Archives

2011年09月

09-25-11(2)


学生時代に米国西海岸に留学した時、当時29歳のホストマザーが幼い娘の
手を引いてSFO空港に迎えに来てくれた。
慣れない米国生活は不安と緊張の連続で、ホストファミリーに隠れて部屋の
隅で涙したことも少なくなかった。
日本の両親に学費を援助してもらった学生生活は、ちっぽけな自身を
再確認しつつ、壮大な米国にいつかもう一度チャレンジしたいという想いを
残して第一章の幕を閉じた。

日本航空での社会人生活は刺激的なことが多すぎて、気が付くとあっという間に
一年が過ぎ去ってしまう、そんな日々だった。
毎日が新鮮だったけれど、会社の肩書がなくなった時に何も残らない自分になる
ことには危機感を抱いていた。

必死に働いて学費を貯めて、20代最後に再渡米を決めた時、「1ドル
いや1セントも無駄にしない学生生活を送ろう」と心に誓った。
自分が貯めたお金だから惜しかったわけではない。
10代の時に私を寛容に米国に送り出してくれた両親に、何か胸を張って
伝えられるものが得られなければ申し訳ないし、不器用な私が感謝の
気持ちを伝えられるのは、心身共に独り立ちした自分の姿を見てもらう
しかないと思ったからだ。

しかし実際は意気揚々といくわけもなく、JFK空港に降り立った時は
不安で一杯だった。
そんな私を空港で待ってくれていたのが平(ひら)朋子ちゃんだった。
ボストンで学生生活を過ごし、ニューヨークで就職したばかりだったのに、
てきぱきと私のスーツケースを荷台に積み込んで左ハンドルを握る横顔は、
逞しさが漂っていた。
私の米国生活第二幕は、クイーンズ区にあった朋子ちゃんのアパートでの
居候生活で始まった。

課題に追われ貧乏学生生活を送る私と、米国で初めて働き出した彼女の
生活パターンはまったく違う弧を描いていたけれど、私はことあるごとに
彼女を呼び出した。
どんな場面でもウィットに富んだ会話をそつなく交わすことが出来る聡明な
彼女だからこそ、私の友人達にもすぐに馴染んでくれて心地よい時間を
共有することができた。

長い友情を温めるには、互いの心地よい距離感をつかむことが大事。
絶え間なく連絡を取り合っている訳ではないけれど、再会した瞬間に
姉妹のように会話を交わせる関係を、私はとても愛している。

そんな彼女がママになるなんて、ちょっと信じられないけれど嬉しい。
「私の妹分」なんて勝手に呼んでいたけれど、たくさんの素敵な友人達に
囲まれて幸せそうに微笑む姿に、手の届かないほど素敵な女性に成長した娘を
見守る母のような心境になってしまったよ。
彼女の支えがなければ、今の私の生活はありえなかった。
いつも心に想い、感謝する次第。

ともちゃん、素敵なママになってね。
そしてこれからも、どうぞよろしく。

DSC02140


When I studied in the U.S. west coast in my teenage, my host mother who
was 29 years old at that time came to the SFO airport to pick me up with
her young daughter.
American life was full of anxiety and tension, my tears sometimes were
dropped hiding from my host family.

My school life in the US started with assist for college tuition by my
parents in Japan , and I recognized tiny myself.
The first chapter ended with a desire to leave the grand challenge to the
U.S. again sometime.

My social life in Japan Airlines was too much exciting, and it had quickly
gone years.
The days were fresh, but I was always in crisis that nothing remains to me
without my title.

I worked hard to save my tuition to study in the US again in my last 20s.
I decided that not to waste only 1 cent in my school life.
My purpose was not only to save my money.
If I could not get anything with confidence, I might be sorry for my parents
who generously sent me out when a teenage.
The only way that I showed gratitude them was I stand up my own both
mentally and physically.

But in fact, I was filled with anxiety when I landed at the JFK airport.
Ms.Tomoko Hira, studied in Boston and had just got a job in New York, welcomed
me waiting at the airport at that time.
She put my suitcases easily to her trunk and drove herself, seemed very
powerful lady.
My second chapter in the US, began as a freeloader living in Tomoko's
apartment in Queens.

I was a poor and busy student, and Tomoko had a totally different life
pattern as new co-worker in the US, but we sometimes met every chance.
She exchanges shrewdly intelligent and witty conversations in any situation,
and able to share a pleasant time with my friends.

The long warm friendship is important to get a pleasant sense of distance
of each other.
We have not always contact constantly, but I'm in love that we have
conversation as if we are sisters at the moment.

I'm very happy that she will be a mom soon.
I called her "my little sister," but when I saw her happy face with her
beautiful friends, I had mom's mind watching my daughter has grown out
of reach to most wonderful woman.
I always thank her that I'm not here now without her support.

I'm sure you would be a great mom, Tomoko.
Good luck to you.
Next

DSC02110


幼い頃からの器用貧乏。
なかなかひとつのことに熱中し続けられない私が、1989年のデビュー以来、
20年以上にわたって変わらずに愛し続けている音楽がある。
学生時代は「これこそが私のテーマソング」と毎日のカンフル剤代わりに
聞きまくり、山あり谷ありの社会人生活も、彼らの歌声と共に駆け抜けてきた。
30代前半、ふと人生を諦めてしまおうかと思った時、彼女の歌声に救われた。

音楽とは不思議なもの。
絶対的な価値以上に、個人の想い入れが重なり合って、その人にとって
唯一の思い出となって生き続けるのだ。

四年に一度きり。
今年もまたこうして彼女の歌声を聞けたことを、本当に幸せに思う。
今の自分は、四年前と比べて少しは進化できているだろうか。

いつか直接会って、御礼の言葉を伝えたい。
「あなたの歌声に、命を救われました。ありがとう。」

ささやかで、壮大な、私の夢のひとつ。
Will my dreams come true ?

DSC02091



From an early age jack-of-all-trades and master of none.
I can not continue quite addicted to one thing, but I love one group
continues unchanged for over 20 years since its debut in 1989.

I listened their music with saying "This is my theme song," to get a daily
energy in my school life.
I spent my social life with their music.
When I thought I had to give up my life suddenly in early 30s, I was saved by
her voice.

Music has a mysterious attractive.
Than absolute values, overlapping into personal feelings, it will live in
people's mind forever.

Only once every four years.
I felt really happy that I could hear her voice again this year.
Would I have been able to evolve, compared with four years ago ?

I would like to meet them directly to convey a word of thanks.
"I appreciate that your voice saved my life seriously."

One of my dreams is very small and very spectacular.
Will my dreams come true?

Next

IMG00548-20110909-0902



「あのね、目の前の人間を救えない人が、もっとでかいことで助けられる
わけないじゃないですか。歴史なんて糞食らえですよ。目の前の危機を
救えばいいじゃないですか。今、目の前で泣いている人を救えない人間がね、
明日、世界を救えるわけがないんですよ」
                      伊坂幸太郎「砂漠」より



マンハッタンのブライアントパーク、2753脚のイスが並んでいる。
オフィス街のど真ん中、いつもは喧噪であふれる公園に誰もいない。
誰もいないのに、誰かが座っているような気配がする。
2753人の生命が絶たれたあの瞬間を、私達は決して忘れない。

惨劇が起こるほんの少し前、日本から訪ねてきた両親と一緒にWTCに
のぼった。
いわゆる観光名所には滅多に足を踏み入れないのに、なぜかあの光景を
目に焼き付けなければならない気がしていた。

あれから10年が経って、日本はもっと多くの生命を失った。
地震や台風、自然の脅威とはいえ、こんな惨劇が起こることを10年前の
私達は想像さえしていなかった。

10年の歳月で、私達は何を学んだであろうか。どう変わっただろうか。
犠牲になった方々、家族や友人を失った方々、誰もが、ある日突然こんな風に
人生が変わってしまうなんて、思いもよらなかったに違いない。
無念のひとことに尽きる。

ビル崩壊後しばらくして、グラウンドゼロは新たな観光地となった。
どんなに人に誘われても、私は決して行けない。行ったことがない。
想うだけで、胸が苦しくて、息が出来なくなる。
あそこにさえ行かなければ、私は日常を取り戻せる。
そう思って避けてきた。

でも、座るべき人のいない2753脚のイスが、ミッドタウンまで、
追いかけてきた。
目の前にある困難を、避けてはいけない。彼らから、諭された。

朝起きた時、眼が見えて、手足が自由に動くこと、美味しいご飯が
食べられること。
ちっとも当たり前なんかじゃない。

目の前にあることに、感謝しよう。
今生きていること、それは当たり前のことじゃない。

目の前にあること、自分ができること。一生懸命、生きること。
すべてはそこから始まる。


IMG00547-20110909-0902



There lined up 2753 chairs at Bryant Park in Manhattan.
No one in the park, the heart of the business district where was always
filled with loud.
But I felt someone was sitting there.
We will never forget the moment that 2753 human life has been cut off.

A little before tragedy occured, I climbed to the World Trade Center with
my parents who came to visit from Japan.
I usually didn’t go the-so-called attractions, but I thought I had to
remember the scene there.

Ten years have passed since then, Japan has lost more lives by
Earthquakes and typhoons.
10 years ago, We had not imagined we happen our tragedy.

In 10 years, how we learned and changed?
Everyone should had never thought that an amazing life like this has
changed suddenly.
People said it was just chagrin.

After the collapse of Building, Ground Zero has become the another
tourist destination.
I have never gone there again.
My breathing becomes impossible if I think trying to go there.
I regained the everyday by I have avoided it.

But 2753 chairs have been chasing me to Midtown.
They let me know that I should not avoid the difficulties in front of the
eyes.

Every morning, I can see with hands and feet free to move, and can eat
a delicious meal.
It's not the commonplace.
I thank everything in front of me.
Be alive now, it's not the norm.

Live seriously.
Everything starts from there.

IMG00546-20110909-0901
Next

LIN25605


LIN25617


LIN25609



大学時代に就職を考えた時、人を幸せにするホスピタリティー論を
自分なりに極めたいと思っていた。
美学美術史専攻の私には「海外でたくさんの美術館に行ける」という
やや不純な動機も非常に魅力的であった。
そして乗務員として世界中を飛び回っていた頃、師匠に言われた。

「とにかく世界中で「美しい」といわれているものを、たくさん見てきなさい。
今は分からなくとも、美しいものに囲まれていると、いつか本当に美しいものを
きちんと認識できる眼が育つから」

私はフライト乗務を終えると、当時一人暮らしをしていた世田谷の
アパートから、代々木にある西山吉勝氏のアトリエまで、ローラーブレードを
履いたまま駆けっていった。
お客様との素敵な出会い、滞在中におこったアクシデント、
上司に怒られたり褒められたり。
話したいことが盛りだくさんで、自分の作品を作る手は一向に進まない。
師匠は終始穏やかな笑顔で、私の話を真面目に聞いてくれて、
時に的確な言葉で、大人の意見を授けてくれた。

西山氏が生み出す「山吉」の作品を、私は語り尽くすことができない。
「西洋を越えた和がある
圧倒的な美しさは沈黙を強いる
山吉は語らない
極めた作品が語りかける
宝石による芸術だ。」

近年、パリやニューヨークでも展示会を開催し、世界中が注目する
「山吉」の世界。
そう、まさに作品自体が語りかけてくれるから、手に取った瞬間に人は
その感性を研ぎ澄まされる魔法をかけられてしまうのだ。
余計な説明はいらない。
私が世界中を渡り歩いて、目にしたどんな芸術作品よりも美しい、
美の極みがそこにある。

師匠、あれから二十年以上の年月が経過して、私の鑑識眼も少しは
育まれたでしょうか。
師匠、日本人の誇れる美の極みを、これからもどんどん生み出してください。
師匠、この美の極みを世界中に伝えるためにも、私はもう少しここで
踏ん張りたいと思います。


10


LIN25606


When I thought my career in college, I wanted to get the theory of
hospitality to make people happy.
Since I majored in art history of aesthetics, it was also very attractive and
little ulterior motive of "can go to many museums abroad.”
When I was flying all over the world as a crew, I was told by my master.

"Anyway, you should go to see a lot of 'beautiful' things in the world.
Even if you don't know the reason of 'beautiful' now, you should keep to be
surrounded by beautiful things. Your eyes can discern something really
beautiful someday. "

When I finish my duty of flight, I run to go to the studio of Mr. Yoshikatsu
Nishiyama in Yoyogi, wearing roller blades, from the apartment in Setagaya
where I had been living alone.
My hands to make design did not proceed at all, since I wanted to talk with
master to report what happened in a stay.
Master had a gentle smile from beginning to end, listened seriously, and he
sometimes gave me the opinions of the adults in the precise words.

I can not tell his work of "Yamayoshi" produced by Mr.Nishiyama.
"No words are necessary.
The exceptional works speak directly to the heart.
They will be treasured for generations.

In recent years, He had exhibitions in Paris and New York, people paid
attention to the world of "Yamayoshi" all over the world.
Since his work speaks itself, people would have well-honed sensibilities
Enchanted that the moment when they pick it up.
We do not need extra explanation.
There is more beautiful than any work of art all over the world that I saw,
the ultimate of beauty.
.
More than twenty years have passed since then.
Master, do you think my eyes are getting little nurtured as discerned
one?
Master, please produce more and more for the ultimate of beauty, proud
of Japan.
Master, I would like to struggle a little more here to tell your work, the
ultimate of beauty, to the world.

LIN25612


LIN25614



掲載写真の無断転載を禁じます。




Next