Blog

34

41


およそ49,500年前に、巨大な隕石が地球の平原に落下した。
100フィート近い巨大な塊が、時速約43,000マイル(69,000km/h)で衝突し、
巨大なクレーターが生成された。

深さ560フィート(170メートル)、直径4,100フィート(1,300メートル)、
側壁円周3マイル(4.8キロメートル)。

ニューヨークからロサンゼルスまで5分で行けるスピードで落下したというが、
地球にたどり着くまでは、何万光年という時間がかかっていたのだろう。

宇宙の領域の研究は、自分には遠い世界だと思っていたけれど、
この地に立つと、宇宙や生命の起源について、もっと探究したくなる。

57


About 49,500 years ago, a huge meteorite fell into the Earth 's plain.
Huge chunks close to 100 feet collided at about 43,000 miles per hour
(69,000 km / h), a huge crater was created.

Depth is 560 feet (170 meters), diameter is 4,100 feet (1,300 meters)
Sidewall circumference is 3 miles (4.8 kilometers).

Although it was said that it came at a speed which can go from New York to
Los Angeles in five minutes,
It might take tens of thousands of light years until it reached the earth.

Although I thought that the study of the area of the universe was a distant
world to me,
When I stood here, I wanted to explore more about the origins of the universe
and life.

09

37

50


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

06


Next

これまで御縁がないと思っていた土地に、突然訪れる機会がやってきた。
申し合わせたように出会った人達に、申し合わせたように背中を押された。

大地を踏みしめて、空に向かって深呼吸するだけでいい。
広い空を見上げると、自分のちっぽけさに愕然とするけれど、
それならせめて、自然のエネルギーにすべてを任せてみよう。

同じ空の下で、春の匂いが心に嬉しい。

16


I had the opportunity to visit suddenly the land I thought I had no edge there.
I was recommended to go there by some people whom I met with unexpected.

Just stand on the ground and breathe deeply into the sky.
Looking up at the wide sky, I am stunned by my smallness,
Let's leave everything to the energy of nature at least.

Under the same sky, the smell of spring is glad in my heart.

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

車窓に流れる雪景色。
空気がとがって見えるのは、空の青さのせいだろう。
毎週通るハイウェイは、身体がカーブを覚えている。

帰り道に、息子が泣き出した。
「僕、死ぬのが怖いんだ」と。
私は「天国の貯金」の話をした。
「天国に行くために、良いことをたくさんしようね」と。
「こっそり良いことをするのが、かっこいい」と伝えた。

幼い息子には「陰徳を積む」大切さは、まだ分からないだろう。
でも、巡り巡ってきっと、幸せに生きられるからと。

日曜の夕闇が近づくと、明日からの日常が憂鬱になる。
でも、そこに日常があることが、当たり前でないんだと思う夜。

18


Snow scenery flowing in the car window.
The blueness of the sky made the air looks sharp.
My body remembers the curve of the highway since we go each weekend.

On the way to home my son burst into tears.
"I am afraid of dying."
I talked about 'savings in heaven'.
"Let's do a lot of good things to go to heaven."
"It is cool to do good things without saying ".

He is too young to know the importance of "to do good by stealth".
But, as we continue to do good, we will be sure to live happily.

When Sunday dusk approaches, the daily routine from tomorrow turns into depression.
But I think that there is every day is miracle.

41


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

12


トランプ大統領の就任前後から、5番街はすっかり変わってしまった。
ファーストレディーが住むトランプタワー周辺の警戒態勢も、
通りを遮る歩道ガードのおどろおどろしさも、
胸の騒々しさを掻き立てる。

タワーに隣接するティファニー本店の売り上げが激減して、
CEOが辞任した話も耳に新しい。

通りを歩くと、この街には、改めて星条旗が多いことに気づく。
祝日に限って日の丸を掲げる日本と比べても、
米国人が自国を愛するプライドの高さを痛感する。

狭い空を見上げながら、天から鋭気をもらう。
ざわざわと萎縮した心が、癒しを欲している。

57

53


Fifth Avenue has changed completely since before the inauguration of President Trump.
Alert attitude around the trump tower where First Lady lives,
The awkwardness of sidewalk guards that block the street,
They make the noise of the heart.

Sales of Tiffany head office adjacent to the tower has drastically decreased,
the story that the CEO resigned came up to us.

As I walk along the street, I notice that there are many American flags in this town.
Even compared to Japan holding the Hinomaru only on holidays,
I am keenly aware of the height of pride that Americans love their countries.

I look up to the narrow sky and get passion from the sky.
My irritated and atrophied heart wants healing.

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

08

52
Next

15


ハーレム地区というと、まだまだ治安が悪いという印象があるけれど、
そこでしか体感できない、街の空気があるから、そこに行く。

世界のトップスターを輩出するアポロシアターを観て、
魂を揺さぶるゴスペルやジャズ音楽を聴く。
言葉や文字を使わずに、神と対話するための手法がそこにある。

アーティストはそれぞれ、自分の内面に何かが君臨するエクスタシーを
共有しているという。
空に奏でられた音が、その境地に達する時、聞く側も心が震えるのだ。

どっぷりハーレムで、どっぷり魂の音楽を感じて、愛を学ぶ。
文字では表現できない感動を、伝える術を探している。

08


Although Harlem district has an impression that security is still bad yet,
There is air in the city that we can only experience there, so we go there.

Watching the Apollo Theater which produces the world's top artist,
Listen to gospel trembling soul and jazz music.
There is a method to interact with God without using words or letters.

It is said that each artist is sharing their ecstasy where something reigns
inside of them.
When the sound played in the sky reaches that point, the listener also will be
trembled the soul.

At the center of Harlem, I felt the music of a soul and learned love.
I am looking for the skill to convey emotions that cannot be expressed by letters.

47


Producer Atushi "TOYA" Tokuya / UGEプロデューサー 徳家 敦

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

42


バレンタインの街は、実に賑やかで、華やかで。
道ですれ違う家族も恋人達も、みんな幸せそうで。
シェフと花屋の友人は、一年のうちで一番忙しかったと呟いていた。

私はこんな日に限って、
目と鼻の先ぐらいの圏内で生活していたのに、
18年間、すれ違うこともなかった人と、初めてお会いした。

共通の友人がいて、お互いの話題はたくさん出ていたはずなのに、
まったく気づかなかった。
彼女が私を探してくれていたというその想いに、心底感激した。

人の御縁とは不思議なもので。
会うべき人には、会うべきタイミングで会える。
出会いこそが、人生最大のギフトだと、
愛の日がまた教えてくれた。

これからもここで、どれほどの人と出会えるのだろう。

15


The city of Valentine's day was really lively and gorgeous.
Families and lovers on the streets seemed to be happy.
My friends, the chef and flower shop, tweeted that it was the busiest of the year.

I was limited to this day,
Although we have lived within the reach of the eyes,
I met you for the first time with a person who did not meet each other for 18 years.

There was a common friend, and although there should have been many topics of
each other,
we did not notice at all.
I was deeply impressed by the feeling that she was looking for me.

The people's encounter is very mysterious.
To people that we should meet, we can meet at the timing to meet.
The encounter is the biggest gift in life,
The day of love taught me again.

I wonder how many people I can meet here from now on.

24


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

子供達が寝静まり、時計の針が深夜を指す頃から、
私のゴールデンタイムが始まる。
たまったメールに返信して、必要に応じてカンファレンスコール。

人繋ぎ、ハート繋ぎで仕事を積み重ねてきたから、
ちょっとした御相談のお問い合わせが、実は心底嬉しいのに、
どんどん自分の時間がなくなってきて、煮詰まっていく。

事務処理能力の欠損も著しいけれど、
多分それ以上にこだわりが強くて、作業が進まない。

もう一度、ここで吐き出しておこう。
私の想いをきちんと理解してくれて、
一緒に前に進んでくれる仲間が欲しい。

43


From the time my kids sleep, and the clock points to midnight,
my Golden Time begins.
I reply to the accumulated e-mail, and have conference call as necessary.

Because I have accumulated work by connecting people and connecting hearts,
Inquiries about a little consultation are really happy indeed.
But my time keeps getting reduce and get frustration.

Although the lack of administrative processing ability is remarkable,
Perhaps my sticking is stronger, the work does not proceed.

I will speak out here again.
I need somebody who understands my feelings properly and will go forward together.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

自宅の斜向かいに、マドンナの邸宅がある。
もう何年も前だが、彼女がタウンハウスを購入した時は、
町中が大騒ぎだった。
27ベッドルームを管理するのに、どれだけの人が働いているのだろうと。

土曜日の昼下がり。
ご近所を歩く、マドンナの娘さんに遭遇した。
ママはスーパーヒロインだけれど、子供達は普通に生活している。

にこやかに街を歩く彼女の後ろ姿に、
今日は大きなエレルギーをもらった気がする。

マドンナ御用達でもある、ご近所のイタリアンレストラン。
ここに集う隣人達の、軽やかな会話がBGMになる。
なごり雪の向こう、春が待ち遠しい。

21


Opposite of our apartment building, there is a Madonna's mansion.
A few years ago, when she purchased a town house,
there was a big fuss in the town.
We guess how many people work to manage the 27 bedrooms.

It was afternoon on Saturday.
I encountered Madonna's daughter who walked in the neighborhood.
Mommy is a super heroine, but children are living as routine.

Watching her appearing smilingly walking around the city,
I feel I got big energy today.

We had lunch time at an Italian restaurant in the neighborhood that Madonna also likes.
A light conversation of neighbors gathering here became BGM.
I cannot wait for spring beyond snow scene.

12

19


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

龍を描くアーティストに、もう一度会いたいと思った。
共通の友人が、いとも簡単にその機会をセットしてくれて、
私達は、いとも簡単にそこで会合した。

外は冷たい雨が降る、アッパーウェストのビーガンレストラン。
食べ物は、カメラのファインダーが記憶しているだけ。
それほど話に夢中になった数時間だった。

アーティストが連れてきた友人も含めて、
きっとそこには穏やかな空気が流れていて、
お店の人さえ、急かすことなく、ずっと私達を放置していてくれた。

人の出会いには、いろんなタイミングがあって。
いろんな引き合わせがあるけれど、
きっとどれも偶然でなく、必然だから。

喜びも悲しみも受け入れること。
すべて心の準備ができた時に、ようやく次の一歩が見える。
さて、私もゆっくり、前に進もう。

05


Once more, I thought I want to meet the artist who drew dragon.
A common friend set the day very easily,
We got the opportunity very easily.

It was cold rainy day, we met at a vegan restaurant in Upper West Side.
The food was memorized only by the camera finder.
We passed more than four hours since we were crazy about our conversation.

Including a girl friend of an artist,
we were surrounded by the calm air there.
Even the waiter, she did not push us in rush.

There are various timings to meet people.
Although there are various matchings,
I'm sure it is inevitable, not coincidence.

To accept joy and sorrow.
When all the mind is ready, finally the next step is visible.
Well, I will also go forward slowly.

34


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

55


日本人の持つ匠の技が集結された商品が立ち並ぶ。
日系書店に併設したショールームがすでに成功を収め、
このたびノリータ地区に新しいショップが誕生した。

NYにはたくさん日本の良品を扱う店舗があるけれど、
「B to C」の商売はなかなか大きな飛躍ができない。
このショップのような「B to B」を主体とする企業の活躍が、
きっと日本人の強い味方になってくれるのだろう。

2月最初の日曜日。
スーパーボウル開催日であったけれど、
店内はたくさんの招待客で賑わっていた。

私は棚の上にあった変幻自在のバッグが気になって仕方がない。
また日を改めて、お店をのぞいてみよう。

27

13

03

10


It was a shop where Japanese craftsmen's products were collected.
The showroom adjoining the Japanese bookstore has already succeeded,
A new shop was born in Nolita area.

There are many shops dealing in Japanese goods in NY,
but the business of "B to C" had not been made a big leap.
The activity of a company mainly based on "B to B" like this shop,
I guess it will be strong allies of the Japanese.

It was first Sunday in February.
Although it was a date of Super Bowl,
the inside of the shop crowded with a lot of invited guests.

I liked the folding bag that was on the shelf.
Let's try to look into the shop on the next opportunity.

21

34


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

WAZA shop
33 Spring Street, New York NY
Next



昨秋のパリ企画は、すべてが新しい試みで、すべてが挑戦だった。
直前まで準備に時間を要し、知力と体力の限界まで走った感があった。
「またいつか」でなくて「近い将来すぐに」と約束をして、
それぞれの日常に帰っていった。

昨年末、新しいチャレンジの提案があった。
パリのシェフは、思いつくとすぐに電話をかけてくれる。
その熱い想いをしっかり受け止めて、噛み砕いて、宮城に伝える。

年明け早々、伊万里に集結した。
伊万里のまちなかを歩き、日暮れの迫る大川内山に向かった。
夕闇の中、登り窯への坂道を歩いた時、みんな無口になっていた。
小さなアイディアは出てくるのに、どうしてもまとまらない。

それぞれが、たくさんの宿題を抱えて、帰路についた。
パリで起こった騒動も合わせて、どこまでも前向きに解決しようと挑むシェフ。
伊万里の伝統を改めて学ぶことに余念がないアーティスト。
全面的に協力体制を保ち続けてくれる地元の若者たち。

我々が伝えたいことは何だろう。
そのテーマをとことん突き詰めて、ようやく前に進み出した。
ジャンルを超えたコラボレーションだからこそ、伝えられるものがきっとある。

伝統と革新への飽くなき挑戦を、見守っていてください。

59


In the last autumn Paris project, everything was new trying, everything
was a challenge.
It took a long time to prepare until just before the event, and we ran to
the limits of mental and physical strength.
We promised "not someday" but "immediately in the near future", and
went back to our daily lives.

At the end of the last year, there was a proposal for a new challenge.
The chef in Paris called me as soon as the idea came up.
I received his passion, and told to the artist in Miyagi.

At the beginning of this year, we gathered in Imari.
We walked in the Imari downtown, headed for the Okawachi-yama that
approaching dusk.
Everyone was quiet when we walked up the slope to the climbing kiln in
the evening dark.
A small idea came out, but it did not become a specific idea at all.

Each of us got a lot of homework and went back to each home.
Including the accident in Paris, the chef challenges to resolve positively.
An artist learns Imari's tradition with respect mind.
We thank to the local young people who keep keeping cooperation system fully.

We are sure what we want to tell the people.
We pushed the topic down, finally are proceeding forward.
Because it is a collaboration that exceeds the genre, there is certainly what
can be conveyed.

Please watch over our challenge over tradition and innovation.

21


昨秋のコラボイベントin Paris記事はこちら。Please click here about the previous event in Paris.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

04


まったく予備知識のなかったアーティストに、ふと会いに行こうと思った。
いずれ会えると分かっていたのに、自然とそこに足が向いた。
今会っておこうと思ったから、ちょっと遠回りしてギャラリーに寄った。

その夜開催のレセプションに向けて、設営の真っ最中だったというのに、
面識のない私が来るのを、彼女はきっと知っていたように受け入れてくれた。

壁に並んだ龍たちが、ずっとこちらを見ていた。
彼女が龍に惹かれて、龍を描き続けている理由を知りたかった。
でも、話しているうちに、私は彼女が描こうとしているものではなくて、
その奥にあるアートへのパッションを知りたいのだと自覚した。

こういう日本人アーティストがいることが誇らしい。
こういう出会いを与えてくれた、目に見えない力に感謝しよう。
ここにいる私には、何ができるだろうか。
龍がきっと、導いてくれる。

22

13

04

56


I wanted to go to see an artist who had no prior knowledge at all.
I knew that I could meet her soon or later, but my feet turned naturally there.
I decided to meet her on that day, so I took detour and stopped by the gallery.

Although it was the time for the midst setting of the preparation toward the night reception,
she accepted me as if she had known that I would coming.

The dragons lined up on the wall had been watching us.
First, I wanted to know the reason why she has been interested to draw the dragon.
But, while talking,
I realized that I would like to know the passion to the art behind it.

I am proud that there are such Japanese artists.
Thank you for the invisible force that gave me this encounter.
I wonder what I can do for them here.
Hope the dragons will lead us.

59

47

14


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

24


MARI NISHIMURA "Graceful Wisdom and Power"
February 1st -15th, 2017 (Wed-Sat, 12-6pm)
MONTSERRAT Contemporary Art Gallery
547 W. 27th Street, New York, NY10001
Next

55


2月最初の日曜日。
友人の手がけるショップのオープニングレセプションに出かけた。
ファッションウィークも始まり、オシャレな人達が目立つ。
とはいえ、昨夕は人通りも少なく、街が寂しい。

それもそのはず。
年に一度のお祭り、NFLの王者を決めるスーパーボールの開催日。
高校時代からアメフトを見続けてきたけれど、
いまだにルールはよく分からない。
それでもあの防具姿を見ているだけで、私の青春が蘇る。

ハーフタイムショーはレディーガガが登場。
「この国はあなたと私のためにある」
「私は私のままでいい」
そんなメッセージが込められた彼女のショーは圧巻だった。

誰からも必要とされていないと感じている若い人達。
誰かに認めてもらうことの苦労を知っている人達。
全世界でどれほどの人が、TVモニターに釘付けになっていただろう。

アメリカは、アメリカらしくいてほしい。
しんどい時こそ、心にマッチの火を灯していられますように。

18


It was the first Sunday in February.
I was invited to the opening reception of a friend 's shop.
Fashion week started, stylish people stood out.
However, there was not much traffic on the road last night and the city was lonesome.

That should be that.
It was the date of a festival once a year, the Super Bowl of NFL championship.
I have been watching American football since high school,
I still do not know the rules.
But when I am looking at that armor figures, but my youth period revives.

This year, Lady Gaga appeared at the half time show.
"This country is for you and me"
"I can stay as I am"
Her show with such a message was a masterpiece.

To the young people who feel they not needed by anyone.
To the grown up who remembers how hard it was to find acceptance.
How many people in the whole world would have been pinned by TV monitors.

I want America to be just America.
During a tough time, I wish I hold a light in my heart.

00


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

レディーガガのハーフタイムショー。動画はこちら。
Next

ものを感じる力、ものを考える力。
それは神様が私達に与えてくれた能力のひとつ。
だからこそ、その力には、いろんなバリエーションがある。

あるものを見て、聞いて、触って、それをどのように感じるか。
そのインプットではなく、アウトプットの方法をよりよく知っている人が、
いわゆる「感性が豊か」だと解されるのが、世の中ではないだろうか。

ある人は、自分の感じた想いを文字で表現し、絵にあらわす。
身体を使ってダンスを踊り、音符にしたため旋律を奏でる。
発信する側と受け止める側の波動が一致した時に、
「感性を共有できた」と、人は喜ぶ。

でも、世の中にはそれを表現する手段を知らないままの人がいる。
必要としない人もいる。
お行儀よく過ごすことが大事な世の中では、
突出した表現方法を外に放出することを、あえてしない方が無難に生きられる。

近年、アーティストと一緒に「Arts in Education」という企画をやっている。
日本の子供達は、アートを見て生まれた感情を、後でメールで伝えてくる。
海外の子供達は、その場で感情を一気に吐き出し、あっさり別れる。
どちらが良い悪いでなく、どちらも正解。

感情を持つ人間に生まれたのだから、
それを最大限に表現する方法を引き出してやるのが、感性教育。
アウトプットの手段が多いと才能があって、
その方法を知らないから感性が乏しい、ではないのだと信じたい。

我が娘は言葉を持たず、かろうじて快不快を表現するしか術がないけれど、
きっとたくさんの感性の花を、その内面で咲かせている。

私は人生をかけて、その橋渡しをする手段を探している。
「感性」とはどこまでも奥が深い。

マイナス5度の雪景色が、心にグッと突き刺さる。

30


The ability to feel things, the ability to think things.
That is one of the abilities God has given us.
That is why there are many variations in that power.

Look at something, listen, touch it, how do you feel it?
A person who knows better the way of output, not its input,
is interpreted as what is called "sensibility rich"?

Some people express their feelings with letters and express them in paintings.
Someone dances with the body, or plays the melody with a note
When the wave of the transmitting side agrees with the wave of the receiving side,
"We were able to share sensitivity," people are pleased.

But in the world, there are people who do not know the means of expressing it.
Some people do not need it.
In a world where it is important to be polite,
Those who do not dare to speak out to protrude expressive way out are safe.

In recent years, I am doing a project called "Arts in Education" with artists.
Japanese children tell emotions, that were born by seeing art, in e-mail later.
Children abroad spit out emotionally and split up on the spot.
Which is not bad good, neither is the correct answer.

Because I was born to a person with feelings,
I think that the sensibility education is to draw out a method to express it to the utmost.
If there are many means of output, there is a talent,
In case someone does not know how to do it, is not a poor sensibility.

My daughter has no words, she only express comfortable or discomfort.
But surely many flowers of sensibility are blooming inside of her.

I am looking for ways to bridge that in my life.
"Sensibility" is very complicated.

A minus 5 degree’s snowy landscape stick hard in my heart.

46


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨーカーは、アートを見る目が肥えている。
新しいものや、秀逸なものは、真っ直ぐに受け止める。
実力が足りなければ、容赦なく上書きされる。

久しぶりに壁画の前を通った。
月明かりの中、無傷な姿を見て、心が安堵した。
隣接するバスキアスタジオの無残な姿に、
ここもどうにかしなければという思いが奮い立つ。

今は、自分の限界を感じている。
やりたいことだらけなのに、力が足りない。
そろそろ本気で仲間が欲しい。

15


New Yorkers have good eyes to look at arts.
They accept new things and excellence straight.
If the skill is not enough, it will be overwritten without mercy.

I passed the street where our mural there.
In the moonlight, looking at the intact figure, my heart was relieved.
By looking terrible calligraphy of a neighboring Basquiat Studios,
I thought we had to do something to protect there.

Now I feel my limits.
I have lots of things I want to do but I am short of power.
I'm seriously wanting fellows.

59


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

ダウンタウンからエンパイアーステートビルを見上げた。
赤く輝く先に、希望の光は見えるのだろうか。

落ち込んでいた私に、友人が贈ってくれた言葉。
“You have enemies? Good. That means you've stood up for something,
sometimes in your life.” Winston Churchill

雪が降る前に、家に帰ろう。

38


I looked up the Empire State Building from downtown.
Will we see the light of hope ahead it glows red?

When I was depressed, my friend gave me the words.
"You have enemies? Good. That means you've stood up for something,
sometimes in your life.” Winston Churchill

Let's go home before the snow falls.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

11


美の師匠が急逝して一年、私は無意識に心を塞いでいたのかもしれない。
思えば、自分の外面磨きについて、まったく興味を持てなかった。
師匠が遺してくれた大切な指輪をバッグに忍ばせて、
いつも身につけている時計とバングル、小さなピアスだけで、
世界中どこにでも出かけてきた。

先月、師匠の一周忌が終わった。
喪が明けてから、空を見上げて深呼吸すると、いつもの街が違って見えた。
大きな木があったはずの空き地に、新しいビルが建っていた。
子供達の背丈が伸びた分、私は確実に年齢を重ねた。
予想されていたより、はるかに過ごしやすい冬だからこそ、
街に出て新しい冒険をしてみようと、ようやく思えるようになった。

********

天然石は、それ自身が持って生まれた輝き方を知っている。
石たちが放つメッセージを受け取って、いかに形にしていくか。
私はそれを言葉で表現しようとして、時にその拙さに落ち込んだりするけれど、
FUGAのデザイナーは、その想いをアウトプットする術を知っている。
ニューヨーク育ちの感性を、日本人の手先で表現すると、
唯一無二のデザインが出来上がる。

私は人を繋ぎ、彼女は石を紡ぐ。
お気に入りの洋服やジュエリーは、女性に魔法をかけてくれる。
愛と優しさが生まれるのには、きっと理由がある。

32


For a year after the sudden death of my art master, I may had been unconsciously
closed my heart.
When I thought about it, I was not interested in anything about my own appearance.
In my bag, I was keeping the precious ring that the master left.
Always wearing only watch, bangles and small piercings,
I have been to anywhere in the world.

Last month, his first anniversary passed.
After the mourning came off, when I looked up at the sky and took a deep breath,
I could see my town different.
A new building was built in the vacant lot where there was a big tree.
As the children 's growing, I definitely got older.
It is a winter much milder than we expected,
I came to finally think about going out to the city and trying out a new adventure.

******

Natural stone knows how to shine itself.
How we receive the stones messages and how we design them?
I try to express it by means of words, and I am sometimes depressed since I can't.
But FUGA's designer knows how to output her art sense.
When expressing with Japanese hands the sensitivity that raised in New York,
one unique design will be completed.

I connect people and she connects stones.
Favorite clothes and jewelry cast magic to women.
There is definitely a reason for love and kindness to be born.

展示会資料作品写真L

展示会資料作品写真2L


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

天然石と14kgfを使用したオリジナルジュエリーFUGA(フーガ)

37

Next

ニューヨークでは年に数回、市民へのプロモーション効果をも期待して、
レストランウィークというのが開催される。
400近い店舗が加盟して、3コースのお得なメニューを、
今年はランチ29ドル、ディナー42ドルで提供している。
普段はなかなか行く機会のない人気レストランの食事を試す機会として、
ニューヨーカーはこの期間を心待ちにしている。

今日は、たまたま行ったお店がレストランウィークメニューを提供していた。
食事も美味しかったけれど、それ以上に会話が美味しくて。
気がつけば3時間以上も長居してしまった。
その間、決して追い立てることもなく、
気持ちの良いサービスを提供してくれた。

ニューヨーカーのホスピタリティー、捨てたもんじゃない。
こんな些細なことが、たまらなく嬉しい1月最後の日。

33


The Restaurant Week is held several times a year, hoping for promotion effect
to New Yorkers.
This year, nearly 400 stores joining, we will offer 3 course menu,
they offer $ 29 for lunch and $ 42 for dinner.
As an opportunity to try the meal of a popular restaurant which usually does not have
a chance to go,
New Yorkers are looking forward to this period.

Today, the store I visited had provided the Restaurant Week menu.
The meal was delicious, but the conversation was more delicious than that.
We noticed that we have stayed longer than 3 hours.
In the meantime, never push,
they offered a pleasant service.

New Yorker's hospitality is still wonderful.
This trivial thing made me very joyful.
It is the last day of January.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

55


このような企画に参加したのは、いつ以来のことだろう。
仕事やプライベートで直接繋がりのない人達と出会う機会は、
自ら開拓していかないと作れない。

右脳開発に関する興味深いセッションの後、
参加した40名一人一人が、1分間のスピーチをする。
20代から70代まで、実に多才な女性達が介在することを痛感する。

日本人女性に限らず、ニューヨークに来る人達は皆、
渡米後しばらくは、同郷の同志と交流する余裕がない。
本当はもっともっと頼りたいし、もっともっと助け合いたいのに、
日常の生活を回していくのが精一杯で、あっという間に時間が経ってしまう。

みんな輝いていて、美しい。
そして、僭越ながら、とても素直な人達が多いなと思った。
こういう交流に時間を費やすことが、きっと素敵な財産になる。

36


I don't remember when I took part in such a project last time.
The opportunity to meet people who are not directly connected with work or private,
we cannot make it unless we pioneer it.

After an interesting session on right brain development,
Each 40 people who participated made a one-minute speech.
From 20's to 70's, there were multifaceted women participated.

Not only Japanese women, everyone who comes to New York,
For some time after coming to America, we cannot afford to interact with comrades of Japanese.
In fact, we really want to rely more and we want to help each other even more.
But it is our utmost goal to live a life of everyday, and time flies.

Everyone is shining and beautiful.
And I thought that there were many very straightforward people.
Spending time on such exchanges will surely be a wonderful wealth.

40


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

この日は朝から夜まで6件のアポがあった。
それでもランチタイムだけは、どうしても友人と過ごしたかった。

日本語で他愛ない話が出来る。
近過ぎず、遠過ぎない。
心地良い距離感を楽しめる関係が、たまらなく好き。

エネルギーチャージをしたら、また頑張って働こう。

37


I had six appointments from morning till night on that day.
Still, I just wanted to spend lunch time with my friends.

We can exchange small talk in Japanese.
We are not too close, not too far.
Relations that can enjoy comfortable feeling of our distance, unbearably like.

Let's work hard again after energy charging.

46


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

50

47


レセプションに先立って、和紙導入編のようなレクチャーがあった。
西洋紙に比べて和紙が丈夫なのは、原材料や糊の種類だけでなく、
手漉きという技術によるところが大きいのだと。

伝統の途絶えてしまった和紙を復活させたり、
今でも手漉きで和紙を製造する工程を眺めながら、
この世界には、新しい風を入れることが必要ではないかと感じる。

若手書道家のパフォーマンスに、米国人は大喜び。
書の仕上がりよりも、大筆を持つ袴姿に会場が沸く。

いにしえの時代、和紙の照明を頼りに、人々は夜を過ごした。
ニューヨークの月明かりにも、それはよく似合う。

冬の街は、一人歩きが寂しい。

56

40

52


Prior to the reception, there was a lecture to introduce Washi.
The reason why Japanese paper is stronger than Western paper is not only
the kind of raw materials and paste,
it is because the technique of handmade is great.

Restoring the traditional discontinued Japanese paper,
while still looking at the process of making Japanese paper by handmade still,
I felt that it was necessary to put a new breeze in this world.

Americans were delighted with the performance of young calligraphers.
People boasted a hakama-style with a big brush than the finish of the characters.

People used to spend the night, depending on the lighting of Washi paper.
It matched good on the moonlight in New York.

In the winter city, walking alone felt sad.

47

57

38


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

これまでたくさんの店舗立ち上げを手伝ってきたけれど、
このお店への愛は人一倍大きいと自負している。
2006年にオーナーと一緒に物件を探して、2年近くかけて開業準備をし、
極寒の大雪の日も、アスファルト照り返す酷暑の日も、
ずっとそのストーリーを見守ってきた。

久しぶりに訪れたそこでは、スタッフが家族を迎え入れるかのように
受け入れてくれたことが嬉しくて。
今は少し離れてしまったけれど、みんなにありがとうと伝えた時に
涙がこぼれそうになった。
会社の組織としては、私はすでに不要な存在であるけれど、
いつまでも慕ってくれるスタッフの愛は、限りなく深い。

久しぶりに胃袋が愛で満たされた。
ずっと応援しているから、必要な時は頼ってください。

00


Although I have helped many shops launch,
I prideful believe that love for this shop is bigger than anyone else.
In 2006 I looked for the property with the owner, and prepared for opening in nearly two years.
Even on the extremely cold snowy day, or asphalt shining hot day,
I kept watching their story.

I visited there for the first time in this year.
I was happy that I was accepted as if the staff welcomed the family.
I got away a bit now but when I told everyone to thank you, my tears seemed to drop.
As a company organization, I am already an unnecessary existence,
the love of the staff to me is deeply infinite.

The body was filled with love for the first time in a long time.
I support you all the time, please depend on when you need me.

50


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

16
Next

53


初めて案内状を手にした時、一体何のことだろうと思った。

アフタースクールプログラム、いわゆる放課後のお稽古事として、
バレエよりも人気がある体操のクラス。
9月に新しい学年が始まり、数ヶ月経った年明けの頃になると、
次々に大会の参加招待が届き始める。

実力や年齢別に細かくレベル分けされていて、
全員が出席できるわけではないから、
所属チームから連絡が来ると、参加の可否に選択の余地がない。
子供達はチームとして結束して大会に臨むけれど、
大会参加費や競技用レオタードなど、予定外の出費が嵩むのは悩ましい。

ニュージャージーの奥地での観戦は、ほぼ丸1日がかり。
準備体操をする子供達を見て、ここは軍隊かと思うほどの
英才教育ぶりを痛感する。
これだけ体操人口が多ければ、世界チャンピオンになりうる人材を
発掘するのは、難しくないだろう。

何でもほどほどに、普通がいい。
そんなことを思いながら、帰路についた。

13

51

36


When I got my first invitation letter, I thought what it was.

As an after - school program,
A class of gymnastics is more popular than ballet.
A new school year started in September and it was around the new year.
Participation invitations of the competition begin to arrive one after another.

It is classified in detail according to skills and age.
Because not everyone can attend,
When an invitation comes from the team, there is no room for selection as
to whether or not to participate.
Children unite as a team and face the tournament.
But it is little annoying for unexpected expenses such as convention participation
fee and competition leotard to increase.

We had to spent almost full day for watching in New Jersey.
Preparation Looking at the children who do gymnastics, I felt that this was like
an army or special education.
Among this gymnastics population, it will not be difficult to excavate a talent
who can become a world champion.

Anything moderate and normal is better.
While thinking such a thing, I came home.

16

10


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

16

07

Next

私は歩くのが下手くそで、靴の減りが早い。
雨の中を歩くと、跳ね上げた水しぶきでドロドロになる。

梅雨生まれなのに、雨が嫌い。
冷たい雨の日は、家路を急ぐ人達の足元ばかり見ている。

新しい長靴を買おう。
お気に入りのそれに、出会えますように。

51


I am bad at walking and the shoes decrease quickly.
When walking in the rain, it splashes with splashed splashes.

Although I was born in the rainy season, I do not like rain.
On cold rainy days, I am only looking at the footsteps of those who are hurry to home.

I'll buy a new rain boots.
I hope to encounter a favorite one.

34


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

トランプ氏が大統領に選出された2016日11月8日。
大統領就任式の2017年1月20日。
歴史的な日のいずれも、私は米国にいた。

選挙開票の日に、ヒルトン・ミッドタウンの横をくぐり抜け、
就任式の日は、5番街のトランプタワーの目と鼻の先でミーティングしていた。
翌日の「女性のマーチ」には、たくさんの友人達が参加して、
いろんなレポートが上がってくる様子を、ずっと眺めていた。

敢えて言及を避けてきたのではないけれど、
渦中にいるからこそ、どう言及すべきか、分からなかった。

日本を愛する私が、今でもここに住み続けているのは、
重度重複障害を持った娘にとって、より良い環境を探し求めたから。
公然と差別を唱えるトランプ氏が、国の最高指揮官になることを、
ただ受け入れるだけしか出来ないのかと、彷徨っている。

米国だけが世界の中心ではないけれど、
これから各国が保護主義に流れていくことは明確で、
世界の行く末は、誰にも分からない。
非力を嘆くよりも、出来ることをやらなければ。

今年、一つの大きな目標を立てた。
どうか、見守っていてください。

11

©Akiko Fujikawa

Mr. Trump was elected President on November 8th in 2016.
The presidential inauguration ceremony was on January 20th in 2017.
Each of the historical days, I have been in the United States.

On the day of the election campaign, I passed through the side of the Hilton Midtown,
On the day of the inauguration ceremony, I had a business meeting very close to
the 5th Avenue trump tower.
On the next day 'Women's March in NY', a lot of friends participated,
I read the various reports all the time.

Although I have not dared to mention,
Because I am in the whirlpool, I do not know how to mention it.

I love Japan, but I still continue to live here.
Because we searched for a better environment for my daughter with severe
duplication disorder.
Mr. Trump that publicly discriminates for human, became the nation's highest
commander.
I wander whether I can only accept it.

Although the United States alone is not the center of the world,
From now on it is clear that each country will flow to protectionism,
Nobody knows the end of the world.
I have to do what I can do rather than mourn powerlessness.

This year, I made one big goal.
Please encourage me when I need.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

Next

36


関西に住む友人から、熱心なメッセージが届いた。
彼女の幼なじみがニューヨークで開催するヴァイオリンのコンサートに、
是非行ってみて、と。
時を同じくして、御本人からもお誘いの連絡をいただいた。

直接面識のないアーティストと出会う時、
私はなるべくまっさらな気持ちで、その作品に触れたいと思う。
予備知識もなく、純粋に好きか、嫌いか、愛せるか。

50分間のコンサートの間、休憩も拍手も入れずに、
彼女自身が創作した朗読で、曲を紡いでいく。
小さく華奢な身体から生み出される迫力のあるメロディーに、
会場は静かにその世界観に引き込まれる。

マンハッタンに住む人間模様と交錯させながら、奏でられる名曲は、
どれも心に響き渡るものだった。
最後の「ロンドン橋」で一気に会場が陽気な気分に包まれる流れも、
綿密に計算された構成だったのだろう。

ニューヨークには、たくさんの才能溢れるアーティストが存在する。
世界に飛び出して挑戦する勇気こそが、どこまでも人を魅了する。

44


A hard message arrived from a friend living in Kansai.
She asked me to go to a violin concert to be held in New York, where her childhood friend presents.
At the same time, Ms.Eiko Kano, a violinist gave me an invitation.

When I meet an artist without direct knowledge for the first time,
I want to touch that work with pure feeling as much as possible.
I confirm I purely like or not, or I love it, without any prior knowledge.

During the 50-minute concert, without having an intermission or applause,
With a story telling created by herself, she played the violin.
To a powerful melody created from a small and delicate body,
The venue was quietly into her world view.

While interwoven with human style living in Manhattan, famous songs were played,
Every music echoed in my heart.
At the last "London Bridge" the flow of the venue was packed in a cheerful mood at once.
Perhaps it was a carefully calculated composition.

There are many talented artists in New York.
The courage to jump out to the world and challenge, fascinates people everywhere.

36


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

58
Next

22


米国ではケータリング事業がさかん。
ラップをかけただけの大皿やポットを、デリバリーしている姿をよく見かける。

誕生会や何かのレセプション、身内の社内会議や展示会の後。
オフィスや自宅をちょっと飾れば、そこがパーティー会場になる。

ピザやサンドイッチで乾杯も楽しいけれど、
日系人ならオニギリで胃袋を温めたい。

「ハワイアン」というテーマで演出されたトータルプロデュース。
寒いニューヨークに、南国の空気が生まれた。

18


The catering business is very popular in the United States.
We often see the delivering a large dish or pot just wrapped.

After the birthday party or something's reception, in-house meeting or exhibition.
If we decorate the office or home a little, that will be a venue.

It's fun if we have pizza or sandwiches.
But we, Japanese, want to warm stomach with Onigiri.

We produced the "Hawaiian" theme.
In cold New York, tropical air was born.

51

22


HANAMIZUKI Cafe; Please contact about the catering.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

03
Next

ニューヨークでは、たくさんの日系人が活躍している。
和食が一過性のブームでなく、完全なる一つの文化として市民権を得た今、
飲食業界での日本人の活躍ぶりは目覚ましい。

平日の深夜23時過ぎから、続々と料理人達が集まってくる。
閉店の遅い店舗スタッフは、明け方にようやく合流する。
160人もの関係者と、外気の寒さも吹き飛ぶ熱気が集結した。
競争の激しい業界であるけれど、日系人という仲間意識が素晴らしい。

改めて、日本人の凄さを思う。
そんな日本人が集いたくなる、ニューヨークという街の凄さを思う。

大幹事のシェフ、ありがとう。
仲間の皆さん、これからもよろしくお願いいたします。

ファイル 2017-01-19 11 52 06


A lot of Japanese are active in New York.
Now that Japanese food is not a transient boom and gained citizenship
as a complete culture,
Japanese people in the food and beverage industry have been active recently.

From 23 o'clock in the midnight on weekdays, chefs gathered one after the other.
The shop staffs who were slow in closing finally joined the dawn.
As many as 160 people concerned gathered, nobody cared the cold weather
of out-side.
It is a competitive industry, but the Japanese fellow consciousness is wonderful.

Again, I think the magnificence of Japanese people.
I assume the tremendousness of the city New York, where Japanese people
want to gather.

Thank you, Chef Abe. You are the best.
For everyone, please continue your favors.

58


会場となったのはこちら。シェフ阿部がお待ちしております。EN Japanese Brasserie

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

紅茶を覚えたての頃、アッサムは濃く煮出して、
ミルクで飲むことを知った。

20代、「アールグレイをミルクで」と注文する男性に憧れた。
以来、そのキザな仕草を真似て、私もミルクティーの常連になった。

雪でなく雨が降るということは、そんなに気温も低くないはずなのに、
1月の雨は心をも凍らせる。
手足も冷え切って、早く暖かな部屋に帰りたい。

今夜は一人、チャイをミルクで飲もう。
切ない想いに、胸がキュンと息苦しい。

14


As I started to study black tea, I learned that Assam tea should be boiled thick with milk.

In his twenties, I longed for a friend who ordered "Earl Gray with milk".
Since then, I mimicked that gesture, I became a regular of milk tea.

Rain rather than snow means that the temperature is not too low.
But rain in January froze heart.
My body got cold, and I wanted to get back to a warm room as soon as possible.

Tonight, let's drink chai with milk.
My heart is stuffy due to my sad feelings.
Next

昨年末、ニューヨークの和食屋で、クロークに預けたストールがなくなった。
黒いファーのついたそれは、ちょっとしたお気に入りだった。
間違えて持って帰った人がいると説明された。
以降お店から連絡もないし、きっとそれは迷宮入りとして処理される。
私の心には、残念で悔しい思いだけが残った。

年明け、福岡から伊万里行きのバスに、マフラーを置き忘れた。
気付いて電話したら、バス会社に保管されていた。
すぐに取りに行ってくれた地元仲間の優しさも、ありがたかった。

一緒にいた友人が、東京で財布をなくした。
タクシー会社が、先方から電話連絡をくれて、
日本の治安の良さを再認識した。

最後に日本の携帯を使ったのは、京成線か空港カウンターだったと記憶している。
前夜から熱を出していて、ボーッとしたままのフライトだった。
機内で紛失に気づき、NYに着いてから日本に連絡した。
もう出てこないかと諦めていたら、一週間してから発見された。

こんなところにも、日本の素晴らしさを痛感している。
滅多になくしものをしないのに、それは警告に違いないと気を引き締めた。
どんなワクワクがあっても、しっかりしよう。

03


Last year, my scarf was gone at cloak at Japanese restaurant in New York.
It was my favorite with black fur.
I was explained that there was a person who took the wrong and brought home.
There has been no contact from the shop afterwards, surely it will be treated
as entering the labyrinth.
To my heart, only a regrettable feeling remained.

I left my muffler on the bus from Fukuoka to Imari.
When I noticed it and called, it was kept in a bus company.
I was also thankful for the kindness of the local fellow who immediately took it to pick up.

A friend who was me together lost his purse in Tokyo.
The taxi company gave him a phone call from the other side.
I reaffirmed the goodness of security in Japan.

Lastly I remember that I used a Japanese mobile phone was either at Keisei line
or an airport counter.
I had a fever since the night before the day and it was a dazzling flight.
I noticed the loss in the airplane and contacted Japan after arriving in NY.
After I had given up whether I would come out, it was discovered after a week.

I am keenly aware of the wonderfulness of Japan in such places as well.
It was rarely that I have lost things, but I was sure that it must be a warning.
Whenever I am excitement, I have to care for everything.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next