Archives

2016年12月

25

47

40

49


この時期のハワイは、例年雨が多く、気温も低め。
到底、海水浴日和とは言えない気候の中で、無理して海に入るよりも、
シーラインのドライブが心地よい。

地元のトローリーバスに乗り込み、のんびりと日中を過ごす。
目の前にあるのは、空と海と大地だけ。

何もないから、新しいアイディアが沸き起こる。
この時間が愛おしい。

雨上がりの空に、虹が希望を連れてきた。

29


Hawaii at winter season is rainy, the temperature is low.
Indeed, in a climate that cannot be said to be a day for sea bathing,
rather than forcibly entering the sea,
Sea line drive is much comfortable.

I got on the local trolley bus and spend the day and leisurely.
Only the sky, the sea and the land were in front of me.

Since there is nothing, new ideas rise.
I love this moment.

As the rain came up, the rainbow brought my hope.

05


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

07

10

32
Next

仕事も兼ねての滞在だったため、
大々的にアナウンスはしてこなかったけれど、
ちゃんと見つけ出してくれた友人が幾人かいて。

会いたいと伝えてくれる気持ちが、何よりも嬉しい。
だったら、自分から会いに行かなくちゃ。

03


Because I was staying with my work as well,
Although I did not announce it extensively,
Several friends found out me properly.

I was very glad the feeling of telling me that they wanted to see me.
Then, I have to go to see them from myself.

16


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

「世界一の朝食」が食せると人気のビルズ。
ここに来たら、必ず挨拶に立ち寄らなくてはと、
今回はあえてディナータイムに訪れた。

日差しの心地よい日中の店内とはまったく雰囲気が違い、
トーンダウンしたムーディーな空気が心地よい。

ディナーメニューも、どれも甲乙つけがたく、
たっぷりビル・グレンジャーの世界を堪能した。

滞在中、きっと何度も通うことだろう。

07


The "bills" restaurant is very popular that you can eat "the best breakfast
in the world".
Every time we come here, we are sure to stop by a greeting,
We visited on a dinner time this time.

Atmosphere is completely different between night time and day time.
We have comfortable sunshine daytime,
There has adult air at the night.

All dinner menu is wonderful,
We fully enjoyed the world of Bill Granger.

We will probably go there many times during our stay.

12


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

夏頃から痛めている肩の炎症が、テニス合宿でさらにひどくなった。
少しだけ一人の時間をもらって、全身のマッサージを受けに行く。

ハワイ語の「ロミ」とは、「もみほぐす」「手のひらから伝わる愛情」という意味があるらしい。
丁寧な施しには、身体の解放以上に、心が解放されていくのを感じる。

疲れ切った心身に「ロミロミマッサージ」、オススメです。

05


Inflammation of my shoulder, which has been hurting since around summer,
got even worse at the tennis camp.
I got a little time alone and went to receive a whole-body massage.

"Lomi" in Hawaiian languages means "massage" and "love transmitted
from the palm of hand".
For a polite operation, I felt that my mind was released more than the body's
release.

"Lomi Lomi massage" is recommended for exhausted mind and body.

51


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

40


半月程前に、口腔外科手術を受けた。
術中術後のあまりの痛さに、思わず弱音を外に吐き出したのは、
自分の覚悟が足りなかったから。
抜糸するまでの一週間は、固形物が食べられず、
腫れ上がった青アザが黄色くなって消えるまで、外出もままならなかった。

南国に来たのに、一度も海にもプールにも入らず、
朝からのテニスコート通いと、仕事の打ち合わせが続く。

食べたいものが食べられず、喉の渇きが癒されることもなく、
毎朝筋肉痛と気だるさで目が覚めるという感覚は、
学生時代の夏合宿の思い出に似ている。

ダイアモンドヘッドのふもとで汗を流しながら、
来年の展望を考える。
肌寒いくらいの気候は、激しい食欲を連れてくる。
栄養価の低いエンプティーカロリーで空腹を満たすという悪循環を、
ここでちょっと改善しなければ。

05


About half a month ago I underwent oral surgery.
To the extraordinary pain after intraoperative operation, I inadvertently put out
my weak mind outside.
I regret my preparedness was insufficient.
For one week until the stitching, I could not eat solids.
I could not go out until the swollen bruise turned yellow and disappeared.

Although I came to tropical country, I did not enter the ocean or the pool so far.
We go to the tennis court from the morning, and discussion of work continues
every day.

I cannot eat what I want to eat, thirst is never healed.
Every morning I feel a sense of awakening due to myalgia and arousal.
It reminds me the summer camp of my club at school days.

While sweating next to Diamond Head,
I think about the prospect of next year.
The climate of the cool weather brings intense appetite.
The vicious circle of satisfying hunger with empty calorie with low nutritional value,
I have to make some improvements here.

21


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

51
Next

48


2年ぶりに訪れた常夏の島。
空港や街でバッタリと友人に会うたびに、これがいいんだと家族が喜ぶ。
誰もがこの地を愛しているから、ここに集まるのだと。

オアフ島のシンボル、ダイアモンドヘッドの登山口も、
ホリデーシーズンで大渋滞。
山頂前の暗いトンネルで前に進めなくなった時に、
私は本当に暗闇が嫌いなんだと、呼吸が苦しくなった。

出口からの光が差して、行くべき方向が見つかった時に、
俄然パワーがみなぎるから、人間はわかりやすい。

元旦の朝にも、たくさんの人がここで御来光を拝むのだろうか。
これからもずっと、光を探して、歩いていこう。

31

35


Here is a summer island that I visited for the first time in two years.
Every time we met friends at the airport or town, my family pleased that
the encounters.
It means because everyone loved this place, all gathered here.

At the entrance of Diamond Head, the symbol of Oahu, there was traffic jam
of the holiday season.
When I could not move forward with a dark tunnel in front of the mountaintop,
I really hated the dark, breathing became hard.

When the light from the exit pointing and the direction to go was found,
I was easy to understand I got abrupt power.

I wonder if many people worship here at the morning of New Year 's Day.
Let us look for the light and keep walking.

39


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

24
Next

土砂降りのJFK空港を飛び立ち、南西に進路を取る。
ニューヨークの寒さから脱出したかったけれど、
やはりサンタクロースには冬景色が似合う。

皆様、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

03


I flied from JFK airport in the rain, and took the course southwest.
I wanted to escape from the cold in New York,
Santa Claus suited the winter scenery.

Everyone, please have a wonderful Christmas.

17


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

55

34


今年のロックフェラーセンターのクリスマスツリーは、高さ28メートル。
5万個のライト、そして先端には巨大なスワロフスキーの星が飾られている。
1日数万人が訪れる観光名所だけに、地元にいながらも、
なかなか足を運ぶチャンスのないニューヨーカーも多い。

朝夕の通勤ラッシュよりひどい人混みを通り抜けていくと、
ロックフェラーセンターに到着する前から、大きな人だかりが見えてくる。
壮大なサックスフィフスアベニューデパートのイルミネーション。
ディズニーランドさながらの、光と音の演出に圧倒される。

一年で一番マンハッタンの街が華やぐホリデーシーズンも、
そろそろ終焉に向かっている。
零下の外気温に負けないニューヨーカーのパッションを感じながら、
素敵な夢を見られる環境に感謝する。

皆様、どうぞ素敵なクリスマスを!

49

53

56

00

12


This year's Christmas tree at Rockefeller Center is 28 meters high.
50,000 lights, and a huge Swarovski stars are decorated at the top.
Since it is the sightseeing spots to which tens of thousands of people visit per day,
There are also many New Yorkers who do not have the chance to go there easily.

As we pass through a terrible crowd than morning and evening commuter rush,
Before arriving at Rockefeller Center, a big crowd gets to see.
There is the Illuminations of magnificent Saks Fifth Avenue department store.
People are overwhelmed by the directing of light and sound just like Disney Land.

The holiday season where the most gorgeous Manhattan city in the year,
is about to end.
While feeling the passion of New Yorker who enjoy the outside air temperature
below zero,
I appreciate the environment where I have a wonderful dream.

Everyone, please have a wonderful Christmas!

20


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

53


Next

32

34


敬愛するピアニスト、西川悟平氏。
友人から紹介されて、今春一緒にイベントをさせていただいた。
お互い、海のものとも山のものとも分からない立ち位置から、
とあるトラブルを経て、一気に距離が近付いた。

私の講演会前に、イメージトレーニングが大事だと
写真を送ってくれた。
彼の言動に、私はいつも励まされる。

長年の夢だったカーネギーホールの舞台に立った時、
彼の指は8本まで動くようになっていた。
十分でないはずなのに、魔法にかかったような指さばきの演奏に、
周囲はいつも圧倒されてしまう。

鬱を煩い18歳で他界した友人リアム君が作った「冬」という作品を、
3,000人の聴衆の前で神々しく弾く勇姿は美しかった。
「シネマパラダイス」の「愛のテーマ」は、もはや彼の鉄板だし、
どれも安定感のある雄大な演奏だった。
あのスピーチも、あの演奏も、永遠にニューヨーカーの胸に刻まれる。

日本の文化を愛し、日本訪問を夢見ていたリアム君の遺志を引き継ぐために、
彼の作品を日本で演奏したいと悟平氏が言う。

ジストニアを患い、「二度と演奏復帰はできない」と医師に宣告されてからの復帰。
カーネギーホールという世界の頂点に立ったピアニストは、
もう次のステージに向けて、羽ばたいている。

"Love Theme" from "Cinema Paradiso"

33

56

21


Gohei Nishikawa is my respectable pianist.
I was introduced through my friend and we had an opportunity to make
an event together this spring.
From the standing position where we didn't know each other well,
After some troubles, our distance approached shortly.

Before my big lecture, he told me how to train the image.
To his words, I am always encouraged.

When he stood on the stage of Carnegie Hall which was a longstanding dream,
His eight fingers were able to move.
Although it should not be enough,
The surroundings are always overwhelmed by his performance of magic fingers.

There was a work named "Winter-Fuyu" made by Liam Picker, Gohei's friend
who got annoyed at depression and passed away at the age of 18.
Gohei played it in front of 3,000 audiences, it sounded godly and beautiful.
"Love Theme" of "Cinema Paradise" is his speciality anymore,
Everything was magnificent playing with a sense of stability.
Both his speech and performance will be engraved on New Yorkers' breast forever.

To take over the will of Liam who loved Japanese culture and had dreamed of
visiting Japan,
Gohei says that he wants to play Liam's work in Japan soon.

After having suffered from dystonia, he was declared "You can't return playing
piano again" by some doctors.
But he stood at Carnegie Hall called the top of the world,
He is already moving forward to the next stage.

02

07

©Yukie Matsui

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

24
Next

55

02


「サンタエクスプレスがやってくる」
アップステートにある娘の学校は、その日、先生も子供達も嬉しそうだった。
今にも泣き出しそうな冬空のもと、娘にも厚着をさせて、
学校の門外、沿道で待機する。
地元の警察官が公共道路を封鎖して、天を仰いでいた。

待つこと10数分、森林の向こうから、大きなトレーラーがやってきた。
子供達の目の前で停車すると、いろんな着ぐるみのキャラクターが躍り出す。
マライアキャリーのクリスマスから、ディズニーのフローズンまで、
ボーカルの歌声が寒空に響く。
これでもかというほどのクリスマスソングの連発に、子供達は大喜び。

車両には、スポンサーの名前も広告もない。
「これはサンタクロースからの贈り物だよ」
運転手も、地元警察も、皆同じように答える。

なんて素敵な企画なんだろう。
これだけ大掛かりなのに、出資者が誰かなんて関係ない。
大人の事情も裏技も感じられない、ただ夢のある企画がそこにあった。

高揚する子供達の頭上に、粉雪を降らせて、エクスプレスは立ち去った。
これからクリスマスまで、毎日町中の子供達に笑顔を届けるのだ。

この時期、サンタクロースは、猛烈に忙しい。

54

28


"Santa Express is coming."
On that day, all teachers and children looked very happy at my daughter's school.
Under the winter sky, I let her wear thick clothes,
We waited outside the gateway of school.
A local police officer blocked the public road and looked up to the sky.

After we waited for ten minutes, a big trailer car came beyond the forest.
When stopping in front of children's eyes, various costume characters started to dance jump out.
From Mariah Carey's Christmas to Disney's Frozen,
Vocal of a singer echoed in the winter cold sky.
Children were delighted with this extraordinary Christmas song.

There was no sponsor's name or advertisement on the vehicle.
"This is a gift from Santa Claus"
Everyone, both the driver and the local police, answered in the same way.

What a nice plan.
Even though this was not just a big deal, no matter who the investment was.
Nobody felt adult circumstances nor technique, there was a plan with a dream there.

On the head of the children who uplifted, they let down powder snow, and the Express went away.
From now on until Christmas, they will send smiles to the children in the town every day.

At this time, Santa Claus is absolutely busy.

14

41

35

39


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

15
Next

15 HDR

13 HDR

29 HDR


今年もマンハッタンの街が、サンタクロースにジャックされた。
10数年前にチャリティーイベントとしてスタートしたサンタコンは、
いわゆるフラッシュモブの走りとも言える、季節の風物詩。
ネット上の指令に基づき、仮装したサンタ達が街で飲み歩くことに、
弊害がないわけではない。

時を同じくして、今年はサンタクロース物語の結末を考えた。
地下鉄の構内で、集団で歌うサンタクロースや、
泥酔したまま、イエローキャブを乗り継ぐサンタクロースを、
子供達はどんな気持ちで眺めるのだろうか。

サンタクロースの存在を信じるということは、
目に見えない大事なものを信じることを教えてくれる。
大人になった子供達に、またいつかサンタクロースが必要になる時が来ると
信じよう。

サンタクロースは、たくさんの贈り物を持ってやってくる。

49


The city of Manhattan was occupied by Santa Claus.
Santa-con, that started as a charity event 10 years ago,
It is said to be the so-called the beginning of flash mob, the seasonal
scenes.
Based on the instructions on the internet, the dressed Santa Clauses
drink in the city.
It is not without harm.

At the same time, we thought of the end of the Santa Claus story.
There were Santa Clauses singing together in the subway premises.
There also were drunk Santa Clauses trying to ride the yellow cab.
I wondered what kind of feelings the children who saw this scene.

To believe in the existence of Santa Claus,
It teaches us to believe in invisible important things.
I believe the time will come for children who have become adults to need
Santa Claus again someday.

Santa Claus brings many invisible gifts.

45

42

31

29


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

神戸真知子さんのシークレットセールにお招きいただいた。
青山のブティックでアフタヌーンティーを楽しみながら、
いつもは手にすることもないデザインを試着してみる。

女優コートといわれるAラインにうっとりしたり、
レトロ回顧なデザイン柄は自分に似合わないと気付いたり。
最初から気になっていた真っ白いロングコートは、
ニューヨークの洗濯事情を考えて諦めたけれど、
真知子さんお見立ての素敵なジャケットを購入させていただいた。

パーティーの時はいつも、真知子さん自らお食事を作られる。
彼女はいつも、愛に溢れている。
丁寧に入れたミルクティーとのハーモニーが心地良かったのは、
何よりそこに集まった女性陣一人一人が魅力的だったから。

今度は春物を探しに、ここに来よう。

18


I was invited to a secret sale of Machiko Jinto, a designer.
While enjoying afternoon tea at Aoyama boutique,
I tried on a design that I would not normally have anywhere.

I was enchanted the A line called an actress coat,
I noticed that the retro retrospective design pattern did not suit me.
The pure white long coat that I had been cared about since the beginning,
I gave up it because I thought about New York's laundry circumstances.
Finally, I bought a nice jacket based on Machiko's advise.

Every time at a party, Machiko herself prepares party meals.
She is always full of love.
The harmony with the carefully placed milk tea was comfortable,
Because the ladies gathered there was charming one more than anything else.

Next time, I will come here looking for spring dress.

31


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

44


Machiko Jinto London Official Website
Next

以前、彼女がニューヨークにやってきたのは、
膝の故障で、第一線から少し離れている時だった。
一緒に街を歩いて、たくさん話をして、最後に一枚の絵を託した。
アートにはいろんな愉しみ方があるけれど、
それを手にした時の気持ちを思い出すキッカケにもなるからと。

私の誕生日に、彼女がiPodを贈ってくれた。
なかにはドリカムのアルバム全曲と、「ワンダーランド」の動画が詰まっていた。
私が生きる力をもらった曲で、彼女は試合前に気持ちを高めているのだと。

夏に大聴衆の前で講演をした時に、
数万人のスタジアムでボールを蹴る彼女の姿を想い描いた。
自分の出来ることで、誰かに勇気を与えることができるのなら、
そこから逃げないことだと、背中を押された。

「会いたい人には会える時に会う」
神戸での練習試合を終えて、会場に駆けつけてくれた彼女に、
また新しいアートがお嫁入りした。

一緒にランチをしたその足で、絵を飾るフレームを買って、
神戸に帰って行った。
華奢で心優しい彼女のどこに、世界を舞台にするパワーがあるのだろう。
別れた後にいつまでも背後を見送ってくれる姿を、何度も振り返る。

またすぐに会いたくなった。

47


When she came to New York formerly,
Since she had injured her knee and it was a while away from the front line.
I walked around the city together, talked a lot, and finally entrusted an artwork.
Art had various pleasures,
I believed that it reminded her the feeling when she got it.

On my birthday, she gave me an iPod.
Among them were all the music of albums of my favorite musician and a video
of "Wonderland".
It was a music that I got the power to live, and it made her that she was enhancing
her feelings before the game.

When I gave a lecture in front of the big audience in the summer,
I drew a thought of her figure as kicking the ball at tens of thousands of stadiums.
If I could give courage to someone by what I could do,
I was encouraged that I would not escape from there.

" Meet people you want to meet, when you could."
After completing the practice game in Kobe, she came to join the event.
She won the game and got new artwork.

Right after we had lunch together, she bought a frame for her new collections and
went back to Kobe.
I wonder how she keeps the power to play at the world in her small and hearted body.
I looked back at the appearance of her many times after parting.

I want to see her again soon.

48


ニューヨークの思い出
Special iPodのお話

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ


Next

20161210s_001


普段会いたいと思っても、なかなか会えない友人がいる。
仕事で知り合ったけれど、もう一度プライベートで会ってみたい。
間接的に知っているあの人に、いつか直接会ってみたい。

周囲のそんな思いを結びつけていたら、いつしか大きな企画になった。
「会いたい人には会える時に会う」企画の第3弾は、
銀座資生堂ビルの最上階貸切という機会をいただいた。

クローズド企画ではあったけれど、定員超えのメンバーが集まって、
外は寒くても、とても賑やかな週末の夜になった。
いつもはプロとして活躍する友人達が、いろんなお役目をお申し出てくれて、
ワインと料理とアートを楽しむイベントに華を添えてくださった。

わざわざこの企画のために、地方から上京してくださった方、
先約を解除してお越しくださった方、子守を託して出てきてくださった方。
企業や個人からの協賛のお申し出に、参加者全員にたくさんのギフトを
お持ち帰りいただくこともできた。

ホスト役の不手際もたくさんあったに違いないけれど、
別れ際に交わした温かいハグや、次期開催リクエストの声が嬉しかった。

師走の週末という貴重な時間を使って集まってくださった全ての友人達に、
ありがとうの感謝をこめて。

20161210s_007

20161210s_013

20161210s_006


テーマは「美味しいワインと料理とアート」。

20161210s_008

20161210s_015


Even though we always want to meet friends, we cannot meet them easily.
We would like to meet people, whom we met at work, again in private.
We want to meet people who indirectly knows someday.

When I heard such a thought of surroundings, It became a big project.
The third event of " Meet people you want to meet, when you could." was held
at the top floor of the Ginza Shiseido Building.

Although it was a closed project, many members gathered.
Even though it was cold outside, it was a very lively weekend night.
My friends who are active as professionals offered various roles.
They added colors to the event of enjoying wine, food and art.

There were friends who came to Tokyo from the west Japan.
For this event, there were friends who canceled previous appointments.
Some friends asked the baby sitter for the weekend night.
Thanks for the offering sponsorship from companies and individuals, all friends
were able to get gifts.

There must have been a lot of incompetence as a host,
I was delighted with the warm hugs and the voice of the next meeting request.

To all the friends who gathered using valuable time as the weekend of December.
I appreciate for everything.

20161210s_011

20161210s_017


Special Thanks to;
Naomi Uemura(MC), Nobuhiko Kashimura(MC), Kairi Narita(MC),
Noriko Momoi(Photographer), Taksehi Sato(Artist), Momo(Artist),
Ryuji Manabe, Kumiko Yamamoto, Yae Hirasawa, Miyuki Chizuka,
Nobuya Ishizaka(GDO), Joey Yasumatsu(SABON), Midori Yamada(Artist),
Yutaka Yamanouchi(Adviser), Makoto Suzuki(Shiseido Parlor),
Toshifumi Nakamoto(L’OSIER), Hidekazu Takahashi(BAR/S)

10

44

55


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

21

32

20161210s_018


オフィシャルフォトグラファー、百井謙子さん。
素敵な写真をありがとうございました。
12
Next

42


幼い頃、母がよく星空を見せてくれた。
好奇心旺盛な姉は喜んで、星座の名前を唱えていた。
私は夜の暗闇が怖くて、母の手をぎゅっと握りしめたまま、
ほとんど目を開けられずに、立ちすくんでいた。

目の見えない我が子が生まれた時、
私は先の見えないトンネルの中で、たった一人だった。
手を伸ばし、救いを求めながら、さまよい歩き続け、
振り返った時に、ようやくそこに光の足跡があると分かった。

クミシュラン冬の集大成は、2,200万個の星空を投影する室内で、
ニューヨーク仕込みのゴスペルを聴くという企画だった。
第1部では、まず暗闇を体感して想像力を引き出す。
第2部では、物語の朗読に、ゴスペルの音が交錯する。

突然室内が真っ暗になって、心臓が少しキュッとなったけれど、
隣に友人がいるという安心感が、少しずつ心を解放してくれた。
満天の星が広がり、魂を揺さぶる歌声が響くと、
視覚以外の五感で何かを掴み取ろうという人間の本能を感じた。

「光がわかる、物が見える」という世界を知らない娘に、
私はまだまだそれを伝えられない。
でも世の中にはたくさんのヒントが散在している。
音の聴こえる方を向きながら歩くと、そこに一筋の光があった。

本当に大切なものは、目に見えないのかもしれない。
来年はどんな驚きを見せてくれるのだろうか。
クミシュランの進化にも、目が離せない。

27

39

34


When I was a childhood, my mother often showed us the starry sky.
My elder sister always had passion, chanting the name of the constellation.
I was afraid of the darkness of the night, clutching my mother's hand tightly,
I could hardly open my eyes and I was standing.

When my daughter was born,
I was the only one in the tunnel with no exit.
While reaching out and seeking salvation, keep walking wandering,
When I looked back, I finally found out there was a footprint of light.

The winter event of the Kumichelin was a project to listen to the gospel music
of New York in the room with 22 million stars.
In the part 1, you first experience the darkness and draw imagination.
In the part 2, the gospel sounds intersect with the reading of the story.

When the interior became dark suddenly, my heart felt a little scaring,
A feeling of security that my friend was next to me freely released my mind.
When the full star was spread and the singing voice shaking the soul echoes,
I felt the instinct of a people trying to grab something with five senses other than vision.

I cannot convey the world of "People feel the light and see things" to my daughter yet.
But there are lots of hints scattered in the world.
When I walked facing the direction of sound, there was a light there.

The really important thing may be invisible.
Everyone surely have the chance of "Pleasure to live".
I guess what kind of surprise she will show us next year.
We look forward to seeing the evolution of Kumichelin.

bmo0032


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

o080008001257832486811 (1)

©クミシュラン
Next

仕事の上で、孤独感に苛まれる時が少なくない。
守るべき人やモノを必死で守っても、
目先の利益のために、不意に裏切られることがある。

公私共々、うまくいっている時も、いかない時も。
いつも同じペースで接してくれる人こそが、真の友人。

こういう素敵なメンターがいてくれるから。
まずは美味しいもの食べて、また明日も頑張ろう。

58


On the job, I am sometimes tormented by loneliness.
Even though I fight to protect my people and things,
I am sometimes betrayed by unexpectedly for the sake of short-term profit.

Fortunately, I have true friends who have same attitude anytime.

Because there are very nice Mentor people,
First, I will eat delicious things, and re-born tomorrow.

37


お店はこちら。
こちらもオススメ。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

「サンタクロースなんて、本当はいないんじゃないの?」
2年前に、未来サンタから300通の手紙を一緒に届けた幼なじみが、
少しだけ大人になった子供達への想いを形にした。

嘘をついていたつもりはない。
でもサンタクロースって、いったい何だったのだろう?
サンタクロースという夢のあるファンタジーを仕掛けたのならば、
きちんとした終わり方を伝えるのも大人の役目だから。

それぞれの家庭に終わり方はあるし、
曖昧のままで過ごすのも夢がある。
でも絵本作家として、彼女なりの答えを見つけた姿を、
私はただ応援したいと思った。

フランス在住の友人にも声をかけて、
日英仏語で一斉公開しようと、時差を超えたプロジェクトが始まった。

世界中のサンタクロースと子供達へ、
クリスマスの贈り物を届けたい。
世界中に伝えるために、ぜひ応援してください。

さよならサンタクロース CMバージョン(日本語編)
さよならサンタクロース/Goodbye Santa Claus (日本語×English ver.)本編 
さよならサンタクロース/Goodbye Santa Claus (英語×仏語 ver.)本編 

10


"Santa Claus is not real, isn't he?"
Two years ago, a childhood friend who delivered 300 letters from Future Santa
together, made a story for the children who became teenagers.

We had no intention of lying.
But what exactly Santa Claus was?
If we gave kids a fantasy dream called Santa Claus,
we have to convey the way to end it properly.

Every family have different ways to end,
There have also a dream of staying ambiguous.
However, as a picture book author, I found out that she found her answer,
I just wanted to cheer.

I shared to my friend living in France,
A project beyond the time zone of Japan, the U.S. and France began.

To Santa Claus and children all over the world,
We would love to to deliver Christmas gifts.
Please share this movie to your friends in the world.

Goodbye Santa Claus CM English version.
Goodbye Santa Clause (Japanese x English version.)
Goodbye Santa Claus (English x French Version)

さよならサンタクロースプロジェクト
Good-bye Santa Claus Project
Story Artist/Yukiko Mitsui
Translator, Supervisor/ Mika Kuramoto
Translator, Adviser / Yuki Mouquet Yamaguchi
Music Adviser / Hitoshi Harukawa
春川仁志 公式HP Please click here to see the official website of Hitoshi Harukawa

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next

15


日本人がデザインしたブーケや着物が舞台を舞い、
ニューヨークで活躍するダンサーが彩りを添える。
演歌ポップスともいうべきジャンルもここで聞くと新鮮。

日米文化交流には、いろんな手法があるのだと改めて思う。

13

23

16

17


The bouquet and kimono designed by the Japanese danced the stage,
Dancers active in New York added color.
To listen the genre that was called Enka Pops here was fresh.

I think that there are various methods for cultural exchange between
Japan and the United States.

37

40


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

29

Next

43


文字を綴って、文章にする。
時々、自分の語彙能力、表現力の稚拙さを嘆きたくなる。
本当に伝えたいのは、こんなことじゃない。
特に感性は、言葉にした途端に幻想になる。

毎年ここのホリデーウィンドウを表現する時、
ただただ「圧巻」という言葉しか出てこない。
そこにはいろんな意味合いが含まれているのだけれど、
「圧巻」の一言に、すべてを伝えてほしいと想いを込める。

今年のバーグドルフグッドマンのホリデーウィンドウは、
「非日常の目的地」と題された。
ジャングルの中でゴリラに見守られながら読書をしたり、
ウサギの背中に乗って散歩したり。

街と自然の共存というテーマにも挑戦しているかのような、
壮大な美術館が、今年もニューヨーカーの目を楽しませてくれている。

言葉は非力。ぜひ御一見ください。
舞台裏のムービーも必見です。

18

08

04


I spell the letters and make it sentences.
Sometimes, I want to mourn over my poor vocabulary talent and expression skill.
What I really want to tell is not this.
Especially sensitivity will just change to illusion when I tell words.

Every year when I express this holiday window,
Only the word "masterpiece" comes out.
There are various implications included in it,
Into one word of "masterpiece", I want to tell you everything.

This year's Bergdorf Goodman's holiday window,
It is entitled "Destination Extraordinary".
The scene of reading in the jungle with gorilla.
The hitch hiking with rabbit's back.

As if challenging the theme of coexistence of city and nature,
The magnificent museum makes to be entertaining New Yorker's eyes this year too.

Words are ineffective. Please take a look.
Movie behind the scenes is also a must.

37

24


Please click here to watch the moving, making of Bergdorf Goodman Holiday Window 2016.

53

The Book Club
16

The Scenic Route
30

The Winter Club
55

The Hitch Hiker
30

Bird’s Eye View

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

26


2014年、冬。
全国300人の子供達に、サンタクロースから愛のこもったビデオレターが届いた。
3歳から一緒に過ごした幼なじみと一緒に、子供世代に向けての
発信ができるなんて、夢のようだった。
東京とニューヨーク。
寝る間を惜しんで原稿を書いた愛おしい時間、最高にワクワクした仕事だった。

2016年、冬。
少しだけ大人になった子供達に、もっと夢を贈りたい。
彼女の想いを受けた時、私の心にも魔法がかかった。
こんなに壮大な計画を、世界中に伝えたい。
ワクワクが高まると、それはフランスまで伝播した。

今、そっと水面下で、秘密のプロジェクトが進められている。
こうして一緒に作り上げていくものがあることが幸せで。

私達はすでに、サンタクロースから受け取ったのだと思う。
目に見えない大切なもの、愛と友情という贈り物を。

57


Winter in 2014.
The video letters with love from Santa Claus arrived in 300 children all
over the country.
Together with a childhood friend who spent together since the age of 3,
It seemed like a dream to be able to tell towards the child generation.
Tokyo and New York.
I loved the time I wrote the manuscripts without sleeping.
It was the job I was excited at the highest.

Winter in 2016.
She wanted to give dreams to children who have become adults a little more.
When I received her feelings, my heart also got magical.
I want to tell the amazing plan to the whole world.
As the excitement increased, it spread to France.

Now, the secret project is progressing under the table.
I am happy that there is something to build together in this way.

I think that we have already received from Santa Claus.
It's a gift that is invisible and important, love and friendship.

46


2014年「未来サンタ」プロジェクト Please click here about our Christmas Project in 2014.

「未来サンタ」ムービー

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next