Archives

2015年04月

Girls (3)

Girls (5)


イタリア人街の北部、ノースオブリトルイタリー(North Of Little Italy)を
ノリータ地区と呼ぶ。
かつてソーホー地区にあったような小さなブティックが並び、たくさんの流行が
この地から生まれていく。

春めいた昼下がり、某人気テレビドラマの撮影が行われていた。
溢れかえるほどの人だかりだが、聴衆は決して騒ぎ立てたりしない。

淡々と撮影風景を遠巻きに眺めるニューヨーカー達。
ここからまたどんなドラマが生まれていくのだろうか。

Girls (7)

Girls (4)


The district of North of Little Italy is called ”Nolita”。
There lined with small boutiques, such as they were in the Soho district.
A lot of epidemic has born from this area.

One day in the early afternoon, a shooting of a popular TV drama had
been carried out.
There were so many audiences, but they never fuss.

New Yorkers were watching the landscape afar shooting indifferently.
Amazing drama will be born from here to the world.

Girls (1)

Girls (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Wedding Ceremony (5)

Wedding Ceremony (1)


週末のたった1日だけ、突然気温が25度を上回った。
雲ひとつない真っ青な空が、心も晴れやかにしてくれる。

コロンビア大学の教会を借り切って、
本当に親しい人だけを集めた結婚式。

神父もヘアメイクもカメラマンも。
私がいつもお世話になっている人達が、
新郎新婦のために、力を尽くす。

その光景が美しくて、裏方の姿を必死で追った。
陰で支える人がいるからこそ、主役が輝くのだと。

手作りのウェディングケーキが無事届いて、
楽しい宴は夜遅くまで続いた。

こういう人の御縁こそが、一生の宝物。
末永くお幸せに。

Wedding Ceremony (3)

Wedding Ceremony (2)

Wedding Ceremony (6)


Only a single day of the weekend, suddenly temperature exceeded
25 degrees.
Cloudless blue sky made my heart blooming.

Only really close people gathered to the wedding ceremony at the
Church of Columbia University.

A father priest, hair & make-up artist, and a photographer.
My favorite people did a force for bride and groom.

Since that sight was beautiful, I was followed the figure desperately
behind the scenes.
Precisely, the protagonist was shined by the people who supported
behind.

Handmade wedding cake arrived later,
Fun party lasted until late at night.

Such the edge of people is the treasure of life.
Hope your happiness forever.

Wedding Ceremony (7)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

長いことずっと、一緒にやってきた。
よちよち歩きの我が子が育っていくのを見守る母親の気分で、
しっかりひっそり見守ってきた。

でもいつの頃からか、自分は一人きりで、
孤独な戦いを強いられているように、感じてしまっていた。
眠れなくても、食べられなくても、弱音は吐けなかった。
張りつめていた気持ちを、吐き出す場所を探していた。

「貴女が仲間でないと思ったことなど一度もない」
「貴女に助けてもらったこと、言葉に出せなくても感謝している」
「僕にとっても会社にとっても、かけがえのない存在」

イーストビレッジのバーで、流してくれた涙を、
私は絶対に無駄にしない。
絶対に守ると決めたから。
全力で応援する私を、これからも見守ってください。

決意


I had done together for long time.
As if a mother watch a toddler,
I've been watching them quietly and firmly.

But I felt alone from last year,
I was feeling to be forced to lonely battle.
Even if I could not sleep, even if I could not eat, I did not complain anywhere.
I was looking for a place that I give the feelings that had been tense.

"I had never thought that you were not a fellow."
"Even without the words, I am grateful that you helped me a lot."
"You are precious person for me and our company."

I will never waste your tears that I saw at East Village bar.
I decided to protect absolutely.
Please encourage me to cheer at best.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

大人の箱 (4)


自宅のテーブルに、オレンジ色の箱を見つけた時、
胸の高鳴りを感じた。

箱の中には三色に美しく焼き上げられたマーブルデニッシュが入っていた。
京都のお土産だという。

20代の頃に憧れて、身分不相応な手帳を買った。
オレンジ色の小箱を手にした時、少しだけ大人の女性に近づけた気がした。
手帳は今でも私の時を記してくれる。

時を経てからも、永遠に憧れのブランドであることに間違いはなく、
世界中の女性が、オレンジ色の箱にうっとりするのだ。

いつかきっと、それに相応しい大人を目標に。

大人の箱 (3)

大人の箱


When I found an orange box on the table at home,
I felt the throbbing of the chest.

There was a three colored, beautifully baked, Marble Danish in the box.
That was a souvenir of Kyoto.

Because I looked up to the brand, I bought the disproportionate notebook in my twenties.
When I got a small orange box, I felt I was close to the adult woman only a little.
The notebook still writes down my time.

After many years, it was still a longing brand forever,
If women of the world look at the orange box, they would be entranced.

I hope I would be an adult who appropriate it.

大人の箱 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

春満載 (3)

春満載 (5)


人の一生を四季に例えると。
10~20代、新しい生命が芽生える春。
30~40代、太陽のエネルギーみなぎる夏。
50~60代、収穫期というべき実りの秋。
70代以降、人生の総決算を楽しみながら、静かに過ごす冬。

まだ夏の時期にいる今を愉しみつつ、
充実した実りの時期を迎えるために、想いを巡らせる。

こんなにたくさんの春に囲まれながら、
自然の偉大さを噛み締める。

自分のちっぽけさを疎ましく思いながら。

春満載 (2)

春満載 (4)


I compare the life of people in four seasons.
10-20 generations is spring that new life sprout.
30-40 generations is summer that solar energy overflowing.
50-60 generations is autumn that say harvest of life.
70s and later, while enjoying the culmination of life, is winter we spend quietly.

While I try to pleasure now that I am still in the season of summer,
I think to greet the time of fulfilling fruitful.

As I am surrounded by plenty of the spring,
I feel the greatness of nature.

I feel my puny of disagreeable.

春満載


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Never give up a dream (1)

Never give up a dream (2)


メトロポリタン美術館前の路上で見つけた露天商。
バイクの絵を見て思い出す。

自宅に一台のスクーター(いわゆる原チャリ)があった。
父が母の誕生日に贈ったものだったが、怖がりの母は
率先してそれに乗ることはなかった。
目を付けたのは、好奇心旺盛の祖母。
とうに還暦を過ぎて、70歳近くだっただろうか。
「あら、面白そうね。ちょっと乗らせてみて」
引き止める家族を横目に、あっという間に視界から消えてしまった。

東京都下の小さな町、近所を一周しても十数分のはずだった。
しかし、待てど暮らせど祖母は帰宅せず。
いよいよ事故にでも遭ったかと、家族皆で心配していたところに、
警察から電話が入った。
「お宅のおばあちゃんが、バイクの免許取るにはどうしたらいいの?って、
交番に聞きに来たので保護しています。勇気ある無免許運転ですね」

後日、家庭裁判所に呼び出された祖母を、家族皆で叱って、そして讃えた。
どこまでも好奇心旺盛で、バイタリティーの塊だった。
いくつになっても夢を追いかけること、
いくつになってもチャーミングに生きることが、
人として最大の魅力だと、祖母の生き方に学んだ。

祖母の武勇伝は尽きることがない。

Never give up a dream (4)


I found a street vendor on the street at the Metropolitan Museum of Art.
I remembered the story seeing a picture of a motor bike.

There was a motor bike (so-called a motor scooter) at my home.
It was a birthday gift to my mother from my father.
But my mother did not take the initiative to ride it since she was
scared.
And my grandmother was full of curiosity it.
She past the sixtieth birthday long ago, she would have been nearly
70 years old.
"Oh, It’s may be fun. Let me try to ride"
She left my family, and had quickly disappeared from view,

As it was a small town in the west Tokyo, she should be back soon
after she went around the neighborhood.
However, after we waited for long time, she did not come home.

When we worried that there was even an accident, there had a phone
call from the police.
"Your grandma has been protected here. She asked us where she
should go to get driver's license of bike. She was brave without a license."

At a later date, the grandmother was called to the family court.
We reproved and praised her.
She was curiosity vigorous, and a lump of vitality.
We learned from her life that we never give up a dream at any age.
And the biggest attraction as a person was to live in the charming.

Her heroic episode never ended up.

Never give up a dream (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

週末のマーケット

週末のマーケット (2)


マンハッタンのユニオンスクエアでは、週に4回グリーンマーケットが開催される。
ニューヨーク近郊から直送される食品や植物の直売が中心で、
仕入れに来るレストランのシェフや隣人、観光客、多くの人達で賑わっている。

4月に入ってようやく気温も(摂氏)二桁台に上がるようになり、
マーケットにも一気に春がやってきた。
見渡す限りの花、花、花。

可憐に生きる花たちの姿は、なぜこんなにも美しいのだろう。
日常的に花を買っていく男性の姿も、また美しい。

イースター休暇は、バカンスに旅立つのが当たり前のマンハッタン。
少しだけ人の少ないニューヨークを、ゆるりと歩いてみよう。

週末のマーケット (1)

週末のマーケット (3)

週末のマーケット (4)

週末のマーケット (5)



In Manhattan Union Square, Greenmarket will be held four times a week.
There are direct sales of food and plants to be brought directly from the New York suburbs.
It is crowded with many people, such like Restaurant chef, neighbors and tourists.

Now in April, the temperature finally goes up to double-digit (Celsius).
Spring has come to the market.
There were overlooking flowers, flowers, and flowers.

Appearance of flowers that dainty live is so much beautiful.
Appearance of men going to buy flowers on a daily basis is also beautiful.

It is commonplace for New Yorker to go trip on Easter holiday.
Let me go for a walk in Manhattan where wouldn't be crowded this week.

週末のマーケット (7)

週末のマーケット (8)

週末のマーケット (9)



ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

桜便り (2)


まだまだ肌寒いニューヨークだけれど、
ミッドタウンのホテルロビーに、ひと足早く桜の便りが届いた。

祖母は手作り造花、いわゆるシルクフラワーのパイオニアで、
器用にコサージュを作り出すその技術は、まさに生きた国宝級だった。
祖母の大作「ソメイヨシノ」の造花は、昭和の時代にずっと
首相官邸の応接間に飾られていたそうだ。

ニューヨークで生きた桜の花を眺めながら、
祖母の手作り造花を懐かしむ。

たった一週間で見頃を終えてしまう儚さが桜の魅力でもあるけれど、
その姿が永遠であることを臨むのは、
不可能を可能に変えていく意思の強さでもあると、祖母に学んだ。

桜便り (1)


Though it is still chilly New York,
The flower of cherry blossom has arrived at the hotel lobby in Midtown.

My grandmother was a pioneer of handmade artificial flowers, so-called
Silk Flower,
Her technology to create corsage dexterity was just a living national
treasure.
Her artificial flowers "Yoshino cherry tree" had been decorated drawing
room of the Prime Minister's House in the era of Showa.

While I was looking at the living Yoshino cherry tree in New York,
I reminded her handmade artificial flowers.

The charm of cherry blossom is transience that would have finished in
full bloom in just one week, but people hope the flower blooms forever.
I learned from her that the strong intention could able to change things
from impossible to possible.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

俊足 (2)


正味二日間の滞在で、どれだけの人に会えるか。
これまでにないほどの時間的制約の中で、駆け抜けた。

スカイプも電話もある時代だけれど、
仕事を円滑に進めるために、直接顔を合わせて話をすることが
いかに大事かを再認識した。

一瞬垣間見た桜景色に、心を洗われた気がした。

俊足 (4)


How many people I could meet in two days stay?
In the time constraints of unprecedented so far, I run through.

Now was an era of Skype and telephone.
But to make a good business,
I was re-recognize how important to talk with face-to-face.

By Sakura-scene I glimpsed for a moment, I felt my heart was refreshed.

俊足 (6)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next