Archives

2015年11月

08


今回はその場にいられないと諦めかけていた。
でも、大切な人がたくさん力を貸してくれたおかげで、
いろんな奇跡が起こった。

これまで何度もその場に行かせていただいたけれど、
今回のが最高だと、いつも思う。

「諦めるなよ」
指を差された時に、涙が頬を伝った。

こんなにも真っ直ぐに、こんなにもパワフルに、
愛と涙と生きる力を歌う。

4年前の前回を振り返って、
何もないようで、少しだけ前に歩いている自分に気づく。

4年後、どこで何をしているか分からないけれど、
諦めないで、前に進もう。
明日がその10001回目かもしれないから。

背中を押してくれた家族と友人に、
たくさんのありがとうをこめて。

38


DWL 2011の記事はこちら

35


This time, I was almost to give up.
But, thanks to important people who lent me a lot of force,
Various miracles happened.

I was allowed to go to the spot many times in the past,
But I always thought this time was the best.

"Do not give up."
When her finger pointed me, my tears ran down the cheeks.

So much straight, so much powerful,
She sings the love and tears, and the power to live.

Looking back for the recent four years,
Nothing seems to notice myself, but I am walking forward a little bit.

Four years later, I do not know where and what I do.
But I do not give up, and I will intend to move forward.
Because tomorrow may be the 10001 th.

To family and friends who cheered me up,
I thank very much.

09


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

355 (1)


大切な友人が、大切な空間をつくったから、
私にとっても、そこは大切な空間。

インテリアにも食器にも、
すべてにセンス良い彼女の才能が散りばめられている。

ここがニューヨークであることを忘れそう、ではなくて、
ここがニューヨークであるからこそ、こんな演出が生かされる。

大切な時間を提供するための演出は、
最高の味を提供することで完結する。

素敵な空間をありがとう。
今度は誰とここで会おう。

355 (3)

355 (4)


Since my precious friend made a precious space,
It is an precious space for me.

For the tableware and interior,
There studded her talent, good sense.

Rather than forgetting to be a New York,
Precisely because here is the New York, this production gets life.

To provide valuable time,
It will be completed by providing the best taste.

Thank you for a nice space.
I'll meet someone here.

355 (5)


RAKU
342 East 6th Street
New York, NY10003

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

358 (1)


どんなに慌ただしく平日を過ごそうとも、
週末は娘と一緒に深呼吸する。
手を引いて、自然の中を歩き、季節の流れを肌と匂いで感じる

「いつか会いたい」
皆そう言うけれど、現実的に訪ねてくれるのは家族だけ。

それぞれの友人、それぞれの家族、
それぞれの日常がある。

私はここで心を洗う。
明日のために。

358 (2)


Even if I spend hectic weekdays,
I take a deep breath together with my daughter on weekend.
I pull her hand, and walk in nature, feel the flow of the season
in the skin and smell.

"I want to meet someday"
All say so, but realistically, only my family have visit.

Each friend, each family,
Everybody has each daily.

I refresh my heart here.
For the coming tomorrow.

358 (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

360 (11)


「アートレセプションを行うので、是非いらしてください」
京都で一緒に過ごした知人からのお誘いに、
割と気軽な気持ちで出向いて行ったら、
その規模の大きさに驚いた。

彼女のお父様所有のオフィスビルで、
受付階の頭上にあるキャンバスは、数十メートルの巨大アート。
秀逸な作品は、展望階のスカイラウンジにまで展開されていた

まだまだ世界は遠い。
でも、現実を知ることこそが、夢に近づく第一歩。

360 (8)

360 (13)


"Please come to join our art reception."
The invitation from a friend, who spent together in Kyoto,
Since I went there in comparatively casual feeling,
I was surprised at the scale of magnitude.

At the office building which owned by her father,
There was a huge art canvas by Friedel Dzubas, at the overhead of the
reception counter.
Excellent work had been deployed to the observation floor of Sky Lounge

Still the world is far.
But, knowing the reality is the first step to closer to the dream.

360

360 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

357 (2)

357 (5)


ショーウィンドウがクリスマス仕様にお召し替え。

ここで癒される。

357 (1)


Show window has been replaced to Christmas specification.

To be healed here.

357 (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

422A1963


秋はオークションが盛んな時期。
クリスティーズ開催モダンアートのオークションにアテンドした。
世界中から、桁外れの富裕層が集まっているから、
ボディーガードの徹底ぶりも半端でない。

誰が描き、
誰がプロデュースをして、
誰が良いと評価するか。
アートはこうして世に残っていくのだと改めて感じる。

すぐ近くのロックフェラーセンターでは、クリスマスツリーの設営が始まっていた。
気がつけば点灯式まであと少し。

予期していた通りだが、毎年後半は特に時間の流れを早く感じる。
今年のカウントダウンは、どこで過ごすのだろう。

356 (2)

356 (3)

356 (12)

356 (4)

356 (5)


Autumn is the season of auction thriving.
I attended the Christie's held modern art auctions with clients.
From all over the world, because incredible wealthy clients had been invited,
We saw thoroughness of the bodyguard also there.

Who is an artist,
Who is a producer,
Who does evaluate it.
The art will remain in this way in the world.

The huge Christmas tree had begun to be set up at the Rockefeller Center
I was noticed that there will have lighting ceremony soon.

It was not unexpected, but I feel the flow of time faster, especially in the second
half of every year.
I wonder where I will spend this year's countdown.

356 (18)

356 (19)

356 (20)

356 (21)

356 (22)

356[


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

354


乗務員を辞めてから、日本以外のアジア方面に行く機会は激減した。
ニューヨークから直行便で16時間の香港へ。
行って帰って72時間のショートステイでも、アナログでしか伝えられないミッションが
あるから、そこに行く。

いざ行動を起こせば、必ず偶然のような奇跡が起こる。
タイミング良く、会うべき人に会うことが出来たし、
直接顔を合わせて話を出来たから、また前に一歩踏み出した。

10数年ぶりに見た香港の街並みに、私は何を見出したのだろう。
道路は秩序なく交錯し、高層アパートは東西南北好き勝手な方向を向いて佇んでいる。
香港山頂上にそびえ立つ展望ビルは、今にも傾きそうな構造で、
視線を投げるだけでも、胸にフワッと穴が開きそうになる。

たくさんのカオス。
それでも、マンハッタンの摩天楼にない、不思議なパワーがそこにあった。

きっと私はまたすぐにここに立っている。
奇跡は偶然ではなくて、想うところから始まる。

354 (2)

354 (4)

354 (5)


After I quit the job of crew, the opportunity to go to Asian destinations other than
Japan was depleted.
By direct flight, it takes 16 hours from New York to Hong Kong.
Even though it was very short stay in 72 hours, I went to there because there was
a mission that can be conveyed only in analog.

If people can do action, it occurs miracle, such as a sure chance.
I was able to meet people that should meet in good timing.
And because I could talk in face-to-face, also took one step ahead.

I wonder what I found in Hong Kong skyline that I saw in the first time in 10years.
Road crosses without order, and high-rise apartments are standing and facing
arbitrary direction east west, south and north.
The building towering over the Hong Kong summit was likely structure that tilts
at any moment.
Even if throw the line of sight, I was felt scare.
There was a lot of chaos.
Still, mysterious power was there that was not in the Manhattan.

I was sure I would also stand here soon.
Miracle is rather than a chance,
It starts from where you think.

354 (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

353 (5)

353 (4)


東海岸の五大湖について学んだのは、中学の教科書だったろうか。
ミネソタ州のミネアポリスは、巨大なハブ空港として有名だが、
国内線の乗り継ぎで数時間過ごしたことしかなくて、
空港を出て街に出たのは初めてだった。

大小の湖の周囲に森と川、そして滝。
たくさんの自然を背景に、ぎゅっと凝縮された都市がそこにあった。
今秋はまだ寒さが緩いからと、人々の表情も優しい。

ここで生まれ育った人々が、この街を最大限に愛していることが
とても印象的で、私にノスタルジックな想いを運んできた。

353(1)

353 (3)


I learned about the Great Lakes of the East Coast, it have been on textbook
of middle school.
Minnesota Minneapolis is famous as a huge hub airport.
I had spent a few hours around the airport for the domestic transit,
It was the first time that I got out of the airport to go to the city.

There were forest and river and waterfall, around the lakes.
There was a city that has been condensed tightly in the background of nature.
Because the weather of this autumn is still mild, people are nice and friendly.

I was very impressed that people who was born and raised in MN, love this city
to the fullest
It carried me a nostalgic feelings.

353 (8)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

352 (2)

352 (17)


往復2,000マイルの強行出張の後、
なぜかワサワサした気持ちで迎えた13日の金曜日。
朝からミーティング続きで、心が落ち着かなかった。
ヘッドラインニュースが流れた。

翌日。
3,600マイル離れたパリで起きた惨劇に、
ニューヨークの街は哀悼の意を捧げる。
街中がフランス色に染まるなか、
いつもは煌びやかなエンパイヤーステートビルは、
消灯して喪に服していた。

怒りと悲しみ、やるせなさに押し潰されそうだった。
「これが我が街にあったら、寄り道するだろうな」
友人の言葉を復唱しながら、夜道を歩いた。

夏に息吹をもらった日本の花たちは、
マンハッタンの街にしっかりと根付いていた。
異国の地で、孤立無援の心細さを抱きながらも、
ここから世界平和を祈ろう。

月光の中で見る花たちが、
今日はフランス色を放っていた。

352 (4)

352 (5)

352 (7)
352 (11)


After a round trip of 2,000 miles of business trip,
I greeted the Friday of 13th with feeling something unusual.
My heart was not calm in meeting lasted from morning.
And it was reported as the headline.

Next day.
For the tragedy that happened in Paris, 3,600 miles away from here,
New York city devoted condolences.
Amid the city was dyed in France color,
the Empire State Building which always shined, was off the light that
have been in mourning.

By anger and sadness, my heart was almost crushed.
"If that is in my town, I will detour to see them."
While reciting the words of my friend, I walked the streets at night.

Japanese flower which had born in the summer,
It had firmly rooted in the city of Manhattan.
In a foreign country, while holding the apprehension of isolated and helpless,
I pray the peace of the world from here.

Flowers that were see in the moonlight,
Tonight, they looked like a French color.

352 (10)

352 (12)

352 (14)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

WorkShop


木梨憲武氏、初のニューヨーク個展を開催。
オープニングレセプション前夜、突然の依頼で、
我が家で子供達のワークショップを開催することになった。

ダンボール紙を自由に切り貼りして制作する「ダンボールフェアリー」。
ニューヨークの子供達がどんな発想で、どんな作品を作るのか。
3台のカメラがまわるなか、収録は無事終了。

翌日のレセプションは大盛況。
ユニークな作品の数々は、ピュアな童心を思い起こさせる。
彼のマルチな才能に、ニューヨーカーも魅了されていくことだろう。

子供達の作品がどのように紹介されるのか、番組のオンエアも待ち遠しい。

WorkShop (2)

WorkShop (6)


Noritake Kinashi now holds his first solo exhibition in New York.
I've got sudden request on the night before the Opening reception.
We held a kids' workshop in my home.

It was for the part of TV show and the art work that Kinashi produces,
called "Cardboard Fairy."
We enjoyed watching the idea and work of New York kids.
Among the three cameras were around, TV shooting was successfully
completed.

After that day, the opening reception was a great success.
A number of unique pieces remind the pure kids heart.
New Yorkers will also be fascinated with his multi-talented.

We look forward to watch how they introduce the kids’ works on TV show.

WorkShop (7)

WorkShop (4)

WorkShop (3)

WorkShop (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ



Next

45

NYシティーマラソン (3)


ニューヨーク、ボストン、シカゴが、米国3大マラソン開催地。
なかでも、NYシティーマラソンは、毎年完走者が5万人以上にも及ぶ、
世界で最も規模の大きな市民マラソンである。

とはいえ、参加資格を得るのは難しい。
抽選ではなかなか当選しないから、市民ランナーの会へのレース参加、
ボランティア参加、あるいは団体への寄付など、
ニューヨーカーはあらゆる手段を試みる。

そしてようやく手にした切符を、11月の第一日曜日に使い切る。

私も参加している友人達に声援を送るために、地図を片手にコースを
先回りしてずっと走った。
都市型マラソンは、沿道の応援が選手達のアドレナリンを活性化させる
というから、つい声が枯れるまで応援してしまう。
「ニッポン、頑張れ!」と叫ぶと、日本人ランナーは必ず手を振り返してくれる。
それほど、異国の地で聞く母国語は、特別な響きがあるのだろう。

ニューヨークの5区をすべて通り、紅葉付いたセントラルパークでゴールする。
白い紐を持った伴走者よりも、足取りの軽やかな全盲ランナー。
辺りが暗くなっても走ることをやめない車いすランナー。
彼らの勇姿を見るだけで、胸が熱くなる。

今年もまた、たくさんの感動をありがとう。

NYシティーマラソン (2)


New York, Boston, Chicago are the three major marathon city in the
United States.
Among them, NY City Marathon, every year finisher spans to more
than 50,000 people,
It is the most large-scale citizen marathon in the world.

However, it is difficult to obtain a qualification.
New Yorker tries every means.
Because winning in the lottery is not easy, participation to the race of
the New York Road Runner Organization, participation to volunteer or
donation to the organization.

And people use up the premium ticket on the first Sunday in November.

For cheering to friends that were participating, I ran all the way proactively
with a course map in hand.
At the urban marathon, since as the support of the roadside activates the
athletes of adrenaline, I cheered up the runners till I got throat pain.
"Go for it, Japan!"
When I shout, Japanese runners surely replied by waving hand.
The native language heard in a foreign land was probably reached them
as a special sound.

They went through all five boroughs of New York City, and the goal was in
the Central Park where was filled with autumn leaves.
I saw a blind runner with an escort connected by white cord.
I saw a wheelchair runner who did not stop running even it got the darkened
around.
Just seeing their brave figure, my heart got warm.

I thanked a lot of excitement this year too.

NYシティーマラソン (6)

NYシティーマラソン (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

名残り


今年はハロウィンが土曜日にあたったため、
金土の2日間、「トリックオアトリート」で仮装する姿が街に溢れていた。

日中は学校主催の仮装パレード。
街が闇に包まれると、大人たちのパレードが始まる。
どこまでも、お祭り好きの国民だと感じる場面。

日曜日の朝、街には残骸が溢れていた。
ゴミを回収し、各家庭の飾りつけはサンクスギビング用に変えられていく。

また来年も平和なハロウィンが訪れますように。

名残り (1)

名残り (2)


Since Halloween was on Saturday this year,
2 days of gold earth, the town was full by people with fancy dress for the
"Trick or Treat".

There was Fancy dress parade of school organized by school during the day.
When the city was shrouded in darkness, the adults of the parade began.
Indeed, US people love the festival.

Sunday morning, the debris was full in the town.
People collected garbage, and Decoration of each household is changing for
Thanksgiving.

Hope the peaceful Halloween will come again next year.

名残り (9)

名残り (8)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next