Archives

2018年05月

写真 2018-05-16 10 09 13


ロウアーイーストサイドに、若者が集まるようになって久しいけれど、
911米国同時多発テロでワールドトレードセンターが崩壊して以来、
ダウンタウンからマンハッタンを見上げるような機会はなかった。

でも、このホテルが出来てから、ニューヨーカーの動きが変わった。
ここのルーフトップバーで過ごすことが、ステータスになり、
サンセットや夜景を求めて、たくさんの人で溢れかえる。

パブリックホテルの中にあるパブリックキッチン。
洗練されたシンプルモダンのダイナーの中で、
ここでもジャン・ジョルジュ氏プロデュースの料理が食べられる。

あくまでもホテルゲストを狙って、朝食と夕食だけをサービスする。
ここに集まるお洒落な人達を眺めているのが楽しい、そんな空間。

写真 2018-05-16 10 52 22


Young people have gathered to the Lower East Side for a long time,
Since the collapse of the World Trade Center due to the September 11 terrorist attacks in the United States,
there was no opportunity to look up Manhattan from downtown.

But, after this hotel was made, the movement of New Yorkers changed.
Staying at the roof top bar here became the status.
Looking for sunset and night view, plenty of people gather there.

It is the Public Kitchen in the PUBLIC Hotel.
In the sophisticated simple modern diner,
Again, we can eat the dish produced by the chef, Jean Georges.

They only serve breakfast and dinner, aiming to get hotel guests.
It is fun to watch stylish people gathered here, such a space.

写真 2018-05-16 10 31 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-15 20 29 38


ジャン・ジョルジュ氏が、1991年にニューヨークに初めて開いたレストラン。
彼の幼少期の呼び名が、そのまま店の名前になり、
アッパーイーストサイドのタウンハウスは、上質な迎賓館のような造りだった。

ニューヨークで留学生をしていた2000年頃、
NY駐在中の日系商社マンに連れて行っていただいたのが最初だった。
どんなに背伸びをしても、その場にふさわしくない自分を知った。

一流レストランのサーバー達は、一流のサービスをするのが当然で。
きっとお見通しだったけれど、私を一流の女性として扱ってくれた。
いつか、そのサービスにふさわしい女性になりたいと心底思った。

近年、リノベーションされたその場所は、
以前よりずっとモダンかつカジュアルを意識して造られた空間になっていた。
白を基調に、壁にはモノトーンの絵がかかり、
きっと誰もが幼少の頃を思い出す、ホーミーな雰囲気が演出されている。

フランス、アルザス出身のシェフは、世界中での挑戦を続けているけれど、
きっとここニューヨークが、第二の故郷なのかもしれない。

冷静にサービスを見渡せるようになった今、
在米18年という年月の重みを改めて感じた。

翌朝の胃もたれの心配がないライトフレンチともいえる料理メニューは、
ネイバーに毎日通って欲しいという想いが集結しているようだった。

写真 2018-05-15 21 19 19 (1)

写真 2018-05-15 21 43 02

写真 2018-05-15 21 45 07 (1)


"JO JO" was the first New York restaurant of Jean Georges, opened in 1991.
His early childhood nickname became the name of the shop as it was,
The upper east side town house was like a fine guest house.

In around 2000 when I was an international student in New York,
I went there for the first time with a Japanese trading company man living in NY.
No matter how I pretended to be an adult lady, I knew myself not fit for the occasion.

The servers of the first-rate restaurant were reasonable to do first-class service.
It was probably a prospect, but they treated me as a top-notch woman.
Someday I thought I wanted to be a woman suitable for that service.

In recent years, the place renovated,
It was a space built with consciousness of modern and casual much more than before.
Based on white, painting of monotone on walls,
Surely everyone remembers childhood, a homely atmosphere has been directed.

For a chef from Alsace, France, who continues to challenge all over the world,
Perhaps here New York might be the second home.

Now that I could calmly overlook the service,
I felt again the weight of the year and month of 18 years in the United States.

The menu that there is no worry of stomach next morning can be said to be light French Cuisine.
It seemed that the desire of Chef that wish neighbors can come through everyday gathered together.

写真 2018-05-15 23 09 41



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-15 13 15 23

写真 2018-05-20 6 56 50


2018年度のミシュランアワードが発表された時、
長年3つ星をキープしていた大御所が星を1つ落としたことに、
ニューヨーカーは騒然とした。
でも、だからこそ、その理由を知りたくて人が訪れる。

トランプ大統領所有のトランプホテルの一角で、
コロンバスサークルとセントラルパークを一望できるロケーション。
真っ白を基調にした店内は、ゲストで溢れかえっている。
隣席との距離が近いテーブル配置が、余計にその活気を盛り上げる。

ビジネス会食をするスーツ姿の男性陣。
ひたすら写真を撮っているアジア人観光客。
全身青と緑のコーディネートというユニークな中年カップル。
目のやり場に困ってしまう、熱いムード満載の二人。
それぞれが、それぞれの世界観を演出している。

前菜とメインディッシュ、スパイスのよく効いた挑戦的な味付けが、
持ち込んだNZワインに本当によくマッチしていた。
最後のデザートの色合いも、まさにNYフレンチの骨頂。

ニューヨーカーは、常に新しいものを求めている。
3つ星奪回を目指すJGの挑戦が、きっと将来に繋がっていく。

写真 2018-05-15 13 35 06

写真 2018-05-15 13 36 13


When the 2018 Michelin Awards were announced,
The long-established restaurant that kept 3 stars for many years dropped one star,
New Yorkers were so surprised.
But that is why people want to go to know the reason.

It is located in one corner of President Trump 's own Trump Hotel,
A location overlooking Columbus Circle and Central Park.
The inside of the shop based on pure white is overflowing with guests.
The table arrangement that is closer to the next seat increases the liveliness unnecessarily.

Men's group who had a business lunch in a suit.
Asian tourists who took pictures all the time.
A unique middle-aged couple that coordinated the whole body blue and green.
Two people who troubled my eyes with hot moods.
Each was directing their view of the world.

Appetizer and main dish, spicy well-effective challenging flavor,
It really matched the NZ wine that we brought in.
The color of the last dessert was exactly the tip of NY French.

New Yorkers are constantly seeking something new.
The challenge of JG aiming to recapture three stars will surely lead to the future.

写真 2018-05-20 6 57 00

写真 2018-05-15 14 15 55



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-15 0 36 06


2004年オープン。2006年ミシュラン3つ星獲得。
以来、不動の地位を築き上げている大御所レストラン。
予約待ち3ヶ月という人気も、ずっと変わらない。

料理は日替わりのおまかせコースのみ。
セントラルパークを見下ろすゆったりとした店内で、
毎晩、たくさんの物語が生まれているのだろう。

ミッションは、ニュージーランド産の赤ワインとのマリアージュ。
メルローとカベルネ・ソーヴィニヨン主体のブレンドワインには、
スパイスの効いた濃厚なソースがよく似合う。
フォアグラ、小鳩、岡崎和牛。

NYフレンチからの新しい発見。
そしてNZワインへの愛が深まっていく。

写真 2018-05-14 21 06 20


PER SE has opened in 2004, and it acquired three stars of Michelin in 2016.
Since then, the restaurant building up a steadfast position.
The popularity of 3 months waiting for reservation has not changed for a long time.

The menu is only for the Daily Chef's Course.
In a spacious restaurant overlooking Central Park,
A lot of stories are born every night.

Mission is marriage with red wine from New Zealand.
For Merlot and Cabernet · Sauvignon-based blended wines,
Spicy rich sauce suits well.
Foie gras, Pigeon, Okazaki Wagyu.

New discoveries from NY French Cuisine.
And love for NZ wine deepens.

写真 2018-05-18 9 08 44

写真 2018-05-18 9 09 26

写真 2018-05-18 9 10 21



海外永住 ブログランキングへ "
Next

トラブル満載の日本出張。
自分の存在意義について考える。
何のために、誰のために、その仕事を選ぶのか。
自分の過去と対峙しながら、この先を考える。

予定を切り上げて、フライトを変更した。
留守宅で待つ子供たちに、お土産を買う余裕もなかった。
成田空港で本を買おうと思っていたけれど、
羽田発のフライトは、朝早くて慌ただしい。

チェックインカウンターで、ふと顔を上げたら、
親友の顔があって、抱き締めたくなった。
新卒で入社した当時から仲良しの彼女が、
いまでもこうして活躍している姿に励まされる。

目先の儲けなんていらない。
誰かの力になるような存在でありたい。
ずっと長く、そうやって生きてきたのだから、
これからも、ブレない自分でいることだけを、心に誓おう。

きっとどこかで、待っていてくれる人のために。
元気でいれば、明日がやってくる。

写真 2018-05-08 20 01 26


I had many troubles on my business trip in Japan.
I thought about my own existence.
For what, for whom, should I choose that work?
While facing my past, I thought about the future.

I cut the schedule and changed my return flight.
I could not afford to buy souvenirs for my kids who were waiting at home.
Although I was planning to buy a book at Narita Airport,
I was too busy since the flight from Haneda departed in the morning.

At the check-in counter, when I suddenly raised my face,
I found a face of my best friend who was on the poster of "NISSAN LEAF CAR",
and I wanted to hug it.
We have been close friends since we joined JAL as freshmen,
I am still encouraged by her figure that is active as a model in this way.

I do not need immediate profit.
I would like to be like someone's power.
Since I have been lived in that way for long time,
I will swear to have my core heart forever.

Surely somewhere, for those who are waiting.
If we are fine, tomorrow will come.

写真 2018-05-08 19 56 12



海外永住 ブログランキングへ "
Next

嫁ぎ先の本家、先祖は代々江戸に続く家で、
墓地は大田区、本籍は品川区にある。
生粋の江戸っ子の縄張りは、かつての私には縁遠い場所だったけれど、
長い年月を経て、今は日本滞在のベースになっている。

五反田駅から徒歩5分の立地に、焼鳥ではない鳥料理のお店がある。
路面店ではないのに、店内は常連客で溢れていて、
このお店がいかに地元の人に愛されているかが分かる。

名物とも言える前菜の盛り合わせでは、
鶏肉の酢〆、漬け、たたき、レバー、白和え、南蛮漬け、おはぎ。
これでもかというほど見事にアレンジされた鳥料理が並ぶ。
ささみフライ、棒棒鶏、メインの鴨すき、卵とじ御飯。

「鳥は、ここまで美味しくなれる」
総料理長のお人柄が垣間見れるサービスに、心が温かくなった。
人情味のある東京の街、胃袋の故郷は、やっぱりここなんだと思う。

写真 2018-05-08 6 35 10

写真 2018-05-08 6 55 59

写真 2018-05-08 7 10 44


My parents-in-low, my ancestors are households who often follow Edo,
The cemetery is in Ota Ward and the domicile is in Shinagawa Ward.
The area of Edo people was a place far away from me in the past.
After many years, now the center of Tokyo area is the basis of my staying in Japan.

Located a 5-minute walk from Gotanda Station, there is a chicken cuisine restaurant that is not Yakitori.
Although it was not a roadside store, the inside of the restaurant was full of regular customers,
I could see how this shop was loved by locals.

In the assortment of appetizers which can also be called specialties,
Chicken is cooked in many ways, vinegar marinated, soy sauce dipping, carpaccio, levers, Nanban, Ohagi.
The chicken cuisine arranged like this is also splendidly arranged.
We chose the duck Sukiyaki for the main course.

"Chicken can be delicious in various way"
My heart became warm for the service with the personality of the chef.
I think that the town of Tokyo with a human nature, is still here as the hometown of the stomach.

写真 2018-05-08 7 37 43

写真 2018-05-08 8 24 11

写真 2018-05-08 8 39 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-08 15 39 00
Next

母校では、いわゆる文化祭のことを記念祭と呼ぶ。
今でこそ文化祭に力を入れる都立高校も多くなったけれど、
演劇や映画作りなど、あの頃から母校のレベルは極上だった。

卒業後も、節目節目に、誰かが声を上げれば自然と集まる。
大企業の重役クラスから、個人事業主、政治家、パイロット。
今活躍する分野は様々だけれど、会った途端に童心に返る。

今秋の大きなイベントに向けて、幹事連中が動き始めた。
利害関係のない仲間だからこそ、生の声でぶつかり合う。
この手応えこそが、成功への王道だから。

さて。しばらく遠隔からバックアップしよう。

写真 2018-05-11 0 51 47


At the alma mater, the so-called cultural festival is called a memorial festival.
Today high schools that put power into cultural festivals also increased.
But, such as theater and movie making, the alma mater's level was superb from that time.

Even after graduation, if someone raises a voice at a milestone, we will gather naturally.
They are the executive classes of large companies, individual business owner,
politician, pilot, and so on.
Fields that are active now vary, but we will return to our childhood as soon as we meet.

For the big event this autumn, our team members started moving.
Because we are just friends not the business partners, we debate directly.
We know this response is the royal road to success.

Now, I will back up from a remote location for a while.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

お静とマーサとミカ。
この3人で会ったのは久しぶりだけれど、
井戸端会議のような会話の中で、たくさんのアイディアが生まれる。

これをそのまま何かの企画にしたらどうかな。
お静の一言で、また盛り上がる。

「妖女の部屋」企画、今夏スタート、、、できるかな。

写真 2018-05-07 15 33 26


Oshizu, Martha and Mika.
It has been a long time since we met 3 years ago.
In a conversation like a "water cooler chat ", a lot of ideas were born.

How about making this planning as it is?
In a word of Oshizu, we got excited again.

Our new planning may coming this summer.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-06 22 49 08

写真 2018-05-06 22 49 25


日本の職人さんには、世界に誇れる技術がある。
素人の私が専門的なことを語ることは憚られるけれど、
彼らの凄いところは、そのチームワークでもある。
最高のものを作り上げるために、最高のチームワークで勝負する。

そんな最高の仲間たちと、秘密のアジトで打ち合わせ。
チームの長(おさ)のマニアックなコレクションの中で、
チームの若(わか)が獲れたての魚や貝をさばいてくれる。

贅沢な空間、贅沢な時間。
ここからまた、最高の技術が生み出される。

写真 2018-05-06 22 48 33

写真 2018-05-06 22 44 45

写真 2018-05-06 22 44 19

写真 2018-05-06 22 44 05


Japanese craftsmen have technologies that are proud of the world.
Although I am ambitious that I talk about professional things,
The great thing about them is their teamwork.
In order to make the best one, they act the best team work.

We had a meeting with such best friends at a secret hideout.
Surrounding the maniac collection of the team's head,
Young guy of the team cooked fish and shellfish which were captured.

Luxurious space, luxurious time.
From here, the best technology is created again.

写真 2018-05-06 22 43 55

写真 2018-05-06 22 43 18

写真 2018-05-06 22 43 00

写真 2018-05-06 22 42 51



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-06 23 33 29

写真 2018-05-06 23 47 07


Next

スクリーンショット 2018-05-12 05.08.40


開業400年、名古屋では最も古い料亭「河文」。
名古屋城が築城された寛永年間から、その歴史を刻み、
明治以降は、中日本随一の迎賓館として、著名人に愛されてきた。
創業当時からのおもてなしの心を引き継ぎながら、
現在でも毎日素敵なシーンが演出されている。

5年程前、外国人スタッフに古都を案内していた時、
タイミングよく「河文座」の催事を拝観することができた。
彫刻家、流 政之氏が作った「流れ床の庭」と呼ばれる日本庭園で、
古典芸能と現代アートのコラボレーションを堪能。
「河文」の若女将とスタッフのきめ細やかな采配が印象的だった。

今春の「河文座」では、恒例の「名妓連(めいぎれん)」をお披露目。
名古屋の芸妓、舞妓の舞と一緒に、河文の料理を味わえる贅沢。

こんな素敵な企画を、海外在住の方にも知っていただきたいから。
日本舞踊の解説をつけた中継をライブで世界配信する。
名古屋の芸者たち全員出演という豪華バージョンをお見逃しなく。

春の河文座・YOUTUBE配信
5月17日18時〜(日本時間)

春の河文座 動画はこちら。

第58回 河文座 御案内はこちら

以前の「河文座」の記事

スクリーンショット 2018-05-12 05.08.57


"KAWABUN" is the oldest Japanese restaurant in Nagoya with 400 years history.
From the Kanei years when Nagoya Castle was built, its history is engraved,
After the Meiji period, as a guest house in the middle of Japan, it has been loved by celebrities.
While taking over the heart of hospitality from the beginning,
Even now every day a nice scene is produced.

About five years ago, when I was presenting ancient capital to foreign staff,
we were able to admire the event of "KAWABUNZA" with good timing.
In a Japanese garden made by sculptor Mr. Masayuki Nagare,
we enjoyed the collaboration between classical performing art and contemporary art.
The young landlady of "KAWABUN" and the fine-grained control of the staff were impressive.

In this spring's "KAWABUNZA", we announce the "MEIGIREN".
Luxury that you can taste the food of KAWABUN with Geiko and Maiko, professional dance performer in Nagoya.

We would like you to know such a wonderful project, even those living abroad.
It will be Live broadcasting with a commentary on Japanese dance.
Do not miss the gorgeous version of Nagoya's Geisha appearances.

Distribution of YouTube " KAWABUNZA"
May 17th at 6:00pm / Japan Time ( 5:00am / EST)Click here to watch the movie of KAWABUNZA

58th KAWABUNZA Information

My Former Article of "KAWABUNZA"


海外永住 ブログランキングへ "
Next

その人とは、ここでひっそりと会うことが多い。
銀座の街中なのに、なぜか人は少なくて。
居心地の良い空間で、これからのアート企画について話し合う。

まさに寝食を忘れて絵を描いてしまう彼女は、
普段あまり食事に執着がないけれど、
たまにこうして美味しいものを一緒に食べられるのが嬉しい。

春のイベントを終えて、秋の企画、そして来年の企画を話し合う。
アートの力を、まだずっと信じている。

アートが必要だと言ってくれる人のために。
貴方が必要だと言ってくれる人のために。

写真 2018-05-07 12 56 48


When I meet that person, we choose such a quiet place.
Although we were in the city of Ginza, there were few people for some reason.
We discussed the future art planning in a cozy space.

As she forgets to have meals when she draws a picture,
she usually does not have much obsession with meals.
Sometimes I was happy to be able to eat delicious things together.

After the spring event, we discussed the plan of the autumn and the plan of the next year.
I still believe in the power of art.

For those who say that art is necessary.
For those who say that you need it.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-08 2 50 52

写真 2018-05-08 2 50 38


男性からすると、どんな世界なんだろうと思うのは当然だけれど、
女性からしても、その扉を開ける時は不安がよぎる。
だからこそ、心を落ち着けてもらうための空間が必要なのだと。

むらさき乳腺クリニック五反田。
専門的な医療機関だけれど、ちょっとお茶をしたいと立ち寄れる空間。
それが、池田紫院長の目指しているところ。

今年2月の開業以来、たくさんの映像が送られてきていたけれど、
やはり実際に足を運んでみて感じることが、たくさんあった。
院長の技術や人柄を後押しするように、洗練されたスタッフの温かさが、
この空間をトータルで作り上げている。

ここから救える命がたくさんありますように。
命は他人事でないから。なんでも相談してみてください。

むらさき乳腺クリニック五反田 HPはこちらから。
以前の記事「むらさき乳腺クリニック五反田」
以前の記事「紫色の希望」
以前の記事「記念プレート」
写真 2018-05-08 2 50 22

写真 2018-05-08 3 04 49


From men, it is natural that you think what kind of world it is.
Even if it is from a woman, there is anxiety when opening the door.
That's why we need space to calm our mind.

It is the Murasaki breast clinic Gotanda.
Although it is a professional medical institution, it is a space that you drop in to want a little tea.
That is what MD.Murasaki Ikeda is heading for.

Many pictures have been sent since the opening in February this year,
After all, there were lots of things that I actually went and felt.
To boost the doctor's skills and personality, the warmth of sophisticated staff made up
this space in total.

Hope to save lots of lives from here.
Because health is no other people's affair.
Please try consulting anything.

Murasaki Breast Clinic Gotanda / Official HP

写真 2018-05-11 10 26 36



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-11 10 25 20

Next

仲間と集まる時、およそ6人以内が理想だという。
8人になると、否応なしにも話が別れてしまうから、
大事な話を共有したければ、小さくまとまるのが賢明だと。

土砂降りの東京で、お粥を食べながら語り合う。
昔の思い出話だけでなく、今のアップデートが楽しい仲間たち。
時差ボケで頭がまわっていなかったけれど、
そこいられるだけで嬉しい、20年後もきっとこうしている。

初めて食べたトムヤンクンのお粥が美味しすぎて、
今でも脳内が、あの味を探している。

粥麺楽屋 喜々

写真 2018-05-07 21 11 45


About six people or less is ideal when gathering with friends.
As the number of people reaches 8, the story will break up inevitably,
If you want to share an important story, it is wise to make it small.

We discussed while eating rice porridge in a rainy day in Tokyo.
We enjoyed the updating, besides old memories.
Although my head was not turning due to jet lag,
I was happy just being able to be there.
And we will certainly do as same after 20 years.

The porridge of "tom yum goong" I ate for the first time was too tasty,
Even now the brain is looking for that taste.

写真 2018-05-12 6 36 13



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-06 6 47 24

写真 2018-05-06 6 47 26


JAL本社が天王洲アイルに移転した頃、周囲には何もなかった。
実家は都内の西端だから、丸ビル本社に行くにも時間を要したのに、
モノレールに揺られて行く天王洲は、まるで異国の地のような距離にあった。

T.Y.HARBORの開業は1997年、いわゆるJALビルが出来た翌年のことだった。
当時はまだお客様も少なくて、品川のビルと海を見ながら、
何時間でもお喋りが出来た、そんな空間だった。
ただ、飲むと帰るのが億劫になるロケーションだったから、
ここで仲間の飲み会をやった記憶は、ほとんどない。

昨秋の大同期会で再会した仲間が、また大集合した。
まだ現役クルーを続けている同僚も少なからずいて、
相変わらず、彼女らの底なしパワーに圧倒される。

旧交復活のキッカケ作りをできたこと。
一度きりでない再会が、何よりも嬉しい。

写真 2018-05-06 6 47 31


When JAL headquarters relocated to Tennozu Isle, there was nothing in the surroundings.
Because my parents' house was the west end of Tokyo, it took me a while to go to the Marunouchi headquarters,
Tennozu which is shaken by the monorail was at a distance like a foreign land.

T.Y. HARBOR was opened in 1997, a year after the so-called JAL building was completed in 1996.
At that time there were still few customers, while watching the building and sea in Shinagawa,
It was such a space that I could talk for hours.
However, as it was a location that was bothersome to go home when drinking,
I hardly remember having a fellow drinking party here.

Fellows who met again at last year's large re-union party also gathered together.
There are a few colleagues who have continued active crews yet,
As usual, I was overwhelmed by their bottomless power.

We were able to make chance of old-fashioned revival.
A reunion which was not only once was glad more than anything.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-06 6 47 42

Next

昨秋、JAL大同期会の企画依頼を受けた時、
長い年月を経て、それぞれの道を歩いている現在、
単なる近況報告会という内容にはしたくないと思った。

誰一人として引け目を感じることなく、
同じ時間を共有したことを懐かしみ、楽しんでもらうために。
過去の制服やポスターを展示したり、動画を流したり。
そして最後は、当時のCMソングでフィナーレを飾りたい。

そんな声に応えてくださったシンガーソングライターのKATSUMI氏。
想像を超えたサプライズゲストの登場に、170名の参加者は大喜び。
そして御縁が繋がり、彼のFM番組にお声がけいただいた。

拙著を読んだくださったKATSUMI氏との事前打ち合わせはほぼゼロ。
台本なしの公開生放送で、どんな展開になるのかと思いきや、
カジュアルな話から、最後にしっかり着地するリードが素晴らしかった。

視覚情報が溢れる昨今だからこそ、
手を止める必要のないラジオ視聴は、生活の一部として根強い人気がある。
ゲストの話を瞬時に紐解いて番組を進行していく才能、
流れるように音楽へと移行していくスキル。
長年ラジオ番組を担当されているKATSUMI氏の幅広さに感動。
そして改めて、こんな私の話に耳を傾けてくださった懐の深さに感謝。

共通の話題もたくさんあって、これから先の御縁がさらに楽しみになった。
またいつか、私たちのその後を御報告させていただく機会がありますように。

夏にはまた同期と連れ立って、コンサートにお伺いしよう。

KATSUMI Official Blog

写真 2018-05-05 22 18 03 (1)

写真 2018-05-06 4 32 39 (1)


Last fall, I received a planning request of the JAL re-union party.
After a long time, we are walking each way now,
I thought that I did not want to make it a mere modernity reporting party.

Without negative feeling anything as anyone,
To relax and sharing the same time, to have fun.
We planned to exhibit past uniforms and posters, shedding videos,
And finally, we would like to decorate the finale with CM song at the time.

Mr. KATSUMI, a singer-song writer who responded to such a voice.
170 participants were delighted with the appearance of surprise guests beyond imagination.
After that party, I was asked to perform to his FM program.

Preliminary meeting with Mr. KATSUMI who read my book was almost nothing.
I was wondering what kind of deployment it will be in open live broadcast without a script.
From the casual story, his lead who solidly landed at the end was wonderful.

Because of the recent full of visual information,
Radio viewing that does not need to stop hands is deeply popular as part of life.
His talent was to instantly talk about the guest's talks and progress the program.
I was impressed his skill to shift the music from the conversation.
I was moved by the breadth of Mr. KATSUMI who was in charge of radio program for many years.
And again, thanked him for the depth of his heart that listened to my story.

There are also many common topics, and I look forward to the future.
Someday, I hope to have a chance to report on our future.

In the summer I will go to his concert taking my ex co-workers.

写真 2018-05-08 4 37 04

写真 2018-05-08 4 37 09



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-10 23 11 02

Next

写真 2018-05-04 17 05 25

写真 2018-05-04 18 34 23


高校時代は、部活動と行事活動だけが生きがいだった。
入学当初は、ハンドボールのルールどころか、
そんなスポーツの存在さえ知らなかったのに、
優しそうな先輩たちに勧誘された勢いで入部してしまった。

前年度の都大会で第3位という実力のあるチーム。
ところが、私たちの代はなかなか勝てなくて、
監督はさぞかしヤキモキしていただろうと、後になって思う。

燦々と照りつける太陽の下での、厳しい練習。
当時は、余計な水分を取ってはいけないという方針だったし、
体罰に近いような100本シュート練習も当たり前だった。

厳しい練習の裏にある監督や先輩の愛情に気付いたのは、
当然、自分たちが後輩に教える立場になってから。
ハンドボールという共通言語が、縦横の絆を強くしてくれた。

創部50周年の記念パーティーには、150名程のOB/OGが集まった。
大先輩たちを前にして御指名を受けた締めの挨拶に戸惑ったけれど、
たくさんの元気な笑顔に再会できたのは、幸せだった、

10年後もまた、ここに集まれるのだろうか。

都立西高ハンドボール部 HP
写真 2018-05-04 18 33 36

IMG_9274


During high school, only departmental activities and event activities were rewarding for me.
At the beginning of admission, rather than only handball rules,
I did not even know the existence of such sports.
I entered by the momentum being solicited to gentle seniors.

It was the third most competitive team in the previous year 's tournament in Tokyo.
However, our team could not win easily in the following year.
So the director might had been annoying.

Severe practice under the sun shining strongly.
At that time, it was a policy not to take unnecessary moisture,
the 100 shoot practice similar to corporal punishment was common.

We noticed the affection of the director and seniors behind the hard practice,
Naturally, since we became a position to teach our juniors.
A common language called handball has strengthened the ties between vertical and horizontal.

About a hundred fifty OB / OG gathered in the memorial party of the 50th anniversary of the Nishi handball club.
Although I was perplexed by the closing remarks that received the appointment in front of the senior citizens,
It was happy that I could see a lot of energetic smiles.

I wonder if we will be here again ten years from now.

IMG_9294

写真 2018-05-04 19 54 40



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-10 3 51 04

IMG_9330




Next

子供たちを感染症から守り、健康で長生きしてもらいたい。
世界中の子供たちに石鹸を配る「nicotan soap活動」では、
2036年、ニューヨークで世界平和パーテイーを開催する。

その企画の中心となるのは、今の子どもたち。
今から一緒に、子どもたちと考えていきたいから、
今世界が抱える問題を、子どもの視点で討議してもらおう。

そんな企画の第一弾が、今夏ようやく形になる。
世界中から集まってくる子どもたちに、「食」をテーマに話してもらう。
その仕込みのための活動が、粛々と進められている。

2018年8月8日、「地球こどもサミット」@衆議院議員会館(国際会議場)。
詳細は順次、アップデート予定です。

写真 2018-05-06 7 44 47


We want children to be protected from infectious diseases, to live healthy and live longer.
In "Nicotan Soap Activity" which distributes soap to children all over the world,
will hold a world peace party in New York in 2036.

Children will be the leaders of the project.
Since we want to think with children from now,
let them discuss the problems the world has today from a child's point of view.

The first round of such a project finally becomes a summit this summer.
We will have children gathering from all over the world to talk about "food" as a theme.
Activities for that preparation are progressing swiftly.

August 8, 2018, "The Earth Children Summit" @ House of Representatives Member Hall
(International Conference Hall).
Details will be updated sequentially.

写真 2018-05-08 18 39 53



海外永住 ブログランキングへ "
Next

人生は思いがけないことの連続。
すべてのことは、予定通りにいかないもので、
むしろ期待しすぎていない方が、楽なこともある。

日本出張の予定が二転三転して、フライトを何度も変更した。
大きなトラブルを抱えて、眠れない日が続いた。
私の仕事は、その大部分はいわゆる表からは見えないから、
これだけの苦労をしていることを、きっと誰も知らない。

天知る地知る我知る。
己に嘘はつけないから、正義が勝つと信じて、待っている。

46


Life is a series of unexpected things.
All things do not go as planned,
Rather it is easier if you do not expect too much.

The schedule of business trips in Japan changed twice and I had to change the flight over and over.
With a big trouble, the day when I could not sleep have continued.
Because most of my work cannot be seen from the so-called outside,
No one knows exactly that this is the hardest thing.

God knows, people know, I know.
Because we cannot lie to myself, I believe that justice will win.
I am waiting the result.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-04-04 2 56 24


かつてこの土地に来た時、胸に息苦しさを覚えた。
年に何度も洪水する海面の近さが、さらに私を不安にさせた。
それでも、この街の歴史を、体感したかった。

あの時、路上で出会った一枚の絵が、忘れられなかった。
名も知らぬアーティストが描いたニューヨークの光景。
どうしても欲しいと思ったけれど、私たちに買える値段ではなかった。

今回の旅で、なぜここに寄りたかったのだろうと考える。
心を揺さぶるアートの存在を、もう一度確かめたかったのかもしれない。

5世紀にゲルマン人から逃れたイタリア人が作り上げた「水の都」。
毎年少しずつ地盤沈下が進み、数百年後には消滅するという街に、
人々は魅了され、その美しさを目に焼き付けておきたいと思う。

いつか命尽き果てるその日まで、必死に生きる人間と同じように、
ヴェネツィアという街は、沈みゆくその日まで、輝き続けるのだろうか。

私は、再び出会うことのできなかったあの絵を探しつつ、
アートの持つ力について、考えている。

写真 2018-04-04 3 44 00

写真 2018-04-04 5 06 06


When I first came to this land, I felt breathing pain in my chest.
The proximity of the sea surface that flooding many times a year further made me uneasy.
Still, I wanted to experience the history of this city.

At that time, I could not forget the piece of painting I met on the street.
A scene of New York painted by an unknown artist.
I absolutely wanted it but it was not a price we could buy.

I think that why I wanted to stay here on this trip.
Perhaps I wanted to confirm the existence of art that shaking my mind once again.

"The city of water" created by Italians who escaped Germanic people in the 5th century.
It is the city where the subsidence gradually gets year by year and disappears
after several hundred years.
People are fascinated there, and everybody wants to see their beauty.

We are living desperately until the day that one day we will end our life.
I wonder if the city of Venice will continue to shine until the day it will sink.

I will look for that picture that I could not encounter again,
I am thinking about the power of art.

写真 2018-04-04 3 45 38

写真 2018-04-04 3 46 29



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-04 5 07 10

写真 2018-04-04 5 08 17
Next

写真 2018-03-30 13 52 31


私の母は、小学生の時から家事一切を任されてきた。
戦争未亡人の祖母と、幼い2人の妹を支える食事作り。
見よう見まねで覚えた、いわゆるレシピのないメニュー。
生活は貧しく、外食という言葉すら知らなかったと言う。

私が幼少の頃も、我が家の食卓はいつも地味だった。
全体的に茶色が中心の和食ばかりで、華やかさとは無縁。
カレーとハンバーグを洋食だと喜ぶくらいだったけれど、
そこに会話があったから、幸せだった。

大人になるにつれて、少しずつ外の世界が広がった。
それまでの概念を覆すイタリアンやフレンチに出会い、
世の中にはこんなにも美味しいものが溢れているのだと知った。

イタリアの街かどで食するイタリアンは、どれもハズレがない。
イタリア人が作ったイタリアンだから、当たり前なのかもしれないけれど、
その国の食べ物を愛する気持ちが、その美味しさをより向上させる。

でもどんな味でも、食べ続けると飽きてしまうのか。
脳内では、母が作ってくれたナポリタンの味を思い出していた。

写真 2018-05-05 14 45 39

写真 2018-05-05 14 47 16

写真 2018-05-05 14 50 25


My mother has been appointed to do all the housework from the time of elementary school.
She cooked meals to support her mother of the widow and two young sisters.
It was without a so-called recipe that she learned from her life.
Her life was not wealthy, she says she did not even know the word of eating out.

When I was young, our dining table was always modest.
Just Japanese food with a central brown on the whole, nothing to do with ornate.
Although it was pleasant that curry and hamburger was a Western-style meal,
I was happy because there was a conversation there.

As I grew up, the outside world spread little by little.
I met Italian and French dishes overturning the concept before then,
I learned that there were so many delicious things in the world.

Italian food to eat in the town of Italy, there are no losers.
It is an Italian food made by Italy people, so it may be natural,
The feeling of loving the food of that country further improves its taste.

But whatever the taste you get bored with keeping eating.
In the brain, I remembered the taste of Napolitan that my mother made.

写真 2018-05-05 14 50 57

写真 2018-05-05 14 53 21

写真 2018-05-05 14 54 10

写真 2018-05-05 14 55 07



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-04-02 11 00 09


フィレンツェは小さな街で、中心部はおよそ歩いてまわれる。
ポンテヴェッキオ橋をふらりと歩いた先にあるピッティ宮殿。

階段もない広場で、地べたに寝そべる市民の姿が、
穏やかなこの街の雰囲気を象徴しているように感じる。

中世16世紀前後のフィレンツェ。
トスカーナ大公となったメディチ家が、世にその力を示した大宮殿。
イタリアルネッサンスの中心であったその土地に立つと、
いつの時代も裕福な人は、高い場所から下を眺めたのだと感じる。

人間はどこから来たのだろう。
自分のルーツはどこにあるのだろう。

空と海と大地が繋がる光景の中、ちっぽけな自分を感じている。

写真 2018-04-02 11 16 20

写真 2018-04-02 11 16 41


Florence is a small town, we can about to walk around the center.
Palazzo Pitti located ahead of the Ponte Vecchio.

In the plaza without stairs, the figure of the citizen lying on the ground,
It seemed to symbolize the calm atmosphere of this city.

Florence around the 16th century Middle Ages.
The Great Palace where the Medici family who became the Prince of Tuscany
showed its power to the world.
When I stood on that land which was the center of the Italian Renaissance,
People who were wealthy in any era felt that they had looked down from a high place.

Where did humans come from?
Where is my roots?

In the sight where the sky, the sea and the earth are connected, I felt a little self.

写真 2018-04-02 11 23 39



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-02 11 57 55
Next

写真 2018-04-03 3 27 56

写真 2018-04-03 3 38 59


「マギの礼拝」と呼ばれる作品に魅了されたのは、
学生時代にレオナルド・ダヴィンチ研究をしていた時だった。
東方の博士たち(マギ)が、エルサレムを訪れ、
この世に生まれたユダヤの王、イエス・キリストの生誕を祝う。

それまでにも、たくさんの画家がテーマとした作品だけれども、
常に新しい何かに挑戦していたダヴィンチの目的は別にあった。
すなわち、天を指す人差し指や、人物の視線の意味するところ、
現在と将来の自画像を入れ込むことを課題とした。

ある程度解決の糸口が見えると、作品の完成には興味がなくなるのか、
作品のほとんどが「未完成」「未完の作品」のまま残されている。

初めて見たその作品は、老朽化が進んで、全体が暗く霞んでいた。
ダヴィンチの構図は完璧で、どこが未完成なのか分からないほど、
全体のバランスがよく取れているという印象だった。

今回、ウフィツィ美術館で、その作品の前に立った。
「世紀の修復」を終えたそれは、やや不自然なほど明るくなり、
以前とはまったく異なる様相を呈していた。

ダヴィンチが、この姿を望んでいたかは分からないけれど、
ここにある自画像に彼が入れ込んでいた思いは、分かるような気がする。
時代が変わり、命尽き果てても、ずっと世の中を見通していたい。
きっと世の中の誰もの願いが、そこにある。

写真 2018-04-03 3 24 09

写真 2018-04-03 3 27 49


When I was fascinated by a work called "Adoration of the Magi",
It was when I was a student, studying Leonardo da Vinci.
It showed that the doctors in the east (Magi) visited Jerusalem,
and celebrated the birth of Jesus Christ, the king of Judea born in this world.

Although it was a work that many painters themes themselves,
Da Vinci 's purpose was constantly challenging something new.
That is, the index finger pointing to the heaven, the meaning of the line of sight of the person,
The subject was to incorporate self-portrait of present and future.

It was not interesting to complete the work if he saw a clue to solving to a certain extent.
Most of his work was left as "incomplete" or "unfinished work".

In 1990 th, that work which I saw for the first time was aging, the whole was dark and hazy.
The composition of Da Vinci was perfect, so far that I did not know where it was unfinished,
It was the impression that the balance of the whole was well taken.

This time, I stood before the "Adoration of the Magi" work at the Uffizi Gallery.
That "the restoration of the century" has ended was somewhat unnatural brightening,
It was totally different from the previous one.

I do not know if Da Vinci wanted this figure,
It seems that I can understand the feelings that he had embedded in the self-portrait here.
Even though the times have changed, even though we have finished our lives, we want to see the world all the time.
There is surely a wish of everyone in the world.

写真 2018-04-03 3 37 53

写真 2018-04-03 3 24 56

写真 2018-04-03 3 25 07

写真 2018-04-03 3 38 13



海外永住 ブログランキングへ "
写真 2018-04-03 3 53 37

写真 2018-04-03 3 54 09

写真 2018-04-03 3 54 05


Next

高校時代、絵のとても上手な同級生がいた。
当時流行っていた鈴木英人氏のイラストみたいな絵も描けたし、
美術室にある彫刻のデッサンは、ずば抜けてうまかった。

本人はもう忘れていると思うけれど、彼に描いてもらった絵に、
「Be-1の似合う街って好きだな」という言葉が書いてあった。
それから私は、小回りの効く小さな車が好きになった。

ローマの街を歩くと、ひたすら小さな車が目に入る。
細い路地でもスピードを落とさず、ほんの小さな隙間に路駐する。
イタリア人のマナーの悪さばかりが気になってしまう道中だけれど、
石畳に似合う車だけは、やっぱり愛おしい。

写真 2018-03-30 15 16 29

写真 2018-04-03 4 50 07

写真 2018-03-30 15 17 14


In high school, there was a classmate who was very good in art.
I could also paint illustrations like Mr. Eijin Suzuki who was popular at the time,
The sculpture drawing in the art room was superb and good.

I think he himself has already forgotten, but to the paintings he had painted,
The word "I like the town to suit Be-1 " was written.
Then I have liked a small car with a small turning effect.

As I walked through the city of Rome, my eyes was caught by a small car.
Even in a narrow alleyway, it won't slow down, and stayed in a small gap on the street.
Although I didn't like about the badness of Italian manners,
Only cars that match the stone pavement were lovely after all.

写真 2018-03-30 15 17 00

写真 2018-03-31 13 59 38



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-03-31 20 24 03

写真 2018-03-31 20 24 44

写真 2018-03-31 22 16 35


イタリアのレストランは、いろいろな呼称がある。
高級な順に、リストランテ、トラットリア、オステリア。
オステリアというと、日本の居酒屋、食堂のような店を想像する。

きっとここは、意図的に「オステリア」と名付けているだけで、
その実態はリストランテ以上。
ニッチな品揃えのワインが並ぶ、モダンな店内。
フュージョンイタリアンというべき、洗練された料理がサーブされる。

オススメのテイスティングコースを堪能した後、
ホテルまで帰る足を探すのに一苦労。それも旅の醍醐味か。

写真 2018-03-31 20 37 24

写真 2018-03-31 20 37 40

写真 2018-03-31 20 37 47

写真 2018-03-31 20 53 51

写真 2018-03-31 21 06 41


Italian restaurants have various designations.
Ristorante, Trattoria, Osteria.
When you see Osteria, imagine a shop like a Japanese tavern and cafeteria.

Surely this place is intentionally named "Osteria"
The actual situation is over Ristorante.
It is a modern shop where lots of niche wines line up.
Sophisticated cuisine is said to be called Fusion Italian.

After enjoying the recommended tasting course,
I had a hard time finding cab to return to the hotel. That might be the real pleasure of traveling as well.

写真 2018-03-31 21 17 05

写真 2018-03-31 21 35 27 (1)

写真 2018-03-31 22 02 17



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-31 22 21 49

写真 2018-03-31 22 30 49

写真 2018-03-31 22 48 32
Next