Archives

2018年02月

写真 2018-02-07 14 45 44


米国でも相変わらず、いわゆる「インスタ映え」するものが人気。
特にフード愛好家の女性の間で、大人気のチョコレート屋さん。
ノリータ地区にある小さな店内は、さながらアートギャラリーのよう。

「チョコレート好きの皆さん、私についてきて」
そんな風に煽られたら、こぞって買いに行ってしまう。
パッケージがまた、この上なく可愛い。

私はずっと人をサポートする立場でいるけれど、
「ついていきます」と言われることが、このところ少なくない。
人並みに、年齢と経験を重ねてきたということなのだろうか。

期待してくださる方に、頼りないと思われないように、
自信を持って「私についてきて」と言えるようになりたい。
そう言えるように、自分のスタンスを貫いていたい。

写真 2018-02-07 14 45 05


As usual in the United States, things that are so-called "Instagenic" things are popular.
"Stick with Me" is a popular chocolate shop among the ladies of food enthusiasts in particular.
A small shop in Norita area is just like an art gallery.

"Chocolate lovers, Stick with me"
If we are asked that kind of thing, we might go buy everything.
The package is also pretty cute.

I have been in a position to support people for a long time,
Recently, I was sometimes told "I will stick with you.".
I think it is caused that I have been age-old and experienced.

As I don't want to betray someone who expect me,
I would like to be able to say "Stick with me" with confidence.
As I can say, I want to keep my own stance.

写真 2018-02-07 14 45 52

写真 2018-02-07 14 45 20



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-05 15 35 16

写真 2018-02-08 10 41 31

写真 2018-02-05 15 34 59


Next

ニューヨークファッションウィークの始まりは1945年。
当時、アメリカのデザイナーはそのインスピレーションを得るのに、
フランスのクチュールに頼りきっていたという。
第二次世界大戦をきっかけに、彼らの関心を国内に向けようと、
プレスやジャーナリスト向けのショーが開催された。

世界の四大ファッション都市。
ミラノ、パリ、ニューヨーク、ロンドン。
年に2回のファッションウィークは、ニューヨークから始まる。
世界中からお洒落なファッション関係者が集約し、
ハッと振り返りたくなるような素敵な人と街ですれ違う。

かつては2年先の流行が作られると言われていたが、
近年多くのアパレルメーカーが方針を変えている。
今年の秋冬シーズンの納品用に、バイヤー達が駆け回る。

まだまだダウンコートを手放せないけれど、
暖かい春夏を通り越して、心はすでに秋冬へ。
この時期、ジャーナリスト達のレビューを読むのが楽しい。

写真 2018-02-12 15 25 05


The beginning of New York Fashion Week was in 1945.
At that time, American designers was said that they took their inspiration
only from French couture.
In the wake of the Second World War, in order to direct their interest to
the domestic market,Fashion shows for press and journalists were held.

Four big fashion cities of the world.
Milan, Paris, New York, London.
Twice a year fashion week starts from New York.
Fashionable people from all over the world gathered,
I meet with a nice person that I would like to look back in the city.

In the past, new style for year’s advance was shown in the show.
But many apparel makers are changing their policies in recent years.
For the delivery of this autumn / winter season, buyers run around in the city.

I cannot take off my down coat yet,
I pass through the warm spring and summer, and my mind has already gone
to autumn and winter.
It is fun to read journalists' reviews this season.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

娘が平日を過ごす学校は、アップステートの奥地にある。
マンハッタンから100マイル(160キロ)北上した場所で、
そこに行くには大きな山を2つ越えなくてはならない。

先週末は、雨が降って、気温が上がった。
山の上は霧が大発生して、視界が20メートルを切った。
途中まで車を走らせたけれど、あまりに怖くてUターンした。

2週間ぶりに娘に会う。
昨日は深夜まで雪が降っていたけれど、今日は快晴。

この青い空と、白い雪景色を。
見せてあげたいなと思う。

写真 2018-02-18 13 31 14


The school where my daughter is having a weekday located in the Upstate.
It is 100 miles (160 km north) far from Manhattan,
we have to through two big mountains to get there.

It rained last weekend and the temperature rose.
On top of the mountain there was a big fog, visibility cut below 20 meters.
We ran the car half way, but we feared too much and made a U - turn.

I meet my daughter for the first time in two weeks.
Yesterday it was snowing until midnight, but today is fine weather.

This blue sky and a white snow scene.
I want to show her everything I see the way I'm feeling.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-02-07 16 08 28

写真 2018-02-07 16 08 45


数年前、親友が私の誕生日にレインコートを贈ってくれた。
彼女も私も、日本では6月という梅雨の時期に生まれた。
素敵なレインコートを羽織ると、雨の日の外出すら楽しくなる。

TERRA NEW YORKはスウェーデン生まれの日系デザイナーが、
その華やかなキャリアとセンスを集大成したレイングッズのブランド。
今年のファッションウィーク展示会は、
ミッドタウンにある高級コンドミニアムのショウルームで開催された。

相変わらず建設ラッシュのマンハッタン。
数億円で売り出されているショウルームは、
時にアートやファッションの展示会場としても使用される。

200平米以上の大きな空間で、ゴージャス気分を味わいながら、
シャンペングラスを傾けながら、商談が繰り広げられる。

同時開催のSOLEDAD LOWEのジュエリー展示にも魅了され、
ニューヨークという舞台のスケールを、改めて感じた展示会だった。

TERRA NEW YORK Website

SOLEDAD LOWE Website

写真 2018-02-07 16 13 27

写真 2018-02-07 16 13 50


A few years ago, my best friend gave me a raincoat on my birthday.
Both her and I were born in Japan during the rainy season in June.
If we wear a nice raincoat, it will be fun even if we go out on a rainy day.

The designer of TERRA NEW YORK is a Japanese born in Sweden,
It is a brand of rain goods which compiled its glamorous career and sense.
This year's fashion week exhibition,
It was held in a showroom of the high-end condominium in Midtown.

As usual Manhattan still continues Construction Rush.
The showroom, which has been sold for several million dollars,
Sometimes it is used as an exhibition hall for art and fashion.

People were tasting a gorgeous feeling in a large space of 2,000 square feet or more.
While tilting the champagne glasses, negotiations will be held.

We were also fascinated by the simultaneous SOLEDAD LOWE jewelry exhibition.
It was an exhibition that we felt once again the scale of the stage called New York.

写真 2018-02-07 16 17 29

写真 2018-02-07 16 13 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-07 16 18 02
Next

写真 2018-02-08 22 09 29


幼い頃は「感が強い子供」だと言われた。
すぐに人の感情にのめり込み、琴線に触れると涙が出てしまう。
本当はもっと「勘の優れた子供」だったのかもしれない。
直感で人の心を読んだり、行動を理解したりしていた。

なぜ気付かない人がいるのか、不思議でならなかった。
直感で判断しても、「もう一度よく考えて」と言われる。
少しずつ自分の勘を封印して、頭の中で考えるようになる。
いつしか私は、気付かないふりをすることが上手になっていた。
それが大人になっていくことなのだと、理解していた。

力を研ぎ澄まされたまま、大人になった人もいる。
音や数字を色として感じたり、オーラの色が見えたりするという。
私はそんな感性の話を聞くのが好き。

氷点下の寒い夜、気の置けない仲間たちと談合する。
シェフとオーナーが、心温まるおもてなしをしてくださる。
ニューヨークにこんな仲間が集う夜を、感謝しあう。

皆の想いがひとつになった時、感性の神が降臨した。

写真 2018-02-08 22 07 42


When I was a child, I was told that I was "a sensitive child".
I immediately go into the emotions of people, my tears come out when I feel people's heart inside.
In fact, I might had been more "Good intuition child".
I read people's mind with intuition and understood their behavior.

It was wonder why there were some people who did not care people's thought.
Even if I judged by intuition, I was said to "think again carefully."
I gradually sealed my intuition and started thinking in my head.
One day I was pretty good at pretending not to notice.
I understand that it was about becoming an adult.

Some people have become adults with the power sharpened.
They are said that sounds and numbers are felt as colors, and colors of aura are seen.
I like to hear stories about such sensibility.

In the freezing cold night, I had dinner with my soul mates.
The chef and the owner gave us hearty warming hospitality.
We appreciated the night that such fellows gathered in New York.

When everyone's thought came together, the god of sensibility descended.

写真 2018-02-08 20 56 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-09 0 38 46


Next

写真 2018-02-08 0 07 36


いわゆる「一見さんお断り」のスタンスで、
住所や電話番号は一切公表していない。
それなのに、開業から10年以上ずっと、
予約の取れない店として、ファンの心を鷲掴みにしてる店。
それが「ボヘミアン」という隠れ家の魅力。

ここで展示会をやっているアーティストの絵を観る時も、
まずは食事席の予約を確保することから始める。
隣の席にどんなに偉大なセレブがいようとも、
まったく動揺してはいけないのが、ニューヨーク。

美味しい食事とワインに満足して、
すっかり寝入ってしまった友人こそが、真のニューヨーカー。
ここで英気を養って、また明日から頑張ろう。

写真 2018-02-07 21 12 24


In the so-called "First time customers are not allowed.",
they have not disclosed any address or telephone number at all.
Yet, over ten years since the start of business,
As a place that is hard to be reserved, it is a restaurant grabbing the hearts of fans.
That is the charm of a hiding place called "Bohemian".

Even when you want to watch paintings of an artist who is doing an exhibition here,
Start by securing reservations for meals first.
No matter how great celebrity is next to your seat,
New Yorkers should not to be excited.

Satisfied with delicious meals and wine,
my friend who fell asleep altogether turned a true New Yorker.
We fill up spirit here and will try hard from tomorrow.

写真 2018-02-07 23 54 39

写真 2018-02-07 23 54 45

写真 2018-02-07 23 54 52

写真 2018-02-07 23 55 50

写真 2018-02-07 23 55 57



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-14 14 44 57
Next

朝イチのミーティングがひとつ。。
その後、ホットピラティスのクラスで汗をかく。
夕飯の買い物をしながら、電話でカンファレンス。
原稿を仕上げて、子供の送迎、自宅と学校を三往復。
娘のテューターと話して、夕飯の準備。
隙間にもうひとつ、日本とカンファレンスコール。
待ちくたびれたピライア軍団に追いつこうと、
一気に食事を流し込む。

なんてことのない1日だけれど、
世の中が平和でありますようにと願う。
飲食業界では、一年で最も忙しい日が、まだ続いているはず。
明日の売上報告を想像しながら、夜が更けていく。
ロマンチックな演出とは縁遠いけれど、
こんなバレンタインデーも、悪くない。

写真 2018-02-14 11 05 16


We had one big meeting in the morning.
Then I sweat in the class of Hot Pilates.
While shopping for supper, I had conference by phone.
Finish the manuscript, I picked up my kids, transferred home and school three times.
I talked with the daughter's tutor and prepared for dinner.
Within the idle time, I got a conference call from Japan.
In an effort to catch up with my kids waiting to wait,
I poured the meal at once.

Although it was a day without anything,
I hope that the world will be peaceful.
In the food and beverage industry, the busiest day of the year is still going on.
Imagine the sales report tomorrow, the night will be continued.
Although it is far from romantic production,
Such a Valentine's Day is not bad either.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-02-06 10 05 37


ニューヨークは、相変わらずの寒さが続いているとはいえ、
2月はファッションショーや見本市など、イベントが目白押し。
この時期、世界中から集まった関係者で、どのホテルも満室になる。

昨年イベントを開催した御縁もあって、
佐賀県に絡む事業を、ほんの少しお手伝いしている。
創業400年を迎えた有田焼は、欧州の市場開拓事業を開拓中。
窯元や商社が、ニューヨーク見本市に初めて出展した。

マンハッタン最大級のジャビッツセンターが会場で、
たくさんの出展者の中で、いかにバイヤーの心を掴むかが鍵となる。
ブースを構えることがゴールではないからこそ、
ここから始まるストーリーに、ワクワクする。

次なるステージへの飛躍のために。
古いだけでは、伝統は続かない。
革新を加えるからこそ、次の世代へ受け継がれるものもある。

香蘭社 プロモーションビデオ
香蘭社 公式ホームページ

27545691_1848104501866732_925935083499520804_n

写真 2018-02-06 12 32 00


Although New York has continued cold as ever,
In February, events such as fashion shows and trade fairs are held in the city.
During this period, all the people gathered from all over the world, all hotels will be fully booked.

There was also the edge of the event last year,
We are helping the project involved in Saga Prefecture a little.
Arita-yaki, which celebrated its 400th anniversary, is pioneering the market development business in Europe.
Arita-yaki potteries and trading companies exhibited for the first time at the New York Now Exhibition.

The venue was Manhattan's largest Jacob K. Javits Convention Center.
How to grasp the buyers' hearts among many exhibitors was the key.
Because it was not a goal to set up a booth,
I'm excited about the story that starts from here.

For the leap to the next stage.
Tradition does not continue just by being old.
Because we add innovation, there are things that are handed down to the next generation.

Please click here to watch the PR short movie of KORANSHA.

写真 2018-02-06 10 45 14 (1)

写真 2018-02-06 10 27 45



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-06 12 24 02
Next

白いキャンバスに、時間をかけて下地を塗る。
上に盛られる砂には、いろんなストーリーがある。
そこにどんな絵が描かれるのか、想像してみる。

アーティストの腕が、動き出す。
想像よりもずっと早く、一気に曲線が宙を舞う。
色が重ねられると、魂がそこに漂う。
命が吹き込まれたように、龍が踊り出す。

ニューヨーク生まれのドラゴンが、天を仰ぐ。
その内側に激しいエネルギーを蓄えて、世を見据える。
この世に生まれてきた喜びを、そこらじゅうに伝えている。

無から有が生まれる瞬間に立ち会うたびに、身震いがする。
この瞬間を見届けられた感動を、私は握りしめる。
どうやって伝えようと、空を見上げる。

春になったら、このドラゴン達を天に昇らせよう。
答えはすべて、自分たちのなかにある。
今日は暖かい雨が、摩天楼に降り注いでいる。

写真 2018-02-03 22 42 44

写真 2018-02-03 22 45 26

写真 2018-02-03 22 45 35


She put the base glue on the white canvas over time.
There are various stories in the sand that she covered it.
I imagined what kind of picture would be drawn there.

The artist 's hand started to move.
Curves flew through the air at a stroke much faster than imagined.
As colors overlap, the soul drifted there.
As a life was blown in, the dragon began to dance.

A dragon born in New York looked up to the sky.
It accumulated violent energy inside it and looked to the world.
It conveyed the pleasures born in this world throughout.

I am always shivering to witness the moment when it was born.
I am impressed that I am able to see this moment.
I wonder how I tell you, I look up at the sky.

Let's send up these dragons to the sky when spring comes.
All the answers lie within ourselves.
Today, warm rain is falling on the skyscraper.

写真 2018-02-03 22 45 30



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-05 17 04 18
Next

人繋ぎには、距離感の共有がとても大事。
互いに依存し過ぎることなく、程よい距離感でいること。
でもいざという時には、必ず力になりたいと願う。

「何かできることがあれば言ってね」という社交辞令よりも、
具体的に行動できる人でありたいと常に思う。
私の周囲には、そういう人たちがたくさんいて、
心の中でマッチを擦ったように、灯りをともしてくれる存在に、
私自身がいつも学びをいただいている。

アーティストの滞在期間中、ずっとアトリエを貸してくださった友人。
彼女の誕生日当日、サプライズでお祝いに行こうと思ったら、
なんとたくさんの人たちがお祝いを持って立ち寄っていた。
事前に企てたわけでなく、みんなが自然と吸い寄せられる空気に、
彼女の人としての魅力を改めて感じた。

ここでたくさんの人間模様が交錯して、
ここでたくさんの物語が生まれていく。
心のともしびを探して、今日もニューヨークが動いている。

写真 2018-02-05 17 04 09


Sharing the sense of distance is very important for connecting people.
We do not depend too much on each other, we should feel a reasonable distance.
But when it comes to emergency, we always wish to become a force.

The words "If I can do something, let me know " is socializing.
Rather than that, I always want to be a person who can act specifically.
There are a lot of people like that around me,
Just like rubbing a match in my heart, to the presence that will light the light,
I am constantly receiving my learning.

A friend who lent us the atelier for the duration of the artist 's stay.
On the day of her birthday, I went to celebrate wishing her surprise.
There, a lot of friends stopped by with celebrations.
Not being planned in advance, to the air where everyone was sucked naturally,
I felt again the charm of her person.

Here, many human patterns intersect,
Many stories are born here.
Looking for a light of the heart, New York actives today as always.

写真 2018-02-05 15 39 38



海外永住 ブログランキングへ "
Next

ニューヨークでインテリアデザインの勉強をしていた頃、
たくさんの画材屋を歩いて回った。
喉から手が出るほど、欲しいものがたくさんあった。

貧乏学生の予算には限りがあって、
ショウルームでテキスタイルの端切れをもらったり、
先輩が使い古したイーゼルを譲り受けたりした。

アーティストのサポートをするようになって、
彼らが欲しいものを求めて、一緒に歩くようになった。
たいてい日本人のアーティストは、
種類が豊富な米国の画材屋に感銘していく。

でも、どうしても見つからないものがあった。
絵の具の色に「曖昧さ」が足らないという。
「ゴールド」も、日本のそれとは全く違うのだと。

アジア人の持つ瞳の色は、光の屈折率などからして、
曖昧な色を見分ける能力に長けていることが、医学的にも証明されている。
赤紫と青紫の違いがわからない欧米人もいる中で、
日本人の繊細な感覚を、改めて誇りに思う。

だから、日本人の感性が好き。
だから、日本人アートをもっと世界に伝えたい。

写真 2018-02-03 22 42 51


When I was studying interior design in New York,
I walked around a lot of art tool shops.
The more I wanted my hand off the throat, there were lots of things I wanted.

The budget for poor students was limited,
I got a piece of textile in a showroom,
and I got the used easel from the senior.

Since I began to support artists,
we started walking together, seeking what they wanted.
Usually Japanese artists are impressed by the variety of American art shops that are rich in variety.

But there was something that we could not find by all means.
It is said that "ambiguity color" is insufficient for the color of paint.
"Gold" is totally different from that of Japan.

The color of the eyes of Asians, from the refractive index of light etc.,
It is proved medically that we are good at recognizing ambiguous colors.
Among Europeans and Americans who do not understand the difference between red purple and blue purple,
I am proud of the Japanese delicate, sensation.

So, I like the sensitivity of Japanese people.
So, I want to convey Japanese artists to the world.

写真 2018-01-30 15 27 36



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-01-30 21 45 40


ニューヨークに星の数ほどある日系レストランで、
ビジネス的に最も成功している和食屋の1つ。
開業14年目の今春、いよいよ西海岸に上陸する。

長年総料理長を務めてきたシェフあべが、
LA店開業準備に向かうため、しばらく不在になる。
ニューヨーカーにとって、寂しいお知らせ。

「あべの台所」、たった8席のシェフズテーブル。
最後の味を楽しもうと、彼のファンが集う。
左隣はアメリカ人の若いカップル。
彼女の誕生日を祝おうと、2か月前に予約したそうだ。
右隣では周知の御夫妻が、仲睦まじくワイングラスを傾けている。

このカウンターテーブルで、いろんなドラマが生まれていく。
西海岸では、どんなストーリーが展開するのだろうか。
「あべの台所」復活を期待して、ここからエールを送ろう。

写真 2018-01-30 22 48 34

写真 2018-01-30 22 49 49

写真 2018-01-30 22 50 55

写真 2018-01-30 22 50 51


There are many Japanese restaurants in New York as many stars,
EN Japanese Brasserie is one of the most successful Japanese restaurants in business.
This spring in the 14th year of business opening, they will next land on the west coast.

"Chef Abe" who has served as an executive chef for many years,
he will be away for a while in order to prepare for the opening of the LA brunch.
It will be sad news for New Yorkers.

"Abe's Kitchen", Chef's table with only 8 seats.
His fans gathered to enjoy the last taste.
The left neighbor was a young American couple.
I heard that he made a reservation two months ago to celebrate her birthday.
On the right the well-known Mr. and Mrs. were enjoyed the dinner.

With this counter table, various dramas are born.
On the West Coast, what kind of story will it develop?
Hoping for a revival of "Abe's Kitchen", I will send them an ale from here.

湯葉キャビア(Yuba Caviar with Ponzu)
写真 2018-01-30 21 14 20

白和え(Bamboo Shoot, Cauliflower and Persimmon with Tofu Dressing)
写真 2018-01-30 21 21 36

キビナゴ、あん肝、ホタルイカ (Silver-Stripe Round Herring, Monk Fish Liver and Firefly Squid)
写真 2018-01-30 21 30 25

帆立寿司 (Live Scallop with Yuzu Kosho)
写真 2018-01-30 21 37 59

雲丹テイスティング(3 Kinds of Sea Urchin)
写真 2018-01-30 21 40 37

虎河豚刺身と煮凍り(Tiger Blowfish Sashimi and Stock Jelly)
写真 2018-01-30 21 50 08

写真 2018-01-30 21 53 15

金目鯛と生タコの刺身(Golden Eye Snapper and Raw Octopus Sashimi)
写真 2018-01-30 22 01 39

ノドグロの燻製刺身(Smoked Black Throat Sea Perch Sashimi)
写真 2018-01-30 22 09 28

胡麻サバ(Mackerel Marinated in Sesame Sauce)
写真 2018-01-30 22 14 46

ブリとロブスターのしゃぶしゃぶ(Flash Boiled Mature Yellowtail and Lobster with Ponzu)
写真 2018-01-30 22 20 44

牡蠣フライ(Fried Oyster with Hatcho Miso)
写真 2018-01-30 22 32 52

雲丹アイスクリーム(Savory Sea Urchin Ice-Cream)
写真 2018-01-30 22 38 47

蟹とトリュフの茶碗蒸し(King Crab and Snow Crab Egg Custard with Sliced Truffle)
写真 2018-01-30 22 45 15

和牛御飯(Grilled Miyazaki A5 Grade Beef Over Rice with Miso Soup)
写真 2018-01-30 22 54 18

チョコと餅の最中(Rice Wafers Sandwich)
写真 2018-01-30 23 04 29



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-30 23 28 11
Next

会社の名前は、「オフィス・ビード」。
「オフィス・ベッド」「オフィス・ブレッド」と、よく間違われる。
「違うんです。オフィス・ビードと読んでください」

そこで、会話が発生する。
会話から、人が繋がっていく。

いろんな仕事を請け負っているけれど、
何よりも、「アナログな人繋ぎ」を大事にしている。
直接面識のない人から、安易に仕事は受けられない。
わざわざ会いに来ていただけたら、必ず力になりたいと思う。

カードをお渡しする時に、必ずストーリーを聞かれる。
想いを分かち合ってくれたアーティストのことを、
こうやって世界に伝えていくことも、自分ができる小さな役目。

約束したこと、きちんと一つずつ実現していこう。

写真 2018-01-16 19 08 08


The name of the company is "OFFICE BEAD INC.".
I often get mistaken for "Office Bed" or "Office Bread".
"It's different, please read with OFFICE BEAD (bi:do)"

Therefore, a conversation occurs.
People are connected from conversation.

I am undertaking various kinds of work,
More importantly, I cherish "people connection in analog".
I cannot accept work easily without direct meeting.
If you come directly, I definitely want to become a force.

When I hand over the card, I will always be asked a story.
The artist who shared my feelings,
It is also a small role that I can do to tell the world like this.

I will do it one by one as I promised.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-02-04 19 31 37

写真 2018-02-04 19 31 33

写真 2018-02-04 19 32 07


気温が氷点下を上回り、雪でなく冷たい雨が降った2月最初の日曜日。
米国人が一年で一番熱狂すると言われるスーパーボウルの日。
TV観戦用の食料を買い求め、スーパーは朝から長蛇の列。
私は今年も友人宅に招かれて、家族みんなでワイワイと。

シンガーソングライターのP!NKの国歌斉唱は圧巻。
インフルエンザ罹患中だと心配されたが、
背筋が震えるほどの歌唱力に、選手たちも涙を流す。

ジャスティン・ティンバーレイクのハーフタイムショー。
開催地ミネアポリスに敬意を表して、
なんと大御所プリンスと夢の共演。
曲の最後には、街全体がパープル色に染まるという演出には、
きっと全国民が度肝を抜かれただろう。

下馬評ではニューイングランド・ペイトリオッツが圧倒的に優勢であったが、
41対33で、フィラデルフィア・イーグルスが制した。
勝利が決まった瞬間に、次男が「イエーーーーース!」と絶叫。

すっかりアメリカ人になってしまった子供達に、
まだまだ日本の良さを教え込むことを諦めないと誓った夜。

すごい、楽しい、圧巻!の動画も是非ご覧ください。
P!NKの国歌斉唱
ジャスティン・ティンバーレイクのハーフタイムショー全編

写真 2018-02-05 7 45 20

写真 2018-02-05 7 44 17


The first Sunday in February when the temperature was above zero degrees Celsius, it was cold rain instead of snow.
The day of Super Bowl that American people are said to be the most enthusiastic about the year.
With people bought food for watching TV, there was a long line from morning at the super market.
I was invited to a friend's house this year, with both family all over.

Singer-songwriter P! NK national anthem singing was masterpieces.
We worried that she was suffering from influenza from the day before.
To the amazing singing ability, the players shed tears.

Justin Timberlake's half time show was fantastic, too.
In honor of the venue in Minneapolis,
he had a great duo with Prince who was born there.
At the end of the song, in the direction that the whole city was dyed purple,
I guess all American people were surely surprised.

While the New England Patriots were dominant overwhelmingly in the pre-review,
Philadelphia Eagles controlled by 41 vs 33.
At the moment victory was decided, my second son screamed as "yeah-------------!"

To children who have become Americans totally,
The night I swore not to give up teaching the goodness of Japan yet.

写真 2018-02-05 7 44 47

写真 2018-02-04 20 29 17



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-05 7 14 45
Next

写真 2018-02-03 22 46 02


西村麻里さんのアートといえば、ドラゴンと孔雀が有名だけれど、
彼女のイラスト画もまたユニークで。
ニューヨークの街に、彼女のタッチが加わると、
こんなにも愛らしいスケッチが完成する。

一緒に地下鉄に乗った時、周囲の人をちらっと見ていた。
そして後でサササッとペンをしたためる。
メモ書きみたいなスケッチに、思わず私は「捨てないで」と叫ぶ。

ニューヨークを全身で感じながら、アートが生まれていく。
写真やネットで得た情報なんかじゃない。
アーティストが本来あるべき姿がここにある。

秋のNY個展では、このイラストたちも主役の一端を担うことになった。

写真 2018-02-03 23 05 50


Speaking of Mr. Mari Nishimura's art, dragons and peacocks are famous,
Her illustrations are also unique.
When she touches the scene of New York,
This lovely sketch is completed.

When we got on the subway together, she glanced at the surrounding people.
Then she sketched with pen later.
I asked her as a memo-like sketch, "Please do not trash it away"

Her art is born while feeling New York in whole body.
It is not information she got from photos and the net.
Here is what the artist should be supposed to be.

In Mari's NY solo exhibition in this fall, this illustration also will become part
of the leading role.

写真 2018-02-03 22 43 52

写真 2018-02-03 22 44 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-03 22 45 46
Next

写真 2018-01-28 19 37 36


仲良しシェフに、キャビアをいただいた。
どうやって食べたらいいのか、御近所さんに聞いた。
「我が家にいらっしゃい。美味しい食べ方を教えてあげる」
フランス人の彼女、本当に気前が良い。

翌日の夜、旦那さんから連絡があった。
気取らない家庭的なお招きが、なんとも嬉しい。
丁寧に焼かれたミニパンケーキ。
スモークサーモン、オニオン、たまご、サワークリーム、
そしてキャビア。

次々と焼き足されるパンケーキを焼くのに、
どれほどの時間を要したのだろう。
シンプルだけれど、ホスピタリティー溢れるおもてなし。
最後は白御飯にイクラまで出てきた。

心が温まるって、こういうことを言うのだろう。
異国の地でも、家族ぐるみで付き合える絆が無性に嬉しい。

写真 2018-01-28 19 36 32

写真 2018-01-28 19 36 27

写真 2018-01-28 19 36 49


I got caviar from a good friend chef.
I asked my neighbors how to eat.
"Come to our house and I will teach you how to eat deliciously"
French girlfriend, she is really generous.

The next day night, her husband called us.
I was delighted to have a wonderful family invitation.
A carefully baked mini pancake.
Smoked salmon, onion, egg, sour cream,
And caviar.

To bake pancakes that are cooked one after another,
I wonder how much time she took.
Simple but full of hospitality.
At the end, white rice came out with Ikura, raw egg of salmon.

I wonder this was what the heart warms up.
Even in a foreign land, the fact that we can go out with family members
was absolutely delightful.

写真 2018-01-28 19 44 43



海外永住 ブログランキングへ "
Next

「愛が溢れるような本にしたい」
そんな想いを聞いてくださったアーティストがいた。
恐れを知らない子供のように、
真っ直ぐな想いを、真っ直ぐに受け入れてくれた。

共通の友人を通して知り合った時、
私は彼のことをよく分かっていなかった。
彼のセンスと、目の奥にある優しさに惹かれて、
「いつか一緒にニューヨークで仕事しようね」と伝えた。

10万人近いフォロワーがいるアートディレクターで、
ファッションやグッズのデザインだけでなく、
マンションやカフェのプロデュースまで手がけるオールマイティー。
そんなことを知ったのは、ずっと後になってからだった。

「僕、千璃ちゃんを描いてみたいと思うんです」
ハードな内容をどう伝えていこうかと煮詰まった時に、
モノクロの世界に魔法をかけてくれたのが、三浦大地氏だった。
真剣になればなるほど、スルーされてしまう問題を、
ハードルを下げて伝えるために、何ができるだろう。

日々更新されるクールなインスタ写真のセンスも、
愛と夢がたっぷり詰まったイラストたちも、
彼の才能が、画面いっぱい踊り出している。
「ありのままに、描いてください」とお願いした。

原画が届いた時に、編集スタッフも涙を流した。
こんな風に支えてくれる人たちのおかげで、
世の中はきっと、ずっと良い方向に動いていくのだと。

日本人アーティストの実力。
ここからもっと世界へ。

DAICHI MIURA 公式ホームページ
三浦大地氏のインスタも必見!

1

©Daichi Miura

"I wanted to make a book with full of love."
There was an artist who heard such feelings.
Like children who do not know fear,
He accepted my straight feeling by his genuine heart.

When I got acquainted through a common friend,
I did not quite understand him.
Attracted by his sense, and kindness in the back of his eyes,
We talked "Let's work together in New York someday."

He is an art director with nearly 100,000 followers,
Not only fashion and goods design,
Almighty who handles producing apartments and cafes.
It was after a long time that I learned such a thing about him.

"I would like to draw your daughter, Seri."
When I lost the way how to convey the hard contents,
Daisuke's magic saved me with the black and white world.
The more serious I get, the more problems people ignore.
What can we do to lower hurdles and convey them?

The sense of a cool instant photo updated every day,
Illustrations packed with plenty of love and dreams,
His talent is filled a lot on the screen.
So, I asked "Please draw us as you like"

When the original drawings arrived, the editorial staff also shed tears.
Thanks to those who support me like this,
Surely the world will move in a better direction.

The talent of Japanese artists.
From here to more world.

拙著の中扉に描いてくださったイラスト。
写真 2018-01-26 11 47 12



海外永住 ブログランキングへ "
Next