Blog

2002年7月27日、小さな会社を設立した。
口コミだけで人脈と仕事の幅を広げ、長く細々と業務を遂行した。

何度も諦めそうになったけれど、まだ続いている。
2021年7月27日、20期目のスタート。

まだ、諦めない。

IMG_2445


On July 27, 2002, I founded a small company.
Through word of mouth alone, I expanded my network of contacts and work and carried out my business in a long and detailed manner.

I almost gave up many times, but I'm still going.
On July 27, 2021, I started my 20th term.

I'm not giving up yet.

Next

お世話になった人には、直接御礼を伝えたい。
時間が限られているからこそ、有効に足を使う。

海を渡って台湾の人々に届けられた拙著は、
手に取りたいと思わせる表紙にも、好評をいただいているらしい。

いろんな人の優しさの集大成。
世界はもっと、優しくなれる。
IMG_2476


I want to thank the people who have helped me in person.
Because time is limited, I use my activity effectively.

I heard that my book, which was delivered across the ocean to the people of Taiwan, has been well received, with a cover that makes people want to pick it up.

It is a compilation of the kindness of many people.
The world can be more kind.

IMG_1757 2

Next

IMG_2454

IMG_2455


東京都内にある私立学園で、講演させていただいた。
教科書を使わない「教えない授業」というユニークな授業を取り入れて、
現在の学校教育にメスを入れ、斬新なカリキュラムで知られている。

終業式に続く特別講演という形で、
在校生と保護者、合わせて400名程が、オフラインとオンラインで受講してくださった。

普通の日常とかけ離れた障害者の現実を、まず知っていただくこと。
話を聞いて感じたことを、友達や家族と話しあって欲しいこと。
応援されるよりも、応援する側にまわった時に、エネルギーが湧いてくること。

愛と優しさが循環する社会の実現に向けて、
生徒の皆さんが、少しでも考えるキッカケになってくれたらと願います。

当事者では伝えきれないことがある。
まず知ってください。そして一緒に伝えてください。

スクリーンショット 2021-07-18 午後0.09.37

スクリーンショット 2021-07-18 午後0.10.09

スクリーンショット 2021-07-18 午後0.10.54 2

スクリーンショット 2021-07-20 午後9.44.31


We had the opportunity to give a lecture at a private school in Tokyo.
The school is known for its innovative curriculum and unique teaching method called "teaching without textbooks," They bring the revolution to the current school education system.

In a special lecture following the school ceremony, current students and their parents, about 400 people, attended the course offline and online.

The first thing we wanted to do was to let them know about the reality of people with disabilities, which is far removed from everyday daily life.
We would like them to talk with their friends and family about their feelings after listening to the lecture.
I told them that you would feel energized when you are on the side of support rather than being supported.

Toward the realization of a society where love and kindness circulate.
I hope that we will inspire the students to think about this.

Some things cannot be conveyed by the people involved.
Would you mind getting to know them first?  
Then, please tell them together.

IMG_2452

スクリーンショット 2021-07-21 午前10.14.59

スクリーンショット 2021-07-21 午前10.17.33

Next

logo


どんな人が読んでくださっているか分からない、このブログ。
離れている家族や友人への近況報告として、2007年に書き始めた。

JAL時代からお世話になっている先輩、重太みゆきさんとイーサンと約束して、
2011年からは、日本語と英語で書き続けた。

日頃、目にしたものや、感じたこと。備忘録。
度重なる想いや退屈な内容でも、ずっと読んでくださっている人がいる。

日常の英会話はできているのに、英語を書くのは本当に苦手。
それでも、書くことを諦めずにいたら、いろんな御縁が繋がった。

在米20年を超えて、絶対必要だと思っていた語学力アップのノウハウを、
チームで一緒に開発していく準備を、昨年からずっと進めてきた。

言語はあくまでもコミュニケーションツールに過ぎないけれど、
やっぱり言葉にしなければ、伝えられないものがある。

「書くこと」ができれば、必ず語学力は伸びていく。
ぜひ一緒に、貴方の世界を広げてみませんか。

M's Lab. ウェブサイト
M's Lab. Faceboook Page

logo_y


I can't guess who is reading this blog.
I started writing it in 2007 as a status report to my family and friends who are far away.

I promised Miyuki Shigeta, my senior who has been helping me since my JAL days, and her boss, Ethan.
Since 2011, I have continued to write my blog in both English and Japanese.

What I see and feel daily. Memoranda.
Even with my repeated thoughts and boring content, I thank people who keep reading.

I can speak English in my daily life, but I am awful at writing English.
Still, I never gave up on writing, and I made various connections.

I've been in the U.S. for over 20 years, and I've been working on the know-how on how to improve the language skills that I knew I absolutely needed.
We've been preparing to develop it together as a team since last year.

A language is just a communication tool.
However, we cannot convey some things unless we put them into words.

If you can write, your language skills will surely improve.
Why don't you join us and expand your world?



Next

IMG_2368

IMG_2325

IMG_2345

IMG_2352


ずっと昔に見た米国の花火は、打ち上げる花火師の技術不足のせいか、
日本で見るそれよりも、ずっと貧弱なものに感じたものだった。

しかし、今年の花火は本当に凄かった。
米国が独立して245年目の記念日。

15ヶ月ものロックダウンに耐えた人々が、一緒に空を見上げた。
65,000発の花火が大きく宙を舞い、その迫力に酔いしれた。

「孤立、痛み、愛する人を失くす辛さなどの暗闇から、抜け出しつつあるが、
闘いが終わったわけではない」

バイデン氏の声明が、力強く胸に響いた。

独立記念日の時点で、603,018人の尊い生命が失われた。
決して後戻りはできない。

IMG_2308

IMG_2312

IMG_2336


The fireworks I saw in the U.S. a long time ago were much poorer than those we see in Japan, probably due to the lack of skill of the master of fireworks who set them off.

However, this year's fireworks were genuinely fantastic.
It was the 245th anniversary of the United States' independence.

The people in New York, who had endured 15 months of lockdown, looked up at the sky together.
Sixty-five thousand fireworks danced in the air, and their power intoxicated us.

"We are emerging from the darkness of isolation, pain, and the pain of losing loved ones.
But that not say that the virus of COVID-19 is over."

President Biden's statement resonated powerfully in my heart.

As of Independence Day, 603,018 precious lives have been lost.
We should never turn back.

IMG_2369

IMG_2373

IMG_2374

IMG_2381

IMG_2386


Next

日本女子サッカー界を牽引してきた鮫島彩選手が、
東京オリンピック代表選手の選考から外された。

2011年のW杯優勝という功績を残したベテラン選手。
母娘ほどの歳の差なのに、私にとってはいつも何かを教えてくれる存在。

日本代表という使命を背負いながら、スランプに陥っていた時。
怪我のリハビリで、毎日京都に通っていた時。
コロナ禍で、世界が大混乱に陥っていた時。

私たちは、普通に、一緒にいた。
他愛無いこと、小さな夢を語ったりして、時を過ごした。

先月、代表選考の発表を、私はオンラインで見ていた。
彼女にかける言葉が、うまく見つからなかった。

翌朝、彼女から「悔いはない」というメッセージが届いた。
常に全力を尽くしている彼女だから、その言葉に嘘はない。

自然と、涙がこぼれた。
もしかして、泣きたくても泣けない彼女の代わりだったのかもしれない。

いろんな想いが交錯するけれど、
彼女の強さと優しさが、日本代表チームには絶対に必要だった。

いつの時代も、人は前を歩く人を探している。
素敵な人が前を歩いていればこそ、若き世代に引き継がれていく。

彩ちゃん、私は人生の前を歩いているけれど、
心はずっと、貴女の背中を追っているのかもしれない。

またオフの日に、美味しいものでも食べに行こう。

こちらの記事も是非。
「日本代表の重み」
「再会」
「高揚」
「音楽の記憶」
「愛おしい時間」
IMG_1276 2


Aya Sameshima, a leading figure in Japanese women's soccer, has been excluded from the selection for the Tokyo Olympics.

She is a veteran player who won the World Cup in 2011.
Though she is significantly younger than me, she always teaches me something.

When she was in a slump while carrying the mission of representing Japan.
When she had to go to Kyoto every day for injury rehabilitation.
When the world was in turmoil due to the COVID-19 pandemic.

We were together, just like as being natural.
We spent our time talking about trivial things and small dreams.

Last month, I was watching the announcement of the national selection online.
I couldn't find the right words to say to her.

The following day, I received a message from her saying, "I have no regrets."
She always does her best, so there was no lie in her words.

I naturally burst into tears.
Perhaps it was a substitute for her inability to cry even if she wanted to.

I had so many mixed feelings.
Her strength and kindness are necessary for the Japanese national team.

At any age, people are always looking for someone to walk in front of them.
It is only when an extraordinary person is walking ahead that the younger generation will take over something.

I may be walking ahead of you in life, but my heart always is following your back.

Let's go out together soon on our off days.

IMG_1273

Next

「7月4日の独立記念日までに集団免疫の獲得を目指したい」
バイデン大統領が目標とした日程が目前に迫り、米国は苦戦している。

多くの都市部はワクチン政策が順調に進んできたが、アメリカは広い。
普段の生活で人との接触が少ない郊外や中西部で、政策が難航している。

でも、米国民は諦めていない。
世界がこの悪夢から醒めるまで、一緒に戦い続ける。

こんな状況でオリンピックが強行される日本。
一体、どこに向かっていくのだろうか。

IMG_2214


"We want to win group immunity by Independence Day, July 4."
The U.S. is struggling to meet President Biden's target date, which is fast approaching.

Many urban areas have made good progress with their vaccine policies, but the United States is a large country.
In the suburbs and the Midwest, where people have less contact with each other in their daily lives, the policy is complicated.

But the American people have not given up.
Until the world wakes up from this nightmare, we will continue to fight together.

The government of Japan forces to hold the Olympics under these circumstances.
Where on earth are we headed?

IMG_2215

Next

IMG_2206

IMG_2209


昨年3月20日のロックダウン以降、なるべく街に出ることを避けて生きてきた。
セントラルパークを歩くことはあっても、人通りのある道は通らない。

アジアンヘイトの視線を避けるよう、マスクとサングラス姿がスタンダードで、
移り行く街を眺めながら、上を向いて歩く余裕はすっかりなくなっていた。

今週のニューヨークは熱波に襲われていて、連日35度の猛暑が続いている。
電気使用量過多で、アパートのエレベーターが停止中。

狭い階段を高層階まで往復せざるを得ない、過酷な日常のなか、
マンハッタンを歩いて、空を見上げる。

広い空に憧れながらも、この狭い空にも、愛着を感じる。
迷いながらも、上を向いて歩いてみよう。

IMG_2211

IMG_2222

IMG_2216


Since the lockdown on March 20 last year, I have lived my life avoiding going out into the city as much as possible.
I may walk in Central Park, but I don't go through the crowded streets.

I wear a mask and sunglasses to avoid the gaze of Asian haters.
I no longer had time to look up and see the city in my transition time.

This week, New York is in the midst of a heatwave, with the temperature hitting 35 degrees every day.
The elevators in my apartment are down due to excessive electricity usage.

I've been forced to take the narrow staircase to the upper floors and back during the harsh routine.
I walk around Manhattan and look up at the sky.

I long for the vast sky, but I also feel attached to this narrow sky.
Even though I am lost so often, I try to look up and walk.

IMG_2208

IMG_2212
Next

IMG_2144 2


タイムズスクウェアは、人で溢れていた。
こんな光景を見るのは1年半ぶりだろうか。

友人との約束にはまだ少し時間があるからと、
42nd ストリートを西に向かって歩く。

東西に伸びる道路の延長線上にピッタリ夕陽が沈むマンハッタンヘンジ。
今年は5月30日と7月12日がその日に当たるけれど、
今の季節、晴れた日はいつでも、美しいサンセットショーが展開される。

日々いろんなことがあるけれど、夕陽はいつも、力をくれる。
明日もう少しだけ頑張ってみようかな、そんな気分にさせてくれる。

IMG_2142 2

IMG_2147 2


Times Square was overflowing with people.
It had been a year and a half since I had seen such a scene last time.

I still had some time before my appointment with my friend.
I walked westward along 42nd Street.

This year, Manhattanhenge, where the sun sets perfectly on the extension of the road stretching east to west, happens on May 30 and July 12.
But even in this season, on any clear day, a beautiful sunset show can be seen.

Many problems happen every day, but the sun setting always gives me strength.
It makes me feel like I can try a little harder tomorrow.

IMG_2150 2

IMG_2152 2
Next

学生時代、西海岸に留学した時、ひどいホームシックになった。
心が寂しくてたまらないのに、それを表に出すことができない環境。

インターネットやメールのない時代、私は自分宛に手紙を書いた。
近くに郵便局もなくて、切手の買い方を聞くことすらできなかった。

最後に寄ったロサンゼルスの街中で、エアーメールを投函した。
手紙が届くよりずっと先に、春の香りがする日本に戻った。

退屈な日常の繰り返しが、嬉しかった。
自分がどれほど日本という国を愛しているのか、その気持ちを確かめたから。

******

コロナ禍で郵便事情がひどくなった。
人の往来がない分、貨物便の需要が増えて、郵送に時間がかかる。
航空便でも数週間から数ヶ月かけて、ようやく辿り着く物もあれば、
いつのまにか紛失してしまう物もある。

友人が送ってくれたエアーメールを受け取って、20年前を思い出していた。
丁寧な手紙が添えられてあり、彼女の優しさを痛いほど感じた。

メールでなんでも片付けられてしまう時代だからこそ、マニュアルが嬉しい。
本当に大事なものを、コロナの時代が教えてくれている。

IMG_2088 2


When I studied abroad on the West Coast as a student, I was homesick.
My heart was so lonely, but I could not show it.

In the days without the Internet or e-mail, I wrote letters to myself.
There was no post office nearby, and I couldn't even ask how to buy stamps.

At my last stop in Los Angeles, I dropped off my air mail.
Long before the letter arrived, I returned to Japan, surrounded by the scent of spring.

The monotonous repetition of my daily life made me happy.
It was a confirmation of how much I love the country of Japan.

******

The COVID-19 pandemic has made the postal situation worse.
The lack of passenger flights has increased the demand for cargo mail, and it takes longer to arrive.
It takes weeks or even months for some items to arrive by airmail finally.
Some things are lost before you receive them.

When I received an airmail that a friend had sent me, it reminded me of 20 years ago.
There was a polite letter attached to it, and I felt her kindness painfully.

Even that people can deal with everything by e-mail, I am glad for the manual.
The age of COVID-19 is teaching us what is essential.

IMG_2089
Next

IMG_1706

IMG_1705


「鳥えん」は、東京・目黒にある超人気店「鳥しき」のニューヨーク店舗。
昨年1月のオープン直後にコロナ禍という災難に見舞われたものの、
口コミであっという間に予約の取れない店になってしまった。

「焼き鳥」のジャンルで初めてミシュラン星を獲得した池川シェフが、
日本からやってきて、自ら串を焼いてくださるという機会。

しばらくメキシコに拠点を移す親友が、出発前にと声をかけてくれた。
コロナ禍でずっと会えなかった友人たちと再会というサプライズ付き。

かつては、日本と違う食材で同じ味を提供するのが、海外店舗進出の難しさだったけれど、
今は世界中どこでも、日本の味がしっかり再現されることに感動する。

寿司も焼き鳥も、やっぱりカウンターで提供されるのが最高。
こんな場面でも、コロナ禍の出口が見えてきた。

IMG_1710

IMG_1702


"Torien" is the New York branch of the trendy "Torishiki " restaurant in Meguro, Tokyo.
Though it was hit by the COVID-19 pandemic right after its opening last January, it quickly became a restaurant where you couldn't get a reservation by word of mouth.

Chef Ikegawa, the first chef to win a Michelin star in the "yakitori" category, came from Japan and cooked "yakitori" himself.

One of my best friends, who is moving to Mexico, asked me to join the dinner before leaving.
It was a surprise for me to see my friends I hadn't seen for a long time in the COVID-19 pandemic.

It used to be difficult to open a restaurant overseas because the ingredients were different from those used in Japan.
But now, we are impressed that they can reproduce the Japanese taste anywhere in the world.

People love the way that they serve sushi and yakitori at the counter.
Even in situations like this, we feel we see an exit of the COVID-19 pandemic.
IMG_1725

IMG_1726

IMG_1728

IMG_1701
Next

姉から父へ贈った物を返品してくれと、弟に連絡が入ったらしい。
身体が動けなくても頑固な父は、一度言い出すと絶対に引かない。
「不要な物を贈ってくれるな」という言い分が、私の腑に落ちない。

「贈り物〜ギフト〜」
相手が喜ぶ顔を想像して、それを選ぶために費やす時間もギフトなのだ。
例えそれが自分の好みと違った物であっても、笑顔で受け取ってほしい。

老いることは、せつない。
想うだけで、何もできない自分にもジレンマが残る。

それでも。
貴方の娘であることは、私の誇り。
心からの感謝と祝杯を。

IMG_2108


I was told that my father contacted my brother to ask to return my sister's gift.
My father, who is stubborn even when he can't physically move, never backs down once he says it.
I don't understand the whole argument; he doesn't want the unnecessary gifts.

"Gift"
The time you spend imagining the face of the person you're giving it to and choosing to make them happy is also a gift.
Even if it is something different from what you like, I hope you will receive it with a smile.

Growing old is sad and painful; it leads me back to my old memory with my father.
Thinking about my hometown and my parents leaves me with the dilemma of not doing anything about it.

But still.
I'm proud to be your daughter.
My heartfelt thanks and congratulations to you.

Next

コロナ禍で飲食店は大打撃を受けてきたけれど、
お店で食べていたものを、自宅用にいかに美味しく提供できるか。
テイクアウトとデリバリーに力を入れてきた店舗は、生き残っている。

ニューヨーク発のステーキハウスは星の数ほどあるけれど、
熟成肉といえば「ピータールーガー」か「ウォルフギャング」が人気。

先月、長男が誕生日にステーキをリクエストしてきた。
「プレゼントはいらないから、お腹いっぱい肉を食べたい」と。

焼きたてを持ち帰り、ピラニア軍団とたいらげた。
胃袋が満たされると、みんなの笑顔が増える。

IMG_1653

IMG_1658


Restaurants have been hit hard by the COVID-19 pandemic.
The question is how they can provide the same delicious food for home use that we used to eat at the restaurant.
Restaurants that have focused on take-out and delivery have survived.

There are many steakhouses in New York.
When it comes to aged meat, "Peter Luger" or "Wolfgang's Steakhouse" is the most popular.

Last month, my oldest son requested a steak for his birthday.
He said, "I don't want a birthday gift, but to eat my fill of meat."

We brought home a freshly cooked steak and devoured it with my team "piranhas."
Everyone's smile increases when their stomachs are full.

IMG_1652


Next

IMG_2081


6月15日は、ニューヨークで最初の新型コロナ感染者が報告されて472日目。

18歳以上の成人、少なくとも1回のワクチン接種完了者が70%に達し、
エンパイアステートビルが、ブルーとゴールドの光を放った。
コロナ終息を宣言する勝利のライトアップ。

マイルストーンの達成とエッセンシャルワーカーへの感謝をこめて、
ニューヨーク各所では花火が打ち上げられた。

今後、コロナに関する規制のほとんどが解除されていく。

それでも、ニューヨーカーは楽観していない。
世界でも最悪の事態、たくさんの犠牲者を目の当たりにしてきたからこそ、
政府のお達しだけを鵜呑みにすることはない。

自分たちで考えて行動をすることで、再興への道を歩んでいる。
自己責任で、自分と家族と愛する人を守る。

IMG_2083

IMG_2082


June 15 was the 472nd day since the first case of COVID-19 infection was reported in New York.

With at least one completed vaccination, the number of adults 18 years and older reached 70%.
The Empire State Building lit up in blue and gold.
It was a triumphant light-up proclaiming the end of COVID-19.

We reached milestones and thanked essential Workers.
The city set off fireworks in various parts of New York.

From now on, we will lift most of the restrictions on COVID-19.

Still, New Yorkers are not optimistic.
We've seen some of the worst in the world, and we've seen a lot of casualties.
We don't just take the government's word for it.

By thinking and acting on our own, we are on the road to recovery.
We will protect ourselves, our families, and our loved ones at our own risk.

IMG_2069

IMG_2080

Photos borrowed from internet media.

Next

IMG_1942

IMG_2033


昨年の今頃は、近所の病院周辺に遺体安置のトラックが置かれ、
セントラルパークは野外病院と化していた。

逃げるように家族で日本に一時帰国したものの、2週間の自主隔離。
海外からの帰国者というだけで、腫れ物に触るような扱いを受けた。

どこに行けば出口が見えるのか、光のない暗黒時代を経て、
米国ではワクチン政策だけが、救いの手となった。

街が、以前のように動き始めている。
集団免疫の達成が、すぐ目の前にある。

今年の誕生日は、友人がサプライズでお祝いしてくれた。

コロナ禍で、空白の1年を過ごし、2歳くらい年を取った気がするけれど、
いくつになっても「おめでとう」と言ってもらえることが、本当に嬉しい。

IMG_1938

IMG_1980


Around the same time last year, trucks were being used to transport bodies around the neighborhood hospital.
Central Park had been turned into an open-air hospital.

My family temporarily returned to Japan to escape, but we had been quarantined for two weeks.
Just because we were returning from abroad, people put us at a bit of a distance.

We went through a dark period with no light, wondering where to go to find a way out.
In the U.S., the only thing that could help was the vaccine policy.

The city is starting to move like it used to.
The achievement of herd immunity is just around the corner.

A friend surprised me with a birthday celebration this year.

I spent a blank year due to the COVID-19 pandemic, and I feel like I've aged more than two years.
I'm delighted to hear friends say "Happy Birthday" to me, no matter how old I am.

IMG_1931 2

IMG_1954
Next

英訳本が欲しいという友人から連絡をいただき、待ち合わせ。
愛犬を連れてくるというので、アウトドアのテーブルで待つ。

久しぶりに、長い時間、人を待つ。
そんな光景すら、懐かしい。

一人娘を育てながら、仕事も懸命に頑張っている彼女が、
社団法人に賛助までしてくださって、頭が下がる思いでいっぱい。

勇気ある女性は、強くて優しい。

IMG_1865


I was contacted by a friend who wanted an English translation of my book, so I met her.
She said she would bring her dog with her, so I waited at an outdoor table.

It's been a long time since I waited for someone for a long time.
Even such a scene was nostalgic.

She's raising her only daughter and working hard at her job.
I was filled with a sense of thanking her for even supporting Seri's Gift Association in Japan.

Courageous women are strong and kind.

Next

子供たちを小学校に見送った後に、ママ友とお茶をすることが夢だった。

職場と学校を往復したり、勤務後に慌ててアフタースクールに迎えに行ったり。
まったく余裕のなかった当時は、どうやってやり繰りしたのかさえ記憶がない。

ニューヨークは、インドア会食も通常に戻ってきているけれど、
アウトドアにテーブルを出している店舗は、まだそのままで営業している。

朝の散歩をした後に、待ち合わせ。
まもなく本帰国する友人を囲んでの、ブランチタイム。

みんな、帰るべきところに、帰って行く。
何度見送っても、別れの寂しさに慣れることはない。

IMG_1863


I had always dreamed of having tea with my "mom friends" after dropping my kids off at elementary school.

I had been going back and forth between work and school.
I always rushed to pick up my kids from after-school after my work.
I don't even remember how I managed it at that time when I had no time to spare.

In New York, indoor dinners are backing to normal, but the restaurants with outdoor tables are still open for business.

After a morning walk, we met up.
It was brunch time with friends who will soon be returning to Japan.

Everyone is going back to where they belong.
No matter how many times I see them off, I never get used to the sadness of parting.
Next

コロナ禍を通して、直に会える友人は、かなり限定されていた。
ワクチン政策が進み、飲食店も少しずつ再開。

来週の誕生日を前に、友人がお祝いしてくれた。
一日一組限定、大堂シェフが提供する懐石料理の極み。

夏野菜。季節を感じさせる、目にも舌にも美味しい食材が勢揃い。
料理の質は当然ながら、提供される器の美しさにも圧倒される。

「大堂」の名に相応しく、御堂のような静寂のなか、会話も御馳走になる。
シェフの人柄、友人の温かい気遣い、素敵な時間をありがとう。

IMG_1786


Through the COVID-19 pandemic, the number of friends I could meet in person was quite limited.
The vaccine policy has progressed, and restaurants are slowly reopening.

Before my birthday next week, my friends celebrated with me.
Limited to one group per day, Chef Odo serves the best of Kaiseki cuisine.

Summer vegetables. An array of ingredients reminds us of the season and is delicious to both the eyes and the palate.
The quality of the food and the beauty of the plates served are overwhelming.

As the name "Odo, Grand Hall" implies, you will be treated to conversations in the silence of a grand hall.
Thanks to the chef's personality and my friend's warm consideration, I had a wonderful time.

IMG_1782

先付 染付(蓴菜、車海老、オクラ、ヤングコーン、土佐酢ジュレ、針生姜、穂紫蘇)
Appetizer(water shield, tiger prawn, okra, young corn, tosa vinegar jelly, ginger, inflorescence of shiso)

IMG_1783

お造り(サユリ、金目鯛、中トロ、山葵)
Sashimi Plate(halfbeak fish, golden eye snapper, medium fatty tuna, wasabi)

IMG_1789

お椀(鱧、インゲン、柚子、茗荷)
Soup - type Appetizer(hamo, green beans, yuzu, myoga)

IMG_1792

和物(蕗胡麻和え、毛蟹、すり胡麻)
Simmered Dish(boiled butterbur with sesame paste, hairy crab, ground sesame)

IMG_1796

揚げ物(喉黒の幽庵焼き、菊花大根、パプリカ甘酢漬け、マスターシード)
Deep - fried Dish(grilled rosy seabass, chrysanthemum and radish, sweet pickled paprika, mustard seed)

IMG_1802

IMG_1807

炊合せ(宮崎和牛A5、ごぼう、ネギ、水菜、すき焼き)
Cooked Dish(miyazaki wagyu beef A5, burdock root, leek, pot herb mustard, sukiyaki)

IMG_1812

IMG_1814

ご飯(穴子といくらと雲丹の釜飯、三つ葉)
Rice(rice cooked with conger eel, salmon roe and sea urchin, mitsuba)
赤出汁(揚げ、アオサ)
Red miso soup(fried bean curd and aosa)
糠漬け(大根、きゅうり、白菜、生姜)
Pickles(radish, cucumber, chinese cabbage and ginger)

IMG_1815

デザート(マスカット、黒糖ソフトクリーム)
Dessert(muscat, brown sugar soft ice cream)

IMG_1817

お菓子(マカロン、ほうじ茶)
Sweets(macaroon, hojicha)

IMG_1800

IMG_1818

IMG_1821




Next

眼球を持たずに生まれてきた娘・千璃。

最初の本を出した当時は、少しでも多くの人に知っていただきたいからと、
依頼のあった取材には、一社ずつ丁寧にお答えしていったけれど、
興味本位の取材記事が掲載されると、親としては大きく疲弊した。

今は、違う。

日記だけでまとめた言葉足らずの文章を補ってくれる取材。
メッセージを拾い上げて一緒に伝えてくれようとする仲間。

真摯な姿勢でずっと見守ってくれている女性誌(6/17号・本日発売)に、
7ページの特集記事が掲載されています。

娘・千璃、18歳。
たくさんの愛で、生きています。

IMG_1764


My daughter, Seri, was born without eyes 18 years ago.

When I first published my first book, I wanted as many people as possible to know about our story.
I responded to each request for an interview one by one.
However, as a parent, I was incredibly exhausted when articles with a curious focus were published.

Now, it's different.

I got Interviews that make up for the lack of words in the sentences I put together only from my diary.
I have fellows who picked up my message and tried to convey it to me.

Here is a women's magazine watching over us with a sincere attitude (the June 17 issue, on sale today).
There is a 7-page feature article in the magazine.

My daughter, Seri, is 18 years old.
She lives with a lot of love.

9年前の記事
こんな記事もありました。

Next

【謝謝妳〜來到這世上 沒有眼鼻的寶貝為生命點亮前進方向】
“Thank you 〜 For being in this world, a baby without eyes and nose lights the way for life.”

IMG_1759


拙著「生まれてくれてありがとう」が台湾で出版された。

初版が発行された2017年11月から半年が経った頃に、
台湾のエージェントから最初のコンタクトがあった。

中国語版(繁体字)発行に寄せての「あとがき」を校了してから
2年以上が経過して、ようやく出版の準備が整ったとの連絡が来た。

海外出版は、本当にハードルが高い。

それでも、メッセージを一緒に伝えたいと申し出てくれる人がいる。
本当に、本当に、ありがたい。

中国語はまるでダメなので、翻訳チェックも人の手を借りないと出来ないけれど、
文末に「あとがき」を掲載しますので、是非読んでください。

スクリーンショット 2021-06-01 午後6.04.28


My book "Umaretekurete-Arigatou./ Thank You for being in this world" has been published in Taiwan.

Six months after the first edition I published in November 2017,
I received the first contact from an agent in Taiwan.

More than two years had passed since I completed the "Afterword" for the Chinese (traditional) edition, and the publisher finally informed me that the book was ready for publication.

The overseas publication has a high hurdle.

Still, some people are willing to share their messages with me.
I am grateful.

I don't speak Chinese very well, so I needed someone to translate it.
I'll post the "Afterword" at the end of this article, so please read it. (Japanese only)

IMG_1761


繁体中国語版 発行に寄せて

アメリカで初めての妊娠、出産を前にして、不安だった時期に、産婦人科医師に言われた言葉があった。
「ちょっと鼻が低いかな。でもアジア人だから仕方ないよ。あまり期待しないでくださいよ」
医師自身もアジア人だったのに、そういう言葉で片付けられたことが、とてもせつなかった。当時は、「アジア人だから仕方ない」と諦めなければいけないことが、たくさんあり過ぎたのかもしれない。
ニューヨークで生活していると、世界の中でのアジア人という位置付けについて、常に考えさせられる機会は多い。異国の地での子育ては、何かとハードルが高く、医療も教育も、すべてが初体験。真っ暗なトンネルの中を、手探りでずっと歩いてきた。教科書もお手本もないからこそ、少しでも軌跡を残すことが、後に続く人に光を灯すことができるかもしれないと希望を繋いできた。いつしか、日本人として、アジア人として、何ができるか、何をすべきか、そして何を伝えられるかを考えながら生活することが、私のなかでのルーティーンとなってきたように思う。娘と共に生きるだけで精一杯の日々から、娘が生まれた意味を受け入れながら、今はもっと広く、次の世代にタスキ繋ぎをする活動を始めている。

アメリカ、ニューヨークという舞台で、たくさんの障害を持って生まれた長女と歩いてきた日々。それはアジア人が世界に挑戦してきた記録でもある。このたび、日本語以外の言葉でそれをお伝えできる機会をいただいたことを、心より感謝しています。

重い障害を持って生まれた娘との日々を綴った「未完の贈り物」(二〇十二年)の続編でもある本著「生まれてくれてありがとう」(二〇十七年)を出版する際、これまで娘と私たちを支えてくださった方々へ感謝を伝える本にしたいと思った。私たちを理解してくださっている出版社、編集者、プロデューサー、アーティスト、そして大切な友人たち。チームとして一緒に作り上げたいという想いを、至るところに散りばめてみたいと思った。
 重たい障害、重たい内容の本ではあるけれど、少しでも手に取りやすいようにと、私の想いをビジュアルで表現してくださったのが、表紙と挿絵になった二人のアーティストの作品。日本画家、山田みどり氏は、崇高な魂の色、紫を中心に、娘が思い描いているであろうキラキラした世界観を、ロンダという独自の技法で描いてくださった。若者に大人気のアートディレクター三浦大地氏が、「子供たちに夢を与えたい」と、愛くるしい挿絵を描き下ろしてくださった。
 娘はこの世界を見ることができないけれど、こんなにたくさんの愛に囲まれていることを、きっと感じてくれている。世の中で本当に大切なものは、きっと目に見えないのかもしれない。
たくさんの愛が詰まったこの一冊を、少しでも多くのアジアの皆さんにお届けすることができたら幸せです。

 二〇十八年秋                     倉本美香





Next

IMG_1561


精進料理「嘉日」と同じ場所の一階で、肉魚類も提供する「木陰」。
メニューには、鴨蕎麦や鯖寿司といった人気のアラカルト料理が並ぶ。

パンデミック中は、テイクアウトやデリバリーで生き長らえてきた店舗が、
ワクチン対策が進んで、ようやく通常営業に戻りつつある。

ステイホームで、我が家のメニューも少しバリエーションができたけれど、
天麩羅だけは、絶対にプロには敵わないと再認識した夜。

IMG_1566

IMG_1564


The menu features popular a la carte dishes such as duck soba and mackerel sushi.

During the pandemic, they survived on take-out and delivery.
With the progress of vaccine countermeasures, they are finally returning to regular business.

Now that we're in a stay-home, I've been able to add some variety to our menu at home.
However, It reminded me that tempura is not as good as the professionals, which means we have to go to the restaurant when we want to have tempura.

IMG_1567

IMG_1572

Next

スイーツメニュー開発の試食会。
本当はもっとたくさんあるのだけど、まだ公開前。

この数日、プチデトックスをやっていたせいか、
すべてが甘く、すべてが美味しく感じてしまう。

ニューヨークでは、飲食店に関する制限がすべて無効になった。
すぐに元通りとはいかないけれど、少しずつ街が復興している。

スケジュール帳に予定を書き込むとか、当たり前のことが嬉しい。

IMG_1613


We had a tasting session for sweets menu development.
There's actually a lot more to it, but it's not ready to be released yet.

Maybe it's because I had been doing a petit detox for the past few days.
Everything was sweet, and everything tasted good.

In New York, all restrictions on restaurants have been revoked.
It's not going to be back to normal soon, but the city is slowly recovering.

I'm glad for the things that I take for granted, such as writing my schedule in my schedule book.
Next

IMG_1479 2

IMG_1478 2


米国では、ワクチン接種が着々と進んでいる。

高齢者向けの接種が始まってしばらくは予約が取りにくかったけれど、
今春以降、一気に対象年齢が引き下がり、
今月FDAが12歳〜15歳への接種を認可し、CDCが強く推奨。

9月以降の対面授業や職場において、ワクチン接種は必須項目となった。
米国では、成人の6割以上が、少なくとも1回の接種を完了している。

みんな、好き好んでワクチンを接種しているわけではない。

しかし、コロナの犠牲になった友人がいて、その恐怖を間近で見てきた私たちが立ち上がるには、
それ以外の解決策がない。
効果も副反応も未知の部分が多いけれど、医学的なエビデンスは揃っている。

ワクチン非接種で、仕事にも行けず、生活が枯渇するまで耐えるべきなのか。
学校生活は、勉学以上に、大切な人間関係を学ぶ場所であるべきではないのか。

家族を守るため、愛する人々を守るため、
現時点で私たちが取れる行動は、たったひとつしかない。

それが、自己犠牲を伴うものであっても。
それで、世界は前に進んでいく。

IMG_1476 2


In the U.S., COVID-19 vaccination has been steadily progressing.

After the vaccination for the elderly started last winter, it was hard to get an appointment.
However, since this spring, the age range for the vaccine has been lowered.
This month, the FDA approved the vaccination for 12-15-year-olds, and the CDC strongly recommends it.

Vaccination has become a mandatory requirement for face-to-face classes and workplaces after this September.
In the U.S., more than 60% of adults have completed at least one dose of the vaccine.

Not everyone likes to be vaccinated.

However, those of us who have friends who have fallen victim to COVID-19 and have seen the horror up close have no other solution to stand up but vaccination.
There are many unknowns regarding both effectiveness and adverse reactions, but the medical evidence is there.

Should we endure being unvaccinated, unable to go to work, until we deplete our lives?
Shouldn't school life be where we learn more than just academic fields and critical human relationships?

There is only one course of action we can take at this point.

Even if it involves self-sacrifice,
And then the world will move forward.

IMG_1474 2

IMG_1477 2


Next

ワクチン完了者は屋外でのマスク必要なし、と政府が宣言してから、
街の雰囲気が一気に変わってきた。

学校、職場、公共交通機関などでは、まだマスクが必要だけれど、
セントラルパークは、初夏の気候を楽しむ人々で溢れている。

IMG_1577


Since the government declared that vaccinated people do not need to wear masks outdoors,
The atmosphere in the city has changed dramatically.

We still need to wear masks in schools, workplaces, and public transportation, but
Central Park is filled with people enjoying the early summer weather.

IMG_1576
Next

IMG_1591


友人に誘われて、久しぶりにメトロポリタン美術館へ。
こんな風に出かけられるようになったのも、ワクチン政策のおかげ。

アメリカン・エキシプレッショニズムを代表するアーティスト、
アリス・ニールは、その生き方もかなりエキセントリックだったことで有名。

1900年生まれ、1984で他界する直前まで、ひたすら人物像を描きまくった。
人の内面を見る洞察力、ユニークな色使い、豊かな感情表現。
明るい色使いの裏側にある彼女の悲喜こもごもの人生が、浮かび上がる。

入場者は皆、秩序を守って、アートの世界を堪能している。
どんな時代であっても、芸術は乾いた心を潤わせてくれる必需品なのだ。

IMG_1519

IMG_1520


I went to the Metropolitan Museum of Art with a friend for the first time in a while.
It was thanks to the vaccine policy that I was able to go out like this.

Alice Neel, one of the most famous American expressionist artists, was also renowned for her eccentric life.

Born in 1900, she painted portraits all the time until just before she passed away in 1984.
Her insight into the inner life of people, her unique use of colors, and her rich expression of emotions were all part of her life.
Her tragic and joyful life behind the bright colors came to life.

All the visitors enjoy the world of art in an orderly fashion.
No matter what time of the pandemic year, art is necessary to moisten a dry heart.

IMG_1521

IMG_1524

IMG_1525

Next

世界で活躍するオペラ歌手、田村麻子ちゃんから、
久しぶりに会いたいとお誘いいただいて、サラベスへ。

私たちは同世代で、同じ時期に渡米してきた同士だけれど、
あの頃、彼女は世界へ羽ばたこうとしていたし、
私は明日をどう生きようかと迷いの中にいた。

世界のトップに並んでも、向上心を忘れない彼女は、
なぜかいつもタイミングよく、私の心をキャッチしてくれる。

「あの頃から、サラベスはずっと変わっていないよね」
そんな話をしながら、昼下がりを過ごす。優しい時間。

次の目標が、ちょっぴり見えたような気がした。

IMG_1597 2


I met Asako Tamura, a world-renowned opera singer, at Sarabeth's Restaurant.

We are of the same generation and came to the U.S. at the same time.
At the time, she was on her way to the world,
and I was wondering how I would live tomorrow.

Even though she is on top of the world, she never forgot her ambition.
Somehow, she always manages to catch my heart at the right moment.

"Here has never changed."
We spent the afternoon talking about many things. It was a gentle time.

I felt like I could see a little bit of my next goal.
Next

コロナ禍がもたらした良いことのひとつ。
子供達がずいぶんと家事を手伝ってくれるようになった。

掃除、洗濯、炊事。
掃除だけは、こちらから促さないとやらないけれど、
それ以外は「必要に迫られて」どんどんスキルアップしている。

日本語補修校には、日本らしいお弁当を持たせるのが慣習だけど、
朝起きたら、冷蔵庫の前に張り紙があった。
私が母から習った玉子焼きを、長男が見様見真似で作るようになった。

時間と食材さえあれば、料理は誰にでも出来る。
「美味しく食べて欲しい」という愛情が、魔法をかける。

IMG_1533


One of the good things that the COVID-19 pandemic has brought.
My kids have started to help me a lot with the housework.

Cleaning, laundry, cooking.
The only thing they don't do is "cleaning" unless I encourage them to do it.
But other than that, they are improving their skills more and more "out of necessity."

At the Japanese school in New York, it is customary for the students to bring their lunch boxes.
When I woke up in the morning, there was a memo in on the refrigerator.
My eldest son learned to make Japanese omelets from my mother, and he started to make them just like I did.

As long as you have the time and ingredients, anyone can cook.
The love of wanting someone to taste good is what makes the magic happen.
Next

IMG_1450 2

IMG_1449 2


強靭な岩盤で形成されているニューヨーク・マンハッタン。
戦前に建設された築100年以上の物件が重宝されるのは、
この土地が地震で崩れる可能性がほぼないと言われるためでもある。

ニューヨーク生活20年超のなかで、たった一度だけ揺れたことがある。
2011年夏、M5.8の揺れに、人々はテロと勘違いしてビルから飛び出した。
同じ年の3月、東日本大震災の報道を身近に感じていなかった米国人も、
そこでようやく地震という自然災害の恐怖を、改めて考えることになる。

******

2011年3月11日、東日本大震災が発生した直後、
16000人の海上自衛隊は、迅速な初動で被災者の捜索と救助に向かった。
情報が錯綜するなか、迅速な判断で東京電力福島第一原発事故に対応したのは、
当時、海上自衛隊横須賀地方総監であった高嶋博視氏の指揮であった。

10年が経過して、当時の教訓が生かされているのか。
もし今、南海トラフ地震が起こったら、国は、人々は、どう対応すべきか。

警鐘を鳴らし続ける高嶋氏のメッセージを、世界に伝えるために。
新たな挑戦が、始まっている。

IMG_1454 2

IMG_1457 2

IMG_1459 2


Manhattan, New York City, is formed by solid bedrock.
The reason why properties built before World War II that are over 100 years old are so valuable is that it is said that there is almost no chance of this land collapsing in an earthquake.

I have only experienced a tremor once in the more than 20 years I have lived in New York.
In the summer of 2011, a tremor of magnitude 5.8 caused people to jump out of buildings, mistaking it for a terrorist attack.
In March of the same year, Americans who were not familiar with the Great East Japan Earthquake news coverage finally began to rethink their fear of natural disasters such as earthquakes.

******

Immediately after the Great East Japan Earthquake struck on March 11, 2011, the 16,000-member Maritime Self-Defense Force (MSDF) made a swift initial response to search and rescue victims.
Amidst the confusion of information, the Maritime Self-Defense Force responded to the accident at TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant with swift decisions.
Under the command of Mr. Hiromi Takashima, the Yokosuka District Superintendent of the Maritime Self-Defense Force.

Ten years have passed; are the lessons of that time still being applied?
If a Nankai Trough earthquake were to occur today, how should the nation and its people respond?

To convey the message of Mr. Takashima, who continues to sound the alarm, to the world.
Our new challenge has begun.

IMG_1554
Next

IMG_1401 2

IMG_1411


前職場の先輩から、御自宅でのランチをとお誘いを受けた。
いつもずっと長く応援してくださる大好きな方々とのミートに、
二つ返事でお答えして、いそいそと出かけて行った。

自宅開催とは思えないほど上質なお料理の数々に舌鼓を打ちながら、
とてつもなく幸せな時間を過ごさせていただいた。

「もてなす」ことを丁寧に表現すると「おもてなし」。
表も裏もない、正真正銘の真心で対応することが、本当の「おもてなし」。
こんなに素敵な「おもてなし」で歓迎していただいたのは、いつ以来だろうか。

背中を追いかけたいと思える素敵な女性がすぐ目の前にいる幸せ。
常に「おもてなし」ができる心の余裕、ずっと目標にしている。

IMG_1434 2

IMG_1551


One of my seniors from my former workplace invited me to have lunch at her home.
I said yes and rushed out to meet with my favorite people who have always supported me for a long time.

We had a good time, tucking into a variety of high-quality dishes that I couldn't believe I was hosting at home.

"Omotenashi" is a polite way of describing "hospitality."
"Omotenashi" is to respond with genuine sincerity, neither front nor back.
When was the last time I had such excellent hospitality?

I am so happy to have such a wonderful woman right in front of me whom I want to follow.
I will always aim to have the presence of mind always to be able to offer hospitality.

IMG_1433

IMG_1408

Next

表紙_背表紙 4

IMG_1184


娘と歩いてきた道のりを、娘の周囲の人に英語で伝えたいと思ってから、
ずいぶんと長い歳月が経過した。
ただ英訳するのではなく、米国の文化的背景に合わせて、内容をローカライズすることが、
本当の意味での翻訳なのだと、私自身がたくさん学んだ。

行間に含まれたニュアンスを英語でどう伝えるか。
大手の出版社では取り扱ってくれないような、細かい注釈が必要だった。
翻訳のプロ3人とチェッカーが入り、チームとして稼働した集大成。

そんななかでも、日々の生活は続いていて、毎日のように闇がやってくる。
翻訳のプロセスでも、泣きたくなるストーリーが満載だった。

終わってみて。
まず、ずっと遠くから応援してくれている人たちに、報告したいと思った。

4月半ば、都内某所。東京での報告会。
会場に駆けつけてくれた方の大部分が、いわゆる「英語使い」ではなく、
「見守ってくださっている友人」であった。

英語で本を読むことよりも、ただ応援したいと集まってくれたことが、
何よりも嬉しかった。
大切な友人たちが受け止めてくれていることが、今でも一番の救い。

社団法人の賛助会員を代表して、進行の大役を務めてくださった小田島薫さん。
モデレート力も抜群、いつも寄り添ってくださる難波美智代さん。
拙著を守り、弱者支援のために闘うと立ち上がってくれた森永裕一郎さん。
会場の運営と設営を裏から徹底指揮してくれた大親友・ダニエルズ紫さん。
見事な連携プレーで会場準備を進めてくれた下川美奈子さん、西村暁子さん、新藤由佳さん、柳澤路子さん、中村幸雄さん、亀井めぐみさん。
朗読ミュージカル「ダスク」から応援に駆けつけてくださった今泉りえさん、松田未生さん。
娘が生まれてすぐ、家族として救いのメッセージを送ってくれた従姉。
私の出生届を出すことに始まり、人生ずっと見守ってくれている叔母。

そして何よりも、この状況下で会場にお越しくださった皆様一人一人に、
心から感謝の意を捧げます。

これからも続くストーリーを、見守っていてください。

IMG_1241

IMG_1240

IMG_1192


It's been a long time since I wanted to share my journey with my daughter with the people around her in the U.S.
It is not just translating into English but localizing the content to fit the cultural background of the United States.
These years, I have learned a lot about the true meaning of a translation.

How do you convey the nuances between the lines in English?
We needed detailed annotations that the big publishers would not handle.
This book, "Born(e)" is the culmination of working as a team with three translation professionals and a checker.

Even in the midst of all this, daily life goes on, and darkness comes every day.
The translation process was also full of stories that made me want to cry.

When it was over.
First of all, I wanted to report to the people who have been supporting me from afar for a long time.

Mid-April, it was a debriefing session in Tokyo.
Most of the people who came to the meeting were not so-called "English users" but "friends who watched over me.

I was more than happy that they came to support me rather than read my English book.
It is still the most extraordinary relief to me to know that my dear friends are supporting me.

Ms. Kaoru Odajima played a significant role in facilitating the event on behalf of the supporting members of Seri's Gift Association.
Ms. Michiyo Namba has excellent moderating skills and is always there for me.
Mr. Yuichiro Morinaga has determined to defend my book and fight for the support of the weak.
My best friend, Ms. Murasaki Daniels, managed the event from behind the scenes and supervised the set-up.
Thanks to Ms. Minako Shimokawa, Ms. Akiko Nishimura, Ms. Yuka Shindo, Ms. Michiko Yanagisawa, Mr. Yukio Nakamura, and Ms. Megumi Kamei for their splendid cooperation in preparing the venue.
Rie Imaizumi and Mio Matsuda came to support us from the "A reading musical "Dusk."
My cousin, who sent me a message of salvation as a family right after my daughter was born, has always beside me.
My aunt has been watching over me all my life, starting from when she registered my birth.

And most of all, I would like to express my heartfelt gratitude to every one of you who has come to the venue under these circumstances.

Please watch over us as we continue our story.

IMG_1245

IMG_1539

IMG_1537

IMG_1542

IMG_1538

Next