Blog

写真 2017-09-16 15 31 08


高校の同窓会米国支部が発足して、
早くも10年ぐらいが経過しただろうか。

ニューヨークと米国他都市と交互で、
年に一度の総会が開催される。

参加者の年齢幅は、上下で50歳以上離れているのに、
同窓というだけで、広がる連体感。
先輩が後輩に、無償の愛を注ぐ親近感。

世界の様々な場面で活躍する面々が、
素顔で交流するのが、なんとも嬉しい。

来年はサンフランシスコで開催です。

写真 2017-09-28 9 59 50


A high school alumni association US branch was established,
As early as ten years have passed.

Alternating with New York and other cities in the U.S.,
An annual general meeting is held.

Although the age range of the participants is 50 years different or more apart
above and below,
Just by saying that it is alumni, we connect tightly.
Seniors take care of their juniors with love.

People who are active in various scenes of the world,
It is pleasant to interact on a true face.

We will hold one in San Francisco next year.

写真 2017-09-18 9 33 54



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-28 10 15 32

週刊NY生活9月23日号掲載
Next

写真 2017-09-25 22 26 12

写真 2017-09-25 22 50 04


ニューヨークで活躍するシェフ達が集うシェフナイト。
夜21時過ぎの開場なのに、アメリカ人はずいぶん早くから並ぶ。

飲食業界の交流の場として、また商品の営業の場として。
数百人の入場者で、会場の熱気は最高潮に達した。

知り合いのシェフ達が続々とやってきて、
懐かしい面々と、挨拶を交わす。

ニューヨークの飲食業界に関わって、はや15年以上経つけれど、
ここで踏ん張っている日本人の多さに、いつも感動する。

かつてウェイターとしてアルバイト採用をしたスタッフが、
今やニューヨークを代表する店舗のGMになっていたり。
小僧デビューを見守った寿司シェフが、
今や独立して自分の店舗を回していたり。

「まだまだ私も頑張らないとな」
たくさんの刺激と共に、帰宅の途についた。

写真 2017-09-25 21 40 02

写真 2017-09-25 22 32 25

写真 2017-09-25 22 57 23


Many chefs who are active in New York, gathered at the event of "Chef Night".
Even though it opened at 21 o'clock in the evening, Americans people lined up very early.

As a place to interact with the food and beverage industry, as a place for marketing products.
By hundreds of visitors, the enthusiasm of the venue reached the climax.

The chefs of acquaintances came one after another,
We were greetings exchange with nostalgic people.

Although I have been involved in New York's food and beverage industry
for more than 15 years,
I am touched by the many Japanese people who are still sticking here.

Staff who once we adopted a part-time job as a waiter,
He became the GM of a restaurant that is representative of New York.
The sushi chef that we watched his debut,
He is now turning his own restaurant independently.

"I still have to work hard"
Along with a lot of stimulus, I came my home.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-26 10 47 40
Next

写真 2017-09-23 9 48 40

写真 2017-09-23 9 48 46


チャイナタウンの北限、キャナルストリートから僅か1ブロックの辺り。
以前は中国系のホテルが多かったエリアが、
最近米系ホテル企業に買い戻されているようだ。

ホテルのメインダイニングには、有名シェフのお店が入り、
インテリアデザインは新進アーティストが参画している。

ダウンタウンのホテルのかっこ良さは、
オシャレなハードはもちろんだけれど、
そこに集う利用客のカッコ良さが、その格を2割増しにしている。

この辺りが堂々とソーホーと銘打っているのも、何だか嬉しい。
ここからまた、新しい流行が世界へと発信されていく。

写真 2017-09-23 10 12 28

写真 2017-09-23 10 14 04


It is located only one block from the northern limit of China Town, Canal Street.
Previously, there were many Chinese hotels,
It seems that it has been repurchased recently by American-style hotel companies.

A famous chef's shop enters the hotel's main dining room,
Budding artists are participating in interior design.

The cool style of the hotel in downtown,
Of course, it is because of the interiors.
Also, it is from the cool visitors gathered there.

It is glad that this neighborhood is called dignified Soho.
From here on, new epidemics will be disseminated to the world.

写真 2017-09-23 9 49 52



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-23 10 38 30
Next

写真 2017-09-22 11 54 49 (1)

写真 2017-09-22 14 36 24

写真 2017-09-22 14 37 24


ニューヨークで長く活躍する女性。
尊敬する方々とのブレインストーミングは、いつも刺激的。

たくさんの知識と教養がないと書けない文章。
たくさんの情報と人脈がないと動かないプロジェクト。

華やかな舞台の裏で、こんな人たちが支えている。
どんな御馳走よりも、素敵な女性の話が美味しくて。

秋晴れの午後は、静かに時間が過ぎてゆく。

写真 2017-09-22 12 12 42


I have friends who active long in New York.
Brainstorming with my respected people is always exciting.

She makes articles that cannot be written without much knowledge and culture.
She produces projects that will not move without much information and
personal connections.

Behind the stage, these people support heroes.
The story of a wonderful woman is more delicious than any treat.

Time goes on quietly in autumn afternoon.

21761390_10213632909634390_7488097835002787385_n



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-09-21 18 21 00


愛と情熱と魂と。
彼女の作品からは、強烈なエネルギーが放出されている。
龍も孔雀も花も人も。
そのエネルギーを伝えるメッセンジャー。

レセプションに訪れた数多くの人たちは、
彼女のパッションの源を探りたがる。
でも彼女はきっと、人が内に秘めたエネルギーを吸い込んで、
それらを昇華させるために、描き続けるのだと思う。

涙を流しながら、孔雀に向かって礼拝している人。
龍の前で、オペラを歌う人。
振り向きざまに、身の上話を披露する人。
いろんな人間模様が交錯する。

愛と孤独をそこに封じ込めて。
天に昇華していくアートが、ここにある。

写真 2017-09-21 18 30 03

写真 2017-09-21 18 30 22

写真 2017-09-21 18 30 38


Love, Passion and Soul.
From her works, intense energy is released.
Dragons, Peacocks, Flowers, People as well.
They are messengers to convey that energy.

Many people who visited the reception,
wanted to explore the source of her passion.
But she surely puts the energy that man hides in secret,
she draws painting to continue to sublimate them, I think.

A man who worships towards the Peacock while shedding tears.
Singers who sings opera in front of her works, the Dragon.
A lady who turns around and shows off her life story.
Various human patterns intersect.

They contain love and solitude there.
Here are the art works that sublimates to the sky.

写真 2017-09-21 18 28 27

写真 2017-09-21 18 28 33



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-21 18 34 10

写真 2017-09-21 18 36 08


前回のNY個展の記事 Mari's Last Exhibition in New York

A Solo Show for MARI NISHIMURA "Living Powerfully"
September 16-30, 2017 (Wednesday - Saturday 12:00-18:00)
MONTSSRRAT Contemporary Art Gallery
547 W. 27th Street, New York, NY10001

写真 2017-09-22 16 39 26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-22 19 22 07


Next

写真 2017-09-20 9 39 05


日本の米を通して、世界貢献、世界平和を目指す会合。
昨年に引き続き、首相夫人をお迎えして、150名以上のゲストが集客した。

大学教授や食物研究家によるパネルディスカッションは、
アメリカ人にとって、お米がどのような存在なのか、
とても興味深い内容だった。

国連総会の開催で緊張感の高まるマンハッタン。
警護や交通規制の激しいミッドタウンで、
ここだけがぽっかり温かい空気が漂って、
確かに、米は外交ツールになっているのだなと実感した。

写真 2017-09-19 22 51 47

写真 2017-09-19 19 35 34

写真 2017-09-19 19 53 38


It was an event aiming for global contribution and world peace through Japan rice.
As last year, over 150 guests attracted, welcomed the First Lady of Japan, Ms.Akie Abe.

We had a panel discussions by university professors and food researchers.
It was very interesting content to know the role of rice for American people.

The tension was rising in holding the UN General Assembly in Manhattan.
In the midtown where security and traffic restrictions were intense,
warm mood was drifting only there.
Indeed, we realized that rice was becoming an instrument of diplomacy.

写真 2017-09-19 19 56 22

写真 2017-09-20 9 39 15


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-19 22 52 03
Next

たくさんの打ち合わせ。
たくさんの時間。
たくさんの想い。
たくさんの文字。

一人で書き留めていたことが、
たくさんの方々の想いと重なって、
一つの形になっていく。

誰も代わりなんていない。
あなたが必要だから、今ここにいる。

写真 2017-09-19 8 54 02


Many meetings.
Lots of time.
Many thoughts.
Lots of characters.

What I had written down by myself,
It overlaps with the feelings of many people,
It becomes one form.

Nobody cannot take your role.
I am here now because I need you.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-09-16 19 33 32


夏目漱石の短編集「夢十夜」。
「こんな夢を見た」という有名な一文で始まる物語が、
日本人作曲家の手によって、オペラ楽曲という壮大な作品になった。

2008年にスウェーデンで初演され、漱石生誕150周年の今年、
国際共同作品として、新しい演出で見事に再演された。

十夜から抜粋された4つのシーンが、迫力のあるオーケストラと
想像力をかきたてられる演出で、組み立てられる。

「悟り」の境地にたどり着けずに苦悩する侍。
女の虜になり、崖に飛び込むか、豚に舐められるか、究極の選択を迫られる男。
盲目の我が子を山に捨てに行ったことから、前世の原罪が露見する父親。
死に別れた女と再会したいと100年待ち続けた男。

非現実的で幻想的な夢物語に、漱石自身の内面が伺える。
西洋のハーモニーを使って、日本のテーマを追求する。
解釈の難しい原作を表現する作曲家の苦悩と喜びも交錯。

どこまでも美しく、どこまでも力強い。
欧米で絶賛された大作が、まもなく日本に上陸する。

写真 2017-09-16 19 30 22


Natsume Soseki's notable novel "Ten Nights of Dream" is a story that starts
with a famous sentence "I had dreamed such a story".
By the hand of Japanese composer, Moto Osada, it became a magnificent work
of opera music.

"Four nights of dream" was premiered in Sweden in 2008.
As an international collaborative work, it was rearrangement spectacularly with
a new production in this year of Soseki's 150th anniversary.

Four scenes excerpted from the ten, is assembled with directing the imagination,
also with a powerful orchestra.

1. A samurai suffering without reaching the point of "enlightenment (satori)".
2. A man who becomes a prisoner of a woman is forced to choose the ultimate one;
jumps into a cliff, or is locked by pigs.
3. When the father goes to abandon his blind child, his original sin of the previous life
is revealed.
4.A man who kept waiting for 100 years to want to see a woman who died.

Inside the unreal and fantasy dreamlike, the inner surface of Soseki himself.
Using Western harmony, pursue Japanese theme.
I feel the composers' anguish and pleasure expressing difficult interpretations
are also mixed.

Moto's music is very beautiful and powerful.
A masterpiece acclaimed in Europe and America will land in Japan this month.

写真 2017-09-16 21 28 57


Promotion Movie of "Four Nights of Dream" 動画はこちら。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-17 9 34 44
Next

大きすぎる夢は持たない。
いつも自分の少し目の前にある目標が好き。
ほんの少し手を伸ばせば届きそうで、でもまだ届かない。

姉は私にとって、いつもそんな存在だった。
私よりはるかにセンスが良くて、アイディアの宝庫。
そんな彼女が応援する帽子ブランド、アミ(編み)ツムリ(頭)。

2004年にパリで鮮烈デビューを果たし、
今なお精力的に、その活躍の場を広げている。

いたるところに散りばめられている、日本の職人技。
おじいさまのニット帽子屋さんを、受け継いだというのがいい。
いろんなストーリーを一緒に編み込んで、
世界を旅する帽子たちが生まれていくのだろう。

写真 2017-09-13 14 38 01


I don't have unrealistic dream.
I like a little goal which is just in front of me.
It seems that I can achieve if I reach out for a while, but I do not reach yet.

My elder sister always existed like that.
I feel she is much better than I am, and she is a treasure trove of ideas.
"ami (knitting) tsumuli (head)" is a knit hat brand that my sister supports.

In 2004, the designer made a brilliant debut in Paris,
Even now, they are expanding the place of activity.

Japanese artisan skills are scattered everywhere in her hat.
I like the story that she has inherited the knit hat store of her grandfather.
She stitches various stories together,
Her knit hats will be born to travel around the world.

写真 2017-09-13 14 38 22


ami-tsumuli 公式ホームページ Official Website

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-13 14 38 49
Next

当初の発起人は、いまだ現役でフライトしている3人組。
気づいたら、数百人がLINEで繋がって、
気づいたら、私と親友が御指名受けて企画に合流。

これほど多くの元CAが一堂に会する機会は珍しい。
想像を超えた大きなイベントになりそうで、
たくさんの関係者が、賛同してくださった。

古巣の全面協力で、懐かしい展示品が並ぶ。
お世話になった方々からは、お祝いのメッセージ。
会場に駆けつけてくださる特別ゲスト。

本当に内容盛りだくさん。
このワクワクが、また次のステージに繋がっていく。

写真 2017-09-12 21 55 03


The original organizer is a three-person group who is still active as cabin attendants.
When we notice, hundreds of people had connected by LINE,
My best friend and I were asked to be in charge of this big event.

Opportunities for so many former CAs to come together are rare.
It is going to be a big event beyond imagination,
A lot of people agreed to join the event.

With the full cooperation of JAL, old memorial goods will be lined up.
We will show the special movie of people who took care of us.
We will welcome special guests who come to the venue.

There really is plenty of content.
This excitement leads to the next stage again.

ファイル 2017-09-12 22 11 26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-14 11 03 35

Next

コーヒーには、ほんの少しのミルクを注ぐ。
胃の弱い私には、それが儀式。

伊万里の陶芸家が、大切に持ってきてくれたマグカップ。
海を渡ってきた日本の宝物を横に置いて、
海を渡っていく文章を書く。

この想い。
どこまで、届くだろう。

写真 2017-09-13 15 46 05


Pour a little milk into the coffee.
Since I am weak in the stomach, it is a ceremony.

Here is a mug that Imari 's ceramic artist brought carefully.
I put the treasure of Japan that crossed the sea sideways,
I wrote an article crossing the ocean.

Hope this thought will reach to the heart of people.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-09-10 13 22 25


ニューヨークに留学していた頃、
生活費を絞るため、毎日大学まで歩いて通学していた。

国連本部のすぐ近くにある古いアパートで、
いつも怒鳴っているヒステリックな女性が隣に住んでいた。
私は身を潜めて、夜な夜な課題制作をしていた。

時を経て、今そのすぐ近くで、日本の若き侍が腕をふるっている。
生粋の和に、フランスで磨かれた技が交錯する。

毎回、新しい技を見せてくれるのが面白い。
若き侍が秘めた可能性に、
ニューヨーカーはたくさんの期待を寄せる。

日本の職人技は、世界に通用する切符。
世界を旅する切符の終着地を、ここから見守っている。

写真 2017-09-07 13 18 04

写真 2017-09-07 13 17 52

写真 2017-09-07 13 43 49

写真 2017-09-07 13 44 03


When I was studying abroad in New York,
I went to the university by walking every day to reduce the cost of living.

It was an old apartment in the immediate vicinity of the United Nations Headquarters,
A hysterical woman who was always shouting, lived my next door.
I was so scared that I did my assignment late night.

After many years, young Japanese samurai team is now working in the immediate vicinity.
The genuine Japanese skill and the techniques brushed in France have been intersected.

It is interesting that they show a new technique every time.
To the possibility of young samurai,
New Yorkers gather a lot of expectations.

Japanese craftsmanship is a ticket that can go to the world.
I am watching from here the destination of the ticket traveling the world.

18


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-09-11 7 02 13


先週、羽田発ニューヨーク行きのJAL便が、エンジントラブルで緊急着陸。
その翌日の同便チーフ任務を執っていたのは、元同僚だった。
ニューヨークに到着した彼女に、事故の詳細を伺いながら、
その責任の重さを、ひしひしと感じた。

16年前の今日、4機の旅客機がハイジャックされた。
突然統制を失った機内に、乗務員らはどう対応しただろう。
乗り合わせた犠牲者の心情を思うと、胸が苦しい。

崩壊したワールドトレードセンター跡地は「グラウンドゼロ」と呼ばれ、
ニューヨーク観光に来た友人らが、気軽に訪れる。
新しく建設されたフリーダムタワーも、すでに新名所になった。

静かに黙祷を捧げる。
私は今でも、あの区域を歩けない。

忘れない。

1239191_542893002433238_620577603_o


Last week, JAL flight from Haneda to New York got an emergency landing with
an engine trouble.
My former colleague took the chief mission of the same flight the following day.
While asking the details of the accident to her who arrived in New York,
I felt the weight of the responsibility to be serious.

Today of 16 years ago, four aircrafts were hijacked.
How did the flight crew respond to the sudden loss of control?
My heart is very painful when I think of the feelings of the victims.

The collapsed site of the World Trade Center is called "Ground Zero"
Friends who came to visit New York will feel free to visit.
The newly built Freedom Tower has already become a new sight spot.

I silently give a silent prayer.
I still cannot walk in that area.

Never forget.

写真 2017-09-11 5 49 27

©September 11 Memorial & Museum

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨークに来た友人に、オススメのお店を聞かれる。
一通り試した人には、最後にはチャイナタウンを勧める。

ビール飲んで、たらふく食べて、
チップ込みで、1人14ドル。

悪くない。

58


A friend who come to New York always ask me about the recommended restaurants.
To the person who tried them all, I recommend Chinatown in the end.

Drink beer, eat as much as you can,
Tipping included, $ 14 per person.

not bad.

写真 2017-09-09 9 12 49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-08-20 17 47 05


個人的な好みだけれど、
私は親指1本の「いいね」スタンプが嫌い。
こちらが真摯に語っているのに、
親指1本で会話をまとめられるとガッカリする。
どんなに短くても「了解です」「いいですね」とタイプされるだけで、
非常に好感が持てる。

LINEスタンプ人気の秘密は、
細かい感情表現をあらわす言葉が併記されているからだろうか。

たった一言で、人は傷つき、
たった一言で、人は喜ぶ。

やっぱりアナログが大事なんだと、そう思う。

写真 2017-08-20 17 46 38


Although it is my personal preference,
I dislike a "thumbs" stamp showing "like".
Although I think and type seriously,
I will be disappointed when you put together a conversation with one thumb.
I can feel very favorable, no matter how short it is, just typing "I understand it."
or "I like it.".

LINE stamp is very popular in New York, too.
It may be because words expressing detailed emotional expression
are written together.

In one word, people can be hurt.
In one word, people can be pleased.

Again, I think that analog is the most important.

写真 2017-09-08 11 16 11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-08-20 8 47 49


小学2年生、初めてスキー靴を履いた。
学生時代には2メートルの板を回し、社会人でスノボーデビュー。
主婦にはもうできないと思っていたけれど、
近年少しだけ、スキーを復活させた。

初めてテニスラケットを持ったのは、高校の体育の時間
ボールに直接触れないスポーツは、もどかしかったけれど、
テニスもゴルフも、人並みに社交ができる程度に練習した。

今はすべて、子供たちにかなわない。
早朝から日が高くなるまで、公営コートで打ちまくる。
母親の威厳はどこにもなくなった。

先に帰って、美味しい御飯を作って待ってるよ。

写真 2017-08-20 8 50 27

写真 2017-08-20 8 45 38

写真 2017-08-20 7 53 28


I put ski boots for the first time when I was in elementary school second grade.
In school days, I turned a 2 meters’ ski board and made a snowboarding debut
in my freshman age in the company.
I thought that I could not do it as a housewife,
In recent years, I started skiing again a little.

The first time I played a tennis was when the high school physical education time.
Sports that did not touch the ball directly was frustrating,
I practiced both tennis and golf to the extent that they could socialize on a personal level.

Everything now does not make sense to children.
From the early morning, until the sun rises, they play at a public tennis court.
The dignity of the mother disappeared anywhere.

I will be back in earlier and wait for them by preparing delicious dishes.

写真 2017-08-20 9 54 06


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

2002年に小さな会社を起業してから、
どんなに小さな仕事でも、丁寧にやろうと心がけてきた。
小さくても続けることが、必ず次に繋がると信じている。

この夏、1つの願をかけて、
子供達の夏休み期間限定で、1日も休まずブログ更新をしようと決めた。

文章は、書こうと思って、書けるものではない。
ふと降りてきた時に、筆を取る。
1日1度、降りてくる瞬間を受け取ることが、
自分自身を見つめる時間。

小さくても、続ける。
きっとどこかの誰かに、いつか届くことを願って。

去っていった人にも、いつか届きますように。

写真 2017-09-04 19 15 08 (1)


Since starting a small company in 2002,
I tried to work carefully no matter how small the business was.
I believe that continuing small work, will definitely lead to the next.

Because I had one wish this summer,
I decided to update the blogs constantly only for the children's summer vacation period.

I cannot write a sentence, thinking to write.
When the idea suddenly come down, I type my words.
Receiving the moment of coming down once a day,
It is time to look at myself.

Even if it is small thing, I continue it.
I hope for someday to reach someone's heart.

Someday, it will reach people who left from me as well.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-09-04 12 35 10


夏の始まりを告げるメモリアルデー。
夏の終わりを告げるレイバーデー。

米国人は、屋外BBQパーティーをして、
夏を歓迎し、そして夏を見送る。

ジョージワシントンブリッジから20分ほど北へ。
ホスト御夫妻のホスピタリティーに感銘しつつ、
過ぎ行く時間を惜しむ、夏の最後の休日。

ニューヨークは、ここから一気に秋が深まる。
帰り道。
橋の向こうに見える月夜が、美しすぎた。

写真 2017-09-04 19 15 23

写真 2017-09-04 17 04 52 (1)

写真 2017-09-04 17 04 57 (1)

写真 2017-09-04 17 05 14 (1)


Memorial Day tells the beginning of summer.
Labor Day tells the end of summer.

When American people welcome the summer, and watch the summer off,
they have an outdoor BBQ party.

We went north from George Washington Bridge for about 20 minutes.
While impressed by the hosts' hospitality,
We enjoyed the last holiday of summer.

Autumn in New York is getting deeper from here suddenly.
On the way home.
The moonlight which was visible beyond the bridge was too beautiful.

写真 2017-09-04 19 58 53 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-04 20 00 22
Next

オンタリオ州の田舎道。
甘い匂いにつられて、ふと立ち寄った。

製造工程を見せながら販売をするファクトリー型の路面店は、
今や世界のどこにでもあるけれど、
モノが作られていく過程を見るのは、本当に楽しい。
モノを生み出せる人って、本当にすごい。

ファイル 2017-09-04 8 51 08


It was located on the country road in Ontario.
There had a sweet smell and we stopped by.

Nowadays anywhere in the world, there are many factory type roadside shop
that sells while showing manufacturing processes.
It is really fun to see the process of making things.
People who can produce things are really amazing.

写真 2017-09-04 7 38 06


Chocolate FX, Ontario

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-08-28 6 26 11


マジックアワーにうっとりする夕焼け空はもちろんだけれど、
東の空から太陽が昇る瞬間が好き。

どんなに泣いていても、明けない夜はない。

「日出ずる国」を恋しく思いながら、
明日からの英気を、ここでたっぷり養おう。

44

51


Not to mention the sunset sky blessed with magic hour,
I like the moment when the sun rises from the eastern sky.

No matter how much I cry, the morning comes again.

The sun rise in Niagara reminded me "The Land of the Rising Sun".
Let me nourish tomorrow's spirit here.

写真 2017-08-28 6 42 13

写真 2017-08-28 6 45 56


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-08-26 18 07 25

写真 2017-08-26 18 07 51


前職を休職してニューヨークに留学していた頃、
同期が休みを取って、私の陣中見舞いに来てくれた。
同期20人のうち5人が海外で同じ場所にいることは稀有なことで、
貴重な年休を使ってまで、集まってくれた優しさが身に沁みた。
厳しい学生生活で心が乾き、弱気になっていた私に、
彼女達はたくさんの癒しと安らぎをもたらしてくれた。

短い滞在期間に、皆でナイアガラの滝に行った。
早朝にニューヨークを出発して、深夜に帰宅する強行日帰りコース。
滝壺まで行くフェリーに乗って、水しぶきをかぶりながら、
自然の偉大さと、自分の小ささを再認識。

15年以上の時を経て、また同じ場所に立つ。
今回は陸路で行ったから、地理的な位置関係もよく分かる。
相変わらず偉大な滝を、少し上から俯瞰して見ることで、
自分のたどってきた道を、振り返った気がした。

かけがえのない自然、かけがえのない人間の心。
すべてが永遠で絶対ではないからこそ、今を大事に生きよう。

写真 2017-08-27 9 43 08

写真 2017-08-27 9 34 01

写真 2017-08-27 9 42 13

写真 2017-08-27 9 38 44


When I studied abroad in New York,
My co-workers took vacations and came to visit my apartment.
It was very rare that five out of 20 class-mates were in the same place abroad.
They used valuable annual holidays, their gentleness was so grazed.
To me who was weak because my heart was dry in a tough student life,
They brought lots of healing and peace.

During a short stay, we went to Niagara Falls.
It was a day-long hard trip, we left from New York early in the morning and
returned home late at night.
While on a ferry going to the waterfall, wearing a splash of water,
I recognized the greatness of nature and my smallness.

After more than 15 years, I stood in the same place again.
This time we went on the road, so I knew the geographical positional relationship well.
By looking at the great waterfall from a little overhead,
I felt that I turned back on the way that I came.

The nature is the irreplaceable and the human heart is irreplaceable too.
Since everything is not the eternal and absolute, we live carefully now.

写真 2017-08-26 18 06 45

写真 2017-08-27 10 13 44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-26 18 49 25
Next

2012年6月10日、時の記念日。
1冊の本が、私の手元から巣立っていった。

ありのままを伝えることしか出来ないけれど、
いつかどこかで、誰かの力になることを願って。

あの頃と、私の立ち位置は何も変わっていない。
近づいたり、離れたりした人もいるけれど、
変わらずに見守ってくださっている人たちに、支えられている。

初版が出版されてから、5年という月日が経過して。
長く読んでいただける一冊として選ばれたことも、
千璃という存在と、支えてくださっている皆さんのお陰。

たくさんの感謝と共に。
ここからもまた、見守っていてください。

すべてが、繋がっているから。

(文庫本版は、9月6日、小学館より発売されます。)

写真 2017-08-31 22 33 55


It was June 10, 2012, "Time Day".
My first book was issued on the day.

Although I can only tell as it is,
Someday, somewhere, I hope to become someone's strength.

From that time, I have not changed my status.
Some people came or left.
But I thank my supporters who are watching without change.

Five years have passed since the first edition was published.
My book was chosen as that you could read longer,
it will be issued as a paperback by Shogakukan.

Thanks to the existence of my daughter, Seri.
Thanks to my dear friends.
Please keep watching from here as well.

Everything will be connected to the future.


「未完の贈り物」初版発行時の記事

写真 2017-09-11 5 11 10 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

これまでニアミスだった人と、不意に御縁がつながって、
突然、歯車が動き出すことがある。

ドバイとアメリカと日本がぐっと近づいて、
新しいワクワクが始まった。

必要とされる場所で、必要とされる人のために。
アートという共通項、その力を世界に伝えたい。

写真 2017-08-23 9 35 21


People who had been a near-miss until now were unexpectedly connected
to each other,
Suddenly the gear may start to move.

Dubai, the United States and Japan are much closer,
A new excitement has begun.

I will work for those who needed, where needed.
I would like to tell the world about the common item called art.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-08-28 14 10 07


ドイツで300年の歴史あるワイナリーオーナーが、
1977年にカナダに移住して開いたワイナリー。

建物の前にあるセンソリーガーデンでは、
ワインの香りを例える時に使われる植物を、実際に手に取ってみる。
草木の香りから、ワインのセパージュを想像する学習体験。

カナダでの歴史は決して古くないけれど、
ヨーロッパの王道で培った技術と、近代化されたファクトリーの融合。

リースリングとアイスワインは絶品で、
レイトハーベストというセカンドラインでも十分に楽しめる。

かつて新世界と分類されたワインの分野が、
今はこんなに世界を魅了している。

写真 2017-08-28 14 17 16


A 300-year-old winery owner in Germany,
moved in Canada in 1977, and opened the new winery.

In the sensory garden in front of the building,
we actually took the plants to be used when comparing the smell of wine.
It was the learning experience to imagine a cepage of wine from the aroma of vegetation.

Though their history in Canada is never outdated,
it has the fusion of technology cultivated in the royal road of Europe and modernized factory.

Riesling and ice wine are exquisite.
Also, we can enjoy it even with the second line called Late Harvest.

Canadian wine is the field of wine classified as a new world wine.
Now we are attracted to this new world.

写真 2017-08-28 14 14 05


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-28 14 12 11
Next

写真 2017-08-28 6 34 13


カナダといえばアイスワイン。
緯度の高い土地だからこそ、寒さで凍ったブドウの実が、
糖度をぎゅっと濃縮させて、高級デザートワインが完成する。

これまでたくさんのワイナリー見学をしてきたけれど、
マイナス10度の寒さを体感しながらの試飲は初体験。

1927年にハンガリーから移住してきたオーナーが、
この土地に惚れ込んで開拓してきたブドウ畑が広がる。

ワイナリーに併設しているダイニングも極上で、
大自然の中で味わう優雅な時間を、羨ましく思う。

お気に入りの数本を買って、先を急ごう。

写真 2017-08-28 6 33 34

写真 2017-08-28 6 31 21


Canada is famous for ice wine.
Because of the land with high latitude, the fruit of the grapes frozen in the cold,
Enrich the sugar content tightly, and finish the fine dessert wine.

I have been visiting many wineries so far,
Tasting while experiencing the cold of minus 10 degrees was the first experience.

The owner who moved from Hungary in 1927,
fall in love with this land and developed as a vineyard.

Dining attached to the winery was also excellent,
I envy the elegant time to taste in the nature.

I will buy some favorite wines and hurry ahead.

写真 2017-08-28 6 30 27


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-28 6 32 49




Next

写真 2017-08-26 16 25 21


まっすぐに、まっすぐに、道が続いている。
カナダ国境まで、もう少し。

写真 2017-08-26 16 58 38


We are heading to the North-northwest.
The road is going straight, straight.
A little more to the Canadian border.

写真 2017-08-26 17 00 22


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-08-20 14 37 19

写真 2017-08-20 14 34 04


昨年「ハミルトン」の影にあってトニー賞を逃したけれど、
ブロードウェイで大人気のミュージカル。

アメリカ南部のダイナーで働くウェイトレスのジェナが主人公。
束縛的でDV傾向のある夫との生活に見切りをつけて、
シングルマザーとして夢を叶えていく。

バンドが奏でる斬新な音楽も素晴らしく、
原作となった映画よりもミュージカルが人気の理由がよくわかる。

女性が力強く生きる姿を見ることは、
世の中に明るい希望をもたらせてくれるのだと。

写真 2017-08-20 15 02 19

写真 2017-08-20 17 39 19


Although they missed the Tony Award in the shadow of "Hamilton" last year,
"Waitress" is one of the popular musicals on Broadway.

Jenna, the waitress who works in Diner in the southern part of the US, is the main character.
Taking a break in living with a husband who acted as DV,
She got fulfill her dreams as a single mother.

The innovative music that the band plays is wonderful,
I can understand why musicals are more popular than movies that became the original.

Seeing women living powerfully,
It brings a bright hope to the world.

写真 2017-08-20 18 36 52


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-08-26 9 09 13


侘び寂び以前の日本では、
大陸から来た極彩色が、自由に世の中を照らしていた。

1400年の歴史を超えて、
ロンダが天平文化の鮮やかな色を繋ぐ。

色彩にジャズのリズムが加わって、
人間の様々な感情が、そこに見え隠れする。

アートにかける想いとか、アートの力とか。
同じ方向を向いて、信頼し合えるか。
そして人を繋げるか。

最初に半襟をデザインしてから、
時を経て、帯と着物が完成した。

ロンダアートの世界が、こうして繋がっていく。
アートには、人を繋げる力がある。

写真 2017-08-26 10 25 45


Before the period of "Wabi-Sabi, which means Beauty within Simplicity" in Japan,
The richly color that came from the continent was illuminating the world freely.

Beyond the history of 1400,
Ronda-Art connects the vivid colors of Tempyo culture.

Jazz rhythm added to the color,
Various human emotions are drawn there.

We know the thought to be put on art or the power of art.
We point in the same direction and trust each other.
We shall connect people.

After designing the half collar at first,
Over time, the Obi(Belt) and Kimono(Cloth) were completed.

The world of Ronda-Art is thus connected.
Art has the power to connect people.

写真 2017-08-26 9 19 47


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-26 9 09 29


加賀友禅大使 彦田佳子
着物・帯デザイン 山田みどり
加賀友禅作家 宮腰一惠
撮影 吉田加代
撮影場所 谷口吉郎設計@金沢主計町

写真 2017-08-26 10 44 06
Next

写真 2017-08-25 7 54 57


かつて実家で飼っていた犬は、シェパードと柴犬の雑種。
賢くて気が強いから、誤って綱を放すと、すぐに遠くに逃げて行った。
車に轢かれていないか、野犬狩りに捕まっていないか、
一日中心配で、探し回った。
お腹を空かせて日が暮れた頃に、ようやく戻って来る。
それが、いつものパターンだった。

セントラルパークは、午前9時までと午後9時以降、
飼い犬のオフリーシュ散歩が認められている。
飼い主はルールを守り、糞の始末も絶対責任。
犬たちも行儀良く、飼い主について歩くのが本当に不思議。

我が家の飼い犬は、番犬として繋いで飼っていたから、
いつも自由に餓えていたのだろうなと回顧する。

ここにいる犬たちは、いつも自由に歩いているから、
飼い主に忠実についていた方が楽なのだろう。

人間も仕事も同じかもしれない。
自己責任で何でも自由にさせてもらう状況にあると、
ある程度の規律の中で守られていることが羨ましく思える。

写真 2017-08-25 8 42 00

写真 2017-08-25 8 43 12

写真 2017-08-25 8 44 19


A dog kept at my parent's house in the past was a hybrid of Shepard and Shiba Inu.
Because she was wise and strong, she immediately ran away to a long distance if we mistakenly released the leash,
We were worried all day and looked around, hoping not run over by a car, not caught in a dog hunt.
When she was hungry and the sunset was over, she finally came back to our home.
That was the usual pattern.

In the Central Park, a dog 's off - leash walk is permitted before 9 AM and after 9 PM.
The owner keeps the rules, absolutely responsible for the cleansing of feces as well.
It is truly wonderful that dogs behave well and walk about their owners.

Because our dogs kept connecting the leash as a watchdog,
I look back on that she always wanted to be free.

The dogs here are always walking freely,
It would be happier that they are faithful to their owner.

Humans and work may be the same.
If we are in a situation where we are free to do anything at our own risk,
It seems enviable that it is protected within a certain discipline.

写真 2017-08-25 7 54 30


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-08-23 20 11 31


日本全国のみならず、NY、LA、ハワイに拠点を持つネイルサロンが、
日本の技術とコラボして、新しい商品を開発した。

お披露目となったニューヨークの展示会。
周囲のどのブースよりも人気が高く、
バイヤーたちの注目が集まった。

日本人の手先の器用さについて、
いつも声を大にして叫んでいるけれど、
それが世界に認められる瞬間を見届けるのは嬉しい。

一般顧客向けに開発した新しいスタイルのジェルネイルは、
10月より全国のプラザやロフトで販売開始。

私は大好きな妹を見守る姉の気持ちで、
オーナーから次のステージ構想を聞いている。

写真 2017-08-24 8 32 25


"Marie Nails" has business not only in Japan, basis in NY, LA, Hawaii.
In collaboration with Japanese technology, they developed a new product.

They had exhibited at the INSIDE BEAUTY EXPO in New York.
It was more popular than any other booth in the neighborhood,
The attention of buyers gathered.

About the dexterity of the Japanese craftsmanship,
I always scream at louder voices.
I was very glad to see the moment when it was recognized to the world.

A new style of gel nail developed for general customers,
They will start to sell them at "PLAZA" and "LOFT" nationwide from this October.

I have feeling of an elder sister watching young sister,
I am excited to hear the owner's idea for the next stage.

写真 2017-08-23 20 10 14

写真 2017-08-23 20 09 14


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-23 21 22 06
Next