Archives

2016年03月

07


お互いの忙しいスケジュールの合間に、パッと出来た時間。
大好きなスタイリスト、麻日奈芽実さんの講座を受講させていただいた。

「流行は繰り返す」という言葉のごとく、
かつて流行したスカーフを、今の時代にまた楽しもうという女性が増えている。

スカーフの折り方、掛け方、結び方、の基本を学ぶ。
芽実さんの美しい所作にうっとりする。

私は、人のサポートならいくらでも出来るし、
ファッションや流行をレポートする仕事もしているのに、
自分の装いにはとにかく無頓着で、客観視できない。

乗務員時代、統一された制服の中で、
唯一個性を主張できるのが、スカーフのアレンジだったのに、
私はいつも同じ結び方ばかりだったと回顧する。

芽実さんのお人柄や経歴に惚れ込んでいる私は、
いつまでも彼女の話を聞いていたかった。
講義を終えた帰り際、ちょっと寂しくなった。

思えば叶う。そのためには、具体的に行動する。
会いたい人には、会える時に会う。
その想いは、ずっと変わらない。

芽実さん、次のステップも楽しみにしています。

麻日奈芽実さんのブログはこちら。

23


I was allowed to take the scarf lecture of my favorite stylist, Ms. Memi Asahina.
In between the busy schedule of each other, we had time together.

As there is the word "epidemic is repeat",
Recently, there have increased women that enjoy the scarves that were once prevalent.

I learned the basic of scarf; how to fold, wear, and make knot.
I was mesmerized to Memi's beautiful gesture.

I can support any people.
I also work to report the fashion and trends.
But I indifferent to my attire, and can not be objective view.

When I was a cabin crew, I wore the uniform in the unified.
That the only personality can claim, it was to arrange scarf.
But I look back I always used the same knot.

I love to Memi's personality and career.
So I wanted to hear her story forever.
After I finished the lecture, I felt a little lonely.

Dreams come true if people wish seriously.
For this purpose, I do the best to act.
I meet people whom I want to meet.
I never change my thought.

I look forward the next opportunity.

Please click here to see Memi's blog.

30


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

58

Next

23

57


マンハッタン、ミッドタウン地区にあるブライアントパーク。
冬の期間、ニューヨーカーはそこでアイススケートを楽しんだ。

東京から桜の開花宣言が伝えられてしばらくした頃、
アイススケートリンクが、撤収された。
ぽっかり空いたスペースはどうなるのだろう。

ある日突然、芝生の植え付けが始まった。
あっという間の数時間で、そこは芝生の公園に生まれ変わった。

これも季節の風物詩。
また寒い季節がやってくるまで、ニューヨーカーは緑の公園を楽しむのだ。

42

30 HDR


I went to Bryant Park at midtown district in Manhattan.
Winter period, New Yorkers enjoyed ice-skating there.

After a week that flowering declaration of cherry blossoms was transmitted from Tokyo,
Ice skating rink has been taken away.
Guess what the gaping empty space will be.

One day all of a sudden, planting of lawn began.
In a few hours, there was reborn as the park of the lawn.

This was also the tradition of seasons.
Until to the cold season comes, New Yorkers enjoy the park with green.

48


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

25

35

30

27


JFK空港があるクイーンズ区。
車で横切ることは多いけれど、途中下車することは滅多にない。

週末ランチは、アストリアのグリーク料理店にて。
新鮮なシーフード、シンプルな味付け。
友人の持参した醤油とワサビで、二度楽しめる。

地元の人たちで大にぎわい。
私たちが開店同時に駆け込んだ後は、長蛇の列。

久しぶりに会うのに、魂がすっと近づいて会話できる。
そんな空気を共有できた友人たち。
楽しい時間を、ありがとう。

51


It is Queens District, where there is JFK Airport.
Although I often cross by car, I rarely get off along the way.

We had a weekend lunch at Greek restaurant in Astoria.
There served fresh seafood with simple seasoning.
We enjoyed twice using soy sauce and wasabi, which my friend brought.

It was very crowded with local people.
After we got the table, there was long line that people should wait.

I could talk with easily them by approaching to soul.
I was happy that we were able to share the beautiful time.
Thank you for a fun time.

29


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

09


怒涛のような数の打ち合わせを終えて、
大急ぎで空港に駆け込む。

激しいサンダーストームで、帰る飛行機がまだ来ていない。
4時間遅延で、ニューヨークに戻ったのは午前2時過ぎ。

疲れ切った人々の、気だるい空気を感じながら、
深夜のマンハッタンへ。

若い頃ならば、24時間戦えたのかな。
孤独な戦いよりも、仲間が欲しい。

45


After I finished many meetings,
I went in the rush to the airport.

In fierce Thunder Storm, the aircraft of my return flight has not yet come.
With 4 hours delay, I returned to JFK airport at 2:00 am.

Feeling the languid air of people who were tired,
I came back to Manhattan in Midnight.

If I were a young, I wonder I fight for 24 hours.
Than the lonely battle, I want fellow.

54


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

たった一人で、戦いに挑む。
大きなミッションでプレッシャーもあるけれど、
昇る朝日に、勇気付けられる。

ちょっと眠いけれど、大丈夫。
きっとうまくいく。

06


With just one person, I'm heading to the destination.
Though I have pressure for the big mission,
The rising sun encourages me.

A little sleepy, but I'm okay.
Surely go well.

02


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

人を紹介するというのは、本来そんなに生易しいものではない。
それまで築き上げた信頼関係を、一瞬にして壊されてしまうこともある。

コーディネートという仕事。
どんなに調整が大変であったとしても、お客様には結果しか見えない。
そのために費やした時間も労力も、まったく評価されない。
そんな労働対価はタダ同然だと思っている方々が多い。

それでも私は「丁寧な人繋ぎ」を続けていきたい。
「ありがとう」の一言で、私は生き返る。
それがきっと、次に繋がっていく。

26


To introduce the person is not inherently so much easy.
A trust relationship that has built up to now, there is possibility that will be
destroyed in a moment.

About the task of coordination.
Even if the adjustment was very hard, customers see only the results.
Effort and time spent for that also, are not evaluated at all.
There are many people who think such labor consideration is totally free.

But I would like to continue my policy, "be polite to connect people."
In a word of "thank you", I would be alive.
Surely it leads to the future.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

叔母の家に行ったら、私と従妹の写真を出してきた。
幼い頃は双子かと思われていたぐらい、一緒に過ごした同じ歳の従妹。
今でもとても仲が良い。

彼女の結婚式には、自称「親戚」と名乗る人が大勢押しかけてきて、
本当に愉快な時間だった。
戸籍も血縁も関係なく、たくさんの人に愛されている彼女が誇らしかった。

我が一族は、家族の距離感が遠くて近い。
みんなバラバラで好きなことをやっているけれど、
叔父叔母とか従兄弟とか、一般的に「親戚」といわれるくくりよりずっと、
それぞれが近いところにいる。
いざという時に、これほど心強い存在はいない。

先日叔父が他界した。
最期のお見送りに行けなかったことが、たまらなく寂しい。

絶対家族だから。
きっとまた会える。

52


When I went to the house of my aunt, she showed me photos of my cousin
and me.
We had been thought as twins at childhood since we were same age.
we spent together for a long time, and we still have very good relationship.

Her wedding, many people claiming to self-proclaimed "relatives" visited there.
It was a really pleasant time.
I was very proud that she was loved by a lot of people, without any relationship
by Family register also kin.

My family is very close of distance of the family.
Though everyone is doing whatever each want in the disjointed,
Uncle aunt or cousin, commonly referred to as "relatives",
are in a closer.
In case of emergency, they are very reassuring presence.

My uncle passed away the other day.
I felt unbearably lonely I could not go to say bye to him of the last moment.

Because we are absolute family,
We will surely meet again.

55


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

週末、いつものようにアップステートからマンハッタンに帰る。
夕闇が迫った頃から、雪が降り出した。

先週末からサマータイムが始まり、日本も春分の日だというのに。
まだしばらくは、ダウンジャケットをしまえない。

東京は、桜の開花宣言。
ニューヨークの春は、はるか遠い。

43


Weekend, as always I headed from the upstate to Manhattan.
From the time that dusk was approaching, it began to snow.

Daylight saving time has begun at the end of last week.
Today was the day of the vernal equinox in Japan.
Still for a while, I should keep a down jacket on my side.

Tokyo announced the flowering of cherry blossom.
Spring of New York has not come yet.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

32


このブログを立ち上げるキッカケとなったのが、
前職場の先輩、重太みゆきさんとの交流だった。
林真理子さんのエッセイにも度々登場する名物チーフパーサーのもと、
充実した、厳しくも楽しいフライト生活を共にした。

みゆきさんと束の間の逢瀬を企みつつ、当時のメンバーに声をかけたら、
あっという間に皆さんが集まってくださった。

東京の雑踏に紛れた、大好きな空間で、
大好きな人たちと分かちあう時間。

右も左も分からない世界に飛び出した時、
海外を普通に歩き回る先輩達が凛々しくて、
とにかく必死でついてまわったことを思い出す。

日本のおもてなしの心を世界に伝えよう。
私の原点がここにある。

26


The exchange with my senior of my previous company, Ms. Miyuki Shigeta,
became the opportunity to launch this blog.
We had a severely also a fun flight life, with a special members, leaded by
a famous chief purser that often appear to Mariko Hayashi essay.

While planning our fleeting tryst, I asked other members.
Quickly everyone gathered on the day.

Though there had the bustle in Tokyo, it was my favorite space.
It was time to share with the people who love.

When the right was also jumped out to the world that do not know the left,
My seniors looked very dignified overseas.
I tried to learn from them from the morning to the night.

I want to convey the heart of Japanese hospitality to the world.
My origin is here.

48


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

57

Next

32


3月17日、アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日。
「緑の日」とも呼ばれ、緑色のものを身につけてお祝いする。
マンハッタンでは大きなパレードが行われた。

市民が騒ぐバーを見張る警察官。
彼らの胸にも緑色のネックレス。
異国の地にいると、みんな祖国愛が高まる。

今夜はきっと朝まで市民の騒ぎ声が街に響く。

58


March 17 is the death anniversary of St. Patrick who spread the Christianity
to Ireland.
Also referred to as "Green Day", to celebrate wearing a green thing.
Today, a large parade took place in Manhattan.

Many citizens are gathering at the bar tonight.
Police officers have green necklace also to their chest.
Being in a foreign land, it increases everyone motherland love.

Commotion voice of citizens will sound in town until the morning.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

六本木近くの閑静な住宅街に、その隠れ家はあった。
かつて他でレストランをされていた御夫婦が、
究極のおもてなしをお披露目する見事なスペースだった。

お客様の御希望に合わせて、様々な種類の料理を提供するという。
シェフが腕をふるい、奥様の品あるトークが彩りを添える。

日本は素敵だな、そう思える時間と空間。
御紹介下さった友人にも、感謝を込めて。

37

01

22

19

32


In a quiet residential area near Roppongi, there had its secret restaurant.
By a couple who had been a restaurant at the other place,
It was a stunning space to show off the ultimate hospitality.

According to the customer's hope, they provide a wide variety of cuisine.
Chef cook stunning food, ma'am's talk add the color to them.

It was time and space that I thought Japan was amazing.
I appreciate my friend who took me there.

50


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

14
Next

日本滞在中に体調を崩し、
ニューヨークに戻った直後にERに運ばれた。
子供達の付き添いで何度か経験はあるが、
重篤患者の後回しにされて、待つ時間の長いこと。

タチの悪いウィルスに身体が負けた。
自己管理責任を自問する。

美味しい御飯や、幼少の思い出ばかり懐古されるのは、
心も弱っているせいだろうか。
早く日常に戻らなくては。

20


I was sick during my stay in Japan,
And I was taken to the ER immediately after returning to New York.
I had several times experience to go there with kids,
There had long waiting time since there were critically ill patients.

My body has been sick by bad virus.
I asked the self-management responsibility.

I was reminded the delicious meal and old days memories of childhood.
I wondered my mind was also weak.
Now I should return to the daily life.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

20


安倍首相夫人主催の東北支援イベントのなかで、
「ラ ベットラ ダ オチアイ」の落合務シェフと「SOLA」の吉武広樹シェフ、
世界で活躍するお二人が腕をふるまう宴の席が企画された。

山形の幸をふんだんに取り入れた夢の共演に、
いろんなジャンルのゲストが彩りを添える。

「フードと音楽」「アートと音楽」は結び付けやすいけれど、
「フードとアート」は、共に視覚を刺激するから、
同時に楽しんでいただくためには、とても慎重な段取りが必要になる。

当日までにたくさんのディスカッションを繰り返し、
ようやくその一瞬を迎えた時にはもう、次の場所を見ている。

そこに開花した皆様の笑顔が、何よりのエネルギーになる。

08

58

39


There was the Tohoku support event, which was organized by First Lady
of Abe Prime Minister.
A collaboration dinner party of two chefs who are active in the world, Chef
Tsutomu Ochiai (LA BETTOLA DA OCHIAI) and Chef Hiroki Yoshitake (SOLA),
was planned before the ski event.

To the co-star incorporating plenty food of Yamagata,
Various genres guests add the color.

"Food and Music", "Art and Music" is easy to connect.
Because stimulate the visual together,
"Food and Art" is necessary to very careful setup in order to enjoy at the same time.

Though we repeat a lot of discussion until the day,
When we greet the moment finally, we should watch the next step.

The smiles of everybody at the venue bring us all the energy.

09

38

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

48


世界的な商談会のレセプション会場で、
外国人ゲストを前に、日本で一番美しいシーンを描く。

シンプルに大胆に。
力強い「赤富士」が、オープニングを飾った。

ここからもずっと、走り抜けていこう。

48

15


The venue was the reception of the global business meetings.
In front of the foreign guest, he drew the most beautiful scene in Japan.

It was simple and bold.
Strong "Red Fuji" decorated the opening.

Let us move forward from here to the future.

28

09


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

52
Next

遠い世界で起こった出来事だと放置された。
気が付けばいつも取り残された。

それぞれの日常が流れていく。
時間尺の違いは共有できない。

私だけが、その息吹を知っている。

35


He thought it was event that occurred in the distant world.
Always I was left behind.

Everyday go flow separately.
The difference of the time scale cannot be shared.

The past cannot be changed.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

開業から10年以上が経った今なお、連日予約でいっぱいの人気店で、
月に一度だけ、密かに開宴される夢のディナータイムがある。

エグゼクティブシェフ前のカウンター8席に座った人だけが、
その特別なチケットを手にすることができる。

他のシェフらが慌ただしく動き回るオープンキッチンを目の前に、
彼らが生き生きと働く姿までもが、風情ある酒の肴になってしまう。

前菜からデザートまで15皿は、すべて日本の誇り。
私たち以外は、ほぼ外国人のお客様ばかりで、
それがこの店の人気が継続している理由なのだと改めて思う。

1年先まで予約をしていくリピーターもいるなかで、
運良く空いたスポットに入り込むのは、至難の技だけれども、
次のごほうびのために、また明日から頑張ろう。

02

16

48

18

15

57

13

47


There is a popular Japanese brasserie that is full of the daily reservation
more than 10 years.
Only once a month, they have a dream dinner, which is held secretly.

Only 8 persons who sit on the counter in front of the executive chef can get
the special ticket.
You can see the open kitchen where other chefs et al move around hurriedly.
Their figure that works with vigor and enthusiasm becomes secret ingredient
of the plates.

15 dishes from appetizers to desserts are all the pride of Japan.
Except us, customers were almost foreigners.
I thought it was a reason that the popularity of this shop continues.

They have repeaters who make reservations up to one year in advance.
Though it is very difficult to get the spot,
For the next reward, also I will work hard from tomorrow.

39

25


EN Japanese Brasserie

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next