Archives

2016年02月

57


本当は、頑張っている人みんなを応援したいけれど、
自分の采配で出来る範囲には限界がある。
責任持って引き受けるために、とても慎重になる。

応援しているジュエリーデザイナーと、来年の偵察に出かけた。
日本の展示会と比較して、静かで、落ち着いた雰囲気。
出展者と目が会うと、一気に売り込んでくる。

私はきっと、そんなスモールトークを一日中でも楽しめる。
人と直接接する現場が、やっぱり好きなのだ。
琴線に触れたら、とことん応援し続ける。
その企業、人、モノに、いかに惚れ込んでいるかが肝要で、
恋心を伝えているうちに、自然とビジネスになる。

次の目標にロックオン。
とにかく今できることを、やり続けよう。

09


To tell the truth, I want to support all guys who are working hard,
But there is a limit that I can control my schedule.
In order to undertake with responsibility, I am very cautious.

I went to the reconnaissance for next year with a jewelry designer whom
I support.
In comparison to the Japanese exhibition, it was a quiet, calm atmosphere.
If I saw the exhibitors, they came to tout shortly.

I was sure I could enjoy such small talk all day.
I still like the situation to direct contact with the people.
Once someone touches my heartstrings, I continue to support thoroughly.
Most important thing is that I enamor the company, person, or thing.
As I tell the love, it becomes business gradually.

I'm setting the next goal.
Let me do anything that I can do now.

ずっと応援しているジュエリーブランドFUGA, Please click here to see the jewelry brand.

05


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

大学時代の親友から、ゼミ教授の訃報が届いた。
もうずっとお会いすることはなかったけれど、無性に寂しくなった。
私達にとって、数少ない、尊敬できる教授だった。

政治経済や法商学と比べ、実社会に直結しない美学美術史という分野。
しかし物を感じる「感性」は、実務だけでは経験値が上がらないから、
学生という貴重な時間に、たくさん刺激を受けるべきだと。

「最後の晩餐」というたった一枚の絵で、数百枚の卒論を書いた。
「好きなことをとことん突き詰めなさい」と背中を押してくれた
教授の優しい笑顔を忘れない。

ニューヨークは冷たい雨。
今日は傘をささないで歩こう。
涙も街の一部になる。

41


From a best friend of the college, I received a obituary of the seminar professor.
I could not able to see him anymore much, but I became to feel lonely.
He was one of the professors that we could respect.

I studied fine art and history that do not connected directly to the real social,
compared with the political economy and law & commerce.
But the experience value of "sensibility" is not increased by the social experience.
During the valuable time of students, we should receive a lot of stimulus.

I wrote graduation thesis of hundreds pages about the one painting, " The Last Supper".
"Go thorough investigation thoroughly whatever you want."
I won't forget the friendly smile of the professor who encouraged me.

It's raining cold in New York.
I'm walking without an umbrella today.
Tears also become part of the city.

09


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

59

53


アリゲーターを探すには、まだちょっと季節が早過ぎた。
眠りから覚めた小さな輩が数頭、かろうじて姿を見せた。

沼地の奥へ奥へと突き進みたい好奇心があっても、
空気と水の冷たさが、その勇気を阻む。

冒険のクライマックスは、野生イノシシの襲撃。
初めて見る獰猛な姿に、後ずさりするしか術がない。

大自然の中で深呼吸をすると、
幼い頃に父に連れられて遊んだ川辺を思い出す。

そしてちょっぴり都会が恋しくなった。
さて、日常に帰ろう。

23

50


To find the alligator, it was still a little too early season.
A few of little fellows that awoke from sleep, barely showed up.

Even if there was a curiosity that we wanted to go to the back of the swamp,
Coldness of the air and water prevented its courage.

The climax of the adventure was the attack of wild boars.
By the ferocious figure I saw for the first time let me not to do anything.

When I took a deep breath in nature,
I recalled the riverside that I was brought by my father in my early childhood.

And I missed the city a little.
Now, let me go back to everyday.

40

09

12

43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

57

08


街中のいたるところで、アートに出会う。
何軒ものギャラリーを覗きながら、心がときめく瞬間を推しはかる。

路上で奏でられる音楽の音色が、
アートの世界をさらなる夢幻の境地へ連れ出してくれる。

旅先でお気に入りの一枚を探し出すのが目的だったけれど、
この土地では、その出会いに恵まれなかった。

焦らずのんびり、出会いのタイミングを待っている。

35

42

54


I met the art everywhere in the city.
While looking through the many galleries, I measured the moment my
heart was throbbing.

By the tone of the music that was played on the street,
The world of art took me to the frontiers of further fantasy.

One of my purposes of the trip was to find my favorite piece.
But I was not blessed with the encounter in this land.

I am waiting for the timing of the encounter at ease.

27

40

57

40



ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

46

12

50


ニューヨークから飛行機で3時間。
ルイジアナ州、ニューオーリンズの街に降り立った。

以前この地を訪ねたのは、15年以上前のことだった。
その後、街はハリケーンカトリーナにより壊滅的な被害を受けた。
私の友人も、当時、住む場所と仕事を失い、他の街への引越しを
余儀なくされた。
あれから、街がどのくらい変わっているのか、少し不安もあった。

フランス植民地帝国時代の趣を残すフレンチクォーター地区は、
先週のマルディグラの祭りの余韻もあって、人々で溢れかえっていた。
街の隅々に漂うアートとジャズ、そして陽気な空気に酔いしれる。

奥深いアメリカの魅力、そこに集う人々のパワー。
いまだなお進化を遂げる街が、冷え切った心身に温度をもたらす。
明日は自然と戯れよう。


18

39


It was a 3-hours flight from New York.
I landed in the city of New Orleans, Louisiana.

Last time I had visited this earth was more than 15 years ago.
After that, the city was devastated by Hurricane Katrina.
A friend of mine also, at that time, lost the location and work to live,
was forced to move to another town.
I had been a little anxiety how the city changed since then.

French Quarter district where left the flavor of the French colonial empire era,
Where was overflowing with people with lingering of the festival of Mardi Gras
last week.
I enjoyed the art and jazz drifting in every corner of the city, and the cheerful air.

I noticed the deep American charm, the power of the people who gathered there.
The city that still gets the evolution, bring the temperature to my chilling body and soul.
Tomorrow I will go to the Mississippi river.

37

41

41

00

32


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

42
Next

大切な友人が、大切な人を失おうとしていた時、
私は話を聞くことしかできなかった。
大切な友人が、大切な人を失くした時、
私には何も出来ることがなかった。

お悔やみにお香典やお花を贈ることよりも、
残された人の生きる力になれればと。

アートの底知れぬ力が、
天に届くことを祈ろう。

51


My best friend told me that her father was very sick.
I did only to hear her story.
My best friend lost her father last week.
I could not do anything for her.

Than to send the funeral gift and flowers in condolence,
I wanted to give the power for her family to live.

We pray to let the abysmal power of art reach to the heaven.

52


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

21

37


これだけ空が青いから、これだけ寒さが突き抜ける。
外気温マイナス16度。

心身の暖を取りに、行ってきます。

44


Since the sky was too blue, the cold was penetrating to the sky.
Outside air temperature was minus 16 degrees.

Seeking the warmth of mind and body, I'm going to the south.

56

59


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

スーパーボウルで盛り上がった翌日は、チャイニーズニューイヤー。
今年から、ニューヨーク市内の公立学校はお休みになった。

アジアの祝日をニューヨーク市が採択するのは初めてのことで、
現地ではかなり話題になった。
モスリムの新年と同じように、チャイニーズ新年も休校にすべきだと。

米国の公立校は、年間180日の授業開催が義務付けられているが、
それ以外の日は、親の采配で子供達を教育しなければならない。

義務教育以外の課外授業やサマースクール費用を捻出するために、
ますます働くママが増え続けるという仕組み。

小雪がちらつく街は、春を探している。

47


The next day of the Super Bowl, was Chinese New Year.
From this year, the public schools of New York City have become a day off.

That was the first time for New York City to adopt the holiday of Asia.
It became a fairly hot topic in the local.
In the same way as the New Year of the Muslim, it was said the school
should close at the Chinese New Year.

US public schools are obliged to be held 180 days a year.
The other days, parents must educate children by paying other tuition.

In order to subsidize the extracurricular classes and summer school costs
of non-compulsory education,
It continues to increase the working mothers more and more.

We have light snow in the city today again, and are looking for a spring.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

20


日曜日の午後、ヨガスタジオには、いつもの半分しか生徒がいなかった。
「今日はナショナルホリデーみたいなものだから仕方ないわね」

エンパイアステートビルが、スーパーボウル色に染まった。
道路は人気も少なく、ひっそりしている。

メキシカン料理を作って、ビールを用意して。
年に一度のお祭りが始まった。

22


Sunday afternoon, at the yoga studio, there were only half students than usual.
"It'll not be helped because today is something like National Holiday."

The Empire State Building has steeped in Super Bowl color.
The road has been quiet without people.

I cooked Mexican cuisine, and prepared the beer.
The yearly festival has begun.

08

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

06

36


何を見上げているのだろう。

高くそびえ立つ摩天楼。
狭いけれど、限りなく高い空。
街に走る緊張感。
人々の温かさ。

時に寂しくなるけれど、まだもう少しだけ大丈夫。
こんなところで、生きている。

34


What does he look up?

There are towering skyscrapers.
The sky is narrow, but infinitely high.
I feel the tensions in the town.
Love the warmth of the people here.

I sometimes get lonely, but still okay just a little more.
I'm alive in a place like this.

07

57


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

長女と長男を両腕に抱えてミルクをあげていた頃、
座骨神経痛を患い、歩けなくなった。
往診に来てもらった整体師に、危機感を持つように告げられた。

少しでもしなやかな筋肉をつけるようにと、
医師にも勧められたホットヨガスタジオに通い始めて、10年近く。
しかし、日常的な筋力の衰えは明白だった。

例年よりやや暖かい冬に、ようやく重い腰を上げようと一念発起。
週2回のジム通いを今年の目標にしたものの、
公私のスケジュールが乱れまくって四苦八苦している。
加えて、ジムに行った翌日の筋肉痛がすごい。

人間にはこんなところにも筋肉があったのだと気付いたり、
アラフォー友人達の健康オタクぶりに改めて感心したり。

数ヶ月後、せめて生活習慣が改善できていることを期待。

20


When I was feeding milk holding with my daughter and son in my arms,
I was no longer able to walk, suffering from sciatica.
By a doctor that I had to come to a house call, I was told to have a sense
of crisis.

To get a supple muscle even a little,
I started going to hot yoga studio, which was also recommended to doctors,
nearly 10 years.
However, day-by-day, muscle strength was decline obviously.

Since this winter is slightly warmer winter than usual, I have decided my mind.
Though my year's goal is go to the gym twice a week,
I have been struggling by my public and private schedule.
In addition, the muscle pain of the next day is terrible.

I realized that human beings had the muscle at a place like that I didn't know.
I am impressed that I have many friends who are health nerds.

I hope my lifestyle will be improved at least after a few months.


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next