Blog

ニューヨークが感染のピークを迎えつつある時期に、
私はあらゆる覚悟を決めて、飛行機に飛び乗った。
家族を残して国境を越える心境は、とても複雑で言葉では表せない。

年老いた両親のために今何ができるだろう。
一番の理由はそれだった。
狭心症と糖尿病を患っていた母が、今度は脳梗塞で倒れた。
2月に切断した足の予後が悪く、さらなる切断手術が迫られる。
水頭症の父は、3度の手術を受けたのに、もうほとんど歩けない。

その横で、新型コロナウィルスが猛威をふるい、たくさんの命が奪われていく。
何度倒れても生かされている命、そこに意味があるのだと信じたい。

ニューヨークから、毎日戦場のような写真が送られてくる。
日本の病院に通いながら、どれが現実なんだろうと想いを馳せる。

母の手術が終わったら、ニューヨークに戻ろう。
でも、戻れる保証はなく、自分の居場所はどこにもないのだと気付く。

写真 2020-03-20 12 33 55

写真 2020-03-20 12 34 05


During New York's peak of infection by COVID-19,
I decided everything in mind and jumped on the plane.
The feeling of crossing national borders, leaving a family, was very complex and could not be described in words.

The main reason was that I wanted to do something for my parents.
My mother with angina and diabetes has now got a stroke.
The prognosis of the surgery of foot cut in February was poor, and further amputation was required.
My father with hydrocephalus has had three surgeries and can hardly walk anymore.

Beside them, the new coronavirus is rampant and many lives are lost.
I want to believe that there is meaning that they have survived many times.

Every day from New York, photos like battlefields have been sent.
While visiting a hospital in Japan, I doubt which world is real.

After my mother's surgery, I will return to New York.
However, there is no guarantee that I will return, and I realize that I have nowhere to go.

写真 2020-03-20 14 08 37


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

今年初め、中国・武漢から新型コロナウィルスの速報が伝えられた頃、
米国人にとってそれは、遠いアジアで起こった「対岸の火事」でしかなかった。

3月1日、ニューヨークで初めての感染者が確認された時も、
まだニューヨーカーはどこかで、楽観視していたに違いない。
たった4週間、ニューヨークだけで6万人近くが感染し、
米国全土ではすでに12万人超、イタリアを抜いて世界一の数字を記している。

3月7日、国家非常事態宣言の後、娘の学校から面会禁止令が伝えられた。
3月11日の誕生日、17歳の誕生日をどのように過ごしたのだろうか。
会えない辛さ、やるせなさ、無力さ。
そこからは、すべての風景が、色を失っていった。

NY州は、大人数での集まりを禁止し、飲食店の制限を始めたのを皮切りに、
3月16日には公立学校を閉鎖、特定の業種以外の自宅勤務を命じた。
3月22日、不要不急以外の完全なる外出禁止令、いわゆるロックダウン。

周囲には一気に失業者が増えて、街はゴーストタウン化している。
国際展示場として有名なジャビッツセンターに、1000床のベッドが設置され、
セントラル・パークにも、緊急野外病院が作られた。
遺体安置のためのテントを見れば、誰しもが我が身を案じるのは当然で。

「外出自粛」は、「絶対に外に出てはいけない」というお達し。
比較的症状の軽い子供や若者がキャリアとなって、お年寄りの命を奪っている。
自分が感染しない、させないために、責任を持って行動すること以外、
今の私たちにできることがあるのだろうか。

戦地となったこの光景が、いつかまた鮮やかな色を取り戻すように。
私たち一人一人が、問われている。

スクリーンショット 2020-03-30 06.42.43

スクリーンショット 2020-03-30 06.10.02

©️DAILY NEWS

Earlier this year, when a breaking news of the new coronavirus was reported from Wuhan, China,
For Americans, it was just a “something unrelated itself” in distant Asia.

On March 1, when the first infected person was identified in New York,
The New Yorker must have been optimistic somewhere.
In just four weeks, nearly 60,000 people were infected in New York alone,
More than 120,000 people across the United States have overtaken Italy, setting the world's highest figure of infection.

On March 7, after a " National Emergency Declaration", my daughter's school sent a ban on visits.
How did she spend her 17th birthday on March 11th ?
The spicy, insatiable, helplessness I can't meet.
From there, all landscapes have lost color.

The State of New York banned large groups and began restricting eating and drinking establishments,
On March 16, it closed the public school and ordered to work from home.
On March 22, it asked a complete curfew, so-called lockdown.

The unemployed people are increasing all around, and the town is becoming a ghost town.
At the Javits Center, which is famous as an international exhibition center, 1000 beds are installed,
An emergency outpatient hospital was also set up in Central Park.
If you look at the tents for mortuaries, it's no surprise everyone fear the corona-virus.

"forbidden to go out" means that "you must never go outside".
Children and young people with relatively mild symptoms have become carriers and may have killed the elderly.
Other than acting responsibly to keep ourselves from getting infected,
What can we do now?

Hope the sight that became the battlefield will regain vivid colors someday.
Now, each of us is being asked.

スクリーンショット 2020-03-30 06.43.00

©️DAILY NEWS

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
スクリーンショット 2020-03-30 06.14.33

©️DAILY NEWS
Next

ニューヨークの街は、いよいよ厳戒態勢に入った。
食料品の買い出しと病院や薬局に行く以外、一切の外出禁止令。
海外に出ている米国人には、急いで帰国するようにとの通達。

米国での感染者倍増を受けて、日本側でも米国からの入国制限。
しかしテレビの映像から流れてくる日本は、なんと穏やかなことだろう。
桜の開花を知らせるニュースを伝えながら、花見宴会を制限する矛盾。

東京オリンピック2020年の延期が決定。
他国に比べて圧倒的に感染が抑えられているように見える日本に、
第2第3の波が及ばないように、もっと早く決断すべきだったのではないか。

この温度差は、何だろう。

私は、自分の役割をまっとうしなくては。
写真 2020-03-19 14 39 10


The city of New York is now on high alert.
There is curfew except buying food and going to hospitals and pharmacies.
We got announcement that Americans abroad that they should return home in a hurry.

Due to the doubling of the number of infected people in the United States, Japan restricts entering from the United States.
But what a calm Japan can be when we see from TV news.
We feel there is a contradiction that restricts the cherry blossom banquet while communicating news that the cherry blossoms are blooming.

The postponement of the Tokyo Olympics 2020 has been decided.
In Japan, where infection seems to be overwhelmingly suppressed compared to other countries,
they should have made a decision earlier so that the second and third waves would not reach.

How come does this difference happen?

I have to fulfill my role.


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

クオモ州知事が、特定業種以外すべての会社の自宅勤務を命じた。
米国の感染者数は、あっという間に1万人を超え、
公立大学の寮を患者のベッド代わりにするため、学生に退去勧告。

自宅近辺の住宅街も、食料品を買いに行く人を見かけるぐらいで、
お年寄りや子供たちの姿は、すっかり消えた。

最後の仕事と意を決してダウンタウンに行くと、
ソーホーの街がゴーストタウンのように、静まり返っていた。

さらに下のチャイナタウンは、たくさんの飲食店が潰れて、
街を歩く人は、マスクと重装備で身を固めている。

まるで、映画のワンシーンのなかにいるよう。

夢なら、醒めてほしい。

写真 2020-03-19 14 38 46

写真 2020-03-19 14 37 41


The governor of Cuomo has ordered all companies to work from home except for certain industries.
The number of infected people in the United States quickly exceeded 10,000,
Students was ordered to leave the dormitory of a public university to serve as a bed for patients.

In the residential area near my apartment, I see people who go shopping for food,
The elderly and the children have disappeared.

When I went downtown with my last job,
The city of Soho was quiet, like a ghost town.

In Chinatown, many restaurants have gone bankrupt,
People who walk around the city were wore with masks and heavy equipment.

It was like being in a movie scene.

If it's a dream, I want to be awake.

写真 2020-03-19 14 38 40


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-03-19 14 35 49

Next

公立学校が閉鎖して2日目、セントラル・パークは春の空気。
エネルギー有り余る子供たちは、自然とセントラル・パークに集まった。

桜のつぼみが膨らんで、ここだけ見ていると、平和ないつもの光景なのに、
心はずっとザワザワと落ち着かない。

アメリカ市民に、海外旅行を取り止めて帰国するように勧告が出た。
いよいよアメリカが封鎖されるのか。

居場所は、どこにあるのか。
生き延びるには、どこにいるべきか。

写真 2020-03-18 15 53 17

写真 2020-03-18 15 53 39

写真 2020-03-18 15 54 02


On the second day after the closing of the public school, Central Park was filled with spring air.
Energetic children naturally gathered in Central Park.

The buds of the cherry blossoms were swelling, and if we just look here, it was a peaceful usual sight,
But my heart was always shaking.

American citizens were directed to stop traveling abroad and return home.
Will the United States finally be locked down?

I wonder where my whereabouts is.
I wonder where I should be to survive.

写真 2020-03-18 15 52 28

写真 2020-03-18 15 54 47

写真 2020-03-18 15 56 12


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-03-18 15 56 31

写真 2020-03-18 15 56 44

Next

日曜日の夕方17時、クオモ州知事の記者会見を見守る。
翌日から、学校やレストラン・バーが一斉に閉鎖。
前日まで50人以上の集まり禁止だったのが、10人以上の集まり禁止になった。

月曜日のセントラルパーク。
春の花は咲いているけれど、気温5度で、ほとんど人がいない。
犬の散歩をするドッグシッターと、ジョギングする人がチラホラ。

火曜日の夕方17時、デブラジオ市長が会見する。
48時間以内に外出禁止令の発令を決断する、と。

いろんなカウトダウンがあるけれど、ロックダウンまでの秒読みに入り、
預金凍結も時間の問題。
トランプ大統領が、最後の切り札を用意しているのか。

いよいよメンタルが、しんどい。

写真 2020-03-16 9 40 50


We kept eyes on the press conference of Governor Cuomo at 17:00 on Sunday evening.
The following day, schools, restaurants and bars have closed all at once.
The ban on gathering more than 50 people until the day before had been banned from gathering more than 10 people.

Central Park on Monday.
Spring flowers were in bloom, but the temperature was 5 degrees and there were few people.
There had some dog-sitters and runners.

At 17:00 on Tuesday evening, Mayor Debradio declared that he would issue a "shelter in place" within 48 hours.

There are various countdowns, but on the way to countdown to lockdown, bank freezing will also a matter of time.
Hope President Trump preparing the last trump card.

My mental is getting weak now.

写真 2020-03-16 9 40 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

一般社団法人は、公益を取らない非営利法人。
組織を牽引するリーダーと、同じ目的を持った仲間がいて、
社会的に認知してもらう手続きに、たくさんのプロセスが必要だ。

社団の設立と同時に、最初に決めたのがロゴデザインだった。
この世に生まれてくる命、それはすべてギフト。
不自由な身体で生まれた娘からのメッセージ、それもギフト。

米国では、1つもしくは複数の領域に突出した能力を持つ子供たちを
「ギフテッド」というプログラムで教育するシステムがある。
障がい児が世に何かを伝えてくれる才能も「ギフテッド」だと思いたい。

瑠璃色、紫色、緑色。
採択された色、そして未完成な五角形、すべてに意味がある。

私たちの想いを表現してくれたK&Tさんに、感謝をこめて。

一般社団法人 未完の贈り物 オフィシャルウェブサイト

スクリーンショット 2020-03-16 18.27.35


General incorporated associations are non-profit corporations that do not take public interest.
There is a leader who leads the organization, and fellows with the same purpose.
Many processes are needed for gaining public recognition.

At the same time as the establishment of the association, we decided logo design first.
All life born in this world is a gift.
A message from a daughter born with disabilities, which is also a gift.

In the United States, for children with prominent abilities in one or more areas,
there is an educational system using a program called "Gifted".
I want to think the ability that a child with disabilities can tell something to the world is also "gifted."

Navy blue, purple, green.
The colors adopted, and the unfinished pentagon, all have meaning.

Thanks to K&T for expressing our thoughts.

Seri's Association Official Website

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-12-15 18 34 42

写真 2019-12-15 18 51 01


福岡出身のアーティスト・後藤梨沙さん。
「カラリズム・リサ」の名前で、ユニークなアート活動を展開している。
以前、佐賀のイベントで助っ人として参加してもらって以来、
彼女の幅広い活動を、遠くから応援させていただいている。

全身を使って宙を舞いながら、白いキャンバスに色を撫でつける。
喜怒哀楽の感情を、まず手足を使い、色とそのリズムで表現する。
壁から流れ落ちるペイントも、いつしか融合してアートとなる。

ツールや衣装の使い捨てなど、エコに反している部分も否めないが、
「カラリズム」という独特の世界観を構築してきた彼女は、
アートバトル・日本大会、第2回目優勝という実績を積み上げてきた。

ニューヨークでの展示会とパフォーマンスにも、固定ファンがつき始め、
太い幹に、枝を張り巡らせる段階まであと少し。
躍動感いっぱいの若さ溢れるアート表現と、彼女の素朴な内面が、
このまま真っ直ぐに、天にまで届いていきますように。

写真 2019-12-15 19 10 31

写真 2019-12-15 19 27 40

写真 2019-12-15 19 29 51

写真 2019-12-15 19 41 18


She is Risa Goto, an artist from Fukuoka.
Under the name of "Coloryhthm Risa", she is developing a unique art activity.
Earlier, we had her participate as a helper at an event in Saga,
I support her wide range of activities from afar.

While flying in the air using the whole body, stroke the color on the white canvas.
The emotions are expressed using colors and their rhythms using limbs.
The paint that drips off the walls will eventually merge into art.

We can't deny parts that are against the eco, such as disposable tools and costumes,
She has built a unique view of the world called "colorhythm",
and she has built up her second title in the Art Battle / Japan Games.

Exhibitions and performances in New York began to attract fans,
It is almost until the stage where the branches are stretched around the thick trunk.
Her artistic expression full of dynamism and her rustic interior,
May it reach straight to heaven.

写真 2019-12-19 18 20 48

写真 2019-12-19 18 35 29


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-19 18 38 25


Next

17年前のあの日、私の人生はまったく予期していなかった方向へ転換した。
普通に元気に生まれるものだと信じて疑わなかった我が子を抱けずに、
真っ暗いトンネルの中に佇んで、一歩も動けなかった。

現実を受け入れることはすなわち、再び絶望の谷に堕ちていくことだった。
あれもこれも出来ないことばかりで、いつまでも光は見えてこないなか、
それでも僅かな望みを持とうと思えたのは、彼女の笑顔があったから。

たくさん苦しみ、たくさんの涙を流して、たくさんの時間が流れた後。
見て見ぬふりの社会に、小さな声でささやくことにした。
ここにいる我が子を、自然に受け入れてくれる社会であってほしいと。

当事者にしか分からないことがある。
でも、当事者だからこそ、見えない普通の世界がある。
大切なのは、そのハードルを崩していくこと、世界を超えていくこと。

当事者の牽引でなく、第三者が率先して立ち上がってくれたことに、大きな意義がある。
これはきっと、新しい社会への呼びかけ方。

「一般社団法人 未完の贈り物」
2020年1月10日設立、3月11日オフィシャルオープン。
新しいチャレンジを応援してください。

一般社団法人 未完の贈り物 オフィシャルウェブサイト

写真 2020-03-07 6 58 59


On the day, 17 years ago, my life has turned in a completely unexpected direction.
Without holding my baby who believed that she would born normally well,
I couldn't move at all by standing in a dark tunnel.

To accept reality was to fall into a valley of despair again.
She could not do anything, and I felt I couldn't see the future forever.
Still, I kept a little hope by her smiling.

After a lot of suffering, a lot of tears, and a lot of time.
I decided to whisper in a quiet voice to a society where nobody take action.
I want a society that naturally accepts disability kids here.

Sometimes only the parties know.
But there is an ordinary world that cannot be seen because of the parties.
The important thing is to break that hurdle and go beyond the world.

The fact that a third party has started up, rather than being led by the parties, has great significance.
This is surely a way to reach a new society.

"Seri's Gift Association"
It has been established on January 10, 2020.
and the website has officially opened on March 11.
We ask humbly for your support on our new challenge.

Seri's Gift Official Website (English)

Next

写真 2020-03-05 18 50 01

写真 2020-03-05 19 00 51


自分の居場所が見つけられない。
対人恐怖症という社会適応障害を持つ主人公エヴァンが、自分宛に手紙を書く。
「親愛なるエヴァンへ。今日はとても良い日だった」
セラピストにすすめられて、嘘偽りの自分を演出した妄想の世界。

その手紙が、自殺した同級生コナーのポケットから見つかったことから、
世界が大逆転を始める。
コナーの家族は、エヴァンが息子の親友だったと信じ込み、暖かく受け入れる。

エヴァンが立ち上げた「コナープロジェクト」のスピーチがネット配信され、
彼は一躍時の人となったものの、また別のキッカケで落ちぶれていく。

嘘で固めた世界は、エヴァンの母親や、古い友達との関係にも亀裂を入れ、
後半はひたすらせつなく、苦しいシーンばかりで構成されている。

ミュージカルという華やかな舞台にあって、どこまでもリアル。
SNS社会に依存し、そこにしか自分の存在意義を見つけられない若者が、
最後は母親と和解して、ありのままの自分を受け入れる。

歌やダンスも少ない地味な演出だが、SNSの取り入れ方はまさに現代的。
インターネットが普及して、世界中の誰とでも自由に話せるはずなのに、
その裏で「孤独」を感じている人は多いだろう。
誰しもがエヴァンの苦しみに、自分の心にある意識を重ね合わせ、
会場の至る所からすすり泣く声が響く、メッセージ性の高い作品。

2017年のトニー賞を総なめした本作品、近い将来日本に上陸して欲しい。
我が娘は、全曲空で歌えるほど、この作品を気に入っている。

写真 2020-03-05 18 54 07

写真 2020-03-05 18 58 05

写真 2020-03-05 20 34 13


"I can't find my place."
Evan, a protagonist with social adjustment disorder called social phobia, writes a letter to himself.
"Dear Evan Hansen. Today was a very good day."
The therapist encouraged him, and he wrote his world of delusions.

After this letter was found in the pocket of his classmate, Connor who suicide, his world begins a great reversal.
Connor's family embraces Evan as his son's best friend and accepts him warmly.

The speech of "Connor Project" launched by Evan was distributed online,
He became a person at a glance, but fell off with another trigger.

The world solidified by lies breaks the relationship with Evan's mother and old friends,
The second half is made up of only heart-painful scenes.

Though it's on a gorgeous stage called a musical, and it's a very realistic.
He was a young man who depends on the SNS society and could find his own significance only in the world of Internet.
Finally, he reconciled with his mother and accepted himself as he is.

Although it is a simple production with few songs and dances, the way of incorporating SNS is just modern.
The internet has become so widespread that we can talk to anyone around the world.
But many people feel "loneliness" behind the scenes.
Everyone may overlaps Evan's suffering with the consciousness in their own heart.
The work has a strong message, and sobbing voices echoing throughout the venue.

I hope this work, which has swept the Tony Prize in 2017, will land in Japan in the near future.
My daughter likes this musical very much so that she can sing all songs in the play.

写真 2020-03-05 20 32 46


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-03-05 18 51 27
Next

写真 2020-02-29 7 52 04


今から7-8年前、日本の友人家族の米国移住計画を相談されたことがあった。
御主人の事業の海外展開、子ども達の教育環境を考えて、
生活の拠点を米国に移したいというものだった。

いくつかの都市が候補にあがったけれど、最終的に選んだのはハワイ州で、
ご家族は暖かい南国での生活をスタートされた。
当時12歳だった長女ちゃん、いきなりの英語環境は不安だったに違いない。

昨年、17歳になった彼女が、ニューヨークの大学を受験したいとやって来た。
そして先月、大学で演劇を専攻している彼女が、舞台を観に来て欲しいと。

気軽な気持ちで行って驚いたことに、1年生の彼女が主役の舞台だった。
シェイクスピアの本に出てくるキャラクターを現実に引き出す魔術を使い、
パラレルワールドで展開されるストーリーの中心にいる女性主人公。

2時間以上の大舞台で、プロ並みの実力者の中で堂々と演技する彼女の姿に、
身内としてだけでなく、日本人としての誇りを抱かずにはいられなかった。

世界の舞台で活躍する日本人若者の姿を、しっかりと目に焼き付けておきたい。

写真 2020-02-28 20 14 23

スクリーンショット 2020-03-08 18.00.54

©️Collage of Performing Arts@The New School
スクリーンショット 2020-03-08 18.01.08

©️Collage of Performing Arts@The New School

Seven to eight years ago, I had been consulted about a Japanese friend's family plan to move to the United States.
Considering her husband's business overseas development and children's educational environment,
they wanted to move their life base to the United States.

Although some cities were nominated, the final choice was Hawaii.
The family started living in a warm tropical country.
The eldest daughter, who was 12 at the time, must have been worried about her sudden English environment.

Last year, she turned 17, and came to study for a college in New York.
And she asked me to come to see the stage last month, she was majoring in theater at university.

Surprisingly, even though she was a freshman, and she was the starring stage.
Using magic to bring out characters from Shakespeare's books into reality,
The female hero at the center of the story played in the parallel world.

On a big stage of more than 2 hours, her figure acting dignifiedly among professionals,
I was very proud of her as Japanese as well as my close family.

I am impressed Japanese young people who are active on the world stage.

写真 2020-03-06 6 42 16


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-03-06 6 42 18

Next

写真 2020-02-15 17 53 59


昨年3月に私が幹事をした企画で知り合った二人が、
昨秋、電撃結婚宣言をした。
とにかく幸せそうな二人の姿が、嬉しかった。

お祝いのレセプション企画、依頼されたら断る理由はないけれど、
世代の違う彼らが、どんなことをすれば喜ぶのか暫し悩んだ。

お祝い事だし、まずは人数を集めようと、片っ端から声をかけると、
仲間内で小規模の予定が、結果的にゲスト75名の大きな企画になった。

ヘアメイクや装飾品に加えて、ティファニーギフトの手配まで。
スピーチ、ギター演奏、ダンスと、当日は余興も盛りだくさん。

一生のうちに何度も訪れないはずのお祝いだから、
やっぱり本人たちの笑顔が、最高の贈り物。
幸せのおすそ分けを、ありがとう。

写真 2020-02-15 18 20 49


Two people who got acquainted in the project I planned in March last year, declared their quick marriage last autumn.
Anyway, the two people who seemed happy made us happy.

There was no reason to refuse if I was requested to plan the celebration reception.
I wondered what they would be happy to do since they were different generations.

It's a celebration, so we asked the fellows to get together.
It was a small plan at the beginning, but it got a big project of 75 guests.

In addition to makeup and decorations, I did even arrange Tiffany gifts.
There were plenty of entertainments on the day, including speeches, playing guitar, and dancing.

Because it was a celebration that should not be visited many times in a lifetime,
After all, their smiles were the best gifts.
Thank you for sharing your happiness.

写真 2020-02-15 19 02 29


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-15 20 05 02

写真 2020-02-15 20 09 55

Next

写真 2020-02-12 22 52 54


決して道楽ではない。
食のリサーチは、仕事の中でも大きなウェイトを占めていて、
皆さんが日本で目にする雑誌やウェブ情報に、毎月たくさんの情報を提供している。

90年代終盤、なけなしの貯金をはたいて留学をしていた時に、
私の唯一の収入源が、日本の雑誌への記事提供だった。
ファッション、カルチャー、いろんなジャンルの依頼があったけれど、
いつの時代も、どのメディアも常に飲食情報には目を光らせている。

2月の「大堂」では、蟹の香り漂うメニューが提供されていた。
ローカル産の食材にこだわり、最初の日本酒から最後のお抹茶まで、
優雅なため息しか出てこないような素材のオンパレード。

食事を終えて、バーで坂本龍一氏と遭遇する。
坂本氏の提供するBGMが、HALLに彩りを添えている。
食のトレンドを研究するために、夜な夜なシェフが集う空間が生まれている。

写真 2020-02-12 21 12 34

写真 2020-02-12 21 23 14

写真 2020-02-12 21 30 38

写真 2020-02-12 22 24 27


It's not hobby or easy.
Food research is one of a big part of my job,
We provide a lot of information every month to magazines and web information you see in Japan.

In the late 90's, when I was studying abroad with a good savings,
My only source of income was providing articles to Japanese magazines.
There were requests for fashion, culture and various genres,
In every era, every media is always on the lookout for food and beverage information.

At "Odo" in February, a menu with a crab-scented scent was offered.
They were particular about local ingredients, from the first sake to the last matcha.
It was a parade of material that only comes out with an elegant sigh.

After finishing the meal, we met Mr. Ryuichi Sakamoto at the bar.
BGM provided by Mr. Sakamoto adds color to HALL.
In order to study food trends, there is a space where nightly chefs gather.

写真 2020-02-12 22 37 55

写真 2020-02-12 22 47 55

写真 2020-02-12 22 57 13

写真 2020-02-12 23 06 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-12 22 06 52

写真 2020-02-12 20 59 02

写真 2020-02-12 21 48 31

写真 2020-02-12 20 53 36

Next

祖母も母も、料理が上手だった。
分量もいい加減で、すべて感覚だけで作るけれど、
出来上がった料理は、お店で食べるよりずっと美味しかった。

女性が働く家系だから、料理は手が空いた人がやる。
小学生の頃から、ずっと祖母や母を手伝ってきたお陰で、
私は常に「名前もレシピもない料理」を作るのが当たり前になった。

飲食の立ち上げに関わるようになって、舌も十分に鍛錬されたけれど、
改善点の提案ができないのは、レシピを知らない所以かもしれない。

そこで最近は、友人知人の料理本を積極的に手に取るようになった。
ページをめくるだけで心が弾む、美しいメニューにうっとりしつつ、
結局のところ、素材のアイディアだけもらって、自分流に味付けしてしまう。

でも、この感性を繋げることが、きっと各家庭の味を守っていくのだろう。

写真 2020-03-04 10 46 26

写真 2019-11-27 15 12 00

写真 2019-11-27 15 13 21


Both my grandmother and mother were good at cooking.
Although the amount was also moderate, it was all made with just the senses, the resulting dish was much better than eating it in a restaurant.

Cooking was done by people who have free hands, because women are working families.
Because I helped my grandmother and mother since elementary school,
It has always been custom to make "dishes without names and recipes".

I was involved in launching restaurants, and my tongue was well trained.
But I may not be able to suggest improvements, perhaps because I don't know the recipe.

Therefore, recently, I have been actively picking up recipe books from friends and acquaintances.
While being excited just by turning pages, I will be enchanted by a beautiful menu,
After all, I get only the idea of the material and season it my own way.

But I guess that connecting this sensibility will surely protect the taste of each home.

写真 2020-03-04 10 46 06


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-03-04 10 45 45

Next

写真 2020-02-29 11 04 55

写真 2020-02-29 12 02 50


週末、友人に誘われて、練り切りレッスンに出かけた。

茹でた白いんげん豆や白アズキに、砂糖か蜜で甘みをつけた「白あん」。
そこに芋や米粉といったツナギの食材を入れて作った「練り切りあん」に、
手作業で繊細な加工をして「練り切り」菓子を完成させる。

前回会得した要領もあり、和気藹々としながら桃の節句の練り切りが完成。
その達成感よりも、日本の伝統をニューヨークで味わえる醍醐味を求めて、
日系人が多くここに通うのであろう。

持ち帰った練り切り菓子を小さな雛人形の前に並べて、我が家のひな祭りが完成。
日本の伝統を伝えるには、これだけでも十分にありがたい。

「隣家が火事を出して家が水浸しになり、私の雛人形はなくなってしまったの」
いま東京で闘病している母のことを思い出す桃の節句。

母はもう、娘や孫の名前を言葉に出せなくなってしまった。
日本がまた遠くなる、望郷の念が募る桃の節句。

写真 2020-02-29 12 02 47

写真 2020-02-29 12 14 10

写真 2020-02-29 12 24 05

写真 2020-02-29 12 26 10

写真 2020-02-29 12 28 33


On a weekend, I was asked to attend Japanese sweets lesson by a friend.

Boiled white beans and white azuki beans are sweetened with sugar or honey to make "Shiroan".
To “Nerikiri An” made by adding ingredients such as potatoes and rice flour, the delicate processing is done by hand to complete the "Nerikiri" confectionery.

There was a point that I had learned last time, and "Nerikiri" for the doll festival was completed in a harmonious manner.
Rather than a sense of accomplishment, seeking the real pleasure of experiencing the Japanese tradition in New York, many Japanese come here.

We put the "Nerikiri" brought back in front of the small dolls, and the Doll's Festival of us was completed.
This alone was enough to convey Japanese tradition.

"Our house was flooded when our neighbor house was burned, and my dolls were gone."
A doll festival reminds me of my mother who has been shick in the hospital in Tokyo.

My mother can no longer say the names of her daughters and grandchildren.
A doll festival inspired me by the feeling of nostalgia that Japan is far away.

108EC120-1756-4D54-8804-A3894C911F0F


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2020-02-29 17.26.40
Next

写真 2020-02-01 12 38 23


2020年3月1日から、ニューヨーク州ではレジ袋の使用が禁止になった。
英語では「プラスチックバッグ」。
世界中で「海洋プラスチックゴミ」が問題になっている昨今、
ニューヨーク州がついに条例を制定したことに、世界が注目している。

ニューヨーク市内の地下鉄では、この数ヶ月ずっとポスターが貼られ、
3月1日からの告知アナウンスが実施されていたけれど、
人々の関心度は、どのほどのものだったのか。

直前に、州政府が罰金の徴収は4月1日まで待つと改訂したこともあって、
3月初日の日曜日、街中でそれほどの混乱は見られなかったようだ。
在庫を持つマンハッタンの店舗では、いまだにレジ袋を配布していた一方で、
アップステートのスーパーマーケットからは、一切のレジ袋が消えていた。

マイバッグを持たない市民は、5セントで紙袋を購入するしかない。
意地でも紙袋は要らないと言い張る人がレジ係と言い合いになって、
いつもよりずっと長い行列にヤジを飛ばす人もあり。

しばらくは混乱もあるだろうが、
カリフォルニア州での実施で70パーセントのレジ袋が消えたという実例に対し、
ニューヨーク州は、どのような成果を発揮していくのだろうか。

100年後、1000年後の地球が、美しくありますように。

写真 2020-03-01 16 27 59


From March 1, 2020, the use of shopping bags has been banned in New York State.
It's "Plastic bag" in English.
Recently, "marine plastic garbage" has become a problem around the world.
The world is paying attention to the state of New York finally enacting the ordinance.

On the subway in New York City, posters have been posted over the last few months, the announcement " from March 1" was carried out.
But I had no idea people were interested it or not.

Just before, the provincial government revised it to wait until April 1 for fines,
On Sunday, the first day of March, there wasn't much confusion in the city.
While stores in Manhattan still had distributed the plastic bags,
All plastic bags had disappeared from the upstate supermarket.

Citizens without My Bags have to buy paper bags for 5 cents.
There were people who insist that he does not need a paper bag at his will,
Some people complained with much longer line than usual.

There will be some confusion for a while,
In response to the fact that 70% of shopping bags disappeared in California,
We will expect big result of New York State.

Hope the earth 100 years later or 1000 years later will be beautiful.

写真 2020-03-01 16 27 44


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

トライベッカに住む友人宅にお邪魔した。

急な来客でもすぐに対応できる、彼女のおもてなし力に癒され、
ハドソン川を見渡す、その立地の素晴らしさにも圧倒される。

日本語のセレブと英語のそれは、少しニュアンスが異なっている。
本来は「マスメディアや大衆の注目を集める著名人」というのが源流で、
裕福というだけでは、そのカテゴリーに含まれない。

日本のメディアが使う「セレブ生活」のニュアンスは少し違っているけれど、
優雅な暮らしをひけらかさない人こそを、「セレブな人」と呼ぶべきだろう。

日本のコンビニで買ったというチーズスナックが、この日の主役。
本当のセレブから、日常的なおもてなし、所作の美しさを学ぶ。

写真 2020-01-27 14 23 17


We visited a friend's house in Tribeca.

She welcomed even a sudden visitor immediately, we were healed by her hospitality.
Overlooking the Hudson River, the location was amazing too.

Japanese celebrities and English have slightly different nuances.
Originally, "celebrities that attract the attention of the mass media and the public" are the source,
Wealth alone does not fall into that category.

The nuances of "celebrity life" used by Japanese media are slightly different,
A person who does not show off elegant living should be called a "celebrity person".

The cheese snack that she bought at a convenience store in Japan was the leading role of the day.
I learned everyday hospitality and the beauty of her work from real celebrities.

写真 2020-01-27 14 27 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

これまで何度も記事にしてきた、米国での「レストランウィーク」。
2020年冬は、1月下旬から2月初旬にかけて20日間に渡り開催された。

ランチが2コースで26ドル、ディナーは3コースで42ドル。
敷居が高くて普段は行けないお店の味を試す絶好の機会でもある。

しかし新型コロナウィルスの感染拡大が懸念され始めていた今冬は、
ファッションウィークも、レストランウィークも、人手が少なく、
どこの店も比較的予約が取りやすかったように思える。

レストランウィーク用のメニューは、やはり手抜き感が否めないけれど、
この期間だからこそ、友人とランチをしたり、娘の誕生日を祝ったり。

確か数年前に、東京でもレストランウィークが開催されたと聞いたけれど、
あの顛末がどうなったのか、私たちは知る由もない。

レストランウィークという画期的な試みを、米国人はずっと愛してやまない。
年に2度のこの企画、次シーズンには世界が落ち着いていることを願おう。

写真 2020-02-06 15 00 27

写真 2020-02-06 14 59 24

写真 2020-02-06 13 57 16


"Restaurant Week" in the United States, which I have written many times.
Winter 2020 was held for 20 days from late January to early February.

Lunch is $ 26 for two courses and dinner is $ 42 for three courses.
It is also a great opportunity to try the taste of high-end restaurants that is usually difficult to access due to its high threshold.

However, this winter, when the spread of the new Coronavirus was beginning to be concerned,
Fashion Week and Restaurant Week both had few people,
It seemed that every store was relatively easy to book.

Although the menu for restaurant week is still undeniable,
During this period, we had lunch with friends and celebrated my daughter's birthday.

I heard that a few years ago, a restaurant week was held in Tokyo,
We have no idea what happened after that.

Americans have always loved the groundbreaking attempt of Restaurant Week.
I hope this project is held twice a year, and the world is calm in the next season.

写真 2020-02-06 21 04 01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

世界を舞台に活躍するオペラ歌手・田村麻子さん。
彼女からのお誘いはいつも突然で、嵐のような勢いで連絡がくる。

自分のスケジュールを列挙して、半ば強引に私の予定を押さえ込む。
私はその勢いが大好きで、心地良くて、彼女と過ごす時間を最優先にする。

約20年前、彼女と私は同じ時期にニューヨークにやって来た。
当時、彼女はオペラ界という華やかな世界を渡り歩き、
私は迷いながらの子育てと仕事の毎日だった。
いつしか接点が交錯して、私は彼女の内面に魅せられながら時が経過した。

久しぶりのブレストミーティングで、彼女と今後の展望を話し合う。
いくつかの企画があるなかで、そこに関わる意義を考える。
私たちに残された時間で、できることをひとつずつやっていこうと意思確認。

******

昨年の初夏、ニューヨーク総領事公邸でプレビュー公演のあった
オペラ演目「白狐」のニューヨーク公演情報が解禁となった。
西洋のオペラが日本語で演じられ、さらに殺陣がコラボするという斬新な企画。

田村麻子は、間違いなく日本が生み出した世界のスーパーヒロインで、
その世界観を一緒に伝えていくことが、後世へのタスキ繋ぎ。

コロナウィルスの影響が落ち着くことを祈りながら、
4月の舞台までのカウントダウンを、一緒に楽しもう。

総領事公邸でのプレビュー公演の記事「THE WHITE FOX」

写真 2020-02-26 4 30 55

写真 2020-02-26 4 30 48


Asako Tamura is an opera singer active on the world stage.
She always calls me in sudden, and she gets in touch like a storm.

She enumerates her schedule and holds my schedule in little forcibly.
I love her momentum, it's comfortable and I spend the most time with her preferentially.

About 20 years ago, she and I came to New York at the same time.
At that time, she actived around the glamorous world of opera,
I was lost every day in parenting and work.
One day, we met, and I was fascinated by her inside and time passed.

we discussed our future at the brainstorm meeting after a long absence.
We considered the significance involved in several projects.
In the time left for us, we confirmed our intention to do what we can.

********

Early summer last year, there was a preview performance at the Consulate General's residence in New York.
The information on the New York performance of the opera show "THE WHITE FOX" has been released.
It would be a novel project in which western operas are performed in Japanese and sword fights collaborate.

Asako Tamura is definitely a superheroine of the world created by Japan,
Communicating the world view together is the connection to future generations.

While praying for the effects of the coronavirus to calm down,
Let's enjoy the countdown to the April stage together.

Please click here about "THE WHITE FOX"

87025454_10157290279358406_4437908617974251520_n (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

友人・公文紫都さんのお姉様・中村佐知さんの御著書。
スキルス胃がんに罹り、わずか21歳で御他界された娘さんへの愛と闘病の記録。
一気に読んでしまった。

過酷な運命を受け入れることと、諦めることは違う。
当事者にしか分からない想い、経験。
敬虔なクリスチャン一家、愛のかたち。

「隣に座って」その気持ちが、痛いほど分かる。
すぐ横で手を繋いでくれることが、何より欲しかったのだと。

最期の30時間の記録は壮絶で、嗚咽するほど泣いた。
時に残酷過ぎる、神様からの宿題。

最後まで美しく生き抜いた美穂さん、ありがとう。

私に何ができるだろう。

写真 2020-02-12 12 08 07


I got a book written by Sachi Nakamura, an elder sister of my friend, Sidu Kumon.
It is a record of love and struggle for a daughter who had Skills stomach cancer and passed away at the age of 21.
I read it all at once.

Accepting the harsh fate is different from giving up.
Thoughts and experiences that only the parties can understand.
A religious Christian family, a form of love.

"Come sit by me." I understand that feeling painfully.
She wanted to hold someone's hand right beside her.

The record of last 30 hours were fierce and I weeped sobbing.
Homework from God is sometimes too cruel.

Thank you, Miho, who has lived beautifully until the end.

What can I do?

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-02-04 14 49 06


ニューヨーク飲食業界のレジェンドと言われる寿司シェフ市村氏が、
人々に惜しまれつつトライベッカの店舗を閉業したのは2016年頃だった。
市村氏の体調も心配されつつ、ニューヨーカーは幻の寿司を懐かしんだ。

そして2年前に突然、レジェンド健在のニュースが飛び込んできた。
若者に人気とはいえ、まだ決して街全体がクリーンではない印象の、
ロウワーイーストサイドというロケーションに「宇宙」がある。

寿司懐石を提供する店としては少しユニークな「宇宙」という名称。
はたしてその「宇宙」で何が体験できるのか、ようやくその機会に恵まれた。

白無垢の空間、たった10席の寿司カウンター、一晩で2回転。
ゲストは皆同時に席に案内されて、先付けから一斉にスタートする。

レジェンドの手の動きに、ゲストが一斉に注目して、緊張感が走る。
器にも、料理にも、全神経が集中して、皆が食べることだけに集中する。
抜群の食材、提供のタイミング、美しさ、全てがアートショーのよう。

偶然、隣席に座った米国人フードライターが1人興奮して記録を取る様子が、
ますます私たちの興奮度を高めていくのを感じながら、恍惚に浸る。

今までに見たことのない、体験したことのない、この空気感に、
市村氏の威厳ある品格が見事に融合して、この「宇宙」を作り上げている。
ニューヨークに広がるこの「宇宙」が、人々の心にエネルギーを注いでいる。

写真 2020-02-11 21 11 06

写真 2020-02-11 21 22 04

写真 2020-02-11 21 55 49

写真 2020-02-11 22 43 56


A sushi restaurant of chef Ichimura, a legend in the New York food industry, in Tribeca was closed around 2016.
New Yorker was missing Ichimura's sushi while worrying about his health condition.

Two years ago, the news of the legend was suddenly jumping in.
There is a "universe" in the location called Lower East Side, the area with impression that the whole city is not yet clean, where is popular with young people though.

The name "Uchu / Universe" is a bit unique as a sushi kaiseki store.
Finally, I was blessed with what we could experience in the "universe".

Pure white space, sushi counter with only 10 seats, 2 spins overnight.
All the guests are guided to the seat all at once, and start all at once from the beginning.

Guests pay attention to the legend's hand movements at once, and a sense of tension runs.
All the nerves are concentrated on the dishes and dishes, and everyone concentrates on eating.
Outstanding ingredients, timing of delivery, beauty, everything is like an art show.

By chance, one American food writer sitting next door was excited and taking a record,
we feel ecstatic as we feel more and more exciting.

In this feeling of air that you have never seen, never experienced,
Mr. Ichimura's dignified dignity fuses together wonderfully to create this “universe”.
This "universe" spread over New York is putting energy into the hearts of people.

写真 2020-02-11 21 18 56

写真 2020-02-11 21 25 22

写真 2020-02-11 21 34 13

写真 2020-02-11 21 43 37

写真 2020-02-11 21 58 28

写真 2020-02-24 20 12 45

写真 2020-02-24 20 14 39

写真 2020-02-11 23 22 07


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-11 23 42 11

写真 2020-02-11 23 58 05
Next

写真 2020-02-04 20 23 25


2018年秋、佐賀県有田焼の老舗、330年の歴史を誇る香蘭社が、
オープン以来勢いの止まらないMIFUNEでコラボイベントを開催した。
同じ佐賀県発の天吹酒造もジョイントして、好評を博したのは記憶に新しい。

ニューヨーカーは新しいものに敏感であると同時に、
歴史のある「古き良きもの」にも、非常に造詣が深い。
一枚の絵付けに裏付けられたストーリーを、私たちよりもよく理解していることさえある。

古代メソポタミアの「ラピスラズリ」の鮮やかな色を有田焼に投影すると、
高貴の象徴、すなわち香蘭社独自の透明感のある「瑠璃」色が完成する。

高度な技術と経験を必要とする色彩やデザインの美しさを愛でつつ、
陶器の歴史を辿りながら、ニューヨークで粋な食事をいただく。
そんな時間を共有させていただきながら、次の構想を考える。

伝統に新しい息吹を注ぎ、革新と繋げること。
それがまた、新しい歴史を生み出していく。
もはやチームメイトの感を抱きながら、ここに忠誠を誓おう。

香蘭社に関わる記事

写真 2020-02-04 20 16 51

写真 2020-02-04 20 50 59

写真 2020-02-04 21 06 53

写真 2020-02-04 21 28 04


In autumn 2018, Koransha, a long-established store of Arita porcelain in Saga Prefecture, boasting a history of 330 years, had a collaboration event was held at MIFUNE, where momentum has not stopped since opening.
It is new to memory that the same Saga prefecture-based Amabuki Sake Brewery was jointly received and gained popularity.

New Yorkers are sensitive to new things,
they have a deep knowledge of the "good old things" with a history.
Sometimes they understand the story backed by a single painting better than we do.

When projecting the vivid colors of ancient Mesopotamian "Lapis Lazuli" onto Arita porcelain,
The symbol of nobleness, that is, Koransha's unique transparent "Ruri" color is completed.

While loving the beauty of colors and designs that require advanced technology and experience,
We can have a stylish meal in New York while following the history of pottery.
While sharing such time, I've thought about the next concept.

Bringing new life to tradition and connecting it with innovation.
It also creates a new history.
I swear loyalty here, with the feeling of a teammate.

Please click here to read the article about KORANSHA.

写真 2020-02-04 21 47 08

写真 2020-02-04 22 06 37

写真 2020-02-04 22 13 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-04 22 50 35

Next

NY在住というだけで、店の予約や販路の開拓を依頼されることがある。
私はツアコンではないし、ましてや駐在の営業マンでもないから、
仕事としての依頼という線引きがない時に、非常に苦労する。

一方で、自社社員を送り込んでくる企業があれば、
一緒に足を使って、何としてでも結果を出したいと尽力する。
お金が理由ではなく、そこに企業としての本気度があるかが分かるから。

マンハッタンで大成功を収めている老舗の和食器と包丁の卸売店は、
40年前にオーナー夫妻が渡米して、スーツケース2個だけでスタートした。
そこから今の地位を築き上げるまで、どれほど足を使っただろう。

私事、昨秋から立ち上げた新しい活動が、今は低空飛行でギリギリ飛んでいる。
一緒に挑戦してくれる人を探しながら、サポート業も変わらずにエネルギーを注ぐ。

具体的に動く。
心と足を使って伝えていけば、きっと届く。

写真 2020-02-04 15 03 25


I may be asked to book a restaurant or develop a sales channel just because I live in NY.
Since I'm not a tour conductor, not even a resident salesman, I have a very hard time when there is no distinction of a job request.

On the other hand, if there are companies that send their employees,
I try to use my feet together and get results anyway.
It's not because of money, but because I know if they are serious about the company.

There is a long-established Japanese tableware and kitchen knife wholesale store that has been very successful in Manhattan,
Forty years ago, the owners came to the United States and started with just two suitcases.
From that point on, they have used their feet to build its position.

My personal activity, a new activity launched last fall, is now flying at a low altitude.
While looking for someone to challenge together, I also continue to invest energy to the support business.

We active specifically.
If we communicate with our heart and feet, it will surely arrive.

写真 2020-02-04 15 29 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-02-02 22 19 25


NFLチャンピオンを決定する今冬スーパーボウルのカード、
前予想の通りに、カンザスシティー・チーフスに勝利の女神が微笑んだ。

サンフランシスコ・49ersとカンザスシティー・チーフス。
NFLファンであれば、クォーター・バックの殿堂ジョー・モンタナ氏が
かつてプレーしたチームだとすぐに分かるだろう。

日本航空在職時代に、カンザスシティー・チーフスの
チャーターフライトを担当したことがあった。
高校時代からアメフトの練習をよく見てきたとはいえ、
その選手らを運ぶことが、どれほど価値があるのかは理解していなかった。

ファーストクラスに、オーナーとその家族が座り、
ビジネスクラスは、スポンサーとメディアの方々。
選手がメインキャビンのエコノミー席で、チアガールが2階席。

エキストラ搭載されたのは、フルーツとスナックと大量の氷。
シーズン中に負傷した選手たちが、ありとあらゆるリクエストをして、
12時間のフライトで、一寸も休む時間がなかったことを覚えている。

ジョー・モンタナ氏は、ギャレー横の席で足を伸ばしていた。
食事のチョイスよりも、太腿を冷やす氷が欲しいというリクエストから、
いろんな身上話をしてくれたり、親しみ深い笑顔で会話をされていた。

在職中に、いろんなフライトを経験させていただいたけれど、
ヒーローであり続けることの苦悩を、こんな小娘に話して聞かせてくれた、
ジョー・モンタナ氏と交わした会話が、何よりの宝物となっている。

写真 2020-02-02 22 12 14 (1)

写真 2020-02-02 22 12 50

写真 2020-02-02 22 13 14


This winter's Super Bowl card, which will determine the NFL Champion
As expected, the goddess of victory smiled at Kansas City Chiefs.

San Francisco 49ers and Kansas City Chiefs.
If you're an NFL fan, you'll know right away that it was the team of the king of quarterback, Joe Montana've played before.

During my tenure at Japan Airlines, I was in charge of a charter flight of Kansas City chiefs.
Despite watching American football practice since high school,
I did not understand how valuable it was to carry those players.

The owner and his family sat in the First class.
Business class was occupied by sponsors and media.
Athletes sat in the economy cabin of the main cabin, and Cheerleader s were on the upper deck on B-747.

Extras carts were loaded with fruits, snacks and a lot of ice.
Players who were injured during the season made every possible request,
I remember there was no time to rest on a 12-hour flight.

Joe Montana was stretching his feet out in a seat next to the galley.
With a request for ice to cool the thighs rather than a choice of meal,
He told me various stories and had a friendly smile.

During my tenure, I experienced various flights,
He talked to me about the pain of being a hero,
The conversation with Joe Montana was one of the treasure above all.

写真 2020-02-02 22 13 26

写真 2020-02-02 22 13 36


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-02-04 13 22 19


創業330年の歴史を誇る佐賀県有田焼の老舗「香蘭社」が、
ニューヨーク最大の展示会「NY NOW」で、単独ブースとして出展した。

瑠璃色の背景に、日本画家・原田隆志氏が金の流水を描き、
周囲のブースよりひときわ華やかに目立つ空間が演出され、
美しい絵付のプレート類のデコレーション、香蘭社の世界が広がる。

展示会の訪問客が、ブースの前に足を止める瞬間に、
私の奥底に眠る営業魂が、ムクムクと動き出す。

伝統に甘んじることなく、新しい挑戦を続ける企業こそが、
ニューヨークに、革新という新しい空気を運んで来るのだ。

写真 2020-02-04 13 21 54

写真 2020-02-04 13 22 07


Koransha, a long-established Arita porcelain with a history of 330 years,
they exhibited as a stand-alone booth at NY NOW, the largest exhibition in New York.

Japanese painter Takashi Harada drew gold flowing water on a brilliant blue background,
A space that stood out more vividly than the surrounding booths was produced,
Decorating beautifully painted plates, the world of Koransha expanded.

At the moment when visitors of the exhibition stopped before the booth,
The sales soul that slept deep inside me began to move.

A company that continues to take on new challenges without being content with tradition, will bring a new air of innovation to New York.

写真 2020-02-04 13 23 29

写真 2020-02-04 13 23 25

写真 2020-02-04 13 23 34

写真 2020-02-04 13 23 39

写真 2020-02-04 13 23 43

写真 2020-02-04 13 23 49

写真 2020-02-04 13 23 57

写真 2020-02-04 13 24 01

写真 2020-02-04 13 24 49


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-04 14 21 06

写真 2020-02-04 13 57 12

Next

写真 2019-11-13 16 29 09


ニューヨークにはたくさんの美術館が散在しているけれど、
そこに住んでしまうと、意外とそれらを訪ねる機会は減ってしまう。

メトロポリタン美術館、近代美術館、グッゲンハイム美術館、
日本から来るゲストのリクエストは、およそ同じようなところが多い。

ニューヨークの美術館が素敵なのは、
隣接したカフェやレストランの居心地の良さにも、その理由がある。

近代美術館が順次改装されて2005年に「The Modern」が出来て、
ニューヨーカーも観光客も、こぞってそこに通った。

米国ではあまりにも有名なシェフ、ダニー・マイヤー氏が創設し、
あっという間にミシュラン2つ星を獲得、その地位を確立した。

あれから長い時間が経過したけれど、店のクオリティーは一定で、
そこに集まる人々が、また素敵な空気感を生み出している。

アートを楽しむ人々は、有意義な食のアートの楽しみ方を知っている。

写真 2019-11-13 16 28 43

写真 2019-11-13 16 29 11


There are many museums in New York,
If you live there, the chances of visiting them will decrease unexpectedly.

Metropolitan Museum, Museum of Modern and Contemporary Art, Guggenheim Museum,
Many guest requests from Japan are almost the same.

The nice thing about New York art museums is that
There is also a reason for the comfort of the adjacent cafes and restaurants.

The Museum of Modern Art has been renovated one after another and "The Modern" was completed in 2005,
Both New Yorkers and tourists have visit there.

It was founded by the very famous chef Danny Meyer in the United States,
He quickly earned two Michelin stars and established its position.

It's been a long time since that, but the quality of the store is constant,
The people gathering there are creating a wonderful atmosphere again.

People who enjoy art know how to enjoy meaningful food art.

写真 2020-02-03 14 03 38

写真 2019-11-13 15 44 50

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "


写真 2019-11-13 15 30 56

写真 2020-02-03 13 32 19


Next

写真 2020-01-28 22 03 52


「The Burn」のシェフ米澤文雄氏がニューヨークにやってきた際、
以前から気になっていたお店に連れて行ってくれた。

ウォール街、金融業界で働く人々が、夕方早い時間から集う新名所。
昨秋ミシュラン星を獲得し、乗りに乗っているジェームス・ケント氏は、
かつてレストラン「ジャン・ジョルジュ」で、シェフ米澤氏と同僚であった。

その後「Eleven Madison Park」や「The Nomad」といった名店で実力を磨き、
昨年、敏腕マネージャーとして知られるジェフ・カッツ氏とタッグを組んだ。

ダウンタウンにそびえ立つアール・デコ調のビル路面。
レジデンシャルと同じエントランス、ロビーを抜けて店内へ。
120席のダイニングとオープンキッチンは、時に騒々しくなりがちだが、
天井の高さと品の良い客層たちが、エレガントな空気を生み出している。

独創的で洗練されたメニューの数々は、どれも魅力たっぷり。
オーストラリア産のワインを積極的に提供している理由を聞くと、
売上の一部を森林火災復興支援に当てているという。

実績のあるシェフが投資家に見初められて、新しい店を出すチャンス。
そこにはもちろん実力が必要だけれど、もっと大事なのはその人徳。
アメリカンドリームを手に入れたシェフの笑顔はどこまでも輝かしい。

春にはルーフトップバーがオープンする予定。
911テロ事件以来、少し苦手なダウンタウンだけれど、また訪れてみよう。

写真 2020-01-28 19 05 31

写真 2020-01-28 19 07 50

写真 2020-01-28 19 39 22

写真 2020-01-28 20 10 29 (1)

写真 2020-01-28 20 11 09

写真 2020-01-28 21 09 06


When Fumio Yonezawa, the chef of "The Burn", came to New York,
He took me to a restaurant where I was interested for a long time.

Wall Street, a new landmark for people working in the financial industry to gather early in the evening.
James Kent, who got a Michelin star last fall,
Formerly, he was a colleague with chef Yonezawa at a restaurant " Jean Georges."

After that, he refined his skills at famous stores such as "Eleven Madison Park" and "The Nomad"
Last year, he teamed up with Jeff Katz, a well-known manager at "Del Posto".

"Crown Shy" is located at an art Deco building road surface towering downtown.
People enter the store through the same entrance as the residential building and the lobby.
Though the 120-seat dining and open kitchen can sometimes be noisy,
the height of the ceiling and the quality of the customer base create an elegant atmosphere.

The original and sophisticated menus are all attractive.
When asked why they are actively serving Australian wines,
A portion of the sales is used to support forest fire reconstruction.

There is a chance to open a new restaurant when a proven chef is found by investors.
Of course they need the ability, but more importantly is its morals.
The smile of the chef who got the American Dream was brilliant.

The rooftop bar will open in this spring.
I do not like come to downtown since the 911 terrorist attack, but would love to visit there again.

写真 2020-01-28 21 00 26

写真 2020-01-28 20 11 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-28 21 44 40

写真 2020-01-28 21 48 59
Next

今月はひたすら、身体のメンテナンス。
胃癌発症率の高い日本では、人間ドックに胃カメラは付きものだが、
米国では大腸癌の方が懸念されるから、大腸の内視鏡検査。

予防医学の発達した日本に比べて、米国はとにかく対症療法。
悪くなって初めて、保険適応の範囲内で病院に行く。

内視鏡検査が嫌なのは、前日の地獄のような時間。
死ぬほど不味い下剤を流し込み、トイレから離れられない夜。
世の中で、たった一人のような気持ちになる。

写真 2020-01-30 20 31 49


This month, I'm just doing body maintenance.
In Japan, where the incidence of gastric cancer is high, a stomach camera is attached to the medical checkup,
American people do the endoscopy of the colon, because colon cancer is more of a concern in the United States.

Compared to Japan, where preventive medicine is well-developed, the United States deals with coping anyway.
Only when they get worse do they go to hospital within insurance coverage.

What dislikes endoscopy is the time of hell the day before.
I had a terrible night when I couldn't leave the toilet, pouring in unpalatable laxatives.
I felt like a single person in the world.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

「ミュージカル・未完の贈り物」の地方公演が順延になった。
東京公演は大成功で終演したものの、杜撰な収支計上が明るみに出て、
このままではカンパニーの体力が持たないという判断だった。

その知らせを聞いた時、私は演出家と出演者を守ろうと心に決めた。
原作に傷が付くことよりも、彼らの将来を案じて眠れなかった。
私が出来ることは、ただ沈黙を守り続けることだけ。

社会的に、法的に、彼らを支援してくれる人を送り込み、
遠方からひたすら、解決に向けて奔走した。

伝えたいメッセージを正しく伝えるために、私たちは信念を貫き通す。
その先にあるものに、迷いはないから。

正しく真実を知る人のみが、きっとこの先も力になってくれる。

写真 2020-01-17 1 36 35


The local performances of "Musical / Mikan-no-Okurimono" has been postponed.
Although the Tokyo performances ended with great success, the unprofitable balance accounting came to light,
We had to make decision since the company would not have the economic strength as it was.

When I heard the news, I decided to protect the director and performers.
I couldn't sleep for thinking their future than to be hurt my original book.
All I can do is keep silence.

I sent people who support them by socially and legally,
and I worked hard from a distance to find a solution.

We carry on our beliefs to correctly convey the message we want to convey.
There is no doubt about what is ahead.

Only those who know the truth correctly will help us in the future.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "



Next

10年程前に、目の疾患を指摘された。
臨床数も少なく、まだ英語の文献しかない研究段階の疾患、
原因不明だが、他の疾患との合併の恐れがあると警告された。

いろいろ検査したけれど、差し当たり日常生活には影響がなく、
経過観察ということで、いつの間にか放置してしまっていた。

昨秋、別の疾患を指摘されて、また目の問題かと天を仰いだ。
完治はできなくとも、病気の進行を遅くする可能性にかけて、
最終段階の1つ手前と言われる、レーザー手術を受けることにした。

手術の朝、天まで突き抜けるような青空のもと、
エンパイアーステートビルを見上げて、心のシャッターを押した。
ここから抜け出せない自分を、嘆きながら。

麻酔の効いた目には、白い霞がかかって、世の中がうまく見えなくなった。
無性に泣けて、泣けて、夜はずっと眠れなかった。
翌朝、東の空が白んで、朝焼けの中にのぼる太陽を拝んだ。

当たり前のように朝が来ることを、噛み締めている。
いつか娘に私の目をあげるから、光を守ってください。

写真 2020-01-22 10 43 16


About 10 years ago, I was pointed out an eye disease.
It was research-related diseases with a small number of clinical trials and only English literature.
For unknown reasons, I was warned of a possible complication with other diseases.

I did various tests, but for the time being there was no effect on everyday life,
I was left unchecked because I just needed follow-up.

Last fall, I was pointed out another disease, and asked the heavens for eye problems.
Even if it cannot be cured, it may slow down the progress of the disease,
I decided to undergo laser surgery, which is said to be one step before the final stage.

On the morning of surgery, under the blue sky that penetrates to the sky,
I looked up at the Empire State Building and pressed the shutter of my heart.
I was lamenting myself who cannot escape from here.

When the anesthesia was effective, a white haze blew off the world.
I cried asexually, cried, and couldn't sleep all night.
The next morning, when the eastern sky was white and I worshiped the sun rising.

I don't think that the morning is coming as a matter of course.
I'll give my daughter someday my eyes, so I don't want to lose the light.

写真 2020-01-23 7 03 01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next