Archives

2014年12月

19

04

02


水深110フィート(34メートル)の世界を体験した。
棲息する魚たちの生態系研究のために、人工的に沈められた飛行機や船舶、
人工漁礁。
周囲を優雅に泳ぐ魚達、でも色は定かでない。

自然光が届く限界までくると、一気に闇の世界が広がる。
手探りで、突破口を探す、自分を見ているようだった。
浮上して、水面が見えてきた時の安堵感。

2014年、決して良いことばかりではなかったけれど、
具体的に踏み出せば、必ず出口のヒントが見えてくることを痛感した。

たくさんの出会い、たくさんの御縁、たくさんの愛。
支えて下さった皆さんに、感謝をこめて。
2014年最大のありがとう。

来年もよろしくお願いいたします。

54


I experienced the world of water depth 110 feet (34 meters).
There were a submerged airplane, a ship, or artificial reefs that were sunk
artificially, for habitat for fish of ecosystem research.
Fish swam around gracefully, but color was not clear.

When we came up to the limit natural light arrives, it was the world of darkness.
Fumbling in, Found a breakthrough, it was like watching myself.
In emerged, when the water surface has been seen, I had a sense of relief.

Though it was not just that never good in 2014,
If I took an action specifically, I was keenly aware that it always came into view
the tips of exit.

A lot of the encounter, your edge, and love.
I’m really gratitude to everyone who supported me.
I would like to say thank you for 2014.

Hope you have a happy new year's eve.

56 HDR

27


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

未来サンタ (7)


3歳から一緒に過ごした幼なじみの仕事を手伝った。
未来のサンタクロースから、子供達へ手紙が届けられる。

幼稚園や小学校生活、大好きな習い事。
子供達の夢をふくらませながら、繊細な感性で綴られる手紙が彼女から
送られてくる。
日本中から寄せられた応募者の家庭事情が見え隠れするたびに、彼女が
それにどう応えていくかを感じ取るたびに、私は夜な夜な涙腺を緩ませた。

目の前に立ちはだかる壁はたくさんあった。
ニューヨークと東京、まさに地球の反対側で、時差も構わずに原稿が行き交った。
夢のある仕事だからこそ、子供達が寝静まった夜中にしか、原稿に向き合うことは
できない。
人知れず、彼女が過労と眩暈で倒れた時は、締め切りに間に合うのか、
心底ドキドキしたけれど、それを外に出すわけにもいかない。

撮影日直前の数日間は、時差を越えての徹夜が続いた。
「おはよう。子供を学校に送ったら、作業再開するね」
「病院で点滴してきた。子供を預かってくれた友人がいて助かった」
「そっちの朝までに、続きを送っておくね。おやすみなさい」
「赤線の部分だけ、修正よろしく」
「もう少しだね。がんばろう」
会話のひとつひとつが愛おしかったのは、きっとそこに絶対的な信頼感があったから。

一緒に近所で遊んで、一緒に小学校に通った彼女と、長い年月を経てこうして
一緒に何かを作り上げることができるなんて、あの頃は思いもしなかった。
未来は誰にも分からない。
でも「未来は作れる」という彼女の言葉が、胸に突き刺さった。

世界中の子供達に平和を。夢を。幸せを。
たくさんの願いをこめて、メリークリスマス!!

稚拙な私の英語を支えてくれた強力な助っ人、エミリーに感謝をこめて。

未来サンタ (3)

未来サンタ (5)


I helped the work of childhood friend who spent together from 3 years of age.
It was to deliver the letter from the future Santa Claus to children.

About the school life of Kindergarten and elementary school, and the after
school programs.
She made a letter that was spelled with delicate sensibilities while inflated a
children's dream.
Each time the family circumstances of applicants that were received from all
over Japan were glimpses, every time I got her sense whether
she respond it, I was loosening lacrimal gland every night.

There were a lot of walls that stood in front。
Between New York and Tokyo, at the very opposite side of the Earth, the
document went back and forth not matter if time difference.
Because of a dream work, we were possible to face the manuscript only in
the middle of the night that our kids were asleep.
Secretly, she fell down from overwork and dizziness.
We were desperately pounding for the deadline, but we were not be allowed
to put out the worries.

A few days of shooting date immediately preceding, it was followed by all-night
beyond the time difference.
"Good morning. After I send my daughter to school, I will resume my work."
"I've been drip in hospital. Thank for my friend who took care of my daughter,
I was survived."
"By the morning in Japan, I will send more. Good night."
"Only part of the red line, please make modify. Regards"
"A little more. Let us do the best."
I loved the every single conversation, because there was absolute confidence
there.

We played together in the neighborhood, and we went to elementary school
together.
I those days, we did not think that we did a thing to build something together
in this way through the years.
Nobody knows the future.
But her words "we can make the future." was impressed me deeply.

Give the peace, dream, and happiness to all children in the world.
With a lot of wishes, Merry Christmas to you !!

I thank for my best friend, Emily, who supported my poor English.

未来サンタ (1)


未来サンタ SHARP AQUOS 4K
Please see the link: https://www.youtube.com/channel/UCTE2-oGJaqc2Cnk1QfAE9fQ

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

一年越しの約束 (1)


たったひとつの音楽が、人の人生を救うことがある。
生きる力を与えることがある。

重い障害を持って生まれた娘を抱えて、人生を諦めてしまおうかと行き詰まった。
何度も足を運んだ高層ビルの屋上で、フェンスの向こうに天国がある気がした。

デビュー以来ずっと追いかけていたあの歌声に、娘が嬉しそうに反応した時の
ことは忘れない。
その歌声に、私と娘は命を救われた。

「いつかきっとまた会えるから」
最愛の人をなくした友人に、私は何も出来ることがなかった。
でも、彼女の歌声なら、きっと友人を救えるはずだと信じていた。
「いつか一緒に聴きに行こうね」
それが約束となった。

この日の、この時のために、たくさんの人が動いてくれた。
約束を果たせたのは、彼を愛し抜いた彼女の生き様があったから。

人は一人では生きていけない。
たくさんの感謝と、たくさんの愛をこめて、ありがとう。

そしてまたひとつ、次の目標が定まった。

一年越しの約束(6)


Sometimes only one music save a person's life.
Sometimes it makes the power to live.

When I was suffered from a born daughter with a heavy fault, I was almost
to give up my life.
I climbed up to the roof of a high-rise building many times and I thought there
was heaven to the other side of the fence.

There is a music group that I had been chasing ever since debut.
I never forget when my daughter was happily reaction to its vocal.
My daughter and I were saved the life by her singing voice.

"Someday you surely meet him again"
When my friend lost a loved one, I could not do anything for her.
But I believed that her singing voice could save my friend.
"Let us go sometime together to listen her voice."
That became a promise.

Of this day, for this time, many friends helped me.
I was fulfilled the promise, because I was impressed that she loved him deeply.

People cannot live alone.
With a lot of and appreciation and a lot of love, I thank to my friends.

Also I have set the next goal.

一年越しの約束(4)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ロックフェラーセンター (4)


季節の風物詩、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーがお目見えしている。
世界中から集結している観光客も、毎年それを見届けているニューヨーカーも、
こぞってこの幸せな灯りを観にやってくる。

こんなショットからのクリスマスツリー。
やっぱり迫力が半端でない。

今年もあと10日。
駆け足で時間が通り過ぎる。

ロックフェラーセンター (3)

ロックフェラーセンター (1)

ロックフェラーセンター (2)


The tradition of winter season, the Christmas tree of Rockefeller Center
has been unveiled.
Tourists that have gathered from all over the world, even New Yorkers
who see it every year, Unanimously to come to watch this happy light.

These are rare photo shots from the sky.
After all, it looks so powerful.

We have only 10 days this year.
Time flies so fast.

ロックフェラーセンター (5)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

56


参加費用10ドルを寄付し、前日に発表される集合場所まで、サンタクロースの
格好をして練り歩く。
1994年にサンフランシスコで始まったサンタコンは、今年20年目を迎えた。
パーティー好きのアメリカ人にはたまらないイベントだけれども、今年は
ちょっとした異変があった。

昨年は吹雪に見舞われたサンタコン。
この時期に開催されるイベントだけに、暖を取る目的で人々は地元のバーに
集まってしまう。
朝早くから泥酔したサンタ達が、街を汚し、喧嘩や暴力事件も発生。
チャリティーというイベント本来の目的を逸する人々も多いため、
ニューヨーク市警が各地区のバーへ「サンタコン参加者の入店禁止」を命ずる
という異例の通達をしたのだ。

さて当日。
吹雪ではなかったけれど、猛烈な寒さのなか、例年に違わず、サンタが街を
ジャック。
タイムズスクゥエアには、数千人のサンタクロースが集合した。

何があっても屈しない、ニューヨーカーの底意地は、感動に値する。

30


People, who donate $10 for the participation cost, gather to the location
where to be announced the day before, with the costume of Santa Claus.
The event of Santa Con that began in San Francisco in 1994, celebrated
its 20th year this year.
Although it is an irresistible event for American people who love a party,
it had a little changing this year.

The Santa Con was hit by a snow storm last year.
Since the event is to be held at this winter , people go to the local bar
together to keep warm.
Santa who drunk early in the morning ,they messed the city.
Many fights and violence also happened.
Because there are many people who miss the original purpose of the charity
event, New York City Police Department ordered the "visiting ban of Santa Con
participants " to the bar in each district.

Well, yesterday was that day.
Though it was not a snowstorm, among the ferocious cold, the town was
occupied by Santa Clause as same as every year.
We found the power of New Yorker, not succumb no matter even though
what happened.

22

10 HDR


昨年のサンタコン
http://ny-blog.org/archives/3959428.html

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Holiday_Window_2014 (1)


本業のかたわらで気ままに綴るブログだけれども、
毎年この記事だけは心待ちにしてくださっているという声が聞こえてくる。
毎年この季節にこのシーンを伝えられることは、私自身の歓びでもある。

マンハッタン5番街の58丁目。
ニューヨークで最高峰のデパート「バーグドルフグッドマン」のホリデーウィンドウが、
今年も見事な精彩を放っている。

一年の総決算というこのプロジェクトは、昨年のディスプレイが終わった直後、
今年初めに「Inspired」というテーマが決定。
アートの世界すべてに共通する「Inspired」(呼び起こす、鼓舞する)の感性を
引き起こす、さまざまなシーンを表現するために、総勢100名以上のアーティストと、
ディスプレイアーティストが参加している。

1つの窓を眺めているだけで、何十分も時間が経つのを忘れてしまう。
手の細かい作業の集大成は、ただだた「圧巻」という言葉がふさわしい。

「アメリカンドリームの象徴」「世界中のデザイナーの憧れ」と評されるウィンドウは、
美術館以上の感動とインパクトを与えてくれる。

世界中の街中でたくさんの素晴らしいウィンドーディスプレイが演出されているけれど、
私はずっとこのウィンドウが世界一美しく、艶やかで、心惹かれると思っている。

どんなものにでも、自らが愛情を注げば注ぐほど、必ず愛は返ってくるものだから、
私はこの先もずっと、このウィンドウを愛していたいと思う。

Holiday_Window_2014 (22)

Holiday_Window_2014 (23)


Although I write this unrestrained blog beside the core business,
I hear the voice that most of readers look forward to reading this article
every year.
It is also my own joy that I can report this scene in this season every year.

It is located at the corner of 58th Street and 5th Avenue in Manhattan.
Holiday window of the highest peak of the department store "Bergdorf
Goodman" in New York is a stunning brilliance this year too.

This year's theme "Inspired" was determined at the beginning of the year
immediately after the end of last year of display.
More than 100 artists and display artists participated to express "Inspired"
Art scene .

It was enough that I forgot the time passes when I just looked at one of
the windows.
Culmination of fine work of the hand, the word "masterpiece" was just
appropriate.

The windows that are described as "a symbol of the American dream",
"longing of designers around the world" give us more excitement and
impact than the museum.

Although a lot of great window displays in the city around the world have
been directed, I think these windows are the most beautiful, a sexy, and
attractive in the world.

I believe that if someone pours the love to anything, the love is returned
to itself.
I will love this window forever.

Holiday_Window_2014 (10)

Holiday_Window_2014 (9)

「Music」(音楽)リアルな楽器で埋め尽くされたゴージャスな空間。

Holiday_Window_2014 (20)

Holiday_Window_2014 (21)

「Literature」(文学)ファブリック、彫刻、針仕事でつくられた真っ赤な空間。

Holiday_Window_2014 (18)
Holiday_Window_2014 (19)

「Architecture」(建築)古紙とブループリントで、ニューヨークの摩天楼を再現。

Holiday_Window_2014 (14)

Holiday_Window_2014 (16)

「Theater」(劇場)ネオンを散りばめ、華やかな劇場シーンを演出。

Holiday_Window_2014 (11)

Holiday_Window_2014 (12)

「Painting」(絵画)三次元の中にある絵画の中で、さらに三次元が広がる。

Holiday_Window_2014 (3)

Holiday_Window_2014 (5)

「Sculpture」(彫刻)神秘的なガラスの彫像群。

Holiday_Window_2014 (2)

Holiday_Window_2014 (4)

「Film」(映画)クラシック映画のワンシーンのよう。

Holiday_Window_2014 (7)

Holiday_Window_2014 (6)

「Dance」(ダンス)回転する滑車の上で、ダンサーが軽やかに踊る。

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

US(3)

US(4)

US (5)

US (6)


映画「ハリーポッター」シリーズの第一作を観たのは、まだ航空会社に勤務していた
頃だった。
外地に到着後、深夜の映画館へ。
上映開始後30分も経たぬ間に、私の意識は遠く彼方へ飛んでいった。
映画館であれほど熟睡したのは先にも後にもあれきりで、一緒に行った連れが驚くほど、
よく寝入ってしまった。

時差ボケや、フライトの疲れもあったかもしれない。
ダンブルドア校長、ホグワーツ、ハーマイオニー、、、片仮名で読んでも覚えられない
名称の数々を、流暢なイギリス英語のセリフと共に聞いているうちに、
睡眠術にかけられたように睡魔に襲われた。

会社でもイギリス英語を使うように教育されていたけれど、幼い頃からアメリカ英語に
慣れ親しんできた私にとって、クイーンズイングリッシュへの苦手意識は強かった。
子供向けの「ハリーポッター」ですら、子守唄に聞こえてしまったショックは大きく、
次第にイギリス英語の映画は、敷居の高いものとなっていた。

数年前に偶然、機内映画で完結編を観た時には、子役だった出演者の成長ぶりと、
そして、自然とイギリス英語を聞いていた自分にも驚いた。
時間が流れるというのは、こういうことなのだと痛感した。

フロリダで遭遇した「ハリーポッター」の世界。
大阪にもそれが出来たというが、やはり演じる役者達には英語を話してほしい。

子供達が読み終わり、書斎で眠っている「ハリーポッター」の原書を、来年は少しずつ
読んでみようかと思う師走の日。

US(7)

US(8)

US(9)

US(10)


When I watched the movie of the first installment of the "Harry Potter" series,
it was around the time I was still working for the airline.
After I arrived in overseas, I went to the movie theater late-night.
While it was less than 30 minutes after the movie started, my consciousness
flew far away.
My friend was surprised that I was asleep so well at the theater.

There was jet lag, perhaps also tired of flight.
While I was listening the fluent British English dialogue such as Dumbledore,
Hogwarts, Hermione, which I could not remember even in Japanese,
I was sleepy as I was subjected by sleep magic.

I had been trained to use the British English also in the company.
But I was accustomed to American English from an early age.
So my poor awareness of the Queen's English was strong.
I was shocked that even kid's movie "Harry Potter" made me boring.
Gradually, British English movie had become my weak point.

A few years ago, when I saw the final chapter of "Harry Potter" as in-flight
movie, I was surprised by the growth of the performers.
Also I was surprised myself that I was listening to the nature and British English.
I was keenly aware that the time flows through.

I went to the world of the "Harry Potter" in Florida.
I heard that it was also in Osaka, but that world had better to be played in English.

From the next year, I wish I read the original books of the "Harry Potter" that
my kids had already finished reading all.

US(11)

US(12)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

厳しい寒さの続くニューヨークから脱出を試みた。
全米に影響をもたらしたスノーストームで、空の便もキャンセル続き。
缶詰めになった空港で、夜を明かす覚悟もしたが、
明け方近くになって、ようやく目的地に到着した。
期待外れの寒さ。気温3度。

友人家族と合流した後、午後からようやく活動開始。
サンクスギビングホリデーで、どこも大変な人だかりだった。

見上げた月明かり。
その背後に佇んだ光景に、思わず息をのんだ。
人工的な美しさとはいえ、これほどまでに美しいライトアップを間近で
見たのは初めてだった。

誰もの夢が叶う場所。
「私が見えているものすべて 大好きなあなたにも見せたい」
この景色を、どうやって伝えよう。

WDW (1)


I tried to escape from New York followed by a severe cold.
In Snow Storm that led to the impact on the United States, many air flights
were canceled.
I had to wait at the airport for long time and was ready to stay over the night.
But it became near dawn, and finally I arrived at the destination.
It was unexpected cold, with the temperature 3 degrees.

After I joined with friends family, finally started activities from the afternoon.
During the Thanksgiving holiday, everywhere was great crowd.

I looked up the moonlight.
I turned to see the behind, and gasped involuntarily.
This was the first time that I saw up such a beautiful lighting in front of me,
although it was the artificial beauty.

"Where dreams come true" was the theme of Walt Disney world.
"I want to show you everything I see, the way I'm feeling."
Please let me know how to tell this scene.

WDW (3)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next