Archives

2015年07月

空を繋ぐ (2)


今日、最初に「おめでとう」を伝えてくれたのは、「727」期の同期だった。
さすがに14年目となると、覚えていてくれる友人も多くなった。

2002年7月27日。
会社を立ち上げたのは、不安だったから。
そう言うと周囲は疑うけれど、本当にあの時は何もなかった。
どこにも所属していない自分の存在意義を、どこかに残したかった。

まだまだ手探りで、いつも自信がなくて。
でも、何か人のために役立つことで、社会に参加できることが、
自分を生かしてくれているのだと思う。

同じ空の下で、頑張っている人達のために。
朝を迎えるための、空を繋ごう。

きっと後ろに足跡が残るから。

オフィス・ビード。
14年目のありがとう。

空を繋ぐ (3)


The first friend who convey of "Congratulations" today, was ex-coworker,
"727" of synchronization.
If indeed the 14th year, many friends have become to remember my companies
established date.

July 27, 2002.
I was launched the company, because I was anxiety.
Surroundings may doubt, but I had really nothing that time.
The meaning of my presence that not belong anywhere, I wanted to leave
somewhere.

I still in the groping, and am always without confidence.
But, by helping some people, I would be able to participate in social.
So I can live by willing of someone.

Under the same sky, for people who work hard.
To greet the morning, I will connect the sky.

Surely footprints remain behind.

Office bead Inc.
Thank you for your support to start the 14th year.

空を繋ぐ (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

ワインの集い

ワインの集い (6)


JAL在職時代は、いつも素晴らしい人材に恵まれていたけれど、
今でもプライベートで連絡を取り合うのは、特にこの時のグループメンバーが多い。
「ワインはブドウから作られている」程度の知識しかなかった時代に、
グループ全員が「ソムリエ」の資格を持っていた。
でも、誰一人かっこつけるところはない。
とにかく「食べることと飲むこと、そしてお喋りが大好きな集団」なのだ。

当時のチーフを中心に、毎年会合が開かれる。
海外在住の私はもちろん毎年は参加できないけれど、
このメンバーに会うと、自分の原点を顧みることが出来る。

一緒に食べる。
一緒に笑う。

こんな当たり前のことを共有できることが、心に栄養を与えてくれるのだと。
幸せは、こんなところからやってくる。

ワインの集い (5)


JAL tenure era, I have been blessed with always great human resources.
I still stay in touch in private now, especially with these members at this time.
When the people's knowledge was only "wine is made from grapes",
All members of the group had a qualification of "sommelier".
But, there was nobody to be affected.
Anyway, they were "drinking and eating, and chatting lovers"'

They meet every year.
Since I live abroad, of course, I am unable to participate every year.
But when I meet these members, it is possible to look back to my origin.
We eat together.
We laugh together.

We can share things such commonplace, and we know it gives nutrients to
the heart.
Happiness comes from a place like this.
ワインの集い (3)

ワインの集い (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

サウンドシアター (1)


イタリア生まれの音楽家、ニコロ・パガニーニ。
悪魔に魂を売ってそのバイオリン技術を磨いたといわれるパガニーニの逸話を、
3人の役者が朗読だけで語りかける。
いわゆる聴覚に頼る朗読劇に、カルテットが奏でる音楽が彩りを添える。
そこに、視覚的な背景を提供すると、観衆の想像力はどのように膨らむのか。

パガニーニの生まれ故郷、イタリアの田舎風景が、
真っ黒なペイントで塗りつぶされていくと、悪魔の姿が浮かび上がる。
悪魔と血の契約を交わしたパガニーニは、自分の命と引き換えに100万曲の名曲を奏でる。
死を迎えた最後の時に、悪魔の顔から天使の姿が描き出された時、
さとう氏の卓越したローラーペイント技術と、その意外な演出に言葉を失った。

最後の瞬間まで輪郭を描かない技法は、見ている側を飽きさせない。
アートの質の高さは、費やした時間の長さに比例するわけではない。
斬新な色遣いからも、日本の古典を表現することができる。

たくさんの常識を打ち破る彼の優れた技術、そして出会い運の強さに、
私達はこれからも驚かされていくのだろう。
彼の「職人」という意識こそが、日本の誇りに繋がっている。

サウンドシアター (2)


Italian-born musician, Niccolo Paganini.
Three actors played by reading the anecdotes of Paganini, which was said to
have honed his violin technology by selling his soul to the devil.
In reading theater to rely on so-called hearing, music quartet played to add color.
There, by providing a visual background, imagination of the crowd might be grown.

There was the countryside landscape of Italy, a birthplace of Paganini.
As it was filled with black paint, devil figure emerged.
Paganini, which signed a bloody contract with the devil, played masterpieces of
one million songs by exchanging his life.
At the time of the last which celebrated his death, the figure of angel had been
portrayed from the devil's face.
I lost words to the surprising stage effect by excellent roller paint technology of
Mr. Takeshi Sato.

Technique that does not outlined until the last moment, never let the audience
be bored.
We learn the quality of the art, is not proportional to the length of time spent.
Now we know that it is possible to express the Japanese classics also from
innovative color schemes.

We will be impressed by his superior technology that breaks a lot of common
sense, also the strength of his encounter luck.
The consciousness of his "artisan" has led to the pride of Japan.


Takeshi Sato ローラーアートの世界…in NY (現代アートの聖地NYで初開催。)
新感覚・音楽劇 サウンドシアター・クロスロード

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Copyrigh(C) 2015 Live Paint Act. All Rights Reserved.
Next

スポットライト (4)


お芝居に興味を持ったのは高校時代。
生の人間が演じる温度感、そしてそれを作り上げるチームワークと達成感、
同じ空間にいるだけで共有できる感性の奥深さ。
テレビや映画の世界よりもずっと魅了されてしまう何かがそこにある。

先日、高校の後輩が出演する「あられもない貴婦人」を観劇した。
シベリア抑留中に他界した祖父と、戦争未亡人の祖母を持つ私にとって、
想像していた以上に奥深いテーマの作品だった。
祖母は、女手一つで三人の娘を育て上げたけれど、
それはきっと必要に迫られての生き様だったに違いない。

自分の意思で生きるのと、何かによって生かされること。
実は自由に見える前者の方が、苦しく過酷なのかもしれない。
何かしらの目的や、愛する人の存在に生かされているからこそ、
人は日々、感謝や希望を持てるのかもしれない。

人生のスポットライトは、決してその大きさが指標ではないから。
どんな風にそれを受け止めて、そこから自分の光に変えていくかが肝要だと。
自分が辛い時、苦しい時に、小さな光を与えてくれた人達によって、
今の自分は生かされているのだと。

彼の演技に高校時代の面影を探しながら、
僭越ながら、本当にいい役者になったと感動した。
練り上げられた脚本もさることながら、出演する役者陣の演技力の高さが
圧倒的だった。
夢を追う彼の背中に、たくさんの希望を感じながら、
私にもまたひとつ、新たな目標が定まった。

今は他界してしまった親友とも、たくさんの芝居を観に行った。
人は芸術に触れる時、そこに自分の原点を探しているのだろうと思う。

たくさんの気付きを与えてくれた、有意義な時間にありがとう。

スポットライト (1)

スポットライト (3)


When I had started to be interested in the play, I was in high school.
There are temperature sense of the raw human play, and teamwork and
a sense of accomplishment that make up it.
There also depth of sensibility that can be shared by simply being in the
same space.
There is something that would have been fascinated by far than the world
of television and movies.

The other day, I watched the play "Unladylike Women" that my high school
friend attended.
My grandfather passed away in Siberia internment and my grandmother was
a war widow,
For me, it was a work of profound themes than I had imagined.
My grandmother brought up three daughters by herself.
It must been a life style under pressure to be needed.

We live in their own intention, or be kept alive by something.
In fact, the former way looks freedom, but it might be painful harsh.
Some purpose, or because being alive to the presence of loved ones,
Every day people, might have thanks and hope.

The spotlight of life is never to be judged by its magnitude.
It's important to receive it in any way, and to change to the own light.
Now I have been alive by people who gave me a small light when I was painful.

While I was looking for the remnants of young age,
Presumptuous while, I was impressed that he became a really good actor.
I was shocked by the high acting ability of actor team more than elaborated
screenplay,
It was overwhelming.
On his back chasing the dream, while feeling a lot of hope,
My new target has been settled.

I had watched a lot of play with my close friend who had passed away.
When a person is touching the art, I think probably he/she is looking for their
origin there.

I thank for the meaningful time that gave me a lot of notice.

スポットライト (5)


成田カイリ ブログ

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

本業の傍らで綴るブログをうたうこの場所で、
クラウドファンディングを募る友人の後押しをしたことは、
本来あるべき姿ではなかったかもしれない。

最初のスタートダッシュで躓きかけたのは、
有償の仕事ではなく、友人として相談を受けていた私自身の甘さゆえだった。
諦めない勇気を伝えたい。
彼女の想いを文字にするための、道のりは険しかった。
彼女のことを伝えきれていないことが、もどかしくてたまらずに、
四方八方からテコ入れしたけれど、途中何度も不安が頭をよぎった。

最終日。
猛烈なラストスパートに拍車をかけてくれたのは、私の小学校の同級生達だった。
偶然、近日開催する同窓会のために、幹事の皆が必死で仲間を繋いでくれた場所で
呼びかけさせてもらった。

想像を超える反響。
いや、彼らなら分かってくれると信じたからこそ、私はあの場で伝えようと思ったのだ。
手続きに戸惑い、何度もエラーが出たとメッセが飛び交うなか、
最後の数分まで、面識もない人を応援しようと、仲間同士が声をかけあってくれた様子を、
私は地球の裏側で祈る思いで見守っていた。

四半世紀も会っていない友人が、手を差し伸べてくれたことが、こんなにも嬉しくて。
今はただただ、感謝の意を示すことしかできないけれど。

「正しく強く美しく」そして「友愛の心」。
物心ついた頃から、私達の脳裏にずっと刷り込まれてきた言葉。
北原キヨ先生の教えが、今でもこうして育まれていることへの感動を伝えたい。

皆さんの後押しに支えられてこそ、応援するパッションを持ち続けられる。
奇跡は必ず起こるかもしれないと信じる人のところにやってくるから。
ようやくスタートラインに立った彼女を、また一緒に応援してください。

みんな、一人じゃない。

スタートライン (1)


Though this blog should be spelled beside the core business.
I cheered up my friend to raise the Cloud Funding,
It might was not the way it should be original.

It was nearly stumbling in the first start dash.
I didn't have enough time to think her project since she has asked me to
consult just as a friend.
We wanted to tell the courage to not give up.
The way to spell her feelings in the words was very hard.
We've not able to find the way how to tell real her, anxiety had come to
my mind many times.

Last day.
It had been spurred furious sprint, by my elementary school classmate.
By chance, it was the timing the reunion to be held soon,
I asked them in a network where the organizer connected desperately fellow.

We got the reaction beyond the imagination.
Precisely because I believed they understand her, I was going to tell in that
place.
I received a lot of message that an error came out many times with the confusion
in the proceedings.

Until the last few minutes, they tried to cheer even people without acquaintance,
the fellow helped each other.
I was watching to pray in the other side of the world.

Old Friends I have not seen more than a quarter of a century, gave me a helping
hand. I was so pleased.
Simply just now, and I can only show my appreciation to them.

"Be correct, Be strong, Be beautiful" and "Fraternity Heart."
We have these words that had been imprinted much in our heart.
I want to tell the excitement of the things that the teaching of our principal,
Ms Kiyo Kitahara,has been nurtured in this way even now.

I can continue to have a passion to cheer by what supported to boost everyone.
I believe the miracle happen to people who believe it might always happen.
Please support her together again, she stands on the start line now.

Everyone is not alone.

スタートライン (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next