Archives

2017年11月

写真 2017-11-25 19 31 00

写真 2017-11-25 19 31 11


日に日に寒さが厳しくなってきたニューヨーク。
朝の気温が摂氏1度というのも珍しくない。

しかしどんなに寒くても、ニューヨーカーは遊び心いっぱい。
バーで飲んで、卓球をして、人生を語る。

ボールボーイの玉集めの素早さに驚きながら。
一般人の卓球技術の高さに驚きながら。

この街のエネルギーに、圧倒される。

写真 2017-11-25 19 36 22

写真 2017-11-25 19 37 19


New York has been getting cold day by day.
It is not uncommon that the morning temperature is 1 degree Celsius.

But no matter how cold the weather is, New Yorkers are full of playfulness.
They drink at the bar, play table tennis, and talk about life.

While surprised by the quickness of the "ball boy" collecting ball.
While surprised by the height of table tennis skill of the general public.

I am overwhelmed by the energy of this city.

写真 2017-11-25 19 36 57

写真 2017-11-25 20 46 51



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-11-25 19 31 19
Next

写真 2017-11-25 19 07 01


日本で何度か火鍋を食したことがあった。
どれも日本人好みにアレンジされていて、非常に食べやすかった。

チャイナタウンで火鍋を食する。
実は、ニューヨークでは初挑戦。

真っ赤なお鍋は、口から火を吹くほど辛かったけれど、
2時間食べ放題飲み放題のお店には、若者の行列が続く。

ニューヨークの魅力は底知れない。
まだまだ知らない世界が、こんなにも広がっている。

写真 2017-11-25 17 57 30

写真 2017-11-25 17 57 50


I had eaten Chinese hotpot several times in Japan.
Everything was arranged for Japanese preference and it was very fun to eat.

We went to eat hotpot in Chinatown.
Actually, it was my first challenge in New York.

A very red pan was spicy enough to blow a fire from mouth,
All-you-can-eat all-you-can-drink shops had a row of young people.

The charm of New York is bottomless.
The world I do not know yet is spreading like this.

写真 2017-11-25 18 03 24

写真 2017-11-25 18 00 24



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2017-11-22 1 16 19


深夜24時少し前から、ようやく店がオープンする。
次々と黒塗りの車が寄せられて、クールな大人たちが降りてくる。
1935年建立の重厚なビルの内側の世界は、
扉の向こう側に行ってみないとわからない。

まずここに入るのが至難の技。
あらゆるコネクションを使って、ゲストリストに名前を入れてもらう。
厳しいセキュリティーチェックの後、ようやくテーブル席に案内される。
写真付きIDとクレジットカードを預け、もう後がなくなると、
エンターテイメントタイムが始まる。

連れとの会話がまったく聞こえないほど、大音量の音楽に合わせて、
世にも美しい男女がお立ち台で踊る、叫ぶ。
まさに、バブル全盛期に見たナイトクラブの大人バージョン。

夜が更けるに連れて、どんどん客足が増えるのが驚きで、
夜中の1時過ぎから朝4時過ぎまで、ステージショーが繰り広げられる。
TV画面の向こうにいるはずのセレブがVIPルームを陣取り、
人目を気にせずはしゃいでいる姿が、目新しい。

ここはニューヨーク、ド派手な夜が似合う街。

写真 2017-11-22 1 16 26


"The Box" finally open from midnight 24 o'clock a while ago.
A black painted car comes one after another, and cool adults come down.
The inner world of a heavy building erected in 1935,
you don't not know until you go to the other side of the door.

First of all, it was a very difficult technique to enter here.
Use any connection to get our name on the guest list.
After severe security check, we were finally guided to the table seat.
Leave the photo ID and credit card, and when there was no more,
Entertainment time began.

To the extent that I could not hear the conversation with us at all,
there had a loud music.
A beautiful man and woman danced on the stage and shout.
It was exactly the adult version of the night club seen in the heyday of the bubble.

As night gets older, it was surprising that more customers gathered.
A stage show is held from 1 o'clock in the morning until 4 am past the morning.
A celebrity supposed to be beyond the TV screen crowded the VIP room,
It was novelty that they were excited without worrying about people's eyes.

This is New York, a town where the fancy night matches.

写真 2017-11-22 0 15 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next

かっこちゃんは、御自身のことをきちんと言葉で表現できる。
そして、目の前にいる「お友達」のことを、きちんと言葉で伝えられる。
もし「お友達」が言葉を持たなくても、直接会話ができなくても、
きちんと心を汲み取って、それを第三者に伝えてくれる。
かっこちゃんは、間違いなくメッセンジャーなのだなと思う。

かっこちゃんが、私の本を御紹介くださった言葉が嬉しくて、
私はかっこちゃんの本を抱いて眠った。
「ミミズと魔女と青い空:大人になったわたしから小さいころのわたしへ」
是非、読んでみてください。

******

以下、かっこちゃんのメルマガより。

ニューヨークで出会った美香ちゃんの新しいご本を紹介します。
「生まれてくれてありがとう」

美香ちゃんにお会いしたのは、今年の5月のニューヨークでの講演会会場でした。主
催をしてくださった仲間のみなさんが、「来て欲しいなあと思っている人がいるの、
カッコちゃんとつながって会って欲しいなあって思ってる人がいるの」そう言ってく
ださってお会いできたのが美香ちゃんでした。本を読みながら何度も美香ちゃんとお
会いした場所やお会いしたシーンを思い出します。
目を持たないで生まれてきた千璃ちゃんが生まれてから今までの家族のお話。
障がいを持って生まれてこられたお嬢さんの本です。悲しい本ではありません。辛い
本でもありません。愛いっぱいのとても優しいそして大切な本です。
ドリカムの「うれしい楽しい大好き」が本いっぱいに溢れている本だなあと思いまし
た。

"かっこちゃん in NY"の記事

こちらも知ってほしい「宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと」

50


Kakko can express herself with words properly.
And she can tell the word of her "friends" in words.
Even if "friends" does not have a word, even if he/she cannot talk directly,
she takes the proper attention and tells it to a third party.
I think Kakko is definitely a messenger.

I was very pleased the word that Kakko introduced my book.
I fell asleep holding with a book of Kakko.
"Earthworm, Witch and Blue Sky"
Please read it by all means.

******

Below, from Kakko's mail magazine.

I will introduce Mika's new book I met in New York.
Mika's 2nd book.
 
I met Mika with a lecture hall in New York this May.
My friend who hosted the event said, "I have a friend I want to introduce you.
Hope she comes here."
So, I met Mika in New York.

While reading a book of Mika's new edition,
It reminded me the place I met and the scene I met.
It is Mika's family story with Seri who was born without eyes.
It is a book of her daughter who was born with a disability.
It is not a sad book, not a painful book either.
It is a very gentle and important book full of love.
I thought that it is a book full of books full of the music " Ureshii, Tanoshii, Daisuki
(happy, fun,love)" of the music group "Dreams come True."

10



海外永住 ブログランキングへ "
Next

フレンチ料理界のトップスター、ダニエル・ブルー氏。
彼がプロデュースするレストランは、どこも人気が絶えない。
お客様をお連れして、久しぶりにこのエリアへ。

オリーブオイルを使った地中海料理が中心で、
従来のダニエル系列店より、ややカジュアルな雰囲気とお値段が人気。
ホリデーシーズンは、プレシアターとしてますます活気を帯びるだろう。

写真 2017-11-21 20 51 05

写真 2017-11-21 21 00 10


Chef Daniel Boulud is the top star of the French cuisine world.
The restaurant which he produces is popular everywhere.
I took my clients to this area after a long time.

Mediterranean cuisine using olive oil is the main,
A somewhat casual atmosphere and price are more popular than traditional
Daniel's restaurants.
The holiday season will get more and more lively as a pre-theater.

写真 2017-11-21 21 27 33

写真 2017-11-21 21 27 28


Next

写真 2017-11-23 17 27 08


アメリカで最大の家族行事といえば、サンクスギビング。
クリスマスは恋人や友人と過ごすことがあっても、
サンクスギビングだけは、家族皆で食事をするのが通例。

核家族の我が家は、ひっそり家族だけで過ごすことも多いけれど、
今年は友人が手巻き寿司パーティーに誘ってくれた。

食べ物だけでなく、お世話になっている人たちへの感謝を捧げる感謝祭。
心あたたまるおもてなしが、何よりの御馳走だった。

写真 2017-11-23 17 26 57

写真 2017-11-23 18 56 22


Speaking of the biggest family event in America, Thanksgiving.
Even though Christmas may be with lovers or friends,
For Thanksgiving, it is usual to eat with a whole family.

My family often quietly spend only with family.
We were invited to a hand-rolled sushi party yesterday.

Thanksgiving is not only for food but also for appreciation to family and friends.
Her heart-warming hospitality was the most delicious treat.

写真 2017-11-23 19 02 24
Next

写真 2017-11-23 10 21 36


ニューヨークでは「Farm to Table」のレストランが大流行している。
生産者から消費者へ良いものを届けるために、
腕利きのシェフが調理をして、完成した料理として提供する。

チェルシー地区という、グルメが集まる立地。
美味しい料理を堪能したら、隣のグローサリーで食材を買って帰る。
ネイバーが気軽に食事を楽しむ雰囲気が、心あたたまる。

サンクスギビング週間は、故郷に帰る人も多くて、
街も少し静かになる。
ターキーは焼けないけれど、チキンを買って帰ろう。

写真 2017-11-22 19 50 25

写真 2017-11-22 19 50 28

写真 2017-11-22 20 03 54

写真 2017-11-22 20 36 22

写真 2017-11-22 20 36 28


In New York "Farm to Table" restaurants are prevalent.
In order to deliver good things from producers to consumers,
A skilled chef cooks and serves as a finished dish.

"Foragers Table" is located in the Chelsea area, where gourmet gathers.
After you enjoy delicious dishes, buy food at the next grocery and return home.
The atmosphere where neighbors enjoy eating casually, make us warm hearts.

During the Thanksgiving week, many people return home,
The streets become quietly a bit.
I will buy chicken to cook, and let's go home.

写真 2017-11-23 8 10 13

写真 2017-11-23 8 11 05

Next

この人に会うと元気になる。
一緒にいた時間が有意義だったと思える。
そんな存在に憧れるし、そんな存在になれたらと思う。

私にとって、山崎拓巳氏はそんな人。
私の何十倍も忙しいはずなのに、
ちょっとした隙間時間を合わせてくれて、元気をくれる。

大人数の前で話すのは得意じゃないし、
主役を陰で支える方がずっと好きだけれど。
人をぐいぐい引っ張る彼の吸引力が、
いつも会場中を巻き込んでくれるから。

いろんな夢を叶えるキッカケを、
皆さんと一緒にお話できる機会になりますように。

「夢が叶うランチ会」お申し込みはこちらから。Please click here.

写真 2017-11-22 15 00 01


When you meet this person, you feel better.
You think that the time you were together was meaningful.
I adore such existence, I wish I would be such an existence.

For me, Mr. Takumi Yamasaki is such a person.
He should be busy much more than me,
he makes me a power by meeting me in a refresh time.

Originally, I am not good at speaking in front of many people,
I prefer to support the protagonists from back of the stage.
His attractive force pulling a person to a greater extent,
So, we always involve the center of the venue.

We will try you make various dreams come true,
Let us make this opportunity to talk with everyone.


Next

写真 2017-11-21 8 56 27


ジュエリーの知識など皆無だった20代の頃、
美の師匠が、私に教えてくれた。
宝石に生命を吹き込むのは、カット、カラット、カラー、クラリティーに加えて、
研磨と石留めの技術が大事なのだと。

ティファニーの婚約指輪が絶大なる人気を誇っていた頃に、
私はそのカット技術よりも、セッティング技術に興味を持っていた。
なかでも師匠が絶賛していたのが、ヴァンクリフ&アーペルの石留め技術。
外からそれが見えないミステリーセッティングは、世界の最高峰だと。

******

「ノアの箱船」に乗った動物たちをモチーフにしたデザインを結集させるという、
非常にわかりやすいテーマのインスタレーション。
チェルシー地区の殺伐としたギャラリー街に、楚々と集まる群衆。

ヴァンクリフ&アーペルにはおよそ似つかわしくない環境。
でも、だからこそ、いい。
すぐ手の届くところに、ホンモノがある。
本当の審美眼を育てる街の本髄がここにある。

写真 2017-11-18 13 49 12 (1)


In my twenties who had none of jewelry knowledge,
A "Master of beauty" taught me.
People know " cut, carat, color, and clarity" of jewels.
In addition, to breathe life into jewels, the polishing and stone tacking techniques
are important.

By the time that Tiffany's engagement ring was boasting overwhelming popularity,
I was more interested in the setting technique than that cutting technique.
Among them, the master acclaimed was Van Cliff & Arpels' stone tacking technique.
The mystery setting in which it cannot be seen from outside is said to be the highest
peak in the world.

******

“Van Cleef & Arpels “Noah’s Ark” inspired jewelry installation" was held in New York.
It was an installation of a very easy-understand theme, to bring together designs motif
by animals on Noah's Ark.
A crowd of gathers in a gallery town where the Chelsea district.

An environment was not very match to Van Cliff & Arpels.
But that was why.
In the place where we can reach it, there has a real.
Here is the merit of the town that fosters true aesthetic vision.

写真 2017-11-21 8 48 23

写真 2017-11-21 8 50 58

写真 2017-11-21 8 52 28

写真 2017-11-21 8 53 44

写真 2017-11-21 8 55 05

写真 2017-11-21 8 55 30

Next

写真 2017-11-15 10 17 38


裏千家師範の母を持っているのに、私はお茶事の心得が足りない。
小さい頃から正座が苦手で、稽古中は母によく叱られていた。
一番最初のお免状をいただいた時に、もう母の弟子は辞めたいと申し出た。

海外に移住して、着物を一人で着られない自分に嫌気が差す。
若い頃に、もっとしっかり習っておくべきだった。

ニューヨークという街で、日本茶についての教壇に立ったのは、
日本茶をこよなく愛するスウェーデン人。
日本人より日本茶の知識に長けているのが興味深い。

米国で日本茶を展開する4ブランドとJETROの協働で、
北風の冷たいミッドタウンが、少し暖かくなった。

写真 2017-11-15 9 31 16

写真 2017-11-15 9 37 47


Though I have mother of Tea master, I do not have enough knowledge of tea ceremony.
I was not good at sitting since I was a childhood, and my mother was often scolded during practicing.
When my first diploma was received, I apprentice offered to quit.

After immigrating in the US, I am disgusted that I can not wear kimonos by myself.
I should have learned more firmly from my mother when I was young.

In the city of New York, Swedish guy who loved Japanese tea had a seminar of Japanese tea last week.
It was interesting that he was better at knowledge of Japanese tea than Japanese.

In collaboration with JETRO and 4 brands developing Japanese tea in the United States,
The cold midtown of the north wind became a little warm.

写真 2017-11-15 10 38 38

写真 2017-11-15 10 43 08
Next

2012年5月、「金環日食」の奇跡を目の前にして、
娘にいつか見せてあげたいとつぶやいた。

勇気を出して伝えたはずなのに、想像以上の誹謗中傷に傷ついた。
すべて、私たちのことをまったく知らない第三者からだった。
でもそれが「世に伝える」ことなのだと、思い知った。

水面下でなんとか呼吸をする生活が続いたけれど、
周りを見渡すと、たくさんの仲間が一緒にいてくれた。
まだ伝えることができるかもしれないと、また勇気をもらった。

私たちに関わってくれている人、すべてのことを書きたくて、
ずっと記録をつけていた。
登場人物が多過ぎるからと、そのほとんどはカットされてしまったけれど、
原作では何十人というキャストが登場する。
これまで、いかに多くの人との関わりの中で生きてきたかを痛感した。

カミングアウト=正しいということではない。
でも、こういう選択肢があるということを伝えたかった。
私だけじゃない。
みんな目に見えない何かを抱えながら、日々を生きている。

背中を押してくださったすべての方々に、
時間がかかっても必ず、お返ししていきます。
たくさんの感謝と共に、伝えることを諦めたくないから。

2017年秋、終わりのないストーリーを応援してください。
ぜひ、お手に取っていただけたらと思います。

写真 2017-11-15 22 27 44


In May 2012, with a miracle of "Annular solar eclipse" in front of us,
I muttered that I wanted to show it to my daughter someday.

Although I should have conveyed with courage, I was hurt by slanderous harder
than imagination.
It was all from a third party who did not know us at all.
But I realized it was "to communicate to the world".

Although I managed to breathe somehow under the water,
Looking around, a lot of friends were there.
I got the courage again that I might still be able to tell.

People who were involved in us, I wanted to write everything,
I kept keeping records.
Most of the characters were cut because the characters were too numerous,
In the original casts of dozens of people were appeared.
I was keenly aware of how many people I was taken care of the relationship.

"Coming out" is not that it is correct.
But I want to tell you that there are such options.
It's not only me.
Everyone lives their days while holding something invisible.

To everyone who encouraged me,
Even if it takes time, I will return it.
Because I do not want to give up telling, with lots of thanks.

In the autumn of 2017, Please support our never ended story.
I hope you will get it in hand to read.

写真 2017-11-15 22 27 50


小学館 書籍案内はこちら

写真 2017-11-15 22 28 13



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2017-11-15 11 18 39


ホリデーシーズンに向けて、街が走り出した。

ロックフェラーセンターにクリスマスツリーが到着し、
点灯式の準備が始まる。
5番街のシンボル、スワロフスキーの雪の結晶が、
57丁目の交差点に出現する。
ティファニー本店が、ギフトボックスのように包まれる。
バーグドルフグッドマンのホリデーウィンドウも、
助走が始まった。

サルベーションアーミーの寄付に、
人々の財布の紐が緩む。

この街のこの空気には、肌を刺すような寒さが似合うけれど、
夕闇に包まれる前に、家に帰ろう。

写真 2017-11-15 11 39 29


Toward the holiday season, the town started to be decorated.

The annual Christmas tree arrived at Rockefeller Center,
Lighting formula preparation has begun.
The symbol of Fifth Avenue, the crystal of snow of Swarovski,
It emerged at the intersection of 57th Street.
The Tiffany head office has been wrapped like a gift box.
The holiday window of Burgdorf Goodman will be ready soon.

To the donation of Salvation Army,
People's wallet is now easy to donate.

To this air in this town, the cold that stings the skin becomes to match.
But I want to go home before being wrapped in dusk.

写真 2017-11-15 11 38 04

写真 2017-11-15 11 19 02



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-11-16 8 30 03

写真 2017-11-16 8 31 06
Next

アーティストは、デザイナーでも看板屋でもない。
本来素人が、こんな風に描いて欲しいと注釈してはいけない。
私が苦悩する想いも、彼女は受け止めてくれた。

娘が思い描いているであろう、キラキラした世界観。
崇高な魂と人との繋がりを表現する色。
手に取ってみたいと思えるあったかさ。
愛と感謝を伝えたいという想いを、どう表現してもらえるか。

書く側と売る側の想いが交錯する。
装丁作家やデザイナーさんの寛容さに甘えて、
私は最後まで、ずっとワガママだった。

売るために書いたのではなく、
知ってもらうために書いたから。
世界のどこかで、トンネルの出口を探している人たちに、
この光が届きますように。

写真 2017-11-15 16 16 30


Artists are neither designers nor billboards.
They usually don't like the way that the clients indicate the way to draw.
But a Ronda artist, Midori Yamada, also accepted my feelings of distress.

A glittering worldview that my daughter would have envisioned.
A color expressing a noble soul and the connection to people.
A warm feeling that people want to take it directly.
How we can express the feelings of wanting to convey love and gratitude?

The thoughts of the writer and the seller intersect.
Fortunately, the tolerance of a binding writer and designers were soft on us,
I was always selfish till the very end.

I did not write it for sell the book,
Because I wrote to let somebody know.
Somewhere in the world, for those looking for tunnel exits,
I hope this light will arrive.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

久しぶりに、母娘ほど年齢の違う女性たちのアテンドを依頼されて、
一体何を話せば良いのだろうと思っていた。

ゆとり世代ど真ん中の彼女たち、あまり物事にも執着がない。
とてもいい青春時代を送っているのだなと、羨ましくなった。

なかの一人が、ふと手にした携帯ケース。
個性あふれる可愛さで、すぐに彼の作品だなと分かったから、
私と彼の大事なストーリーを、大切に伝えた。

「ミカさんが思っているものとは違うかもしれないけれど、
僕がセリちゃんを描いてみたいなと思うので、描かせてください」

活字離れといわれる御時世だけれど。
少しでも手に取りやすい、読みやすい、あったかい本にしたい。
たくさんの人に支えられて出来上がったストーリーに、
愛あふれるイラストを添えて下さった裏話。

余計な言葉は不要だけれど、
一枚一枚に、たくさんの想いが込められている。
きっと出会いは偶然でなくて必然。
ニューヨークという街は、たくさんの出会いを連れてくる。

写真 2017-11-14 9 34 41


When I was asked to guide with the women tourists whose age were very young generation,
I didn't know what I should talk about.

Since they were in the middle of the "Yutori-generation (generation educated with latitude)",
they looked they did not have specific persistence with something.
I was envious that they were sending a very good youthful age.

One lady had a mobile phone case that was designed with a cute girl illustration.
Because I knew that it was my friend's work soon,
I carefully conveyed my important story of him to a lady.

"Mika, although it may be different from what your ideal,
I want to draw your daughter, Seri. Let me do it, please."

Although now is said that the young generation is lack of the interest of serious reading,
we want to make it a warm book that is easy to read even a little.
To the story completed with the support of many people,
there was a story behind the lovely illustration.

Although additional words are unnecessary,
a lot of thoughts are put in each piece.
No doubt the encounter is inevitable.
The city of New York brings lots of encounters.

三浦大地氏HP / Please click here to see the official website of "Daichi Miura"


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

たくさんの障害を持って生まれた娘は、ずっと歩くことができなかった。
障害児専用の車椅子は、高価でとても買えなかったから、
幼児用のベビーカーで、ずっと一緒に移動していた。

米国では、歩かない乳児にも外出時に必ず靴を履かせる。
靴下や裸足のままベビーカーに乗せると、違和感を抱かれる。
「靴を履かせてあげなさいよ」
隣人愛と親切心からくる言葉に、毎回説明ができなかった。

可愛くて、丈夫で、履かせやすい。
このタイプの靴を、何足買い続けただろうか。
決して廉価ではないけれど、歩かないから靴は痛まない。
なかなかサイズアウトしないことが、経済的にはありがたかった。

干支がひとまわりした頃、ようやく娘が大地を踏み出した。
恐る恐る、手をのばして、信頼出来る人を探す。
娘の足には21センチのミキハウスの靴。
子供用の最後のサイズだった。

娘の成長を見守ってくれた靴の空き箱を片付けよう。
最後の一枚を写真に収めた時、涙が流れた。
このブランドにこだわっていたことは、親のエゴかもしれないけれど、
こんなに愛し続けたモノがあることが、幸せだった。

*******

米国社長に我が家のストーリーお伝えして、ミッションが終わった。
いつか直接御礼をお伝えしたいとずっと思っていた。
我が家の救世主だった日本ブランドのこだわりに、感謝をこめて。

写真 2017-11-12 8 07 38


My daughter, born with many obstacles could not walk for a long time.
The wheelchair exclusively for handicapped children was expensive and we could
not be purchased it.
We moved with a general stroller all the while.

In the United States, even infants who do not walk always make them wear shoes
(or booties) when going out.
If you put your baby a stroller with socks and bare feet, people will feel it's unusual.
"Let your baby wear shoes"
I could not explain our situation to the words from neighborhood love and kindness.

I loved Miki HOUSE's shoes. It's cute, strong, easy to put wear.
I wonder how many pairs I kept buying this type of shoes.
Although it was not inexpensive at all, she did not walk, so her shoes won't hurt.
We thanked economically that she grew very slowly.

After it passed more than 12 years, my daughter finally stepped on the ground.
She walks, extends her hand and looks for a reliable person.
She wore Miki House's shoes at that time.
21cm was the last size for their kids’ shoes.

I cleaned up the empty boxes of the shoes who watched my daughter's growth.
Tears flowed when I took a picture the last piece.
What stuck with this brand may be the ego of the parent,
I was happy that there was a thing that I loved so much.

******

After I told the story of my family to the president of Miki House in the US, my mission
was over.
I always thought that I would like to express my thanks directly someday.
We thank the pride of the Japanese brand that was our savior.





海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-10-31 21 23 38

43


マンハッタンで車の暴走によるテロ事件が発生した日。
ニューヨーク市は「変わらぬ日常」のために、
予定通り、ハロウィンパレードを決行した。

月に一度、たった8席(2回転)だけのシェフズテーブルも、
いつもと同じように、開催された。

トリュフに始まり、トリュフに終わる秋尽くし。
雲丹最中やサーモンの燻製など、目新しいアレンジも面白く、
前菜からデザートまで、15皿のフルコース。

豪華な仮装姿のまま食事を楽しむニューヨーカー達に、
この国の強さを全身で感じた夜だった。

写真 2017-10-31 21 21 45

写真 2017-10-31 21 24 34


The day when a terrorist attack occurred due to a car runaway in Manhattan.
For New York City 's "unchanging daily life"
the city had the Halloween parade on schedule.

Once a month, only 8 seats (2 turns) of Chef Abe's Kitchen,
was held as usual.

Autumn menu started with truffles and ends with truffles.
It is interesting to arrange new things such as "Uni Monaka" or " Smoked Sockeye Salmon",
From appetizer to dessert, it was composed as full course of 15 dishes.

To New Yorkers who enjoyed eating in a gorgeous Halloween costume,
It was a night when I felt the strength of this whole country.

Abe's Kitchen Counter
1. White Truffle Mousse
2. Yamaimo Caviar
3. Yuba Ikura
4. Uni Monaka
5. Kabocha Tonyu Soup
6. Sayori Sashimi
7. Sanma Aburi Sashimi
8. Smoked Sockeye Salmon
9. Katsuo Negi Oil
10. Kaisen Shabu Shabu
11. Yaki Shirako
12. Bone Marrow Saikyo Yaki
13. Wagyu Gohan /w Osuimono
14. Chocolate Fondue
15. Kabocha Truffle Icecream

写真 2017-11-11 9 36 59

写真 2017-11-11 9 37 29

写真 2017-11-11 9 38 20

写真 2017-11-11 9 39 09

写真 2017-11-11 9 40 07


Abe's Kitchen by Martha Stewart


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

芸術家や文化人が集まる銀座のBAR「サロン・ド慎太郎」。
数年前、従姉妹の紹介で知り合った時から、
私は一気に慎太郎ママのファンになった。

アカウント持っているだけで、ほとんど休眠状態のインスタグラムで、
銀座のママ達と、幾人かのアーティストだけはチェックする。

慎太郎ママが、ついにバッグのコラボ企画に乗り出した。
イタリア発の日系ブランド、アンテプリマのワイヤーバッグが、
和装にもぴったりなデザインで生まれ変わった。

日本の利休型バッグとイタリアテイストのコラボレーション。
あまりにも素敵な発想に、私は遠隔から一目惚れ。

地球の裏側まで一緒に帰ってきたバッグ、
今度は世界中に連れて歩きたい。

21427573_10155766722408112_4285890025208386220_o


In Ginza, Tokyo, there is a bar where artists and cultural people gather, "Salon de Shintaro".
A few years ago, since I met him through my cousin,
I have become a fan of Mom, Shintaro.

I have just an account of Instagram, but almost dead.
I check only moms of Ginza and some artists.

Mom, Shintaro, finally launched a collaboration project of the bag.
Japanese brand that debuted in Italy, Anteplima's wire bag,
has reborn with design that is perfect for kimono.

Collaboration between Japanese Rikyu Bag and Italian Taste.
Too much wonderful idea, I have fallen in love at first sight from New York.

I will bring this bag, that came to the back of the earth with me, to the world.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

あまりにも忙しく走り回ったなかで、
隙間時間でも会いたいと連絡をくれる友人がいる。
小1時間の密会でも、やはり直接会うと温度が伝わる。

朝7時半とか、夜中の24時とか。
それでも時間を作って会いに来てくれる友人に感謝。

会いたい人には、何度でも会いたい。

写真 2017-11-02 16 37 57


In the busy running around too much,
There were friends who contacted me to see them even in the gap time.
Even at a small one hour meeting, the temperature was transmitted
when we met directly.

Seven thirty in the morning, or 24 o'clock in the midnight.
Even so, I thank my friends who came to see me to make time.

I would like to meet the person I want to meet many times.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

「この2年、僕は何が出来たのだろう」
友人の呟きに、私も我が身をふり返った。

師匠が急逝した報せを、私はニューヨークで聞いた。
お別れは、あまりにも突然だった。

たくさん話したいことがあったのに、
たくさんお返ししなければいけなかったのに、
運命という定めは、それを待ってくれなかった。

自分が出来ることをやる。
それしかできないけれど、
師匠のために、何が出来るだろう。

「美しい心を教えるのは、母親の役目だよ」
師匠の言葉を、胸の内で繰り返す。

今の私には、書くことしかできないから、
師匠のことを伝えるために、ペンを取った。

来月は三回忌。
天国に届きますように。

43


"What have I done for the past two years?"
When I saw my friend's muttering, I also looked back on ourselves.

Two years ago, I heard the news in New York that my art master died suddenly.
Farewell was too sudden.

I had something I wanted to talk him a lot,
I had to give back him a lot,
The stipulation of fate did not wait for it.

I do what I can.
Although I can only do it,
I wonder what I can do for my master.

"It is mother's role to teach a beautiful heart."
I repeat the master's words in my mind.

For me now, I can only write.
I took a pen to tell my master.

The third anniversary will come next month.
Hope it reach to the heaven.

師匠のことを書き綴った記事です。
ぜひ読んでください。
拙著の2作目でも師匠のことを書いています。

「美の極み」
「美の極み、それから」
「美の極み、これから」
「ピアス」
「タイピン」



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-11-06 9 42 39


夏の間、何度も出版社と打ち合わせをした。
書きたい気持ちはあったけれど、書けなかった。
そんな胸のうちを、全部さらけ出した。

ライターに書いてもらうという選択肢もあったけれど、
それでは自分の文章にならないという違和感があった。
結局、一字一句、自分の言葉で書いた。
それしか自分にはできないからと。

娘が思い描いているであろうキラキラした世界。
彼女をとりまく愛と、彼女が放つ愛。
2人のアーティストが、私の想いを形にしてくれた。

日本を代表するワーキングマザーが、
校了の翌日に、帯のコメントを贈ってくださった。

怖いけれど、伝えることを続けたいと思う。
障害者のいる生活、それが当たり前の暮らし、
同じ社会にいることを、見守ってください。

一緒に走ってくださった編集者とプロデューサーと、
支えてくださっている、ここにいる皆様へ。
心からの感謝を込めて。

写真 2017-11-06 10 44 16


I had many meetings with the publisher during the summer.
I felt like to write but I could not write it.
I exposed everything in my mind.

They asked me that I had the option of having the writer write it,
Then there was a feeling of incongruity that it would not be my own sentences.
After all, I wrote everything in my own words.
Because it was only thing that I could myself.

A glittering world that my daughter may have envisioned.
Love surrounding her, and love she releases.
My friends, two artists shaped my feelings.

The next day after I finished all,
One of Japan's leading working mother, sent her comment to my book.

I am scared, but I would like to continue to tell.
We live with a family member with disabilities.
Please watch over us as supporters.

To my editors and my producer.
To all who are here who are supporting us.
With a sincere gratitude.

5年前の記事。あれからずっと、書けなかった。

写真 2017-11-06 10 41 37



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

写真 2017-11-04 17 04 53


小雨の降る秋の週末、
東京アメリカンクラブに170名の元同僚たちが集結した。

入社25周年のお祝いイベントに、
たくさんのゲストが駆けつけてくださった。

空の上のレストラン、スカイオーベルジュBEDDのシェフたち。
JALのCMソングを歌ったシンガーソングライターKATSUMI氏。
JAL現役社長や広報室の御協力もいただいて、
前代未聞の大きな企画となった。

幹事6名と20名のスタッフ。
会場装花、小冊子のイラスト、ギフトのクッキー、当日のMC。
CAから転職したいろんな分野のプロが勢揃い。
JALアーカイブスの展示品が、イベントに華を添えた。

お世話になった教官からのお祝いメッセージや、
訓練時代の写真を綴る動画作りは、ギリギリ前日に完成。
「Sola」のシェフパティシエは、当日朝まで2晩徹夜で
200本のケーキを焼いてくださった。

イベントを作り上げていく過程、
語り尽くせないほどの苦労や裏話。
すべて、当日の参加者の笑顔で報われる。

旧交復活と、次の扉を開けるきっかけ作り。
私たちの想いが、多くの人に伝わりますように。

写真 2017-11-05 14 24 20


A rainy weekend in autumn,
170 former colleagues gathered at Tokyo American Club.

To celebrate the 25th anniversary of joining the company,
A lot of guests came to join.

Mr. Suga and Mr. Yoshitake, the chefs of a restaurant “BEDD” on the sky.
Mr. KATSUMI, a singer-songwriter who sang JAL's CM song.
With the cooperation of JAL active president and public relations department,
It was an unprecedented big project.

6 staff members and 20 supporting members.
The planting flower at the venue, illustration of booklet, gift cookie, MC of the day.
Professionals in various fields who changed jobs from CA are in charge.
The exhibits of JAL archives added nice essence to the event.

We have just completed making videos on the previous day.
The pastry chef of the restaurant "Sola" baked 200 cakes without sleeping
over two nights.

In the process of building up an event,
there were a lot of struggling and back stories that cannot be expressed.
All were rewarded with the smiles of the participants on the day.

We tried to make old-friends revival, and the opportunity to open the next door.
May our thoughts be conveyed to many people.

オフィシャル動画(ダイジェスト版)


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-11-04 18 14 23
Next

話の上手な人は、聞き出し上手でもある。
私は人見知りだけれど、うわべだけの会話は苦手。

人との距離感の物差しが似ている人は、すぐに分かる。
こんなに忙しい方と、いつもなぜかタイミングよく会えてしまう。

またワクワクすること企てよう。
そんな約束が、また明日への糧になる。

56

LACOxTAKU@YouTube


A person with good talk is also good at listening.
I am shy, but I'm not good at conversation that is social etiquette.

People whose distance measurements with people are similar are immediately
understood.
I can meet him every time though he is such a busy person at any time.

We shall plan the excited event.
Such a promise will be a source for tomorrow.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

05


ジュエリーデザイナーの母を持ち、
職人技術を目の当たりにして育った。
愛らしいデザインを生み出す内面は。
どこまでも強く美しい。

ニューヨークで最も有名なセレクトショップ、
「ジェフリー」のオーナーが惚れ込んだセンスを、
すでに世界中のセレブ達が注目している。

世界の次のステージまで、
日本人アーティストの息吹を届けよう。

57


Having a mother of a jewelry designer,
she grew up witnessing craftsmanship techniques.
Her mind that creates an adorable design,
it is strong and beautiful everywhere.

The owner of "Jeffrey", the most famous select shop in New York,
Loves her sense and has started to sell her collections.
Celebrities all over the world are already paying attention.

To the next stage of the world,
we shall deliver the breath of Japanese artists.

53


"Bijou de M" Official Website


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

20597190_10203676543189785_5479630870051327490_n


今春「アラジン」のミュージカルを観たときに、
偶然、隣席に座ったのが、NPOの主宰者だった。

豊かな国の裏側で、悪質な衛生環境の国がある。
毎年世界で150万人の子供たちが、感染症で命を落としている。

もし石鹸で手を洗うことができれば、その半数は助けられる。
「一緒に手を洗おう。健康になって、長生きしよう」

石鹸の中にはメダルが埋め込まれていて、
子供たちは、そのメダル欲しさに一生懸命手を洗う。

メダルは、「世界平和パーティー」の招待状。
20年後の夏に、ニューヨークのセントラルパークで開催される。

こんな素敵な活動を、応援しないわけにはいかない。
私は自分の動ける範囲で、人繋ぎ活動をスタートした。

出会いは偶然でなくて、必然だから。
世界平和に繋がる活動を、全部包んで応援したい。

18835915_827418080745143_6067376091432848631_n


When I saw the musical of "Aladdin" this spring,
I met the president of the NPO who accidentally sat in the next seat.

Behind a wealthy country, there is a country of malignant sanitation environment.
Each year 1.5 million children worldwide die of infectious diseases.

If they could wash their hands with soap, half of them could be helped.
"Let's wash our hands together. Let's become healthy and live longer."

Medals are embedded in the soap,
The children wash their hands hard at the desire of the medals.

The medal is an invitation card for "World Peace Party".
It will be held in Central Park in New York in the summer in 2036.

I want to support such a wonderful activity.
I started connecting people activity within the range of my network.

Because the encounter is not coincidence, it is necessarily.
I would like to encourage and support all activities that lead to world peace.

22853429_902336489919968_8427154913507507073_n



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

なぜ人は、人を裏切るのだろう。
昨日までの態度を一転させて、他人のようにふるまう。
分かり合えていた過去は、すべて幻に変わる。

良いことも悪いことも、忘れてしまうことがある。
でも、裏切られたことは、一生忘れない。
そして当人はきっと、人を傷つけたことに気付かない。

せめて私は、人を裏切らない生き方を選んで進もう。

36


Why does people betray people?
He changed the attitude until yesterday and behave like someone else.
The past that we knew was changed to phantom.

Something good or bad can be forgotten.
But I will never forget the fact that I was betrayed.
And he surely does not know that he hurt me.

Let me choose the way of life I do not betray people.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next

あまりにタイミングの良い引き合わせと御縁に、
感謝以外の言葉が見つからない。

たったひとつのアートとか、
たったひとつの音楽とか。

それで命を救われることがある。
生きる力をもらうことがある。

生命の尊さと、感謝の想いを、
ずっと伝えていきたい。

Hope my dreams come true.

写真 2017-10-22 3 59 20


I had a wonderful timing and good relations,
I cannot find words other than appreciation.

By only one art,
Or by just one music,

That sometimes saves lives.
People get the power to live.

The preciousness of life and the feeling of appreciation,
I want to tell it all the time.

Hope my dreams come true.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

Next