Blog

Finding Summer (1)


マンハッタンはすっかり夏の気候になったけれど、アップステートからは
まだ夏が遠い。
東京から軽井沢あたりの避暑地に行くと、こんな気分になるのだろうか。

郊外の空気を楽しみつつも、都会のざわめきに戻りたくなる。
人間はいつだって、ないものねだり。

Finding Summer (5)
Finding Summer (6)


Although Manhattan was completely become a climate of summer, it was still
cool in the up state.
If I go to summer resort per Karuizawa from Tokyo, I will be in such a mood.

While enjoying the suburbs of air as well, I want to return to the urban bustle.
Human beings have always desiring too much.

Finding Summer (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

梅雨明け頃の予定日を待ちきれずに、ずいぶん早くこの世に飛び出してしまった。
一歳上の姉がいたから、両親も周囲も男の子の誕生を待ちわびていた。
産気付いた母を病院に託して出張に出ていた父は、女児誕生の知らせに、
落胆の思いを半分抱え、やや重い足取りで帰宅したらしい。
時の記念日生まれの「ときこ」。
父の頭に思い浮かんだのは、そんな名前だった。

母が朝刊で「3歳の○○美香ちゃん、富士登山」という記事を見つけたのは、
出生届け期限当日の朝。
「女の子でも、たくましく育ってほしい」
未熟児同然で小さく生まれた赤ちゃんは「美香」と名付けられた。

それから何十年も経って。
前夜のカウントダウンに始まって、当日朝から深夜、そして後夜祭まで。
本当にたくさんの「おめでとう」をいただいた。
数秒でも数分でも数時間でも。
その時だけは自分のことを想ってくれる仲間がいるということは、
こんなにも心強い。
こういうささやかな気遣いこそが、人繋ぎ、ハート繋ぎの原点なのだと痛感した。
自分の周囲にいる人が皆「ほんの少しの思いやり」を大事にする人ばかりだからこそ、
今の自分に足りないものを、日々学ばせていただける。

いくつになっても「おめでとう」を言っていただけるのは、本当に嬉しくて。
いただいた愛の数だけ、皆さんにも愛と感謝を贈ります。
この世に生まれたことが、最大の贈り物。

生誕祭


Without waiting for the due date of around end of the rainy season, I had
jumped into the world much sooner.
Because they had one-year-old daughter, parents and family had been
waiting the birth of a boy.
My father entrusted the production noticed mother to hospital and went
out on a business trip.
He had returned home with a heavy gait, hearing the news of the girl birth,
while holding a discouragement of thought.
He will name a girl "Tokiko" of born on the anniversary of time.
He did not have any other idea.

My mother found an article in the morning paper that was; " Mika of 3-year-old,
climbed Mount Fuji."
It was a morning of birth registration deadline day.
"Hope growing up strongly in the girls."
A small baby of prematurity was named "Mika".

Then in later decades.
It was from on the eve countdown, continued through three days until next day.
"Congratulations," has been awarded from a lot of friends.
Even in a few seconds, even in a few minutes, even in hours.
The fact that I have fellow that only think of me at that time, is so much reassuring.
Only this kind of modest concern, connecting people, is the basic of the mind
connection.
Because people who are on the periphery to care of someone with "a little bit
of compassion",
I can thereby learn every day those that I do not have enough right now.

We feel really happy if we receive "Congratulations" even in any age,
After I received your love, I also send my love and gratitude to everyone.
Born in this world was the biggest gift.

生誕祭 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

地下鉄アート (2)

地下鉄アート (5)

地下鉄アート (4)


ニューヨークという大都会で、ふと寂しくなった時。
同じ学び舎で過ごした、同窓生の存在に救われることがある。
在学中は面識がなかったとしても、離れた場所で繋がる絆は頑なだ。

大学の大先輩でもあるアーティストにお声掛けいただいて、
地下鉄アートのエキジビションに行ってきた。
オープニングレセプションには大勢のファンが集まって、
それぞれが、それぞれの地下鉄アートへの想い出を語り合っていた。

留学生時代、想像していた以上の勉強の大変さに音を上げそうになった。
日本の友人達から送られてくる楽しい宴の写真さえ見られなくなり、
やり場のない想いを抱えて地下鉄に乗り込んだ時、
ホームレスが歌う「アベマリア」の声に救われた。
顔を上げると、駅のホームにステンドグラスのアートがあった。

ありふれた日常に、アートがあふれる生活。
たくさんの人々の、たくさんの想いを乗せて走るニューヨークの地下鉄に、
希望の光を感じた。

50年以上もニューヨークで活動されている先輩の偉業もさることながら、
彼女が自ら頭を下げて後輩に御挨拶されてまわる姿が印象的な夜だった。
私もあんな風に生きたい。

地下鉄アート (6)

地下鉄アート (1)


I went to the subway art exhibition since I was invited by a senior of my
university.
The opening reception was so crowded by many fans.
Respectively, they talked the memories to each of the subway art.

Students age, I had hard time to study more than I had imagined.
Even I was no longer to enjoy seeing the photos of fun feast that Japanese
friend sent me.

When I boarded the subway by suffering with unfocused feelings
I was saved by the voice of "Ave Maria" that a homeless sang.
When I looked up, there was a stained glass art at the plat home of the station.
In New York, to the common every In New York, to the common every day and
life art are overflowing.
I felt the light of hope in the New York subway which runs putting a lot of people
and thought.

Even more than the feat of seniors that have been active more than 50 years in
New York,
I was impressed that she greeted to junior in polite.
I also want to live like that.

地下鉄アート (9)

地下鉄アート (8)

地下鉄アート (7)


アーティスト野田貴世
Society of Illustrations, The Museum of American Illustration

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨークからの贈り物 (3)


人間だから。
自分が苦しい時、世の中で平然と生きる人達を羨ましいと思う。
自分以外の人間が、どうしてこんなに輝いて見えるのかと思う。

でも、人間だから。
あることがキッカケで、立ち直れることだってある。
誰かの言葉だったり、音楽だったり、好きな人の存在だったり。
そんなキッカケこそが、人生のギフトだという。

私にとって、娘はまさしくギフトだった。
五体不満足な彼女が生まれて、私はたくさんのものをもらった。
人より10倍ゆっくり成長する彼女を見ていると、
まだ私にも何かできることがあるかもしれないと頑張れる。

***

今、応援したい友人がいる。
長く心に病を抱えていた彼女が、絵と出会ったことで自己肯定できるようになったという。
計り知れないほどの悲しみと苦労を乗り越えられたのは、
絵というギフトに出会ったからだと。

何かを克服した人は、強くて優しい。
痛みを知っているからこそ、相手を思いやれる。

人生のチャレンジは、いくつになってからでも遅過ぎることはない。
諦めさえしなければ、いつかきっと希望に繋がると信じたい。

彼女にとってのギフトが絵との出会いなら、
私は彼女と出会えたことが、人生の宝物。
神様からの贈り物。

彼女の挑戦を、応援してください。
地球の裏側からのエールがきっと、届きますように。
そして次は彼女から皆さんへ、ニューヨークからの贈り物が届きますように。

(こちらをクリックして、是非御共有ください。よろしくお願いいたします。)

ニューヨークからの贈り物 (2)


Because we are the humans.
When you painful, you envy people who live calmly in the world.
You think whether anyone other than yourself, why shines so.

But because we are the humans.
There might be an opportunity, even it recovers by chance.
It may the words of someone, the music or the presence of a favorite person.
Only such opportunity is called the gift of life.

For me, my daughter was just a gift.
After she was born with physical defects, I got a lot of things.
When I look at her growing that is ten times more slowly,
I am taught I still I can do something for someone.

***

Now, I have a friend who I want to cheer.
She had the disease in her mind for a long time.
But she was able to self-affirmation when she started her drawing.
She might had insurmountable sorrow and hardships of immeasurably.
For her, the painting was "the gift."

People who survived from painful, are strong and gentle.
Precisely because they know the pain, they really think of people.

It is not too late to challenge of life.
If we do not give up, we want to believe that it surely lead to hope.

If the encounter with the picture was the gift for her,
The encounter with her was the treasure for me.
That was the gift from God.

Please cheer her challenge.
I surely like to send the Yale from the other side of the world.
And next time, to you from her, so that you will receive a gift from New York

(Please click here and share the link to your friends. Thank you !!)

写真転載の際は御一報ください。
Copyright@Midori_Yamada_2015

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

先週の気温、31度。
今朝の気温、11度。
この寒さのなか、エアコンの効いた地下鉄車内。これがニューヨーク。
鼻風邪がなかなか治らず、呼吸が苦しい。

今日はこの子に代打をお願いした。
何度も教えているのに、必ず同じ場所でひっかかって、基地に戻れない。
この間抜けさが、自分を見ているようで、愛おしい。

人間も機械も、完璧なんてありえない。

ピンチヒッター (1)


Last week, the temperature was 31 degrees Celsius.
This morning, it was 11 degrees Celsius.
In this cold, strong air-conditioned subway worked in New York.
I have been sick, and I'm still feel uncomfortable at breathing.

Today I asked this child to work instead of me.
And even though I have taught it many times, it cannot return to the base
by stuck in the same place.
I love this stupid kid as if I looking at myself.

There are no perfection, for human beings and machinery.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ビーチクラブ (2)


マンハッタンから車でわずか40分。
ロングアイランドにあるプライベートビーチに招かれた。

砂浜沿いにあるログハウスとシャワー、レストラン。
日本でいう「海の家」のように簡素な設備だけれど、
シーズンパスを持っているメンバーのみが集う空間には、
優雅な時間が流れている。

厳しい寒さの冬が終わった途端に、春が駆け足で通り過ぎた。
メモリアルデーを過ぎた日から突然夏が始まり、
人々は太陽を求めて、屋外で活動する。

「後で絶対に後悔する」と分かっているけれど、
ここにいると、日焼けこそがステータスという文化につい巻き込まれてしまう。

新しい水着とサンダルと、お気に入りの本。
照り付ける太陽は、もうすっかり真夏の顔を見せていた。

ビーチクラブ (3)


Just 40 minutes by car from Manhattan.
We were invited to a private beach in Long Island.

Located along the sandy beach, there are log houses and shower, and
restaurants.
And though it was simple facility like a "sea of houses" in Japan,
Elegant time was flowing in the space where only members who had season
passes gathered.

As soon as the severe cold winter was over, spring has passed so quickly.
Suddenly summer has begun from the date after Memorial Day,
People act in the outdoors for looking for sun.

I'm sure to be "regret absolutely later",
But here, I would be caught up with the culture that sunburn is social status.

I was happy with new swimsuit and sandals, favorite book.
Blazing sun had already showed a face of midsummer.

ビーチクラブ (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

サポーター (7)


昨年6月、折しも私の誕生日だった。
マンハッタンのダウンタウンで、まったく色気のない体育会系がっつりランチ。

ニューヨークの市場調査に来たという彼らのリクエストに応えて、
揚げ物、焼き物、肉、肉、魚。デザートまで食べ尽くした。

日本にある焼肉屋オーナーと聞いていたけれど、
関西弁でのノリの良いトークにすっかり惹きこまれ、あっという間に親しくなった。
その強面からは想像できないほどの繊細な気遣いや、体育会系の礼儀正しさは、
きっとすぐに地元の人にも愛されるだろうと確信した。
日本でも再会し、いろんな談義を繰り返した。

先週末、彼らのお店がついにオープンした。
あれから一年足らずで、ここまで持ってこられたのは、
彼らの実力と、それを支える力強いサポーターの存在に他ならない。

立ち上げ前からの苦労を知っているからこそ。
これからもずっと応援していきたい。
あっという間に予約の取れないお店になっていくのだろう。

またニューヨークでひとつ、新しい歴史が作られる。

サポーター (6)

サポーター (5)

サポーター (4)

サポーター (3)


I remember well that day.
It just happened on my birthday.
We ate the men's lunch at downtown in Manhattan.

In response to their request that came to New York market research,
Fried, grilled, meat, meat, fish. We were exhausted to eat until dessert.

I was heard that they were the owners of BBQ restaurants in Japan.
We became quickly acquainted with talk in good tempo of Kansai dialect.

They have more delicate care and the politeness of the athlete, that people
cannot be imagined from their figure.
I was convinced they would surely be soon also loved by locals.
Also we reunited in Japan, and we were repeated a lot of lecture.
Last weekend, their BBQ restaurant has finally opened.
Because of their ability and strong support,
It was happened in less than one year since our lunch party.

Because I know the struggle from the previous launch precisely,
I would like to support them much in the future.
It will become a shop that cannot be taken a reservation quickly.

A new history in New York will be created.
サポーター (8)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

トリック(1)


地下鉄NQR線の57丁目駅から地上に出て、7番街から東に向かう。
目の前にどんと構えるカーネギーホールに寄り添うように、尖塔が立っている。
一体あれは何だろう?
きっと誰もが頭上を見上げることだろう。

北側の歩道をゆっくり進むと、尖塔だと思っていた建物に、
次第に厚みが出てきてまた驚く。

正面に立つと、ようやく三角柱の建物であることがハッキリ分かる。
こんなに地価の高いマンハッタンのど真ん中で、
こんな風にデザインしてしまうところが、それらしい。

良くも悪くも使われる「トリッキー」という言葉が、まさにふさわしい。
こちらから見た時と、あちらから見た時とのギャップ。
人間の内面を見ているようだと思えてしまった日暮れ前。

トリック(2)


You walk from Seventh Avenue to the east after you go out on the ground
from the 57th Street subway station NQR line.
The steeple stands as snuggle Carnegie Hall in front of the eyes.
What is the heck it?
I'm sure everyone will be looking up at over one's head.

If you advance slowly on the north side of the sidewalk, you might think
that the building is to be a spire,
And you will be surprised when it gradually will get thickness.
When viewed from the front, it is obvious that it is a triangular prism of
the building.

At the center of so high land prices Manhattan,
To design in this shape is amazing.
For the word "tricky" that means of better or worse, is exactly appropriate
for this building.
There is a gap when viewed from here or viewed from there.
I feel it seems to look at the human inner surface.

トリック(3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

卵の遅延型アレルギーを指摘された2年前に、
もうひとつ検査でひっかかったものがあった。

体内に残存する有害重金属を減らすのに効果的なキレーション治療は、
米国がとても進んでいて、成人病やアトピー症状の改善も期待される。
日本の医師には、点滴でなく在宅でできる投薬治療を勧められた。

1週間のダイエットでさえ続かない私に、毎日欠かさず10数粒の錠剤を
飲むことができるのだろうか。
即効性もないし、すぐに生死に関わるわけではないと、治療を開始する時期を
うやむやにしていた。

近年、いろんなトラブルに遭うたびに、このままでは心身共に崩壊するという
恐怖に苛まれてきた。
仲間はいるはずなのに、自分の内をさらけ出す場所を失い、彷徨っていた。

4か月で1サイクル。
あんなに大量にあった薬の束が、最後の1週間分だけになった。
少しずつ、キレーションの効果が出てきていると信じたい。

助けてくれた皆さんに、ありがとうの気持ちを込めて。

キレーション


When I was diagnosed the delayed type allergy of eggs two years ago,
I was pointed out another symptom.

The United States is very advanced the chelation therapy that effective to
reduce the harmful heavy metals remaining in the body.
It is expected to improvement of adult diseases and atopic symptoms.
I was recommended by the Japanese doctor a medication rather than drip.

I am not last even dieting of a week, and I wonder I can take the 10 number
grain of tablet every single day.
It’s neither immediate effect nor immediately life-threatening.
So I had not start treatment yet.

In recent years, every time I met in various troubles, I had been tormented
by fear that remained in the collapse mentally and physically.
I had the fellow, but I lost a place where I put out my mind, and had been
wandering.

One cycle of the chelation therapy was four months.
So much a bundle of a medicine in large quantities, left only in the last one week.
Little by little, I want to believe that the effects of chelation are coming out.

To everyone who helped me, with feeling of thank.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Memorial Day (1)

Memorial Day (2)

Memorial Day (3)


アメリカには国民の休日が少ない。
たくさんの連休に加えて、正月休みやお盆休みのある日本と比べると、
アメリカ人は外から見られるイメージよりもずっとよく働いている。

貴重な連休。
「夏の始まり」といわれるメモリアルデーを前に、
今年はブルックリンのプロスペクトパークでBBQ。

カラッとした好天に恵まれ、爽やかな風が心地よい。
久しぶりに大地に横たわり、久しぶりに大きな空を見上げた。

同じ空の下で、たくさんの人生が綴られる。

Memorial Day (5)


National holiday is fewer in the United States.
Compared to Japan that has New Year holidays and the Bon vacation,
in addition of a lot of holidays,
Americans work much better than the image from the outside.

It was a precious consecutive holidays.
The day before the Memorial Day that called "the beginning of the summer",
We had BBQ party at Prospect Park in Brooklyn this year.

Blessed with good weather, we enjoyed the refreshing wind.
After a long time, I lay down on the ground, and I looked up at the big sky.

Under the same sky, a lot of life is spelled.

Memorial Day (7)

Memorial Day(8)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

どこでもアート (1)


世界で最高峰のデパート、バーグドルフグッドマン。
毎年の総決算ともいえるホリデーシーズンのウィンドウディスプレイが
突出しているけれど、
日常的なディスプレイも、それはそれは見事なもの。

マルニのドレス、ルブタンの靴。
日常的にそれを纏えるセレブの世界は遠い場所にあるけれど、
このアーティスティックな空間で夢を見るのは悪くない。

ウィンドウを眺めゆく人々の様子を見るのもまた楽しくて、
やっぱり世界の流行を先取る場所だと実感する。

ニューヨークの街は、どこをとってもアートになる。

どこでもアート (2)

どこでもアート (3)


Bergdorf Goodman is the highest peak of the department store in the world.
The window display of the holiday season is said that the annual top line in
the year project.
But the daily display is stunning too.

The dress of Marni, The shoes of Christian Louboutin.
The world of celebrities who routinely wear them is in the distant location.
But it is not bad to see the dream in this artistic space.

It is also fun to watch how people react to the window,
I realize that it is the scene that still takes before the outbreak of the world.

New York city produce all arts in anywhere.

どこでもアート (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ



Next

Go Rangers (5)


NHL(ナショナルホッケーリーグ)スタンレー杯の優勝争い、
プレイオフに、NYレンジャースが進んでいる。
国民的スポーツといえる、野球、フットボールに続く人気スポーツが、
アイスホッケーであるから、
普段あまりスポーツ中継を観ないニューヨーカーでも、
その行く末がちょっと気になったりしている。

今朝の通勤時間。
マンハッタンのオフィス街にあるブライアントパークでは、
今夜のイベントのための準備が進められていた。
今夜の試合を野外の大画面で見るために、レンジャースのOB達もやってくるらしい。

マンハッタン内のバーでも歓声が響き渡っている今宵。
明日のニューヨーカーの挨拶に、歓びがみなぎっていることを期待しよう。

Go Rangers (1)

Go Rangers (3)


NHL (National Hockey League) Stanley Cup championship,
NY Rangers is progressing in the play offs
It can be said that the national popular sport followed by baseball, football,
and ice hockey.
So even New Yorker, who do not watch too much sports relay usually,
is little anxious about the result.

It was a commuting time in this morning.
The Bryant Park of the business district in Manhattan,
It had been under preparation for tonight's event.
In order to see tonight's game on the outdoor big screen.
our Rangers OB also apparently will come.

The cheer is echoed even at bars in Manhattan tonight.
Let me hope the full of joy for the greeting of New Yorkers tomorrow.

Go Rangers (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

森林浴 (2)


マンハッタンの昼下がり。
木々の新緑が目にまぶしい。
行き交う人、行き交う車。
無機質なものにも、生命力がみなぎる季節。

寒さで震えていた頃が嘘のように、
人々の表情の明るさが嬉しい。

街中に緑が加わるだけで、
通勤途中の景色が変わる。
気持ちが変わる。
新しい自分が、きっといる。

森林浴 (3)

森林浴 (4)


It was afternoon in Manhattan.
Trees of fresh green are dazzling to the eye.
People come and go, cars come and go.
In inorganic ones also, season vitality is overflowing.

It was like an illusion that I was shivering in the cold,
I was glad the brightness of the expression of people.

Green in the city changes the world of my day.
New you are surely there when feeling changes.

森林浴 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

色彩感覚 (7)


ニューヨークが特に暑いのは5月から7月といわれる。
先月まで雪がちらついていたのに、春を迎えた喜びに浸る間もなく、
いきなり夏の日差しが街を照り付ける。
いたるところにノースリーブとショートパンツ姿が溢れている。

日頃、ゆっくり買い物に行く時間もないので、
毎シーズンの初めに、一気に衣類を買い揃えるのがならわしで。
目が痛いほどギラギラした原色が並ぶ子供服コーナーを眺めながら、
頭を抱えてしまう。

欧米人がハッキリした色を好むのは、その眼球の色が一因であると
医学的にも証明されているという。
確かに、靑や緑の瞳は美しい。
でも、「あいまいな色彩」を感知できるアジア人の黒い瞳が好き。

夏服を買う前に、クローゼットの断捨離と、気持ちの断捨離をしなければ。
一年で一番好きな初夏の季節を楽しむために。

38 HDR

色彩感覚


New York is said to be especially hot from May to July.
We have flickering snow until last month, and have immersed in joy that greeted the spring.
Suddenly summer sun shines the city.
Sleeveless and shorts figure are everywhere to everywhere.

Since I don't have time to go shopping daily,
At the beginning of every season, I buy season's clothes in one time.
While watching the children's clothing corner, I was annoyed that
primaries were glaring my eyes painfully.

Medically, it is proved that a cause that Westerners prefer the clear
color is an eye color.

Certainly, blue and green eyes are very beautiful.
But, I like the dark eyes of Asians who have sense to catch ambiguous color.

Before I buy summer clothes, I have to clean up my closet and my mind
in order to enjoy early summer as my favorite season in the year.

色彩感覚 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

都会の雑踏が好きなのは、寂しさから逃れるため。
田舎の景色が好きなのは、空に希望を繋ぐため。

飛行機に乗る前の数時間。
そのほとんどが移動に費やした時間だったけれど。

ちょっと足をのばせば、いろんな発見がある。
大事なのは、どこで誰と呼吸をするか。

共有 (2)


I like the urban hustle and bustle, in order to escape from loneliness.
I like the countryside views, in order to connect the hope to the sky.

It was a few hours before the ride of an airplane.
And though the most was the time spent with the movement of the train.

If I move a little, there is a lot of discovery.
The important thing is the circumstance for breathing.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

時間旅行 (2)


日常の隙間に、広がる刹那。
緑鮮やかな景色に、呼吸を合わせてみる。

一分一秒が愛おしい時間のはずなのに、
一分一秒を無為に過ごしてしまう。

ただそこにあるだけでいい。
ただそこにいてくれればいい。

その存在に、生かされている。
その存在が、生きる希望になる。

時間旅行 (1)

時間旅行 (5)

時間旅行 (4)

時間旅行 (6)

時間旅行 (7)


The moment was spread the gap between the day-to-day.
I tried to adjust the breathing with green vivid scenery.

All moment was supposed of endearing time,
But I spent the time idly.

You only need to be there.
You just need to be there.

By its presence, I am kept alive.
By its presence, I will hope to live.

時間旅行 (8)

時間旅行 (9)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

交差点 (2)

交差点 (1)


昨日のニューヨークは空が高くて、
ぽっかり穴が開いた心を見透かされたようだった。
冷たい風を受けた肌寒さに、
しまいかけていた革ジャケットを取り出した。

目の前で運命が交錯する。
無言で通り過ぎる人。
声をかけてくれる人。
痕跡だけ残した立ち去る人。

交差点ですれ違うだけとしても、
点と点が繋がる場所がある。
その線を思い描くのが、私の役割だから。

振り返ることなく、進んでほしい。
いつか必ず、私が見つけるから。

今日またひとつ希望を見つけた。
初夏を迎える前の青い空が、教えてくれた。

交差点 (4)

交差点 (3)


The sky in New York was very high yesterday.
I felt alone as if there was a hole in my heart.
It felt chilly that I had received a cold wind,
I took out the leather jacket that I put in the closet.

Fate is crossing in front of the eye.
Someone who pass by in silence.
Someone who call me out.
Someone who leave only a trace.

People pass each other at an intersection,
I believe there is a place where point and point leads.
My role is to connect the line.

I want to let you go without having to look back.
Someday sure, I will find it.

Today also I found one hope.
Blue sky taught me it before the early summer.

交差点 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Japan Day(1)

Japan Day(2)

Japan Day(3)


新緑まばゆいセントラルパークに、のべ5万5000人のニューヨーカーが大集合。
蒸し暑い太陽の日差しに眩暈を感じながら、私は舞台袖で一人のアーティストを
見守った。

***

まったく面識のなかった彼から初めて依頼を受けたのは、昨年のこと。
惚れ込むほどの才能を感じながらも、世界の中心ニューヨークへの挑戦を、
どのようなかたちでスタートできるのか、大いに悩んだ。
ただ「応援する、全力でサポートする」と決めた自分に真っ直ぐでいたいと思った。

奇跡が起こり始めると、アーティストは懐疑的になり、私は自信を失った。
寄りかかる場所も時間もなかったけれど、前に進む以外の選択肢はなかった。
具体的に動き続け、ようやく呼吸が合い始めると、また新しい奇跡が起こった。

***

たった20分の持ち時間で、2作品を描くというミッションを終えた時、観客の大歓声が
聞こえてきた。
描かれたマンハッタンの街並みは、私が初めてニューヨークに降り立った気持ちそのもので、
思わず目頭が熱くなった。

華々しいNYデビューを飾った彼は、ここから大きく羽ばたいていくのだろう。
でも2015年のNYで、ブルックリン橋から覗いた摩天楼や、
ビルの狭間のさびれた階段を見つけて喜んだ気持ち、
一緒に機材を運んで流した汗を、いつかきっと思い出してと願う。

Japan Day(4)

Japan Day(5)

Japan Day(6)


About 55,000 people of New Yorkers gathered in the fresh green dazzling
Central Park.
While I felt the dizziness to sultry sunshine, I was watching an artist on the
stage from the side.

***

I had received the first proposal from him who had no acquaintance at all
at the end of last year.
Even while I felt falling in love about his talent, I worried a lot what I can do
for his challenge to the central New York of the world.
But I wanted to be honest to my mind that I decided "I would cheer and
support him with my best"

When the first miracle happened, the artist became skeptical, and I lost
confidence.
I lost the space to put the heart, but I had no time.
So I had no choice but to go forward.
We continued to move specifically, finally our breathing began to fit, also
other miracles happened.

***

When he finished the mission to draw two works in just 20 minutes of
allotted time, I heard large Yale of spectators.
Drawn Manhattan skyline was the feeling itself that I first landed in New York.
My tears came out naturally.

With spectacular decorated NY debut, he would go to the world from here.
But in NY of 2015, we watched the skyscrapers from the Brooklyn Bridge.
We rejoiced that we found the deserted stairs of the building.
We sweat flowed together for carrying the equipment.
I hope he surely remembers all of them in the future.

Japan Day(7)

Japan Day(8)

Japan Day(9)


LIVE PAINT ACT.
Japan Day 2015
Takeshi_Sato_Japan Day

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

灯りの消えた自宅に、スイトピーの花が咲いていた。
最近、ゆっくり話も聞いてあげられていない。

ごめんね。
母の日もお仕事です。

こんな背中しか見せてあげられないけれど、
貴方達を誰よりも愛している。

Mother's Day


When I came home in the night, the bunch of sweet pea had bloomed.
Recently, I was too busy to hear their story.

I'm sorry.
I have to work on Mother's Day.

Though I am not an excellent mom,.
I love you guys more than anyone else.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

疾走 (1)


たった一枚の絵を、時間をかけて眺めるのが好きなのに、
数百枚の絵を、あっという間に見ないといけないという状況で。

ストレスを置き去りにしてしまったあの場所に。
いつかリベンジにいかないと。

疾走 (3)


I like to look the only one piece of the picture though over time.
But I had to watch the several hundred pieces of painting in short time.

I've left my stress to that place behind.
Someday I will go to revenge.

疾走 (2)

疾走 (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ツツジ


今年は季節の流れが早いのか、庭園の景色がより華やかだった。

大切な友人に招かれて過ごした、大切な時間。
会うだけで元気になれる人とは、いつでも会いたい。

自分を必要としてくれる人がいることが、
こんなにも心強い。

ツツジ (5)

ツツジ (2)

As if the seasonal flow was very quick this year, the view of the garden
was more ornate.

I spent valuable time by being invited from my precious friends.
I want to meet the people who give me energy at any time when I just
meet.

That there are people who need my own give me passion to live.

ツツジ (4)

ツツジ (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

たくさんの葛藤はあったけれど、応援すると約束した。
傷付くこともあったけれど、約束を貫いた。

人の心を動かすために必要なこと。
自分の役割をきちんとまっとうすること。

誰一人が欠けていても出来なかったことがある。
その先にあるものに、期待をこめて。

あのとき樹氷に誓った想いは、天空に白い花を咲かせた。
気持ちを支えてくれた友人達に、たくさんの感謝をこめて。

門出 (2)


Although there were a lot of conflicts, I promised to cheer you.
Although someone hurt my feeling, I ended up the promise.

It was needed to move the human mind.
It was needed to accomplish one's role properly.

There was thing we could not do even if one person missing.
All hope will connect to the future.

By the wish I swore to the rime that time, white flowers were blooming in the sky.
I really appreciated my dear friends who supported my heart.

門出 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

美しく綴られた文字。
心のこもった日本語の美しさが心に響く。

たくさんの出会いの後に、こんな風に御礼を伝えてくれる人がいること。
日本人であることを誇りに思う瞬間。

明日もまたこんな風に喜んでくださる誰かのために。
誠意を持って、具体的に動くこと。
ただただ、動いてみよう。

御礼状


There were beautifully spelled characters.
My heart was knocked by beauty of Japanese.

After a lot of encounter, there were people who told thanks me in this way.
It was moment I was proud to be a Japanese.

To someone who will be grateful like this.
I will act myself in good faith.
Let me act for you.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Girls (3)

Girls (5)


イタリア人街の北部、ノースオブリトルイタリー(North Of Little Italy)を
ノリータ地区と呼ぶ。
かつてソーホー地区にあったような小さなブティックが並び、たくさんの流行が
この地から生まれていく。

春めいた昼下がり、某人気テレビドラマの撮影が行われていた。
溢れかえるほどの人だかりだが、聴衆は決して騒ぎ立てたりしない。

淡々と撮影風景を遠巻きに眺めるニューヨーカー達。
ここからまたどんなドラマが生まれていくのだろうか。

Girls (7)

Girls (4)


The district of North of Little Italy is called ”Nolita”。
There lined with small boutiques, such as they were in the Soho district.
A lot of epidemic has born from this area.

One day in the early afternoon, a shooting of a popular TV drama had
been carried out.
There were so many audiences, but they never fuss.

New Yorkers were watching the landscape afar shooting indifferently.
Amazing drama will be born from here to the world.

Girls (1)

Girls (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Wedding Ceremony (5)

Wedding Ceremony (1)


週末のたった1日だけ、突然気温が25度を上回った。
雲ひとつない真っ青な空が、心も晴れやかにしてくれる。

コロンビア大学の教会を借り切って、
本当に親しい人だけを集めた結婚式。

神父もヘアメイクもカメラマンも。
私がいつもお世話になっている人達が、
新郎新婦のために、力を尽くす。

その光景が美しくて、裏方の姿を必死で追った。
陰で支える人がいるからこそ、主役が輝くのだと。

手作りのウェディングケーキが無事届いて、
楽しい宴は夜遅くまで続いた。

こういう人の御縁こそが、一生の宝物。
末永くお幸せに。

Wedding Ceremony (3)

Wedding Ceremony (2)

Wedding Ceremony (6)


Only a single day of the weekend, suddenly temperature exceeded
25 degrees.
Cloudless blue sky made my heart blooming.

Only really close people gathered to the wedding ceremony at the
Church of Columbia University.

A father priest, hair & make-up artist, and a photographer.
My favorite people did a force for bride and groom.

Since that sight was beautiful, I was followed the figure desperately
behind the scenes.
Precisely, the protagonist was shined by the people who supported
behind.

Handmade wedding cake arrived later,
Fun party lasted until late at night.

Such the edge of people is the treasure of life.
Hope your happiness forever.

Wedding Ceremony (7)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

長いことずっと、一緒にやってきた。
よちよち歩きの我が子が育っていくのを見守る母親の気分で、
しっかりひっそり見守ってきた。

でもいつの頃からか、自分は一人きりで、
孤独な戦いを強いられているように、感じてしまっていた。
眠れなくても、食べられなくても、弱音は吐けなかった。
張りつめていた気持ちを、吐き出す場所を探していた。

「貴女が仲間でないと思ったことなど一度もない」
「貴女に助けてもらったこと、言葉に出せなくても感謝している」
「僕にとっても会社にとっても、かけがえのない存在」

イーストビレッジのバーで、流してくれた涙を、
私は絶対に無駄にしない。
絶対に守ると決めたから。
全力で応援する私を、これからも見守ってください。

決意


I had done together for long time.
As if a mother watch a toddler,
I've been watching them quietly and firmly.

But I felt alone from last year,
I was feeling to be forced to lonely battle.
Even if I could not sleep, even if I could not eat, I did not complain anywhere.
I was looking for a place that I give the feelings that had been tense.

"I had never thought that you were not a fellow."
"Even without the words, I am grateful that you helped me a lot."
"You are precious person for me and our company."

I will never waste your tears that I saw at East Village bar.
I decided to protect absolutely.
Please encourage me to cheer at best.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

大人の箱 (4)


自宅のテーブルに、オレンジ色の箱を見つけた時、
胸の高鳴りを感じた。

箱の中には三色に美しく焼き上げられたマーブルデニッシュが入っていた。
京都のお土産だという。

20代の頃に憧れて、身分不相応な手帳を買った。
オレンジ色の小箱を手にした時、少しだけ大人の女性に近づけた気がした。
手帳は今でも私の時を記してくれる。

時を経てからも、永遠に憧れのブランドであることに間違いはなく、
世界中の女性が、オレンジ色の箱にうっとりするのだ。

いつかきっと、それに相応しい大人を目標に。

大人の箱 (3)

大人の箱


When I found an orange box on the table at home,
I felt the throbbing of the chest.

There was a three colored, beautifully baked, Marble Danish in the box.
That was a souvenir of Kyoto.

Because I looked up to the brand, I bought the disproportionate notebook in my twenties.
When I got a small orange box, I felt I was close to the adult woman only a little.
The notebook still writes down my time.

After many years, it was still a longing brand forever,
If women of the world look at the orange box, they would be entranced.

I hope I would be an adult who appropriate it.

大人の箱 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

春満載 (3)

春満載 (5)


人の一生を四季に例えると。
10~20代、新しい生命が芽生える春。
30~40代、太陽のエネルギーみなぎる夏。
50~60代、収穫期というべき実りの秋。
70代以降、人生の総決算を楽しみながら、静かに過ごす冬。

まだ夏の時期にいる今を愉しみつつ、
充実した実りの時期を迎えるために、想いを巡らせる。

こんなにたくさんの春に囲まれながら、
自然の偉大さを噛み締める。

自分のちっぽけさを疎ましく思いながら。

春満載 (2)

春満載 (4)


I compare the life of people in four seasons.
10-20 generations is spring that new life sprout.
30-40 generations is summer that solar energy overflowing.
50-60 generations is autumn that say harvest of life.
70s and later, while enjoying the culmination of life, is winter we spend quietly.

While I try to pleasure now that I am still in the season of summer,
I think to greet the time of fulfilling fruitful.

As I am surrounded by plenty of the spring,
I feel the greatness of nature.

I feel my puny of disagreeable.

春満載


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Never give up a dream (1)

Never give up a dream (2)


メトロポリタン美術館前の路上で見つけた露天商。
バイクの絵を見て思い出す。

自宅に一台のスクーター(いわゆる原チャリ)があった。
父が母の誕生日に贈ったものだったが、怖がりの母は
率先してそれに乗ることはなかった。
目を付けたのは、好奇心旺盛の祖母。
とうに還暦を過ぎて、70歳近くだっただろうか。
「あら、面白そうね。ちょっと乗らせてみて」
引き止める家族を横目に、あっという間に視界から消えてしまった。

東京都下の小さな町、近所を一周しても十数分のはずだった。
しかし、待てど暮らせど祖母は帰宅せず。
いよいよ事故にでも遭ったかと、家族皆で心配していたところに、
警察から電話が入った。
「お宅のおばあちゃんが、バイクの免許取るにはどうしたらいいの?って、
交番に聞きに来たので保護しています。勇気ある無免許運転ですね」

後日、家庭裁判所に呼び出された祖母を、家族皆で叱って、そして讃えた。
どこまでも好奇心旺盛で、バイタリティーの塊だった。
いくつになっても夢を追いかけること、
いくつになってもチャーミングに生きることが、
人として最大の魅力だと、祖母の生き方に学んだ。

祖母の武勇伝は尽きることがない。

Never give up a dream (4)


I found a street vendor on the street at the Metropolitan Museum of Art.
I remembered the story seeing a picture of a motor bike.

There was a motor bike (so-called a motor scooter) at my home.
It was a birthday gift to my mother from my father.
But my mother did not take the initiative to ride it since she was
scared.
And my grandmother was full of curiosity it.
She past the sixtieth birthday long ago, she would have been nearly
70 years old.
"Oh, It’s may be fun. Let me try to ride"
She left my family, and had quickly disappeared from view,

As it was a small town in the west Tokyo, she should be back soon
after she went around the neighborhood.
However, after we waited for long time, she did not come home.

When we worried that there was even an accident, there had a phone
call from the police.
"Your grandma has been protected here. She asked us where she
should go to get driver's license of bike. She was brave without a license."

At a later date, the grandmother was called to the family court.
We reproved and praised her.
She was curiosity vigorous, and a lump of vitality.
We learned from her life that we never give up a dream at any age.
And the biggest attraction as a person was to live in the charming.

Her heroic episode never ended up.

Never give up a dream (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

週末のマーケット

週末のマーケット (2)


マンハッタンのユニオンスクエアでは、週に4回グリーンマーケットが開催される。
ニューヨーク近郊から直送される食品や植物の直売が中心で、
仕入れに来るレストランのシェフや隣人、観光客、多くの人達で賑わっている。

4月に入ってようやく気温も(摂氏)二桁台に上がるようになり、
マーケットにも一気に春がやってきた。
見渡す限りの花、花、花。

可憐に生きる花たちの姿は、なぜこんなにも美しいのだろう。
日常的に花を買っていく男性の姿も、また美しい。

イースター休暇は、バカンスに旅立つのが当たり前のマンハッタン。
少しだけ人の少ないニューヨークを、ゆるりと歩いてみよう。

週末のマーケット (1)

週末のマーケット (3)

週末のマーケット (4)

週末のマーケット (5)



In Manhattan Union Square, Greenmarket will be held four times a week.
There are direct sales of food and plants to be brought directly from the New York suburbs.
It is crowded with many people, such like Restaurant chef, neighbors and tourists.

Now in April, the temperature finally goes up to double-digit (Celsius).
Spring has come to the market.
There were overlooking flowers, flowers, and flowers.

Appearance of flowers that dainty live is so much beautiful.
Appearance of men going to buy flowers on a daily basis is also beautiful.

It is commonplace for New Yorker to go trip on Easter holiday.
Let me go for a walk in Manhattan where wouldn't be crowded this week.

週末のマーケット (7)

週末のマーケット (8)

週末のマーケット (9)



ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next