Archives

2015年12月

50

57

05

29


2006年5月、トライベッカで物件を見つけた。
オーナーと一緒に歩いて歩いて、、、そこはたった5分で購入を決めた。
何もない私を全面的に信用してくれて、全部託すと仰せつかった。
開業まで2年近くの苦労、それから8年近くの道のり。
すべてを想うだけで、泣けてくる。

開業前に水漏れ事故があって、
これ以上開業が遅れたら、このまま一家心中しようと本気で考えた。
実権は何もなかったけれど、
いつも自分の財布を任されていると思って考えてきた。
支配人が代わり、たくさんのスタッフが辞めていったけれど、
私はどこまでも去る者を追うことを止めないと誓った。

ビルオーナーが間もなく変わるからと、
ついにその歴史の幕を閉じることを聞かされた時、
他の誰よりも大きな声を出して泣いたのは、きっと私だった。
生まれた時から育ててきた我が子と、今生の別れをするかのように。
それぐらい、この場所と、この仲間に、愛を注いできた。

最後の瞬間を見届ける覚悟ができず、遠くから見守った。
ここで紡いできた絆は、これからどこへ向かうのだろう。
このなかの何人が、あの苦労を覚えていてくれるのだろう。

2015年12月、新しい旅立ちのために。
オーナーとその仲間たち。
この10年で関わってくれたすべての方々へ、感謝をこめて。
心から、ありがとう。

40

29

54

20

10


In May 2006, we found a property in Tribeca, Manhattan.
The owner and we spent for a long time to look for something good.
But when we arrived there, he decided to purchase in just 5 minutes.
He trusted me fully, and I committed him all.
There spent nearly two years to open the restaurant, and then about eight
years had passed.
Just think of all, I cried.

There was a water leakage accident before the opening day.
Once the opening day would be more delayed, we thought really to try
family suicide.
Though I had no real power,
Always I had considered have been entrusted with their wallet.
We welcomed some General managers, and a lot of the staff quit the job.
I vowed to keep in touch with the fellow even if they left the company.

"Because the building owners will change soon."
When we were told that it close the curtain of its history,
I might I was crying out loudly than anyone else.
It was as if the farewell of this life with my child.
I've been pouring love for this place and this fellow.

My heart couldn't be prepared to welcome the last moment, I watched from
a distance.
Hope their bond will be forever.
Hope many fellows will remember the struggle in those days.

In December 2015, for a new journey.
To the owner and his companions.
I’m gratitude to all the people who gave us involved in 10 years.
With great sincerity, thank you.

40

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

15




Next

今年の後半はずっと、北国に御縁があった。
寒さは苦手だけれど、目的さえあれば、どこにでも行く。

年末恒例、厄落としのごとく、ひどい風邪を引いた後、
東京を脱出した。

日本海と白樺並木を眺めながら、一年を振り返る。
辛いこともあったけれど、
たくさんの人との出会いが、幸せを連れてきてくれた。
人間らしく、感性豊かに過ごすことが一番だと。

以前よりずっと、北国が好きになった。

57

03


Much the second half of this year, I had opportunity to go in northern place.
I don't like cold weather, but if I have purpose, I go anywhere.

The end of the year annual, as of exorcism, after subtracting a bad cold,
I escaped from Tokyo.

Overlooking the Sea of Japan and the birch tree-lined, I looked back one year.
There was also painful thing,
But the meeting with a lot of people brought me happiness.
The best thing was to spend with rich sensibility.

More than before, I had come to like the northern place.

23

59


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

38

22


10年以上前、師匠の英文記事を書いた。
もっとたくさん書く機会はあったはずなのに、
あまりにも尊大で、あまりにも近くて、
あまりにも厳しくて、あまりにも優しくて。
ジャパニズムの最高峰を、私ごときの言葉では表現しきれなかった。

*****

東京にそんな場所があることを知っている人はごく限られていたけれど、
代々木のアトリエには、本当にいろんな人が出入りしていた。
彼にしかできないデザインやお直しがあったし、
世界中の時計やライター、そして芸術のことを、夜通し話せた。
麻雀仲間はみんな、ここでは記せない、いわゆる著名人が多かった。

師匠はアメリカが大好きで、若い頃に留学していたLAの話をよくしていた。
私はたいして興味がないのに、コルベットとかキャディラックとか、
車の話をたくさん聞かされた。
ポルシェ好きな仲間の会合の時に、車のタイピンを作ろうと提案して、
たくさん車のデッサンをした。
エンジンとかモーターとか、難しい構造は分からないけれど、
美しい流れを作る線については、たくさん学んだ。
そして、人を幸せにする方法について、もっとたくさん学んだ。

私の周囲にはそんなタイピンを使う人はいないかなと、
贈り先もないままに仕舞い込んでいたタイピンを取り出してみた。
あの頃完璧と思っていた流線が少し不恰好に見えた。
そうやって、人の鑑識眼もセンスも、少しずつ変わっていく。

でも、打算なしに愛を持って繋いだ人々との関係は、
永遠であると信じたい。
代々木のアトリエは、永遠に私達の心に刻まれる。

21

14

54


More than 10 years ago, I wrote an English article about the master.
I had the opportunity to write more.
But he was too big, too near, too strict, and too gentle.
I could not express the highest peak of Japanism in my poor words.

*****

People who know that there was such a place in Tokyo had been very limited.
But such a various people gathered at his atelier in Yoyogi.
There were a design and the rectification that only he could do.
And we were able to talk about clocks, writers, and all art of the world through
the night.
His Mahjong fellow, not write down here, so-called many celebrities were.

The master loved America and he told well about the story of LA where he had
studied when he was twenties.
Even though I was not interested much, I was heard a lot of talk about the car
like Corvette, Cadillac.
For the Porsche favorite companion, we suggested to make tiepins of the car.
We drew a lot of vehicles.
I didn't know the engine motors and difficult structure,
But I learned a lot for the line to make a beautiful flow.
And I learned a lot more how make people happy.

I did not know any friends who liked that tiepin at that time.
I looked for the tiepin that I left in my closet.
I thought its streamline was perfection those days, but it was not.
Discerning eye and sense of people change little by little.

But I want to believe the relationship between the people who are connected
with a love without calculative is eternal.
The atelier of Yoyogi will be engraved in our hearts forever.

38


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

中学一年生の夏に、生まれて初めてスーツケースを買ってもらった。
祖母に連れて行ってもらったワイキキビーチの夕景は、
あまりにも美しくて衝撃的だった。
夏休みの宿題で版画にしたら、東京都で優秀賞をいただいた。

会社で支給されたのは、サムソナイトのスーツケースだった。
アンカレッジに緊急着陸したり、オーストラリアで紛失したり、
世界中をまわって、結局私のところに戻ってきた。

プライベートでは大人の世界に憧れて、
リモワのスーツケースを使っていた。
「世界一ハード」が売り文句のスーツケースなのに、
私のリモワは車輪がよく壊れた。

アメリカではトゥミが人気で、
いつしか我が家にはトゥミが増えていったけれど、
TASロックはよく税関で開けられる。

どのスーツケースも思い出と想い入れがいっぱいで、捨てられない。
旅のお供をしてもらうには頼りないほど不具合が多い子達は、
衣装ケース代わりに活躍してもらっている。

濃紺のリモワが新顔として仲間入りした。
小ぶりであまり容量がないのに、フォルムの美しさに惚れてしまった。
今はとんぼ返りの移動ばかりだから、これで十分なのかもしれない。

いい感じに年を重ねたら、ゆっくり旅がしたい。
深呼吸して、スーツケース皆んなにありがとうと言いたい。

15


My parents bought my first suitcase when I was in the middle school
at the 7th grade.
The evening of Waikiki beach, where my grandmother took us, was
shocking too beautifully.
Once I made the prints for the summer homework, I received the Excellence
Award in Tokyo.

The suitcase that I had been given by the company was a suitcase of Samsonite.
It had been taken emergency landing in Anchorage, and lost in Australia.
But it had eventually returned to me after it passed around the world.

In the private, I was using a suitcase of RIMOWA in longing to the adult world.
Even though the suitcase of RIMOWA had been sold as "the strongest
in the world",
My RIMOWA's wheel had broken many times.

TUMI is popular in the United States, and it increased unawares in my home.
But its TAS lock is broken well by Customs.

I cannot discard any suitcase since they are full with a lot of memories.
If the suitcase would not fit as the companion of travel, I use it as the costume case.

I got the dark blue of RIMOWA in my collection.
Though it do not have much capacity in small size, I fallen in love by the
beauty of the form.
Because I have only short trip recently, and this might be sufficient.

Once I got my good age, I want to travel laid back.
After the deep breath, I want to say thank to all suitcase.

17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

45


朝から霧が深くて、雨脚も激しかった。
この時期の生暖かい空気は、この街には似合わない。

今年やり残したことがいっぱいあることを反省しながらも、
やり残したことがいっぱいある方が、来年の目標になると言い聞かせる。

今日はひとつ、ふたつ、みっつ、いいことがあった。
ワクワクした気持ちで明日を迎えよう。

皆様、素敵なクリスマスを!

50


It was foggy day from the morning, and had started hard rain in the afternoon.
Lukewarm air of this season did not suit to this town.

I reminded that a lot of things to do were left this year.
But If I left a lot of things to do, it became next year's goal.

There happened some good things today.
I will welcome tomorrow with the exciting feeling.

Merry Christmas to everyone!!

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

二十代前半に、師匠に出会った。
学生仲間で一番早く結婚した親友が、代々木のアトリエに連れて行ってくれた。
最初はデザインを学んでいたはずなのに、
師匠の話や、彼を慕ってアトリエに出入りする友人達があまりにも面白くて、
いつしか、そこは人生を学ぶ場所になっていった。

お酒に弱い私は、友人との飲み会の帰りによくイヤリングをなくした。
「素敵な女性は、さりげなく本物を身に付けなくちゃだめだよ。
本当に良い物を身に付けていくなら、ピアスにしないと」
師匠はその場で受話器を手に取った。
形成外科医の従兄弟を紹介してもらって、その日のうちに、耳に穴を開けた。

ずっと優等生でいなくてはいけないと思い込んでいた私に、
師匠はいつもちょっと背伸びした世界を見せてくれた。

両親に事後報告した私に、年子の姉は苦笑いして言った。
「貴女はいつも、私より先に親のハードルを越えていくのね」

身に付けたいピアスはたくさんあったけれど、
自分の給料で買える物は限られていた。
そうこうしているうちに、私の人生にもいろんなことが起こり過ぎて、
お洒落を楽しむことはずっと頭の外に置いていた。

ようやく少しずつ心に余裕が出てきた時に、
師匠はあっという間に手の届かないところに行ってしまった。

本物が似合う女性になるまで、私はあとどのくらいここで彷徨うのだろう。
パールのピアスも、今はまだ出番が少ない。

56


The first half of twenties, I met the master.
A close friend who married first in student colleagues, took me to the
atelier at Yoyogi.
And even though I would have learned the design at the beginning,
The talk of the master and his friends was so interesting,
That, unawares, there became the place to learn life.

As I was weak to drink, I sometimes lost my earrings after I was drinking
with friends.
"To be a nice woman, you should wear the real thing casually.
If you go wear a really good thing, you should have pierce "
The master took in hand the handset on the spot.
He introduced me his cousin, the plastic surgeon, and I got holes in the ear
on the same day.

I had been convinced that I always had to be in the honor student,
And he taught me a little bad and adult world.
When I reported to parents that I got pierce, my elder sister told by grin me.
"You always ahead of me to go beyond the hurdle of parents."

Although there was a lot like earrings that I wanted to wear,
Things that I could buy at my own salary had been limited.
In the meantime, too many things happened in my life,
Enjoying the fashionable was put much out of my head.

Finally when I began to have a margin in the heart little by little,
The master has gone out of reach quickly.

I wonder how much I wander here until I will be a woman who can wear real thing.
Also my pearl earrings are still a small turn so far.

28


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

371 (7)

371 (5)

371 (6)

371 (4)


今年は異常なほど穏やかな冬の気候が続いていたが、
今週末はぎゅっと気温が下がり、肌を刺すほど冷たい風が吹いている。
ニューヨークにようやく冬がやって来た。

クリスマスを来週に控え、人々はホリデーショッピングに精を出す。
家族や友人達へ、買い忘れのないように、メモをめくる。
ドアマンや学校の先生へのチップなど、この時期の出費は甚だしい。

街中に麗しい香りを放つモミの木が、ホリデー気分を高揚させる。
ここからカウントダウンまではあっという間。
年の瀬はなぜこんなに慌ただしいのだろう。

371 (9)

371 (8)

371 (11)


This year, it had been followed by a mild and anomaly winter climate.
Now the temperature has lowered tightly weekend, cold wind enough
to prick the skin blew.
Finally the winter came to New York.

Since Christmas will come next week, people work hard for holiday shopping.
They check the note as not to forget to buy gifts for family and friends.
Such as a chip to the doorman and teacher of school, we have to spend
extreme money this time.

Tree of fir emits beautiful scent in town, uplifts the holiday mood.
Time will fly from here to the countdown.
The year-end is always so hectic.

371 (1)

371 (2)

371 (10)

371 (12)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

23


クリスマスの時期にマライアを聴く。
誰もが羨むようなホリデーギフトをいただいた。

開演時間を過ぎても、本人が会場入りしていないという、
日本では考えられないような状況から待つこと数十分。
アルコールもカメラも解禁のなかで、
すでに酩酊した客が騒ぎ始めた頃、
彼女の第一声で、会場は一気に熱くなった。

マンハッタンの小さなシアターで、
世界のトップスターが、クリスマスの歓びを歌う。

彼女の高音は天使、いや神様からの贈り物。
耳に心地よい高音がキーンと鳴り響くと、
聴衆のボルテージも一気に頂点にのぼりつめる。

図り尽くしたかのように、バックコーラスもダンサーも
ステージ上のすべてをアフロアメリカンの人達でかためていることに、
私は新鮮な感動を覚えた。
彼女はまさに、彼らにとってのホープなのだ。
同じ世界からトップに上りつめた人の背中を見ながら、
みんな頑張って、希望を繋いでいる。

「クリスマスは平和と歓びを分かち合うものなの」彼女がつぶやく。

人と人の絆を紡ぐことでも、歓びを分かち合える。
私も、希望を繋ぐ役割になりたい。

38

06

32


I've received a holiday gift that everyone might be jealous.
It was concert tickets of Mariah Carey at Christmas season.

Even though the curtain time had come, she had not come up to the venue,
We had to wait for tens of minutes by unthinkable situation in Japan.
Alcohol and camera had lifting of the ban,
When drunkenness customers began to fuss,
In her first voice, the venue had become hot at once.

In a small theater in Manhattan,
Top star of the world sang Christmas joy.

Her high notes were angel, gift from God.
When the pleasant treble was resounding,
The energy of audience also had go to the apex immediately.

As it looked a result of particularly efforts, she was surround in afro-american
people, back chorus nor dancers.
I remember the fresh impression.
She is a Hope for them.
Looking at the back of the top star who stuffed at the top from the same world,
Everyone has holding hope.

"Christmas is time to share peace and joy.” She said.

Connecting ties between people can share the joy.
I also want to be a role to connect the hope.

37

27

47


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

32

18
Next

33

41

44


駐在でなく、腰を据えてニューヨークで生きている友人たち。
パートナーはアジア人や欧米人と様々で。
女性が働く環境は当たり前だし、だからこそ、女性として輝いている。

少し前をいく素敵な先輩がいるというのは、とても刺激的で、
一緒にいる時間すべてが学びになる。

二人の友人シェフが腕をふるってくれた豪華な食事も、
皆が持ち寄ったお手製料理も超一流。

他愛ないお喋りが、明日への活力となる。
豪華絢爛、セレブリティーの夜が更けていく。




56

19

34

46


There are friends who live in New York as permanent resident.
Their partners vary like Asian, European and American.
Environment where women work is a natural.
That's why they are shining as women.

Because there are a nice senior who go a little forward, it is very exciting,
There are a lot of things to learn from them when we are together.

Our friends, two chefs wielded arms to cook the sumptuous meal.
The pot-luck cuisine that ladies made at home was amazing.

Their small chat gave me the vitality of tomorrow.
Gorgeous night of celebrity continued to the midnight.

22

24

51

49

21


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

52









Next

359 (1)

359 (4)


日本のように廉価で良品質の商品を揃えるチェーン店がないせいか、
マンハッタンには眼鏡屋さんが多い。
そしてどの店も客で賑わっている。

我が家周辺の数ブロックを歩くだけでも、
たくさんの眼鏡屋さんに遭遇する。

どんなに小さなお店でも、店構えに店主のプライドを感じる。
こういう誇りがこの街を作っているのだと。

私はこんな街で、生きている。

359 (2)

359 (3)


Probably because there is no chain stores that have good quality goods
with bargain price such as Japan,
There are many opticians in Manhattan.
And any stores are also crowded with the customers.

Even just we walk a few blocks around my apartment,
We find a lot of the optician’s stores.

I feel the pride of shopkeeper at the appearance of store, even if it is
a small shop.
This town is built by such pride.

I am alive in this city.

359 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

39


師匠の訃報が入った時、ホールフーズで買い物をしていた。
泣き崩れた私を見かねて、長男が周囲を見回す。
「ママ、とにかく家に帰ってから、一緒に泣こうよ」
それから丸二日、家族みんなで泣いた。

月曜日に日本で会いに行こうと思ったのに、会えなかった。
金曜日の朝に亡くなった。
「会いたい人には会える時に会う」という信条を貫けなかった自分を責めた。

翌日、ワールドトレードセンターに行かねばならなかった。
911の後、近くを車で通ることあっても、あの場所に行ったことはなかった。
地下鉄駅から地上に出て、観光客と通勤客に紛れて街を歩いた。
1時間以上迷って、目的地にたどり着けなかった。
GPSを見ても、方向がすぐに分からなくなる。
師匠の仕業だと思った。
自由に動けるようになったから、ちょっとニューヨーク観光につきあって、と。

代々木のアトリエは、私の第二のホームで、
実家に行けなくとも、必ず顔を出していた。
二十代の小娘だった私の話を、必ず作業の手を止めて聞いてくれた。
「女の子は、好きなことを全部やりなよ」
駆け引きが苦手で、不器用なほど真っ直ぐにしか生きられない私を、
いつも笑って、迎え入れてくれた。
私のそんな部分はきっと、師によく似ていた。

心は少年のように、無垢で純粋で頑固で我儘だった。
あんなに渋くてカッコよくて愛情深い人はいない。
こんなにたくさんの人に、愛されて、慕われて、憎まれ口を叩かれる人もいない。

人間国宝になるには若過ぎた。
「アーティストは死んでなんぼ」でない。
生きているうちに価値を認めてもらわないといけない。

師の意志が遺志になった今、
それを叶えることが、私の使命になった。
ニューヨークの空が、闇のヴェールに包まれていくなかで、
私がここにいる意味を考える。

今はたまらなく心細い。

過去記事:美の極み
過去記事:美の極み、それから。

05


When I got the master's obituary, I was shopping at Whole Foods.
My eldest son looked around, and told me.
"Mom, anyway, let's back to home. And then we will cry together."
Then all my family cried for two days.

I thought I was going to see him in Japan on Monday, but I could not.
He passed away on Friday morning.
I was blame myself that I did not take the belief that "I meet people when
I want to meet him/her."

The next day, I had to go to the World Trade Center.
After 911, I had passed near by car, but I never went to that place.
From the subway exit to the ground, I walked the streets among tourists
and commuters.
I lost more than 1 hour and I could not reach to the destination.
Even looking at the GPS, I lost direction immediately.
I thought it was work of the master.
Because he began to move freely, he asked me to take to New York tourism.

The atelier at Yoyogi was my second house,
Even when I did not go to the parents' home, I had always stop by there.
When I was twenties puss, he listened my story by stopping the hand of work.
"You should do everything that you want to as women."
I was not good at bargaining, and I was clumsy.
He always welcomed me with smiling.
My part of that was maybe similar to him.

His mind was as a boy, it was pure, stubborn, innocent and selfish.
There was nobody like him, he was loving, cool, and handsome person.
By so many people, he was loved, endeared, and teased.

He was too young to become a living national treasure.
Not a "The value of art rises after the artist died."
His art should have been valued before he passed away.

Now that his will became his dying wish.
And it became my mission.
During the time that the sky in New York is wrapped in veil of the darkness,
I think the meaning I am here.

Now I feel lonely irresistibly.

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

48

47


ニューヨーク、マンハッタン。
ロックフェラーセンターのクリスマスツリーにライトが灯ると、
五番街のホリデーデコレーションは完成する。

今年は点灯式を見損ねてしまったなぁと思いながら、
もう一度、五番街を歩く。

毎年恒例のライトアップや、
今年初めてお目にかかるデザイン。
栄枯盛衰を感じながら、今年を回顧する。

来年はどんな気持ちでここを歩くだろう。
天空のクリスタルが、きっと希望を繋いでくれる。

03

23


New York, Manhattan.
After the lighting ceremony of Christmas tree at Rockefeller Center,
The holiday decorations on Fifth Avenue have been completed.

I missed seeing the lighting ceremony this year.
Once again, I walked the Fifth Avenue.

There were the kinds of annual light up,
And also the new design of this year.
While I felt the ups and downs, and reminded this year.

How will I walk here with any feeling next year?
Swarovski in the sky, surely connect the hope.

51


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

「賞賛、ハグ、共感の涙を惜しみなく人に与える喜びを見つけよう」
とある記事で見かけた言葉に奮い立たされる。

やらない後悔より、やってから反省する方が良い。
あの時、一生懸命に生きていたと、
自分の軌跡に胸を張っていられるように。

勇気をください。

44


Try to find the joy of giving praise, hug, and tears of sympathy generously
to the people."
I was inspired in words in the article.

I prefer to reflect by doing, than regret that is not done.
If I felt I was alive in hard at that time,
I would be proud in my own trajectory.

Please give me courage.


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

思いがけぬ出来事が起こって、心が止まってしまった。
何も書けない。伝えられない。
人生の残酷さを感じながら、非力な自分に嫌気がさした。

娘が生まれた時、出口の見えない真っ暗なトンネルのなかで、
美しいもの、綺麗なものを、共有できないもどかしさでいっぱいだった。
「言葉や温度で伝える能力を研ぎ澄ませたら、
きちんと伝えられるようになるよ」
師匠の言葉をゆっくり反芻する。

世界最高峰の高級デパート、5番街の「バーグドルフグッドマン」。
「リーマンショックの不景気のなか、
あえて富裕層に高価な商品を提供し続けたことで、
いったん離れていった消費者までも、
高価な商品に引き戻すことに成功した」
映画「ニューヨーク・バーグドルフ魔法のデパート」で、
驚愕の舞台裏が公開されてからも、最高級という不動の地位を保ち続けている。

今年のホリデーウィンドウは、120周年を迎えたスワロフスキー社とのコラボ。
700万個のクリスタルが放つ、煌びやかな世界観に圧倒される。
美術館さながらのショーウィンドウは、
世界中のデザイナーの憧れ、アメリカンドリームの象徴とも言われる。

神々しいほどのウィンドウを眺めながら、
師匠のメッセージをひとつずつ受け取る。
「Brilliant Holiday」ウィンドウのテーマが語りかける。

本当に美しいものに、言葉はいらない。
でも、言葉で伝えないといけない。
ほしいのは、それを伝える勇気と覚悟。

365 (2)

CRYSTAL BALL
365 (3)


365 (4)

TREASURED

365 (5)

GLITTERATI
365 (6)


365 (8)

HIDDEN GEM
365 (7)


365 (9)

THE CROWN JEWELS
365 (10)


My heart doesn't work well since the unexpected thing was happened
last week.
I cannot write down anything.
While feeling the cruelty of life, I feel my powerless.

When my daughter was born, I was in the dark tunnel that I couldn’t see the exit.
I was full of impatience that I could not be shared the beautiful thing with her.
" If you sharpen the ability to communicate in words and temperature,
you will become neatly reportedly as "
I slowly ruminate the words of my master.

"Bergdorf Goodman" on Fifth Avenue, is the luxury department stores of
the world highest peak.
" Among the Lehman shock recession,
They've been able to sell more high priced items to the high end.
And brought people back to really expensive items."
Even after the behind-the-scenes has been published in the movie "Scatter
My Ashes at Bergdorf's", it has remained impregnable the high end position.

This year's holiday window is done in the partnership with Swarovski, which
celebrated its 120th anniversary.
We are overwhelmed the view of beautiful world by sparkling with seven
million crystal.
This show window is just like Museum,
Longing of designers around the world, it is also referred to as a symbol of
the American Dream.

While watching the awe-inspiring window,
I receive the master's message one by one.
The theme of the window "Brilliant Holiday" speaks directly to the heart.

No words are necessary to something really beautiful.
But I have to convey in words.
I want determination and courage that I tell it.

365 (11)

365 (12)

365 (13)
365 (14)


Please click here to see the previous articles.
Holiday Window 2014
Holiday Window 2013
Holiday Window 2012
Holiday Window 2011

365 (15)

365 (16)

365 (17)

365 (18)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ



Next

55

16


「Happy Holidays !!」
街を行き交う人々の挨拶に、歓びの響きが加わるホリデーシーズン。

師走に入り、この一年を振り返りつつ、
公私共々、今年いちばんタフな精神状況に追いやられていることを自覚する。

どんな華やぎよりも、確かなモノがほしい。

「東京にもあったんだ こんな綺麗な夜明けが
嬉しいな 君に見せたいな
君は元気かな」

まだもう少し踏ん張るから。
見守っていてください。

33


"Happy Holidays!!"
The holiday season has come that people exchange the greeting with joy.

At the beginning of December, I look back this year.
I realize that I have relegated to the most tough spirit situation this year ,
at both public and private.

I want to get something certain than brilliant thing.

"There is such a beautiful dawn in Tokyo.
I want to show you in glad.
I wonder how you are. "

I will hold on still a little more.
Please look at me affectionately.

17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

家族の事情で、急遽日本に帰った。
正確に言うと、所用で日本行きを諦めかけていた時に、
姉から連絡が入り、そのまま空港に向かった。

小さな奇跡を繋いで、大きな奇跡に繋がるよう祈る。
後ろ髪引かれる想いのまま、すぐにNYに戻った。

到着した空港で、バッタリ友人に会った。
UBERをシェアして帰宅する。
これがNYだと感じながら。

粛々と日常生活を送ることだけが、
見えない力を引き寄せる。

離れているもどかしさを感じながら、
すべてうまくいくと信じよう。

38


I went back to Japan hurriedly because of family circumstances.
To be precise, when I was over giving up to go to Japan,
I had the message from my elder sister.
Then I headed to the airport immediately.

I pray that the small miracle leads to a big miracle.
I really wanted to stay longer, but I had to go back immediately to NY.

At the arriving airport, I met my friends who had same flight with me.
We went home by sharing the UBER.
I felt it happened because here was New York.

By living the daily life quietly,
We may have the invisible force.

While I feel the impatience away from Japan,
I want to believe everything goes well.

54


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

106

107


「ニューヨークの人逹に作品を見てもらいたい」
アーティストから相談を受けた時、私の中では具体的な構想ができていなかった。
だから、彼女が突然クラウドファンディングを始めた時に、
私は正直戸惑っていた。

リスティングされる30日間のうちに、目標額が達成されないと
プロジェクトは成立しない。
タイムリミットが迫るなか、ネガティブな意見が耳に入るたびに
私は傷心していった。
それを知っているのに、力を発揮できないことがもどかしかった。

最後の数日間、何とか力を貸してくれないかと声を張り上げた。
ラストの数十分で大きな額を投入してくれたのは、四半世紀以上会っていない
小学校の同級生達だった。

クラウドファンディングとしてのプロジェクトは成立したけれど、
私の心は重く、プレッシャーで押しつぶされていった。
どんな成果を報告すれば、ファンダーの皆さんは喜んでくれるだろうか。

夏の帰国時に、協力してくれた同級生達一人一人に直接会って、
御礼を伝えて歩いた。
皆笑って「頑張っている人を応援している貴女を応援するよ」と。

*****
「カフェやレストランに自分の絵を飾ってもらいたい」
アーティスト自身、そのハードルの高さを痛感したであろうけれど、
次に繋がる学びはたくさんあったと願いたい。

個展を開催し、ニューヨーク発のホームページで成果を報告する。
何かを始めるのに遅すぎることはない。
具体的に動けば、必ず次が動き出すから。

*****
彼女が生み出したロンダアートは、
マンハッタンの学校に飾られることになった。

64

69

75


"I want to show my art works to the New Yorkers."
When I was consulted from the artist, it had not been able to concrete
initiative myself.
So, when she suddenly started to the cloud-funding,
I was puzzled honesty.

If the target amount will not achieved within 30 days which is listing,
Project will not be approved.
Among the time limit was approaching, I was nervous every time I hear
a negative opinion.
I was irritating that I could not exert my power even though I knew it.

Last few days, I put up my maximum energy to get somehow force.
My elementary school classmates whom I had not seen them more than
a quarter of a century, invested the large amount in a few minutes of the last.

Although the project as a cluod-funding was succeeded,
My heart was be crushed by the pressure.
I did not know what I should report to the funders.

During the summer of returning home, I directly met each classmate
who had cooperated,
I walked to convey thanks face-to-face.
Everyone said, "I cheer you because you support the people who work hard."

*****
"I want to ask to decorate my art works at the cafes and restaurants in New York."
Artists herself, had keenly aware of the height of the hurdle,
But I hope it leads to the next opportunity.

She held a solo exhibition, and reported the results in the website from New York.
It is never too late to start something.
If you move specifically, always the following something starts to move.

*****
Ronda art that she has created,
It was supposed to be decorated at the school in Manhattan.

111

no title

118


Click here to link, Ronda in New York

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next