Archives

2016年05月

13226640_10154385640824928_4236370285535189972_n


卒業式の前夜、エンパイアステートビルが紫の光を放った。
マンハッタンの象徴が、ニューヨーク大学の色に染まる。
こんな粋な計らいが、いかにもニューヨークらしくて好き。

学年全体の卒業式は、ヤンキーススタジアムを借り切って、
学部別の式は、ラジオシティーで執り行なわれた。
こんなに豪華な卒業式は見たことがない。

我が家で食事した後に、図書館に戻ってレポートを仕上げる。
卒業式前日までファイナル試験が続く。
この2年間、アメリカの学生の勤勉さを、ひしひしと感じていた。

家族の一員、そして大切な友人である彼女が帰国するのは
たまらなく寂しいけれど、
ここは精一杯の笑顔で、その努力を讃えたいと思う。

卒業おめでとう。
我が家に花を咲かせてくれた彼女を、ずっと応援し続けよう。

13221607_1035833213168950_5217057021908516249_n


The eve of the graduation ceremony, the Empire State Building turned a
purple color.
Symbol of Manhattan, was dyed by the color of the New York University.
I loved this New York style, stylish good offices.

Graduation ceremony of the entire school was their exclusive use of
the Yankee Stadium.
Faculty another formula was done at the Radio City Hall.
I've never seen such a gorgeous graduation ceremony.

She went back to the library to finish the report after the meal at my home.
Final test continued until the day before graduation ceremony.
I was reminded the hard work of the American student over the past two years.

She is a member of my family, and an important friend.
I feel irresistibly lonely that she is to return home soon.
But now, I want to praise her efforts in my best smile.

Congratulations on your graduation.
I will continue to support you all the way forever.

25

06


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

09-1


Next

23


加賀の国を訪れたくなったと言ったのは、つい先月だったか。
御縁あって、石川県の秘境を訪れることになった。

行きは飛行機、帰りは新幹線。
打ち合わせをしながらの移動、情緒ある旅には程遠い。

それでも、たくさんの緑のシャワーを浴びて、
私の身体は光合成に忙しかった。

駆け足で巡る日本、たくさんのエネルギーを直に感じる。
そのパッションが、日常の糧になる。

42


I said I wanted to visit Kaga last month.
By the good timing, I visited the unexplored region of Ishikawa Prefecture.

I went by flight, and returned via Shinkansen.
We had meeting on the way, it was far from the emotional journey.

Still, I bathed a lot of green shower,
My body was busy in photosynthesis.

I felt a lot of energy at Japan visit.
The passion will become a power of everyday.

39


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

46

42


トニー賞候補にもなった渡辺謙が帰ってくる!

たった7週間の復活公演はいつも満席。
そのうち熱が覚めるだろうと思っているうちに
公演の最終日が近づいてしまった。

ふと話題にしたら、親友がチケットを贈ってくれた。
彼の従弟が、渡辺氏の海外マネージャーという奇跡の御縁。

3時間の台本を英語で覚えるだけでなく、
アメリカ人をあれほどに笑わせてしまう演技力は圧巻。

バックステージには、たくさんの汗と涙が染み付いていた。
遠い世界の人なのに、手の届く距離にいる不思議。
これぞニューヨーク。

53

27-1

26

16


Tony Award candidate, Ken Watanabe will come back!

Seven weeks revival performances were always fully booked.
While I thought I'd get ticket soon,
The last day of the performances had approached.

Suddenly I was gave the tickets by my old friend in Japan.
I found his cousin was Mr. Watanabe overseas manager.

He played 3 hours in English perfectly.
I admired he acted to make Americans would laugh so much.

To the back stage, I saw a lot of sweat and tears were ingrained.
The distant world man was in spitting distance.
That was New York.

19


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


Next

バスキア


バスキアの絵画が57.3ミリオンドル(63億円)で落札された。
そのニュースが世界を駆け巡った当初、
落札者はアジア人、中国の富豪と報道された。

昨秋のオークションビューイングを御一緒させていただいた時、
カルダーやアンディーウォーホルの作品を食い入るように見入る姿は、
感性を真っ直ぐに打ち出す子供のように無垢だった。

千葉近郊に美術館が創設されるという。
思い描けば、夢は叶う。

アートにまた新しい歴史が刻まれた。

46


Painting of Basquiat had been successful bid at 57.3 million dollars (6.3 billion yen).
When the news has crisscrossed the world,
Successful bidder had been reported Asian people, China's richest.


I attended with him to the auction viewing of Christies last fall.
He was very innocent as if he was a child who express the sensibility straight,
when he watched to devour the works of Calder and Andy Warhol.

The art museum will be founded in Chiba.
If you have dream, dreams come true.

New history of art has been engraved.

04


*掲載写真の無断転載を禁じます。©現代芸術振興財団
©Contemporary Art Foundation

クリスティーズオークション記事

日経新聞

Christies Article

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

09


かつてのアーティストは、地味で緻密な制作過程を
あえて他人の目にさらすということは少なかっただろう。

現代のライブパフォーマンスは、スピードとテクニック、
そして見ている人を飽きさせない、個性が求められている。

ニューヨーカーは流行りものが大好きで、
いつでも新しい話題を探している。

そしてどんな個性も受け入れてくれる。
だからこそ、誰もがチャレンジできる可能性があるのだ。

日本で考えられないことが起こりうる街。
それがニューヨーク。

54


Former artists didn't have many opportunities that they showed a sober and
dense production process to people.

Modern live performance has been demanded speed and technique.
And audience requires the artists' individuality they do not get bored.


New Yorkers love fashionable things.
They are looking for a new topic at any time.

And they accept any individuality.
That's why everyone is able to challenge.

Here is the city where it may occur that cannot be considered in Japan.
This is New York.

43

24


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

24
Next

05


寄付金を募ったり、バザーを開催したりする。
日本の学校におけるファンドレイズといえば、そのあたりが主流だろう。
米国では、公立の学校でも、大々的にそれを募集する。
なかでも、学校ごとに開催するファンドレイジングキャンペーンは、
予算が増えれば、教師の数や教育内容に直接響くからと、
父兄は必死に我が子の学校の品質向上のために尽力する。

週末に開催された、マンハッタンの小学校でのオークション。
豪華なパーティー会場に、ユニークな出品が勢ぞろい。

スペインのワイナリーツアーや、ブロードウェイミュージカルのバックステージ見学。
NBAやNFLのチケットは、選手とのプレ練習に参加できる特典付き。
マンハッタン超人気レストランの予約が取れる権利。
我が子の描いた絵が、校内誌面の表紙を飾る。
お気に入りの先生とのパジャマパーティー。

どのロットも、驚きの高値で落札される。

卒業式で父兄席の最前列2席を確保できる権利は850ドル。
学校の屋上で50名のワインパーティーを開ける権利は6300ドルで落札された。

ロット数800以上を超える出品に盛り上がる土曜の夜。
この一晩で数10万ドルのファンドが集まり、
また来年度の教育費予算にあてられる。

これぞニューヨーク。これぞマンハッタン。

38



Soliciting donations, or to hold a bazaar.
Speaking of fundraising in Japanese schools, these will be mainstream.
In the United States, the public schools recruit it in a big way, same as
private schools.
Among them, fundraising campaign is to be held in every school,
Because it reflect directly to more budget, educational content, and the
number of teacher,
Parents will be committed for desperately improve the quality of school
of child.

A fundraising auction was held at the elementary school in Manhattan on
the weekend.
At the lavish party venue, unique exhibits were studded.

There were Spanish winery tours and, backstage tours of the Bro-de-way
musical.
The NBA and NFL tickets, with benefits that can participate in the pre-practice
with the players.
The right can be taken the reservation of Manhattan super popular restaurant.
Paintings of their child decorate the cover of the school magazine.
Pajama party with the favorite teacher.

Every lots were successful bids in the high price of surprise.

The right to secure 2 seats in front row of parents seat at the graduation
ceremony was priced 850 dollars.
The right to open a wine party of 50 people on the roof of the school had
been successful bid at 6,300 dollars.

People enjoyed Saturday night, with exhibits of lots 800 and more.
The school gathered a lot of fund in one night,
Also they devoted to next year's education budget.

This is New York. This is Manhattan.

04


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

12
Next

早朝ヨガに行く時に、ドアマンに声をかけられた。
「Happy Mother's Day !!」

帰りにスーパーに寄ったら、レジスタッフが微笑んだ。
「Happy Mother's Day !!」

自宅に戻ったら、子供達が抱きついてきた。
「Happy Mother's Day !!」

今日は1日、何だか笑顔でいられる。

世界中のママたちへ。
「Happy Mother’s Day !!」

28


When I went yoga class early in the morning yoga, I was told by the doorman.
"Happy Mother's Day !!"

When I went the supermarket on the way home, the casher staff smiled to me.
"Happy Mother's Day !!"

When I returned home, my kids gave me big hug.
"Happy Mother's Day !!"

Today, I smile through the day.

To mothers around the world.
"Happy Mother's day !!'



ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

30


友人が教授を務めるノースイースタン大学を訪れた。
ボストン美術館のすぐ近くに、こんなに素敵なキャンパスが広がる。

全米大学ランキングのトップ50以内、いわゆる名門校。
街中なのに緑が多い環境に、私自身の母校を思い出した。

今年は春が遅くて、今でもダウンを着ている。
春の短い土地、風情のない季節の移り変わりは、
ノスタルジーな思いを連れてくる。

33


We visited the Northeastern University to see our friend who serve as
a professor.
At the immediate vicinity of the Museum of Fine Arts, Boston, it was
very nice campus.

Within the top 50 of the university rankings in the U.S., it is so-called
prestigious school.
The green environment even though it is in the city, reminded me the
alma mater of my own.

Since the weather is still cold, I wear down jacket even now.
As spring is very short, there is no four seasons here.
It brings me nostalgia thoughts.

35


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

35
Next

27


薄暗い螺旋階段をのぼる。
閉所恐怖症の私は、胸がざわざわする。
永遠に出口の見えないトンネルに佇んでいる気分になる。

睡眠中の夢はあまり覚えていない。
けれども、どうしても目覚めてしまうトラウマ的な夢が二つある。

前職場で遅刻して、飛行機に乗り遅れた。
上司と代わりに乗務してくれた同僚に謝罪して、始末書を書いた。

試験前夜に一夜漬けするつもりがうたた寝してしまい、
目覚めたら試験会場で呆然としていた。

どちらも現実ではないが、それに近い体験がトラウマになっている。
必ずうなされて、自分の声で目覚める。
ハッと現実に戻り、夢であったことにホッとする。

人生のトンネルに迷い込んだ時も、
いつか必ず光の出口が見つかると信じたい。

頂上から見下ろしたボストンの街は、清々しかった。

43

31

03


I climbed the dim spiral staircase.
For me of claustrophobic, chest was noisy.
I became a mood I was standing in the tunnel that had invisible exit.

I do not remember dream too much during sleep.
However, I have two traumatic dreams that inevitably wake me up.

At the previous workplace, I missed the plane.
To my boss and colleagues who had flight instead of me, wrote a letter
of apology.

I was going to study just before the test, but I ended up nap.
I was stunned at the exam site when I woke up.

Both were not in reality, but close to it experience was in the trauma.
Always nightmare, I woke up in my own voice.
I returned to reality, and was relieved to it was a dream.


When I wandered into the life tunnel,
I want to believe that I can find the light of exit someday.

Boston city that I looked down from the summit was fantastic.

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

56

Next

25

06


初めて訪れたのは90年代後半だったろうか。
いつも慌ただしい訪問で、ゆっくり観光したのは15年ぶりだった。

アメリカの歴史を学んだ長男が、たくさんガイドしてくれた。
フリーダムトレイルを歩き、ポールリビアの功績を知る。
バンカーヒル記念塔で、294段の階段を上る。

立て続けに友人が引っ越してきたり、アート関係者と知り合ったり。
このところ、ボストンの地に御縁がたくさんある。

石畳の街を再訪するのが楽しみになった。

30

42


I remember the first visit was the second half of the 1990s.
Since it was always hectic visit, the town tour was the first time in 15 years.

Eldest son who learned American history, guided me a lot.
We walked along with the freedom trail, and I learned the achievements of
Paul Revere.
At the Bunker Hill Monument, we climbed 294-step of stairs.

My friends moved to Boston in quick succession, or I have acquainted with
Art director.
Recently, I have a lot of connection to the land of Boston.

To revisit the cobblestone town becomes fun.

16

57

02


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

37

Next