Blog

26


2014年、冬。
全国300人の子供達に、サンタクロースから愛のこもったビデオレターが届いた。
3歳から一緒に過ごした幼なじみと一緒に、子供世代に向けての
発信ができるなんて、夢のようだった。
東京とニューヨーク。
寝る間を惜しんで原稿を書いた愛おしい時間、最高にワクワクした仕事だった。

2016年、冬。
少しだけ大人になった子供達に、もっと夢を贈りたい。
彼女の想いを受けた時、私の心にも魔法がかかった。
こんなに壮大な計画を、世界中に伝えたい。
ワクワクが高まると、それはフランスまで伝播した。

今、そっと水面下で、秘密のプロジェクトが進められている。
こうして一緒に作り上げていくものがあることが幸せで。

私達はすでに、サンタクロースから受け取ったのだと思う。
目に見えない大切なもの、愛と友情という贈り物を。

57


Winter in 2014.
The video letters with love from Santa Claus arrived in 300 children all
over the country.
Together with a childhood friend who spent together since the age of 3,
It seemed like a dream to be able to tell towards the child generation.
Tokyo and New York.
I loved the time I wrote the manuscripts without sleeping.
It was the job I was excited at the highest.

Winter in 2016.
She wanted to give dreams to children who have become adults a little more.
When I received her feelings, my heart also got magical.
I want to tell the amazing plan to the whole world.
As the excitement increased, it spread to France.

Now, the secret project is progressing under the table.
I am happy that there is something to build together in this way.

I think that we have already received from Santa Claus.
It's a gift that is invisible and important, love and friendship.

46


2014年「未来サンタ」プロジェクト Please click here about our Christmas Project in 2014.

「未来サンタ」ムービー

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

_DSC6354_edit


ニューヨークで人気のエンターテイメント「The Ride」。
その魅力については、これまでにも何度か綴ってきた。
世界中から集まる観光客や地元ニューヨーカーがチケットを求め、
連日満席御礼、ソールドアウトの札が立っている。

そこで活躍する唯一の日本人ダンサー、中澤利彦氏。
1日何本ものショーを演出する舞台の裏側は、ほぼマニュアルの世界。
バス運転手からの指令を待って、仕込み場所を移動する。
天気や交通渋滞によって、バスのルートが折々変わる。
時に運転手が停車し損ねて、スルーされることもあるらしい。

「The Ride」の面白さは、実は外からバスの中を見ている側にもある。
お客様の反応を瞬時に読み取る洞察力。
たった数分のダンスショーに、周囲の通行人をも巻き込む圧倒的な実力。

まずは人に覚えてもらうこと、誰よりも目立つことを目的に、
髪の毛を金髪に染める青年の素顔が、
誰よりもシャイで誠実なことを、私は知っている。

世界の舞台に挑戦し続ける姿は、どこまでも勇ましい。

53

56


"The Ride" is one of the popular entertainments in New York.
Regarding its charm, I have written it several times.
Tourists who gather from all over the world and local New Yorkers,
are looking for tickets, "Sold Out" plate stands every day.

He is Mr. Toshihiko Nakazawa, the only Japanese dancer playing an active
part there.
The back side of the stage which directs several shows a day is almost
a manual world.
He waits for a command from the bus driver and moves the dancing place.
Due to the weather and traffic congestion, the route of the bus changes
from time to time.
Sometimes the driver sometimes through without stopping.

The fun of "The Ride" is actually also on the side watching the inside of
the bus from the outside.
The performer is required the insight ability to read peoples response instantly.
It is overwhelming ability to involve surrounding passersby in a few minute’s
dance show.

He dyes his hair in blond for the purpose that people remember him.
Though his looks stand out more than any Asians in New York,
I know he is shy and sincere than anyone.

The figure that continues to challenge the world stage is brave.

02

05


必見。中澤利彦氏の日本凱旋記録はこちら。Please click here to watch Toshi's movie in Japan.

Toshi is in the Subway!!


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Dance × Temple (1)
Next

仕事上、若いスタッフと接することは少なくない。
子供達のテューターをお願いしている学生、
卒業してそのまま採用された新入社員。
親子ほど年の違いのある友達とも、仲良くさせてもらっている。

それなのに、この仕事を引き受けた当初、私はかなり戸惑った。
日本の現実は、もっともっと突き抜けた場所にあるのだと学んだ。
SNSをフル活用して、バーチャルだけでも、ネットワークを作り上げる。
わずか1、2年で、劇的に生活環境を変えていく日本の若者たち。
私が17年かけて築いてきたものは、一体何だったのだろうと回顧する。

しかし長い時間一緒にいるうちに、先頭を走り続けている彼らこそが、
実は危機感を抱いていることを知って、少し安心した。
面と向かっての発言は少なくとも、内に秘めたパワーは凄い。
実体のない、デジタルで作られた関係の儚さに気づいた者が変わり始めている。

彼らがきっと、日本の未来を変えていくのだと思う。
頼もしい彼らに、ここからのエールを送り続けよう。

15129905_337076713316693_989496484_n


In terms of work, I often come in contact with young staff.
There are students who are working as for children's tutors,
and new employee who graduated college and adopted as freshman.
I have friends who are very different age of mine.

However, in the beginning I underwent this job, I was quite confused.
I learned that the reality was in a place that had penetrated even more.
Japanese young people make up a network by making full use of SNS,
even though it was virtual.
They have changed the living environment dramatically in just one or
two years.
I had to look back at what I had built over 17 years.

But, during their stay in New York, I was a little relieved when I knew that
they had a feeling of crisis.
Though they are the ones who keep the status as the top.

Though their remarks towards in direct are very rare, the power hidden
inside is amazing.
Those who have noticed the fragile, digitally made relationships, are beginning
to change.

I think they will surely change the future of Japan.
Let's keep sending my ale from here to the reliable people.

カツセマサヒコ氏のブログ。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

43


サンクスギビングの翌日はブラックフライデーと呼ばれ、
この日からホリデーシーズンのセール商戦が一気に激しくなる。
お目当ての電化商品や掘り出し物を目指して、
早朝からデパートや量販店に並ぶ人々もいるし、
サイバーマンデーを前にネットサーフィンをする人もいる。

我が家は毎年恒例のベッドリネンの新調以外は目的もなく、
ウィンドーショッピングで気持ちを盛り上げる。
少しずつホリデーウィンドウのデコレーションも始まって、
街はどんどん華やかになっていく。

年末までのカウントダウンが始まった。
今年はどこで新年を迎えよう。

27


The day after Thanksgiving is called Black Friday,
From this date the sale of shopping of the holiday season will be intense.
Aiming for the target electric appliances and bargains,
Some people line up in department stores and mass merchandisers from
early morning,
Some people do surfing online on the Internet before Cyber Monday.

There is no purpose other than the renewal of our annual bed linen for
our family,
I encourage feelings with window shopping.
Little by little the decoration of the holiday window started,
The city becomes more and more gorgeous.

Countdown to the yearend has begun.
I wonder where we shall have a New Year in 2017.

11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

19


11月に東京で降雪があったのは54年ぶり。
積雪に至っては、観測史上初めてというニュースが舞い込んだ。

ニューヨークも、先週あたりからまた一気に寒くなった。
イベント帰りに夜道を一人で歩く時、見上げるといつも雪がちらついている。

一年で一番街が静かになるこの日。
人々は皆帰郷して、家族と共に感謝祭の夕食を楽しむ。

今年はターキーもアップルパイも焼かなかったけれど、
大量の餃子をほおばる子供達の横顔を眺めながら、
家族そろって一年を健康に過ごせたことに感謝した。

48


It was the first time in 54 years that snowfall occurred in Tokyo in November.
As for snow accumulated, it was the first news in the observation history came in.

New York also has got cold from last week.
When I was walking alone in the street on the way to home, the snow was flickering.

Today, the city was the quietest in the year.
All the people returned home and enjoyed a Thanksgiving dinner with their families.

Although I did not bake turkey or apple pie this year,
While looking at the profile of my kids who ate a large number of dumplings,
I thanked my family for having a good year with health.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

13


ニューヨークで活躍する日系アパレル関係者を招いてのホリデーパーティーが、
マンハッタン5番街の「無印良品」店舗で開催された。
今年のケータリングは、ニューヨークの「ハナミズキカフェ」と、
京都の「フォーカルポイント」が担当、仕込みは丸3日がかり。
事前のプレゼン構想に費やした時間は計り知れない。

それぞれのオーナーが渾身のスキルで仕上げたメニューの数々は、
目にも美しく並べられて、アパレル業界のパーティーに華を添えた。
現役モデルの多い、ファッションウィークのイベントとは違って、
今回は用意した250名分の食事があっという間になくなった。

皆様に楽しんでいくために、押し付けでないおもてなしを提供する。
裏方の仕事は、知れば知るほど、奥が深い。
華やかなパーティーの裏では、必ずそれを演出する苦労がある。
でも、お客様の笑顔と「ありがとう」の一言で、すべてが報われる。
人間の思考回路は、いたってシンプルな原点に基づいている。

53

34

04


A holiday party inviting Japanese affiliates working in New York, was held
at "Muji" store at Fifth Avenue in Manhattan.
This year's catering was in-charged by the "Hanamizuki Cafe" in New York
and "Focal Point" in Kyoto from Japan.
They spent full three days to prepare cooking.
Also, the time spent on the presentation plan in advance was immeasurable.

Many of the menus that each owner made with full idea, was lined up beautifully
and added colors to the apparel industry party.
Unlike the events of fashion weeks with many active models,
This time 250 meals of food prepared had gone quickly.
To make everyone enjoy, we provide hospitality without pushing.
The back job behind the stage is very complex.
Behind the big party, there always has another back story.
But, with people's smile and a word of "thank you", everything will be rewarded.
Human thought circuits are based on a simple origin.

50


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

hanamizuki-00027

©Sion

Next

58


「ビジネス界のオスカー」と称される「スティービー賞」は、
ギリシア語の「冠を戴いた」という意味に由来する。
60カ国以上、4,000以上の企業、団体、個人が、
様々な部門にノミネートされる。

中でも「全米ビジネス大賞」「国際ビジネス大賞」「ビジネス女性大賞」
「セールス&カスタマーサービス大賞」の4大部門は、
世界中のビジネス界が注目するビッグアワード。

従姉に授賞式に代理出席するよう依頼されたのが、つい半月前。
取り急ぎ、エスコートしてくれる男性を探し、スピーチを考えていた。
それほど大きな賞だとは知る由もなかった。
直前に、本人がスケジュール調整してNY入りすることになって初めて、
私はことの大きさに気が付いた。

***

会場は、マンハッタン、タイムズスクウェアにあるマリオットマーキーズホテル。
華やかに着飾った女性達が600名以上集う夜、表彰式の様子は全世界にライブ中継された。

白地に紅葉と竹を描いた着物姿が、レッドカーペットを飾った。
「女性が経営する企業」金賞と、「活躍する女性」銀賞のダブル受賞。
日本人女性としては初めての快挙に、世界中が注目した。

生まれた時からずっと、私にとっては姉同然の存在だけれど、
彼女の軌跡が、日本人女性のホープになるであろうと期待する。
ここからまたきっと、女性史も新しい世界に向かっていくのだろう。

***

金賞授賞時のスピーチ要旨は以下。(英文のみ)

09


The "Stevie Awards" which is called "Oscar of business world", comes
from the Greek word "crowned".
More than 4,000 companies, organizations and individuals in more than
60 countries, are nominated to various departments.

Among them, the four major divisions, "National Business Award", "International
Business Award", "Women in Business Award", and "Sales & Customer Service
Award", are big awards that are paid attention by worldwide business.

It was only half a month ago that my cousin asked me to attend the awards ceremony.
I was hurried, looking for a man who escort me, and thinking for a speech.
I never knew that it was such a big award.
Just before my cousin adjusted the schedule and entered NY,
I noticed the situation was serious.

***

The venue was Marriott Marquise Hotel in Manhattan, Times Square.
On the night when more than 600 women gorgeously dressed, the awards
ceremony was live broadcasted to the whole world.

A kimono figure depicting autumn leaves and bamboo on a white background
decorated a red carpet.
She got the gold award of "Woman-run Workplace of the year" and silver award
of Women Executive of the year."
For the first time as a Japanese woman, she was taken notice by the world.

From my birth of all my life, she has been close as my elder sister,
I expect that her trajectory will be a hope of a Japanese woman.
From this stage, surely the history of women will head to the new world.

***
The summary of Tsugihara’s speech.

I'm Etsuko Tsugihara, Founder and President of "Sunny Side Up."
I’m truly honored to be accepting this award.
I started my company when I was 17 years old, and we just celebrated
32 years this year!
You know, the Japanese culture is quite challenging for women.
In fact, female presidents are less than 1% of the 3000 companies listed
on the Japanese stock market.
As for female founders, I haven’t herd of any.
So, I hope this award will help to change the future of Japanese business women.
Thank you very much!
Arigatougozaimasu.

44


スティービー賞 Please click here about Stevie Awards

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

31

Next

00


米国の女の子に人気のお稽古事といえば、バレエ、ピアノ、そして器械体操。
アメフトや野球ほどのお祭り騒ぎということはなかったけれど、
今夏のオリンピックでの米国選手の活躍ぶりは、
全国民が見守っていたはずだ。

世界のチャンピオンに憧れる娘にせがまれて、
シモンバイルス選手のトークショーに参加した。
19歳で世界の頂点に立った彼女の素顔は、陽気でおしゃべり好き。
大家族で育つことの偉大さを、改めて感じたイベントだった。

海の向こうから託された折り鶴は、世界のトップの手に渡った。
2020年東京オリンピックにも挑戦したいという彼女のハートに、
日本人の真心を伝えられたことが嬉しい。

09


Speaking of lessons for American girls, ballet, piano and gymnastics are
very popular.
Although it was not a fever for like American football or baseball,
All the U.S. people should have watched the most active of the U.S. athletes
at Olympic Games this summer.

I was asked by my daughter who admired the world champion,
I participated in the talk show of Simone Biles, Gold medalist of the gymnastics.
She stood at the top of the world at the age of 19, and she was very cheerful
and talkative person.
This event reminded me that the greatness of growing up with a large family.

We gave her the folding paper, origami crane, that entrusted from the other
side of the ocean.
I was very glad that the Japanese people's mind was transmitted to heart to
challenge the Tokyo Olympics in 2010.

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

昨年、「ユニオンスクウェアカフェ」という超人気レストランが閉店した。
NYで30年もの歴史を刻み、ザガットサーベイでも不動の地位を守り抜いていた。
閉店の知らせを聞いたニューヨーカーは、
どんなに人気店でも家賃の高騰にかなわないことを痛感した。

その跡地を引き継いだのが、関西風高級うどんのお店「つるとんたん」。
9月のオープン直後、長蛇の列に挑むのは気合いが必要だったが、
今はその波も落ち着いたようだった。

うどんのアレンジは想像の範囲内であるけれど、内装は秀逸。
壁の装飾と照明がややアンバランスなのも計算の上だろうか。

染織アーティスト、西形彩庵氏の卓越したアートワークに、
ユニオンスクゥエアの新しい歴史を期待するニューヨーカーも多い。
日本の職人技を、もっと世界に伝えたい。

37

02


Last year, an extremely popular restaurant called "Union Square Cafe"
was closed.
In the history of NY for 30 years, it kept the fixed position in Zagat survey.
New Yorker who heard the closing notice,
Everybody was keenly aware that even the most popular shops could not
cope with the soaring rent.

The shop Kansai style luxury Udon "Tsurutontan" took over that site.
Immediately after opening in September, it was necessary to get a chance
to challenge the long line,
It seems that rush has calmed down now.

Variation of Udon is within the imagination, but the interior is excellent.
Is it due to the calculation that wall decoration and lighting are somewhat
unbalanced?

To the outstanding artwork of dyeing artist Saian Nishikata,
Many New Yorkers expect Union Square's new history.
I would like to convey Japanese craftsmanship to the world more.

09


染織画家 西形彩庵 オフィシャルサイト
ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

18
Next

NYセミナーの開催というミッションだけでなく、
星さん、実歩さんと過ごした時間は、私にとっても学びが多かった。

日本で今起こっていること、日本の若者の動きを聞く一方で、
世界の中心NYのありのままの姿をお見せする。
彼らのスピード感に感嘆しつつも、私はアナログの大切さを説く。

ビジネスを超えた新しい感情を共有し、今後の展望へと話は盛り上がる。
つかの間の東京滞在時に聞いた、たくさんの事後報告も頼もしい。

彼らがどんなに大きくなっても、きっと覚えていて欲しいと願う。
2016年秋に、一緒に自由の女神を眺めた時の純粋な気落ちを。

46


In addition to the mission of holding NY seminars,
For the time I spent with Mr. Hoshi and Ms.Suzuki, I learned a lot too.

While listening to the movement of young people in Japan, or what was
happening in Japan,
I showed a real New York to them.
While admiring their speed, I preached the importance of analog.

Sharing new feelings beyond business, the talk raised to future prospects.
I heard a lot of post-fact reports when I stayed in Tokyo for a while.

No matter how big they grow, I'd like them to remember,
In the fall of 2016, pure feelings when we looked at the statue of liberty
together.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

かつて、私にスーパームーンを教えてくれた友人は、
いつしか遠くに立ち去ってしまった。

交差点で行き違う車を眺めていると、
二度と会わない人生の方が多いのだなと気付く。

期待していた月灯りも、雲間にわずかに見えるだけ。
この灯りでは、何も見つけられない。

探し物は、どこにあるのだろう。
答えがないなら、せめてその方向を照らしてほしい。

49


Once a friend, who taught me Super Moon,
had left me and gone.

While watching a car going at an intersection,
I realize that there are many people who never meet again.

The moon light that I expected was also visible only slightly between
the clouds.
With this light, I cannot find anything.

Where is the treasure I am looking for?
If there is no answer, please show me that direction at least.

43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

前職場に機内サービス企画部という部署があった。
メニューやワインをはじめ、機内のあらゆるサービスを企画検討するために、
現役CAがそこの勤務を命じられる。

機内で上映する案内ビデオや、ブリーフィングで使用する情報番組は、
かつては社内で手作業で制作されていた。
メディア知識も技術も皆無な私達にとってそれは、
涙なしでは語れないほどハードな研修でもあった。

絵コンテを描いて、朝帰りになったこともあったし、
取材は何度も撮り直しに行かされた。
ビデオカメラを持つことさえも、嫌になっていた。
大きな組織の中の無法地帯に疑問を抱いたこともあった。

あれだけ厳しい世界を生き抜いてきた後に得たものは、
苦楽を共にした同僚との、かたい絆であったと思う。

フランス南部、ドルドーニュ地方に在住の元同僚と、
10数年の時を経て、パリや東京で再会できる喜び。

人生に無駄なものはない。
時を経たからこそ、今はそれを実感している。

26


There was a in-flight service planning department in the previous
workplace.
In order to plan and consider all services in the flight, including menus
and wine,
An active CA will be ordered to work there.

Guide videos screened in the flight, and information programs used in
the briefing, were manually produced in the company before.
As for us who had no media knowledge or skills,
It was very hard training.

Drawing a picture storyboard, I welcomed a morning,
We were asked to record the interview many times.
Even having a video camera was disgusting.
Sometimes I had doubts about the lawless areas within a big organization.

What gained after we surviving the harsh world for that much,
I think it was a hard bond with my colleagues who shared pain.

I met a former colleague living in the Dordogne region, in the south of France.
We shared pleasure to be reunited in Paris and Tokyo after 10 years.

There is nothing useless in life.
After time has passed, I feel that now.

01


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

02


ニューヨーク、マンハッタンのチェルシー地区。
大好きなおさぼりスポットの地下に、
イベントスペースがオープンした。

センスの良いオーナーが、センスの良い主催者をセレクトして、
ポップアップのイベントを開催している。
実力のあるスター達が、ここを拠点に世界へと飛躍していく。

駆け出しの頃に徳を積んでくれたことを忘れない人達は、
トップに上り詰めても、必ずここに帰ってくる。

私はそっと背中を押す役割を、まっとうしたいと思う。

00

20

03

03

18

41


Here is Chelsea district of Manhattan in New York.
In the basement of my favorite secret cafe,
There is an event space.

A good owner selects good organizers with good sense,
Pop-up events are held.
Prosperous heroes will leap to the world based here.

Those who do not forget that they loaded virtues as they started,
Even if they climb to the top, they will definitely come back here.

I want to stick the role to gently press their back to forward.

43

34

39

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

03

12

Next

11

19


日本の職人魂を国内外に発進する「職人アートプロジェクト」。
昨年の京橋、渋谷に続いて、第3弾は仙台で実施された。

職人、アーティスト、フォトグラファー、ボランティアスタッフ。
総勢23名が集結した週末。
「ご安全に」の掛け声が、寒空に響いた。

たくさんの技術を駆使して、効率良く作業が進む。
縦20メートル、横10メートルの大きな壁面に、
職人が作業しているかのような、トリックアートが浮かび上がった。

お客様の注文を受けた通りにただ作業するのではなく、
職人側がお客様へアイディアを御提案するという新しいスタイル。

日本の職人は世界へ誇れるスキルを持っている。
こういう発進を続けることが、職人の地位向上に繋がればと願う。

次ステージの構想を考えながら、また日常に戻る。
仙台の星空に、小さな希望を見つけた。

52

47

31


"Craftsman Art Project" to inform Japanese craftsmanship spirit to both
in Japan and abroad.
Following last year's Kyobashi and Shibuya, the third project was held
in Sendai.

We had craftsmen, artists, photographer, and volunteer staff.
23 people gathered together on a weekend.
"Let's work in safe" their voice sounded in the cold weather.

They worked efficiently by making full use of many technologies.
On a large wall of 20 meters in length and 10 meters in width,
Trick art emerged as if the craftsmen were working.

Instead of just working as craftsmen received client's order,
A new style that craftsmen suggest ideas to customers had been shown.

Japanese craftsmen have skills that can be proud of the world.
I hope that continuing such event will lead to the improvement of
craftsmen's position.

While thinking about the concept of the next stage, we returned to
daily life.
I found a small hope in the starry sky of Sendai.

26

02

39


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

04

34

© Green Peace Design, Daisuke Ito



Next

28

08


ホテル業界の重鎮、スターウッドがバカラと提携。
オープンした頃から話題にはなっているけれど、
このホテルを心から愛しているニューヨーカーには出会ったことがない。

天井のシャンデリアから、室内の調度品まで、
すべてがバカラのクリスタルで埋め尽くされている。
これでもかという演出に、どこか気が休まらないのは、
そこに現代の無機質さを感じてしまうからだろうか。

それでも、ここを訪れる人達は、とても幸せそうに見える。
ゴージャスなトランプタワーの調度品が彷彿される。

そして一昨夜、トランプ氏が戦いに勝った。

05

24


Starwood, a leading company of hotel industry, is partnering with Baccarat.
Although Baccarat hotel has become a hot topic since it opened,
I have never met New Yorkers who really love this hotel.

From ceiling chandeliers to indoor furniture,
Everything is filled with Baccarat crystals.
Even this still makes me feel somewhat uncomfortable,
Is it because I feel modern inorganic matter there?

Still, the people who visit here look very happy.
It is reminiscent of the gorgeous Trump Tower furniture.

And last night, Mr. Trump won the battle.

39

17

26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

18
Next

眠れぬまま朝を迎えた。
民主党でも、共和党でもいい。
障害者を馬鹿にした人が大統領になるということ。
匿名の誹謗中傷で傷ついた月日を思い出す。
また悪夢が始まるのだろうか。

23


I couldn't sleep through the night.
People don't care either Democratic or Republican.
A person who made a fool to disability became a President.
Due to anonymous slander I had wounded for years.
I wonder if the nightmare will start again.

16


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

32


ニューヨークでの人気レストランは、3か月先まで予約がいっぱい。
そんな常識がまかり通るのも、世界一のファインダイニングが集約しているから。

世界最高峰の料理とサービスを満喫した後に、
今度はその裏側を見せていただく「おもてなし」を受ける。

舞台裏は戦場かと思いきや、お見事なほどに美しい。
猛烈な忙しさの中でも笑顔を絶やさないシェフやパティシエが、
あの究極の料理を生み出しているのだ。

超一流には、表も裏もない。
究極のおもてなしが、ここにも存在する。

54

24

37


Popular restaurants in New York are full of reservations until three months
ahead.
Because the world's finest dining is consolidating, that common sense is
going through.

After we enjoyed the world's best food and service,
we received the "hospitality" that showed the back side.

We thought that back stage was as battlefield, but it was very beautiful.
A chef or a patissier who keep smiling even in a busy situation, was creating
that ultimate dish.

The super top notch has both front and back
The ultimate hospitality exists here as well.

36


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

26


「おもてなし」という言葉の意味を考える。
表裏のない態度で歓待することが、ホスピタリティーの極み。

お迎えするお客様が、どんなことを望み、
どんなことで御満足いただけるかを、考える。

美術館や名所スポットを案内する。
ニューヨークという街のハイエンドとボトムの両方を知っていただく。

全力を尽くしても、まだまだ出来なかったことがある。
やり残したことがある。
伝えられなかったことがある。

だから、続きが生まれる。
明日はもっと自分が大きくなろう。

02

18



Think of the meaning of the word "hospitality".
The ultimate of hospitality is to welcome in honest, no doubt.

Think about what customers would like to do,
also what they can be satisfy.

I guide museums and attractions.
I try to let them know both the high end and the bottom of the city of New York.

Even if I did my best, I had not done it yet.
I had left something behind.
There was something I could not tell.

So, a continuation is born.
I will become bigger person.

21


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

12
Next

02

57


日本から来た起業家プロデューサーの取材を企画する。
取材枠にふさわしい対談相手を探し、まず交渉。
そして記事掲載してくれるメディアに売り込む。

たくさんの仕込みと事前準備を整えて、
NY起業家の発祥地ともいえるシェアオフィスでの対談が実現。
日本の一起業家が、グローバル企業のCEOと対談するという稀な機会。

どんなに小さな企画でも、そこに愛があることが大前提。
御協力いただいた周囲の方々に感謝あるのみ。

23

13


I planned an interview of entrepreneur producers coming from Japan.
I looked for a counterparty who was suitable for the news gathering theme,
and negotiated him first.
And I asked to take it to the media that will post articles.

We prepared a lot of preparations in advance.
An interview at a share office as the birthplace of NY entrepreneurs was
realized.
It became a rare opportunity for a Japanese entrepreneur to talk with CEO
of global company.

Even small projects, there should be a love as the major premise.
I appreciate the surrounding people who cooperate me every time.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

57


ニューヨークでよく稼ぐ人は、本当によく働いている。
「好きな時に、好きな場所で、好きな仕事をする」
そんなビジネススタイルの提言を、どう受け止めるのか。

起業家プロデューサー星渉氏と、ビジネスコンサルタント鈴木実歩女史。
今、日本で大人気というお二人のNYセミナー開催依頼をお引き受けしたのは、
私が偶然日本にいた今年の7月。
御主人が駐在を終え、秋に日本帰国が決まっていた友人、
青木理恵さんから引き継いだものだった。

米国ではまったく無名な上、セミナーは日本語オンリー。
ステータスのある会場での企画は、清水の舞台覚悟の上だった。
ニューヨーカーは、夏が終わるとすぐに年末までの予定を立てるから、
一刻も早い告知が必要だったけれど、
日常業務で忙しいお二人を、早々に巻き込むわけにもいかなかった。。

ただただ、自分の足と口コミを使って、集客を始めたけれど、
周囲の反応は当初冷ややかだった。
私一人が動き出したところで、当人達の必死さが伝わらない限り、
周囲のサポートすら尻つぼみになっていきそうな気配が漂っていた。

ワーキングホリデー制度のない米国では、
彼らのターゲットとしている層が存在しないというのが一番のネックだった。
苦労して滞在ビザを取得して、すでに起業・就業している人達に、
どうやって訴えれば良いのだろうかと考えた。

デジタルの世界、ネットワークビジネスで活躍してきた彼らを、
あえてアナログの世界で繋ぐことだけが、私にできることだった。
途中何度も心が折れそうになったけれど、
ずっと支えてくれたのは、ニューヨーク在住歴の長い友人たち。
そして海の向こうに住む日本の友人たち。

「ファッショナブルレイト」「ドタ参」の多いニューヨーカーには、
セミナー当日まで情報を流し続けた。
最後の参加者は、セミナー開始の23分前にチケットを購入してくれた。

*****

昼の部と夜の部を合わせて100人以上の方々が集結。
星さんの話も、実歩さんの話も、ニューヨーカーにとっては新鮮で、
御自分のビジネスを客観視するキッカケになったという感想が相次いだ。

一夜が明けて。
壇上でMCをした時に、誰よりも「アウェイ感」を抱いていたのは私だった。
緊張で声が震えていたことを、後ろの席で見ていた友人は知っている。
それでも、温かく迎え入れてくれた会場の皆さんに感謝。

楽しいこと、ワクワクすることのお手伝いなら、いくらでもやってみたい。
いろんな人繋ぎを、これからも続けていこう。

51

25


People who earn well in New York, is working really well.
"Work when you like, at your favorite place, for favorite business."
How the New Yorkers think about such a business style?

There were Mr. Wataru Hishi, a entrepreneur producer, and Ms. Miho Suzuki,
a business consultant.
It was July of this summer when I got the offer to hold NY seminars from two
popular consultants in Japan.

I took over this mission from my friend, Ms. Rie Aoki, who was supposed to
going back to Japan.

They have known well in Japan, but nobody knows them in the United States.
For the seminars in Japanese, the venue was decided for Nippon club that was
one of the top status.
We had to make announcement as soon as possible, since New Yorkers make
a schedule of the end of the year when the summer ends.
But I could not involve them because they were very busy in the day-to-day
operations.

I started to promote them, using my feet and reviews, but reaction of the
surrounding was initially nothing.
Even if I cheered them, people were not interested in it as nobody felt their
emotional activities.
And everybody felt it might become ass bud.

There is no visa status for Working Holiday in the United States.
The weak point was that their target layer did not exist here.
People who in the U.S. were already struggling to get the stay visa, and
had become entrepreneurial and employment.
So we had to think different way to collect the guests.

They have been active in the digital world and the network business.
Only thing I could do was to connect the world by analog.
My heart was going to break off many times.
But thanks to my dear friends in New York and Japan, I had supported in
many ways.

Among New Yorkers, "Fashionable Late" and "Sudden Participating" was
very common,
So I continued to announce the information till the day of seminar.
The last participants, bought a ticket 23 minutes before the seminars started.

*****

As a result, more than 110 people gathered to the seminars of the noon and night.
Stories of them were very fresh to New Yorkers,
and we got the numerous comments that it became an opportunity to
objectively view their own business.

Overnight was dawn.
When I was MC on stage, I had been feeling "Away".
That my voice was trembling with tension, a friend who was at the back
of the venue had known.
Nevertheless, thanks to everyone in the venue warmly welcomed them.

I want to plan plenty events if each one makes people to have fun and
excited.
I'll continue to connect people and people to the world.

21

13

21

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

41

28
Next

43


10月はイベント続きで、よく飛びまわった。
パリ、東京、ニューヨーク。
それぞれまったく違うジャンルの企画だったから、
常にいろんな思考が交錯して、ずっと気持ちが張っていた。

気がつくと、ニューヨークはすっかり秋色に染まっていた。
郊外の紅葉も、街中のオレンジ色も。
寒い冬が近づく心の準備を煽り立てる。

「トリックオアトリート」の声が響き渡ると、
ここから一気にホリデーシーズンの幕が開ける。

46


I was travelling over the world in October for the events.
It was in Paris, Tokyo, and New York.
Because I was joining to plan a completely different genre, respectively,
Always various thinking had been interlaced, I've never relaxed.

When I was noticed, New York was completely steeped in autumn.
There were autumn leaves in the suburb and orange color in the city.
They carried to prepare the mind the cold winter approached.

After we hear the echoing voice of "trick or treat",
Curtain of the holiday season will be opened at once.

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

03


「今度のクミシュランは、お寺の本尊で開催したい」
そんな依頼を受けて動き出したのが今年の夏。
「すでに決まっている会場では、どうもしっくりこなくて」
イベントにかける主宰者の熱意を聞くたびに、
何か力になれないかなと考えた。

ボディーワーカーとアフリカンパーカッションのセッションを、
厳粛かつ神聖な場所で味わっていただきたい。
国宝級の仏像が立ち並ぶお寺では、その音量よりも振動が難しい。
いろんな遠回りをしたけれど、都内にある武道場が快諾してくださった。

ボディーワーカーという職業すら知らなかったけれど、
宇宙と身体と心は、全部つながっていることを再認識した。
セネガル人と日本人が奏でるパーカッションは、
ズシリと響いた後の開放感がたまらなかった。

「身体と意識と心のグルーヴ」という壮大な時間旅行。
底知れない発想力を持った主宰者のふわっとした構想を、
現実的なステージとして形にする舞台裏の人たち。

世界の舞台で活躍するアーティストを、手の届く距離で体感する。
唯一無二の体験が、ここからずっと生まれていく。

38

49

26

40-1


"I would like to hold next Kumichelin at the temple of the Buddha."
I made action in response to such a request this summer.
"I feel that a venue that is already decided, is not match for next event."
Each time I heard the enthusiasm of Ms.Minagawa to the event,
I wanted to help her in some way.

It was the session with a body worker and African percussion.
She wanted to welcome members in a solemn and sacred place.
I was said that in the temple where the Buddha of national treasure statue-lined,
it is difficult to vibration than sound volume.
But after a lot of detours, a master of martial arts field in Tokyo readily agreed.

I did not know even the profession of body worker,
But I re-recognized that space, body and mind are connected all.
After I listened the percussion played by Senegalese and Japanese,
I felt my heart's openness.

We went to time travel called "the groove of body, consciousness and mind" .
There is a concept of the principal with a unfathomed imagination.
There are behind-the scenes members who form it as realistic stage.

People can feel the artists who are active on the world stage, at a distance of reach.
One and only experience, will be born from here.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

46


ニューヨークのフランス料理界でトップ3に入るレストラン「ダニエル」。
メインダイニングの予約を取るのも困難だけれど、
さらに狭き門のシークレットスペーズがある。

「スカイボックス」と言われるその空間は、
オーナーシェフ・ダニエルブルー氏のオフィスすぐ横にあり、
1日1組だけのお客様をお迎えするプライベートな聖域。
40名以上のキッチンスタッフが働く1,800スクウェアフィートの厨房を
上からぐるっと見渡せる位置に、
ガラス張りのサロンが宙吊りになっている。

ほぼ垂直の梯子のような階段を上がって、そこに辿り着くと、
モダンな家具と書籍が並ぶ、小さな空間がそこにある。
ダニエルブルー氏が御挨拶に見えた後は、
厨房という生きたアートを眺めながら、
季節感満載のジビエ中心、フルコースのおもてなし。

現場を指揮するシェフとスーシェフが、たまに気を使って
手をふってくれる。
表に見えない裏側こそが、レストランの主役だということを
痛感する。

まだまだ知らないニューヨークの穴場。
世界の中心ニューヨークは、知れば知るほど奥が深い。

29

03

33

25


The restaurant "Daniel" is one of the top three in the French cuisine world
of New York.
It is also difficult to make a reservation for the main dining room,
But in addition there is a secret space more difficult gate.

There is an exclusive spot called "The Sky Box".
It is located to next to the office of the owner chef, Daniel Boulud.
He welcomes only a set of customers one day to his private sanctuary.
The glass-enclosed dining salon is suspended above the 1,800 square
foot state of the art kitchen where 40 or more kitchen staff works.

We arrived there, using the such as the nearly vertical ladder.
The space lined with modern and neo-classic furniture and books was
like a small library.
After Mr. Daniel Boulud came to greeting and enjoyed chatting,
While watching the live art of the kitchen,
We enjoyed the gibier food, the full course of the season.

Top chef and sous chef sometimes cared us from the kitchen waving a hand.
We were keenly aware that the leading role of the restaurant was the kitchen
that was invisible from the stage.

There are still many secret places in New York.
It is much more deep world even though I live here more than 15 years.

11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

02


日本の地下鉄は、乗換え用の連絡通路が充実している。
雨が降った時には、地上に出なくても、
二駅分くらい地下道で移動出来るところもある。

ニューヨークの地下には、大きな駅でも必要以上の通路はない。
階段を降りた先に、デリとシューフィッターがあるだけで、
少しでも早く、地上の空気を吸いたいと思ってしまう。

しかしようやく最近事情が変わってきた。
暗く閑散とした通路に流行りのショップやカフェがオープン。
雨や寒さしのぎ以外でも、地下街を通るのが楽しくなる。

開発はまだまだこれからだけれど、
日本のデパ地下のような空間が、もっと生まれてほしい。

29

30


Subway in Japan, connecting passage for the transit has been enhanced.
When it rains, even if we don't go outside,
But we can move a place about two station minutes in the underpass.

In the New York underground, there were not more passages even at the
major train station.
After we got off the stairs, only there were deli and a shoe fitter.
Even a little earlier, I wanted to breath in the air on the ground.

But the situation has been finally changed recently.
In the dark and quiet passage, vogue shops and cafes have been opened.
Other than escape from rain and cold, it makes fun to pass through the
underground mall.

Development will be continued more.
Hope such as the basement store of Japanese department store will be born.

31

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

たった一枚の写真を載せるだけで、余計なことは一切言わない。
今日も頑張った自分達を「オツカレ!」の一言でねぎらう。

友人は諸事情により投稿を自粛したけれど。
「今日のオツカレ」を楽しみにしている仲間のために。

師匠の構図には、なかなか追いつけないけれど。
こうして集まってくれる仲間の存在が、何よりの宝物。

18


He just put only one photograph, and did not to say extra thing at all.
The word of "Otukare!" make relief to oneself and fellows.

He has been refrained his post by various circumstances.
For fellows who are looking forward to the "Today's Otsukare".

Though I cannot catch up the skill of my master,
I thank my fellows who share the time every time.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

07

Next

56

58


イベントがあった両日共、ソラは夜の通常営業をした。
1階と地階のテーブルをすべて入れ替えて、昼夜の仕込みをする。
その日のマルシェでの仕入れに応じて、おまかせメニューを考案する。
食材の状態によっては、急遽メニューを変更することもある。
計り知れないシェフの負担を想うと、ただ心苦しい。
だからこそ、絶対に失敗の出来ない企画だった。

すべてが終わった夜、改めてレストランを訪れた。
イベント中に何も口に出来なかった私達のために、
シェフがもう一度すべての料理を再現してくれた。
こんな美味しい料理が、あの時にサーブされていたことが誇らしい。

キッチンスタッフ、サービススタッフ。
連日満席で賑わう店内の空気と、
世界で通用するクオリティーの高さに、
ここがパリだということ、その事実を噛み締めた。

営業を終えたメンバーが、グラスを片手に集まってくる。
目に見えない裏舞台の報告に、改めて個々の人間味を感じて涙する。
表に立つ主役は、シェフとアーティストの二人だけだけれども、
それを支えるチームとしての力をも極めたい。

2016年秋、以前と変わらぬパリの街に励まされる。
日本人として、世界で何ができるだろう。
今はちっぽけな活動でも、いつか必ず大河につながる。
人生に「もし」はないから、目の前にあることをやるしかないのだと。

30

30

31


On the event's days, they opened Sola restaurant for dinner as same as usual.
They replaced all tables of the first floor and the basement, and prepared the
cooking for the lunch and dinner.
Depending on the purchase in the Marche of the day, Chef Hiroki Yoshitake
devises an Omakase menu.
Depending on the condition of the food, he has to suddenly change the menu.
I was sorry for the burden immeasurable of the chef.
So, the planning of the event was must not absolutely be a failure.

Night that all was over, we visited again restaurant.
For us that could not be eat during the event,
The chef reproduced once again all of the cooking.
We were very proud that they served such a delicious cuisine at the event.

There were perfect the kitchen staff and the service staff.
We felt the air in the restaurant crowded with fully booked every day.
It was the best quality of world-class in Paris.

The team members who finished the business came to join to drink.
By hearing the back stage report which is not visible to the eye, I was impressed
by the individual human touch.
Just two heroes, the chef an artist were the most important,
But the team power should also extremely important to support them.

In autumn in 2016, I was encouraged by the previous and abiding city of Paris.
As a Japanese, I wonder what can be done in the world.
Even in the tiny activity now, hope it will lead to the big result someday.
I only do that I can.

17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

56
Next

42


シェフ吉武広樹氏とは、別の仕事で知り合った。
パリに戻る飛行機を待つ空港で、アーティストさとうたけし氏の動画を見たと、
高揚したメッセージが届いた。
「一緒にワクワクする企画を立てましょう」

シェフとアーティストを繋ぐのが、第一段階の役目だった。
コンラッド東京でのパフォーマンス。
山形蔵王のチャリティーイベント。
一緒の空間にいるはずなのに、シェフもアーティストも個々の出番があるから、
互いの実演を見るチャンスを逃してしまう。

3度目の正直。
初夏、東京のイベントに表敬訪問してくれたシェフのために、
盛夏、アーティストが熊本震災チャリティーイベントに足を運んだ。
二人は秋にパリでの再会を約束した。

シェフもアーティストも日常業務で忙しく。
パリとNYと仙台、世界3地点での同時スカイプミーティングは、
たった2回しか出来なかった。
その間を繋ぐ私は、一流同士がぶつからないよう、直球や変化球を織り交ぜながら、
互いの意思を、地球の反対側に繋いでいった。

料理の試作に、徹夜でキッチン作業が続いた。
選曲や演出制作に、繰り返したトレーニングは数知れず。
一流としてお客様をお迎えするための、一流としてあるべき後ろ姿だった。
二人のプロの士気が、舞台裏の空気を引き締めた。

パリの人々、たくさんのメディアやジャーナリスト達が見守るなか、
「食とアート、夢のコラボ企画」が、ついに実現した。
キャンバスに描かれるペイントの色が、そのまま料理にシンクロしていく。
目の前で見たアートが、お皿の上でもう一度再現される。
デザートプレートには、パティシエが登場してスプラッシュ。
アーティストが最後の描線を入れると、パリの歴史が完成する。

その場で体感しないと分からない、文字では伝わらないものがあった。
このシェフと、このアーティストだからこそ、実現できた企画だった。
実演中にもどんどん進化していく二人の様子に、
この企画の新しい可能性を確信した。

すでに次のステージの構想が生まれている。
このタッグにしか出来ない企画が、そこにある。
当日お越しいただいたすべてのお客様と、
ソラとライブペイントアクトのスタッフ全員と、
シェフとアーティストに、感謝をこめて。

私は実りある人繋ぎで、世界をもっと繋げたい。
フードとアートの可能性を信じている。

07

43


I met a chef Mr. Hiroki Yoshitake in a different job.
He saw the video of an artist Takeshi Sato, that was one I asked him to
watch it before, at the airport when he waited for a plane returning to Paris.
Uplifting message has arrived to me.
"Let's make a plan to be excited about together."

My role of the first stage was to connect the chef and artist.
There was a performance at the Conrad Tokyo, and a charity event at
Yamagata Zao.
Though they were together in the same space, because they had individual turn,
They missed the chance to see a demonstration of each other.

Third time was a charm.
Early summer, for the chef who had paid a courtesy visit to the event in Tokyo,
Midsummer, the artist had joined up for the charity event for Kumamoto earthquake.
Two guys promised to meet again in Paris in the fall.

They were very busy with day-to-day operations.
We had just twice simultaneous Skype meeting in the world's three point, Paris,
New York, and Sendai.
I connected the meantime, so that the first-class chef and artist not hit each other,
while weaving a fastball and breaking ball.
Each other's intention, went connected to the opposite side of the Earth.

The chef worked in the kitchen through the nights for the prototype of the cooking.
The artist repeated the training with selected music and directing production.
It was their first -class effort to welcome the first-class customers.
Two professional morale tightened the air of behind-the-scenes.

In front of Paris people, media and journalists,
"Dreamy collaboration project of Food and Art" was finally held.
The color of the paint to be drawn on the canvas, continued to synchro to food.
The artworks seen in front of the eyes, reproduced once again on the dish.
At the dessert time, a pastry chef came to splash the chocolate on the plate.
When the artist put the last painting, history of Paris was completed.

It was something that only people who came to the event could feel.
This event was able to realize by this chef and artist.
Two guys continued to evolve rapidly even during the demonstration,
I was convinced the new possibilities of this project.

A vision of the next stage has already born.
It is planning that can be only in this team.
For all customers who came on that day.
For all team members of the restaurant Sola and LIVE PAINT act.
For my chef and my artist.
I would like to thank for all.

I want to connect to the world more by connecting people.
I believe the possibility of food and art.

47

10

06

58

53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

当日の動画はこちら。Please click here to watch the movie.

22

05


Next

比翼にJALの文字が見えるだけで、安堵する。
深呼吸をして、東京を駆け抜けよう。

24


I've relieved when I saw the character of JAL on the wing.
After taking a deep breath, let me go through the short stay in Tokyo.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

いつも私を遠くから励ましてくれる友人から、
最愛の奥様の訃報が届いた。

「僕は妻を守れませんでした」
その言葉に、彼女への愛がすべて詰まっていた。

直接力になれないけれど、
仲間はずっとここにいるから。

遠くから、祈らせてください。
R.I.P.

19


From a friend who always encouraged me from a distance,
an obituary of beloved wife has arrived.

"I could not protect my wife."
All love for her had been jammed in its words.

I cannot help you directly,
But we, your friends, are here.

Please let me pray from here.
R.I.P.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

45

02


パリでたった1日、予備日があった。
「モンサンミッシェルでアートトリップしよう」

地元の電車とバスを乗り継いで、片道5時間。
未明に出発しても、夕刻のアポ時間までにパリに戻れるのか。
キャンバスと機材を担ぐのは、二人でも何とかなる。
しかしフランス語での乗り換えが不安だった。

地元の友人に声をかけて誘っても、
あまりの強行スケジュールに、やんわりと断られてしまう。

「ウィ。美香ちゃんに頼まれたら、行くしかないわ」
ドルドーニュから6時間かけて、パリのイベントに来てくれた先輩が、
モンサンミッシェルまでのアテンドを引き受けてくれた。
姐御タイプの彼女が、終日私達の女神だった。

フランスの西海岸に浮かぶ小さな島、モンサンミッシェル。
強風にあおられながらも、雲ひとつない青空に救われた。
堤防を歩いて渡る人々が、遠巻きに覗き込む。

透明なキャンバスに表から素描を描き、
裏から色を入れると、孤島の聖地が浮き上がった。
拍手の音が聞こえるなか、あっという間に撤収し、
帰り道にようやく、その日最初の食事にありつく。

「次はロンドンとバルセロナでやろう」
言霊は必ず実践に繋げたい。
先輩とも再会を約束して、皆それぞれの帰路につく。
それぞれの日常の先に、世界を繋ぐ夢がある。

40

20

47


There had a day of preliminary date in Paris.
An artist said, "Let's do Art trip at Mont-St-Michel"

It took for five hours one way with the local train and bus.
Even if we leave for there before dawn, we were not sure whether we could
return to Paris until the evening of appointment time.
An artist and I could carry the canvas and the equipment by ourselves.
But I was very anxiety the connection of the local train and bus in French.

We asked the local friends to help us, but they did not agree to the mandatory
schedule.

" Oui, I couldn't deny it if I was asked by Mika."
My friend Yuki, ex-coworker of JAL, who came to Paris for the event from
Dordogne asked to help us to attend to Mont-St-Michel.
She was our goddess throughout the day.

Mont Saint Michel is a small island, floating in the west of France.
While being fanned by strong winds, there was in the cloudless blue sky.
All people who walked across the embankment looked us from there.

An artist drew a sketch from the front in a transparent canvas,
At the moment when he painted colors from the back, the holy place of the
island was seen.
Among the sound of applause, we quickly withdrew.
On the way to the station, we had a small break and took the first meal.

"Next, Let's try to do in London and Barcelona."
I want to connect Kotodama to the reality.
We promised to meet again, and returned to each routine.
We have a dream to connect the world by the art.

36

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

24
Next