Archives

2011年11月

DSC02738


セントラルパーク近い5番街、58丁目に「バーグドルフ・グッドマン」は佇んでいる。
言わずと知れた超高級老舗デパート。
ニューヨークに来て、初めてバーグドルフのウィンドウディスプレーを見たのは、
20代前半の頃だったろうか。
こんなに艶やかな大人の世界があるのかと、当時、鮮烈な衝撃を受けた。
以来、私のなかでは、バーグドルフのディスプレーは、世界中でナンバーワン。
デパートのウィンドウという限られた空間の中で、その時々の流行ファッションを
表現するという第一義の目的をはるかに超えて、非常にインパクトあるアートの
世界が繰り広げられる。

そして、バーグドルフのアートチームが一年の総決算として発表するのが、
「ホリデー・ウィンドウ」と呼ばれるこの時期のディスプレー。
「ニューヨーカーは毎年これを見ないと年を越せない」というほど楽しみにしている、
まさに「アートショー」なのだ。

今年のテーマは「Carnival of the Animals (動物達の謝肉祭)」。
例年にも増して、今年のウィンドウは「圧巻」であった。
実際に現地で飾り付けをするのは数日間、しかしその企画には2年以上が
費やされたという。
世の中の流行ファッションは、業界の人が2年程前から仕掛けを企てているというが、
2年後の流行をもくろんでアンティーク類を収集し始めたというから緻密である。

由緒あるデパートに対する敬意を払って、人々はきちんとした格好をして買い物をする。
店内には心地よい緊張感が漂い、店員の立ち居振る舞も優雅で、やはりここは世界の
トップレベルにあるのだと感じてしまう。

会社を立ち上げた時、自分を奮起しようとバーグドルフで初めてリップブラシを買った。
10年近い歳月が流れて、いまだに現役のブラシが、あの頃の気持ちを思い出させてくれる。
今年は少しグレードアップして、ポーチをひとつ買ってみよう。

DSC02720

1970年代のメタルを集めて作られた野鳥の園「ブラス・マナジェリー」
Made of metal collected in the 1970s "Brass Menagerie"


DSC02731

DSC02732

DSC02735

黒・白・グレーなど300種類以上の異なる紙で制作された「ペーパーウィンドウ」
Made with over 300 different paper, such as black, white and gray "Paper
Window."


DSC02729

モザイクタイルやラインストーン、スパンコールが散りばめられた「アクアリウム」
Mosaic tiles and rhinestone, sequin-studded "Aquarium"


DSC02725

DSC02723

ガラスで彩られた白銀の世界「ノースポールガーデンパーティー」
Crystal champagne world “North Pole Garden Party”


DSC02710

DSC02711

DSC02712


There is "Bergdorf Goodman" at 58th Street on Fifth Avenue near
Central Park.
It is an oldest-known high end department store in Manhattan.
I first saw the window display of Bergdorf when I came to the city at nearly
my early 20s.
At that time, I was shocked with a spectacular impact for the shiny adult
world.
Since, in my opinion, Bergdorf's display is the number one in the world.
At the limited space in department store windows, far beyond the primary
purpose of representing the fashion of the times epidemic, the world of art
unfolds in a very impact.

The window display at this time, called "Holiday Windows", is one of year
result for a team of Bergdorf art.
"New Yorkers welcome the new year after they see this at the end of
year" means that they are look forward to seeing this "art show".

This year's theme is "Carnival of the Animals".
Even more every year, I was overwhelmed by this year’s windows.
It took the several days to prepare on site, but in its planning, has spent
more than two years.
In epidemic fashion world, the industry plans everything before two years.
So they started to collect unique antique from two years ago, looking to
fashion later.

To respect for the venerable department store, people come to shop with
excellent dressed.
The store has a pleasant tension drifts, even by elegant behavior of clerk,
we feel they are at the top level of the world.
I bought a lip brush at Bergdorf, when I started my business about ten years
ago, to try to inspire myself.
Nearly 10 years flows, the brush is still good and reminds me the feelings of
those days.
Slightly upgraded this year, I will try buying one porch.

DSC02739

DSC02741

DSC02742






Next

DSC02694


DSC02681


DSC02693


街が暮れゆく直前、通りのライトが一斉に灯り始める頃のコントラストが好きだ。

景気が悪くなればなるほど、クリスマス商戦の開始も早くなる。
サンクスギビング直後から、街中ではサルベーション・アーミー(救世軍)が募金活動を始めている。
幼い頃は「社会鍋」の意味が分からず募金をするのも戸惑ったが、英語の「クリスマス・ケトル」を知って以来、彼らに会うとポケットの小銭を探すようになった。

大震災後、節電をうたう日本の方々に、華やかなイルミネーションを御紹介するのは心苦しい。
しかし不景気の世の中だからこそ、こんな街の明かりが、人々の心に希望の光を灯していくのだと思う。

DSC02698


DSC02701


I like the contrast of light around the start of the street lights in unison,
just before sunset in town.

Along with the economy is bad, the start of the Christmas season is also
faster.
After Thanksgiving, Salvation Army has started a fundraising activity in
town.
When I was childhood, I was puzzled "Donation Bucket.”
But now I know the meaning of the English "Christmas kettle," I look for
change in my pocket if I see them.

Knowing the people to keep saving power, after the earthquake in Japan,
I hesitate to introduce such a colorful illumination.
But under the world's recession, the lights of this city, I think we lit the
light of hope into people's hearts.

DSC02708


DSC02705
Next

DSC02554


久しぶりに5番街を歩いた。
前回通りがかったのは、約1か月前のユニクロオープンの時。
観光客が溢れ、物価も高いエリアだから、日常的に通りがかることは意外と少ない。

ふと見上げると57丁目の交差点に、いつものアレが登場していた。
ニューヨーカーにとって、ホリデーシーズンの風物詩。

10年以上前に、初めてコレを目にした時は、ニューヨークの街にしてはセンスがないなと首を傾げたが、巨大な雪の結晶が暗闇に浮かび上がる姿はなかなか迫力がある。
そして毎年コレがお目見えすると、もうこの季節になってしまったのだと、時間の経過のはやさを痛感する。

2011年最終盤。景気の悪さも何のその、街のイルミネーションはどんどん華やかになっている。
例年と違うのは、ユニクロの広告が過剰なほど街に溢れていることだろう。

DSC02550


I walked on Fifth Avenue last week.
The last time I passed by there, was about a month before, the opening of UNIQLO.
The road is full of tourists, and higher prices, I don't take the street on a
daily basis.

I looked up at the intersection of 57th Street.
There was a big snow crystal in the sky.
For New Yorkers, it was the rites of the holiday season.

More than 10 years ago, when I saw the first time, I felt that it was not cool as the object for the city of New York.
But a lighting of giant snow crystal in dark gives us quite impression.
I keenly aware of the coming of the winter season when I see it.

It is almost the final of the year 2011.
Under the bad economy, but the illumination of the city has become more
and more spectacular.
One thing unlike previous years, there are too much the ads for UNIQLO in the city.

DSC02555


DSC02557


DSC02559
Next

ニューヨークの街中では、巨大なネズミに遭遇することが多い。
かつては銀座の街でネズミを見かけると、一瞬怯んでいた私も、マンハッタンの
地下鉄構内に棲みつく巨大ネズミにも動揺しないほど、度胸がついた。

そして今週になって突然、ダウンタウンのオフィスに向かう通勤路上に巨大ネズミが
出現した。
ネズミのすぐ横に数名の男性陣、反対側には警察官が2名。
何もないけれど、背筋を伸ばされるような緊張感が漂う。
体長は3メートルを超え、鋭い目つきと怖い形相は、幼い頃に見た「くるみ割り人形」の
挿絵を思い起こさせる。
巨大ネズミは建物にお尻を向けずに、真正面から建物の中を睨みこむような向きで
居座っているから、観光客向けの「客寄せ」目的でないことは一目瞭然である。

雇用低迷が続く米国内でも、特にニューヨークの失業率は高い。
不当解雇や賃金カット。不当な扱いをされた雇用者が、ユニオン(労働組合)を通じて
雇用主に労使交渉をする時、ひとつのアピール手段としてこの巨大ネズミが出現するのだ。
雇用主がユニオンに属さない労働者を起用した場合にも、それを許さないユニオンが
さらに怒りをあらわにして抗議する。
建築業界では、プロジェクト半ばに巨大ネズミに襲撃されて、計画の大幅変更を余儀なく
されることも少なくない。

なんと、オンラインでも購入可能な巨大ネズミ。
3,000~5,000ドルのものが飛ぶように売れているというのも、不景気な世の中を象徴している。
そしてこのネズミが出現しないようにプロジェクトを進めるのが、私達の役目。

DSC02549



In the city of New York, we often encounter a giant rat.
Once when I see a rat on the streets in Ginza, I was momentarily daunted.
But now I am OK with courage if I see a giant rat that live in Manhattan
subway.

A huge rat suddenly appeared on the street toward the downtown office
this week.
A few men were next to a rat, and two police officers were on the other
side.
It happens nothing, but I felt tension as the spine extended.
A rat was more than 3 meters in length with frightening aspect that
reminded me the illustrations of "Nutcracker" which I saw when I was a
childhood.
The goal was obvious that was not for visitors, because it was sitting and
looking at the direction to the front of the building.

Employment in the United States also remain stagnant, unemployment is 
high, especially in New York.
Wrongful termination and wage cuts.
When the aggrieved employee does the labor negotiations with the
employer, through union (labor union), a giant rat, called “Union Rat”,
appears on the street.
If you hire the workers who are not belonged to unions, you will be fight by
the union too.
In the construction industry, has been attacked by a giant rat in the middle
of a project, there are many significant changes had to be planned.

These giant rats are also available for purchase online.
It is selling like hot cakes from $ 3,000 to $ 5,000, which symbolizes a world
recession.
Our business role is that a mouse does not occur during our project.
Next