Archives

2016年01月

寒さで身を縮めて歩いていたら、肩こりがひどくなった。
首筋を伸ばして、肩を落として歩くようにと言われた。
顎を上げて、斜め上を見上げたら、いつもと違う視界が開けた。

ちょっといいことがあった。
未来は自分で作り出すものだけれど、
ごく自然な流れでやってきた運気には、身を任せてみようと思う。

春はまだまだ先だけれど、
心の花は、もう蕾を膨らませている。

17


When I walked shrinking my body in the cold, stiff neck became badly.
I was told that "Stretched out neck, and walk with letting down the
shoulder."
Once I raised the chin and looked up diagonally, there was the field
of view different than usual.

There was a little nice thing.
Although the future is something to create on my own,
The fortune that has been done in a very natural flow, I think let me
leave it naturally.

Although spring is still very far away,
The flowers of my heart have inflated the buds.

24


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

24


大雪が降った後は、比較的マイルドな気温が続き、
ニューヨークの街はあっという間に日常を取り戻した。

あれだけ大量の雪も、毎日車両と人々に踏み荒らされて、
はたしてずいぶん消えていった。

本当はそれぞれが無理しながら生きているだけで、
ふと気がつくと、ものすごく混沌とした空気を感じる。

目の前を歩いていた男性が、タクシーに跳ねられた。
気が抜けない街の騒々しさを感じながら。
事情聴取に応じて、足が震えた。

36


After heavy snow, relatively mild temperatures continued,
New York city was quickly regained everyday.

Everyday, a large amount of snow has been stepped down by the vehicle and people.
It has disappeared fairly.

Actually each people alive while unreasonable,
We are suddenly noticed, to feel there is a terribly chaotic air.

A man who was walking in front of me, was hit by a taxi.
While feeling the tumult of the city,
Depending on the police questioning, I was trembling.

55

31


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

01

33

03


1月のブリザードは、たった1日で観測至上2番目の積雪をもたらした。
一時は電車もバスも一般車両も全てストップして、厳戒態勢が引かれた後、
マンハッタンでは、夜通し除雪作業が続けられた。

一夜明けた日曜日の朝。
雪かき作業の横で、犬と散歩する若者。
いつもと変わらず、マンハッタンを暴走するタクシー。
週末出勤のスーツ姿で、道を急ぐビジネスマン。

あっという間に日常を取り戻していく回復力こそが、
ニューヨークの街の強さなのだろう。

私も家事を終えたら、ヨガクラスに出かけよう。
突き抜けるような青空が、目に眩しい。

27

32


The blizzard of January resulted the observation supremacy the second
record snow in just one day.
The NY city showed the high alert, and all MTA and general vehicle were
stopped after 4 o'clock in the afternoon.
In Manhattan, snow removal work had been continued through the night.

Then, Sunday morning has come.
Seeing snow shoveling, young people had walked with their dogs.
As always, yellow cab had runaway in Manhattan.
A businessman in suit style had rushing the road.

It was the quickly resilience that people regained daily life,
That was the strength of the city of New York.

After I have finished housework, I will go out to yoga class.
Blue sky like penetrate is dazzling to the eye.

32

25


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

48


一面に広がる銀世界。
週末のマンハッタンは、怖いぐらいの静寂さに包まれている。
このままどこまで降り積もるのだろう。

モンスターストームの被害が最小限で済むことを祈りながら、
掃除と洗濯にフル回転の土曜日。

56


Outside of the window, there is a silver world.
Manhattan has been shrouded in silence on the weekend.
Wondering how far the snow remains more.

Praying the minimum of damage of the monster storm.
I'm in the full rotation in cleaning and washing on Saturday.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

先月までは暖冬かと騒がれていたけれど、
今月に入ってから、めっきり寒くなった。
これこそが「ニューヨークの冬」なのだろう。

週末にブリザードが直撃するという予報を受けて、
マンハッタンはすでに警戒態勢に入っている。

週末の食料を買いだめする人々。
中学校の入試は来週に延期という連絡が来た。

備えあれば憂いなし。
明日のミーティング、中止にならないかなぁ。

28


We thought we had mild winter until last month,
but since the beginning of this month, it has become remarkably cold.
This is probably the "winter of New York."

In response to the forecast that Blizzard will hit on the weekend,
It has been already in the alert in Manhattan.

People hoard the food of weekend.
Admissions of junior high school will be postponed to next week.

Well prepared means no worries.
I hope tomorrow's meeting will be cancelled.

11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

久しぶりに、彼の寿司を食べたくなった。
昨年最後に行った時は、いろんな事情が重なって、
まったく楽しめなかった。
15年以上の長い付き合いだけれど、
決して日常的ではない、ちょっと特別な日に足を運ぶ。

丁寧に用意された御節の前菜に、
ここがニューヨークであることを、忘れてしまう。
呼吸合わせをするように、会話と食事を楽しむ時間。

重ねてきた時間を顧みて、初心に帰る。
彼との出会いがあったから、私はまだここにいる。
このエネルギーを明日のパッションに。

表に出たら、小雪が舞っていた。
マイナス7度でも、今日は心が温かい。

NAKAJIMA at JADO SUSHI

34


After a long time, I wanted to eat his sushi.
When I went there last time, various circumstances overlapped,
I could not enjoy at all.
Though our relationship lasts more than 15 years of long term.
I go there on a little special day, not a routine.

He served the Osechi appetizers that were carefully prepared.
So I forgot here was in New York.
It was time to enjoy a meal and conversation as if we breath alignment.

I reminded the past time, and went back to basics.

Because there was a meeting with him, I'm still here.
I will change this energy to tomorrow's passion.

When I returned to home, it was snowing.
It was -7℃, but my heart was warm today.

04

55

07

09


NAKAJIMA at JADO SUSHI

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

26 HDR


ノリータ地区にある、お気に入りのストリート。
10数年前、雑誌の記事を書いていた頃、
クールな話題を探して、よく歩いた。

ファッション、美容、アート。
あの頃の日本の流行のキッカケ作りを、
たくさん手がけてきたことを懐古する。

笑顔をもたらすことが、何よりの幸せ。
また流行を探して、歩いてみよう。

09 HDR


Elizabeth Street is one of my favorite in Nolita district.
10 years ago, I was writing a magazine article.
Looking for a cool topic, I often walked there.

The articles were about Fashion, Beauty, and Art.
I remembered that I made Japanese epidemic of that time,
I was very proud it now.

My happiness was to bring smile to all
Let me walk again to look for cool items.

27

38

49

58

04

10

30

43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

パリから来た友人を囲んで、食事を楽しんだ。
週末を利用して「会いたい人に会いに来た」という心意気は、
人の心を揺さぶる大きな原動力。

その人のために、自分が何か出来ないかと考えたくなる。
私もこうありたいと思わされる。

今年の目標がまたひとつ。
夢を現実に変えていくパッションを持ち続けよう。

19


We enjoyed the dinner with a friend who came from Paris.
He said that "I came to meet people whom I wanted to meet." by
using the weekend.
This kind of spirit has power to shake the human mind.

I think I want to do something for that person.
I also think I want to be this way.

I found the one goal of this year.
Important thing is to keep my passion that I try to change the dream
into reality.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

たった6日前に買い換えたばかりの、携帯電話が使えなくなった。
たった1秒のうっかりで、電源が入らなくなった。

使えなくなった携帯を眺めながら、
いかに不要なデータを持ち歩いていたかを考える。

すでに3日、携帯のない生活をしているけれど、
繋がりたい人には、繋がっていられる。

新年早々厄落としばかりしているから、
今年はきっと良いことがあるに違いない。

IMG_0146


My iPhone is no longer available,
Though I just replacement purchases just six days ago.
The power supply is no longer work by my inadvertently.

While looking at the mobile that was no longer used,
I was considered I had carrying unnecessary data.

Already 3 days, I have a life without mobile.
But I can connect a person whom I want to connect.

It was New Year early ceremony to drive away evil spirits.
There must be a good thing this year surely.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

01


週末、とあるコラボ企画を考えていた。

街に生暖かい空気が流れ込んだ後、大粒の雨が降った。
土砂降りのなか、厚い雲がゆっくり動いて、薄日が差した。

摩天楼の上に、大きな虹がかかった。
ダブルの虹が半弧を描き、地平線まで届いた。

神様が届けてくれた奇跡のシーン。
このワクワクは、きっと何かに繋がっていく。

空とSOLA、こういう運命も、きっとある。

31


On weekend, we were thinking one collaboration planning.

After the lukewarm air came into the city, large rainy drops fell.
Among the downpour, thick clouds moved slowly, and trace of sun was shown.

On the top of the skyscraper, big rainbows were applied.
Double rainbow drew a half arc, and it reached to the horizon.

The god delivered the miracle scene.
I know this excitement will surely lead to something.

Sky and SOLA, they surely will be connected by the kind of fate.

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

毎年、自分の誕生日前後に検診を受けていたのに、
昨年は忙しすぎて、時期を逸してしまった。
一度予約をキャンセルすると、次の予約は2ヶ月以上先になってしまう。

男性には分からないだろうけれど、
この検査を受けると、胸の大きさが如実に分かってしまう。

寒い冬に余計な脂肪を蓄えてしまう私にとって、
この時期に受診すると、検査プレートの数字がアップすることが分かった。

今だけとはいえ、少し大きな下着に買い換えるべきか。
ダイエット最優先で、余計な脂肪を削ぎ落とすべきか。

そんな葛藤している、待合室。
秋に別の検診でひっかかり、ちょっとドキドキしている。

28


Each year, I have received a medical examination before or after my
birthday,
As last year was too busy, I missed the chance.
Once we cancel the reservation, following reservation becomes earlier
more than two months.

Though gentlemen may not know it,
Upon receiving this inspection, we have to be known the size of the
breast vividly.

In the cold winter, I usually would store up extra fat.
When I get the examination at this time, I found that the numbers of the
test plate goes up.

I wonder I should get new underwear in a little big size.
In top priority for diet, I wonder I should loose the extra fat.

I had such a struggle in the waiting room.
Since I was diagnosed another problem last fall, I was little nervous about
my health now.

07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

決して裕福でなかった幼少時代、洋菓子にはほとんど御縁がなかった。
母の作ったプロテインクッキーとか、焼き芋とか、
そんな夢のないものが、我が家のオヤツの定番だった。
唯一、母の作ったぜんざいが贅沢の極み、オヤツの最高峰だったから、
今でも私はアンコものに目がない。

北海道に親友がいる父は、公私共々よく北海道に行っていた。
父の仕事が少し軌道に乗ると、我が家にもたまに背伸びしたオヤツが
登場するようになった。
チョコレートやケーキも確かに美味しかったけれど、
オヤツの原点は、やはり和菓子なんだと魂が記憶している。

父の北海道土産の定番が、十勝日誌だった。
10年数年ぶりに遭遇したそれは、中身が少し変わっていたけれど、
私にとっては対価に相応しいノスタルジーの玉手箱。

ひとつ包装を解くと、ひとつ思い出が蘇る。
ひとつ脂肪のヴェールが増えるとしても、
やめられない協奏曲がそこにある。

ファイル 2016-01-08 2 38 44


As I was not wealthy in childhood, I had no edge in the foreign pastry.
My mom made protein cookies and baked sweet potato.
Those without such a dream were the classic sweets of my home.
Zenzai that made by mom was the high end of luxury; it was the pinnacle
of sweets,
Even now I like Anko's sweets the best.

My dad who had best friend in Hokkaido, had gone to Hokkaido well in both
official and private.
When the work of my dad had got on a little track, some luxury sweets had
begun to appear occasionally in our house.
Although chocolate and cakes were also certainly delicious,
The memories of my soul were that the origin of sweets was Japanese sweets.

The classic souvenir of Hokkaido from dad was "Tokachi diary".
I bought it the first time in 10 several years.
Though the contents had been changed little,
The treasure box of nostalgia was worthy of consideration for me.

When I open one package, one memory revives.
Even though if one fat veil increases,
There is a concerto that I cannot quit.

ファイル 2016-01-08 2 39 33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

年末に東京で風邪を引いた。
急な冷え込みと、ホテルの乾燥が喉にこたえた。
たった3日の滞在なのに、不調なまま過ごした。

北国で新年を迎えた後、慌ただしくニューヨークに戻った。
その日からニューヨークは急激に寒くなった。
時差ボケの頭痛を抱えたまま、日常生活に復帰。

今朝の冷え込みに愕然とした。
部屋の暖房が壊れて、凍てつく寒さで眠れなかった。
ようやくマイナス11度まで気温が上がったのは、
子供達を学校に送った後。

やはりニューヨークの寒さは厳しかった。
冬将軍の洗礼は、まだ始まったばかり。

11


I caught a cold at the end of the year in Tokyo.
The sudden chill outside and drying of room at hotels damaged my throat.
Even though I stayed only three days in Tokyo, I spent in worst condition.

After the celebration of New Year in Hokkaido, I returned to New York.
New York had become suddenly cold from that day.
While holding a headache of jet lag, I returned to routine life.

I was appalled by chill of this morning.
Since the heat of my apartment did not work well, I could not sleep in the
freezing cold.
Finally the temperature went up to minus 11 degrees,
It was after sending the children to school.

Absolutely the cold in New York is tough.
Baptism of Old Man Winter has just started.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

12月最初の日、アトリエのスタッフが電話をくれた。
「美香さん、あと2時間以内にチケット購入してくださいと伝言です」

これまでも、幾度となく師匠が手配してくれたコンサートだった。
本人はきっと、ミュージシャンの名前ぐらいしか知らないのに、
私が大ファンだからと、体調を崩す前に、
旧友のツテにお願いしていてくれたのだと。

この年末は家族と共に日本に帰ろうと計画していたけれど、
北国に行けるとは思っていなかった。
大急ぎでホテルや航空券の手配をした。
家族に計画を伝えて、その日を迎えようと心待ちにした。

そのたった2日後に、師匠が息を引き取った。

2015年のカウントダウン。
この瞬間を迎えられなかった師を思い、涙しそうになったけれど、
新年は笑顔で迎えようと決めていた。

たくさん笑って、楽しく生きる。
私らしく生きることが、目標。

新しい歴史が、始まった。

14


The first day in December, atelier staff gave me a phone call.
"Mika-san, I had message from the president that you can get the tickets
if you make payment within two hours."

Up until then, the master arranged the concert for me many times..
He surely, did know only the name of the musician.
He had asked intermediary to get tickets to his old friend because I was a big fan,
before he was ill.

I had been planning to go back to Japan with my family at the end of the year 2015.
But I did not expect I could go to Hokkaido.
I arranged for hotels and flights immediately.
I conveyed the plan to family, and my kids were looking forward to welcome that day.

Only two days later, the master passed away.

At the countdown of 2015.
When I thought my master could not greet this moment, I was almost in tears.
But I had decided to welcome the New Year with a smile.

Laugh a lot, and live happily.
Living in my way is my goal.

New history has begun.

13


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

寒い北国で迎えた2016年。
まずは健康第一。
そしてまた、たくさんの人との関わり合いを大事に生きていこう。

皆様にとっての一年が素晴らしいものでありますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

00


I greeted the year of 2016 with a cold northern country.
First I hope the healthy life.
And also, I will care the involvement of a lot of people.

Hope you have a great year of 2016.

I appreciate your constantly support.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next