Archives

2014年09月

エール (1)


こっそりと想いを綴ることがある。
伝わらない想いを、あえて文字に残すことで、気付いてくれる人がいるはずと。

気兼ねなく外にあらわす喜怒哀楽と、心のなかで葛藤する喜怒哀楽。
ささやかな心の動きにも、敏感に反応してくれる存在がありがたい。

「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」
子供の頃に覚えたことわざ通りに、午後から空が泣き出した。

でも、またちゃんと、朝はやってくるから。

明日から新しい人生を歩こうとする友のために。
今夜は乾杯。

エール (3)


I sometimes spell my feelings secretly.
When the feelings are not reached to someone, by leaving the
characters dare, I hope someone notice them.

There are emotions that could be represented outside without
hesitation, and emotions that conflict within mind.
I thank friends who will react sensitively to the movement of the
modest mind.

“Red sky at night, sailors delight, red sky in morning, sailors take
warning.”
As same as the proverbially that I remember from a child, the sky
began to cry in the afternoon.

But we are sure that tomorrow morning comes properly.

My friend will start to walk a new life from tomorrow.
Cheers to him tonight.

エール (2)


Next

あまりにも可愛らしかったので、思わずパシャリ。
大人びた世界を目の前にして、何をたくらんでいるのだろう。
この背中に、たくさんの未来が待っている。

未来


Since I loved this scene, I took this photo involuntarily.
In front of a world where grown-up, I assumed what they thought.
A lot of future will wait for them.
Next

遭遇 (4)

遭遇 (3)


世界中にどこにいても、事件事故に遭遇することはあるだろうけれど、
やはりこれだけの人が集まる場所なだけに、
ニューヨークにいるとそれへの遭遇率も高くなるのかもしれない。

友人の経営するヘアサロンの前で、轢き逃げ事故があった。
友人らが気付いた時は、路上に老人女性が血だらけになって倒れ、
すでに虫の息だったらしい。
救急車が到着して必死に心肺蘇生を試みるも、回復しなかった。

寸時にそこは殺人事件現場となって、たくさんの警官、探偵、報道陣が
集まってくる。
私は友人とのアポがあったため、店内から数時間にわたり、
探偵の聞き込み調査や、マスコミのインタビューまで、
その一部始終を見続けることになった。
まさにその瞬間を目撃した人がいなかったため、事件の真相は迷宮入りかとも
思われた。

しかし、翌朝のニュースでは意外な真相が報道された。
その間ずっと、他人事のように、野次馬のようにウロウロと佇んでいた
男性が被疑者にあげられていた。
店の目の前に路駐してあった、パーティー用品のケータリング車のドライバー。
人を轢いた後のように動揺する様子は、微塵も感じられなかった。

誰でも被害者、加害者になりうるのが交通事故。
明日は我が身と思って気を引き締めなくては。

遭遇 (2)

遭遇 (5)


Wherever we are in the world, there would be encountered in the
incidents.
New York is the place where many people gather, so the encounter
rate to it also might be high.

In front of a hair salon that my friend owned, there was a hit-and-run
accident.
When his staffs noticed, an elderly woman became covered in blood
on the streets,
She seemed to lost her breath already.
The ambulance arrived and they attempt cardiopulmonary resuscitation
desperately, but she did not recovery.

Shortly, it became as a murder scene, a lot of police officers, detectives,
and press came around.
Because I had an appointment with my friend, I spent several hours there.
From the store, I saw the whole story of the investigation by the detective
and the interview by the media.
Because no one had witnessed the very moment, I thought it would
become to the unsolved incident.

But the news in the next morning, the surprise truth had been reported.
The guy who was standing and wandering as onlookers all the while,
had been raised to the suspect.
He was a driver of the catering party supplies that parked the vehicles
in front of the store.
Nobody felt his upset appearance, and doubt him like after hitting a
lady.

Traffic accident is anyone can become the victim, the perpetrator.
We have to care it in anytime.

遭遇 (6)


Next

期待するから、裏切られる。
だから、信頼しつつも、期待はしない。
そうやって、生きてきた。

信頼していたはずの人に、裏切られた。
それは優しい嘘でなく、人を傷付ける嘘だった。
たくさんの人を巻き込んで。
もちろん本人は、それさえも気付かない。

嘘と言い訳と意地悪と。
すべてを周りのせいにして、自ら動くことはない。
多大なエネルギーを費やして放った言霊は、
右から左へ抜ける音楽として、処理される。
その場しのぎの誓いと約束は、放った瞬間から風化する。

自戒の意を込めて。
必ず自分で動くこと。
同じことは繰り返さない。
思いやりの気持ちと具体的な行動だけが、
必ずきっと、未来を開く。

私は私らしく。
何度裏切られたとしても、自ら信じて愛を与えよう。

期待


To be betrayed because I expect.
So, even while I trust, I do not expect.
In doing so, I have been alive.

I was betrayed by friend whom I had believed.
It was a lie that hurt people, not a gentle lie.
And it was involving a lot of people.
Of course, he was even unaware it.

It was lie, excuses, and nasty.
To blame all around, he never take action himself.
The words that were made spending a great deal of energy
was processed as music passing from right to left.
The promise and oath of makeshift were weathering from the
moment.

I notice meaning of self-discipline.
I always take action from myself.
And I will not be repeated the same thing.
Only concrete actions and feelings of compassion, surely, make
the happy future.

I believe my way to alive.
Even I am betrayed again and again, I will give the love to believe.
Next

日本ではあまり報道されなかったが、一か月ほど前に、痛ましい事件が
あった。
ハドソン川近くの埠頭、他殺体で見つかった日本人男性。
生前の彼と面識のあった友人も多く、自分達が銃社会で生きていることを
再認識した。

一方、こちらはムービーシューティング(映画撮影)。
ロケ地周辺には、数日前から路駐厳禁のビラが貼られる。
1ブロックの3分の1を占めるほどの長さのトラックがやってくると、撮影が
始まることが分かる。
俳優やスタッフが使用する控室、更衣室、化粧室、そして温かい食事を
その場で作るベンダー達。
たった1つのシーンを撮るだけでも、とても大がかりなロケ隊が動いている。

目の前で繰り広げられるアクトシーンが、数か月後にはハリウッド映画の
なかで見られるのだと思うと、とてもワクワクする。
実際には、映画館に行って映画を観る時間はとてもない日常だけれど。

シューティング (1)

シューティング (2)

シューティング (3)


One month ago, there was a tragic incident that has not been reported
much in Japan though.
Japanese man was found in the murder body near the pier of Hudson
River.
Some friends were his acquaintance, and we were re-recognized that
we had lived in a gun society.

On the other hand, we sometimes see the scene of the movie shooting
(cinematography) in New York.
Near the shooting location, from before a couple of days, the posters that
prohibited the road parking are posted.
When the big bus/track of the length of about one third of one block comes,
we see that the shooting starts.
There are changing room, make-up room, waiting room, restrooms, and
vendors who make hot meal for actors and staff.
Even just for taking only one scene, very large-scale corps is moving.

I am very exciting that the acting scene that unfolds before my eyes will
be in the Hollywood movie a few months later.
In fact, my day-to-day is too busy to go to see the movie at the theater.

シューティング (5)

シューティング(6)
Next

20代の女性の間で「アエリーリアル」というのが流行っているらしい。
若者に人気のブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」では、たくさんの技巧技術を
駆使してモデルの魅力を演出しているが、「作られた感」は否めない。
一方で、「アエリー」は補正効果よりも、自然なままに、よりリアルなラインを引き出す
ことを重視し、ありのままな魅力を演出する下着として人気があるのだという。

そんな会話を女友達と交わした日の晩。
深夜0時近くになって、友人らが次々と我が家に押しかけてきた。
遅くまで働いて、それぞれに食事をした後に、話の流れで我が家に再集合することに
なったらしい。
総勢9名、お酒を交わしながら、明け方まで語り尽くした。

夜が更けるうちに、退散したり、ウトウト眠りに落ちたりと、
一人また一人と陥没していくなかで、友人がポツリとつぶやいた。
「貴女がいるかいないかで、その場の空気がまったく違う。
いてくれるだけで、ありがたいんです。」

夜明けと共に解散し、それぞれを見送った後でも、そのセリフが胸に響いて、無性に
うれしかった。
「アエリー」ありのままに。「エアリー」空気のように。
そこにあるのが当たり前だけれど、なくてはならない存在。

自分の存在。生きている実感。
空気になる。それでいい。

空気になる(3)


I heard that "Aerie Real" is in vogue among women in their 20’s.
In the popular underwear brand, the "Victoria's Secret", produce a model
charm by using full technic on the photo shooting,
But "Made in Artificial" cannot be denied.
On the other hand, "Aerie" is now popular that emphasize the body line
more realistic and naturally without the correction effect and produce
realistic charm.

It was at that night after I had such a conversation with my friends.
Become a 0:00 near midnight, my friends came to our house thronged
one after another.
They worked until late, and seemed to have decided that after a meal
respectively, get my apartment in the flow of the story.
While exchanged sake, we, total nine guys, talked until dawn.


Along with the night indulge, some friends went back to home, someone
fallen to asleep.
Then a friend muttered.
"If you were not there, the air of the place is completely different.
I appreciate you are here."

Even after we broke up at dawn, and I saw off each, the words were echoed
in the chest, and I was very happy.
It was "Aerie" and "Airy".
It is common that it is there, but it exists not do without.

Presence of my own. Feel to be alive.
Become air. So is good.

空気になる(6)
Next

FashionWeek (1)

FashionWeek (2)


夏の間は比較的静かだったニューヨークの街が、9月最初のレイバーデーを過ぎた
頃から、一気に活気づいてくる。
NYファッションウィークの開催中、世界中からお洒落な人達が続々と集まっている。

2年半後の流行を作り出すという展示会場周囲では、最新のファッションショーを
楽しむセレブの姿や、彼らを追いかけるたくさんのパパラッチの姿も、
日常的な光景としてそこにある。

夏前から企画した、ネイルサロンとハイエンドジュエリーのコラボイベントも、
大成功のうちに終了した。
当日はたくさんのメディア関係者にもお越しいただき、その後の取材申し込みも
絶え間なく続いている。

自分達の発信したものが、世界に飛び出していく姿を、後ろからそっと見守る。
そのキッカケ作りを担えたことが、嬉しくて。

小さなところに幸せを見つけることは、日常に潤いを与えてくれる。

FashionWeek (3)

FashionWeek (4)
FashionWeek (5)


The city of New York was relatively quiet during the summer, but it has come
to an active life after the Labor Day of September.
During the period of NY Fashion Week, stylish people have gathering one
after another from all over the world.

Near the exhibition hall that produce epidemics of two and a half years later,
the figure of celebrities who enjoy the fashion show of the latest, and the
number of appearance of paparazzi chasing them, is there as a daily sight.

The collaboration event of high-end jewelry and nail salon that was planned
from the summer ended with the great success.
Many media professionals have come to the event on the day, and a lot of
coverage of the application has also continued incessantly.

Those that we originated will jump out to the world, and we will watch
gently behind them.
I'm very happy that we made a chance by connecting them.

Finding happiness in the small thing gives essence to the day-to-day.

FashioWeek(6)-2

FashionWeek(6)-1

FashionWeek (7)
Next

「今夜は月が綺麗だよ」
遠くから、繊細な感性を送ってくれる友がいる。
「同じ空を見上げているね」
こうやって繋がっていることが、勇気をくれる。

どんよりと低く垂れこめた雨雲に、
今年最後のスーパームーン観賞は諦めていたけれど、
早朝4時近くになって突然、雲が流れて、月光が射しこんだ。
向かいのペントハウスの住人もまだ起きていて、
その瞬間をカメラにおさめた後に、灯が消えた。

人間は古代からずっと、空を眺めて生きてきた。
今日という日は二度とないから、明日も当たり前の日常がやってくるとは思えない。
それでも、明けない夜はないし、必ず明日がやってくるという希望こそが、
今日ここにある自分に生かされていくのだ。

育児ブログでも、食べ物ブログでもない。
本業とは別に、徒然な日々を綴る場所。
楽しいことも嬉しいことも。
悲しいことも辛いことも。
がんばる日本人を応援したり。
萎えそうな自分を奮い立たせたり。

生きている生のニューヨークを伝える。
それしかできないけれど、それでも伝えられるものがあるかもしれない。

お立ち寄りくださる、すべての皆様に心から感謝の意を。
これからもよろしくお願いいたします。

02


"The moon is beautiful tonight"
My friends send me a delicate sensibility from far away.
"I have looked up at the same sky"
That we are connected, give me the courage.

Since the rain clouds were low to overcast,
I had given up the last Super Moon ornamental of this year.
But suddenly, clouds flows in the form to close early in the morning 4:00,
the moonlight shined in the sky.
The residents of the penthouse across the street were still awake,
After they shoot the moment in the camera, lights went out.

Much, human beings have been living, looking at the sky since ancient times.
I do not think every day of commonplace comes tomorrow, because today
never comes again.
Still, the hope that the night would be taken over to the morning, makes us
the energy to alive here today.

This is not a child care blog, nor the food blog.
Apart from my business, this is where I report the day-to-day.
I don't want to forget my feeling of every day, glad, fun, sad, and painful.
It might cheer up the Japanese who work abroad.
It might inspire my-self when I am almost withered.

Though I can only convey the raw New York life, I might bring some feelings
to someone.

Sincerely, I thank from my heart to everyone here.
Please stop by here again when you have time in the future.

30


Photo by K.Tsukigi

写真の無断転載を禁じます。

Next

毎年この日は、突き抜けるような青空が広がって、
いつもにも増して空気が澄んでいて、
こんなに爽やかな日がずっと続けばいいと錯覚していた。
でも今日は、どんよりとした雲が広がって、空は今にも泣きだしそうな顔をしている。

人生で辛い経験をしてきた人ほど、過去のその記憶に蓋をする能力が高いらしい。
歳を重ねていく老人が、少しずつボケていくことでさえ、
自分の死を意識から排除するための、自己防衛能力であるという。

日常的な出来事を、おそろしい勢いで忘れていってしまう私だけれど、
この日の記憶だけは、忘れようとしても忘れられない。
忘れてはいけない。

犠牲になった方々の名前が読み上げられる。
あの日から13年。

ベビーブームで誕生した子供達は今月からミドルスクールにあがり、
一学年15クラスという公立校も誕生した。
いまだに苦しくて足を運ぶことができないあの場所にも、フリーダムタワーがそびえたっている。
時間は確実に流れて、街もきちんと生きている。

それでも、忘れてはいけない。
人間の生命の重みと、あの悲しみを。

デジャブ (1)


On this day every year, blue sky spreads and penetrates to the firmament.
Air is clear than ever to always,
I had the illusion it should continue the day so refreshing.
But today, clouds spread and the sky has the about-to-cry face

I heard that the people, who had the painful experience in their life, had
higher ability to cover to the memory of the past.
The fact that old men go little by little blur, is self-defense capability to
eliminate consciousness from their death.

I always go forgotten the day-to-day events, in the ultimate one moment.
The only memory of this day, I cannot forget if I try to forget.
We should not to forget.

The name of the victims is read aloud.
It passed 13 years from that day.

Children who were born in the baby boom went up to the middle school from
this month,
Public school with 15 classes of first grade was also born.
Also in that place that I cannot go by still painful, Freedom Tower is towering.
Time flows surely, the city also live properly.

Still, we do not forget.
That’s the value of human life, and the sadness.

デジャブ (2)
Next

これから何が起こるのだろうというワクワクと。
これからどうなっていくのだろうというドキドキと。

当たり前のように過ぎゆく毎日を、無為にしないこと。

さて、そろそろ、新しい出発です。

10


An excitement of what will happen from now on.
A pounding of what will happen from now on.

I want to make it not to inaction, since everyday goes unconsciously.

It will be soon, time for new departure.

56
Next

42nd Street


日没後の空に、クライスラービルディングの夜景が映えていた。
自宅からたった3キロほどしか離れていないのに、久しぶりに観るアールデコの曲線に、
ふと涙がこぼれそうになる。

将来の不安を抱えながら、インテリアの大学に留学していた頃を思い出す。
国連本部の前、有名な42ndストリート近くに住んでいたのに、華やかな街を観るのが
しんどくて、夜空を眺めることなく、ひたすらに課題に取り組んでいた。

目の前にある問題を、自力でひとつひとつ解決していくこと。
それだけが、人生を切り開くキッカケになる。
待っているだけでは、何も始まらない。
誰かに頼って、幸せにしてもらうのではなく、自ら進んで人に与えることだけが、
いずれ幸せを運んでくる。
あの頃は、そんな当たり前のことさえも、手探りだった。

ないものねだりはやめて、「今」あることに感謝しよう。
かけがえのない毎日を大切に生きること。
「今」は永遠には続かない。

今日また一人、大切な友を失った。
哀しみを解き放す場所を探して歩いた街の、月明かりの優しさにまた泣いた。

42nd Street_2


I the sky after sunset, I looked up the night view of the Chrysler Building.
It was only about three kilometers from my apartment, my tears were
about to be spilled suddenly when I saw the curve of Art Deco.

I remember the time that as at a college studying the interior while
anxiety of the future.
Although I lived in the famous 42nd Street in the front of the UN
headquarters、I was working on challenges intently without having to
look at the gorgeous city and the night sky.

I try to solve the problem in front of the eyes by myself.
It just becomes an opportunity to carve out a life.
If I just for waiting, nothing does not start.
Relying on someone else, rather than have them happy, only be given to
people to voluntarily, it brings happiness either.
I was fumbling for even of such a commonplace.

I do not ask the impossible, let me grateful that it is "now" .
To live in an important place every day irreplaceable.
"Now" will not last forever,

I lost an important friend also today.
While I walked looking for a place to cast off the sorrow in the city,
I also cried by the kindness of the moonlight.

42nd Street_3
Next

長月2


週末の朝、マンハッタンの街は、静かに夜が明ける。
深夜遅くまで賑わっていたバーも通りも、何事もなかったかのように無表情になる。

街を行き交うのは、ジョギング姿のカップルや、ヨガマットを担いだ女性達。
ニューヨーカーのヘルシー志向の勢いは、止まらない。

ふと見上げた空の高さに驚いた。
毎年この季節になると、無性に焦ってしまう。
あっという間に秋が深まって、ホリデーシーズンまで一息つく間もない。

時間は誰にも同じ速さで流れているはずだから、過ぎゆく季節をきちんと楽しもう。

長月3


Morning of the weekend, the city of Manhattan dawns quietly.
Bar was crowded until late night as well, the street would expressionless
as if nothing had happened.

Couples of jogging figure and women that hold yoga mat make a bustling
city.
Momentum of healthy-minded New Yorkers does not stop.

When I looked up the sky suddenly, I was surprised at the height of it.
When it comes to this season every year, I would very impatient.
Autumn deepens quickly.
And shortly after I take a breather until the holiday season comes.

The time should have been flowing at the same rate to anyone, so I shall
enjoy properly season lapse.

長月4
Next