Blog

毎年同じ朝日を見て、起業した頃の初心を思い出す。
沖縄出身の友人が、御親戚を総動員して、
お祝いを届けてくださった。

糸満に住む弟さん一家と、今帰仁でフルーツ園を営む叔父様。
面識のない私のために、隠れ家的な宿を探し出してくださった。

アナログな心遣いがとても嬉しくて。
どうやってこの感謝を返していこうかと考えている。

写真 2017-07-26 21 25 08


Every year I see the same scene of sun rise,
it reminds me the beginning of my entrepreneurial start.
A friend from Okinawa mobilized his relatives,
they delivered a celebration gift.

Her brother family who lives in Itoman and her uncle who runs
a fruit garden at Nakijin.
They found me while I was on the beach, they did not know me though.

I was very happy about their analog acts.
I am thinking how to return this gratitude.

写真 2017-07-26 21 24 57


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-28 11 30 10


幼少の頃に食べた沖縄の味は、
お世辞にも美味しいという思いは持てなかった。

今は沖縄の味に会いたくて、
毎年せっせと働いて、旅行資金を貯める。

のんびりと、ただ時間を見つめる。
こんな時間こそが、たまらなく愛おしい。

写真 2017-07-25 8 01 25

写真 2017-07-26 8 06 33

写真 2017-07-27 8 06 19 (1)


The taste of Okinawa that I ate when I was young,
I could not have thought that was delicious.

Now I want to taste of Okinawa food,
So, I work hard every year to save travel funding.

Just relax, I just stare at time.
Such a time is so loveable.

写真 2017-07-28 11 31 09


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-25 5 48 13


この夜明けを見たくて、毎年ここにやってくる。
1年前と比べて、寸分違わずそこにある存在と、
いつの間にか、そこから離れていった存在と。

その舞台が世界のどこであろうとも、
人として誠意ある存在でありたいと思う。

OFFICE BEAD INC.設立15年。
無事に16期目のスタートを切れたことに、感謝をこめて。

写真 2017-07-25 5 58 29


Since I want to see this dawn, I come here every year.
Compared to one year ago, there are people with no difference
in existence there.
There also are some people who left away.

Whatever the stage is in the world,
I want to be a sincerity presence as a person.

OFFICE BEAD INC. has founded for 15 years.
Thank you for having successfully started the 16th term.

写真 2017-07-25 6 01 44 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-26 6 10 42
Next

写真 2017-07-25 10 26 03


沖縄県本部(もとぶ)町の近く、渡久地(とぐち)港から高速船で15分。
限りなく透明度の高い浅瀬に囲まれた水納島。

人口わずか40人に対して、訪れる観光客は年間6万人。
それほど多くの人が、美しい海と白い砂浜を求めてやってくる。

こんな所の暮らしもあるのだということが、
島国日本の奥深さを教えてくれる。

写真 2017-07-25 13 49 27


It is near the town of Motobu in Okinawa, 15 minutes by speedboat from the port of Toguchi.
Minna-jima surrounded by shallow water with limitless transparency.

For a population of only 40 people, there are 60,000 visitors a year.
So many people come seeking beautiful seas and white sand beaches.

The fact that there are living in such places,
It teaches the real life of the island country Japan.

写真 2017-07-25 13 37 12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-25 12 30 58

写真 2017-07-25 12 32 33
Next

写真 2017-07-24 10 23 29


毎年同じ場所を訪れる。
馴染みの御夫婦が、馴染みの笑顔で迎えてくれる。
たどってきた1年を振り返るための、儀式。

写真 2017-07-24 13 16 33


We visit the same place every year.
A familiar couple greets us with familiar smile.
It is a ceremony to look back on the year that we came.

写真 2017-07-24 13 35 07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-26 6 11 25
Next

実家付近から、都心に移動して、
ようやく自分の用事をこなす時間を捻出している。

さて、今週は地方巡業。
日本各地で、どれほどの出会いが待っているのだろう。
これから出会ってくれる人たちに、今から感謝を伝えたい。

写真 2017-07-24 8 31 03


From near my parents’ house, I moved to the city center,
I finally have time to do my errands.

Well, this week is a regional tour.
How many encounters are waiting in all over Japan?
I would like to express my gratitude to the people who will meet from now.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

米国NBAのチアリーダーとして活躍するアジア人として、
15年以上前に、彼女を取材したのが出会いだった。
クリスマスシーズンの風物詩、ラジオシティーで上演される
「クリスマス・スペクタクラー」にも毎年出演する実力を、
もっと日本に伝えたいと、記事を書かせていただいた。

御主人は、ニューヨークで寿司を握る料理人。
いつか日本で御自分の店を持ちたいと、
最初のお子さんが生まれた後に、一家揃って本帰国された。

あれから長い時間が経ったけれど、‘
いつも私を応援してくれている彼女のところへ、
いつかきちんとエールを送りに行きたいと思い続けていた。

開業7年を迎えた店舗は、清潔感あふれる日本らしい造りで、
地元の常連さんたちが、和やかな時間を過ごしていた。
日本の鮮魚に舌鼓を打ちながら、穏やかな時間を共有すると、
いろんな経緯が思い起こされて、感無量だった。

一度ご縁があった人たちとは、
その舞台がどこに変わろうとも、やっぱりずっと応援し続けたい。
人の誠意について考えながら、帰路についた。

写真 2017-07-23 20 31 59


As an Asian who played an active role as a cheerleader of the American NBA,
It was encounter that I interviewed her over 15 years ago.
She danced in the Christmas season's scenes, "Christmas Spectacular"
at the Radio City every year,
I wrote an article since I wanted to report Japanese more about Japanese talent
in the world.

Her husband was a Sushi chef in New York.
He wanted to have his own Sushi restaurant in Japan,
After the first child was born, the family returned to Japan together.

A long time passed from then, but
To her that she always cheered me,
I kept thinking that I wanted to go sending ale someday.

The restaurant which celebrated the seventh year of business opening was
a Japanese-like structure full of cleanliness.
Regular customers were having a relaxing time.
Sharing a calm time while eating Japanese fresh sushi,
I was impressed that remembered many circumstances.

For the people that I have had an edge before,
No matter where the stage changes, I still want to keep supporting all the time.
While thinking about human sincerity, I came home.

写真 2017-07-23 20 29 49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-23 15 20 16


ふとロマンスカーに乗ることになった。
いつもの通勤で使う経路でも、特急券を一枚買い足すだけで、
非日常の時間を味わえる贅沢。

定時発着が当たり前の日本の鉄道に揺られながら、
人の誠意について、何度も想う。

写真 2017-07-23 15 21 53


We suddenly got an opportunity to get Odakyu Romance car.
Even with the usual way to use for commuting,
we can taste unusual luxury time, just buying a limited express ticket.

It is rare in the world that the regular arrival and departure are normal
in Japanese railroads.
I thought about the sincerity of people many times

写真 2017-07-23 15 28 30


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

男女限らず、人間の魅力はそのギャップにあると思う。
その人の意外な一面を見た時に、おおよそ恋に落ちる。

西川悟平氏のピアノを初めて聴いた時、溢れる涙を止められなかった。
まだその時は、彼の歩いてきた人生の軌跡も知らなかった。
ただ、パワフルで魂に響く音色がそこにあったから、受け止めた。

カーネギーの大ホールで、100人のオーケストラをバックに弾く時も、
ウェストビレッジにある、ウォークアップの自宅アパートで弾く時も、
その音色からは、同じエネルギーが放たれる。
彼のトークとのギャップに、人は魅了される。

夢に挑戦するニューヨークという舞台と、
かなえた夢を持ち帰る日本という土台。
どちらに対しても、同じように愛する気持ちを持ち続ける。

「諦めないで、夢は叶うから」
私もそんなメッセージを一緒に伝え続けたい。

写真 2017-07-23 9 54 47


I think that not only men and women, human attraction lies in that gap.
When people see one person's surprising aspect, he/she falls in love surely.

When I first heard Mr. Gohei Nishikawa's piano, I could not stop the tears overflowing.
At that time, I did not even know the trajectory of his life.
However, it was a powerful and reverberating tone, so I accepted it.

Even when he played with 100 members of orchestras at the Carnegie Hall,
Even when he played at a walk-up apartment in West Village,
From that tone, the same energy was emitted.
People are fascinated in the gap with his interesting talk, too.

New York is the stage that we challenge dreams.
Japan is the foundation that we bring back a dream that comes true.
We continue to have love in the same way for both.

"Don't give up, your dream will come true"
I also want to keep telling such messages together.

写真 2017-07-22 14 50 20


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-19 17 49 43 (1)

写真 2017-07-19 18 01 31 (1)

写真 2017-07-19 18 17 49 (1)

写真 2017-07-19 18 17 57


かつては、お気に入りの寿司屋のためによく足を運んだ学芸大学。
改めて訪れたのは、何年ぶりだろう。

東京から宮崎に移住してデザイン事務所を開いた友人が、
宮崎の素材をふんだんに使ったイタリア料理を楽しめる店に
連れて行ってくれた。

たった12席の小さな隠れ家的レストラン。
宮崎大使も務める中原シェフの料理はどれも絶品。
一皿一皿に、宮崎の素材へのこだわりが感じられた。

先人のものを取り入れて、より良いものを創り出していく。
手先と舌が器用な日本人シェフは、無限の可能性を秘めている。

写真 2017-07-19 18 42 42 (1)

写真 2017-07-19 18 44 37 (1)

写真 2017-07-19 18 58 50 (1)


Gakugeidaigaku-city was where I visited for my favorite sushi shop.
It has been for the first time in many years that I visited again.

A friend who moved from Tokyo to Miyazaki and opened her design office,
took me to the restaurant where we can enjoy Italian cuisine using plenty of Miyazaki materials.

It was a small hideout restaurant with only 12 seats.
The dishes by Chef Nakahara, Miyazaki Ambassador, were all excellent.
I felt the Miyazaki material for every plate.

Chefs will incorporate things from our predecessors and create better ones.
Japanese chefs with dexterous hands and tongues have infinite possibilities.

写真 2017-07-19 23 25 59 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-19 1 18 42


六本木ヒルズのけやき坂。
この辺りに確かチョコレート屋さんがあったなと思っていたら、
まさにそこが、ジャンジョルジュ東京の店舗だった。
オープンして3年以上経つというのに、訪れたのは初めて。

店内1階は、一流の料理をライブで楽しめるカウンター席。
米澤文雄シェフとは、仲間内の飲み会やイベント企画で御一緒しているけれど、
カウンター越しに働く姿は、後光がさすほど輝いて見えた。
人懐こい笑顔と真剣に働く後ろ姿。
カウンター席ならではの、緊張感と親近感が心地よい。

旬の素材をふんだんに使った料理に、日本人シェフならではの繊細さが加わり、
まさに五感で楽しむ食アートの世界を堪能。
入店した時のエスコートからお見送りまで、
料理もサービスも超一流を感じることができるのは、
2階のテーブル席と合わせても、わずか30席余という店舗のスケール感ゆえ。

かつて須賀洋介シェフの料理に惚れ込んで通っていた、
ニューヨークの「ラトリエ・ドゥ・ジュエル・ロブション」を懐かしく思いながら、
日本人シェフの若き才能たちが、世界に飛躍していく姿を想う。
彼らの活躍こそが、日本人が世界のトップを併走できることを証明してくれる。

写真 2017-07-19 1 23 15

写真 2017-07-19 1 23 49

写真 2017-07-19 1 24 51


It is located at Keyakizaka of Roppongi Hills.
I remembered there was a certain chocolate shop around here,
that was exactly the store of "Jean-Georges Tokyo."
Although it opened more than three years, it was the first time I visited.

The first floor of the restaurant is a counter seat where we can enjoy
top notch food live.
I have participated with the chef, Fumio Yonezawa, in drinking party
and event planning in the company,
But I was impressed his appearance that worked through the counter
appeared shining enough.
I watched his friendly smile and a back stance working seriously.
Nervousness and affinity unique to the counter seat were pleasant.

The delicacy unique to Japanese chefs was added to the dishes that used
seasonal ingredients abundantly,
we enjoyed the world of food art just enjoying with five senses.
From the escort to the farewell,
we felt the high-end service for both cooking and service.
Even if it is combined with the table seat on the second floor, it might be
because of the sense of scale of the store of only 34 seats.

I remember when I fell in love with the chef's Yusuke Suga's cooking,
I went to "L'ATELIER de Jowel Robuchon" in New York many times.
I hope the young talents of Japanese chefs jump to the world.
Their success demonstrates that Japanese can run the top of the world now.

写真 2017-07-18 20 43 57


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

高校時代からアメフトを見ているのに、
いまだにそのルールはよく分かっていない。

でも、いろんな体格の人が、それぞれの長所を生かした役割をできることが、
いかにもアメリカの競技らしくていい。
前職でもたくさんのスター選手を運ぶお手伝いをさせていただいたし、
アメフトは、いつも無垢で純粋な思い出と共にある。

ニューヨークで共に踏ん張る仲間が、‘
偶然同じ時期に一時帰国。
地元仲間の集まりは、気づけばアメフト会になっていた。

会のおひらきに、路上で声出しをする姿を見ていたら、
ふとあの頃に帰りたくなった。
いや、帰ってはいけない。
前に進もう。

写真 2017-07-19 8 59 34 (1)


Although I have watched American football since high school,
I still do not understand the rules.

However, I like it because it can be said that people of various physique can play
a role that makes use of their advantages.
I was able to help carry many star players even in my previous job,
American football is always innocent and pure memories.

I have a friend who lives in New York,
we came home temporarily at the same time by chance.
A group of local fellows, if we noticed, had become an American football association.

When I was watching the appearance that they made a voice aloud on the street,
Suddenly I wanted to go back to that time.
No, I will not.
Let's move forward.

写真 2017-07-15 0 55 20


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ブッカーズを飲む女と、ボウモアを飲む男。
グラスに浮かぶ大きな氷を眺めながら、地元のバーで語り合う。

何度か一緒に仕事もしているし、仲間と飲む機会はたくさんあったけれど、
地元で時間を共有することで、互いの背景がしっかり見えた気がした。

中途半端な肩書きは名乗らない。
あくまでも塗装屋として、何ができるか考える。

その生き方を、貫いてほしいから。
その恩義と感謝を、天にまで伝えてほしいから。
私にできることを、考える。

写真 2017-07-18 8 18 14 (1)


There was a woman who drinks Buckers and a man who drinks Bowmore.
We talked at the local bars while watching the large ice floating on the glass.

We also worked a couple of times together, and we had a lot of opportunities
to drink with our colleagues,
By sharing time at local, I felt that we could see each other firmly.

He does not give himself as a title of paint artist.
As a paint craftsman, he thinks what he can do.

Please pass that way of life, and tell gratitude and appreciation to the heaven.
I think about what I can do.

写真 2017-07-18 8 17 48 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-17 19 32 54


アーティストにゴールはない。
いつも進化しているから、永遠に描き続ける。

興味の対象や作風が変わっていくことを、
そのサポーターたちは、ずっと見守っている。

2年前にニューヨークという舞台にチャレンジしたロンダを、
今度はどんな形で伝えていこうかと思考を巡らせている。

アーティストの生き様は、そのまま作品に反映する。
大事なのは、伝えたい想いと受け取る想いがマッチすることで、
私は静かにその繋ぎ役という任務をまっとうする。

写真 2017-07-17 19 32 45


Artists have no goal.
Because it is always evolving, they will continue to draw forever.

That supporters have always been watching their changing of the subject
and style of interest.

For Ronda that challenged the stage of New York two years ago,
we are thinking how to tell in what form next stage.

The artist's way of life is reflected in the work as it is.
What matters is that by matching the feelings they want to convey and the
feelings people receive,
I am quietly going through the mission of that connection.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

実家から決して近いわけでもないけれど、
従姉妹や姉が通った小中学校がこの近くだったから、
何かのイベントがあるとここへやってきた。

大人に混ざって、お花見の場所取りをしたり、
周囲に盛り上げられて、突然お月見歌合戦に出場したり。

記憶の断片をかき集めると、
私はいつも周囲を喜ばせることばかり考えていた。
きっと、子供らしくない子供だったのかもしれない。

子供らしくない子供が大人になってしまった。
大人はどうやって遊ぶのか、教えて欲しい。

写真 2017-07-12 17 00 26


Although it is never close from my parents' home,
Elementary and junior high school which my cousins and elder sister got
through were near here.
We came here when there was an event of something.

We were asked to keep the seats for cherry-blossom viewing,
and put to suddenly participate at the talent show in the park.

When gathering pieces of memory,
I was always thinking about pleasing the surroundings.
Perhaps it was a child not like a child.

A child not like a child has become an adult.
I want to know how to play as an adult.

写真 2017-07-12 17 00 17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

学生時代から、よくイベント企画をやっていた。
当時はまだ珍しかったハロウィンパーティーには、女子大生50名以上が集約。
黒とオレンジがテーマのファッションコンテスト、手作りランタンコンテスト。
吉祥寺の街を仮装したまま凱旋してもらう罰ゲームで、会は最高潮に達する。

あの頃のワクワク感が、今も鮮明に蘇るし、
あのスピリッツは、今もそのまま先への希望へと繋がっている。

幼稚園に入って、大学を卒業するまで、いろんな同級生がいるけれど、
それぞれが、それぞれの雰囲気で、それぞれ繋がっているのが嬉しい。

今も、会うだけで、あの頃に戻れる仲間たち。
どんなに長い年月が経過しても、やはり同級生の信頼の壁は厚い。

写真 2017-07-13 9 05 56 (1)

写真 2017-07-13 9 06 06

写真 2017-07-13 9 07 56 (3)


Since I was a student, I had many projects of event planning.
At that time still more unusual Halloween parties, more than 50 female college
students aggregated.
We held a Black and Orange theme fashion contest, handmade lantern contest,
and so on.
We were so excited at the time of the costume parade in the city of Kichijoji.

The exciting feeling at that time still revives clearly,
That spirit is still connected to hope as it is.

There are various classmates until entering kindergarten and graduating from college,
It is nice that each is connected with each atmosphere.

Even now, just by meeting, fellows who can go to the past and future.
No matter how long the years passed, we believe each other.

写真 2017-07-12 17 07 42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-12 20 44 51
Next

目に見えないサービスを提供するホスピタリティ学。
確たるセオリーの習得と、マネジメント能力の育成。

亜細亜大学のホスピタリティ・マネジメント学科(経営学部)では、
私にとって本当に御縁のあるおふたりの教授が教鞭をとられている。

ここでおふたりが繋がっているのも奇跡のようだけれど、
こんな素敵な教授と出会える学生たちは、本当に幸運だと思う。

写真 2017-07-13 16 43 46


Studies of hospitality is to provide invisible service.
Acquisition of definite theory and development of management ability.

Asia University has Department of Hospitality Management Department (Faculty of Business Administration).
Two professors who have true relationships with me are teach to students.

It seems miraculous that the two are connected there,
Students who can meet such nice professors are really lucky.

写真 2017-07-13 12 44 54


重太みゆきさんの「有言実行」
木崎英司教授
重太みゆき教授

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

少し停滞していた作業を、今夏一気に進めようとしている。
前作よりはるかにサポートしてくれる方々も多くて、
出版業界という社会の仕組みを、改めて学ばせていただいている。

ありのままを伝えたいという姿勢は変わっていない。
書き綴っている日常には、たくさんの友人知人が登場して、
いかにたくさんの人に支えられているかを痛感する。

目の前にあることを一生懸命にやる。
唯一無二の存在を愛しみ、大切に育む。
すべての原点は、ここにあるから。

写真 2017-07-11 15 20 13


I am going to proceed work that I was stuck a bit at a stretch this summer.
Many people support much more than the previous work,
I am learning the mechanism of society of publishing industry again.

I still want to tell as it is.
A lot of friends and acquaintances appear in the daily writing,
I am keenly aware of how much people support our life.

I do my best for something that is in front of me.
Love one and only existence, carefully nurture.
All origins are here.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-11 17 11 10


靖国神社から少し坂を上ったところに、
その洋館は佇んでいる。

東京タワーを設計した内藤多仲氏による設計。
築90年の歴史を感じないほど、躯体と耐震がしっかりしているのは、
関東大震災(1923年)の直後に建立されたことも理由だろう。

仕掛け人から繋がる人たちも、旧知の仲間だらけ。
彼らの生き様に大いに共鳴できるから、
空間の使い方に迷いはない。

古き良きものを、あるべきままの姿で楽しんでいただくために。
ここで起きる新しいワクワクのパズルを、
この夏、じっくりと組み立ててみる。

写真 2017-07-11 17 09 54

写真 2017-07-11 17 09 39

写真 2017-07-11 16 26 44


At a little uphill from the Yasukuni Shrine,
There is a Western-style building.
It was designed by Tanaka Naito who designed the Tokyo Tower.
The reason that the building and the earthquake resistance are solid enough
that I do not feel the history of 90 years of construction, was built just after
the Great Kanto Earthquake (1923).

Everyone who is connected from the main person is all my old friends.
Because I am resonated much with their way of live,
there is no hesitation in how to use that space.

In order to enjoy the good old things as it is to be.
This summer, we will carefully assemble a new exciting puzzle that will happen.

写真 2017-07-11 16 48 55

写真 2017-07-11 17 04 50

写真 2017-07-11 16 55 21


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-11 17 18 34
Next

つい先日、こんな光景を見たなと思ったけれど、
気がつけばもう半年以上前のことだった。

日本代表という看板と、
日々のプレッシャーも相当なもののはずなのに。
気取らずに慕ってくれる素顔が、
とても純粋で、可愛くて。

ずっと彼女を応援したい。
切にそう思う。

写真 2017-07-11 20 03 46


I thought that I saw such a sight just the other day.
But it was more than half a year ago if I noticed it.

She is a soccer player as Japan representative,
her daily pressure should be considerable.
But I like her true side that is very pure and cute.

I want to support her forever.
I think so truly.

写真 2017-07-09 21 37 02


#ビルズのパンケーキ、やっぱり美味しい。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

「密談するなら、神楽坂でしょ」
クミシュランの主宰者は、いつも面白いことを言う。

それで私達は、神楽坂の個室で、
過去と現在と未来について語り合った。

私の原点とも言える、芝居やミュージカルの演出を、
次々と具現化してしまっている若き才能との出会い。

小さな夢が、こんな出会いから実現することもある。
世界の舞台は、ほんのすぐ目の前にあるのかもしれない。

写真 2017-07-11 6 52 14


"When we talk in secret, let us go to Kagurazaka."
The leader of Kumichelin always thinks interesting things.

So, we talked about past, present and future,
in a private room at the Japanese restaurant in Kagurazaka.

We encountered with young talent.
He has been realized directing the play, one after another.

A small dream may come true from this encounter.
The stage of the world may just be in front of us.

写真 2017-07-11 6 59 36


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-10 8 24 12


今ふり返ると、私たちが高校生だった当時の担任は、
今の私たちよりずっと若いのに、ベテラン教師の風格に溢れていた。
「素子」先生のクラスだから「もとこのこども」。
有志団体としては、あまりにも単純なネーミングだったが、
この名前が、母校西高記念祭の歴史を塗り替えた。

今でこそ、都立高校の文化祭レベルは日本一とも言われるまで向上したが、
あれほど純粋に目標に向かえた時期はないだろう。

あれから歴史的な時間が流れたにも関わらず、
私たちは堅く繋がっている。
一緒に会えるのは数年に一度だけれど、
あれほどくだらない話と真面目な話を同時にできる仲間はいない。

多感な20代の頃、そして近年に、大切な仲間を失った影響も大きくて。
でもだからこそ、こうして私たちの絆はより太くなる。

各業界の第一線で活躍する彼らの話があまりにも馬鹿げていて。
だからこそ、その笑いが明日への励みになる。

私たちは、まだここにいる。
天国の仲間には、もうしばらく待っていてもらおう。

写真 2017-07-10 8 24 01


As looked back, the homeroom teacher of our high school at that time,
was much younger than us at now.
But she was full of veteran teacher 's style.
As her name was "Motoko", simply we named a "Motoko's kids" to our volunteer group.
As a result, this name changed the history of Nishi High School Memorial Festival.
For now, the level of Cultural Festival at Tokyo Metropolitan High School has
improved until it is said to be Japan's best.
That might be the only period when we are going to the target purely.

Despite the historical time passed from then on,
we are tightly connected.
Although we can meet together once in a few years,
There are no colleagues who can do such a stupid story and a serious story
at the same time.

It was a big impression that we lost our precious friends in our 20s, and in recent years.
But that was why, our connections became tighter.

Their stories that are active in the front lines of each industry are too ridiculous.
That is why that laughter will encourage me tomorrow.

We are still here.
Please wait for a while, dear members in heaven.

kabuki7


以前書いた「勧進帳」もとこのこども関連記事もご覧ください。

写真 2017-07-10 8 37 49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-08 18 48 44


この街に来ると、地元に帰ってきたと実感する。

自転車通学していた高校時代、よく仲間と寄り道をした。
部活の合間を縫って、食べ放題のピザ屋に通い、
くだらないお喋りだけで、ずっと生きていけそうな気がしていた。

学生時代、行列のできる和菓子店の羊羹を買うために、
お年寄りに混ざって、早朝4時前から並ぶバイトもした。
あの頃に着ていた洋服は、ほぼこの街で調達していた。

街は、長い年月をかけて少しずつ変わっていくけれど、
ここで育ててもらったスピリットは、きっとずっと変わらない。

この夏またこの街で、いくつかの思い出ができそうだ。

写真 2017-07-08 18 50 03


When I came to this town, I realized that I came home locally.

In high school days, I often came here with my colleagues by bicycle.
We stopped by between club activities and went to the all-you-can-eat pizza restaurant,
I just felt like I could live forever just with our casual talking.

In the age of college students, in order to buy very popular Japanese sweets,
I lined up with the elderly from 4 o'clock early in the morning as my part-time job.
The clothes I was wearing at that time were almost procured in this town.

The city changes little by little over the years,
The spirit raised here will surely remain the same.

I will have some memories in this town again this summer.

写真 2017-07-08 18 48 52


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-07-05 18 05 29

写真 2017-07-05 18 05 13


ニューヨーク店舗の立ち上げを手伝ったヘアスタイリストの友人が、
銀座に新しい店舗をオープンした。

「アパートメント」の名の通り、ビルの1階から3階がサロンになっていて、
個室的サービスを受けられるのが特長。

ニューヨーク店舗の成功も引き金となって、銀座でも2店舗展開という急成長。

極寒のニューヨークで、ダウンを着込んで物件を探した。
工事の遅れが気になって、何度も現場に足を運んだ。
足を使って一緒に動いたことが、今こうして繋がっていることに、感慨深い。

ブレない自分を保つこと。
過去を振り返った今、それがようやく少しずつ、形になっているのだと思える。
経済的なものではなく、目に見えない一番大きなものをいただいているのは、
きっと私自身なのかもしれない。

写真 2017-07-05 18 04 46

写真 2017-07-05 18 02 27


A friend of a hair stylist opened a new store in Ginza, Tokyo.
I helped him to launch a New York store many years ago.

The store is as the name of "Apartment", the first floor to the third floor of
the building are salons.
It is characterized by being able to receive like private service.

Success of New York stores triggered, and he also has two stores in Ginza
in rapid growth.

In the extremely cold New York, we searched for the property, wearing
heavy down jacket.
I was concerned about the delay in construction, and went to the scene
many times.
I feel deeply that the fact that we moved together with our feet is connected
to now.

I try to keep strong self.
Looking back on the past, I think that it is gradually becoming form.
It might be myself who got the biggest invisible thing, not the economical
thing though.

Please click here; DRESS Hair Salon by MIWA

写真 2017-07-05 18 03 51


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

自分が何歳の頃からの記憶が残っているかという話をした。
アメリカ生まれの彼女は、自分が日本に帰国した2歳半の記憶を
はっきり持っていた。

私はその頃、足立区の団地にいて、いつも耳が痛かった。
母が私の中耳炎の悪化に気付かなかったのは、
近くを通る環状八号線の騒々しさで、返事をしない私が普通になっていたから。

付近の環境の悪さに辟易した両親は、母の母が住む保谷市への
引越しを決意した。

それで私たちは、出会った。
私は3歳で、一つ上の彼女は4歳。
そこからの記憶は、断片的だけれど、割とよく残っている。

時を経て、いま目の前にいる彼女と、また何か出来ないかなと話している。
すでにいくつかのプロジェクトを一緒にやってきたけれど、
もっときちんとした形にできないかなと、想像を膨らませている。

こんな繋がりが、すごく幸せな故郷。
私はやっぱりこういう時間を、愛している。

写真 2017-07-04 13 01 39


We talked about how old we remember things when we were old.
She was born in the United States, she remembered the story
when she returned to Japan at two and a half age.
She had it clearly.

At that time, we lived in the complex in Adachi-ku.
My mother did not notice my worse otitis media.
Because of the noise of the urban highway passing nearby,
she felt it was normal that I did not reply to her voice.

Parents who were frustrated by the poor environment of the surroundings,
decided to move to Hoya City where my grandmother lived.

So, we met.
I was 3 years old, and she was 4 years old.
The memory from there was fragmentary, but it had been quite often left.

After many years passed, we discussed about next project.
We already got some projects together,
we will work as if it can be made into a more neater form.

I am very happy that I have such a connection in my hometown.
I really love this kind of time.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-06-27 21 27 22


世界で一番好きな食事を聞かれたら、迷わずに寿司と答える。
異国の地で胃袋がノスタルジックにならずにいられるのは、
何かの折に美味しい寿司が食べられるという心の支えがあるからで。
そのために日々頑張って働こうとさえ思えてしまう。

ニューヨークに移住した当時、アメリカ人との感性の相違に戸惑い、
日本に帰りたくて仕方がなかった。
その想いは今でもあまり変わりないけれど、
彼の握る寿司との出会いが、少なからずとも救いになってきたことは間違いない。

彼が所属する店舗を変わるたびに、その後を追う。
今はすっかり予約の取れない人気職人だけれど、
誰よりも古い頃から、彼のサポーターであるという自負がある。

久しぶりに彼の寿司に会いに行く。
こんな至福の時があれば、多少しんどくても、また頑張れる。

写真 2017-06-28 12 02 29

写真 2017-06-28 12 05 31


If I will be asked my favorite meal in the world, I will answer "It's sushi."
without hesitation.
Stomach cannot stay nostalgic in a foreign land.
Because there is motivation of the mind that something delicious sushi
can be eaten.
For that reason, I even try hard to work hard on a daily basis.

When I moved to New York, I was perplexed by the difference in sensitivity
with Americans,
I was serious, and wanted to return to Japan.
Even though my feelings are still not much different,
There is no doubt that the encounter with His sushi has become saved me
at least.

Every time he changes his belonging of restaurant, I chase after that.
He is a popular craftsman that people cannot make a reservation right now,
Since earlier than anyone, I am proud that I have been his supporter.

We went to eat his sushi to his new place.
If there is such a time of bliss, I can work hard even if I am a bit somewhat
tedious.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

打算で、人は応援できない。
その人の背景にあるものに、心が惹かれた時に、
ふっと自分の中で針が動き出す。

マリリンモンローのホクロを描き忘れたとか、
アートバトルの裏方とか、
昼間から飲むビールの美味しさとか、
そんな話で盛り上がる。

たくさん笑って、ちょっと泣いて。
なぜそこに愛があるのか、分かった気がした。

理想主義だと言われることは百も承知だけれど、
きっとアートが救ってくれる。

この秋、すごいことが起こりそうだ。

19143828_10210673101601028_5790705883494164165_o

©PESUART

I cannot cheer someone by prudent motivation.
When my heart is attracted to what is behind that person,
the little hand starts to move in myself.

We were excited with such a story;
He forgot to draw a symbol mole on Marilyn Monroe's face.
The story behind the art battle.
The taste of beer to drink from daytime was extremely good.

We laughed a lot, and cried a little.
I felt like I understood why there is love in his artworks.

I am well-informed of being told that it is idealism.
But hope Art will surely save this world.

Something will happen in this fall.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

たくさんの人がやってきて、時を過ごし、いずれ祖国に帰っていく。
それが大都会ニューヨークの宿命でもある。

長女が生まれた時から、ずっと我が家を見守ってくれた友人家族が、
ついに日本に帰国する時がやってきた。

2度目のニューヨーク駐在着任時に、まだ2歳だった娘さんも、
この春に小学1年生、すっかり大きくなった。

こんなに近くで支えてくれた友人家族と、
無邪気に遊ぶ子供達を見ていたら、寂しさがこみ上げてきた。

この幼なじみの御縁が、ずっと続きますようにと願う。
元気でいれば、またすぐに会えるから。

写真 2017-06-26 16 38 45


A lot of people come, they spend the time, then go back to own country.
That is also the fate of the big city New York.

My friend's family who kept watching our family history for a long time since
my eldest daughter was born,
at last the time to return to Japan came.

When they came second time to New York, their daughter was 2 years old.
She entered the elementary school first grade this spring.

With my friend who supported us in close distance,
while watching children innocently playing, my loneliness came up.

I hope that this old friend's edge will last forever.
We will keep in touch.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-06-21 13 21 55

写真 2017-06-21 13 18 01


日本の食品、外食産業は、今どんどん海外進出を目指していて、
なかでもニューヨークという市場は、ひとつの登竜門でもある。
だからこそ、ニューヨーク在住者の意見を聞くことが最重要で、
日本式のセールスをそのまま持ってきても、なかなかうまくいかない。

限られた予算のなかで、何ができるか。
最初は、末端消費者の声を聞くために、足を使ってマーケティング。
たくさんの友人知人にサンプルを届けて、声を集める。

次に、ディストリビューターへの影響力のあるプロの方への営業強化。
料理研究家や和食シェフに、レシピ開発も兼ねてアイディアを募った。
また、サンプルと共に、ケータリングイベントにも参戦。

極めつけに、ニューヨークで活躍中のセレブシェフをお呼びして、
お酢をふんだんに使った料理をニューヨーカーにお披露目。
疲労回復と健康に有効なお酢料理の多様性を、そこにいる皆が学んだ。

日本古来の万能調味料。
ヘルシー志向の強いニューヨークで、お酢の可能性を追求する。
引き続き、日系企業の邁進にエールを送りたい。

写真 2017-06-21 14 09 36

写真 2017-06-21 14 21 23


Japanese food and catering industry are now aiming for steady expansion overseas,
Especially the market called New York is also a gateway to the world.
That is why it is most important to hear the opinions of New York residents,
Even if you bring Japanese style sales as it is, it does not go well.

What can we do in the limited budget?
At first, marketing with feet to listen to end consumers' voices.
We sent samples to many friends and acquaintances, collect their voices.

Next, we were to strengthen sales to influential professionals to distributors.
Cooking researchers and Japanese chefs also invited ideas as a recipe
development.
Also, we participated in catering events with samples.

To the last, calling a celebrity chef who was active in New York,
we presented dishes using abundant vinegar to New Yorkers.
Everyone there has learned the diversity of vinegar dishes, fatigue recovery
and effective for health.

Vinegar is Japanese ancient seasoning.
To pursue the possibilities of vinegar within healthy-oriented New Yorkers.
As Japanese, we would like to continue to support Japanese companies in New York.

写真 2017-06-21 14 09 49

写真 2017-06-21 15 22 51

写真 2017-06-21 14 10 09

写真 2017-06-21 14 10 16

写真 2017-06-21 15 37 13

写真 2017-06-21 15 43 50

写真 2017-06-21 15 42 31

写真 2017-06-22 7 58 33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-06-21 14 36 27

写真 2017-06-21 16 19 45
Next

写真 2017-06-27 13 03 51


同じ誕生月の人とは共通項がたくさんあると勝手に思っている。
6月生まれは、好奇心旺盛で、好きなものへの距離感が近い。
でも時として、一人を好み、常に徒党を組む環境から逃げ出したくなる。

だから、紫陽花の花言葉に代表される「移り気」は、まさに一つの特徴。
でも一方で、「辛抱深い愛情」や「寛容」というのもあるらしいから、
一度好きになったら、とことん愛し抜くスタンスでいたい。

ということで、今月は会う人が次々にお祝いしてくれるのも嬉しい。
誕生月はもうすぐ終わってしまうけれど、
年齢を重ねることは、楽しみで仕方ない。

これまでに出会った人、これから出会う人。
みんな人生の宝物です。ありがとう。

写真 2017-06-27 13 03 19


I assume that there are many common terms with people of the same birth month.
People whose birth in June has the character of curious, and the sense of
distance to whatever they like is close.
But sometimes, we like to be alone and we always want to escape from
the clique party environment.

Therefore, "caprice" typified by hydrangea's flower language is exactly one feature.
On the other hand, it seems that there are also "persistent affection" and "tolerance"
Once I like it, I want to be in a stance that I love it forever.

So, I was glad that the people I met celebrated my birthday,
one after another in this month.
Although my birth month will end soon,
I really enjoy I have my age.

The person I met so far, the person I meet from now.
Everyone is a treasure of life. Thank you.

写真 2017-06-27 13 02 31


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next