Archives

2016年06月

28

37


「無印良品」は、海外では「Muji」ブランドとして大人気。
日本で活躍する陶芸作家とその作品を紹介する「佇まい展」には、
日本文化を愛するニューヨーカーがたくさん訪れた。

イベントに先立って、実際に食器を使用した試食とメディア撮影。
場所は、ハナミズキカフェ地下にできた新しい空間。

大好きなおさぼりスポットは、なるべく秘めておきたいけれど、
ここからまた新しいブームが広がると思うと、ワクワクする。

33

42


"Mujirushi Ryohin " is popular as "Muji" brand in the overseas.
"Tatazumai-Exhibition" at Muji was the event to introduce Japanese famous
potters and their works,
Many New Yorkers who love the Japanese culture has visited.

Prior to the exhibition, there was an event using the actual tableware, and
media shooting.
It was held in the new space of the basement at Hanamizuki Cafe.


I love this secret spot, and want to keep in mind.
But I am also excited that the new boom will spread from here.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Hanamizuki Cafe, Event Space is now opened.

13




Next

13533022_10154235011689705_2971692158251860120_n

13533052_10154235011594705_1218269977122419806_n


フロリダで起きた銃乱射事件は衝撃的だった。
同性愛者の集まるバーで、テロ(恐怖)と憎悪(ヘイト)が爆発した。
あまりにも多くの命が、一瞬にして奪われた。

週末のニューヨークに、GLBTQ (ゲイ、レズビアン、バイ、性転換者、その他)を
支持する20万人が集約した。
「銃社会に反対する」というスローガンを掲げての大行進。

同性愛者というだけで、命を奪われる。
むしゃくしゃしていたという理由で、発砲する。

銃社会で生きる覚悟を、自問している。

13529121_10154358304548112_7918284574447974819_n

13494946_10209577865264861_7798966432539741311_n


Shootings that occurred in Florida was shocking.
The hatred and terror (fear) (hate) exploded at the gay bar.
Too many lives were taken away in an instant.

On last weekend, 200K people who support GLBTQ (Gay, Lesbian, Bi,
Transsexuals, etc.) has been aggregated in New York.
There had the big march with the slogan of "against gun".

Many lives were deprived because they were gays.
He shot because he was irritated.

We have to prepare to live in a gun society.

13532848_10154235011939705_7308320678863081409_n

13533293_10154235011759705_7701759710242377386_n


© Gay Pride Parade
© Izumi Harada

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

13510901_10154359753748112_7700998770779676503_n

13516722_10154359753758112_6875599825500321670_n (1)

Next

友人の御自宅にお招きを受けた。
いそいそと出かけて行ったら、私の誕生会だという。

こんな心遣いが、たまらなく嬉しい。
彼女らがいてくれるから、私はまだここで生きていける。

06


I was invited to the home of my girl friend.
When I went to there cheerfully, I was noticed that was my birthday party.

This thoughtfulness was irresistibly happy.
Because they are here, still I can live here.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

55


乗務員時代、ニューヨークに住むアーティストと仲良くなった。
自宅兼アトリエのロフトが、チェルシー地区にあった。
日中は制作活動に打ち込み、夜になるとクラブに出かける。
ワインが好きで、仲間達とよく飲んでいた。

初めて連れて行ってもらったワインオークションは、
そこらじゅう大人の匂いが漂っていたのに、
意外と敷居が低くて驚いた。
仲間とお金を出し合って、憧れのワインにビットもできる。
あの頃は背伸びすることが、心地よかった。

久しぶりに、ワインオークションにアテンドした。
厳かな雰囲気の中、オークショニアが淡々とロットを読み上げる。
お客様が狙い通りに落札すると、私もやはり気分がいい。

その制作秘話や歴史も、ワインの魅力のひとつ。
世間体でなく、自分自身が誇れる自分史を作ることが、人間の魅力。

48

35


At the crew era, I became friend with artists who live in New York.
His home and atelier of the loft, was in the Chelsea district.
He produced his art works during the day, and went out to the club at night.
He loved wine, and was drinking well with the comrades.

At the first wine auction that he took me,
Though adult air was drifting everywhere,
Surprisingly it welcomed us.
We shared money with fellows, and bit the exclusive wine.
We were happy that we attended the adult’s world.
After a long time, I attended to the wine auction.
Among the solemn atmosphere, auctioneer read the listing indifferently.
When a customer made a successful bid at his intention, I also felt happy.

The production secret story and history, is one of the charm of wine.
The human charm is to make a personal history that can be proud of you.

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

55

54


Next

56


アメリカの夏は、5月終わりのメモリアルデーに始まり、
9月最初のレイバーで終わる。
その3か月に全てを賭けるかのように、
人々は夏の過ごし方を考える。

週末を過ごすだけのために、郊外にサマーハウスを建てて、
ビーチクラブのメンバーシップを購入する。

マンハッタンから車で40分。
ロングアイランドに美しいビーチが広がる。

青い空、爽やかな風。
済んだ空気、静かな時間。

だからこんなにも、初夏が好き。

49

01


Summer of the United States begins at the Memorial Day,
and ends at the Labor Day.
As if people bet all the energy to the three months,
They think about how to spend the summer.

For spend the weekend, they built the summer-houses in the suburbs,
and purchase a beach club membership.

A 40-minutes drive from Manhattan.
There are the beautiful beaches spread to Long Island.

Blue sky, A refreshing breeze.
Clear air, Quiet time.

That's why I love the early summer.

46


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

16
Next

21

54


「クリスマスに、アメリカンガールドールが欲しい」
義姉一家が、まだオハイオ州に住んでいた10年以上前、
当時、小学生だった姪がおねだりをしてきた。

我が家の家計だけでも大変な状況だったけれど、
「その人形を持っていないと、友達と遊んでもらえない」という一言に
至極高価な人形を買って、アメリカの片田舎に送った。

アメリカの歴史にある時代に生きていた少女が主人公で、
肌、髪、瞳の色を選んで多種多様なカスタマイズができる。
歴史、そして人種や民族について学ぶという教育的視点もあって、
そのブームは衰えることがない。

予約1か月待ちのカフェでお誕生会を開く。
お揃いの洋服と髪型で、一緒に街を歩く。
不具合が生じたら、ガウンを着せて病院で治療してもらう。

お菓子の空き箱で、人形のお部屋を作った時代を懐かしみつつ、
子供達の想像力はどこへ向かうのかと憂う初夏の1日。

05


"I want to get American Girl Doll as Christmas gift"
Sister-in-law's family lived in Ohio more than 10 years ago.
My niece, who was the elementary school at the time, asked us.

It was a hard situation of our economics.
Since I heard her words that "If I do not have that doll, nobody play
with me.",
we bought extremely expensive doll, and sent it to the countryside
of the United States.

The girls who lived in the era of the history of the United States is
the main character.
You can choose the color of skin, hair, and eyes that can be a customization
to the wide variety.
Because there is an educational point of view of learning about history,
race, and ethnicity,
The boom have never decline.

Kids have a birthday party at the cafe, where has one month waiting of
reservation.
They walk the streets with dolls that have matching clothes and hairstyle
with them.
If dolls experience trouble, they get treatment in a hospital dressing gown.

I remember the era that we made the room of dolls by sweets box.
It was a day of early summer that I wondered the destination of the imagination
of children.

32

26

59


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

27

Next

33


ようやく初夏の気候がやってきたと思ったら、
街中ではすでに春夏物のセールが始まっている。

マンハッタンにある老舗デパート、ブルーミングデールス。
通りすがりのカップルが言い合いをしていると思ったら、
それもディスプレイのひとつだった。

この街も、発想も。
何をしてもかっこいい。

55


Finally the early summer has come,
The sale of spring summer has begun in the city.

Bloomingdale's is the long-established department store in Manhattan.
Though I thought the couple had a quarrel,
It was also one of the displays.

I love this town and idea.
Every thing is cool and fashionable.

27


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

6月10日、時の記念日、私の誕生日。
4年前のこの日、娘のことを綴った記録を世に出させていただいた。
4年という月日が経って、何が変わっただろう。
変わらなかったものは、何だろう。

出口を見失って彷徨ったトンネルの中で、
行き先に光が見えなかったのが、何よりもしんどかった。

こんな私たちの体験談が、少しでも世の役に立てるなら。
身の程知らずといえる大会場での講演を引き受けさせていただいた。

今ふたたび、命の尊さについて考えている。

06


June 10th, called the anniversary of the time, is my birthday.
Four years ago on this day, my book about my daughter, has been
published out to the world.
And after 4 years, I guess what has changed.
I guess what has not change.

I was wandering without sight of exit in the tunnel.
I was tired since the light to the destination was not visible.

I hope our experiences help some people who lost the way.
I will underwrite a lecture in a large venue in July.

Once again, I am thinking about the preciousness of life.


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

29


日本語ほど、繊細な表現の出来る言語はないと思う。
その柔らかさを日本固有のひらがなと、その流れに沿った和様漢字でしたためる。

かな書家、根本知(さとし)氏がニューヨークにやってきた。
彼の書く文字には、温度がある。
和紙にそっと載せる筆づかいを見ていると、呼吸をするのを忘れてしまう。

ダイナミックに魅せるパフォーマンスよりも、
そのまま自宅に持ち帰って飾りたいと思わせる文字を書くことが、
書道アーティストの真髄なんだと感じる。

かな文字の持つ魅力は、日本人にしか伝えられない。
かなにこだわる生き様が、きっと世界を魅了する。

30

51


I think that Japanese is the best language that can express delicate.
He writes the softness of Japan specific Hiragana, Japanese-Chinese
characters along its flow.

The Kana-calligrapher, Satoshi Nemoto came in New York.
I felt his writing had a temperature.
When I watched his gentle brushwork for Japanese paper, I forgot breathing.

Though some calligraphy artists perform the dynamic live performance,
The most important thing is to write letters that people want to take home
to decorate.
I felt his art had the essence of calligrapher.

Only Japanese can transmit the charm of Kana-characters.
His way to stick to Kana-characters surely attracts the world.

書家 根本知さんのホームページ

10


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

11

Next