Archives

2018年04月

写真 2018-03-31 12 55 11


世界中で同じブランド品が入手できるようになった昨今でも、
海外市場を視察することは、本当に興味深い。
同じ商品でもディスプレイの仕方ひとつで印象が変わる。
そして何よりも、店員の応対次第で購買欲が左右される。

かつては、治安の悪い街という印象が否めなかった。
ジプシーやスリが多くて、テロの不安もつきまとった。
16年ぶりに訪れたそこに、なぜか郷愁の念を抱いたのはなぜだろう。

写真 2018-03-31 12 50 40

写真 2018-03-31 12 52 19 (1)


Even now that the same brand products can be bought all over the world,
It is really interesting to visit foreign markets.
The impression changes with the way of display even for the same item.
And above all, desire for purchasing depends on the staff's response.

In the past, I could not deny the impression that the city was bad security.
There were many gypsies and thieves, and the concern of terrorism was also attached.
I wondered why I had a sense of nostalgia when I visited there for the first time in 16 years.

写真 2018-03-31 12 54 28

写真 2018-03-31 13 17 59

写真 2018-03-31 13 19 33

写真 2018-03-31 13 20 32

写真 2018-03-31 13 20 50 (1)




海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-04-24 19 36 21


一昨年、都内某所で講演をさせていただいたことがあった。
身丈に合わない会場の大きさ、聴講者の数に怖気付いたけれど、
一貫して「生命の尊さ」をテーマとするその企画の意義に共感し、
謹んでその大役をお引き受けした。

私の前年に同じテーマで講演をされたのが、塩沼亮潤氏。
その御縁もあって、ニューヨーク講演を拝聴する機会をいただいた。

「千日回峰行」という厳しい修行を成し遂げた僧侶。
毎年約100日間、16時間かけて48キロの山歩き。
食事は水とオニギリだけ。1日4時間半の睡眠のみ。
激しい栄養失調と幻聴幻覚。

後に続くのは、飲まない、食べない、寝ない、横にならない。
9日間の「四無行」を終えて、「大阿闍梨」を襲名。

厳しい修行の果てに見えた世界は、感謝の気持ちだけ。
ありがとう、ごめんなさい、お願いします。
人としてのコミュニケーションの基本を、世界中で伝え歩く。

ステージの向こうの大阿闍梨はオーラに包まれていたけれど、
バックステージで話されるお茶目な様子も新鮮だった。

感謝すること、それは世界共通の合言葉。

写真 2018-04-24 19 21 45


I had a lecture at a huge venue in Tokyo before.
I was afraid of the size of the venue and the number of audiences that was not fitting my ability.
I consistently agreed with the significance of the project whose theme is "the preciousness of life"
I respectfully accepted the executive role.

Mr. Ryojun Shionuma gave a lecture on the same theme in my previous year.
With that connection, I also had the opportunity to listen to his New York lecture.

He was a monk who accomplished a severe practice of "The 1000 Day Circumambulation".
About 100 days each year, 48 hours of mountain walking over 16 hours.
Only meals were water and onigiri. Sleep only for 4 and a half hours a day.
Violent malnutrition and hallucination hallucinations.

He was not allowed to drink, eat, go to sleep, and lie down.
After finishing the "Shibugyo" for nine days, he was named "Oajyari".

The world that seemed to be at the end of a hard practice was only gratitude.
"Thank you" "I'm sorry" "I beg you."
He communicates the basics of communication to all the world.

Although he was wrapped in an aura on the other side of the stage,
the playfulness that he told in the back stage was also fresh.

To be grateful, it is a worldwide common word.

写真 2018-04-24 19 43 53



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-24 18 40 23
Next

写真 2018-04-19 11 03 26

写真 2018-04-19 18 43 42

写真 2018-04-22 17 13 43


世界では、たくさんのアートエキスポが開催されているけれど、
ニューヨークのそれは、他とは一線を画している。
出展者と来場者の多さ、レベルの高さ、そしてメディアからの注目度。
ニューヨーク最大のイベントの一つであることは間違いない。

今年は日本人アーティスト4名で、一つのブースを共有。
油絵、アクリル、刺繍アート、趣向の異なるアートを並べ、
いかにして空間を作り上げていくかが、キュレーションの要。
会場設営のセンスが、展示会の成功を左右すると言っても過言ではない。

モダンアートのブースが多い中で、我々のブースは異彩を放っていた。
隙間なく並べられた作品の合間に、アーティストの想いを英字で描き込むと、
詩的な空間に吸い込まれるように、たくさんの入場者が足を止める。
ここでエネルギーをもらったと涙する来場者に、アートの底力を感じる。

たくさんの作品が、米国在住者のもとにお嫁入りすることになり、
地元TVメディアの取材もお受けした。
直前まで不安もあったけれど、チームとして楽しもうという気持ちが、
最大限の成功を生み出す結果となった。

会場に足を使ってお越しくださった来場者の皆様。
作品を御購入くださった、たくさんのファンの皆様。
4日間を共にしたアーティスト仲間、そして最高のネイバー達。
毎日ランチと温かい飲み物を差し入れしてくださったジュミさん。
会場設営の大黒柱、日本から来たターヤン。
作品を生み出してくれたアーティストと、そのコレクターの皆さん。
そしてきっと前世からのソウルメイト、マリさん。
今はただただ、感謝の気持ちを伝えたい。
心の底から、ありがとう。

アートの力を、これからも信じているから。
すでに来年の計画が、動き出している。

西村麻里さんオフィシャルHP

写真 2018-04-19 12 43 59

写真 2018-04-20 15 02 54

写真 2018-04-20 16 54 01

写真 2018-04-21 14 10 12

写真 2018-04-21 15 03 40

写真 2018-04-22 15 15 50


A lot of Art Expo is being held in the world,
That in New York is distinct from the others.
The number of exhibitors and visitors, the height of the level, and the attention from the media.
It is no doubt that it is one of New York's biggest events.

This year we lead four Japanese artists who shared a booth.
Oil painting, acrylic, embroidery art.
Thinking the art of different style,
How to create space was the key to curation.
It was no exaggeration to say that the sense of establishment of the site influences
the success of the exhibition.

With many booths of modern art, our booth was awesome.
When drawing the artist's feelings with English letters between the works arranged tightly,
Many visitors stopped their feet so that they were attracted into our poetic space.
I felt the power of art to visitors who thanked getting energy here.

Many works were sold to residents of the United States,
We also accepted coverage of local TV media.
Although I was worried until the last moment, my feeling of having fun as a team,
It resulted in maximum success.

Everyone who visited our booth at the venue.
Many fans who purchased the work.
A group of artists who shared 4 days, and the best neighbors from Canada.
Jumi who brought lunch and a hot drink every day.
Tayan from Japan, who was the main pillar of setting up the venue.
Japanese artists who exhibited their works, and their collectors.
And surely soul mate from the previous life, Mari.
Now I just want to convey my gratitude.
Thank you from the bottom of my heart.

I believe in the power of art forever.
The plan for next year has already begun.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-20 12 17 05

写真 2018-04-21 16 45 46

写真 2018-04-21 16 50 49

写真 2018-04-22 19 04 34

写真 2018-04-25 10 49 39

Next

写真 2018-04-20 21 15 45

写真 2018-04-20 21 14 09


いわゆる芸能人に知り合いがいないわけではないけれど、
日常的にTVを観る習慣がない私は、芸能界のことに本当に疎い。
「E-girls」という存在も、紅白歌合戦の動画を観て、初めて知った。

元「E-girls」リーダー高本彩さんが、ニューヨークで写真展を開催。
アパレルブランド「KOBINAI」吉橋舞さんとのコラボ企画。
それをサポートして欲しいという依頼を受けたのは、
会期のわずか半月前だった。

慌てて地元メディアに告知依頼をして、当日レセプションに駆け付ける。
前日到着したばかりの彼女達が、明け方までかかって設営した会場は、
若さと手作り感がみなぎる、エネルギッシュな空間だった。

忙しいスケジュールの合間に、アートエキスポにも足を運んでくれたり、
タクシーに置き忘れたカメラの捜索に走り回ったり。
何につけても若葉マークの彼女達が初々しい。

アイドルという立ち位置から離れ、次のステージを模索している勇姿。
若きヤマトナデシコの挑戦を、母親の気持ちで見守っている。

写真 2018-04-20 21 15 23

写真 2018-04-20 21 17 08

写真 2018-04-20 21 16 29


Although I have friends, who belong to so-called entertainers,
I have no custom of watching TV on a daily basis, I really do not care about
the entertainment industry.
I knew "E-girls" for the first time when I watched the video of NHK at the end of last year.

Former "E-girls" leader Aya Takamoto hold a photo exhibition in New York.
It was a collaboration plan with apparel brand "KOBINAI" of Mai Yoshihashi.
I was asked to support it through common friend.
It was just half a month ago.

Soon I asked the local media for notification, and rush to the reception on the day.
The venue that the girls who just arrived before the day set up,
It was an energetic space where both youth and handmade feel.

During the busy schedule, they visited us at Art Expo,
they run around searching for a camera that they left behind in a taxi.
For all, situation, their activities looked very fresh to my eyes.

A young woman leaving the standing position of idle and seeking the next stage.
I am watching the young Yamato Nadeshiko's challenge as mother's feelings.

写真 2018-04-21 7 26 54



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-20 22 17 16

Next

写真 2018-04-05 20 33 25

写真 2018-04-05 19 50 40


アッパーイーストの高級コンドミニアム。
映画のワンシーンに出てくるような空間で、
新鋭女性アーティストの作品を集めた展示会。

南米の風を感じる作品群のキュレーションには、
女性目線を意識した創意工夫が感じられる。
オープニングレセプションには、多くのニューヨーカーが集い、
アートを語る熱いトークで、摩天楼が霞んで見えた。

この時期、アートイベントが目白押し。
街に少しずつ色が加わる、この季節を楽しみたい。

写真 2018-04-05 20 33 03

写真 2018-04-05 20 01 10


At the Upper East luxury condominium,
there is a space that appears in one scene of a movie.
An exhibition that gathers works of new female artists has been held.

For the curation of works that feel the wind of South America,
I could sense ingenuity that considers female eyes.
Many New Yorkers gathered at the opening reception,
by a hot talking about art, the skyscrapers looked hazy.

At this period, we have many art events in New York.
I want to enjoy this season when color gradually adds to the city.

写真 2018-04-05 20 00 56

写真 2018-04-05 20 32 58

写真 2018-04-05 20 32 51

写真 2018-04-05 19 51 31



海外永住 ブログランキングへ "
Next

ビリー・ジョエルが歌うその街はの名前は、誰もが知っている。
第二次世界大戦を生き抜いた人達が、汗水流して作り上げた街。
製鉄工場が建ち並び、現場に通う労働者達が会話する。
スポーツバーで盛り上がり、夜更けまでダンスを踊る。

初めて訪れたそこは、彼が描いた通りの世界だった。
でも予期していた以上に小綺麗で、予期していた以上に寂しかった。
4月半ばなのにダウンジャケットが必要だったのは、
きっと街の人達の哀しみが、空気の温度まで吸い取っていたから。

かなりタフな案件だったけれど、話し合いもなんとか無事終了。
やはり直接会って、直接話すことが何より大事だから。

自分がニューヨークにいることで、こうやって役に立てることがある。
自分を選んでくれたことが、何よりも嬉しい。

大好きな人が日本に帰っていく寂しさを、次の機会まで封印しておこう。

07


Everyone knows the name of the city that Billy Joel sings.
It is a town that people who survived the World War II, made with their sweat.
Ironworks factories stand side by side, and workers who go to the site talk.
They enjoy a sports bar and dancing until late at night.

The town where I first visited was the world as Billy Joel drew.
But it was more beautiful than I expected and more lonely than I expected.
I needed my down jacket, although it was in the middle of April.
Surely the sorrow of the citizens was absorbing the temperature of the air.

It was a tough project, but the discussion ended safely.
After all, it was important to meet directly and talk directly.

There were things that I could do in this way because I was in New York.
I was glad that she had chosen yourself.

My favorite person returned to Japan.
Let me seal my loneliness until the next opportunity.

写真 2018-04-17 18 10 08



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-04-15 21 22 58

写真 2018-04-15 21 24 38


4月半ば日曜日の夜、若き侍たちの挑戦を見届けようと、
たくさんのニューヨーカーが集まった。

ミフネを率いるトップシェフ島野雄氏、そしてスーシェフ浦田智裕氏。
迎え撃つのは、世界トップのバーテンダー後閑信吾氏。
国際バーテンダー大会で2度の世界チャンピオンに輝いた実力者。

前菜から始まる10種類の料理それぞれに、ぴったりマッチしたカクテル。
日本酒やワインのペアリングはよくあるけれど、
カクテルがここまで応用の効くお酒だったとは。
会場にいた誰もが舌と鼻を疑うほどの、驚きの連続だっただろう。

シーフードにトマトの酸味が効いたカクテル。
ポテトにはコーラを使わないコーラ風味のカクテル。
鰻フォアグラ御飯にウーロンウォッカ、デザートにはラムコーヒー。
それはカクテルではない、料理を引き立たせる何か別の存在になっていた。

まさに料理とカクテルのラボと化した会場で、
シェフとバーテンダーの駆け引きに、大きな拍手が沸き起こった。

通常業務の合間にイベントを企画準備することの苦労と努力。
いつも裏方を見ているからこそ、彼らの飛躍が誇らしい。

料理とカクテルのペアリングイベント、次回は今秋開催の予定です。

写真 2018-04-15 21 38 09

写真 2018-04-15 22 43 58

写真 2018-04-15 22 16 53


In the night of mid-April Sunday,
Many New Yorkers gathered to try to see the young samurai's challenge.

Mr. Yu Shimano, executive chef of MIFUNE New York, and Mr. Tomohiro Urata
welcomed Mr. Shingo Gokan, the world's top bartender.
He is a skillful person who won twice world championship at the International
Bartender's Competition.

A cocktail that matched perfectly for each of the 10 cuisines starting with an appetizer.
Although pairing of sake and wine is common,
we didn't know that the cocktail had been applied to this far.
It would have been a series of surprises that everyone at the venue suspect
their tongue and nose.

He matched Tomato Shochu to seafood.
Rum and Coke-like cocktail matches potatoes.
Eel and Foie Gras rice with Oolong vodka,
and Rum coffee for dessert.
It was not a cocktail, it had become something else to stand out the dish.

At the venue, which was transformed into a food and cocktail lab,
A big applause blew up on the collaboration between the chef and the bartender.

I know the struggle and efforts to prepare events for planning during normal work.
Because I have been watching their back-stage from the beginning,
I was very proud of their success.

Pairing event of Cuisine and Cocktail, the next time is scheduled to be held this autumn.

写真 2018-04-15 21 27 38

写真 2018-04-15 21 42 59

写真 2018-04-15 21 53 18

写真 2018-04-15 22 07 03

写真 2018-04-15 22 20 03

写真 2018-04-15 22 33 40

写真 2018-04-15 22 52 08

写真 2018-04-15 23 11 57

写真 2018-04-15 23 33 04

写真 2018-04-15 23 44 05



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-15 21 26 28




Next

写真 2018-04-14 19 09 54


世界一予約の取れないレストラン「エル・ブジ」のフェラン・アドリア氏に師事。
東京・南麻布の「山田チカラ」やJAL機内食メニューで人気のシェフ、
山田チカラ氏が満を持して、ニューヨークに待望の店をオープンした。

ニューヨークで美味しい天婦羅は食べられるようになったけれど、
これまで美味しい串揚げを提供している店には出会ったことがない。

「茶の湯」をコンセプトに、茶懐石スタイルの料理としつらえ。
前菜「スパニッシュオムレツ」の独創性にど肝を抜かれ、
素材や旬を大事にした串揚げにも個性がたっぷり。
締めのチラシ寿司とデザートまで、
チカラ氏の心が感じられるメニュー構成が際立っていた。

お酒とのペアリング技術も、極めて秀逸。
ようやく暖かくなってきたニューヨークで、
最後は中庭でお抹茶をいただくのが乙だろう。

ニューヨークに、また新しい風がやってきた。

YAMADA CHIKARA
249 East 49th Street, New York, NY10017
808-366-2637

写真 2018-04-14 22 56 02

写真 2018-04-14 19 16 58


Chef Chikara Yamada studied under Mr. Ferran Adria of " El Bulli " restaurant
which was very difficult to be reserved in the world.
(" El Bulli " is the three stars restaurant in Spain.)
He is very popular as the chef of "Yamada Chikara" in Tokyo / Minami Azabu,
and we can enjoy his food at the JAL in-flight menu,
And then, he finally opened a long-awaited restaurant in New York.

Although Tempura was able to eat in New York,
I have never met a restaurant that offers delicious fried skewer.

Based on the concept of "tea ceremony", he serves tea kaiseki style cuisine.
I was impressed the originality of the appetizer 'Spanish Omelet'
I also found his personality in deep-fried skewers that cherish materials and seasons.
Including the Chirashi sushi and dessert,
The menu composition felt Mr. Chikara's heart was standing out.

Pairing skills with alcohol are also excellent.
In New York, which has finally become warmer,
you can enjoy the matcha in the courtyard at the end.

A new wind came to New York.

YAMADA CHIKARA
249 East 49th Street, New York, NY10017
808-366-2637

写真 2018-04-14 19 20 35

写真 2018-04-19 9 43 09

写真 2018-04-19 9 31 27

写真 2018-04-14 21 32 45

写真 2018-04-14 22 06 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-14 22 57 58



Next

写真 2018-04-01 10 07 48

写真 2018-04-01 9 58 39 (1)

写真 2018-04-01 10 01 26


グラディエーター。
「剣闘士」という言葉を聞いたことはあったけれど、
どんな風に戦うかは想像の域を越えなかった。

帝政ローマの時代、西暦80年に完成。
4万人の奴隷たちを使い、8年がかりで建設された闘技場。
当時、政治的な問題から民衆の意識をそらせるために、
猛獣や奴隷たちを戦わせることが、娯楽であったという。

初めてその映画を観た時は、
冒頭の残虐シーンから、なかなか先に進めなかった。
命を賭けた戦いを観て楽しむ民衆たちを、恐ろしいと思った。

飛行機の中で、もう一度映画を観た。
ラッセル・クロウの迫真の演技に、改めて圧倒された。
いつまでも色褪せない名作。

「コロッセオ」という実在の舞台があったという事実。
人間はどこまでも愚かで、どこまでも賢い。

写真 2018-04-01 9 59 52

写真 2018-04-01 10 07 14


"Gladiator"
Although I've heard the word "gladiator",
I could not imagine as to how to fight.

The era of Imperial Rome, completed in the year 80 AD. .
A stadium where 40,000 of slaves were used for 8 years and built.
At the time, in order to divert public awareness from political problems,
It was entertainment to make animals and slaves fight.

When I saw the movie for the first time,
From the cruel scene at the beginning, I could not proceed to watch much.
I thought the people who enjoy watching the fight betting their lives were terrible.

I watched the movie again on the airplane.
I was overwhelmed by Russell Crow's awesome acting again.
A masterpiece that cannot fade forever.

The fact that there was a real stage called "Colosseo".
Human beings are stupid everywhere and wise wonderfully.

写真 2018-04-01 10 11 00

写真 2018-04-01 6 08 24



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-01 10 08 25
Next

大企業の中では、社員同士が名刺交換をする。
同じ会社に勤めていても、一度も顔を合わせない人も多い。
そこにある共通言語は、役員の名前や企業方針のことぐらい。
でも、企業イメージキャラクターやCMソングはみんな知っている。

シンガーソングライターKATSUMI氏の「It’s my JAL」がオンエアされた時、
私はまさに学生時代ど真ん中だった。
軽快なリズムとハスキーな高音が、白い翼への希望にピッタリで、
これから始まる社会生活への期待感を倍増させられた。

視覚的記憶よりも、聴覚や嗅覚の記憶の方が残るというのは有名な話。
フライト業務をする時も、よくCMソングが脳裏に浮かんでいた。

昨秋の大同期会、KATSUMI氏にゲストとしてお越しいただいた。
TV画面の向こう側にいたヒーローが、目の前で歌ってくださる感動は、
あの時間を共有してくれた仲間だけへの贈り物。
KATSUMI氏の御理解と御協力、最高の演出だった。

そして今度は、彼の番組にいらしてくださいとお声がけいただいた。
いろいろな御縁を繋いでくれた親友に感謝しつつ。
どんな会話が繰り広げられるのか、想像もできないけれど。

いつも支えてくださっている皆さんへ、
愛と感謝を伝えられますように。

レインボータウンFM Music Delivery DX
2018年5月5日(土) 17:00〜18:00
木場スタジオから公開生放送。

レインボータウン FM 72.9MHz (ゲスト情報は左下)

KATSUMI 公式ホームページ

ACS_0402


Among the large enterprises, employees exchange business cards.
Even though I work for the same company, there are many people who never look face to face.
Common languages there are about executive names and company policies.
But, everyone knows corporate image characters and CM songs.

When the singer-songwriter KATSUMI's "It's my JAL" was on air,
I was in the middle of my school days.
Light rhythm and husky treble are perfect for hope for white wings,
I have doubled the expectation for social life starting from now.

It is a famous story that the memory of hearing and olfaction remains more than visual memory.
Even when doing a flight job, CM song often floated in my mind.

We welcomed Mr. KATSUMI as a guest at the large re-union party last autumn.
The impression that the hero who was on the other side of the TV screen sang in front of me,
A gift for just the people who shared that time.
Mr. KATSUMI 's understanding and cooperation was the best directing.

And this time, I heard your voice so please come to his program.
While thanking my best friend who connected various affiliates.
I cannot imagine what kind of conversation will be held.

To everyone who always supports you,
I wish to express my love and gratitude.

DSC_3086

DSC_3019



海外永住 ブログランキングへ "

DSC_3045
Next

写真 2018-04-01 5 44 02

写真 2018-04-01 6 06 00


世界史に興味を持ったのは、父の影響だった。
ローマ帝国の偉大さも、宗教戦争も、父から習った。

私が物心ついた頃、父は日本の歴史の本ばかり読んでいた。
学生時代に世界史に夢中になって、
日本のことをあまり知らないからだと言っていた。

独身時代最後に、両親を連れてローマに行った。
ローマ市民の広場、フォロ・ロマーノに立った時、
人類の歴史を動かした場所に立てたと喜んでいた。

元老院、凱旋門、神殿。
紀元前からの人類の軌跡を体感できるという感動。

いつの時代も、上から景色を見下ろす場所に住むのは富裕層。
人を見下ろす、見上げるという言葉は、
まさにここから生まれたのだと実感する。

あたたかなローマの日差しを背に受けて、
古き時代に想いを馳せてみる。

写真 2018-04-01 7 05 54

写真 2018-04-01 6 46 44 (1)

写真 2018-04-01 6 51 51


What I was interested in the world history was the influence of my father.
I learned from him both the greatness of the Roman Empire and the religious war.

My father was reading only the books of Japanese history when I got interest in the world.
Since He became crazy about world history in his school days,
He said that he did not know much about Japan.

At the end of my twenties, I took my parents to Rome.
We stood by the Roman citizen's square, Foro Romano.
They were pleased that they set out on a place that moved the history of mankind.

Senate, Arc de Triomphe, Temple.
We were impressed that we could experience the trajectory of mankind from BC.

All the era, it is the wealthy people who live in places overlooking the scenery from above.
The word looking down, looking up,
we realize that it was born from here exactly.

Receiving a warm Rome sunshine,
I tried to get a feel for old days.

写真 2018-04-01 6 55 32

写真 2018-04-01 6 25 12



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-01 6 34 15

写真 2018-04-01 6 34 19

写真 2018-04-01 6 40 33

Next

写真 2018-03-31 7 36 37

写真 2018-03-31 7 27 27


「ヴァティカン」という名前を初めて聞いたのは、小学生の時だった。
趣味で切手収集をしていた時に、その存在を知った。
「世界最小の国家」発行の切手が、日本で買えるなんて。
今思うと、ものすごいボッタクリの業者が仲介していた。

16年ぶりの聖地訪問は、折しも復活祭前日。
ヴァティカンの壁の前には、早朝から長蛇の列。
ここでも仲介を牛耳るブローカーがいて、
かなり割高ではあったけれど、なんとか入場チケットを手に入れた。

ミケランジェロの最高傑作、
システィーナ礼拝堂の「最後の審判」に向かって歩く。
イタリアルネッサンスの真髄に触れたくて、
初めて足を運んだ時の高揚感を、もう一度胸にする。

学生時代に専攻した美学美術史専攻は、
当時「世の中に役立つことはない」と言われたけれど。
今、ビジネス界でトップを仕切る人たちは、
みんなアートを学んでいる。
サイエンスやマーケティングの力では解決できない、
心を育てる力が、そこにある。

写真 2018-03-31 11 46 44

写真 2018-03-31 11 52 56

写真 2018-03-31 12 01 13


The first time I heard the name Vatican was when I was an elementary school student.
When I was collecting postage stamps as a hobby, I learned that existence.
I was offered to buy stamps issued by "the world's smallest country" from Japan.
I thought now, a tremendous " rip off " trader mediated us.

The visit to the sacred place for the first time in 16 years was just the day before Easter.
In front of the Vatican 's wall, there was a long waiting line from early morning.
Here again there were agents that ask brokerage.
Although it was rather expensive, we managed to get an admission ticket.

Michelangelo's best masterpiece,
We walked towards the " Last Judgment " of the Sistine Chapel.
I wanted to touch the essence of the Italian Renaissance,
I reminded the feeling of euphoria that I held when I first visited there.

Major in the history of aesthetics and art history majored in student days,
At that time I was told that "There is nothing useful in the business world."
Now, people who direct the top in the business world,
Everyone is learning art.
The art has power to raise mind that cannot be solved with the power of science and marketing.

写真 2018-03-31 12 09 00

写真 2018-03-31 12 16 54

写真 2018-03-31 12 17 14



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-31 12 41 18
Next

写真 2018-03-31 9 19 07

写真 2018-03-31 8 21 48


ローマの中心地に、「食とアート」をテーマにした和食屋がある。
アートギャラリーとブックショップを兼ね揃えたレストラン。
エントランスを抜けた瞬間に、オーナーのセンスがキラリと光る。

欧米では、出身地不明のシェフが作る日本食屋も多いけれど、
しつらえを見れば、それが本物がどうかすぐに分かる。
日本酒や陶磁器のディスプレイへのこだわりも、
重厚な建物の雰囲気と、見事にマッチしていた。

クライマックスは、店内を抜けた先にある美しい中庭で、
ローマ時代から残された壁面に圧倒される。

欧州で見つけた日本人の誇り。
ローマの街で、ローマの人々に、愛される空間がそこにある。

DOOZO Art Books & Sushi
Via Palermo 51-53, Rome
06 4815655
http://www.doozo.it/ristorante.html

写真 2018-03-31 8 28 04

写真 2018-03-31 9 19 15

写真 2018-03-31 8 27 05


In the center of Rome there is a Japanese restaurant with the theme "food and art".
It is a restaurant combining art gallery and book shop.
At the moment you pass the entrance, the sense of the owner shines gleaming.

In the West, many Japanese restaurants are made by non-Japanese chefs.
If you look at the interiors, you will immediately be known whether it is genuine.
The display of sake and ceramics were also very nice.
It matched perfectly with the atmosphere of a heavy building.

The climax was a beautiful courtyard on the other side of the store,
Overwhelmed by old brick wall left since the Roman era.

The Japanese pride we found in Europe.
In the city of Rome, there is space loved by Roman people.

写真 2018-03-31 9 18 52

写真 2018-03-31 9 36 45



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-31 10 19 09

写真 2018-04-12 9 03 22



Next

写真 2018-03-30 1 40 18

写真 2018-04-03 13 20 57

写真 2018-04-02 6 15 51


思い立って、出張に同行。
欧州ミーティングと市場調査を駆け足でこなす。
一気にミッションを終えたら、街を歩いて空気を感じる。

EC(ユーロシティ)で移動するのは何年ぶりだろうか。
大陸に来たついでに、どうしても聖地を訪れたくて、
伊国まで足を伸ばす。

ローマの夜景に浮かぶヴィットリアーノの荘厳さは健在で、
元同僚らとよく待ち合わせした光景を思い出す。

小雨の降るなか、16年ぶりにスペイン階段をのぼり、
トレヴィの泉でお決まりのコインを投げる。

またいつか、ここに戻ってこられますように。
そしてまずは、世界平和を祈ろう。

写真 2018-03-30 14 57 06

写真 2018-03-31 10 53 20

写真 2018-04-01 12 16 53 (1)


We decided suddenly to accompany with a business trip.
We performed European meetings and market research quickly.
After finishing our mission, we felt the air by walking around the city.

It passed more than 10 years after I rode EC (Euro City) last time.
Since I came to Euro continent, I really wanted to visit the sacred place, and went to Italy.

The magnificence of Vittoriano floating in the night view of Rome was still there,
I recalled the sight that I met with my former colleagues.

In the rain, I climbed the Spanish Steps for the first time in 16 years,
I threw a coin at the Trevi Fountain same as before.

I wish I will come back here someday.
First, let me pray for the world peace.

写真 2018-04-01 16 18 37

写真 2018-04-01 16 22 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-01 16 22 44

Next

写真 2018-02-27 21 48 53


実は大人になるまで、肉嫌いだった。
小さい頃は、焼肉屋でもレバーしか食べられなくて、
草加煎餅が好物という変わった子だった。

学生時代に居酒屋デビューして、
カウンターで焼き鳥を食べるカップルに憧れた。

アメリカに来て、菜食主義の人達が、
年齢の割にあまりに老けているので驚いた。
いつの間にか、寿司の次に肉料理を選ぶようになっていた。

ニューヨーク鳥心は、根強いファンが多い。
日本から来るクライアントも、必ずそこを御指名する人がいる。
カウンターでグラスを交わしながら、一本ずつ焼きあがるのを待つ。

毎朝仕入れた鶏を、その日のうちに捌く。
子連れでは行けないミシュラン星の風格が、ニューヨーカーを虜にしている。

写真 2018-03-26 19 21 31

写真 2018-03-26 19 22 33


To tell the truth, I did not like meat until I became an adult.
When I was a child, I could only eat levers at a BBQ restaurant,
I was an unique child that I loved non-sweet snacks.

I made a tavern debut in my college student era,
I longed for a couple who eats yakitori (Japanese BBQ Chicken) at the counter.

When I came to the US,
I was surprised because the vegan people looked too old.
Gradually, I decided to choose meat dish, following to sushi.

"TORISHIN New York" has many persistent fans.
My client who comes from Japan, there is a person who nominates "TORISHIN" to have meeting.
While exchanging the glass at the counter, we wait for baking one by one.

They handle chickens purchased every morning in the day.
The style of Michelin star which cannot go with a child is captivating New Yorker.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-02-25 8 18 20


もっと幼い頃は、一通りのことを体験させたと記憶している。
バレエ、タップダンス、ミュージック、ヒップホップ。
たまたま器械体操のコーチに目をつけられて、
これまで週2回ずっと練習に通っていた。

練習回数を多くしたり、たくさんの試合にエントリーしたり。
ここでもお金がモノを言う。
これ以上実力を上げたければ、もっと投資しなくてはいけないのだと。
我が家の経済状況的にも、これ以上の習い事は難しい。

「大好きな体操だけれど、来年度からは違うことをやってみようか」
何事にも執着心のない娘は、二つ返事で「いいよ」と答えた。
今年度限りというターゲットが決まっていたから、
ローカルで得点を重ね、ステートの大会に出ることを目標にした。

最後の試合で、表彰台に上がった。
種目別「平均台」個人でステート優勝という結果だった。

1つだけでも、ステートチャンピオンになった。
もうそれだけでいい。
この自信がいつか、貴女の人生に役立つ時が来る。

写真 2018-03-16 19 19 24

写真 2018-03-16 21 33 46


I remember when my daughter was young I made her experience a whole thing.
Ballet, tap dance, music, hip hop.
She was selected up by coaches of gymnastics exercises,
she had been practicing twice a week ever.

We increased the number of times she practiced and entered a lot of games.
Again money makes things.
If we want to raise her ability any further, we have to invest more.
In the economic situation of our home, it is difficult to let her learn any further.

"I know you love gymnastics, but will you do something different from next year?"
My daughter who has no admiration for anything, replied "OK".
As the target for this fiscal year was fixed,
She scored points locally and, aimed to go to the New York State tournament
by the end of this season.

In the last game, she went up to the podium.
It was the result that she won the state championship game in individual "Balance Beam".

Even just one, she has become a New York State champion.
That's enough.
The time will come when this confidence will be useful for her life someday.

写真 2018-03-16 21 14 35



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-03-09 7 27 10


長男は最終学年でキャプテンを務め、
次男は勘の良いアシストとして、チームの優勝に貢献した。

季節が変わり、次女がトライアルに合格した。

運動神経は決して悪くないはずなのに、
最初はキャッチボールさえまともにできない次女の姿にヤキモキした。

なかなか勝てないチームは、負けることに慣れてしまう。
「楽しくプレイできたら、いいんじゃない?」
そこに悔しさはないのかと、長男と次男が首をかしげる。

少しずつ、チームワークが築かれていく様子を垣間見る。
最後の試合に敗れて泣くキャプテンを、次女がそっとなだめる。
「次につながれば、いいんじゃない?」

どこまでも明るくポジティブな態度に、私が元気をもらった。
朝練に送る通学路は寒々しくて、いつも気持ちがめげていたけれど、
その間に子供達は大きなギフトをもらっていたのかもしれない。

ようやくシーズンが終わり、母は少しホッとしている。

写真 2018-03-09 7 22 18

写真 2018-03-09 7 22 19


My eldest son served as the captain in the final grade.
My second son contributed to the team's victory as an intelligent asset.

The season has changed and my second daughter passed the trial.

Motor nerves should never be bad,
At the beginning I was surprised in the appearance of my daughter
who even the catch ball could not do it.

Teams who cannot win easily get accustomed to losing the game.
"If we can play happily, it is good, isn't it ?"
Whether there is no regret there, my sons ask her.

Little by little, a glimpse of how teamwork was being built.
My daughter gently quiets the captain who was crying defeated by the last game.
"If we connect next time, it is good, isn't it ?"

I got cheerful with her bright and positive attitude.
The school road that I sent to morning practice was cold and I always had a negative feeling,
In the meantime, the children may have gotten a big gift.

Finally the season was over and mom has been a little relieved.

写真 2018-03-09 8 03 26



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-03-27 16 16 47


美の師匠と慕っていたジュエリーデザイナーが急逝した後、
私は彼の才能を伝えるべき場所を探して彷徨っていた。

日本の美を継承する洗練されたデザインと、石留めの美しさ。
私がどんなに声をあげたって、響いてくれる人がいないのだと。

そのタイミングで現れたのが、春高未欧というデザイナーだった。
自らの足で私を見つけ出してくれた。
師匠の遺志を、私と同じ想いで受け止めてくれた。

すでに名が知られたブランドだけれど、
彼女の謙虚な姿勢に、私はすっかり魅了された。

すでに、目標は定まっている。
夢は必ず叶えるという彼女の誉れ高い姿勢を、ここでしっかり支えたい。

写真 2018-03-28 15 21 23


After the sudden death of the jewelry designer who was my art master,
I was wandering around searching for a place to tell his talent.

I know his sophisticated design that inherits Japanese beauty and beauty of stone closure.
No matter how loud I reported, there was no one to echo.

The jewelry designer, Mio Harutaka, appeared in front of me at that timing.
She found me out with her own feet.
She accepted my master 's will in the same way as I thought.

Although the name of brand "Bijou de M" is already known brand in the world,
In her humble attitude, I was totally fascinated.

The target has already been decided.
I want to firmly support her honorable attitude that dreams will surely come true.

写真 2017-11-04 8 09 06


Please click here to see the Official Website of "Bejou de M".
You could see the line up of the "Bijou de M" at "Jeffrey" in Manhattan, New York.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-11-04 8 08 18

©️Mio Harutaka, Bijou de M
Next

母校では、2014年より「海外リーダーシップ研修」と称して、
米国東海岸での研修旅行を実施している。
ハーバード大学、MIT、マサチューセッツ州立大学での
模擬授業、ワークショップ、キャンパスツアーと盛りだくさん。

ニューヨークで迎えるのは、同窓会米国支部のメンバーたち。
米国に在住する先輩たちの生の声を聞ける機会とあって、
予定時間を大幅に超えてしまうほどの盛況ぶり。

16歳前後の現役40名と、20代〜70代と幅広い先輩陣が、
縦社会の域を超えて自由に交流する姿というのは、実に微笑ましい。

高校生の頃、何も考えずに毎日を生きていた自分と比べて、
今どきの高校生の志の高さに、カルチャーショックを受ける。

私たち世代も、もっと明確な夢を持つべきかな。
そんな風に感じた年度末。

07


The alma mater is conducting a study tour in the east coast of the United States, called "Overseas Leadership Training" since 2014.
At Harvard University, MIT, and Massachusetts State University,
they have model classes, workshops, campus tours and plenty.

Members of the alumni association 's US branch welcomed 40 students in New York.
As an opportunity to hear the voices of the seniors living in the United States,
It was a great success that it exceed the scheduled time greatly.

High school students around 16 years old and a wide range of seniors from 20s to 70s,
It was really good situation to have a freely interacting beyond the range of vertical society.

When I was a high school student, compared with myself who lived every day without thinking anything,
I received culture shock at the height of will of today's high school student.

Should our generations also have more clear dreams?
Before the spring, I felt that way.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-03-20 19 55 59

写真 2018-03-20 19 49 13


白いコットンで作られたハンドメイドの人形。
一体一体に番号が縫い付けられている。

子供達は、そこに思い思いの色で絵を描く。
目鼻を描いて、表情をつける子もいるし、
所構わず色を入れて、オブジェに仕上げる子もいる。

完成した人形は、世界中の子供達に配られる。
HPで番号を検索すると、自分の作った人形の所在がわかる。

ミステリオ。
世界中の子供達を、人形で繋げる。

こんな素敵な活動を、応援しないわけにはいかない。

写真 2018-03-20 19 55 39

写真 2018-03-20 19 55 52

写真 2018-03-20 19 56 05

写真 2018-03-20 19 56 51


There are handmade dolls made of white cotton.
Numbers tags are sewn as one by one.

Children draw pictures with colors on dolls.
Some children paint their eyes and noses and complete their faces.
Some children put colors in place and finish them as objects.

The completed doll is distributed to children all over the world.
By searching for a number on Website you will know where your doll is.

The organization is called ”MSTERIO".
They join children all over the world with dolls.

I love to support such a wonderful activity.




海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-20 20 11 09

写真 2018-03-20 20 11 25

写真 2018-03-20 20 20 18
Next