Archives

2014年10月

Hearvest (6)

Hearvest (2)


ハーベストという言葉の響きは、美しい。
耳にするだけで、不思議と心も豊かになる。
どんなに時代が進んでも、人間は自然界からの恩恵で生かされているの
だなぁと思う。

人間も、食物と同じように、収穫のタイミングが大事。
準備もままならぬままにフライングすることを恐れていた時期は過ぎ去った。
今はむしろ、機が熟するまで慎重に待ち過ぎて、目の前の運を見過ごさない
ようにしたい。

ハーベスト。
人生の収穫期をどんな風に迎えるかを考えるだけで、ワクワクしてしまう秋の朝。

皆様、素敵なハロウィンを!

Hearvest (3)


The sounding of the word of "Harvest" is beautiful.
When I hear it, I wonder and heart also become rich.
Even though if the world will very advance the human beings will be keep
alive in the benefit from the natural world.

The timing of the harvest of human beings is important same as food.
I've been afraid that I started to do something too early when I was young
age.
Rather now, I don't want to overlook the luck in front of the eyes that I
sometimes wait to act too carefully.

Harvest.
Autumn morning like today, I am very excited that I think how I welcome
the harvest of my life.

Happy Halloween !!

Hearvest (7)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

RL(8)


もはや妹のような存在の友人に誘われて、オープンしたばかりのカフェに行った。
いわゆる「ひとり外食」も「ひとりカフェ」も苦手な私にとって、ふとした時間に誘って
くれる心遣いが嬉しい。

マンハッタンの喧騒が眼下にあるのに、そこだけ静かな時間が流れていた。
洗練されたコーヒーの香り、ローレン氏の母のレシピで作ったというブラウニー、
センス良く並べられた小物達、横に座ったセレブの姿。
お気に入りの空間になりそうだと、幸せな気持ちになった。

昨日、また同じ場所に行った。
すべてが絵になるような景色の横に、日本人観光客の姿。
4人での喫茶代を、1セント単位でやり取りしていた。
カードでスプリットするか、後でお金を受け渡しするのが当たり前の米国で、
この光景は痛々しい。

「おごる文化、おごられる文化」は、継承すべき日本の文化。
会社の上司におごられたり、デート代を出してもらったり、後輩達に御馳走して
あげたり。
食文化を一緒に囲むことで、世代の壁が取り除かれ、次世代にたすきを繋ぐ
きっかけにもなる。

昨日出会ったばかりの友達でさえ、家族と一緒の食卓に招いてしまう、今は亡き祖母。
幼少時代、公園で売った麦茶で、駄菓子を買ってくれた従姉。
街角の屋台で1ドルのコーヒーを買ってくれた会社の後輩。

金額の多少なんかじゃない。
そういう心を育み合うことが、希望の光になる。

RL(3)

RL(4)


I went to the newly opened cafe since I was called by my friend like my
younger sister.
I don't like so-called "alone eating out" or "alone cafe".
It was nice thoughtfulness that I was invited to the casual time.


It was located in Manhattan of the hustle and bustle, but there only had quiet
time flows.
There were refined coffee aroma, brownies made in Ralph Lauren's mother
recipe, tastefully displayed accessories, and celebrity figure of sitting next to us.
I became a happy feeling that here would be one of my favorite places.

Yesterday, I also went to the same place.
Next to the scenery such as all of the picturesque, we saw the appearance of
Japanese tourists.
They exchanged to share the cafe cost in small cash.
We have common sense that people split in card, or pass the money later.
This scene looked so strange in the United States, and made us sad.

"Treat" is the one of Japanese wonderful cultures to be inherited.
We could be treated to a meal by the boss of the company, ask out the dating
fee, and we could give to treat the junior.
By enclosing a food culture together, the wall of the generation is removed.
And it becomes an opportunity to connect to the next generation.

My grandmother always invited many friends to the family table, even though
she met him/her in the first time just the day before.
In childhood, my cousin bought us candies by the money that she sold barley
tea in the park.
I was very happy that my junior in the company treated me a $ 1 coffee at the
vendor.

It's not amount of money.
I assume that fostering that kind of mind will become the light of hope.

RL(6)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Halloween 2014(3)

Halloween 2014(4)

Halloween 2014(5)

Halloween 2014(6)


10月31日は、古代ケルト人にとって一年の最後の日。
秋の収穫を祝い、先祖の霊が戻ってくる時に、他の悪霊も一緒に家に入って
こないようにと、魔除け代わりに家を装飾した。

現在「トリックオアトリート」はアメリカの国民的行事になり、宗教的意味合いは
ほとんどなくなったけれど、
お化け屋敷さながらの装飾をするのは、今も昔も変わらない。
大人も子供も一緒になって、イベントを楽しもうという心意気。

さて、今年は「アナ雪」の衣装が街にあふれるのだろうか。

Halloween 2014(7)

Halloween 2014(8)

Halloween 2014(9)

Halloween 2014(13)


October 31 was the last day of the year for the ancient Celts.
They celebrated the fall harvest, and they decorated the house to ward
off evil instead when the spirits of ancestors come back, the other evil
spirits also so as not to come entered the house together.

Current "Trick or Treat" has become an American national event, but
meaning has almost gone,
But the reason for decorate the house just like the haunted house, has
not changed even today.
I like the spirit that adults and children taken together and enjoy the
event.

Well, I guess many girls will become Elsa this year.

Halloween 2014(14)

Halloween 2014(15)

IMG_7261


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

摩天楼 (2)


ニューヨーク市の法規制の中で、新しいビルを建てるというのは、大変な
時間と費用がかかる。
昔からある隣接ビルから日照権を買い取ったり、地盤の固い土地に基礎
工事を施したり、
想像し難いほどの苦労がそこにある。
リーマンショックの後しばらくは、融資が止まって建設が中断されたままの
ビルも多かった。

久しぶりに見上げた摩天楼。
今夏開業したばかりのパークハイヤットホテル、上層階は居住者層。
建設中のコンドミニウムは96階建てで、西半球一高いビルになる予定。
15億円から100億円までのマンションに住む人達が、この街に彩りを添えて
いるというのが正しい表現かは分からないけれど、
明らかに彼らの富が、この世界の経済を支えている。

摩天楼 (4)


To build a new building in New York City laws and regulations, it takes
lot of time and money.
When someone wants to buy the air right to have sunshine from the
adjacent building there from the old days, or he/she wants to do
foundation work on firm ground of land, there should be trouble that is
hard enough to imagine.
After a while of the Lehman shock, there were many buildings that were
suspended the construction by the financing problem.

I looked up the skyscrapers for the first time in a long time.
Park Hyatt Hotel that has just opened this summer, the upper floors are
residents layer.
A condominium under construction in the 96-storey, will be the tallest
building in the Western Hemisphere.
“ The people who live in the condominium of the price from 15 million
dollars to 95 million dollars serve with color to this town.”
I do not know it is the correct representation or not.
But obviously their wealth is supporting the economy of this world.

摩天楼 (3)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

あまり知っている人はいないと思うけれど、
ミッドタウン59丁目通りに、目の不自由な人のためのライトハウス本部がある。
ふと見過ごしてしまうほど、何の変哲もない建物だけれど、
ここに娘を通わせたいと、足しげく通い詰めたことを思い出す。

私の胸キュンスポットのひとつ。

LIGHTHOUSE


Though I do not think the people know where it is,
There is The LIGHTHOUSE headquarters for visual impairment on 59th Street in Midtown.
It's a nondescript building that is enough to overlook.
But I remember that I came here many times I wanted to send my daughter here.

Here is one of my special place that reminds me loneliness and nostalgia.

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

紅葉 (4)

紅葉 (3)


毎週末、マンハッタンから北へ、片道100マイルの運転。
週末から週明けにかけて二往復。
400マイルの移動は想像以上にハードで、お気に入りの音楽を聴いて
いても睡魔に襲われて、移りゆく景色を眺める余裕などまったくない。

気が付けば、アップステートの山々は、すっかり色が変わっていた。
頬を膨らませて食物をあさる小動物達も、着実に冬支度を始めている。

今朝は気温3度。
そろそろダウンコートを出さないと。

紅葉 (1)

紅葉 (7)


We drive to Upstate of New York, 100 miles away from Manhattan,
every weekend.
We sometimes have the two round-trip between the beginning of
the week from the weekend.
Movement of 400 miles is very hard than you think.
And I do not afford to see the views since I would be attacked by
sleepiness, even if I listen to my favorite music.

When I noticed, the mountains of Upstate had completely changed
the colors.
Small animals that look for their food with inflated cheek also, have
begun preparations for winter steadily.

The temperature of this morning was 3 degrees Celsius.
I would prepare my down coat from the closet soon.

紅葉 (5)

紅葉 (6)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

夢(5)


高校時代からの親友が、ニューヨークに遊びにきてくれた。
お土産にと差し出されたポストカードに、私の心は泣き崩れた。

かつて彼女の実家には、多感な時期のたわごとを夜通し喋り通していても、
それを受け容れてくれる居心地の良い空気が漂っていて、気が付けば
たくさんの仲間が自然に集まっていた。
彼女が海外留学をして不在の時でさえ、仲間一人一人を自分の子供同然に
扱ってくれる御両親と、姉妹のように接してくれる「おねえ」の器の広さに、
私達はずいぶんと甘えさせていただいたものだった。

大好きな「おねえ」が難病を発症したのは、20年以上前のこと。
当時はその病名さえも分からないまま、たくさんの病院を巡ったことを
聞いていた。
病気の進行度合いも見えないまま、手探りで過ごす日々がどれほど不安で
あったのか。
周囲へはそれを微塵も感じさせない家族の強さだけを遠くに感じながら、
月日が過ぎていった。
私の生活の拠点が米国になってからは、いつも心にあるだけで、
何も出来ないのが現実だった。

今夏、久しぶりに「おねえ」に会った。
うまく歩けなくて、杖と電動車に頼る生活ではあるけれど、今でも元気に
小学校の先生を続けている。
休みには石垣島に渡って、ダイビングを楽しむ話は、私の心に深く響いた。
彼女の生き様から、どれだけ多くの子供達が、生きる力を与えてもらって
いることか。

「愛」と「夢」に託されたメッセージ。
求めるよりも、与えること、受け入れることを考える。
具体的にすぐに動くこと、自分の目で確かめることこそが、前に進む一歩。

「おねえ」のことを、いつかきちんとした形で伝えることが、私の目標になった。

夢(6) - コピー


その生き様が「おねえ」にそっくりだという「Moji Artist」浦上秀樹氏の作品。
文字に託されたメッセージ、貴方には伝わりますか?

夢(3) - コピー


My best friend from high school came to visit to New York.
When I was received the post cards that were proffered as a souvenir,
my heart broke down by impressed.

Her home had cozy air that could accept everything even though we
were talking shit at susceptible time through overnight.
So many fellows had gathered if noticing.

Even when my friend was not there for the study abroad, her parents
brought up us same as their own kids.
And her elder sister Ayumi, called "Onee" treated us like her real sister.
Because they were so tolerant, we were pretty spoiled.

It was more than 20 years ago when my love "Onee" has developed
incurable disease.
I had heard that they had spent a lot of time to visit many hospitals
without knowing even the name of disease.
I assumed the anxiety about their day-to-day while degree of progress
of the disease had not been visible.
The time went by as I had far feeling only the strength of the family,
while they did not show it to the surroundings.
After I moved my life base to the United States, I was not able to do
anything in real, even though I always thought of them in my heart

This summer, I met "Onee" for the first time in a long time.
Her life style is relying on canes and electric cars since she does not walk
well.
But she has worked as an elementary school teacher cheerfully even now.
Her story that she had enjoyed the diving in the Ishigaki Island sounded
deeply in my heart.
How many children have been given the much energy to live, from the
way of life of her?
,
Here are messages that have been entrusted with "love" and "dream".
Love is to give and accept。
Dreams come true when you move immediately specifically.
One step to move forward is that you see something with your own eyes.

Telling about "Onee" in the form of neat someday has become one of
my goal.

夢(2) - コピー


These works by "Moji Artist", Mr.Hideki Urakami that who's way of life
that looks just like Ayumi, impressed me a lot.
Do you understand the messages that have been entrusted to the
character?

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

雑貨屋めぐり (1)

雑貨屋めぐり (2)

雑貨屋めぐり (4)


いわゆる雑貨類が大好きで、大人になったら、知らない街で目にとまった
可愛い物を、手当り次第買うのが夢だった。
インテリアデザインの大学に通っていた時も、センスの良い小物を集める
アンテナ磨きに精を出していた。

時が経ち、次第にそういうものを排除して生活していることに気付いた時、
いかに自分の生活に余裕がないかと感じて、寂しくなった。
シンプルに暮らすことだけが、かっこよいわけじゃない。
時間をマネージして、生活を装飾する時間がないことが、心の余白をなくして
しまっているのだと。

仕事のリサーチを兼ねて、歩いてまわった雑貨屋の数々。
ニューヨークには、たくさんの秀逸な素材があふれている。
オーケストラの指揮者のように、これらをまとめる作業を思うとワクワクする。

雑貨という言葉が似つかわしくないのかもしれない。
生活を彩るものだから、それらはすべてがアートになるのだ。

アートに囲まれる生活を、もう一度目指してみるのも悪くない。

雑貨屋めぐり (9)

雑貨屋めぐり (10)


Since I loved so-called miscellaneous goods, I dreamed that I bought
everything that I had caught the eye in the city where I didn't know.
When I went to the New York School of Interior Design, I tried to collect
good miscellaneous goods.

When the time has passed, I noticed that I was living gradually by
eliminating such a thing.
I felt that I could not afford to my own life and became lonely.
"Living in simple" is not only cool life.
There is no time to have managed the time, to decorate a living.
That is why I have loose the margin of the heart.

I walked around many of the general stores to research as a work.
New York is full of a lot of excellent material.
It is exciting to think the work to organize these like a conductor of an
orchestra.

Perhaps, the word of "miscellaneous thing" is not appropriate.
Everything that decorates the living would be as an art.

Trying to aim the life that surrounded by art again is not bad.

雑貨屋めぐり (12)

雑貨屋めぐり (13)
Next

THE WALKING DEAD (3)


「1日以内に戻ってくるぞ」
突如、タイムズスクゥエアにあらわれた、グロテスクな物体とメッセージ。
翌日に見に行くと、指が1本落ちていた。
その翌日に、また1本。

米国で人気のTV番組のプロモーション。
5本の指が落ちた時、何が起こるのか。
こういうパフォーマンスを企画するのも、受け入れるのも、
いかにもニューヨークらしいけれど。
なんだか気味が悪い。

THE WALKING DEAD (1)


"RETURNS IN 1 DAY"
Suddenly, a grotesque object with message appeared in Times Square.
The one finger had fallen when I went there next day.
Next day, another one also had fallen.

It was a promotion of popular TV program in the United States.
What happens when the five fingers fell?
Indeed, it was typical New York's performance that someone produced
and people accepted.
But I felt the creepy somehow.

THE WALKING DEAD (4)
Next

大切なもの(1)


手を繋いで歩く。
こんなに当たり前のことが出来るようになるまで、どれほどの時間が
必要だっただろう。

本当の愛を確信して、心を許してこそ、手を繋ぎたいと思う。
信頼関係があるところに、手を伸ばしてみようと思う。

「本当に大切なものは目に見えない」と綺麗ごとのように言うけれど、
具体的に差し出された手を見て触って感じなければ、
大切なものにも届かない。

本気で掴んだのなら、その手を決して離さないで。
繋いだ手を離さないで。

大切なもの(4)


Walk hand in hand.
I couldn't imagine how much time we had been required until we could
take for granted.

We want to hand in hands, if we convinced true love, and allowed the
mind.
We reach out hands if there is a trust relationship.

In general it is said "The really important things are invisible."
But you do not look, touch and feel, to the outstretched hand specifically,
It cannot reach to the important things.

Never let the hands if you grab in earnest.
Never let the hands that you've grabbed.

大切なもの(2)
Next

PINK (3)

PINK (7)

PINK (6)


仕事のトラブルで悶々としていた午後、ふと目に留まったピンクのテント。
乳がん予防キャンペーンの寄付を募る女性達。

塞ぎこんだ気持ちで仕事をするぐらいなら、今日一日の稼ぎを全部寄付して
スッキリしよう。
ピンクのかつらを被った女性たちの笑顔が素敵だった。

今日、自分が出来ることを考えよう。
明日はきっと、またいいことがある。

PINK (2)

PINK (1)


Afternoon that I was in trouble of work, I was caught the eyes
suddenly by the pink tent.
They were women who raise money for breast cancer prevention
campaign.

If I work with bad feeling, let me donate all the earnings of the day
today.
Smile of the women who suffered a wig of pink was nice.

Let me consider that I can do today.
There will be a good thing tomorrow.

PINK(8)
Next

匂いの記憶 (1)
匂いの記憶 (3)


一般的に、人間の味覚は、嗅覚に頼るところが大きい。
かつてソムリエ資格を取るためにワインの勉強をした時も、それは明白だった。
まず目で色を楽しみ、香り堪能し、最後に舌で味わう。
風邪を引いて、鼻が利かなくなると、味わいだけでブラインドティストティングを
あてることはかなり難しい。

私事、事象への記憶力が年々乏しくなる一方で、鼻と耳の記憶、すなわち匂いと
音に対する記憶には自信がある。
出会った人の名前と顔を忘れてしまったとしても、すれ違いざまの匂いや、
声を聞けば、一瞬にして記憶を遡れるから不思議だ。

とはいえ、自分自身を引き立てる香り、いわゆる香水の類には無頓着。
お土産にいただいた香水ボトルはいつまでも目減りしないし、敬愛する調香師が
オリジナルで作ってくださった香水だけを、思い出したように纏うだけ。

日本から視察団が来た時には、ちょっと慌てて香りの勉強をした。
日常的にアロマキャンドルをたいている家庭も多いアメリカでは、日本人にとって
居心地の良い香りとは、若干趣向が違う。
ルームフレグランス代わりのキャンドルが、どこまで日本人家庭に浸透するかは
分からないけれど、新しいことを知ることは本当におもしろい。

また新しい挑戦を、始めてみようかな。
ここからきっと、ワクワクが広がっていくから。

匂いの記憶 (5)

匂いの記憶 (7)


Generally, the taste of human is much relying on olfactory.
When I was studying wine in order to take the sommelier qualification
before, it was obvious.
First, we enjoy the colors with the eyes and enjoy fragrance then, and
taste in the tongue at the end.
When we catch a cold, it is quite difficult to shed a blind tasting only by
taste since nose becomes not work.

While my memory of the specific thing becomes weak gradually, I am
sure of the memory of the nose and ears, that is, sound and smell.
It was amazing that even though I forgot the names and faces of people
I met, my memory came back when I got the smell and the voice in
a moment.

But still I am indifferent for the kind of so-called perfume that
complements oneself.
Perfume bottles I received as souvenir remain forever, and I only wears
as remembered, the perfume that my adore perfumer made for me before.

When my clients came from Japan, I studied of scent in a hurry a little.
Many people use the aroma candles on a daily basis at home in the
United States.
In many cases, the cozy smell is slightly different from Japanese.
We do not know whether the room fragrance candles penetrate to
Japanese family.
But knowing new things is really interesting.

I assume to start a new challenge.
Surely, something excitement will spread from here.

匂いの記憶 (4)

匂いの記憶 (12)

匂いの記憶 (13)
Next