Archives

2018年09月

写真 2018-09-21 20 58 37

写真 2018-09-21 21 27 02


JAL機内食BEDDでも有名なシェフ山田チカラ氏。
今年はニューヨーク、ハワイ、バルセロナと、新店舗の開業が続く。
世界中に拠点が広がると、シェフ本人が現場に立つ機会が激減するから、
シェフの出勤に合わせて、ファンは集中的にその期間に予約を入れる。

ニューヨーク店舗にシェフが立ち寄れるのは、3ヶ月に一度のペース。
そのタイミングで、いろんなイベントが企画される。
9月、ファッションウィーク後の4日間、
日本酒とシェフの創作料理のコラボイベントが開催された。

シェフの定番メニューとも言える料理の数々に、
日替わりで異なる酒蔵から提供された日本酒を合わせていただく。
懐石料理の習わしを聞きながら、大人の時間が過ぎて行く。
最後のお抹茶と和菓子は中庭で。

摩天楼の向こうに、小さな月明かりが見えた。

写真 2018-09-22 8 09 15


Chef Chikara Yamada is also famous for BEDD of JAL In-flight meal.
His opening of a new restaurant will continue this year with New York, Hawaii and Barcelona.
As bases spread around the world, the opportunity for the chef himself to stand on site is drastically reduced.
In line with the chef's attendance, fans intensively make reservations during that period.

A chef comes to a New York restaurant at a once every three months.
At that timing, various events are planned.
After the fashion week in September,
A collaboration event of sake and chef's creative dishes was held for four days.

To many chef's classic menu,
they will combine Japanese sake offered by different Sake-producer on a daily basis.
While listening to the explanation of Kaiseki cuisine, adult time goes by.
The last green tea and Japanese sweets were served in the courtyard.

Beyond the skyscraper, there was a small moonlight.

写真 2018-09-21 21 13 05

写真 2018-09-21 21 27 29

写真 2018-09-21 21 41 43

写真 2018-09-21 21 48 15

写真 2018-09-21 22 25 57

写真 2018-09-21 22 49 55

写真 2018-09-21 23 13 20



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-22 0 30 19

Next

写真 2018-09-15 21 21 02


その朝、私はとてつもなく疲れていた。
日本でのイベント打ち上げの後、ホテルに戻った。
疲労困憊したままシャワーを浴びて、横になったら二度と起きられない。
寝過ごすわけにはいかないからと、貫徹して空港に向かった。

空港カウンターで、地上係員がニッコリ微笑む。
「マイレージ御利用でビジネスクラスにアップグレードできます。
今日は特別に2席だけ御利用可能な席が空きましたが、いかがですか?」
迷わず「お願いします」と答えてチェックイン。

フルフラットシートに座るのは何年ぶりだろう。
そんなことを考えているうちに、頭痛が酷くなってきた。
食事もまったく手を付けられず、記念写真だけ撮った。
須賀洋介シェフに、山田力シェフ、、、みんな頑張っているなぁ。
BEDDのメニューをしみじみと眺める。

寒気がして風邪薬をもらい、発熱したまま、眠りに落ちた。
次に気が付いたのは、ニューヨーク到着前のアナウンス。
せっかくのアップグレードに、食事も映画も飲み物すら楽しめず。

頭の中は、その翌日のイベントごとでいっぱい。
そんなこんなの体験談。
これが当たり前じゃないことを、神様が私にしっかり諭してくれた。

写真 2018-09-16 0 03 18


That morning I was tired very much.
After the event in Japan, I returned to the hotel.
I took a shower with exhaustion and lie down.
I decided to go to the airport because I could not oversleep in the bed.

At the airport counter, the ground staff smiled nicely.
"You can upgrade to business class by using mileage.
Today we have a special seat available only for 2 seats, how do you think ? "
I did not hesitate to answer "Please do it " and checked in.

It will be the first time in many years to sit on a full flat seat.
While thinking about such a thing, my headache became terrible.
I could not eat anything at all, I took only the memorial photos.
Chef Yosuke Suga, Chef Chikara Yamada ,,, everyone is doing my best.
I enjoyed seeing the menu of BEDD (JAL in-flight menu)

I felt bad and got a medicine, and fell asleep with my fever.
Next time I woke up by the announcement before arriving in New York.
I could not enjoy eating, drinking movies or drinks for my upgrade.

My head was filled with the big event of the next day.
Such experience stories was happened.
God admonished me firmly that this was not standard.


写真 2018-09-16 0 08 26

写真 2018-09-16 0 08 50

写真 2018-09-16 0 36 14



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-15 21 44 44

Next

写真 2018-09-25 13 41 40

写真 2018-09-25 13 41 59

写真 2018-09-25 13 42 33


コピーライター兼アーティスト。
二足のわらじを履く西村麻里さん。

偶然出会って、ソウルメイトのように惹かれ合い、
すでに長い年月を共有しているかのような錯覚に陥るけれど、
彼女と知り合ってまだ2年。でもきっと、前世からの御縁がある。

彼女のアートは、どんどん進化している。
エネルギー溢れる作品群は、まさに個展のタイトル通り。

天に昇りゆく龍。天から降りて来た孔雀。
パワーみなぎる摩天楼。優しく微笑むマリア様。

作品の前に佇み、手を合わせて拝む人がいる。
ただ空気だけ浴びて、無言で立ち去る人もいる。
今すぐ持ち帰りたいと、赤丸をつけて陣取る人もいる。

私はいつもそこに「愛」と「孤独」を感じ取る。
アーティストは、順風満帆でない方が良いと勝手に思う。
波瀾万丈な人生こそが、この偉大なるアートの世界を作り出す。

私もまた、新しいコレクションを増やしたいと企んでいる。

MARI NISHIMURA Sola Exhibition "Overflowing Energy"
9/16/2018-9/30/2018
Tue.-Sat. (12:00 - 18:00)

Montserrat Contemporary Art Gallery
547 W 27th Street #516
New York, NY10001

写真 2018-09-25 13 42 43

写真 2018-09-25 13 43 05

写真 2018-09-25 13 43 24


Mari Nishimura is a copywriter and artist.
She wears two hats.

I met her by chance, attracted like a soul mate.
Although it falls into the illusion that it has already shared a long time ago,
It has been only 2 years since I met her.
But surely there is a relationship from the previous life.

Her art is rapidly evolving.
Works full of energy are exactly as the title of the solo exhibition "Overflowing Energy".

A dragon rising to heaven, a peacock coming down from heaven.
A skyscraper with power all. Virgin Mary kindly smiles.

There are people standing in front of her works, worshiping hands together.
Some people just take the air and leave silently.
Some asks to take it home now, putting a red circle.

I always feel "love" and "solitude" there.
Artists think that it is better not to be sailing smoothly.
One's life full of ups and downs creates the world of this great art.

I am also planning to increase the number of new collections.

写真 2018-09-25 13 43 39

写真 2018-09-25 13 44 15

写真 2018-09-25 13 43 55



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-21 7 49 47 (1)

    拙著の挿絵を描いてくださったアーティスト三浦大地氏がふらっとNYへ。

MARI NISHIMURA Sola Exhibition "Overflowing Energy"
9/16/2018-9/30/2018
Tue.-Sat. (12:00 - 18:00)

Montserrat Contemporary Art Gallery
547 W 27th Street #516
New York, NY10001

Next

出身校には「学友歌」というのがあって、行事が終わる度に皆で歌った。
進学校だったから、塾通いに忙しい級友もいたし、
運動部に所属していれば、行事の準備にはほとんど参加できない。
しかし皆で肩を組んで「学友歌」を歌えば、結果オーライ。
なんとも言えない結束感が育まれてしまう、不思議な光景だった。

卒業して数十年が経って、現実を共有できるものはあまりないけれど、
5年か10年ごとに集まろうというのが暗黙の了解となった。
消息の途絶えた級友もいるし、探して欲しくない仲間もいる。
大人の事情を全部ひっくるめて、なおかつ繋がる人だけで集まれば良い。
結果、120名の仲間と8名の恩師が一堂に会した。

いろんな思いが交錯するけれど、最後の「学友歌」がすべてだった。
皆の屈託のない笑顔が、心からの楽しさを映し出している。

朝から激しく降った雨が上がり、新しい絆がそこに芽吹くのを感じた。

写真 2018-09-15 1 04 58


Our high school had "Gakuyuka/ classmates song" and everyone sang every time the event ended.
Because it was an advanced school, there also had classmates busy going to the after school programs,
If you belonged to the exercise department, you could hardly participate in preparing for the event.
But if everyone joined shoulder and sing "classmates song", the result was OK.
It was a mysterious sight that a sense of unity was nurtured.

Decades after graduation, there are not many things that can share the reality,
It was an unwarranted agreement to gather at every 5 or 10 years.
Some classmates have stopped being informed, and others do not want us to find them.
We thought all the circumstances of an adult and gathered with only those who were connected.
As a result, 120 fellows and 8 teachers got together.

Although various thoughts interlaced, the last "classmates song" was all.
A carefree smile of everyone was reflecting the pleasure of heartfelt.

The rain which fell violently from the morning came up, I felt new bonds sprout there.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

シェフ栗本清氏との出会いは、2001年頃。
彼が料理長を務めていた銀座のイタリアンレストラン「FARO」で、
日本で食するイタリアンの可能性を、たくさん学ばせていただいた。

レストラン視察で訪米した彼とニューヨークで再会した時、
両手にたくさんの花束を抱えて登場した姿は、忘れられない。
欧米慣れした紳士のふるまいに、学ぶことが多かった。

その後、彼が店を変わる度に、新しい料理に会いに行った。
イタリアンの真髄は変わらないから、そこに懐かしさが漂う。

東京ステーションホテルの地下一階、「エノテカ・ノリーオ」。
都会のど真ん中で、ゆったりとした時間をいただく。
ウェルカムシャンペンからデザートまで、
職人とは、ブレない料理を貫き通すことだと、つくづく思う。

エノテカノリーオ Enoteca NORIO

写真 2018-09-12 12 41 18

写真 2018-09-12 13 01 29

写真 2018-09-12 13 50 49


I encountered with Chef, Mr. Kiyoshi Kurimoto, around 2001.
At the Italian restaurant "FARO" in Ginza where he served as the chef,
I learned a lot about the possibilities of Italian food in Japan.

When we met again in New York of his visiting during a restaurant research,
I could not forget his appearance of holding a lot of bouquets in both hands.
By the behavior of the gentleman accustomed to the West, I learned a lot.

After that, every time he changed the restaurant, I went to see new cuisine.
Because the essence of Italian food was unchanged, there was nostalgia there.

"Enoteca / NORIO" underground floor of the Tokyo Station Hotel.
In the middle of the city, we got a relaxing time.
From welcome champagne to dessert,
I truly believe that he, craftsmanship, serves a stubborn food forever.

写真 2018-09-12 13 53 58



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-08-03 16 25 21

写真 2018-08-03 16 28 03


生暖かい雨が降る夕方、まず福徳神社に参拝。
「水戯庵」で観世流の能舞台を観覧してから、隣のビルへ。

江戸の夏に彩りを添えていた「アートアクアリウム・日本橋」。
夜9時以降、そこは「ナイトアクアリウム」に変わる。

日本酒やカクテルなどのドリンクを楽しみながら歩く。
近未来的な色使いの会場で、DJが曲を操り、花魁が舞う。

「江戸・金魚の涼」と銘打った今夏のアートアクアリウム。
何度ここで「都会の涼」をもらったことだろう。

プロデューサー木村英智氏の夢物語、次は上海へ。

写真 2018-09-10 19 52 41 (1)

写真 2018-09-10 19 53 18 (1)

写真 2018-09-10 19 58 39


In the evening when warm rain fallen, first I visited Fukutoku Shrine.
After watching Noh stage of Kanze style at "Suigian", to the next building.

"Art Aquarium · Nihonbashi" which added coloring in the summer of Edo.
After 9 pm, it turned into "Night Aquarium".

We walked while enjoying drinks such as sake and cocktails.
In the futuristic coloring venue, DJ manipulated the songs, and Oiran danced.

This summer 's art aquarium was named "Edo - Coolness of Kingyo".
I wonder how many times I got "urban coolness" here.

写真 2018-09-10 22 02 20 (1)

写真 2018-09-10 22 02 51 (1)

写真 2018-09-10 22 03 03 (1)

写真 2018-09-10 22 03 47 (1)

写真 2018-09-10 22 03 56 (1)

写真 2018-09-10 22 04 57


Producer Hidetomo Kimura's dream heads next time to Shanghai.

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-10 22 14 56

Next

ニューヨークの老舗フレンチレストラン、ジャン・ジョルジュで
スーシェフまで務め上げた米澤文雄氏。
2014年にジャン・ジョルジュ東京がオープンした時には、
エグゼクティブシェフに就任した。
シェフズカウンターの向こうにいる彼の笑顔に会いたくて、
機会があればお店にお伺いした。

今春、NYイベントのことで彼に相談を持ちかけた。
いつも通り親身になって、対応してくれた。
その時に、実は新しい門出を考えていることを打ち明けてくれた。

満を持して今月、青山に炭火焼のお店「The Burn」がオープン。
天井の高い設計、バーカウンターの位置どりなど、
NYスタイルを感じさせる店内は、地下でも開放感がいっぱい。

炭火焼で仕上げる国産牛の熟成肉が一押し。
ポーク、チキン、手長エビ、魚、オーガニック野菜。
香ばしい料理に、サラダやパスタが並ぶと、BBQパーティーのよう。
すべての料理の塩加減が絶妙で、お酒が進む。

お客様で溢れかえる店内。
激務の間にも、満面の笑みで各テーブルまで御挨拶に回る。
米澤氏の気配りと、サービススタッフのおもてなしは秀逸。
予約が取れなくなる前に、ぜひ足をお運び下さい。

The Burn Home Page

写真 2018-09-13 22 48 38


At New York's long-established French restaurant, Jean Georges,
Mr. Fumio Yonezawa worked as sous-chef.
When Jean-Georges Tokyo opened in 2014,
He took office as an executive chef.
I wanted to see his smile on the other side of the Chef's Counter,
If I had the opportunity I tried to go to the restaurant.

This spring, I asked him to discuss about the NY event.
As usual he was kind, and responded.
At that time, he revealed that he actually thought of a new career.

This month, he opened a charcoal grill restaurant "The Burn" at Aoyama in Tokyo.
High ceiling design, position of bar counter, etc.,
Inside the store that makes you feel NY style, there are lots of opening feelings even it is in the basement.

Aged meat of domestic cattle finishing with charcoal grilling is highly recommended.
Pork, chicken, freshwater shrimp, fish, organic vegetables.
It is like a BBQ party when salads and pasta line up in a savory dish.
Salt of all dishes is exquisite, and it works with alcohol so well.

Inside the restaurant overflows with customers.
Even during hard work, he goes to greetings to each table with a full smile.
Mr. Yonezawa's attentiveness and service staff's hospitality are excellent.

Please come and try to taste his new stage.

写真 2018-09-13 22 48 45



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-13 20 24 56

Next

写真 2018-09-06 2 51 57


アーティスト山口歴(やまぐち・めぐる)氏。
ブルックリンを拠点に活動する新進気鋭のアーティスト。

ファッションデザイナーの両親を持ち、7歳から西洋画を習った。
浮世絵や印象派のポストカードを模写して過ごした幼少期。
漠然と芸術関係の将来を描いていたものの、芸大受験に失敗。
東京のデザイン事務所に勤めながら、デザインの本質を学んだ。

21歳の時に「アートに対する制限がない」ニューヨークに移住を決意。
ブルックリンにあるアーティストオフィスで5年間修行を積みながら、
欧米のポップアートやグラフィティアーティストに影響を受ける。

偉大な先人の仕事をリスペクトしつつ、
そこに自分なりの新しいエッセンスを加えていく。

「カットアンドペースト」という、絵具の筆跡を貼り合わせる独自の技法は、
まさに「現代アート」の骨頂。
キャンバスだけでなく、彫刻、壁画など、彼の作品は幅広い。

展示会場では、入り口に描かれた壮大な壁画が、まず人々をお迎えする。
「UNTAINETED ABSTRUCTION」のタイトル通り、抽象画の世界を堪能する空間。
「ナイキ」や「ユニクロ」とのコラボなど、活躍の場を広げている山口氏。
やはり彼の作品は、「リミットレスなニューヨーク」に似合う。

展示会に、ぜひ足をお運びください。

写真 2018-09-06 2 51 23

写真 2018-09-06 2 52 23


UNTAINTED ABSTRACTION by MEGURU YAMAGUCHI and EMILIO CAVALLINI
GR gallery
255 Bowery Street, New York, NY10001

Please click here to see the link.

写真 2018-09-06 4 46 12


Artist: Meguru Yamaguchi.
An up and coming artist based in Brooklyn.

He has parents of a fashion designer, and learned Western painting from age 7.
Early childhood who spent time copying Ukiyoe prints and impressionist postcards.
Despite he was vaguely depicting the future of art relations, failed to take entrance exam of the art college.
While working for a design office in Tokyo, he learned the essence of design.

At the age of 21, he decided to move to New York, since he felt there was no restriction on art there.
While training at the artist office in Brooklyn for five years,
he was affected by European and American pop art and graffiti artists.

While respecting the work of the great predecessor,
he will add his own new essence there.

A unique technique of pasting handwriting of paint called "cut and paste"
It is exactly the point of "modern art".
Besides canvas, sculpture, mural paintings, his works are in wide field

At the exhibition hall, magnificent mural paintings drawn at the entrance will welcome people first.
As the title of "UNTAINETED ABSTRUCTION", space to enjoy abstract painting world.
Mr. Yamaguchi who is expanding the place of activity such as collaboration with "Nike" and "UNIQLO".
After all his work fits "Limitless New York".

Please come and visit the exhibition.

写真 2018-09-06 4 46 18

写真 2018-09-06 4 46 24

写真 2018-09-06 4 46 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-06 4 54 25

Next

写真 2018-09-10 11 29 44


今年の初め頃に、正式な依頼をいただいてから、
私はずっと迷っていた。

私を育ててくれた母校に、恩返しがしたい。
でも、何を話せば良いのだろう。

これまでとはまったく違うオーディエンス。
障害を持った我が子を持つ御父兄の前で、
私ごときの体験談なんて、ちっぽけ過ぎるのではないかなと。

月曜日の朝にも関わらず、
会場には500名以上の御父兄がお越し下さっていた。

壇上に視線が集まると、私の緊張感が一気に高まる。
かつての恩師や同級生、友人の顔を探して、気を落ち着かせる。

いつも通り。ありのままで。
みんなそれぞれ、外からはわからない宿題を抱えている。

痛みや苦しみを、分かってほしいというのではない。
そこから学んだことを、一緒に考えていただけたら。

英語版チームも動き出した。
一緒に前へ。

武蔵野東学園ホームページより
写真 2018-09-10 10 44 09

写真 2018-09-10 11 40 43


About the beginning of this year, after receiving a formal proposal,
I have been anxious for a long time.

I would like to give something back to my graduated school that raised me.
But what should I talk about?

A completely different audience than before.
In front of his parents with disabled children,
I wonder if my experience story is no meanings.

Despite Monday morning,
More than 500 parents came over at the venue.

When gaze gathers on the platform, my tension increased at once.
Looking for the face of former teachers, classmates, friends, made my mind in relief.

As usual. As it is.
Each and every one has a homework that we do not know from outside.

I do not want you to ask to understand pain and suffering.
If you think about what we learned from it together.

The English version team also started to move.
We go forward together.

写真 2018-09-10 10 45 13



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-10 11 30 05 (1)

Next

写真 2018-09-09 9 43 30 (1)

写真 2018-09-09 9 44 52 (1)


愛する姪っ子は、東京からの下り電車で通学している。
彼女の自宅すぐ近くにある私の母校には目もくれず、
「日本一の文化祭」に惚れ込んで、その高校を選んだ。

高校3年生、最後の晴れ舞台。
その芝居を観るために、朝早くから抽選に並ぶ。

そのレベルの高さ、団結力。
青春の涙は、どこまでも純粋で、美しい。

学生時代の絆は、きっと永遠に続くから。
胸に刻まれたこの瞬間を、遠くでそっと見守っている。

写真 2018-09-09 11 01 14


My beloved niece goes to school by train from Tokyo to Suburbs.
She passed my high school which was near her house,
she fell in love with "Japan's best cultural festival" and chose that high school.

High school third grade, it was last stage.
In order to see that play, we were in the lottery early in the morning.

The height of that level, unity of force.
Tears of youth are pure and beautiful ever.

Because the bond of school days will surely last forever.
I keep watching this moment in the distance.

写真 2018-09-09 16 22 53



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-10 5 11 35



Next

私は今でも、その場所に行けない。
胸がザワザワとして、苦しくなる。

もし911がなかったら、私は日本に残っていたかもしれない。
家族は一緒にいるべきだと学び、NYに戻ったのだから。

ニューヨークで生まれた我が子たちは、あの悲劇を知らない。
苦しくても、悲しくても、伝えていくこと。

あの空を、忘れない。

写真 2018-09-01 21 20 55


I still cannot go to that place.
As my heart is murmuring, it makes me painful.

If it had not been 911, I might have lived in Japan.
Because we learned the family should be together, I returned to New York.

My children born in New York do not know that tragedy.
Even if it is painful, even if it is sad, we should tell it.

We will not forget that sky on the day.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-08-25 6 49 12


晩夏、サマータイムを惜しむ。

リーシュなしが許可されている早朝。
セントラルパークは、市民と犬たちで溢れている。

毎朝同じ顔ぶれに出会ううちに、自然と会話が生まれる。
グレートネックを5周走って、汗を流す。

帰りがけに、焼きたてのベーグルを買う。
こんな日常に、感謝する。

写真 2018-08-25 6 52 23


Late summer, we do not to miss the summer time.

Early in the morning taking dogs without leash is allowed.
Central Park is full of New York citizens and dogs.

Every morning meeting the same face, a conversation is born with nature.
we run the Great Neck 5 laps and sweat well.

On the way home, we buy freshly baked fresh bagels.
We thank you for such everyday life.

写真 2018-08-25 6 55 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-25 7 51 17

Next

半年前にリサーチを開始してから、すでに半年。
日本からクライアントチームが渡米されて、
現地との最後の調整に入る。

どこまでも裏方を見せないのが、かっこいいのかもしれない。
現地側には、こんなに注文の多いイベントは初めてだと嘆かれ、
日本側には、なぜこんなこともできないのかと注文される。

結果オーライになれば、それで良い。
皆の笑顔が待ち遠しい。

本番までの、カウントダウンが始まった。

写真 2018-09-11 6 28 41


It's been half a year since we started research six months ago.
A client team from Japan came to the USA,
We did the final adjustment with the locals.

Perhaps it is cool that no backstage is showed.
On the local side, they say this ordered event is the first time.
The Japanese side asks why such a thing cannot be done either.

Hope everything done well.
Hope everyone's smile.

A countdown has started, up to the actual day.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

夏休み、長男が一人で先にニューヨークに戻ることになった。
国内外に関わらず、飛行機での移動は慣れたもののはず。
でも国際線の一人旅は、税関やイミグレ審査など、不安も多い。

お盆前の金曜日、成田空港に見送りに行く。
チェックインの段階で、予約が取れていないことが判明。
キャンセル待ちの希望も叶わず、大荷物を持って実家に戻る。
往復に費やした時間、6時間以上。

日曜日、もう一度成田空港に送りに行く。
逞しくなった背中を見送り、JFK空港へのお迎え手配も完了。
成田から2時間かけて、実家の近くの居酒屋で一杯。

帰宅した途端、航空会社から連絡あり。
急病人発生で飛行機が戻ってくるので、羽田に迎えにきて欲しいと。
酔いから一気に覚めて、父の車を借りて一人深夜にハンドルを握る。
激しい雷雨が窓に降りかかり、緊張感いっぱいの首都高空港線。

国際線ターミナルまで到着しても、どこに行ったら良いのか分からない。
航空会社の電話は、どれも営業時間外で繋がらない。
深夜1時、ようやく本人からPC経由で連絡あり。
イミグレを抜けられず、明日のフライトまで空港ゲートで待機なのだと。
降機を希望するなら、荷物を下ろすのに数時間待つことになる。
翌朝8時の出発から逆算すると、家に戻っても2時間寝られない。
結局、息子を空港に残して、私一人で帰路に就く。

翌朝出発した飛行機は、15時間遅れでニューヨークに到着。
本人は、ラウンジの食事をもらって、思ったよりも快適に過ごしていたらしい。
こんなにもハラハラドキドキしていたのは、母親だけだったのかもしれない。

ダイバートの原因は、機内迷惑行為だったらしい。
成田を出発してまもなく、外国人乗客が、泥酔してトイレに篭ったとか。
千歳空港付近まで行ったのなら、なぜそこで旅客を降ろさなかったのか。

航空会社の裏事情も知っているだけに、一方的な文句は言えないけれど、
夜間、すべての電話がテープ案内のみになるシステムはいかがなものか。

写真 2018-08-23 17 52 44


Summer vacation, the eldest son was supposed to return to New York first.
Regardless of domestic and overseas, he is familiar traveling by airplane.
But traveling alone on international flights is uneasy for me, including customs and immigration screening.

On Friday before the Bon week, Japanese summer holiday season, we went to see off him at Narita Airport.
At the check-in stage, it turned out that the reservation was not taken.
Hope of waiting for cancellation does not come true, too, and we returned to my parents' house with big luggage.
Time spent round-trip, more than 6 hours.

On Sunday we went to Narita airport again.
We saw off the his back and completed order of pickup to JFK airport.
It took two hours from Narita, and I had dinner at the pub near my parents’ house.

As soon as we came home, there was a message from the airline.
As the sudden illness causes an airplane to return, they asked to pick up my son at Haneda.
I woke up all at once from drunk, borrow my father's car and hold the handle alone late at night.
A heavy thunderstorm leaned against the window, the capital high airport line full of my tension.

Even if I arrived at the International Terminal, I did not know where to go.
None of the airlines' phones could be connected off business hours.
At midnight I finally got in touch from my son via PC.
It was impossible to through from immigration gate and they had to be at the airport gate until tomorrow's flight.
If he wanted descent, we had to wait a couple of hours to luggage.
We could not sleep for two hours even if we go back to my house if we count back from the departure at 8 o'clock the following morning.
After all, leaving my son at the airport, I went home on my own.

The plane departing the next morning arrived in New York 15 hours later.
He seemed to have had a lounge meal and was comfortable more than I thought.
It might have been only a mother that I was so nervous like this.

The cause of Divert seemed to have been a trouble passenger onboard the plane.
Shortly after departing Narita, foreign passengers were drunk and caught in the restroom.
When the airplane went to near Chitose Airport, why did not they drop off the passengers there?

I do not say unilateral complaints because I know the backstage of the airline,
But how about a system where all phones become only tape guidance at night? .


海外永住 ブログランキングへ "
Next

語弊があるかもしれないけれど、
「時間があったら連絡して」というのは社交辞令に思えてしまう。

本当に会いたければ、具体的に時間や場所を提案する。
お互いの気持ちが合致すれば、必ず会えるタイミングが見つかる。

もちろん忙しい相手への気遣いは大事だけれど、
忙しい人こそ、待っているだけの人の気持ちまで推し量れない。

本気でエールを送りたければ、直に会いに行って伝える。
「言わなくても気持ちは分かる」なんて通じない。

好きなら「好き」と。
会いたいなら「会いたい」と。

奥ゆかしさや謙遜は、人付き合いには一番の害となるから。
具体的に会おうと提案してくれる人には、出来る限り応えること。

今夏、私のために時間を費やしてくれた友人達に。
心からありがとうと、今ふりかえる。

写真 2018-08-17 19 06 23

写真 2018-07-18 9 08 11


Although there may be a misleading,
"Please contact me if you have time" seems to be a social expression.

If you really want to meet, you had better suggest specific time and place.
If the feelings of each other match, you will find the timing when you can meet.

Of course, caring for busy person is important,
A busy person cannot imagine the feelings of just waiting people.

If you really want to send an ale, get to meet him/her and tell it.
it's doubt that "I can tell without the words".

If you like, say "like".
If you want to meet, say "I want to meet you".

Because modest and humility are the greatest harm to friendship.
To the person who suggests to concretely meet, to respond as much as possible.

To my friends who spent time for me this summer.
Thank you from the bottom of my heart, I will look back on it now.

写真 2018-08-21 23 18 28

IMG_2487



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-18 8 07 23

写真 2018-07-17 15 08 32

写真 2018-09-03 10 11 10


Next

話したからといって、解決策が見つかるわけじゃない。
泣いても笑っても、同じ態度で受け入れてくれる仲間たち。

外での肩書きとか実績とか、成功も失敗も関係ない。
何があっても味方、その信頼関係がすべてだから。

「とにかく、お疲れ様。」
ここに拠り所があるから、また頑張ろう。

写真 2018-08-02 20 36 07


Just because I talked, I cannot find a solution.
Even if I cry or laugh, my friends accept me with the same attitude.

It does not matter whether it is success or failure, such as title or achievement outside.
No matter what happens, we are trustworthy.

"Anyway, well done."
I have a base that heals me here, so I will do my best again.

写真 2018-08-19 1 25 35



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-02 18 47 35

Next

年明け頃から準備をしていた企画。
卒業30周年の「記念祭」には、壇上でプレゼンする企画も採択中。

悲しいかな、受けて待つだけの人に限って、文句が出てくる。
すべてボランティアで準備をしている幹事の苦労が偲ばれる。

去る者は追わない。
誠意ある仲間に誠意で返したい。
思いを共有できる人こそが、またさらに繋がっていく。

写真 2018-09-02 7 16 35


Planning that was preparing from around the beginning of the year.
At the "Memorial Festival" on the 30th anniversary of graduation, we are also adopting a plan to present at the stage.

Alas, complaints come out only for those who only wait and receive.
It is remembered the hardship of staff preparing everything as a volunteer.

Welcome the coming, speed the parting guest.
We want to give in good faith to a good faith fellow.
People who can share their thoughts will be connected further.


海外永住 ブログランキングへ "
Next