Blog

写真 2018-07-11 13 45 08

写真 2018-07-11 13 45 24


ずっとお会いしてみたかったアーティスト、秋濱克大氏。
かつてニューヨークに在住していた友人から御紹介いただいた。

出会いの場所にセレクトさせていただいたのは、
私が飲食業界と御縁を持つキッカケになった仲間の一人、
栗本清氏がシェフを勤める東京駅すぐ近くのイタリアンレストラン。

秋濱氏は自身でハンドメイドのジュエリーを制作する一方で、
たくさんのアーティストとのコラボレーション企画を遂行している。

アーティストが一匹狼で戦い抜く時代ではない今だからこそ、
いかにたくさんの人と繋がり、いかに人を大切にしているかが、
そのファン層を拡大しているのだと、彼を見て思う。

すでに流れの出来ているチームに、どんなエッセンスを加えるべきか。
新しい出会いに感謝しつつ、航海の羅針盤をゆっくり眺めている。

写真 2018-08-14 17 14 35


I met Mr. Katsuhiro Akihama, an artist who I wanted to see for a long time.
I was introduced him from a friend who lived in New York before.

As for the meeting, I chose an Italian restaurant near the Tokyo station where the chef Kiyoshi Kurimoto worked.
He was one of my fellows who got me close to the food and beverage industry more than 20 years ago.

While Mr. Akihama makes handmade jewelry himself,
he is collaborating with numerous artists.

Now is not the era when artists fight with one lone war.
Since he knows how to connect with many people and how to cherish people,
I learn through him that he is expanding its fan base.

I wonder what essence should be added to the already flowing team.
I am grateful for the new encounter and watching the voyage's compass slowly.

写真 2018-07-11 13 51 54



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-14 17 47 16 (1)

Next

写真 2018-07-15 15 54 51

写真 2018-07-15 15 54 59 (1)

写真 2018-07-15 15 56 42


90年代後半にNYで知り合った友人らのグループが、
イスラエルのブランドSABONを日本に導入して10年が経過した。
当時のコンペには、いくつかの大手商社が参加していたけれど、
たった数年で何億という投資額を回収したスキルは、
まさに少数精鋭のブレイン仲間が企画をした賜物だった。

SABON JAPANの10周年を記念して、Decadeシリーズが発表された。
オリエンタルな甘さの中にも、どこか艶やかな大人を感じる香り。
そこから受けたインスピレーションを、さらにアートで表現するという試み。

西村麻里さんのライブペイントが始まると、観衆は静かに見守った。
制作風景を直に見せるライブペインティングは、いまでは珍しくないけれど、
出来た作品をそのまま献上できる完成度の高さは秀逸だ。

描き始めは、落ち着いたトーンで、大人っぽい風合いだと見て取れた。
そこに生命を吹き込まれたように、艶っぽい鳥が目の前で羽ばたくと、
それは女性らしいフェロモン漂う作品になっていた。

暑い夏の日、目黒川沿いのアトリエサボンに、不思議な風が流れるのを感じた。

写真 2018-07-15 15 56 00

写真 2018-07-15 16 36 18 (1)


A group of friends whom I met in NY in the latter half of the 1990s,
Ten years have passed since they have introducing the Israeli brand SABON to Japan.
There were several major trading companies participating in the competition at the time,
The skill that collected hundreds of millions of investment in just a few years,
It was a result that a very few elite Blaine fellow planned.

In commemoration of the tenth anniversary of SABON JAPAN, the Decade series was announced.
Among the oriental sweetness, it smells somewhat glossy adults.
At the atelier SABON, there were the collaboration events that the artists expressed the inspiration received from Decade series.

When Mari Nishimura's live paint began, the audience watched silently.
Although live painting, which shows the production scene directly, is not rare now,
The high degree of perfection that she can dedicate her work as it is outstanding.

At the beginning of drawing I saw that it was a calm tone and an adult-like texture.
As glittering birds fluttered in front of us as if life was blown there.
At the last, It was finished as a feminine pheromone work.

On a hot summer day,
I felt a wonder wind flowed in the atelier SABON along the Meguro River.

写真 2018-07-15 16 37 46 (1)

写真 2018-07-15 16 38 20


SABON Official Website


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-15 16 53 25 (1)

写真 2018-08-14 9 03 24
Next

写真 2018-08-03 16 58 53

写真 2018-08-03 17 01 13


金魚と和をモチーフにした水中アート展示会「アートアクアリウム」。
12年目を迎える今年は、「真の日本」をテーマに、
日本橋、名古屋、上海の3都市で開催されている。

日本橋会場のテーマは、「江戸・金魚の涼」。
エントランスを抜けるとすぐに「天井金魚」が頭上に広がる。
本来、腹部しか見えないはずなのに、
プリズムガラスに反映されて、美しく泳ぐ姿が見て取れる。

「フローティングリウム」「アースアクアリウム・ジャポニズム」
「超・花魁」「床掛け金魚飾り」
江戸切子や九谷焼といった日本の伝統工芸を愛でながら、
作品ひとつひとつに、プロデューサー木村英智氏の世界観を想像する。

本会場の最大の見どころは「大政奉還金魚大屏風」。
18面の屏風にプロジェクションマップを投影しつつ、金魚を泳がせる。
大政奉還の時代を区切りに、日本のアートシーンが再現される様子は圧巻。

自然界の生き物とアートを共存させること。
一秒として同じシーンを繰り返すことのない生き物の美しさに、
人間が少しだけ手を加えて、その魅力を増幅させる。

日本庭園でも池の上から眺めることしかない観賞用の金魚や錦鯉を、
四方八方から眺めながら、万華鏡の世界にワープした時間が過ぎてゆく。

酷暑ともいえる今夏、「アートアクアリウム」で都会の涼を御体感ください。

写真 2018-08-03 16 58 01

写真 2018-08-03 17 01 21

写真 2018-08-03 17 01 33


"Art Aquarium" is the underwater art exhibition with goldfish and Japanese motif.
This year marking the 12th year, with the theme of "The True Japan"
It is held in three cities: Nihonbashi, Nagoya, Shanghai.

The theme of the Nihonbashi site is "Edo: Coolness of Goldfish".
As soon as you pass through the entrance, "Ceiling goldfish" spreads overhead.
Originally, only the goldfish's abdomen should be visible,
Reflected on the prism glass, you can see the beautiful swimming form.

"Floatingrium" "Earth Aquarium Japonism"
"Super Oiran" "Floor Hanging Goldfish Decoration"
While loving Japanese traditional crafts such as Edo Kiriko and Kutani Yaki,
Imagine the world view of Mr. Hidetomo Kimura, the producer, one by one.

The greatest highlight of this venue is "Taisei Houkan Goldfish Large Byobu - Folding Screen".
You can see the swimming goldfish while projecting the projection map on 18 screen folding screens.
The appearance of the Japanese art scene, before and after of the democratization era, being reproduced is masterpiece.

He coexists nature creatures and art.
To the beauty of living things that do not repeat the same scene as a second,
He modifies their charm by adding small effort.

Usually, in the Japanese garden, we watch goldfish and Nishikigoi - Colored Carp for ornamental only to see from the top of the pond.
While watching from all directions, we feel the kaleidoscope world.

This very hot summer, please try to experience the urban coolness with "Art Aquarium".

写真 2018-08-03 17 01 07

写真 2018-08-03 17 01 56

写真 2018-08-03 17 03 55



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-03 17 08 52

写真 2018-08-03 17 15 15

写真 2018-08-03 17 23 15
Next

写真 2018-08-11 7 48 17

写真 2018-08-09 6 22 52

写真 2018-08-10 7 36 26

写真 2018-08-10 7 36 32

写真 2018-08-10 7 36 47


今年5月、舞台となる国際会議場を下見した。
ワクワクするよりも、少し足が震えた。
TV中継されるような空間で、こども達がどんな話をするのだろうと。

主催者の浅野敬子さんは、アイディアマン。
次々と飛び出す彼女の壮大な構想を、裏方でまとめ上げるのが私たちの役目。
東京とニューヨークのやり取りだけでは、敬子さんの発想には追いつけない。
13時間の時差の中、朝起きると未読メッセージが数珠繋ぎになっていた。

7月、ようやく足並みが揃い出したのを実感した。
コアメンバーが、それぞれ自分の役割を、誰が決めるわけではなく、
ひたすら突き進んでいるのを感じた。きっと大丈夫。

農水大臣の御挨拶に始まり、開会宣言、ディスカッション、
こども達のプレゼン、閉会宣言。
途中サプライズで、SDGsのキャラクターが会場に飛び込む。

こども達が牽引すべきサミットだから、行き先はまるで見えない。
でも、裏方ではしっかりした台本や進行表が必要で、
そんなこんなをまとめていくのが、私のミッションだった。

当日、会の進行中、一番緊張していたのは私だったかもしれない。
最後に敬子さんの目から涙がこぼれた時、
彼女が人をまっすぐに信頼する気持ちが、企画の成功を導いたのだと実感した。

スタッフそれぞれの力を信じて、しっかり任せてくれることが、
これだけの人たちの心を動かすのだと思うから。
こども達を信じて、私たちを信じてくれた彼女に、
ひたすら感謝したいと思った。

誰かを救ったり、大きな解決策がその場で見つかるとは思わない。
国境や宗教、人種の壁を超えて、
こども達が輪になって考える機会を提供することが、最大の目的。

2018年8月8日、地球こどもサミット開催。
屈託ないこども達の意見が飛び交い、オトナ先生達はきっとそれぞれに、
子供の頃の無垢な気持ちを思い出していたに違いない。

歴史の1ページが刻まれたことを、たくさんのメディアが賞賛してくれた。

次はドイツ、そしてニューヨークで開催予定。
こども達の未来のために。ぜひ見守っていてください。

関わってくださったすべての方々に、感謝をこめて。

JAPAN TODAY

Yahoo!ニュース

毎日新聞

写真 2018-08-09 6 45 51

写真 2018-08-09 6 45 57

写真 2018-08-09 6 46 06

写真 2018-08-10 7 36 44

写真 2018-08-10 7 36 57

写真 2018-08-10 7 37 20


写真 2018-08-11 8 10 21

写真 2018-08-11 8 10 58

写真 2018-08-11 8 11 27

写真 2018-08-11 8 23 11


In May this year, we previewed the international conference hall that will be the venue.
My feet trembled a bit than I was excited.
I wondered what kind of stories children will talk about in a space like TV live.

The organizer Ms.Keiko Asano was an idea-woman.
It was our duty to summarize her spectacular idea that jumps out one behind the other.
Just by exchanging between Tokyo and New York, I cannot keep up with Keiko's idea.
In the 13 hours of time difference, when I woke up in the morning unread messages were sticking together.

In July, I finally realized that our steps were in order.
Each core member decided their own role, not who decided,
I felt that we were going all the way. I felt we were OK.

Starting with the greeting of Minister of Agriculture and Fisheries, opening declaration, discussion, presentation, and closing declaration.
Miraiger, SDGs' character, cut into the venue through the surprise.

A summit will be driven by children, so we cannot see the destination.
But on the other side we need a solid script and progress table,
It was my mission to put such a thing together.

On the day of the meeting, I might had been the most nervous.
When tears spilled from the eyes of Keiko in the end,
I felt that her pure mind that she trust people led to the success of the project.

She believed the power of each staff,
So it moved people's hearts.
I just wanted to thank her that she believed children and us.

We did not think we save someone or find a big solution on the spot.
Beyond borders, religion, race barriers,
Providing opportunities for children to think in the circle was the greatest purpose.

August 8, 2018, the Earth Children's Summit was held.
We welcomed pure opinions of children.
All adults might remembered our innocent feelings when we were children.

A lot of media praised the fact that one page of history was engraved.

Next one will be held in Germany, New York.
For the future of children. Please take a look our next stage.

Thank you to all the people who were involved.

写真 2018-08-09 5 53 09

写真 2018-08-09 7 35 54

写真 2018-08-09 7 36 06



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-11 8 17 49

企画したオトナ達。でも主役はこども!
写真 2018-08-11 8 35 33

こども達の未来のために!オトナができることを!
写真 2018-08-09 7 36 24

参加企業の広報やマスコミ、参加者のご家族の皆様には、隣接する多目的ホールでライブ中継を御覧頂きました。
写真 2018-08-11 10 34 15

協賛企業からのお土産もいっぱい。こども達の胸に刻まれる夏休みの思い出になるといいなぁ。
写真 2018-08-11 10 39 16


Next

写真 2018-07-23 19 12 08


沖縄本島、名護よりさらに北に向かう。
目的地は、毎年行き着く「今帰仁(なきじん)」村。

「仁」は、「思いやり、情け、慈しみ、人」という意味。
今帰仁村は、人と触れ合うために帰る場所なのだと。

毎年お世話になっている宿のオーナー夫妻と、海の家の店長が、
プライベートな時間を使って、BBQでおもてなししてくださった。

仕事で知り合った友人が、偶然同じ時期に帰省していた。
フルーツ農園の叔父さんと一緒に、マンゴーを届けてくれた。

自然以外に何もないビーチで、盃を交わす。
ただそこに笑顔があるだけで、幸せになれる。

朝起きて、目が見えて、手足が動くことに感謝する。
そんな原点を振り返るために、みんなここに帰ってくるのかもしれない。

また来年も、今帰仁を目指そう。

写真 2018-07-23 21 30 04

写真 2018-07-23 21 25 40


I was heading north from Nago, in Okinawa main island.
The destination was "Nakijin" village where we go every year.

"Jin" means "consideration, compassion, people."
It is said that Nakijin village is a place to return to meet people.

The owner couple of our staying villa, where we stay every year, and the manager of the ocean's house,
hosted BBQ party at the beach while their private time.

A friend who I met during work, returned her grandmother's home in Nakijin at the same time.
She visited us with her uncle who owned fruit plantation, and gifted us a plenty of mango.

We shared the time together on the beach where only nature was there.
Just having a smile there makes us happy.

I wake up in the morning, I can see, I appreciate the movement of the limbs.
In order to look back on such origin, everyone may come back here.

I will also come back to Nakijin next year.

写真 2018-07-24 11 02 23

写真 2018-08-18 8 19 08



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-24 11 11 58

Next

小学校の修学旅行で、初めて沖縄に行った。
当時の沖縄には、まだホテルもほとんどなくて、
アパートを改良しただけの民宿は、とても気味が悪かった。

あの頃の沖縄にも、きっと美味しい食事はあったのだろうけれど、
小学生の団体旅行に出される食事に、まるで美しい思い出がない。

時代が経過して、沖縄は日本随一の観光地になった。
美しい海と、温厚な人々、そして美味しい酒と食事。
そんな常識が当たり前になったことを、つくづく噛み締める。

生きていればこそ、時の流れを体感できるのだと。

写真 2018-08-18 9 00 21


I went to Okinawa for the first time on a farewell trip of elementary school.
At that time in Okinawa, there were still few hotels,
The inn which was just improving the apartment was very creepy.

I guess there was also a delicious meal in Okinawa at that time,
Elementary school students' group meals were devoid of beautiful memories in the meal.

With the passage of time, Okinawa became the best tourist destination in Japan.
Beautiful sea, heartful people, and tasty sake and meals.
I grab the fact that such common sense became commonplace.

It is only by living that we can experience the flow of time.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-23 15 17 10


ここに来るのは、夏の儀式のようなもの。

美しい空と美しい景色があれば、
他に何もいらないと思わされる。

自分には何もないことを認識すると、
そこに生きとし生ける奇跡の至福を感じることができる。

写真 2018-07-23 15 17 49


What comes here was like a summer ceremony.

With beautiful sky and beautiful scenery,
I was thought that nothing else is needed.

Recognizing that there was nothing for myself,
I could feel the bliss of a living miracle there.

写真 2018-07-23 15 31 02



海外永住 ブログランキングへ "
Next

ここの夜明けが見たくて、帰ってくる。
この一年を振り返りながら、
人として誠実でありたいと改めて思う。

ここの夕陽を見ながら、明日を想う。
ありのままの自然に囲まれている幸せが、
どれほど稀少なことかと感謝する。

この地球に生まれたこと。
この地球で出会ったこと。
この地球で共に歩くこと。

すべてが必然。

写真 2018-07-23 5 25 38

写真 2018-07-23 5 54 09

写真 2018-07-23 6 00 41


I wanted to see the dawn here, and I returned.
While looking back on this year,
I think that I want to be sincere as a person.

While watching the sunset here, I think about tomorrow.
The happiness surrounded by the nature,
I thank for how rare it is.

We were born on this earth.
We meet on this earth.
We walk together on same earth.

Everything is inevitable.

写真 2018-07-23 19 07 37

写真 2018-07-23 19 13 32



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-22 9 14 05 (1)

写真 2018-07-22 9 17 12 (1)


ここのビーチは、人々の厚意で運営されている。
正式な監視員がいない場所で、海の安全を守る大変なお勤めを、
海の家の店長が、すべて一人でやってくださっている。

毎年お世話になっている店長さんを、少しでも手助けできたらと、
子供たちは朝からボランティアに出かけていく。

台風の前後には、テントを張ったりたたんだり。
砂浜のゴミ拾い、テーブルの拭き掃除、備品の整備。

マリンスポーツという、一見華やかなシーンの裏側に、
こんなにたくさんの見えない仕事があることを知って、
子供たちは「働く」ことの意味を、少しずつ学んでいく。

3年前に次男がハブクラゲに刺された時は、私も大騒ぎしたけれど、
今夏、次女が刺された時は、みんな冷静に対処できた。

経験するということは、こんなにも大きな財産で。
真っ黒に日焼けした子供たちが、少したくましく見える。

写真 2018-07-22 9 52 07


The beach here is operated by people's favor.
On the beach where there is no official observer,
the shop owner of the ocean house is doing it all by himself, to protect the safety of the sea.

My kids went out volunteers from the morning since they wanted to help a manager even a little.

Before and after the typhoon, they remove the tent and re-set.
They Pick up garbage on the sandy beach, wipe off the table, and adjust the equipment.

On the other side of the seemingly gorgeous scene called marine sports,
Knowing that there were so many invisible work,
Children learned the meaning of "working" little by little.

Three years ago when my second son was stung by a box jellyfish, I made a big fuss.
But everyone managed to deal calmly this summer when the second daughter was stung.

To experience is such a great wealth.
Children who have sunburned in black, look a little strong.

写真 2018-07-23 11 39 32

写真 2018-07-23 11 36 20

写真 2018-07-23 11 42 38



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-22 10 11 20

写真 2018-07-22 10 12 01



Next

東京オリンピック2020年のオフィシャルスポンサー、
日本コカ・コーラ社にて打ち合わせ。
オリンピックだけのために結成されたチームを中心に、
猛烈な勢いで走り始めている。

大雨そして地震被害、酷暑による被害。
灼熱列島でオリンピックを開催することに、
関係者だって不安がないわけがない。

それでも2年後、どんな夏を迎えているのだろう。

写真 2018-07-20 11 22 10


I had a meeting with Japan Coca-Cola Company Limited, an official sponsor of Tokyo 2020 Olympic games.
The teams formed only for the Olympic Games,
has started running at a furious momentum.

Damage due to heavy rain and earthquake, hot heat.
To host the Olympic Games on such a hot land in summer,
Even staff cannot be without anxiety.

What kind of summer we will have two years later?

写真 2018-07-20 10 34 00

写真 2018-07-20 10 34 16



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-20 11 22 52

Next

ニューヨークの空が夕焼けに染まる頃、東京が朝を迎える。
いつも、空を見上げて、励まされてきた。

昨年のこの日の想いを振り返る。

一人で戦い続けることなんて出来ないから、
信頼できる人のために、誠意を尽くしてきた。

寸分違わずに、そこにいてくれる存在と、
いつの間にか、離れていった存在と。

人として、誠意ある存在でありたい。
その想いは、ずっと変わらない。

仲間として、一緒に戦ってくれる人のために。
これからも、唯一無二の存在でありたい。

OFFICE BEAD INC. 創立16周年。

これからも変わらぬ誠意を持って、
信頼してくれる人のために、人を繋いでいきたい。

写真 2018-07-21 5 45 17


When New York's sky gets dusky at sunset, Tokyo welcomes morning.
Always looking up at the sky, I have been encouraged.

I look back on my feelings this past last year.

Because people cannot do fighting alone,
I have tried to be sincerity for those who can trust.

Compared to one year ago, there are people with no difference in existence there.
There also are some people who left away.

I want to be a sincerity presence as a person.
That feeling has not changed for a long time.

For those who fight together as fellow.
I would like to be one and only existence forever.

OFFICE BEAD INC. got 16th anniversary of foundation.

With continued sincerity from now on,
For those who trust, I want to connect people.



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-19 11 54 04


本当に美味しいお気に入りのお店というのは、
ガイドブックに載ってほしくないと思う。

ただ、地元の人だけが知っている。
そんなお店に連れて行っていただくと、心底感動する。

大阿闍梨のおもてなしは、どこまでもきめ細やか。

さて、東京に帰ろう。

写真 2018-07-19 11 38 18

写真 2018-07-19 11 44 46

写真 2018-07-19 11 46 26

写真 2018-07-19 11 53 51


We do not want a truly delicious favorite restaurants appear in the guidebook.

There should the best restaurants that only the local people know.
When he took me to such a shop, I was touched by my heart.

The hospitality of Dai-ajari was finely heartful.

Well, let's return to Tokyo.

写真 2018-08-10 7 41 21

写真 2018-08-10 7 42 44



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-19 7 27 13
Next

写真 2018-07-18 17 02 19


四方八方を山に囲まれた空の大きな場所。
深呼吸をすると、満天の星が視覚いっぱいに飛び込んでくる。

とっておきの人と、とっておきの時間を過ごすために、
とっておきの空間を御用意する。

小洒落た演出など、要らない。
ホストを中心に、そこに素敵な人が集まるだけ。

この世で最高のおもてなしというのは、
こういうことを言うのだろう。

たくさん笑って、もう一度笑って、さらに笑って。
またここに来たいと、つとに思う。

写真 2018-07-18 17 03 38



A big place in the sky surrounded by mountains in all directions.
Take a deep breath, the sky full of stars jump into the sight.

In order to spend a special time with the best people,
He prepares a special space.

It does not need special stylish skills.
Just a nice person gathers around the host.

I think the best hospitality in the world is such behavior.

Laugh a lot, laugh again, smile even more.
I want to come back here again.

写真 2018-07-18 17 04 36



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-18 23 36 12
写真 2018-07-18 23 36 33

Next

写真 2018-07-18 18 41 25

写真 2018-07-18 18 42 23

写真 2018-07-18 18 32 50


秋保ワイナリーの歴史はまだ浅い。
かつて建設業に携わっていた毛利親房氏が、平成27年にオープン。

ワインの土壌が落ち着くまでには、長い年月の経過が必要だからこそ、
現段階では試験的に、いろんなブドウ品種のワインが生産されている。

7月中旬に開催されたワイナリーのイベントは、
仙台でフレンチレストラン「ナクレ」を営む緒方稔シェフの料理と、
秋保ワインのマリアージュを楽しむという盛りだくさんの企画だった。

ゲヴュルツトラミネール、ピノ・グリージョ、メルロー、最後はヤマブドウ。
地元の食材を駆使した料理と、個性的なワインのオンパレード。
個人的には、ピノ・グリージョがお気に入り。

蒸し暑い東京から抜け出して、夜風の心地よい仙台のワイナリーへ。
大阿闍梨と辰巳琢郎氏の語りもまた興味深く、
イベントとしての発展も楽しみな秋保ワイナリー。

お誘いくださった皆様に、心からの感謝を込めて。

写真 2018-07-25 22 49 43

写真 2018-07-18 19 46 46

写真 2018-07-18 20 18 37

写真 2018-07-18 20 50 03

写真 2018-07-18 21 11 19

写真 2018-07-18 20 40 11


The history of the Akiu winery is still shallow.
Mr. Chikafusa Mouri who was engaged in the construction industry once opened this winery in 2015.

Because the passage of a long time is required before the soil of the wine settles down,
At this stage, wine of various grape varieties is produced experimentally.

The winery event held in mid-July,
they welcomed Mr.Ogata who runs French restaurant "Nacree" at Sendai.
There were plenty of plans to enjoy the marriage of Akiho wine and chef's dishes.

Gewurztraminer, Pinot Grigio, Merlot, the last is Yamabudo.
We enjoyed the cooking with local ingredients and on listing of distinctive wines.
Personally, Pinot Grigio was my favorite.

I got out of the sultry Tokyo and went to the winery of Sendai, where the night wind was comfortable.
The speech of Dai-ajari and Mr.Takuro Tatsumi were also interesting,
I am also looking forward to the development as an event of Akiu Winery.

To everyone who welcomed me, thank you from the bottom of my heart.

写真 2018-07-18 21 26 15

写真 2018-07-18 19 19 26

写真 2018-07-18 21 21 01

写真 2018-07-18 21 42 33

写真 2018-07-18 21 38 30



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-19 7 26 53


Next

写真 2018-07-18 14 39 12


「奥州三名湯」のひとつに数えられる「秋保(あきう)温泉」。
古来から皇室が利用する御料温泉として「御湯」の称号を賜っている。

平安時代から戦国時代にかけて「温主役」であった佐藤家が、
現在の「ホテル佐勘」の祖だというのも興味深い。

暑い夏に、敢えて熱いお風呂に浸かる。
米国生活者としては、ゆったりとしたバスタブがあるだけで嬉しい。

効能たっぷりの温泉は、日本人として最高の贅沢。
短い時間でも、心と身体のデトックス完了。

写真 2018-07-18 14 41 00

写真 2018-07-18 14 39 26


"Akiu Hot Spring" counted as one of "Three Hot Spring in Oshu".
As a spa to be used by the Imperial family from ancient times, it has given the title "On-yu".

The Sato family who was a "hot spring protector" from the Heian period to the Sengoku period,
It is also interesting that it is the original of the current "Hotel Sakan".

In a hot summer, we dare to soak in a hot bath.
As a US resident, I am glad that if there is a spacious bathtub.

A hot spring with plenty of efficacy is the best luxury as a Japanese.
Even for a short time, detoxification of the mind and body is completed.

写真 2018-07-18 14 42 23



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-18 14 44 04

Next

写真 2018-07-18 17 22 11


大阿闍梨・塩沼亮潤氏からありがたきお誘いを受け、
いつか訪ねてみたいと思っていた慈眼寺にお伺いした。

1000日間、1日48キロの山道を歩いて参拝する「大峯千日回峰行」。
9日間、飲まず食べず寝ず横にならずの「四無行」。
途中で辞める時には自害しなくてはならない、決死の覚悟が必要な修行。

当時の心境をお聞きしても、穏やかな答えしか返ってこないのは、
大阿闍梨が、すでに私たちとは別の世界に存在しているからかもしれない。

最高のおもてなしを受け、私に出来ることを考える。
「生命の尊さ」だけが、その答えを導いてくれると信じたい。

写真 2018-07-18 16 48 32

写真 2018-07-18 16 58 26


Because I was invited from Dai-ajari, Mr. Ryojun Shionuma,
I visited Jigenji-temple in Sendai that I wanted to visit someday.

"Omine thousand days times MineKo" that walks on the mountain road 48 kilometers a day for 1000 days.
"Four non-line" without drinking, eating, sleeping and lying for 9 days.
When you quit in the middle you must do a self - destruction, training that requires preparation for death.

Even if I ask him about the feelings of that time, only the calm answer is returned,
Maybe because he is already in a different world from us.

After I received the best hospitality, I think about what I can do.
I believe that only "preciousness of life" leads the answer.

写真 2018-07-18 16 57 28



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-18 17 19 24

Next

フライヤー


毎年約150万人の子ども達が、悪質環境による感染症で命を落としている。
もし石鹸で手を洗うことができたら、その半分近くは救えると言われている。
世界中の子ども達に石鹸を配り、子ども達の未来にタスキを繋ぐ。
そんな活動をしているのが、浅野敬子さん率いる一般財団法人「にこにこ」。
2036年夏にはニューヨークで「世界平和会議」開催も予定している。

未来の会議運営を担う子ども達と、今から「一緒に考える」こと。
今夏開催する「地球こどもサミット」では、
各国代表の子ども達28人が、「食」というテーマを掲げて、
各省庁や大企業から御参列いただく36人のおとな先生と話し合う。

誰かを救ったり、大きな解決策がその場で見つかるとは思わない。
国境や宗教、人種の壁を超えて、
子ども達が輪になって考える機会を提供することが、最大の目的。

そんな趣旨に賛同してくださる大人達を集めることが、私たちの役目。
未来を担う子ども達に、一緒にタスキを渡してみませんか。
2018年8月8日、新しい歴史のスタートを見守ってください。

「地球こどもサミット」
2018年8月8日 13:00〜15:00
於:衆議院議員会館 国際会議室

写真 2018-05-02 13 08 55


Approximately 1.5 million children lose their life each year with infectious diseases due to malignant environment.
If they could wash their hands with soap, it is said that they can live nearly half of it.
Distribute soap to children around the world and connect the sash to the future of children.
That kind of activity is being carried out by Keiko Asano, a representative of General Incorporated Association "nico-nico."
In the summer of 2036, "World Peace Conference" will be held in New York.

"Thinking together" with the children who are responsible for the future conference management.
At the "Earth Children's Summit" to be held this summer,
With 28 children from international team, with the theme of "food"
Discuss with 36 adult teachers who will join from ministries and large enterprises.

I do not think it will save something or find a big solution on the spot.
Beyond borders, religion, race barriers,
Providing opportunities for children to think and think about is the greatest purpose.

It is our role to gather adults who agree with such purpose.
Let us keep eyes to children who will be responsible for the future.
Hope we will see the start of a new history on August 8, 2018.

"Earth Children Summit"
August 8, 2018 13: 00-15: 00
International Meeting Room for members of House of Representatives

写真 2018-07-14 7 36 09

写真 2018-07-13 13 35 19



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-12 12 42 42

写真 2018-07-12 12 14 38 (1)

写真 2018-07-12 12 14 05 (1)


アートアクアリウムの総合プロデューサー・木村英智氏が
日本の古典芸能の新しい楽しみ方を提案している。

日本橋・福徳の森は、かつて福徳神社があった場所。
そこの地下に、本格的な能舞台を建立して、
1年365日、本家本元本流の古典芸能の舞台が繰り広げられる。

一般的に敷居が高いとされている伝統芸能に解説を加えながら、
時にはフォトセッションも交えて、お披露目。

客席に座り、能や狂言、日本舞踊をはじめとする伝統芸能、
鼓や笛といった和楽器の音色までを楽しみながら、食事をする。

江戸で最も古い「すし栄」の御膳、香老舗「松栄堂」のお香、
「福寿園」のお茶、「老松」の京菓子、「亀末廣」の干菓子まで、
徹底的に「古き良きもの」にこだわり、漆器や膳もビンテージもの。

高校の文化祭で歌舞伎「勧進帳」の舞台に関わって以来、
古典芸能は私の中で、特別な存在。
これまで外国人客を御案内する時にたくさん苦労したけれど、
これからはきっと、日本橋ですべて解決できる。

東京オリンピックに向けて、東京の楽しみ方がまた広がった。

写真 2018-07-12 11 45 30 (1)

写真 2018-07-12 11 46 22 (1)

写真 2018-07-12 11 47 20


Mr. Hidetomo Kimura, a comprehensive producer of Art Aquarium,
are proposing a new style of enjoying Japanese classic performing arts.

Nihonbashi / Fukutoku no Mori is the place where Fukutoku Shrine was once.
In the basement there, he built a full-scale Noh theater,
A year 365 days, the stage of the mainstream classical performing arts will be unfolded.

While adding commentary to traditional art that is generally considered to be hesitate to watch,
Sometimes with photo sessions, they will show off.

Sitting in the seat, traditional arts like Noh, Kyogen, Japanese dance,
While enjoying the tone of Japanese instruments such as drums and whistles, eat.

They serve the oldest 'Sushi-ei' meal in Edo, Incense of long-established store 'Shoei-do'
Tea of 'Fukujuen', Kyo-sweets of 'Oi-matsu', dry sweets of 'Kame-sue-hiro',
Thoroughly stick to "good old things", lacquer ware and servings plates are also vintage items.

Since I was involved in the stage of Kabuki "Kanjin-cho" at the high school cultural festival,
Classical performing art is a special existence among me.
Although I had a lot of hardships to guide foreign customers so far,
From now on I can solve everything at Nihonbashi.

Toward to Tokyo 2020 Olympic Games, how to enjoy Tokyo also expanded.

写真 2018-07-12 11 53 01

写真 2018-07-12 12 34 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-12 13 40 36
Next

写真 2018-07-12 14 17 59

写真 2018-07-12 14 19 15


幼稚園と小学校時代を過ごした武蔵野東学園は、特殊な学校だった。
自閉症児と健常児の混合教育を主体とし、
周囲に障害を持った仲間がいるのが当たり前の環境だった。
当時は障害とは知らずに、「心の弱い友達」だと学んだ。

友を愛する、「友愛の心」を体得したのはこの学園のお陰。
学校は勉強しに行く所ではなくて、友達作りを学ぶ場所。
仲間という絆こそが、世の中を動かしているのだと。

御縁あって、今秋母校でお話をさせていただくことになった。
こんな私の経験談が役に立つのならと、大役をお引き受けしたものの、
会場を下見しながら、少し緊張している。

私だけじゃない。
みんな目に見えない宿題を抱えて、生きている。

写真 2018-07-12 14 51 44

写真 2018-07-12 15 00 04 (1)


Musashino Higashi Gakuen where I spent the time of a kindergarten and an elementary school age was a special school.
Mainly as a mixed education of autistic children and healthy children,
It was a natural environment for us that there were companions with disabilities around them.
At that time we learned that they were "friends of weak mind" since we did not know the obstacle.

Thanks to this school that I have acquired "mind of fraternity" that loves my friend.
School was not a place to go for study, but a place to learn about making friends.
The bond of friends would move the world.

I was offered to have a lecture at the school this September.
If my experiences such as this are useful, although I accepted a big role,
While previewing the venue, I am a bit nervous.

I'm not only one.
Everyone is alive, with invisible homework.

写真 2018-07-12 14 49 52 (1)



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-10 23 20 25


福岡県、有明海の広がる街で生まれ育った少女が、
食べたこともないフランス料理に恋をして海を渡った。

ミシュラン星レストラン「Sola」の吉武広樹シェフに認められ、
スーシェフとして活躍した後に、また海を越えて帰国した。

恵比寿の小さな一軒家にオープンした藤木千夏シェフのお店。
すべての生命体の原点、海、生み。
海が繋げてくれた技術と味が、新しいストーリーを発信する。

素材を活かすというだけでない、すべてに優しい味がする魔法は、
きっとお祖母様から伝えられた、彼女だけの秘技。

昨年のRED-U35で「岸朝子賞」を受賞した実力はお墨付き。

千夏シェフの前途を祝して、東京の夏に乾杯しよう。

Restaurant Umi ホームページ

写真 2018-07-16 10 48 26

写真 2018-07-16 10 48 58


A girl who grew up in a town near Ariake Ocean in Fukuoka prefecture,
She fell in love with French cuisine she never ate and crossed the sea.

She worked with Hiroki Yoshitake, the chef of Michelin star restaurant "Sola" in Paris,
After working as a sous-chef, she returned home across the ocean.

Chef Chinatsu Fujiki's restaurant opened in a small house in Ebisu, Tokyo.
Origin of all life forms, sea, birth.
The technology and taste that were connected by the ocean will make a new story.

Not only to make use of the food material, she knows the magic that makes all tastes gentle.
Her secret magic was surely told by her grandmother.

She won the "Award of Asko Kishi" at last year's RED-U 35.
Let us celebrate the prospect of the Chef Chinatsu, and cheer to the summer of Tokyo.

写真 2018-07-10 23 59 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-09 16 06 41


重い障害を持って生まれた長女のミドルネームは「ティアラ」。
女性の頭上で品よく輝く王冠のように、皆に愛されてほしいと願った。

そんな「ティアラ」コレクションでも有名なジュエリーブランド・ショーメと、
今をときめく新進気鋭のアーティスト三浦大地さんのコラボ展示会。

大地さんが10年前に初めて自分のために購入したショーメのリングが、
「絆」を意味するクロスのデザイン「リアン」シリーズだったという。
御縁を繋いだ「リアン」のリングが、確実に「絆」を形にしてくれたのだ。

ジュエリーを手にした時の高揚感。
身に纏って鏡を覗いた時の、天にも昇るような気持ち。

ジュエリーボックスに入り込んで、空想の世界に飛んでいくような感覚を、
たくさんの方にお楽しみいただけますように。

“Inside the blue box by Daichi Miura”
銀座4丁目のポップアップストアで、7月29日まで開催中。
中央区銀座4−3−9 CHAUMET POP UP STORE

写真 2018-07-09 15 59 32

写真 2018-07-09 15 59 51



The middle name of the eldest daughter born with a heavy obstacle is "Tiarra".
Like a crown shining well over the top of a woman, we hoped that everyone would love her.

With such a "Tiarra" collection also famous jewelry brand Chaumet,
has been a collaborative exhibition of Daisuke Miura, an up-and-coming artist.

Chaumet's ring that Daichi Miura purchased for himself for the first time ten years ago,
he said that it was a cross design "Liens" series meaning "edge".
The ring of "Liens" that bound the edge surely formed "edge".

An euphoria when we have jewelry.
We feel like rising up to heaven when we looked into the mirror wearing it.

If you enter the jewelry box and feel like flying to the fantasy world.
Hope many people will enjoy there.

"inside the blue box by Daichi Miura"
It is a pop-up store of Ginza 4 chome, which is being held until July 29.
Chuo Ward Ginza 4-3-9 CHAUMET POP UP STORE

写真 2018-07-09 16 00 29

写真 2018-07-09 16 04 25

写真 2018-07-09 16 05 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-09 16 05 01

写真 2018-07-14 12 54 01


Next

幼少の頃、暑い夏の湯上り。
父が打ち上げ花火を見せてくれた。
少し風の強い日で、倒れた花火がそのまま私を襲ってきた。
パジャマにたくさん穴が開いて、私の右腕が燃え上がった。
今でもその時の火傷跡が、くっきり残っている。

久しぶりにガス栓を開けた実家の離れで、油がとんだ。
右腕に12カ所、丸い跡がついて腫れあがった。
市販の薬を塗ったら、少し痛みが和らいだ気がした。

翌日、仕事の打ち合わせ中に、従姉から病院行きの司令。
銀座のど真ん中で途方に暮れていたら、友人が皮膚科を紹介してくれた。
「手遅れにならなくて良かった」と医師に告げられた。
初期対応が何より大事なのだからと。

若い頃は数日で治る虫刺されの跡だって、
40代になると1年越しの傷跡になることだってある。

身体の傷は、時間が経てば癒ることもある。
でも、心の傷はなかなか立ち直れない。

私はまた火が怖くなった。
人生も花火も、少し遠くから見るのがいい。

写真 2018-07-08 16 49 18

写真 2018-07-09 15 00 15


When I was a child, it happened the time after the bath time in the hot summer.
My father showed us the fireworks.
A slightly windy day, the fallen fireworks struck me as it was.
A lot of holes opened in my pajamas, my right arm burned up.
Even now the scars of that time are clearly left.

I got the burn again at my parents’ house when I opened a gas faucet after a long time.
Twelve places on the right arm swollen with round marks.
When I applied a commercially available medicine, I felt that the pain was relieved a little.

The next day, during the meeting of work, my cousin asked me to go to the hospital immediately.
When I was at a loss in the middle of Ginza, my friend introduced me to the dermatology department.
"You were not to be too late" that the doctor was told.
Because initial response was more important than anything.

If we are young, a trace of insect bites would cure in a few days.
But there is a thing that it becomes a scar of over a year when it is in his 40's.

Bodily wounds may heal over time.
But, scratches of my heart cannot be recovered easily.

I am scared of fire again.
Both life and fireworks should be seen from a distance.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

懇親会終了後、最後の片付けまで残っていてくださった友人。
こういう仲間の存在が、本当に嬉しい。

少しリラックスしたら、また次のステージへコマを進めよう。

写真 2018-07-07 19 37 05


There were friends who remained until the last cleaning up after the social gathering.
The presence of such fellows was really glad.

After we relax a bit, let's move on to the next stage.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-07 19 35 49

写真 2018-07-07 18 01 27


セミナーの後、懇親会の会場に移動。
ここでようやく、参加者の皆様とゆっくり歓談。

遠くニューヨーク、ロンドン、そして国内各地から、
この日のために駆けつけてくださった方もいらして大感激。

具体的に行動できる人が集まると、そこに素敵なエネルギーが集結する。
「会いたい人には会える時に会う」という気持ちが何よりも大切で。

いろんな立場の人が、いろんな状況にいるけれど。
同じ時間を過ごした事実は、絶対的な宝物。

ここから繋がる仲間の輪が、きっと未来をも繋げてくれる。

写真 2018-07-07 13 11 10

写真 2018-07-11 9 29 24

写真 2018-07-07 13 18 08

写真 2018-07-07 15 49 50

写真 2018-07-07 15 50 12

写真 2018-07-11 10 02 00

写真 2018-07-07 18 01 30


After the seminar, we moved to the reception party.
At last, we talked to the participants individually.

Distantly from New York, London, and all over the country in Japan,
I was deeply impressed with some people who came for this day.

When people who can act specifically gather, nice energy gathers there.
The feeling "I meet the person I want to meet when I can meet" is more important than anything.

People in many positions were in various situations.
The fact that we spent the same time is an absolute treasure.

The circle of friends connecting from here will surely connect the future.

写真 2018-07-07 19 36 32

写真 2018-07-11 9 33 48

総括してくださった甲斐資朗さん、ありがとうございました!


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-07 13 55 49

To be continued...
Next

写真 2018-07-07 15 52 37

写真 2018-07-10 16 27 19


2018年7月7日、七夕の日。
累計140万部を超えるベストセラー作家山崎拓巳氏とのコラボ企画第2弾。
「夢で食べる!幸せのカタチ!」というテーマでのトークライブ。

豪雨の影響で帰京が心配された山崎氏と、当日朝にもう一度打ち合わせ。
台本も進行表もないセミナーだから、どこに行き着くか分からない。

夢を追い求めるだけでなく、それをきちんとビジネスに繋げていくこと。
山崎氏の「スゴイ!稼ぎ方」は、お金の儲け方を説くのではなくて、
どんな生き方、どんな働き方をすべきかというヒントをくれる。

一方通行のトークではなくて、参加者の皆様に何かを持ち帰ってもらい、
グループワークで交流することで、新しいコミュニティを発見してほしい。

山崎氏と横目で呼吸を合わせつつ、会の方向を確認しあう。
あっという間の2時間、話し足りないことは次回へと繋げよう。

土曜の早朝から会場にお越しいただいた大勢の皆様、
当日の運営を手伝ってくださったスタッフの皆様、
集客、会場設営、音響、進行、最後の集計まで統括してくださった甲斐資朗さん、
本当にありがとうございました。
そして120分を見事にナビゲートしてくださった山崎拓巳さんに、
心からの感謝を込めて。

第3弾企画をどうぞお楽しみに。

写真 2018-07-07 15 51 50

写真 2018-07-07 15 52 22


On July 7th, 2018.
I had the second collaboration project with Mr. Takumi Yamazaki, a best- selling author who sold more than 1.4 million copies in total.
It was a talk live with the theme "How to earn by your dream and happy."

Mr. Yamazaki who returned from Osaka in the early morning, and we had a quick meeting.
Because it was a seminar with no script or progress table, we did not know where we would arrive.

Not only to pursue your dreams, but also to connect it properly to your business.
Mr. Yamazaki's recent book was not to preach how to make money,
It gave us a hint as to how to live and how to work.

Instead of one-way talks, we wanted let everyone take home something,
We hoped them discover new communities by interacting with group work.

While confronting Mr. Yamazaki with breathing, I checked the direction of the meeting.
We've decided to continue our conversation to the next event.

I'm really thankful to;
Everyone who came to the venue from early Saturday morning.
All staff who helped to manage the day.
Mr. Shiro Kai who cooperated to operate the event.
And to Mr.Yamazaki who nicely navigated 120 minutes,
With a sincere gratitude.

Hope it will be continued to the next project.

写真 2018-07-10 4 00 28

写真 2018-07-10 4 00 38



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-10 16 27 28

スクリーンショット 2018-07-10 03.41.53

運営をお手伝いしてくださったスタッフの皆様。
Next

写真 2018-07-02 9 10 58


世にも美しい奇跡的な自然現象「マンハッタンヘンジ」。
マンハッタンの東西を貫くストリートの直線上に夕日が沈む時、
その雄大な美しさに、誰もがため息を漏らす。
年に4回の奇跡的自然現象「マンハッタンヘンジ」を追いかけて、
世界中から人々が集まって来る。

ピッタリの日程でなくとも、この時期のサンセットは実に見事。
摩天楼を一気に照らすエネルギーに、人々は毎日魅了される。
朝陽が昇る瞬間も、夕陽が沈む瞬間も。
大自然に逆らって生きることはできないことを痛感する。

地震や豪雨の被害に遭われた母国の人達へ。
何もできない自分にもどかしさを感じている。

写真 2018-07-02 9 10 47


A beautiful miraculous natural phenomenon "Manhattanhenge" in the world.
When the setting sun sets on the straight line of the street penetrating east and west of Manhattan,
Everyone sighs to its majestic beauty.
Following the miraculous natural phenomenon "Manhattanhenge" four times a year,
People gather from all over the world.

Even if it is not a perfect schedule, the sunset at this time is really brilliant.
People are fascinated every day to the energy that illuminates the skyscrapers all at once.
The moment when Sun rises, the moment when Sun sets.
I realize that we cannot live against the great nature.

To people in my home country who suffered from the earthquake or heavy rain.
I feel frustrated with myself who cannot do anything.

写真 2018-07-02 9 11 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-02 9 12 46


Next

写真 2018-06-28 18 49 10

写真 2018-06-28 18 50 58

写真 2018-06-28 18 52 09


東京浅草の仲見世通りにある老舗の玩具屋「助六」のコレクションが
ニューヨークの日本クラブで展示されいる。

江戸の庶民の暮らしや風情、風流を伝えるミニチュアコレクションは、
まさに日本の職人芸ともいえる、精巧な作りにため息が出る。
幼少時代は、これらを模倣したプラモデルでよく遊んだけれど、
それらの原型がここから来ていることを思うと、感慨深い。

展示会の初日には、助六店主によるレクチャーとレセプションが開催され、
多くのニューヨーカーが集まった。

同クラブの常連会員が、無料レセプションの食事に群がる姿に辟易して、
早々に会場を後にしてしまったけれど、
廃れゆく江戸の文化を、このような形で海外に伝えることは意義深い。

7月末まで開催の展示会、心の癒しにぜひ。

「江戸からの豆おもちゃ展」

写真 2018-06-28 18 50 25

写真 2018-06-28 18 50 42

写真 2018-06-28 18 51 12


A collection of well-established toy shops "Sukeroku", located on Nakamise Street in Tokyo Asakusa, is exhibited at the Japan Club in New York.

A miniature collection that conveys the lives, taste, and culture of the people of Edo,
The sophisticated skill of Japanese craftsmanship are amazing.
I used to play with a plastic model that imitated them in my childhood days,
I was deeply impressed thinking that these prototypes came from here.

On the first day of the exhibition, a lecture and a reception by Sukeroku shopkeeper were held,
Many New Yorkers gathered.

We were little frustrated that the regular members of Japan Club gathered for the free reception meal.
Although we left the venue early,
It was meaningful to tell overseas the culture of Edo in this way.

Please visit the exhibition held until the end of July, for your mind healing.

写真 2018-06-28 18 50 13

写真 2018-06-28 18 50 52

写真 2018-06-28 18 51 36

写真 2018-06-28 18 53 03

写真 2018-06-28 18 53 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-30 18 58 26

写真 2018-06-30 18 58 30





Next

初心に帰るこの日。
皆様どうぞ素敵な独立記念日をお過ごしください。

写真 2018-07-05 23 22 06


Go back to a beginner’s s[pirit.
Happy 4th of July.

写真 2018-07-06 0 14 43



海外永住 ブログランキングへ "
Next

米国で一番盛り上がる祝日といえば、独立記念日。
1776年にアメリカ独立宣言が交付された記念日で、
クリスマスや感謝祭と同じレベルで、米国中が祝日モードになる。

ネイルサロンでは、トリコロールのデザインが大人気。
アパレルショップでも、国旗を象ったTシャツが大量に重ねられている。
街中のいたるところで、星条旗が燦然とたなびいている。
少し郊外に行くと、家庭用の花火も販売されている。

かつては、打ち上げ花火の貧弱さに落胆したけれど、
近年では優秀な花火師も増え、米国の花火もなかなかのレベルになった。

とはいえ、やっぱり花火といえば、日本の夏祭り。
何につけても、故郷が愛おしい。

写真 2018-06-30 15 44 18

写真 2018-06-30 15 44 54


Speaking of the most exciting public holiday in the U.S., it is Independence Day.
It was an anniversary on which the Declaration of Independence of America was issued in 1776.
The United States becomes a holiday mode as the same level as Christmas and Thanksgiving.

In the nail salon, the design of tricolor is very popular now.
Even at the apparel shop, a large number of T - shirts embellished with national flags are stacked.
The American flag is pleasing everywhere in the city.
When going to the suburbs a little, household fireworks are on sale.

Once I was discouraged by the weakness of the fireworks,
In recent years the number of excellent fireworks technician has also increased,
and the fireworks in the United States has become quite a level.

However, speaking of fireworks, it is a summer festival in Japan.
Regardless of what it is, I miss my lovely hometown.

写真 2018-06-30 19 56 05



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-03-20 20 20 16


コットンで出来た人形に、それぞれが顔や洋服を描き込んでいく。
完成した手作り人形で、世界の子どもたちを繋ぐ。
そんな素敵な活動をしている「ミステリオ」が主催。

フリーマーケットやガレージセールとは全く趣旨が違い、
自宅で眠っている洋服や雑貨を持ち寄って、
いわゆる「物々交換」を行なうというのが第一義の目的。
参加者は任意の寄付金を支払って、あとは自由に会場内を回る。

なかにはタグが付いたままの新品や、贈答品セットもあるけれど、
「我が家では不要な物も、他の誰かの役に立つかもしれない」
参加者全員が、そんな気持ちで集まっているところが素晴らしい。
そこに利益を求めていないからこそ、多くの人が賛同する。

かつて駐在者のムービングセールに連れて行かれた時、
「こんな物まで売ろうとしているのか?」と驚いたことがあった。
引っ越し代まで会社に出してもらえる駐在者が
利益に執着している姿に、心が苦しくなった。

新品、新古品に関わらず、
処分するくらいなら、無償で誰かの役に立って欲しい。
そんな想いを共にする仲間が自然と集う機会。
エコロジー本来の意味を改めて考える、非常に意義深いイベントだった。

会場に残った品々は、そのまま世界の子供団体に寄付されます。

写真 2018-06-16 15 46 55


Each one draws face and clothes into a doll made of cotton.
Completed handmade dolls, connect the children of the world.
"Msterio" that is doing such a wonderful activity organized this event.

The purpose was completely different from flea market or garage sale,
Bring clothes sleeping at home and miscellaneous goods,
the primary purpose was doing so-called "barter trade".
Participants paid an arbitrary donation, and then freely went round the venue.

Inside there were new goods with tags attached and gifts sets,
"In unnecessary things at home, it may be useful for someone else."
It was wonderful that all the participants gathered in such feelings.
Many people agreed because it was not seeking profits there.

When I was taken to a "moving sale" of a Japanese expat family,
I was surprised that they sold everything by taking money.
Though they can get the "moving expense" from the company,
I was shocked that they stuck the egoistic benefit at all.

Regardless of new and old-stocked items,
We would like someone to use it for free without disposing it.
An opportunities for fellows who shared such feelings to gather with nature.
It was a very meaningful event to think again about the original meaning of ecology.

写真 2018-06-16 15 47 18


The items left in the venue will be donated to the world's children's organization as it is.

海外永住 ブログランキングへ "
Next