Blog

写真 2017-10-19 21 19 41


今夏初めてお会いした舞台演出家の伊藤靖朗氏。
彼のプロデュースする舞台を拝観した。
昨年初演の作品が、今年バージョンアップして再演するという快進撃。

水産高校に通う陽気な高校生5人組のスイサンズが、
財政難に陥った母校を救うために、伝説の釣り針を探しに行く。
社会風刺を含みながらのストーリー展開に、目が離せない。

移動参加型という珍しい舞台スタイルに挑戦したり、
社会風刺という難しいテーマを、高校生を使って解読させたり。
伊藤氏の舞台は、どこか古くて新しい。

若者が主演というキャスティングもあって、
会場中に若さのネルギー溢れる舞台だった。

「ポセイドンの牙、バージョン蛤」の次は、
どんなバージョンが生み出されるのだろうか。
伊藤氏の躍進に、日本の演劇界の未来を予感した。

写真 2017-10-20 16 51 32

写真 2017-10-20 16 51 29

撮影・林裕介 企画制作・MMJ

Mr. Yasuro Ito, is the stage director I met for the first time this summer.
I watched the stage "Poseidon's fang" he produced.
This was a good advancement that the work premiered last year upgraded
this year and replay.

There is a cheerful high school students group who go to fishery high school.
They are going to find a legendary fishhook to save the old school which fell
into financial difficulties.
The story development including social satire is very interesting.

Ito's stage is somewhere old and new.
He challenges the rare stage style of movement participation type.
He uses high school students to decipher the difficult theme of social satire.

Because there was casting that young people starred,
It was a stage full of energy of youth at he venue.

Next to "Poseidon's Fang, Clam Version"
What kind of version will be created?
I felt Mr. Ito made the future of the theater industry in Japan.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-10-08 16 51 36

写真 2017-10-08 16 42 15


メトロポリタン美術館には、多くの日本美術が常設されている。
鎧兜と刀、茶室と仏像、屏風絵と掛け軸。
多くのアメリカ人にとっての日本は、
きっとこんな風に見えているのかもしれない。

「竹」は、日本美術を圧倒的に演出してくれる。
展示されている現代作家の作品も興味深く、
美しい国、ニッポンのイメージが、また膨らんでいく。

写真 2017-10-08 16 42 35


Many Japanese art is permanently installed in the Metropolitan Museum of Art.
Armor helmet and sword, tea room and Buddha statue, folding screen picture
and hanging axis.
For many Americans,
Maybe Japan seems like this.

"Bamboo" will overwhelmingly produce Japanese art.
The works of contemporary writers being exhibited are also interesting,
The image of a beautiful country, Nippon, will also expand.

写真 2017-10-08 16 44 43

写真 2017-10-08 16 47 30



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-08 16 51 07

Next

写真 2017-10-10 13 57 49


ニューヨークに長くいる友人のなかで、
必ず一緒に誕生日をお祝いしようと約束している仲間がいる。
その仲間の一人のお誕生会はイーストビレッジで。

巨大小籠包は1日25食限定。
肉と蟹の餡がたっぷり入った皮に、
ストローを刺して、まず肉汁を吸い上げる。
火傷注意報。

仲間っていいなぁと思う、秋の昼下がり。

写真 2017-10-10 12 24 27

写真 2017-10-10 12 44 56


Among friends who are long in New York,
There are companions promised to celebrate each birthday together.
The birthday party of one of those friends was held in the East Village.

Huge dumplings are limited to 25 meals a day.
To the skin full of meat and crab bean paste,
Put the straw, first suck up the gravy.
Burn warning.

Thank for my friends, it was autumn afternoon.

写真 2017-10-10 13 25 47

写真 2017-10-10 13 45 06



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-10-16 22 32 14


国境を越えて、人権を守る。
人が人らしく生きていくために、いま日本から何ができるか。

具体的な人権侵害を調査して、改善を訴えている団体の
ブレインストーミングにお声がけいただいた。

まず人権についての定義をきちんと理解することが、
私たちにできる第一歩。
そして具体的な活動を、もっと知ってもらうこと。

来春のセミナー開催に向けて、
ニューヨークで活躍するパワフルな女性たちが動き出した。

参列された皆さんの御活躍ぶりが神々しくて、
私にもきっとできることがあると、刺激をいただいた。

具体的に動くこと、その先に新たな一歩が見えてくる。

10162017


Beyond borders, protect human rights.
Based in Japan, they active for people to live as people.

I joined the brainstorming meeting of the NGO organization,"Human Rights Now".
They investigate concrete human rights violations and identify the movement
for improvement.

First of all, the first step we can do is to understand the definition of human rights
properly.
Next, to know more specific activities.

Towards the seminar next spring,
Powerful women active in New York started to move.

The performance of everyone who participated was amazing.
I got a stimulus that there is certainly something I can do.

After we move concretely, a new step ahead will appear.

写真 2017-10-17 6 43 21


認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ HumanRights Now


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

立ち上げからずっと手伝ってきたネイル&ヘアーサロン。
彼女とそのチームとは、もうすでに家族みたいなもの。
週末の家族ご飯に呼ばれて、合流する感覚。

他愛ない話で盛り上がり、心が安らぐ時間。
食の共有は、人を繋いでいく。
これで仕事も、きっとうまくいく。

写真 2017-10-09 13 27 22


I like the team of a Marie Nails & Dress Hair Salon" that I had helped since the launch.
She and her team are already like families.
I was called as family 's meal on the weekend, and I got a sense of confluence.

It was a time with tender stories without bothers, and to relax my mind.
The sharing of meal time connects people.
Our business will surely go well with this.

写真 2017-10-09 13 29 27



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-09 0 17 54
Next

写真 2017-10-08 17 10 28

写真 2017-10-08 16 03 38


曇り空の日曜日、
メトロポリタン美術館の2階はすごい人だかりだった。

ロダンの「考える人」。
世界中にそのレプリカが散在しているから、
世界中の誰もが、その名を知っているだろう。

こんなに小さな彫像が、なぜこれほどまでに人々の心を捉えるのか。
うずくまった人間の姿に、人は自分の姿を重ねるのだろうか。

ロダンは当初、この彫刻を「詩人」と名付けていたという。
人は誰しもが「詩人」なのかもしれない。

「考える」という苦悩の先に、明るい未来があると信じたい。

写真 2017-10-08 15 39 50

写真 2017-10-08 15 39 42


It was Sunday with cloudy sky.
The second floor of the Metropolitan Museum of Art was very crowded.

There was a Rodin's "Le Penseur".
Because the replicas are scattered all over the world,
Everyone in the world will know the name.

Why are such small statues capturing the hearts of people so far?
Do people overlap their appearance themselves with this human figure?

Rodin initially named this sculpture "Le Poetet".
Everyone may be a "poet".

I want to believe that there is a bright future ahead of the anguish "thinking".

写真 2017-10-08 15 38 54



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-10-12 14 52 18 (1)

写真 2017-10-12 14 52 30 (1)

写真 2017-10-12 14 52 44

写真 2017-10-12 14 52 53 (1)

写真 2017-10-12 14 53 03 (1)


これだけ和食文化が根付いたニューヨークでは、
必然的に、和食器への注目度も高い。

小野哲平氏の作品は、手と心に優しい。
個性的な釉薬使いも、色の残し方も。
美味しく食事を楽しんでほしいという想いが伝わってくる。

ギャラリーで静かに佇むオブジェ達も、
ショップで飛ぶように売れていく日常使いの食器達も。

作家の人柄なのかなと思う。
器との出会いは、豊かな心を連れてくる。

写真 2017-10-12 14 53 10 (2)

写真 2017-10-12 15 07 13


In New York where Japanese cuisine has taken root,
Inevitably, attention to Japanese-style pottery is also high.

Mr. Teppei Ono's work is gentle to the hands and the heart.
Unique glaze use, also how to leave color.
The feeling that he wants us to enjoy delicious meal is transmitted.

We can see his objects at the gallery.
And we can buy his casual series at the shop.

I think that it is a character of an artist.
Encounter with pottery brings a rich heart.

写真 2017-10-12 15 46 55 (1)

写真 2017-10-12 15 47 25 (1)

写真 2017-10-12 15 47 57 (1)



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

かつて、私には絵を描いてくれなかったアーティストがいた。
身内同然の者に買ってもらうのは、惨めだからと。
今は、ニューヨークに飾って欲しいというアーティストがいる。
私自身は何も変わらないつもりでも、季節も人も移ろいゆく。

******

2週間の個展を終えてアーティストが帰国する時、
私は彼女のエネルギーを、手元に置いておきたくなった。

中国古来の伝えで、龍と孔雀は天と地を繋ぐという。
ずっと私を見ていた龍に、これからも守って欲しいと思った。
下地には、京都鴨川神社の砂が埋められている。

自宅のリビングルームに、新たな守り神が加わった。
私はまたアートに救われる。
その力を伝える旅に、ここから歩き出す。

写真 2017-09-30 17 13 43


Once, there was an artist who did not draw a painting when I asked.
He said it was miserable if I bought it, because I was just as an agent.
Now there are artists who ask me to decorate their arts in New York.
Even though I am not going to change anything, the season and people will change.

******

When the artist returned to Japan after finishing her two-weeks solo exhibition,
I wanted to keep her energy at hand.

In ancient China telling, dragons and peacocks connect heaven and earth.
To the dragon who was watching me, I pray to ask to save us.

A new guardian god was added to our living room.
I will be saved by art again.
I will leave on a journey from here to convey that power.
The base of the painting is filled with sand of Kyoto Kamogawa Shrine.

写真 2017-09-29 20 23 59



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-01 17 00 48
Next

前職を休職してニューヨークに留学していた時、
出張で来紐育した地上職の先輩が、食事に誘ってくださった。
無給で勉強している後輩の、陣中見舞というところだろうか。

当時、乗務員の滞在ホテルを契約する責任者だった先輩がいた。
ニューヨークのホテルを数軒、一緒に見てまわった。
いわゆるクルー部屋の条件というのがあって、
滞在中の乗務員が安全に過ごせることが最優先。
そして予算は驚くほど少ない。

つくづく、厳しい労働環境だと思う。
それでも、元気に活躍されている皆さんを尊敬する。
彼女たちによっても、空の安全が守られている。

写真 2017-10-02 21 29 36


When I took years-off and was studying abroad in New York,
A senior from a ground-based job who led a business trip to Japan
invited me to dinner.
They treated me to encourage my student life in New York.

At that time, there was a senior who was responsible for contracting
a stay hotel for a crew members.
I searched several hotels in New York together.
There is the condition of the so-called crew room,
The highest priority is to be able to spend safety while staying as crew.
And the budget is surprisingly small.

I think it is a difficult working environment.
Even so, I respect the people who are active in good health.
Safety of the sky is also protected by them.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

「うわー、まんつき、綺麗ー!」
末娘の発言は、いつも突拍子もない。
でもこの感性を大事にしたいと、丁寧に答える。

「なんで、お月様っていうの?」
「なんで、月明かりっていうの?」
「なんで、お月見なんかするの?」

月を悦び、月を愉しむのは、日本人ならではの感性だから。
アメリカ人と、この会話はできない。

今度は、もっと広い空で、月を見よう。

写真 2017-10-07 20 54 09


"Wow, It's full moon, beautiful!"
My eldest daughter 's remarks are always funny.
But I want to take care of this feeling, answer politely.

Why do we call "Dear Moon"?
Why do we say "the moonlight"?
Why do we enjoy "a moon view"?

We are pleased with the moon and enjoying the moon because it is a sensibility
unique to Japanese people.
I may not have this conversation with American people.

Next time, let's see the moon in a wider sky.

写真 2017-10-07 21 46 07



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-10-01 15 04 41


一年に一度だけ、我が家のすぐ前にもストリートフェアがやってくる。
いつも同じベンダーが回っているだけだから、目新しいものは何もない。

それでも、アメリカ人は、外の陽気に誘われて群れをなす。
久しぶりに、こんなに多くの人を見た気がする。

週末ごとに開催されるストリートフェア。
冬が来る前に、あと何回こうやって歩けるだろうか。

写真 2017-10-01 14 55 45

写真 2017-10-01 14 56 31


A street fair comes just in front of our apartment once a year.
Because the same vendor is always turning, there is nothing new.

Nonetheless, Americans are swarmed by cheerful outside.
I feel like I have seen so many people in a while.

Street fair is to be held every weekend.
I wonder how many more times will we be able to walk like this before the winter.

写真 2017-10-01 14 53 05

写真 2017-10-01 14 31 57



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-10-03 8 44 23


ニューヨーク、マンハッタンのへそとも言われる
グランドセントラル駅から、徒歩5分。
オフィス街でのランチ競争激選区でもあるこの場所に、
新たな日本食レストランが誕生した。

ブランニューのビル店舗に、モダンなインテリア。
路面間口の広さと天井の高さにビックリする。

オーナーは、日本でフグや魚料理の店舗を展開。
自社ファーム養成の新鮮な魚介類だけでなく、
寿司や焼き鳥まで揃ったメニュー。

まるで日本の居酒屋にいるよう。
ミッドタウンに行けば、美味しい和食に会える。

写真 2017-10-03 8 44 43

写真 2017-10-03 8 44 33

写真 2017-10-03 8 45 17

写真 2017-10-03 8 45 08


It is said to be a center of New York, Manhattan
From Grand Central Station, 5 minutes on foot.
In this place, which is also a highly lunch competition area in the office town.
A new Japanese restaurant "WOKUNI" has opened.

There has modern interior at brand-new building store.
I was surprised at the width of the glass surface on the road and the height
of the ceiling.

The owner develops the restaurants of fugu and fish dishes in Japan.
In addition to fresh seafood for the company farm training,
Sushi and grilled chicken are lined up on the menu.

It seems like it is in a Japanese tavern.
If you go to Midtown in Manhattan, you can meet delicious Japanese cuisine.

写真 2017-10-05 23 02 05



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-03 8 46 00
Next

写真 2017-09-28 16 57 16 (1)

写真 2017-09-28 17 13 24 (1)

写真 2017-09-28 17 15 55


「覚醒」もしくは「降臨」。
描いている時、ものすごいエネルギーが降りてくる。

素人目にはわからない、何かしらの力を受け取って、
その想いをキャンバスに、吐き出しているのかもしれない。

彼女のニューヨーク個展のために、
ロサンゼルスやトロントから駆けつけてくる来場者。
次回の個展開催の招致に、何度も足を運んできた美術館のキュレーター。

どこからそのエネルギーが舞い降りてくるのか、
少しわかった気がした。

来年の企画が、早くも動き出している。

写真 2017-09-29 15 33 12 (1)


"Awakening" or "Advent".
When an artist draw, tremendous energy comes down.

Though I am not a professional,
It may be spitting out that feeling on a canvas when she receives some power.

For her New York solo exhibition,
Visitors came from New York, Los Angeles and Toronto.
A Curator of the museum had repeatedly attended to ask her to have the next
solo exhibition there.

I felt a little understanding where from her energy came out.

The project of next year has already started.

写真 2017-09-29 15 33 27



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-29 18 33 04

Next

チェルシー地区のギャラリー街が、ネズミに襲われた。
トランプ氏とユニオンラッツ(組合ネズミ)が一緒になると、
こんなにも不気味な空気が漂う。

労働組合を持たない会社の社員、組合に加入していない社員。
かつて「ラッツ」と呼ばれていた組合非加入の社員の攻撃。
労使交渉中のアピールとして登場する巨大ネズミ。

アートと勘違いして写真を撮る観光客に見守られながら、
今日もせっせとビラを配る人たちが、一緒に戦っている。

写真 2017-09-30 21 24 18


A big mouse showed up in front of a gallery in the Chelsea area.
When Mr. Trump and “Union Rats” go together,
There was such creepy air.

Employees of companies that do not have labor unions, employees who do not join union.
It is an attack by employees who have not joined unions that were once called "Rats".
A huge mouse comes as an appeal during labor negotiations.

Many tourists misunderstood as an art, and took pictures.
Those who are handling flyers are fighting together today too.

過去のネズミに関する記事
http://ny-blog.org/archives/3139600.html
http://ny-blog.org/archives/4691310.html


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

12484630_10153780079987910_7675139528489943371_o

21950852_10214730508275175_2562229624758885711_o


ウェストビレッジの中でも、特に商業スペースの多い地域。
13年前、こんな大箱を借りて和食屋を開いた女性がいた。
私より歳下のオーナーで、当時は周囲が驚いていた。

彼女は、私の些細な泣き言をよく聞いてくれた。
人生の振り幅が大きい彼女に比べると、私なんてちっぽけだった。

東日本大震災の後、一晩で10万ドル以上の寄付を集めた。
あの行動力が、またたくさんの人を惹きつける。
テレビ画面の向こうでしか見たことのないセレブ陣が、
ここで普通に食事を楽しむ姿を見かけるのも微笑ましい。

13周年をお祝いする会に集結した面々は、
あまりに豪華キャストで、世界の舞台が少し近くに感じられた。

ますますの飛躍が、すぐ目の前にある。
日系人の奮闘は、いつも刺激的。
ここに来ると安心する、そんな空間がすぐ近くにあることが幸せ。

写真 2017-09-28 20 54 11 (1)


It is located especially in areas with many commercial space in the West Village.
13 years ago, there was a woman who rented such a large box and opened
a Japanese restaurant.
The owner was younger than I, the surroundings were surprised at that time.

She often listened to my trifling worries.
Compared with her having a wide range of life, I was just small.

After the Great East Japan Earthquake, she gathered donations of
over 100,000 dollars overnight.
That behavioral power attracted a lot of people again.
Celebrities who have seen only beyond the TV screen,
It is pleasant to see the Celebrities who have seen only beyond the TV screen,
enjoy meals here normally.

The people gathered at the celebration that celebrates the 13th anniversary.
It was too gorgeous cast, and the world stage was felt a little close.

More and more leap is right in front.
Japanese people's struggle is always exciting.
Here is the place that make us peace of mind.
I am happy that we have such a space in New York.

写真 2017-09-30 12 30 41

写真 2017-09-30 20 56 57

写真 2017-09-30 20 57 07



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-30 12 32 42

Next

写真 2017-09-16 15 31 08


高校の同窓会米国支部が発足して、
早くも10年ぐらいが経過しただろうか。

ニューヨークと米国他都市と交互で、
年に一度の総会が開催される。

参加者の年齢幅は、上下で50歳以上離れているのに、
同窓というだけで、広がる連体感。
先輩が後輩に、無償の愛を注ぐ親近感。

世界の様々な場面で活躍する面々が、
素顔で交流するのが、なんとも嬉しい。

来年はサンフランシスコで開催です。

写真 2017-09-28 9 59 50


A high school alumni association US branch was established,
As early as ten years have passed.

Alternating with New York and other cities in the U.S.,
An annual general meeting is held.

Although the age range of the participants is 50 years different or more apart
above and below,
Just by saying that it is alumni, we connect tightly.
Seniors take care of their juniors with love.

People who are active in various scenes of the world,
It is pleasant to interact on a true face.

We will hold one in San Francisco next year.

写真 2017-09-18 9 33 54



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-28 10 15 32

週刊NY生活9月23日号掲載
Next

写真 2017-09-25 22 26 12

写真 2017-09-25 22 50 04


ニューヨークで活躍するシェフ達が集うシェフナイト。
夜21時過ぎの開場なのに、アメリカ人はずいぶん早くから並ぶ。

飲食業界の交流の場として、また商品の営業の場として。
数百人の入場者で、会場の熱気は最高潮に達した。

知り合いのシェフ達が続々とやってきて、
懐かしい面々と、挨拶を交わす。

ニューヨークの飲食業界に関わって、はや15年以上経つけれど、
ここで踏ん張っている日本人の多さに、いつも感動する。

かつてウェイターとしてアルバイト採用をしたスタッフが、
今やニューヨークを代表する店舗のGMになっていたり。
小僧デビューを見守った寿司シェフが、
今や独立して自分の店舗を回していたり。

「まだまだ私も頑張らないとな」
たくさんの刺激と共に、帰宅の途についた。

写真 2017-09-25 21 40 02

写真 2017-09-25 22 32 25

写真 2017-09-25 22 57 23


Many chefs who are active in New York, gathered at the event of "Chef Night".
Even though it opened at 21 o'clock in the evening, Americans people lined up very early.

As a place to interact with the food and beverage industry, as a place for marketing products.
By hundreds of visitors, the enthusiasm of the venue reached the climax.

The chefs of acquaintances came one after another,
We were greetings exchange with nostalgic people.

Although I have been involved in New York's food and beverage industry
for more than 15 years,
I am touched by the many Japanese people who are still sticking here.

Staff who once we adopted a part-time job as a waiter,
He became the GM of a restaurant that is representative of New York.
The sushi chef that we watched his debut,
He is now turning his own restaurant independently.

"I still have to work hard"
Along with a lot of stimulus, I came my home.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-26 10 47 40
Next

写真 2017-09-23 9 48 40

写真 2017-09-23 9 48 46


チャイナタウンの北限、キャナルストリートから僅か1ブロックの辺り。
以前は中国系のホテルが多かったエリアが、
最近米系ホテル企業に買い戻されているようだ。

ホテルのメインダイニングには、有名シェフのお店が入り、
インテリアデザインは新進アーティストが参画している。

ダウンタウンのホテルのかっこ良さは、
オシャレなハードはもちろんだけれど、
そこに集う利用客のカッコ良さが、その格を2割増しにしている。

この辺りが堂々とソーホーと銘打っているのも、何だか嬉しい。
ここからまた、新しい流行が世界へと発信されていく。

写真 2017-09-23 10 12 28

写真 2017-09-23 10 14 04


It is located only one block from the northern limit of China Town, Canal Street.
Previously, there were many Chinese hotels,
It seems that it has been repurchased recently by American-style hotel companies.

A famous chef's shop enters the hotel's main dining room,
Budding artists are participating in interior design.

The cool style of the hotel in downtown,
Of course, it is because of the interiors.
Also, it is from the cool visitors gathered there.

It is glad that this neighborhood is called dignified Soho.
From here on, new epidemics will be disseminated to the world.

写真 2017-09-23 9 49 52



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-23 10 38 30
Next

写真 2017-09-22 11 54 49 (1)

写真 2017-09-22 14 36 24

写真 2017-09-22 14 37 24


ニューヨークで長く活躍する女性。
尊敬する方々とのブレインストーミングは、いつも刺激的。

たくさんの知識と教養がないと書けない文章。
たくさんの情報と人脈がないと動かないプロジェクト。

華やかな舞台の裏で、こんな人たちが支えている。
どんな御馳走よりも、素敵な女性の話が美味しくて。

秋晴れの午後は、静かに時間が過ぎてゆく。

写真 2017-09-22 12 12 42


I have friends who active long in New York.
Brainstorming with my respected people is always exciting.

She makes articles that cannot be written without much knowledge and culture.
She produces projects that will not move without much information and
personal connections.

Behind the stage, these people support heroes.
The story of a wonderful woman is more delicious than any treat.

Time goes on quietly in autumn afternoon.

21761390_10213632909634390_7488097835002787385_n



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-09-21 18 21 00


愛と情熱と魂と。
彼女の作品からは、強烈なエネルギーが放出されている。
龍も孔雀も花も人も。
そのエネルギーを伝えるメッセンジャー。

レセプションに訪れた数多くの人たちは、
彼女のパッションの源を探りたがる。
でも彼女はきっと、人が内に秘めたエネルギーを吸い込んで、
それらを昇華させるために、描き続けるのだと思う。

涙を流しながら、孔雀に向かって礼拝している人。
龍の前で、オペラを歌う人。
振り向きざまに、身の上話を披露する人。
いろんな人間模様が交錯する。

愛と孤独をそこに封じ込めて。
天に昇華していくアートが、ここにある。

写真 2017-09-21 18 30 03

写真 2017-09-21 18 30 22

写真 2017-09-21 18 30 38


Love, Passion and Soul.
From her works, intense energy is released.
Dragons, Peacocks, Flowers, People as well.
They are messengers to convey that energy.

Many people who visited the reception,
wanted to explore the source of her passion.
But she surely puts the energy that man hides in secret,
she draws painting to continue to sublimate them, I think.

A man who worships towards the Peacock while shedding tears.
Singers who sings opera in front of her works, the Dragon.
A lady who turns around and shows off her life story.
Various human patterns intersect.

They contain love and solitude there.
Here are the art works that sublimates to the sky.

写真 2017-09-21 18 28 27

写真 2017-09-21 18 28 33



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-21 18 34 10

写真 2017-09-21 18 36 08


前回のNY個展の記事 Mari's Last Exhibition in New York

A Solo Show for MARI NISHIMURA "Living Powerfully"
September 16-30, 2017 (Wednesday - Saturday 12:00-18:00)
MONTSSRRAT Contemporary Art Gallery
547 W. 27th Street, New York, NY10001

写真 2017-09-22 16 39 26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-22 19 22 07


Next

写真 2017-09-20 9 39 05


日本の米を通して、世界貢献、世界平和を目指す会合。
昨年に引き続き、首相夫人をお迎えして、150名以上のゲストが集客した。

大学教授や食物研究家によるパネルディスカッションは、
アメリカ人にとって、お米がどのような存在なのか、
とても興味深い内容だった。

国連総会の開催で緊張感の高まるマンハッタン。
警護や交通規制の激しいミッドタウンで、
ここだけがぽっかり温かい空気が漂って、
確かに、米は外交ツールになっているのだなと実感した。

写真 2017-09-19 22 51 47

写真 2017-09-19 19 35 34

写真 2017-09-19 19 53 38


It was an event aiming for global contribution and world peace through Japan rice.
As last year, over 150 guests attracted, welcomed the First Lady of Japan, Ms.Akie Abe.

We had a panel discussions by university professors and food researchers.
It was very interesting content to know the role of rice for American people.

The tension was rising in holding the UN General Assembly in Manhattan.
In the midtown where security and traffic restrictions were intense,
warm mood was drifting only there.
Indeed, we realized that rice was becoming an instrument of diplomacy.

写真 2017-09-19 19 56 22

写真 2017-09-20 9 39 15


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-19 22 52 03
Next

たくさんの打ち合わせ。
たくさんの時間。
たくさんの想い。
たくさんの文字。

一人で書き留めていたことが、
たくさんの方々の想いと重なって、
一つの形になっていく。

誰も代わりなんていない。
あなたが必要だから、今ここにいる。

写真 2017-09-19 8 54 02


Many meetings.
Lots of time.
Many thoughts.
Lots of characters.

What I had written down by myself,
It overlaps with the feelings of many people,
It becomes one form.

Nobody cannot take your role.
I am here now because I need you.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-09-16 19 33 32


夏目漱石の短編集「夢十夜」。
「こんな夢を見た」という有名な一文で始まる物語が、
日本人作曲家の手によって、オペラ楽曲という壮大な作品になった。

2008年にスウェーデンで初演され、漱石生誕150周年の今年、
国際共同作品として、新しい演出で見事に再演された。

十夜から抜粋された4つのシーンが、迫力のあるオーケストラと
想像力をかきたてられる演出で、組み立てられる。

「悟り」の境地にたどり着けずに苦悩する侍。
女の虜になり、崖に飛び込むか、豚に舐められるか、究極の選択を迫られる男。
盲目の我が子を山に捨てに行ったことから、前世の原罪が露見する父親。
死に別れた女と再会したいと100年待ち続けた男。

非現実的で幻想的な夢物語に、漱石自身の内面が伺える。
西洋のハーモニーを使って、日本のテーマを追求する。
解釈の難しい原作を表現する作曲家の苦悩と喜びも交錯。

どこまでも美しく、どこまでも力強い。
欧米で絶賛された大作が、まもなく日本に上陸する。

写真 2017-09-16 19 30 22


Natsume Soseki's notable novel "Ten Nights of Dream" is a story that starts
with a famous sentence "I had dreamed such a story".
By the hand of Japanese composer, Moto Osada, it became a magnificent work
of opera music.

"Four nights of dream" was premiered in Sweden in 2008.
As an international collaborative work, it was rearrangement spectacularly with
a new production in this year of Soseki's 150th anniversary.

Four scenes excerpted from the ten, is assembled with directing the imagination,
also with a powerful orchestra.

1. A samurai suffering without reaching the point of "enlightenment (satori)".
2. A man who becomes a prisoner of a woman is forced to choose the ultimate one;
jumps into a cliff, or is locked by pigs.
3. When the father goes to abandon his blind child, his original sin of the previous life
is revealed.
4.A man who kept waiting for 100 years to want to see a woman who died.

Inside the unreal and fantasy dreamlike, the inner surface of Soseki himself.
Using Western harmony, pursue Japanese theme.
I feel the composers' anguish and pleasure expressing difficult interpretations
are also mixed.

Moto's music is very beautiful and powerful.
A masterpiece acclaimed in Europe and America will land in Japan this month.

写真 2017-09-16 21 28 57


Promotion Movie of "Four Nights of Dream" 動画はこちら。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-17 9 34 44
Next

大きすぎる夢は持たない。
いつも自分の少し目の前にある目標が好き。
ほんの少し手を伸ばせば届きそうで、でもまだ届かない。

姉は私にとって、いつもそんな存在だった。
私よりはるかにセンスが良くて、アイディアの宝庫。
そんな彼女が応援する帽子ブランド、アミ(編み)ツムリ(頭)。

2004年にパリで鮮烈デビューを果たし、
今なお精力的に、その活躍の場を広げている。

いたるところに散りばめられている、日本の職人技。
おじいさまのニット帽子屋さんを、受け継いだというのがいい。
いろんなストーリーを一緒に編み込んで、
世界を旅する帽子たちが生まれていくのだろう。

写真 2017-09-13 14 38 01


I don't have unrealistic dream.
I like a little goal which is just in front of me.
It seems that I can achieve if I reach out for a while, but I do not reach yet.

My elder sister always existed like that.
I feel she is much better than I am, and she is a treasure trove of ideas.
"ami (knitting) tsumuli (head)" is a knit hat brand that my sister supports.

In 2004, the designer made a brilliant debut in Paris,
Even now, they are expanding the place of activity.

Japanese artisan skills are scattered everywhere in her hat.
I like the story that she has inherited the knit hat store of her grandfather.
She stitches various stories together,
Her knit hats will be born to travel around the world.

写真 2017-09-13 14 38 22


ami-tsumuli 公式ホームページ Official Website

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-13 14 38 49
Next

当初の発起人は、いまだ現役でフライトしている3人組。
気づいたら、数百人がLINEで繋がって、
気づいたら、私と親友が御指名受けて企画に合流。

これほど多くの元CAが一堂に会する機会は珍しい。
想像を超えた大きなイベントになりそうで、
たくさんの関係者が、賛同してくださった。

古巣の全面協力で、懐かしい展示品が並ぶ。
お世話になった方々からは、お祝いのメッセージ。
会場に駆けつけてくださる特別ゲスト。

本当に内容盛りだくさん。
このワクワクが、また次のステージに繋がっていく。

写真 2017-09-12 21 55 03


The original organizer is a three-person group who is still active as cabin attendants.
When we notice, hundreds of people had connected by LINE,
My best friend and I were asked to be in charge of this big event.

Opportunities for so many former CAs to come together are rare.
It is going to be a big event beyond imagination,
A lot of people agreed to join the event.

With the full cooperation of JAL, old memorial goods will be lined up.
We will show the special movie of people who took care of us.
We will welcome special guests who come to the venue.

There really is plenty of content.
This excitement leads to the next stage again.

ファイル 2017-09-12 22 11 26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-14 11 03 35

Next

コーヒーには、ほんの少しのミルクを注ぐ。
胃の弱い私には、それが儀式。

伊万里の陶芸家が、大切に持ってきてくれたマグカップ。
海を渡ってきた日本の宝物を横に置いて、
海を渡っていく文章を書く。

この想い。
どこまで、届くだろう。

写真 2017-09-13 15 46 05


Pour a little milk into the coffee.
Since I am weak in the stomach, it is a ceremony.

Here is a mug that Imari 's ceramic artist brought carefully.
I put the treasure of Japan that crossed the sea sideways,
I wrote an article crossing the ocean.

Hope this thought will reach to the heart of people.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-09-10 13 22 25


ニューヨークに留学していた頃、
生活費を絞るため、毎日大学まで歩いて通学していた。

国連本部のすぐ近くにある古いアパートで、
いつも怒鳴っているヒステリックな女性が隣に住んでいた。
私は身を潜めて、夜な夜な課題制作をしていた。

時を経て、今そのすぐ近くで、日本の若き侍が腕をふるっている。
生粋の和に、フランスで磨かれた技が交錯する。

毎回、新しい技を見せてくれるのが面白い。
若き侍が秘めた可能性に、
ニューヨーカーはたくさんの期待を寄せる。

日本の職人技は、世界に通用する切符。
世界を旅する切符の終着地を、ここから見守っている。

写真 2017-09-07 13 18 04

写真 2017-09-07 13 17 52

写真 2017-09-07 13 43 49

写真 2017-09-07 13 44 03


When I was studying abroad in New York,
I went to the university by walking every day to reduce the cost of living.

It was an old apartment in the immediate vicinity of the United Nations Headquarters,
A hysterical woman who was always shouting, lived my next door.
I was so scared that I did my assignment late night.

After many years, young Japanese samurai team is now working in the immediate vicinity.
The genuine Japanese skill and the techniques brushed in France have been intersected.

It is interesting that they show a new technique every time.
To the possibility of young samurai,
New Yorkers gather a lot of expectations.

Japanese craftsmanship is a ticket that can go to the world.
I am watching from here the destination of the ticket traveling the world.

18


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-09-11 7 02 13


先週、羽田発ニューヨーク行きのJAL便が、エンジントラブルで緊急着陸。
その翌日の同便チーフ任務を執っていたのは、元同僚だった。
ニューヨークに到着した彼女に、事故の詳細を伺いながら、
その責任の重さを、ひしひしと感じた。

16年前の今日、4機の旅客機がハイジャックされた。
突然統制を失った機内に、乗務員らはどう対応しただろう。
乗り合わせた犠牲者の心情を思うと、胸が苦しい。

崩壊したワールドトレードセンター跡地は「グラウンドゼロ」と呼ばれ、
ニューヨーク観光に来た友人らが、気軽に訪れる。
新しく建設されたフリーダムタワーも、すでに新名所になった。

静かに黙祷を捧げる。
私は今でも、あの区域を歩けない。

忘れない。

1239191_542893002433238_620577603_o


Last week, JAL flight from Haneda to New York got an emergency landing with
an engine trouble.
My former colleague took the chief mission of the same flight the following day.
While asking the details of the accident to her who arrived in New York,
I felt the weight of the responsibility to be serious.

Today of 16 years ago, four aircrafts were hijacked.
How did the flight crew respond to the sudden loss of control?
My heart is very painful when I think of the feelings of the victims.

The collapsed site of the World Trade Center is called "Ground Zero"
Friends who came to visit New York will feel free to visit.
The newly built Freedom Tower has already become a new sight spot.

I silently give a silent prayer.
I still cannot walk in that area.

Never forget.

写真 2017-09-11 5 49 27

©September 11 Memorial & Museum

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨークに来た友人に、オススメのお店を聞かれる。
一通り試した人には、最後にはチャイナタウンを勧める。

ビール飲んで、たらふく食べて、
チップ込みで、1人14ドル。

悪くない。

58


A friend who come to New York always ask me about the recommended restaurants.
To the person who tried them all, I recommend Chinatown in the end.

Drink beer, eat as much as you can,
Tipping included, $ 14 per person.

not bad.

写真 2017-09-09 9 12 49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-08-20 17 47 05


個人的な好みだけれど、
私は親指1本の「いいね」スタンプが嫌い。
こちらが真摯に語っているのに、
親指1本で会話をまとめられるとガッカリする。
どんなに短くても「了解です」「いいですね」とタイプされるだけで、
非常に好感が持てる。

LINEスタンプ人気の秘密は、
細かい感情表現をあらわす言葉が併記されているからだろうか。

たった一言で、人は傷つき、
たった一言で、人は喜ぶ。

やっぱりアナログが大事なんだと、そう思う。

写真 2017-08-20 17 46 38


Although it is my personal preference,
I dislike a "thumbs" stamp showing "like".
Although I think and type seriously,
I will be disappointed when you put together a conversation with one thumb.
I can feel very favorable, no matter how short it is, just typing "I understand it."
or "I like it.".

LINE stamp is very popular in New York, too.
It may be because words expressing detailed emotional expression
are written together.

In one word, people can be hurt.
In one word, people can be pleased.

Again, I think that analog is the most important.

写真 2017-09-08 11 16 11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next