Blog

眠れぬまま朝を迎えた。
民主党でも、共和党でもいい。
障害者を馬鹿にした人が大統領になるということ。
匿名の誹謗中傷で傷ついた月日を思い出す。
また悪夢が始まるのだろうか。

23


I couldn't sleep through the night.
People don't care either Democratic or Republican.
A person who made a fool to disability became a President.
Due to anonymous slander I had wounded for years.
I wonder if the nightmare will start again.

16


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

32


ニューヨークでの人気レストランは、3か月先まで予約がいっぱい。
そんな常識がまかり通るのも、世界一のファインダイニングが集約しているから。

世界最高峰の料理とサービスを満喫した後に、
今度はその裏側を見せていただく「おもてなし」を受ける。

舞台裏は戦場かと思いきや、お見事なほどに美しい。
猛烈な忙しさの中でも笑顔を絶やさないシェフやパティシエが、
あの究極の料理を生み出しているのだ。

超一流には、表も裏もない。
究極のおもてなしが、ここにも存在する。

54

24

37


Popular restaurants in New York are full of reservations until three months
ahead.
Because the world's finest dining is consolidating, that common sense is
going through.

After we enjoyed the world's best food and service,
we received the "hospitality" that showed the back side.

We thought that back stage was as battlefield, but it was very beautiful.
A chef or a patissier who keep smiling even in a busy situation, was creating
that ultimate dish.

The super top notch has both front and back
The ultimate hospitality exists here as well.

36


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

26


「おもてなし」という言葉の意味を考える。
表裏のない態度で歓待することが、ホスピタリティーの極み。

お迎えするお客様が、どんなことを望み、
どんなことで御満足いただけるかを、考える。

美術館や名所スポットを案内する。
ニューヨークという街のハイエンドとボトムの両方を知っていただく。

全力を尽くしても、まだまだ出来なかったことがある。
やり残したことがある。
伝えられなかったことがある。

だから、続きが生まれる。
明日はもっと自分が大きくなろう。

02

18



Think of the meaning of the word "hospitality".
The ultimate of hospitality is to welcome in honest, no doubt.

Think about what customers would like to do,
also what they can be satisfy.

I guide museums and attractions.
I try to let them know both the high end and the bottom of the city of New York.

Even if I did my best, I had not done it yet.
I had left something behind.
There was something I could not tell.

So, a continuation is born.
I will become bigger person.

21


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

12
Next

02

57


日本から来た起業家プロデューサーの取材を企画する。
取材枠にふさわしい対談相手を探し、まず交渉。
そして記事掲載してくれるメディアに売り込む。

たくさんの仕込みと事前準備を整えて、
NY起業家の発祥地ともいえるシェアオフィスでの対談が実現。
日本の一起業家が、グローバル企業のCEOと対談するという稀な機会。

どんなに小さな企画でも、そこに愛があることが大前提。
御協力いただいた周囲の方々に感謝あるのみ。

23

13


I planned an interview of entrepreneur producers coming from Japan.
I looked for a counterparty who was suitable for the news gathering theme,
and negotiated him first.
And I asked to take it to the media that will post articles.

We prepared a lot of preparations in advance.
An interview at a share office as the birthplace of NY entrepreneurs was
realized.
It became a rare opportunity for a Japanese entrepreneur to talk with CEO
of global company.

Even small projects, there should be a love as the major premise.
I appreciate the surrounding people who cooperate me every time.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

57


ニューヨークでよく稼ぐ人は、本当によく働いている。
「好きな時に、好きな場所で、好きな仕事をする」
そんなビジネススタイルの提言を、どう受け止めるのか。

起業家プロデューサー星渉氏と、ビジネスコンサルタント鈴木実歩女史。
今、日本で大人気というお二人のNYセミナー開催依頼をお引き受けしたのは、
私が偶然日本にいた今年の7月。
御主人が駐在を終え、秋に日本帰国が決まっていた友人、
青木理恵さんから引き継いだものだった。

米国ではまったく無名な上、セミナーは日本語オンリー。
ステータスのある会場での企画は、清水の舞台覚悟の上だった。
ニューヨーカーは、夏が終わるとすぐに年末までの予定を立てるから、
一刻も早い告知が必要だったけれど、
日常業務で忙しいお二人を、早々に巻き込むわけにもいかなかった。。

ただただ、自分の足と口コミを使って、集客を始めたけれど、
周囲の反応は当初冷ややかだった。
私一人が動き出したところで、当人達の必死さが伝わらない限り、
周囲のサポートすら尻つぼみになっていきそうな気配が漂っていた。

ワーキングホリデー制度のない米国では、
彼らのターゲットとしている層が存在しないというのが一番のネックだった。
苦労して滞在ビザを取得して、すでに起業・就業している人達に、
どうやって訴えれば良いのだろうかと考えた。

デジタルの世界、ネットワークビジネスで活躍してきた彼らを、
あえてアナログの世界で繋ぐことだけが、私にできることだった。
途中何度も心が折れそうになったけれど、
ずっと支えてくれたのは、ニューヨーク在住歴の長い友人たち。
そして海の向こうに住む日本の友人たち。

「ファッショナブルレイト」「ドタ参」の多いニューヨーカーには、
セミナー当日まで情報を流し続けた。
最後の参加者は、セミナー開始の23分前にチケットを購入してくれた。

*****

昼の部と夜の部を合わせて100人以上の方々が集結。
星さんの話も、実歩さんの話も、ニューヨーカーにとっては新鮮で、
御自分のビジネスを客観視するキッカケになったという感想が相次いだ。

一夜が明けて。
壇上でMCをした時に、誰よりも「アウェイ感」を抱いていたのは私だった。
緊張で声が震えていたことを、後ろの席で見ていた友人は知っている。
それでも、温かく迎え入れてくれた会場の皆さんに感謝。

楽しいこと、ワクワクすることのお手伝いなら、いくらでもやってみたい。
いろんな人繋ぎを、これからも続けていこう。

51

25


People who earn well in New York, is working really well.
"Work when you like, at your favorite place, for favorite business."
How the New Yorkers think about such a business style?

There were Mr. Wataru Hishi, a entrepreneur producer, and Ms. Miho Suzuki,
a business consultant.
It was July of this summer when I got the offer to hold NY seminars from two
popular consultants in Japan.

I took over this mission from my friend, Ms. Rie Aoki, who was supposed to
going back to Japan.

They have known well in Japan, but nobody knows them in the United States.
For the seminars in Japanese, the venue was decided for Nippon club that was
one of the top status.
We had to make announcement as soon as possible, since New Yorkers make
a schedule of the end of the year when the summer ends.
But I could not involve them because they were very busy in the day-to-day
operations.

I started to promote them, using my feet and reviews, but reaction of the
surrounding was initially nothing.
Even if I cheered them, people were not interested in it as nobody felt their
emotional activities.
And everybody felt it might become ass bud.

There is no visa status for Working Holiday in the United States.
The weak point was that their target layer did not exist here.
People who in the U.S. were already struggling to get the stay visa, and
had become entrepreneurial and employment.
So we had to think different way to collect the guests.

They have been active in the digital world and the network business.
Only thing I could do was to connect the world by analog.
My heart was going to break off many times.
But thanks to my dear friends in New York and Japan, I had supported in
many ways.

Among New Yorkers, "Fashionable Late" and "Sudden Participating" was
very common,
So I continued to announce the information till the day of seminar.
The last participants, bought a ticket 23 minutes before the seminars started.

*****

As a result, more than 110 people gathered to the seminars of the noon and night.
Stories of them were very fresh to New Yorkers,
and we got the numerous comments that it became an opportunity to
objectively view their own business.

Overnight was dawn.
When I was MC on stage, I had been feeling "Away".
That my voice was trembling with tension, a friend who was at the back
of the venue had known.
Nevertheless, thanks to everyone in the venue warmly welcomed them.

I want to plan plenty events if each one makes people to have fun and
excited.
I'll continue to connect people and people to the world.

21

13

21

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

41

28
Next

43


10月はイベント続きで、よく飛びまわった。
パリ、東京、ニューヨーク。
それぞれまったく違うジャンルの企画だったから、
常にいろんな思考が交錯して、ずっと気持ちが張っていた。

気がつくと、ニューヨークはすっかり秋色に染まっていた。
郊外の紅葉も、街中のオレンジ色も。
寒い冬が近づく心の準備を煽り立てる。

「トリックオアトリート」の声が響き渡ると、
ここから一気にホリデーシーズンの幕が開ける。

46


I was travelling over the world in October for the events.
It was in Paris, Tokyo, and New York.
Because I was joining to plan a completely different genre, respectively,
Always various thinking had been interlaced, I've never relaxed.

When I was noticed, New York was completely steeped in autumn.
There were autumn leaves in the suburb and orange color in the city.
They carried to prepare the mind the cold winter approached.

After we hear the echoing voice of "trick or treat",
Curtain of the holiday season will be opened at once.

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

03


「今度のクミシュランは、お寺の本尊で開催したい」
そんな依頼を受けて動き出したのが今年の夏。
「すでに決まっている会場では、どうもしっくりこなくて」
イベントにかける主宰者の熱意を聞くたびに、
何か力になれないかなと考えた。

ボディーワーカーとアフリカンパーカッションのセッションを、
厳粛かつ神聖な場所で味わっていただきたい。
国宝級の仏像が立ち並ぶお寺では、その音量よりも振動が難しい。
いろんな遠回りをしたけれど、都内にある武道場が快諾してくださった。

ボディーワーカーという職業すら知らなかったけれど、
宇宙と身体と心は、全部つながっていることを再認識した。
セネガル人と日本人が奏でるパーカッションは、
ズシリと響いた後の開放感がたまらなかった。

「身体と意識と心のグルーヴ」という壮大な時間旅行。
底知れない発想力を持った主宰者のふわっとした構想を、
現実的なステージとして形にする舞台裏の人たち。

世界の舞台で活躍するアーティストを、手の届く距離で体感する。
唯一無二の体験が、ここからずっと生まれていく。

38

49

26

40-1


"I would like to hold next Kumichelin at the temple of the Buddha."
I made action in response to such a request this summer.
"I feel that a venue that is already decided, is not match for next event."
Each time I heard the enthusiasm of Ms.Minagawa to the event,
I wanted to help her in some way.

It was the session with a body worker and African percussion.
She wanted to welcome members in a solemn and sacred place.
I was said that in the temple where the Buddha of national treasure statue-lined,
it is difficult to vibration than sound volume.
But after a lot of detours, a master of martial arts field in Tokyo readily agreed.

I did not know even the profession of body worker,
But I re-recognized that space, body and mind are connected all.
After I listened the percussion played by Senegalese and Japanese,
I felt my heart's openness.

We went to time travel called "the groove of body, consciousness and mind" .
There is a concept of the principal with a unfathomed imagination.
There are behind-the scenes members who form it as realistic stage.

People can feel the artists who are active on the world stage, at a distance of reach.
One and only experience, will be born from here.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

46


ニューヨークのフランス料理界でトップ3に入るレストラン「ダニエル」。
メインダイニングの予約を取るのも困難だけれど、
さらに狭き門のシークレットスペーズがある。

「スカイボックス」と言われるその空間は、
オーナーシェフ・ダニエルブルー氏のオフィスすぐ横にあり、
1日1組だけのお客様をお迎えするプライベートな聖域。
40名以上のキッチンスタッフが働く1,800スクウェアフィートの厨房を
上からぐるっと見渡せる位置に、
ガラス張りのサロンが宙吊りになっている。

ほぼ垂直の梯子のような階段を上がって、そこに辿り着くと、
モダンな家具と書籍が並ぶ、小さな空間がそこにある。
ダニエルブルー氏が御挨拶に見えた後は、
厨房という生きたアートを眺めながら、
季節感満載のジビエ中心、フルコースのおもてなし。

現場を指揮するシェフとスーシェフが、たまに気を使って
手をふってくれる。
表に見えない裏側こそが、レストランの主役だということを
痛感する。

まだまだ知らないニューヨークの穴場。
世界の中心ニューヨークは、知れば知るほど奥が深い。

29

03

33

25


The restaurant "Daniel" is one of the top three in the French cuisine world
of New York.
It is also difficult to make a reservation for the main dining room,
But in addition there is a secret space more difficult gate.

There is an exclusive spot called "The Sky Box".
It is located to next to the office of the owner chef, Daniel Boulud.
He welcomes only a set of customers one day to his private sanctuary.
The glass-enclosed dining salon is suspended above the 1,800 square
foot state of the art kitchen where 40 or more kitchen staff works.

We arrived there, using the such as the nearly vertical ladder.
The space lined with modern and neo-classic furniture and books was
like a small library.
After Mr. Daniel Boulud came to greeting and enjoyed chatting,
While watching the live art of the kitchen,
We enjoyed the gibier food, the full course of the season.

Top chef and sous chef sometimes cared us from the kitchen waving a hand.
We were keenly aware that the leading role of the restaurant was the kitchen
that was invisible from the stage.

There are still many secret places in New York.
It is much more deep world even though I live here more than 15 years.

11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

02


日本の地下鉄は、乗換え用の連絡通路が充実している。
雨が降った時には、地上に出なくても、
二駅分くらい地下道で移動出来るところもある。

ニューヨークの地下には、大きな駅でも必要以上の通路はない。
階段を降りた先に、デリとシューフィッターがあるだけで、
少しでも早く、地上の空気を吸いたいと思ってしまう。

しかしようやく最近事情が変わってきた。
暗く閑散とした通路に流行りのショップやカフェがオープン。
雨や寒さしのぎ以外でも、地下街を通るのが楽しくなる。

開発はまだまだこれからだけれど、
日本のデパ地下のような空間が、もっと生まれてほしい。

29

30


Subway in Japan, connecting passage for the transit has been enhanced.
When it rains, even if we don't go outside,
But we can move a place about two station minutes in the underpass.

In the New York underground, there were not more passages even at the
major train station.
After we got off the stairs, only there were deli and a shoe fitter.
Even a little earlier, I wanted to breath in the air on the ground.

But the situation has been finally changed recently.
In the dark and quiet passage, vogue shops and cafes have been opened.
Other than escape from rain and cold, it makes fun to pass through the
underground mall.

Development will be continued more.
Hope such as the basement store of Japanese department store will be born.

31

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

たった一枚の写真を載せるだけで、余計なことは一切言わない。
今日も頑張った自分達を「オツカレ!」の一言でねぎらう。

友人は諸事情により投稿を自粛したけれど。
「今日のオツカレ」を楽しみにしている仲間のために。

師匠の構図には、なかなか追いつけないけれど。
こうして集まってくれる仲間の存在が、何よりの宝物。

18


He just put only one photograph, and did not to say extra thing at all.
The word of "Otukare!" make relief to oneself and fellows.

He has been refrained his post by various circumstances.
For fellows who are looking forward to the "Today's Otsukare".

Though I cannot catch up the skill of my master,
I thank my fellows who share the time every time.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

07

Next

56

58


イベントがあった両日共、ソラは夜の通常営業をした。
1階と地階のテーブルをすべて入れ替えて、昼夜の仕込みをする。
その日のマルシェでの仕入れに応じて、おまかせメニューを考案する。
食材の状態によっては、急遽メニューを変更することもある。
計り知れないシェフの負担を想うと、ただ心苦しい。
だからこそ、絶対に失敗の出来ない企画だった。

すべてが終わった夜、改めてレストランを訪れた。
イベント中に何も口に出来なかった私達のために、
シェフがもう一度すべての料理を再現してくれた。
こんな美味しい料理が、あの時にサーブされていたことが誇らしい。

キッチンスタッフ、サービススタッフ。
連日満席で賑わう店内の空気と、
世界で通用するクオリティーの高さに、
ここがパリだということ、その事実を噛み締めた。

営業を終えたメンバーが、グラスを片手に集まってくる。
目に見えない裏舞台の報告に、改めて個々の人間味を感じて涙する。
表に立つ主役は、シェフとアーティストの二人だけだけれども、
それを支えるチームとしての力をも極めたい。

2016年秋、以前と変わらぬパリの街に励まされる。
日本人として、世界で何ができるだろう。
今はちっぽけな活動でも、いつか必ず大河につながる。
人生に「もし」はないから、目の前にあることをやるしかないのだと。

30

30

31


On the event's days, they opened Sola restaurant for dinner as same as usual.
They replaced all tables of the first floor and the basement, and prepared the
cooking for the lunch and dinner.
Depending on the purchase in the Marche of the day, Chef Hiroki Yoshitake
devises an Omakase menu.
Depending on the condition of the food, he has to suddenly change the menu.
I was sorry for the burden immeasurable of the chef.
So, the planning of the event was must not absolutely be a failure.

Night that all was over, we visited again restaurant.
For us that could not be eat during the event,
The chef reproduced once again all of the cooking.
We were very proud that they served such a delicious cuisine at the event.

There were perfect the kitchen staff and the service staff.
We felt the air in the restaurant crowded with fully booked every day.
It was the best quality of world-class in Paris.

The team members who finished the business came to join to drink.
By hearing the back stage report which is not visible to the eye, I was impressed
by the individual human touch.
Just two heroes, the chef an artist were the most important,
But the team power should also extremely important to support them.

In autumn in 2016, I was encouraged by the previous and abiding city of Paris.
As a Japanese, I wonder what can be done in the world.
Even in the tiny activity now, hope it will lead to the big result someday.
I only do that I can.

17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

56
Next

42


シェフ吉武広樹氏とは、別の仕事で知り合った。
パリに戻る飛行機を待つ空港で、アーティストさとうたけし氏の動画を見たと、
高揚したメッセージが届いた。
「一緒にワクワクする企画を立てましょう」

シェフとアーティストを繋ぐのが、第一段階の役目だった。
コンラッド東京でのパフォーマンス。
山形蔵王のチャリティーイベント。
一緒の空間にいるはずなのに、シェフもアーティストも個々の出番があるから、
互いの実演を見るチャンスを逃してしまう。

3度目の正直。
初夏、東京のイベントに表敬訪問してくれたシェフのために、
盛夏、アーティストが熊本震災チャリティーイベントに足を運んだ。
二人は秋にパリでの再会を約束した。

シェフもアーティストも日常業務で忙しく。
パリとNYと仙台、世界3地点での同時スカイプミーティングは、
たった2回しか出来なかった。
その間を繋ぐ私は、一流同士がぶつからないよう、直球や変化球を織り交ぜながら、
互いの意思を、地球の反対側に繋いでいった。

料理の試作に、徹夜でキッチン作業が続いた。
選曲や演出制作に、繰り返したトレーニングは数知れず。
一流としてお客様をお迎えするための、一流としてあるべき後ろ姿だった。
二人のプロの士気が、舞台裏の空気を引き締めた。

パリの人々、たくさんのメディアやジャーナリスト達が見守るなか、
「食とアート、夢のコラボ企画」が、ついに実現した。
キャンバスに描かれるペイントの色が、そのまま料理にシンクロしていく。
目の前で見たアートが、お皿の上でもう一度再現される。
デザートプレートには、パティシエが登場してスプラッシュ。
アーティストが最後の描線を入れると、パリの歴史が完成する。

その場で体感しないと分からない、文字では伝わらないものがあった。
このシェフと、このアーティストだからこそ、実現できた企画だった。
実演中にもどんどん進化していく二人の様子に、
この企画の新しい可能性を確信した。

すでに次のステージの構想が生まれている。
このタッグにしか出来ない企画が、そこにある。
当日お越しいただいたすべてのお客様と、
ソラとライブペイントアクトのスタッフ全員と、
シェフとアーティストに、感謝をこめて。

私は実りある人繋ぎで、世界をもっと繋げたい。
フードとアートの可能性を信じている。

07

43


I met a chef Mr. Hiroki Yoshitake in a different job.
He saw the video of an artist Takeshi Sato, that was one I asked him to
watch it before, at the airport when he waited for a plane returning to Paris.
Uplifting message has arrived to me.
"Let's make a plan to be excited about together."

My role of the first stage was to connect the chef and artist.
There was a performance at the Conrad Tokyo, and a charity event at
Yamagata Zao.
Though they were together in the same space, because they had individual turn,
They missed the chance to see a demonstration of each other.

Third time was a charm.
Early summer, for the chef who had paid a courtesy visit to the event in Tokyo,
Midsummer, the artist had joined up for the charity event for Kumamoto earthquake.
Two guys promised to meet again in Paris in the fall.

They were very busy with day-to-day operations.
We had just twice simultaneous Skype meeting in the world's three point, Paris,
New York, and Sendai.
I connected the meantime, so that the first-class chef and artist not hit each other,
while weaving a fastball and breaking ball.
Each other's intention, went connected to the opposite side of the Earth.

The chef worked in the kitchen through the nights for the prototype of the cooking.
The artist repeated the training with selected music and directing production.
It was their first -class effort to welcome the first-class customers.
Two professional morale tightened the air of behind-the-scenes.

In front of Paris people, media and journalists,
"Dreamy collaboration project of Food and Art" was finally held.
The color of the paint to be drawn on the canvas, continued to synchro to food.
The artworks seen in front of the eyes, reproduced once again on the dish.
At the dessert time, a pastry chef came to splash the chocolate on the plate.
When the artist put the last painting, history of Paris was completed.

It was something that only people who came to the event could feel.
This event was able to realize by this chef and artist.
Two guys continued to evolve rapidly even during the demonstration,
I was convinced the new possibilities of this project.

A vision of the next stage has already born.
It is planning that can be only in this team.
For all customers who came on that day.
For all team members of the restaurant Sola and LIVE PAINT act.
For my chef and my artist.
I would like to thank for all.

I want to connect to the world more by connecting people.
I believe the possibility of food and art.

47

10

06

58

53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

当日の動画はこちら。Please click here to watch the movie.

22

05


Next

比翼にJALの文字が見えるだけで、安堵する。
深呼吸をして、東京を駆け抜けよう。

24


I've relieved when I saw the character of JAL on the wing.
After taking a deep breath, let me go through the short stay in Tokyo.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

いつも私を遠くから励ましてくれる友人から、
最愛の奥様の訃報が届いた。

「僕は妻を守れませんでした」
その言葉に、彼女への愛がすべて詰まっていた。

直接力になれないけれど、
仲間はずっとここにいるから。

遠くから、祈らせてください。
R.I.P.

19


From a friend who always encouraged me from a distance,
an obituary of beloved wife has arrived.

"I could not protect my wife."
All love for her had been jammed in its words.

I cannot help you directly,
But we, your friends, are here.

Please let me pray from here.
R.I.P.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

45

02


パリでたった1日、予備日があった。
「モンサンミッシェルでアートトリップしよう」

地元の電車とバスを乗り継いで、片道5時間。
未明に出発しても、夕刻のアポ時間までにパリに戻れるのか。
キャンバスと機材を担ぐのは、二人でも何とかなる。
しかしフランス語での乗り換えが不安だった。

地元の友人に声をかけて誘っても、
あまりの強行スケジュールに、やんわりと断られてしまう。

「ウィ。美香ちゃんに頼まれたら、行くしかないわ」
ドルドーニュから6時間かけて、パリのイベントに来てくれた先輩が、
モンサンミッシェルまでのアテンドを引き受けてくれた。
姐御タイプの彼女が、終日私達の女神だった。

フランスの西海岸に浮かぶ小さな島、モンサンミッシェル。
強風にあおられながらも、雲ひとつない青空に救われた。
堤防を歩いて渡る人々が、遠巻きに覗き込む。

透明なキャンバスに表から素描を描き、
裏から色を入れると、孤島の聖地が浮き上がった。
拍手の音が聞こえるなか、あっという間に撤収し、
帰り道にようやく、その日最初の食事にありつく。

「次はロンドンとバルセロナでやろう」
言霊は必ず実践に繋げたい。
先輩とも再会を約束して、皆それぞれの帰路につく。
それぞれの日常の先に、世界を繋ぐ夢がある。

40

20

47


There had a day of preliminary date in Paris.
An artist said, "Let's do Art trip at Mont-St-Michel"

It took for five hours one way with the local train and bus.
Even if we leave for there before dawn, we were not sure whether we could
return to Paris until the evening of appointment time.
An artist and I could carry the canvas and the equipment by ourselves.
But I was very anxiety the connection of the local train and bus in French.

We asked the local friends to help us, but they did not agree to the mandatory
schedule.

" Oui, I couldn't deny it if I was asked by Mika."
My friend Yuki, ex-coworker of JAL, who came to Paris for the event from
Dordogne asked to help us to attend to Mont-St-Michel.
She was our goddess throughout the day.

Mont Saint Michel is a small island, floating in the west of France.
While being fanned by strong winds, there was in the cloudless blue sky.
All people who walked across the embankment looked us from there.

An artist drew a sketch from the front in a transparent canvas,
At the moment when he painted colors from the back, the holy place of the
island was seen.
Among the sound of applause, we quickly withdrew.
On the way to the station, we had a small break and took the first meal.

"Next, Let's try to do in London and Barcelona."
I want to connect Kotodama to the reality.
We promised to meet again, and returned to each routine.
We have a dream to connect the world by the art.

36

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

24
Next

27


ニューヨークはスッキリしない天気が続いていて、
一雨ごとに秋が深まり、急激に気温が落ちてきた。

これまでに何度も、このネズミの話題を取り上げてきたけれど、
相変わらずコイツが佇んでいると、やっぱりちょっと怖い。

傘の花が開く街中で、頭の上からジーッと睨まれながら、
待ち合わせ場所に急ぐ。

史上最高の寒さと予報される今冬は、
長いダウンコートとあったかいハートを探してみよう。

43


This week has been rainy days in New York.
After every rainfall, it has been rapidly falling air temperature.

I have been taken up a topic of this mouse many times.
But if this guy stands, I am still a little scary.

While I had been stared by him from the top of the head,
I rushed to the meeting place.

This winter will be forecasted the best ever cold.
Let me look for a long down coat and a warm heart.

05


過去ブログ「ネズミの襲撃」

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨーカーは健康志向が高いとよく言われる。
ストイックに走り、汗を流し、体型を整える。

しかし1年のうちの大半を「寒いね」という会話で始まる
気候の中で生活しているから、
現実的にアウトドアで運動できる季節はごく限られている。

私は生来ものぐさで、自分のことにあまり関心が持てないから、
10年前の洋服でも構わずに着てしまう。
しかし友人にそれを指摘されると、やはり少し滅入る。

まずは体型を見直そうと、ジム通い。
ホットヨガ以外、定期的な運動はしてこなかったから、
こんなにも使っていなかった筋肉があったのだと驚いてしまう。

しなやかな筋肉を身につけて、しなやかに歳を重ねる。
しなやかな性格を身にまとい、しなやかな女性を目指す。

小さな目標を達成したら、新しいドレスを買ってみよう。

29


The New Yorker is often said they have a strong health-conscious.
They run to the stoic, sweat a lot, and shape the body.

Because we live in the very cold climate,
Realistically the season that you can exercise outdoors is very limited.

I am very lazy, and not able to have much interest in myself.
So I would wear the cloths of 10 years ago without hesitating.
But when I was pointed out it from my friend, I had depressed a little.

First, I reconsider the shape of body, I started to go to the gym.
Other than hot yoga, because I did not do the regular exercise,
I was surprised that there was a muscle that I was not use so much.

Wearing supple muscles, I will get the supple age.
Dressed in supple personality, I will aim at supple woman.

Once I achieve a small goal, let me buy a new dress.

42

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

日系パーソナルジムがニューヨークに上陸
Next

21

31


今年の初めに、ぼんやりと想い描いていた企画があった。
(その時のブログは、こちらをクリック)
蔵王で出会ったシェフとアーティストが意気投合した。

パリと日本とニューヨーク、時差の大きな3地点で、
アウェイのニューヨークは朝5時にスカイプを受ける。

主役となるシェフとアーティストがいるからこそ、
その意気込みをきちんと形にしていきたいと思う。

きっとここから、また新しい可能性が生まれる。
世界への挑戦は、とにかく前に進むのみ。

30

50


At the beginning of this year, there was a plan that I had been drawn
vague feeling.
(Click here to see the blog on that day.)

A chef and an artist met at Zao and hit it off.

Paris and Japan and New York, in the time difference of three places,
I receive the Skype call at the morning 5:00.

Because there are chef and artist as protagonists,
I would like to properly form their enthusiasm.

I'm sure new possibilities will be born from here.
To challenge to the world, we will just go forward.

10

00


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

SOLA x LIVE PAINT act. event on JAL HP !!
Next

24


フランス料理店の大御所の一つ「ジャン・ジョルジュ」は、
セントラルパークの西側、トランプホテル&タワーの一階にある。

トランプ候補とクリントン候補の直接対決があったその日。
そこで食事を楽しむ人々を鑑賞するのも、楽しかった。

隣の席の老夫婦は、イギリスから旅行でやってきた。
一週間の滞在中に、毎晩最高級のお店を予約しているのだという。
大きな円卓には、ビジネス会食と見受けられる面々が肩を並べ、
正面には初々しいカップルが、終始笑顔を放っている。

店の看板ともいえる総支配人のキビキビとした動き。
指先まで緊張感の漂うサービスを提供するメートルドテル。
レセプショニストのお見送りは、京都を思い起こさせる。

料理とワインとサービス。
格式のある店としてのプライド、お客様側のプライド。
そのすべての調和が美しい空間が、ここにも存在する。

15


"Jean-Georges" is one of the grand restaurant of French cuisine in
New York.
It is located on the first floor of the Trump Hotel & Tower at the west
side of Central Park.

We went there on the day that had a direct confrontation of Trump
candidate and Clinton candidate.
It was fun to watch the people who enjoy the meal there.

Elderly couple of next seat was traveling from the United Kingdom.
During the stay of one week, they had reserved the finest shops every
night.
At the large round table, there had a business lunch.
An fresh couple in front of us had emanated smile from beginning to end.

A general manager worked briskly.
Maitre d'hotel provided a perfect service.
The send-off of the Receptionist was reminiscent of Kyoto.

Food and wine and service.
There is a pride as a Michelin three stars restaurant.
Also the people have prides as good customers.
The beautiful space of all harmony is also present here.

02


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨークにある高級フランス料理店の最高峰と言われる「パーセ」。
シェフおまかせコースのみの提供で、3か月先まで予約いっぱい。

最高の料理と、最高のサービスと、最高のシュチュエーション。
「最高」以外の、余計な言葉はいらない。

とっておきの席を用意してくれた、とっておきの友人に感謝をこめて。
最高のおもてなしを、ありがとう。

42


Restaurant "PER SE" is said to be the pinnacle of fine French cuisine
in New York.
They provide only the chef Omakase course, and it is booked up to
three months ahead.

The best food, the best services, and the best situation.
Other than the "highest", extra words do not need.

I had gratitude to the much-valued friend who had best hospitality.
Nicolas and Martin, you are the best.

03


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

19

08


マンハッタンの御自宅を開放し、NY式部会を主宰していらした
青木理恵さんの帰国が決まった。
5年半の駐在生活中に、NY近郊に住む日本人女性たちに声をかけ、
交流や学びの場を提供してきたその功績は大きい。

NY式部会の最終イベントは、サウンドヒーリング、
そして理恵さんの送別会。
参加者全員が異口同音に、彼女への感謝を伝える。

私は長くNYにいるけれど、まだまだ知らない世界ばかりで、
まだまだ出来ていないことが多過ぎる。
そんなことを考えながら、帰宅の途につく。

お土産で頂いたアイシングクッキーの美しさに、
日本人の才能には限りがないと感じた。

私なりの方法で、式部会の想いを繋いでみよう。

23

57


Ms.Rie Aoki, who established NY Shikibu-kai, will go back to Japan.
During the five-and-a-half year, she organized multiple small seminars for
Japanese women living in NY suburbs.
Its achievement that has provided the exchange and learning place was great.

The final event of NY Shikibu-kai, Sound healing and Rie's farewell party,
was held yesterday.
All participants conveyed the gratitude to her.

I have been in NY for many years, but there is still the world where I do not know.
There are many things that I cannot do now.
While thinking such a thing, I came back to my place.

The gift I received was the beautiful icing cookies.
I think the Japanese talent has no limitation.

Let me connect the concept of Shikibu-kai to the people.

35


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

29

©式部会
Next

57

43


リオパラリンピック視察の途中でNYに立ち寄った従姉と、
連日ミーティングに参加した。
今でこそ、LGBTという言葉が世界に浸透しているが、
ニューヨークでのその歴史は長い。

ミッドタウンには、専門のマーケティング会社があって、
明るくセンスの良いオフィスで、かっこいいスタッフが
楽しそうに働いている。

ウェストビレッジにあるコミュニテイーセンターは、1983年設立。
以前の建物は、人目を避けて密会をしていた彼らのために、
窓や戸口の狭い造りだったという。
昨今の改装後は、モダンな佇まいに、一般客の訪問も絶えない。

キースヘリングが通って描き上げたバスルームのアート。
当時のニューヨークタイムズは、その刺激的な内容に
記事を差し控えたという。
化粧室には全性用の表示。
図書館にはLGBT専門の蔵書が立ち並ぶ。
こんな貴重なものが見られる機会に感謝。

2019年ラグビーワールドカップと、2020年東京オリンピックのために、
こんなところからも、仕込みが始まっている。
世界でバズを起こすための、ワクワクする企画が生まれていく。

37

02

05

23

13

50


I participated the meeting every day with my cousin, who stopped over NY
on the way to the Rio Paralympics visit.
Nowadays, although the word of LGBT is to penetrate the world,
Its history in New York is long.

There was a professional marketing company in Midtown.
The cool staff was working happily at the bright and nice office.

The LGBT Community Center in the West Village has founded in 1983.
Previous building that was used for the secret meetings to avoid the public
eyes was a narrow structure of the window and doorway.
After the renovation in recent years, the general customer visits unceasing
at the modern appearance.

There was a bathroom that Keith Haring drew the art on the wall.
New York Times at the time stopped the article since it was the exciting
content.
The restroom shows the display of all genders.
The library has the special collection of LBGT books.
I thanked to the opportunity that I saw such a valuable art.

For the 2019 Rugby World Cup and the 2020 Tokyo Olympics,
The projects have begun from such a place.
For causing a buzz in the world, we are planning to be exciting.

41

55

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

46

32

19


ブルックリンにある和食屋から、イベント案内が来た。
ニューヨークで最高峰の蕎麦を作り続けている小谷修一氏と、
トライベッカの寿司麻布で包丁を握る白井雅也のコラボと聞けば、
行かないわけにはいかない。

日曜日の昼下がり。
近所に住むグルメなフランス人夫妻をお誘いした。
あたりの日本人よりずっと日本食通の彼らを前に、
イベントの進行がややスローで、少しドキドキした。

とはいえ、日本で懐石料理の修行を積んできた白井シェフのセンスは抜群で、
十割蕎麦の登場を引き立たせるコース仕立ても見事だった。

日本の食文化を受け継ぎ、ここで再現してくれるような彼らの姿勢を、
私たちはもっと、世界に伝えていかなくてはならない。

秋の実りには少し早い時分だったけれど、
松茸と土瓶蒸しの美味しい季節に、またここに来よう。

49

17

18

29

36

36


I got the event invitation From the Japanese restaurant in Brooklyn.
It will be the collaboration held by two chefs.
One is Shuichi Kotani, who has been making the buckwheat's highest
peak in New York.
And the other is Masaya Shirai, who works in the kitchen of Sushi Azabu
in Tribeca.

It was Sunday afternoon.
I brought the gourmet French couples who live in the neighborhood.
In front of the Japan foodie,
I was little nervous since the events progression is a little slow.

Nonetheless, the sense of Chef Shirai, who gained training of Kaiseki
cuisine in Japan, was preeminent.
The menu of course to complement the serving of 100% buckwheat was
also impressive.

I know their hope to inherit the food culture of Japan, and reproduce here.
We have to convey to the world more.

Although it was a little early season for the harvest of autumn,
I will try to come here again at the good season for Matsutake and Dobin-mushi
(matsutake in steamed teapot).

24


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

29

25


十五夜は、暦通りに中秋の名月を楽しんだけれど、
2日後の今夜が、本当の満月だった。

久しぶりにフライト乗務でやってきた同期と街を歩く。
「縦に長い空を見上げると、ニューヨークに来たなと思う」
彼女の言葉が、胸に突き刺さる。

空の狭い街に、住んでいるのかな。
摩天楼の横に佇む満月にも風情はあるけれど、
貴方の見ているそれは、きっともっと美しい。

47



Though I enjoyed a harvest moon on 15th,
Tonight was the true full moon.

I walked the street with my ex-co-worker, who came to the city as the
cabin crew.
"When I looked up the long sky in a vertical, I feel I'm in New York."
Her words stick to my heart.

I live in the narrow sky town.
I like the full moon that stands next to the skyscraper.
But the moon that you have seen is more beautiful.

56

07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


Next

26


幼い頃の記憶を辿ると、
都営住宅の平たい街並みに、いつも電柱と下水溝があった。
電柱には地元の小児科の看板があって、
キャッチボールをする時に恐怖となるドブがあった。

マンハッタンの街には、電柱も電線もない。
無機質な街の光景が日常になってしまったからこそ、
電柱のある街に立ち寄るだけで、なぜかホッとする。

デジタルな時代に、あえてアナログで生きること。
きっとそこに、私の原点があるのかもしれない。

45

36


When I trace the memory of childhood,
The flat town of the metropolitan housing, there were always utility poles
and sewage ditches.
There was a sign of local pediatric on the utility pole,
There was a ditch that we scared when we did catch ball.

The town of Manhattan, there is no electric cable or utility pole.
Because sight of inorganic city has become in everyday,
I am relieved when I stop by in the town with utility poles.

In the digital age, I live dare in analog.
There surely, might have my origin.

44

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

19


毎年この日はなぜか天気が良い。
明け方は曇っていたのに、次第に青空が広がって、
15年前のあの日を思い出す。

人生に「もし」はないけれど、
あのテロがなければ、私はきっとニューヨークに移住していなかった。
あの日を知らない我が子達は、あの後にニューヨークで生まれた。

今年のこの日は休日で、静かに1日が過ぎ去った。
ニューヨーカーの誰しもが、命あることに改めて感謝しただろう。

グランドゼロから、哀悼の光が夜空に放たれる。
静かに祈り、1日が終わる。
あの悲しみを、決して忘れない。

34


This day is the good weather every year.
Even though it was cloudy in the early morning, gradually blue sky
had spread out.
It reminded me that day of 15 years ago.

There is no "if not" in the life.
If there was not that terrorism, I was sure I did not move to New York.
My kids, who do not know that day, were born in New York after that.

Since the day of this year was Sunday, one day had gone quietly.
Every New Yorkers thanked that there was a life.

From the Ground Zero, mourning of light has emitted in the night sky.
We pray in quiet, and the day will be the end.
We never forget that sorrow.

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

09

26


ボストン湾から出発して、ケープコッド半島の突端周辺に向かう。
大型フェリーで約1時間、ボストン沖ステルワーゲン海洋保護区へ。

大西洋の深水が大陸棚にぶつかるため、大量のプランクトンが発生する。
そして、そこに集まるたくさんの生態系の頂点を体感するのが、
ホェールウォッチング。
ザトウクジラ、ナガスクジラ、ミンククジラ、カマイルカ。

素人目にはよく分からないけれど、添乗スタッフは大興奮。
時計の12時の方向につがいがいるとか、
4時の方向から数頭こちらに向かっているとか。
クジラが潮を吹いたり、尾ひれを見せたりすると、
乗客は船が傾くぐらいに大移動する。
決して豪華客船ではない3階建てのフェリーに揺られていると、
偶然隣りに座った家族との会話も自然と弾む。

ホェールウォッチングは、今や米国での大事な観光産業のひとつ。
夏の間だけ楽しめる自然探索で、ボストンの新しい一面を見た。

23

12


Starting from the Boston Bay, we went toward the headland around the Cape
Cod peninsula.
About 1 hour in the large ferry, we arrived at the coast of Stellwagen marine
sanctuary in Boston.

Since the deep water of the Atlantic Ocean hit the continental shelf, a large
amount of plankton occurs.
To experience the apex of a lot of the ecosystem that gather there, we had
the whale watching tour.
Humpback whale, Fin whale, Minke whale, Pacific white-sided dolphins.

Though I did not know well to the untrained eye, tour staffs were so excited.
Look at the breeding pairs in the direction of 12 o'clock !
Oh, some whales were heading here from the direction of 4 o'clock !
When whales blowing the tide or they showed the tail fin,
Passengers moved to the other side in the ship and it tilted.
Since we had been rocked to the non- luxury liner three-story ferry,
Conversation with family sitting next to chance was occurred with nature.

Whale Watching is now one of the important tourism industry in the United
States.
I experienced the new one side of Boston in natural search where people
can enjoy only during the summer.

16

52

04


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

16

20-1

22
Next

55


カレンダーを振り返ると、2年前の11月に同じ会場に行った。
あの日は北風の寒い夜で、一緒に行った友人のニット帽姿をよく覚えている。

今年はレイバーデーホリデーの初日。
一気に秋がやってきて、長袖のニットを羽織って出陣。
前日から列を作っていたというコアなファン達の熱気が高まる。

会場の入り口で、飲料のボトルは没収されたけれども、
カメラや携帯に関しては、無法地帯だった。
近くで見守るスタッフが黙認するまま、全世界に動画がライブで送られる。
彼女達が欧米でファンを獲得できたのは、こうしたSNSの恩恵でもあると実感する。

あどけないMCと、マリオネットのようなダンスショー。
欧米人の目にはどのように映るのか、アリーナの動きを見ているも面白い。

2時間たっぷりと、ビジュアルショーを楽しんだ気分で帰途につく。
芸術の秋、この季節からが、ニューヨークは面白い。

35


Looking back the calendar, they came to the same venue in November
of two years ago.
That day was the cold night with the north wind, and I remember my friend
wore a knit cap.

This year, it was held on the Labor Day holiday.
Since it was cool night, I wore a long-sleeved knit.
The core fans who were making the column before a day helped to increase
the hot air.

At the entrance of the venue, the beverage bottle has been confiscated.
But for the camera and mobile were left lawlessly
In front of the staff, the live video was sent to the whole world.
We were realized that the most of their fans in Europe and the US had made
by the benefit of SNS.

They enjoyed an innocent MC and, dance shows like marionette.
Also, we enjoyed watching the movement of people on the arena to know how
Western people felt.

We went back home in the mood that we enjoyed the two hours visual show.
New York is interesting from this season, autumn of art.

46

19


前回のNY公演の記事 Perfume World Tour 3rd

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

02
Next

45


企画としてのハイライトは、マンハッタンヘンジだったけれど、
どのシーンも鮮明に心に残っている。
作品が仕上がるたびに、一つ一つの仕込み過程の苦労が報われる。

改めて、アトリエで仕上げた作品が、ニューヨークに届いた。
嬉しそうにそれを眺める皆さんの横顔を拝見しながら、アートの偉大さを感じる。

世界の中心、タイムズスクウェアで達成した感動が蘇る。
来年は、どのシーンを描いてくれるだろうかと。

42



The highlights of "Art Trip 2016" was Manhattanhenge,
But every scene also remains in the mind vividly.
Each time the works were finished, hard time of one by one of the planning
process had been rewarded.

His artworks that was finished in the atelier, has arrived in New York.
While I looked the client's happily smile, I felt the greatness of Art.

The impressed scene that was achieved at the center of the world, Times
Square, has been revived.
Next year, I guess the scene he draws.

12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ロードアイランドから、さらに北へ1時間半。
前職時代からずっと親しくさせていただいている先輩を訪ねた。

会いたい人には会える時に会う。
御主人がボストン駐在になられたと聞いたら、会いに行かなくては。

日本では美容薬膳研究家として御活躍中の彼女が、
御主人のために作るお弁当のアイディアを、教えてくださった。
私は彼女のニューヨークイベントのアイディアを捻出する。

「時間がある時にしか作らないわよ」と笑う彼女の笑顔を肴に、
ずっと喋り通した数時間。
「またすぐ会おうね」

人と会う機会は、具体的に行動する気持ちが引き寄せてくれる。

35


We drove further to the north, one and a half hours from Rhode Island.
I visited my friend that we have known each other from the ex-company.

I meet people that I want to meet when I have time.
I wanted to meet her since she and her husband moved as Boston residence.

She works as a Healthy Medical Food Cooking expert in Japan,
And taught me the bento box ideas that she makes for husband daily.
I squeezed the idea of her New York event.

"I make only when I have time"
We talked through 8 hours with laughing.
"We'll see you soon."

If we act specifically, we have an opportunity to meet with people.

42

42


美容薬膳研究家 ちづかみゆき 公式ウェブサイト

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

17
Next