Archives

2018年06月

写真 2018-06-03 17 54 44

写真 2018-06-03 17 59 34


これまでたくさんの飲食業関係者と関わらせていただいたけれど、
ホスピタリティー最上の方といえば、ここの経営者御夫妻。

先代が築き上げてきた日系の火鉢レストランを、
先代亡き後そのまま受け継ぎ、そのまま愛されるレストランとして存続させる。
浮き沈みの激しい飲食業界において、それがいかに困難なことであるか。

惜しみなく顧客同士を紹介したり、常にハッピーな場面を演出する。
だからオーナー夫妻の周りには、いつもハッピーな仲間が集まってくる。

いくつになっても、おめでとうの言葉を言っていただくのは嬉しくて。
今宵もまた誕生日の余韻に浸っていられる。

写真 2018-06-03 18 52 16

写真 2018-06-03 18 57 02


Although I have involved with many people concerned with food and beverage industry,
Speaking of the best hospitality person, the owner couple of this restaurant.

The Japanese BBQ restaurant built by his father-in-law, survived as a restaurant
to be loved as it was.
We know how difficult it is in the drinking industry where the ups and downs are intense.

He introduces his customers kindly and constantly produces happy scenes.
So happy friends always gather around the owners and his family.

No matter how old I am, I'm happy to get the congratulations' words.
I will be immersed in the reverberation of my birthday again.

写真 2018-06-03 18 33 08

写真 2018-06-03 19 08 29

写真 2018-06-03 19 15 31



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-03 20 04 19

Next

写真 2018-06-11 19 07 47


私はずっと以前から、黒部エリさんの文章が大好きで、
初めてお会いした時には、いたく感動した。
聡明で愉快で豪快な文章を書かれるその裏側にある、
ガラス細工のように繊細な内面とのギャップが、また魅力的だったから。

文章で伝えることをなりわいとしている方が、その書き方を伝授する機会。
会場は100名を超えるエリさんのファンで埋め尽くされていた。

誰しも発信ができる世の中だからこそ、文章の優劣が明確になる。
秀逸な表現を学ぶためには、小説を読むこと。
ビジネス書を読んでいても、文章力の向上は望めない。
リズム、息継ぎを大事にしながら、言葉をスタイリングする。

たくさんの秘策を惜しみなく解き明かす講義は、笑いもいっぱい。
でも結局のところ、良書を読み、書き続けないとダメなのだと。

日本語の美しさ、表現の奥深さは、神様からの贈り物。
たくさんの人に触れ、心に触れ、言葉に触れ、そして着こなすこと。
自分らしく、自分の言葉で伝えることを、諦めないでいたい。

写真 2018-06-11 19 15 10


I have loved the text of Eri Kurobe from long ago,
I was deeply impressed when I first met her.
Her gap, written behind the brilliant, pleasant and amazing sentences,
with delicate inside like glasswork was also attractive.

Eri had held the seminar event to teach how to write you tell the sentences in writing.
The hall was filled with more than 100 fans of hers.

Because everyone can send out in the internet, the superiority or inferiority of the sentence
becomes clear.
In order to learn excellent expression, reading novels.
Even reading business books, we cannot hope to improve writing skills.
While breathing, styling the words.

A lecture to unlock and reveal lots of secrets generously, there were lots of laughter as well.
But, after all, you have to read good books, or you cannot write good sentences.

The beauty of Japanese, the depth of expression is a gift from God.
Touch a lot of people, touch the heart, touch words, and style them.
I will never give up to tell in my own words.

写真 2018-06-11 19 23 05

写真 2018-06-11 19 24 31

写真 2018-06-11 19 42 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-12 17 02 49

Next

ジュリア・ロバーツ主演の「ワンダー 君は太陽」が
まもなく日本で公開される。

誕生後、何度も手術を繰り返した主人公オーギーが、
病院のリストバンドを壁に貼っていくシーンだけでも、
我が家の歴史を辿るようで、涙が溢れる。

原作者は、当事者ではない。
障害を持った子をいじめた側の親という立場に遭遇して、
そこからこのストーリーを書き上げたという。

目に見える障害、目に見えない障害。
人はいろんな宿題を抱えている。
でも、視覚情報がメインの世の中だから、
顔に障害を持つことは、とても厳しい。

原作を、家族揃って、何度も何度も読み返した。
次男はセリフも全部覚えている。
当事者として、親として、家族として、友人として。
何ができるのか、何をすべきなのか。

いじめる側の立場から書かれたスピンオフ版も含めて、
日本の皆さんに、ぜひ読んでいただきたく思います。

昨年書いた「ワンダー」に関する記事

スピンオフ版の日本語訳は「もうひとつのワンダー」。

「ワンダー 君は太陽」予告編

写真 2018-06-09 9 12 16


The movie film, "Wonder / You are the sun.", starring Julia Roberts,
will be released in Japan shortly.

After birth, the hero Auggie repeated surgeries many times.
With the scene where the wrist bands of the hospital were stuck on the wall,
my tears overflowed since it reminds the history of our family.

The author is not a party of the hero.
She encountered the position of a parent who bullied children with disabilities,
From there she wrote this story.

Visible disabilities, invisible disabilities.
People have a lot of homework from God.
But since visual information is the main world,
Having disabilities in the face is very strict.

I read the original with all my family, over and over again.
My second son remembers all the lines and conversations.
As a handicapped, as a parent, as a family, as a friend.
What can be done and what should be done.

Including the spin-off version written from the teasing side's point of view,
I would like to invite everyone in Japan to read it.

The article "Wonder" that I wrote last year.

The Japanese translation of the spin-off version is "Another Wonder."

The trailer of the "WONDER" in Japan.

写真 2018-06-09 9 12 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next

10年以上通っているホットヨガのスタジオが、
1年前頃に、突然違う名前のスタジオになっていた。
プログラムもずいぶんと変更されて、今やホットピラティスの方が主流。

でも、そこにスタジオがあるから、通う。
古くから顔見知りのメンバーも、ほとんど変わらない。
必要なのは、便利の良い場所に、身体を動かす場所があって、
そこに日常があるということだから。

日曜日の朝、私はいつものようにスタジオに行った。
クラスの最後に、インストラクターが言う。
「After you breath, make a wish.」

1日1日を大切に過ごそうと思える、この瞬間が好き。
ありふれた日常の中に、1日1つだけ目標を持って生きる。
それを叶えた感謝と共に、1日を終える。
そうやって過ごしていたい。

お祝いのメッセージをくださった1人1人の顔を思い浮かべながら。
感謝を込めて。

写真 2018-06-10 20 35 45


A Hot Yoga studio that I have been going for over 10 years,
Around one year ago, it suddenly became a studio with a different name.
The program has changed a lot, now Hot Pilates is mainstream.

But, because there is a studio there, I go.
Members who have been known for a long time since long ago are almost the same.
All we need is a place where we can work out in a convenient place,
Because there is every day there.

On Sunday morning I went to the studio as usual.
At the end of the class, the instructor said.
"After you breath, make a wish."

I like this moment that I think I will spend a day carefully.
In the ordinary every day, I live with only one goal a day.
Together thanks for granting it, I will finish the day.
I would like to be in that way.

I got many birthday wishes from my dear friends,
I'm really thankful to you.

写真 2018-06-04 14 10 23



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-06-07 19 34 20


ミートパッキングとチェルシーからは少し離れている、
この地域を何と呼ぶのか分からない。

小さな間口の階段を降りた半地下のような空間に、
ひっそり佇む懐石和食屋がある。

ガラス越しに見える小さな坪庭を囲むように、
清潔感あふれるシンプルなダイニングが迎えてくれる。

季節の野菜を中心に、彩りよく配置された前菜のバスケット。
蕎麦の実リゾット、刺身の盛り合わせ。
ボリュームあるメインの後に、さらに締めの寿司。

演出たっぷりの懐石料理は、大人の会話がよく似合う。
隣にいた男女グループのかっこよさが、この店の人気層を象徴していた。

写真 2018-06-07 19 52 21

写真 2018-06-07 20 05 58

写真 2018-06-07 20 25 59

写真 2018-06-07 20 46 54

写真 2018-06-07 21 03 42

写真 2018-06-07 21 04 31

写真 2018-06-07 21 27 50

写真 2018-06-07 21 53 06


It is located a little away from Meat packing or Chelsea area,
I do not know what's name of this area.

In a space like semi-underground that got off the stairs of a small entrance,
There is a Japanese Kaiseki restaurant with quietly standing.

Surrounding the small Japanese yard seen through the glass,
A simple dining room with a sense of cleanliness welcomes you.

A basket of appetizers arranged in color with a focus on seasonal vegetables.
Buckwheat risotto, platter of sashimi.
After the main dish, they serve sushi pieces.

Kaiseki cuisine suits adult conversation well.
The coolness of the group of men and women next table symbolized the popularity
of this restaurant.

写真 2018-06-07 20 59 28

写真 2018-06-07 22 27 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-07 22 28 54

Next

写真 2018-05-30 20 13 06


つい見逃してしまう日常のワンシーンを、
女性として、母として、愛を込めてシャッターを切る。
趣味で始めたというカメラが、いつしか身体の一部になっているのだろう。

ほんの一瞬の出会いを大切にしている、彼女らしい写真が並ぶ展示会。
心温まる作品を眺めながら、彼女が過ごしてきた時間を想う。

デジタルの時代だからこそ、アナログでしか伝えられないものがある。
真っ直ぐに心に響く写真を撮れるのは、やっぱり真っ直ぐな心だけだから。

出会いとそこから繋がる人の輪に、感謝を込めて。

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 06

写真 2018-05-30 20 02 11

写真 2018-05-30 20 02 32

写真 2018-05-30 20 03 32

写真 2018-05-30 20 03 38


To the one scene of everyday life that we may miss easily,
As a woman, as a mother, she puts a shutter off with love.
The photography that she started with a hobby is probably becoming part of her body.

Her exhibition has been held that cherish the encounter with just a moment.
While looking at heartwarming works, I thought about the time she spent.

Because it is a digital era, there are things that can only be reported in analog.
Only a pure heart that can take pictures that resonate straight in the heart.

I thank to the encounter and the circle of people who connect from there.

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 17

写真 2018-05-30 20 01 24

写真 2018-05-30 20 04 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-09 11 58 34

Next

写真 2018-05-30 13 11 30

写真 2018-05-30 16 06 36


イーストビレッジで人気の寿司屋「くら」のオーナーが、
2年半前にオープンしたのが、うどん屋「らく」だった。
友人がインテリアスタイリングを手がけた店内は、
うどんをサーブするには上品過ぎるくらいモダンな空間で、
ビレッジにたまる若者たちを中心に、いつも長い列ができていた。

2号店はソーホーの中心地。
奥行きのある細長い店内は、中央にバーカウンターが配置され、
大人がゆったりとした時間を過ごせるための配慮が感じられる。

日本酒やワイン、そして前菜のメニューが充実していて、
メインのうどんに行き着く前に、すでに腹八分目を超えそうな勢い。

友人が趣向を凝らしたアートや調度品の苦労話を聞きながら、
この店の主軸となって働くメンバーが、日本人でないことにも驚く。
日本食文化は、世界というボーダーをとっくに越えているのだろう。

同じチームが展開する「デザートバー」も、まもなくオープン予定。
飛躍し続ける彼らのレポートが、楽しみでならない。

RAKU 1号店開業時の記事

写真 2018-05-30 15 33 30

写真 2018-05-30 15 40 17

写真 2018-05-30 16 06 20


The owners of popular sushi restaurant "Kura" at East Village,
opened a Udon restaurant "RAKU" two and a half years ago.
Inside the store where my friend handled interior styling,
To serve Udon is a modern space that is too elegant,
There are always long lines, mainly young people who active at the East Village.

The second store is in the center of Soho.
In the narrow space with depth, a bar counter is arranged in the center.
Familiarity for adults to spend relaxing time is felt.

The menu of sake and wine, and appetizers is substantial,
Before reaching the main Udon, you might be full of stomach.

While listening to the project story of art and furniture that friends have experienced,
I am also surprised that the members who work as the main axis of this restaurant are not Japanese.
I guess Japanese food culture has long passed beyond the world border.

"Desert bar" developed by the same team will be opened soon.
I look forward to hear their continuing leap reports.

写真 2018-05-30 15 40 03

写真 2018-05-30 15 39 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-08 15 11 21


Next

写真 2018-06-03 16 04 23


毎年のことながら、ニューヨークは衣替えができない。
週末にノースリーブを着たのに、今日はまたジャケットを取り出している。

今年の天候は不安定過ぎて、心もちょっと不安定になりがち。
寒暖差の激しさに、なかなか体調がついていけない。

今年の目標をまだひとつも達成しないまま、
あっという間に、今年の折り返しが近くなって来た。

有言実行と不言実行。
さて、どうするか。

写真 2018-06-03 16 05 06

写真 2018-06-03 16 05 01


Every year, we cannot change summer/winter clothes in New York.
Although I wore a sleeveless on the weekend, I am taking out a jacket again today.

The weather this year is too unstable, the mind tends to be slightly unstable.
I cannot keep up with physical condition due to the severity of temperature difference.

Without yet achieving this year's goal,
the half of this year will finish soon.

"action with words" and "action before words"
Well, which will you do ?

写真 2018-06-03 16 04 53



海外永住 ブログランキングへ "
Next

山崎拓巳氏とは、ニューヨーク、パリ、東京、浜松と、
いろんな場所でお会いする。
会うたびに、いろんなアイディアや元気をいただける。

仕事と夢をイコールにして、きちんと稼いできちんと回す。
すでに世界のトップステージに立たれているはずなのに、
決して奢らない謙虚な姿勢が、よりたくさんの人を惹き付ける。

仕事も得意ジャンルもまったく違う私達だけれど、
幸せの価値観の部分は、きっと同じベクトルを向いている。

だから、そこに行き着くまでのいろんなスキルを、
たくさんの仲間とシェアすることで、皆さんと一緒に歩きたい。

そんな想いで企画されたトークイベントの第2弾。
7月7日(土)東京にて開催します。
詳細はこちらから。(リンク先へ飛びます。)

皆さんに、お会いできることを楽しみにしています!

「夢が叶うランチ会」前回のイベント記事。

写真 2017-11-16 9 26 21


Mr. Takumi Yamazaki and I meet in various places such as New York, Paris, Tokyo, and Hamamatsu.
Every time I meet him, I get various ideas and energy from him.

He makes work and dream equal, earns properly and turns it properly.
Though he should already has been at the top stage of the world,
his humble attitude attracts more people.

Although we are completely different jobs and good-natured genres,
Our values of happiness is surely facing the same vector.

So, there are various skills to get there,
We want to walk with everyone by sharing it with a lot of colleagues.

Our second talk event had planned with such thought.
It will be held on Saturday, July 7 in Tokyo.
Please click here to see the event information.

We are looking forward to seeing you all!

写真 2017-11-08 11 52 11



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-05-29 19 35 07

写真 2018-05-29 20 47 50


キングコング西野亮廣氏が、5年ぶりにNY個展を開催。
ミッドタウン、グラセンから徒歩5分のギャラリーは、
連日多くの来場客で溢れていた。

あまりに美しい原画の数々に圧倒されながら、
娘にいつかこの鮮やかな色を見せてあげたいと思う気持ちが膨らむ。

西野氏と「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の話題に触れつつ、
2020年に映画化が決定しているというプペルの世界を、
視覚障害者にも伝える方法はないかなと考える。

音や文字に色が見える共感覚を持った人はいるけれど、
鮮やかな色の世界を、光のない世界で再現することは難しい。
映画の「音声ガイド」にとどまらず、
視覚に頼らずに絵本の世界を感じることができたら面白い。

5年前の個展を訪れた時、こんな未来があるとは思っていなかった。
次の5年後には、予想もしていなかった未来が訪れるのかもしれない。

写真 2018-05-30 11 47 50

写真 2018-06-01 14 14 49

写真 2018-06-01 14 10 51

写真 2018-06-01 14 11 23

写真 2018-06-01 14 11 50


Mr.Akihiro Nishino, the member of Japanese comedian group "King Kong",
held a NY solo exhibition for the first time in five years.
The gallery, a 5-minute walk from the Grand Central Station in Midtown,
It was full of many visitors every day.

While being overwhelmed by the many beautiful original drawings,
The feeling of wanting to show this vivid color someday to my daughter expanded.

While touching the topic of "Dialogue in the Dark" with Mr.Nishino,
I wonder that there is a way to tell visually handicapped people.
The world of Poupelle has been decided the filmzation in 2020.

Although some people have a sense of commonality in which colors are seen in sounds and letters,
It is difficult to reproduce the world of vivid colors in a world without light.
Not limited to the "voice guide" of movies,
It would be interesting if we could feel the world of picture books without relying on vision.

When we visited his solo exhibition five years ago, we did not think there was such a future.
In the next five years, the future that we did not anticipate may come.

写真 2018-05-30 7 06 06 (1)

写真 2018-05-29 20 11 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-30 5 56 46




Next

幼少の頃、授業参観が苦手だった。
親に自分の学校生活を見られるのは照れ臭かったし、
友達のお母さんに声をかけられるのも苦手だった。

米国では毎月授業参観があって、子供達は「見られる」ことに慣れている。
「誉めて伸ばす」教育のなか、どの子も積極的に手を挙げる。
間違うことを恐れずに発言する勇気に感服する。

日本語補習校の授業参観になると、一気に雰囲気が変わる。
教師主導の授業の中で、もじもじする子供達が微笑ましい。
彼らにとって、日本語は外国語でしかないけれど、
家族や友達と会話するより、さらに上のレベルが求められる。

間違った発言をした時に、教師がそれをどうフォローするか。
なぜその意見に行き着いたのかを、とことん聞いてあげる根気。

社会生活でも、きっとそれは同じこと。
人を信頼できる心を育てることが、明るい未来を育てることだから。

写真 2018-05-26 9 29 56


When I was a child, I was not good at class observation by parents.
I did not like that my parents see my school life,
I wanted to refuse to talk with my friend's mother.

In the United States there is a monthly class visit, and the children are used to being "seen".
Every child actively takes pride in the education of praising to perform better".
I admire the courage to speak without fear of making mistakes.

When it comes to class attendance at a Japanese school in the US, the atmosphere changes at once.
Children who snooze in teacher-led classes are interesting.
For them, Japanese is only a foreign language,
Beyond talking with family and friends, even higher levels are required.

How will the teacher follow it when kids making wrong remarks.
They inquire why they get to that opinion.

Even in social life, it surely is the same thing.
Because nurturing a heart that can trust people is to nurture a bright future.


海外永住 ブログランキングへ "
Next