Archives

2015年06月

29

12

12-1


いつの世にも、世界中のどこにでも、いわゆる名人と呼ばれる人がいて。
人より抜きん出た才能を持っている人に限って、自分のことを「ごく普通の人」だと言う。

一方で、自分のことを徹底して「マニア」だと認める人がいて。
この蕎麦職人は、御自身のことを「蕎麦オタク」だと公言される。

ニューヨークに住む「蕎麦好き」で、彼のことを知らない人はいない。
毎日何百食という手打ち蕎麦を、自分の足でたくさんのお店に届けている。

蕎麦を打つ彼の真剣な横顔に、側で見ていたアメリカ人がどんどん惹き込まれていく。
出来立ての蕎麦を手にした子供の笑顔で、ようやく彼の頬も緩んだ。

諦めることなく、とことん自分の好きな道を究める姿は美しい。
世界に誇れる日本の食文化を、もっとたくさんの人に伝えたい。

55

49



Anytime or anywhere in the world, there are people so-called expert.
The people, who have a stand out talent than people, say their own to be the "everyman".

On the other hand, some people say their own it's "mania".
This buckwheat craftsmen, is professed himself to be a "buckwheat geek".

There are no "buckwheat lover" living in New York, who do not know him.
He has delivered hundreds meals of handmade buckwheat to a lot of shops.

The American audience on the side would be attracted more and more to
his serious profile who hit the buckwheat.
When kid smiled holding fresh buckwheat in hand, finally his smiled.

Without give up, the appearance that people do thoroughly their favorite road
is very beautiful.
I want to tell more people Japanese food culture to world-class.

35

35

22


You could try Japanese Soba Noodle made by Mr.Kotani in New York.
AZABU New York

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

梅雨生まれのせいか、蒸し暑い夏が大好きで、
どんどん日が長くなる季節は、それだけで気分が高揚してしまう。

一年で一番昼間の長い日。
ここから寒い冬へのカウントダウンが始まっていることが信じられない。

見上げた空に勇気づけられる。
ほら。まだ夏が始まったばかりだと。

夏至 (2)


Perhaps because I was born in the rainy season, I love hot and humid
summer.
I like the season that day time gets longer and longer.

It is the longest daytime of the year.
I cannot believe that from today the countdown starts to the cold winter.

I was encouraged by the sky that looked up.
Well. Still the summer has only just begun.

夏至 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨークは、日本から見るとほぼ地球の裏側。
夏時間の今は、14時間の時差がある。
日本が寝静まった頃、ニューヨークが活気を帯びて、いろんなことが動き出す。

物理的な距離はもちろんだが、この時差というのがクセモノで。
仕事でもプライベートでも、朝と夜というテンションの違いによって、
大きな温度差を感じてしまうことが多々ある。

過日、とても辛い悩みを相談された。
日本の夜中に一緒に語り、真剣に悩み抜いたのに、
朝起きたら、本人はごく普通に日常に帰っていった。
今日、とても嬉しい成果があった。
すぐに喜びを伝えたくとも、日本は真夜中で。
温度のない文字でメッセージを送っても、この興奮は伝わらない。

思いを叶えるためには、まず自分が具体的に動くことをモットーにしているけれど、
人を動かすということがどれほど大変なことか。
自分のために誰かが動いてくれるということは、
決して当たり前なんかじゃない。

この温度差を超えて、人と夢を繋ぐこと。
スタートラインに立たせるまでが、私のミッション。
明日はきっと、新しい朝がやってくる。

温度差 (2)


New York is located the back of the nearly Earth when viewed from Japan.
Now of daylight saving time, there is a time difference of 14 hours.
When Japan is asleep, New York is tinged with vibrant, many things starts
to move.

The physical distance of course, because this time difference is in the ruffian.
Even in private also at work, and by the difference of the tension of morning
and evening,
There are many things that I would feel a large temperature difference.

One day, I was consulted very painful trouble.
Even though we spoke together and discussed seriously in the midnight in Japan.
He went back to routinely daily life easily when he wake up next morning.
Today, there was a very happy outcome.
I wanted to immediately convey the joy, but Japan was in the middle of the night.
Even I sent a message in letters that had no temperature, this excitement was not
transmitted.

My policy is; in order to fulfill the think, first, I move specifically.
But people doesn't understand how difficult to catch people's heart and ask something.
Moving someone for you is never not a commonplace something.

Beyond this temperature difference, I will connect people and dreams.
Putting someone on the start line is my mission.
I'm sure, a new morning comes tomorrow.


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

デルタ

デルタ(2)


ニューヨークに移り住んで15年以上になるけれど、日常生活の動線となる範囲は
本当に限られている。
マンハッタン近郊であっても、まだまだ行ったことがない所ばかり。

先日、熱狂的な野球ファンでなくても一度はのぞいてみたいといわれる場所に
足を踏み入れる機会をいただいた。
米国の野球場にはいわゆるクラブラウンジというのがあって、
様々な企業が会員制のラウンジを設置運営している。
なかでもヤンキースタジアムの「デルタスカイ360スイート」は、知る人ぞ知る、憧れの空間。
一般客とは別の入り口から入場し、そのまま上層階へのエスカレーターで
ラウンジへと向かう。

年中天候を気にせず観戦を楽しめるそこには、何ともセレブな雰囲気が漂っていた。
ラウンジ名物の寿司バーで握ってくれた「タナカロール」とビールを手に、
内野席まで降りていくこともできる。
室内の大画面で選手の表情を見ながら、フィールドから生の声援が聞こえるのも、
乙な気分が高まる。

なかなか点数の入らないスローなゲームを流し見しながら、
幼少の頃、父に連れられて行った西武球場を思い出していた。
外野席でビールが飲みたいからと、毎年後援会に入って、
帰りは混雑するからと、行きがけに買った切符をなくしては、叱られた。
記憶の断片をかき集めると、言葉にならないノスタルジーに襲われる。

すべての瞬間は、思い出づくりのためにあるのかもしれない。
美化された思い出に頼って、人は生きていくのだと。

デルタ(5)

デルタ(12)

デルタ(4)

デルタ(6)

デルタ(3)


I had lived in New York more than 15 years, but the flow line of daily life is
really limited.
There are many places that I've never been even near in Manhattan.

The other day, I received the opportunity to enter in a location that is said
everyone wants to go to see even if they are not enthusiastic baseball fan
At the baseball field in the United States, there are so-called club lounges.
Various companies operate a membership-based lounge.
“Delta Sky 360 Suite” of the Yankees stadium, people in the know, is space
of longing.
We entered the customer admission from another entrance, and headed to
the lounge by the escalator to the upper floors.

People enjoy the baseball watching without worrying about the weather
year-round there.
There had been drifting downright celebrity atmosphere,
It is also possible to go down to the infield seats, taking the "Tanaka roll" of
the sushi bar and beer.
While watching the players on the big screen in the room, also hearing the
cheers of raw from the field, excited mood is enhanced.

While watching the slow game, I had remembered the Seibu Stadium, where
my father took us in childhood.
We entered the yearly membership because he wanted to drink beer in bleachers.
I was scolded that I lost the return ticket that we bought it before the congestion.
Scraping together the fragments of memory, I was attacked by a nostalgia
that is not in words.

All of the moment, might be for making memories.
People live, relying on beautiful memories.

デルタ(8)

デルタ(11)

デルタ(10)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

Finding Summer (1)


マンハッタンはすっかり夏の気候になったけれど、アップステートからは
まだ夏が遠い。
東京から軽井沢あたりの避暑地に行くと、こんな気分になるのだろうか。

郊外の空気を楽しみつつも、都会のざわめきに戻りたくなる。
人間はいつだって、ないものねだり。

Finding Summer (5)
Finding Summer (6)


Although Manhattan was completely become a climate of summer, it was still
cool in the up state.
If I go to summer resort per Karuizawa from Tokyo, I will be in such a mood.

While enjoying the suburbs of air as well, I want to return to the urban bustle.
Human beings have always desiring too much.

Finding Summer (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

梅雨明け頃の予定日を待ちきれずに、ずいぶん早くこの世に飛び出してしまった。
一歳上の姉がいたから、両親も周囲も男の子の誕生を待ちわびていた。
産気付いた母を病院に託して出張に出ていた父は、女児誕生の知らせに、
落胆の思いを半分抱え、やや重い足取りで帰宅したらしい。
時の記念日生まれの「ときこ」。
父の頭に思い浮かんだのは、そんな名前だった。

母が朝刊で「3歳の○○美香ちゃん、富士登山」という記事を見つけたのは、
出生届け期限当日の朝。
「女の子でも、たくましく育ってほしい」
未熟児同然で小さく生まれた赤ちゃんは「美香」と名付けられた。

それから何十年も経って。
前夜のカウントダウンに始まって、当日朝から深夜、そして後夜祭まで。
本当にたくさんの「おめでとう」をいただいた。
数秒でも数分でも数時間でも。
その時だけは自分のことを想ってくれる仲間がいるということは、
こんなにも心強い。
こういうささやかな気遣いこそが、人繋ぎ、ハート繋ぎの原点なのだと痛感した。
自分の周囲にいる人が皆「ほんの少しの思いやり」を大事にする人ばかりだからこそ、
今の自分に足りないものを、日々学ばせていただける。

いくつになっても「おめでとう」を言っていただけるのは、本当に嬉しくて。
いただいた愛の数だけ、皆さんにも愛と感謝を贈ります。
この世に生まれたことが、最大の贈り物。

生誕祭


Without waiting for the due date of around end of the rainy season, I had
jumped into the world much sooner.
Because they had one-year-old daughter, parents and family had been
waiting the birth of a boy.
My father entrusted the production noticed mother to hospital and went
out on a business trip.
He had returned home with a heavy gait, hearing the news of the girl birth,
while holding a discouragement of thought.
He will name a girl "Tokiko" of born on the anniversary of time.
He did not have any other idea.

My mother found an article in the morning paper that was; " Mika of 3-year-old,
climbed Mount Fuji."
It was a morning of birth registration deadline day.
"Hope growing up strongly in the girls."
A small baby of prematurity was named "Mika".

Then in later decades.
It was from on the eve countdown, continued through three days until next day.
"Congratulations," has been awarded from a lot of friends.
Even in a few seconds, even in a few minutes, even in hours.
The fact that I have fellow that only think of me at that time, is so much reassuring.
Only this kind of modest concern, connecting people, is the basic of the mind
connection.
Because people who are on the periphery to care of someone with "a little bit
of compassion",
I can thereby learn every day those that I do not have enough right now.

We feel really happy if we receive "Congratulations" even in any age,
After I received your love, I also send my love and gratitude to everyone.
Born in this world was the biggest gift.

生誕祭 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

地下鉄アート (2)

地下鉄アート (5)

地下鉄アート (4)


ニューヨークという大都会で、ふと寂しくなった時。
同じ学び舎で過ごした、同窓生の存在に救われることがある。
在学中は面識がなかったとしても、離れた場所で繋がる絆は頑なだ。

大学の大先輩でもあるアーティストにお声掛けいただいて、
地下鉄アートのエキジビションに行ってきた。
オープニングレセプションには大勢のファンが集まって、
それぞれが、それぞれの地下鉄アートへの想い出を語り合っていた。

留学生時代、想像していた以上の勉強の大変さに音を上げそうになった。
日本の友人達から送られてくる楽しい宴の写真さえ見られなくなり、
やり場のない想いを抱えて地下鉄に乗り込んだ時、
ホームレスが歌う「アベマリア」の声に救われた。
顔を上げると、駅のホームにステンドグラスのアートがあった。

ありふれた日常に、アートがあふれる生活。
たくさんの人々の、たくさんの想いを乗せて走るニューヨークの地下鉄に、
希望の光を感じた。

50年以上もニューヨークで活動されている先輩の偉業もさることながら、
彼女が自ら頭を下げて後輩に御挨拶されてまわる姿が印象的な夜だった。
私もあんな風に生きたい。

地下鉄アート (6)

地下鉄アート (1)


I went to the subway art exhibition since I was invited by a senior of my
university.
The opening reception was so crowded by many fans.
Respectively, they talked the memories to each of the subway art.

Students age, I had hard time to study more than I had imagined.
Even I was no longer to enjoy seeing the photos of fun feast that Japanese
friend sent me.

When I boarded the subway by suffering with unfocused feelings
I was saved by the voice of "Ave Maria" that a homeless sang.
When I looked up, there was a stained glass art at the plat home of the station.
In New York, to the common every In New York, to the common every day and
life art are overflowing.
I felt the light of hope in the New York subway which runs putting a lot of people
and thought.

Even more than the feat of seniors that have been active more than 50 years in
New York,
I was impressed that she greeted to junior in polite.
I also want to live like that.

地下鉄アート (9)

地下鉄アート (8)

地下鉄アート (7)


アーティスト野田貴世
Society of Illustrations, The Museum of American Illustration

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ニューヨークからの贈り物 (3)


人間だから。
自分が苦しい時、世の中で平然と生きる人達を羨ましいと思う。
自分以外の人間が、どうしてこんなに輝いて見えるのかと思う。

でも、人間だから。
あることがキッカケで、立ち直れることだってある。
誰かの言葉だったり、音楽だったり、好きな人の存在だったり。
そんなキッカケこそが、人生のギフトだという。

私にとって、娘はまさしくギフトだった。
五体不満足な彼女が生まれて、私はたくさんのものをもらった。
人より10倍ゆっくり成長する彼女を見ていると、
まだ私にも何かできることがあるかもしれないと頑張れる。

***

今、応援したい友人がいる。
長く心に病を抱えていた彼女が、絵と出会ったことで自己肯定できるようになったという。
計り知れないほどの悲しみと苦労を乗り越えられたのは、
絵というギフトに出会ったからだと。

何かを克服した人は、強くて優しい。
痛みを知っているからこそ、相手を思いやれる。

人生のチャレンジは、いくつになってからでも遅過ぎることはない。
諦めさえしなければ、いつかきっと希望に繋がると信じたい。

彼女にとってのギフトが絵との出会いなら、
私は彼女と出会えたことが、人生の宝物。
神様からの贈り物。

彼女の挑戦を、応援してください。
地球の裏側からのエールがきっと、届きますように。
そして次は彼女から皆さんへ、ニューヨークからの贈り物が届きますように。

(こちらをクリックして、是非御共有ください。よろしくお願いいたします。)

ニューヨークからの贈り物 (2)


Because we are the humans.
When you painful, you envy people who live calmly in the world.
You think whether anyone other than yourself, why shines so.

But because we are the humans.
There might be an opportunity, even it recovers by chance.
It may the words of someone, the music or the presence of a favorite person.
Only such opportunity is called the gift of life.

For me, my daughter was just a gift.
After she was born with physical defects, I got a lot of things.
When I look at her growing that is ten times more slowly,
I am taught I still I can do something for someone.

***

Now, I have a friend who I want to cheer.
She had the disease in her mind for a long time.
But she was able to self-affirmation when she started her drawing.
She might had insurmountable sorrow and hardships of immeasurably.
For her, the painting was "the gift."

People who survived from painful, are strong and gentle.
Precisely because they know the pain, they really think of people.

It is not too late to challenge of life.
If we do not give up, we want to believe that it surely lead to hope.

If the encounter with the picture was the gift for her,
The encounter with her was the treasure for me.
That was the gift from God.

Please cheer her challenge.
I surely like to send the Yale from the other side of the world.
And next time, to you from her, so that you will receive a gift from New York

(Please click here and share the link to your friends. Thank you !!)

写真転載の際は御一報ください。
Copyright@Midori_Yamada_2015

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

先週の気温、31度。
今朝の気温、11度。
この寒さのなか、エアコンの効いた地下鉄車内。これがニューヨーク。
鼻風邪がなかなか治らず、呼吸が苦しい。

今日はこの子に代打をお願いした。
何度も教えているのに、必ず同じ場所でひっかかって、基地に戻れない。
この間抜けさが、自分を見ているようで、愛おしい。

人間も機械も、完璧なんてありえない。

ピンチヒッター (1)


Last week, the temperature was 31 degrees Celsius.
This morning, it was 11 degrees Celsius.
In this cold, strong air-conditioned subway worked in New York.
I have been sick, and I'm still feel uncomfortable at breathing.

Today I asked this child to work instead of me.
And even though I have taught it many times, it cannot return to the base
by stuck in the same place.
I love this stupid kid as if I looking at myself.

There are no perfection, for human beings and machinery.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ビーチクラブ (2)


マンハッタンから車でわずか40分。
ロングアイランドにあるプライベートビーチに招かれた。

砂浜沿いにあるログハウスとシャワー、レストラン。
日本でいう「海の家」のように簡素な設備だけれど、
シーズンパスを持っているメンバーのみが集う空間には、
優雅な時間が流れている。

厳しい寒さの冬が終わった途端に、春が駆け足で通り過ぎた。
メモリアルデーを過ぎた日から突然夏が始まり、
人々は太陽を求めて、屋外で活動する。

「後で絶対に後悔する」と分かっているけれど、
ここにいると、日焼けこそがステータスという文化につい巻き込まれてしまう。

新しい水着とサンダルと、お気に入りの本。
照り付ける太陽は、もうすっかり真夏の顔を見せていた。

ビーチクラブ (3)


Just 40 minutes by car from Manhattan.
We were invited to a private beach in Long Island.

Located along the sandy beach, there are log houses and shower, and
restaurants.
And though it was simple facility like a "sea of houses" in Japan,
Elegant time was flowing in the space where only members who had season
passes gathered.

As soon as the severe cold winter was over, spring has passed so quickly.
Suddenly summer has begun from the date after Memorial Day,
People act in the outdoors for looking for sun.

I'm sure to be "regret absolutely later",
But here, I would be caught up with the culture that sunburn is social status.

I was happy with new swimsuit and sandals, favorite book.
Blazing sun had already showed a face of midsummer.

ビーチクラブ (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next