Archives

2017年03月

46

56


第一印象は、極めて朴訥な人だった。
クリエイターとして頑固な面もあるはずなのに、
周囲への気遣いや、他人の痛みへの思いやりが際立った。

鍋島藩大川内山の窯元に生まれたが、東京の大学で学び、
一度は彫刻家を目指したという。
卒業後に地元に戻って、別の大学で窯業を勉強し直した。

気鋭の新進陶芸作家として、たくさんの輝かしい実績があるのに、
それを一切主張することもなく、イベント成功のために尽力してくれた。
伊万里の歴史をリスペクトしたいというアーティストのために、
惜し気もなく時間と労力を提供してくれた姿勢に、感謝の念が絶えない。

彼の功績なくしては、あの結果には繋がらなかっただろう。
たくさんのプロセスを思い出しながら、
この先のタスキの繋ぎ方を考えている。

関わってくれた全ての人達のおかげで、今と未来がある。

DSC02323

DSC02324



The first impression was a very simple and genuine person.
Although he should be stubborn as a creator,
His concern for the surroundings and consideration for others' pain were outstanding.

His family runs family business of pottery at Okawachi-yama of Nabeshima clan,
but he studied at the university in Tokyo,
It is said that he aimed at a sculptor before.
After graduation, he returned to Imari and studied ceramics at another university.

Although he has a lot of brilliant achievements as an emerging budding ceramic artist,
Without insisting on it at all, he was devoted to the success of the event.
For an artist who wants to respect Imari 's history,
we were grateful for his posture that provided time and effort without regret.

Without his achievement, we could not have connected to that result.
Recalling a lot of processes,
I am considering how to connect this relationship ahead.

Thanks to all the people involved, there are now and the future.

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

陶芸作家 畑石修嗣 関連記事はこちら

41

ファイル 2017-03-31 13 49 25
Next

08-1


彼の背景を知ってみたいと思った。
その立ち居振る舞いと、各場面での気付きの鋭さに、
私はきっと同じ匂いを感じたのだと思う。

いつしか、いろんな話をするようになり、
私は以前より少しだけ、彼の想いや生き様を理解できたような気がした。
フォトグラファーとしての立ち位置だけでなく、
人を繋ごうとする姿勢に、私はいつしか惹かれていた。

ここで、多くを語るつもりはないけれど、
陰の立役者がいてこそ、表に立つ主役がさらに輝くのだ。

伊万里の地元のために、こうして踏ん張る若者がいる。
イベントのオープニング動画のクールさも、
佐賀県プロモーション動画の愛くるしさも、
ひとつひとつが個性豊かな彼の作品集。

彼の挑戦を、遠くからずっと応援していたいと切に思う。

こちらの動画投票に、ぜひ「毎日」応援してください。
(1日1投票、4/5締め切りです。)

↓ここをクリック!
FUSE 川浪勇太 JIMOT CM COMPETITION 参加作品はこちら

こちらも是非ご覧ください。とっても素敵なムービーです。

30


Someday, we started talking a lot,
I felt that I could understand more than before about his thinking and the way to live.
In addition to the standing position as a photographer,
I was attracted to his attitude to connect people.

I do not intend to talk much here,
When a shadow-minded person is present, the protagonist standing
on the stage shines further.

For Imari 's local, there are young people who supports the city.
The opening video of the event "EAT & ART" was very cool.
Also, the Commercial Film of Saga prefecture promotion was so lovely.
All were his works with individual personality.

I want to cheer for his challenge from far away.

Please vote this video every day to support him.
(1 vote per day, 4/5 deadline.)

https://oimf.jp/program/z_saga.html

15780868_949734698492399_1285287105792044736_n


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

04

13


約1年前にオープンした、地元で人気のコーヒーショップ。
オーナーは、いつかローラーアートでその壁を埋めて欲しいと、
店内の真っ白な空間を、ずっと空けて待っていたのだと言う。

オーナー夫妻の人柄が、この店の人気を牽引しているのがよくわかる。
気の良い店内では、常に地元客の笑い声が響いていた。

店に通う年配客は、この絵を見てかつての光景を思い出すのだろう。
心を癒す際限なきアートの力を、ずっと信じていたい。

人生は、美しい。

16

43

55


It was a popular local coffee shop opened about a year ago.
Since the owner wanted to fill its wall someday with roller art,
he had kept the wall blank inside the store all the time.

It was easy to understand that the personality of the owner and his wife was
driving the popularity of this store.
The laughter of the local customers was always echoing in the nice shop.

Hope the elderly customers will be happy to remember the former Imari
by looking at this mural.
I would like to believe in the power of art that can heal the heart forever
without limit.

Life is beautiful.

38

40

53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

09

21


24


Next

49

36


伊万里市商店街の一角に、その建物は佇んでいた。
簡素で整然としているからこそ、若者が集まる空間になりきれていなかった。

「ペイント改装だけでは、何も変わらない」
アーティストが声を上げる一方で、いろんな行政の裏事情があった。
地元で何ができるか、何をやるべきかの自覚がないままでは、
一向にプロジェクトは進まない。

なかなか盛り上がらない地元スタッフに、ペイントチームが痺れを切らし、
ラストミニットで、ようやく少しだけ足並みが揃い出した。

当日、地元の高校生やボランティアスタッフがショウアップしてくれた。
伊万里の歴史をふりかえるポスターを再現し、あえて無造作に貼り付けたり、
テーブルや椅子には錆びた加工を施した。
閑散とした空間に、あえてエイジング加工を施すことで、
伊万里の若者が憧れる、ブルックリンの倉庫街のような表情がそこに生まれた。

地元工芸家の作品を置く土産コーナーや、
会館のオペレーション自体にもきっと改善の余地はあるけれど、
たった3日間でできる最大限の足跡を残すことで、
地方創生のきっかけ作りができていればと切に願う。

外からしか分からない地元の魅力が、そこにはたくさん存在している。

24

20

DSC02276


The building was standing in a corner of Imari city shopping street.
Because it was simple and orderly, it was not enough space for young
people to gather.

"By paint remodeling alone, nothing will change"
While the artist raised his voice, there were various circumstances behind
administrations.
Without consciousness of what the local people can do and what to do,
The project could not proceed forward.

To the local staff who was not quite excited, the paint team had not been patient.
At the last minute, finally the race got well just a little.

On the day, local high school students and volunteer staff showed up.
We reproduced the poster that would revolve around the history of Imari,
dared to paste it casually,
We applied rusty processing to the table and the chair.
By daringly an aging subjecting to a quiet space,
An expression like Brooklyn 's warehouse town in which Imari young people
admire was born there.

A souvenir corner where local craftsmen's works were placed,
There was certainly room for improvement in the operation of the hall as well.
By leaving the maximum works possible in just 3 days,
we sincerely hoped to be able to make a chance for local creation.

There are many local attractions that are only known from outside, and there
are many scattered around there.

DSC02250

DSC02270

12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

DSC02274

24


Official Photos ©Yuta Kawanami@FUSE

DSC02281


Next

DSC02353

04


昨秋パリで開催した企画は、アートと料理を色でリンクさせて、
お客様には目と舌で、同時に楽しんでいただくという試みだった。

「クリエイターとして、同じことをしたくない」というシェフと、
「お客様は、パリでの再現を望んでいる」というアーティスト。
当初どちらも譲らなかったが、シェフの出身地伊万里市の希望が最優先。
日本の伝統的な会席料理に、料理、アート、日本酒、装花、伊万里焼きといった
たくさんの出会いを取り入れることが、最大のテーマとなった。

「季節」「融合」「伝統」「挑戦」という4つのキーワードをテーマに、
シェフとアーティストは、料理とアートを様々な形でリンクさせていく。
食事を提供するお皿はすべて伊万里焼きで統一して、どこまでも伊万里への
リスペクトにこだわった。

360年の秘窯の里「大川内山」を舞台に、
窯元のアトリエでアペリティフをふるまう。

アーティストがデザインと絵付けしたお皿を、伊万里の陶芸家が焼き上げる。
シェフが春の野菜たっぷりの前菜で、季節を表現する。

天の川に流星が散らばるお盆は、地元の大工や高校生も制作に参加。
惑星に見立てられた小鉢で、山海、温冷など、遠く離れた存在の食材が融合される。

お花見の起源、梅と花の装花で会場に彩りが加えられる。
日仏の伝統的な素材やソースで組み立てられたメイン料理が提供される。

400年前の伊万里港を描いたライブペイントで、お客様の高揚が頂点に達し、
黄色でリンクされた水菓子に、ある挑戦が仕込まれていることが明かされる。
高価な大皿に並べられたプティフールで、最後まで余韻を楽しんでいただく。

佐賀の日本酒とフランボワーズで作られたケーク、
ウィスキー樽を再利用して作られたオリジナルの箸、
アーティストが何度も伊万里に通って制作したお皿。
この二夜のお客様だけに用意されたギフトにも、究極のこだわりがあった。

ここで書き切れない、たくさんの苦労があったけれど、
お客様の至福の表情から、企画の成功を感じ取ることができた。

地方創生は、決して一過性でないブームを作ることに使命がある。
地元の素晴らしさを再認識して、そこから発信を続けること。
その一環を担いながらも、この企画を続けていきたい。
挑戦すること、進化していくことが、この企画の本髄なのかもしれない。

今はただ、すべてへの感謝の気持ちしか、思い浮かばない。

DSC02340

DSC02333

DSC02334

44


In the project held in Paris last autumn, Art and Food were linked by color.
It was an attempt to have customers enjoy with eyes and tongue at the same time.

A chef said "As a creator, I do not want to do the same thing."
An artist said "I think customers want to see the reproduce of Paris."
At the beginning, both did not agree, but the hope of Imari city where chef was
born was top priority.
Incorporating a lot of encounters with food, art, sake, flower, and Imari ware to
the traditional Japanese cuisine dished, became the biggest theme.

With the theme of four keywords "season" "fusion" "tradition" "challenge",
Chef and Artist link food and art in various ways.
We stick with respect that all the dishes that serve meals are unified with Imari ware.

The stage was selected "Okawachi-yama" where has the 360 years history,
the event started with an aperitif at the atelier of the Imari ware.

The artist designed and painted Imari ware, and a ceramist of Imari baked up them.
The chef expressed the season by the appetizer with plenty of spring vegetables.

By making handmade tray that meteors were scattered in the Milky Way,
local high school students and carpenter also participated in the event.
There were three bowls that were regarded as a planet, and the ingredients of distant
existence such as mountain sea, hot and cold.

The origin of the flower viewing, the flower arrangement of plum and cherry-blossom
added color to the venue.
Main dish constructed with Japanese and French traditional materials and
sauces was served.

With live painting depicting Imari port of 400 years ago, the revitalization of
customers reached the peak,
It was revealed that a fact of challenge was put on the sweets which were linked
with yellow.
By petit cakes arranged in expensive platter, the customers enjoyed the lingering
until the end.

Cake made by Saga sake and Franboise,
Original chopsticks made by reusing whiskey barrels,
Imari ware that the artist designed by studying and going Imari many times.
There was also the ultimate commitment to gifts prepared only for two nights guests.

Although there was a lot of hardship which cannot be written here,
From the expression of customer's bliss, we were able to sense the success of the project.

Regional creation has a mission to make a boom that is never transient.
Recognize the wonderfulness of the local and continue to transmit from there.
While doing this part, we would like to continue this project.
Challenging and evolving may be the essence of this project.

Now I just think of only the gratitude to all.

DSC02239

DSC02306

DSC02385

DSC02414

DSC02469


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

DSC02298

DSC02362

DSC02503

DSC02523


Official Photos © FUSE Yuta Kawanami

02

DSC02534

DSC02537

DSC02544

DSC02565


49

DSC02293

DSC02500

36




Next

20


久しぶりのニューヨークの街に「ただいま」と語りかける。

この街では、歩道に描かれたメッセージでさえ、
カラダを張って、アートを主張している。

もっと、自分を大事にしなければと思う。
同じことをやるなら、一緒に笑っていられる方がずっといい。

また手探りで、次のステージに向かおう。

43


I talked to the town of New York "I'm home."

In this town, even the message drawn on the sidewalk, insists on art.

I think that I must take care of myself more.
If we do the same thing, it is much better to laugh together.

Let's face again and head to the next stage.

32


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

どんな場面で、どんな主役を起用すべきかを考える。
まずは一緒にワクワクできるかが最優先。
仕事のやり方や人生観を共有できて、
私の想いを尊重してくれる人に、じっくり話してみる。

そこに御縁とタイミングが重なって、
ようやく同じ目標に向かって歩き出せる。
目先の利益よりも、関わる人の心を大事にしてくれると、
そこに情熱を注ぎたいというパッションが生まれる。

一つのイベントを作り上げるには、たくさんの力が必要。
押し付けでない距離感と信頼を築きながら、
必ず同じベクトルに向いていることを、確認し合う。
表に出ない人の実働に、心からの敬意を払う。

これまで紡いできたものが、少しずつ形になっていく。
力は小さくても、大きな情熱を持って伝え続けることを、
これからも応援してください。

55


When I get offered from the client, I think about what kind of scenes and
what kind of protagonists should be appointed.
First of all, top priority is working in exciting mood together.
I talk to the person who can share my work style and my view of life.
I am happy if he/she respects my feelings carefully.

There overlapped with the edge and timing,
Finally, we can walk toward the same goal.
If he/she cherish the hearts of those involved, rather than immediate profits,
There happens passion to keep passion there.

To build up one event, we need a lot of power.
While building distance and confidence without no pressing,
We confirm to make sure to face the same vector.
We pay a deep respect for the actual work of those who do not appear on the stage.

The things that we have spun until now gradually become shapes.
Even though the power is small, I will continue to convey with big passion,
Please continue supporting us.

59


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

44
Next

39


金曜日、朝練の始まる6時50分に、次男を学校に送る。
「ママ、日が長くなったね」
何気ない一言に、私は耳を疑った。
日本ではごく日常にある会話だけれど、
こういう表現ができる感性の芽生えが、私はとても嬉しい。

「少し前、朝練の時間は真っ暗だったよね」
放課後のお稽古事を終えて、家に帰る時間はすでに真っ暗で、
子供達と歩く冬のマンハッタンは、いつも街灯が灯っている。

日曜日の真夜中から、夏時間が始まった。
時計の針を一時間戻して、重たい瞼を開けて始動する。

週末からまた寒波がやってきて、まだまだ冬将軍が居座っているけれど、
少なくとも、お迎えの時間が明るいだけで、
気分はずっと前向きでいられる。

そして日が暮れる。
空気が澄んだ氷点下の夜は、満月がどこまでも美しい。

34


On Friday, at 6:50 am, before the morning club activities begins, I sent the
second son to the school.
"Mom, the day has getting longer"
It was a casual word, but I doubted my ears.
Although it was a conversation in daily life in Japan,
I was very happy that the sensitivity that he can express such situation.

"A little while ago, this hour was dark, was not it?"
After finishing the after school program, the time to go home was already dark,
Winter walking with my kids was always that the street lights in the city
were lighting.

From midnight on Sunday, daylight saving time has started.
Return the clock one hour, I started to active in sleepy.

The cold weather has come again from the weekend, and although winter
generals still existed,
At least, the time for picking up is bright,
Feelings can be positive all the time.

And the sunset has come.
The air was clear on the freezing night, the full moon was extremely beautiful.

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

31

07


アップタウンに引っ越してきて、ずいぶん長い年月が経過した。
その頃からずっと、セカンドアベニューは工事をしていて、
付近の飲食店やアパートは、いつも囲い壁の向こうにあるイメージだった。

そのヴェールが剥がされて、ようやく地下鉄が開通した。
計画当初は、北96丁目からそのまま国連まで一気に行けるはずだったが、
30ブロック程度でクロスタウンする路線と合流していく。

ニューヨークでは、他にもまだ建設中の地下鉄路線がいくつかある。
すでに完成された都市に、地下網を後から掘り下げていくことで、
また新しいマンハッタンの地形が出来上がる。

世界の中心はいつだって、新しい変化を受け入れる街なのだ。

36


A long time has passed since we moved to Uptown.
From that time on, Second Avenue was doing construction,
Nearby restaurants and apartments were always images beyond the enclosure wall.

The veil has removed, the subway finally opened.
At the beginning of the project, it was supposed to be able to go from
North 96th Street to the United Nations as it was,
It crosses to the cross-town in about 30 blocks and it joins to the major line.

In New York, there are several other subway lines under construction.
By drilling down the underground network to the already completed city,
A new Manhattan terrain will be completed.

The center of the world is always a city that accepts new changes.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

47

49

18


マンハッタンのへそとも言えるグランドセントラル駅で、
今年で6回目となるジャパンウィークが開催された。

グラセンという最も喧騒が交差する場所で、
日本の静を代表する龍安寺の石庭を再現しようという試み。

催事のキュレーションにやや疑問を抱きながらも、
造園の横で肩を寄せあう中年カップルの穏やかな表情に、
イベントのミッションを感じた気がした。

56


At Grand Central Station which can be called a central of Manhattan,
The 6th Japan Week was held.

At the place where the big noise intersected,
the exhibitor attempted to reproduce the rock garden of Ryoanji that represents
Japan's quietness.

While I held a little doubt on the curation of the event,
I was relieved that I saw a middle-aged couple bringing their shoulders close
each other with calm facial expression.
I felt the mission of this event.

01

35


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

35

27

47

Next

19


マンハッタンから、イーストリバーを挟んですぐ向こう。
地下鉄で一駅移動すると、ロングアイランドシティーに到着する。
昼過ぎに現地に着くと、店内は地元の顧客で溢れかえっていた。

地ビールとシェフのおすすめをいただきながら、
ニューヨークでこの味が堪能できることに感謝。
隣席の若者達ともお喋りが弾み、
ここからも、新しいエネルギーが世界へ羽ばたくことを頼もしく思う。

点と点が繋がって、線になる。
だから人との出会いは面白い。

19

21

20


Long Island City is located just across the East River from Manhattan.
We took subway one stop to arrive there.
When we arrived at the late lunch time, the dining space was full with local customers.

While we were tasting the local beer and meals,
I thanked I was able to enjoy this taste in New York.
We chatted with young people who were sitting at the next table,
From here as well, I was happy that new energy flares to the world.

Points and dots are connected and become lines.
Therefore, encountering with people is interesting.

33

01


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

59


Next

39


2011年3月11日。
東北大震災で、私は友人をなくした。
あの時、ここニューヨークでもたくさんの人々が被災地を想い、
たくさんの支援金が日本へと送られた。

あの日は、障害をもって生まれた娘の、8度目の誕生日でもあった。
覚悟を持って、世に伝えていこうと心に決めたきっかけだった。

あれから6年。
ニューヨークでは、こんなにたくさんの人が、故郷を想っている。
東北だけでなく、昨年起きた熊本大分地震での支援も含めて、
ここで自分達ができることをやろう。
何よりも「忘れないこと」が、明日への一歩につながる。

毎年、追悼式典を運営してくださるボランティア団体の皆様に、
心より感謝の意を申し上げます。

45

49


March 11, 2011.
I lost my friend by Tohoku Earthquake.
At that time, many people in New York also thought of the afflicted areas,
A lot of support money was sent to Japan.

That day was also the eighth birthday of my daughter born with disabilities.
It was the opportunity I decided in my mind to issue my book to the world.

It's been six years since then.
In New York, so many people are thinking about our hometown, Japan.
Including not only Tohoku but also Kumamoto Oita earthquake that occurred last year,
Let's do what we can do here.
More than anything, "not to forget" leads to a step to tomorrow.

To volunteer organizations that manage memorial ceremonies every year,
We would like to thank from the bottom of our heart.

36

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

春は、別れの季節。
決まって3月に、決定的な別れがやってくるのはなぜだろう。

会えるはずの時があったのに、
会いに行かなかったことが、悔やまれる。

命の重さは、みんな一緒。
この距離が、もどかしい。

30


Spring is the season of parting.
I wonder why decisive parting comes in March.

Though there was a time when I could meet him,
I regretted that I did not go to meet.

The weight of life is all the same.
This distance make me frustrating.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next

49


江戸初期より伝わる「江戸結桶」技法。
木の合わせ目だけで水が漏れないように接合された桶は、
優れた機能性はもちろん、その輪郭の美しさに惚れ惚れする。

卓越した日本の職人魂の舞台にと、
卓越した精進料理店舗のシェフが協力してくださって、
東京・深川で創業130年の老舗「桶栄」と、
ニューヨークのミシュラン星レストラン「嘉日」のコラボイベントが実現した。

ディテールにこだわったインテリアと一緒に空間に溶け込んで、
桶たちも、ずっと以前からそこに居続けていたように凛として佇んでいた。

丹精込めて作られた日本の手仕事の結晶は、
たくさんのニューヨーカーの家にお嫁入りすることになった。

24

36


"Edo Yuioke" technique transmitted since the early Edo era.
It products the high quality "Oke", made by putting some wood together tied up
with Taga bands, assuring not a drop of water leakage.
Of course, there is not only for its excellent functionality but also for its beauty
of its contours.

To the stage of outstanding Japanese craftsmanship,
A chef from an outstanding Japanese cuisine cooperated.
A collaboration event of 130-year-old long-established store "Okeei" in Fukagawa, Tokyo
and Michelin star restaurant "Kajitsu" in New York was realized.


It melted into the space together with the interior that stack to detail,
The products of "Okeei" also remained dignified like they kept staying there
for a long time.

The products of handicrafts in Japan, which were made with fine texture,
will have new lives at some New Yorkers' houses.

34

02


嘉日公式ホームページ
桶栄公式ホームページ
ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

37

06

33

09

04


Next

28


ニューヨーク・マンハッタンのど真ん中に、隠れ家的な和室がある。
オーナーは裕福なユダヤ人で、相当な日本贔屓でいらっしゃる。
日本的なイベントを企画するには、最高の空間がそこにある。

かつては日本家屋に多く使用されていた鬼瓦。
鬼師と呼ばれる職人さんが、丁寧に仕上げていく工程は日本の職人魂そのもの。

鬼瓦をインテリアとして普及させたいと、
9名の鬼師の作品が、海を越えてニューヨークにやってきた。

ハロウィンの魔除け用に、カボチャの横に鎮座する鬼瓦も悪くない。
宗教の境なく家を守ってくれるという鬼瓦効果に、ニューヨーカーも注目している。

05

57

15


In the center of Manhattan in New York, there is a hidden Japanese room.
The owner is a wealthy Jewish, and he is considerably Japanese favor.
It is the best space to plan a Japanese-style event.

"Onigawaras" were once used in Japanese houses.
The process of finishing politely by a craftsman called Onishi, Onigawara
craftsman, is the Japanese craftsmanship itself.

In order to disseminate Onigawara as an interior,
Nine Onishi's works came to New York.

For the Halloween's amulet, it is not too bad that the Onigawara set next to
the pumpkin.
New Yorkers are also interested in the Onigawara effect that protects the house
without regard to religion.

21

03


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

12


Next

なぜ、外見の美しさに囚われるのだろう。
美しい花が咲けば、春が来たと言って喜ぶけれど、
日の目を見ない雑草にだって、同じ命がある。
それを見捨てて手に入れたものが、幸せというのだろうか。

03


Why did he take the beauty of appearance?
If a beautiful flower blooms, he is glad that spring has come,
Even the weeds that do live in the shadow have the same life.
Happiness does not stay in what got by kicking off others.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next

31


ちょうど1年前、デザイナーと一緒にニューヨークの展示会に潜入した。
日本での大きな展示会に出展した後の数年間で、
日本のFUGA市場が大きく拡大された実績もある。
でも、世界のファッション市場での反応については、ほぼ未経験だった。

準備する時間は十分にあったはずなのに、
主催者からのゴーサインが出るまで動くこともできず、
結局いつも通りのバタバタで。
英語版のホームページが完成しただけで、燃え尽きそうだった。

展示会当日、改めて会場の大きさに呆然とした。
言葉の分からない外国の世界に、ポツンと放り出されたような気持ちになった。
デザイナー本人は、きっともっと心細かっただろうけれど、
私達は、本当によく喋って、本当によく笑っていた。

幸いなことに、両隣の出展者が些細なことまで懇切丁寧に教えてくれて、
ファッションビジネスもアートも、結局のところ、
人とのコミュニケーション術がすべてだと、改めて学んだ。

出会ってから長い長い年月が経過して、
ようやく彼女の想いが形になっていく様子を、
こうして近くで見守っていられるのが、心底嬉しい。
初めて海外バイヤーから大きなオーダーが入って、抱き合って喜んだ日のことを、
次のステージでもきっと笑って話している自分達を、想像している。

目標は一歩ずつ、きっと叶っていくから。
世界に羽ばたいていくFUGAを、応援してください。

05

12

13


Just one year ago, I researched the exhibition in New York with designers.
In a few years after exhibiting at a big exhibition in Japan,
There is also a track record that Japanese FUGA market has been greatly expanded.
But we were inexperienced about the response in the world fashion market.

We should have had enough time to prepare,
As we could not do anything until the organizer gave a go-in sign,
After all we took actions at last minute as usual.
Just when the English version of the website was completed, we seemed to be burn out.

On the day of the exhibition, I was stunned by the size of the venue again.
I felt like I was thrown out away in a foreign world where I cannot understand words.
The designer herself was surely more attentive,
But we talked quite often and were laughing very well.

Fortunately, the exhibitors on both sides gently and carefully taught us trivial things.
Fashion business and art, after all,
I learned again that communication skills with people are all.

A long long time passed since we met,
I can see how her thoughts become products,
I am happy to be able to watch closely in this way.
On the next stage, I also imagine ourselves that we are laughing and talking
about the day when the big order from the buyer entered for the first time.

The goal will surely come true one step at a time.
Please support FUGA which will debut to the world.

FUGA NY - 公式ホームぺージ

48

お隣りブースの「UNI Jewerly」はポートランド発の人気ジュエリー。

44

反対隣りの「Erika Pena」はバリ発。大人気で常にバイヤーの列が絶えない。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

04


Next

仕事のスケジュールもいっぱいで、ほとんど自由時間などないはずで、
本人に会いたい人もいっぱいいて、引く手あまただと思うけれど。

なんとか時間を作って会いたいと言ってくれる人がいたら、
絶対にどうにか会いに行きたいと思う。

そんな話に花が咲いた先週末の備忘録。
損得勘定のない友達と会うから、密会は楽しい。

40


The schedule of work might be full, there should be almost no free time,
I know there are lots of people who want to meet him/her.

But if someone says he/she wants to make time and meet me,
I definitely want to go meet him/her.

We discussed such a story last weekend.
It is fun to meet friends because they have no calculating.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next