Blog

「人の心を掴むには胃袋から」と言われるように、
人間は胃袋が満足している場所で、心が満たされる。
自分が求めている料理があれば、そこで生きていける。

中嶋シェフに出会っていなければ、
私はもうとっくに日本に帰っていたかもしれない。
息をするのも苦しいほど傷付いていた時に、
彼の握る寿司は、胃袋をそっと癒してくれた。

あれから20年近くの月日が経過して、
ニューヨークには数多くの名寿司店と寿司シェフが参入した。
ミシュラン星を獲得し、予約の取れない店もたくさんあるし、
年に一度の御褒美でも行けないぐらい高い店もたくさんある。

でも私は、自分の原点を思い出す時に、ここに戻ってきたいと思う。
胃袋と心が満たされる場所、まさにここが「ホーム」だから。

以前の記事

写真 2018-06-14 22 57 42

写真 2018-06-14 23 01 12



As it is said that "The way to a man's heart is through his stomach.",
When a human being is satisfied with a stomach, his heart is filled.
If you have the food you are looking for, you can live there.

Unless I met a Sushi Chef, Mr. Nakajima Nakajima,
I may have already returned to Japan.
When I was wound my heart deeply,
His sushi gently healed my stomach.

About 20 years have passed since then,
Many sushi restaurants and sushi chefs have entered New York.
There are many restaurants that have Michelin stars and cannot make reservations.
There are plenty of restaurants that we cannot be reached even once a year.

But I want to return here when I recall my own origin.
The place where the stomach and mind can be filled, exactly this is "home".

写真 2018-06-30 11 46 57

写真 2018-06-30 11 48 16

写真 2018-06-30 11 49 04



海外永住 ブログランキングへ "
Next

2007年にブログを書き始めたけれど、
記事原稿に通し番号をつけ始めたのが2011年から。
2014年に一度デザインをフルチェンジして、今のスタイルに。

誰が読むか、読み続けてくれているか、分からない。
当初は、離れている家族や友人への近況報告が目的だったのに、
いつしか、たくさんの方が気持ちを傾けてくださるようになった。

気軽に読んでいただくことが目標だから、
できるだけ短く、息継ぎできる文章を心がけている。

日頃の想いも体験も、すべて備忘録に過ぎないけれど、
振り返った時に、ふと誰かに力添えできるキッカケになればという希望。

自分に正直に、読者の皆様に正直に。
小説を手に取るような感覚で、読んでいただけたらと思います。

伝えたい気持ちを受け取ってくださる皆様へ。
これからもよろしくお願いいたします。

スクリーンショット 2018-06-28 07.31.33


I started writing a blog in 2007,
Since 2011, I began attaching serial numbers to articles.
I changed the blog design once in 2014, to the present style.

I do not know who is reading or keep reading.
Originally, although it was the purpose of reporting up to the family and friends who are far away,
By it kept more than 10 years, a lot of people have joined to embrace the feelings.

Because it is the goal that people read it casually,
I try to make article is as short as possible that people can be breath.

Although my daily thoughts and experiences are all memoranda,
Hope it will be a key to be able to help someone.

Be honest with myself, to be honest to you.
I hope you can read it with a sense as if you pick up a novel.

To everyone who receives the feelings I want to tell.
I look forward to telling you and hearing from you.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

1969年、ゲイの溜まり場だった「ストーンウォール・イン」を、
警察が一斉検挙した折に、ゲイのコミュニティが反対運動を遂行。
その時のデモ行進が、現在のプライドパレードの発祥となる。

すべての人が、より自分らしく、誇りを持って生きること。
LGBTQへの理解を深めることを目的として、
この時期、街をあげて、たくさんのイベントが行われる。

人権会議、映画祭、クルージング、屋外ヨガ、ミュージカル。
6色レインボーの旗やミニグッズを掲げての活動に、
街中が、賞賛の喝采やエールを送り続ける。

クライマックスのパレードでは、大手企業の参加が目立ち、
LGBTQを理解するという理念が、企業宣伝ツールにもなることが分かる。

次男の卒業式では「This is me.」を全員で歌っていたけれど、
「自分らしくあることに誇りを持とう」という精神が、
この国を支えているのだと、つくづく思う。

写真 2018-06-17 16 37 24

©︎Sam Given

In 1969, As the police arrested all at once at "Stonewall Inn" which was a gathering place
of gay people, the gay community carried out the opposite activities.
The demonstration march then becomes the origin of the present Pride Parade.

All people should live more confidence and pridefully.
For the purpose of deepening the understanding of LGBTQ,
During this period, a lot of events will be held in the city.

Human Rights Conference, Film Festival, Cruising, Outdoor Yoga, Musical.
To people who were raising banner and mini goods of rainbow colors,
The city continues to send acclaimed applause and ale.

In the climax, the participation to Pride Parade of major companies is prominent,
You can see that the idea of understanding LGBTQ also serves as a company propaganda tool.

In the second son's graduation ceremony, "This is me." was sung by all.
I think that the spirit of "take pride in being yourself" supports this country.

36063276_10155812177352545_4419812962978496512_n

©️Pride Week


海外永住 ブログランキングへ "


Next

写真 2018-06-20 9 15 58


学校カレンダーで初めてこの言葉を見た時、何のことだか分らなかった。
一般的には「引越しの日」、そしてスポーツ業界では「移動日」。
学校生活においては「卒業の日」。まさに前進移動の日。

我が家の3番目、次男の小学校卒業式。
流行りの映画の曲を歌いながら、入場してくる子供達。
エンターテイメント会場のようなノリに、アメリカを感じる。

アジア人は数少ないけれど、この社会で堂々と生きている息子に、
改めていろんな想いを重ねる。
たくさん笑って、たくさん悔しい思いをして、大きく成長して欲しい。

慣れているはずなのに、息子の親友の涙姿にもらい泣き。
卒業は嬉しくて、やっぱりちょっと寂しい。

夏休みは思いっきり羽根を伸ばして、いろんな経験をしてみよう。

写真 2018-06-20 9 44 18


When I saw this word for the first time in the school calendar, I did not know what it was.
Generally, "Moving day", and in the sports industry "Moving day".
In school life "day of graduation". It is precisely the day of forward movement.

There was an elementary school graduation ceremony of our second son.
Children entered while singing popular movie songs.
I feel America in the auditorium like entertainment venue.

There are few Asians, but to my son who lives proudly in this society,
I repeat various thoughts again.
I want him to laugh a lot, make a lot of frustration, grow big.

Although I was accustomed, I cried for his son's best friend's tears.
I am glad that they graduate, and I feel somewhat lonely.

Let's feel free in the summer vacation and try various experiences.

写真 2018-06-20 10 00 47



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-06-23 9 38 22


専用のベルトを巻いて、血流を制限しながら運動をすると、
筋肉疲労を回復させようと、通常より多い成長ホルモンが生産される。
美容と健康、筋力アップに効果大の加圧トレーニング。

米国で加圧トレーニングが認可されたのは、比較的最近のこと。
すでに米国組織もあるけれど、私の周囲では聞いたことがなかった。

パーソナルトレーニングが主流のマンハッタンだからこそ、
いろんなリクエストにしっかり対応できる体制を整えてからの発進。

彼女に初めてお会いした時、その美しさにも惚れ惚れしたし、
裏表のないハッキリした性格が、とても気持ち良いなと感じた。
その人となりを理解していくことで、心から応援したい気持ちが高まる。

理想としては、しなやかスレンダー、もしくは細マッチョ。
何よりも、体幹を鍛えて、健康でいられる身体を維持したい。
そんな女性たちに、是非とも体感していただきたい。

くに先生の加圧トレーニング、今秋より本格的にニューヨークで始動します。

飯田くにこ先生 加圧トレーニングHP

彼女のブログで御紹介いただきました。

写真 2018-06-23 9 40 42


When wearing a special belt and exercising while restricting blood flow,
In order to restore muscle fatigue, more growth hormone than usual is produced.
Kaatsu training, Pressure training, is effective for beauty, health, and muscle up.

Kaatsu training was approved in the United States relatively recently.
There already have an American organization, but I had not heard it around me yet.

Because personal training is the mainstream in Manhattan, New York,
She has started her lecture after preparing a system that can respond firmly to various requests.

When I first met her, I fell in love with her beauty.
I also felt that her personality with a clear was very comfortable.
By understanding that person, the desire to support from the bottom of my heart increased.

Ideally, supple slender, or small muscle women.
More than anything, we want to train the body core and maintain a healthy body.
I'd like such women to experience this method by all means.

My instructor, Ms.Kuniko Iida, Kaatsu training will start full-scale in New York from this autumn.

写真 2018-06-23 9 36 48



海外永住 ブログランキングへ "



Next

特に強い憧れもなく、進学や就職を決めてしまったけれど、
偶然そこで出会った人達と、いまだに続く御縁に感謝する日々。

苦境に立った時、仕事や難しいことを一切抜きにして、
ただ気軽に会える友人がいるというのは、本当にありがたい。

高校の先輩たちと、ふと集まる。
日本語で本音を語れる仲間がいることが、どれほど稀少なことか。

ギブ・アンド・テイクじゃない。
与えることだけを考えている人を、信じていたい。

写真 2018-06-21 11 30 36


Especially without a strong longing, I decided to go on to school or get a job.
But I appreciate the people I came across by chance, still continuing.

When I get into trouble, withdrawing all the work and difficult things,
it is truly appreciated that there are friends who can easily meet.

I gathered with high school seniors suddenly.
I was happy there are companions who can tell our true intention in Japanese in New York.

It's not a "give and take".
I want to believe in those who are thinking only about giving.

写真 2018-06-14 9 15 48



海外永住 ブログランキングへ "
Next

春にニューヨークで講演をされた塩沼亮潤氏と再会。
爽やかな初夏の風が吹くミッドタウンで、精進料理を堪能。

4月に新しく就任した総料理長と若女将のおもてなし。
「大峯千日回峰行」を遂行された大阿闍梨のお話。
すべて悟りの境地から、心の声が伝えられる。

こんな時間を共有させていただける境遇に感謝。
仙台の慈眼寺での再会を約束して、大阿闍梨は西海岸へ。
私はまたしばらくここで踏ん張ろう。

写真 2018-06-12 12 09 44

写真 2018-06-12 12 21 49
写真 2018-06-12 12 38 28

写真 2018-06-12 12 51 57


I reunited with Mr. Ryojun Shionuma who was lectured in New York in spring.
In the midtown where a refreshing early summer wind blew, we enjoyed Japanese Vegan Cuisine.

The new chef Abe, who took that position in April and his wife gave us a great hospitality.
Mr.Shionuma told me the experience of "The 1000 Day Circumambulation".
Everything from the enlightenment point, gave me the voice of the heart.

I appreciated the circumstances that I could share such time.
We promised a reunion in Jigen Temple in Sendai, Mr.Shionuma left to the west coast.
I will also go over here in New York for a while.

写真 2018-06-12 13 29 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-12 14 24 27

Next

写真 2018-06-03 17 54 44

写真 2018-06-03 17 59 34


これまでたくさんの飲食業関係者と関わらせていただいたけれど、
ホスピタリティー最上の方といえば、ここの経営者御夫妻。

先代が築き上げてきた日系の火鉢レストランを、
先代亡き後そのまま受け継ぎ、そのまま愛されるレストランとして存続させる。
浮き沈みの激しい飲食業界において、それがいかに困難なことであるか。

惜しみなく顧客同士を紹介したり、常にハッピーな場面を演出する。
だからオーナー夫妻の周りには、いつもハッピーな仲間が集まってくる。

いくつになっても、おめでとうの言葉を言っていただくのは嬉しくて。
今宵もまた誕生日の余韻に浸っていられる。

写真 2018-06-03 18 52 16

写真 2018-06-03 18 57 02


Although I have involved with many people concerned with food and beverage industry,
Speaking of the best hospitality person, the owner couple of this restaurant.

The Japanese BBQ restaurant built by his father-in-law, survived as a restaurant
to be loved as it was.
We know how difficult it is in the drinking industry where the ups and downs are intense.

He introduces his customers kindly and constantly produces happy scenes.
So happy friends always gather around the owners and his family.

No matter how old I am, I'm happy to get the congratulations' words.
I will be immersed in the reverberation of my birthday again.

写真 2018-06-03 18 33 08

写真 2018-06-03 19 08 29

写真 2018-06-03 19 15 31



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-03 20 04 19

Next

写真 2018-06-11 19 07 47


私はずっと以前から、黒部エリさんの文章が大好きで、
初めてお会いした時には、いたく感動した。
聡明で愉快で豪快な文章を書かれるその裏側にある、
ガラス細工のように繊細な内面とのギャップが、また魅力的だったから。

文章で伝えることをなりわいとしている方が、その書き方を伝授する機会。
会場は100名を超えるエリさんのファンで埋め尽くされていた。

誰しも発信ができる世の中だからこそ、文章の優劣が明確になる。
秀逸な表現を学ぶためには、小説を読むこと。
ビジネス書を読んでいても、文章力の向上は望めない。
リズム、息継ぎを大事にしながら、言葉をスタイリングする。

たくさんの秘策を惜しみなく解き明かす講義は、笑いもいっぱい。
でも結局のところ、良書を読み、書き続けないとダメなのだと。

日本語の美しさ、表現の奥深さは、神様からの贈り物。
たくさんの人に触れ、心に触れ、言葉に触れ、そして着こなすこと。
自分らしく、自分の言葉で伝えることを、諦めないでいたい。

写真 2018-06-11 19 15 10


I have loved the text of Eri Kurobe from long ago,
I was deeply impressed when I first met her.
Her gap, written behind the brilliant, pleasant and amazing sentences,
with delicate inside like glasswork was also attractive.

Eri had held the seminar event to teach how to write you tell the sentences in writing.
The hall was filled with more than 100 fans of hers.

Because everyone can send out in the internet, the superiority or inferiority of the sentence
becomes clear.
In order to learn excellent expression, reading novels.
Even reading business books, we cannot hope to improve writing skills.
While breathing, styling the words.

A lecture to unlock and reveal lots of secrets generously, there were lots of laughter as well.
But, after all, you have to read good books, or you cannot write good sentences.

The beauty of Japanese, the depth of expression is a gift from God.
Touch a lot of people, touch the heart, touch words, and style them.
I will never give up to tell in my own words.

写真 2018-06-11 19 23 05

写真 2018-06-11 19 24 31

写真 2018-06-11 19 42 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-12 17 02 49

Next

ジュリア・ロバーツ主演の「ワンダー 君は太陽」が
まもなく日本で公開される。

誕生後、何度も手術を繰り返した主人公オーギーが、
病院のリストバンドを壁に貼っていくシーンだけでも、
我が家の歴史を辿るようで、涙が溢れる。

原作者は、当事者ではない。
障害を持った子をいじめた側の親という立場に遭遇して、
そこからこのストーリーを書き上げたという。

目に見える障害、目に見えない障害。
人はいろんな宿題を抱えている。
でも、視覚情報がメインの世の中だから、
顔に障害を持つことは、とても厳しい。

原作を、家族揃って、何度も何度も読み返した。
次男はセリフも全部覚えている。
当事者として、親として、家族として、友人として。
何ができるのか、何をすべきなのか。

いじめる側の立場から書かれたスピンオフ版も含めて、
日本の皆さんに、ぜひ読んでいただきたく思います。

昨年書いた「ワンダー」に関する記事

スピンオフ版の日本語訳は「もうひとつのワンダー」。

「ワンダー 君は太陽」予告編

写真 2018-06-09 9 12 16


The movie film, "Wonder / You are the sun.", starring Julia Roberts,
will be released in Japan shortly.

After birth, the hero Auggie repeated surgeries many times.
With the scene where the wrist bands of the hospital were stuck on the wall,
my tears overflowed since it reminds the history of our family.

The author is not a party of the hero.
She encountered the position of a parent who bullied children with disabilities,
From there she wrote this story.

Visible disabilities, invisible disabilities.
People have a lot of homework from God.
But since visual information is the main world,
Having disabilities in the face is very strict.

I read the original with all my family, over and over again.
My second son remembers all the lines and conversations.
As a handicapped, as a parent, as a family, as a friend.
What can be done and what should be done.

Including the spin-off version written from the teasing side's point of view,
I would like to invite everyone in Japan to read it.

The article "Wonder" that I wrote last year.

The Japanese translation of the spin-off version is "Another Wonder."

The trailer of the "WONDER" in Japan.

写真 2018-06-09 9 12 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next

10年以上通っているホットヨガのスタジオが、
1年前頃に、突然違う名前のスタジオになっていた。
プログラムもずいぶんと変更されて、今やホットピラティスの方が主流。

でも、そこにスタジオがあるから、通う。
古くから顔見知りのメンバーも、ほとんど変わらない。
必要なのは、便利の良い場所に、身体を動かす場所があって、
そこに日常があるということだから。

日曜日の朝、私はいつものようにスタジオに行った。
クラスの最後に、インストラクターが言う。
「After you breath, make a wish.」

1日1日を大切に過ごそうと思える、この瞬間が好き。
ありふれた日常の中に、1日1つだけ目標を持って生きる。
それを叶えた感謝と共に、1日を終える。
そうやって過ごしていたい。

お祝いのメッセージをくださった1人1人の顔を思い浮かべながら。
感謝を込めて。

写真 2018-06-10 20 35 45


A Hot Yoga studio that I have been going for over 10 years,
Around one year ago, it suddenly became a studio with a different name.
The program has changed a lot, now Hot Pilates is mainstream.

But, because there is a studio there, I go.
Members who have been known for a long time since long ago are almost the same.
All we need is a place where we can work out in a convenient place,
Because there is every day there.

On Sunday morning I went to the studio as usual.
At the end of the class, the instructor said.
"After you breath, make a wish."

I like this moment that I think I will spend a day carefully.
In the ordinary every day, I live with only one goal a day.
Together thanks for granting it, I will finish the day.
I would like to be in that way.

I got many birthday wishes from my dear friends,
I'm really thankful to you.

写真 2018-06-04 14 10 23



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-06-07 19 34 20


ミートパッキングとチェルシーからは少し離れている、
この地域を何と呼ぶのか分からない。

小さな間口の階段を降りた半地下のような空間に、
ひっそり佇む懐石和食屋がある。

ガラス越しに見える小さな坪庭を囲むように、
清潔感あふれるシンプルなダイニングが迎えてくれる。

季節の野菜を中心に、彩りよく配置された前菜のバスケット。
蕎麦の実リゾット、刺身の盛り合わせ。
ボリュームあるメインの後に、さらに締めの寿司。

演出たっぷりの懐石料理は、大人の会話がよく似合う。
隣にいた男女グループのかっこよさが、この店の人気層を象徴していた。

写真 2018-06-07 19 52 21

写真 2018-06-07 20 05 58

写真 2018-06-07 20 25 59

写真 2018-06-07 20 46 54

写真 2018-06-07 21 03 42

写真 2018-06-07 21 04 31

写真 2018-06-07 21 27 50

写真 2018-06-07 21 53 06


It is located a little away from Meat packing or Chelsea area,
I do not know what's name of this area.

In a space like semi-underground that got off the stairs of a small entrance,
There is a Japanese Kaiseki restaurant with quietly standing.

Surrounding the small Japanese yard seen through the glass,
A simple dining room with a sense of cleanliness welcomes you.

A basket of appetizers arranged in color with a focus on seasonal vegetables.
Buckwheat risotto, platter of sashimi.
After the main dish, they serve sushi pieces.

Kaiseki cuisine suits adult conversation well.
The coolness of the group of men and women next table symbolized the popularity
of this restaurant.

写真 2018-06-07 20 59 28

写真 2018-06-07 22 27 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-07 22 28 54

Next

写真 2018-05-30 20 13 06


つい見逃してしまう日常のワンシーンを、
女性として、母として、愛を込めてシャッターを切る。
趣味で始めたというカメラが、いつしか身体の一部になっているのだろう。

ほんの一瞬の出会いを大切にしている、彼女らしい写真が並ぶ展示会。
心温まる作品を眺めながら、彼女が過ごしてきた時間を想う。

デジタルの時代だからこそ、アナログでしか伝えられないものがある。
真っ直ぐに心に響く写真を撮れるのは、やっぱり真っ直ぐな心だけだから。

出会いとそこから繋がる人の輪に、感謝を込めて。

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 06

写真 2018-05-30 20 02 11

写真 2018-05-30 20 02 32

写真 2018-05-30 20 03 32

写真 2018-05-30 20 03 38


To the one scene of everyday life that we may miss easily,
As a woman, as a mother, she puts a shutter off with love.
The photography that she started with a hobby is probably becoming part of her body.

Her exhibition has been held that cherish the encounter with just a moment.
While looking at heartwarming works, I thought about the time she spent.

Because it is a digital era, there are things that can only be reported in analog.
Only a pure heart that can take pictures that resonate straight in the heart.

I thank to the encounter and the circle of people who connect from there.

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 17

写真 2018-05-30 20 01 24

写真 2018-05-30 20 04 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-09 11 58 34

Next

写真 2018-05-30 13 11 30

写真 2018-05-30 16 06 36


イーストビレッジで人気の寿司屋「くら」のオーナーが、
2年半前にオープンしたのが、うどん屋「らく」だった。
友人がインテリアスタイリングを手がけた店内は、
うどんをサーブするには上品過ぎるくらいモダンな空間で、
ビレッジにたまる若者たちを中心に、いつも長い列ができていた。

2号店はソーホーの中心地。
奥行きのある細長い店内は、中央にバーカウンターが配置され、
大人がゆったりとした時間を過ごせるための配慮が感じられる。

日本酒やワイン、そして前菜のメニューが充実していて、
メインのうどんに行き着く前に、すでに腹八分目を超えそうな勢い。

友人が趣向を凝らしたアートや調度品の苦労話を聞きながら、
この店の主軸となって働くメンバーが、日本人でないことにも驚く。
日本食文化は、世界というボーダーをとっくに越えているのだろう。

同じチームが展開する「デザートバー」も、まもなくオープン予定。
飛躍し続ける彼らのレポートが、楽しみでならない。

RAKU 1号店開業時の記事

写真 2018-05-30 15 33 30

写真 2018-05-30 15 40 17

写真 2018-05-30 16 06 20


The owners of popular sushi restaurant "Kura" at East Village,
opened a Udon restaurant "RAKU" two and a half years ago.
Inside the store where my friend handled interior styling,
To serve Udon is a modern space that is too elegant,
There are always long lines, mainly young people who active at the East Village.

The second store is in the center of Soho.
In the narrow space with depth, a bar counter is arranged in the center.
Familiarity for adults to spend relaxing time is felt.

The menu of sake and wine, and appetizers is substantial,
Before reaching the main Udon, you might be full of stomach.

While listening to the project story of art and furniture that friends have experienced,
I am also surprised that the members who work as the main axis of this restaurant are not Japanese.
I guess Japanese food culture has long passed beyond the world border.

"Desert bar" developed by the same team will be opened soon.
I look forward to hear their continuing leap reports.

写真 2018-05-30 15 40 03

写真 2018-05-30 15 39 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-08 15 11 21


Next

写真 2018-06-03 16 04 23


毎年のことながら、ニューヨークは衣替えができない。
週末にノースリーブを着たのに、今日はまたジャケットを取り出している。

今年の天候は不安定過ぎて、心もちょっと不安定になりがち。
寒暖差の激しさに、なかなか体調がついていけない。

今年の目標をまだひとつも達成しないまま、
あっという間に、今年の折り返しが近くなって来た。

有言実行と不言実行。
さて、どうするか。

写真 2018-06-03 16 05 06

写真 2018-06-03 16 05 01


Every year, we cannot change summer/winter clothes in New York.
Although I wore a sleeveless on the weekend, I am taking out a jacket again today.

The weather this year is too unstable, the mind tends to be slightly unstable.
I cannot keep up with physical condition due to the severity of temperature difference.

Without yet achieving this year's goal,
the half of this year will finish soon.

"action with words" and "action before words"
Well, which will you do ?

写真 2018-06-03 16 04 53



海外永住 ブログランキングへ "
Next

山崎拓巳氏とは、ニューヨーク、パリ、東京、浜松と、
いろんな場所でお会いする。
会うたびに、いろんなアイディアや元気をいただける。

仕事と夢をイコールにして、きちんと稼いできちんと回す。
すでに世界のトップステージに立たれているはずなのに、
決して奢らない謙虚な姿勢が、よりたくさんの人を惹き付ける。

仕事も得意ジャンルもまったく違う私達だけれど、
幸せの価値観の部分は、きっと同じベクトルを向いている。

だから、そこに行き着くまでのいろんなスキルを、
たくさんの仲間とシェアすることで、皆さんと一緒に歩きたい。

そんな想いで企画されたトークイベントの第2弾。
7月7日(土)東京にて開催します。
詳細はこちらから。(リンク先へ飛びます。)

皆さんに、お会いできることを楽しみにしています!

「夢が叶うランチ会」前回のイベント記事。

写真 2017-11-16 9 26 21


Mr. Takumi Yamazaki and I meet in various places such as New York, Paris, Tokyo, and Hamamatsu.
Every time I meet him, I get various ideas and energy from him.

He makes work and dream equal, earns properly and turns it properly.
Though he should already has been at the top stage of the world,
his humble attitude attracts more people.

Although we are completely different jobs and good-natured genres,
Our values of happiness is surely facing the same vector.

So, there are various skills to get there,
We want to walk with everyone by sharing it with a lot of colleagues.

Our second talk event had planned with such thought.
It will be held on Saturday, July 7 in Tokyo.
Please click here to see the event information.

We are looking forward to seeing you all!

写真 2017-11-08 11 52 11



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-29 19 35 07

写真 2018-05-29 20 47 50


キングコング西野亮廣氏が、5年ぶりにNY個展を開催。
ミッドタウン、グラセンから徒歩5分のギャラリーは、
連日多くの来場客で溢れていた。

あまりに美しい原画の数々に圧倒されながら、
娘にいつかこの鮮やかな色を見せてあげたいと思う気持ちが膨らむ。

西野氏と「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の話題に触れつつ、
2020年に映画化が決定しているというプペルの世界を、
視覚障害者にも伝える方法はないかなと考える。

音や文字に色が見える共感覚を持った人はいるけれど、
鮮やかな色の世界を、光のない世界で再現することは難しい。
映画の「音声ガイド」にとどまらず、
視覚に頼らずに絵本の世界を感じることができたら面白い。

5年前の個展を訪れた時、こんな未来があるとは思っていなかった。
次の5年後には、予想もしていなかった未来が訪れるのかもしれない。

写真 2018-05-30 11 47 50

写真 2018-06-01 14 14 49

写真 2018-06-01 14 10 51

写真 2018-06-01 14 11 23

写真 2018-06-01 14 11 50


Mr.Akihiro Nishino, the member of Japanese comedian group "King Kong",
held a NY solo exhibition for the first time in five years.
The gallery, a 5-minute walk from the Grand Central Station in Midtown,
It was full of many visitors every day.

While being overwhelmed by the many beautiful original drawings,
The feeling of wanting to show this vivid color someday to my daughter expanded.

While touching the topic of "Dialogue in the Dark" with Mr.Nishino,
I wonder that there is a way to tell visually handicapped people.
The world of Poupelle has been decided the filmzation in 2020.

Although some people have a sense of commonality in which colors are seen in sounds and letters,
It is difficult to reproduce the world of vivid colors in a world without light.
Not limited to the "voice guide" of movies,
It would be interesting if we could feel the world of picture books without relying on vision.

When we visited his solo exhibition five years ago, we did not think there was such a future.
In the next five years, the future that we did not anticipate may come.

写真 2018-05-30 7 06 06 (1)

写真 2018-05-29 20 11 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-30 5 56 46




Next

幼少の頃、授業参観が苦手だった。
親に自分の学校生活を見られるのは照れ臭かったし、
友達のお母さんに声をかけられるのも苦手だった。

米国では毎月授業参観があって、子供達は「見られる」ことに慣れている。
「誉めて伸ばす」教育のなか、どの子も積極的に手を挙げる。
間違うことを恐れずに発言する勇気に感服する。

日本語補習校の授業参観になると、一気に雰囲気が変わる。
教師主導の授業の中で、もじもじする子供達が微笑ましい。
彼らにとって、日本語は外国語でしかないけれど、
家族や友達と会話するより、さらに上のレベルが求められる。

間違った発言をした時に、教師がそれをどうフォローするか。
なぜその意見に行き着いたのかを、とことん聞いてあげる根気。

社会生活でも、きっとそれは同じこと。
人を信頼できる心を育てることが、明るい未来を育てることだから。

写真 2018-05-26 9 29 56


When I was a child, I was not good at class observation by parents.
I did not like that my parents see my school life,
I wanted to refuse to talk with my friend's mother.

In the United States there is a monthly class visit, and the children are used to being "seen".
Every child actively takes pride in the education of praising to perform better".
I admire the courage to speak without fear of making mistakes.

When it comes to class attendance at a Japanese school in the US, the atmosphere changes at once.
Children who snooze in teacher-led classes are interesting.
For them, Japanese is only a foreign language,
Beyond talking with family and friends, even higher levels are required.

How will the teacher follow it when kids making wrong remarks.
They inquire why they get to that opinion.

Even in social life, it surely is the same thing.
Because nurturing a heart that can trust people is to nurture a bright future.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-24 14 44 33


オフコースの「緑の日々」という曲が好き。
タイトルを聴くと「新緑の美しい季節」を表現したのかと思いきや、
二人の大人が過ごしてきた時間が「緑色」なのだと気付く。
こんなに深い愛を伝えられる人は、どんなにか幸せだろう。

そんなことを思いながら、ソーホーの街を歩く。
私は新緑の美しい初夏という季節が、一年のうちで一番好きなのだけれど、
今年は冬の季節があまりにも長過ぎて、春になったのかも分からないまま、
一気に新緑がまばゆくなる季節というのを感じることができなかった。

気付いた時にはすでに緑が濃くなってしまって、
とても大切な時間を見過ごしてしまったような気がしている。

40代後半、これからもっともっと時間が速く過ぎていくのだろう。
大事な時間、大事な瞬間、もっともっと自覚していかないと。

みんなが太陽を分かち合っている姿は、どこまでも穏やかだ。

オフコース「緑の日々」YouTube

写真 2018-05-24 14 42 30


I like the music titled "Green Days" of the music group "Off Course".
When I heard the title I thought that it expressed "the beautiful season of fresh green"
I was noticed that the time spent by two adults was "green".
I guess how happy if you will be able to convey such a deep love.

While thinking such a thing, I walked in the city of Soho.
I like every early summer season in a year, as fresh green stays beautiful.
Since the season of winter was too long this year, I did not understand when the spring started.
I could not feel the season when the fresh green would be blazing at once.

When I noticed it, the green of leaves already got darker,
I felt I missed my very important time.

In the late 40s, the time will pass much faster from now.
An important time, an important moment, I have to be more aware.

The figure that everyone shared the sun was calm everywhere.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-28 9 03 22


米国では、1971年より年間4つの記念日が
「週末を三連休にする」目的で流動するようになった。
「記念日の重要性に対する国民意識の低下」という指摘も否めないけれど、
米国人にとってメモリアルデーは、夏の始まりを告げる、特別な日。
お墓参りをしたり、家族レジャーやスポーツ観戦をして、夏を歓迎する。

昨年もお声がけいただいた御邸宅でのBBQパーティー。
マンハッタンから車で20分程の場所に、広大な敷地が広がる。
ホスト夫妻のお人柄に引き寄せられるように、
様々な国からたくさんの友人が集まって、時間を共有する。

当たり前のようにある大自然も、当たり前のようにある食料も、
決して当たり前でない。
かつて戦争で戦った人たちのお陰で、今日この時間があるのだと。

写真 2018-05-29 11 29 48

写真 2018-05-28 15 53 25

写真 2018-05-28 15 53 29

写真 2018-05-28 15 53 32

写真 2018-05-30 18 58 02


In the United States, since 1971, four anniversaries per year began to movable
of the date for the purpose of "making the weekend three consecutive holidays".
Although we cannot deny saying "Declining public awareness of the importance
of anniversary".
For Americans Memorial Day is a special day telling the beginning of summer.
People go to visit the grave, do family leisure and watching sports and welcome
the summer.

We joined a BBQ party to my friend's mansion where we went last year.
A vast site expanded to a place about 20 minutes by car from Manhattan.
By attracted to the host couple's hospitality,
Many friends gathered and share the wonderful time.

We thank to have nature, food, and routine.
Thanks to the people who fought in the war, we are here today.

The summer season of 2018 has begun in earnest.

写真 2018-05-28 14 12 38

写真 2018-05-28 14 13 03

写真 2018-05-28 14 13 10

写真 2018-05-28 14 49 07



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-28 20 32 32

写真 2018-05-28 20 31 28


Next

写真 2018-05-27 17 37 31


息子の誕生日にかこつけて、大人が行きたいお店に連れて行った。
その数日前に、ニューヨークタイムズに掲載されたタイミングだったので、
店内は人で溢れかえり、ものすごい熱気が漂っていた。

半年前にオープンした頃と比べて、格段とサービスが良くなったことに驚き、
ニューヨークには優秀なサーバーがまだまだいるのだなと嬉しくなる。

仕入れたての鮮魚を店頭で販売している商法も面白く、
飲食業界には、今後さらにいろんな可能性が出てくるのだろう

ニューヨークで「高級居酒屋」というコンセプトが市民権を得た今、
日系企業が海外に進出するチャンスが倍増している。

ニューヨークタイムズの記事
写真 2018-05-27 17 33 27 (1)


We went to "WOKUNI" restaurant where the adult wanted to go on my son's birthday.
Since it was the day when it was published in the New York Times several days ago,
The inside of the restaurant was overflowing with people, and there was a tremendous enthusiasm.

I was surprised that the service was much better than when they opened it half a year ago,
I was pleased that there were still outstanding servers in New York.

Commercial law selling freshly purchased fresh fish at shops is also interesting,
there be more possibilities in the food and beverage industry in the future.

Now that the concept "high-class Izakaya" gained citizenship in New York,
The opportunities for Japanese companies to enter overseas has expanded.

The article of New York Times.

写真 2018-05-27 17 34 48 (1)



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-28 10 09 50

Next

2009年、かっこちゃんの元同僚・宮田俊哉さんが脳幹出血で倒れた。
生命をつかさどる脳幹機能を失い、瞳孔が開いたままで、
3日以内に亡くなるか、一生植物人間状態になると宣告された。

奇跡的に命を取りとめた宮田さんの壮絶な闘病生活が始まる。
どこまでも献身的に、どこまでも人間の可能性を信じて、
宮田さんを支え続けるかっこちゃんと仲間たちの愛。

それから9年、宮田さんは車椅子のまま一人暮らしをされている。
特別な意思伝達装置を使って「僕のうしろに道はできる」と語る。

「絶対に大丈夫だ」と確信して向き合い続けてきたかっこちゃんの姿に、
私はまだまだ自分の頑張りが足りないと猛省した。

「先日、とある病気の赤ちゃんのママに、美香ちゃんの本をプレゼントしたの。
勇気をもらったと、とても喜んでくれたのよ」
一年ぶりの再会に開口一番で、こんなことを伝えてくださったかっこちゃん。

私は、まだまだ足りない。
かっこちゃんのように、もっと伝えられる人になるために、
自分のミッションを、改めて考えている。

かっこちゃんとお話しして、次の目標が見えてきたから、
夏はかっこちゃんに会いに、彼女の住む街まで行ってみよう。

かっこちゃん率いる「白雪姫プロジェクト」こちらをクリック。

写真 2018-05-19 12 04 16


In 2009, a former colleague of Kakko, Mr. Toshiya Miyata, collapsed with brainstem bleeding.
He lost the brainstem function responsible for life, his pupil had been opened.
He was sentenced to death within 3 days or to become a plant human state for the rest of his life.

Mr. Miyata was alive miraculously, and devastated fighting life began.
Continually devoted, believing in the possibility of human beings,
There was love of Kakko and his supporters.

Nine years later, Mr. Miyata is living alone using a wheelchair.
He says " The path can be make behind me.", through a special communication device.

By the figure of Kakko who has been confronted with confidence that "He is absolutely okay"
I was re-noticed that my hard work still was not enough.

"The other day, I gave Mika's book to a mother of a certain sick baby.
When she got the courage, I was very pleased. "
I met Kakko for the first time in a year, she told me such a thing.

I am still short of effort.
In order to be a more capable person like her,
I am considering my mission again.

I talked with her and I thought my next goal.
Let me go to see her to the town where she lives this summer.

写真 2018-05-26 18 44 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next

オープンからわずか1年足らず。
ニューヨークの飲食業界に堂々デビューしたシェフの誕生会。
彼のパトロンとも言うべきたくさんの仲間達がお祝いに駆けつけた。

シェフ自ら腕を振るって仕上げた料理が並び、
いつもは静かな日曜日のミッドタウンが、大いに盛り上がった。

アニバーサリーには顧客を招待するのが通例のニューヨークで、
最初から会費徴収をうたうパーティーも珍しかったけれど、
そんな新しい風を持ち込んでくれるのも、シェフの若さあればこそ。

次のステージへ駆け上がっていく若き侍たち。
これから、どんなストーリーが待ち受けているのだろう。

ニューヨークは、挑戦する人には優しい。

写真 2018-05-20 21 13 41


It was less than a year from the opening.
There hold the birthday party of the chef who made a big debut in the food and drink
industry in New York.
A lot of friends who should also be called his patron gathered to celebrate.

The chef cooked the food himself and the finished dishes lined up.
Always a quiet Sunday midtown, it was filled a lot of excitement.

In New York, it is customary to invite customers for its anniversary.
It was unusual that they announced to collect the food expense form the beginning,
it might be welcome that the young chef brought such a new wind.

Young samurai who are running up to the next stage.
From now on, we guess what kind of story awaits you.

New York is very kind to the challenger.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-16 11 33 06


思うところあって、最後はここに行き着いた。
ウェストビレッジ、ハドソン川沿いにあるフレンチアメリカンのお店は、
ジャン・ジョルジュ氏の息子、セドリック氏が料理長を務めることで有名。

ハドソン川の向こうに見えるサンセットシーンを思い描きながら、
ここで生まれるストーリーを妄想してみる。

世に新しい感動を伝えるために。
チームのために、最善を尽くそう。

写真 2018-05-16 11 31 52


Since there was something we thought, we came here at the end.
West Village, French American Cuisine restaurant along the Hudson River,
It is famous as for Mr. Cedric who is the son of Mr. Jean Georges serving as a chef.

While imagining the sunset scene that can be seen beyond the Hudson River,
I try to deliberate the story that will be born here.

To convey the new impression to the world.
We will do the best for our team.

写真 2018-05-16 11 32 58



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-16 10 09 13


ロウアーイーストサイドに、若者が集まるようになって久しいけれど、
911米国同時多発テロでワールドトレードセンターが崩壊して以来、
ダウンタウンからマンハッタンを見上げるような機会はなかった。

でも、このホテルが出来てから、ニューヨーカーの動きが変わった。
ここのルーフトップバーで過ごすことが、ステータスになり、
サンセットや夜景を求めて、たくさんの人で溢れかえる。

パブリックホテルの中にあるパブリックキッチン。
洗練されたシンプルモダンのダイナーの中で、
ここでもジャン・ジョルジュ氏プロデュースの料理が食べられる。

あくまでもホテルゲストを狙って、朝食と夕食だけをサービスする。
ここに集まるお洒落な人達を眺めているのが楽しい、そんな空間。

写真 2018-05-16 10 52 22


Young people have gathered to the Lower East Side for a long time,
Since the collapse of the World Trade Center due to the September 11 terrorist attacks in the United States,
there was no opportunity to look up Manhattan from downtown.

But, after this hotel was made, the movement of New Yorkers changed.
Staying at the roof top bar here became the status.
Looking for sunset and night view, plenty of people gather there.

It is the Public Kitchen in the PUBLIC Hotel.
In the sophisticated simple modern diner,
Again, we can eat the dish produced by the chef, Jean Georges.

They only serve breakfast and dinner, aiming to get hotel guests.
It is fun to watch stylish people gathered here, such a space.

写真 2018-05-16 10 31 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-15 20 29 38


ジャン・ジョルジュ氏が、1991年にニューヨークに初めて開いたレストラン。
彼の幼少期の呼び名が、そのまま店の名前になり、
アッパーイーストサイドのタウンハウスは、上質な迎賓館のような造りだった。

ニューヨークで留学生をしていた2000年頃、
NY駐在中の日系商社マンに連れて行っていただいたのが最初だった。
どんなに背伸びをしても、その場にふさわしくない自分を知った。

一流レストランのサーバー達は、一流のサービスをするのが当然で。
きっとお見通しだったけれど、私を一流の女性として扱ってくれた。
いつか、そのサービスにふさわしい女性になりたいと心底思った。

近年、リノベーションされたその場所は、
以前よりずっとモダンかつカジュアルを意識して造られた空間になっていた。
白を基調に、壁にはモノトーンの絵がかかり、
きっと誰もが幼少の頃を思い出す、ホーミーな雰囲気が演出されている。

フランス、アルザス出身のシェフは、世界中での挑戦を続けているけれど、
きっとここニューヨークが、第二の故郷なのかもしれない。

冷静にサービスを見渡せるようになった今、
在米18年という年月の重みを改めて感じた。

翌朝の胃もたれの心配がないライトフレンチともいえる料理メニューは、
ネイバーに毎日通って欲しいという想いが集結しているようだった。

写真 2018-05-15 21 19 19 (1)

写真 2018-05-15 21 43 02

写真 2018-05-15 21 45 07 (1)


"JO JO" was the first New York restaurant of Jean Georges, opened in 1991.
His early childhood nickname became the name of the shop as it was,
The upper east side town house was like a fine guest house.

In around 2000 when I was an international student in New York,
I went there for the first time with a Japanese trading company man living in NY.
No matter how I pretended to be an adult lady, I knew myself not fit for the occasion.

The servers of the first-rate restaurant were reasonable to do first-class service.
It was probably a prospect, but they treated me as a top-notch woman.
Someday I thought I wanted to be a woman suitable for that service.

In recent years, the place renovated,
It was a space built with consciousness of modern and casual much more than before.
Based on white, painting of monotone on walls,
Surely everyone remembers childhood, a homely atmosphere has been directed.

For a chef from Alsace, France, who continues to challenge all over the world,
Perhaps here New York might be the second home.

Now that I could calmly overlook the service,
I felt again the weight of the year and month of 18 years in the United States.

The menu that there is no worry of stomach next morning can be said to be light French Cuisine.
It seemed that the desire of Chef that wish neighbors can come through everyday gathered together.

写真 2018-05-15 23 09 41



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-15 13 15 23

写真 2018-05-20 6 56 50


2018年度のミシュランアワードが発表された時、
長年3つ星をキープしていた大御所が星を1つ落としたことに、
ニューヨーカーは騒然とした。
でも、だからこそ、その理由を知りたくて人が訪れる。

トランプ大統領所有のトランプホテルの一角で、
コロンバスサークルとセントラルパークを一望できるロケーション。
真っ白を基調にした店内は、ゲストで溢れかえっている。
隣席との距離が近いテーブル配置が、余計にその活気を盛り上げる。

ビジネス会食をするスーツ姿の男性陣。
ひたすら写真を撮っているアジア人観光客。
全身青と緑のコーディネートというユニークな中年カップル。
目のやり場に困ってしまう、熱いムード満載の二人。
それぞれが、それぞれの世界観を演出している。

前菜とメインディッシュ、スパイスのよく効いた挑戦的な味付けが、
持ち込んだNZワインに本当によくマッチしていた。
最後のデザートの色合いも、まさにNYフレンチの骨頂。

ニューヨーカーは、常に新しいものを求めている。
3つ星奪回を目指すJGの挑戦が、きっと将来に繋がっていく。

写真 2018-05-15 13 35 06

写真 2018-05-15 13 36 13


When the 2018 Michelin Awards were announced,
The long-established restaurant that kept 3 stars for many years dropped one star,
New Yorkers were so surprised.
But that is why people want to go to know the reason.

It is located in one corner of President Trump 's own Trump Hotel,
A location overlooking Columbus Circle and Central Park.
The inside of the shop based on pure white is overflowing with guests.
The table arrangement that is closer to the next seat increases the liveliness unnecessarily.

Men's group who had a business lunch in a suit.
Asian tourists who took pictures all the time.
A unique middle-aged couple that coordinated the whole body blue and green.
Two people who troubled my eyes with hot moods.
Each was directing their view of the world.

Appetizer and main dish, spicy well-effective challenging flavor,
It really matched the NZ wine that we brought in.
The color of the last dessert was exactly the tip of NY French.

New Yorkers are constantly seeking something new.
The challenge of JG aiming to recapture three stars will surely lead to the future.

写真 2018-05-20 6 57 00

写真 2018-05-15 14 15 55



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-15 0 36 06


2004年オープン。2006年ミシュラン3つ星獲得。
以来、不動の地位を築き上げている大御所レストラン。
予約待ち3ヶ月という人気も、ずっと変わらない。

料理は日替わりのおまかせコースのみ。
セントラルパークを見下ろすゆったりとした店内で、
毎晩、たくさんの物語が生まれているのだろう。

ミッションは、ニュージーランド産の赤ワインとのマリアージュ。
メルローとカベルネ・ソーヴィニヨン主体のブレンドワインには、
スパイスの効いた濃厚なソースがよく似合う。
フォアグラ、小鳩、岡崎和牛。

NYフレンチからの新しい発見。
そしてNZワインへの愛が深まっていく。

写真 2018-05-14 21 06 20


PER SE has opened in 2004, and it acquired three stars of Michelin in 2016.
Since then, the restaurant building up a steadfast position.
The popularity of 3 months waiting for reservation has not changed for a long time.

The menu is only for the Daily Chef's Course.
In a spacious restaurant overlooking Central Park,
A lot of stories are born every night.

Mission is marriage with red wine from New Zealand.
For Merlot and Cabernet · Sauvignon-based blended wines,
Spicy rich sauce suits well.
Foie gras, Pigeon, Okazaki Wagyu.

New discoveries from NY French Cuisine.
And love for NZ wine deepens.

写真 2018-05-18 9 08 44

写真 2018-05-18 9 09 26

写真 2018-05-18 9 10 21



海外永住 ブログランキングへ "
Next

トラブル満載の日本出張。
自分の存在意義について考える。
何のために、誰のために、その仕事を選ぶのか。
自分の過去と対峙しながら、この先を考える。

予定を切り上げて、フライトを変更した。
留守宅で待つ子供たちに、お土産を買う余裕もなかった。
成田空港で本を買おうと思っていたけれど、
羽田発のフライトは、朝早くて慌ただしい。

チェックインカウンターで、ふと顔を上げたら、
親友の顔があって、抱き締めたくなった。
新卒で入社した当時から仲良しの彼女が、
いまでもこうして活躍している姿に励まされる。

目先の儲けなんていらない。
誰かの力になるような存在でありたい。
ずっと長く、そうやって生きてきたのだから、
これからも、ブレない自分でいることだけを、心に誓おう。

きっとどこかで、待っていてくれる人のために。
元気でいれば、明日がやってくる。

写真 2018-05-08 20 01 26


I had many troubles on my business trip in Japan.
I thought about my own existence.
For what, for whom, should I choose that work?
While facing my past, I thought about the future.

I cut the schedule and changed my return flight.
I could not afford to buy souvenirs for my kids who were waiting at home.
Although I was planning to buy a book at Narita Airport,
I was too busy since the flight from Haneda departed in the morning.

At the check-in counter, when I suddenly raised my face,
I found a face of my best friend who was on the poster of "NISSAN LEAF CAR",
and I wanted to hug it.
We have been close friends since we joined JAL as freshmen,
I am still encouraged by her figure that is active as a model in this way.

I do not need immediate profit.
I would like to be like someone's power.
Since I have been lived in that way for long time,
I will swear to have my core heart forever.

Surely somewhere, for those who are waiting.
If we are fine, tomorrow will come.

写真 2018-05-08 19 56 12



海外永住 ブログランキングへ "
Next

嫁ぎ先の本家、先祖は代々江戸に続く家で、
墓地は大田区、本籍は品川区にある。
生粋の江戸っ子の縄張りは、かつての私には縁遠い場所だったけれど、
長い年月を経て、今は日本滞在のベースになっている。

五反田駅から徒歩5分の立地に、焼鳥ではない鳥料理のお店がある。
路面店ではないのに、店内は常連客で溢れていて、
このお店がいかに地元の人に愛されているかが分かる。

名物とも言える前菜の盛り合わせでは、
鶏肉の酢〆、漬け、たたき、レバー、白和え、南蛮漬け、おはぎ。
これでもかというほど見事にアレンジされた鳥料理が並ぶ。
ささみフライ、棒棒鶏、メインの鴨すき、卵とじ御飯。

「鳥は、ここまで美味しくなれる」
総料理長のお人柄が垣間見れるサービスに、心が温かくなった。
人情味のある東京の街、胃袋の故郷は、やっぱりここなんだと思う。

写真 2018-05-08 6 35 10

写真 2018-05-08 6 55 59

写真 2018-05-08 7 10 44


My parents-in-low, my ancestors are households who often follow Edo,
The cemetery is in Ota Ward and the domicile is in Shinagawa Ward.
The area of Edo people was a place far away from me in the past.
After many years, now the center of Tokyo area is the basis of my staying in Japan.

Located a 5-minute walk from Gotanda Station, there is a chicken cuisine restaurant that is not Yakitori.
Although it was not a roadside store, the inside of the restaurant was full of regular customers,
I could see how this shop was loved by locals.

In the assortment of appetizers which can also be called specialties,
Chicken is cooked in many ways, vinegar marinated, soy sauce dipping, carpaccio, levers, Nanban, Ohagi.
The chicken cuisine arranged like this is also splendidly arranged.
We chose the duck Sukiyaki for the main course.

"Chicken can be delicious in various way"
My heart became warm for the service with the personality of the chef.
I think that the town of Tokyo with a human nature, is still here as the hometown of the stomach.

写真 2018-05-08 7 37 43

写真 2018-05-08 8 24 11

写真 2018-05-08 8 39 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-08 15 39 00
Next