Archives

2011年10月

Halloween-1



「東京に木枯らし一号」いうニュースが届いた。
米国はまもなく夏時間から冬時間に切り替わり、ニューヨークには早くも「土曜日に雪」の天気予報マークが登場した。
街の様相も、人々の気持ちも、確実に冬のホリデーシーズンに向けて準備が始まっている。

ハロウィンは、日本でいうお盆のような行事である。
死者の霊が家族を訪ねてくる収穫感謝祭の時、精霊や魔女が家に入ってくるのを防ぐために、さまざまな「魔除け」の趣向を凝らす。
子供達が変装して近所を徘徊する「トリック・オア・トリート」も、カボチャに表情をつけて玄関に飾る「ジャック・オー・ランタン」も、本来は悪い霊を怖がらせるためのものなのだ。
(自分達の御先祖様が自分の家を怖がって入ってこられないのではという懸念を、昔の人は持っていなかったのか、いささか疑問ではあるが。)

各家庭では、数キロのトリート(お菓子)を準備して、まもなく当日を迎える。
ナッツアレルギーの子供達が多くなった昨今、「スニッカーズ」も「M&M’s」もトリート用の籠には入れておけないというのが常識になりつつある。
ハロウィン、サンクスギビング、クリスマス・・・。まだまだ出費が嵩みそうな気配。

Halloween-5


After we heard the news of "First cold wintry wind in Tokyo", the weather
forecast has marked "snow" in New York on this Saturday.
The U.S. will switch from summer to winter time soon.
Both the city and people are starting to prepare for the winter holiday
season, certainly.

Halloween is an event like Japanese Obon.
When the spirits of dead come to visit the family, people set various
"amulet" to prevent wrong dead spirits and witches from entering the
house.
Kids go around the neighborhood for "trick or treat", and we decorate the
pumpkin "jack-o-lantern".
They originally intended to scare the bad spirits.
(I doubt that the old people had concern that the spirits of dead of their
ancestors could not enter into their own homes.)

Each family prepares a few pounds of " treat ", and is ready to celebrate
the day.
Leaving the treat basket without "Snickers" and "M&M's" is becoming
common sense, since there are a nut allergy children recently.

Halloween, Thanksgiving, Christmas .... we have to spend much money in
the holiday season.

Next

DSC02218


またしてもと呆れられそうであるが、彼らがニューヨークに来ると聞いて黙っているわけにはいかなかった。
「万障繰り合わせ」の言葉通り、少々無理をしてスケジュールを調整し、チェルシー地区にあるコンサート会場に駆け付けた。
由緒ある建物を改築したライブハウス、そこはすでに人だかりの山。
とはいっても、日本では考えられないほどの至近距離。

震災後に日本中で流れていたという「何度でも」で、幕が開ける。
トリの「うれしい楽しい大好き」、そしてアンコールの「未来予想図Ⅱ」「LOVE LOVE LOVE」まで、あっという間の2時間だった。
日本のコンサート会場とは違い、凝った仕掛けも何もない「実力勝負」だけの舞台で、愛と魂をこめて堂々と歌い踊る姿に、酔いしれた。

「離れている故郷で大震災が起きて、やりきれない想いでアメリカにいる皆の気持ち、全部受けとめるよ。そのエネルギーを必ず日本に持って帰って伝えるから」
コロンブスがアメリカ大陸に上陸した記念すべき日から500年以上が経って、私は日本の誇りをニューヨークで再び体感することができた。
(北米ツアー最終日(10月10日)は米国の祝日(コロンバスデー)であったが、日本時間の「11日」であったことにも意味があったのだろう。)

彼らのデビュー以来、私はずっとその歌声に励まされてきた。
最愛の人を失った彼女が沈黙の時間を打ち破り、2007年大晦日に紅白歌合戦の舞台に登場した時、音楽がこれほどまでに人の心を救うのかと涙が止まらなかった。
本当の痛みを知っている人だからこそ、人の痛みを癒すことができるのだと思う。
「もっと優しく、もっと強くなるように」神様は試練を与えるのかもしれない。

自分が辛い時こそ、顔を上げて周囲を見渡してみる。
とっても辛いけれど、心にぽっと灯りを点して、自分に何ができるかを考える。
たった1ミリの前進がこんなにも大変なこと、きっと誰もが分かってくれる。
たった1ミリの勇気も、振り返ってみるとすべてが愛おしい自分の歴史になっている。

彼女は歌声だけでなく、自身の生き方そのものが、私達に感動をくれる最高の贈り物。

DSC02219


I could not keep quiet even I heard they come to New York.
I forced to arrange my schedule, and I rushed to the concert venue in
Chelsea, a livehouse renovated from a historic building.
There were already mountains of the crowd, but the stage was close
enough.

The concert began with the " Nandodemo" which flowed in Japan after
the earthquake.
Two hours passed so quick, that finished with "Ureshii Tanoshii Daisuki",
and encore of "Miraiyosouzu Ⅱ" & " LOVE LOVE LOVE. "
Unlike the concert venue in Japan, there are no gimmicks, nothing fancy
on stage.
I really excited their performance with soul love.

"We guess all Japanese people in the U.S. might have something worried
to your family in Japan after the earthquake in March. Tonight, we will
receive your energy of everybody in the U.S. and will get back to your family
and friends in Japan."
More than 500 years after that memorable day Columbus landed in America,
I was able to experience the pride of Japan in New York again.
(The last day of North American tour was held on October 10th, Columbus
day in the U.S., And there are meanings it was day of 11th (Japan time).)

Since their debut, I've always been encouraged by their voice.
When she appeared on the stage of Red and White Singing Contest on
New Year's Eve 2007, she broke the silence time of the lost loved one.
My tears could not stop since I noticed her music saved the human mind so
much.
From what she knows the pain of real people, she can heal the pain.
"More gentle, more strongly so that" God might give the test.

When I have too much something hard, I try to look up to the view of the
surrounding.
It might very hard, but try to put small light in mind, consider what I can
do myself.
The progress in just one millimeter, surely everyone knows that.
Only the courage of one millimeter becomes in the lovely history of mine,
all in retrospect.

Not only her singing but her way of life, always give us the courage for life
as the best gift.

DSC02221
Next

ParkAve2


将来に不安を抱きながらも、日々の課題をやり遂げるだけで精一杯だった留学時代、某日本企業からニューヨークに研修派遣されてきた方々と知り合う機会があった。
地下鉄代さえ節約しなければと、毎日片道40分近くの道のりを歩いて通学していた私にとって、社会人の彼らの生活スタイルは天上の人のそれのようにさえ感じられた。
年下の学友と一緒に、平日は必死に勉強して、せめて週末のひとときだけでもと、彼らと共有する時間を捻出した。
飲んで騒いで夜通し語り合った日々の思い出は、彼らの帰国と共に封印され、私達は再び地味で真面目な(?)学生生活に戻った。

12年という歳月が流れて、私達は再会した。
全員が、12年前に保証されていた肩書をすべて捨てて、あの頃には想像できなかったような人生を歩いていた。

12年ぶりに、私達は語り合った。
余裕綽々で過ごしているかのように見えたあの頃の彼らも、実は焦燥感と危機感でいっぱいだったのだということを知って、なぜか私は嬉しくなった。
肩肘張って生きようとしていたあの頃に比べて、私達はずっと素直に本音を分かち合えるようになった気がした。
12年という空白の時間がそれぞれの人生に課した問題はこんなにも違ったけれど、巡り巡って再びつながった御縁はきっと必然であったのだろう。

人にはそれぞれ役割分担というのがあって、持って生まれた男女の役割の違いと同じように、社会における自分のあり方も人それぞれであるのが当然。
12年前と同じように、私は今でも自分の将来が不安だし、胸を張って軌跡を語れるような人生を送れているわけもない。

けれど、誰にも負けないほど、日本が大好きで、日本を誇りに思っている。
そんな気持ちをつなげる役割として、自分がここにいることを幸福に思う。

「未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない。君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だからこそバラバラの点であっても将来それが何らかのかたちで繋がっていくと信じなくてはならない」

故スティーブ・ジョブズ氏の教えが、今まさに実感される。


DSC01191


When I studied to accomplish my daily subjects, holding while uneasy about
the future, I had a chance to meet guys who had been dispatched to New
York from certain Japanese company.
Since I had to save even traffic fee, I walked to the school near the 40
minutes journey each way every day.
Their social life style seemed as if it was about heavenly people.
With a younger classmate, I studied very hard every day, to squeeze time to
share with them only for weekend.

Our memories we ate, drunk, and talked through the night were sealed
together on their return home, and we were back to serious student life.

We have reunited after 12 years flow.
Everyone, throw away all the titles that were guaranteed 12 years ago, has
been walking the different life we could not imagine such a life in those
days.

We talked again through the night after 12 years flow.
I was little pleased that I knew they were very anxious even in those days
they seemed to spend if they have enough and to spare.

Compared to those days, I felt that now much more straightforward than
sharing the real intention.
Each faced each issue of life imposes in 12 years, but we might met again
on the destiny.

There are the roles of each, just like the different roles of men and women
born with naturally, and people vary by individual but also of their way in
society.
Just like 12 years ago, I was worried about my future but even now, and I
don't have any experience that can talk about life behind a trail with
confidence.

But, as second to none, I love Japan, and I am proud of Japan.
I feel myself happy to be here as the role to connect such a feeling.

That was definitely the teachings of Mr. Steve Jobs.
We are proud of you, Steve.
Thank you, and we love you forever.


DSC02167


「日本の古き佳きものを再び世界へ」シンちゃん(EPLGA代表)
http://www.eplga.co.jp/
「デザインの力で世の中を豊かに、周囲の人達を幸せに」トヨちゃん(DESIGNPHIL取締役)
http://www.designphil.co.jp/
「器用な手先は日本の誇り」チハル(FUGA主宰)
http://www.fuga.cc/

Next

DSC02175


つい半月前は半袖で過ごしていたというのに、この数日は朝の冷え込みが激しくダウンジャケットを取り出した。
四季折々の表情をゆっくり堪能できる日本とは違って、ニューヨークの秋は短く、あっという間に極寒の冬へと季節は流れていく。
ノースリーブの後は、すぐに真冬のコートが必要な土地柄、夏用サンダルか冬用ブーツしか持たなくなって久しい。
しかしこんなにも短い「秋」が、ニューヨークにとっては最も美しい季節でもあるのだ。
朝晩急激に冷え込むこの温度差が、世にも美しい紅葉を生み出し、ホリデーシーズンに向けて街のデコレーションが一気に華やかに色づいていく。

現実の生活は、映画のようにロマンチックなものではないけれど、セントラルパークから望む高い空も、故郷日本の空とつながっているのだと考えるだけで、なんだかほっとしてしまう今日この頃。
せめてもう少しだけ、この時間を楽しまなくては。

DSC02176



Even though about half a month ago I wore in short sleeves, I took out a down
jacket from my closet in a few days that getting colder.
We can enjoy the look of each season slowly in Japan.
But the New York fall is very short and the cold winter season comes so
quickly.
After a sleeveless, the locals soon need winter coats.
I don't have any spring and fall items since I keep only summer sandals or
winter boots here.
New York fall is such a short term, but it is also the most beautiful season in a
year.
This temperature difference of rapidly cold morning and evening produces
the beautiful red leaves.
Manhattan would be gorgeous colorful town that decorated for the holiday
season.

Real life, though not a romantic thing like a movie, I'm happy to think of the sky
high views of Central Park led to the sky of my hometown in Japan.
I enjoy the time a little more now before winter.

DSC02168


Next