Archives

2018年07月

写真 2018-07-10 23 20 25


福岡県、有明海の広がる街で生まれ育った少女が、
食べたこともないフランス料理に恋をして海を渡った。

ミシュラン星レストラン「Sola」の吉武広樹シェフに認められ、
スーシェフとして活躍した後に、また海を越えて帰国した。

恵比寿の小さな一軒家にオープンした藤木千夏シェフのお店。
すべての生命体の原点、海、生み。
海が繋げてくれた技術と味が、新しいストーリーを発信する。

素材を活かすというだけでない、すべてに優しい味がする魔法は、
きっとお祖母様から伝えられた、彼女だけの秘技。

昨年のRED-U35で「岸朝子賞」を受賞した実力はお墨付き。

千夏シェフの前途を祝して、東京の夏に乾杯しよう。

Restaurant Umi ホームページ

写真 2018-07-16 10 48 26

写真 2018-07-16 10 48 58


A girl who grew up in a town near Ariake Ocean in Fukuoka prefecture,
She fell in love with French cuisine she never ate and crossed the sea.

She worked with Hiroki Yoshitake, the chef of Michelin star restaurant "Sola" in Paris,
After working as a sous-chef, she returned home across the ocean.

Chef Chinatsu Fujiki's restaurant opened in a small house in Ebisu, Tokyo.
Origin of all life forms, sea, birth.
The technology and taste that were connected by the ocean will make a new story.

Not only to make use of the food material, she knows the magic that makes all tastes gentle.
Her secret magic was surely told by her grandmother.

She won the "Award of Asko Kishi" at last year's RED-U 35.
Let us celebrate the prospect of the Chef Chinatsu, and cheer to the summer of Tokyo.

写真 2018-07-10 23 59 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-09 16 06 41


重い障害を持って生まれた長女のミドルネームは「ティアラ」。
女性の頭上で品よく輝く王冠のように、皆に愛されてほしいと願った。

そんな「ティアラ」コレクションでも有名なジュエリーブランド・ショーメと、
今をときめく新進気鋭のアーティスト三浦大地さんのコラボ展示会。

大地さんが10年前に初めて自分のために購入したショーメのリングが、
「絆」を意味するクロスのデザイン「リアン」シリーズだったという。
御縁を繋いだ「リアン」のリングが、確実に「絆」を形にしてくれたのだ。

ジュエリーを手にした時の高揚感。
身に纏って鏡を覗いた時の、天にも昇るような気持ち。

ジュエリーボックスに入り込んで、空想の世界に飛んでいくような感覚を、
たくさんの方にお楽しみいただけますように。

“Inside the blue box by Daichi Miura”
銀座4丁目のポップアップストアで、7月29日まで開催中。
中央区銀座4−3−9 CHAUMET POP UP STORE

写真 2018-07-09 15 59 32

写真 2018-07-09 15 59 51



The middle name of the eldest daughter born with a heavy obstacle is "Tiarra".
Like a crown shining well over the top of a woman, we hoped that everyone would love her.

With such a "Tiarra" collection also famous jewelry brand Chaumet,
has been a collaborative exhibition of Daisuke Miura, an up-and-coming artist.

Chaumet's ring that Daichi Miura purchased for himself for the first time ten years ago,
he said that it was a cross design "Liens" series meaning "edge".
The ring of "Liens" that bound the edge surely formed "edge".

An euphoria when we have jewelry.
We feel like rising up to heaven when we looked into the mirror wearing it.

If you enter the jewelry box and feel like flying to the fantasy world.
Hope many people will enjoy there.

"inside the blue box by Daichi Miura"
It is a pop-up store of Ginza 4 chome, which is being held until July 29.
Chuo Ward Ginza 4-3-9 CHAUMET POP UP STORE

写真 2018-07-09 16 00 29

写真 2018-07-09 16 04 25

写真 2018-07-09 16 05 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-09 16 05 01

写真 2018-07-14 12 54 01


Next

幼少の頃、暑い夏の湯上り。
父が打ち上げ花火を見せてくれた。
少し風の強い日で、倒れた花火がそのまま私を襲ってきた。
パジャマにたくさん穴が開いて、私の右腕が燃え上がった。
今でもその時の火傷跡が、くっきり残っている。

久しぶりにガス栓を開けた実家の離れで、油がとんだ。
右腕に12カ所、丸い跡がついて腫れあがった。
市販の薬を塗ったら、少し痛みが和らいだ気がした。

翌日、仕事の打ち合わせ中に、従姉から病院行きの司令。
銀座のど真ん中で途方に暮れていたら、友人が皮膚科を紹介してくれた。
「手遅れにならなくて良かった」と医師に告げられた。
初期対応が何より大事なのだからと。

若い頃は数日で治る虫刺されの跡だって、
40代になると1年越しの傷跡になることだってある。

身体の傷は、時間が経てば癒ることもある。
でも、心の傷はなかなか立ち直れない。

私はまた火が怖くなった。
人生も花火も、少し遠くから見るのがいい。

写真 2018-07-08 16 49 18

写真 2018-07-09 15 00 15


When I was a child, it happened the time after the bath time in the hot summer.
My father showed us the fireworks.
A slightly windy day, the fallen fireworks struck me as it was.
A lot of holes opened in my pajamas, my right arm burned up.
Even now the scars of that time are clearly left.

I got the burn again at my parents’ house when I opened a gas faucet after a long time.
Twelve places on the right arm swollen with round marks.
When I applied a commercially available medicine, I felt that the pain was relieved a little.

The next day, during the meeting of work, my cousin asked me to go to the hospital immediately.
When I was at a loss in the middle of Ginza, my friend introduced me to the dermatology department.
"You were not to be too late" that the doctor was told.
Because initial response was more important than anything.

If we are young, a trace of insect bites would cure in a few days.
But there is a thing that it becomes a scar of over a year when it is in his 40's.

Bodily wounds may heal over time.
But, scratches of my heart cannot be recovered easily.

I am scared of fire again.
Both life and fireworks should be seen from a distance.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

懇親会終了後、最後の片付けまで残っていてくださった友人。
こういう仲間の存在が、本当に嬉しい。

少しリラックスしたら、また次のステージへコマを進めよう。

写真 2018-07-07 19 37 05


There were friends who remained until the last cleaning up after the social gathering.
The presence of such fellows was really glad.

After we relax a bit, let's move on to the next stage.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-07-07 19 35 49

写真 2018-07-07 18 01 27


セミナーの後、懇親会の会場に移動。
ここでようやく、参加者の皆様とゆっくり歓談。

遠くニューヨーク、ロンドン、そして国内各地から、
この日のために駆けつけてくださった方もいらして大感激。

具体的に行動できる人が集まると、そこに素敵なエネルギーが集結する。
「会いたい人には会える時に会う」という気持ちが何よりも大切で。

いろんな立場の人が、いろんな状況にいるけれど。
同じ時間を過ごした事実は、絶対的な宝物。

ここから繋がる仲間の輪が、きっと未来をも繋げてくれる。

写真 2018-07-07 13 11 10

写真 2018-07-11 9 29 24

写真 2018-07-07 13 18 08

写真 2018-07-07 15 49 50

写真 2018-07-07 15 50 12

写真 2018-07-11 10 02 00

写真 2018-07-07 18 01 30


After the seminar, we moved to the reception party.
At last, we talked to the participants individually.

Distantly from New York, London, and all over the country in Japan,
I was deeply impressed with some people who came for this day.

When people who can act specifically gather, nice energy gathers there.
The feeling "I meet the person I want to meet when I can meet" is more important than anything.

People in many positions were in various situations.
The fact that we spent the same time is an absolute treasure.

The circle of friends connecting from here will surely connect the future.

写真 2018-07-07 19 36 32

写真 2018-07-11 9 33 48

総括してくださった甲斐資朗さん、ありがとうございました!


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-07 13 55 49

To be continued...
Next

写真 2018-07-07 15 52 37

写真 2018-07-10 16 27 19


2018年7月7日、七夕の日。
累計140万部を超えるベストセラー作家山崎拓巳氏とのコラボ企画第2弾。
「夢で食べる!幸せのカタチ!」というテーマでのトークライブ。

豪雨の影響で帰京が心配された山崎氏と、当日朝にもう一度打ち合わせ。
台本も進行表もないセミナーだから、どこに行き着くか分からない。

夢を追い求めるだけでなく、それをきちんとビジネスに繋げていくこと。
山崎氏の「スゴイ!稼ぎ方」は、お金の儲け方を説くのではなくて、
どんな生き方、どんな働き方をすべきかというヒントをくれる。

一方通行のトークではなくて、参加者の皆様に何かを持ち帰ってもらい、
グループワークで交流することで、新しいコミュニティを発見してほしい。

山崎氏と横目で呼吸を合わせつつ、会の方向を確認しあう。
あっという間の2時間、話し足りないことは次回へと繋げよう。

土曜の早朝から会場にお越しいただいた大勢の皆様、
当日の運営を手伝ってくださったスタッフの皆様、
集客、会場設営、音響、進行、最後の集計まで統括してくださった甲斐資朗さん、
本当にありがとうございました。
そして120分を見事にナビゲートしてくださった山崎拓巳さんに、
心からの感謝を込めて。

第3弾企画をどうぞお楽しみに。

写真 2018-07-07 15 51 50

写真 2018-07-07 15 52 22


On July 7th, 2018.
I had the second collaboration project with Mr. Takumi Yamazaki, a best- selling author who sold more than 1.4 million copies in total.
It was a talk live with the theme "How to earn by your dream and happy."

Mr. Yamazaki who returned from Osaka in the early morning, and we had a quick meeting.
Because it was a seminar with no script or progress table, we did not know where we would arrive.

Not only to pursue your dreams, but also to connect it properly to your business.
Mr. Yamazaki's recent book was not to preach how to make money,
It gave us a hint as to how to live and how to work.

Instead of one-way talks, we wanted let everyone take home something,
We hoped them discover new communities by interacting with group work.

While confronting Mr. Yamazaki with breathing, I checked the direction of the meeting.
We've decided to continue our conversation to the next event.

I'm really thankful to;
Everyone who came to the venue from early Saturday morning.
All staff who helped to manage the day.
Mr. Shiro Kai who cooperated to operate the event.
And to Mr.Yamazaki who nicely navigated 120 minutes,
With a sincere gratitude.

Hope it will be continued to the next project.

写真 2018-07-10 4 00 28

写真 2018-07-10 4 00 38



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-10 16 27 28

スクリーンショット 2018-07-10 03.41.53

運営をお手伝いしてくださったスタッフの皆様。
Next

写真 2018-07-02 9 10 58


世にも美しい奇跡的な自然現象「マンハッタンヘンジ」。
マンハッタンの東西を貫くストリートの直線上に夕日が沈む時、
その雄大な美しさに、誰もがため息を漏らす。
年に4回の奇跡的自然現象「マンハッタンヘンジ」を追いかけて、
世界中から人々が集まって来る。

ピッタリの日程でなくとも、この時期のサンセットは実に見事。
摩天楼を一気に照らすエネルギーに、人々は毎日魅了される。
朝陽が昇る瞬間も、夕陽が沈む瞬間も。
大自然に逆らって生きることはできないことを痛感する。

地震や豪雨の被害に遭われた母国の人達へ。
何もできない自分にもどかしさを感じている。

写真 2018-07-02 9 10 47


A beautiful miraculous natural phenomenon "Manhattanhenge" in the world.
When the setting sun sets on the straight line of the street penetrating east and west of Manhattan,
Everyone sighs to its majestic beauty.
Following the miraculous natural phenomenon "Manhattanhenge" four times a year,
People gather from all over the world.

Even if it is not a perfect schedule, the sunset at this time is really brilliant.
People are fascinated every day to the energy that illuminates the skyscrapers all at once.
The moment when Sun rises, the moment when Sun sets.
I realize that we cannot live against the great nature.

To people in my home country who suffered from the earthquake or heavy rain.
I feel frustrated with myself who cannot do anything.

写真 2018-07-02 9 11 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-02 9 12 46


Next

写真 2018-06-28 18 49 10

写真 2018-06-28 18 50 58

写真 2018-06-28 18 52 09


東京浅草の仲見世通りにある老舗の玩具屋「助六」のコレクションが
ニューヨークの日本クラブで展示されいる。

江戸の庶民の暮らしや風情、風流を伝えるミニチュアコレクションは、
まさに日本の職人芸ともいえる、精巧な作りにため息が出る。
幼少時代は、これらを模倣したプラモデルでよく遊んだけれど、
それらの原型がここから来ていることを思うと、感慨深い。

展示会の初日には、助六店主によるレクチャーとレセプションが開催され、
多くのニューヨーカーが集まった。

同クラブの常連会員が、無料レセプションの食事に群がる姿に辟易して、
早々に会場を後にしてしまったけれど、
廃れゆく江戸の文化を、このような形で海外に伝えることは意義深い。

7月末まで開催の展示会、心の癒しにぜひ。

「江戸からの豆おもちゃ展」

写真 2018-06-28 18 50 25

写真 2018-06-28 18 50 42

写真 2018-06-28 18 51 12


A collection of well-established toy shops "Sukeroku", located on Nakamise Street in Tokyo Asakusa, is exhibited at the Japan Club in New York.

A miniature collection that conveys the lives, taste, and culture of the people of Edo,
The sophisticated skill of Japanese craftsmanship are amazing.
I used to play with a plastic model that imitated them in my childhood days,
I was deeply impressed thinking that these prototypes came from here.

On the first day of the exhibition, a lecture and a reception by Sukeroku shopkeeper were held,
Many New Yorkers gathered.

We were little frustrated that the regular members of Japan Club gathered for the free reception meal.
Although we left the venue early,
It was meaningful to tell overseas the culture of Edo in this way.

Please visit the exhibition held until the end of July, for your mind healing.

写真 2018-06-28 18 50 13

写真 2018-06-28 18 50 52

写真 2018-06-28 18 51 36

写真 2018-06-28 18 53 03

写真 2018-06-28 18 53 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-30 18 58 26

写真 2018-06-30 18 58 30





Next

初心に帰るこの日。
皆様どうぞ素敵な独立記念日をお過ごしください。

写真 2018-07-05 23 22 06


Go back to a beginner’s s[pirit.
Happy 4th of July.

写真 2018-07-06 0 14 43



海外永住 ブログランキングへ "
Next

米国で一番盛り上がる祝日といえば、独立記念日。
1776年にアメリカ独立宣言が交付された記念日で、
クリスマスや感謝祭と同じレベルで、米国中が祝日モードになる。

ネイルサロンでは、トリコロールのデザインが大人気。
アパレルショップでも、国旗を象ったTシャツが大量に重ねられている。
街中のいたるところで、星条旗が燦然とたなびいている。
少し郊外に行くと、家庭用の花火も販売されている。

かつては、打ち上げ花火の貧弱さに落胆したけれど、
近年では優秀な花火師も増え、米国の花火もなかなかのレベルになった。

とはいえ、やっぱり花火といえば、日本の夏祭り。
何につけても、故郷が愛おしい。

写真 2018-06-30 15 44 18

写真 2018-06-30 15 44 54


Speaking of the most exciting public holiday in the U.S., it is Independence Day.
It was an anniversary on which the Declaration of Independence of America was issued in 1776.
The United States becomes a holiday mode as the same level as Christmas and Thanksgiving.

In the nail salon, the design of tricolor is very popular now.
Even at the apparel shop, a large number of T - shirts embellished with national flags are stacked.
The American flag is pleasing everywhere in the city.
When going to the suburbs a little, household fireworks are on sale.

Once I was discouraged by the weakness of the fireworks,
In recent years the number of excellent fireworks technician has also increased,
and the fireworks in the United States has become quite a level.

However, speaking of fireworks, it is a summer festival in Japan.
Regardless of what it is, I miss my lovely hometown.

写真 2018-06-30 19 56 05



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-03-20 20 20 16


コットンで出来た人形に、それぞれが顔や洋服を描き込んでいく。
完成した手作り人形で、世界の子どもたちを繋ぐ。
そんな素敵な活動をしている「ミステリオ」が主催。

フリーマーケットやガレージセールとは全く趣旨が違い、
自宅で眠っている洋服や雑貨を持ち寄って、
いわゆる「物々交換」を行なうというのが第一義の目的。
参加者は任意の寄付金を支払って、あとは自由に会場内を回る。

なかにはタグが付いたままの新品や、贈答品セットもあるけれど、
「我が家では不要な物も、他の誰かの役に立つかもしれない」
参加者全員が、そんな気持ちで集まっているところが素晴らしい。
そこに利益を求めていないからこそ、多くの人が賛同する。

かつて駐在者のムービングセールに連れて行かれた時、
「こんな物まで売ろうとしているのか?」と驚いたことがあった。
引っ越し代まで会社に出してもらえる駐在者が
利益に執着している姿に、心が苦しくなった。

新品、新古品に関わらず、
処分するくらいなら、無償で誰かの役に立って欲しい。
そんな想いを共にする仲間が自然と集う機会。
エコロジー本来の意味を改めて考える、非常に意義深いイベントだった。

会場に残った品々は、そのまま世界の子供団体に寄付されます。

写真 2018-06-16 15 46 55


Each one draws face and clothes into a doll made of cotton.
Completed handmade dolls, connect the children of the world.
"Msterio" that is doing such a wonderful activity organized this event.

The purpose was completely different from flea market or garage sale,
Bring clothes sleeping at home and miscellaneous goods,
the primary purpose was doing so-called "barter trade".
Participants paid an arbitrary donation, and then freely went round the venue.

Inside there were new goods with tags attached and gifts sets,
"In unnecessary things at home, it may be useful for someone else."
It was wonderful that all the participants gathered in such feelings.
Many people agreed because it was not seeking profits there.

When I was taken to a "moving sale" of a Japanese expat family,
I was surprised that they sold everything by taking money.
Though they can get the "moving expense" from the company,
I was shocked that they stuck the egoistic benefit at all.

Regardless of new and old-stocked items,
We would like someone to use it for free without disposing it.
An opportunities for fellows who shared such feelings to gather with nature.
It was a very meaningful event to think again about the original meaning of ecology.

写真 2018-06-16 15 47 18


The items left in the venue will be donated to the world's children's organization as it is.

海外永住 ブログランキングへ "
Next