Blog

写真 2019-03-21 19 08 14

写真 2019-03-21 19 18 14

写真 2019-03-21 19 18 22


マンハッタン随一の高級住宅地街、アッパーイースト地区に、
30年もの歴史を刻む、陶磁器の名店がある。

いわゆる「作家もの」と呼ばれる超高級品だけでなく、
「スタジオ作」クラスの品揃えも豊富で、
新旧の顧客が四六時中お店を訪れている姿が目に入る。

年に数回企画される展示会では、目利きのオーナー夫妻が認めた
秀逸な作品が店内いっぱいに並び、地元の人で賑わう。

先日は、茨城県笠間焼きの新鋭作家3名の展示会にお声がけいただいた。
わずか100km南にある大都会東京が消費する生活雑器の生産が優先され、
独自のスタイルが確立しなかったという笠間焼の将来を、
作家と共に考えていこうというオーナー夫妻のスタンスに感動。

昨今、笠間焼との御縁が続いている。
確たる特徴で一括りにできない笠間焼の未来を、ニューヨーカーが温かく見守る。
人類のるつぼニューヨークという街は、たくさんの可能性を秘めている。

Please visit the website of Sara Japanese Pottery

写真 2019-03-21 19 07 41

写真 2019-03-21 19 07 48

写真 2019-03-21 19 07 54


At the Upper East District, Manhattan's premier residential area,
There is a famous pottery shop with 30 years of history.

Not only the so-called "artist made" super luxury goods, but also there is also a large selection of "studio made" classes.
We can see new and old customers are visiting shops all day long.

At the exhibition planned several times a year, excellent works selected by the owners are lined up in the shop and crowded with locals.

The other day, I was invited to the exhibition of three new artists from Kasama city, Ibaraki prefecture.
Their priority had been given to the production of miscellaneous goods consumed by the big city of Tokyo, which is only 70 miles south.
Though Kasama-yaki had not been created its own style,
I was moved by the stance of the owners who will try to think about the future of them.

Recently, the connection with Kasama-yaki has continued.
The New Yorkers will keep a warm eye on the future of Kasama-yaki that cannot be grouped together as a certain style.
The city of New York, the melting pot of humanity, has many possibilities.

写真 2019-03-21 19 08 24

写真 2019-03-21 19 08 39


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-03-21 19 08 30

写真 2019-03-21 19 08 44

Next

写真 2019-03-20 19 04 36

写真 2019-03-20 19 07 10


「ニューヨークのおもてなし」というメソッドを伝播する
料理研究家ひでこコルトンさんのトークショー。

「好きを極めてマネタイズする」
「やってはいけない3つの法則」

ひでこさんの言葉に、会場に集まった多数の日系人がどよめく。
ニューヨーク在住歴が長い人にとって、耳の痛い話ばかり。

彼女もきっといろんな試行錯誤を経て、メソッドを確立してきたのだろう。
金融業界出身の方には、納得のいくマネタイズに違いない。

いろんな感想はさておき、とにかく成功者の話にはたくさんの学びがある。
自分自身のやり方を見直す機会になることも、ありがたい。

この企画をずっと継続してくださる運営チームの尽力、
ボランタリーな姿勢こそが、人の心を動かすこと。
私はそこに、心からの敬意と感謝を表したい。

写真 2019-03-20 19 17 13

写真 2019-03-20 19 17 14


The team of "Inspire Talk" held the talk show of Ms. Hideko Colton who propagating the method "Hospitality in New York".

"Monetize your love very much"
"The three laws that cannot be done"

By the words of Ms. Hideko, many Japanese gathered at the venue reacted.
For those with a long history of living in New York, it hit a sore spot.

She has probably been through a lot of trial and error to establish her method.
If you are from the financial industry, you might like her monetization.

It might have a various impressions aside, there was a lot of learning from talk by the successful person anyway.
It was also a pleasure to have the opportunity to review our own way.

She has probably been through a lot of trial and error to establish her method.
If you are from the financial industry, you might like her monetization.

It might have a various impressions aside, there was a lot of learning from talk by the successful person anyway.
It was also a pleasure to have the opportunity to review our own way.

写真 2019-03-20 20 20 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-03-21 23 19 15

©️Inspire Talk
Next

私に重複障害の娘が生まれた時、離れていった友人がいた。
「見て見ぬふり以外、何もできないから」
ただ、変わらずに側にいてほしかったのに、離れていった。
とても寂しかったけれど、今になってその優しさが分かる。

未来や愛や平和を語ると、もっと見て見ぬふりをされるようになった。
内容をよく知ろうとさえせずに、宗教や政治活動だと思われることもある。
いつも持ちつ持たれつと常套句を使う友人でさえ、無関心を装っている。

みんな毎日を必死に生きている。
他人の幸せを構う余裕なんてない。
そんなこと、分かっている。

だからこそ。
応援してくれる人のチカラは、この上なく大きくて強い。
少しだけ、他人のためにやることは、いつか必ず自身に戻ってくる。

忙しい毎日、ほんの少しだけ手を止めて、足を止めて。
この愛に溢れた動画を、観てください。
一緒に感じて、一緒に考えていただきたいから。
この大切な1日を、私たちと一緒に過ごしてください。

「未来のいのち国際サミット」動画

「未来のいのち国際サミット」クラウドファンディングに御協力ください。

スクリーンショット 2019-03-08 14.08.09


I had a friend who left me when my daughter with multiple disabilities was born.
"Because I cannot do anything other than looking at you,"
I wanted to ask her stay on my side without change, but she left.
It was very lonely, but now I know it was kindness.

When I talked about the future, love and peace, people began to ignore my activities.
Sometimes it is thought that it is religion or political activity without even trying to know the contents well.
Even friends who always says "give and take" as common phrases are look as indifference.

Everybody lives in desperately every day.
All cannot afford to think about the happiness of others.
I know that.

That's why, the power of the people who support us is extremely large and strong.
For a little bit, doing something for the sake of others will surely come back to you someday.

We know you are busy, but please stop your hands and feet.
Please watch this video full of love.
Please feel together and think together.
Please spend this important day with us.

Please click here to see the movie of ”International Future Life Summit 2019”

写真 2018-12-13 8 40 02


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

2019-01-29 08.23.33



Next

私は三人姉弟の真ん中だから、次男の気持ちはよく分かる。
上の子が作ってくれたレールに乗っているのは楽だけれど、
本当はもっと主張があることも知っている。

両親や友人のバランスを見ながら、自分の居場所を見つける。
誰かの肩を持つこともせずに、飄々と生きる。

兄貴が行っているから当然のように、日本語補習校に通った。
週末のテコンドーの試合にも出れず、友達と遊ぶ約束もできない。

でも、家族がみんな日本語で会話できることに感謝しよう。
弁当を作ることぐらいしかできない母だけれど、応援している。

卒業おめでとう。
そして、中学部も頑張ろう。

Ikuei Graduation-31のコピー


Because I am in the middle of my three siblings, I understand the feelings of my second son well.
It's easy to ride on the rails created by one's upper child,
I also know that there are more wills.

He finds his whereabouts while looking at the balance of his parents and friends.
He lives freely without sticking someone's opinions.

Naturally, he went to the Japanese school because his elder brother was doing it.
They cannot go to the Tae Kwondoe match on the weekend, nor can they promise to play with their friends.

But we appreciate that everyone in the family can talk in Japanese.
Although I can only make a lunch box every day as a mother, I will support them very much.

Congratulations on your graduation.
And let's do your best in junior high school.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

20190314-_DSC3939のコピー

20190314-_DSC3922のコピー

20190314-_DSC3917のコピー


福島県で300年の歴史を誇る大堀相馬焼。
東日本大震災で壊滅的な被害を受けた後、この8年で劇的な復興劇を遂げてきた。
伝統的な二重焼だけでなく、モダンデザインを取り入れた商品で数々の賞を受賞し、
日本とアジアでの展開も一層幅を広げてきた。

「ニューヨークで開催される311追悼式に参列する時に、
昨秋ニューヨークで開催したIKKON BARイベントをまた開催したい」
そんなリクエストを受けて動き出したのが今年の初め。
ところが、予算と会場都合で、なかなか日程が決まらずに、
実際の集客開始は、イベント当日より2週間前という強行スケジュール。

前回の開催でファン層を増やした「IKKONぐい呑み」に加えて、
今回は「クロテラス」という真っ黒なお皿のお披露目も目的だった。

国内95%の硯を生産する宮城県石巻市雄勝町も、東日本大震災で被災後、
約600年の歴史を再建すべく、復興のための活動を続けている。

福島県の大堀相馬焼と宮城県の雄勝硯がクロスして明日を照らす。
そんな想いが込められた秀逸な商品の魅力を、いかにして米国で伝えるか。
ミッションは大きいけれど、予算も日程も限られているなか何が出来るか。

そこに手を挙げてくれたのが、日本の伝統食オニギリを伝えているカフェと、
ニューヨーク30年の歴史に幕を閉じたばかりの寿司店舗の寿司シェフだった。

当初20名程度のゲストを想定していたが、イベント当日は50名もの来場。
日本酒を飲んで、日本食を楽しんで、たくさん交流していただくこと。
「ここからできる震災復興支援」がこんな風にできることを、
たくさんの方が知って、喜んでくださったことが、何よりの収穫。

確かな手応えを感じたイベント第2弾。
今秋またグレードアップした企画をお届けする予定です。

20190314-_DSC3970のコピー

20190314-_DSC3979のコピー

20190314-_DSC4037のコピー

20190314-_DSC4063のコピー

20190314-_DSC4126のコピー

20190314-_DSC4171のコピー

20190314-_DSC4176のコピー

20190314-_DSC4208のコピー


Obori Soma Pottery has a 300-year history in Fukushima Prefecture.
The dramatic revival activities has been achieved in the last eight years after being devastatingly damaged by the Great East Japan Earthquake.
It has won numerous awards for products incorporating modern design as well not only as traditional double structure, and its development in Japan and Asia has expanded even further.

"When I will attend the 311 Memorial Ceremony in New York,
I want to hold another IKKON BAR event different from last event. "
It was the beginning of this year that we started to move in response to such a request.
However, due to budget and venue convenience, the event date had not been fixed for long time,
The actual announcement start was a difficult schedule of two weeks before the day of the event.

In addition to "IKKON double wall cups" which increased the fan base in the last holding,
This time, it was also the purpose of showing off the black dish "Croterrace".

Ogachi-machi, Ishinomaki-shi, Miyagi Prefecture, which produces 95% of Japanese suzuri(ink-stone), had also suffered from the Great East Japan Earthquake.
In order to rebuild the history of about 600 years, they are continuing activities for reconstruction.

Obori Soma Pottery in Fukushima Prefecture and Ogachi-suzuri(ink-stone) in Miyagi Prefecture cross, and illuminate tomorrow.
How do we announce in the United States the attractiveness of such an excellent product?
Although the mission is large, what can we do if the budget and schedule are limited?

The one who supported us was an owner of a cafe that produces Japanese traditional food Onigiri, and a sushi chef who worked for a sushi restaurant that had just ended in New York's 30-year history.

Initially 20 guests were expected, but we welcomed 50 guests on the day of the event.
They drunk sake, enjoyed Japanese food, and interacted a lot.
We were very happy that we let people know the way of "The reconstruction support that can be done from here".

The second event made us a certain response.
We plan to produce upgraded projects this fall.

20190314-_DSC3996のコピー

20190314-_DSC4047のコピー


20190314-_DSC4033のコピー

20190314-_DSC4067のコピー

20190314-_DSC4086のコピー

20190314-_DSC4131のコピー

20190314-_DSC4135のコピー

20190314-_DSC4191のコピー

20190314-_DSC3972のコピー

20190314-_DSC3973のコピー

20190314-_DSC3977のコピー

20190314-_DSC3987のコピー

20190314-_DSC4104のコピー

20190314-_DSC4245のコピー

写真提供:野口正博氏 ©️Masahiro Noguchi

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

20190314-_DSC4151のコピー

20190314-_DSC4193のコピー

20190314-_DSC4215のコピー

20190314-_DSC4229のコピー

20190314-_DSC4230のコピー

20190314-_DSC4236のコピー

20190314-_DSC4231のコピー

20190314-_DSC4247のコピー

20190314-_DSC4254のコピー

20190314-_DSC4257のコピー

Next

写真 2019-03-12 12 30 12


人の入れ替わりの激しいニューヨーク。
引っ越したり、子供の学校が変わったり、
それだけで縁遠くなる人は、少なくない。

だからこそ、長く親しくしてくれている友人は宝物。
誕生日とか、季節の変わり目とか、
小さな理由をつけて、御自宅に招いてくれる。

桃の節句のランチ会。
桃色尽くしの食事は、優しい気持ちを運んでくれる。

優しさは、巡回するものなのだなと思う。

次は桜が咲く頃に、集まろう。

写真 2019-03-12 12 31 13


In New York, people always moving in and out.
Sometimes people will be away easily by the situation.

That's why close friends for a long time are treasures.
Birthday, turn of the season, etc.
We will invite each other to home with a small reason.

Lunch party for the doll festival.
The pink food carries a kind feeling.

I think that kindness is something that goes round.

Let's gather next time, when cherry blossoms bloom.

写真 2019-03-12 13 32 47


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-03-12 13 00 22

Next

写真 2019-03-08 7 28 22


英語で「究極」という意味の「アルティメット」という競技。
1960年代に米国で考案され、現在はワールドゲームズの公式種目。
走る、投げる、飛ぶ、すべての能力を使い切る究極のスポーツ。

******

試合の終わりを告げるホイッスルが、体育館に響き渡った。
娘のチームはプレーオフで敗北を喫し、今日でシーズンが終わった。

最後にパスを受け損ねた子が、泣きわめいていた。
私はその姿を見て、悔しくて悔しくて、一緒に泣いた。
学生時代に試合に負けると、悔しくて泣いた感情まで沸き上がった。

我が娘を見ると、じっとこらえている。
強い子だな、と改めて思った。
チームの要であるクォーターバックのポジションで奮闘した。
本当は、誰よりも悔しいはずなのに。

シーズンの最初に約束したことを思い出す。
「とにかく楽しんでね。チームワークを学んでね」と。

この体育館で声を上げて走り回るのも最後かな。
そんなことを想っていたら、また涙がこみ上げてきた。

「朝の匂い」が少しつず春の風を連れてくるようになった。
あと数ヶ月、毎日の送り迎えからも卒業の日が近い。

2019-01-25 07.59.38

2019-01-25 08.00.01

2019-01-25 08.00.30


A competition called "Ultimate" which means "ultimate" in English.
Invented in the 1960s in the United States, it is now the official sports of World Games.
The ultimate sport that runs, throws, flies and runs out of all abilities.

******

A whistle telling the end of the match resounded in the gymnasium.
My daughter's team defeated in the playoffs and the season had over today.

A girl who missed the pass at the end was crying.
I saw that figure, regretted, regretted, and cried together.
I reminded a feeling of regret and crying when I lost the game while I was a student.

When I saw my daughter, she was still patient.
I thought again that she was a strong child.
She played at the quarterback position that was the cornerstone of the team.
In fact, she should be more regrettable than anyone.

I remember what I promised with her at the beginning of the season.
"Just have fun. Learn teamwork."

It might be also the last time to run around in this gymnasium.
When I thought about that, tears came up again.

The "morning smell" has come to bring a little spring.
A few more months later, we will have the day of graduation, means the graduation of routine to pick up kids.

写真 2019-03-01 8 00 26


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-03-10 16 56 50


あの日から8年。
ニューヨーク・マンハッタンの教会で、約400名が共に祈った。
「私たちは、忘れない」「一緒にいるよ」と。

あの時、ニューヨークにいた日系人は、何を思っただろう。
TV画面から流れるニュース、祖国が失われていく悲しみ。

いても立ってもいられずに、たくさんの人が声をあげた。
「ここからできることを」誰もがそう思って行動した。

あの日から8年が経過して。
被災地では今なお復興活動が続いている。今なお行方不明の人がいる。

その現実を、忘れてはいけないと。
ここからできる復興支援、まだまだできることがたくさんある。

追悼式をずっと運営している方々に感謝と尊敬の念を抱きつつ、
もっと、断続的にできることはないだろうかと考える。

未来のいのちを、この美しい地球を、守るために。

写真 2019-03-10 17 01 40

写真 2019-03-10 17 16 07

写真 2019-03-10 17 36 33

写真 2019-03-10 18 02 10


It passed eight years from that day.
About 400 people prayed together at a church in New York Manhattan.
"We will never forget," "We're always with you."

At that time, what we Japanese felt in New York?
The news flowing from the TV screen, the sadness that the mother country is lost.

A lot of people uttered their voices.
"Everything that we can do from here", we acted thinking that way.

Eight years have passed since that day.
Reconstruction activities are still continuing in the affected areas. There are still missing people.

We must not forget that reality.
There is a lot of reconstruction support that can be done from here, but still more we can.

With gratitude and respect to those who have run the memorial ceremony,
I think that there is something that can be done more intermittently.

To protect the future life and this beautiful earth.

写真 2019-03-10 18 30 45


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-03-10 11 43 00


日本中の誰もが、いのちについて考える日。
家族そろって、長女の16歳の誕生日を祝った。

16年前、こうやって生かされていることすら想像できなかった。
絶望というのは、こうやってやってくるのだと実感した。

日曜日は、娘をアップステートの学校に送る。
明日から始まる新しい一週間の心構えをする。

そして、毎週同じように、自責の念に駆られる。
母親としての責任を、きちんとまっとう出来ているか自問する。

スプーンを持って食べる。白杖をついて歩く。
「自分ができることをやる」娘はちゃんと実践している。

私は精一杯生きているだろうか。
自分ができることを、ちゃんと実践しているだろうか。

人のいのちには限りがあるけれど、
人の心は永遠に生き続けるから。

未来のいのちのために、できることをやっていこう。

写真 2019-03-10 12 20 59

写真 2019-03-10 12 21 06


The day when everyone in Japan thinks about life.
My whole family celebrated my daughter's 16th birthday.

Sixteen years ago, I couldn't even imagine we had been living this way.
At that time, I realized that despair was coming this way.

Every Sunday we take my daughter to the upstate school, and send her off.
I have to prepare my mind for a new week starting tomorrow.

And, every week, I suffer from a guilty conscience
I ask myself if mother's responsibilities are properly fulfilled.

She eats with a spoon. She walks with a white stick.
My daughter is doing properly what she can do with disabilities.

Am I living as hard as I can?
Am I doing what I can do properly?

There is a limit to human life,
But people's hearts will live forever.

We do what we can do for future life.

写真 2019-03-10 12 43 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

2019-01-26 17.49.14


「JCAT, Japanese Contemporary Artists Team in New York」という
海外で活動しようとする日本人アーティストの窓口を担う団体がある。
個人的な友人でもある日本人女性がディレクターを務め、
所属するアーティストは数百名。大きな組織である。

海外で展示実績を作りたいというアーティストにとって、
これ以上の心強いサポーターはいないだろう。
一定の審査を終えて、実費を支払えば、ニューヨークに出展できる。

*******

福岡からニューヨークにやってきた後藤梨沙さん。
アートバトル・日本大会、第2回目優勝という実力の持ち主。
彼女がJCATのグループ展に出展すると連絡を受け、チェルシーの画廊へ。
「スマイリーエキシビション」の最終日にギリギリ間に合った。

私は見過ごしてしまったけれど、レセプションの様子を伺う。
音楽に合わせてダンスを踊りながら、キャンバスに描いていく。
真っ白な衣装もキャンバスも、最後は見事に色付いて、
「カラリズム」という独自の世界観が完成する。

全身を使ったパフォーマンスもユニークだけれど、
作品の一部を買いたいというユニークなオファーを受けたことも、
アートに慣れ親しんでいるニューヨークという街ならでは。

問題は、この先である。
星の数ほどいるアーティストの中で、さらに活動を広げるために、
何をすべきか、どこにアピールしていくか。

まず、その土地を見て感じて、友達を作って、たくさん空気を吸う。
丁寧に人を繋ぎ、感性を育み、その土地と人をリスペクトする。

そんな想いをきちんと理解して、世界に挑戦していくアーティストたち。
未来へ羽ばたく姿を、私はこちら側から応援したいと思う。

2019-01-26 17.47.00

2019-01-26 17.44.50

50734523_1500174753449110_3761034936199413760_o


There are organizations that serve as an agent for Japanese artists who intend to work overseas, called JCAT, Japanese Contemporary Artists Team in New York.
A Japanese woman who is also a personal friend serves as the director.
It has hundreds of artists, and is a big organization.

For artists who want to hold exhibition abroad overseas,
It is an encouraging supporters.
After you pass a certain judgment, if you pay actual expenses, you can exhibit in New York.

******

Risa Goto who came to New York from Fukuoka.
She is the winner of the 2nd Art battle · Japan tournament.
I was informed that she will exhibit at the JCAT Group Exhibition, to the Chelsea Gallery.
I was in time for the last day of “Sm;)ey Exhibition”.

Though I missed the reception, I heard about her performance.
While dancing with the music, she draws on the canvas.
Both pure white costumes and canvas are colorful finally at the end,
A unique world view called "Colorhythm" will be completed.

Her performance using the whole body is unique enough,
She also received a unique offer to buy a part of the work.
It happened in the city called New York, familiar with art.

The future may be hard.
Among the artists who have much talents, in order to further expand activities,
What to do and where to appeal.

First of all, artists need seeing the land, making friends, sucking up a lot of air.
They should carefully connect people, nurture sensibility, respect the land and people.

If artists understand such feelings properly and challenge the world.
I would like to cheer from this side to the future.

45837027_1442380999228486_3238352895338348544_o


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

2019-01-26 17.47.49

2019-01-26 17.47.58

2019-01-26 17.48.18

2019-01-26 17.48.29

2019-01-26 17.48.46


Next

「クラウドファンディング」というシステムが嫌いだった。
周囲に無理にお願いするぐらいなら、自分で働いて稼ぐべきだと思っていた。
リターンの手配も大変だし、仲介する機構への手数料も馬鹿にならない。

過去にアーティスト支援でクラウドファンドを手伝ったことがあったけれど、
そのシステムに納得いかないまま、ただ彼女のために応援していた。

無理なお願いをして、人に頼ることが苦手な性分ということもある。
ちゃんとお返しできないものを、借りてはいけないと思う理由もある。
こういう呼びかけは、いつもそばにいたはずの仲間さえ黙り込む。

でも、とある友人がこう言ってくれた。
「みんな、余計なものを期待なんかしていないんだよ。
夢を追っている姿を、一緒に応援したいと思うだけ。
「あの時助けてあげたよね」と後でニヤッと出来ることだけで十分なんだ」

私はこの言葉を、真っ直ぐに受け止めてみようと思った。

それならば。
一人の投資家に、ペコペコ頭を下げて大きなお金を貰うのでなく、
一人一人の小さな金額が、大きな資金になっていく形を取りたいと思った。
日本にできないことをやっているドイツを救うことで、未来のいのちを救える。
たくさんの日本人のチカラで、それを支えていることを伝えたい。

それならば。
「感謝の集い」には、協賛企業様だけでなく、
個人的に応援してくださる方に、たくさん参加していただきたい。

ジストニアという難病から復活、7本指のピアニスト・西川悟平氏が、
「夢を諦めないで」というメッセージと共に、リサイタルを開いてくれる。

平和と子供たちの将来を願う書道家・岡西祐奈氏のパフォーマンス、
美しい容貌から生み出される美しい文字に、人は魅了されるだろう。

人工流れ星の研究家、岡本礼奈氏がJAXAロケットに乗せた夢を語る。
来春、広島で一緒に人工流れ星を見るツアーを、私たちが企画するから。

版画家・蟹江杏氏、パティシエ・壁谷玲子氏、日本画家・山田みどり氏。
実力あるアーティストたちが、さらに華を添えてくださる。

さらに、びっくりするようなサプライズゲストの登場が決まっている。

その時間を共有できるだけでワクワクするような、楽しい企画。
一緒の目標を持った方々と食べて飲んで交流する、それだけでも十分。
そして、そのお釣り部分がすべて、ドイツで待っている子どもたちに届けられる。

全盲の娘は、本当に信頼した人としか、手を繋がない。
たくさんの人が応援してくれることを、実感していくことの積み重ねでしか、
人を信頼していくことを教える術が見つけられない。

だから。
私たちの夢が、夢から現実になるように。
一緒に歩けるように、手を繋いでいただけませんか。

たくさんの想いが詰まった「感謝の集い」に、ぜひ御参加ください。
パーティーへの参加とドイツへの支援を合わせて、御協力ください。
「会いたいから行く」「少しでも関われたら」
そんな気持ちを、両手を広げて待っています。

「未来のいのち国際サミット2019」クラウドファンディングはこちら。

スクリーンショット 2019-03-08 14.08.09


I hated the system called "cloud funding".
I thought that I should work to earn by myself as much as not asking for surroundings.
Arrangement of returns is also hard, and the fee for the intermediary mechanism is not small either.

Although I had helped a cloud fund with artist support in the past,
I did not agree with that system, and I was helping just to support her.

I am unlikely to rely on depending on people, it is my character.
There are also reasons to think that I should not borrow what I cannot return properly.
Such a help makes silent even by my friends who were supposed to be with us all the time.

But a friend says,
"Everyone does not expect any extra things.
I just want to cheer for the figure of chasing your dream.
"I just helped you at that time," if I can think later, it's enough."

I thought that I should take this word straight.

If it.
Instead of asking one investor who give us big money,
I thought that I would take the style that a small amount of each person becomes big money.
By saving Germany that is doing what Japan cannot do, we can save the future life.
I want to tell you that a lot of Japanese people's power support them.

If it.
I would like you to participate personally to come to "The reception on April 22nd.", even if you are not belong the sponsor companies.

At the party,
We welcome our friend, seven fingers pianist , Gohei Nishikawa who resurrected from intractable illness called dystonia.
He will a piano recital with the message "Do not give up your dreams".

We have a performance of calligrapher Yuna Okanishi wishing peace and the future of children.
You will be fascinated by beautiful letters created from a beautiful appearance.

An artificial shooting star researcher, Rena Okamoto will talk about the dream with JAXA rocket.
We will organize a tour to see artificial shooting star together in Hiroshima next spring.

Anzu Kanie (Artist), Reiko Kabeya (Patissier), and Midori Yamada (Artist) will exhibit their works and sell them at the venue.

In addition, we have many surprising guests on the day.

It is exciting just to be able to share that time excitingly.
Eat and drink with people who have the goal together and chatting, that alone is enough.
And all that the extra fund will be delivered to the children waiting in Germany.

My blind daughter can hold hands with only truly trusted people.
Only in the accumulation of realizing that many people support her,
I can teach her a skill to trust people.

Therefore.
I wish our dreams come true.
Would you please hold hands so that we can walk together.

Please participate our reception on April 22nd, filled with lots of thoughts.
Please join the party and support to Germany.
We thank for your cooperation.

Please click here to see the link.

スクリーンショット 2019-03-08 14.09.01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "




Next

重複障害を持って生まれた娘と一緒に、暗いトンネルを彷徨い歩いた。
光の見えないトンネルは、長くて暗くて、ずっと孤独だった。

2011年3月11日、娘の8歳の誕生日。
誰もが「当たり前の日常」があることは、感謝すべきことだと気付いた日。
私は意を決して、娘のこと、そして自分の弱さを伝えた。

いつしかたくさんの人が手を差し伸べてくれて、私たちは生かされてきた。
この世界には、こんなにもたくさんの愛と優しさが溢れていると知った。
世の中の人がみんな、国境や言葉の壁を超えて手を繋げば、
平和で美しい地球を守るという目標に向かって進めるはず。

私たちが生かされてきた御恩を少しずつお返ししていきたい。
そう思った時に出会ったのが、世界で石鹸を配り歩いている女性だった。
熱弁をふるう彼女に圧倒されながら、チカラになりたいと思った。

今どの国でも、難民も移民も受け付けなくなっている世界の中で、
ドイツという国だけが真逆のことをやっている。
オーバーハウゼンという山村地帯にある「ドイツ国際平和村」だけが、
日本ではできないようなシステムで、子どものいのちを救っているのだ。

私たちが直接できなくても、ドイツを応援することで助けられるいのちがある。
それを知ってほしい。何よりも、その存在を知ってほしい。

「ドイツ国際平和村」のトーマス・ヤコブス氏が来日するタイミングで、
彼の話を一緒に聞いてみよう。未来のいのちを考えてみよう。
きっと日本にいる皆さんにとって、知ること自体が「ギフト」になるから。

講演会や勉強会というと、みんな無関心になるから、敢えて無料で公開したい。
応援してくださる企業や人々が、次々と声を上げてくれているけれど、
一番大切なのは、とにかくたくさんの人に知ってもらうこと。

今回の目標は、そこにあります。

パンが1つしかなければ、まず自分のいのちを救うのは当然だけれど、
もし2つあったら、1つは誰かのために捧げてみませんか。
愛はためこむものじゃなくて、循環させていくものだから。
未来のいのちのために、貴方の時間とお金を少しだけ、分けてください。

お力添えくださった一人一人が「あの時チカラを貸した一人だよ」と
将来、声を大にして叫べるように。
「JAPAN国際平和こども王国」設立の夢へ、繋いでいきます。

「未来のいのち国際サミット2019」、貴方のチカラを貸してください。

「未来のいのち国際サミット」お申し込みはこちら。

クラウドファンディングはこちら。平和村の子どもたちへ、貴方の心を届けます。

2019-01-29 08.23.33

©️ドイツ国際平和村

I wandered around a dark tunnel with my daughter who was born with multiple disabilities.
The tunnel had no exit, long and dark, I was lonely all the way.

On March 11th, 2011, it was my daughter's 8th birthday.
Everyone in Japan realized that we had to thank to "daily life" by experiencing the great east Japan earthquake.
I decided to write a book to tell my daughter, and my weakness.

We could alive, since many people reached their hands to us.
I was noticed that so much love and kindness were overflowing in this world.
If everyone in the world hands beyond the borders and language barriers,
We will be able to proceed toward the goal of protecting the peaceful and beautiful earth.

I would like to give back my thanking to the world that we have been living.
When I thought so, I met a woman who was dealing with soaps in the world.
I was overwhelmed by her activities, and also wanted to help her.

In the world where refugees and immigrants are no longer accepted in any country right now,
Only Germany is doing the opposite dealing.
In "Friedensdorf International / German International Peace Village" in the mountain village of Oberhausen,
they save the life of children with a system that cannot be done in Japan.

Even if we cannot do it directly, there is life that can be helped by supporting Germany.
I want you to know that. More than anything, I want you to know its existence.

At the timing of Mr. Thomas Jacobs of "Friedensdorf International / Germany International Peace Village" coming to Japan,
Let's listen to his story together. Let's think about the future life.
For everyone in Japan surely, knowing itself becomes a "gift".

When lectures and study sessions are said to be indifferent to everyone, I would like to publish daily free of charge.
Although the companies and people who support us are raising voices one after another,
The most important thing is to let many people know about it.

That's our goal of this time.

If there is only one bread, it is natural that you first save your life.
If you have two, why do not you dedicate one for someone?
Love will not what you will hold, it will circulate.
For the future life, please share your time and money a little.

" You were the one who helped us at that time."
We will shout out with loud voice in the future.
We will continue to work with the dream of establishing "JAPAN International Peace Kids Kingdom".

Please support our new project, "Future Life International Summit 2019".

写真 2018-12-13 8 41 37

写真 2018-12-13 8 40 02


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-03-06 19 48 09


Next

写真 2019-03-04 21 54 42

写真 2019-03-04 21 56 46

写真 2019-03-04 22 10 38


トシ・カプチーノ氏のキャバレーショー。
「ザ昭和歌謡第2夜」は、80年代のヒットパレードをお披露目する企画。

沢田研二、郷ひろみ、中島みゆき、山口百恵、、、。
私よりも少し上の世代が憧れていた昭和の大スターたちだけでなく、
松田聖子やドリカムまで歌ってくださったのが嬉しすぎて。

彼のショーの面白さは、曲の合間に見事にハマるトークや構成だけでなく、
舞台と観客席との微妙なバランス感にある。
お互いの呼吸が伝わるぐらいの距離であっても、その時々の空気は違う。
それを毎回うまくコントロールして、毎回違う一体感を作り上げている。

楽しい歌とトークで、ゲストにたくさんの笑顔を届けているだけでなく、
母や故郷を偲ぶ歌を必ず途中に入れてくる手法に、私はいつも涙してしまう。

2000年代初期に、本名のトシさんを取材させていただいた頃が懐かしい。
あの頃からずっと彼を応援している仲間の一人でいられることも幸せだから。

次回企画は是非、90年代のヒットソングをお願いいたします!

写真 2019-03-04 22 51 11

写真 2019-03-04 22 51 53

写真 2019-03-04 22 53 49


My friend, Toshi Cappuccino held Cabaret show last night.
It was "The Showa Kayo No. 2 Night", a project to show off the hit parade of the 80's.

Kenji Sawada, Hiromi Go, Miyuki Nakajima, Momoe Yamaguchi ,,,,.
I was very happy that he sang not only the big heroes of Showa which the generation a little above me was longing, but also the song of Seiko Matsuda and my hero "Dreams come True".

The interestingness of his show is not only the MC and show composition,
It is in a delicate balance feeling between the stage and the audience.
Even if the distance between each other's breath is transmitted, the air at that time is different.
He controls well each time, makes us a different sense of unity every time.

He makes a lot of smiles to the guests with songs and fun talks,
and I always cry in his method of always including songs that reminds mother and hometown too.

I miss the old days when I interviewed Mr. Toshimitsu Hirano, his real name, in the early 2000s.
I am happy that I am one of the followers who have been cheering him since that time.

I look forward to hearing hit songs of the 90's in his next project.

写真 2019-03-04 22 55 57

写真 2019-03-04 23 05 42


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-03-04 22 33 14

写真 2019-03-05 12 15 15

Next

ニューヨークで一番古くから仲良くしてくれている大切な友人。

たくさんの人とたくさんの思考が入り乱れる大都会では、
一時的に近づいて来る人も、離れていった人もいる。

どんなことがあっても、味方でいてくれる存在。
大切な絆は、長く長く紡いでいく。

写真 2019-02-28 16 27 45


I have an old and important friendship in New York.

In a big city where many people and many thoughts are confused,
Some people are temporarily approaching, others have left.

Whatever happens, there is a friend who is on my side.
An important bond is not made in a short term.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

スクリーンショット 2019-02-27 08.13.51


義両親から贈られた雛人形は、クローゼットの奥でずっと眠っている。
居場所がないことを、きっとずっと悲しんでいる。

いつか光を届けてあげたい。

スクリーンショット 2019-02-27 08.14.32

スクリーンショット 2019-02-27 08.14.41

スクリーンショット 2019-02-27 08.14.50


Hina dolls given by parents-in-law are sleeping all the way in the back of the closet.
They are surely grieving that there is no whereabouts.

I want to deliver the light someday.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

『BANGIA』というのは、韓国語で「半地下」のことらしい。
ここでひっそり、こっそり、友人と食事をするのが好き。

韓国ビールとチーズトッボッキで、至福の時を。

何を食べるかでなくて、誰と食べるかが大事。
大切な人と、一緒に過ごす時間が好き。

写真 2019-02-22 18 44 12

写真 2019-02-22 19 00 28


"BANGIA" means to be "semi-underground" in Korean.
I like to dinner here with my friends quietly and secretly.

With Korean beer and cheese Tteokbokki, it's a time of bliss.

It is more important who you eat with than what you eat.
I like time spending time with important people.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

ニューヨーク・チェルシー地区にあるマキトリックホテル。
1939年に完成したものの、開業予定前に第二次世界大戦が始まったため、
一度も開店したことがないまま近年まで放置されていた。

ホテルを改装オープンする際に、地上6階地下1階のシアターが建設された。
シアターといっても、観客席はない。
ホテル内を縦横無尽に走り回る役者に、観客も走ってついて行くのだ。

新感覚体感型のミュージカル「スリープノーモア」。
物語のあらすじは、シェイクスピアの戯曲「マクベス」と、
ヒッチコック監督の映画「レベッカ」が基盤にされている。

イギリス発祥の「マクベス」と「レベッカ」を知っていることが大前提。
暗闇の中からスタートして、ストーリーと役者を探していくのだけれど、
まずは主軸となる役者を早く見つけられるかがポイントになる。

観客は白いマスクをかぶり、役者に触ったり話しかけたりしてはいけない。
役者もセリフを発せず、パフォーマンスと音響だけでストーリーが展開する。

時間差で入場したとしても、最後は皆同じホールに集められているのが不思議。
最新のテクノロジーのお陰か、あるいは役者の演技力のお陰か。
物語の結末は一緒でも、そこに至るまでの過程は無限大のパターンになる。

私は、物語の脇役になる役者を見つけて歩くのが楽しかった。
どんなところでも手を抜かない。
「天知る、地知る、我知る」を、こんなところでも感じてしまう。

写真 2019-01-26 8 18 34


MaKittric hotel in New York / Chelsea area.
Although it was completed in 1939, the Second World War began before the start Hitchcock's film "Rebecca".

It is a major premise to know "Macbeth" and "Rebecca" originating from England.
Starting from the darkness, you will search for stories and actors,
First of all, the important thing is that you quickly find the actor who becomes the main axis.

As the spectators you should wear white masks and do not touch actors or talk to them.
Actors do not issue dialogue, the story develops only by performance and sound.

Even if you enter by time difference, it is strange that all the people are gathered in the same hall.
Thanks to the latest technology, or the acting skill of actors.
Even if the ending of the story comes same, the process leading up to it becomes an infinite pattern.

I enjoyed walking by finding an actor who become a supporting role of the story.
They play the best at any place.
It reminded me "God knows, the earth knows, and I know myself."

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-02-20 18 35 07


乗務員としてラインアウトした当時、欧米へのフライトは2泊が基本だった。
会社の経営状態が悪くなり、長大路線以外の滞在は1泊以下になった。

西海岸には昼前に到着し、翌朝には日本に戻る。
フライト疲れで横になると、つい夜半過ぎまで寝てしてしまうのだが、
今度は朝まで眠れなくなり、帰りのフライトに支障が出る。
夕方に一度起きて、食事をしてからまた寝るのが正しい過ごし方とされた。

サンフランシスコ滞在時に、乗務員がよく行っていたベトナム料理のお店。
新鮮な茹でガニと、締めのガーリックヌードルを食べるのが定番だった。

あの頃の思い出を頼りに、当時と変わらぬメニューを注文する。
周囲には、おそらくコックピットクルーと思われる男性グループ、
キャビンクルーのような女性集団のテーブルがあった。

食事の値段が跳ね上がり、サービスも決して良いとは言えない。
「思い出は美化される」と言うけれど、美味しい味が健在だったのが何より。

写真 2019-02-20 19 02 42

写真 2019-02-20 19 02 48

写真 2019-02-20 19 02 57


At the time when I checked-out as a crew member, the flight to Europe and the United States had basically two nights stay.
The business condition of the company got worse, and staying outside the long journey route was less than one night.

We arrived at the west coast early in the morning and returned to Japan the next morning.
Flight When we laid down with fatigue, we fallen asleep until midnight,
Next time we could not sleep till the morning, hindrance to the return flight.
So we should wake up in the evening, and sleep again and after having a meal.
It was taken to be the right way to spend.

There was a Vietnamese restaurant where crews often used when staying in San Francisco.
The default was to eat fresh boiled crabs and garlic noodles.

Based on memories of those days, I ordered an unchanged menu.
There were probably a group of men who seemed to be a cockpit crew,
and there was a table of women group like cabin crew.

The price of meals has jumped, and the service was not so nice.
"Memories will be beautified", but I was happy that the most delicious taste was alive.

写真 2019-02-20 19 33 42

写真 2019-02-20 19 45 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 20 08 08

写真 2019-02-20 20 08 13

Next

写真 2019-02-20 11 44 09


かつて、ワイン業者とメディア関係者以外には非公開のワイナリーも多かった。
しかし近年は一般客相手に予約制でツアーを実施し、
丁寧にワインを小売販売してくれるワイナリーも少なくない。

イタリア語の「ファー・ニエンテ」は、「何もしないことの喜び」。
すなわち、「自由に、気ままに」という意味らしい。

90年代、ソムリエ資格を持った先輩に紹介されて、そのワインを知った。
歴史的背景を漂わせる建物が描かれたエチケットの美しさ。
シャルドネの黄金色の輝きと樽香との素晴らしいバランスに魅了された。
値段が高騰した昨今、ニューヨークで出会うことは滅多になかった。

美しく整備された並木路を通って、ワイナリーの玄関口へ到着。
ホスピタリティー溢れるスタッフが、丁寧に出迎えてくれた。
建物に入れず池の周囲で遊ぶ子供たちを、彼女が見守ってくれるという。

しばし現実を離れて、ワイナリーの歩んできた歴史の旅に出る。
ワインへの憧れとか、時間の思い出とか、失くした友人とか。
いろんなことを懐古する。

そしてこうやって、人と人、想いと想いを繋ぐことが、
残された者のミッションなのだと噛みしめる。

ワインの心も、人の心も。
ずっと誰かの中で、生き続けている。

写真 2019-02-20 11 45 01

写真 2019-02-20 11 51 09

写真 2019-02-20 11 51 14


In the past, there were many private wineries that only winemakers and media stakeholders were welcomed.
However, in recent years, tours have been made to regular customers by reservation system, there are some wineries who sell wine as retail.

The Italian "Far Niente" is "Without no care."
That is, it seems to be meaning "leisurely and freely".

In the 1990s, I was introduced this wine by seniors with sommelier qualifications.
The etiquette with the building drawn with historical background was very beautiful.
I was fascinated by the wonderful balance of Chardonnay's golden glow and the smell of oak.
In recent years after the price soared, we rarely met in New York.

We arrived at the entrance of the winery through a beautifully maintained tree-lined street.
Staff full of hospitality welcomed us carefully.
She said she watched children playing around the pond without entering the building.

For a while, I left the reality and go on a journey of history that the winery had been walking on.
A longing for wine, memories of time, friends who passed away.
I recollected various things.

And by doing this, connecting people and people, feelings and feelings,
I will bit it as the mission of the leftover person.

The heart of wine, the heart of man.
They will keep living in heart of someone for a long time.

写真 2019-02-20 11 52 10

写真 2019-02-20 11 52 18

写真 2019-02-20 11 52 41

写真 2019-02-20 11 56 25

写真 2019-02-20 11 56 32


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 11 50 10

写真 2019-02-20 11 50 14





Next

写真 2019-02-19 17 26 33

写真 2019-02-19 17 10 41
写真 2019-02-19 16 52 21

写真 2019-02-19 16 52 55

写真 2019-02-19 17 07 55


19世紀後半、ヨーロッパでフィロキセラという寄生虫が流行した時、
欧州のワイン畑は壊滅する寸前だった。
虫に強い北米のワイン木を接ぎ木することで危機を脱し、
現在も世界中で、いわゆる「旧世界」のワインが楽しめるのだ。

人工衛星を飛ばして、フランスと同じ気候・同じ土壌条件を探し当て、
フランスよりも廉価で美味しいワインを生産してきたカリフォルニア。
しかし世の中のカリフォルニアワイン人気に伴い、その値段も高騰している。

カリフォルニアワインの聖地、ナパ・バレー。
これまでにも何度か訪れたことがあるけれど、ずいぶん状況が変わって来た。
ワイナリーによってスタンスは様々だが、キッズフレンドリーな場所から、
13歳以下の子供は敷地内立ち入りさえ禁止というワイナリーもあった。
ツアーの事前予約はもちろん、ワイン購入の意思がなければショップにも入れない。

秋の収穫を終えて、新緑のかけらもないこの時期は、訪問客も少ないけれど、
ワイナリー専属のツアーガイドとブドウ畑を歩くのは本当に楽しい。

かつては「新世界」と称されたカリフォルニアワインも、
今は堂々と老舗の殿堂入りを果たしていることを実感する。

写真 2019-02-20 9 49 48

写真 2019-02-20 10 00 12

写真 2019-02-20 10 00 05

写真 2019-02-20 10 06 10

写真 2019-02-20 10 21 43

写真 2019-02-20 10 23 02


In the late nineteenth century, when a parasite named Phylloxera was prevalent in Europe,
European wine fields were on the verge of being destroyed.
It got out of crisis by grafting North American wine tree resistant to insects,
Currently around the world, we can enjoy the so-called 'old world' wine.

In California, people used satellites, found the same climate and the same soil condition as France.
They have produced cheaper and delicious wines than France.
But with the popularity of California wines in the world, the price has been also rising.

Napa Valley is the holy land of California wine.
I have visited several times so far, but the situation has been changing a lot.
The winery has a variety of stances, but from a kids-friendly place,
There were also wineries where children under the age of 13 were banned from entering the premises.
As well as booking the tour in advance, you cannot enter the shop without wishing to purchase wine.

After the autumn harvest, at this time without fresh green, there were few visitors.
But It was a lot of fun walking the winery exclusive tour guide and vineyards.

California wine once called "New World".
We know they are playing dignified entrance into the old-fashioned hall of fame now.

写真 2019-02-20 10 28 30

写真 2019-02-20 10 32 35

写真 2019-02-20 10 41 52

写真 2019-02-20 11 15 26


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 11 32 40

写真 2019-02-20 11 33 59


Next

写真 2019-02-19 15 16 29


突然思い立って、バークレーの街に。
全米で最も予約の取りにくいレストランの1つ「シェ・パニーズ」へ。

10年以上前に、かつての仕事仲間の叔母さんが働いているのを聞いてから、
ずっと行く機会を狙っていたけれど、なかなかチャンスがなかった。

ここで留学生をしていたことが信じられないくらい、
バークレーの街は美しくて、栄えていた。
あの頃は、何も見えていなかったのだなと、つくづく感じた。

アメリカではすでにカリスマ的存在のシェフ、アリス・ウォーター女史が、
1971年にオープンした、アメリカ料理のレストラン。
自然と人間に優しい農法で育てた地元の新鮮で美味しい食材を使用する。
スローフードや健康志向が高まる昨今、有機農法にこだわる店は多いけれど、
40年以上前から、同じスタンスで食事を提供してきた稀少な存在。

アメリカンバーガーとピザが唯一の御馳走だった学生時代に、
「食の美味しさの革命」にこだわり続けていたシェフに出会っていたら、
それはきっと、西海岸に踏みとどまるキッカケになっていただろう。

今回の旅の目的は、バークレーの思い出を奪回することだったのかもしれない。

写真 2019-02-19 15 15 25

写真 2019-02-19 15 14 35


Suddenly thinking, we went to the city of Berkeley.
To one of the US's most difficult-to-reserve restaurants "Chez Panisse".

More than 10 years ago, after I heard that my former colleague's aunt worked,
I was aiming for the opportunity to go all the time, but I did not have a quite chance.

I could hardly believe that I was an international student here,
The city of Berkeley was beautiful and prosperous.
In those days, I felt that I could not see anything in those days.

This American restaurant "Chez Panisse" has been opened in 1971 by Ms. Alice Waters.
She used locally fresh and tasty ingredients that were raised with nature and human-friendly farming methods.
Nowadays slow food and health consciousness are increasing nowadays, there are many stores that adhere to organic farming methods.
But for over 40 years, it is rare existence that has offered meals with the same stance.

During the student days when American Burger and Pizza were the only treats,
If I met a chef who was sticking to "revolution of taste of food"
I might been staying on the west coast.

The purpose of this trip may have been to recapture the memories of Berkeley.

写真 2019-02-19 14 05 27

写真 2019-02-19 15 12 20


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-19 14 15 44

写真 2019-02-19 14 29 49

写真 2019-02-19 14 30 05

写真 2019-02-19 14 55 17

写真 2019-02-19 14 55 23



Next

写真 2019-02-19 9 15 36

写真 2019-02-18 12 53 23


ピア33からフェリーに乗って約15分。
かつて全米の凶悪犯が収容されていたアルカトラズ連邦刑務所の跡地に到着。

南北戦争の前後から、囚人を収容する監獄となり、
1861年から1963年まで100年間、正式な連邦刑務所として使用されていた。

目の前、たった2キロぐらいの場所に、サンフランシスコの街並みが見える。
簡単に脱獄できそうでも、激しく波打つ冷たい海流のせいで、
向こう岸まで泳いで渡ることは不可能に違いない。

それでも、たくさんの囚人が脱獄劇を繰り広げたという歴史的事実がある。
首から下げた音声ガイドを頼りに、2時間程のツアーが終わる。

かつて囚人だったという男性が、今はアルカトラズのガイドをしている。
ギフトショップでは、彼が書いた本が販売されている。

法律って、何だろう。赦すことって、何だろう。
刑務所跡へのショートトリップは、複雑な思いが残った。

写真 2019-02-19 9 23 25

写真 2019-02-19 9 29 53

写真 2019-02-19 10 04 53


About 15 minutes riding a ferry from Pier 33.
We arrived at the site of the Alcatraz federal prison, where thugs of the United States were once housed.

Before and after the Civil War, it became a prison to accommodate prisoners,
It was used as a formal federal prison for 100 years from 1861 to 1963.

In front of our eyes, we can see the cityscape of San Francisco just away about 2 kilometers.
Even though it seems easy to jailbreak, due to the rippling cold currents,
It is impossible to swim across the other side.

Still, there is a historical fact that many prisoners have played a jailbreak play.
Along with the voice guide, the tour of about two hours was over.

A man who used to be a prisoner, now worked as a guide to Alcatraz.
In a gift shop, the book he wrote has been sold.

What is the law? What is to forgive?
A short trip to the prison site left complicated feelings.

写真 2019-02-19 10 13 05

写真 2019-02-19 10 13 21

写真 2019-02-19 10 51 09


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-19 10 42 37
Next

写真 2019-02-17 14 08 35


初めてここに立った時の気持ちを覚えている。

10代の留学生生活は、車の運転も出来なくて、ビールも飲めなくて。
バスを乗り継いでここに来て、お小遣いをはたいて、家族にお土産を買った。

初めて見たアメリカ本土の大きさと、
初めて触れたアメリカ生活の厳しさと、
初めて知ったアメリカ人の感性の乏しさと。

それでも、アメリカは偉大だった。

ここで食べたクラムチャウダーの塩味と、
涙の塩味が混ざっていた。

何であんなに苦しかったのだろう。

写真 2019-02-17 14 26 40

写真 2019-02-17 14 36 42


I remember feelings when I first stood here.

I could not drive a car, I could not drink beer, for my teenage foreign student life.
I came here by transferring a bus, making my pocket money and buying a souvenir for my family.

The size of the mainland that I saw for the first time,
The severity of American life that I mentioned for the first time,
The lack of sensibility of Americans who I knew for the first time.

Still, America was great.

The salty taste of clam chowder I ate here,
and saltiness of tears was mixed.

I wonder why it was so painful.

写真 2019-02-17 15 11 31

写真 2019-02-17 15 18 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-17 15 43 06

Next

写真 2019-02-17 11 10 59


急遽、西海岸に行くことになった。
日本に行く度に、アメリカ大陸を横断しているけれど、
6時間という飛行距離に、つくづく米国の大きさを思い知る。

北風の吹く寒い街を、バスに乗って市内一周。
10代で留学した時の、憧れと寂しさの入り混じった複雑な気持ちを回顧する。

あの頃、恋い焦がれていたものは、何だったのだろう。
手に入らないものばかり、追いかけていた。

「足るを知る」
だから今が幸せなのだと。

写真 2019-02-18 11 45 46

写真 2019-02-18 11 52 23

写真 2019-02-18 12 04 27

写真 2019-02-18 12 14 58


Hurriedly, we decided to go to the west coast.
Every time I go to Japan, I cross the Americas.
In the flight distance of 6 hours, I'm always conscious of the size of the United States.

We took the city bus to go around, in the cold with north wind blows.
I looked back over my feelings mixed with admiration and loneliness when I studied in my teens.

I wonder what was the thing that I felt in love at that time.
I was just chasing what I could not get.

"To knowing one has enough"
I am happy now.

写真 2019-02-18 12 29 43

写真 2019-02-18 12 30 49

写真 2019-02-18 12 31 13


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-18 12 51 55

写真 2019-02-18 12 53 15 (1)

Next

杉原千畝氏の四男・杉原伸生氏との打ち合わせ。
最初の目的を達成した次にやりたかったことが、
伸生氏とドイツ国際平和村を繋げることだった。

私はドイツに寄らずにニューヨークに戻らねばならず、
すべてを敬子さんに託して、報告を待った。

前例がないからやらないのではなく、前例がないからやる。
誰かがやるのを待つのではなく、自ら動いてやる。

平和村が続けていこうとしていることと、
伸生氏が目指していることの情報交換をするなかで、発信された言葉。

「宇宙から見た地球に国境はない。
私たちの住む地球は、天体の中で一番美しく青い色をしているのです。
この地球を、子供たちのために綺麗に保たなければなりません」

子どもたちと未来のことを、宇宙規模で考えること。
それぞれの立場で、できる活動をすること。

地球上に実を結ぶべき愛と平和は、今こそ芽吹く時を待っている。

今年4月、日本で「未来のいのち国際サミット2019」を開催します。

写真 2019-02-11 13 49 28

©︎ドイツ国際平和村

We had a meeting with Mr. Nobuki Sugihara, the fourth son of Mr. Chiune Sugihara.
What we wanted to do next after achieving our initial goal,
It was to connect Mr. Nobuki and the Friedensdorf International / German International Peace Village.

Though I had to go back to New York without going to Germany,
I entrusted Keiko to everything and waited for the report.

We have to do because there is no precedent.
We do not wait for someone to do it, but move by ourselves.

In the course of exchanging the information for the aim of Peace village and Mr.Nobuki, the following words were sent out.

"There is no borders on the earth seen from outer space.
The earth we live in is the most beautiful and blue color in the celestial body.
We must keep this earth clean for our children."

Think about the future with the children on the universe scale.
To do activities that can be done in each position.

The love and peace that should bear fruit on the earth are waiting for the time to bud.

We will hold "Future Life International Summi 2019" in Japan in April.

写真 2019-02-11 13 49 38


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-02-10 6 29 49

写真 2019-02-10 8 36 44

写真 2019-02-10 8 36 57


ベルギーの首都ブリュッセルから北西へ90キロ。
「屋根のない美術館」としても知られる美しい街、ブルージュへ。

ブルージュの語源は「ブリッジ(橋)」。
市内に張り巡らされた運河にかかる無数の橋が点在する。

「ブリュージュの鐘楼」と「べギン会修道院」、2つの世界遺産。
旧市街全体がユネスコの世界遺産に指定されている街並みを、
港湾都市として栄えた中世当時の隆盛ぶりを想像しながら歩く。

マルクト広場を起点に小一時間の古都散歩。
ランチは、ベルギービールとムール貝、チキンやビーフの煮込み料理。
貴重な週末、私たちに精一杯のおもてなしをしてくださる伸生氏とその御家族。
その心優しさに、改めてたくさんのことに気付かせていただいた。

ほぼ毎日のように雨が降り雲間が見えることはないと言われているこの時期、
敬子さんと伸生さんパワーで、私たちが外を歩く時だけはなぜか雨が止む。

この時間が、次のステップに進む礎を作ってくれたことに、間違いはない。
世界を少しでも良いものにするためには、具体的に行動するだけ。
この旅を通して、確実に仲間の絆は深まった。

写真 2019-02-10 19 18 42

写真 2019-02-10 19 18 24

写真 2019-02-10 19 18 50


We headed 90 km northwest of the capital city of Belgium, Brussels.
To Bruges, a beautiful city, also known as a "museum with no roof".

The origin of Bruges is "bridge".
There are countless bridges scattered around the canals stretched in the city.

"Belfort en Hallen" and "Begijonhof", two world heritage sites.
We walked the townscape that the whole old city is designated as a UNESCO World Heritage Site, while imagining the prosperity of the Middle Ages that flourished as a port city.

From the Grote Markt start a small hour's walk through the old capital.
Our lunch was Belgian beer and mussels, chicken and beef stewed dishes.
At a valuable weekend, Mr. Nobuki Sugihara and his family gave us the utmost hospitality.
I noticed many things to that kindness.

It was said that almost every day as it rained and we could not be seen the sun in this period,
By the power of Keiko and Mr. Nobuki, and rain stopped for some reason only when we walked outside.

There was no mistake that this time made the foundation to proceed to the next step.
In order to make the world as good as possible, we only act concretely.
Through this trip, the bonds of our friends definitely tightened.

写真 2019-02-10 6 31 37

写真 2019-02-10 6 40 27

写真 2019-02-10 6 42 38

写真 2019-02-10 7 08 45

写真 2019-02-10 7 09 50

写真 2019-02-10 7 10 33

写真 2019-02-10 19 16 22 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-10 6 14 44

写真 2019-02-10 6 15 32

写真 2019-02-10 6 15 39



Next

写真 2019-02-09 7 32 39

写真 2019-02-09 7 32 50


前職で世界を飛び回っていた頃、到着時に機体のドアが開く前に、
その街の匂いを、心と身体が思い出すようになっていた。

今はもうそんなことは出来ないけれど、
日本に帰ると、やはり街に甘塩っぱい醤油の匂いが多い気がする。

ベルギーの街は、どこもかしこもチョコレートの香りが溢れていた。
芳ばしいけれど甘ったるい、身体の力が抜ける魔法の薬。

この国の人の笑顔が美しいのは、
きっとチョコレートとワッフルのせいなんだろうか。

写真 2019-02-09 7 33 17

写真 2019-02-09 7 33 26

写真 2019-02-09 7 34 27

写真 2019-02-09 7 34 58


When I was flying around the world in my previous job, before the airplane door opened on arrival,
The mind and body were supposed to recall the smell of the city.

Though I cannot do such a thing anymore,
When I return to Japan, I feel that the city smells sweet and salty soy sauce as well.

In the city of Belgium everywhere was smelling of chocolate.
It was like a magical medicine that smells good and sweet and make my body uncontrolled.

The smile of people in this country is so beautiful,
Maybe it's due to chocolate and waffles.

写真 2019-02-09 7 35 05



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-09 16 43 23

Next

写真 2019-02-09 9 51 06

写真 2019-02-09 9 51 25


ベルギーの人々は、「フレミッシュ」という言語を話す。
現在のオランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての一帯、
「フランドル地方で話されるオランダ語」のことをいう。

イギリス人作家ウィーダ原作の「フランダースの犬」という作品は、
その舞台となった「フランドル地方」ではあまり知られていないとう事実。
日本のアニメ文化の偉大さを改めて感じながら、大聖堂を参拝した。

主人公・ネロ少年と年老いた大型犬パトラッシュは、物語の最後に、
アントワープ聖母大聖堂のルーベンスの絵画の前で行き倒れる。
ネロがずっと憧れていた「キリストの昇架」と「キリストの降架」の二作は、
当時、幕がかけられて、有料でしか拝観できなかったらしい。

あくまでも物語だけれども、あまりにも切ないストーリー。
ネロが母の面影を探したという「聖母被昇天」のマリア様を眺めながら、
傷ついた子ども達が、せめて自国で母に会えますようにと願う。

大聖堂では、夕刻の礼拝に参列。
神父様のフレミッシュは子守唄のようで、時差ボケの頭には難解過ぎたけれど、
20年ぶりに訪れたアントワープの街は、たくさんの想いに気付かせてくれた。
フランドル地方を代表するルーベンスの生家に寄れたことも、大きな旅土産。

ちなみに、杉原伸生氏の御家庭では、皆が英語で会話をする。
ベルギー国内でもすべて英語が通じるのは本当にありがたく、
同時に欧州文化の偉大さをつくづく感じた。

写真 2019-02-09 10 54 57

写真 2019-02-09 10 58 10

写真 2019-02-09 10 56 59

写真 2019-02-09 10 57 56


People in Belgium speak the language "Flemish".
It's Dutch spoken in the Flemish region, currently in the southern part of the Netherlands, western Belgium, northern France.

A story named "A dog of Flanders" by British author Ouida,
we have known the fact that it is not well-known in the "Flanders region" that served as the stage.
We visited the cathedral again feeling the greatness of Japanese anime culture.

At the end of the story, a hero boy Nello, and the elderly large dog Patrasche passed away in the presence of Rubens' art work of the cathedral of Our Lady of Antwerp.
Two works, "Elevation of Christ" and "Descent of Christ" that Nello has always longed for,
it seemed that at that time, it was closed by the curtain and only rich people who can pay the fee could be watched.

Although it was a story to the last, it was too sad.
While watching Maria of "The Assumption of Our Lady" that Nello looked for her mother's memory,
I hoped that the injured children at least see their mothers in their own country.

In the cathedral, we attended the evening service.
Flemish of the Father seemed to be a lullaby, and it was too difficult for my brain of jet lag,
The city of Antwerp, which I visited for the first time in 20 years, made me realize the many thoughts.
It was a great gift that we stopped by the Rubens birthplace representing the Flemish region.

By the way, among the family of Mr. Nobuki Sugihara, everyone talks in English.
I really appreciated the English was in general in all Belgium,
At the same time I felt the greatness of European culture obsessed.

写真 2019-02-09 8 00 58

写真 2019-02-09 8 16 03

写真 2019-02-09 8 20 44


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2019-03-01 13.09.27
Next

写真 2019-02-11 12 59 28


ニューヨークからブリュッセルまで、フライトで約8時間。
金曜日夜に出発すると、土曜日早朝にベルギーに辿り着ける。
眠たい目をこすりながら、電車に乗り換えて、アントワープ中央駅へ。

一人で駅を彷徨うことになるかと思いきや、
初対面の私を、満面の笑みで迎えに来てくれた美しい女性がいた。
間違いない、杉原伸生氏の奥様と愛犬のキヨタロウ。
そして駅前に停まった車で、お嬢さんが待っているという。

気がつけば、そのまま杉原伸生氏の御邸宅に招かれていた。
昼近くになって、ドイツ国際平和村のスタッフ妙子さんと一緒に、
デュッセルドルフ経由で来た敬子さんが到着。

杉原千畝氏の面影と気質をそのまま受け継いだ伸生氏との対談は、
非常に実り多く、充実した内容であった。

気持ちが打ち解けたところで、アントワープの街歩きを御一緒してくださり、
夜は再び伸生氏の御邸宅で、家族揃って大晩餐会。

最後に合流した智子さんのバースデーケーキまで御用意してくださっていた。
なんと素晴らしいおもてなしだろうかと、欧州の地で涙する。

無垢な気持ちで、愛と平和について考える。
この出会いがきっと、世界を変えてくれるかもしれない。

写真 2019-02-09 6 29 43

写真 2019-02-09 16 43 23

写真 2019-02-09 8 28 27


About 8 hours by flight from New York to Brussels.
Departing on Friday night, you can reach Belgium early next morning.
While rubbing the sleepy eyes, I changed to the train and headed to Antwerp Central Station.

I wonder if I would wander around the station by myself,
There was a beautiful woman who came to pick me up with a full smile, even though I met her for the first time.
There was no doubt, she was Mrs. Nobuki Sugihara and her dog.
And in the car that stopped in front of the station, Nobuki's daughter was waiting.

When I noticed it, I had been invited to Mr. Nobuki Sugihara's apartment.
At around the noon, Taeko, a staff of "Friedensdorf International/Germany International Peace Village", and Keiko form Japan arrived via Düsseldorf.

A dialogue with Mr. Nobuki who inherited the image and temperament of Mr.Chiune as it was,
was very fulfilling content.

After we shared good feelings, we enjoyed Antwerp 's town walking,
In the evening again, at Mr. Nobuki's apartment, we had a family banquet dinner party.

They had prepared a birthday cake for Satoko who joined at the end.
It was amazing that they gave us such a wonderful hospitality in the land of Europe.

Thinking about love and peace with innocent feelings.
This encounter will surely likely to change the world.

写真 2019-02-09 16 43 19


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-09 14 33 17

Next

写真 2019-02-09 6 29 55


「目の前に困っている人がいたら、手を差し出す。」
「人として正しいことを選択する。」

1967年の創立以来、ドイツ国際平和村は、そうやって2万人以上の
「未来のいのち」を救ってきた。

それでも法律や国境という壁があって、できないことがある。
かつて国境封鎖により自国に子どもを帰国させられなかった経験から、
現在はガザ地区の子どもたちを受け入れを中止している。

ガザ地区を封鎖しているイスラエル政府に、
世界の誰よりも大切にされている日本人、それが杉原千畝氏だった。
ユダヤ人6000人を救った「命のビザ」発行の功績は大きい。

千畝氏の四男・伸生氏は、かつてイスラエルからの援助を受けて、
イスラエルのヘブライ大学に通い、現在はベルギーに在住されている。

ドイツ国際平和村と杉原千畝氏の御子息が繋がれば、
きっと新しい奇跡が起こるはず。

いま自分たちが出来ることをやろう。
私たちは、そうやって動き出した。

写真 2019-02-09 3 48 51

写真 2019-02-09 4 30 54


"If someone is in trouble, give out your hands."
"Choose the right thing as a person."

Since its founding in 1967, "Friedensdorf International /the German International Peace Village" has done that and saved more than 20,000 lives for the future.

Still there are barriers of laws and borders, and there is something they cannot do.
From the experience that they could not let children return home by the border blockade once,
Currently they are stopping accepting children from the Gaza Strip.

By the Israeli government that is blocking the Gaza Strip,
The Japanese who was cherished more than anyone in the world, was Mr. Chiune Sugihara.
The achievement of issuing "visa for life" that saved 6,000 Jews was great.

Mr. Chiune's fourth son, Mr. Nobuki, once received assistance from the Israeli, he attended the Hebrew University in Israel and now lives in Belgium.

If the German International Peace Village and Mr. Chiune's son would connected,
Surely a new miracle will occur.

We shall do what we can do now.
So we have started our activities.

写真 2019-02-09 16 41 24



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-09 6 37 07

写真 2019-02-09 6 37 12

写真 2019-02-09 6 37 20
Next