice of the guest echoed.

I like the moment I'm listening to that laughter.
After all, I like working at the backstage.

写真 2019-06-30 6 58 53

写真 2019-06-30 7 25 49

写真 2019-06-30 7 25 37

写真 2019-06-28 19 30 55

写真 2019-06-28 19 30 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2019-07-03 18.10.16

写真 2019-06-28 22 05 11

写真 2019-06-28 22 16 48



Next

「妻と姪がニューヨークに行くから、会ってくれないかな」
高校時代の同級生からのメッセージが、この物語の始まりだった。

社会人になって、前職で乗務中に、彼と機内でバッタリ再会したことがあった。
彼が今の奥様の御両親に結婚の挨拶に行くという、大事な時のフライト。

その後、お互いにいろんな時間を経て、
彼の姪御さんから、このような企画をいただくとは。
本当に御縁とは不思議なものである。

親子ほど歳の離れた彼女が、私たちの軌跡を舞台化するという挑戦。
伝えることの試練を知っているからこそ、当初は半信半疑のまま聞いていた。

ドキュメンタリーという事実部分には一切脚色を加えず、
彼女が作品から受けた想いをパラレルワールドで表現していく。

「諦めない、諦めない、諦めない」
彼女がたまに呟く言葉に、
私の厳しさが彼女を苦しめているのかと、私自身も苦しんだ。
でもそれは、きっと生みの苦しみを共有している一体感でもあった。

真っ暗いトンネルの中でもがいている私はずっと一人だった。
頼る人がいない、孤独との戦いが、何よりも辛かった。
でも気がつくと、たくさんの人が周囲にいて、支えてくれていた。

人間は決して一人では生きられないし、仲間がいるから強くなれる。
だから私は、彼女が苦しんでいる時は、側に寄り添いたいと思うし、
何かを達成した時には、一緒に喜んであげられる存在になりたいと強く思う。

脚本が落ち着いて、ようやくここからが本当のスタート。
スタッフの皆さん、キャストの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

なぜ彼女がこの企画を取り上げてくれたのか、今ではよく分かる。
作品にはあらわれない本当のテーマを、私はいつかきっと伝えていこう。

チケット御予約はこちらから。


フライヤーおもて


"Do you mind if I ask you to see my wife and niece as they go to New York ?"
A message from a high school classmate was the beginning of this story.

More than 20 years ago, while I was working for JAL in a previous job, I had reunited with him in flight.
It was an important flight since he was going to his wife's parents for a wedding greeting.

After that, after various time each other,
I had received this musical stage plan from his niece.
It was really amazing connection.

The challenge was that she, who was as young as a parent and child, set our trajectory on stage.
At the beginning, I had heard in half-hearted doubt because I knew the test of giving.

I did not allow to add any style to the factual part of the documentary,
she expressed the feelings that she received from the work in a parallel world.

"I will never give up, I will never give up, I will never give up"
I knew the words she mentioned occasionally,
I was also suffered myself because my severity afflicted her.
But it was also a sense of unity that we shared the suffering of birth.

Once I was alone in the dark tunnel.
There was no one I could rely on, and the fight against loneliness was tougher than anything else.
But when I realized, a lot of people were around and supporting me.

People can never live alone and can become strong because they have fellows.
So I want to get close to her side when she is suffering,
When she achieve something, I strongly want to be a presence that I can be delighted with.

The script has already been written and the real practice will start from here.
I appreciate all staff members and cast members.

Now I know the real reason why she was passionate about this project.
Someday I will surely convey the real theme that does not appear in this musical stage.

フライヤーうら


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next



1999年、私がニューヨークに渡った年に、
トーマス・ヤコブス氏は、ドイツ国際平和村の副代表に就任した。
2006年には6代目代表となり、平和村の子供たちのために、
ずっとその時間を費やしてきた。

2019年6月30日、代表を御退任されるトーマスに贈り物をしたい。
彼の功績を称え、サミットに力添えしてくださった方々を伝えることが、
花や手紙よりずっと、想いを届けることができるかもしれない。

サミット各会場で御登壇いただいた皆様、会場にお越しくださった皆様、
ボランティアでお手伝いくださった皆様、御協賛くださった皆様、
本当にありがとうございました。

西川悟平氏の奏でる「ノクターン」があまりに美しくてせつなくて。
思わず最後のエンドロールまで見入ってしまうムービーが完成。

記念ムービーをこの日に公開できるように、駆け抜けてくれて、
そして今でも一緒に走ってくれている仲間の皆さんに感謝します。

_DSC7657


1999, the year I came to New York,
Mr. Thomas Jacobs was appointed Deputy Head of the German International Peace Village, Friedensdorf International.
Became the Head of the sixth generation in 2006, and he had spent all the time for the children of Peace Village.

June 30, 2019, Keiko and I wanted to give a gift to Thomas, who will be retired from the team.
We thought to convey the people who praised his achievements and contributed to our summit.
It may be able to deliver our thoughts far more than flowers and letters.

Everyone who made a presentation at each Summit venue, everyone who came to the venue,
Everyone who helped by volunteer, everyone who supported us,
We are really thankful to you.

The "Nocturne" played by Mr. Gohei Nishikawa was so beautiful and sentimental.
The movie which we wanted to look to the last end roll involuntarily has been completed.

Team members worked with me through so that the commemorative movie can be released on this day.
And thanks to all fellow who are still working with me.

_DSC7644


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-04-11 22 16 10


ここに来ると、なぜか幼少の頃に住んでいた都営住宅を思い出す。
近所に寿司屋があって、祖母に来客があるときだけ出前を取っていた。
祖母とお客様は寿司を食べて、私たちは横で普通の御飯を食べた。

小学校高学年になった頃に、父が一度だけカウンターに座らせてくれた。
目の前にある値段表は、必ず右からオーダーするものだと教えられた。
キュウリ、かんぴょう、タマゴ、カニカマ、納豆巻き。
安いネタから始まるから、刺身に行き着く前に、満腹になってしまう。

そんな思い出を回顧するのは、きっとこのカウンターの雰囲気なのだろう。
昔と違い、頑固で愛想の悪い職人気質は、今の時代には流行らない。
物腰柔らかに話をする雰囲気が、近所にあった寿司屋のおじさんに似ている。

かつて某メディア局の重鎮と何度か通ったお店。
カウンターで、値段表を右から選べないのが、少し寂しい。

写真 2019-04-11 20 14 01

写真 2019-04-11 20 19 59

写真 2019-04-11 20 20 21

写真 2019-06-30 8 29 38

写真 2019-06-30 8 30 25


"Sasabune" sushi restaurant reminds me the old house that I had lived long time ago.
There was a sushi restaurant in the neighborhood and my grandmother took a delivery only when she had guests.
My grandmother and guests ate sushi, and we ate a regular meal next to them.

When I was in elementary school, my father took us at the sushi counter only once.
He taught us that people always order sushi on the price list from the right to the left.

The price list in front of you was told that you always order from the right.
Cucumber, Kanpyo, egg, fish cake, natto roll.
It starts with cheap stuff, so we get full before we get to sashimi.

It was probably because of the atmosphere of this counter that I look back on such memories.
Unlike in the past, a stubborn, unfriendly job-popularity does not prevail in the current era.
The atmosphere to talk softly was similar to a sushi chef of a sushi restaurant who was in the neighborhood.

This was a restaurant that once I went through with the Media staff.
It was a bit lonely that I could not choose the price list from the right at the counter.

写真 2019-04-11 22 16 03


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-11 22 16 16
Next

写真 2019-06-06 19 55 28


マンハッタンのボンドストリートとグレートジョーンズストリート。
ソーホー地区より少し北にある2本のストリートの充実ぶりがすごい。

美味しいレストランを探し歩くと、地元民で大盛況の店ばかりだし、
夕方早い時間から立ち飲みで賑わうバーがいくつもある。
1ユニット数ミリオンドルの新築コンドミニアムを横目に、
石畳を歩くのも楽しい。

移りゆく街の新旧を垣間見ながら、アメリカン料理の進化を感じる
充実の空間がここにある。

写真 2019-06-06 20 40 21

写真 2019-06-06 20 40 26
写真 2019-06-06 20 40 32

写真 2019-06-06 21 10 23

写真 2019-06-06 21 10 28


There are Bond Street and Great Jones Street in Manhattan.
The fulfillment of two streets a little north of Soho is amazing.

If you walk to look for a good restaurant, you can find there are thriving local restaurants there.
There are a number of bars that are crowded with drinks from the early evening hours.
Watching newly built condominiums with million dollars, it is fun to walk on the cobblestone.

A glimpse of the new and old of the moving city, I feel the evolution of American cuisine
Here is a space of fulfillment.

写真 2019-06-06 21 49 39


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-06-27 9 29 02


暗いトンネルの中でさまよい続けた記録を、最初に世に伝えてから7年。
私と娘の生活を気にかけてくださるサポーターの皆様が増える一方で、
身近にいるはずの米国在住の友人は、本当の姿を知らなかったりする。

それはきっと、他人のことに干渉せずプライベートを尊重する主義でもあり、
相手から聞かれない限りは、敢えてそのことには触れない文化でもあるからで。

そんななか、米国在住のディレクターが、大切に企画してくださった取材。
インタビュアーは、息子たちのテコンドー仲間のママ友でもあり、
FCIキャスターとしてベテランの久下香織子さんが務めてくださった。

「ワーキングマザー」でもある久下さんのモデレーター手腕は素晴らしく、
米国在住者でさえあまりよく知らないスペシャルスクールの実態や、
亀の歩みのように成長がゆっくりな娘を根気よく見守ってくださる環境を、
丁寧かつ正しく伝えてくださることに、期待が膨らむ。

過ぎてきた日々を振り返り、人生に正解はないのだと改めて思う。
その時ベストだと思う選択すること以外に、前に進む方法はない。

主役の長女が、体調不良で居眠りしてしまうというアクシデントも発生。
編集次第でどんなストーリーに仕上がるのか、私も楽しみに待っていよう。

8月に全米でオンエアの予定です。

写真 2019-06-27 11 13 36


It has been seven years since I first issued my book in Japan.
While the number of supporters who cares about my and my daughter's life increases in Japan,
Some friends in the United States who are supposed to be familiar do not know our true life.

Surely, it is a style to respect the private without interfering with others,
It's also a culture that you don't dare touch on it unless it's heard from you.

Under these circumstances, we had TV video shooting and interview from a director in the United States carefully planned.
FCI's interviewer was Ms. Kaoriko Kuge, who was a mom of my son's friend.

The moderator skill of Ms.Kuge who was a "working mother" was wonderful.
The facts of special schools that even US residents do not know very well,
An environment where patiently watching over a girl whose growth is slow like a turtle's walk patiently.
I'm expecting that they will report in polite and correct.

Looking back at the days that have passed, I think again that there is no correct answer in life.
There is no way to move forward other than to choose which one is best then.

During TV video shooting, the accident that my daughter of the leading role started sleeping because of poor health happened, too.
I will be looking forward to what kind of story will be finished depending on editing.

The video will be broadcasting in August, this summer.

写真 2019-06-27 19 38 16


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-06-05 22 41 02

写真 2019-06-05 22 42 14


「パワーランチ」という言葉を生み出したことでも有名なレストラン、
「FOUR SEASONS」の跡地に、巨大なフードグループが介入して、
「THE GRILL」「THE POND」「THE LOBSTER CLUB」の3店舗を開業。

そんな大きなニュースが飛び込んできたのが、2017年春のこと。
ニューヨーカーにとって思い入れのあるレストランの再生に、
誰もが注目していたに違いない。

いつもはキッチンの裏側から見せてもらっているメインダイニングで、
初めて食事をいただく機会があった。

旨みの詰まったキノコや野菜をギュッと絞ったソースとチーズを、
目の前で和えてサーブしてくれる絶品「プレス・パスタ」。
大きなドームから切り分けてくれる「プライムリブ」は、
火の通り方、ジューシーな肉汁のバランスも完璧で、
おそらくニューヨークで一番と言えるほど印象深い味わいだった。

米国景気の象徴のような豪華なしつらえと豪華な客層。
この国の力強さを目と舌と肌で感じる、そんな時間の体験だった。

写真 2019-06-07 19 20 08

写真 2019-06-07 19 29 18

写真 2019-06-07 19 49 01


The restaurant "FOUR SEASON" was famous that produced the word "power lunch".
"Major Food Group" intervened on the site of "FOUR SEASONS", and they opened 3 stores "THE GRILL" "THE POND" "THE LOBSTER CLUB".

We got such a big news in the spring of 2017.
For the rebirth of the restaurant that New Yorkers have a passion,
Everyone must have been caring.

Though I usually see the main dining room from the back of the kitchen, I had the opportunity to eat there for the first time.

"PASTA A LA PRESSE" was an excellent menu that served with a finely squeezed sauce and cheese, just in front of us.

"PRIME RIB" that cut through the large dome in front of you,
The way of fire, the balance of juicy meat juice is perfect.
It was probably an impressive taste to say the best in New York.

Luxurious interiors and luxurious customers such as the symbol of the US economy.
It was an experience of such time to feel the strength of this country with eyes, tongue and skin.

写真 2019-06-07 19 31 54

写真 2019-06-07 19 32 15

写真 2019-06-07 19 49 58

写真 2019-06-07 19 51 34

写真 2019-06-07 19 50 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-07 20 58 33

Next

写真 2019-06-07 13 42 08


前職を休職してニューヨーク、インテリアデザインの大学に留学していた時に、
日本の某企業から駐在していた彼らと知り合った。

1日のランチ代1−2ドルしか使えない貧乏学生生活をしていた私にとって、
平日から美味しいものを食べて、仲間と夜まで語り合う彼らの生活は、
ただただ羨ましいばかりだった。

友人と徹夜で大学の課題を仕上げて、一緒に連れて行ってもらった西海岸。
サンタフェの美しい景色や、プエブロ様式のロッジなど、
あの時の思い出は、今でも目に鮮やかに残っている。

日本に帰国してから、外資系企業に勤めた後、起業した彼が、
4年ぶりにニューヨークにマーケットリサーチにやってきた。
私は所用であまり立ち会えなかったけれど、共有した時間は宝物。

日本からの来客があるたびに、改めてニューヨークはすごい街だなと思う。
新鮮な驚きから離れてしまう日常の中で、敢えてその偉大さを再発見。

毎日、もっと丁寧に、もっと繊細に、いろんな感性を磨いていたい。

写真 2019-06-07 13 49 01

写真 2019-06-07 13 46 04


When I got two-years-off at my previous job and studied at the college, New York school of Interior Design, in New York,
I met friends who were stationed from a Japanese company.

For me who was a poor student who could only use $ 1-2 for a day's lunch fee,
I was just envy them who eat delicious things during weekdays and talk to their friends until mid-night.

My friend and I studied very hard to finish the college's assignment, to go to the west coast with them.
There were beautiful views of Santa Fe and Pueblo style lodges.
The memories of that time are still vivid to the eyes.

After returning to Japan, he worked for a foreign-owned company and then started his company.
He came in New York on business trip for market research.
Though I could not attend so much, we enjoyed our shared time.

Whenever there have visitors from Japan, New York reminds me it is such a great city again.
In the day-to-day activities of being separated from fresh surprises, it dares to rediscover its greatness.

Every day, I want to brush-up various sensitivities more carefully and more delicately.

写真 2019-06-19 19 20 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-20 13 34 11

Next

神様は常に新しい課題を与えてくれる。
難しい宿題の解答が見えて、少し息抜きできるかなと思うと、
畳み掛けるように、新しい挑戦を目の前にちらつかせる。

そこから逃げることもできるし、見て見ぬふりもきっとできる。
でも、その一歩が、きっと次のステージに導いてくれる。

1999年にニューヨークで出会って以来の友人に、
2年越しで、とある企画への参加にお声がけいただいている。
日本帰国後に起業して、たくさんの人を応援している彼のチカラになりたいし、
こんな大きな企画に誘ってくださることは、光栄以外のなにものでもない。

いわゆるビジネスでの成功者ばかりが横並びになるなかで、
自分がそこに立つべき人間か、もう一度考える。
彼の期待に応えることができるか、不安はたくさんあるけれど、
「誰もが自分という人生の主役」と明言する彼の主張には賛同できる。

真夏の一番忙しい時期、敢えて2つの大役を同時にまっとうすることに、
挑戦してみようと思う。

晋ちゃん、答えはイエスです。
よろしくお願いいたします。

写真 2019-06-22 15 49 19


God always gives me new challenges.
If I find the answers of difficult homework and think I can break out a little,
again and again, he makes new challenges flicker in front of me.

I can flee from there, and I can certainly miss it.
But I know that one step surely leads to the next stage.

There is a friend we met in New York in 1999.
I was asked by him from last year to participate in a certain project.
I would like to cheer him who got an entrepreneur after returning to Japan.
It is nothing but an honor to be invited to such a big project.

With so-called successful business people side by side,
I'm not sure that I am a right person as his requirement.
I have a lot of anxiety whether I can meet his expectations.
But I agree with his idea that "everyone is the protagonist of life".

In the busiest time of midsummer, I will try to dare to simultaneously complete the two big missions.

Dear Shinya,
My answer is yes.

写真 2019-06-25 8 42 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

米国では、子供が幼い頃から本物のアートに触れさせる機会が多い。
教育の現場では、他人とのディスカッション、ディベートなど、
人前に出て発表をする場が毎日のようにある。

スポットライトを浴びて、大人さながらのミュージカルを演じる小学生。
セリフが抜けてしまって、舞台袖からディレクターが助け船を出したり、
最後のカーテンコールで、感激した父兄が絶叫して泣き崩れたり。

どれもこれも、小学校最後の素晴らしい思い出。
心のアルバムに貼り付けたら、さぁ新しい航海に出よう。

写真 2019-05-21 18 49 11

写真 2019-05-21 18 56 35


In the United States, children often have the opportunity to touch real art from an early age.
In the field of education, discussions with others, debates, etc.
There are places for people in public to give presentations on a daily basis.

An elementary school students who get spotlights and plays an adult-like musical.
When kids missed the lines, the director helped from the stage sleeve.
In the last curtain call, the impressed parents screamed and cried down.

These were the last great memories of elementary school.
Once you paste them in your heart's album, let's start a new voyage.

写真 2019-05-21 19 11 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-21 19 17 39
Next

写真 2019-06-20 9 03 18


次女の小学校卒業式。
突然幕が開いて、子供達が歌い踊る。
ディズニー映画のワンシーンかと思うような演出に、いきなり感動の涙。
卒業生代表のスピーチは、大人の心まで惹き付けるほど上手であっぱれ。
心細そうにキンダーの扉を開けたのが6年前かと思うと感慨深い。

長男のミドルスクール卒業式は、圧巻の一言。
ニューヨーク市立大学(ハンターカレッジ)の講堂を借り切って、
卒業生455名と関係者合わせて25000名規模のマンモス式典。
ニューヨークでも特に定評のあるブラスバンド部の演奏も心地よく、
来賓のウィットに富んだ祝辞に、涙と笑いの繰り返し。
大学との約束で、期待していた帽子投げができなかったのが残念だったけれど、
大人の階段を上っていく彼らの雄姿に、頼もしさいっぱいで帰途につく。

私にとっては、のべ14年続いた子どもたちの送迎からの卒業。
雨の日も風の日も雪の日も、送迎を中心にスケジュールを組んでいた。
お弁当作りはまだ何年も続くけれど、朝夕の儀式が一つ減った感じ。

少しずつ、子どもたちは巣立ちの準備を始めている。
私はもう少し時間を上手に使って、丁寧に生きてみたいと思う。

写真 2019-06-21 18 09 14

写真 2019-06-21 18 10 06

写真 2019-06-21 18 30 03


We joined the elementary school graduation ceremony for our second girl.
Suddenly the curtain opened and the children sang and danced.
I was impressed that it was like one scene of Disney movie.
The speech of the alumni representative was good enough to attract adults.
It was amazing to think that six years had passed since my tiny girl opened Kindergarten's door.

After that day, we attended the middle school graduation ceremony of our eldest son, it was a masterpiece.
They borrowed an auditorium at New York City University (Hunter College),
A total of 25000 Mammoth ceremonies including 455 graduates and related parties.
The performance of the brass band team which was particularly well-received in New York was also pleasant.
The congratulations speech of gorgeous guests was very wit, we repeated tears and laughter.
It was a pity that they were not able to throw the hat in the air since the college did not allow them.
We were happy to see their figure going up the stairs of adults.

For me, graduation from the "drop off & pick up" lasting 14 years.
On both rainy and windy days and snowy days, the schedule was controlled by kid's transfer.
Although making lunch boxes will continue for many years, I feel that one morning and evening ritual will be reduced.

Little by little, children are preparing for independent.
I want to spend a little more time well and live carefully.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-22 12 16 40

写真 2019-06-22 12 47 46


Next

写真 2019-05-19 15 36 48

写真 2019-05-19 15 42 55


身近にアートを置く意味について考える。
純粋に好きな絵だったり、インテリアとのバランスを考えたり。

私にとってアートとは。
それを手にした時、初めて目にした時の、感情を思い出すツールでもある。

貧乏留学生時代から、何度も足を運んだメトロポリタン美術館は、
あの頃の真っ直ぐな気持ちを思い出す、神聖な場所。

3ヶ月にわたって展示された「源氏物語」特別展は、
初めて百人一首を覚えた頃、「あさきゆめみし」で憧れた源氏の君、
いろんな感情を思い起こさせてくれた素晴らしい機会だった。

源氏物語を描いた書や巻物、屏風や漫画のイラストまで、
8テーマ、約120点の作品が所狭しと展示され、
1000年前の壮大な物語が、こうして今の時代に伝えられていることに感動する。

原作者の紫式部は、1000年後の世の中を想像できていたであろうか。
私たちはせめて、100年後の地球のことを考えるべきではないだろうか。

アートとは、時代を超えて伝えられるもの。
だからアートは、どんな時代にも普遍のメッセージをもたらすのだと。

写真 2019-05-19 15 39 12

写真 2019-05-19 15 39 30

写真 2019-05-19 15 37 30

写真 2019-05-19 15 37 44


I think about the meaning of putting art close to us.
It's might a purely favorite picture, and a balance with the interior.

What is art for me?
It is also a tool to remind emotions of when I first see it or when I get it.

I have visited The Metropolitan Museum of Art many times since my poor student days,
It is a sacred place that reminds me a pure feelings of that time.

A special exhibition of “The Tale of Genji” had been exhibited for three months.
When I first learned the "Hyakunin-ishu', or when I was admired by Genji in Manga of "Asaki Yumeshi",
It was a great opportunity to remind me of various emotions.

Even books and scrolls depicting the Tale of Genji, illustrations of screens and cartoons,
There were 8 themes and about 120 works on display.
I was so moved by what a grand story 1000 years ago is being told in this way.

Did Murasaki Shikibu, the original author, imagine the world 1000 years from then ?
Should we not at least think about the earth 100 years from now?

Art is something that can be transmitted over years.
So art brings a universal message in any age.

写真 2019-05-19 15 40 45

写真 2019-05-19 15 40 53

写真 2019-05-19 15 40 39

写真 2019-05-19 15 41 02
写真 2019-05-19 15 41 08

写真 2019-05-19 15 41 18


写真 2019-05-19 15 39 58

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-19 15 37 55

写真 2019-05-19 15 38 18

写真 2019-05-19 15 38 24

写真 2019-05-19 15 38 32

写真 2019-05-19 15 38 43
写真 2019-05-19 15 38 47

Next

写真 2019-05-19 16 18 02

写真 2019-05-19 16 17 16

写真 2019-05-19 16 19 15


1964年、作家や政治家として活動していたスーザン・ソンタグ女史が、
ニューヨークで発表したエッセイ「ノーツ・オン・キャンプ」を
ベースにした展示会が、メトロポリタン美術館で開催された。

この場合の「キャンプ」とは、フランス語の「Se Camper」に由来し、
「挑発的で誇張されたファッション」という意味を示す。

当時、公民権運動、女性解放運動が活発になり、
それまでの常識を外れた奇抜なファッションが流行り出していた。

単に奇抜なだけでなく、そこに知的なウィットや皮肉が入り込み、
社会的メッセージの強いファッションで個性を主張する。

スーザンは「キャンプ」の定義を58の項目にまとめたが、
彼女自身が「キャンプは難解」と記したぐらいに、その奥は深い。

メトロポリタン美術館で開催された「キャンプ」展示会は、
当時の「キャンプ」ファッションを再現し、連日の超満員。

社会情勢の不安定な時こそ、キャンプファッションを見習って、
自分なりのメッセージを社会に伝えたい。

そんな米国民の心にバシッと響いた「キャンプ」展示会、
次はどこの国で開催されるのだろうか。

写真 2019-06-20 20 45 27

写真 2019-06-20 20 46 20

写真 2019-06-20 20 47 58

写真 2019-06-20 20 48 33


Ms.Susan Sontag, who worked as a writer and politician in 1964,
presented an essay "Notes on Camp" in New York
Based on that note, "Camp" exhibition was held at the Metropolitan Museum of Art.

"Camp" in this case is derived from "Se Camper" in French.
It means "provocative and exaggerated fashion".

At that time, the civil rights movement and the women's liberation movement became active,
A weird fashion that deviated from the conventional sense had become popular.

Camp included only weird but also intelligent wit and sarcasm.
People insisted their personality in a strong fashion of social messages.

Susan summarized the definition of "camp" into 58 items.
But it was really complicated as she wrote "Camp is difficult".

The "Camp" exhibition held at the Metropolitan Museum of Art was relived the "camping" fashion of the time, and full packed every day.

When the social situation is unstable, people may learn about camp fashion to convey own message to society.

"Camp" exhibition echoed in the heart of Americans now.
What country will the next be held?

写真 2019-05-19 16 27 05

写真 2019-05-19 16 29 10

写真 2019-05-19 16 29 24


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-19 16 36 15

写真 2019-05-19 16 36 20

写真 2019-05-19 16 36 33


Next

写真 2019-05-10 18 40 45

写真 2019-05-10 18 40 47

写真 2019-05-10 18 40 42


ニューヨークで人気のエンターテイメント「THE RIDE」。
劇場風に横並びに座る観光バスに乗って、ミッドタウンを旋回する。
バスが止まると、街中に仕込んであるパフォーマーが突然現れて、
バレエやダンスを踊ったり、ジャズ演奏を始めたりする。

すっかりニューヨーク名物となった光景だけれど、
偶然そのシーンに遭遇したニューヨーカーが巻き込まれて、
一緒に踊ったり、歌ったりするのがまた面白い。

パフォーマーとして活躍するダンサー中澤利彦氏。
悲願のグリーンカードを取得した後、しばらく日本国内の凱旋に出るという。

パフォーマンス時間以外、観光バスの運転手からの指令を待っている間は、
長い長い「待機」になるため、そこに行けば彼に会える。
日本凱旋前の最終日、彼の友人が次々と、そこを訪れた。

面と向かうとシャイで口数も少ないが、その裏に秘める強い意思。
路上に出ると、水を得た魚のように、クールに踊りだす。

彼の実績は、確実に日本人ダンサーの地位を上げたきただろう。
日本での新しい挑戦も、ずっと応援していたい。

中澤利彦氏のクラウドファンディング実施中です!

写真 2019-05-10 18 40 39

写真 2019-05-10 18 40 33


There is a popular entertainment "THE RIDE" in New York.
Taking a sightseeing bus that sits side by side in a theatrical style and turns midtown.
When the bus stops, performers who are preparing in the city suddenly appear,
Dance ballet and dance, and start playing jazz.

It's a scene that has completely become a New York specialty,
A New Yorker who accidentally encountered the scene gets caught up,
It is also interesting to dance and sing together.

My friend, Toshihiko Nakazawa, is a dancer who works as a performer.
After getting a green card finally, it was said that he go for perform in Japan for a while.

While waiting for commands from the tourist bus driver except during performance times,
You can see him if you go there because it will be a long, long "wait".
His friends visited there one after another on the last day before the Japanese placement.

When he heads to face, he is very shy and has few words, but he has a strong intention behind it.
When he gets out on the street, he dances like a fish that got water.

His track record has certainly improved the status of Japanese dancers.
Please support new challenges in Japan as well.

写真 2019-05-10 18 24 47


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-10 18 25 02

Next

写真 2019-05-10 20 02 39

写真 2019-05-10 20 02 43

写真 2019-05-10 20 02 51


大人のアーティスト集団。
彼らのグループ展は、そんな表現が似合う空間だった。

ニューヨーク・マンハッタンではなく、敢えてブルックリンという場所。
小慣れた大人たちが遊ぶエリアを、自由に行き来する雰囲気。

日本のアート業界を牽引している大人たちの集結は、
クールで、少し不良っぽくて、心地の良い作品が溢れている。

彼らの仲間意識の高さも、アート界に不可欠な要素。
今の時代のアーティストは、一人じゃ生きれない。

写真 2019-05-10 20 19 49

写真 2019-05-10 20 19 41

写真 2019-05-10 20 19 58

写真 2019-05-10 20 02 58

写真 2019-05-10 20 02 26


A group of adult artists.
Their group exhibition was a space where such expressions fit.

A place called Brooklyn, not New York Manhattan.
Atmosphere that cool adults play freely in and out of the area.

The adults group driving the Japanese art industry is cool, a bit bad, and full of pleasant works.

Their high level of fellowship is also an essential element in the art world.
The artist of the present age cannot live alone.

写真 2019-05-10 20 20 16


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-10 19 19 53

Next

写真 2019-06-12 18 22 16


ブルックリン在住のアーティスト山口歴(やまぐち・めぐる)氏。
時代や国を超えて普遍的に存在する伝統的な筆跡・ブラッシュストロークを、
「カットアンドペースト」という独自の方法で大胆な作品に仕上げる。

「NIKE」「STUSSY」「ISSEY MIYAKE」「 UNIQLO」など、
すでにたくさんのコラボ企画商品を世に送り出しているし、
知名度も実力も、すでに世界の舞台はるか遠くの人になりつつある。

しかし、彼は出会った頃から少しも変わらずに、相対してくれる。
丁寧に人を繋ぎ、謙虚な姿勢も、何も変わらない。

「こんな息子を見守ってくれた親父のために」と企画した展示会。
歴氏のダイナミックな作品が鎮座する奥に、彼のお父様の作品も展示されている。
かつて「ヒステリックグラマー」のデザイナーとして活躍されたお父様は、
アートの制作活動をされる一方で、レセプションではDJ役もこなす多才な方。
素敵な親孝行の形を目の当たりにして、私に何が出来るのだろうと考える。

来年の「東京オリンピック2020」でも、某ブランドとのコラボで
世界中のアスリート達に注目されること間違いなしの山口歴氏。

世界の舞台で羽ばたく日本人アーティストに、心からのエールを。

写真 2019-06-12 18 09 00

写真 2019-06-12 18 09 05

写真 2019-06-12 18 09 26

写真 2019-06-12 18 11 44

写真 2019-06-12 18 22 08

写真 2019-06-12 18 23 20



Meguru Yamaguchi, an artist living in Brooklyn.
His works content a traditional handwriting and brush strokes that exist universally across time and country,
and he completes to bold works in a unique way called "Cut and Paste".

"NIKE", "STUSSY", "ISSEY MIYAKE", "UNIQLO", etc.
He has already launched many collaboration planning products to the world,
Both name recognition and ability are already becoming far away from us to the world stage.

However, he does not change at all from the time I met him first time, and he meets us in polite.
Politely connect people, humble attitude does not change anything.

Meguru is now holding an exhibition designed with his father.
His father, who once worked as a designer for “Hysterical Glamour”, is working on art, and he is also talented as a DJ.
Looking at the wonderful form of "filial piety", I think what I can do.

Meguru will collaborate with sports brand even next year's "Tokyo Olympics 2020",
It is no doubt that attention from athletes all over the world.

I give a heartfelt ale for Japanese artist who actives on the world stage.

写真 2019-06-12 18 07 56

写真 2019-06-12 18 08 19

写真 2019-06-12 18 08 43


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-12 18 22 45
Next

写真 2019-05-31 13 17 20


「ピンク社長とググれば、トップに出てくるよ」
初めて友人に紹介された時、いささか驚いた。

「全身ピンク色の洋服を着て、世界中をピンクに染めたい」
その理由を聞いて、妙に納得した。

本来、アジア人の肌色でこの色を着こなすことは難しいけれど、
彼女は一年中マゼンダピンクで世界中を闊歩されている。

筋の通った生き様の裏側にある、いろんな苦労や優しさを垣間見て、
何かお手伝いができないかなと思う次第。

秋のピンクパーティーを楽しみにしています。

写真 2019-05-31 16 04 09


"She will come out at the top if you search 'pink president' in google."
When I was introduced her from a friend for the first time, I was somewhat surprised.

"I want to wear pink clothes and make all over the world in pink"
When I heard the reason, I was convinced strangely.

Originally, it is difficult to wear this color with Asian skin color,
She is crawling all over the world in Magenta Pink all year round.

Because I glimpsed all kinds of hardships and kindness behind her life, I wish I can do something to help her.

I am looking forward to the "pink party in New York" in autumn.

写真 2019-05-31 11 43 06

写真 2019-05-31 12 14 03

61556106_2243056005764079_5772469245921198080_n


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-31 16 03 56
Next

写真 2019-06-08 14 04 28


友人の御子息の卒業式に参列した。
5年程前に相談を受けて、無事に合格切符を手にして、
意気揚々と、たった一人で渡米してきたのが4年前。

当時14歳の少年というと、今の長男と同じ歳。
多感な時期に親元を離れて、アメリカで生活しようという強い意志。
そして彼を送り出す親御さんの勇気と覚悟を、今さらながらに回顧する。

少し離れてみれば、あっという間の4年間。
でも、その中身はあまりにも濃厚で、短い言葉では綴れない。

高校時代の友人は、きっと必ず一生の御縁に繋がるから。
築いてきた時間をしっかり記憶の箱に封じ込めて、
ずっと心に持ち続けていて欲しいと切に願う。

卒業、おめでとう。
御両親にも、心からの感謝と祝福を。

この先始まる大学生活が、さらに実り多きものでありますように。

写真 2019-06-08 14 11 07

写真 2019-06-08 14 48 04

写真 2019-06-08 15 06 00


I attended the graduation ceremony of my friend's son.
We received consultation about five years ago, and he passed the examination to enter,
It was four years ago that he had moved to the United States alone.

Speaking of a 14-year-old boy at that time, he was the same age as my eldest son now.
A strong will to live in the United States by leaving his parents at a sensitive time.
And I looked back on the courage and preparedness of the parent who sent him out.

If we look away a little, four years passed very fast.
But its contents were too rich and we could not be spelled in short words.

Your high school friends will surely be connected to a lifetime relationship.
Keep the time you have built firmly in the memory box,
I sincerely hope that you keep it in mind.

Congratulations on your graduation.
To my parents, my heartfelt gratitude and blessings.

Hope that university life starting in the future will be more rich time.

写真 2019-06-08 14 48 30


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-08 15 27 21
Next

写真 2019-06-09 17 55 30


11月開催予定のオペラ「白狐」のプレビュー公演が、
ニューヨーク総領事公邸で開催された。

原作者の岡倉天心は、明治期における西洋化のなかで、
近代日本美術の発展に大きな功績を残した人物。
100年以上前にニューヨークで「茶の本」を英語で出版、ベストセラーとなった。

その後、日本の伝説をオペラで米国に紹介しようと書き上げた戯曲「白狐」は、
当時の作曲者と意見が合わずに、結局上演されることなく「絶筆」。

「未完成」のままであった作品が、マエストロ・平井秀明氏の手で蘇り、
オペラ歌手・田村麻子さんやNY波濤流殺陣師・香純恭さんらのコラボによって、
改めてニューヨークから世界に向けて発信されることになる。
画家・セッタンジュリ首藤あつき氏のアートディレクションも興味深い。

キツネが人間に変身して、恩人の男と結婚するというストーリー。
難しい呼称も含めて、英語で説明するのはややハードルが高いのか、
オペラは日本語のままで上演されるという。

各界のトップ、著名人、芸術家など、錚々たるVIPが鎮座されるなか、
芸術や文化に造詣の深い山野内勘二・在総領事のスピーチには説得力があり、
日本をいかにして世界に知ってもらうか、いろんな可能性を感じさせられた。

個人的な友人である方々が、こうして世界の舞台に立たれていることは、
とても刺激的かつ誇らしく、彼女らの躍進が心底楽しみでならない。

写真 2019-06-09 17 44 37

写真 2019-06-09 17 47 34

写真 2019-06-09 17 52 10

写真 2019-06-09 17 30 46

写真 2019-06-09 16 36 05 (1)


Preview performances of the opera "The White Fox" scheduled to be held in November, was held at the Consul-General of Japan, New York.

The original author, Tenshin Okakura, worked as a part of Westernization in the Meiji period.
He was a person who has made great achievements in the development of modern Japanese art.
More than 100 years ago, he published "The Book of Tea" in English in New York and became a best seller.

After that, he wrote the drama "The White Fox", to try to introduce the Japanese legend to the United States by opera.
It was said that he did not like working with the composer of the time, eventually it was not staged.

The work that remained "unfinished" is resurrected by the hands of Maestro Hideaki Hirai.
By collaboration of opera singer, Asako Tamura, and NY Hatoryu, Kyo Kasumi,
It will be sent to the world from New York again.
It is also interesting to see the art direction of the painter, Atsuki Settangeli.

"The White Fox" is the story that a fox turns into a human and marries a benefactor.
It might be difficult to explain in English, including difficult names.
This opera is planned to be staged in Japanese.

While the top of each world, a celebrity, an artist, etc. were invited as VIP,
I was convinced with speech of the consul, Kanji Yamanouchi, who had a deep knowledge of art and culture.
I was made to feel various possibilities how to make Japan known to the world.

The fact that people who are personal friends are on the stage of the world is very exciting and proud.
And we really hope their breakthroughs.

写真 2019-06-14 12 19 09

写真 2019-06-14 12 18 44


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-14 10 28 09



Next

写真 2019-06-10 19 37 00

写真 2019-06-10 19 42 52


家族でひっそり過ごすはずの誕生日。
友人たちがバースデーパーティーを開いてくれた。

いくつになっても、おめでとうを言ってもらえることは本当に嬉しくて、
どんなに照れくさくても、この日だけは主役になっても良いのかな。

節目の歳というけれど、昨日と今日と明日の私はどれも同じ私で、
時間だけは戻せないことだけが、紛れもない事実。

22歳の時に、親友を失った。
私と誕生日1日違いで生まれた彼女は、生きることに不器用だった。

今、新しいチャレンジをしているなかで、
命の大切さ、尊さを、改めて感じている。

彼女の役割はきっと、生き抜くこと、運命から逃げないことを、
残された私たちに教えてくれることだった。

もうとっくに彼女の生きた倍以上の時間を生きてきた私だけれど、
まだきっとやることがあるから、もう少し踏ん張ろう。

この世で生きることに不器用だった彼女は、
残された私たちの心の中で、ずっと、器用に生きている。

Happy Birthday to our new life.

写真 2019-06-12 7 43 49

写真 2019-06-10 20 55 06

写真 2019-06-11 8 45 25 (1)


Though it was a birthday that I should spend quietly with my family,
My friends had a birthday party for me.

No matter how old we are, it is really happy to get the words, "Congratulations",
No matter how shy we are, we may be the protagonist only this day.

It is called the year of the turning point, but I am same person, on yesterday, today and tomorrow.
It is an undeniable fact that only time cannot be returned.

When I was 22 I lost my best friend.
Her birthday was one day before mine, and she was clumsy to live.

In a new challenge now,
I feel once again the importance and preciousness of life.

Her role was to tell us what life was.
surely to survive, not to escape from destiny.

I have lived more than twice as much time as her life,
I still have something to do, so let's go a little further.

She was clumsy to live in this world,
But she lives dexterously in our remaining hearts.

Happy Birthday to our new life.

写真 2019-06-11 8 20 28

写真 2019-06-11 9 37 54

写真 2019-06-11 8 24 58


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-10 19 41 50 (1)

Next

写真 2019-06-10 17 35 03

写真 2017-11-15 22 27 47


彼女から熱いラブコールをいただいた当初は、戸惑った。
伝えることの難しさを知っているからこそ、
本当に覚悟を持って取り組まないといけないと自戒した。

私の心を解放させてくれたのは、杉原伸生氏のニューヨーク講演だった。
「感謝の連鎖」に包まれたあの感動を味わいながら、
正しいことを伝え、さらにその先を伝えてくれる人がいることに、
心から感謝しようと誓った。

誰もが、外からは見えない宿題を抱えて生きている。
だからこそ、すべての命に役割があって、すべての命は尊いのだと。
どこかで光を探している人のために、この想いが届きますように。

2012年6月10日、「未完の贈り物」初版発行。
2019年6月10日、「ミュージカル未完の贈り物」リリース。

伝え続けるのは、より良い社会への挑戦。
そして、世界平和への祈り。

*「未完の贈り物」(産経新聞出版/小学館)と「生まれてくれてありがとう」(小学館)の
両作品が原作となります。脚本・演出は小池樹里杏さん。

写真 2019-06-10 17 35 11


I was puzzled at first when I got a hot love call from her.
Only because I know the difficulty of convey, communicating,
We self-punished that we had to be prepared to tackle it.

It was Nobuki Sugihara's New York lecture that made my heart release.
While tasting the impression that was wrapped in the "sequence of thanks",
I sincerely thanked her that she would like to convey people about my opinion.

Everyone gets the theme that cannot see from the outside to live.
That's why every life has a role, and every life is precious.
I hope someone will receive this feeling for those who are looking for light somewhere.

On June 10, 2012, my book was issued the first edition.
On June 10, 2019, an information of musical version was released.

Keeping up conveying is a challenge to a better society.
And it is to pray for world peace.

写真 2019-06-10 18 39 31


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-05-16 21 28 09

写真 2019-05-16 21 41 53

写真 2019-05-16 21 54 46


前回ここに来たのはいつだろう。
そういうことを考えると、つくづく月日の経過の早さを感じてしまう。

昨年末のオープン以来、半年ぶりに訪れた隠れ家。
手の込んだ料理、一品一品すべてに感動をもらう。

この隠れ家の背景に、どんな大物プロデューサーが関わっているとか、
この隠れ家を愛する人に、どれほどの大物の名前が連なっているとか、
そんなことは、一切関係ない。

大堂シェフが長年変わらない謙虚な姿勢で向き合ってくださること。
そこに最大限の敬意を払い、私はずっと彼を応援していたい。

風薫る季節の素晴らしいメニュー、素晴らしい時間に感謝を。

写真 2019-05-16 23 00 38

写真 2019-05-16 22 00 33

写真 2019-05-16 22 30 15

写真 2019-05-16 22 47 51


When did I here last time?
When I think about that, I feel the speed of the passing of the day and time.

To a retreat that has been visited for the first time in six months since the opening late last year.
I was impressed by the elaborate dishes, one item and one item.

What big producers are involved in the background of this hideout,
To those who love this hideout, how many big names are connected,
That doesn't matter at all.

Chef Odo faces me in a humble attitude that has not changed for many years.
Paying the utmost respect there, I want to support him all the time.

Thank you for the wonderful menu of the seasons and the wonderful moment.

写真 2019-05-16 23 05 46

写真 2019-05-16 23 27 46

写真 2019-05-16 23 49 36


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-16 21 48 08

写真 2019-05-16 23 39 54
Next

米国では子供の誕生会に非常に力を入れている家庭が多い。
子供の意思というよりも、親の手腕のお披露目のような企画が多く、
人気の場所で、たくさんの友人を招いて、数千ドルを注ぎ込む。

我が家ではずっと、その類の誕生会を開いてあげる余裕はなかったけれど、
子供達も、誕生日だからといって、何かを欲しがるということもなかった。

でも親の役目として、彼らの経験値を増やしてあげることも必要だから、
少し背伸びしたお店で、「美味しい時間」というプレゼントを贈る。

彼らの胸に刻まれるこの時間が、いつか何かの支えになってくれますように。

写真 2019-05-23 18 13 31


In the United States, there are many families that put great emphasis on children's birthday parties.
There are many birthday plans like the protagonists of the parents, rather than the children's intentions,
In a popular place, they invite tons of friends and pay thousands of dollars.

We have never had money to hold a big birthday party for my kids,
The children did not want anything just because they were birthdays.

But because it is also necessary to increase their experience points as a parent role,
We give them a present called "Delicious Time" at the good restaurant.

I hope this time, engraved on their chests, will support them someday.

写真 2019-06-09 10 27 04

写真 2019-06-09 10 28 02


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next