Blog

月曜日の夜、六本木の隠れ家的焼き鳥屋に、錚々たる面々が集まった。
私はこの日のために、NY戻りの飛行機を1日遅らせたほどで、
それがいかに重要な会合かは、きっと後になって分かる。

最後にメンバーのお一人が、おもむろにペンと葉書を取り出して、
一人一人にメッセージを手渡してくれた。

「がんばりすぎないように、がんばれ」
心に沁みるひと言を、胸に刻んで、飛行機に乗る。

また、帰ってくるからね。

写真 2020-01-20 7 12 35

写真 2020-01-20 7 12 38

写真 2020-01-20 7 14 11


On Monday night, a remarkable group of people gathered in a hidden Yakitori restaurant in Roppongi.
I delayed the flight back to NY by one day for this day,
we will know later how important it was.

Finally, one of the members took out the pen and postcard
He handed the message to each one.

"Take it easy, but do your best"
He brought a word that touched my heart and I came on board the airplane.

I'll be back again.

写真 2020-01-20 7 17 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-26 2 22 58


Next

敬愛するピアニスト西川悟平氏。
ジストニアという難病を抱えながらも、動く7本の指で鍵盤を叩く。

私と同じ頃にニューヨークに渡り、ずっと異国の地で奮闘してきたけれど、
昨年から日本にいる時間をかなり多くして、新しい挑戦を続けている。

日本全国で演奏をしながら、週末は銀座のサロンでコンサートを開催。
彼の音色を聴くために、ファンが集うあの空間が心地良い。

20年ぶりに新年を日本で迎えた西川氏、初詣の祈願で
「たくさんの人に感動を与えるインフルエンサーになりたい」と唱えたら、
翌週はまんまとインフルエンザに罹って、コンサートを中止を余儀なくされた。

ようやく復帰した第一弾が、この日のコンサート。
いつも通りのトークもさることながら、
右手が痙攣しながらも、作品を引き通す彼の意識の崇高さに、
私はいつも通り、涙が出てしまう。

誰かに勇気を与える存在になること。
目標は、まだずっと先にある。

写真 2020-01-18 3 14 28


A respected pianist, Gohei Nishikawa, hits the keyboard with seven moving fingers, despite the incurable dystonia.

He came to New York at the same time as I came to here and struggled all over the world,
Since last year, he have spent a lot of time in Japan and continues to take on new challenges.

A concert is held at a salon in Ginza on the weekend while performing all over Japan on weekday.
The space where the fans gather is comfortable to listen to his tone.

Nishikawa celebrated the New Year in Japan for the first time in 20 years, he wished "I want to be an influencer that impresses many people."
The following week, he got flu-infection and had to cancel the concert.

The first concert of this year was on this day.
Besides the usual talk,
While his right hand was cramping, by the sublime of his consciousness to pass through the work, as usual, my tears came out.

To be someone who gives courage to someone.
The goal is still a long way off.

写真 2020-01-18 5 29 19


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

第二次世界大戦中に「命のビザ」を発行した杉原千畝氏は、
結果、6000人の命を助けたと語り継がれている。

千畝氏亡き後、そこにいろんな外伝が加わっているとしても、
彼の実績を知る人の分母を増やすことが、後世へのミッション。

でもやはり「正しいことだけを伝えたい」という声が聞こえたら、
そこには最大の敬意を払い、そのお手伝いをしていきたいと思う。

昨年、ニューヨークで最上の歓喜に包まれた瞬間を一緒に体感したからこそ、
千畝氏の四男・伸生氏の想いを、日本の皆様へきちんと伝えていきたい。

今秋開催予定の企画のために、企業や人々へ、熱意を伝える。
2020年は、杉原千畝氏生誕120周年。
新しい軌跡のために、誠意を尽くして、歴史を作っていこう。

The Chiune Sugihara Memorial Foundation
写真 2020-01-17 3 07 51


Chiune Sugihara, who issued a “visa for life” during World War II,
As a result, it has been said that he saved 6,000 lives.

After Chiune's death, even if various stories were added there,
The mission for posterity is to increase the denominator of those who know his achievements.

But if we hear a voice saying, "I just want to tell you the right thing,"
I would like to pay the greatest respect there and help him.

Last year, we were able to experience together the moment of excitement in New York,
I would like to convey the thoughts of Chiune's fourth son, Nobuki, to everyone in Japan.

I have been communicating enthusiasm to companies and people for the upcoming event.
2020 is the 120th anniversary of Chiune Sugihara's birth.
We will make history with soul & body for a new trajectory.

写真 2020-01-17 3 08 06


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-17 3 07 11

Next

写真 2020-01-16 9 31 13


毎月だいたい10日に開催される「大斗会」。
帰国のタイミングと今月の開催日が偶然に重なったため、
御主人と開催者にお誘い受けて、新春の御挨拶に伺った。

「能舞台」「箏と尺八」「能と尺八」といった新春を慶ぶ演目の構成に、
1月という月が、日本人にとっていかにおめでたい月なのかと実感する。
今年は日本の正月気分など味わえないかと思っていたけれど、
日本橋の福徳神社の下で、こんな迎春の機会を体感できた。

地上の夜風は肌に心地良くて、持ってきたダウンコートは暑過ぎた。
寒空に凍えていた日本の冬のイメージが、今年はそっと後ろ手になった。

写真 2020-01-16 21 15 55

写真 2020-01-16 21 24 43

写真 2020-01-16 21 31 39

写真 2020-01-16 21 32 46

写真 2020-01-16 21 33 09


"Daitokai" is held on around the 10th of every month.
Because the timing of returning home and the date of this month happened to coincide,
we were invited the host and the organizers and joined there for the greetings of the New Year.

The performances that celebrate the New Year, such as “Noh Stage”, “Koto and Shakuhachi”, and “Noh and Shakuhachi”,
I realized that January was a very happy month for Japanese.
This year I thought I could not taste Japanese New Year,
Under Fukutoku Shrine in Nihonbashi, I was able to experience such an opportunity to welcome New Year.

The night breeze on the ground was comfortable on my skin and my down coat was too hot.
The image of winter in Japan, which was frozen in the cold sky, was softly away this year.

写真 2020-01-16 7 54 21

写真 2020-01-16 8 27 13

写真 2020-01-16 8 44 52

写真 2020-01-16 8 53 01

写真 2020-01-16 8 59 27


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-16 21 24 06

Next

出張の合間の隙間時間。
仲間と会う機会のほとんどは、ほぼ前日召集。

それでも、集ってくれる仲間がいる。
「お帰り」の一言で、元気になれる。

写真 2020-01-11 9 27 57


There has a little free time during business trip.
Most of the opportunities to meet with friends is convened almost the day before.

Still, there are friends who come to join.
I can get well with one word of "Welcome home."

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-01-16 12 59 53

写真 2020-01-16 12 59 49


菜食主義者の多いニューヨークで、ヴィーガン料理はとてもポピュラーで、
ヴィーガン料理だけでミシュランのジャンルができるし、
著名シェフも、こぞってヴィーガン料理のレシピ研究をしている。

元ニューヨークの「ジャン・ジョルジュ」でスーシェフとして活躍し、
前「ジェン・ジョルジュ東京」の総料理長でもあった米澤文雄氏が、
満を持して、ヴィーガンだらけのレシピ本を出版された。

焼いて、焦がして、旨味を引き出す熟成肉のお店「The Burn」のシェフが、
今このタイミングでヴィーガン料理を提言したことに、
世の中は、圧倒的なカルチャーショックを受けているに違いない。

出版記念パーティーには、120名もの米澤ファンが押しかけて、
その出版の経緯を存分に聞き出し、盛大にお祝いをした。

肉、魚、卵、乳製品といった動物性の食材を一切使用せずに、
ともすれば、アボガドと豆のイメージしかない完全菜食主義の料理が、
こんな風にバラエティー豊かにアレンジされて提供されることに、
その空間にいたすべての人が、感動のため息を漏らしていた。

肉という食材にこだわりがあるからこそ、受け手側の多様性を尊重して、
「肉なしで野菜を美味しく食べる」ことに積極的になるのだと。

誰しもが簡単に本を出版できる時代になったけれど、
周囲から熱望されてレシピを公開、出版するということは、
こんなにも世の中を幸せにするのだと感じた夜。

今夏、この店の周辺はオリンピック熱で、近寄れないのかもしれない。
若き侍、米澤シェフの前途を、私はここからずっと応援していたい。

写真 2020-01-15 19 40 02

写真 2020-01-15 19 40 44

写真 2020-01-15 20 03 40

写真 2020-01-15 19 32 22


Vegan cuisine is very popular in New York, where there are many vegetarians,
Vegan food can make Michelin genre,
Well-known chefs are also studying vegan recipes.

Mr. Fumio Yonezawa, formerly a sous-chef at Jean Georges in New York, who was also the head chef of Jen Georges Tokyo,
He has finally published a vegan recipe book.

The restaurant "The Burn" of aged meat restaurant to bake, burn, and bring out the taste.
To the thing that he suggested vegan cuisine at this time, people must be experiencing an overwhelming culture shock.

At the publishing commemorative party, Yonezawa fans, over 120 people, rushed in,
We fully heard the history of the publication and celebrated grandly.

Without using any animal ingredients such as meat, fish, eggs and dairy products,
I guess a former vegetarian dish image was made with only by avocado or beans.
He provided with a variety of arrangements for all vegan food, everyone in that space was sighing with excitement.

Because he is particular about the quality of meat, he respects the diversity of the recipient.
So he would suggest to "Less meat, more vegetables".

Although it is now easy for everyone to publish books,
Publishing recipes with the eagerness of the surroundings, made us very happy.
It was an essential point that makes people happy.

This summer, the surroundings of this restaurant may be inaccessible due to the Olympic fever.
I want to support the young samurai, Chef Yonezawa, from here.

写真 2020-01-15 18 48 36

写真 2020-01-15 19 32 41

写真 2020-01-15 19 34 10

写真 2020-01-15 20 13 41

写真 2020-01-15 20 13 49

写真 2020-01-15 20 13 52

写真 2020-01-15 20 14 00

写真 2020-01-15 20 14 09

写真 2020-01-15 20 14 12


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-16 6 58 38 (1)

写真 2020-01-15 18 53 33

写真 2020-01-16 6 58 47 (1)

Next

写真 2020-01-10 16 03 10

写真 2020-01-13 13 38 59


私は日米教育の違いは、パスタとチーズに喩えられると思っている。
束から1本飛び出しているパスタを、すっと引き揚げようとするのが米国式。
形の悪いチーズを削ぎ落として、表面を綺麗に整えるのが日本式。

ある一定の枠の中に収めておこうとする学校教育にうまく馴染めずに、
不登校になっている児童・生徒のために、東大が提供しているプログラム。
2014年にスタートした異才発掘プロジェクトROCKETの発表会に参加した。

知的能力が高く、自己の能力に貪欲過ぎて、集団学習には強調できない。
ROCKETに所属している子どもたちには、共通して「志」と「こだわり」がある。

その「志」と「こだわり」を引き揚げようとしてあげる環境と予算が、
それを必要としている子ども達すべてに届けられるわけではないけれど、
この画期的な試みは確実に「新しい価値を生み出す素質」を引き揚げている。

世に伝える絵画を描き続ける17歳青年の堂々としたプレゼンを聴きながら、
まもなく17歳になる我が娘は、社会に何を伝えられるのだろうと考える。

舞台は日本か米国か。
2020年、新しい活動を発進させた。
手探りのスタートだけれど、共に歩いてください。

写真 2020-01-13 14 17 57

写真 2020-01-13 10 17 30

写真 2020-01-13 10 28 30

写真 2020-01-13 12 03 26


I think the difference between US and Japanese education can be compared to "pasta and cheese".
The American style is to pull up one piece of pasta from the bunch.
The Japanese style is to scrape off badly shaped cheese and clean the surface.

There is a program provided by the University of Tokyo for school refusal that is for kids without getting used to school education that tries to stay within a certain frame.
We participated the presentation of the unique talent discovery project ROCKET (Room Of Children with Kokorozashi( ambition) and Extra-ordinary Talents) which started in 2014.

The children with high intellectual ability, too greedy for self-ability, cannot be emphasized in group learning.
Children who belong to ROCKET have a common ambition and commitment.

It is not delivered to all children who need the environment and budget for trying to pull up the “ambition” and “commitment”.
But this groundbreaking attempt is certainly pulling out "the ability to create new value".

While listening to the dignified presentation of a 17-year-old youth who continues to draw paintings that will be passed on to the world,
I wonder that what my daughter, who will turn 17 years old soon, can be passed something on to society.

Is the stage in Japan or the United States?
We've just launched a new activity in 2020.
It's a groping start, but please walk together.

写真 2020-01-13 12 11 06

写真 2020-01-13 13 48 34

写真 2020-01-13 15 42 41


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-13 14 18 58
Next

2011年、日本の女子プロ女子サッカーチームがワールドカップで優勝した時、
ニューヨークのエンパイアステートビルが、日の丸色にライトアップされた。
決勝で日本チームに負けた米国が、震災復興へのエールという想いもあって、
年間で決められたライトアップのスケジュールを急遽変更したのだった。

あの歓喜の中で大活躍していた選手が、今なお第一線で奮闘している。
プロスポーツ選手は、調子が良い時も悪い時もあるのは当然だけれど、
私は彼女の精神力の強さに、いつもいつも学ばされている。

昨秋に負った怪我のリハビリに専念している彼女を励まそうと思っていたのに、
私の方がたくさん勇気をもらいつつ、日々の大切さを胸に刻む。

彼女は西に、私は東に向かう、帰り道。
富士山を見るのが楽しみだったのに、日が暮れてしまった。

次の再会で、また夢の続きの話をしよう。

写真 2020-01-11 16 33 05


In 2011, when a Japanese women's professional soccer team won the World Cup,
The Empire State Building in New York was lit up in the color of the Japanese flag.
Because the United States, which lost to the Japanese team in the final, thought that it was an ale for reconstruction after the earthquake,
The light-up schedule, which was determined throughout the year, suddenly changed.

The player, Aya Sameshima, who was very active in that delight is still working on the front line.
Of course, the condition of the professional athletes are sometimes good or bad though,
I have always been learning about her strength.

I was trying to encourage her who is dedicated to rehabilitating the injury I suffered last fall,
I will keep my heart while receiving much courage.

On the way home, she went to west, I head to east.
I was looking forward to seeing Mt.Fuji, but I couldn't because the sun had set.

At the next reunion, let's talk about the dream again.

写真 2020-01-11 18 12 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-11 16 33 29

Next

写真 2020-01-10 16 02 41

写真 2020-01-10 12 50 46


小児病院近くある、病気の子どもとその家族のための滞在施設。
長女がフィラデルフィアで10時間に及ぶ大手術を受けた時に、
ドナルド・マクドナルド・ハウスの存在を知った。

1974年から現在まで、世界42カ国367カ所にも展開されていて、
病気と闘う子どもを支える家族を経済面と精神面からサポートするシステムは、
米国ではあまりにも有名で、その恩恵を授かれる機会に感謝した。

日本では2001年の「せたがやハウス」開業から始まり、現在11カ所に展開。
まだまだ認知度が低いのは、そのネーミングがネックになっているのかもしれない。
ハンバーガーのマクドナルド社は、あくまでも協賛企業の一部であって、
財団の大部分は、他の企業や個人サポーターの寄付によって支えられている。

全国のマクドナルド・ハウスに、拙著を寄贈させていただくことになり、
今年の活動は、東大病院に隣接する「東大ハウス」訪問からスタートした。

自分ができることをやる。
私たちの歩んできた道のりが、少しでも誰かのチカラになりますように。

ドナルド・マクドナルド・ハウスHP

写真 2020-01-10 13 07 45

写真 2020-01-10 13 09 06

写真 2020-01-10 13 17 38

写真 2020-01-10 13 18 33


There was an accommodation for sick children and their families near the Children's Hospital.
When the eldest daughter underwent a major 10-hour operation in Philadelphia,
we learned about Donald McDonald House.

From 1974 to the present, it has been deployed in 367 locations in 42 countries around the world.
An economic and spiritual support system for families who support children in the fight against illness, was too famous in the United States.
We thanked for the opportunity to benefit.

In Japan, the “Setagaya House” opened in 2001 and has been expanded to 11 locations.
Perhaps the reason for the low recognition might be that the naming is a neck.
The company of McDonald's is only part of the sponsoring company,
Most of the Foundation is supported by donations from other companies and individual supporters.

I had an opportunity to donate my books to McDonald House nationwide.
This year's activities started with a visit to the “Tokyo University House” next to the University of Tokyo Hospital.

I do what I can.
May our journey will be someone's hope.

写真 2020-01-10 13 11 46

写真 2020-01-10 13 12 31

写真 2020-01-10 13 21 13

写真 2020-01-10 13 22 13


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-10 13 24 34

写真 2020-01-10 13 06 43


Next

娘のいる学校のすぐ近くで、クリスマスツリーを買った。
あの土地から、空が繋がっているから、自宅に持ち帰った。

マンハッタンを少し遠くから眺めながら、
あと何回この景色を見るのだろうと、感傷的になった。

空が好きなのは、そこに希望があるから。
同じ空を見ていることが、支えになるから。

いつか娘に見せたいと思うのは、親のエゴであって、
空を知らない幸せも、きっとある。

ここから抜け出せなくて、もがいている。

現実を受け入れることは、希望を捨てること。
大人になることは、夢を諦めること。

でも、もう少し、もう少し。
私に何ができるだろう。

写真 2020-01-07 10 33 16


We bought a Christmas tree right next to my daughter's school.
Since the sky was connected from that land, we took it home.

While looking at Manhattan from a little far,
I was sentimental no matter how many times I saw this view.

I like to look up the sky because there is hope there.
There is a hope that we look at the same sky.

What I want to show my daughter someday is my ego as a parent.
There may be happiness that does not know the sky.

I can't get out of here and am struggling.

To accept reality is to abandon hope.
To be an adult is to give up my dream.

But a little more, a little more.
I wonder what I can do.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-11-12 12 59 05

写真 2019-11-12 12 59 09


かつてSOHO地区に住んでいた頃、これほど子育てに適さない街はないと思った。
ベビーカーの車輪が石畳に引っ掛かるし、四六時中、街の喧騒が絶えない。
私たちは逃げるようにアパートを探して、老人と子供の多い地区に引っ越した。

それでもSOHO地区とは御縁があって、立ち上げを手伝った店舗があったり、
日本からのクライアントを案内して回ったり、足を運ぶ機会は少なくない。

この20年間、街が変わりゆく変遷も、一緒に見てきたように思う。
かつての倉庫やギャラリーの多かったアーティスティックな街は、
今はブランドの旗艦店が立ち並び、流行の発信地となっている。

そんなSOHO地区に、アマゾンがリアル店舗を出したのは2018年秋のこと。
オンラインで評価の高い、4つ星以上の商品ばかりを厳選した品揃え。

オンラインで人気商品だけに在庫がなかったり、
商品の入れ替え時期とオンラインのタイムラグがあったりするけれど、
実際に手に取ってみないと分からないという人には、きっと有り難い。

市場調査に来たクライアントと店舗をまわり、
私もつられて、キッチングッズを買ってしまいそうになった。

いやいや、ここで荷物を増やしてはいけない。
やはりアマゾンは、家に届けてもらうことこそが、メリットだと思うのだ。

写真 2019-11-12 13 00 16

写真 2019-11-12 12 59 26

写真 2019-11-12 13 00 21

写真 2019-11-12 13 00 57


When we once lived in the SOHO district, I thought it was no better city for child-raising.
The wheels of the baby stroller were caught on the cobblestones, and the noise of the city was constant all the time.
We looked for an apartment to escape and moved to a district with lots of old people and children.

Still, there is a relationship with the SOHO district, there are stores that I helped launch,
There are also many opportunities to guide and visit clients from Japan.

I think I've seen the changes that have taken place in the city over the last 20 years.
An artistic city that once had many warehouses and galleries, is now the brand's flagship stores are lined up and are the epicenter of the trend.

Amazon opened a real store in the SOHO district in the fall of 2018.
There are an assortment of products that are highly rated online and have been carefully selected only for products with 4 stars or more.

If only popular items are not in stock online,
Although there is a time lag between product replacement and online,
If you can actually look it, you'll be grateful.

I went around the store with the client who came to the market research,
I was entangled and almost bought kitchen goods.

No, I should not increase luggage here.
After all, I think that the benefit of amazon is delivery it to home.

写真 2019-11-12 13 04 58

写真 2019-11-12 13 04 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 13 05 06

Next

写真 2019-12-10 13 39 01

写真 2019-11-12 10 39 37

写真 2019-11-12 10 42 44


ニューヨークには、たくさんのスポーツジムが存在している。
一年の半分近くは「寒いね」と挨拶を交わす土地だから、
アウトドアよりもインドアで健康管理をする人が多い。

なかでも「EQUINOX」は、ハイエンドに近いスポーツクラブで、
アップタウンのそれに行くと、セレブに遭遇することすらある。

「EQUINOX」プロデュースのホテルがオープン。
この先2年で、全米4都市に拡大予定だという。

ハドソン川を見渡すジムや、ヘルシーメニューが充実したレストラン。
忙しい出張の滞在中、その隙間時間にも徹底して身体を動かす人々。

年々高騰するニューヨークのホテル料金。
さらに3割増程を捻出してでも、健康志向に徹するホテルに滞在する。
新しいニューヨークスタイルが、誕生した。

写真 2019-11-12 10 48 03

写真 2019-11-12 10 48 30

写真 2019-11-12 10 48 26

写真 2019-11-12 10 49 21

写真 2019-11-12 10 47 03

写真 2019-11-12 10 46 49


There are many sports gyms in New York.
Nearly half of the year is a place where people are worried about the cold weather.
Many people manage their health indoors rather than outdoors.

Among them, "EQUINOX" is a sports club near the high end,
If you go "EQUINOX" in uptown, you may even encounter celebrities.

A hotel produced by "EQUINOX" has opened.
The company plans to expand to four cities in the United States in the next two years.

A gym overlooking the Hudson River and a restaurant with a healthy menu.
People who exercise their bodies thoroughly during their busy business trips even during their spare time.

New York hotel prices soaring year after year.
Even if you pay 30% more, you will stay at a hotel that is health-conscious.
A new New York style was born.

写真 2019-11-12 10 39 34

写真 2019-11-12 10 42 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 10 50 44

写真 2019-11-12 10 46 08

写真 2019-11-12 10 50 21


Next

写真 2019-12-26 14 40 51

写真 2020-01-01 12 12 58


昨秋、ニューヨークに来ていた従姉との会話。
「年末は暖かい所に行きたいと思って、バハマで集合ね」
「マイレージで行けるところなら、合流できるよ」

年末は、ニューヨークの寒さから逃れて、カリブ海方面へ。
蓋を開けてみると、従姉が行ったのはハバナ(キューバ)で、
私たちは、バハマ(英国加盟国)に向かっていた。笑

ニューヨークから、フライトでたったの2時間半。
白人が多く訪れる楽園の島、アジア人は本当に少ない。

目の前に広がるビーチと青い空、の予定だったのに、
ホテルの寒さで風邪を引いた私は、ずっと部屋に引きこもり。
お陰で、たまっていた仕事も出来たけれど、家族からはブーイング。

とにもかくにも、健康のありがたみを感じながら、
検疫にも引っかからずに、ニューヨークに戻った次第。

慌ててお節料理を用意して、2020年の始まりへ。
録画した紅白歌合戦を観る時間もないままに、ホリデーは終わった。

写真 2019-12-30 16 28 24

写真 2019-12-30 16 26 39


I had conversation with my cousin who came to New York last fall.
"I'd like to go to a warm place at the end of the year and get together in the Bahamas."
"If we can go by using airline's mileage, we can join there."

At the end of the year, we escaped the cold of New York and headed to the Caribbean.
When it actually happened, my cousin went to Havana (Cuba)
We were heading to the Bahamas (UK member states). Lol

It was only 2.5 hours by flight from New York.
There were really few Asians on paradise islands, where many white people visit.

Although the beach and blue sky that spread out in front of me were planned,
I caught a cold by the air condition of the hotel and stayed in my room forever.
Thanks to that, I was able to do some accumulated work, but my family was booing.

Anyway, while feeling thankful for being healthy,
I returned to New York without being quarantined.

I prepared for the Osechi (Japanese new year's food) in a hurry and welcomed the beginning of 2020.
The holiday was over without the time to watch the recorded Japanese TV show.

写真 2019-12-27 9 27 36

写真 2019-12-31 12 52 57


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-02 19 26 51

Next

日本から遅れること14時間、こちらも新年を迎えた。
ニューヨークから脱出して南下したけれど、時差はない。
そんな地球に住んでいる。

幼い頃は、21世紀を迎えることすら想像できなかったけれど、
2000年をとうに超えて、2020年という節目の年までやってきた。

毎年いろんなことが起こって、いろんな経験をさせていただいて、
それでも確かに命があることに、どれほど感謝しただろう。
今ここにある命を大切に紡ぎながら、次世代に何を繋いでいけるだろう。

壮大な宇宙の中で、自分一人で出来ることは限られているけれど、
気が付けばいつも寄り添ってくれる仲間がいて、
その存在にどれほど助けられてきたことか。

これからも、自分ができることを精一杯やる。
世界中に、たくさんの笑顔が溢れるように。
人に誠意を尽くし、懸命に、タスキを繋ぐ。

2020年が、皆様にとって幸多き一年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真 2019-12-30 16 22 46


We've welcomed a new year, 14 hours behind Japan.
I escaped from New York and went south, but there was no time difference.
I live on such an earth.

When I was young, I couldn't even imagine entering the 21st century,
It has gone beyond 2000 and has reached the milestone year of 2020.

Every year, various things happen and I have many experiences,
Nevertheless, how grateful I have a life.
What I can connect to the next generation while carefully cherishing the life here and now?

In the magnificent universe, what I can do alone is limited,
If I notice, there are always friends who will snuggle me up,
I appreciate how much they have helped me.

I will continue to do everything I can.
I hope many smiles will overflow all over the world.
I do the sincerity to the people, and pass the baton hard.

May the year of 2020 be a happy year for everyone.
Thank you very much.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-31 21 01 48




Next

4歳の時に父親をなくした母は、家庭的な行事に憧れていた。
誕生日やクリスマスという家族イベントをとても大事にしていて、
子供たちが巣立った後でも、クリスマスには庭をライトアップしている。

いつしかサンタクロースの存在に気付いた私が、
大きくなるまでずっとサンタクロースを信じているふりをしていたのは、
母を傷付けたくないと思ったからだったのかもしれない。

我が家の子供たちも、すでにその存在に気付いているはずなのに、
末娘は今年も丁寧に。サンタクロースに手紙を書いた。
クリスマスの朝、我が家のツリーの下には、旅行チケットが置かれていた。

翌日、ニューヨークから南へ、2時間半のフライト。
寒さから逃れてのバケーションのはずだったのに、
風邪を引いた私は、部屋に引きこもり。

でもこうやって、2019年を振り返るのも悪くない。
挑戦と試練と変化の一年、私らしく過ごせただろうか。
誠実に、誠実に、自分の役割を果たしていこう。

日本はそろそろ大晦日。
私が失った日本の正月、いつか故郷で過ごしたい。

写真 2019-12-30 10 59 31


At the age of four, my mother lost her father, longing for family events.
She takes great care of family events such as birthdays and Christmas,
Even after the children leave the home, the garden is lit up at Christmas.

I noticed the existence of Santa Claus one day,
Until I grew up, I was pretending to believe in Santa Claus,
Perhaps because I didn't want to hurt my mother.

Even though our children should already be aware of Santa's existence,
my youngest daughter wrote a letter to Santa Claus in polite again this year.
On Christmas morning, a travel tickets were placed under our Christmas tree.

The next day, a 2.5 hour flight south of New York.
It was supposed to be a vacation away from the cold,
I caught a cold and stayed in the room.

But it's not bad to look back on 2019.
I spent a year of challenges, trials, and changes.
Let me play my part sincerely and sincerely.

Japan is about to come to New Year's Eve.
I want to spend at the new year in my hometown, Japan.

写真 2019-12-30 10 59 31 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-12-05 20 32 36


12月初旬、ニューヨーク市内の和食レストラン10店舗で、
福島県の日本酒をプロモーションするイベントが企画された。

毎年、日本全国の日本酒の出来栄えを競う「全国新酒鑑評会」で、
福島県は7年連続、金賞銘柄を最多数産出している。
「日本酒」はすでに米国の飲食業界に定着しているけれど、
産地まで認識している米国人は少ないからこそのプロモーション。

イベントを統括したプロデューサーの取り計らいで、
福島県大堀相馬焼松永窯の「IKKON」盃を、一緒に紹介させていただいた。

「ここからできる震災復興支援」
数年前に東北大震災の追悼式典で出会い、ずっと応援してきた松永窯。
小さな声でささやき続けていた想いを、すくいあげてくれた方々。
皆様のサポートに、心より感謝いたします。

大堀相馬焼松永窯の商品が、ニューヨークで販売開始になりました。
日本の誇りを、世界へ繋げたい。
ゆっくりでも、確実に、足跡を残すお手伝い。
来年も精進します。

IKKONを応援してきた過去記事はこちら

IKKON公式ホームページ

販売店舗:TAKUMEN
5-50 50th Avenue, Long Island City, NY11101

写真 2019-12-05 18 23 36

2018-11-07 13.19.29

写真 2019-12-05 19 51 49

写真 2019-12-05 21 01 39


In early December, at 10 Japanese restaurants in New York City,
There had event promoting Sake of Fukushima Prefecture.

Every year, at the "National New Sake Appraisal", which competes for the performance of sake throughout Japan,
Fukushima has produced the largest number of gold prize brands for the seventh consecutive year.
“Sake” is already known in the US food and beverage industry,
we promoted Fukushima locality because few Americans are aware of the locality of products.

Thanks to the arrangement of the producer who supervised the event,
we also introduced the "IKKON" cup of the Obori Soma ware, Matsunaga Pottery, in Fukushima prefecture.

"Earthquake disaster reconstruction support that can be done from here"
I met Mr. Matsunaga, 4th generation of Matsunaga Pottery, several years ago at the memorial ceremony of the Great East Japan Earthquake, and have been supporting them all the time.
To those who saved up the feelings that had been whispering in a small voice.
Thank you for your support.

Obori Soma ware products are now available in New York.
We want to connect Japanese pride to the world.
Hope to help to leave footprints slowly but surely.
We will work hard next year, too.

Please click here to see the past articles supporting IKKON.

IKKON Official Homepage

Sale store: TAKUMEN
5-50 50th Avenue, Long Island City, NY11101

写真 2019-12-13 13 11 02

写真 2019-12-13 13 11 12

写真 2019-12-13 13 11 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-05 18 01 00
Next

今年のクリスマス。
目に見えない贈り物をもらった。
いや、まだ受け取っていないけれど、
心に届けば、それで十分。

あなたと出会えたことが、今年の最大の宝物。
The greatest gift I’ve ever had was you.

ニューヨークより、愛をこめて

写真 2019-12-04 21 52 41


This Christmas,
I got an invisible gift.
No, I haven't received it yet,
Since it reached my heart, that was enough.

Meeting you was the biggest treasure of the year.
The greatest gift I've ever had was you.

With love from New York

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-12-07 18 57 59

写真 2019-12-07 18 58 35


世界中の子どもたちに人形を贈るNPO団体、MSTERIOのホリデー企画。
タイムズスクウェア近くの会場に、100名を超える親子が集まった。

飴細工職人のパフォーマンスを見て、人形作りを一緒にしながら、
大人も子どもも、少しずつ交流を深める。

当夜最大のプレゼントは、桂三輝(サンシャイン)氏の落語ショーの観劇。
桂文枝師匠のもとで修行を積んだカナダ人の落語家が、
ニューヨークのブロードウェイ・シアターで、落語をお披露目する。

額に汗しながら、古典ネタ「じゅげむ」を英語で語り、
自虐ネタを入れながらも、全身で落語を伝える三輝氏のパフォーマンスに、
会場は笑いの渦に巻き込まれ、外の寒さを吹き飛ばすような熱気が溢れた。

来春までのロングランが決定した桂三輝氏のブロードウェイショー。
日米の新たな架け橋は弧を描き、こうして世界に繋がっていくのだろう。

写真 2019-12-07 18 59 00

写真 2019-12-07 18 59 15


There had a holiday event of MSTERIO, NPO that gives dolls to children around the world.
More than 100 parents and children gathered at the venue near Times Square.

Looking at the performance of the candy craftsman, while making dolls together,
Adults and children deepened exchanges little by little.

The biggest present of the night was a Rakugo show by Sunshine Katsura.
A Canadian Rakugo who trained under Bunshi Katsura,
His Rakugo has been unveiled at the Broadway Theater in New York.

While sweating on the forehead, talking about the classic story "Jugemu" in English,
Mr. Sunshine performed by telling Rakugo in hard while putting in masochistic stories.
The venue was engulfed in a whirlpool of laughter, overflowed with passion as if it blows off the cold outside.

Broadway show by Sunshine Katsura, was decided to have been long run until next spring.
The new bridge between Japan and the United States will draw an arc, and thus connect to the world.

写真 2019-12-07 19 44 13

写真 2019-12-07 19 59 04

写真 2019-12-07 20 04 44

写真 2019-12-07 21 28 23


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-08 5 55 29

写真 2019-12-08 5 55 22

写真 2019-12-08 5 55 19

©️MSTERIO org.
写真 2019-12-08 5 55 06
Next

写真 2019-12-14 14 45 36

写真 2019-12-14 14 45 51


ニューヨーク5番街の一等地に君臨する、世界最高峰のデパート。
バーグドルフ・グッドマンのホリデーウィンドウは、
今年も世界中の人々を魅了している。

デパートのディスプレイスペースという限られた空間の中で、
どれほどの表現が出来るだろうと思うけれど、そこに限界はなく、
毎年毎年アップグレードされた新しい世界が演出されている。

近年映画でも公開されたように、バーグドルフ・グッドマンのウィンドウは、
およそ1年がかかりで制作される。
前年のディスプレイを撤収して数週間後には、次シーズンの準備が始まるのだ。

5つの大きなウィンドウを中心に、共通するテーマを設定して、
マネキンには各ブランドが生産している洋服を着用させ、PRも入れ込む。
2019年のテーマ「Bergdorf Good Times」を掲げてチームが結成され、
ゲーム、娯楽、パーティー、お祭り、ボードゲームが具現化された

今年の驚くべき進化は、すべてのウィンドウが「鳥瞰図」。
まるで上から下を見下ろすかのように、マネキンが配置されており、
たった52インチのスペースを最大限に活用したアートは、群を抜いている。

手作業で製作された数百万個のスパンコールや、マネキンの仕草と表現。
最終的なインスタレーションの時にまで断続的に変更が加えられ、
そのヴェールが開いた瞬間、ニューヨーカーから感嘆のため息が漏れた。
まるで美術館にいるような艶やかで荘厳な場面に、気分が高揚する。

ここのホリデーウィンドウを描くと、また1年の終わりがやってくる。
せめてここにいる時は、時の流れが止まってほしい。
年の瀬は、もうすぐそこにある。

写真 2019-12-14 14 38 33

写真 2019-12-14 14 39 08

写真 2019-12-14 14 39 11

写真 2019-12-14 14 38 44

写真 2019-12-14 14 39 52

写真 2019-12-14 14 40 05


There is the best department store in the world that reigns in the prime of New York Fifth Avenue.
The holiday windows of Bergdorf Goodman have attracted people all over the world this year too.

In a limited space called display space at department store ,
I guessed how expression can be made, but found there was no limit.
A new world upgraded every year has been produced.

As recently released in movies, the holiday windows of Bergdorf Goodman are produced taking one year.
Several weeks after the previous year's display was withdrawn, preparations for the next season has begun.

Set a common theme around five large windows,
Mannequins wear clothes produced by each brand and include PR.
A team was formed with the 2019 theme `` Bergdorf Good Times '',
Games, amusements, different kinds of parties, revelry, even board games were embodied.

The amazing evolution this year is that all windows are "bird's-eye views".
The mannequin is arranged as if looking down from the top,
The art that makes the most of the 52-inch space is outstanding.

Millions of sequins made by hand, and mannequin gestures and expressions.
Changes were made intermittently until the final installation.
The moment the veil opened, New Yorker sighed with exclamation.
You will feel uplifted in a gorgeous and majestic scene as if you were in a museum.

After I write the blog about this holiday window every year, the end of the year will come again.
I want the flow of time to stop when I am at least here.
The year-end is just around the corner.

写真 2019-12-14 14 41 04

写真 2019-12-14 14 41 15

写真 2019-12-14 14 41 18

写真 2019-12-14 14 41 40

写真 2019-12-14 14 41 55

写真 2019-12-14 14 42 02

写真 2019-12-14 14 42 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-14 14 42 34

写真 2019-12-14 14 42 51

写真 2019-12-14 14 43 34

写真 2019-12-14 14 44 03

写真 2019-12-14 14 44 20

写真 2019-12-14 14 44 41

写真 2019-12-14 14 45 04



Next

写真 2019-12-14 12 10 21

写真 2019-12-14 12 11 07

写真 2019-12-14 12 12 59

写真 2019-12-14 12 14 30

写真 2019-12-14 12 13 26

写真 2019-12-14 12 16 27

写真 2019-12-14 12 16 37

写真 2019-12-14 12 14 26


10年程前に、日系ネイルサロンのニューヨーク店舗立ち上げを手伝った。
その女性オーナーとは、いつしか仕事の域を超えた相談もするようになり、
スタッフのアパート手配から、現場のマネージメントまで、
必要な時にはすぐに声がかかるし、そこには確実な信頼関係がある。

週末に呼ばれたのは、ティファニー本店のVIPラウンジ。
2年後の全面改装を前に、初めて足を踏み入れた。
どこもかしこもティファニーテイストのホリデーデコレーション。
こんな空間があったことを、20年も知らなかった。

新しい美容スクールのキックオフをお祝いして、乾杯。
美しく並べられたスイーツの数々、1つだけを選べないと悩むと、
すべてをラップして、お土産に持たせてくださる心意気。

先月末、ティファニーがLVMHグループに買収されたニュースが飛び込んできた。
トランプタワーに隣接するティファニー本店の客足が一気に減ったのは、
トランプ大統領就任後あたりからだったろうか。
162億ドル(1.7兆円)の買収で、ティファニーは起死回生を辿れるか。

オードリー・ヘップバーンがクロワッサンを頬張って覗き込んだショーウィンドーは、
永遠に世界中の女性の心を躍らせる。
あの水色の紙袋には、たくさんの魔法が詰まっている。
写真 2019-12-14 19 36 38

写真 2019-12-14 20 42 16


About 10 years ago, I helped set up a New York brunch for a Japanese nail salon.
With that female owner, we started to consult beyond our job.
From staff arrangements to site management,
When she needs me, I get an offer immediately, since there is a solid relationship of trust.

I was invited to the VIP lounge of Tiffany head office on last weekend.
I entered my first step to the lounge that will have a full refurbishment two years later.
There had Tiffany-style holiday decorations everywhere.
I didn't know that there was such a space for more than 20 years.

We had toast to celebrate the new beauty school kickoff.
We were worried that we won't be able to choose one of many beautifully arranged sweets,
The staff wrapped everything and gave us as a souvenir.

At the end of last month, news that Tiffany was acquired by the LVMH group came in.
It was about after President Trump took office,
The number of customers at Tiffany's headquarters adjacent to Trump Tower suddenly decreased.
Hope Tiffany can go through reincarnation with a $ 16.2 billion acquisition.

The show window that Audrey Hepburn with the croissant peeked into, inspires the hearts of women all over the world forever.
Everybody knows that light blue paper bag is full of magic.

写真 2019-11-13 16 39 48

写真 2019-11-13 16 39 50
写真 2019-11-13 16 39 54

写真 2019-11-13 16 40 35

写真 2019-11-13 16 43 03

写真 2019-12-14 11 57 11

写真 2019-12-14 11 58 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-14 19 36 35

Next

SHOWFIELDS5

写真 2019-11-12 14 46 07


私には実姉同然ともいえる従姉がいる。
知る人ぞ知る、社会的な立場からほとんど表には出てこないけれど、
彼女が世の中に何かを仕掛ける時、そこには常に確かな裏取り実績がある。

ニューヨークで流行っているものは、いずれ日本に上陸する可能性がある。
それにいち早く目をつけ、どうやって日本に伝えるかを考える。
彼女のチームがニューヨークに来る時、必ず私にミッションが課される。
ニューヨークのトレンドを一気に見てまわるツアーを組み立てる。

今年どの媒体でも話題になったのが、D2C(Direct to Consumer)の展示販売形式。
ソーホー地区の北に位置するノーホー地区に登場した「SHOWFIELDS」の台頭。
これまでオンラインでしか購入できなかった話題の商品を実際に展示したり、
セレクトショップのみに卸していたブランドが専門店を持つ前のマーケティングをしたりする。

ブランドごとに仕切られたスペースには、商品説明のタブレットを常設。
なかでも人気なのが、「HOUSE OF SHOWFIELDS」という参加型ショー形式のツアー。
参加者が回転本棚の裏側に隠された滑り台を降りるところからツアーが始まる。
各ゾーンには役者の卵のような販売員がスタンバイしており、商品をアピール。
ツアーが終わる頃には、その熱演に圧倒されて、思わず購買欲をそそられる。

同地区に実際に路面店を出す場合の4分の1ほどの賃料、
3〜6ヶ月というポップアップ形式で、出展者が入れ替わる。
自らを「世界一面白いお店」と称する「SHOWFIELDS」商法が、
日本に上陸するまで、それほど時間はかからないだろう。

写真 2019-11-12 14 39 42


I have a cousin who can be said to be a real sister.
The people you know her from the social standpoint, but she does not appear on the table.
When she puts something by buzz in the world, there is always a proven backing.

Things that are popular in New York may eventually land in Japan.
We look at it quickly and think about how to communicate it to Japan.
Every time her team comes to New York, I have a mission.
It's to assemble a tour around New York trends.

The topic of any medium this year was the D2C(Direct to Consumer) display and sales format.
The rise of “SHOWFIELDS” that appeared in the Noho district, north of the Soho district.
They showcase hot topics that could only be purchased online.
Or, for example, a brand that was only sold at a select shop would do marketing before having a specialty store.

A product description tablet is permanently installed in the space partitioned by brand.
One of the most popular thing is a participatory show called “HOUSE OF SHOWFIELDS”.
The tour begins when the participant gets off the slide hidden behind the rotating bookshelf.
In each zone, salespersons such as actors are on standby to appeal the products.
By the end of the tour, people will be overwhelmed by the enthusiasm and intrigued.

The owners pay a quarter of the rent comparing actually opening a street store in the same area.
Exhibitors are switched in a pop-up format of 3-6 months.
The "SHOWFIELDS" commercial law that calls itself "the most interesting shop in the world".
I guess it will not take much time to land in Japan.

写真 2019-11-12 14 43 18 (1)

写真 2019-11-12 14 42 03 (1)

写真 2019-11-12 14 42 35 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 14 46 41 (1)
写真 2019-11-12 14 49 07
写真 2019-11-12 14 49 51
Next

IMG_4825

スクリーンショット 2019-12-09 09.10.37


世界の中心ニューヨークで、飲食店業を営む。
それがいかにハードルの高いことであるか、想像に難くない。
苦労の末に開業までこぎつけても、たった数年で撤退するケースも多く、
まず10年を超え、さらに営業利益を出し続ける店舗は非常に稀。

そんななか、今月で創立50周年を迎えた日系企業が存在する。
マンハッタンからアップステートに向かう途中、
高速道路87号線から左手を見上げたヒルバーンという小高い山に、
「火鉢レストラン」として有名な「Mt.Fuji」レストランが鎮座している。

連日数百名の顧客が訪れ、週末のウェディングでは1000人超のパーティーも企画。
そんなレストランの顔とも言えるラウンジが、今春新装オープンした。
「山」という意味と、オーナーのファーストネームを絡めて「Y’s LOUNGE」。

2500sqftのスペースに、木目を基調とした粋な空間が広がる。
大理石のカウンタートップに、群青のバースツールのバランスも美しいが、
大きなガラス窓の外に広がる自然の借景が、何より心地が良い。

篠原シェフが新しく開発したバーフードも非常に興味深く、
日本から運んだ食材を駆使して、オリジナリティー溢れるメニューが完成した。
オーナー曰く、「ここで日本を体感していただきたい」、と。

日本食がアメリカナイズされた「火鉢」人気はすでに不動の地位にあるけれど、
ここから発信される新しい日本が、次はきっと創立100周年を迎えるのだろう。

Mt. Fuji Steakhouse,
296 Old Route 17 in Hillburn.
Mt.Fuji Japanese Steakhouse Website
写真 2019-11-17 20 10 51

写真 2019-11-17 19 50 03

写真 2019-11-17 20 01 41

写真 2019-11-17 20 09 48
写真 2019-11-17 20 17 26

写真 2019-11-17 20 22 19


If you wish to run a restaurant business is run in New York, the center of the world,
It's not hard to imagine how high the hurdles are.
There are many cases of withdrawal in just a few years, even if you open the restaurant after a hard time.
First of all, there are very few stores that have exceeded 10 years and continue to generate operating income.

Under such circumstances, there is a Japanese company that had celebrated it's 50th anniversary this month.
On the way from Manhattan to Upstate,
On a small mountain called Hillburn looking up on the left from the Interstate highway 87,
There is a “Mt.Fuji Restaurant", famous as "Hibachi Restaurant."

Hundreds of customers visit every day, and over 1,000 wedding parties are planned for weekend weddings.
A lounge that can be said to be the face of such a restaurant was newly opened this spring.
It's named “Y ’s LOUNGE” with the meaning of “mountain” and the owner's first name.

A stylish and swanky space based on wood grain spreads out in the 2500sqft space.
The marble countertop is beautifully balanced with ultramarine bar stools,
The natural scenery outside the large glass window is the most comfortable.

The bar food newly developed by Chef Shinohara is also very interesting,
A menu full of originality was completed using ingredients brought from Japan.
According to the owner, "We want you to experience Japan here."

The popularity of “Hibachi”, which has Americanized Japanese food, is already in an immovable position,
The new Japan born from here will surely celebrate the 100th anniversary of its founding.


Mt. Fuji Steakhouse,
296 Old Route 17 in Hillburn.

写真 2019-11-17 19 36 49

写真 2019-11-17 20 28 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-17 21 19 08

写真 2019-11-17 21 40 06

Next

写真 2019-11-20 20 58 28


「NY ADC Young Guns 17」授賞セレモニーは、ニューヨークの老舗、
ソニーホールで開催された。
世界中から集まった受賞者たちは、当日の18時に招集された。

受賞者本人以外は会場に立ち入り出来ず、篠原氏一人が会場内へ。
我々は、寒空の下で待機するよりも、バーで一杯飲んで待とうということになった。
PR担当の女性スタッフと込み入った話をして、18時半に会場に行くと、
篠原健太氏が、やや不安そうな面持ちで待っていた。

私がもう一度受賞者の動線を確認したいとオーガナイザーに申し出て、
最初から説明をし直してもらう。
その時に、主催者の一人であるスタッフが、私に頰を寄せてきた。
耳元で「今夜、素晴らしいことが起こるからね」とささやく。

会が進行し、最後に「クリエイティブ・チョイス・アワード」が発表された時、
先のオーガナイザーが、私にウィンクを送ってきた。

不意に名前を呼ばれても、堂々とステージに赴き、ガッツポーズをする若き英雄。
受賞者全員との記念撮影が終わると、篠原氏の姿が背後に消えた。

見ると、必死にトロフィーの写真を携帯で撮影している。
その数分後、送られてきた映像に、私は感嘆した。
篠原氏「コマ撮り」の技術が、瞬時にトロフィーに息吹を与えた。

テーブル上でクルクルと回るトロフィーの映像を眺めながら、
日本の広告業界の明るい未来に目を細める。

初日にチップを巻き上げられてからの巻き返し。
一般投票で最高位に君臨した賞金は、次の海外視察への資金になるだろう。

世界への扉は、こんなにも近いところに開かれている。
「ストップモーション・アニメーション」という言葉は、世界共通の言語になった。

写真 2019-11-20 21 34 05

完成したコマ撮り動画はこちら。

"NY ADC Young Guns 17” award ceremony was held at Sony Hall,
Held at Sony Hall.
The winners from all over the world were convened at 18:00 on that day.

No one other than the winner could enter the venue, Only Mr.Shinohara went into the venue.
Rather than waiting in the cold, we decided to wait for drink at the bar.
After a complicated talk with the PR staff, we went to the venue at 18:30.
Mr. Kenta Shinohara was waiting with a somewhat uneasy face.

I asked the organizer to check the winner ’s flow again,
asked them to explain from the beginning.
At that time, the staff who was one of the organizers came to me, whispering at my ear “Tonight, a wonderful thing will happen.”

When the meeting proceeded and the “Creative Choice Award” was announced at the end,
The previous organizer sent me a wink.

A young hero who made a guts pose on the stage majestically even if his name was called unexpectedly.
After the commemorative photo with all the winners, Shinohara disappeared behind.

When I see him, he desperately took a picture of the trophy on his cell phone.
A few minutes later, I was amazed by the video that he sent me.
Shinohara's “time-lapse” technology instantly brought the trophy to life.

While watching the video of the trophy spinning around on the table,
I see the bright future of the Japanese advertising industry.

He recovered after gave up tips on the first day.
The prize money that reigned in the general vote will be the fund for the next overseas visit.

The door to the world is open so close.
The word “stop motion animation” has become a universal language.

写真 2019-11-20 21 35 18

写真 2019-11-20 21 35 19


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-20 21 36 34

写真 2019-11-20 21 36 44


同行されたPR担当者から送られてきた写真を追記。
IMG_8110

IMG_8111

IMG_8127

IMG_8147

Next

写真 2019-11-21 14 10 01

写真 2019-11-21 14 33 23

写真 2019-11-21 14 33 18


授賞式から一夜明けての、メディア取材。
インタビューに答える篠原健太氏の表情に、少し安堵の色が見てとれる。
前日は時差疲れもあったのか、緊張で顔色が悪かったけれど、
この日は生き生きと対応して、タイムズスクウェアでの撮影も難なく終了。

ニューヨーク、まだまだ見どころはたくさんあるけれど、
とりあえずミッドタウンを制覇しようと、グランドセントラル駅からの、
エンパイアーステートビルディングのてっぺんまで。

ドリカムがテーマソングを歌った映画「Sleep in Seattle」を熱弁する私に、
若きクリエイターは、キョトンとして反応がない。
「キングコング」の話題で、なんとか空気を取り戻し、呼吸が復活。

「シュガーフィナ」でお土産を大人買いして、おにぎりカフェで夕飯を取り、
「Sleep No More」のショーに送り出して、私のミッションは終了。

駆け足で回ったニューヨーク。
日常的な観光ツアーのアテンドは受託していないけれど、
テーマをフォーカスしたツアーを構成するのは面白い。

これから羽ばたいていく若者たちへのタスキ繋ぎ。
こんなところから、世界は繋がっていく。
写真 2019-11-21 16 37 24

写真 2019-11-21 16 38 54

写真 2019-11-21 17 20 35

写真 2019-11-21 17 21 54

写真 2019-11-21 17 26 03

写真 2019-11-21 17 30 56


Mr. Kenta Shinohara got a media coverage, one night after the award ceremony.
In the face of him answering the interview, I could see a little relief.
Though the day before, he was tired of jet lag,
On this day, photo shooting at Times Square was completed without difficulty.

There were so many things to see in New York,
For the time being, we tried to conquer Midtown from Grand Central Station, to the top of the Empire State Building.

To me who is enthusiastic about the movie “Sleep in Seattle” that "Dreams come true" sang the theme song,
young creators did not react well.
With the topic of “King Kong”, we managed to regain air and breathed again.

They bought many souvenirs at "Sugarfina", had dinner at a rice ball cafe.
Then I sent them off to the “Sleep No More” show, and my mission was over.

We walked around in New York in rush.
We, our company, do not accept the attendance of daily sightseeing tours,
but it was interesting to organize a tour that focuses on the theme.

I pass the baton to young people who are walking here.
From this point, the world will be connected.

写真 2019-11-21 17 40 44

写真 2019-11-21 17 46 32

写真 2019-11-21 17 44 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-21 14 47 20
Next

写真 2019-12-01 5 12 37

写真 2019-11-19 13 55 48


クリエイター篠原健太氏、今回のニューヨーク出張が初めての海外。
待ち合わせは、タイムズスクウェア近くのホテルロビー。

マンハッタン一人歩きの10数分で、すでに観光客として餌食になり、
「その辺にいたキャラクターと写真を撮って、40ドル巻き上げられた」と笑う。
いきなり洗礼を受けた篠原氏、このニューヨーク滞在をどう乗り切るのか。
何よりも、その素直なキャラクターに、好感度がアップする。

初日は、ハドソン・ヤードから、ハイラインを歩いて、
チェルシーマーケットを散策する。
再開発の著しいその地区は、ニューヨークという街の歴史を辿るにふさわしい。

翌日、初心者向けに、徹底してダウンタウンを歩いてみようとなる。
まずはグラウンドゼロで、911テロの犠牲者たちに祈りを捧げ、
スタッテンアイランド行きの通勤フェリーに乗り込んで往復する。

この土地に長く住むと、観光地に足を踏み入れる機会は滅多にないから、
私自身、久しぶりに自由の女神とマンハッタンの摩天楼を眺めるシーンを堪能する。
ウォール街を歩き、チャイナタウンで小籠包を食し、5番街まで。

時差疲れもマックスであろうから、夜の授賞式に備えて、夕方前に解散。
こんなに歩かせて大丈夫だったろうかと、少し心配になる。

「僕、あんまり外には出ないんですけれど」
終始口数の少なかった篠原氏が、突然喋り出す。
「ニューヨーク、めちゃくちゃ刺激的で、楽しいです」
にっこり笑ったその表情に、私は彼の本気度を見出した。

若きクリエイター、きっとこの街を好きになってくれるに違いない。

写真 2019-11-20 10 58 25

写真 2019-11-20 10 57 27

写真 2019-11-20 11 38 14

写真 2019-11-20 11 38 29

写真 2019-11-20 12 20 33


For a Creator Kenta Shinohara, this business trip to New York was the first overseas.
First, we met in the hotel lobby near Times Square.

In just a dozen minutes of walking alone in Manhattan, he was already prey as a tourist,
“I took a picture with the character that was there, and it was rolled up for $ 40,” he laughed.
Mr. Shinohara, who was suddenly baptized, how did he survive this New York stay?
Above all, his likability increased by the obedient character.

On the first day, we walked from the Hudson Yard to the High Line,
Stroll around Chelsea Market.
The area of remarkable redevelopment was suitable for following the history of the city of New York.

The next day, for the beginners, we tried to walk through downtown thoroughly.
First at Ground Zero, we prayed to the victims of 911 terrorism,
then took a commuter ferry to Staten Island.

If we live in this land for a long time, we rarely have a chance to go the tourist area.
I enjoyed the scene of looking at the Statue of Liberty and the Manhattan skyscrapers.
We walked through Wall Street, ate soup dumplings in Chinatown, and went to 5th Avenue area.

Because time difference fatigue will be maximum, in preparation for the evening award ceremony, we dissolved before the evening.
I was a little worried about whether I let them walk too much like this.

"I'm not rich expression,"
Mr. Shinohara, who had a small number of mouths from beginning to end, suddenly began to speak.
“I'm really enjoying, New York is incredibly exciting and fun.”
I found his seriousness in the expression of the smile.

A young creator will surely love this city.

写真 2019-11-20 13 13 54

写真 2019-11-20 13 20 07

写真 2019-11-20 13 50 49


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-20 14 46 47

写真 2019-11-20 14 30 06

写真 2019-11-20 14 41 32

写真 2019-11-20 14 49 24


Next

写真 2019-11-19 20 03 58
写真 2019-11-19 20 07 28


日本で活躍中の若手クリエイターが、広告業界の国際賞を受賞した。
世界45カ国、500人の参加者から28人のWINNERに選ばれた篠原健太氏。
その授賞式にアテンドしてほしいというのがリクエストだった。

「ストップモーションアニメーター」と聞いて、何を想像するだろうか。
私は当初まったくイメージが湧かず、担当者のセリフを反復した。
パラパラ漫画のようなコマ割りでカットを考えて、
キャラクターをミリ単位で動かし、それらに息吹を与えるアーティスト。

渡されたプロフィールを暗唱して、セレモニーの当日に備えた。
PR担当女性と篠原氏がニューヨーク入りして、濃密な時間が始まる。
海外は初めてという篠原氏の目に、この街がどう映るのかも興味深い。

初日は、28人のWINNERとの親交を深める前夜祭。
1921年に世界最古の広告賞を設定したアート・ディレクターズ・クラブが主催、
それぞれの受賞者が自己紹介をしながら、和気藹々と盛り上がった。

翌日、レセプション会場となったソニーホールにはたくさんの人が駆けつけて、
世界中から集まった受賞者たちの功績を称えた。
最後に、一般投票で選ばれる「クリエイティブ・チョイス・アワード」の発表。

頂点に立った篠原氏の名前が呼ばれると、拍手喝采の中、彼が壇上に上がった。
一緒に寄り添って来たPR担当者が涙を流し、本人はガッツポーズ。
歴史的瞬間に立ち会ってしまった私は、感動で足が震えた。

英語が出来なくても、経験がなくても、アートは世界に門戸を開いている。
技術と能力があれば、きっと世界はすぐそこに繋がっていく。
若干30歳の日本人クリエイターが、次のステージに羽ばたく瞬間を、
私も共に、胸に刻んでいこう。

「クリエイターと歩く、ニューヨーク珍道中回顧録」に続く。

写真 2019-11-20 18 32 45

写真 2019-11-20 19 37 47

写真 2019-11-20 20 06 04

写真 2019-11-20 18 56 22

写真 2019-11-20 20 49 07


Young creator actives in Japan won international PR industry awards.
Mr. Kenta Shinohara was selected as 28 WINNER from 500 participants in 45 countries.
I got the request from my client to attend the award ceremony.

What do you imagine when you hear "stop motion animators"?
I didn't have any image at first, and repeated the staff's answer in charge.
he is an artist who moves characters in millimeters and gives them breath, with frame-cutting like a flip book.

I recited his profile to prepare for the day of the ceremony.
A PR lady and Mr. Shinohara arrived in New York and a rich time had begun.
It was also interesting to see how this city looked in the eyes of Mr. Shinohara, the first overseas.

The first day was a eve of making friendships with 28 WINNERs.
Organized by Art Directors Club, which set the world's oldest advertising award in 1921,
Each award-winner was excited about the self-introduction.

The next day, a lot of people gathered to Sony Hall, the reception venue,
We commended the achievements of the winners from all over the world.
Finally, the “Creative Choice Award” in the public vote was announced.

When the name of Shinohara, who got the award, was called, he went up on the stage in applause.
The PR person who worked with him came shed tears, and Sihinohara himself was in a guts pose.
I witnessed a historical moment, and my feet trembled with excitement.

Whether you don't speak English or have no experience, art is open to the world.
If you have the ability and skills, the world will be connected to you.
Let us engrave on the heart a moment when a 30-year-old Japanese creator flutters to the next stage.

This report continues to "New York's rare memoirs, walking with creators".

写真 2019-11-20 20 04 27

写真 2019-11-20 20 06 56

写真 2019-11-20 20 16 17

写真 2019-11-20 20 48 40

写真 2019-11-20 20 58 26

写真 2019-11-20 20 58 31


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-20 21 00 30

写真 2019-11-20 21 00 52

写真 2019-11-20 21 17 23

写真 2019-11-21 11 47 21


Next

マンハッタンの中心部、ミッドタウンにグランドセントラル駅がある。
東京丸の内、まさに東京駅のように、たくさんの人と電車が行き交う。
在米日系人はそこを「グラセン」と呼び、地図の拠点として考える。

次の打ち合わせまでに、軽く腹ごしらえしたり、
電車の待ち時間に、近所に住む友人を呼び出して一杯飲んだり。

こんな空間で、人間ウオッチングをして過ごすのも、悪くない。

写真 2019-11-27 16 23 36


There is Grand Central Station in Midtown, the heart of Manhattan.
Same as Tokyo station in Tokyo Marunouchi, many trains come and go.
Japanese people living in the United States call it "Grasen" and consider it as a map base.

By the next meeting, we take lightly fed,
Or call a friend in neighborhood and drink while waiting for the train.

It is not bad to spend a human watching in such a space.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-12-01 6 37 23


ターキーを焼いたことがない。

それでもやっぱりこの日は、
すべてのことに感謝する。

毎年恒例、友人からお誘いいただき、
今年の感謝祭は寿司パーティー。

夜明けを眺めながら、
当たり前の朝がやってくるのが、当たり前じゃないと想う。

写真 2019-12-01 6 48 49



I have never baked turkey.

Still, on this day,
Thank you for everything.

As every year, we were invited from friend.
This year's Thanksgiving was a sushi party.

While watching the dawn,
I don't think it's normal that the morning comes.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next

写真 2019-11-15 17 20 45


一年で一番財布の紐を緩める時期。
今年お世話になった御礼にと、ギフトをいただく機会も多く、
だから私もお返しを考える。

贈られた人が包みを開けた瞬間に、どんな表情をするのだろう。
そんなことを想いながら、贈り物を考えるのが好き。

インディーズ系のデザイナーブランドが集結したサンプルセールは、
ホリデーシーズンのお買い物にふさわしく。

会場を埋め尽くす魅力的な商品の数々、
性格も素晴らしいデザイナーの皆さん。
だからみんな、ここに集う。

写真 2019-11-15 17 19 19

写真 2019-11-15 17 19 15
写真 2019-11-15 17 19 27

写真 2019-11-15 17 19 33


The time to open the wallet in the year.
There are many occasions for gifts to thank you for taking care of this year.
So I also think about giving back.

What kind of facial expression will be given at the moment a person opens the package?
I like thinking about gifts while thinking about that.

We had a sample sale of indie designer brands, that suitable for holiday season shopping.

Many attractive products that fill the venue,
Designers with great personality.
So we gathered here to see them.

写真 2019-11-15 17 19 38

写真 2019-11-15 17 19 48

写真 2019-11-15 17 20 18


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-15 16 40 19
Next

写真 2019-11-06 20 29 10


「同じ空の下で」繋がっているんだなと思う瞬間がある。

嬉しい時、悲しい時、幸せな時、しんどい時。
ふと、空の写真を送ってくれる友がいる。

年老いていく両親を介護しながら、外界を遮断していたら、
今見ている景色を「御両親に」と送ってくれた。

温度を持たないはずの写真が、温度を放つ瞬間。
心はそんなことで、温まる。

扉を開けてくれて、ありがとう。

写真 2019-11-06 20 29 12


There is a moment when I think you are connected "under the same sky".

When I am glad, sad, happy, difficult.
I have friends who send me sky photos, suddenly.

When I was caring for my aging parents and blocking the outside world,
He sent me the scenery he was looking at to my parents.

The moment a photo that should have no temperature radiates.
That's what makes my heart warm.

Thank you for opening the door in heart.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-07 17 37 31

Next