Blog

05-29-12 001


5月28日、メモリアルデー。
南北戦争以降、兵役中に亡くなった米国の兵士、戦没将兵を追悼するために制定され、米国では夜明けから正午まで星条旗の半旗を掲げて哀悼の意を表す。
政府の政策で国民の3連休を増やすために現在「5月の最終月曜日」に定められたメモリアルデーは、「夏の始まり」を告げる日でもあり、人々は墓参りやスポーツイベント、ピクニックなどの家族行事などに出かける。

我が家もこの日は友人宅のバーベキューに招かれて出陣。
肉、肉、魚、肉、肉、魚。
最後の締めは薬味沢山の御素麺。
気温31度、一気に夏の気分が盛り上がっていく。

9月のレイバーデーが「夏の終わり」を告げると、子供達の新学期が始まり、あとはハロウィン、サンクスギビング、クリスマス。
一年の終盤は忙しい。

05-29-12 004

05-29-12 005


May 28th was the Memorial Day.
Since the Civil War, it has been enacted in order to commemorate U.S.
soldiers, who died in military service, the war dead soldiers.
In the United States, people raise the flag at half-staff of the Stars and
Stripes to represent the condolences from dawn until noon.
Memorial Day stipulated in the current "last Monday of May" in order to
increase the three-day weekend of the people in the government policy.
It is also said the "beginning of summer."
People attend to the family events, such as sporting, to go grave and picnic.

This day, we were invited to my friend's house for BBQ.
Meat, meat, fish, meat, meat, fish.
The last tightening was Somen, Japanese noodle, with many kinds of
garnish.
The temperature reached 31degrees Celsius, and the lively mood of the
summer was getting higher.

The Labor Day in September will announce the "end of summer", children will begin the new semester.
After it there will be the Halloween, Thanksgiving, and Christmas.
People will get busy towards the end of the year.

05-29-12 006

05-29-12 021
Next

019

日本へ行く機内で映画「麒麟の翼」を見た。
邦画を見るのは久しぶりだったが、父が息子に残したメッセージは心に響いた。
「勇気を持て」「真実から逃げるな」「自分が正しいと信じたことをやれ」

20年以上も前から恋い焦がれていた金環日食の天体ショーを目前にした時、本当は逃げ出したいくらい怖かった。
もし奇跡が起こらなかったら、私はこの先いったい何を想い描いていけば良いのだろうか。
もし思いが伝わらなかったら、その先の未来はどこに向かっていくのだろうか。
神様、私に勇気をください。何度も繰り返したこの言葉と、冒頭の台詞が重なった。

2012年5月21日。世紀の瞬間に立ち会えたことに、感謝。
思えば叶う。信じて前に進んでみよう。
2030年北海道で、また奇跡が待っていると信じたい。

020

I watched the movie "The wings of giraffe" on the plane flying to Japan.
It was rare chance that I see the Japanese movie, but the message that
was left to son from father was echoed in my heart.
"Be brave."
"Face up to the truth."
"Do what you believe is right."

When I was going to see the show annular solar eclipse that I had been
dreaming more than 20 years, I was very scared and really wanted to run
away.
If the miracle won't happen, how will I figure the future?
If I won't tell my heart to someone, where will the future go towards?
The words "God, please give me courage.", that I repeated again and
again before, overlapped with the three sentences of the movie.

I thanked I met the moment of the century on May 12th, 2012.
I think some strongly to come true.
Let's believe and move forwards.
I believe that another miracle is waiting for us in Hokkaido in 2030.

P1080584

                         掲載写真の無断転載を禁じます。


Next

DSC04256

DSC04250

5月第2日曜日、母の日。アメリカ人は「母の日」をとても大事にする。
実家離れて暮らしていたとしても、できる限り母と一緒に食事をしに行ったり、電話をして「ママ、愛しているよ」と伝えたり、念入りに探して手に入れた贈り物を届けたりする。

今年の母の日、気温が一気に上がってセントラルパークは大賑わいだった。
芝生の上でピクニックや日光浴を楽しむ人々。
ジョギング、サイクリング、パフォーマンス。
こんなに多くの人達が、冬の間はいったいどこで週末を過ごしていたのだろうかと驚いてしまう。

摩天楼の間に広がる、緑溢れる公園は、人々のエネルギーで満ち満ちていた。
こうしてまた、人々は熾烈な一週間を生き抜いていくのだ。

DSC04258

DSC04252

DSC04248


Americans think the "Mother's Day", Second Sunday of May, is very
important.
Even if they live apart from home, they go to see their mothers to have a
lunch or dinner as much as possible, or they call them to say “ I love you,
mom" on the phone , and they ask to deliver the gifts that are placed in
hand looking closely to.

On the Mother's Day of this year, Central Park was a large bustle with
temperatures rising.
People enjoyed the picnic and sunbathing on the lawn, jogging, cycling
and performance.
I wondered where so many people have spent the weekend during the winter.

Beautiful Park with green, spread between the skyscrapers, was full to the
brim with the energy of the people.
Take a deep breath of the weekend.
Thus also, People are going to survive the fierce one week.

DSC04267

2

4



Next

ニューヨーカーがごく普通の週末を過ごしている頃、大型連休を満喫している日本の友人達から「今夜は東京の街が一段と明るいよ」とメッセージが届いた。
地球の周囲を楕円形の軌道で回っている月が、地球に最も接近した時に満月を迎えると「スーパームーン」になる。
NASAの報告では、通常の満月より大きさが14%、明るさが30%も増したという。

すでに夏時間の米国では、夜8時半を過ぎてようやく辺りが暗くなる。
夜景が明るすぎて、なかなか月が主役になれないマンハッタンの街中で、煌々と輝くスーパームーンの美しさには惚れ惚れした。

太古の昔から、人々はこうして夜空を見上げて、明日への希望を奮い立たせていたのだろう。
地球はひとつ。空の向こうに想いを馳せた。

写真

During New Yorkers have spent the weekend ordinary, I have received the
message from my friends in Japan, who have been enjoying the long
vacation called Golden Week.
"The city of Tokyo looked more bright tonight."

When the moon, spinning oval track around the Earth, comes the full moon at the closest to the Earth, it becomes a "Super Moon."
According to NASA's report, it increased 14% of size and 30% of brightness than the normal full moon on May 6th.

In the United States with daylight saving time, it finally becomes dark after 8:30pm.
Usually, the moon is not quite familiar to the leading role on the streets of Manhattan since the night scene is too bright.
But I adored the beauty of the "Super Moon" shining brightly last night.

From the immemorial, people looking up at the night sky this way, with 
inspired the hope for tomorrow.

The Earth is one.
I hope you will receive my feelings to the other side of the sky.

写真2


Next

不意に親しい友人を亡くして以来、いつも心に思うのは「会いたい人には、会えるときに会う」こと。
メールやインターネットの普及で、バーチャル再会が当たり前のようになった昨今だからこそ、リアルで面と向かい合うことの大切さを痛感している。

重田みゆきさん。日本各地と世界を駆け回り、講義や講演の準備に睡眠時間の確保もままならないほどの忙しさ。
それでもなぜか「待ってました」とばかりにピンポイントでスケジュールが合致してしまう不思議な御縁。
前回お会いした時も、笑って笑って笑って、幸せのエネルギーをたくさんチャージしていただいた。

先週末、我が家でちょっとした事故が発生した。
幸い大事には至らなかったけれど、救急病院で不安な数時間を過ごした時は、たまらなく心細かった。
「大丈夫?」日本からの国際電話。
みゆきさんの第一声に、それまでの緊張感がプツンと音を立てて切れた。
日本語がこんなにも優しくて温かいものだと今さらながらに感動する。

溢れだす涙と共に、不安な気持ちを一気に吐き出した。
もう大丈夫。
自分が辛い時こそ、人に強さと優しさを与えることができますように。
夜空を見上げ、新しい朝を迎えられることに感謝しよう。

DSC04122

Since I lost my close friend unexpectedly, I always think in mind, "Try to
meet people that I want to see, if I have a chance."
Virtual reunion is getting easy because of the recent spread of the Internet
and e-mail.
So I have been keenly aware of the importance of real-facing surface.

Ms.Miyuki Shigeta is busy ensuring, to spend the preparation of lectures
and lecture, around Japan and the world.
But our mysterious edge always fit our busy schedule to meet.
When I met her last time, with laughing, laughing and laughing, I was
charged a lot of energy and happiness.
Last weekend, an unexpected accident has occurred in my family.
Fortunately It did not result in important, but I was very nervous and lonely
when I spent a few hours of anxiety in the emergency hospital.

"Are you OK?” The first call was by Miyuki from Japan.
My sense of tension has been melted by her voice.
I have impressed a fresh so much gentle and warm of Japanese words.

Overflowing with tears, I spit at once feeling insecurity.
Now I am all right.
I would try to give people my strength and tenderness when I have own
painful.
I thank to try to look up at the night sky and greet a new morning.

Next

DSC03801

DSC03798


1997年、JAL初めての試みとして「メンバーの全員がソムリエ有資格者」というユニークなグループが編成された。
私は当時「ジュニアの二人」の一人であったが、優秀な先輩達に支えられて、かけがえのない経験をさせていただいた。
乗務担当したフライトでグループ独自のサービスを提供したり、滞在先では美味しい料理とワインを求めて世界各地のレストランを探索したり、まさに古き良き時代の思い出がぎっしり詰まった一年であった。

社内外的に注目される部分が多い分、当時のチーフや各メンバーには様々なプレッシャーがのしかかり、業務外でこなさなければならない仕事を含めて負担も少なくはなかった。
しかし苦労しただけメンバーの結束は固く、グループ解散後も互いに連絡を取り合ったり、数年に一度は皆で美味しいものを食べに行ったりする機会があったりしたのは、あのグループに所属できたからこその醍醐味であった。

日本を離れて久しい私にとって、メンバーが一堂に会する機会に遭遇できたのは奇跡に近い。
美しきお人柄、美しき仲間と過ごす、美しき時間。
15年の歳月を経て、ますます魅力的に輝いて見えた先輩達。
当時のチーフの年齢を超えてもまだまだ未熟な自分を顧みる。
人生の目標がここにまたひとつ。

DSC03802


A unique group, "all of members qualified sommelier", had been organized
in 1997, as the first attempt of JAL.
I was one the "two of Junior" at the time, but I had irreplaceable
experience, supported by my excellent senior.
We provided our own service in the flight, and explored the restaurants
around the world in search of delicious food and wine.
It was a year with a lot of memories of Good old days.

Since we had attention by internal and external, a variety of pressure
weighted to each member and chief at the time.
We were burden, including the work should digest the outside business.
But with a hard time, the unity of the member was very firm.
We had contact each other even after the dissolution of the group, and
sometimes had the opportunity to meet to go out together.
It welcomed from belonging to that group.

I left Japan for a long time ago, but I was able to encounter the opportunity
to gather to members together in a miracle.
I spent the beautiful time with the beautiful personality and companions.
Members looked shining more and more attractive after it passed 15 years.
I beyond the age of the chief at the time, but I looked back myself, still
immature.
One goal in my life is also here.

DSC03816


Next

DSC03971

DSC03974


京都の道を歩く。
松林を抜けて見下ろす古都の街、桜の花びら舞う哲学の道。
映画のワンシーンのような美しい光景に、自分がどれほどこの国を愛しているのかをしみじみ想う。
ここから生まれた日本の歴史と文化をしかと胸に刻み、日本人の誇りを持って生きていこう。

故郷は遠きにありて思ふもの。
もっと強く、もっと優しくならなければ。
花筏漂う水面を見つめながら、涙が一粒こぼれた。

DSC04032

DSC04040

DSC04078


I walked down the street in Kyoto and overlooked the ancient capital city
through the pine forest.
The road of the philosophy was filled with falling cherry-blossoms.
I thought heartily how much I loved this country at the sight of such a
beautiful scene from a movie.
I have to go live with the pride of Japanese, thinking of the history and
culture of Japan that were born from here.

Home is where heart is.
I want to be more strongly and gently.
Staring at the surface of the water drifting flowers raft, my tears spilled
grain.

DSC04092

DSC04096
Next

DSC03789

家庭の事情で、急遽日本行きを敢行。
桜の美しい季節に日本に帰るのは、実に11年ぶりであった。
自分の任務に複雑な事情があっただけに、あえて周囲に伝えないまま帰国したが、タイミング良く母校で開催された花見会に飛び入り参加することができた。
当時の学び舎は全面的に改築されていたが、授業を抜け出して潜んでいた部室や、友人達とはしゃいで落ちた小さな泉は相変わらずで、高校時代の無垢な気持ちを思い出させてくれた。

たかが花見会とはいえ、幹事を引き受けてくれた方々の見えない尽力を想う。
四半世紀ぶりに再会する多くの同窓生達が、短い時間のなかで童心にかえって和やかに過ごすことが出来たのは、彼らの綿密な企画力のおかげ。
普段仕事でその役回りばかりしている私には、裏方の苦労ばかりが見えてきてしまったけれど、それに気づかぬふりをして楽しむのもゲストの役割。

こんな素敵な仲間達との再会を果たせたことに感謝しつつ、改めて、日本の魅力を再確認した今年の春。

0408212


I went back to Japan in a hurry because of family circumstances.
Going back to Japan in the beautiful cherry blossom season, was really the
first time in 11 years.
Since there was a complex situation to my own mission, I returned home
without the surrounding dare to tell.
But I was able to participate jumped into flower-viewing party that was held
at my high school in a timely manner.
The building at that time had been renovated completely.
But there still was the club room where I lurked in breaking out of the
class, and the small pond where I dropped into by playing with friends.
They reminded me a feeling of innocence of high school age.

I thought there was the uncountable effort by the staff that the guest
could not see.
Many alumni reunited for the first time in a quarter-century.
But thanks to their careful planning ability, we were able to spend in a
friendly atmosphere among the naivety rather to a short time.
I had just seen the struggle behind the scenes since I usually had a role to
work as a producer, but I enjoyed pretending not to notice it then as a
guest role.

Thanks to this great opportunity that I had a chance to reunion with such a
wonderful old friends.
At the same time, the spring of this year, I was reaffirmed the charm of
Japan again.

Next

DSC03761

DSC03731

DSC03730

10年来親しくさせていただいている御家族が暮らすキャッツキルの家で週末を過ごした。
ストレスの多いマンハッタン生活から脱け出して、山と川に囲まれた自然の中で過ごす時間は格別の息抜きとなった。

長年ニューヨークを舞台に世界の第一線で御活躍されるアートディレクター・グラフィックデザイナーの浅田克治氏が20年前に建てた通称「浅田屋」。
ホテルやインではなくて、あくまでも御家族が普通に日常を過ごす「家」である。
ニューヨーク郊外のキャッツキルという土地に魅了された克治氏が8年かけて構想し、その間は週末ごとにテントを張ってこの土地で過ごした。
建物に入る光の角度、部屋の配置、家具、設備、素材、食器、そして間の取り方。
すべてにこだわりを貫き通した究極の家は、いわゆる「郊外暮らし」のイメージを一新させられる。

訪れるたびに驚くのは、すべての調度品がまったく同じ顔をしてそこに居座っていること。
建物内部のテーブル、ソファやランプの角度も、いつ見ても1ミリも動いていないかと思うぐらい完璧だった。
克治氏曰く「好きな物だけに囲まれる暮らしを実現して20年、新しいものは何一つないし、何もほしいものはない」。

朝の光を背後から浴びて光り輝くように置かれたグラス類、一日の終わりには西側のデッキに出てビールを片手に夕日を眺める。
冬はスキー、春夏は川釣り、秋にはたくさんの収穫物。
ハリケーンの影響で広大な庭の木々が倒壊すれば手入れをする。
増水した川土手が流れて土地が減ってしまっても、すべてを自然のままに受け入れる。

そこまで完璧な空間なのに、心ゆくまで寛げるのは、ひとえに克治氏と奥様(有希さん)のお人柄、そして段取りの良いおもてなしのおかげ。
御夫妻にお会いしたいと、夜中に突然人が訪ねてくることも少なくない。

究極のライフスタイル。これこそが贅沢の極み。
いつか私も。

IMG_3694

IMG_3699

L1131319


I spent the weekend at home of my old friends family in Catskill, upstate of New York.
Escaped from stressful life in Manhattan, Spent time out in nature
surrounded by mountains and rivers, became a very special break.

This house called "Asadaya" was built 20 years ago by Mr. Katsuji Asada,
art director and graphic designer, to be active role in the world to the
forefront of New York stage for many years.
It is not a "Inn" or "Hotel", but a "home" where family spend the
day-to-day.
Mr. Asada was attracted to land of Catskill, he convinced and designed
this house over eight years, during which he spent in this land every
weekend in a tent.

Each time I visit there, I was surprised that all the furnishings were there
exactly same as before.
The angle of table, sofa and lamps has never changed even little in the
house.
Mr. Kastuji says, " I achieved a life surrounded by the only my favorite.
There is nothing new, and I don't want to get anything new."

Glassware was placed as bathed in morning brilliant light from behind,
and we watch the sun in one hand a beer out on the deck of the west at
the end of the day.
Skiing in winter, River fishing in spring and summer, Natural harvest in
autumn.
If trees in the vast garden collapsed under the influence of Hurricane, he
cares for them.
If the land of river bank reduced by freshet of river, he accepts all pristine.

Thanks to solely good personality of Mr.Katsuji and his wife, Ms.Yuki,
and hospitality arrangement, guest could relax to their heart's content in
such a perfect space.
Friends sometimes come to visit suddenly in the middle of the night since
they want to see them.

The ultimate lifestyle.
This is exactly the extremity of luxury.
I wish I get it someday.

L1131323

L1131326


ASADA DESIGN
掲載写真の無断転載を禁じます。
Next

3


今年は雪がほとんど降らず、例年に比べてずっと過ごしやすい冬だった。
大雪が降った後の除雪作業の素早さにはいつも圧倒されていたけれど、側道に雪が積もったまま春を迎えることが多いニューヨークが、東京より先に桜の便りを伝えてしまうのは何とも不思議な感じ。
温暖化の進む地球、いったい何が起こっているのであろうか。

今週は一気に気温があがり、セントラルパークにも春がやってきた。
満開の桜並木をくぐり抜けながら、また日本を想う今日この頃。

7

There not had much snow in this year, we had mild winter much more
pleasant than usual.
New York is often greet the spring while snow piled up on the road side, and I had been overwhelmed the rapidity of removing snow after heavy snow.
But this year, I feel indescribably strange that I would convey the news of
flowering cherry before Tokyo.
What will advance exactly what is going on with global warming?

This week, spring has come to Central Park in Manhattan.
I always think of Japan while I go through the row of cherry blossom trees
in full bloom.
Next

19


日本中の誰もが忘れられない日となった3月11日。
1年前のこの日、日本中の誰もが半年後どころか数か月後のことさえ予測のつかない、不安な気持ちでいっぱいであっただろう。
命を落とされた数多くの方々とその御家族、被害に遭われた多くの方々が今なお復興への道を辿っていらっしゃることを想うと、無念でならない。

9年前の同じ日、故郷遠く離れたニューヨークで、私は孤独だった。
数え切れないほどの疾患を持って生まれた我が子を抱きかかえ、途方に暮れて、生きる気力さえも失いかけていた。
先の見えないトンネルを彷徨い、寝食を忘れ、どうやって生きていたのかすら記憶にない。
それでも時間が流れたのは、遠く離れた故郷から、そして近くにいる米国から、小さな愛の片鱗をひとつひとつ確実に受け取ることができたから。

昨年の3月11日、私はまた途方に暮れた。
壮絶な映像を映し出すテレビ画面は映画のワンシーンのようだった。
故郷がなくなってしまうのではないかという焦燥感。
眠れない夜を過ごしながら、自分の無力さを感じていた。
故郷を離れている私に、今ここで何が出来るだろうか。

あれから1年という時間が流れて、少しずつ日常を取り戻し、今という時を過ごしていることが、どれほど幸せなことか、日本中の誰もがかみしめているに違いない。
絶望の淵に立った9年前を思い出し、何とか生きる希望を持てた自分の足跡を懐古する。
今こうして前を向いて生きていられることが、どんなに幸せなことか。
当たり前という常識のなかでしか生きられないと思ったあの頃から、少しは成長できただろうか。

震災で犠牲になられた数多くの方々の御冥福をお祈りいたします。

そして愛する娘に、
お誕生日おめでとう。

18

“March 11th”, an unforgettable day for everyone in Japan.

On this day one year ago, everyone in Japan was in the feeling of anxiety.
People would have been thought of unpredictable even after a few months
let alone six months later.

I have been bitterly chagrined thinking many victim people and their families.
And large numbers of people who have damaged their lives has come and
follow the road to recovery even now.

On the same day nine years ago, I was lonely in New York far away from
hometown.
Holding my daughter born with the disease of countless, I had been losing
energy even for living.
I forgot to eat and sleep since I was in the tunnel without the light.
Even I didn't remember how I was alive.
The time has flow, along with I could receive a glimpse of love from both my hometown and the United States.

On March 11th of last year, I also was at a loss.
TV screen video that reflected the disastrous scene was like a scene from a movie.
I was frustrated that my hometown would disappear.
While spending a sleepless night, I was feeling the powerlessness of my own.

After one year, we regained the everyday little by little.
No doubt, everyone in Japan might feel happy that we are now.
Recall nine years ago I stood on the brink of despair, I had nostalgia in the
history of my hope for living somehow.
From those days that I thought I could live only among the common sense, have I grown a little?

I sincerely pray for the large number of sacrificed people in the earthquake.

And then,
Happy Birthday to my dearest daughter.
Next

mill-3

大阪にある父方の実家は、祖父の時代からメリヤス工場を営んでいる。
安い中国製品の導入により、メリヤス工場の需要は現在ではすっかり縮小されてしまったが、私が幼少の頃は、それなりに大きな工場が近所にもたくさんあった。
大きな裁断機やたくさんのミシンが置かれた工場は、まるで体育館のように広かったし、2階には工員さん達の下宿する小さな部屋がたくさん。
迷路のように長く続く廊下は、子供達にとっては格好の遊び場であった。

自由奔放で我が儘したい放題の祖父が会社を興したが、朝から晩まで灯火のもとでミシンを踏み続けた祖母の支えがなければ、今の私も生まれてはいないだろう。
明治生まれの祖母は、辛いことがあっても決して人前では泣かない、箪笥の陰でこっそりと泣く「明治の女」だった。
お正月は大阪で過ごすのがかつての我が家の慣習であったが、祖父が他界した後、私達家族は東京で新年を迎えることが多くなった。
いつも姉弟や従兄弟達と共に行動していた私にとって、祖母と二人きりで過ごした思い出は数少ない。

ある夏、工場で働く祖母を陰からのぞいていると、彼女が手招きをした。
「おばあちゃんはな、小さい頃からずーっとミシンを踏んでいたんや。だから、孫達に伝えられることなんて何もない。でもハサミの使い方だけは教えてあげられる。」
「ハサミがよう切れんかったら、あかん。仕事はちっとも進まへんよ。裁縫も料理もおんなじや。刃物だけは、ええものを使いや。」
「おばあちゃんはな、仕事で贅沢は言わへんけれど、ハサミだけは、ちょっとだけ贅沢してええ物を買うてるんよ。美香ちゃん、ひとつあげるわ。内緒やで。」

祖母は3年前に他界、97歳の大往生だった。
箪笥の陰でこっそり泣く一方、頑固で強靭な芯を持っているのも明治女の気質だったのかもしれない。
良い物は時代を超える、祖母が教えてくれた。
明治生まれの祖母が愛用した糸切りバサミは海を渡り、時を超えて、30年以上も私の傍で働いてくれている。

我が家の小さな家宝の物語。

DSC03530

DSC03531

Paternal family home in Osaka, runs a knitting mill from the age of my
grandfather.
With the introduction of cheap Chinese products, the factory had been
completely reduced.
But there were a lot of big mills in the neighborhood when I was childhood.
The factory with the big cutting machine and a lot of sewing machine was
as wide as the gymnasium, and there were some extra rooms for the
workers on the second floor.
Long corridor was like the maze, and it was as if the playground for children.

My grandfather, selfish free-wheeling man, established his company
before, but if there was not grandmother's continued support stepping on
the sewing machine under the lamplight from morning till night, I was not
here.
My grandmother was born in the Meiji Era, and did not cry in front of people
if she was even in painful.
She was a "woman of the Meiji Era," secretly cry in the shade of a chest of
drawers.
We had a convention of former home to spend the New Year in Osaka.
But after our grandfather died, our family got a lot to welcome the New
Year in Tokyo.
I was always acting for my sister, brother and cousin together, so my
memories spent alone with my grandmother were very few.

One summer, when I was watching my grandmother working in the mill
from the shadow, she was beckoning me.
"Come on here, Mika. I had stepped on a sewing machine from childhood.
So, I have nothing to teach you, my grandchildren." she said.
"But only I can tell you how to use the scissor."

"If you use a bad scissors, everything won't go well.
Both cooking and sewing are same.
Just use the good cutting tool."
"I do not say to a luxury in my work.
But for only scissors, I have to buy the best one.
I'll give you one little luxury in secret."

My grandmother passed away three years ago, 97-year-old was a large
death.
Meiji women secretly dropped the tears behind the chest of drawers, but
other hand, they might have mind of a stubborn and tough core.
She taught me that Good thing live more than the age.
The thread trimming scissors, which was loved by my grandmother, born in
Meiji Era, crossed the sea beyond the time.
It's still working by my side more than 30 years.

This is the story of a small treasure of my family.


Next

写真

bonbon4

日本から海を越えて、心温まる贈り物が届いた。
高校時代の同級生が、一針一針心をこめて編んでくれた手作りのボンボンマフラー。
モコモコとした手触りと気の利いたボタンの配置、計算され尽くされた機能美にうっとりする。

茨城県つくば市で農業生物資源の研究にいそしむ今泉温子さん。
大震災後の原発事故で、研究者達が次々に関東地区を離れていく姿を目の当たりにしたものの、自ら冷静にリサーチを進め、家族と一緒につくばでの「日常」を保ち続けた。
彼女独自の報告書を読んで、私達同級生はどれほどの勇気を与えられたことだろう。

「被災者」側の立場にあるはずの彼女が、昨夏からコツコツと編み物を始めた。
やがて訪れる寒い冬を前に、被災地の子供達にあったかマフラーを贈りたいという試みだった。
仕事と子育てに忙しいはずの毎日の中で、少しずつ作品の山が大きくなっていく様子を見ていた同級生が一人、また一人と声をあげた。
彼女の呼びかけはついには海をも超え支援活動は国外へと波及した。
そして12月、彼女のもとから60本のマフラーと144個のクリスマスオーナメントが、そして国内外の同級生達からも箱いっぱいの手作りオーナメントが被災地へと贈られた。
家を失い、家族を失った子供達に、小さな希望の灯りがともりますように。
彼女達の行動力に、私は頭が下がる一方だった。

震災後に「絆」という言葉がもてはやされているけれど、一人一人が心地よい距離感を保ちながら絆を紡ぐことの大切さを、彼女の偉業に改めて教えられた。
あの日から、まもなく一年。
今ここで出来ることをやる。その想いは根強く変わらないけれど、自分自身がもっと進化していかなくてはならないと痛切に感じている。

おんこちゃんのあったかマフラーのおかげで、ニューヨークの寒い冬も乗り越えられそうです。
被災地の子供達にも、大きな愛が確実に伝わっていることでしょう。
がんばれ日本。がんばれ私達。

bonbon7

Dec31

bonbon8

Heart-warming gift, Bonbon muffler that my classmate in high school
knitted by hand, had arrived from Japan across the sea.
Look at the very soft and tender texture, the witty and flaky button.
I admire the functional beauty that has been exhausted is calculated.

My friend, Ms.Haruko Imaizumi, Agrobiological Scientist, diligently study
her research in Tsukuba, Ibaraki Prefecture.
In the nuclear accident after the earthquake in Japan, her co-worker, the
scientists went off the Kanto region to the other.
But she decided remaining to keep "as usual" in Tsukuba along with her
family, promoting research herself in calm.
We, her classmates, got the huge courage by reading the report of her own.

Though she might be in the position of the "victims", she began knitting
steadily from the early summer last year. She was to attempt to give the
muffler to the children in the disaster area, before the cold in winter.
Though she was supposed to be busy with work and child rearing every day,
the results of the work had grown little by little.
Classmates had a look at how she did, and joined to support her little by
little.
Her support activities finally spread to the sea beyond.
Her 60 scarves and 144 Christmas ornaments were gifted to the disaster
area in December.
Many handmade ornaments from our classmates were followed there.
We want the children who lost their homes, lost family members, to have
the light of small hope.
I was impressed with their ability to act that always reminded the word
"LOVE".

The word "Kizuna, bonds" has been touted after the earthquake, but I was
taught anew by her feat,; the important thing to connect "bonds" was to
keep a feeling of distance ties each person feels comfortable.

Unforgettable date is coming soon, after one year.
I do my best that I can do here now.
My deep-rooted wish has never been changed, but I keenly feel that I have
to evolve myself more and more.

Thanks to her heart-warming muffler, we are likely to be overcome the
cold winter in New York.
Also the children of the affected areas should have received the great
LOVE.

bonbon3

Aug23

syusyu

Nov12
DSC03166
Next

NFLスーパーボウルでニューヨークジャイアンツが劇的な逆転勝利をおさめた。
我が家の前の通りでも、熱狂するニューヨーカーの叫び声とパトカーや救急車のサイレン音が深夜遅くまで響き渡っていた。

マンハッタンのシンボル、エンパイアステートビルディングは1931年に竣工。
2011年9月11日に米国同時多発事件でワールドトレードセンターが崩壊してから、再び「ニューヨークで最も高いビル」として、その展望台は年中観光客で賑わっている。
ニューヨーカーにとっては、オフィスビルとして、また地上波テレビ各局の電波塔として、毎日お世話になっているまさに「街の顔」。
夕暮れ時からビルにはイルミネーションが灯り、昼間とは違った様相を見せてくれる。
今夜はビルがどんな色に染まるのか、それは私達にとって楽しみのひとつでもある。

きっちり年間計画が決められているライトアップスケジュールだが、昨年は突如予定を変更して、震災後の日本を応援したり、なでしこジャパンの勝利を称えたりしてくれた。
この粋なはからいと心憎い演出、さすがニューヨークと感嘆せざるをえない。

ジャイアンツの優勝を称えて、明晩までは青色のライトアップが続く。
熱狂するニューヨーカー達の熱い夜は、まだしばらく続きそうだ。

ちなみに「ニューヨークで最も高いビル」の称号は、来年完成する新ワールドトレードセンターに再び譲られる予定である。

エンパイアー

New York Giants had won a dramatic come-from-behind victory in the NFL
Super Bowl.
The enthusiasm of New Yorkers screamed on the street in front of our
apartment.
The siren of patrol and ambulance had resounded till midnight.

Symbol of Manhattan, the Empire State Building was completed in 1931.
From the collapse of World Trade Center in the case of multiple
simultaneous
U.S. on September 11, 2011, it became "the tallest building in New York"
again.
The observatory is bustling with tourists all year round.

For New Yorkers, it is indebted every day, as an office building, as the radio
tower of terrestrial TV station, as it is just the "face of the city.”
The building illumination lights from the dusk, and it shows the different
aspect during the day.
It is also one of the fun for us which color the building would be dyed
tonight.

Light-up schedule, the annual plan has been determined exactly, but it had
a chance to be changed suddenly.
Last year, it was colored as Japanese color, to support after the earthquake
in Japan, or honor the victory of the Nadeshiko Japan.
We truly admire New York for this nifty arrangement and attentive produce.

In honor of the victory of Giants, it is followed by the blue light up until
tomorrow night.
New Yorkers crazy hot night is likely to continue for a while yet.

Title of “the tallest building in New York” is scheduled to be ceded back to
the new World Trade Center to be completed next year.

Next

写真-3

DSC03507

DSC03494

ニューヨークでは1月16日から2月10日までレストランウィークを開催中。
普段はなかなか行くチャンスのない高級レストランを試す絶好の機会と、ニューヨーカーは予約の電話をするのに余念がない。

レストランウィークの歴史は1992年にさかのぼる。
民主党全国大会開催を歓迎するニューヨーク市のイベントとして96店のレストランが参加、ニューヨーク市民と大会参加者にニューヨークの外食産業を紹介する絶好の機会となった。
今シーズンはレストランウィーク20周年を記念して、20日間の長期に渡って開催されている。
3コース(前菜、メイン、デザート)のプリフィクスメニューをランチ24.07ドル、ディナー35.00ドルドルで楽しむことができる。
「24時間週7日眠らない街ニューヨーク」にちなんで24.07ドルというユニークな発想は何とも米国らしい。

イタリアン、フレンチから和食、インド、タイ料理まであらゆるジャンルから、いわゆる中級クラス以上に評価される300以上の店舗が参加している今シーズン。
かつては「特別価格で食せるなら、よりレベルの高いレストランを訪れるべき」と言われていたが、高級レストランでは期間限定で人件費を削るわけにもいかず、年々、料理の原価を下げるしかないというのが現実らしい。
となると、やはりお味の方は「期待ほどでもない」という厳しい意見も致し方ない。

普段はお目にかかれない高級店の雰囲気やインテリアを楽しむ目的であれば、ぜひオススメです。

DSC03493

DSC03492

Restaurant Week in New York is being held from January 16th until
February 10th.
New Yorkers are very busy to make reservation with the fine restaurants.

Restaurant Week debuted in 1992.
It was developed as one-time culinary event to welcome the Democratic
National Convention to the city.
With 96 participating restaurants, it was a great opportunity to introduce
the restaurant industry in New York for both Convention Attendees and
New Yorkers.

This season, in honor of the 20th Anniversary, New York Restaurant Week
is held over a long period of 20 days.
We can enjoy Lunch@$24.07 and Dinner@$35.00, with three courses
(Appetizer, Main Entree, and Dessert) as a pre-fix menu.
The price of $24.07 is the unique idea, "New York city that never sleeps
24 hours/7 days a week"

More than 300 so-called middle class restaurants to be evaluated from all
genres, Italian, French, Japanese, Indian, Thai and so on, have been joined
this season.
Once it had been told "People should visit the restaurant even higher
levels if they could try at a special price."
But recently a high-end restaurant had cut the cost of food reality, since
they could not cut labor costs for a limited time only.
Now there is a harsh opinion, "Not even as much as expected."

If you have purpose of enjoying the atmosphere and interior of the high-end
restaurants that you usually do not see, I really recommend you to try one of them.

DSC03501

DSC03499

写真-2
Next

DSC03142

DSC03140

私が育った故郷では、旧暦の小正月(一月十五日)に正月に飾った門松や注連縄(しめなわ)、書初めなどを持ち寄って一斉に焼却する「どんど焼」が行われている。
これが終わると、年末から長く続いた正月ムードが、ようやく街中からも取り除かれて、自分自身も完全に日常生活へ戻らなくてはと気持ちを引き締めるのが通例であった。

かつて一月十五日といえば「成人の日」で、三が日の和装姿に負けないぐらい、華やかな振り袖姿が街中に溢れる特別な日であった。
その日までは日本特有のだらだらとした正月気分が長々と続き、これこそが私の大好きな「日本の正月」であったのだ。

私事、年末年始を日本で過ごした。
いつもの日本出張は、ここぞとばかりに仕事の予定を詰め込んで、時差ボケに悩むこともないとんぼ返りの強行日程。
今回は10年ぶりに日本での正月を迎えられると楽しみにしていたのだが、実家で想定外の事態が勃発して、正月気分は一気に吹き飛んでしまった。
そして日本の祝日制度改定が「一月第二月曜日」に「成人の日」を定めてくれたおかげで、日本の正月ムードが街から撤退するのも心なしか早くなっていたような気がした。
日本ではやりたいことの半分もできずに、日本の家族の姿に後ろ髪を引かれる思いでいっぱいであったが、私は気持ちを切り替えて、ここでの日常を取り戻そう。

大震災後の日本を訪れるたびに、日本の底力を感じている。
街中には「がんばろう」の意気込みと「愛」の言葉があふれていた。

今自分がここで出来ること、今年も地味にやっていこうと思う。
皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

DSC03472

"Happy New Year"

At my hometown in Japan, we had "Dondo-yaki" performance at New Year
in the lunar calendar (January 15th), that people bring the New Year's
decoration, such as Kadomatsu, the sacred shrine rope, the New Year's
writing, to burn there.
After this, the end of a long-standing New Year mood, and finally dismissed
from the town.
I felt I had to go back to my own everyday completely, too.

Before, "Coming of Age Day" was on January 15th.
It was a special day in a town full of colorful kimono wearing, it reminded the
atmosphere that people wear kimono in first three days of a new year.
Until then, the Japanese unique slowly New Year's mood was continued.
This was what I loved, "the Japanese New Year."

Personally, I spent New Year in Japan.
I always travel in Japan with packed schedule of work and short stay, never
suffer jet lag.
I was looking forward to welcome New Year in Japan after 10 years I spent
it in New York.
But by the unexpected situation at my home, my new year's mood had
suddenly blown away.

Only this year, I thank the Japanese Holidays were revised "Coming of Age
Day" on "the second Monday in January" in 2000.
Since I felt like the Japanese New Year mood was soon withdrew from the
city.

I could not do my job not even half in Japan and was filled with painful
reluctance of Japan from my family, but I had to come back here.
I'm trying to switch the feelings, and regain everyday here.

Every visit to Japan after the big earthquake, I feel the strength of the
Japanese.
The city was full of "Ganbarou" enthusiasm and the words of "Love."

I would try to do my best here as same as always.
Thank you all for your support.

Next

DSC03063


我が家の目の前にある雑貨屋さんのショウウィンドウ。
繁華街から離れた静かな居住区の片隅で、普段は掃除機やら照明器具やらをゴタゴタと並べているだけのディスプレイ。
ところが毎年この時期だけは、夢いっぱいのこんな商品を並べている。
ジェットコースター、パラシュート、メリーゴーランド、スケートリンク・・・・。
手の細かい作りを眺めていると、幼い頃に父に手を引かれて歩いた遊園地の思い出が蘇る。
街の片隅のこんな場所で、まさかこんな気の利いたギフトを買えるとは思えない意外性が功を奏するのか、毎日少しずつ商品が入れ替わっている。

ホリデーシーズンのギフト商戦はピークを過ぎたとはいえ、年末のカウントダウンまではチップの書き入れ時だから、アパートのドアマンは過剰なほどにサービスをしてくれる。
彼らはこの時期だけに一年の稼ぎの半分近くを期待するらしい。
きっと目の前の雑貨屋さんも、この時期の売れ行きに勝負をかけて、渾身のアイディアを振り絞ってウィンドウを飾り付けているのだろう。
しかしその実、クリスマスオーナメントを飾るその横には、ユダヤ教のハヌッキヤー(八枝の燭台)が所狭しと並べられている。
他宗教の国だからこそ、ディスプレイにも意外と気遣いが必要なのだ。
人々も「メリークリスマス!」ではなくて「ハッピーホリデー!」と声をかけあって、この時期をやり過ごすのが通例。

皆様、ハッピーホリデー!
どうぞ素敵な年末年始をお過ごしください。

DSC03065

DSC03066


This is the general store's shop window in the front of my apartment.
In the corner of a quiet residential area away from downtown, usually they
only display alongside Lighting, Vacuum cleaner, and so on.
But only this time of year, here is full of products of dreams side by side.
Roller coaster, parachute, carousel, skating rink ... ... ....
When looking at these fine handmade products, I revive memories of the
amusement park walked with my father in my childhood.
Though it is in places like the corner of the town, many gifts are sold here.
And the items have been changed little by little every day.

Holiday gift shopping season has passed its peak, but it still the busy season
to get the holiday tips for doorman of the apartment.
They give us too much about the service, expecting nearly half of the
earnings of the year only at this time.
The owner of the general store tried to summon up the idea of the
decorating window that made win in sales over this period.
But the real, next to the Christmas ornaments, the Jewish Hanukkia (eight
branched candlestick) is a crammed alongside.
We need special care even for the window display, since here is a country
from many religions.
People don't say "Merry Christmas !" but also "Happy Holidays ! " to
withstand customary in this period.

Happy Holidays, everyone !!
I wish you all have a wonderful New Year in 2012.

DSC03070

DSC03068


Next

DSC02978

DSC02981

DSC02982

先週末、マンハッタンの街はサンタクロースによってジャック(占領)された。
どこから湧いてくるのか分からないというほど、どこもかしこもサンタだらけ。
赤い帽子と白い髭をつけた正統派から、ピンクのガウンに緑のピタピタタイツというちょっと変わったサンタまで、街中が大騒ぎでサンタクロースを迎えていた。

「サンタクロースになりきって楽しもう」数年前からインターネットの呼びかけで始まった「Santa Con」イベント。
現在32か国、228か所での開催がリストされている。
初めての年は、街中でタクシーに乗り込むたくさんのサンタクロースを見て、
ぎょっとしたものだが、今ではもうすっかり定着したイベントとして、街中が
「偽サンタクロース」の大移動を微笑ましく見守っている。
米国人は、童心に帰って遊ぶのも好きだけれど、それ以上に、コスチュームが
大好きな文化なのだと改めて思う。

クリスマスの夜にトナカイに乗ってやってくるはずのサンタクロースが、今では
髭もつけずにUGGのブーツを履いて、地下鉄に乗っている。
夢見る子供達への悪影響だけが、ちょっと心配だけれども、日本でも東京と
沖縄での開催が決定しているようだ。
「偽サンタクロース」の登場が市民権を獲得する日も近い?!

ちなみに、イースター近辺には「Bunny Con」、夏の日の「Pirate Con」。
どこまでもなりきることが肝要だ。

DSC02986

DSC02983


Last weekend, the city of Manhattan was occupied by many numbers of
Santa Claus.
Everywhere was covered with Santa, though I did not know where they
came from.
Many kinds of Santa, with a white beard and orthodox red hat, with green
tights in pink gown, were greeted with excitement by the people in the city.

"Enjoy becoming Santa Claus'
That was the "Santa Con" event that began in the last few years via
Internet.
Currently 32 countries with 228 locations are listed.

The first year, I was surprised to see a lot of Santa Claus get in a taxi on
the street.
But now firmly established as the one special event, people welcome the
"Fake Santa Claus" in the city.
American people like to play with Naivety, and also they love the costume
culture.

Santa Claus, who is supposed to come on reindeer ride at the night of
Christmas, now rides a subway wearing UGG boots even without beard.
I'm worried a little about negative impact to dreaming children, but it seems
to have decided to be held in Tokyo and Okinawa in Japan.
"Fake Santa Clause" will win to get their citizenship in Japan soon.

Incidentally, the "Bunny Con" will be held at Easter and the "Pirate Con"
will be in summer.

DSC02976


Next

snowman

Cat

Rame

Tree


街中のカフェや地下鉄の中で声をかけられることがある。(女性限定)
「あなたの爪、とっても綺麗。どこの店に行っているの?」
私は胸を張って答える。
「日系のサロンに行けば、どこでもこれぐらい朝飯前ですよ」
「信じられない。やっぱり日本人はすごいわ」

私自身、こうやって自分の身の回りに気遣いをするようになったのは、つい最近のこと。
我が子が生まれたばかりの頃は、何とかして仕事と子育てを両立しようと懸命だったから、自分の服装や外見に気を配る余裕など皆無だった。

ある日、ある人に言われた。
「商談をする時に大切なのは、まず第一印象。もちろん中身も大事だけれど、外見の印象がその後の展開に大きく左右するのは紛れもない事実。男女問わず、顔と手先の表情は、気持ち次第でいかようにも変わる。」
「ビジネスに限らず、改まって人に会う機会には、その人に会うという行為のためにどれだけ気持ちを費やしたかが第一印象に表れる。」

はっと我が身を振り返って、反省した。
きちんとした身なりでいることは、自己満足のためではなく、相手に対する敬意なのだという意識。
持って生まれた容姿ではなく、自分で努力できることは意識して改善していこうという気持ち。
ビジネスだけでなく、プライベートな友達に会う時でさえ、相手のことを想いながら身なりを整える。
かといって、生来マメな性格ではないし、猫の手も借りたいほど忙しい毎日だから、日頃のお手入れはなるべく簡素に済ませたい。

ということで、日々のメンテナンスを最小限に済ませるための強い味方は、日系サロンの日系技術。
米国在住でありながら日系サロンに通うというこだわり。
それは日本という国の文化や技術を、もっと米国に広めたいというささやかなこだわり。

伝統工芸や工業製品、いわゆるハード部分が商品となって輸出され、日本の技術の素晴らしさは世界中に認められている。
一方で、個々の人材が持つ技術、ソフト面を直接米国にアピールする機会はまだまだ少ないからこそ、自らの身体を張って、日本の誇りを米国に伝えることをしたいと思う。
そこからビジネスの話が盛り上がることも少なくない。

まなみさん、いつもお世話になっています。
日系技術の素晴らしさを、今後もさらに米国に伝えていきましょう。

Studio L


I sometimes come under the voice in the subway or at the cafe in the city.(Women only)
"Your nails are very beautiful. Which salon do you go?"
I answer confidently.
"If you go to a Japanese salon, they can do it as well everywhere."
"I can’t believe it. But I know Japanese always do great job."

Recently I became to do something for myself in daily lives.
When my kids were babies, I tried hard to balance both work and
child-rearing.
I did nothing attentive to afford my own dress and appearance.

One day I was told by my master.
"Remember, the first impression is the most important when you have an
opportunity to see people at first in business.
Of course, the contents are important, but it depends largely on the
expansion of the subsequent impression of the appearance is an
indisputable fact.
Regardless of gender, people can change the impression of face and
hands. "
"People feel how much you think the meeting people from your first
impression, not only in business but in private."

I looked back myself and reflected.
One should have a sense of respect for the other people with proper attire,
it's not for self-satisfaction.
One should make effort to improve the impression to innate rather than
birth appearance.
He taught me the one important way in life to keep a caring feeling for
every people.
But I would like to make daily care simple as I am too busy to take care of
myself.
So, the technique of Japan salon is a strong ally in order to have a daily
maintenance to a minimum.
I commit to go to Japanese salon as the U.S. resident.
It is my commitment as a role to announce Japanese culture and
technology to the U.S. more and more.

The exported product of Japan's technology, called hard part of traditional
crafts and industrial products, is recognized worldwide.

On the other hand, the opportunity to appeal the individual technical
personnel is still little.
I would like to tell the pride of Japan to the U.S. with using my body and so on.
Few can rise from there to talk business.

I always thank for your help, Manami.
Let us tell the wonders of Japanese technology to the U.S.
Next

DSC02738


セントラルパーク近い5番街、58丁目に「バーグドルフ・グッドマン」は佇んでいる。
言わずと知れた超高級老舗デパート。
ニューヨークに来て、初めてバーグドルフのウィンドウディスプレーを見たのは、
20代前半の頃だったろうか。
こんなに艶やかな大人の世界があるのかと、当時、鮮烈な衝撃を受けた。
以来、私のなかでは、バーグドルフのディスプレーは、世界中でナンバーワン。
デパートのウィンドウという限られた空間の中で、その時々の流行ファッションを
表現するという第一義の目的をはるかに超えて、非常にインパクトあるアートの
世界が繰り広げられる。

そして、バーグドルフのアートチームが一年の総決算として発表するのが、
「ホリデー・ウィンドウ」と呼ばれるこの時期のディスプレー。
「ニューヨーカーは毎年これを見ないと年を越せない」というほど楽しみにしている、
まさに「アートショー」なのだ。

今年のテーマは「Carnival of the Animals (動物達の謝肉祭)」。
例年にも増して、今年のウィンドウは「圧巻」であった。
実際に現地で飾り付けをするのは数日間、しかしその企画には2年以上が
費やされたという。
世の中の流行ファッションは、業界の人が2年程前から仕掛けを企てているというが、
2年後の流行をもくろんでアンティーク類を収集し始めたというから緻密である。

由緒あるデパートに対する敬意を払って、人々はきちんとした格好をして買い物をする。
店内には心地よい緊張感が漂い、店員の立ち居振る舞も優雅で、やはりここは世界の
トップレベルにあるのだと感じてしまう。

会社を立ち上げた時、自分を奮起しようとバーグドルフで初めてリップブラシを買った。
10年近い歳月が流れて、いまだに現役のブラシが、あの頃の気持ちを思い出させてくれる。
今年は少しグレードアップして、ポーチをひとつ買ってみよう。

DSC02720

1970年代のメタルを集めて作られた野鳥の園「ブラス・マナジェリー」
Made of metal collected in the 1970s "Brass Menagerie"


DSC02731

DSC02732

DSC02735

黒・白・グレーなど300種類以上の異なる紙で制作された「ペーパーウィンドウ」
Made with over 300 different paper, such as black, white and gray "Paper
Window."


DSC02729

モザイクタイルやラインストーン、スパンコールが散りばめられた「アクアリウム」
Mosaic tiles and rhinestone, sequin-studded "Aquarium"


DSC02725

DSC02723

ガラスで彩られた白銀の世界「ノースポールガーデンパーティー」
Crystal champagne world “North Pole Garden Party”


DSC02710

DSC02711

DSC02712


There is "Bergdorf Goodman" at 58th Street on Fifth Avenue near
Central Park.
It is an oldest-known high end department store in Manhattan.
I first saw the window display of Bergdorf when I came to the city at nearly
my early 20s.
At that time, I was shocked with a spectacular impact for the shiny adult
world.
Since, in my opinion, Bergdorf's display is the number one in the world.
At the limited space in department store windows, far beyond the primary
purpose of representing the fashion of the times epidemic, the world of art
unfolds in a very impact.

The window display at this time, called "Holiday Windows", is one of year
result for a team of Bergdorf art.
"New Yorkers welcome the new year after they see this at the end of
year" means that they are look forward to seeing this "art show".

This year's theme is "Carnival of the Animals".
Even more every year, I was overwhelmed by this year’s windows.
It took the several days to prepare on site, but in its planning, has spent
more than two years.
In epidemic fashion world, the industry plans everything before two years.
So they started to collect unique antique from two years ago, looking to
fashion later.

To respect for the venerable department store, people come to shop with
excellent dressed.
The store has a pleasant tension drifts, even by elegant behavior of clerk,
we feel they are at the top level of the world.
I bought a lip brush at Bergdorf, when I started my business about ten years
ago, to try to inspire myself.
Nearly 10 years flows, the brush is still good and reminds me the feelings of
those days.
Slightly upgraded this year, I will try buying one porch.

DSC02739

DSC02741

DSC02742






Next

DSC02694


DSC02681


DSC02693


街が暮れゆく直前、通りのライトが一斉に灯り始める頃のコントラストが好きだ。

景気が悪くなればなるほど、クリスマス商戦の開始も早くなる。
サンクスギビング直後から、街中ではサルベーション・アーミー(救世軍)が募金活動を始めている。
幼い頃は「社会鍋」の意味が分からず募金をするのも戸惑ったが、英語の「クリスマス・ケトル」を知って以来、彼らに会うとポケットの小銭を探すようになった。

大震災後、節電をうたう日本の方々に、華やかなイルミネーションを御紹介するのは心苦しい。
しかし不景気の世の中だからこそ、こんな街の明かりが、人々の心に希望の光を灯していくのだと思う。

DSC02698


DSC02701


I like the contrast of light around the start of the street lights in unison,
just before sunset in town.

Along with the economy is bad, the start of the Christmas season is also
faster.
After Thanksgiving, Salvation Army has started a fundraising activity in
town.
When I was childhood, I was puzzled "Donation Bucket.”
But now I know the meaning of the English "Christmas kettle," I look for
change in my pocket if I see them.

Knowing the people to keep saving power, after the earthquake in Japan,
I hesitate to introduce such a colorful illumination.
But under the world's recession, the lights of this city, I think we lit the
light of hope into people's hearts.

DSC02708


DSC02705
Next

DSC02554


久しぶりに5番街を歩いた。
前回通りがかったのは、約1か月前のユニクロオープンの時。
観光客が溢れ、物価も高いエリアだから、日常的に通りがかることは意外と少ない。

ふと見上げると57丁目の交差点に、いつものアレが登場していた。
ニューヨーカーにとって、ホリデーシーズンの風物詩。

10年以上前に、初めてコレを目にした時は、ニューヨークの街にしてはセンスがないなと首を傾げたが、巨大な雪の結晶が暗闇に浮かび上がる姿はなかなか迫力がある。
そして毎年コレがお目見えすると、もうこの季節になってしまったのだと、時間の経過のはやさを痛感する。

2011年最終盤。景気の悪さも何のその、街のイルミネーションはどんどん華やかになっている。
例年と違うのは、ユニクロの広告が過剰なほど街に溢れていることだろう。

DSC02550


I walked on Fifth Avenue last week.
The last time I passed by there, was about a month before, the opening of UNIQLO.
The road is full of tourists, and higher prices, I don't take the street on a
daily basis.

I looked up at the intersection of 57th Street.
There was a big snow crystal in the sky.
For New Yorkers, it was the rites of the holiday season.

More than 10 years ago, when I saw the first time, I felt that it was not cool as the object for the city of New York.
But a lighting of giant snow crystal in dark gives us quite impression.
I keenly aware of the coming of the winter season when I see it.

It is almost the final of the year 2011.
Under the bad economy, but the illumination of the city has become more
and more spectacular.
One thing unlike previous years, there are too much the ads for UNIQLO in the city.

DSC02555


DSC02557


DSC02559
Next

ニューヨークの街中では、巨大なネズミに遭遇することが多い。
かつては銀座の街でネズミを見かけると、一瞬怯んでいた私も、マンハッタンの
地下鉄構内に棲みつく巨大ネズミにも動揺しないほど、度胸がついた。

そして今週になって突然、ダウンタウンのオフィスに向かう通勤路上に巨大ネズミが
出現した。
ネズミのすぐ横に数名の男性陣、反対側には警察官が2名。
何もないけれど、背筋を伸ばされるような緊張感が漂う。
体長は3メートルを超え、鋭い目つきと怖い形相は、幼い頃に見た「くるみ割り人形」の
挿絵を思い起こさせる。
巨大ネズミは建物にお尻を向けずに、真正面から建物の中を睨みこむような向きで
居座っているから、観光客向けの「客寄せ」目的でないことは一目瞭然である。

雇用低迷が続く米国内でも、特にニューヨークの失業率は高い。
不当解雇や賃金カット。不当な扱いをされた雇用者が、ユニオン(労働組合)を通じて
雇用主に労使交渉をする時、ひとつのアピール手段としてこの巨大ネズミが出現するのだ。
雇用主がユニオンに属さない労働者を起用した場合にも、それを許さないユニオンが
さらに怒りをあらわにして抗議する。
建築業界では、プロジェクト半ばに巨大ネズミに襲撃されて、計画の大幅変更を余儀なく
されることも少なくない。

なんと、オンラインでも購入可能な巨大ネズミ。
3,000~5,000ドルのものが飛ぶように売れているというのも、不景気な世の中を象徴している。
そしてこのネズミが出現しないようにプロジェクトを進めるのが、私達の役目。

DSC02549



In the city of New York, we often encounter a giant rat.
Once when I see a rat on the streets in Ginza, I was momentarily daunted.
But now I am OK with courage if I see a giant rat that live in Manhattan
subway.

A huge rat suddenly appeared on the street toward the downtown office
this week.
A few men were next to a rat, and two police officers were on the other
side.
It happens nothing, but I felt tension as the spine extended.
A rat was more than 3 meters in length with frightening aspect that
reminded me the illustrations of "Nutcracker" which I saw when I was a
childhood.
The goal was obvious that was not for visitors, because it was sitting and
looking at the direction to the front of the building.

Employment in the United States also remain stagnant, unemployment is 
high, especially in New York.
Wrongful termination and wage cuts.
When the aggrieved employee does the labor negotiations with the
employer, through union (labor union), a giant rat, called “Union Rat”,
appears on the street.
If you hire the workers who are not belonged to unions, you will be fight by
the union too.
In the construction industry, has been attacked by a giant rat in the middle
of a project, there are many significant changes had to be planned.

These giant rats are also available for purchase online.
It is selling like hot cakes from $ 3,000 to $ 5,000, which symbolizes a world
recession.
Our business role is that a mouse does not occur during our project.
Next

Halloween-1



「東京に木枯らし一号」いうニュースが届いた。
米国はまもなく夏時間から冬時間に切り替わり、ニューヨークには早くも「土曜日に雪」の天気予報マークが登場した。
街の様相も、人々の気持ちも、確実に冬のホリデーシーズンに向けて準備が始まっている。

ハロウィンは、日本でいうお盆のような行事である。
死者の霊が家族を訪ねてくる収穫感謝祭の時、精霊や魔女が家に入ってくるのを防ぐために、さまざまな「魔除け」の趣向を凝らす。
子供達が変装して近所を徘徊する「トリック・オア・トリート」も、カボチャに表情をつけて玄関に飾る「ジャック・オー・ランタン」も、本来は悪い霊を怖がらせるためのものなのだ。
(自分達の御先祖様が自分の家を怖がって入ってこられないのではという懸念を、昔の人は持っていなかったのか、いささか疑問ではあるが。)

各家庭では、数キロのトリート(お菓子)を準備して、まもなく当日を迎える。
ナッツアレルギーの子供達が多くなった昨今、「スニッカーズ」も「M&M’s」もトリート用の籠には入れておけないというのが常識になりつつある。
ハロウィン、サンクスギビング、クリスマス・・・。まだまだ出費が嵩みそうな気配。

Halloween-5


After we heard the news of "First cold wintry wind in Tokyo", the weather
forecast has marked "snow" in New York on this Saturday.
The U.S. will switch from summer to winter time soon.
Both the city and people are starting to prepare for the winter holiday
season, certainly.

Halloween is an event like Japanese Obon.
When the spirits of dead come to visit the family, people set various
"amulet" to prevent wrong dead spirits and witches from entering the
house.
Kids go around the neighborhood for "trick or treat", and we decorate the
pumpkin "jack-o-lantern".
They originally intended to scare the bad spirits.
(I doubt that the old people had concern that the spirits of dead of their
ancestors could not enter into their own homes.)

Each family prepares a few pounds of " treat ", and is ready to celebrate
the day.
Leaving the treat basket without "Snickers" and "M&M's" is becoming
common sense, since there are a nut allergy children recently.

Halloween, Thanksgiving, Christmas .... we have to spend much money in
the holiday season.

Next

DSC02218


またしてもと呆れられそうであるが、彼らがニューヨークに来ると聞いて黙っているわけにはいかなかった。
「万障繰り合わせ」の言葉通り、少々無理をしてスケジュールを調整し、チェルシー地区にあるコンサート会場に駆け付けた。
由緒ある建物を改築したライブハウス、そこはすでに人だかりの山。
とはいっても、日本では考えられないほどの至近距離。

震災後に日本中で流れていたという「何度でも」で、幕が開ける。
トリの「うれしい楽しい大好き」、そしてアンコールの「未来予想図Ⅱ」「LOVE LOVE LOVE」まで、あっという間の2時間だった。
日本のコンサート会場とは違い、凝った仕掛けも何もない「実力勝負」だけの舞台で、愛と魂をこめて堂々と歌い踊る姿に、酔いしれた。

「離れている故郷で大震災が起きて、やりきれない想いでアメリカにいる皆の気持ち、全部受けとめるよ。そのエネルギーを必ず日本に持って帰って伝えるから」
コロンブスがアメリカ大陸に上陸した記念すべき日から500年以上が経って、私は日本の誇りをニューヨークで再び体感することができた。
(北米ツアー最終日(10月10日)は米国の祝日(コロンバスデー)であったが、日本時間の「11日」であったことにも意味があったのだろう。)

彼らのデビュー以来、私はずっとその歌声に励まされてきた。
最愛の人を失った彼女が沈黙の時間を打ち破り、2007年大晦日に紅白歌合戦の舞台に登場した時、音楽がこれほどまでに人の心を救うのかと涙が止まらなかった。
本当の痛みを知っている人だからこそ、人の痛みを癒すことができるのだと思う。
「もっと優しく、もっと強くなるように」神様は試練を与えるのかもしれない。

自分が辛い時こそ、顔を上げて周囲を見渡してみる。
とっても辛いけれど、心にぽっと灯りを点して、自分に何ができるかを考える。
たった1ミリの前進がこんなにも大変なこと、きっと誰もが分かってくれる。
たった1ミリの勇気も、振り返ってみるとすべてが愛おしい自分の歴史になっている。

彼女は歌声だけでなく、自身の生き方そのものが、私達に感動をくれる最高の贈り物。

DSC02219


I could not keep quiet even I heard they come to New York.
I forced to arrange my schedule, and I rushed to the concert venue in
Chelsea, a livehouse renovated from a historic building.
There were already mountains of the crowd, but the stage was close
enough.

The concert began with the " Nandodemo" which flowed in Japan after
the earthquake.
Two hours passed so quick, that finished with "Ureshii Tanoshii Daisuki",
and encore of "Miraiyosouzu Ⅱ" & " LOVE LOVE LOVE. "
Unlike the concert venue in Japan, there are no gimmicks, nothing fancy
on stage.
I really excited their performance with soul love.

"We guess all Japanese people in the U.S. might have something worried
to your family in Japan after the earthquake in March. Tonight, we will
receive your energy of everybody in the U.S. and will get back to your family
and friends in Japan."
More than 500 years after that memorable day Columbus landed in America,
I was able to experience the pride of Japan in New York again.
(The last day of North American tour was held on October 10th, Columbus
day in the U.S., And there are meanings it was day of 11th (Japan time).)

Since their debut, I've always been encouraged by their voice.
When she appeared on the stage of Red and White Singing Contest on
New Year's Eve 2007, she broke the silence time of the lost loved one.
My tears could not stop since I noticed her music saved the human mind so
much.
From what she knows the pain of real people, she can heal the pain.
"More gentle, more strongly so that" God might give the test.

When I have too much something hard, I try to look up to the view of the
surrounding.
It might very hard, but try to put small light in mind, consider what I can
do myself.
The progress in just one millimeter, surely everyone knows that.
Only the courage of one millimeter becomes in the lovely history of mine,
all in retrospect.

Not only her singing but her way of life, always give us the courage for life
as the best gift.

DSC02221
Next

ParkAve2


将来に不安を抱きながらも、日々の課題をやり遂げるだけで精一杯だった留学時代、某日本企業からニューヨークに研修派遣されてきた方々と知り合う機会があった。
地下鉄代さえ節約しなければと、毎日片道40分近くの道のりを歩いて通学していた私にとって、社会人の彼らの生活スタイルは天上の人のそれのようにさえ感じられた。
年下の学友と一緒に、平日は必死に勉強して、せめて週末のひとときだけでもと、彼らと共有する時間を捻出した。
飲んで騒いで夜通し語り合った日々の思い出は、彼らの帰国と共に封印され、私達は再び地味で真面目な(?)学生生活に戻った。

12年という歳月が流れて、私達は再会した。
全員が、12年前に保証されていた肩書をすべて捨てて、あの頃には想像できなかったような人生を歩いていた。

12年ぶりに、私達は語り合った。
余裕綽々で過ごしているかのように見えたあの頃の彼らも、実は焦燥感と危機感でいっぱいだったのだということを知って、なぜか私は嬉しくなった。
肩肘張って生きようとしていたあの頃に比べて、私達はずっと素直に本音を分かち合えるようになった気がした。
12年という空白の時間がそれぞれの人生に課した問題はこんなにも違ったけれど、巡り巡って再びつながった御縁はきっと必然であったのだろう。

人にはそれぞれ役割分担というのがあって、持って生まれた男女の役割の違いと同じように、社会における自分のあり方も人それぞれであるのが当然。
12年前と同じように、私は今でも自分の将来が不安だし、胸を張って軌跡を語れるような人生を送れているわけもない。

けれど、誰にも負けないほど、日本が大好きで、日本を誇りに思っている。
そんな気持ちをつなげる役割として、自分がここにいることを幸福に思う。

「未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない。君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だからこそバラバラの点であっても将来それが何らかのかたちで繋がっていくと信じなくてはならない」

故スティーブ・ジョブズ氏の教えが、今まさに実感される。


DSC01191


When I studied to accomplish my daily subjects, holding while uneasy about
the future, I had a chance to meet guys who had been dispatched to New
York from certain Japanese company.
Since I had to save even traffic fee, I walked to the school near the 40
minutes journey each way every day.
Their social life style seemed as if it was about heavenly people.
With a younger classmate, I studied very hard every day, to squeeze time to
share with them only for weekend.

Our memories we ate, drunk, and talked through the night were sealed
together on their return home, and we were back to serious student life.

We have reunited after 12 years flow.
Everyone, throw away all the titles that were guaranteed 12 years ago, has
been walking the different life we could not imagine such a life in those
days.

We talked again through the night after 12 years flow.
I was little pleased that I knew they were very anxious even in those days
they seemed to spend if they have enough and to spare.

Compared to those days, I felt that now much more straightforward than
sharing the real intention.
Each faced each issue of life imposes in 12 years, but we might met again
on the destiny.

There are the roles of each, just like the different roles of men and women
born with naturally, and people vary by individual but also of their way in
society.
Just like 12 years ago, I was worried about my future but even now, and I
don't have any experience that can talk about life behind a trail with
confidence.

But, as second to none, I love Japan, and I am proud of Japan.
I feel myself happy to be here as the role to connect such a feeling.

That was definitely the teachings of Mr. Steve Jobs.
We are proud of you, Steve.
Thank you, and we love you forever.


DSC02167


「日本の古き佳きものを再び世界へ」シンちゃん(EPLGA代表)
http://www.eplga.co.jp/
「デザインの力で世の中を豊かに、周囲の人達を幸せに」トヨちゃん(DESIGNPHIL取締役)
http://www.designphil.co.jp/
「器用な手先は日本の誇り」チハル(FUGA主宰)
http://www.fuga.cc/

Next

DSC02175


つい半月前は半袖で過ごしていたというのに、この数日は朝の冷え込みが激しくダウンジャケットを取り出した。
四季折々の表情をゆっくり堪能できる日本とは違って、ニューヨークの秋は短く、あっという間に極寒の冬へと季節は流れていく。
ノースリーブの後は、すぐに真冬のコートが必要な土地柄、夏用サンダルか冬用ブーツしか持たなくなって久しい。
しかしこんなにも短い「秋」が、ニューヨークにとっては最も美しい季節でもあるのだ。
朝晩急激に冷え込むこの温度差が、世にも美しい紅葉を生み出し、ホリデーシーズンに向けて街のデコレーションが一気に華やかに色づいていく。

現実の生活は、映画のようにロマンチックなものではないけれど、セントラルパークから望む高い空も、故郷日本の空とつながっているのだと考えるだけで、なんだかほっとしてしまう今日この頃。
せめてもう少しだけ、この時間を楽しまなくては。

DSC02176



Even though about half a month ago I wore in short sleeves, I took out a down
jacket from my closet in a few days that getting colder.
We can enjoy the look of each season slowly in Japan.
But the New York fall is very short and the cold winter season comes so
quickly.
After a sleeveless, the locals soon need winter coats.
I don't have any spring and fall items since I keep only summer sandals or
winter boots here.
New York fall is such a short term, but it is also the most beautiful season in a
year.
This temperature difference of rapidly cold morning and evening produces
the beautiful red leaves.
Manhattan would be gorgeous colorful town that decorated for the holiday
season.

Real life, though not a romantic thing like a movie, I'm happy to think of the sky
high views of Central Park led to the sky of my hometown in Japan.
I enjoy the time a little more now before winter.

DSC02168


Next

09-25-11(2)


学生時代に米国西海岸に留学した時、当時29歳のホストマザーが幼い娘の
手を引いてSFO空港に迎えに来てくれた。
慣れない米国生活は不安と緊張の連続で、ホストファミリーに隠れて部屋の
隅で涙したことも少なくなかった。
日本の両親に学費を援助してもらった学生生活は、ちっぽけな自身を
再確認しつつ、壮大な米国にいつかもう一度チャレンジしたいという想いを
残して第一章の幕を閉じた。

日本航空での社会人生活は刺激的なことが多すぎて、気が付くとあっという間に
一年が過ぎ去ってしまう、そんな日々だった。
毎日が新鮮だったけれど、会社の肩書がなくなった時に何も残らない自分になる
ことには危機感を抱いていた。

必死に働いて学費を貯めて、20代最後に再渡米を決めた時、「1ドル
いや1セントも無駄にしない学生生活を送ろう」と心に誓った。
自分が貯めたお金だから惜しかったわけではない。
10代の時に私を寛容に米国に送り出してくれた両親に、何か胸を張って
伝えられるものが得られなければ申し訳ないし、不器用な私が感謝の
気持ちを伝えられるのは、心身共に独り立ちした自分の姿を見てもらう
しかないと思ったからだ。

しかし実際は意気揚々といくわけもなく、JFK空港に降り立った時は
不安で一杯だった。
そんな私を空港で待ってくれていたのが平(ひら)朋子ちゃんだった。
ボストンで学生生活を過ごし、ニューヨークで就職したばかりだったのに、
てきぱきと私のスーツケースを荷台に積み込んで左ハンドルを握る横顔は、
逞しさが漂っていた。
私の米国生活第二幕は、クイーンズ区にあった朋子ちゃんのアパートでの
居候生活で始まった。

課題に追われ貧乏学生生活を送る私と、米国で初めて働き出した彼女の
生活パターンはまったく違う弧を描いていたけれど、私はことあるごとに
彼女を呼び出した。
どんな場面でもウィットに富んだ会話をそつなく交わすことが出来る聡明な
彼女だからこそ、私の友人達にもすぐに馴染んでくれて心地よい時間を
共有することができた。

長い友情を温めるには、互いの心地よい距離感をつかむことが大事。
絶え間なく連絡を取り合っている訳ではないけれど、再会した瞬間に
姉妹のように会話を交わせる関係を、私はとても愛している。

そんな彼女がママになるなんて、ちょっと信じられないけれど嬉しい。
「私の妹分」なんて勝手に呼んでいたけれど、たくさんの素敵な友人達に
囲まれて幸せそうに微笑む姿に、手の届かないほど素敵な女性に成長した娘を
見守る母のような心境になってしまったよ。
彼女の支えがなければ、今の私の生活はありえなかった。
いつも心に想い、感謝する次第。

ともちゃん、素敵なママになってね。
そしてこれからも、どうぞよろしく。

DSC02140


When I studied in the U.S. west coast in my teenage, my host mother who
was 29 years old at that time came to the SFO airport to pick me up with
her young daughter.
American life was full of anxiety and tension, my tears sometimes were
dropped hiding from my host family.

My school life in the US started with assist for college tuition by my
parents in Japan , and I recognized tiny myself.
The first chapter ended with a desire to leave the grand challenge to the
U.S. again sometime.

My social life in Japan Airlines was too much exciting, and it had quickly
gone years.
The days were fresh, but I was always in crisis that nothing remains to me
without my title.

I worked hard to save my tuition to study in the US again in my last 20s.
I decided that not to waste only 1 cent in my school life.
My purpose was not only to save my money.
If I could not get anything with confidence, I might be sorry for my parents
who generously sent me out when a teenage.
The only way that I showed gratitude them was I stand up my own both
mentally and physically.

But in fact, I was filled with anxiety when I landed at the JFK airport.
Ms.Tomoko Hira, studied in Boston and had just got a job in New York, welcomed
me waiting at the airport at that time.
She put my suitcases easily to her trunk and drove herself, seemed very
powerful lady.
My second chapter in the US, began as a freeloader living in Tomoko's
apartment in Queens.

I was a poor and busy student, and Tomoko had a totally different life
pattern as new co-worker in the US, but we sometimes met every chance.
She exchanges shrewdly intelligent and witty conversations in any situation,
and able to share a pleasant time with my friends.

The long warm friendship is important to get a pleasant sense of distance
of each other.
We have not always contact constantly, but I'm in love that we have
conversation as if we are sisters at the moment.

I'm very happy that she will be a mom soon.
I called her "my little sister," but when I saw her happy face with her
beautiful friends, I had mom's mind watching my daughter has grown out
of reach to most wonderful woman.
I always thank her that I'm not here now without her support.

I'm sure you would be a great mom, Tomoko.
Good luck to you.
Next

DSC02110


幼い頃からの器用貧乏。
なかなかひとつのことに熱中し続けられない私が、1989年のデビュー以来、
20年以上にわたって変わらずに愛し続けている音楽がある。
学生時代は「これこそが私のテーマソング」と毎日のカンフル剤代わりに
聞きまくり、山あり谷ありの社会人生活も、彼らの歌声と共に駆け抜けてきた。
30代前半、ふと人生を諦めてしまおうかと思った時、彼女の歌声に救われた。

音楽とは不思議なもの。
絶対的な価値以上に、個人の想い入れが重なり合って、その人にとって
唯一の思い出となって生き続けるのだ。

四年に一度きり。
今年もまたこうして彼女の歌声を聞けたことを、本当に幸せに思う。
今の自分は、四年前と比べて少しは進化できているだろうか。

いつか直接会って、御礼の言葉を伝えたい。
「あなたの歌声に、命を救われました。ありがとう。」

ささやかで、壮大な、私の夢のひとつ。
Will my dreams come true ?

DSC02091



From an early age jack-of-all-trades and master of none.
I can not continue quite addicted to one thing, but I love one group
continues unchanged for over 20 years since its debut in 1989.

I listened their music with saying "This is my theme song," to get a daily
energy in my school life.
I spent my social life with their music.
When I thought I had to give up my life suddenly in early 30s, I was saved by
her voice.

Music has a mysterious attractive.
Than absolute values, overlapping into personal feelings, it will live in
people's mind forever.

Only once every four years.
I felt really happy that I could hear her voice again this year.
Would I have been able to evolve, compared with four years ago ?

I would like to meet them directly to convey a word of thanks.
"I appreciate that your voice saved my life seriously."

One of my dreams is very small and very spectacular.
Will my dreams come true?

Next

IMG00548-20110909-0902



「あのね、目の前の人間を救えない人が、もっとでかいことで助けられる
わけないじゃないですか。歴史なんて糞食らえですよ。目の前の危機を
救えばいいじゃないですか。今、目の前で泣いている人を救えない人間がね、
明日、世界を救えるわけがないんですよ」
                      伊坂幸太郎「砂漠」より



マンハッタンのブライアントパーク、2753脚のイスが並んでいる。
オフィス街のど真ん中、いつもは喧噪であふれる公園に誰もいない。
誰もいないのに、誰かが座っているような気配がする。
2753人の生命が絶たれたあの瞬間を、私達は決して忘れない。

惨劇が起こるほんの少し前、日本から訪ねてきた両親と一緒にWTCに
のぼった。
いわゆる観光名所には滅多に足を踏み入れないのに、なぜかあの光景を
目に焼き付けなければならない気がしていた。

あれから10年が経って、日本はもっと多くの生命を失った。
地震や台風、自然の脅威とはいえ、こんな惨劇が起こることを10年前の
私達は想像さえしていなかった。

10年の歳月で、私達は何を学んだであろうか。どう変わっただろうか。
犠牲になった方々、家族や友人を失った方々、誰もが、ある日突然こんな風に
人生が変わってしまうなんて、思いもよらなかったに違いない。
無念のひとことに尽きる。

ビル崩壊後しばらくして、グラウンドゼロは新たな観光地となった。
どんなに人に誘われても、私は決して行けない。行ったことがない。
想うだけで、胸が苦しくて、息が出来なくなる。
あそこにさえ行かなければ、私は日常を取り戻せる。
そう思って避けてきた。

でも、座るべき人のいない2753脚のイスが、ミッドタウンまで、
追いかけてきた。
目の前にある困難を、避けてはいけない。彼らから、諭された。

朝起きた時、眼が見えて、手足が自由に動くこと、美味しいご飯が
食べられること。
ちっとも当たり前なんかじゃない。

目の前にあることに、感謝しよう。
今生きていること、それは当たり前のことじゃない。

目の前にあること、自分ができること。一生懸命、生きること。
すべてはそこから始まる。


IMG00547-20110909-0902



There lined up 2753 chairs at Bryant Park in Manhattan.
No one in the park, the heart of the business district where was always
filled with loud.
But I felt someone was sitting there.
We will never forget the moment that 2753 human life has been cut off.

A little before tragedy occured, I climbed to the World Trade Center with
my parents who came to visit from Japan.
I usually didn’t go the-so-called attractions, but I thought I had to
remember the scene there.

Ten years have passed since then, Japan has lost more lives by
Earthquakes and typhoons.
10 years ago, We had not imagined we happen our tragedy.

In 10 years, how we learned and changed?
Everyone should had never thought that an amazing life like this has
changed suddenly.
People said it was just chagrin.

After the collapse of Building, Ground Zero has become the another
tourist destination.
I have never gone there again.
My breathing becomes impossible if I think trying to go there.
I regained the everyday by I have avoided it.

But 2753 chairs have been chasing me to Midtown.
They let me know that I should not avoid the difficulties in front of the
eyes.

Every morning, I can see with hands and feet free to move, and can eat
a delicious meal.
It's not the commonplace.
I thank everything in front of me.
Be alive now, it's not the norm.

Live seriously.
Everything starts from there.

IMG00546-20110909-0901
Next