Archives

2016年04月

41

03


親戚の子が留学しているボーディングスクールを訪ねた。
とても近しい従姉の息子だから、生まれた時からよく知っている。

留学先を決めるために、従姉と一緒に学校視察をした3年前が、
つい先日のようだったのに。
学校の寮で生き生きと暮らす彼の様子を見ていたら、
子供の成長は、本当にあっという間だと感じた。

たくましくなった。

大自然に囲まれたキャンパスのなか、
広大な運動場や設備の豪華さに驚くばかり。
街中では得られない体験が、ここで生まれる。

この中で、たくさんの感性が育まれる。

11

15

08


I visited the boarding school, which my relatives have studied abroad,
near to Boston.
Since he is son of the very close cousin, I have known him well from
the time of birth.

I visited the school with my cousin in order to determine the study abroad
destination for him.
I felt it happened recently but it was three years ago.
I looked at his appearance who lived vividly in the school dormitory,
I felt children's growth was really fast.

He became strongly.

Among the campus surrounded by nature,
A vast playground and luxury equipment were awesome.
A great experience will be born here, not be obtained in the city.

In this, a lot of sensibility will be nurtured.

00

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

55


きっと日本人が思っている以上に、海外から「日本」は注目されている。
日本の政治経済以上に、日本の歴史文化に関心がある。
その文化やアートに触れる機会を、両手を広げて待っている。

マンハッタンの小学生400名が見守るステージに、
天から龍が舞い降りてきた。
歓声と拍手で音楽が聞こえない私は、一人ドキドキしていた。
ノリノリの子供達の勢いと共に、会場は高揚感でいっぱいになる。

絵の輪郭が出てくると、待ちきれずに手を上げる。
ステージに呼ばれた子供達に、ジェラシーを投げつける。
スプラッシュの瞬間に、一緒に掛け声をかける。
「宿題もちゃんとして」という言葉に、ブーイングする。
MCの誘導を聞かないまま、拍手と大歓声を送る。
サインをねだり、もみくちゃにする。

感じたものをそのまま表現する子供達の真っ直ぐな反応に、
これまでにない新鮮な驚きがたくさんあった。
感性をアウトプットする手技を、たくさん持っている子供達。
これこそが、感性を育む最高の場面。
アメリカってすごいな、素直にそう思った。

「やって良かった」
アーティストも、全身で子供達のエネルギーを感じたことだろう。
きっと、心はすでに次の場面を思い描いている。

59


More than you are surely thinking, "Japan" has been attracting attention
from abroad.
Most of American people are interested in the history and culture of Japan,
more than the political economy of Japan.
They are welcome the opportunity to come into contact with the culture and art.

On the show stage of the elementary school in Manhattan,
A dragon from heaven came down in front of 400 students.
I was pounding since I could not hear the music in the cheers and applause.
With the momentum of children, the venue was filled with elation.

They couldn't wait to raise hands when the outline of the painting came out.
They hurled jealousy to the children who were called to the stage.
They shouted together "Hey! Hey! " at the moment of the splash.
They did booing to the word "do your homework".
They applauded and cheered loudly, without hear the induction of MC.
They chased the artist to beg the autograph.

As we felt a direct reaction and expression what they felt,
There was a lot of unprecedented fresh surprise.
They knew many ways to express their sensibility.
This was the best scene to nurture sensibility.
This was one of amazing part of the US, I thought obediently so.

"I was happy I did it."
The artist might felt the energy of children throughout the body.
And then surely, his mind has already imagined the following scene.

41

11

10


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

07

Next

ニューヨークに来る人は、忙しい。
出張でも観光でも、みんなスケジュールをいっぱいに詰めている。

一緒の現場で働くことがなくなると、連絡も途絶える人が多いけれど、
人の繋がりを大事にしている人には、同じ匂いを感じる。

忙しい出張前に、慌ただしく連絡をくれた友人。
「美香さん、会いたい」
私は二つ返事で予定を調整して、束の間の逢瀬を懐かしむ。

会いたい気持ちが、人を繋ぐ。
会いたい気持ちが、心を繋ぐ。

29


People who come to New York are busy.
Everyone is packed schedule, even though they come for a tour or a
business trip.

There are many people who never keep in touch, when it is no longer
working in conjunction.
But I feel the same smell for those who have to take care of the connection
of people.

Before a busy business trip, a friend gave me a hurriedly contact.
" Mika, I want to meet you."
I adjusted the schedule in the immediate reply, and enjoyed the meeting.

Feeling that I want to meet, is connecting the people.
Feeling that I want to meet, is connecting the heart.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

13


私の好きな、夏の雲が広がる。
青空にぽっかり浮いたそれは、幼い頃の思い出と重なる。

いつもどこかに置いていかれそうな気がして、
必死で手を繋いでくれる人を探していた。

繋いだ手が、勇気をくれる。
そっと手を離して、一人で歩くのを見守る。

夢を思い描けば、夢は叶う。

16


There were my favorite summer clouds.
It was floating in the blue sky, overlapping with the memories of childhood.

I was always scared that people leave me.
I was looking for someone who connected hand.

Hand that connected, give us the courage.
I gently release the hand, and they walk alone.

If you can dream it, you can do it.

21


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

JFK空港のゲートで、主役が到着するのを待っている。
きっといつものことだけれど、
たぶん、私の方が本人よりも緊張している。

フロリダまで乗り継いで、深呼吸。
誰もの夢が叶う場所だから、
きっと大丈夫。

24時間勤務の続編が幕を開けた。

21


At the gate of JFK Airport, I was waiting for the hero's arrival.
I was always sure.
Maybe, I was more nervous than him.

We took transit flight to Florida. and then I took a deep breath.
We stood where dreams come true.
So we would be OK.

Sequel of the 24-hour work has started.

21


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

34
Next

29


世の人が「ニューヨーク」というと、
そのほとんどはニューヨーク市内の5地区を指す。
マンハッタン、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、スタテンアイランド。

しかし本当のニューヨーク州は、はるかに大きくて、
ニューヨーク市郊外の北部は、アップステートと呼ばれる。

娘の学校があるアップステートは、マンハッタンから片道100マイル。
天気予報を見ても、気温が5度近く違う時もある。

アップステートに、ようやく春がやってきた。
殺風景の枯れ野原、木々の先端に蕾を見つけて、心がほころぶ。

春の短いニューヨークは、ここから夏までがあっという間。
娘の手を引きながら、被災した祖国を想い、歩いた。

02

06


When people refer to as "New York",
Most of which refers to the 5 borough of New York City.
Manhattan, Queens, Brooklyn, Bronx, Staten Island.

But the real New York State is much larger,
The northern part of New York City suburb is referred to as Upstate.

Upstate where my daughter's school located is 100 miles away from Manhattan.
According to the weather forecast, the temperature is near 5 degrees different
between Manhattan and Upstate.

In upstate, finally spring has come.
I was joy when I found the bud at the tip of the trees at the withered field.

Because spring of New York is very short, summer will come soon.
While I walked with my daughter, I thought what I could do for my homeland.

17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

09

52


従姉の同郷の友人から出展の御案内をいただいて、
ART EXPOに行ってきた。
ハドソン川のすぐ近くにある国際展示場は、すごい人出だった。

世界中からアートコレクターが集まって、
至る所で商談をしている。
個性豊かなアーティストや画商さんの話を聞くのは面白くて、
気がつけば、私もその輪の中に惹きこまれていった。

かつてEXPOは、美術館同様に観賞用だけだと思い込んでいたけれど、
今は少しだけ手の届きやすい場所にいる自分に気づく。

アーティストが世界の中心で羽ばたく場所。
後ろからのサポートなら、きっと出来る。

ハドソン川にかかる橋が、夢を叶える大きな虹に見えた。

39

55


I went to the Artexpo New York, to see the art works of my cousin's friend.
Pier 94, International Exhibition Center located in the immediate vicinity of the
Hudson River, was a great turnout.

Many art collectors from all over the world had a business talk.
It is interesting to hear the story of unique artists and art dealers.
If noticed, I also began to be immersive in its world.

For me, EXPO was for the ornamental just like museum.
But now I felt that I got in little easily reachable location.

It is a stage that artists challenge to the center of the world.
I would be able to support them from behind.

Bridge over the Hudson River was looked as a large rainbow to fulfill the dream.

08

50

30

53

53

27


現代アート作家 杉本行治 公式HP

08

41


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

私は人の名前を覚えるのが苦手で、
かつて一緒に仕事した同僚も、顔を合わせるまで思い出せないことがある。

待ち合わせは、ウェストビレッジのレストラン「Saikai」。
少しドキドキしながら、親友と一緒に主役の登場を待つ。

会った瞬間に、止まっていた時間が流れ出した。
「再会」の名にふさわしい料理の演出。
次々とサーブされる和食の数々、日本酒とのペアリング。

ニューヨークにいることを忘れそうな空間で、
これからもたくさんの「再会」が生まれていくのだろう。

52

37

53


I am not good to remember the name of the person,
There is a thing I do not remember even colleagues who worked once before
until the face-to-face.

It would be happened at the "Saikai" restaurant in West Village.
While a little pounding, I was waiting for the appearance of the leading role
along with my best friend.

At the moment we met, the time was re-flowing.
They served good food for "Saikai/reunion".
There were a number of Japanese food that were served with "pairing with
the sake"

It is a space that you likely forget you are in New York.
A lot of "reunion" will happen there.

55

45


"Saikai" Restaurant in New York

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

53


Next

いつもより少し早く寝た翌朝、3時半に目が覚めた。
一度起きたら、二度寝は出来ない性分だから、
この時間を独り占めしようと考える。

ようやく白みがかってきた東の空に、想いを託す。
今日も良い1日でありますように。

摩天楼が静かに見守っている。

31


The next morning I went to bed a little earlier than usual, I woke up to 3:30 am.
I cannot sleep twice once I wake up.
So I think of trying to monopolize this time.

To the east of the sky before the sunrise, I commit feelings.
I hope today will be good day.

The skyscrapers are there in silence.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

旅行好きの両親は、一道一都二府四十三県を二巡以上しただろう。
その土地を知り、歴史を知ることが、日本を知る原点だと。
知らない土地に行きたい、知らない人に会いたいという好奇心を、
私も確実に受け継いでいる。

社会人になって初めて、加賀の国を訪れた。
教科書で見た金沢城と兼六園がそのままそこにあった。
期待していた雪吊りがなかったのは、暖かい冬だったからだろうか。

そこで見た染物の色が、とても印象的だった。
紅、紫、緑を主体に、草花や鳥などの自然が、優しい色で描かれていた。
京都から加賀の国に渡った染色技術を、初めて肌で感じた。

山田みどり氏のデザインが、加賀友禅の帯に生まれ変わった。
ジャズのリズムを奏でるように、多彩な色で描かれるロンダは、
流麗な図案調の京友禅と、写実絵画調の加賀友禅の融合。
「はんなりと優しい色あい」という言葉がぴったりだった。

この帯を纏ってニューヨークの街を歩いてみたい。
世界にもっと、日本の技術と日本人の素晴らしさを伝えたい。

05

58


My parents love to travel very much, and travelled more than two rounds
in Japan.
It was to know the land, the history, and the origin of Japan.
It was to go to unfamiliar land, and the curiosity that want to meet people
who do not know.
I have also inherited it surely.

I visited Kaga country when I worked in Japan.
Kanazawa Castle and Kenrokuen, which I saw in the textbook, were there
as it is.
There was not "snow hanging" that I expected, I thought because it was
a warm winter.

I was impressed by the color of the dyeing that was seen there.
Natural as flowers and birds, had been painted in soft colors, red, purple,
green, and so on.
I met the dyeing technology that was extended to Kaga from Kyoto for the
first time.

Midori Yamada's design was reborn in a Obi (belt) of Kaga Yuzen.
As to play the jazz rhythm, her "Ronda" was drawn with colorful color.
I think it is fusion of Kyoto Yuzen and Kaga Yuzen.
It was just match the word "To gentle shades as Hannari" .

I want to walk the streets of New York wearing this Obi (belt).
More to the world, I want to tell the wonders of Japanese technology and
Japanese.

23

帯の原画となった山田みどり氏のロンダ

14

昨年は加賀友禅の半襟を制作。今夏は着物も登場予定。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

10

作品をプロデュースしてくださった加賀友禅大使の彦田佳子さん。

02

07


*山田みどり氏のウェブサイト。

*友禅作家、宮腰一惠さんのブログ。

*加賀友禅について。





Next

21

30


北風の冷たい、日曜日の昼下がり。
かつて一緒の職場で働いていた仲間たちと再会した。

それぞれが別々の道に進んでから、ずいぶん時が経つけれど、
このメンバーで同時に会う機会が、なかなか作れなかった。

店舗立ち上げ当時の思い出話から、他のメンバーの近況まで。
何を話しても、とにかく楽しかった。

出会った頃の初々しい姿を思い出し、
その成長に目を細める母親か姉の気持ちで話を聞く。

私は先を行く先輩を追いかけるのも大好きだけれど、
こうやって慕ってくれる後輩たちが、それはそれは可愛くて。

互いの環境が変わっても、一緒に歩いてきた軌跡は永遠だから。
これからも、丁寧に繋いでいきたい宝物。

03


It was very cold, Sunday afternoon.
I was reunited with fellow who worked in conjunction at same workplace.

From in each progressing to separate ways, much time went by.
We didn't have an opportunity to meet at the same time with this member.

We enjoyed the conversation about the reminiscences of the restaurant open,
and the recent state of the other members.

I remembered their innocent and fresh appearance of the time we met first.
I listened the story of their grown with the feeling of mother or sister.

Though I would love to follow the senior,
I also love take care of juniors who yearn me.

Even though each environment changed, we had same trajectory we walked together.
It is the treasure that I want to connect to the future, politely.

45

55

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

入社式、エイプリルフール、お花見。
日本からたくさんのニュースが飛び込んでくる。

年度末や春の訪れに時差を感じつつ、
一年で一番日本を恋しく思う季節がやってきたと思いを馳せる。

桜の木の下で、たくさんの出会いと別れがあった。
何があっても、春の再来を思うと、胸が高鳴る。

この春も、また新しいことに挑戦してみよう。

24


An initiation ceremony, April Fool's Day, Cherry blossom viewing.
We received a lot of news from Japan.

While I felt the time difference at the year end and spring,
I thought that the season when I missed Japan the most in a year came.

Under the trees of cherry blossom, there were a lot of meeting and farewell.
Anyway, when spring comes, I am so excited.

This spring also, let me try new things.

34


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next