Blog

写真 2017-05-31 18 23 32


日本から来た友人が、ブロードウェイミュージカルに誘ってくれた。
ここに住んでいると、ゆっくり観光や観劇をする機会は少ないので、
こういうお誘いは本当に嬉しい。

彼女は、一昨年末に急逝した美の師匠の最後の秘書だった。
師匠の葬儀や納骨など、寂しい場面で会ったのが最後だったから、
気持ちを切り替えて、ニューヨークで会えることが嬉しかった。

舞台演出がとても美しく、キャストの歌声に惚れ惚れしながら、
あっという間の観劇だった。
家族連れが多いと思いきや、大人でも十二分に楽しめる作品。
台詞はともかく、歌詞を全部聞き取るのは容易ではないけれど、
やはりディズニー作品は、英語で観るのが面白い。

アラジンの魔法のランプがあったら、何を望むだろうか。
欲深さよりも、パッションで生きることを、目標としたい。

写真 2017-05-31 20 04 12


A friend from Japan asked me to go to a Broadway musical together.
When living here, there are few opportunities to sightseeing and watching theater,
Such an invitation is really glad.

She was the last secretary of my art master who died suddenly at the end of 2015.
Because we met in a lonely scene such as the master's funeral last time,
I was very happy to meet her in New York.

The stage production was very beautiful, I was lovingly fascinated by cast singing voice, and I felt it was very quick to finish.
I think both families and adults can enjoy the show.
It is not very easy to hear all the lyrics, you may understand actor's words.
After all, Disney works are interesting to watch in English.

What would we want if Aladdin's Magic jar is real?
I want to live by passion, target than greed.

写真 2017-06-02 10 45 25


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

写真 2017-05-31 21 35 49 (1)

写真 2017-06-02 10 44 17
Next

長男に黒帯昇格試験のインビテーションが届いた。
手紙が来るということは、昇格の可能性があることなのか。
資格試験の費用の高さにも閉口しながら、本人のやる気意思を確認した。

試験直前の練習のハードさは想像を絶し、
ヘトヘトに疲れて帰宅すると、夕飯も食べずに寝てしまう。
気力と体力の鍛錬に、前向きに挑む姿を見守ることしかできない。

試験は2週間にかけて実施され、型や超人筋トレ、スパーリング、
板割りなどの実技試験に加えて、エッセイを書く筆記試験まで盛りだくさん。

腹筋背筋200回に続けて、スパーリング200回などをこなしているうちに、
息も切れ切れになり、足元がフラフラしてくる。
まるで、リングサイドでボクサーを見守るセコンドの気持ちで、
喝を入れ、声援を送ることしかできないけれど、
成長した我が子を、客観的に見る機会があるのはありがたい。

今できるベストを尽くすことを、我が子にも教えられている。

56

00


My eldest son received an invitation for the black belt promotion test of Tae Kwon Do.
Did the letter came mean there was a possibility of promotion?
While confronting the high expense of the qualification examination, I confirmed his motivation intention.

The hardness of the exercise just before the examination was unimaginable,
When he got very tired and came back to home, he slept without eating supper.
I could only watch his positively challenging to training physical and mental strength.

The examination was carried out for 2 weeks.
In addition to practical tests such as Kata (poomsae), Superhuman muscle training, Sparring,
and Board-breaking, there was a written exam to write essays.

Continuing from 200 abdominal muscles and back muscle trainings, and sparring 200 times etc.,
All cadets looked totally exhaustion.
I could only encourage and sent cheers to him,
I was just supporter who watching boxers on the ringside.
I appreciate that I had an opportunity to objectively see my child who has grown up.

I am taught that I have to do my best I can do now.

48

22


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

31

Next

米国に移住してから、とても長い年月が経過したけれど、
毎年誰かしらが、突然ニューヨークに一人でやってくる。
仕事や留学といった計画的なものでもなければ、
海外旅行のように観光予定が詰まったものでもない。

たいていの場合「今度フラッとニューヨークに行くよ」と連絡が来る。
「いつでも待ってます」と答えると、すぐにその日がやってくる。

みんな必ず、何かを抱えてやってくる。

日程は限られているから、私も極力時間を合わせようとする。
仕事が詰まっている時は、長時間でなくとも、
毎日少しずつでも会える時間を作る。
時間だけでなくて、内容の濃さで、距離を縮める。
「大丈夫。きっと大丈夫」
自分自身に念押しするように口にして、彼女は帰って行った。

「たくさんのエネルギーがあふれる街で、何かを感じたかった。
日本からずっと離れた場所で、新しい自分を見つけたかった。
そして何より、貴女に会いたかった。
いつどんな時も、ずっと変わらないでいてくれて、ありがとう」

後日送られてきたメッセージで、心の火が灯る。
離れた場所にいても、力になれたことが、何よりも嬉しい。

48


A very long time has passed since I emigrated to the US,
Every year, someone suddenly comes to New York alone.
It is not planned like work or study abroad.
Also, it is not something that the tourist schedule is packed like a travel abroad.

In most cases, I will be informed that "I will go to New York soon."
After I answer "I'll be waiting anytime", that day comes soon.

Everyone surely comes with something.

Since the schedule was limited, I tried to adjust time as much as possible.
When the work schedule was so tight, even if it was not a long time,
I tried to make time to meet her little by little every day.
Shrink the distance not only by time but also by the depth of content.
"Do not worry, it's okay"
Talking to herself, she went back to Japan.

"I wanted to feel something in a city filled with lots of energy.
I wanted to find a new self in a place far away from Japan.
And above all, I wanted to meet you.
I was glad that you had never changed at any time in any situation. Thank you.”

When I got a message from her later date, a light grew in my hear.
Even though I was in a remote place, I was pleased that I became a force.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-05-31 8 04 55 (1)

写真 2017-05-31 8 04 57


ニューヨークはすっきりしない天気が続いているけれど、
毎日のように素敵な出会いがあって、
それだけでも日常に彩りが加わる。

一人で海を渡ってきた書道アーティストが、
ピンポイントで会いに来てくれた。
勇気あふれる行動力、前向きなエネルギーが清々しい。

人繋ぎの大切さとか、なぜアーティストを支援しているのかとか。
その背景にあるものを、きちんと理解できるかどうか。
何よりも、唯一無二の存在になりうるか。

帰り道、42nd Streetを通りがかる。
留学時代に間借りしていたオンボロアパートの前から見る光景は、
いつも初心を思い出させてくれる。

今日のマンハッタンヘンジは曇り空に邪魔されてしまったけれど、
私はここで、原点に返る。
力になれることは、きっとある。
未知の世界を予期させてくれる曇り空が、今日はとても愛おしい。

そして、ドバイから新しい企画の話が舞い込んだ。
感謝とリスペクト、謙虚な気持ち。それがすべて。

写真 2017-05-29 11 35 05 (1)


Although the weather has not been clear in New York continues these days,
I have a nice encounter every day.
Even this alone adds color to everyday life.

A calligraphy artist who came across the sea by herself,
she asked me to meet at pin-point.
Her brave action force, positive energy looked fresh.

We discussed the importance of human connections and the reason why I support
Japanese artist here.
Also, we told whether we can understand each background.
More than anything, the important thing is "one and only."

On the way back to home, I stopped by the 42nd Street.
The spectacle seen from front of the old apartment, which I borrowed in the era of
study abroad, always reminds me of my original intention.

Today's Manhattanhenge got in the way of cloudy sky,
but I return here to the origin.
There is surely possible to become a force.
Cloudy sky that makes us anticipate the unknown world is very lovely today.

And a new project came in from Dubai.
Appreciation and respect, humble mind. That's for all.

写真 2017-05-31 11 20 14

写真 2017-05-31 11 43 18

©深井玉扇

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

戦没将兵追悼記念日と訳される「メモリアルデー」。
5月の最終月曜日のこの日は「夏の始まり」を告げる行事がたくさん。

ハドソン川には大きな戦艦が寄港していて、
海軍部隊の制服を着た軍人さんが、街にもたくさん溢れていた。

生憎のお天気だったため、BBQや屋外の予定はすべてキャンセル。
チャイナタウンに飲茶に行って、家族揃って過ごす休日。
兄弟喧嘩に何度も声を荒げながら、夏休みの計画を立てるのも楽しい。

従姉からのメッセージに勇気づけられながら、
やはり家族は良いなと思う、こんな夏の始まり。

43


It was "Memorial Day".
On this last Monday in May, there are lots of events that tell "the beginning of summer".

A big battleship was anchoring at the Hudson River,
there were a lot of soldiers wearing a uniform of the navy in the town.

Because it was unfortunate weather, all BBQ and outdoor appointments were cancelled.
We went to have Dim Sum in Chinatown and had a family holiday.
It was pleasant to plan a summer vacation while raping voices many times for kids fighting.

I was encouraged by a message from a cousin, and thought my family was amazing.
It was my start of this summer.

06


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

写真 2017-05-20 14 59 25


毎週末、どこかしらでストリートフェスティバルが開催されている。
道路を閉鎖するから、交通警備にあたる警察官もたくさん必要だし、
参加する側も、毎週のように民族大移動している。

それでもお祭りが好きな国民なのだと思う。
まだ肌寒い気候が続いているけれど、街のエネルギーは変わらない。

写真 2017-05-20 15 00 09

写真 2017-05-20 15 01 04

写真 2017-05-20 15 06 17


Every weekend, street festivals are held anywhere.
Because the road is closed, a lot of police officers who are traffic guards are needed,
Participating parties are moving ethnically as well as weekly.

At all, New Yorkers are citizen who like festivals.
The weather still has a chilly climate, but the city's energy does not change.

写真 2017-05-20 15 07 08

写真 2017-05-20 15 23 57

写真 2017-05-20 15 25 33

写真 2017-05-20 15 26 07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

写真 2017-05-20 15 26 49

写真 2017-05-20 15 27 11

写真 2017-05-20 15 28 58

写真 2017-05-20 15 31 05
Next

写真 2017-05-28 16 19 28


ヴァイオリンコンサート「マンハッタンストーリー」。
ニューヨークに暮らす人間模様と音楽を絡めて、最後まで一気に聴かせる物語。
45分間一切の休憩をはさまず、拍手もできない。

演奏が始まると、ヴァイオリン奏者の小さな身体がふたまわり大きく見える。
一緒に会場に行った友人の横側が、チラチラと視界に入ってくる。
人よりはるかに鋭い感性を持っている彼女は、
音楽や空気の色までも感じ取ることが出来るのだ。

コンサート中に何度か、彼女の頬に涙が伝う。
音楽や人のエネルギーが、パッっと一つになった時に、
自然と涙が溢れ出てくるのだという。
それを見て、周囲もどんどん気持ちが高まっていく。

溢れ出る感情を外に表現する、いろんな方法がある。
なかでも音楽は、天国に一番近くまで届くアートなのだと思う。

写真 2017-05-24 19 41 04

写真 2017-05-28 16 22 10


"Manhattan story" was Eiko Kano's violin concert, supported by NPO "MSTERIO".
It was a story that mixed music with people living in New York, and they play
the story all at once.
The show will not catch any breaks for 45 minutes and audience can not clap.

When the performance began, the small body of the violinist looked bigger.
The silhouette of my friend who went to the venue together sometimes came
into my sight.
She has much sharper sensibility than general people,
and she can also sense the color of music and air.

I saw her tears were transmitted to her cheeks several times during the concert.
When music and people's energy got together one by one,
she said that tears were overflowing naturally.
Looking at her, the surroundings were getting more and more excitement.

There are various ways to express overflowing emotions outside.
I think music is the art that arrives nearest to heaven.

写真 2017-05-24 20 32 17

写真 2017-05-28 17 22 49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ファイル 2017-05-26 16 53 27


ずっと以前、友人が一冊の本を私に貸してくださった。
ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡」のサイドストーリー。
そのすぐ後に、入江富美子監督とニューヨークでお会いした。

入江監督の映画にたびたび登場する養護学校の先生が、
「かっこちゃん」こと、山元加津子さん。
本能の赴くままミッションを遂行している姿勢に、痛く共感した。
「いつかお会いしたいな」と願っていたら、かっこちゃんがNYにやってきた。

エンパイアーステートビルの75階を借り切って、
ケータリングは「Tama’s Kitchen」と「 HANAMIZUKI CAFÉ」。
かっこちゃんを大好きな人たちが、かっこちゃんを囲む会。

彼女のように、自然体で生きたいと切に思った。
みんな、生きてそこにいることに意味があることを、
私ももっと伝えていきたい。

かっこちゃんと日本での再会を約束して、お別れした。
彼女との出会いが、また新しい道を照らしてくれる予感がしている。
関わってくれたすべての方に、ありがとう。

56


A long time ago, my friend lent me a book.
It was a side story of the documentary movie " Miracle of 1/4".
Shortly afterwards, I met Mr. Fumiko Irie, the director of that movie, at New York.

Ms. Katsuko Yamamoto,"Kakko-chan", is the teacher of a disabled school
that often appears in a film directed by Irie.
I sympathized to her attitude of carrying out the mission while going to instinct.
If I had wished that "I would like to meet her someday," Kakko-chan came to NY.

Borrowing the 75th floor of the Empire State Building,
"Tama's Kitchen" and "HANAMIZUKI CAFÉ" served the catering.
The people who loved Kakko-chan surrounded the Kakko-chan.

Like her, I want to live in a natural way.
Everyone, to be meaningful to live there,
I want to tell more to the world.

We promised a reunion in Japan, we parted.
I have a feeling that encounter with her will light the new way again.
Thanks to everyone involved.

35

04

写真 2017-05-26 11 25 43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

20
Next

12


音楽との出会い、映画音楽の制作過程、普段のニューヨーク生活。
素顔の坂本龍一氏の話を、手の届く距離で聞けるセミナー企画。

通りで子猫に話しかけたり、カフェでコーヒーを飲んだり。
人目を気にせずに普通の生活を送れるのがニューヨークの魅力。

アーティストとして好き勝手ができない映画音楽の制作。
でも、苦しいプロセスがあるからこそ、
チームでやる素晴らしさを、神様が教えてくれるのだという。

まるで「徹子の部屋」の公開録画のような穏やかな雰囲気に、
150名の日系人が心を和まされた。

今週のニューヨークの空は、少し機嫌が悪いけれど、
新月を迎えながら、人繋ぎのミッションを再確認している。

21


Encounter with music, film music production process, usual New York life.
Seminar planning where we could listen to Mr. Ryuichi Sakamoto's story was
held at the Nippon Club.

He talks to the kittens on the street, and drink coffee at a cafe.
It is New York 's charm that celebrities can live a normal life without concern
for people's eyes.

He can not be selfish as an artist on the process of production of movie music.
But because there is a painful process,
He says that God teaches the splendor of doing with the team.

It was like a calm atmosphere like a recorded video of Japanese TV program
" The room of Tetuko",
About 150 Japanese people had relaxed their minds.

The sky in New York this week is a bit bad,
While welcoming the new moon, I reconfirm my mission to connect the people.

18664399_10203341914984289_837866462381827172_n


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

58

00


前夜まで、土砂降りの悪天候が続いていたのに、
毎年この日は不思議と天気が良くなる。

屋外テントでは、日本食やスナック菓子が配られ、
ステージでは、様々なタレントショーが繰り広げられる。

5万5,000人の日本贔屓が集まる祭典は、
セントラルパークの気温を少し高くする。

19

29


Until the before night, the weather was pouring down.
But the weather was better that morning.

In outdoor tents, Japanese food and snacks were distributed,
On the stage, various talent shows were held.

Fifty-five thousand Japanese fans gathered,
the temperature of Central Park increased slightly.

47 HDR


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

「メイドインジャパンのYシャツをニューヨークで販売する。」
「鎌倉シャツ」から最初に御相談があったのは、かれこれ6年前だった。

今やマンハッタンで2店舗を展開し、
すっかりニューヨークでもその地位を確立した感がある。

洒落たシャツを着た男性が、ウィスキーを飲む姿を想像する。
そんな夢のコラボイベントが実現した。

通勤帰りの男性が、ちょっと立ち寄ってお酒を飲んで、
自分自身のためのシャツを選ぶ姿は、ちょっとかっこいい。

ジャンルを超えたコラボイベント、その可能性は無限大。
写真 2017-05-22 9 38 16


"We would like to sell Made in Japan's Y shirt in New York".
It was 6 years ago when I was asked from "Kamakura Shirts" first time.

They now have 2 stores in Manhattan,
they have established that position in New York entirely.

Imagine a man wearing a fancy shirt drinking whiskey.
Such a dream collaboration event has come true.

Guys on the way back from work stopped by there a bit, and drunk alcohol.
The figure of choosing a shirt for himself looked so nice.

Collaboration event beyond genre, its possibility is infinity.

写真 2017-05-22 9 43 00


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

08


セミナー会場で、私は目が釘付けになった。
私にとって命の恩人とも言える女性が、当時と同じ飾り気ない姿でそこにいた。
彼女の完璧な通訳を聞いていると、あの日々が思い出される。

日本語だけが主体になるセミナー系の海外企画は、
音楽やアートのようにうまく進行できない場合が多い。
しかし山崎氏と同時通訳者の呼吸合わせは、驚くほど完璧だった。
テンポ良い山崎氏のトークの流れをまったく邪魔することなく、
むしろ彼女の英訳でさらに話を奥深く理解できる。

「やる気スイッチ」をオンにするキッカケを見つけたい。
きっと、みんなそんな思いで、ここに集まったのだろう。
私は劇的な再会を目の当たりにして、
具体的に行動することの重要性を、また心に刻んだ。

自分の実力を誇示することなく、相手のニーズを理解して提供する。
仕事もプライベートも、きっとその方がうまくいく。

16


At the seminar venue, my eyes got pinned.
A woman who could be said to be a benefactor of life for me was there in the same form as before.
When I heard her perfect interpreter, I remembered those days.

For overseas projects of seminars where only Japanese is the subject,
In many cases, it cannot proceed well like music or art.
But Mr. Yamazaki and the simultaneous interpreter's breath matching were surprisingly perfect.
The interpreter did not disturb, fast-moving, Yamazaki's talk of good flow, at all.
Rather, we could understand further stories deeply with English translation.

Everybody would like to find a piece of opportunities that turns on "motivation switch".
I guess they all gathered here with such a thought.
I saw a dramatic reunion, and also inscribed in my mind the importance of acting concretely.

We need understand and provide the opponent's needs, without flaunt the ability.
Both work and private, surely that person will be needed in the world.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

11
Next

20

04


真夏のように気温が上がった日、
赤い乗用車が猛スピードで逆走し、歩道に突っ込んでいった。
夫のオフィスの真下で起こった惨劇に、背筋がゾッとした。

18歳の少女が亡くなり、22名が重軽傷を負った大事故。
周辺は閉鎖され、夜までいろんな報道が相次いだ。

車を運転していた26歳の男性が逮捕された。
「幻覚を見た。殺してくれ」と叫んでいたという。
テロではないという発表があったけれど、
飲酒運転か、あるいは覚醒剤か、噂が飛び交う。

少しタイミングが違えば、誰でも巻き込まれる可能性がある。
運命のひとことでは片付けられない、無念さを握りしめている。

24


It happened on the day when the temperature rose like midsummer,
The red passenger car ran backwards at a tremendous speed and rush into the sidewalk.
I was shocked at the car accident that happened right under the husband's office.

A 18-year old girl dead and a 22-person scolded a serious injury.
The surroundings were closed, and various reports continued one after another until the night.

A 26-year-old man who was driving a car was arrested.
He said that he was shouting "I saw hallucinations. Kill me."
Although there was an announcement that it was not terrorism,
Whether drunk driving or stimulant, rumors is still broadcasted.

There is a possibility that anyone get involved if the timing is slightly different.
I am clutching a desperation that cannot be cleared up by a word "destiny".

22 HDR


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

90年代後半、知人が銀座のスナックに連れて行ってくれた。
20代の若造が普段どんなに背伸びをしても行けないような場所で、
そこを仕切るママは、当時40代前半ぐらいだっただろう。
人生の裏表を知り尽くした苦労人で、今の私よりずっと貫禄があった。
それから銀座に行くたびに、そこに通ってママの話を聞いていた。

アメリカに行くという私に、ママが大きな包みを手渡してくれた。
落語が録音された大量のMDと一緒に、手書きの手紙が添えられていた。
「辛いことがいっぱいあるかもしれないけれど、とにかく笑ってね」
「落ち込んだら、これ聞いて元気になって」

落語のストーリーはもちろん、そこに日本語があるというだけで嬉しかった。
たくさん泣いて、たくさん聞いて、そして笑った。
そのうちMDプレイヤーが壊れて、落語で笑いの幸せをもらう機会はなくなった。

******

4年ぶりにニューヨーク外旋をする、立川生志師匠の高座にお声がけいただいた。
お迎えに来た豪華なリムジンカーに揺られて、郊外の「Mt.Fuji Restaurant」に到着。
80名を超える日系人が、一緒に笑うために集まる。
なんて幸せな企画なんだろうと思う。

生志師匠が下宿していた石神井台は、私の実家からもすぐ近く。
アパート名の懐かしい響きに、師匠と一緒にまた大笑いする。
レストランマネージャーのホスピタリティーが合わせて素晴らしく、
一緒に行った面々も最高で、幸せな夜はこうやって生まれるのだと痛感した。

日本語の魅力、日本文化の魅力は、限りない。

11

14

43

47


In the late 90's, my acquaintance took me to a night-club in Ginza.
It was a place where 20-year-old young people cannot go even if they pretended
to be adult.
I guessed the owner hostess was about the early 40s then.
Compare to me of now, she was a hard-working woman who knew all life in the world,
and has been much more dignified.
Then, every time I went to Ginza, I went there and was listening to her story.

She gave me a big package when I left for America.
A large amount of MD of Rakugo, traditional Japanese story telling,
and a handwritten letter were inside.
"There may be many painful things, but laugh anyway"
"When you feel down, you would be healthier by hearing this."

Not to mention the story of Rakugo, I was pleased just to have Japanese there.
I cried a lot, listened a lot and laughed enough.
After then, the MD player was broken, and I had no opportunities to get laughter
happiness by Rakugo.

******

We were invited to the play of Shoshi Tatekawa, Rakugo Master, who act New York
abroad for the first time in four years.
We had trip by a limousine car and arrived in the suburban "Mt. Fuji Restaurant".
More than 80 Japanese gathered to laugh together.
I thought what a happy project it was.

Shakujiidai, where Master lived, was also very close to my home in Japan.
In a nostalgic sound of an apartment name, I will laugh with Master again.
The hospitality of the restaurant manager was also excellent,
I also felt that the people I went with were the best and that a happy night was born like this.

The appeal of Japanese, the charm of Japanese culture, are unlimited.

28

49

©Kohei Kawashima

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

41

Next

37

54


祖母は佐賀県出身で、実家は鍋島藩の御典医だった。
一家離散した後に、祖母らは鹿児島から東京に移り、私は東京生まれ。
九州にはあまり御縁がなかったけれど、なぜか近年足を運ぶ機会が増えた。

伊万里のイベント企画に、運命的なものを感じたのは、
まだこの先の使命があるのだと、きっと祖母が諭してくれたからだろう。
有田焼創業400年という歴史を知ったのも、最近のことだった。
焼き物の世界を、もっと深く学んでみたいと思った。

有田焼400年の技術と、欧米の新しいセンスが交錯する。
有田の窯元と欧米デザイナーがタッグを組んだプロジェクトが、
ミラノ・デザインウィークで、世界の頂点に立った。

「EDIDA/エル・デコ・インターナショナル・デザイン・アワード」の
テーブルウェアー部門を制覇。
世界25か国の編集長らが認めた有田チームの作品が、
ニューヨーク近代美術館MoMAで展示販売されている。

伊万里で出会った陶芸家のニューヨークデビューを、
このタイミングで見届けられたのも、きっと何かの御縁なのだろう。

彼らの想いをしっかり受け止めて、今、新しい構想を考えている。
日本の職人技は、そのまま世界に通用するステージにある。

02

20

22


My grandmother was born in Saga Prefecture and her family owned the hospital
as a doctor of the Nabeshima clan.
After the family diverged, she moved from Kagoshima to Tokyo. I was born in Tokyo.
Although there was not much contact with Kyushu for me, the opportunity to visit
in recent years increased for some reason.

I felt a fateful thing to the planning of Imari event that was held on March.
I guess because my grandmother taught me that there is still a future mission.
It was recently that I learned about the history of Arita ware founded 400 years.
I had hoped to learn the world of pottery deeper.

The 400 years’ technique of Arita-yaki merged a new sense of Western World.
A project where Arita's craft industries and Western designers collaborated,
was announced as the top of the world at the Milan Design Week.

They conquered the tableware division of "EDIDA", Elle Decor International Design Awards.
The works of the Arita team, admitted by the editors of "ELLE DECOR" from 25 countries,
have been exhibited and sold at the New York Museum of Modern Art.

It was a New York debut of potter, Shuji Hataishi, who I met in Imari.
It was surely something edge that I was able to see at this timing.

I firmly accepted their thoughts, and I am thinking about next step now.
Japanese craftsmanship is in the stage where it can pass through to the world as it is.

32

27


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

35
Next

27

38


自宅から徒歩5分のメトロポリタン美術館。
2010年に突然この世を去ったアレキサンダー・マックィーン氏の展示会では、
3時間並んで回顧展を観に行ったことを思い出す。
存命デザイナーの展示会が開催されるのは、83年のイヴ・サンローラン氏以来。
コムデギャルソン川久保玲氏の個展プレビュー体験記。

会場に足を踏み入れると、明るく白い壁がパッと目に入る。
ショーケースの中をガラス越しに覗く従来の展示方法と違って、
マネキンが直に置かれたインスタレーションは、ブティックに立ち寄った感覚でいられる。
展示会にありがちな、時系列の分類ではなくて、
色やテーマによって9つのゾーンに分かれているのも斬新だった。

バブルの時代に目にした黒い穴開きのセーター、
つい先日ファッション誌を飾った近年のコレクション。
どれも川久保氏ならではの、個性的な洋服たちが並ぶ。

「間の技」と副題がついた展示会だけに、
「完成と未完成」「具体と抽象」「男性と女性」「安定と不安定」
そういったテーマが頭をよぎる。

私が一番ショックを受けたのは「誕生、結婚、死」と称された黒いドレス。
人間が生まれてから死ぬまでを、1つのドレスで表現すること。
そこには幼子の魂や、死にゆく悲しみまでのエネルギーが集結されていて、
なぜか逃げ出したい気持ちになった。

川久保氏は、自らのクリエーションをアートと解されることを好まないが、
一般人には理解できない宇宙的な発想は、まさにアートなのだと思う。

展示会を観に来ている人達の個性的なファッションも見応え抜群。
近所を散歩しながら、何度でも足を運んでみようと思う、
日本人の誇りがここにある。

06

50

46

44

51


Only 5-minute walk from home, there is Metropolitan Museum of Art.
At the exhibition of Alexander McQueen who suddenly left the world in 2010,
I remember that I went to see a retrospective exhibition after waiting for three hours.
The live designers' exhibition is held since Yves Saint Laurent of 83 years.
I went to a preview of solo exhibition by Ms. Rei Kawakubo, a designer of
Comme des Garçons.

When entering the venue, a bright white wall is snuggling.
Unlike the conventional display method that peeps through the inside of
the showcase through the glass,
The installation where the mannequin was put directly can be with the sense
that I stopped by the boutique.
It was not a time series classification that tends to be on the exhibition,
It was innovative that it was divided into nine zones depending on color and theme.

There was a black sweater with holes that I saw during the bubble era,
There was also a recent collection that recently announced in fashion magazines.
The unique clothes unique of Ms. Kawakubo lined up there.

As at the exhibition of subtitle "Art of In-Between",
"Finished and Unfinished" "Concrete and Abstract" "Male and Female" "
" Stability and Instability "
Such themes crossed in my head.

I received the most shock was a black dress called "Birth/Marriage/Death".
It was expressed human life from birth to death in a single dress.
There are gathered souls of young children and energies up to dying sadness.
I felt like wanting to run away quickly.

Ms. Kawakubo does not like being able to understand her own creation as art.
I think that her cosmic ideas that cannot be understood by ordinary people
are exactly art.

The unique fashion of the people who came to see the exhibition was superb.
While taking a walk in the neighborhood, I think that I will visit again and again.
The pride of the Japanese is exactly here.

50

19

43

39

10

47

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。


海外永住 ブログランキングへ

19

36

07

掲載写真の無断転載を禁じます。Unauthorized reproduction prohibited
33

10

Next

先週後半はイベント続きで、夜は家族と一緒に過ごせなかった。
夕刻、子供達をピックアップして、一度自宅に戻る。
夕飯を食べさせた後に、もう一度スタッフと合流する。

深夜に帰宅すると、明日のお弁当のリクエストの横に、
「明日着るシャツを洗濯しておいてね」というメモを見つける。
乾燥機に入れる前に、睡魔に襲われる。
強迫観念に苛まれる夢を見て、目覚めの悪い朝を迎える。

「ママ、もう少し起きてこないで」
ありがたくベッドに横たわり、好きな本を開く。
「ママ、早くこっちに来て」
子供達の手作りの朝食が並んだテーブルに招かれる。

君たちの笑顔があるから、母はどうにか踏ん張れる。
日本の母に電話をして、週末が終わる。
今夜はきっと、楽しい夢を見られますように。

28

17

40


Since we had many events in the late of last week,
I could not spend the night with my family.
In the evening, I picked up my kids and returned to home once.
After I fed dinner to kids, I joined again with the staff.

When I came home late at night, next to the request of tomorrow's lunch,
Find a note saying "Please wash my shirt to wear tomorrow."
I fell asleep before I put the stuff into the washer & dryer.
I had nightmare, and I woke up with bad feeling.

"Mom, do not get up a little more"
Thankfully I laid down in bed and read my favorite book.
"Mom, come here in hurry"
I was invited to a table where kid's handmade breakfasts were arranged.

Because I love their smile, I can manage to steer as their mom.
I called Japan for my mother, and the weekend ended.
I wish I have a happy dream tonight.

12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

少し前から、携帯電話が使えなくなった。
代理店に持って行ったら、修理代より機種変更の方が安いと勧められた。
大雨の降る中、なんだか家に帰りたくなった。

通知がこないから、自分で動かなければ、何も分からない。
本気で心配してくれたのは、2人だけだった。
私の携帯がなくても、世の中は何も変わらない。

今日、久しぶりにメールにログインした。
たくさんのジャンクメールに紛れて、大切な人からの連絡があった。
ちょっとだけ、世の中と繋がった気がした。
まだもう少しだけ、私の居場所があるのかな。

携帯電話はまだ不通のまま、日常という時間が過ぎていく。

30


My cell phone has not worked for a while.
When I took it to an agent, I was recommended that the model change would be
cheaper than the repair cost.
I wanted to go home somehow in the heavy rain before I fix it.

Since there is no notification, if I do not move by myself, I do not know anything.
There were only two people who were seriously worried about me.
Even without my cell phone, nothing will change in the world.

Today, I logged in to the mail after a long absence.
I deleted lots of junk mails, and I found important mails from the precious people.
I felt a little bit connected to the world.
I wonder if I still have a place to live for a while.

My mobile phone is still out of service, but time goes by every day.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

13


ブティックホテルの人気が高まるニューヨークでは、
かつてチャイナタウンと呼ばれたエリアにも、それが進出している。
大人のシーンにふさわしいクールなバーを併設し、
モデルやセレブが夜な夜な繰り出す場面を演出している。

ホテルのメインダイニングも、世界のトップシェフを招いた企画を打ち出し、
そこからまた世界の流行が発信されていく。
フランスで修業した米国人シェフ、ダニエルローズ氏がオープンしたこの店は、
ニューヨークタイムズのフード部門で、トップレストランの地位を獲得。
予約の取れないレストランとして人気のフレンチレストラン。

食事もサービスも極上だったけれど、
お店に来ているゲストの雰囲気が、また極上だった。

「大人の隠れ家」が散在しているのも、この街の魅力。
春の午後は、穏やかに過ぎていく。

43

12


In New York where the popularity of boutique hotels rises,
they have also been built in the area that was once called Chinatown.
A cool bar suitable for adult scenes has opened,
it produces scenes that models and celebrities go out at night.

The hotel's main dining also launched a project inviting the world's top chefs,
From there the epidemic of the world will be transmitted again.
This restaurant, opened by Mr. Daniel Rose, an American chef who studied in France,
Earned the position of the top restaurant at the New York Times' food section.
It is a popular French restaurant as a restaurant that cannot be reserved.

Although both meals and services were superb,
The atmosphere of the guest coming to the shop was also excellent.

The "attraction of adults" is also scattered in this city.
Spring afternoon gently passes.

31


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

幼い頃から、少し年上の人と一緒にいることが多かった。
20代、30代の頃に、人生の少し先を行く先輩と過ごす時間は刺激的で、
人生のもっと先に進んでみたいという気持ちを高めてくれた。

今でも周囲には、少し前を歩く素敵な女性がたくさんいて、
だからこそ、あんな風に素敵に年齢を重ねたいと日々過ごしていられるし、
若い頃に戻りたいと、過去にしがみつくことがない。

一方で、近年は年下の女性と過ごす機会も多くなってきた。
今年初め頃に知り合った、ひとまわり以上年下の友人に食事に誘われた。
以前に拙著を読んでくださり、ずっと私を探してくださったという。
目をキラキラ輝かせて、その想いを伝えてくれる姿勢にも感動したし、
客観的に映る自分の背筋を正す機会にもなった。

つまるところ、男女も年齢も関係ないのかなと思う。
価値観とか、居心地の良さとか、人への優しさとか。
そういう部分で、人は惹かれ合うのかもしれない。

04


From an early age, I often stayed with someone older.
In my 20s or 30s, the time spent with my seniors going ahead of my life was exciting.
They raised the feeling that I wanted to go further ahead of my life.

Even now there are lots of lovely ladies walking a little while ago,
That's why I can spend my days to live a wonderful age like that.
I did not want to return to when I was young, I never cling to the past.

On the other hand, my opportunities to spend with younger women have increased
in recent years.
I was asked to have dinner night by very young friend who I met earlier this year.
She said that she had been reading my books for a long time and looking for me forever.
I was touched by her attitude to communicate her feeling,
it also became an opportunity to rectify my attitude that appears objectively.

In conclusion, I think whether gender or age does not matter.
Value, coziness, kindness to people.
In such a part, people may be attracted to each other.

18

49

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

37


2010年にミシュラン1つ星を獲得。
「世界一安いミシュランレストラン」として有名な飲茶の店。
ニューヨーク店舗展開には、日本の外食産業グループが参画。

当該グループ会長の御子息が古い友人で、
彼がまだニューヨークにいた頃には、よく一緒にワインを飲んだ。

あの頃も今も、ニューヨークでの飲茶人気は不動であるからして。
飲茶の店でお茶が有料というのが、いかにもニューヨークらしいけれど、
昼間からビール飲んで、たらふく食べて、20ドルで十分お釣りがくる。

そして夕飯のメニューを考えるのが億劫になる。

29


"Tim Ho Wan" won Michelin star in 2010.
It is a restaurant of famous dim-sum as "the world's cheapest Michelin restaurant".
For the New York store development, the Japanese industry "WDI group" participates.

The group chairman's son is one of my old friends,
By the time when he was still in New York, we often hang out and drank wine.

Even now and then, the popularity of dim-sum in New York is immovable.
It seemed nonsense that it was fee charged for Chinese tea at the dim-sum restaurant.
But we drank beer from daytime and ate as much with less than 20 dollars.

And it made me troublesome to think of the menu of family dinner.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

21

46


このところのニューヨークは天候が不安定。
突然真夏のように暑くなったり、台風のような大雨が降ったり。
雨や曇りマークの天気予報が続くと、私は気持ちも塞ぎがちなのに、
街にいるニューヨーカーは実に元気。

コートのいらない季節を、誰よりも早く長く楽しもうと、
とにかくみんな、外に出る。
肌寒くても、Tシャツ姿とサンダルで街を歩き、
サイドウォークカフェを開放する店が、どんどん歩道に進出してくる。

この季節は毎週末、マンハッタンのどこかでストリートフェアが開催されている。
日系店舗が1ブロックを占拠して、フェアを盛り上げることもある。
おにぎり、ラーメン、焼きそばと、日本の屋台が立ち並ぶ前には、
日本贔屓のアメリカ人が列をなし、
日系バンドのステージ前も、多くのニューヨーカーが足を留めていた。

世界のどこであっても、祭りは人々を笑顔にさせる。

45

28


The weather is unstable in New York these days.
Suddenly it became hot like summer, or we had heavy rain like typhoon fell.
When the weather forecast of rain and cloudy marks continues, I also feel negative.
But New Yorkers in town are really energetic.

In order to enjoy the season where coats are not needed faster and longer
than anyone else,
Anyway, everyone goes out.
Even chilly, they walk around the city with T - shirts and sandals,
The shops that opens the sidewalk cafe gradually occupy the sidewalk.

Every weekend of these season, we have street fairs somewhere in Manhattan.
Last weekend, Japanese shops occupied one block and excited fairs.
Before rice balls, ramen, yakisoba and Japanese stalls line up,
Japanese favorite Americans were in line,
Many New Yorkers had watched before the stage of the Japanese music group.

No matter where in the world, festivals make people smile.

51


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

立ち上げから10年以上、ずっとサポートしてきた寿司屋がある。
仕事として携わることは少なくなったけれど、
スタッフの1人1人が、個人的にずっと慕ってくれるのが嬉しい。

初代大将から数えて3代目の寿司シェフが、別のお店に引き抜かれた。
ヘッドハンティングが当たり前の米国では珍しくないけれど、
会社への忠誠心が高い日本人の場合、本人も周囲も最初は戸惑う。

世界のどこにいても、彼とはこれからもきっと繋がっているし、
世界に認められた彼を、先に見出していたということも誇りだから。
大いなるエールと共に、新しい旅立ちを祝している。

39

58


There is a sushi restaurant that I have been supporting for over 10 years
since its launch.
Although engaging in work together is now getting least,
It is my pleasure that each of the staff personally always contacts me.

The third sushi chef counted from the first chef was hired by another restaurant.
Although it is not uncommon in the United States where head hunting is common,
In the case of a Japanese who has a high loyalty to the company, both himself
and the surroundings are confused at the beginning.

Wherever we are in the world, I will surely be connected with him,
I am very proud that I found him before the world recognized him.
I am celebrating a new journey of him with great ale.

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

34


トシさんと知り合ったのは、確か2000年頃だったと記憶している。
共通の友人が、当時トランプタワーに住んでいて、
彼女が主催するホームパーティーの席で、よくお喋りをした。

まだ本名のまま、ブロードウェーのコメンテーターをしていた彼を取材して、
某雑誌記事の誌面で御紹介したのは、その数年後だったろうか。

TV番組のレギュラーを担ったり、劇評を書いたりしながら、
定期的にキャバレーショーを開催して10数年。
プロ野球始球式前の国歌斉唱という大役を担う彼の壮行ショーでも、
たくさんの地元ファン達が駆けつけて、トシワールドを堪能した。
タッグを組んでいるみぎわさんとの呼吸も素晴らしく、
たくさん笑った後、いつもの「True Colors」にホロリとした。

ゴールデンウィーク明け、福岡ドームの空に彼の歌声が響き渡る。
ニューヨークで活躍する人は、やはり世界が近い。

51

27

41


I remember having met Toshi in 2000 or so.
A common friend lived in Trump Tower then,
I talked with him a lot at her home party hosted by her.

Several years later, I interviewed him who was a commentator of Broadway
as still sis real name, and wrote his article in a culture magazine.

While playing the regular of TV programs and writing theatrical reviews,
he has held a cabaret show on a regular basis for ten years.
Even at his show last weekend, a lot of local fans gathered and enjoyed Toshi's World.
The teamwork with Pianist, Migiwa, was also wonderful.
We laughed a lot, and I always liked his standard, Cindy's "True Colors" as always.
He will play a national anthem singing before the Japanese professional baseball ceremony.

His singing voice reverberates in the sky of Fukuoka dome on May 9th.
For people who are active in New York, the world can be close.

07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

かつての職場であった航空会社は、
客室乗務員という職種で入社した社員にも、
社内の他の部署での地上研修という機会を与えてくれた。

ひとつの職種だけでなく、広く職場全体を体験することで、
会社全体の構造を知り、社内の風通しにも貢献する制度だった。
当時、機内ビデオや、乗務員向けの情報番組を作る部署があって、
彼女と私はそこの部署での研修辞令を受けた前任と後任だった。

小型カメラを抱えて、たくさんの取材に走りまわったり、
手にマイクを持って、キャスター代わりに番組進行をしたり。
ハードな業務内容と、厳しい上司の叱責に涙したこともあった。
あの時分かち合った想いがあったからこそ、
離れていた時間も、どこかでちゃんと繋がっていたのだと思う。

家族旅行でニューヨークを訪ねてきてくれた彼女が、
滞在中に少しでも多く会えるようにと、時間を調整してくれた。
昨秋、パリで開催したイベントでもさんざんお世話になったのに、
私はなかなか彼女にお返しできるものがない。

彼女が帰った後、心にぽっかり穴が空いてしまった。
でも、ずっと繋がっているから、近い将来またすぐに会える。
フランスとアメリカ、物理的距離は離れていても、心は近い。

34


The airline, which used to be the former workplace,
Even for employees who got jobs as cabin crew members,
It gave us the opportunity to conduct ground training at other departments
in the company.

By experiencing not only one job category but also the entire work place widely,
It was a system that knew the structure of the whole company and also contributed
to the ventilation inside the company.
At that time, there was a department that made in-flight videos for passengers and
information programs for crew,
She and I were the predecessors and successors who received the training instruction
in the department there.

We ran around with a lot of interviews, having a compact video camera.
We made a program progress on behalf of casters, holding the microphone
in hands.
We sometimes had tears by hard work content and reproach of a tough boss.
Because there were shared feelings at that time,
I thought that even the time we were away, we were connected properly.

She visited New York on a family trip,
adjusted the time to allow to meet me as much as she could during her stay.
Although she was so kind that she came to our event held in Paris last autumn,
I could nothing to do something for her in New York.

After she returned, there made a big hole in my heart.
But since we have been connected forever, we can meet soon again
in the near future.
France and the United States, physical distance is far, but the mind is close.

Deep Forest オフィシャルサイト

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

41

01


ニューヨークのアートエキスポに出展する。
一見たやすい響きだけれど、そこで成功するためには、
たくさんの仕込みが必要で、ハードルは決して低くない。

数年にわたるリサーチの後、まず主催者とのコネクションを強くする。
はてなしく広い会場で、何よりも交通量の多いブースを確保するように動く。
初めて出会った、新しい顧客に目を留めてもらうプレゼンをする。

ここで挑戦できる切符は、誰もが手にできるものではないし、
これまでと違う、次なるステージに飛躍するキッカケは、
まず前に一歩踏み出してみないことには、何も始まらない。

プロモーションや撮影取材に協力してくれた地元メディアの方々。
当日会場に足を使って駆けつけてくれた友人知人の皆さん。
いろんな形でサポートを申し出てくれた家族や親友たち。
互いをリスペクトして、何かと協力してくれた隣接ブースの出展者たち。
たくさんのプレッシャーのなか、共に駆け抜けてくれたアーティスト。

これまでにない実り大きな体験ができたことに感謝。
世界を舞台に活躍する第一線のアートが集まる、ニューヨークに感謝。

ニューヨーカーの家にお嫁入りした数々の作品を、丁寧にお届けしながら、
次の構想を考えている。

ニューヨークには、早くも初夏の風が吹いている。

10

04

41

53

14

57

26


To exhibit at Art Expo in New York.
It sounds easy at first glance, but in order to succeed there,
a lot of preparation was necessary, hurdles were never low.

After several years of research, first strengthen the connection with the organizer.
Since it was a quite huge venue, I pushed to ensure a booth with more traffic
than anything else.
We presented several performances to new customers who encountered for
the first time.

A ticket that can be challenged here was not something that anyone can get.
Unlike anything else before, kicking out to the next stage,
as long as we do not move forward, nobody knows what happen there.

People from local media who cooperated in promotion and photography.
Friends and acquaintances who came to the venue on the day.
My family and best friends who offered support in various forms.
Exhibitors at adjacent booths who respected each other and cooperated for
everything.
An artist who worked through with me in lots of pressure.

I appreciate that we had a great experience that we have never had before.
I thank to New York that the high-end arts gather in the world.

While carefully delivering numerous works that were bought by New Yorkers,
I am considering the following stage.

In New York, an early summer wind is blowing now.

20

53

11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

40

37

58

オフィシャル動画でも注目されました。Please Click here:AENY17-Saturday Highlights
連日、動画冒頭で紹介されました。Please click here: AENY17-Sunday Highlights
52
Next

かつての同僚が、同じ時期にニューヨークに大集合した。
今はそれぞれ違う国や仕事や立場にいるけれど、
こうしてふと集まれるという状況に、心底感謝。

何かあった時に、えいやっと前に進む勇気。
行動することこそが、すべての解決策になることもある。

凹んでいた私には、とてもありがたい時間だった。
何があっても裏切らない。それが大事。

33


A former colleague gathered in New York at the same time.
We are now in different countries, work and position.
I was thankful to the circumstances that we suddenly got together.

When something happens, we need courage to move forward.
"Make action" leads sometimes all solutions.

It was a great time for me who was in the bottom.
No matter what happens, we will not betray. That is one of the most important.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニュージャージー州にある日系スーパーと、米系スーパーをはしごする。
週末お決まりの、買い物コース。
平日仕事帰りの買い物は、手持ちで持てる量しか買えないけれど、
マイカーを出動する週末は、アメリカ的な大量買い。

マンハッタンに夕闇が迫る時間、ここに来るとあることを思い出す。
こんなに時間が流れても、あの時と同じ光景に映るのは、なぜだろう。

人は誰でも、たくさんの想いを抱えて生きている。

02


We went to a Japanese supermarket and US supermarkets in New Jersey.
It was the weekend ordinary shopping course.
Although I can only buy the grocery that I can handle on shopping after work on weekdays,
On weekend when we drive our car, we buy the large quantity.

The time that dusk approaches Manhattan, I remember one memory there when I come here.
Why does the same scene appear as that time even though time flows like this?

Everyone lives with many thoughts.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

05


ニューヨークでの和食人気は衰えることなく、
完全に確立した一つの文化になった。
その分「純和食」でないお店も稀でないし、
日本人以外の板前さんが寿司を握っている姿も珍しくない。

チェルシー地区に、新しい高級居酒屋がオープンした。
店内中央にオープンキッチンカウンターがあり、
プレゼン力の高いフュージョン和食というべきメニューが並ぶ。
刺身にドライアイス、ラーメンのスープもお客様の目の前でポットから注ぐ。

これぞ「ニューヨークの和食」というプレゼンは、
ラーメンをすするマリリンモンローの壁画が、決定的な象徴だった。

「BENIHANA」を和食のスタンダードにしたロッキー青木氏の遺志を、
確実に受け継いでいる居酒屋の誕生だといえよう。

49

27

11

52


The popularity of Japanese food in New York does not wane,
It became a completely established one culture.
The store of 'Fake Japanese food' is not rare,
It is not uncommon for figures that non-Japanese chef make sushi.

A new high class tavern opened in the Chelsea area.
There is an open kitchen counter in the center of the store,
Menu that is called Fusion Japanese food with high presentation ability line up.
Sashimi is served with dry ice, and ramen soup are also poured from the pot
in front of customers.

It was the presentation of "New York's Japanese food".
The mural painting of Marilyn Monroe eating ramen was a decisive symbol.

It can be said that the birth of an Izakaya of Mr. Rocky Aoki who made "BENIHANA"
the standard of Japanese fusion food.

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

40


マンハッタンの公共道路には、たいてい路駐ができるスペースがある。
場所によってはチケット制であったり、曜日制であったり。
路駐によって道幅は狭くなり、明らかに交通渋滞の原因になっているけれど、
車両数に対して圧倒的に駐車スペースが少ないから、
路駐制度がなければ、マンハッタンの経済は動かないのだろう。

自宅前のレキシントン通りに、数日前から「路駐禁止」の張り紙が貼られた。
案の定、昨日からハリウッド映画のロケが始まっている。
大きなコンテナ車の中には、たくさんの衣装や休憩所もある。
野外テントが張られ、スタッフには終日ケータリング食が賄われている。

撮影の舞台となっているダイナーは、まさに古き良き時代のアメリカ。
こんな空間が今でも残っていることが、この街の誇り。
ここに来れば、「ザ・アメリカン」な食事にありつける。

映画館のスクリーンに、よく知る光景が映るのは、なんともこそばゆい。
日本映画「シン・ゴジラ」大ヒットの原因も、きっとそこにあったのだろうか。

51

20


On Manhattan's public road, there is usually a space where you can park.
Depending on the location, it may be a ticket system or a weekly system.
Road width narrows by roadway, obviously causing traffic congestion.
Since the parking space is overwhelmingly less with respect to the number of vehicles,
Manhattan's economy will not move without a system of parking.

A few days ago, "No Parking" sticker was stuck on Lexington Avenue in front of
our apartment.
Sure enough, the shooting of Hollywood movies has started since yesterday.
There were many costumes and rest areas in a large container car.
An outdoor tent was set up, and the catering food was financed all day to the staff.

The diner which is the stage of filming is exactly the United States of good old days.
It is pride of this city that such a space still remains.
If you come here you can have a "The American" meal.

The fact that the scene we know well is reflected on the screen of the movie theater,
is absolutely fun.
The big hit of Japanese movie “Shin Godzilla" may have been the same reason surely.

30

40


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next