Archives

2012年08月

564621_2426837926007_1716684450_n[1]

昼間の気温はまだまだ高いけれど、朝晩はすっかり過ごしやすくなってきた。
夏の終わりを惜しむかのように、セントラルパークで日光浴を楽しむニューヨーカー達。
こんな光景、こんな夏空、こんな雲を見られるのも、あと僅かだろう。
毎年のこととはいえ、大好きな夏が過ぎ去っていくのは、もの悲しい。
ニューヨークが一番美しいとされる秋の景色まで、ここからはあっという間なのだ。

386953_2426839966058_957461803_n[2]


We still have high daytime temperature, but it's becoming quite comfortable
in the morning and evening.
New Yorkers enjoy sunbathing in Central Park as if they spare the end of
the summer.
This scene, the summer sky, or the summer clouds, would be little left to
see them.
I feel the melancholy every year, the lovely summer passed away.
Autumn, the landscape of New York to be the most beautiful in a year,
comes here with a fast.
Next

558218_2414159649058_727439551_n[1]

ニューヨークの地下鉄駅構内には、音楽が溢れている。
さすがにニューヨークが舞台というだけあって、パフォーマンスはプロ並み。
暗く湿った地下で、心洗われるような歌声、生の音楽が聴こえてくると、思わず足を
止めて聞き入ってしまう。
大都会の喧騒の中で、通勤客が一緒にリズムを取ったり、若者が踊り出したりする姿に、
心が温まることもしばしば。

その昔は自由気ままに演奏されていたパフォーマンスであったが、1987年からMTA
(ニューヨークの交通機関を運営する公益法人)はオーディション制度を導入。
厳しい書類・デモ選考を経て、オーディションに参加できるのは毎年約60組。
音楽のテクニックに加えて、パフォーマンスにニューヨークらしさがあらわれているかも
審査基準になる。
地下鉄の独特の雰囲気、聴衆から受ける刺激を味わいたくて、普段はプロとして活躍して
いるミュージシャンもこのオーディションを受けることもあるというから驚きだ。

最終的に許可証を取得できたのは、これまでの通算で100数十組そこそこというから、
いかにそのハードルが高いかが分かる。
マンハッタン内、約25か所の人通りの多い地下鉄駅やホームでのパフォーマンスは、
MUNY(Music Under New York)プログラムによって細かくスケジュールが立てられており、
ミュージシャン同士の縄張り争いもなく、秩序が保たれている。

生活費をギリギリまで削って過ごした留学時代、地下鉄代をも無駄にできないと
片道45分かけて徒歩で大学に通っていた。
レベルの高い講義についていけず落ち込んで、ひどいホームシックに襲われた時、
地下鉄構内から聞こえる「アベ・マリア」に救われた。

地下鉄で出会った歌声が、誰かの人生を変えることだってあるに違いない。

521865_2414149288799_1891393977_n[1]

225062_2417235205945_1298615211_n[1]

In New York subway stations are always full by the music.
We say truly the performance is professional since it's in a New York stage.
In the dark and damp basement, singing music, such as raw as they come
hear our heart lay bare, we would listen to stop the foot involuntarily.
In the hustle and bustle of a big city, the commuters take the rhythm
together, or young people began to dance, the heart often gets warm.

Once upon a time it was a performance that had been playing freewheeling,
but MTA (public benefit corporation, which operates the New York
Transportation) has introduced the audition since 1987.
Through a rigorous selection demo document, performers can participate in
the audition each year about 60 sets.
In addition to the technique of music, they will be screening whether they
would suit for the New York performance or not.
It is a surprise because sometimes professional musicians apply the
audition that they want to enjoy the unique atmosphere of the subway, or
the stimulus received from the audience.

So far, about only 120-130 groups or so ultimately got the permit, so the
hurdle is so high.
The performance at the platform or subway stations, about 25 locations in
busy Manhattan, has been set up the schedule by finely MUNY(Music Under
New York) program.
There are no turf wars between musicians and the order is maintained.

When I studied abroad, I went to the college on foot over 45 minutes in one
way, since I could not afford to take subway to cut off the cost of living.
I depressed not keep up with the high-level lecture, and I was attacked by a
terrible homesickness, but I was saved by hearing the "Ave Maria" from the
underground.

Even the voice that someone met on the subway could change the life of
them.

550996_2414151088844_880513923_n[1]

488183_2414148808787_1939976363_n[1]


Next

080912-2

本質的なことをいうと、私は広く浅くの友達づきあいがあまり得意でない。
袖振り合うも多生の縁。
この広い世界で偶然にも出会った人達とは、丁寧に丁寧におつきあいしていきたいと思うから、ともするとおせっかいというほど、気にかけてしまう一方で、プライベートでは、互いの距離感が心地よい関係の人と細く長く、そして深く関わっていたいと思ってしまう。

10代、20代、30代、私の目の前にはいつも目標となるべき素敵な女性がいた。
そして近年、体力やお肌の美しさという意味では、若い頃が良かったと思うことも正直あるけれど、歳を重ねてこその美しさというものにますます惹かれるようになってきた。
ほんの少し歳上の女性がこんな風に輝いているのを見ると、前に進むこと、歳を重ねることがどんどん楽しみになってくる。

故郷離れて同じ米国の土地でがんばる日本人として、こんなに素敵な女性が少し目の前を歩いてくれていることは、本当に誇らしく、本当に励まされる。
日本の女性をますます応援したいと、心がクリックされる。

DSC04899


To tell the truth, I'm not good at to be friends with shallow and widely.
Even a chance acquaintance is decreed by destiny.
I think I want to care about with the people I met by chance in this big
world, carefully and carefully.
On the other hand, in private, I want to be friend deeply involved, long and
slender, with people-related sense of distance of each other comfortable.

So far, there always have been lovely ladies who should be my goal in
front of me.
Some honesty in the sense I think that physical strength and beauty of
skin were much better when I was young.
But in recent years I have come to be increasingly attracted by the beauty
of repeatedly the years.
I have become more and more fun, to go forward, to get older, by seeing
the shinning woman who little years older.

I'm really proud, really encouraging, with nice women walking a little forward
in front of me, as same Japanese who live in the United States away from
Japan.
When my heart is clicked, I want to support more and more Japanese
women.

DSC01083 (2)


(上) 前職場時代から後輩達の憧れの的だった美園さんはフロリダ在住。
(中)ニューヨークで美しい女性を養成するために御活躍中のまゆみさん。
(下)ヘアメイクアップアーティストのヒロコさんは日本での実績も輝かしい。

(Top) Ms.Misono, who was the target of my ex-co-worker work, lives in
Florida.
(Middle) Ms. Mayumi acts in training for beautiful women in New York.
(Bottom) Ms. Hiroko, hair make-up artist, is also a brilliant track record in
Japan.

Next

DSC01790

DSC01793

街を歩いている時、ふと出会うアートたち。
壁の落書きでも、身体を使った音楽でも、自分を表現する術はすべてがアートになる。
表現する方も、足を止めて受け止める方も、遊び心がいっぱい。

だからきっと、私はこの街が好き。

DSC01794

DSC01797

When we walk down the street, we suddenly encounter the arts.
All ways to express themselves, such like the graffiti on the wall, or the music with using the body, could be the art.
Both people who express themselves and who stop by there to look at them, are full of playfulness.

So I love this city, New York.

art-2

art-2
Next

101

2012年7月27日、それは奇跡ともいうべき出会いだった。
誰かがあらかじめ仕掛けてくれたわけでもなく、無理な力を出して近づいていったわけでもなかった。
たくさんの偶然が重なって、あまりにも自然な流れだったらから、構えることなく話をすることができた。
いつか直接お礼を伝えたいと、ずっと想い続けていた。

「私の方がいっぱいパワーをもらったよ。ありがとう。」
力強く抱きしめてくれたその腕の感触を、私は一生忘れない。

「あなたの歌声で命を救われました。今こうして空を見上げられることに感謝しています。心からのありがとうを伝えたくて。」

出会い。それは、美しくも儚い。
でも、確実に、次の夢へつながるパッションになる。
ゆっくりでいい。ここからまた少し、歩き出してみよう。

117

It was the meeting which should be called miracle on July 27th, 2012.
There was no trick someone put in advance, or there was no mean
approaching the impossible from myself.
Since a lot of overlap by chance, and it was a natural flow too, we were able
to talk without having a set up.
To thank her directly someday, had been much my thought.

“Thank you. I got a full power from your way.”
I will never forget, the feeling of her arms hugged me strongly.

“Your voice saved my life. I appreciate I can look up at the sky now.
I wanted tell my heartfelt thanks to you.”

The encounter is beautiful and ephemeral.
But, surely, it will lead to passion to the next dream.
Slow is good. Little by little, let me walk out from here.
Next