Blog

12088292_10201070645083961_6018444205973501628_n

12019911_10201070645123962_4413401687791058569_n (1)


9月シルバーウィークのど真ん中に、日本全国そして世界中から
錚々たる顔ぶれが京都に会した。

旧式に則り、古都で三日三晩の宴。
一般常識を逸脱した無謀で壮大な企画だったが、集まった友人らの
幸せそうな顔に安堵した。

平安神宮挙式、料亭和久傳、祇園お茶屋、建仁寺披露宴、大徳寺聚光院、
裏千家今日庵。
普段なかなか足を踏み入れる機会のない場を一巡。
徹底的にゲストをおもてなしする行程には、綿密な計画と仕込みがあったに
違いない。

十二単を纏う従妹夫妻は、実に美しかった。
披露宴のテーマ「竹取物語」のフィナーレを見届けた空には、満月に少し
足りない月が輝いていた。
大切な家族の輪が、またひとつ大きくなった。

12039552_1701038923452189_3484068745846123651_n

12009578_1701038996785515_8174930894452353921_n



In the middle of September Silver Week, lineup people was gathered
in Kyoto from all over Japan and around the world.

Accordance with the old-fashioned style, it was a ceremony of three days
in the ancient city.
It was a reckless a grand project that was departing from the common sense,
but I was relieved to happy faces of the gathered their friends.

Ceremony at Heian Shrine, Dinner party at Wakuden, Teahouse in Gion,
Reception at Kenninji , Daitokuji Jukō-in, Urasenke today hermitage.
We went the rare area that is usually hard to set foot.
They had thoroughly hospitality to the guest, and there must had been
careful planning for long time.

Both my cousin who wore the twelve-layered ceremonial kimono and her
husband
looked really beautiful.
After the finale of the wedding reception of the theme of "The Tale of the
Bamboo-Cutter", there was a almost full moon in the sky.
We welcomed new family members.

12027535_10201070644323942_4981656314547308735_n

12046591_10201070644403944_5671254929250442624_n

12043000_10201070647204014_8524103713477979428_n


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

JALの機体がたくさん並んでいる。
それだけで、日本にいることを実感する。
アウェイじゃなくて、ホームにいる。
こんなことで、心が大喜びしている。

12088107_10201070643843930_2576605373567069830_n


JAL of aircraft are lined up a lot.
I realize that I am in Japan.
It's not away, it's a home.
This makes me a big joy.

12039316_10201070644083936_1402187574802318537_n


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

二子玉川といえばチーズケーキファクトリー。
「ケーキ食べ放題」という無茶なことをやっていた学生時代が懐かしい。

10数年ぶりに来た街は、すっかりその表情を変えていた。
お天気にも恵まれ、美しく着飾った子連れママがたくさん。

VERY世代はもう過去の話だけれど、身綺麗にする女性たちの姿は
とても刺激的だった。
何かに一生懸命になることが、人を美しく若々しくさせるのだと。

Very Fes (3)


My memory of Futagotamagawa was "Cheesecake Factory."
When I was a student, I sometimes tried for "all-you-can-eat cake" with my friends.

The town where I came for the first time in 10 years had completely changed.
Blessed with good weather, a lot of beautifully dressed mom gathered.

I was not at "VERY generation", but I was very excited by the appearance
of women to clean only.
By trying to be hard on something, makes ladies young and beautiful.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

チームワーク (3)


日本からのお客様のリクエストで、一緒にホットヨガスタジオに行った。
いつもは一人静かに自分の向き合うヨガタイムだけれど、なぜか一緒に競技を
している気分になった。

思い返してみると、小さい頃から、チームスポーツばかりやってきた。
ソフトボール、ハンドボール、スキーも団体戦。
精神面の弱さもあって、1対1の勝負が苦手だから、テニスでもダブルスが好き。

10年近く前に坐骨神経痛で倒れた時から、自分にコミットして、
ホットヨガを10年近く続けてきたけれど、
本来孤独なスポーツは向いていないのかもしれない。

いかに仲間を愛しているか、仲間と動くことを大切に思えるか。
人間は一人では生きられない。

チームワーク (2)


In the client's request from Japan, we went to hot yoga studio together.
I'm always facing myself quietly in Yoga-time,
but it became a mood that I was in the competition together.

When I think back, from a young age, I had played just team sports.
Softball, handball, and ski team competition.
Since I have the weakness of the mental, I don't like a game of one-on-one,
I like doubles in tennis.

From the time I got in sciatica before, I've committed to myself to continue
nearly a decade the hot yoga.
But originally lonely sport might not suitable for me.

I know I love a fellow, and it's important for me to move with peers.
Human beings cannot live alone.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Tomorrowland (1)

Tomorrowland (4)

Tomorrowland (8)

Tomorrowland (7)

Tomorrowland (2)


大好きなトゥモローランドがニューヨークにやってくる!
それだけでワクワクした。

「9月のファッションウィーク期間中に、オープニングレセプションをやりたい」
目標は定まっていたけれど、3週間前に現場を訪れた時は、
まだ天井も床もむき出して、壁は1枚も入っていなかった。

直前まで告知はしていなかったから、まさかソーホーの仮囲いの裏で、
こんな素敵な空間への突貫工事が続けられていたなんて、
近所に住むニューヨーカーだって気付かなかっただろう。

すべてにおいて、センスが良い。
レセプションで出すアルコールも、ベリーニ、シャンペン、日本酒のみ。
こんなこだわりのなかだからこそ、世界に誇れる美しいフォルムがデザインされる。

ラックの奥で見つけた白いコートが忘れられない。
あれを着こなせるほどの女性にならなくちゃ。
またハードルがひとつ上がった。

衣食住すべて、やっぱり日本のものが好き。

Tomorrowland (5)

Tomorrowland (6)

Tomorrowland (3)


My favorite "Tomorrowland" is coming to the city !
I had been excited when I heard this news.

"During the Fashion Week in September, we want to do the opening
reception."
The target had been determined.
But when I visited the site three weeks ago, the ceiling and floor were
still be bared, and there were no walls.

Since they never announced until just before, even New Yorkers, who
live in the neighborhood, did not notice.
The rush job to such a wonderful space had been continued, in the back
of temporary enclosure in SOHO.

They have high quality of sense in all.
They provided the alcohol at the party also, Bellini, champagne, sake only.
Precisely among this good sense, beautiful form of world-class is designed
and produced.

I cannot forget the white coat I found in the back of the rack.
I have to become a woman who can wear of such a wonderful clothes.
The hurdle has risen one step.

All food, clothing and shelter, I like those of Japan very much.

Tomorrowland (12)

Tomorrowland (11)

Tomorrowland (13)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

MIFUNE (5)


日本贔屓のアメリカ人なら誰でも「黒澤映画」を知っている。
黒澤作品に欠かせない俳優「三船敏郎」が他界して、すでに15年以上。
来年、三船氏のハリウッド殿堂入りが決定したというニュースが舞い込んだ。

「MIFUNE COMES BACK」
レイバーデー明けのニューヨークは大いに盛り上がった。
来春オープン予定の和食レストラン「MIFUNE NEW YORK」のレセプションに、
日本文化をいろんなかたちで世界に伝えようという志を持った仲間達が
数多く駆けつけた。
吉田兄弟による三味線ライブ、三船氏のムービー上映、三船氏御子孫によるトーク。

とにかく人、人、人、、、。
あちらこちらに懐かしい面々が溢れていて、私はすっかり挨拶回り難民。
吉武シェフ開発のお料理は、目でしか楽しめなかったけれど、
日本文化、日本人の素晴らしさを一緒に堪能するアメリカ人の横顔を見ているのが幸せだった。

近年稀にみるほどの大盛況ぶりは、圧倒的な企画力の結果。
レセプション当日を迎えるまでに、どれほどの苦労があったかと思う。
ニューヨークという大舞台で、日本人魂が一丸となって何かを成し遂げる。
まだまだ伝えるべきものがたくさんあることが、日本人の誇り。

MIFUNE (2)

MIFUNE (4)

MIFUNE (3)


Anyone Americans of Japanese favor know the "Kurosawa movie".
The actor "Toshiro Mifune" who was an essential to the Kurosawa work
passed away in 1992.
We heard the news that Mifune will receive a star on "Hollywood's Walk
Frame" in 2016.

"MIFUNE COMES BACK"
Many New Yorkers gathered in Midtown on the day after Labor Day.
There had the reception party of the Japanese restaurant of the "MIFUNE
NEW YORK" which will be open in next spring.
Large numbers of fellow who had aspirations of trying to convey to the world
in various forms of Japanese culture rushed there.
We enjoyed the "Shamisen live by the Yoshida Brothers", "Mifune's movie
screenings", and "Speech by Mifune's descendants."

Anyway people, people, people ,,,.
I was greeting to my old friends through the party time.
I could not enjoy the dishes that were developed by the chef, Mr.Hiroki Yoshitake.
But I was happy to look at the American people who were enjoying the splendor
of Japanese culture together.

The project got the great success in the recent, as a result of the overwhelming
planning ability.
To up to the day of the reception party, I guess there was a much of struggle.
In the big stage of New York, the Japanese soul accomplished something united.
I'm very proud that I still have lots of things to tell as Japanese.

MIFUNE (1)


「日本のファンをつくる」ミッションを掲げる東京レストランツファクトリー
レセプション動画はこちら。 Please click here to watch the short movie.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

裏方の裏方 (8)

裏方の裏方 (9)

裏方の裏方 (12)


「どんな仕事をしているのか」と聞かれる。
「何でもやる」と答える。
でも、責任を持って出来ると判断するまでに、相当悩む。
やると決めたらとことんやる性分だから、決して安請け合いはしない。

お金で仕事を選んだことはない。
たくさんの辛辣も味わってきたから、慎重になる。
お互いにどこまで信頼できるかを、まず考える。
心の琴線に触れるパッションを受け止めた時、損得勘定なしで応援しようと思う。
そこにはきっと互いの相性もあるけれど、絶対に裏切らないと自分に誓う。

きっと「裏方の裏方」というのが正しい。
主役を輝かせるための裏方がいるとしたら、私はそのさらに裏方になる。
表に立つことはないけれど、「裏方の裏方」の存在に気付いてくれる人がいることが、
心の支えになったりもする。

常にアクシデントはつきもので、完璧にコーディネートすることは難しい。
計算していた通りに事が進まないと、お客様の満足度は一気に下降する。
いつも自信がなくて、いつも不安だらけだけれど、最後は運を天に任せる。

*****

何度も足を運んでいるブルックリンとはいえ、どこにも保証はなかった。
ただそれぞれが、それぞれの役割でベストを尽くした。
だからこそ、フィナーレを飾る場面で、見事にマジックアワーに遭遇できたのは、
奇跡ではなくて、必然だったのかもしれない。

「天知る、地知る、我知る、子知る」
祖母の教えを胸に刻み、今日もまた深呼吸。
きっと誰かが見ていてくれる。

裏方の裏方 (11)

裏方の裏方 (10)

裏方の裏方 (3)


Someone asks me "What's your task?"
"I do anything." I answer.
But, I get very nervous by the time I determine I do it with responsibly.
Because I do my best thoroughly if I decide to do, I never promise easily.

I never chose my business depends on the fee.
Because I had a lot of acrimonious experience before, I would be cautious.
I think first whether how far we can trust each other.
When I catch the passion that touches the heartstrings, I think I try to cheer
without breakeven.
There may be also mutual compatibility, but I swear myself not to betray
absolutely.

I'm sure it is "behind the scenes of behind the scenes.”
There are "behind the scenes" to brighten the leading role, I will be "behind
the scenes" further.
I never stand on the stage.
But there are people who know the presence of a "behind the scenes of behind
the scenes", I can get mind support.

Always an accident can happen, and it is difficult to coordinate the plan perfectly.
When the thing had not proceeded as it was calculated, the customer satisfaction
would be lowered at once.
I'm always without self-confidence, and full of anxiety.
Last, I pray my luck to heaven.

*****

We visited Brooklyn many times, but there was no guarantee.
However, respectively, we did our best in each role.
At the scene of the finale, we met "Magic Hour" admirably.
Perhaps, rather than a miracle, it was inevitable.

"The day has eyes, the night has ears."
We learned so many things from our grandmother.
We have always been seen from someone.

裏方の裏方 (2)

裏方の裏方 (5)

裏方の裏方 (7)

裏方の裏方 (4)

裏方の裏方 (6)


まさに裏方に徹するブランディング会社、パラドックス


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

数年前、持病の片頭痛が悪化して、脳ドックを訪れた。
まな板の上の鯉状態で、頭を輪切り撮影されて、
私のそれは、先天的な骨格の傾斜によるものだと診察された。
一生、この煩わしさとつきあわなければいけない。

今朝はいつもより酷い頭痛で目が覚めた。
今にも泣き出しそうな空の向こうに、フリーダムタワーが見える。
霧がかったそれは、猛煙をあげて崩れていったツインタワーを彷彿させる。

2001年、日本からやって来た両親を連れて、
初めてワールドトレードセンターの上にのぼった。
展望台の囲いが、あまりにも低くて彼らは驚いた。
すべてにおいて自己責任の国だから、そこから落ちても誰も責められないのかと。

そのすぐ後に、ツインタワーが崩壊した。
目の前にあった巨大なビルが、ものの見事になくなった。
当たり前のものが当たり前でなくなることを受け入れるために、
私はきっと何年もの月日を費やした。

FDNYのサイレンが鳴って、街が静かに黙とうを捧げると、
青空が顔を出した。
この厳粛な気持ちを、忘れてはいけない。

911 (2)


A few years ago, I visited the brain dock, since chronic disease of migraine
had been worse.
In carp state on the cutting board, my head was shot by slicing.
It was diagnosed as something due to the inclination of the congenital skeletal.
So I'll have to live with this hassle.

I woke up in terrible headache than usual this morning.
Beyond the cloudy sky, I saw the Freedom Tower.
It reminded me of the Twin Towers that went collapse by raising the huge smoke.

The first time, I climbed on top of the World Trade Center with my parents who
visited from Japan in 2001.
They were surprised that the fence of the observation floor was too low.
Because it is self-responsibility in this country, anyone won't be blamed even
if somebody fell from there.

Shortly thereafter, the Twin Towers collapsed.
Huge building in front of the eyes was lost in a day.
I have surely spent the month and day for many years to accept the fact that
ones are no longer.

The siren of the FDNY was ringing and the city has devoted quietly silent prayer.
This solemn feeling, we will never forget.

911 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Last Day (1)


「夏の終わり」を告げる休日、レイバーデー。
この日を境に、秋が加速してやってくる。
長かった夏休みが終わり、セカンドハウスで夏を過ごしたファミリーが街に帰ってくる。
ショーウィンドウには早くも冬のコートが並べられ、ファッションウィークのニュースが
街を彩る。

ひと夏楽しませてもらったビーチクラブに、お別れを告げようと、
3家族とその友人、総勢15名の大所帯で、最後のビーチを楽しんだ。
童心に返って波乗りを楽しみ、真っ白な砂浜を堪能した。

また来夏に会おう。
初秋の海風が、柔らかく髪を撫でていった。

Last Day (3)

Last Day (2)


It was the Labor Day Holiday that tells "the end of summer."
After this day, autumn comes doing to accelerate.
The summer vacation will be over the families who spent the summer in
the second house was coming back to city.
The show window lined winter coat, Fashion Week news decorate the town.

It was for the beach to tell it a farewell.
3 family and their friends, in a large family of 15 staff in total, enjoyed the
last beach.
We enjoyed surfing by returning to the child's mind, and enjoyed the pure
white sandy beach.

"See you in next summer"
Early fall of sea breeze, went stroked my hair softly.

Last Day (4)

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Reborn (3)


老朽化に伴う建て替えが発表されると、国内外で大きな反対運動が起こった。
それだけ、この場所に、日本建築の美が集約されていたということだろう。

家族の誕生日に親戚と食事したり、
ちょっと特別な日に友人と待ち合わせしたり。
幼い頃からずっと、近くて遠い場所。
人生のいろんなシーンを積み重ねていくことで、
背伸びをせずにスタッフと挨拶を交わせるようになった。

オリンピック開催をきっかけに、私の生まれ育った東京の街が、
私の知らない街に変わっていく。
フィナーレではなく、リボーンなんだと言い聞かせつつ。

最後の夏に、会えて良かった。

Reborn (2)


The rebuilding of Hotel Okura has been announced because of the aging.
Then a large opposition movement has occurred at home and abroad.
It only, in this location, the beauty of Japanese architecture would have
been aggregated.

I used the restaurant with my relative birthday of family,
I waited my friend at the bar for a little special day.
From an early age, it was close and distant location.
By going to repeat the various scenes of life,
I had been able to say hello to staff naturally.

Tokyo city, where I was born and raised, will change to the city I do not know,
in the wake of the Tokyo Olympics.
It was not the finale, and we hope it will be reborn.

At the last chance of the summer, I was happy to see there.

Reborn (6)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

自由研究 (5)


熱帯低気圧の影響で、その秘境にも、重たい曇り空が広がっていた。
人影まばらなビーチには、暑過ぎない空気が似合う。

気まぐれのように訪れるよそ者に、自然は容赦しなかった。
沖から迷い込んで流れ着いたハブクラゲが、次男を襲った。

プライベートビーチでレスキューも存在せず、
予備知識もないまま対処に困り果てたところ、
毎年顔を合わせるマリンスポーツ屋のお兄さんが助けてくれた。

こらえ泣きしながら痛みに耐える次男を、
ただ見守るしか出来ない、私は無力。

2015年夏、またひとまわり大きくなった彼らに、
毎日たくさんのことを気付かされる。
「生きる力」をつけるためのサポートをすることが
親にできる最大の務めだと。

痛みを伴った経験を「自由研究のテーマにできるね」と笑う朗らかさが、
君の強さ。そして私の宝物。

自由研究 (4)


Under the influence of tropical cyclones, there had spread a heavy cloudy
sky in the unexplored region.
The air was not too hot at the private beach.

To outsiders to visit as whim, nature did not pardon.
My second son was hit by a jellyfish that wandered from off the coast.

Rescue guys did not exist on the private beach.
As I didn't have any idea without prior knowledge,
A man of marine sports shop who knew our annual face helped me.

A second son to withstand the pain while crying endure,
Just I was helpless.

I am reminded a lot of things every day by them
To support a "zest for living" is the biggest mission that a parent can do.

"It can be a free study of the theme."
Cheerful character is your strength.
And it is my treasure.

自由研究 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

NYファッションウィークまで半月を切って、街中には秋の装いの人達を
よく見かけるようになった。
そこに紛れるように、ポロシャツ&ショートパンツ姿の人を見かけると、
USオープン観戦に行くのかなと思う。

招待選手の公開練習は無料で観戦できる。
昼休みにオフィスを抜け出して、こっそり声援を送りに行くファンも少なくない。

ニューヨーカーの熱い夏も、あと少し。

US Open (1)

US Open (2)


NY Fashion Week will be held soon in September, we have begun to see well
the people of autumn attire in the city.
When I see the people wearing the polo shirt and shorts there, I think I wonder
if going to the tennis match, the U.S. Open.

We can watch the public practice of invited players for free.
I know some fans secretly come out the office, and go to send a cheer
at the lunch break.

New Yorker's hot summer will continue a little more.

US Open (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

小学生の時、「24時間テレビ、愛は地球を救う」第1回目の放送があった。
通っていた小学校のユニークな教育方針は、ディレクターにとって格好の
取材ネタだった。
私は大切なクラスメイトがTV画面に映し出されるたびに、胸がキュンと痛んだ。

時が経ち、私は障害児の母親になった。
娘の障害を受け入れるまで、気持ちの整理は必要だったけれど、
娘の母親であることから逃げたことはない。

24時間テレビを見ながら、この番組はどこに向かっているのかと考える。
募金をするのが偉いのか、障害者が何かに挑戦する姿が偉いのか。
スポットライトを浴びない場所で、みんな日常を生きている。

ニューヨークで子育てをしながら、仕事を続けてきた。
それだけで、批判の対象にされることがある。
静かに、社会の恩恵を享受して生きることが、障害児の母親の在り方だと。

大きな仕事をすると、必ずこの波がやってくる。
一人静かに、それを受け止める。
誰でも、外から見えないものを抱えている。
自分の信念を貫き、真っ直ぐに生きることだけを目指したい。

「おかえりなさい。」
ニューヨークの木漏れ日は、まだ私に優しかった。

24時間テレビ (2)


When I was in the elementary school, the first "24-Hour Television, Love
Saves the Earth" was broadcasted.
Our elementary school's unique education policy was interviewed by a director
who was looking for a story.
Every time our class mate is displayed on the TV screen, my heart was ached.

After many years, I became a mother of children with disabilities.
It took a time until I accepted everything for my destiny, but I never ran away
from the fact that I was a mom of my daughter.
While watching the 24-hour TV, I considered the future of this program.
I think the fund-raising/donation is no bad.
I don't want to see the scene for disabilities to challenge something.
In the place without the spotlight, we live everyone every day.

While raising children in New York, I have continued to work.
It may be subject to criticism.
I was suggested, as a mom of children with disabilities, I should live quietly,
to enjoy the benefits of society.

When I did a big job, this idea always came to me.
I receive it quietly alone.
Anyone, suffer from what we cannot see from the outside.
I will pierce my beliefs to aim only to live straight.

" Welcome back."
Sunshine filtering through foliage in New York was still gentle to me.

24時間テレビ (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

京橋

京橋 (4)

京橋 (5)

京橋 (2)


「想像以上のスケールに、泣きそうになった。」
実際の壁を目にした時、彼が言った。
プレッシャーと期待感、そして感謝の気持ち。

かつて「仮囲いに絵を」と自治体に申し出た時、軽く流された。
以来、営業活動は一切せずに、徹して「タダでは描かない」を貫いた。
しんどくても、絵を描く仕事にこだわり続けた。
たくさんの下積み、才能と努力と運、そして出会いがあった。

街行く人々、神輿を担ぐ男達。
木漏れ日の中で、たくさんの人間模様が交錯する。
「人々と街、そして自然」という壮大なテーマに、
ローラー1本で応えていった。

暑いなか現場に足を運んでくださった方々。
支えてくださった有志スタッフの皆さん。
決して表には出ない仕掛け人。
文字では綴り切れない、たくさんの過程を振り返る。
彼が最後に署名をして壁から離れた時、自然と涙が流れた。

職人として世界に伝えたいものがある。
一方で職人の皆さんへ伝えたいものがある。
真っ直ぐな想いを貫けば、必ず次の道が見えてくる。

ニューヨークのど真ん中と、東京のど真ん中の壁に絵を残す。
大きな目標を掲げて駆け抜けた夏。

これからもっと大きなキャンバスに、もっと大きなスケールで。
未来という夢を描く旅が、ここからまた始まる。

京橋 (10)

京橋 (11)

京橋 (12)
京橋 (13)

京橋 (14)

京橋 (15)


"I was almost crying since the real scale was big enough more than the
imagination."
When he saw the actual wall, he said.
He looked excited by pressure, expectations and gratitude.

Once when he offered to local governments to draw as "a picture on temporary
enclosure", it was denied quickly.
Since then, he devoted to "no sales activities" and "never draw with no fee" for them.
It was very hard, but he committed to continue to work to draw a picture.
There had a lot of hardships for long time; talent, hard work and luck, and finally
he encountered with good people.

There was city people and town scene like the portable shrine.
He interlaced a lot of human stories on the sunshine filtering through foliage.
He drew the grand theme of "people and city, and nature" with a single roller.

Many people came there to see his performance in the hot weather.
We welcomed volunteer staff who supported us.
Of course, there were instigators who never appear outside.
I looked back on a lot of process that I couldn't write here.
When he put his signature on the wall and was away from there, my thank tears
flowed naturally.

He wants to tell the world as a craftsman through his art.
On the other hand there are things that he wants to convey to the craftsman.
If we had strong thought, we will see the next step.

To achieve the mural works in the center of both in New York and Tokyo in the
summer of 2015.
We ran through the major goals.

Now we will see the bigger canvas, in a larger scale.
To draw a dream of the future, our journey starts from here.

京橋 (16)

京橋 (8)

京橋 (18)

京橋 (17)

京橋 (19)


「京橋アートプロジェクト2015」動画はこちら。 Click here "Kyobashi Art Project 2015".
ペイントを御提供下さったカラーワークス社のHPはこちら。 Kyobashi Art Project was supported by COLOER WORKS
朝日新聞デジタル版の配信動画。定点カメラワークが最高。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

真夏の祭典 (2)

真夏の祭典 (3)


2015年夏、ニュージャージー州。
8万人収容のメットライフスタジアムに、熱狂的なファン達が集結した。
歓声と大音響で盛り上がる場内は、ナイトクラブ状態。

目の前にいる最前列の人達も、米粒位に見える最上階の人達も、
同じ温度で、同じ空気を、全身で感じていた。

私は一人、未来のデジャブを想い、高揚した。
5年後の夏、世界中の人達が、東京を見ている。

きっと、そこで何かが起こる。

真夏の祭典 (5)

真夏の祭典 (4)


It was summer in 2015, New Jersey State.
The enthusiastic fans were gathered at MetLife Stadium where had
over 80,000 seats.
It was as if the night club, with cheers and loud.

Even people of the front row in front of my eyes, even people of the top
floor, which looks like a grain of rice position,
We were feeling the same temperature and same air in the whole body.

I was uplifting by I thought the future deja vu.
Five years later in summer, people around the world will look at Tokyo.

Surely, something will happen there.

真夏の祭典 (6)

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

4人で歩く。
大好きなサッカーも、野球も、スクーターも。
今日はちょっと我慢して。
一緒に歩こうと決めたらしい。

「70年前の今日、戦争が終わって、
日本はアメリカに負けたんだ。」
「ママのおじいちゃんは、お腹が空いて、死んじゃったんだ。」
「食べ物を大切にしないとね。」

会話も背中もたくましくなって。
自分達だけで歩いていけるね。

昼間の人影が長くなり、
秋がもう始まっている。

当たり前じゃない、いつもの週末。

8月15日 (2)


My kids were walking together.
They gave up soccer, baseball, nor scooter.
They seemed to have decided to walk together.

"70 years ago, the war ended today.
Japan lost to the United States. "
"Mom's grandpa was hungry and passed away."
"We have to cherish the food."

Their conversation and back became strongly.
They can walk without me.

Daytime shade becomes longer,
Autumn has already begun.

It was our weekend.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

異国の地にいると、ふと故郷が恋しくなる。
故郷には帰れなくとも、故郷の話を肴にお酌が出来る仲間に出会えると、
もう少し頑張ってみようかなと思える。
無条件で応援してくれる同郷仲間の存在は、いつだって心強い。

東日本大震災で被害に遭った石巻の母たちが、地元復興のために
キャンドルを作っている。
養蜂家を支援して、自然環境を守りながら作るそれらは、シンプルで美しい。

彼女達の希望が、海を渡ってニューヨークにやってきた。
小さな炎の向こうに、世界一のビルが映し出された時、
心がふっと微笑んだ。

きっと世界は、こうやって繋がっていく。

HAHACANDLE (4)


If you're in a foreign land, you may suddenly miss home.
Even though we cannot go back to our hometown, we can cheer ourselves
there when we meet the hometown friend.
The presence of fellow colleagues who will support unconditionally is always
a reassuring.

These candles are produced for local reconstruction by mothers of Ishinomaki
who were victims of the East Japan Earthquake.
They support beekeepers, and make them while protecting the natural environment
them. I
t's beautiful and simple.

Their hope came to New York across the sea.
When I saw the Empire State Building through the small flame, my heart was in relief.

That's the way that the world leads to the world.

HAHACANDLE (2)

HAHACANDLE (3)


新しい東北支援のカタチ「キャンドルプロジェクト」

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨーカーは、滅多に傘を差さない。
少しぐらいの雨なら、濡れることも気にせず街を歩く。

すっごく嬉しいことと、すっごく悲しいことがあった翌朝。
街に傘の花が開いた。

空が私の代わりに、大泣きしてくれた。
明日はきっと、笑ってくれる。

Rain (1)


New Yorkers rarely put up umbrella.
They walk the streets without worrying to be wet if the rain around.

I had thing sooo happy and sooo sadly yesterday.
The flowers of umbrella are blooming in the city this morning.

Instead of me, the sky is crying all the day.
I'm sure it will smile tomorrow.

Rain (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

05


幼い頃から、一番になったことがない。
何をどんなに頑張っても、準優勝以上の御褒美をもらえないのが、
きっと自分の宿命なのだと思っていた。

結婚式。
大切な人達が、自分達だけのために集まってくれた。
人生の中で初めて、一番の主役でいられた日。
次に自分が主役になるのは、きっとこの世を旅立つ時しかないのだと
漠然と思い描いた。

人生に「もし」ということはないけれど、
きっと誰もがあの瞬間だけは主役でいられるから。
そういう幸福感の演出をお手伝いする仕事がとても好きだ。

新しくオープンしたサロン。
インテリアも、そこで働くスタッフも、みんな素敵だった。
一生に一度でなくて、何度も着てみたいドレス達は、
決して主役を横取りしない、品格が要になる。

表参道という街が、また好きになった。
今度はハワイを見に行こう。

29 HDR


From an early age, I've never taken the 1st place.
Even I try to do hard I cannot be more than 2nd place.
I think it is surely my destiny.

On the wedding day.
Important people gathered only for us.
For the first time in my life, I was needed in the leading role on the day.
Then of myself becomes protagonist, when I surely the only time I depart
this world
I imagined vaguely, next time that I become protagonist, will be my farewell
day from this world.

There is not " if " in the life.
I'm sure everyone can be just the protagonist on that moment.
I like to work to help the production of such happiness.

At the newly opened salon,
Interior and working staff was all nice.
Awesome dress that lady wants to wear over and over again,
Never intercept a major role, dignity is required.

I also came to like the city of Omotesando.
Now let's go to see next salon in Hawaii.

MAGNOLIA (5)

MAGNOLIA (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

NY凱旋 (1)


夏が始まる前に、アーティストが言った。
「今回のニューヨーク、やめようかと思う」
彼が怖気づいたわけではなくて、それは明らかに私の責任だった。
準備に仕込む時間も方法も不十分で、日本にいる彼の支援者からの期待にしっかり
応えることは、とても困難に感じられた。
物事にはタイミングというものがあるから、時期を見直すべきかもしれない。
舵を握る長(おさ)の意思を尊重する以外、私に選択肢はなかった。

静かな週末が過ぎて。
やっぱり彼は戦いに挑もうと伝えてくれた。
覚悟と共に、新しいアイディアが次々と湧いてくる。
もう迷う時間はなかった。
ただただ、彼には本当にいいものを生み出していくことだけに集中してほしいと思った。

タスクリストを何とかこなしているうちに、
あっという間に、その時がやってきた。

毎日、寝不足で頭が痛かった。
毎日、緊張で心がザワザワしていた。

ブルックリンのギャラリーは、エアコンが全然効いていなくて、
マンハッタンの壁画制作は、直射日光に当たりっぱなしで、
眩暈でフラフラしながら、これがきっと熱中症というものだと自覚した。

アーティストの緊張感が最高潮に達した時に、いろんなミスが重なった。
少なからずそれに気付いた人達の優しい反応が、さらなるプレッシャーになった。
でも、彼は一度も周囲を責めたりせず、自分を冷静に見つめていた。

彼の才能も、勢いも、運の強さも。
それは全部見えないところにある彼の努力の賜物。
天才が人を作るのでなく、丁寧に繋いできたものが、実を結ぶのだ。
私はただただ、彼の実力を最大限に発揮できる環境作りに徹したいと思った。

すべてが終わって。

アメリカで初めて売れた作品を納品に行った時、
自分が歴史的瞬間に立ち会っていることに、ドキドキした。
あっという間に身支度をして、また新しいスタートラインに立っていく彼らを、
少し寂しく見送った。
早速編集されてきた動画は、イントロから泣けてしまって、細部まで見られないけれど、
彼の残した軌跡は、もうすでにニューヨークの一部となっていることを、皆が知っている。

ニューヨークの夏は短い。
少し気温の下がったビーチに佇みながら、
これから始まる新しいストーリーを思い浮かべて、太陽と乾杯した。

2015年夏、ここに関わってくださったすべての人達に感謝をこめて。
これからも、応援よろしくお願いいたします。

さとうたけし「ローラーアートの世界... NY」 2015年夏 動画はこちら。

NY凱旋 (2)

NY凱旋 (3)

NY凱旋 (4)


Early in the summer, the artist told me.
"I may suspend the New York Project, this summer."
He was not intimidated, it was clearly my responsibility,
Time was not enough to prepare, and method was also insufficient.
It seemed very difficult to reply expectations of his support in Japan.
Because there was a thing called timing, we might we should review the time.
Except that to respect the intention of holding the rudder length (reed), there
was no choice for me.

We went through the weekend quietly.
After all, he told me to try psyched to fight.
Prepared over his readiness, new ideas came one after another.
There was no longer to lose time.
Only I thought I wanted him to focus solely on that to go create something good.

While we did our task list somehow,
Quickly, X-day came.

Every day, my head was hurt by lack of sleep.
Every day, my heart was buzzy with tension.

At the gallery in Brooklyn, air conditioning did not work at all,
At the mural work in Manhattan, we were left in hitting by direct sunlight,
While dizzy with dizziness, I was aware that it was surely heatstroke.

When the tension of the artist has reached a climax, many mistakes were
overlapped.
Friendly reaction of some people who noticed it, made me further pressure.
But, he never blamed others at all, he had calmly staring at himself.

He has talent, force, or the strength of luck.
Now I know it is the gift of his efforts in a place that cannot be seen all.
The genius does not make a person, and the effort that he connected carefully
brings the right result.
I simply just, wanted to devote to create an environment that can maximize his
ability.

Everything was over.

When I went to deliver the first-selling work in the United States,
my heart was pounding since I was witnessed the historic moment.
After quick preparation, also they left to stand in a new starting line,
I saw them off with a little lonely feeling.
I cannot watch the video to detail since I cry from the intro.
But everyone knows that his trajectory became already a part of New York.

New York's summer is short.
While nestled on the beach that fell of a little temperature,
I imagined a new story that begins now.
I toast with the sun.

We are gratitude to all the people who have involved us here, in the summer 2015.
We hope your support in the future to achieve our goal.

Please check the short movie "Takeshi Sato, World of Roller Art.. in NY" Summer 2015

NY凱旋 (6)

NY凱旋 (7)

NY凱旋 (8)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

NY凱旋 (9)

NY凱旋 (10)

Next

Mural (2)

Mural (3)


「マンハッタンの街中に、壁画を描きたい」
アーティストは、とてつもなく高い位置までハードルを引き上げてきた。

ニューヨーク市内、マンハッタン地区は特に建築法規の厳しい街。
公共の場での落書きは厳禁、古い建物の多くがランドマークに指定されていて、
街の景観を変える改装は出来ない。
商品広告の壁画にはスポンサー探し、市政府への申請をするだけで、大きな費用と
長い時間が必要になる。

彼が指定してきた期間限定で、壁を提供してくれる場所を探すことが、
私の大きなミッションとなった。
いろんな人に会いに行って、門前払いをくらうだけならまだしも、
丁寧にプレゼンした後に、異常な金額提示にためらうと、嫌みのひとつも言われてしまう。
いつだって、大きな企業に所属しない足元を見られるのがオチだった。

でも、どこにでも救世主というのは存在する。

日陰の一切ない猛暑の中で描き続けた2日間。
描き上げた直後にゲリラ豪雨に見舞われたけれど、日本の花達はしっかりマンハッタンの
壁に根付いてくれた。

汗水たらして彼を支えたスタッフ、壁を提供してくれたオーナー。
表には見えない場所で、たくさんの人が動いてくださったことで、
「地図に残る仕事」が完成したけれど、
それを引っ張ってくれたのはやはり、日本の誇れる職人技を伝え続けてきた彼の実力だった。

マンハッタンで一番ホットな場所に、日本の四季が描かれた感動。
その瞬間を迎えるために、ほんの少しの力添えが出来たことに感謝をこめて。

もう次のステップに向けて、すべてが動き出している。
こんなに広い世界の中で、私を見つけてくれて、ありがとう。

*壁画制作の様子は、8月5日にFCI(フジサンケイ系列)局にて全米オンエアされました。
*さとうたけし「ローラーアートの世界......in New York」

Mural (5)

Mural (4)

Mural (7)


"I want to draw the mural in the city of Manhattan"
An artist asked raising the hurdle to incredibly high position.

New York City, Manhattan district is especially severe town of building regulations.
Graffiti in public places is strictly prohibited, and many of the old buildings have
been specified in the landmark,
It cannot be renovated to change the landscape of the city.
If we ask the mural of product advertising,
big cost and a long time is required to look for sponsor, or to get the permission
of the government.

My big mission was to look for the space that he can draw the wall, for a limited
time that has been specified,
It was OK if nobody showed up in front of me when I went to see people.
But I was shocked by the sarcasm if I hesitate to abnormal amounts after the
carefully presentation.
Always, it was the punch line of the reason that because I was not belong to the
large companies

But, a savior exists everywhere.

He continued to draw the wall in a very hot weather for 2 days, where there was
no shade at all.
We had guerrilla heavy rain immediately after he finished drawing.
But Japanese flowers had firmly rooted of the wall in Manhattan.

There were many people who supported him in the place that was not visible
from outside.
And "the work that remains to the map" has been completed.
Totally, it was his ability that has continued to tell the craftsmanship proud of Japan.

At the hottest places in Manhattan, we were impressed that Japanese four
seasons has been drawn.
I was gratitude that I could just a little help to greet the memorial moment.

Toward the other next step, everything has started moving.
Thank you for finding me in such a wide world.

* His mural work was ON AIR at the FCI (Fuji Sankei series) network on August 5
*Takeshi Sato " World of Roller Art...... in New York "

Mural (11)

Mural (9)

Mural (12)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

空を繋ぐ (2)


今日、最初に「おめでとう」を伝えてくれたのは、「727」期の同期だった。
さすがに14年目となると、覚えていてくれる友人も多くなった。

2002年7月27日。
会社を立ち上げたのは、不安だったから。
そう言うと周囲は疑うけれど、本当にあの時は何もなかった。
どこにも所属していない自分の存在意義を、どこかに残したかった。

まだまだ手探りで、いつも自信がなくて。
でも、何か人のために役立つことで、社会に参加できることが、
自分を生かしてくれているのだと思う。

同じ空の下で、頑張っている人達のために。
朝を迎えるための、空を繋ごう。

きっと後ろに足跡が残るから。

オフィス・ビード。
14年目のありがとう。

空を繋ぐ (3)


The first friend who convey of "Congratulations" today, was ex-coworker,
"727" of synchronization.
If indeed the 14th year, many friends have become to remember my companies
established date.

July 27, 2002.
I was launched the company, because I was anxiety.
Surroundings may doubt, but I had really nothing that time.
The meaning of my presence that not belong anywhere, I wanted to leave
somewhere.

I still in the groping, and am always without confidence.
But, by helping some people, I would be able to participate in social.
So I can live by willing of someone.

Under the same sky, for people who work hard.
To greet the morning, I will connect the sky.

Surely footprints remain behind.

Office bead Inc.
Thank you for your support to start the 14th year.

空を繋ぐ (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

ワインの集い

ワインの集い (6)


JAL在職時代は、いつも素晴らしい人材に恵まれていたけれど、
今でもプライベートで連絡を取り合うのは、特にこの時のグループメンバーが多い。
「ワインはブドウから作られている」程度の知識しかなかった時代に、
グループ全員が「ソムリエ」の資格を持っていた。
でも、誰一人かっこつけるところはない。
とにかく「食べることと飲むこと、そしてお喋りが大好きな集団」なのだ。

当時のチーフを中心に、毎年会合が開かれる。
海外在住の私はもちろん毎年は参加できないけれど、
このメンバーに会うと、自分の原点を顧みることが出来る。

一緒に食べる。
一緒に笑う。

こんな当たり前のことを共有できることが、心に栄養を与えてくれるのだと。
幸せは、こんなところからやってくる。

ワインの集い (5)


JAL tenure era, I have been blessed with always great human resources.
I still stay in touch in private now, especially with these members at this time.
When the people's knowledge was only "wine is made from grapes",
All members of the group had a qualification of "sommelier".
But, there was nobody to be affected.
Anyway, they were "drinking and eating, and chatting lovers"'

They meet every year.
Since I live abroad, of course, I am unable to participate every year.
But when I meet these members, it is possible to look back to my origin.
We eat together.
We laugh together.

We can share things such commonplace, and we know it gives nutrients to
the heart.
Happiness comes from a place like this.
ワインの集い (3)

ワインの集い (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

サウンドシアター (1)


イタリア生まれの音楽家、ニコロ・パガニーニ。
悪魔に魂を売ってそのバイオリン技術を磨いたといわれるパガニーニの逸話を、
3人の役者が朗読だけで語りかける。
いわゆる聴覚に頼る朗読劇に、カルテットが奏でる音楽が彩りを添える。
そこに、視覚的な背景を提供すると、観衆の想像力はどのように膨らむのか。

パガニーニの生まれ故郷、イタリアの田舎風景が、
真っ黒なペイントで塗りつぶされていくと、悪魔の姿が浮かび上がる。
悪魔と血の契約を交わしたパガニーニは、自分の命と引き換えに100万曲の名曲を奏でる。
死を迎えた最後の時に、悪魔の顔から天使の姿が描き出された時、
さとう氏の卓越したローラーペイント技術と、その意外な演出に言葉を失った。

最後の瞬間まで輪郭を描かない技法は、見ている側を飽きさせない。
アートの質の高さは、費やした時間の長さに比例するわけではない。
斬新な色遣いからも、日本の古典を表現することができる。

たくさんの常識を打ち破る彼の優れた技術、そして出会い運の強さに、
私達はこれからも驚かされていくのだろう。
彼の「職人」という意識こそが、日本の誇りに繋がっている。

サウンドシアター (2)


Italian-born musician, Niccolo Paganini.
Three actors played by reading the anecdotes of Paganini, which was said to
have honed his violin technology by selling his soul to the devil.
In reading theater to rely on so-called hearing, music quartet played to add color.
There, by providing a visual background, imagination of the crowd might be grown.

There was the countryside landscape of Italy, a birthplace of Paganini.
As it was filled with black paint, devil figure emerged.
Paganini, which signed a bloody contract with the devil, played masterpieces of
one million songs by exchanging his life.
At the time of the last which celebrated his death, the figure of angel had been
portrayed from the devil's face.
I lost words to the surprising stage effect by excellent roller paint technology of
Mr. Takeshi Sato.

Technique that does not outlined until the last moment, never let the audience
be bored.
We learn the quality of the art, is not proportional to the length of time spent.
Now we know that it is possible to express the Japanese classics also from
innovative color schemes.

We will be impressed by his superior technology that breaks a lot of common
sense, also the strength of his encounter luck.
The consciousness of his "artisan" has led to the pride of Japan.


Takeshi Sato ローラーアートの世界…in NY (現代アートの聖地NYで初開催。)
新感覚・音楽劇 サウンドシアター・クロスロード

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Copyrigh(C) 2015 Live Paint Act. All Rights Reserved.
Next

スポットライト (4)


お芝居に興味を持ったのは高校時代。
生の人間が演じる温度感、そしてそれを作り上げるチームワークと達成感、
同じ空間にいるだけで共有できる感性の奥深さ。
テレビや映画の世界よりもずっと魅了されてしまう何かがそこにある。

先日、高校の後輩が出演する「あられもない貴婦人」を観劇した。
シベリア抑留中に他界した祖父と、戦争未亡人の祖母を持つ私にとって、
想像していた以上に奥深いテーマの作品だった。
祖母は、女手一つで三人の娘を育て上げたけれど、
それはきっと必要に迫られての生き様だったに違いない。

自分の意思で生きるのと、何かによって生かされること。
実は自由に見える前者の方が、苦しく過酷なのかもしれない。
何かしらの目的や、愛する人の存在に生かされているからこそ、
人は日々、感謝や希望を持てるのかもしれない。

人生のスポットライトは、決してその大きさが指標ではないから。
どんな風にそれを受け止めて、そこから自分の光に変えていくかが肝要だと。
自分が辛い時、苦しい時に、小さな光を与えてくれた人達によって、
今の自分は生かされているのだと。

彼の演技に高校時代の面影を探しながら、
僭越ながら、本当にいい役者になったと感動した。
練り上げられた脚本もさることながら、出演する役者陣の演技力の高さが
圧倒的だった。
夢を追う彼の背中に、たくさんの希望を感じながら、
私にもまたひとつ、新たな目標が定まった。

今は他界してしまった親友とも、たくさんの芝居を観に行った。
人は芸術に触れる時、そこに自分の原点を探しているのだろうと思う。

たくさんの気付きを与えてくれた、有意義な時間にありがとう。

スポットライト (1)

スポットライト (3)


When I had started to be interested in the play, I was in high school.
There are temperature sense of the raw human play, and teamwork and
a sense of accomplishment that make up it.
There also depth of sensibility that can be shared by simply being in the
same space.
There is something that would have been fascinated by far than the world
of television and movies.

The other day, I watched the play "Unladylike Women" that my high school
friend attended.
My grandfather passed away in Siberia internment and my grandmother was
a war widow,
For me, it was a work of profound themes than I had imagined.
My grandmother brought up three daughters by herself.
It must been a life style under pressure to be needed.

We live in their own intention, or be kept alive by something.
In fact, the former way looks freedom, but it might be painful harsh.
Some purpose, or because being alive to the presence of loved ones,
Every day people, might have thanks and hope.

The spotlight of life is never to be judged by its magnitude.
It's important to receive it in any way, and to change to the own light.
Now I have been alive by people who gave me a small light when I was painful.

While I was looking for the remnants of young age,
Presumptuous while, I was impressed that he became a really good actor.
I was shocked by the high acting ability of actor team more than elaborated
screenplay,
It was overwhelming.
On his back chasing the dream, while feeling a lot of hope,
My new target has been settled.

I had watched a lot of play with my close friend who had passed away.
When a person is touching the art, I think probably he/she is looking for their
origin there.

I thank for the meaningful time that gave me a lot of notice.

スポットライト (5)


成田カイリ ブログ

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

本業の傍らで綴るブログをうたうこの場所で、
クラウドファンディングを募る友人の後押しをしたことは、
本来あるべき姿ではなかったかもしれない。

最初のスタートダッシュで躓きかけたのは、
有償の仕事ではなく、友人として相談を受けていた私自身の甘さゆえだった。
諦めない勇気を伝えたい。
彼女の想いを文字にするための、道のりは険しかった。
彼女のことを伝えきれていないことが、もどかしくてたまらずに、
四方八方からテコ入れしたけれど、途中何度も不安が頭をよぎった。

最終日。
猛烈なラストスパートに拍車をかけてくれたのは、私の小学校の同級生達だった。
偶然、近日開催する同窓会のために、幹事の皆が必死で仲間を繋いでくれた場所で
呼びかけさせてもらった。

想像を超える反響。
いや、彼らなら分かってくれると信じたからこそ、私はあの場で伝えようと思ったのだ。
手続きに戸惑い、何度もエラーが出たとメッセが飛び交うなか、
最後の数分まで、面識もない人を応援しようと、仲間同士が声をかけあってくれた様子を、
私は地球の裏側で祈る思いで見守っていた。

四半世紀も会っていない友人が、手を差し伸べてくれたことが、こんなにも嬉しくて。
今はただただ、感謝の意を示すことしかできないけれど。

「正しく強く美しく」そして「友愛の心」。
物心ついた頃から、私達の脳裏にずっと刷り込まれてきた言葉。
北原キヨ先生の教えが、今でもこうして育まれていることへの感動を伝えたい。

皆さんの後押しに支えられてこそ、応援するパッションを持ち続けられる。
奇跡は必ず起こるかもしれないと信じる人のところにやってくるから。
ようやくスタートラインに立った彼女を、また一緒に応援してください。

みんな、一人じゃない。

スタートライン (1)


Though this blog should be spelled beside the core business.
I cheered up my friend to raise the Cloud Funding,
It might was not the way it should be original.

It was nearly stumbling in the first start dash.
I didn't have enough time to think her project since she has asked me to
consult just as a friend.
We wanted to tell the courage to not give up.
The way to spell her feelings in the words was very hard.
We've not able to find the way how to tell real her, anxiety had come to
my mind many times.

Last day.
It had been spurred furious sprint, by my elementary school classmate.
By chance, it was the timing the reunion to be held soon,
I asked them in a network where the organizer connected desperately fellow.

We got the reaction beyond the imagination.
Precisely because I believed they understand her, I was going to tell in that
place.
I received a lot of message that an error came out many times with the confusion
in the proceedings.

Until the last few minutes, they tried to cheer even people without acquaintance,
the fellow helped each other.
I was watching to pray in the other side of the world.

Old Friends I have not seen more than a quarter of a century, gave me a helping
hand. I was so pleased.
Simply just now, and I can only show my appreciation to them.

"Be correct, Be strong, Be beautiful" and "Fraternity Heart."
We have these words that had been imprinted much in our heart.
I want to tell the excitement of the things that the teaching of our principal,
Ms Kiyo Kitahara,has been nurtured in this way even now.

I can continue to have a passion to cheer by what supported to boost everyone.
I believe the miracle happen to people who believe it might always happen.
Please support her together again, she stands on the start line now.

Everyone is not alone.

スタートライン (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

29

12

12-1


いつの世にも、世界中のどこにでも、いわゆる名人と呼ばれる人がいて。
人より抜きん出た才能を持っている人に限って、自分のことを「ごく普通の人」だと言う。

一方で、自分のことを徹底して「マニア」だと認める人がいて。
この蕎麦職人は、御自身のことを「蕎麦オタク」だと公言される。

ニューヨークに住む「蕎麦好き」で、彼のことを知らない人はいない。
毎日何百食という手打ち蕎麦を、自分の足でたくさんのお店に届けている。

蕎麦を打つ彼の真剣な横顔に、側で見ていたアメリカ人がどんどん惹き込まれていく。
出来立ての蕎麦を手にした子供の笑顔で、ようやく彼の頬も緩んだ。

諦めることなく、とことん自分の好きな道を究める姿は美しい。
世界に誇れる日本の食文化を、もっとたくさんの人に伝えたい。

55

49



Anytime or anywhere in the world, there are people so-called expert.
The people, who have a stand out talent than people, say their own to be the "everyman".

On the other hand, some people say their own it's "mania".
This buckwheat craftsmen, is professed himself to be a "buckwheat geek".

There are no "buckwheat lover" living in New York, who do not know him.
He has delivered hundreds meals of handmade buckwheat to a lot of shops.

The American audience on the side would be attracted more and more to
his serious profile who hit the buckwheat.
When kid smiled holding fresh buckwheat in hand, finally his smiled.

Without give up, the appearance that people do thoroughly their favorite road
is very beautiful.
I want to tell more people Japanese food culture to world-class.

35

35

22


You could try Japanese Soba Noodle made by Mr.Kotani in New York.
AZABU New York

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

梅雨生まれのせいか、蒸し暑い夏が大好きで、
どんどん日が長くなる季節は、それだけで気分が高揚してしまう。

一年で一番昼間の長い日。
ここから寒い冬へのカウントダウンが始まっていることが信じられない。

見上げた空に勇気づけられる。
ほら。まだ夏が始まったばかりだと。

夏至 (2)


Perhaps because I was born in the rainy season, I love hot and humid
summer.
I like the season that day time gets longer and longer.

It is the longest daytime of the year.
I cannot believe that from today the countdown starts to the cold winter.

I was encouraged by the sky that looked up.
Well. Still the summer has only just begun.

夏至 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨークは、日本から見るとほぼ地球の裏側。
夏時間の今は、14時間の時差がある。
日本が寝静まった頃、ニューヨークが活気を帯びて、いろんなことが動き出す。

物理的な距離はもちろんだが、この時差というのがクセモノで。
仕事でもプライベートでも、朝と夜というテンションの違いによって、
大きな温度差を感じてしまうことが多々ある。

過日、とても辛い悩みを相談された。
日本の夜中に一緒に語り、真剣に悩み抜いたのに、
朝起きたら、本人はごく普通に日常に帰っていった。
今日、とても嬉しい成果があった。
すぐに喜びを伝えたくとも、日本は真夜中で。
温度のない文字でメッセージを送っても、この興奮は伝わらない。

思いを叶えるためには、まず自分が具体的に動くことをモットーにしているけれど、
人を動かすということがどれほど大変なことか。
自分のために誰かが動いてくれるということは、
決して当たり前なんかじゃない。

この温度差を超えて、人と夢を繋ぐこと。
スタートラインに立たせるまでが、私のミッション。
明日はきっと、新しい朝がやってくる。

温度差 (2)


New York is located the back of the nearly Earth when viewed from Japan.
Now of daylight saving time, there is a time difference of 14 hours.
When Japan is asleep, New York is tinged with vibrant, many things starts
to move.

The physical distance of course, because this time difference is in the ruffian.
Even in private also at work, and by the difference of the tension of morning
and evening,
There are many things that I would feel a large temperature difference.

One day, I was consulted very painful trouble.
Even though we spoke together and discussed seriously in the midnight in Japan.
He went back to routinely daily life easily when he wake up next morning.
Today, there was a very happy outcome.
I wanted to immediately convey the joy, but Japan was in the middle of the night.
Even I sent a message in letters that had no temperature, this excitement was not
transmitted.

My policy is; in order to fulfill the think, first, I move specifically.
But people doesn't understand how difficult to catch people's heart and ask something.
Moving someone for you is never not a commonplace something.

Beyond this temperature difference, I will connect people and dreams.
Putting someone on the start line is my mission.
I'm sure, a new morning comes tomorrow.


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

デルタ

デルタ(2)


ニューヨークに移り住んで15年以上になるけれど、日常生活の動線となる範囲は
本当に限られている。
マンハッタン近郊であっても、まだまだ行ったことがない所ばかり。

先日、熱狂的な野球ファンでなくても一度はのぞいてみたいといわれる場所に
足を踏み入れる機会をいただいた。
米国の野球場にはいわゆるクラブラウンジというのがあって、
様々な企業が会員制のラウンジを設置運営している。
なかでもヤンキースタジアムの「デルタスカイ360スイート」は、知る人ぞ知る、憧れの空間。
一般客とは別の入り口から入場し、そのまま上層階へのエスカレーターで
ラウンジへと向かう。

年中天候を気にせず観戦を楽しめるそこには、何ともセレブな雰囲気が漂っていた。
ラウンジ名物の寿司バーで握ってくれた「タナカロール」とビールを手に、
内野席まで降りていくこともできる。
室内の大画面で選手の表情を見ながら、フィールドから生の声援が聞こえるのも、
乙な気分が高まる。

なかなか点数の入らないスローなゲームを流し見しながら、
幼少の頃、父に連れられて行った西武球場を思い出していた。
外野席でビールが飲みたいからと、毎年後援会に入って、
帰りは混雑するからと、行きがけに買った切符をなくしては、叱られた。
記憶の断片をかき集めると、言葉にならないノスタルジーに襲われる。

すべての瞬間は、思い出づくりのためにあるのかもしれない。
美化された思い出に頼って、人は生きていくのだと。

デルタ(5)

デルタ(12)

デルタ(4)

デルタ(6)

デルタ(3)


I had lived in New York more than 15 years, but the flow line of daily life is
really limited.
There are many places that I've never been even near in Manhattan.

The other day, I received the opportunity to enter in a location that is said
everyone wants to go to see even if they are not enthusiastic baseball fan
At the baseball field in the United States, there are so-called club lounges.
Various companies operate a membership-based lounge.
“Delta Sky 360 Suite” of the Yankees stadium, people in the know, is space
of longing.
We entered the customer admission from another entrance, and headed to
the lounge by the escalator to the upper floors.

People enjoy the baseball watching without worrying about the weather
year-round there.
There had been drifting downright celebrity atmosphere,
It is also possible to go down to the infield seats, taking the "Tanaka roll" of
the sushi bar and beer.
While watching the players on the big screen in the room, also hearing the
cheers of raw from the field, excited mood is enhanced.

While watching the slow game, I had remembered the Seibu Stadium, where
my father took us in childhood.
We entered the yearly membership because he wanted to drink beer in bleachers.
I was scolded that I lost the return ticket that we bought it before the congestion.
Scraping together the fragments of memory, I was attacked by a nostalgia
that is not in words.

All of the moment, might be for making memories.
People live, relying on beautiful memories.

デルタ(8)

デルタ(11)

デルタ(10)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next