Blog

写真 2018-03-13 8 15 49


ボストン在住の先輩とチャット。
東海岸にまた20インチ超の積雪予報。
日本行きのフライトは、24時間遅延が決定したらしい。

翌朝、ニューヨークにも冷たい雪が降っていた。
子供達を学校に送り出し、そのまま空港に向かう。
予期されていたほどのストームではないけれど、
遅延アナウンスが飛び交う空港は、人々の表情もどっぷり暗い。

ボーディング後も、不凍液をかける作業で、
一向に離陸する気配がない。
ふと睡魔に襲われて、ウトウトしかけた頃に、
ようやくエンジンの音が変わった。

雪雲を突き抜けた空の上は快晴。
当たり前だけれど、空が青い。
深呼吸して、西に向かう。

写真 2018-03-13 9 39 24


I chatted with my friend living in Boston.
Snow cover forecast of more than 20 inches on the east coast.
The flight from Boston to Japan seems to be delayed by 24 hours.

The next morning, cold snow was falling in New York.
I sent my children to school and headed for the airport as it is.
Although it was not a storm as expected,
At the airport where delayed announcements flutter, people's facial expressions were all dark.

Even after boarding, working with antifreeze,
there was no sign of takeoff all the way.
When suddenly attacked by a sleepy, I started to fall in sleep,
At last the sound of the engine changed.

It was a fine day above the sky that we passed through the snow cloud.
Naturally, the sky was blue.
I took a deep breath and headed to the west.

写真 2018-03-13 14 21 39



海外永住 ブログランキングへ "
Next

米国の医療は、とにかくお金がかかる。
40歳を過ぎても、健康相談や定期健診が無料になることはない。
医療保険をうまく利用して、しっかり自己管理しなければ、
取り返しのつかないことになりかねない。

毎年、自分の誕生月に婦人健診を受けようと思っているけれど、
忙しかったり、予約が取れなかったりして、後回しになってしまう。
昨年受けるはずだったマンモグラフィー&ソノグラム検査を、
ようやく先日受けてきた。

待合室の乾いた雰囲気も、冷たい健診台も、
年齢を重ねるごとに、少しずつ慣れていく。
でも、医師の診断を待つ間の孤独感だけは、
どんなに時間を重ねても、心臓がキュッとなる。

この孤独感の解放を目指して開業した友人のクリニックを、
今度日本に行ったら訪ねよう。

写真 2018-03-08 12 35 29


Medical treatment in the US takes money anyway.
Even if you are over 40 years old, health consultation and annual check-ups will not be free.
If you do not manage yourself properly by using medical insurance well,
It can be irreparable.

Every year, although I am planning to take OB/GYN check-up at my birth month,
I am busy, I cannot make a reservation, I will be postponed.
Mammography & sonogram examination that was supposed to be received last year,
Finally I got it the other day.

The dry atmosphere of the waiting room, the cold health examination bed,
Every time I age, I gradually get used to it.
But just the feeling of loneliness while waiting for the doctor's diagnosis,
No matter how much time I spend my time, the heart gets crazy.

A friend's clinic aiming at liberation of this loneliness,
Let me go visit next time in Japan.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-02-15 19 41 40

写真 2018-02-15 19 45 24

写真 2018-02-15 19 52 04


荒木経惟氏の特別展は衝撃的だった。

知人がキュレーションに関わっているからと、
レセプションに御招待頂いてから半月以上、
ここに書くことをためらっていた。

私の感性が乏しいのかもしれない。
「ありのままの姿が美しい」とは言われるけれど、
持って生まれた姿を、より美しく表現することが、
アーティストの才能なのではないかと、改めて思う。

ひとつ言えることは、
何事も最初に始めることは、すごいことなのだと。
この世界のパイオニアとしての軌跡は、
ニューヨーカーにどのように受け入れられるのだろうか。

写真 2018-02-15 19 52 21

写真 2018-02-15 20 02 42


The special exhibition by Nobuyoshi Araki was very shocking.

Because acquaintances were involved in curation,
we were invited to the reception.
More than half a month since then,
I have been hesitated to write here.

My sensibility may be poor.
It is said that "the figure you were born is the most beautiful".
But I think again that the talent of artists is to express the figure more beautiful.

One thing can be said,
It is great to start anything first.
The trajectory as a pioneer of this world,
How is it accepted by New Yorkers?

写真 2018-02-15 19 55 36

写真 2018-02-15 20 03 13



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-16 1 56 00

Next

「ティラミス」の語源は、イタリア語の”Tirami su!”
「私を引っ張り上げて」転じて「私を元気付けて」
甘い物を食べて元気になるというのは、全世界共通なのだろう。

自宅近所には、「地元民の食堂」というべき店がいくつかある。
気取らないメニューと店構え、愛想の良いサービス。
これぞ「ザ・イタリアン」というべきスタイルが、人気の秘訣。

ニューヨークのアパートは、換気システムが古いため、
揚げ物をするのは、月に二度くらい。
ここに来たら、普段食べられないフリッター類を食べてねと、
子供達には伝授している。

かつてローマでこんな店に入ったことがあるなと、想いを馳せる。
しかしバーの上にあるTVモニターが、スポーツシーンを映し出すと、
やはりここはニューヨークなのだなと、現実に返る。

写真 2018-02-25 18 59 22


The origin of "Tiramisu" is Italian "Tirami su!"
"Pull me up" was turn to "Encourage me".
It would be common all over the world to eat sweet things and become fine.

In the neighborhood of my apartment, there are several restaurants called "local people's dining hall".
Unpretentious menu and shop front, friendly service.
The style that should be called "The Italian" is the secret of popularity.

Apartments in New York, because the ventilation system is old,
I cook deep-fry only one to twice a month.
When we come here, I ask my kids to eat fritters which you can not eat normally.

I remember feeling that I once entered such a restaurant in Rome.
But when the TV monitor on the bar shows the sports scene,
After all, it is New York, I return to reality.

写真 2018-02-25 18 58 44

写真 2018-02-25 18 58 39

写真 2018-02-25 18 59 00



海外永住 ブログランキングへ "
Next

5年前に初めて娘のことを世に伝えた時、
離れていた友人たちは、きっと驚いたと思う。
沈黙を守っていたかったわけじゃなくて、
泣きつく場所がないだけの理由だった。

そんな私の性格を、誰よりも冷静に受け止めてくれた友人がいる。
彼女自身も、家族にいろんな事情を抱えているだけに、
当事者にしか分からない気持ちを察してくれたのかもしれない。

もしここが日本なら。
もし言葉が通じる世界なら。
辿ってきた人生に「もし」はなくて、
どんな道を選ぼうとも、いま自分はここにある。

3月11日、娘の誕生日によせて。
心友が紹介してくれた記事を、ここでもう一度。

ナオミ先生のブログはこちら。

写真 2018-02-17 16 29 57


When I told the world about my daughter for the first time five years ago,
Friends who were away were surely surprised.
I had not wanted want to keep silence,
It was just because there was no place to cry.

There was a friend who have calmly accepted my personality more than anyone.
Because herself also has various circumstances in her family,
It may be that she perceived feelings only understood by the parties.

If here is Japan.
If the world is communicable by Japanese.
There is no "if" in the life I've followed,
Whatever way you choose, I am here now.

On the 11th of March, by the birthday of my daughter.
Here is the article that she introduced.

Please click here to read the blog of my best friend.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-03-06 20 34 40

写真 2018-03-06 20 22 06

写真 2018-03-06 20 24 52

写真 2018-03-06 20 25 43


第二次世界大戦後、ファッションの流行発信地が、
パリからニューヨークへ移ったように、
多くの芸術家たちが、欧州からニューヨークへ渡った。

アメリカの影響を受けながら、日本でも秀逸な芸術家が生まれ、
誰もがさらに大きな夢を抱いて、世界の舞台に挑戦した。
前衛芸術家たちの活躍で、日米は芸術交流が盛んだった。

バブル経済崩壊後、日本の安全神話も崩れ去り、
さらにニューヨークに渡るアーティストが増え続けた。
自由な発信、自由な表現、自由な行動。

ニューヨークという土地で、日系アーティストは、
文化と芸術の交流、そのグローバル化に貢献し続けている。
その変遷を辿る展示会が、ダウンタウンで開催されている。
オノヨーコ氏、村上隆氏、千住博氏をはじめ、多くの芸術家たちの作品群が、
年代別でなく、テーマ別に展示されているのが興味深い。

ニューヨークのすごいところは、アートに価値を見出し、
価値を認め、そこに大きな対価を支払うことだと思う。
海外で実績を残した彼らを、正当な対価で受け入れる機会が、
今の日本では、まだまだ足りないのかもしれない。

海外に挑戦する優秀な日本人アーティストを、まずは日本人として応援して、
そのクレジットを祖国でお披露目する機会を探し出すのが、
私たちの役目でもあると思っている。

写真 2018-03-06 20 23 08

写真 2018-03-06 20 28 19

写真 2018-03-06 20 28 33

写真 2018-03-06 20 33 45


After the Second World War, as the fashion epidemic community was moved
from Paris to New York,
Many artists have moved from Europe to New York.

While receiving influence from the United States, excellent artists were born in Japan,
Everyone held a bigger dream and challenged the world stage.
Thanks to avant-garde artists, art exchange between Japan and the United States
was thriving.

After the collapse of the economic bubble economy, the Japanese security myth
has also collapsed,
In addition, artists crossing New York continued to increase.
Free outgoing, free expression, free action.

In the land called New York, Japanese artists,
Continuing to contribute to the exchange of culture and art, its globalization.
An exhibition that follows that transition is being held in downtown "White Box".
A group of works of many artists, such as Ms.Yoko Ono and Mr.Takashi Murakami,
and Mr.Hiroshi Senju.
It is interesting that it is displayed by theme not by era.

I think the amazing place in New York is to find value in art, to recognize the value
and pay great benefit there.
Opportunities to accept them, who have retained their achievements overseas,
at a reasonable price,
In Japan now, it may not be enough.

Supporting excellent Japanese artists who challenge overseas as Japanese first,
Looking for opportunities to show off that credit in the mother country,
I think that it is also our role.

Please click here to see the information of the event.
写真 2018-03-06 20 28 55

写真 2018-03-06 20 33 02



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-06 20 29 41

写真 2018-03-06 20 31 45



Next

ニューヨーカー英語は、米国の中でも特に早口である。
ここで生まれ育った子供達は、圧倒的にヒアリング能力が高い。
流行りのラップ音楽を全部ソラで真似したり、
習ってもいないスペイン語を理解したりしている。

地元の公立小学校では、毎年シェイクスピアの舞台劇上演がある。
公平を期するためか、同じ役を数人で演じるのが興味深い。
主役も脇役も、男女問わず、いろんな声が混ざり合う。
堅苦しいイギリス英語、必死に覚えたセリフを一気に吐き出す。

子供の頃の記憶力が懐かしい。
今では電話番号すら覚えられない私の脳に、
子供達のこういった姿は、刺激的な感動を与えてくれる。

久しぶりに、ハリーポッターシリーズを、
もう一度ちゃんと観てみようかという気持ちが、今はある。

写真 2018-03-07 15 49 06


New Yorker's English is particularly fast in the United States.
Children who were born and raised here have overwhelming hearing abilities.
They copy all the popular rap music with no lyrics,
and understand Spanish which they have not learned.

At local public elementary schools, there is Shakespeare's stage performances every year.
It is interesting that they play the same role for several people to do fair.
Both male and female, heroes and supporters are mixed with various voices.
They spoke the words desperately in strict British English.

I miss memories of childhood.
Now I cannot even remember the 11 digital of the phone number.
These figures of children give exciting impression to my brain.

For the first time in a while, the movies of Harry Potter series,
There is now a feeling that I watch it again properly.

写真 2018-02-13 9 21 05

写真 2018-02-13 9 21 58

写真 2018-02-13 9 24 13



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-01-27 10 47 40


昨秋の大同期会で結集した幹事たち。
縦社会でのフライト生活当時は、同期と会うことも滅多になくて、
一緒に何かを作り上げるのは初めてという仲間もいた。
怒涛の準備期間、朝起きると未読メッセージが百数件。
時差も距離も関係なく、いつしか空気のような連帯感が出来ていた。

過ぎ行く季節を駆け抜けて、仲間の一人がクリニックを開業した。
院長室に飾られた、同期会小冊子の原画に、
仲間から記念プレートを添えて贈りたいと提案があった。

私は、2年前に他界した師匠の友人にお願いしたいと申し出た。
本当は、もっときっと他の選択肢があったに違いない。
遠隔にいる私に任せてくれたのは、仲間の優しさだったと思う。

私たちの絆を彩る、ルビーの原石をそっと忍ばせて、
素敵なプレートが完成した。
隅から隅まで、いろんな人の愛が詰まっている。

世界中の希望がそこに込められているから。
このアートが、きっと医療界に癒しをもたらしますように。

写真 2018-03-07 18 00 54


We worked together at the re-union party of last autumn.
In flight life in a vertical society, we rarely met with a colleague who joined same year.
Some of them were the first time to produce something together.
Preparation period, when I woke up in the morning there were hundreds of unread messages.
Regardless of the time difference and the distance, there was a sense of solidarity like air.

Running through the season, one of our colleagues opened the breast clinic.
For the original painting of the re-union booklet decorated in the doctor's office,
there was a proposal to give a gift with a memorial plate from us.

I offered to ask a friend of my art master who passed away two years ago.
In fact, there must have been other choices more certainly.
I think that it was friend's kindness that they trusted me in a remote place.

Putting the ruby ​​stone that colors as our bond,
A nice plate was completed.
There are many love from many people.

The hope of the world is put there.
I hope this art will bring healing to the medical world.

昨年の大同期会の記事。Please click here to read the past article.

写真 2018-03-06 23 56 11

写真 2018-03-07 17 10 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-06 23 56 18

Next

写真 2018-02-16 0 29 28

写真 2018-02-16 0 29 33


かつてミッドタウンに「フォーシーズンス」という人気レストランがあった。
パワフルな肉料理中心のメニューと、煌びやかなインテリア。
政治家、ビジネスマン、ジャーナリストといったセレブ達が集い、
世の中を動かすような密談をしていた。
「パワーランチ」という言葉の発祥地としても有名だった。

1959年に開業し2016年に移転するまでの歴史も含めて、
「伝説のレストラン」となった「フォーシーズンス」の跡地。
今波に乗っているメジャーフードグループが引き継ぎ、
一昨年に「THE GRILL」と「 THE POOL」がオープンした。

その3部作の最後にオープンしたのが「The Lobster Club」。
世界的に著名な商業建築家ピーター・マリノ氏が、
米国内で初めてレストランをプロデュース。
「寿司麻布」にいた村上輔氏がトップシェフに招かれて、
米国人の大好きな和食フュージョンスタイルのお店が完成した。

100席以上の大きな箱は、連日予約でいっぱい。
夜遅く22時近いスタートで、ようやく初めての料理を堪能。
店名の通り、ロブスターをアレンジした料理や、寿司ロールなど、
和食の新しい挑戦を感じさせるメニューが並んでいた。

閉店間際に、ひと段落したシェフと合流して、
店内全てのゾーンを見学させてもらった。
ピカソ、バスキアなど、オーナーのコレクションも必見。
裏方を知れば知るほど、飲食業界は奥が深い。

写真 2018-02-16 0 16 51

写真 2018-02-16 0 19 10

写真 2018-02-16 0 19 46


There once was a popular restaurant "Four Seasons" in Midtown.
It was famous by powerful meat menu and sparkling interior.
Celebrities such as politicians, businessmen, journalists gathered,
they were talking about moving the world.
It was also famous as the cradle of the word "power lunch".

Including the history of opening up in 1959 and moving out in 2016,
The site of "Four Seasons" became a "legendary restaurant".
"MAJOR FOOD GROUP" riding in the wave in the world took over the place.
They opened "THE GRILL" and "THE POOL" in 2016.

"The Lobster Club" opened at the end of the trilogy.
Mr. Peter Marino, a world-renowned commercial architect,
designed the interior of the restaurant for the first time in the United States.
Chef Tasuku Murakami who was in "Sushi Azabu" was invited to the top chef,
American favorite Japanese style fusion style restaurant was completed.

A large box of over 100 seats is full of reservations every day.
Late at night at around 22 o'clock, we finally enjoyed our first dish.
There were menus that made me feel new challenges of Japanese cuisine
such as arranged lobsters and sushi rolls.

Just before they closed the restaurant, we finally joined the chef,
he took us to see all the zones in the restaurant.
Picasso, Basquiat, owner's collection must also not be missed.
The more you know the back ground, you learn the more the food and beverage industry is deep.

写真 2018-02-16 0 25 55

写真 2018-02-16 0 20 15



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-06 13 00 45

写真 2018-03-06 12 30 56





Next

写真 2018-02-21 16 22 30 (1)


フロリダにあるウォルト・ディズニー・ワールドは、
世界中にあるディズニーランドの総本山。
東京ディズニーリゾートの約55倍の敷地に、
4つのテーマパークと、2つのウォーターパーク、
ショッピングエリア、20以上の直営ホテルが散在。
すべて見てまわるには1週間以上を要する。

直営ホテル滞在者は、一般営業より早い時間に入園できる特権もある。
しかし、急遽決めた旅程で、飛行機の席はバラバラ。
直営でないホテルからのショウアップだから、アクセスも悪い。
仕事から頭が切り替わらず、予習不足だったため、反省点も多い。
しかし、ディズニーの最新技術にずいぶん救われた。

2013年秋から導入されている携帯アプリは優れもの。
アトラクションに優先搭乗できるファストパスが事前予約できる。
パスの時間変更、アトラクションの待ち時間確認、レストランの予約、
システムダウンの告知も、すべてアプリで対応できる。

日本にはまだ導入されていないアトラクションも多く、
世界の最先端をどっぷり体感できた2日間だったけれど、
やっぱりシンデレラ城を見ているのが一番いい。
ここで、東京にいる気分を味わおう。

写真 2018-02-22 9 22 59

写真 2018-02-21 17 24 13

写真 2018-02-22 13 26 55


Walt Disney World in Florida, is the kind of headquarters of Disneyland all over the world.
About 55 times the site of Tokyo Disney Resort,
Four theme parks, two water parks,
Shopping area, more than 20 direct-run hotels are scattered.
It takes more than a week to go around everything.

Directly-operated hotel customers also have the privilege to enter the park earlier than general customers.
However, we decided the itinerary just before the day, and the seats of the airplane were apart.
Because we stayed the area of Buena Vista, the access was bad.
Since my head was not switched from work, because I was short of preparatory lessons, I also had a lot of reflections.
However, Disney 's state - of - the - art technology has saved me altogether.

Mobile apps introduced since the fall of 2013 are excellent.
We can reserve a fast pass that can boarding priority on attractions in advance.
Pass time change, attraction wait time confirmation, restaurant reservation,
Notification of system down can also be handled by all applications.

There were also many attractions that have not yet been introduced in Japan,
It was two days that we could fully experience the cutting edge of the world.
After all it was the best to see Cinderella Castle.
Since I could enjoy the feeling of being in Tokyo.

写真 2018-02-22 8 26 06



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-22 19 08 35
Next

写真 2018-02-21 14 06 05

写真 2018-02-21 14 08 43


実家の父は、動物の生態を見ることが大好きで、
幼少期は、よく動物園に連れて行ってもらった。
多くの動物は昼間に寝てしまうので、
活発な活動の様子を見るなら、早朝か夜間しかない。

朝早く、母が作ったおにぎりを持って、出かけたけれど、
ゾウの「はな子」もサル山も人だかりがすごくて、
あの頃の動物園は、子供にとって非日常の代表格だった。

ウォルト・ディズニー・ワールドのアニマルキングダムでは、
サバンナの様子が、物の見事に再現されている。
アフリカに行かずとも、自然の生態系を体験できる場所に、
世界中からの観光客が押し寄せてくる。

日本のサファリパークでは、草食動物と肉食動物の棲み分けに、
途中でゲートを開閉しながらトラックが進んだ記憶がある。
ディズニーのそれに、どんな仕組みがあるのかは不明だが、
動物達が自由気ままに暮らしているように見えるのは、
やはりここが夢の国、ディズニー・ワールドだからなのだろう。

写真 2018-02-21 14 06 12

写真 2018-02-21 14 10 01


My father loves to see the ecology of animals,
he took my sister and me to the zoo frequently in my childhood.
Many animals sleep in the daytime,
If we want see the state of activity, we have to go there at early in the morning or late night.

Early in the morning, we went there with the bento box made by my mother,
Elephant's "Hanako" and monkey mountain were very crowded.
The zoo at that time was a non-everyday representative place for children.

At Walt Disney World's Animal Kingdom,
The state of the savanna is reproduced spectacularly.
Where you can experience nature's ecosystems without going to Africa,
Tourists from all over the world come in.

In the safari park in Japan, for the division of herbivores and carnivores,
There is a memory that the track advanced while opening and closing the gate on the way.
It is unknown what kind of mechanism it is in Disney,
It seems that animals are living freely.
After all this is probably because this is a dream country, Disney World.

写真 2018-02-21 14 12 05

写真 2018-02-21 14 12 14

写真 2018-02-21 14 14 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-21 14 16 53
Next

写真 2018-02-21 8 09 16 (1)

写真 2018-02-21 8 15 23 (1)


今回の第一の目的でもあった場所へ、朝一番に向かう。
昨春新設された最新のアトラクション。
開園と同時に並んだのに、凄まじいほどの長蛇の列。

暑さと疲労で、途中で幾度か挫折しそうになったけれど、
すぐ後ろにいた二人組のカナダ人女性が、
「絶対に並ぶ価値があるわよ」と励ましてくれる。
彼女たちは、2日前にもここに並んだそうだ。

途中で一部システムダウンの放送があり、結果3時間半待ち。
それでも、さすがディズニーの実力に感嘆した。
映画に出てくるパンシー(ドラゴンのような生き物)の背中に乗って、
パンドラ惑星の上空を飛ぶという「新感覚」の体験。
足元にはパンシーの息遣い、お腹に食い込む重圧感。
3Dに加えて、匂いや風、水しぶきなど、4Dの世界が繰り広げられる。

映画では、世界興行収入、歴代1位。
27億8800万ドル(当時のレートで2518億円)。
このアトラクション開発にかけた、デイズニーの本気度が感じられた。
映画を観ていなくても、十二分に楽しめる、すごいモノが誕生した。

写真 2018-02-21 10 16 51

写真 2018-02-21 10 30 53 (1)

写真 2018-02-21 11 06 24


The early in the morning, we headed for the place we were also the first purpose of this trip.
The newest attraction newly established in May last spring.
Even though we were lined up at the same time as the opening, it was an awesome long line.

We were getting frustrated several times on the way due to heat and fatigue,
The two Canadian women who was immediately behind, encouraged us,
"It's worth lining up absolutely".
They said they were lined up here two days ago.

There was some "system down" broadcast on the way, we waited 3 hours and half as a result.
Still, I admired Disney 's ability.
We rode on the back of Pansy (creatures like dragons) appearing in the movie,
had experience of "new sensation" of flying over Pandora planet.
We felt Pansy 's breath and the pressure to dig into the stomach.
In addition to 3D, the world of 4D such as smell, wind, splashed splashing was spread.

In the movie, worldwide box office income, ranked the best in the world.
It was $ 2.788 billion (251.8 billion yen at that rate).
I felt the seriousness of Disney who was subjected to this attraction development.
Even if you do not watch a movie, an amazing thing you can enjoy more than enough has been born.

写真 2018-02-21 11 33 06

写真 2018-02-21 11 34 39



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-21 11 35 44

写真 2018-02-21 11 54 45

Next

その昔、手作りした雛人形が出てきた。
ちょっと不恰好で、たまらなく可愛い。

「できの悪い子ほど可愛い」
心底そう思う。

命あることが、何よりだから。

写真 2018-03-03 8 19 09


The homemade dolls came out that I made long ago.
It is slightly clumsy, unbearably cute.

"The sillier the child is, the cuter she is."
I think so deeply.

Because what is living is more than anything.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

ニューヨークから飛行機で3時間。
空港からタクシーで向かったホテルの住所が違っていた。
もう一度タクシーを探すのも面倒で、
ガラガラと荷物を引っ張って歩こうと提案。

都会育ちの子供達に、ハイウェイ沿いを延々と歩かせる。
バケーションだから、誰も文句を言わない。
行き交う人が「お疲れ様」と笑顔を送ってくれる。
それだけで、幸せになれる。

どこにいても、他人と笑顔を交わす国。
それがアメリカの強さだと、心底思う。

華氏80度のフロリダが、優しく迎え入れてくれた。

写真 2018-02-20 10 46 42 (1)


It was three hours by air from New York to Florida.
We took the taxi form the airport, but the address of our hotel was different.
As it was troublesome to find a taxi again,
I proposed my kids to walk with rattles luggage pulled.

The children raised in the city endlessly walked along the highway.
Because it was a vacation, no one complained
Those who met on the way sent us a smile saying "good job".
That alone made us happy.

A country that makes smiles with others no matter where you are.
I am deeply concerned that it is American strength.

Florida at 80 degrees Fahrenheit gently welcomed us.

写真 2018-02-20 14 36 18 (1)



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-23 8 04 43
Next

某音楽会社に勤務する友人がいる。
日米のみならず、世界各国でたくさんのミュージシャンを統括、
世界中のイベント企画を手がけたりしている。

そんなセレブな方達が、ニューヨークでコンサート催行すると、
その前後に、ひっそりと食事を楽しむ場所が必要になる。
レストランの事前リサーチに同行させていただくと、
私自身もたくさんの学びがあって、本当に勉強になる。

ニューヨークでは、隣に著名人がいたとしても騒いではいけない。
個々のプライベートな時間を尊重するという暗黙の掟がある。
お店側のスタッフが大騒ぎして、一緒に写真を撮るのは論外。

料理の味やサービスが良いのはもちろんだけれども、
来ているお客様の雰囲気が、何よりのポイントになる。

写真 2018-02-13 22 03 21


I have a friend who works for a music company.
She oversees a lot of musicians not only in Japan and the United States,
she is handling events around the world.

When such celebrities perform concerts in New York,
Before and after that they need a place to enjoy the meal quietly.
I sometimes accompany her to the preliminary research of the restaurant,
I myself have a lot of learning and I really study.

In New York, even if there are celebrities next to you, do not be noisy.
There is an implicit rule that respects individual private time.
Staff at the store side made a big fuss and it is rude to take pictures with them.

Although the taste and the service of the dish are of course good,
The atmosphere of the customer who is coming there becomes the point of most.

写真 2018-02-13 20 14 09



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-13 20 12 48

写真 2018-03-01 10 13 40
Next

写真 2018-02-10 15 52 27

写真 2018-02-10 15 57 19


「7本指のピアニスト」として知られる西川悟平氏が、
日本ツアー出発前に、プライベートコンサートを行った。
たった20名ほどが、彼の音色を独占できるという贅沢。

会場は、カーネギーホールすぐ近くにある豪華な邸宅。
こんな素敵な空間を、提供してくださる御友人も素晴らしい。
外は生憎の雨模様だったけれど、そこだけ温かな空気に包まれていた。

昨春に企画したJFK空港でのミニコンサートでも、弾いていただいた演目、
彼の奏でる「Time to Say Goodbye」を聴くと、涙が流れる。
別れのシーンの寂しさではなく、そこから溢れるエネルギーが琴線に触れるのだ。

最後は友人のバレリーナ達が、その場の即興で踊りをお披露目。
プロフェッショナルな人達が、ごく普通にそこにいる奇跡。
ニューヨークだからこその出会いに感謝。

西川氏の日本ツアー成功を、ニューヨークの友達みんなで祈っている。

"Time to Say Goodbye" played by Gohei Nishikawa

写真 2018-02-10 16 40 34

写真 2018-02-10 16 47 20

写真 2018-02-10 17 39 52


Mr. Gohei Nishikawa, known as "a pianist with seven fingers",
Prior to departing Japan tour, he had a private concert.
A luxury that only 20 people can monopolize his piano.

The venue was a lavish mansion located close to Carnegie Hall.
His friend who provided such a nice space was also wonderful.
Outside was rainy thought, but the venue was only warm air in it.

My tears flow every time when hearing "Time to Say Goodbye" played by him.
Even he played it in the mini concert at JFK airport that we hold last spring.
It is not the loneliness of the goodbye scene, but the energy that overflows from it comes in shake my heart.

At the end ballerinas showed off their dance with improvisation on the spot.
Miracles where professional people are there quite normally.
I am thankful for the encounter in New York.

Nishikawa 's Japan tour success is prayed by all the friends in New York.

写真 2018-02-10 17 01 13

写真 2018-02-10 17 27 06

写真 2018-02-10 18 04 19



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-10 18 48 14

Maya had a baby birth today !! Congratulations !!
写真 2018-02-10 18 59 19



Next

写真 2018-02-03 17 17 26


長男が生まれた頃、私たちはソーホー地区に住んでいた。
流行発祥の地、アートギャラリーに囲まれる幸せ。
でも、石畳の道路ではべビーカーを押せないし、
働くママの味方、デイケア(保育園)情報も驚くほど少なかった。

子育てする環境からは程遠い場所だと見切りをつけて、
今住んでいるアップタウンに引っ越してきた。
取材の仕事でもなければ、街の変貌を体感する機会は少ない。

たまに歩くと、毎回新しいお店に出会う。
観光客も多く、以前のような「地元らしさ」は薄れてしまったけれど、
それでもやっぱりクールな街だなと改めて思う。
ちょっと路駐した時に、マイカーのガラスを割られた裏通りにも、
今は流行りのホテルが建てられて、オシャレな人が行き交っている。

そして流行りのケーキ屋さんは、
やはり「インスタ映え」することが大前提。
レインボーカラーのケーキが大流行しているなんて、
日本人の感覚では、ちょっと信じられないけれど。
ニューヨーカーは、「可愛い派手」が大好きなのだ。

写真 2018-02-03 17 17 14


When my eldest son was born, we lived in the Soho district.
I was happy that I was surrounded by art galleries, in the birthplace of fashion.
But I could not push a baby stroller on a cobbled street.
As a working mom, Day care (nursery school) information was surprisingly little.

Since it was not the environment to raise children,
we moved to Upper East Side where we live now.
Unless I have a chance of magazine shooting, there are few opportunities to experience the transformation of Soho area.

When I stop by there, I meet new shops every time.
There are also many tourists, the "taste of local" like the previous one has faded away.
But I feel that it is still a cool city.
Even in the back street where my car's glass was broken when I parked for a short time,
A fashionable hotel has been built now, and fashionable people go and go.

And a popular cake shop,
After all it is a major premise to be "Instagenic".
Rainbow color cake is prevalent,
I cannot believe it with a sense of Japanese people.
New Yorker loves "Cute & Gorgeous".

写真 2018-02-03 17 16 47



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-03 17 17 11
Next

写真 2018-02-07 14 45 44


米国でも相変わらず、いわゆる「インスタ映え」するものが人気。
特にフード愛好家の女性の間で、大人気のチョコレート屋さん。
ノリータ地区にある小さな店内は、さながらアートギャラリーのよう。

「チョコレート好きの皆さん、私についてきて」
そんな風に煽られたら、こぞって買いに行ってしまう。
パッケージがまた、この上なく可愛い。

私はずっと人をサポートする立場でいるけれど、
「ついていきます」と言われることが、このところ少なくない。
人並みに、年齢と経験を重ねてきたということなのだろうか。

期待してくださる方に、頼りないと思われないように、
自信を持って「私についてきて」と言えるようになりたい。
そう言えるように、自分のスタンスを貫いていたい。

写真 2018-02-07 14 45 05


As usual in the United States, things that are so-called "Instagenic" things are popular.
"Stick with Me" is a popular chocolate shop among the ladies of food enthusiasts in particular.
A small shop in Norita area is just like an art gallery.

"Chocolate lovers, Stick with me"
If we are asked that kind of thing, we might go buy everything.
The package is also pretty cute.

I have been in a position to support people for a long time,
Recently, I was sometimes told "I will stick with you.".
I think it is caused that I have been age-old and experienced.

As I don't want to betray someone who expect me,
I would like to be able to say "Stick with me" with confidence.
As I can say, I want to keep my own stance.

写真 2018-02-07 14 45 52

写真 2018-02-07 14 45 20



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-05 15 35 16

写真 2018-02-08 10 41 31

写真 2018-02-05 15 34 59


Next

ニューヨークファッションウィークの始まりは1945年。
当時、アメリカのデザイナーはそのインスピレーションを得るのに、
フランスのクチュールに頼りきっていたという。
第二次世界大戦をきっかけに、彼らの関心を国内に向けようと、
プレスやジャーナリスト向けのショーが開催された。

世界の四大ファッション都市。
ミラノ、パリ、ニューヨーク、ロンドン。
年に2回のファッションウィークは、ニューヨークから始まる。
世界中からお洒落なファッション関係者が集約し、
ハッと振り返りたくなるような素敵な人と街ですれ違う。

かつては2年先の流行が作られると言われていたが、
近年多くのアパレルメーカーが方針を変えている。
今年の秋冬シーズンの納品用に、バイヤー達が駆け回る。

まだまだダウンコートを手放せないけれど、
暖かい春夏を通り越して、心はすでに秋冬へ。
この時期、ジャーナリスト達のレビューを読むのが楽しい。

写真 2018-02-12 15 25 05


The beginning of New York Fashion Week was in 1945.
At that time, American designers was said that they took their inspiration
only from French couture.
In the wake of the Second World War, in order to direct their interest to
the domestic market,Fashion shows for press and journalists were held.

Four big fashion cities of the world.
Milan, Paris, New York, London.
Twice a year fashion week starts from New York.
Fashionable people from all over the world gathered,
I meet with a nice person that I would like to look back in the city.

In the past, new style for year’s advance was shown in the show.
But many apparel makers are changing their policies in recent years.
For the delivery of this autumn / winter season, buyers run around in the city.

I cannot take off my down coat yet,
I pass through the warm spring and summer, and my mind has already gone
to autumn and winter.
It is fun to read journalists' reviews this season.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

娘が平日を過ごす学校は、アップステートの奥地にある。
マンハッタンから100マイル(160キロ)北上した場所で、
そこに行くには大きな山を2つ越えなくてはならない。

先週末は、雨が降って、気温が上がった。
山の上は霧が大発生して、視界が20メートルを切った。
途中まで車を走らせたけれど、あまりに怖くてUターンした。

2週間ぶりに娘に会う。
昨日は深夜まで雪が降っていたけれど、今日は快晴。

この青い空と、白い雪景色を。
見せてあげたいなと思う。

写真 2018-02-18 13 31 14


The school where my daughter is having a weekday located in the Upstate.
It is 100 miles (160 km north) far from Manhattan,
we have to through two big mountains to get there.

It rained last weekend and the temperature rose.
On top of the mountain there was a big fog, visibility cut below 20 meters.
We ran the car half way, but we feared too much and made a U - turn.

I meet my daughter for the first time in two weeks.
Yesterday it was snowing until midnight, but today is fine weather.

This blue sky and a white snow scene.
I want to show her everything I see the way I'm feeling.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-02-07 16 08 28

写真 2018-02-07 16 08 45


数年前、親友が私の誕生日にレインコートを贈ってくれた。
彼女も私も、日本では6月という梅雨の時期に生まれた。
素敵なレインコートを羽織ると、雨の日の外出すら楽しくなる。

TERRA NEW YORKはスウェーデン生まれの日系デザイナーが、
その華やかなキャリアとセンスを集大成したレイングッズのブランド。
今年のファッションウィーク展示会は、
ミッドタウンにある高級コンドミニアムのショウルームで開催された。

相変わらず建設ラッシュのマンハッタン。
数億円で売り出されているショウルームは、
時にアートやファッションの展示会場としても使用される。

200平米以上の大きな空間で、ゴージャス気分を味わいながら、
シャンペングラスを傾けながら、商談が繰り広げられる。

同時開催のSOLEDAD LOWEのジュエリー展示にも魅了され、
ニューヨークという舞台のスケールを、改めて感じた展示会だった。

TERRA NEW YORK Website

SOLEDAD LOWE Website

写真 2018-02-07 16 13 27

写真 2018-02-07 16 13 50


A few years ago, my best friend gave me a raincoat on my birthday.
Both her and I were born in Japan during the rainy season in June.
If we wear a nice raincoat, it will be fun even if we go out on a rainy day.

The designer of TERRA NEW YORK is a Japanese born in Sweden,
It is a brand of rain goods which compiled its glamorous career and sense.
This year's fashion week exhibition,
It was held in a showroom of the high-end condominium in Midtown.

As usual Manhattan still continues Construction Rush.
The showroom, which has been sold for several million dollars,
Sometimes it is used as an exhibition hall for art and fashion.

People were tasting a gorgeous feeling in a large space of 2,000 square feet or more.
While tilting the champagne glasses, negotiations will be held.

We were also fascinated by the simultaneous SOLEDAD LOWE jewelry exhibition.
It was an exhibition that we felt once again the scale of the stage called New York.

写真 2018-02-07 16 17 29

写真 2018-02-07 16 13 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-07 16 18 02
Next

写真 2018-02-08 22 09 29


幼い頃は「感が強い子供」だと言われた。
すぐに人の感情にのめり込み、琴線に触れると涙が出てしまう。
本当はもっと「勘の優れた子供」だったのかもしれない。
直感で人の心を読んだり、行動を理解したりしていた。

なぜ気付かない人がいるのか、不思議でならなかった。
直感で判断しても、「もう一度よく考えて」と言われる。
少しずつ自分の勘を封印して、頭の中で考えるようになる。
いつしか私は、気付かないふりをすることが上手になっていた。
それが大人になっていくことなのだと、理解していた。

力を研ぎ澄まされたまま、大人になった人もいる。
音や数字を色として感じたり、オーラの色が見えたりするという。
私はそんな感性の話を聞くのが好き。

氷点下の寒い夜、気の置けない仲間たちと談合する。
シェフとオーナーが、心温まるおもてなしをしてくださる。
ニューヨークにこんな仲間が集う夜を、感謝しあう。

皆の想いがひとつになった時、感性の神が降臨した。

写真 2018-02-08 22 07 42


When I was a child, I was told that I was "a sensitive child".
I immediately go into the emotions of people, my tears come out when I feel people's heart inside.
In fact, I might had been more "Good intuition child".
I read people's mind with intuition and understood their behavior.

It was wonder why there were some people who did not care people's thought.
Even if I judged by intuition, I was said to "think again carefully."
I gradually sealed my intuition and started thinking in my head.
One day I was pretty good at pretending not to notice.
I understand that it was about becoming an adult.

Some people have become adults with the power sharpened.
They are said that sounds and numbers are felt as colors, and colors of aura are seen.
I like to hear stories about such sensibility.

In the freezing cold night, I had dinner with my soul mates.
The chef and the owner gave us hearty warming hospitality.
We appreciated the night that such fellows gathered in New York.

When everyone's thought came together, the god of sensibility descended.

写真 2018-02-08 20 56 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-09 0 38 46


Next

写真 2018-02-08 0 07 36


いわゆる「一見さんお断り」のスタンスで、
住所や電話番号は一切公表していない。
それなのに、開業から10年以上ずっと、
予約の取れない店として、ファンの心を鷲掴みにしてる店。
それが「ボヘミアン」という隠れ家の魅力。

ここで展示会をやっているアーティストの絵を観る時も、
まずは食事席の予約を確保することから始める。
隣の席にどんなに偉大なセレブがいようとも、
まったく動揺してはいけないのが、ニューヨーク。

美味しい食事とワインに満足して、
すっかり寝入ってしまった友人こそが、真のニューヨーカー。
ここで英気を養って、また明日から頑張ろう。

写真 2018-02-07 21 12 24


In the so-called "First time customers are not allowed.",
they have not disclosed any address or telephone number at all.
Yet, over ten years since the start of business,
As a place that is hard to be reserved, it is a restaurant grabbing the hearts of fans.
That is the charm of a hiding place called "Bohemian".

Even when you want to watch paintings of an artist who is doing an exhibition here,
Start by securing reservations for meals first.
No matter how great celebrity is next to your seat,
New Yorkers should not to be excited.

Satisfied with delicious meals and wine,
my friend who fell asleep altogether turned a true New Yorker.
We fill up spirit here and will try hard from tomorrow.

写真 2018-02-07 23 54 39

写真 2018-02-07 23 54 45

写真 2018-02-07 23 54 52

写真 2018-02-07 23 55 50

写真 2018-02-07 23 55 57



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-14 14 44 57
Next

朝イチのミーティングがひとつ。。
その後、ホットピラティスのクラスで汗をかく。
夕飯の買い物をしながら、電話でカンファレンス。
原稿を仕上げて、子供の送迎、自宅と学校を三往復。
娘のテューターと話して、夕飯の準備。
隙間にもうひとつ、日本とカンファレンスコール。
待ちくたびれたピライア軍団に追いつこうと、
一気に食事を流し込む。

なんてことのない1日だけれど、
世の中が平和でありますようにと願う。
飲食業界では、一年で最も忙しい日が、まだ続いているはず。
明日の売上報告を想像しながら、夜が更けていく。
ロマンチックな演出とは縁遠いけれど、
こんなバレンタインデーも、悪くない。

写真 2018-02-14 11 05 16


We had one big meeting in the morning.
Then I sweat in the class of Hot Pilates.
While shopping for supper, I had conference by phone.
Finish the manuscript, I picked up my kids, transferred home and school three times.
I talked with the daughter's tutor and prepared for dinner.
Within the idle time, I got a conference call from Japan.
In an effort to catch up with my kids waiting to wait,
I poured the meal at once.

Although it was a day without anything,
I hope that the world will be peaceful.
In the food and beverage industry, the busiest day of the year is still going on.
Imagine the sales report tomorrow, the night will be continued.
Although it is far from romantic production,
Such a Valentine's Day is not bad either.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-02-06 10 05 37


ニューヨークは、相変わらずの寒さが続いているとはいえ、
2月はファッションショーや見本市など、イベントが目白押し。
この時期、世界中から集まった関係者で、どのホテルも満室になる。

昨年イベントを開催した御縁もあって、
佐賀県に絡む事業を、ほんの少しお手伝いしている。
創業400年を迎えた有田焼は、欧州の市場開拓事業を開拓中。
窯元や商社が、ニューヨーク見本市に初めて出展した。

マンハッタン最大級のジャビッツセンターが会場で、
たくさんの出展者の中で、いかにバイヤーの心を掴むかが鍵となる。
ブースを構えることがゴールではないからこそ、
ここから始まるストーリーに、ワクワクする。

次なるステージへの飛躍のために。
古いだけでは、伝統は続かない。
革新を加えるからこそ、次の世代へ受け継がれるものもある。

香蘭社 プロモーションビデオ
香蘭社 公式ホームページ

27545691_1848104501866732_925935083499520804_n

写真 2018-02-06 12 32 00


Although New York has continued cold as ever,
In February, events such as fashion shows and trade fairs are held in the city.
During this period, all the people gathered from all over the world, all hotels will be fully booked.

There was also the edge of the event last year,
We are helping the project involved in Saga Prefecture a little.
Arita-yaki, which celebrated its 400th anniversary, is pioneering the market development business in Europe.
Arita-yaki potteries and trading companies exhibited for the first time at the New York Now Exhibition.

The venue was Manhattan's largest Jacob K. Javits Convention Center.
How to grasp the buyers' hearts among many exhibitors was the key.
Because it was not a goal to set up a booth,
I'm excited about the story that starts from here.

For the leap to the next stage.
Tradition does not continue just by being old.
Because we add innovation, there are things that are handed down to the next generation.

Please click here to watch the PR short movie of KORANSHA.

写真 2018-02-06 10 45 14 (1)

写真 2018-02-06 10 27 45



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-06 12 24 02
Next

白いキャンバスに、時間をかけて下地を塗る。
上に盛られる砂には、いろんなストーリーがある。
そこにどんな絵が描かれるのか、想像してみる。

アーティストの腕が、動き出す。
想像よりもずっと早く、一気に曲線が宙を舞う。
色が重ねられると、魂がそこに漂う。
命が吹き込まれたように、龍が踊り出す。

ニューヨーク生まれのドラゴンが、天を仰ぐ。
その内側に激しいエネルギーを蓄えて、世を見据える。
この世に生まれてきた喜びを、そこらじゅうに伝えている。

無から有が生まれる瞬間に立ち会うたびに、身震いがする。
この瞬間を見届けられた感動を、私は握りしめる。
どうやって伝えようと、空を見上げる。

春になったら、このドラゴン達を天に昇らせよう。
答えはすべて、自分たちのなかにある。
今日は暖かい雨が、摩天楼に降り注いでいる。

写真 2018-02-03 22 42 44

写真 2018-02-03 22 45 26

写真 2018-02-03 22 45 35


She put the base glue on the white canvas over time.
There are various stories in the sand that she covered it.
I imagined what kind of picture would be drawn there.

The artist 's hand started to move.
Curves flew through the air at a stroke much faster than imagined.
As colors overlap, the soul drifted there.
As a life was blown in, the dragon began to dance.

A dragon born in New York looked up to the sky.
It accumulated violent energy inside it and looked to the world.
It conveyed the pleasures born in this world throughout.

I am always shivering to witness the moment when it was born.
I am impressed that I am able to see this moment.
I wonder how I tell you, I look up at the sky.

Let's send up these dragons to the sky when spring comes.
All the answers lie within ourselves.
Today, warm rain is falling on the skyscraper.

写真 2018-02-03 22 45 30



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-05 17 04 18
Next

人繋ぎには、距離感の共有がとても大事。
互いに依存し過ぎることなく、程よい距離感でいること。
でもいざという時には、必ず力になりたいと願う。

「何かできることがあれば言ってね」という社交辞令よりも、
具体的に行動できる人でありたいと常に思う。
私の周囲には、そういう人たちがたくさんいて、
心の中でマッチを擦ったように、灯りをともしてくれる存在に、
私自身がいつも学びをいただいている。

アーティストの滞在期間中、ずっとアトリエを貸してくださった友人。
彼女の誕生日当日、サプライズでお祝いに行こうと思ったら、
なんとたくさんの人たちがお祝いを持って立ち寄っていた。
事前に企てたわけでなく、みんなが自然と吸い寄せられる空気に、
彼女の人としての魅力を改めて感じた。

ここでたくさんの人間模様が交錯して、
ここでたくさんの物語が生まれていく。
心のともしびを探して、今日もニューヨークが動いている。

写真 2018-02-05 17 04 09


Sharing the sense of distance is very important for connecting people.
We do not depend too much on each other, we should feel a reasonable distance.
But when it comes to emergency, we always wish to become a force.

The words "If I can do something, let me know " is socializing.
Rather than that, I always want to be a person who can act specifically.
There are a lot of people like that around me,
Just like rubbing a match in my heart, to the presence that will light the light,
I am constantly receiving my learning.

A friend who lent us the atelier for the duration of the artist 's stay.
On the day of her birthday, I went to celebrate wishing her surprise.
There, a lot of friends stopped by with celebrations.
Not being planned in advance, to the air where everyone was sucked naturally,
I felt again the charm of her person.

Here, many human patterns intersect,
Many stories are born here.
Looking for a light of the heart, New York actives today as always.

写真 2018-02-05 15 39 38



海外永住 ブログランキングへ "
Next

ニューヨークでインテリアデザインの勉強をしていた頃、
たくさんの画材屋を歩いて回った。
喉から手が出るほど、欲しいものがたくさんあった。

貧乏学生の予算には限りがあって、
ショウルームでテキスタイルの端切れをもらったり、
先輩が使い古したイーゼルを譲り受けたりした。

アーティストのサポートをするようになって、
彼らが欲しいものを求めて、一緒に歩くようになった。
たいてい日本人のアーティストは、
種類が豊富な米国の画材屋に感銘していく。

でも、どうしても見つからないものがあった。
絵の具の色に「曖昧さ」が足らないという。
「ゴールド」も、日本のそれとは全く違うのだと。

アジア人の持つ瞳の色は、光の屈折率などからして、
曖昧な色を見分ける能力に長けていることが、医学的にも証明されている。
赤紫と青紫の違いがわからない欧米人もいる中で、
日本人の繊細な感覚を、改めて誇りに思う。

だから、日本人の感性が好き。
だから、日本人アートをもっと世界に伝えたい。

写真 2018-02-03 22 42 51


When I was studying interior design in New York,
I walked around a lot of art tool shops.
The more I wanted my hand off the throat, there were lots of things I wanted.

The budget for poor students was limited,
I got a piece of textile in a showroom,
and I got the used easel from the senior.

Since I began to support artists,
we started walking together, seeking what they wanted.
Usually Japanese artists are impressed by the variety of American art shops that are rich in variety.

But there was something that we could not find by all means.
It is said that "ambiguity color" is insufficient for the color of paint.
"Gold" is totally different from that of Japan.

The color of the eyes of Asians, from the refractive index of light etc.,
It is proved medically that we are good at recognizing ambiguous colors.
Among Europeans and Americans who do not understand the difference between red purple and blue purple,
I am proud of the Japanese delicate, sensation.

So, I like the sensitivity of Japanese people.
So, I want to convey Japanese artists to the world.

写真 2018-01-30 15 27 36



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-01-30 21 45 40


ニューヨークに星の数ほどある日系レストランで、
ビジネス的に最も成功している和食屋の1つ。
開業14年目の今春、いよいよ西海岸に上陸する。

長年総料理長を務めてきたシェフあべが、
LA店開業準備に向かうため、しばらく不在になる。
ニューヨーカーにとって、寂しいお知らせ。

「あべの台所」、たった8席のシェフズテーブル。
最後の味を楽しもうと、彼のファンが集う。
左隣はアメリカ人の若いカップル。
彼女の誕生日を祝おうと、2か月前に予約したそうだ。
右隣では周知の御夫妻が、仲睦まじくワイングラスを傾けている。

このカウンターテーブルで、いろんなドラマが生まれていく。
西海岸では、どんなストーリーが展開するのだろうか。
「あべの台所」復活を期待して、ここからエールを送ろう。

写真 2018-01-30 22 48 34

写真 2018-01-30 22 49 49

写真 2018-01-30 22 50 55

写真 2018-01-30 22 50 51


There are many Japanese restaurants in New York as many stars,
EN Japanese Brasserie is one of the most successful Japanese restaurants in business.
This spring in the 14th year of business opening, they will next land on the west coast.

"Chef Abe" who has served as an executive chef for many years,
he will be away for a while in order to prepare for the opening of the LA brunch.
It will be sad news for New Yorkers.

"Abe's Kitchen", Chef's table with only 8 seats.
His fans gathered to enjoy the last taste.
The left neighbor was a young American couple.
I heard that he made a reservation two months ago to celebrate her birthday.
On the right the well-known Mr. and Mrs. were enjoyed the dinner.

With this counter table, various dramas are born.
On the West Coast, what kind of story will it develop?
Hoping for a revival of "Abe's Kitchen", I will send them an ale from here.

湯葉キャビア(Yuba Caviar with Ponzu)
写真 2018-01-30 21 14 20

白和え(Bamboo Shoot, Cauliflower and Persimmon with Tofu Dressing)
写真 2018-01-30 21 21 36

キビナゴ、あん肝、ホタルイカ (Silver-Stripe Round Herring, Monk Fish Liver and Firefly Squid)
写真 2018-01-30 21 30 25

帆立寿司 (Live Scallop with Yuzu Kosho)
写真 2018-01-30 21 37 59

雲丹テイスティング(3 Kinds of Sea Urchin)
写真 2018-01-30 21 40 37

虎河豚刺身と煮凍り(Tiger Blowfish Sashimi and Stock Jelly)
写真 2018-01-30 21 50 08

写真 2018-01-30 21 53 15

金目鯛と生タコの刺身(Golden Eye Snapper and Raw Octopus Sashimi)
写真 2018-01-30 22 01 39

ノドグロの燻製刺身(Smoked Black Throat Sea Perch Sashimi)
写真 2018-01-30 22 09 28

胡麻サバ(Mackerel Marinated in Sesame Sauce)
写真 2018-01-30 22 14 46

ブリとロブスターのしゃぶしゃぶ(Flash Boiled Mature Yellowtail and Lobster with Ponzu)
写真 2018-01-30 22 20 44

牡蠣フライ(Fried Oyster with Hatcho Miso)
写真 2018-01-30 22 32 52

雲丹アイスクリーム(Savory Sea Urchin Ice-Cream)
写真 2018-01-30 22 38 47

蟹とトリュフの茶碗蒸し(King Crab and Snow Crab Egg Custard with Sliced Truffle)
写真 2018-01-30 22 45 15

和牛御飯(Grilled Miyazaki A5 Grade Beef Over Rice with Miso Soup)
写真 2018-01-30 22 54 18

チョコと餅の最中(Rice Wafers Sandwich)
写真 2018-01-30 23 04 29



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-30 23 28 11
Next

会社の名前は、「オフィス・ビード」。
「オフィス・ベッド」「オフィス・ブレッド」と、よく間違われる。
「違うんです。オフィス・ビードと読んでください」

そこで、会話が発生する。
会話から、人が繋がっていく。

いろんな仕事を請け負っているけれど、
何よりも、「アナログな人繋ぎ」を大事にしている。
直接面識のない人から、安易に仕事は受けられない。
わざわざ会いに来ていただけたら、必ず力になりたいと思う。

カードをお渡しする時に、必ずストーリーを聞かれる。
想いを分かち合ってくれたアーティストのことを、
こうやって世界に伝えていくことも、自分ができる小さな役目。

約束したこと、きちんと一つずつ実現していこう。

写真 2018-01-16 19 08 08


The name of the company is "OFFICE BEAD INC.".
I often get mistaken for "Office Bed" or "Office Bread".
"It's different, please read with OFFICE BEAD (bi:do)"

Therefore, a conversation occurs.
People are connected from conversation.

I am undertaking various kinds of work,
More importantly, I cherish "people connection in analog".
I cannot accept work easily without direct meeting.
If you come directly, I definitely want to become a force.

When I hand over the card, I will always be asked a story.
The artist who shared my feelings,
It is also a small role that I can do to tell the world like this.

I will do it one by one as I promised.


海外永住 ブログランキングへ "
Next