Archives

2011年12月

DSC03063


我が家の目の前にある雑貨屋さんのショウウィンドウ。
繁華街から離れた静かな居住区の片隅で、普段は掃除機やら照明器具やらをゴタゴタと並べているだけのディスプレイ。
ところが毎年この時期だけは、夢いっぱいのこんな商品を並べている。
ジェットコースター、パラシュート、メリーゴーランド、スケートリンク・・・・。
手の細かい作りを眺めていると、幼い頃に父に手を引かれて歩いた遊園地の思い出が蘇る。
街の片隅のこんな場所で、まさかこんな気の利いたギフトを買えるとは思えない意外性が功を奏するのか、毎日少しずつ商品が入れ替わっている。

ホリデーシーズンのギフト商戦はピークを過ぎたとはいえ、年末のカウントダウンまではチップの書き入れ時だから、アパートのドアマンは過剰なほどにサービスをしてくれる。
彼らはこの時期だけに一年の稼ぎの半分近くを期待するらしい。
きっと目の前の雑貨屋さんも、この時期の売れ行きに勝負をかけて、渾身のアイディアを振り絞ってウィンドウを飾り付けているのだろう。
しかしその実、クリスマスオーナメントを飾るその横には、ユダヤ教のハヌッキヤー(八枝の燭台)が所狭しと並べられている。
他宗教の国だからこそ、ディスプレイにも意外と気遣いが必要なのだ。
人々も「メリークリスマス!」ではなくて「ハッピーホリデー!」と声をかけあって、この時期をやり過ごすのが通例。

皆様、ハッピーホリデー!
どうぞ素敵な年末年始をお過ごしください。

DSC03065

DSC03066


This is the general store's shop window in the front of my apartment.
In the corner of a quiet residential area away from downtown, usually they
only display alongside Lighting, Vacuum cleaner, and so on.
But only this time of year, here is full of products of dreams side by side.
Roller coaster, parachute, carousel, skating rink ... ... ....
When looking at these fine handmade products, I revive memories of the
amusement park walked with my father in my childhood.
Though it is in places like the corner of the town, many gifts are sold here.
And the items have been changed little by little every day.

Holiday gift shopping season has passed its peak, but it still the busy season
to get the holiday tips for doorman of the apartment.
They give us too much about the service, expecting nearly half of the
earnings of the year only at this time.
The owner of the general store tried to summon up the idea of the
decorating window that made win in sales over this period.
But the real, next to the Christmas ornaments, the Jewish Hanukkia (eight
branched candlestick) is a crammed alongside.
We need special care even for the window display, since here is a country
from many religions.
People don't say "Merry Christmas !" but also "Happy Holidays ! " to
withstand customary in this period.

Happy Holidays, everyone !!
I wish you all have a wonderful New Year in 2012.

DSC03070

DSC03068


Next

DSC02978

DSC02981

DSC02982

先週末、マンハッタンの街はサンタクロースによってジャック(占領)された。
どこから湧いてくるのか分からないというほど、どこもかしこもサンタだらけ。
赤い帽子と白い髭をつけた正統派から、ピンクのガウンに緑のピタピタタイツというちょっと変わったサンタまで、街中が大騒ぎでサンタクロースを迎えていた。

「サンタクロースになりきって楽しもう」数年前からインターネットの呼びかけで始まった「Santa Con」イベント。
現在32か国、228か所での開催がリストされている。
初めての年は、街中でタクシーに乗り込むたくさんのサンタクロースを見て、
ぎょっとしたものだが、今ではもうすっかり定着したイベントとして、街中が
「偽サンタクロース」の大移動を微笑ましく見守っている。
米国人は、童心に帰って遊ぶのも好きだけれど、それ以上に、コスチュームが
大好きな文化なのだと改めて思う。

クリスマスの夜にトナカイに乗ってやってくるはずのサンタクロースが、今では
髭もつけずにUGGのブーツを履いて、地下鉄に乗っている。
夢見る子供達への悪影響だけが、ちょっと心配だけれども、日本でも東京と
沖縄での開催が決定しているようだ。
「偽サンタクロース」の登場が市民権を獲得する日も近い?!

ちなみに、イースター近辺には「Bunny Con」、夏の日の「Pirate Con」。
どこまでもなりきることが肝要だ。

DSC02986

DSC02983


Last weekend, the city of Manhattan was occupied by many numbers of
Santa Claus.
Everywhere was covered with Santa, though I did not know where they
came from.
Many kinds of Santa, with a white beard and orthodox red hat, with green
tights in pink gown, were greeted with excitement by the people in the city.

"Enjoy becoming Santa Claus'
That was the "Santa Con" event that began in the last few years via
Internet.
Currently 32 countries with 228 locations are listed.

The first year, I was surprised to see a lot of Santa Claus get in a taxi on
the street.
But now firmly established as the one special event, people welcome the
"Fake Santa Claus" in the city.
American people like to play with Naivety, and also they love the costume
culture.

Santa Claus, who is supposed to come on reindeer ride at the night of
Christmas, now rides a subway wearing UGG boots even without beard.
I'm worried a little about negative impact to dreaming children, but it seems
to have decided to be held in Tokyo and Okinawa in Japan.
"Fake Santa Clause" will win to get their citizenship in Japan soon.

Incidentally, the "Bunny Con" will be held at Easter and the "Pirate Con"
will be in summer.

DSC02976


Next

snowman

Cat

Rame

Tree


街中のカフェや地下鉄の中で声をかけられることがある。(女性限定)
「あなたの爪、とっても綺麗。どこの店に行っているの?」
私は胸を張って答える。
「日系のサロンに行けば、どこでもこれぐらい朝飯前ですよ」
「信じられない。やっぱり日本人はすごいわ」

私自身、こうやって自分の身の回りに気遣いをするようになったのは、つい最近のこと。
我が子が生まれたばかりの頃は、何とかして仕事と子育てを両立しようと懸命だったから、自分の服装や外見に気を配る余裕など皆無だった。

ある日、ある人に言われた。
「商談をする時に大切なのは、まず第一印象。もちろん中身も大事だけれど、外見の印象がその後の展開に大きく左右するのは紛れもない事実。男女問わず、顔と手先の表情は、気持ち次第でいかようにも変わる。」
「ビジネスに限らず、改まって人に会う機会には、その人に会うという行為のためにどれだけ気持ちを費やしたかが第一印象に表れる。」

はっと我が身を振り返って、反省した。
きちんとした身なりでいることは、自己満足のためではなく、相手に対する敬意なのだという意識。
持って生まれた容姿ではなく、自分で努力できることは意識して改善していこうという気持ち。
ビジネスだけでなく、プライベートな友達に会う時でさえ、相手のことを想いながら身なりを整える。
かといって、生来マメな性格ではないし、猫の手も借りたいほど忙しい毎日だから、日頃のお手入れはなるべく簡素に済ませたい。

ということで、日々のメンテナンスを最小限に済ませるための強い味方は、日系サロンの日系技術。
米国在住でありながら日系サロンに通うというこだわり。
それは日本という国の文化や技術を、もっと米国に広めたいというささやかなこだわり。

伝統工芸や工業製品、いわゆるハード部分が商品となって輸出され、日本の技術の素晴らしさは世界中に認められている。
一方で、個々の人材が持つ技術、ソフト面を直接米国にアピールする機会はまだまだ少ないからこそ、自らの身体を張って、日本の誇りを米国に伝えることをしたいと思う。
そこからビジネスの話が盛り上がることも少なくない。

まなみさん、いつもお世話になっています。
日系技術の素晴らしさを、今後もさらに米国に伝えていきましょう。

Studio L


I sometimes come under the voice in the subway or at the cafe in the city.(Women only)
"Your nails are very beautiful. Which salon do you go?"
I answer confidently.
"If you go to a Japanese salon, they can do it as well everywhere."
"I can’t believe it. But I know Japanese always do great job."

Recently I became to do something for myself in daily lives.
When my kids were babies, I tried hard to balance both work and
child-rearing.
I did nothing attentive to afford my own dress and appearance.

One day I was told by my master.
"Remember, the first impression is the most important when you have an
opportunity to see people at first in business.
Of course, the contents are important, but it depends largely on the
expansion of the subsequent impression of the appearance is an
indisputable fact.
Regardless of gender, people can change the impression of face and
hands. "
"People feel how much you think the meeting people from your first
impression, not only in business but in private."

I looked back myself and reflected.
One should have a sense of respect for the other people with proper attire,
it's not for self-satisfaction.
One should make effort to improve the impression to innate rather than
birth appearance.
He taught me the one important way in life to keep a caring feeling for
every people.
But I would like to make daily care simple as I am too busy to take care of
myself.
So, the technique of Japan salon is a strong ally in order to have a daily
maintenance to a minimum.
I commit to go to Japanese salon as the U.S. resident.
It is my commitment as a role to announce Japanese culture and
technology to the U.S. more and more.

The exported product of Japan's technology, called hard part of traditional
crafts and industrial products, is recognized worldwide.

On the other hand, the opportunity to appeal the individual technical
personnel is still little.
I would like to tell the pride of Japan to the U.S. with using my body and so on.
Few can rise from there to talk business.

I always thank for your help, Manami.
Let us tell the wonders of Japanese technology to the U.S.
Next