Archives

2015年10月

26


幼い頃、知人の家で子犬がたくさん産まれた。
姉と私は両親に頼み込んで、実家で一匹を飼うことにした。
子犬はあっという間に大きくなって、散歩に行く引き綱が
小学生の小さな手に食い込むようになった。
「毎日散歩に連れて行く」と約束したのに、
寝坊や寒さを言い訳に、私はたくさん散歩をさぼって父に叱られた。

中学生の時、突然お別れの時がやってきた。
毎日泣いて過ごして、心にぽっかりと穴が空いた。
あれから、もう犬は飼っていない。

今住んでいるアパートの1階に、ペット用品のお店が入っている。
地元ではかなりの人気店で、ショーウィンドウのセンスの良さにも定評がある。

ハロウィンのディスプレイが、ニューヨーカーの心を和ませる。
秋の深まりを感じながら、実家で飼っていたあの子を思い出す。

どうしてこんなにも、秋は寂しいのだろう。

44

37


When I was childhood, a few puppies were born at an acquaintance's
house.
My sister and I begged to our parents, and we decided to keep the one a
nimal at home.
Puppy became large quickly,
The towline to go for a walk began to bite into the small hands of
elementary school students.
And even though we promised to take to the daily walk,
By To excuse the overslept and cold, I was scolded by my father to skip
a lot of walks.

When I was a junior high school student, the time of farewell came suddenly.
I spent crying every day, and my heart was vacant gaping hole.
From that time, we have not kept the other dog.

On the first floor of apartment living now, there is a shop of pet supplies.
In quite a popular store in the local, it has a reputation in the good sense
of the show window.

Halloween display, soothing the mind of New Yorker.
While feeling the deepening of autumn, I remember a dog had been kept
in the family home

I wonder why I feel probably lonely so much in fall.

53

00


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

55


西海岸に行ったのは3年ぶりぐらいだろうか。
感極まるような青空と白い雲が、当たり前のようにそこにあった。

久しぶりに会った同僚達が、両手を広げて大歓迎してくる。
久しぶりに会った同級生が、生き生きと今の暮らしぶりを伝えてくれる。

仕事の打ち合わせをしていても、気候のせいで心が軽い。
海を見に行く時間もなかったけれど、大自然の空気が心身を洗ってくれる。

カリフォルニアを拠点にする彼らに少しだけジェラシーを抱きながら、
深夜便でニューヨークに降り立った。

気温28度から気温9度の世界へ。
風邪を引いたのは、心に隙ができてしまったからかもしれない。

18 HDR


I went to the west coast about the first time in three years.
Such a blue sky and white clouds were there as commonplace.

Colleagues met for the first time in a long time, came to welcome
with open arms.
Classmate who met for the first time in a long time, told about her
lifestyle now.

Even if we have a meeting of work, it seemed easier by the climate.
But did not have time to go to see the sea, air of nature washed my
mind and body.

While I embraced the jealousy slightly to them based in California,
I landed in New York in late-night flight..

The world switched from the temperature 28 degrees to temperature
9 degrees.
I caught cold.

46


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

放課後、日暮れギリギリまで校庭で遊ぶ。
摩天楼に挟まれた校庭はあまりにも小さいけれど、
ただボールを追うことが、あんなにも楽しそうな姿が羨ましい。

ベンチで見守る私は凍える寸前。
冬時間になったら、もうこの時間には遊べない。

もう少しだけ、もう少しだけ。
貴重な夜の時間が短くなっていく。

今夜の夕飯は、何にしようか。

26 HDR


After school, kids played in the schoolyard until nightfall the last minute.
The sandwiched schoolyard that was between the skyscrapers is too small.
But I envied their figure that had so much fun for just chasing the ball.

I was almost freezing to watch them at the bench.
After it starts the winter time, they can not play at the yard after school.

"Only a little more, just a little more."
Time of precious night has become shorter.

I was thinking the menu of the dinner.

52


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

10数年ぶりに会う友人と待ち合わせた。
「アートギャラリーで待ってるよ」という粋なお誘いが、心憎い。

大学で美学美術史を学んだけれど、人に説明しながら美術館に行くのは
あまり好きではない。
ワインもアートも、その人自身の感性を楽しむのがいちばん。

1980年代にニューヨークソーホー地区に実在したストリート壁画が復元された。
いつの時代にあっても、本物は色褪せない。

まだ治安の悪かった時代のニューヨークに想いを馳せて。
今の時代に生きる自分の存在意義を、改めて思う午後。

秋の日差しは、まだやわらかい。

Gagosian  (1)


I was to meet with a friend for the first time in ten years.
I was really attracted by his words, "I will wait for you at the Art Gallery"

Though I studied fine arts at university, I'm not like to go to museums,
while describing the arts.
For Wine and Art, it is best to enjoy the sensibility of the people itself.

Street mural that was real in New York Soho district in the 1980s has been
restored.
Even now, genuine does not faded.

I was thinking the era of New York that was still in bad security.
I guessed my existence to live in today's era in the afternoon.

Autumn sun was still soft.

Gagosian  (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

友人からいただいたお下がりのiPadで、不器用に写真を撮る。
少しずつ腕が上がって、美しい瞬間を捉えられるようになる。

シャッターチャンスを学ぶことは、
人生のタイミングを学ぶことに似ている。

今という瞬間を、自分自身の目で見定められるように。
そして、それをきちんと自分の言葉で伝えられるように。

私にはまだまだ、学びが足りない。
あっという間に、彼らに抜かされていく。

シャッターチャンス (2)


In iPad hand-me-down from my friend, they were taking pictures clumsily.
They studied little by little they will be able to catch a beautiful moment.

Learning the shutter chance is like learning a timing of life.

So be catch a moment in own eyes.
And, so be transmitted in neatly own words.

I still stand at the same place.
They will grow soon.

シャッターチャンス (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

ブログが消失した。
プロバイダー引っ越し前の記録とあわせて、9年分の軌跡がとんだ。
IT系に疎い私は、ただ茫然としている以外、術はなかった。

時を同じくして。
7月末から約3か月近く、なくしたと思っていた時計とブレスレットが見つかった。
心のどこかで、きっとあると信じていたからに違いない、そう思った。

ブログがこうして復活した。
でも、心のどこかで、なくなってもいいと思っていた。
記録を残すことよりも、今を真剣に生きるべきだと神様が教えてくれたのだと。

無為な日常を、有為に過ごすこと。
過去も現在も未来も、すべて肯定して生きる。
インプットとアウトプットのバランス。

悶々とした想いの日々のなかで。
街はすっかりハロウィン一色になっていた。

46


Blog had disappeared.
I lost the previous record; the trajectory of 9 years.
Because of the ignorant to the IT system, I could not operate at all.

It happened at same time.
About three months from the end of July, my watch and bracelet that had been
thought to have been lost was found.
Somewhere in the mind, I believed they were surely somewhere, I thought so.

Blog has been revived.
But, somewhere in the heart, I thought it was good that run out.
I thought God told me that I should live now seriously than to leave the record.

To spend the bright time on the inaction daily.
To live all positive, on the past, today, and future.
The balance of inputs and outputs.

Day-to-day, I thought worrying endlessly.
And the town had been completely turned to the Halloween color.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

二戸市フェア (2)

二戸市フェア (3)

二戸市フェア (8)


岩手県二戸(にのへ)市がニューヨークにやってきた。
浄法寺漆、日本酒「南部美人」、南部煎餅、、、。
たくさんの「日本の誇り」がそこにあった。

漆は英語でそのまま「URUSHI」と表現されるほど、世界共通の言語になっているけれど、
漆を採取する工程も、それを塗る工程も、実際に目の前にすると涙が出るほど感動する。

この伝統を絶やしてはいけない。
絶対に妥協を許さない職人魂こそが、日本の誇り。

二戸市フェア (6)

二戸市フェア (4)

二戸市フェア (5)


Iwate Prefecture Ninohe city came to New York.
Joboji lacquer, sake "Nanbu Bijin (Southern Beauty)", Southern rice cracker.
There was a lot of "pride of Japan".

As lacquer is expressed directly as in English "URUSHI", it has become the
world's common language, I was so impressed when I actually watched the
step of exploitation lacquer, nor the step of paint it.

We should keep this tradition.
The uncompromising craftsmanship spirit is the pride of Japan.

二戸市フェア (10)

二戸市フェア (7)

二戸市フェア (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

紅色 (5)


アップステートはもうすっかり紅葉が始まっていて、
週末はダウンジャケットを着て過ごした。

マンハッタンや東京にいると、まったく空を見る余裕がないのに、
ここにいると、時間がゆっくり流れている。

紅く色づく山々を見る。
マジックアワーに染まりゆく空を堪能する。

空気や音や匂いで、伝えられない美しさに、
「ごめんね」と娘に詫びる。

視覚で感じる素晴らしさを、もっと伝えたい。

空気が白く色づき、外気温は6度まで下がっていた。
また寒い季節が始まる。

紅色 (3)

紅色 (4)

紅色 (1)

紅色 (2)


An autumn leaves have already begun in the Upstate.
I spent the weekend wearing a down jacket.

I was not afforded to see the sky slowly when I was in Manhattan or Tokyo.
But time flows slowly when I am here.

We watched the mountains which turned the crimson.
We enjoyed the sky that dyed by Magic Hour.

It was the beauty that cannot told by the air and sound and smell.
I apologized to my daughter as "I'm sorry".

Now, I want to tell more the splendor that I can feel visually.

The air got the color as white, the outside temperature had dropped to 6 degrees.
The cold season has begun.

紅色 (7)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

45


日本人の美意識の原点、「花鳥風月」。
月は太陽に代わって主役にはなりきれないけれど、
日本人にとっては想い入れが強い。

池に船を浮かべ、水に映る月の姿をまなでる。
月はときに人の心を映す鏡にもなる。

今年は中秋の名月も、スパームーンも、
きちんと見られなかった。
心の余裕が、ちょっと足りない。

お月様 (1)


"Flowers, birds, wind, and moon" is the traditional themes of natural beauty
in Japanese aesthetics

Though the moon cannot be become a leading role on behalf of the sun,
Japanese people have strong feeling for it.

From the old age, people floated the ship into the pond, and loved the moon
which was reflected in the water.
The moon also becomes a mirror to reflect the human mind.

お月様 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

お月様 (4)
Next

都会の空 (1)


故郷を離れてから、「東京の空」という曲が好きになった。
「がんばっても がんばっても うまくいかない
でも 気付かないところで 誰かがきっと見てる」

ふと、空の写真を送ってくれる友がいる。
「あの頃みたいに 君に優しくできているかな
いちばん大切なのはその笑顔 あの頃と同じ」

大好きなニューヨークの街なのに、
冬が近づいてきたかのように、一気に空が狭くなった。

でも、本質はちっとも変わっていないと信じたい。
時代が変わっても、変わらないものを、大切にしよう。

都会の空 (2)


After I left from homeland, I came to like the song "The sky of Tokyo".
"It does not work even I work hard.
But someone is looking at me from where I do not notice."

I have friends who sometimes send me the sky photo.
"I wonder I touch gently to you like those days.
The most important thing is that your smile is same as that time."

Though I'm in my favorite city New York,
As if it had been approaching winter, the sky is narrowed at once.

But, I want to believe that basic is not changed at all.
Even if age has changed, what does not change, let us try to cherish.

都会の空 (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next