Blog

写真 2018-02-04 19 31 37

写真 2018-02-04 19 31 33

写真 2018-02-04 19 32 07


気温が氷点下を上回り、雪でなく冷たい雨が降った2月最初の日曜日。
米国人が一年で一番熱狂すると言われるスーパーボウルの日。
TV観戦用の食料を買い求め、スーパーは朝から長蛇の列。
私は今年も友人宅に招かれて、家族みんなでワイワイと。

シンガーソングライターのP!NKの国歌斉唱は圧巻。
インフルエンザ罹患中だと心配されたが、
背筋が震えるほどの歌唱力に、選手たちも涙を流す。

ジャスティン・ティンバーレイクのハーフタイムショー。
開催地ミネアポリスに敬意を表して、
なんと大御所プリンスと夢の共演。
曲の最後には、街全体がパープル色に染まるという演出には、
きっと全国民が度肝を抜かれただろう。

下馬評ではニューイングランド・ペイトリオッツが圧倒的に優勢であったが、
41対33で、フィラデルフィア・イーグルスが制した。
勝利が決まった瞬間に、次男が「イエーーーーース!」と絶叫。

すっかりアメリカ人になってしまった子供達に、
まだまだ日本の良さを教え込むことを諦めないと誓った夜。

すごい、楽しい、圧巻!の動画も是非ご覧ください。
P!NKの国歌斉唱
ジャスティン・ティンバーレイクのハーフタイムショー全編

写真 2018-02-05 7 45 20

写真 2018-02-05 7 44 17


The first Sunday in February when the temperature was above zero degrees Celsius, it was cold rain instead of snow.
The day of Super Bowl that American people are said to be the most enthusiastic about the year.
With people bought food for watching TV, there was a long line from morning at the super market.
I was invited to a friend's house this year, with both family all over.

Singer-songwriter P! NK national anthem singing was masterpieces.
We worried that she was suffering from influenza from the day before.
To the amazing singing ability, the players shed tears.

Justin Timberlake's half time show was fantastic, too.
In honor of the venue in Minneapolis,
he had a great duo with Prince who was born there.
At the end of the song, in the direction that the whole city was dyed purple,
I guess all American people were surely surprised.

While the New England Patriots were dominant overwhelmingly in the pre-review,
Philadelphia Eagles controlled by 41 vs 33.
At the moment victory was decided, my second son screamed as "yeah-------------!"

To children who have become Americans totally,
The night I swore not to give up teaching the goodness of Japan yet.

写真 2018-02-05 7 44 47

写真 2018-02-04 20 29 17



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-05 7 14 45
Next

写真 2018-02-03 22 46 02


西村麻里さんのアートといえば、ドラゴンと孔雀が有名だけれど、
彼女のイラスト画もまたユニークで。
ニューヨークの街に、彼女のタッチが加わると、
こんなにも愛らしいスケッチが完成する。

一緒に地下鉄に乗った時、周囲の人をちらっと見ていた。
そして後でサササッとペンをしたためる。
メモ書きみたいなスケッチに、思わず私は「捨てないで」と叫ぶ。

ニューヨークを全身で感じながら、アートが生まれていく。
写真やネットで得た情報なんかじゃない。
アーティストが本来あるべき姿がここにある。

秋のNY個展では、このイラストたちも主役の一端を担うことになった。

写真 2018-02-03 23 05 50


Speaking of Mr. Mari Nishimura's art, dragons and peacocks are famous,
Her illustrations are also unique.
When she touches the scene of New York,
This lovely sketch is completed.

When we got on the subway together, she glanced at the surrounding people.
Then she sketched with pen later.
I asked her as a memo-like sketch, "Please do not trash it away"

Her art is born while feeling New York in whole body.
It is not information she got from photos and the net.
Here is what the artist should be supposed to be.

In Mari's NY solo exhibition in this fall, this illustration also will become part
of the leading role.

写真 2018-02-03 22 43 52

写真 2018-02-03 22 44 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-03 22 45 46
Next

写真 2018-01-28 19 37 36


仲良しシェフに、キャビアをいただいた。
どうやって食べたらいいのか、御近所さんに聞いた。
「我が家にいらっしゃい。美味しい食べ方を教えてあげる」
フランス人の彼女、本当に気前が良い。

翌日の夜、旦那さんから連絡があった。
気取らない家庭的なお招きが、なんとも嬉しい。
丁寧に焼かれたミニパンケーキ。
スモークサーモン、オニオン、たまご、サワークリーム、
そしてキャビア。

次々と焼き足されるパンケーキを焼くのに、
どれほどの時間を要したのだろう。
シンプルだけれど、ホスピタリティー溢れるおもてなし。
最後は白御飯にイクラまで出てきた。

心が温まるって、こういうことを言うのだろう。
異国の地でも、家族ぐるみで付き合える絆が無性に嬉しい。

写真 2018-01-28 19 36 32

写真 2018-01-28 19 36 27

写真 2018-01-28 19 36 49


I got caviar from a good friend chef.
I asked my neighbors how to eat.
"Come to our house and I will teach you how to eat deliciously"
French girlfriend, she is really generous.

The next day night, her husband called us.
I was delighted to have a wonderful family invitation.
A carefully baked mini pancake.
Smoked salmon, onion, egg, sour cream,
And caviar.

To bake pancakes that are cooked one after another,
I wonder how much time she took.
Simple but full of hospitality.
At the end, white rice came out with Ikura, raw egg of salmon.

I wonder this was what the heart warms up.
Even in a foreign land, the fact that we can go out with family members
was absolutely delightful.

写真 2018-01-28 19 44 43



海外永住 ブログランキングへ "
Next

「愛が溢れるような本にしたい」
そんな想いを聞いてくださったアーティストがいた。
恐れを知らない子供のように、
真っ直ぐな想いを、真っ直ぐに受け入れてくれた。

共通の友人を通して知り合った時、
私は彼のことをよく分かっていなかった。
彼のセンスと、目の奥にある優しさに惹かれて、
「いつか一緒にニューヨークで仕事しようね」と伝えた。

10万人近いフォロワーがいるアートディレクターで、
ファッションやグッズのデザインだけでなく、
マンションやカフェのプロデュースまで手がけるオールマイティー。
そんなことを知ったのは、ずっと後になってからだった。

「僕、千璃ちゃんを描いてみたいと思うんです」
ハードな内容をどう伝えていこうかと煮詰まった時に、
モノクロの世界に魔法をかけてくれたのが、三浦大地氏だった。
真剣になればなるほど、スルーされてしまう問題を、
ハードルを下げて伝えるために、何ができるだろう。

日々更新されるクールなインスタ写真のセンスも、
愛と夢がたっぷり詰まったイラストたちも、
彼の才能が、画面いっぱい踊り出している。
「ありのままに、描いてください」とお願いした。

原画が届いた時に、編集スタッフも涙を流した。
こんな風に支えてくれる人たちのおかげで、
世の中はきっと、ずっと良い方向に動いていくのだと。

日本人アーティストの実力。
ここからもっと世界へ。

DAICHI MIURA 公式ホームページ
三浦大地氏のインスタも必見!

1

©Daichi Miura

"I wanted to make a book with full of love."
There was an artist who heard such feelings.
Like children who do not know fear,
He accepted my straight feeling by his genuine heart.

When I got acquainted through a common friend,
I did not quite understand him.
Attracted by his sense, and kindness in the back of his eyes,
We talked "Let's work together in New York someday."

He is an art director with nearly 100,000 followers,
Not only fashion and goods design,
Almighty who handles producing apartments and cafes.
It was after a long time that I learned such a thing about him.

"I would like to draw your daughter, Seri."
When I lost the way how to convey the hard contents,
Daisuke's magic saved me with the black and white world.
The more serious I get, the more problems people ignore.
What can we do to lower hurdles and convey them?

The sense of a cool instant photo updated every day,
Illustrations packed with plenty of love and dreams,
His talent is filled a lot on the screen.
So, I asked "Please draw us as you like"

When the original drawings arrived, the editorial staff also shed tears.
Thanks to those who support me like this,
Surely the world will move in a better direction.

The talent of Japanese artists.
From here to more world.

拙著の中扉に描いてくださったイラスト。
写真 2018-01-26 11 47 12



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-01-25 23 05 09


京生麩の専門店「麩嘉」が精進料理でニューヨークに進出。
2009年当時は、イーストビレッジの半地下にある店舗だった。
オーナーこだわりのしつらえと、センスの良いうつわたち。
何よりも上質な精進会席で、一気にニューヨーカーの心を虜にした。

開業翌年からはミシュラン星の常連となり、2013年ミッドタウンに移転。
京都のお茶屋「一保堂」とジョイントした店内は、まさに「日本」。
一卓ごとにそれぞれ素材の異なる材木で作ったダイニングテーブル。
一枚板で作ったカウンターテーブル。
釘を使わずに職人が手作業で組み立てる食器棚。
すべて日本から送られてくる陶磁器は、丁寧に金継ぎがされている。

完全なる精進料理なのに、目も胃袋も十分に満たされるのは、
一皿ごとのプレゼンの美しさと、コクのあるだし使いによるものだろう。
昆布や椎茸、トマトといった秘伝だしのコツを少しだけ教わる。

北風の強い零下の夜、シェフが最後までお見送りしてくださる。
京都のおもてなし、京都の心遣いが、たまらない。
温まった心のまま、家に帰ろう。

写真 2018-01-25 19 38 58

ウェルカムドリンク昆布茶 Welcome drink "Konbu-tea"
写真 2018-01-25 19 49 37

祝い肴 Iwaizakana"New Year Celebration Plate"
写真 2018-01-25 20 03 32

お雑煮白味噌仕立て White Miso Soup with Grilled Mochi
写真 2018-01-25 20 14 18

嘉日のお節 New Year Osechi Box
写真 2018-01-25 20 48 48

胡麻もち豆腐トリュフソース Sesame Mochi Tofu with Truffle sauce
写真 2018-01-25 21 02 14

アーティチョークの蓑揚げ Artichoke Croquet
写真 2018-01-25 21 25 00

精進おでん Shojin Oden
写真 2018-01-25 21 54 34

小豆五目ご飯 Azuki Gomoku Rice
写真 2018-01-25 22 03 38

梅おろし蕎麦 Chilled House-made Soba Noodles with Pickled Plum
写真 2018-01-25 22 16 02

精進パフェ Vegan Parfait
写真 2018-01-25 22 24 38

塩大福 Shio Daifuku
写真 2018-01-25 22 47 10

抹茶とお干菓子 Matcha with Candies


Kyoto Fu's specialty shop "FUKA" advanced to New York with a vegan cuisine "Kajitsu".
In 2009, it was a restaurant in the semi-underground of East Village.
The sense of owner for the facility and pottery was great.
Of course, the food was fantastic, so the heart of New Yorkers was inspired at once.

From the year after the start of business, it became regular of Michelin star,
and they moved to Midtown 2013.
The interior that we shared with Kyoto 's teahouse "Ippodo" is exactly "Japan".
Each dining table made from timber of different materials.
A counter table made of one board.
Cupboards that craftsmen manually assemble without using nails.
All ceramics that are sent from Japan are carefully gold spliced.

Even though it is a perfect vegan cuisine, the eye and stomach are satisfied enough.
It is probably due to the beauty of the presentation of each dish
and the use of rich Dashi.
We were taught a little secret of secret soup tricks such as konbu,
shiitake mushrooms and tomatoes.

Though a strong northern cold wind breezed on the late night,
the chef sent us wearing the thin cook coat.
The hospitality of Kyoto, the thought way of Kyoto is amazing.
Let's go home with a warm heart.

写真 2018-01-25 23 05 03

写真 2018-01-25 23 11 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-25 23 14 12 (1)
Next

写真 2018-01-29 12 47 29


ニューヨークレストランウィークの始まりは1992年。
普段はなかなか行けない有名レストランの味を、
少しでも多くのニューヨーカーに楽しんでもらおうという企画。

創設当初はランチのみで、19.92ドル。
それから毎年1セントずつ値上がりする仕組みだったが、
さすがにレストラン側の採算が取れないと悲鳴を上げた。
現在のレストランウィークは、夏冬の年2回開催。
その期間を照準に当てて来紐育する観光客も少なくない。

2018年度は、ランチ29ドル、ディナー42ドル。
チップと飲み物代を入れると、決して安くはないけれど、
ミシュラン星のレストランを体験するには絶好の機会。

ただし、どうせなら飲み物も別チャージで注文してほしい。
大人数で水しか頼まないアジア人のグループに、
明らかに違うサービスをしていたスタッフを垣間見てしまった。
せめてコートはクロークに預けて、チップを渡そう。

ちょっとした大人の気遣いで、お店側の対応が明らかに違う。
それも含めて、ニューヨークという街だから。

写真 2018-01-29 11 59 25

写真 2018-01-29 12 17 09

写真 2018-01-29 12 46 40


The beginning of the New York Restaurant Week was in 1992.
The famous restaurants that we cannot go through quite often,
serve a plan to have it enjoyed by as many New Yorkers as possible.

Initially it was only lunch for $ 19.92.
Then, it was a mechanism that raised price by 1 cent each year,
it screamed that the restaurant side could not be profitable.
The current restaurant week is held twice a year in summer and winter.
There are tourists who devote to targeting that period.

For 2018, lunch is 29 dollars and dinner is 42 dollars.
It is never cheap to put in service tip and drinks,
A great opportunity to experience Michelin star's restaurant.

However, I would like you to order drinks with another charge.
To a group of Asians who only ask for water with large numbers,
I got a glimpse of the staff who apparently had a different service.
Let 's leave the coat in the coat cloak at least, and give the tip
respecting the service.

Due to a little adult 's concern, the correspondence of the restaurant side
is clearly different.
That is the city of New York.

写真 2018-01-30 8 12 49



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-01-28 22 02 50


季節によって入れ替えができる額装アートやインテリアと違って、
壁画というのは半永久的にそこに残される。
だから、描く本人以上に、オーダーする側の強い想いが
反映されないといけない。
アーティストが好き勝手に描くストリートアートとは違う。

病院で検査を受ける時、人は皆不安になるだろう。
たとえそれが定期検診であっても、心情に大差はない。
無機質な病院の天井と壁を眺めてドキドキする。
部屋に一人残されて、心細さでいっぱいになる。

紫先生は、そこにムラサキの花をあしらった。
武蔵野の台地に根付く、白く小さな花を咲かせる雑草。
根を使ってムラサキの色を出す、生命力の塊。
古来漢方の原材料となって、傷や痛みを癒してくれる存在。
彼女の医学への想いは、彼女の名前の由来そのもの。

華々しく主役を飾る大輪である必要はない。
誰に対してもフェアな距離感で接するからこそ、
そこに信頼と愛情があることを、誰もが実感できる。

いつもは海で絵を描いているアーティストが、
都会で希望の花を咲かせてくれた。
私はここで、心の花を咲かせて応援したい。

紫色は、ロイヤリティーの証。
紫先生は、医療界の癒しの存在。

写真 2018-01-23 7 15 51

写真 2018-01-23 7 15 54

写真 2018-01-23 7 15 57


Unlike forehead art and interior that can be replaced by the season,
Mural painting is left permanently there.
So, more than the artist side, the strong feelings of the ordering side must be reflected.
It is different from the street art which the artist draws freely.

When people are examined at a hospital, everyone will become uneasy.
Even if it is a periodic medical examination, there is no big difference in feelings.
People get nervous looking at the ceiling and wall of inorganic in the hospital.
Left alone in the room, they are filled with tension.

Dr.Murasaki put flowers of Murasaki there.
It is a small white weed that is rooted in the Musashino plateau.
A mass of life force that gives out a purple color using roots.
Being a raw material for traditional Chinese medicine, it exists to heal wounds and pain.
Her wish for medicine world is the origin of her name itself.

There is no need to be a big flower decorating the leading role spectacularly.
Because she is fair to touch everyone with a sense of same distance,
Everyone can realize that there is trust and affection there.

An artist who usually draws paintings at the sea house,
put the hopeful flowers bloomed in the city.
I want to cherish her from here with the flowers of my heart.

Purple color is a proof of royalty.
Dr.Muraski is a healing existence in the medical world.

写真 2018-01-28 22 04 32

写真 2018-01-28 22 04 38



海外永住 ブログランキングへ "

紫先生、ここから応援しているね。
写真 2018-01-28 22 01 57

ホスピタリティー溢れるスタッフが集結。
写真 2018-01-28 22 01 41

内覧会で配られたお土産のアイシングクッキー。元同僚の手作り!
写真 2018-01-28 22 04 45


Next

ニッポン放送チャリティーミュージックソン番組内で、
娘のことを綴ったストーリーがお披露目された。
生放送での流れるようなナレーション、心のこもった朗読に、
私は思わず目頭が熱くなった。

放送作家から連絡があったのは、数週間前のこと。
電話口の応対から、彼の人柄が滲み出るようで、
私はこの人に任せようと直感した。

実はその放送作家も、視覚に障害をお持ちだった。
「美香さんの気持ちをすべて代弁はできないけれど、
見えるという当たり前のことがどれほど大事かを伝えたいんです」
ラジオというツールに救われている人たちのために、
少しでも力になりたいというパッションが嬉しかった。

たくさんの方々に支えていただいて、番組は終了した。
そして先日、募金の目標額を達成したという嬉しいお知らせが届いた。
なかには、オードリーのお二人のサインが入ったトートバッグ。
自称「リトルトゥース」だという姪っ子が喜ぶ顔が目に浮かぶ。

お世話になったプロデューサーや放送作家の皆さんに、
近い将来もっと良い報告ができるように、また一歩。
私にもまだ、できることがあるかもしれない。

募金に御協力くださった皆様へ、
心からの感謝を込めて。

ニッポン放送チャリティーミュージックソンの様子はこちら。

写真 2018-01-18 17 05 10


Within Nippon Broadcasting "Charity Music Song" Program,
A story about my daughter was spoken.
Flowing narration in live broadcasting, hearty reading recitation,
I was full of unexpected tears.

It was a few weeks ago that the broadcast writer got in touch with me.
His personality seemed to ooze out from the telephone's response,
I wanted to ask him to write the draft.

Actually, that broadcast writer also had vision disability.
"Although I cannot speak all the feelings of Mika,
I want to tell how important things people can see normal. "
I was delighted with the passion that he wanted to be a power for those
who were saved by a tool called Radio.

The program was supported by many people and ended.
And the other day I received a happy announcement that they reached
the target amount for donation.
I was gifted the tote bag with signed by Audrey.
I imagine how my niece, who is fan of Audrey, will be happy.

To the producers and broadcast writers who supported me,
To make better reporting in the near future, I will have one step again.
I may still have something I can do.

To everyone who cooperated with donation,
With a sincere gratitude.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

数年前に、彼がニューヨークで個展を開催した時、
私は最初の2枚の絵を購入させていただいた。
軽やかなタッチで描かれたシャガール風の絵は、
今でも我が家にほのかな優しさを運んでくれている。

山崎拓巳氏の凄いことは、
人に対するきめ細やかな心遣いだと思う。
とっても凄い人なのに、
出会った人それぞれに、丁寧に御挨拶される。
心をこめて「ありがとう」を伝える。

小説を上梓したり、アート作品を描いたり。
やりたいことを全部実現してしまう行動力。
彼の人望と人徳に惹かれて集まる周囲のサポート力も、また凄い。

今年最初のニューヨーク個展は、3月まで「ボヘミアン」で開催中。
「HAPPY END」のテーマで描かれた数々のアート作品が、
凄いパワーと共にお待ちしております。

写真 2018-01-25 7 24 53

写真 2018-01-25 15 48 08


個展会場は紹介制のため、御一報ください。
「ボヘミアン」過去記事

A few years ago, when he first held a solo exhibition in New York,
I bought the first two paintings.
Chagall style painting painted with light touch,
Even now it has carried a subtle kindness to our apartment.

The great thing about Mr. Takumi Yamasaki,
I think that it is a fine attitude to people.
Even though he is a very amazing person,
Greeting to each person carefully,
and telling "Thank you" with his heart.

He publishes novels and draws art works.
He has behavioral ability to realize everything he wants to do.
The surrounding support power which gathers attracted by his virtue is also amazing.

This year's first New York solo exhibition is being held at "Bohemian".
A number of artworks drawn with the theme of "HAPPY END" are posted with amazing power.

写真 2018-01-25 7 24 58


Please click here to know the detail.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-25 11 07 25
Next

写真 2018-01-24 18 54 43


私たちは直前まで一緒にお茶をしていた。
会場に到着すると、すでに山崎氏のファンが待ち構えている。

一般告知をしないクローズドセミナーとはいえ、
用意された席はいっぱいで、慌てて予備の椅子を用意する。

前夜に到着して、午前中はアート展示会の設営。
2泊の強行スケジュールのなか、セミナーまで開催する。

彼のエネルギーは、一体どこから来るのだろう。
自己の体験談を惜しみなく語る姿勢そのものと、
隙のないトークスキルは本当に圧巻で。

本業以外をマネタイズする必要性。
トップに出た時に、後に続く人に譲る心意気。
今の自分を変えることが、夢を叶える王道。

毎回、たくさんの学びがある。
山崎氏のNYセミナー、次回は春頃の予定です。

写真 2018-01-24 20 10 35

写真 2018-01-24 20 10 44


We had tea time together until just before the seminar.
When arriving at the venue, Mr. Yamazaki's fans were already waiting.

Although it was closed seminars without public announcement,
the prepared seats were full, and we prepared spare chairs in a hurry.

He arrived on the eve of the evening, set up an art exhibition in the morning.
And he held seminar in the 2-night staying schedule.

Where his energy came from?
The attitude of talking about his own experiences gently,
and his perfect talk skills were really overwhelming.

He presented;
Necessity to monetize non-core business.
Ability to hand over to the followers when you go to the top.
Changing yourself now is the royal road that fulfills your dreams.

Every time, I have a lot of learning.
The next NY seminar of Yamazaki NY seminar is scheduled for the spring.

写真 2018-01-24 21 21 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-24 18 23 21
Next

成田発マニラ行き、最後のお客様の搭乗を待つ機内。
乗務員は日帰り乗務のため、1分でも早く飛行機を出発させたい。
早朝出発便は、お客様もピリッとしたムードが漂う。

ドアが閉まる直前に、駆け込んできた男性がいた。
色黒で大柄の若い男性が顔を上げた瞬間、私は目を疑った。
「おおおおお、ミカ!」

かつての乗務経験中、友人知人に偶然出くわした経験は、
そのどれもがいつもドラマチックな再会だった。

当時、彼は彼女にプロポーズしに行くところだった。
そんな大事なフライトに、乗り合わせた運命に感謝。
今でも彼は、私にとって大事な大事な友人の一人。

20年以上が経って、今度は彼女とニューヨークで再会した。
人生のあやとりを垣間見ているようで、
訪ねてきてくれたことが、無性に嬉しかった。

世界は広いけれど、近い。
友情はもっと堅くて、もっと厚い。

30


We were waiting for the last passenger boarding, the flight from Narita to Manila.
Because the crew had one day schedule, all crew wanted to leave as soon as possible.
Passengers had serious mood because of early morning departure.

Just before the door closed, there was a man rushed in.
The moment when a large black young man lifted his face, I suspected my eyes.
"Oh, it's you, Mika!"

During my former career experience, I re-encountered with some friends.
Every one of them was always a dramatic reunion.

Back then, he was going to propose to marry with his girlfriend
I appreciate the fate that God brought to such an important flight.
Even now he is one of important friends important to me.

After more than twenty years, I met his wife again in New York this time.
It seems to be a glimpse of the life story,
I was very happy that she came to visit me.

The world is wide but close.
Friendship is tighter and thicker.

35



海外永住 ブログランキングへ "
Next

昨秋のJAL大同期会は大成功に終わった。
一緒に幹事を引っ張ってくれた彼女と、
久しぶりに「二人三脚」の醍醐味を味わった。

あの忙しい時期を駆け抜けた裏側での開業準備。
こんなに志の高い医師がいることは、日本の誇り。

******

彼女との出会いは、学生時代。
「卒論提出前日にデータ消しちゃった同級生を助けてあげて」
他大学の友人まで巻き込んで、徹夜で卒論を書き上げた。

人騒がせな女子大生は、JAL新入社員名簿でも前後に並んでいた。
「池本美香」(注:私の旧姓)「池田紫」
後から思うと、あの御縁がずっと繋がっていることに意味があったのだ。

「新人訓練に毛皮のコートを着て来るな」とか、
「ミニスカートでモノレール通勤するな」とか。
会社の上司にはよく怒られていたけれど、
私はあの頃からずっと、彼女のガッツに惚れ込んでいた。

たくさんの乗務経験を経て、私はニューヨークに渡った。
そして彼女はなんと、受験勉強をして、医大生になった。
ひとまわり年齢の離れた現役もいる医学部の中で、
彼女の姉御的存在は、ひときわ目立っていたに違いない。

時が経ち、私が暗闇で彷徨っていた時、
彼女は医療従事者としてだけでなく、
人として私を大いに力づけてくれた。

医学の力にだって、限界はある。
でも、私は彼女からいつも、
人としての誠意、志の高さを学ぶ。

この医師に巡り会えて幸せだったと思える存在。
扉を開けば、救える命はたくさんある。
こんなクリニックの誕生を、きっと誰もが待っていた。

「なんでも相談できるお胸のホームドクター」
都会にある、ドクターコトー診療所。
紫先生の開業に、心からの祝福を。

むらさき乳腺クリニック五反田 公式ホームページはこちらから。

写真 2018-01-23 7 14 59


Last fall JAL re-union party ended in great success.
With her who pulled our staff team together,
I felt the real pleasure of "Two people three legs".

******

The encounter with my dear friend was our student days.
"Please help my classmate who erased the data the day before submitting her thesis."
She and friends wrote a graduation thesis through overnight.

The female college student was lined up before and after also in the JAL new employee list.
"Ikemoto, Mika" (Note: My maiden name) "Ikeda, Murasaki"
Afterwards it was meaningful that that edge was connected forever.

"Do not come with a fur coat for the training session"
"Do not commute to a monorail with a mini skirt."
My company's boss was often angry,
but I fell in love with her heart since that time.

After having lots of experience as flight crew, I came to New York.
And she studied for the hard exam and became a medical student.
In the medicine department,
her existence must have been conspicuous.

As time passed, when I was wandering in the dark,
Not only as a medical professional,
she made me strong as a person.

Even with the power of medical world, there is a limit.
But, I always from her,
learn sincerity as a person, the high aspiration.

You can think that you were happy to know this doctor.
If you open the door, there are lives to save.
Everyone was surely waiting for such a clinic.

Patient can consult everything for the breast.
She is a Home doctor for you in the town.

Sincere blessings for her clinic.

MURASAKI BREAST CLINIC Official HP


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-23 7 15 19


DSC_3044

Next

昨年、御縁あって我が家にやってきたアート作品。
この世界観のなかで、ニューヨークはほんのちっぽけで。
そこにいる人間なんて、儚い存在だと思い知る。

やっぱりアートはいい。
その時その作品を、どんな思いで手にしたかを、
思い出すツールにもなる。

世の人にとって、もっとアートが身近になるために。
今、仲間と一緒に、いろんな企画を考えている。

写真 2018-01-22 22 31 57


Last year, this art work came to my house.
In this view of the world, New York is only a tiny thing.
I know that a human being there is a transient existence.

After all the art is wonderful.
It also becomes a tool to remember what kind of thought I got the art at that time.

For the people of the world to become more familiar with art.
we are thinking about various projects with my fellows now.

写真 2018-01-23 7 30 57



海外永住 ブログランキングへ "
Next

友人ライターが、拙著を応援したいとPOPを作成してくださった。
彼女の心優しい気持ちに、お応えしたいと思った。

ニューヨークの書店では、手書きPOPを見かけたことがなかった。
出版元から送られてくるビラ以外の陳列は、
基本的にお断りしているのだという。

紐解いていくと、日系書店の支配人が、高校の先輩であることが判明。
仲良しの先輩が、あっという間に繋いでくださった。

ここでも、西川悟平氏の著書がすぐ近くに置いてあって、
なんとも御縁を感じている。

多くの方に、想いが届きますように。

写真 2018-01-19 14 54 33


A friend writer had made "POP AD" to support my books.
I wanted to respond to her kindly heart.

I had never seen "POP AD" at bookstores in New York.
It is to be said that for displays other than flyers sent from publishers,
It is basically refused.

As I looked for, the manager of the Kinokuniya bookstore turned out to be a senior at high school.
My friend who knew him helped me to introduce.

Again, book by Mr. Gohei Nishikawa were placed in the immediate vicinity,
It feels like our friendship.

I hope that many people will receive our feelings.

写真 2018-01-19 14 54 00

紀伊国屋ニューヨーク店舗にて御購入いただけます。
Our books are sold at Kinokuniya New York.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-01-19 18 09 01


仲良しの友人たちと、西川悟平氏の自宅に集まった。
スタンウェイのグランドピアノで、
私たちのためだけに、曲を弾いてくれる。

贅沢な空間。
贅沢な時間。
贅沢な音楽。
贅沢な会話。

Thank God, It’s Friday.

写真 2018-01-19 18 31 22


My friends gathered at the apartment of Gohei Nishikawa, a pianist.
On the grand piano of Steinway & Sons,
He played some music only for us.

Luxurious space.
Luxurious time.
Luxurious music.
Luxurious conversation.

Thank God, It's Friday.

写真 2018-01-20 9 09 32

たっぷり演奏を楽しんだ後は、お好み焼き大会。
After enjoying plenty of music,we had Okonomiyaki party.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

日系飲食企業の勢いが止まらない。
どんどん新しいお店がやってくる。
少しでも関わったお店は、すべて我が子のように可愛い。

息子の誕生日に便乗して、久しぶりにユッケを味わった。
お店のスタッフが、笑顔で挨拶してくれる。
皆が元気でいてくれたら、それでいい。

日本人万歳。日系企業万歳。
海外で頑張る日本人、ずっと応援します。

写真 2018-01-20 9 08 08


The momentum of Japanese food and beverage companies cannot stop.
More and more new restaurants will come.
All the stores involved even a little are cute like my child.

I piggybacked on my son's birthday and had a taste of Yukke after a long absence.
All staff greeted us with a smile.
If everyone is fine, I'm happy.

I appreciate and respect Japanese and Japanese companies.
I will always support the Japanese who work hard overseas.

2015年 FUTAGO NY オープン記事


海外永住 ブログランキングへ "
Next

友人のレビューを読んで、私はふと立ち止まる。
自分にしかできないことって、なんだろう?
実はこんな風に考えたことがなかった。

自分ができること。
自分にしかできないこと。
この2つは、近いようで、まったく意味が違う。

サラリーマン時代、私がこの仕事を辞めても、
会社は何もなかったように動き続けるのだなと思った。
そして案の定、大企業のコマでしかなかったことを実感した。

30代初めに自分で会社を興したけれど、
私がいなければ、他の人がいくらでも代行できる。
手抜きばかりのダメ母でも、子供は育っていく。

でも、人間の存在という意味では、
誰も私の代わりになれない。
娘の代わりも、どこにもいない。

だから、無理することなんてないんだと思う。
自分にしかできないことを探す必要なんてない。

自分ができること、手の届く範囲で、しっかりやる。
それだけでいい。
毎日、ありがとうを伝える。
毎日、心の中でマッチをする。小さな火を灯す。
それでいい。

写真 2018-01-19 7 01 30


When I read my friend 's review, I suddenly stop my thinking.
What is it that only you can do?
Actually, I had never thought of it like this.

What you can do.
What you can only do.
These two seem to be close, but completely different in meaning.

Even if I quit this job during my previous company,
I thought that the company would continue to move as if nothing had happened.
And I realized what I was only a piece of a big company.

Although I started my own company in the early thirties,
If I were not there, someone could substitute me.
Children are growing up even without a good mother.

But, in the sense of human existence,
No one can be substituted for me.
I cannot replace my daughter anywhere.

Therefore, I think that there is no need to overdo it.
There is no need to look for things that only you can do.

Do things that you can do, within reach that you can reach.
That alone is OK.
Tell thank you every day.
Every day, I put a light in my heart. Light a small fire.
That's fine.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-01-13 11 49 40


友人に誘われて、陶器の展示会に赴いた。

会場は、ミッドタウンの精進料理のお店。
氷点下の寒い日に、大将は前庭の掃除をされていた。
毎年ミシュラン星を獲得しても、決して胡座をかかない姿勢が、
この素敵な空間を生み出しているのだと痛感した。

額賀章夫氏の作品は、究極のミニマリズム。
シンプルで飽きのこないデザインで、どこか懐かしい。
ニューヨークにいると、温かみのある和食器に触れたくなる。
額賀氏率いる「杏」というグループの活動も興味深い。

今は「金継ぎの技術」が欲しい。
食器棚の奥で眠っている、少し欠けた茶碗達を思い出した。

写真 2018-01-13 11 51 26

写真 2018-01-13 11 51 40


I was invited by my friend and went to the pottery exhibition.

The venue is a midtown refined cuisine shop.
On the freezing cold day, the chef had been cleaning in the front yard.
I was deeply aware that even if they got the Michelin star every year,
the attitude that it never changed create this wonderful space.

Mr. Akio Nukaga's work is the ultimate minimalism.
It is a simple, timeless design, and I feel nostalgic somewhere.
Since I am in New York, I want to use a warm Japanese pottery.
The group 's activity called' ANZU 'led by Mr. Nukaga is also interesting.

Now I want "technology of gold succession".
I remembered the tipped bowls that sleeping in the back of the cupboard.

写真 2018-01-13 11 49 47



海外永住 ブログランキングへ "

展示会を観た後は2階の木陰@嘉日でランチ("Kokage" serves Japanese cuisine, not only vegan.)

写真 2018-01-13 12 14 52

Vegan Parfait
写真 2018-01-13 13 04 25


Next

本を書く時は、自分の意思で選択できることが多い。
出版社や編集者と、とことん話を共有して、
自分の想いを真っ直ぐに伝えることに専念する。

それでも、伝えきれないことがある。
映像を通してでしか、記録できない瞬間がある。

興味本位でないメディア取材は、本当にありがたい。
コメンテーターの皆さんが、事前にしっかり拙著を読了され、
社会全体への問いかけとして、受け止めてくださった。

「伝える」ことの覚悟、そして試練。
それでも伝えるのは、より良い社会への挑戦。
そして、世界平和への祈り。

「とくダネ!」動画はこちらから。54’40”〜約15分間。(CMカット済み)

16


When writing a book, there are many things I can choose with your own will.
Share a story with publishers and editors,
I concentrate on telling my thoughts straight.

Still, there are things I cannot convey.
There is a moment that can only be recorded through images.

Media coverage that is interested is truly appreciated.
Commentators have read my book firmly in advance,
they accepted it as a question to the whole society.

"To convey" needs courage and trials.
Even so, it is the challenge to a better society.
And it is to pray for world peace.

Please click here to watch the video of TV Film.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

敬愛するピアニスト、西川悟平氏から連絡があった。
今年の企画を立てようと、久しぶりに談義した。

お店に偶然立ち寄った友人を紹介して、
結局夜遅くまで盛り上がった。

帰り道、日本の友人から写真が送られてきた。
悟平氏と私の本が、横に並んで売られている。

偶然は、必然。
奇跡なんかじゃなくて、必然。

大寒波が去って、初めて気温が氷点下を上回った日に。
引き寄せが、必然を連れてきた。

写真 2018-01-10 22 37 09


A loving pianist, Mr. Gohei Nishikawa, got in touch with me.
We had long discussion in order to make a plan for this year.

Introducing friends by chance at a store,
we chatted till late night after all.

On the way home, a picture was sent from a friend in Japan.
Gohei's and my books are sold side by side at Japanese bookstore.

Coincidence is inevitable.
It is inevitable, not a miracle.

On the day, the temperature got above freezing temperatures for the first time
as the severe cold weather, deep freeze went away.
The law of attraction, inevitably brought us.

写真 2018-01-10 22 34 49



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-12 8 03 35 (1)
Next

昨年の春先だったろうか。
高校の先輩で、朝日新聞記者の高橋美佐子さんが、
突然、お父様を見舞う様子を毎日投稿し始めた。

フェアな視線で記事を書くべき新聞記者が、赤裸々に綴る父親の闘病記。
疑問に思う人も、少なからずいただろう。
私はきっと、そこに彼女の強い意思があるのだと推測して、
毎日「いいね!」を押し続けた。

しばらくして、彼女からメッセージが来た。
「美香ちゃん、父がね、あと半年なんだ」
私には、うまい言葉が見つけられなかった。
「美佐子さん、とにかく伝え続けてください」
そう返すのが、精一杯だった。

プライベートをさらけ出すことには、多大なる勇気と覚悟がいる。
だけど「伝える」とは、こういうことなのだと奮い立たせられる。

5年以上前、私が前作を世に伝えるずっと以前から、
記者として、女性として、親身にアドバイスをしてくださった。
いつも適度な距離感で、見守っていてくださる。

単なる自叙伝ではない。
私たちが一緒に考えていくべきテーマがそこにあるから、
「伝える」のだと思う。

高橋美佐子記者とお父様の命の日記。
渾身の記事、たくさんの方に読んでいただきたいと思います。

朝日新聞デジタル 記事はこちらから。

↓↓↓お父様をお見送り後、7月末にお会いした時、僭越ながら「やりきった感」を受け取った。
ファイル 2018-01-15 8 24 11


I wonder if it was around last spring.
Ms. Misako Takahashi, Asahi Newspaper reporter,
suddenly, she began posting her father's record every day.

A newspaper reporter who had to write articles with a fair gaze opened
a private story to the public.
There might a few people who wondered.
Since I was sure that there was her strong intention there,
I kept pushing "Like!" every day.

After a while, a message came from her.
"Mika, my father's life expectancy is another half a year."
I could not find a good word.
"Misako, please keep telling us anyway"
It was all words I could return to her.

Exposing private thing needs a lot of courage and preparation.
However, we learn by her article that "to convey" is this kind of thing.

More than five years ago, long before I published my first book,
As a reporter, as a woman, she advised me a lot.
She always watching me with a moderate distance feeling.

It is not mere autobiography.
Because there is a theme that we should think together,
she gave us "to convey".

It is Misako and her father's report that how to live to the end.
I'd like to many people to read a whole article.

Please click here to read the article, Japanese only though.

写真 2018-01-15 8 02 15



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-01-07 13 28 17

写真 2018-01-07 13 28 42


祖母の家には、毎日のように多くの来客があった。
私たち孫は納屋に集められて、せっせと料理の下ごしらえを手伝った。
一つ上の姉と私、そして同じ年の従妹は、いつもジャガイモの皮むき担当。
寒い納屋で、アカ切れた手をさすりながら、皮をむいた。
多い時は200個のコロッケを作るために、せっせと皮をむいた。

料理をして、人に食べてもらいたい。
多分その気風は、祖母よりずっと以前の祖先からの遺伝子だと思う。
家に人が集まって、たくさん食べてくれると、それだけで嬉しい。

ただ、我が家のピラニア軍団は、何でも瞬時に食べてしまう。
いわゆる「手の込んだ料理」というものから、縁遠い日常がここにある。

誰かの家に招かれての食事というのは、本当に久しぶり。
このひとときのために、入念な準備をしてくださったという心が嬉しい。

身体に優しい、美しい料理というテーマの通り、
美味しい和食の数々と、素敵な女性たちに囲まれて、
マイナス12度という外の寒さを、しばし忘れられた日曜日の午後。

写真 2018-01-07 13 55 37

写真 2018-01-07 13 58 20

写真 2018-01-07 14 01 30


There were many visitors to my grandmother 's house every day.
Her grandchild was gathered in the barn and helped prepare the cuisine quickly.
My elder sister and I, and the cousin of the same year, were always in charge of peeling potatoes.
In a cold barn, I peeled while rubbing off my hands that were out of red.
We often peeled off to make 200 croquettes at times.

I want to have people cook and feed.
Perhaps that kind of spirit is a gene from an ancestor long ago than my grandmother.
Friends gather in the house and eat a lot, I am glad that alone.

However, my "Piranha corps" at home instantly eats anything.
From what we call "elaborate dishes", there is a faraway every day.

It's been a while since I was invited by someone's house.
I was delighted that she had the thoughtful preparation for this moment.

As the theme of body-friendly, beautiful cuisine,
Surrounded by delicious Japanese cuisine and wonderful women,
Sunday afternoon, we forgotten the cold outside of minus 12 degrees Celsius for a while.

写真 2018-01-07 14 11 40

写真 2018-01-07 14 59 51

写真 2018-01-07 14 43 40

写真 2018-01-07 15 27 21



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-07 13 44 34

写真 2018-01-07 19 14 18

Next

写真 2017-12-27 12 26 33


航空会社での乗務新人訓練時、「カスタムス」という授業があった。
世界中の国々に出入国する際の、様々な法規について学ぶものだった。

米国の入国審査では「First Port of Entry」が原則。
最初に入国する土地で、イミグレーション審査を受ける。
最終目的地で受けるつもりでいると、乗り継ぎ時間が間に合わない。

メキシコからの帰り道。
シャーロット空港(ノースカロライナ州)での乗り継ぎが1時間しかなかった。
受託荷物もピックアップして、税関審査を受けなくてはならない。
国内線ターミナルへ移動したら、少なくとも2時間はかかるだろう。

きっと間に合わない。
前途多難な気持ちで朝早く空港に向かったら、
予定していた飛行機が遅延しているからと、
別の直行便に振り替えてくれた。

おかげで何のトラブルもなく、昼前には自宅に到着。
新年早々、素敵な取り計いに恵まれた。
今年はきっと幸先が良い。

写真 2018-01-07 19 30 56


When you train newcomers at airline companies, there was a lesson called "customs".
We learned about various laws and regulations when entering and leaving countries
all over the world.

In the US immigration review, "First Port of Entry" is the principle.
We will get immigration judgment on land we enter first.
When you are planning to receive it at the final destination same as Japan,
the transit time will not be in time.

On the way, back from Mexico.
There was only one hour connection at Charlotte Airport (North Carolina State).
We also have to pick up consignment luggage and get a customs review.
With moving to a domestic terminal will take at least two hours.

I was sure we missed the connection flight.
Anyway, we headed to the airport early in the morning.
Because the planned airplane was delayed,
we were transferred to another direct flight.

Thanks to that happened, we arrived at our apartment before noon with no trouble.
Early in the new year, I was blessed with wonderful work.
Hope this year is surely auspicious.

16



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2017-12-30 16 29 56

写真 2017-12-30 16 30 16

写真 2017-12-30 16 32 55


世界中のどこでも、同じブランドショップが立ち並ぶ時代だからこそ、
その土地にしかないお店を探すのが楽しい。

スペイン語の交流にオドオドしつつも、
少し強気で値引き交渉するのも慣れたもの。

こんなにも太陽が似合う国には、
こんなにも陽気な人々が集う。

オンボロのローカルバスに揺られていたら、
そろそろ都会の空気が恋しくなってきた。

写真 2017-12-29 11 11 20

写真 2017-12-29 11 11 43


Because it is an era where the same brand shops stand on everywhere in the world,
It is fun to look for shops that only exist in that land.

While I was nervous to Spanish exchanges,
I tried to negotiating discount negotiations with a bullishness.

To the country where the sun suits so much,
such a cheerful people gather.

During I was shaken in the old local bus,
I thought it was time for me to miss the urban air.

写真 2017-12-29 11 15 14

写真 2017-12-29 11 28 29

写真 2017-12-29 11 12 19



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-30 16 24 19



Next

写真 2017-12-28 10 45 27

写真 2017-12-28 10 21 43


カンクンの日の出は遅い。
明るくなる前から、ラケットを持ってスタンバイ。
朝食前にテニスコートで一汗かく。

太陽が高くなるまで、ずっとプールで泳ぐ。
いつのまにか、水球ゲームに参加している。
スペイン語が飛び交う中で、必死にボールを追う。

空を飛びたくなったら、ジェットスキーで沖までくり出す。
パラセーリングに乗って、自分のちっぽけさを知る。

ビーチに戻ったら、サッカーとバレーボール。
永遠に日が暮れなければ良いのにと願う。

こんな1日が、永遠にあると思っていた子供の頃。
夜が来るのが、嫌だった。

みんな、誰だって、子供という時代を生きてきた。

写真 2017-12-30 13 39 53 (1)

写真 2017-12-30 13 40 03


Sunrise of Cancun is little behind from New York.
Before it got bright, they took a racket and was on standby.
They sweat in the tennis court before breakfast.

They swam in the pool forever until the sun was very high.
In the meantime, they were participating in a water ball game.
In the midst of Spanish language, they desperately followed the ball.

Since they wanted to fly in the sky, we went out to Offshore by jet ski.
We flew with the parasailing and got to know how small we were in the world.

Returning to the beach, they enjoyed playing football and volleyball.
We wish that it would be long day forever.

When I was a child I thought that such a day would exist forever.
I did not like the night coming.

Everyone, everyone has lived a childhood.

写真 2017-12-28 16 23 32

写真 2017-12-28 11 10 53




海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-30 13 36 52 (1)

写真 2017-12-30 13 37 15 (1)

写真 2017-12-30 13 37 36


Next

お店のスタッフが、霧吹きで足を丁寧に拭いてくれる。
あとは、両足を水槽の中に入れるだけ。

コイ科の魚、ガラ・ルファ。通称ドクターフィッシュ。
人間の足の角質をついばむ、ドイツ生まれの淡水魚。

クレオパトラも愛したと言われる伝統的療法で、
ドイツやトルコでは、アトピー性皮膚炎の治療にも使われる。

フィッシュスパは、アメリカでは禁止されているけれど、
歯のない魚なので、感染症の心配はないらしい。

時差と疲労でウトウトしている15分間で、
足はツルツル、むくみもスッキリ。

メキシコで、新しい楽しみを発見した。

写真 2017-12-30 16 53 58


The shop staff gently wiped my feet with a spray.
I just put both feet in the aquarium.

Fish of carp family, Gala Rufa. Known as Doctor Fish.
A freshwater fish born in Germany that picks up the horny quality of human foot.

It is a traditional therapy that is said to be loved by Cleopatra,
It is also used in the treatment of atopic dermatitis in Germany and Turkey.

Fish spa is prohibited in the United States,
Because it is a toothless fish, there seems to be no worry about infection.

After 15 minutes that I was taking nap with time difference and fatigue,
My feet got smoothly, swelling was refreshing, too.

I found new fun in Mexico.

写真 2017-12-30 17 20 03



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2017-12-29 17 19 07

写真 2017-12-29 16 10 50

写真 2017-12-29 15 49 28


とあるセールスに(意図的に)引っかかり、
代わりに150ドルの観光チケットを10ドルでゲット。

1988年に世界遺産に登録された「チチェン・イッッア」。
マヤ文明の中心地を一目見てみたくて、観光バスに乗り込んだ。

朝8時半にカンクンを出発。
途中、セノーテ(聖なる泉)と土産屋に立ち寄り、
ようやく現地に着いたのは、日も傾き始めた昼下がり。

強烈な直射日光が降り注ぐ大荒野に、
「カスティーヨ」と呼ばれるピラミッドがそびえ立つ。
マヤの最高神ククルカン(羽毛のある蛇)が祀られている。

ピラミッド4面の階段の合計は364段。
最上段の神殿を足すと365段。まさに暦のピラミッド。

神殿、球戯場、天文台など、見どころがいっぱい。
ユカタン半島の最東端、1日がかりのツアー。
完全なる日焼け防止対策をして、お出かけください。

56

02

03

52

22


I was caught (intentionally) by a hotel sales,
Instead got a $ 150 sightseeing ticket for $ 10.

"Chichen Itza" has registered as a World Heritage Site in 1988.
I wanted to see the center of Mayan civilization at a glance and got on
a sightseeing bus.

We left Cancun at 8:30 in the morning.
On the way, I stopped by Cenote (Sacred Water Table) and a gift shop,
Finally arrived at the afternoon when the day began to tilt.

In the great wilderness where intense direct sunlight falls,
The pyramid called "Castillo" has been built.
Maya 's supreme god Kukurukan (serpent with feathers) is enshrined.

The total of the stairs on the 4 pyramids is 364 levels.
Temple of the top row plus 365 steps. It' s just a calendar pyramid.

There are plenty of places of interest such as Temple of the Warriors,
Great Ball Court, Observatory Temple.
It was one day tour to the eastern end of the Yucatan Peninsula.
Please go out taking measures to prevent complete sunburn.

17

58

30



海外永住 ブログランキングへ "

44

48

23

25
Next

40


かつて、バンクーバー経由メキシコシティー行きというJAL便があった。
「バン-メキ」か「LA-サンパウロ」のスケジュールが入ると、
一気に暗い気持ちになった。
日本を出て帰ってくるまで、10日から2週間。
環境汚染と治安の悪さで、ステイ先でもホテルに軟禁状態。
メキシコもサンパウロも、あまり良い思い出がなかった。

メキシコへ飛んだのは、20年ぶりぐらいだろうか。
ユカタン半島の先端、カンクンへ降り立った。
1970年代以降に開発されたリゾート地と聞くと、
ほぼ私と同世代だと、なぜか親近感を感じる。

海の青さは格別だった。
メキシコ政府による開発規制が行われているため、
どこか垢抜けない感じがまた心地良い。

朝7時過ぎ、遅い日の出を眺めながら、
当たり前のように朝がやってくることに感謝する。

ここも同じ空の下。

37

08


There used to be a JAL flight to Mexico City via Vancouver.
When "VAN(Vancouver - MEX(Mexico City)" or "LAX(Los Angeles) - SAO(Sao Paulo)"
schedule enters, I got sad mood at once.
The schedule was from ten days to two weeks total.
Due to environmental pollution and poor security, even at the stay,
we were in a state of emergency in the hotel.
For both Mexico and Sao Paulo, I did not have very good memories.

I wonder if I flew to Mexico for the first time in 20 years.
I got off to the tip of the Yucatan Peninsula, Cancun.
When I heard that it was a resort area developed after the 1970s,
It is almost like my generation, I feel a sense of affinity for some reason.

The sea was exceptional blue.
As development regulations are being implemented by the Mexican government,
I feel comfortable to feel somewhere classic.

Seven in the morning, watching the late sunrise,
I appreciate the morning coming as usual.

Here also under the same sky.

45



海外永住 ブログランキングへ "

57
Next

下記店舗で御購入いただけます。
どこかで光を探している方に、届きますように。
ぜひお手に取ってお読みいただけたらと思います。

紀伊国屋書店ニューヨーク店
1073 Avenue of the Americas
New York, NY10018

ハナミズキカフェ
143 West 29th Street
New York, NY10001

写真 2017-12-21 10 34 36


My book can be purchased at the following stores.
To those who are looking for light somewhere, I hope they reach it.
Please take this opportunity to read it.

Kinokuniya Book Store New York
1073 Avenue of the Americas
New York, NY10018
Kinokuniya Book Store Official Website

HANAMIZUKI CAFÉ
143 West 29th Street
New York, NY10001
HANAMIZUKI Cafe New York Official Website

写真 2018-01-03 17 23 42



海外永住 ブログランキングへ "
Next

ここ2年ぐらい、ニューヨークの冬はどこかに隠れていた。
秋がゆるっと寒くなったせいで、先月まで油断していた。
これがニューヨークの冬、本来の姿。

1年のうち8か月は「今日も寒いね」という挨拶を交わす街。
なぜこんなにも住みにくい街が、世界の中心なのだろうと思う。

でも、ニューヨーカーは元気なのだ。
全身を覆う分厚いダウンジャケット、スノーブーツ。
完全防備で出かける。ちゃんと仕事をしている。

やっぱりすごい街だなと思うけれど、
私は少しだけ、冬眠していたい。

写真 2018-01-05 11 58 04


For the last couple of years, the winter in New York was hiding somewhere.
I had forgotten such a cold weather until last month because fall was mild.
This is New York 's original winter.

During 8 months of the year, people give greetings saying "Today is also cold."
The city that is hard to live so much is the center of the world.

New Yorkers have great energy.
A thick down jacket covering the whole body, snow boots.
They go out with complete defense, and working hard.

Though it is a wonderful city,
I just want to be hibernating for a while.


海外永住 ブログランキングへ "
Next