Archives

2018年10月

パーソナルファッションディレクター、麻日奈芽実さん。
どんなに忙しい時でも、必ず隙間時間を合わせてくださる。
その心遣いと行動力に、私はずっと惚れ込んでいる。

端々まで美しくコーディネートされた装いと、
鋭い視点で世の中を一気に語り尽くす、滑舌の良いお喋り。
芽実さんと過ごす時間はあっという間で、いつも名残惜しい。

職業柄、世の流行に決して疎いわけではないけれど、
ファッションに関して、私はズボラで探究心が続かない。
服の好みは四半世紀変わらず、新しいチャレンジもできない。
でも本当は、いつもスタイリッシュでありたいという夢もある。

「年齢を重ねるほど美しく、楽しく生きる人を創る」
幼い頃から磨かれたファッションセンスの才能を生かし、
歳を重ねることと、それに合った装いを愛でる生き方を示唆してくださる。

人生の少し前を歩く先輩が、こんな風に素敵に生きていると、
もっともっと前に進むのが楽しみになる。
いつか芽実さんに、私のクローゼットアイディアもお伺いしてみたい。

そんな芽実さんの新しい御提案、ぜひこちらのリンクから御登録ください。
マイナス3キロ痩せて見える!コーディネート3つの法則

スクリーンショット 2018-10-19 22.18.34


Ms. Memi Asahina is a personal fashion director.
Even when we are busy, she always tries to set the meeting time up to me.
I am always fascinated by her thoughtfulness and action.

She wears a beautifully coordinated clothing,
speaks the world at ease with a sharp point of view, makes me fun.
The time spent with her goes so fast, and I always miss her at the end.

Although I always try to catch up the outbreak of the world as my business,
Regarding fashion, I am lazy and my inquiring mind does not follow.
The preference of clothes has not changed for a quarter century and no new challenge is possible.
But in reality, I always have a dream that I want to be stylish.

"Creating a person who lives more beautiful and more pleasantly as old as it's age."
She took advantage of talent of fashion sense polished from an early age,
suggests a way of life that loves the clothings suits your age.

If a life of my senior who walks a little before me is living nicely like this,
I am looking forward to going further by.
Someday I would like to ask her for my closet idea.

Please join her newest proposal by all means.

写真 2018-07-07 19 36 41



海外永住 ブログランキングへ "
Next

友人が「お家ごはん」に呼んでくださった。
御本人曰く「居酒屋料理」と言うが、これがまた素晴らしい料理の数々。
丁寧にダシを取り、丁寧に下ごしらえをして、丁寧に仕上げてある。

築地から背負ってきたという豆料理、昆布締めしたカルパッチョ。
ササミと梅肉の春巻、サバの味噌煮こみ。
素材の隅々まで使い切るお惣菜の数々、餅米で炊いた栗御飯。
ここまで私の好物を並べてくださるその気遣いが嬉しくて。

我が家にずっと放置されていたワインを持って行った。
とっくに飲み頃を過ぎたコルクを抜くのが、一番緊張する瞬間。

それは、極上の仕上がりのまま、きちんと呼吸をしていた。
枯れ過ぎることもなく、この時を待っていたかのように。

周囲に惑わされることはない。
いつかきっと分かってくれる、その時まで。
そんな風に生きたい。

写真 2018-10-19 10 10 26


We were invited the "Home made dishes" hosted by my friend.
She herself said "Izakaya dishes", but all those were wonderful dishes.
She carefully cooked with "dashi", prepared and finished them carefully.

Bean cuisine that she bought at Tsukiji, carpaccio that tightened with the kelp.
Spring roll of chicken and plum meat, stewed mackerel with miso.
Many of the prepared meals used every part of the material, chestnut rice cooked with rice cake.
I was very pleased that she arranged my favorite things.

I brought a bottle of wine that had been left in our apartment for a long time.
I got nervous mostly the moment that I pull out the cork that passed the drinking time.

It had kept breathing properly, with the finest finish.
As if it was waiting for that time without too much withering.

Never be misled by the surroundings.
They will definitely understand someday.
I want to live like that.

写真 2018-10-09 11 32 54



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-09 20 30 18
Next

難病を患った一人の主婦が、立ち上げたアートプロジェクト。
2013年に他界した稲盛紀子さんの遺志を継いで、公演を続けるグループが
ニューヨーク公演にやってきた。

初めてのアートに触れる時、私はなるべく予習をしない。
先入観なく、まっさらな気持ちでどう感じるかを、大事にしたいから。

911をテーマにした「Firefighters」という芝居は、
正直言って、あまりに胸が苦しかった。
ニューヨーカーにとって、身近過ぎるテーマ。

この題材を日本人が演じることに、違和感があったのかもしれない。
個人のレベル差が大きい英語セリフで、全体のテーマが霞んでしまう。
日本語で真っ直ぐに演じた上で、字幕テロップが流れたら、
もっと、伝えたいことが、伝わるのかもしれない。

後半の和太鼓や、音楽劇は、純粋に楽しむことができた。
今回が初披露目という「UNIFICATION」も、
大人数で迎えるフィナーレも、「市民の力」を感じるパワーが溢れていた。

プロ集団ですら、ニューヨークで公演することは困難極まりないのに、
ほぼボランティアで運営されている100名以上のグループが、
こうして海を越えて活動されていることは、本当に誇らしい。

「愛と平和」を唱えることに、国境はない。
今自分が出来ることは何だろうかと、会場に足を運んだ皆が考えただろう。
考える機会をもたらすことが、何よりの成果だから。

IAPG(稲盛アート・プロジェクト・グループ)の益々の御発展を、
海を越えて、応援していこう。

稲盛アートプロジェクトグループ

写真 2018-10-05 15 36 49

写真 2018-10-05 15 56 26


IAPG is an art project launched by a housewife who suffered from an intractable disease.
A group that will continue the performance with the will of Noriko Inamori who passed away in 2013,
They came to the city for their New York performances.

When I touch the first art, I do not prepare as much as possible.
Because I want to cherish how I feel with a feeling of fullness without prejudice.

The theme of "Firefighters" with the theme of 911,
To be honest, my heart was too painful.
For New Yorkers, a theme is too familiar.

Perhaps there was sense of incongruity in Japanese people acting on this subject.
In English speech with large individual level difference, the whole theme gets hazy.
Along with playing in Japanese, if subtitle flows,
More, the things they want to convey may be transmitted.

In the latter half Japanese drum and music drama made us enjoy purely.
"UNIFICATION" was the first public presentation.
At the finale that greeted with a large number of people.
The power to feel "the power of citizens" was overflowing.

Even a professional group is not so easy to perform in New York,
This group are operated almost by volunteers, with more than 100 members.
It is truly proud that being active abroad in this way.

There is no border to advocating "love and peace."
Everyone who went to the venue would have thought about what I could do now.
It might the theme that was to bring opportunities to think.

IAPG (Inamori Art Project Group) 's increasingly advanced development,
Beyond the sea, we will support them.

写真 2018-10-05 16 28 08

写真 2018-10-05 16 28 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-05 16 35 28

写真 2018-10-05 16 44 09
Next

写真 2018-10-07 16 55 01


ミステリオは、世界の子供たちを人形で繋げている。
コットンで作られた白い人形に、自由に絵を描く。
世界に届けられた人形は、シリアル番号で追跡ができる。
子供たちは、そこから夢を繋ぐ。

ミステリオ主宰の寺尾のぞみさんが一声あげると、
ニューヨークからたくさんの女性が集まってくる。
しかも、一人一人が皆とてつもなく優秀で、
どこにこんな人材が潜んでいたのだろうと不思議に思う。

いや、その逆かもしれない。
在住歴こそ長くなったけれど、日頃、水面下で生きている私は、
こんな華やかな世界があることにさえ、気付けていないのだ。
たまに呼吸をしに出てくると、新鮮な驚きだらけ。

我こそは主役だと、自分のアピールに余念がない人。
誰かのことを、陰からそっと支える仕事をしている人。
とにかくみんな、ここで生き抜いている精鋭たちだから。

こんな優秀な人を輩出している祖国、日本はやはり素晴らしい。
そして、この仲間を牽引しているのぞみさんこそ、
最強のニューヨーカーだ。

そして私は今、次に自分が何をやるべきかを考えている。
たくさんの、日の当たらない所にいる人達を繋ぐこと。
子供たち世代を育むプロジェクト、いざ出陣。

写真 2018-10-13 9 53 10


Msterio connects children in the world by dolls.
Children draw a picture freely on a white doll made of cotton.
Dolls delivered to the world can be tracked by serial number.
Children connect their dreams from there.

When Ms. Nozomi Terao presided over of Msterio raises a voice,
Many women who live in New York come together.
Moreover, each and every one of them is outstandingly excellent,
I wonder where the human resources were hidden.

No, it may be the opposite.
Although I lived in New York for a long time, I live under the water,
I have not even noticed that there is such a gorgeous world.
When coming out to occasionally breathe, fresh surprises are full.

There is one who appeal herself as a hero.
There is one who works gently to support someone from the shade.
Anyway, everyone else is the elite that survives here.

My home country which produces such an excellent person, Japan is still wonderful.
And Nozomi, who is driving this group,
She is the strongest New Yorker.

And I now think about what I should do next.
Connecting people who are not shined by sun.
A project to nurture children's generation.
Now is the time when we should start.

写真 2018-10-13 10 26 33

写真 2018-10-13 9 49 39



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-13 10 45 45

Next

42556397_901778086659113_7152260827297349632_n


役者の息遣いが聞こえてくるような小さな劇場。
目の前で繰り広げられる異次元の世界。
感情をむき出しにして訴えてくる臨場感。

個人的に、芝居の観劇が大好きで、
それはきっと、22歳の時に他界した親友の影響が大きい。
彼女に誘われて、いわゆるオフロード系の小さな劇場に通った。

役者の成田浬氏が「ブレヒトの芝居小屋」で上演する。
出身中学のすぐ横にある小さな劇場、かつて何度も通った道。
あそこで観た「銀河鉄道の夜」は、今でも心に残っている。
今はどんな風になっているのだろう。

昭和23年、朝日新聞記者への暴行事件が素材となった脚本。
マスコミが、警察やヤクザといった圧力に屈せずに、
「ペンの力」で市民を動かしたことを原点に、
現代のジャーナリズムの力を問うという壮大なテーマ。

「ブレヒトの芝居小屋」が来年閉館になると聞いた。
久しぶりに「どこでもドア」を使いたい衝動に駆られる。
「ブレヒトの芝居小屋」の少し古びたドアを思い出しながら、
今はあの光景がどんな風に見えるのか、身体で確かめたい。

ぜひ会場に足をお運びください。

*写真はHPよりお借りしています。

43342652_2173237719586476_2875997821813653504_n


A small theater where the breath of the actor can be heard.
A world of different dimensions unfolded in front of us.
We feel appealing emotions directly.

Personally, I love play theater,
It is surely a big influence of close friends who passed away at the age of 22.
She often asked me to go to a small theater in a so-called off-road system.

An actor, Kairi Narita, will perform at "Brecht's playhouse".
A small theater just beside my junior high school, a road that passed many times.
The "The night of the milky way train" that I saw there is still remembered in my mind.
I wonder how it is now.

Screenplay which made material as violence against Asahi Shimbun (Asahi Newspaper) reporter material in 1948.
The mass communication never gave way to pressure such as police and gangsters.
Based on the fact that the citizen was moved by "power of pen"
It has a grand theme of questioning the power of contemporary journalism.

I heard that "Brecht's playhouse" will be closed next year.
I am driven by the urge to use 'Dokodemo-Door, anywhere door' again.
While remembering the slightly old door of "Brecht's playhouse"
Now I want to see how the scene will look with my body & soul.

Please come and visit the site.

43557463_2089450177766618_3961316412332441600_n


温泉ドラゴン第12回公演『The Dark City』
作・演出:シライケイタ
出演:筑波竜一、いわいのふ健(以上、温泉ドラゴン)
清水直子(俳優座)、成田浬、内田健介、浅倉洋介、東谷英人(DULL-COLORED POP)、杉林健生(俳優座)、みやなおこ、大久保鷹
【日時】
2018年10月15日(月)〜21日(日) (全10回)
【会場】
ブレヒトの芝居小屋
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-35-17
西武新宿線・武蔵関駅 徒歩6分
【チケット料金】予約受付開始:2018年9月8日(土)10時
全席自由席(税込)
料金 (前売/当日) 一般 4,000円/U25 2,500円※1/初日割 3,500円(10月15日公演のみ)
【ご予約】
こちらのフォームから、成田浬の扱いでご予約いただけます。

43117034_905426062960982_2479082469307973632_n



海外永住 ブログランキングへ "

41250461_891245537712368_2164993409327038464_n




Next

小児病棟はガランとしていて、夜中は不気味なほど静かだった。
長期入院患者がいないためか、そこの空気はさらに無機質に感じる。

「しっかり飲んで食べて歩かないと、退院許可あげないからね」
スパルタナースにしごかれて、娘と二人で廊下を歩く。

見上げた壁に、村上隆氏のアートが並ぶ。
通し番号入りのリトグラフ、決して安いものではないだろう。
子供達のためにと、某団体が寄贈してくれたものらしい。

これだけで、心があたたかくなる。
患者の心身を治す病院こそ、おもてなしの心が必要なのだと。

写真 2018-10-02 18 18 22


The pediatric ward was not busy, and it was eerily quiet during the night.
Because there are not long-term inpatients, the air there is more inorganic.

"If you do not drink and eat and walk, you will not be allowed to leave the hospital."
My daughter was encouraged by the Spartan nurse, and walked in the corridor.

Mr. Takashi Murakami 's art lined up on the wall when we looked up there.
Lithographs with serial number, they might be expensive at all.
We heard that a certain organization donated them for children.

Just this will made my heart warm.
A hospital that cures the patient's physical and mental needs a heart of hospitality.

写真 2018-10-02 18 16 10

写真 2018-10-02 18 15 37

写真 2018-10-02 18 15 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-09 13 19 01

Next

写真 2018-10-02 13 06 36


米国の医療事情では、出産後48時間以内に退院しなければならない。
帝王切開した場合でもプラス48時間だから、産後4日目には退院する。

虫垂炎の手術の場合、早ければ当日強制退院と言われたが、
娘の場合、執刀医の許可が下りたのは、術後36時間が経ってからだった。

手術の翌日は流動食、その次の日もソフトフード。
傷跡の痛みよりも、空腹を訴える娘の前で、
付き添いの私には、自動的に通常の病院食がサーブされる。

娘に申し訳ない気持ちを押し込んで、いざ食べようとしたが、
これが見た目以上に不味い。
今夏の「地球こどもサミット」でも「フードロス」を提唱してきた手前、
残すわけにもいかないから、時間をかけて胃袋に流し込む。

娘は日に日に回復して、週明けには学校にも行けるだろう。
これから怖いのは、医療費請求の封書が届く時。
はたしてあの病院食、いくらチャージされているのだろう。

写真 2018-10-02 8 00 48


In the medical situation in the United States, you must leave the hospital within 48 hours after birth.
Even if caesarean section is 48 hours plus, you have to discharge on the 4th day after birth.

In the case of appendicitis surgery, it was said that compulsory discharge from the day was at the earliest.
In the case of my daughter, the permission of the surgeon came down after 36 hours after the surgery.

The next day of surgery, she was allowed to take only liquid food.
Before the daughter who complains of hunger than scarred pain,
as accompanying, the usual hospital food was served me automatically.

I was sorry for my daughter and I tried to eat it,
That was a bad tastier than it looks.
In this summer, 'The Earth Children Summit' even advocated 'Food Ross'.
I could not leave it, so I spent some time pouring it into my stomach.

My daughter has recovered day by day and will be able to go to school next week.
What I'm afraid of is when the letter of medical bills arrives.
I wonder how much that hospital food will be charged.

写真 2018-10-03 8 52 19 (1)



海外永住 ブログランキングへ "
Next

次女が腹痛を訴え出したのは、土曜日の夕方頃だったろうか。
深夜0時を過ぎた頃から、何度も唸るように泣いていた。
ようやく午前4時に寝付いたと思ったら、7時前にはまた泣き出して、
何度もトイレにこもっていた。

季節の変わり目、胃腸風邪を引いたのかもしれない。
痛み止めを与えながら、様子を見ていたけれど、
月曜日の朝まで待てそうにないと、夕方4時、近所の総合病院ERへ。

そこからが長かった。
血液検査で白血球値が異常に高いと判明したものの、
ウルトラサウンド、CTスキャンでも、明確な原因が分からず。

目の前には、次々と瀕死の状態の患者が運び込まれてくるから、
どんなに待たされても、文句は言えないけれど、
虫垂炎と腹膜炎の手術が決定したのが、午前3時半。
そこから入院手続きをして、午前7時に遠隔で家族に状況説明。
執刀医に呼ばれたのが午前11時、そこからまた待合室へ。
痛みと空腹を交互に訴える娘を、オペ室に見送ったのが午後4時。

ちょうど24時間。地球を一周できるほど待たされて、ようやく手術。
夜には麻酔も醒めて、あとは回復を見守るのみ。

緊急とは名ばかりのエマージェンシールーム。
米国医療現場の裏を垣間見た後で、また一冊本が書けそうだと本気で思う。

写真 2018-09-30 23 51 39


My second daughter had complained of stomachache around Saturday evening.
From around midnight 0 o'clock, she was crying like repeatedly groaning.
At last I thought that she fell asleep at 4 AM, but she started to cry before 7 o'clock.
She went to the bathroom many times.

It may have been the change of the season, gastrointestinal sickness.
While giving a pain stop, I was watching her situation.
I found she will not be able to wait until Monday morning.
She was taken to the general hospital ER in the neighborhood at 4:00pm.

It was long from there.
Although it was found that the white blood cell value was abnormally high by the blood test,
Even Ultra Sound and CT scan, we did not find the clear cause.

Since patients in the moribund state are brought in one after another,
No matter how long we wait, we could not complain,
The operation of appendicitis and peritonitis was decided at 3:30 in the morning.
She got hospitalization from there and I explained the situation to my family remotely at 7:00 am.
It was 11:00am when the surgeon called me, from there to the waiting room again.
It was 4:00 pm I sent the daughter, who alternately complains pain and hunger, to the Operation Room.

We kept waiting for just 24hours that we could go round the earth, finally surgery.
She awoke from anesthesia at the night, we were only watching for recovery.

写真 2018-09-30 23 17 09



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-09-24 21 54 02


米国同時多発テロが発生した時、彼はワールドトレードセンターの真下。
いつもの通勤電車に乗っていたら、確実に潰されていた。
その日に限って、一本早い電車に乗っていたことを知ったのは、
テロ発生後、どれほど時間が経ってからだったろうか。

2001年9月24日。
冠婚葬祭だけの付き合いの親族は一切排除して、
親しい友人と同僚達にお祝いしていただいた。
同時多発テロがなければ、人生は変わっていたかもしれない。

どれも辿ってきた人生だから。
後悔することもなく、ただ淡々と日常を過ごすのみ。
遠い夢でなく、少し先の楽しみを見つけて歩こう。

写真 2018-09-24 20 16 25


When the September 11 terrorist attacks occurred, he was right under the World Trade Center.
If he was on the usual commuter train, it was surely crushed.
It took a long time to find since I did not know that he was on one earlier train only on that day.

September 24, 2001.
We eliminated any relatives of association only for ceremonial occasions,
celebrated with close friends and colleagues.
Without September 11 terrorist attacks, my life might have changed.

Everything is a life I've followed.
With no regrets, I just spend my days every day.
Let's walk to little ahead finding small fun, not for a distant dream.

写真 2018-09-24 20 21 41



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-24 21 42 01


Next

写真 2018-09-25 22 08 49


「キャバレーショー」の歴史は、19世紀末のフランスにさかのぼる。
第1号は有名なパリの「ムーラン・ルージュ」で、
社会風刺を含んだ歌や寸劇を見せる業態であったから、
ホステスらが接客し、ダンスも踊れる日本の「キャバレー」定義とは異なる。

ニューヨーク在住日系人で、トシ・カプチーノ氏を知らない人はいない。
舞台芸術評論家、キャバレー・シンガー、タレント、プロデューサー、
演劇評論家、ドラマ・デスク賞の日本人審査員。

トシさんが「キャバレーショーをやるから観に来てね」と言い出したのは、
今から何年ぐらい前だったろうか。

毎回テーマを変えて、いろんな歌や踊りを見せてくれることと、
在米の長い「日系人の大御所陣」に再会できるという楽しみもあって、
機会があると、友人と連れ立って観劇にお伺いしている。

今回のタイトルは、「夜のチョットスタジオ 〜ザ・昭和歌謡〜」。
古き良き時代の、日本の昭和の名曲、約50曲を惜しげなく披露。
途中、ゲストを舞台に上げて、一緒にコーラスを歌わせてみたり、
「スター誕生」で合格した際の裏話をお披露目してみたり。
その舞台まわしと、抜群の歌唱力はあっぱれだった。

昭和40年代以降のザ・タイガースから西城秀樹までというから、
私達より少し上の世代がターゲットだったのかもしれないけれど、
誰でも楽しめる会場との一体感が「キャバレーショー」の醍醐味。
次回は是非とも、山口百恵からジャニーズまでをリクエストしてみたい。

季節の風物詩がまたひとつ終わって、2018年の終盤が近づいている。

写真 2018-09-25 21 46 31

写真 2018-09-25 21 46 33


The history of "Cabaret Show" dates back to France at the end of the 19th century.
The first venue was the famous Parisian "Moulin Rouge".
It was a business style that shows songs and skits including social satire.
It is different from the Japanese "cabaret" definition that hostess attends, and people can dance.

Japanese people living in New York, everyone knows Toshi Cappuccino.
Performing art critic, Cabaret Singer, Talent, Producer,
a Japanese judge of the drama desk prize.

I remember many years ago when Mr. Toshi said "I'm going to hold a cabaret show, so come and see it.".
He is changing the theme every time, showing various songs and dances.
There is also enjoyment that we can reunite with Japanese old friends who have lived in the US long time.
When I have the opportunity, I go to a theater with my friend.

The title of this time was "Chot Studio at night - The Showa Kayo ~".
In good old days, he showcased about 50 songs of Japanese Showa familiarly and generously.
On the way, he raised the guests to the stage, let them sing the chorus together.
He showed off the back story when he was on the TV show in Japan in his young age.
His stage turning and outstanding singing ability were wonderful.

Since the Showa 40s and later from The Tigers to Hideki Saijo,
Perhaps the generation a bit above us was the target.
The sense of unity with the venue where anyone can enjoy was the real pleasure of the "cabaret show".
Next time I would like to request from Momoe Yamaguchi to Johnny's by all means.

The end of the year of 2018 is approaching after the end of the seasonal tradition.

写真 2018-09-25 22 32 31

写真 2018-09-25 22 32 38

写真 2018-09-25 22 33 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-25 23 31 37 (1)

Next

写真 2018-09-17 17 05 37


ニュージーランドの先住民マオリ族の言葉で
「水面に映る月光」を意味する「ワイマラマ」。

1988年、北島・ホークスベイに広がる葡萄畑で、
ボルドースタイルを目指したワイン造りが開始された。

1998年に現在のオーナー会社が参入して、
フランス人の知恵と経験に、日本人の感性が加わった。

2018年、20周年及びスーパーヴィンテージのお披露目レセプションを、
ワインの聖地ニューヨークで開催したいという企画が持ち込まれ、
今年の春先から準備が始まった。

オーナー会社とPR会社を、ニューヨーク現地と繋ぐのが私の役割。
現地での店舗視察、東京での打ち合わせ、レストランとの交渉、
招待客の手配、備品の制作、物流の管理。
数え切れないほどのプロセスが、各担当者にきっちり振り分けられていく。

ニューヨークで最も予約の取りにくいフレンチレストラン。
ミシュラン3つ星を持つ「パーセ」での開催を決めた時、周囲は驚いた。
完成されたメニューを持つ名店舗が、すべての持ち込みワインに合わせて
料理を作ってくれるわけはないだろうと。
ウェルカムのロゼワインを除き、前菜からチーズまで、赤ワイン5種が続く。
それぞれのワインに合わせて、形状の違うグラスを準備して欲しい。

たくさんのリクエストを抱えて、本番2週間前に最後の試食会。
5時間半に及ぶ試食と討論、ワインと料理のマリアージュを吟味する。
微妙なリタッチをしながら、シェフが完璧な料理を組み立ててくださった。
「こんな前例はない」と言いながらも、担当者がずっと寄り添ってくれた。
その背景では、以前の同僚でもあるフランス人の友人がしっかり見守っていてくれた。
この時点で、イベントの半分以上は成功したと思えた。

リーデルジャパンから空輸されたワイングラスが届かなかったり、
お客様にお渡しするギフトセットの中身がしっかり揃わなかったり。
前日まで、ドキドキハラハラの展開。
その度に、イベント慣れしているPR会社の仕切りが本当にありがたく、
このチームメンバーでやってこれたことを心底感謝した。

始まってしまえば、本番はあっという間。
オーナーはじめ関係者の皆様、何よりゲストの皆様の幸せそうな笑顔が、
これまでの苦労を全部洗い流してくれた。
普段、私一人で出来ることはとても小さいけれど、
日米という国境を超えて大きなイベントを開催できたことがとても誇らしい。

走り回った当日は空腹で倒れそうだったけれど、
空きっ腹で飲んだお疲れ様のシャンペンが、心地よい達成感を運んできてくれた。

またこのチームで御一緒したいと切に思う。
聖地ニューヨークで華々しいデビューを飾ったワイマラマワインに乾杯。

写真 2018-09-17 18 35 37

写真 2018-09-17 19 37 09

写真 2018-09-17 21 36 37


In the native Maori language of New Zealand,
the word "Weimarama" means "moonlight on the water".

In 1988, a vineyard spreading to North Island · Hawkes Bay,
Wine making aimed at Bordeaux style started.

The current owner company joined in 1998.
Japanese sensibility was added to French wisdom and experience.

In 2018, as the reception of 20th anniversary and the super vintage announcement,
A plan to hold at the sacred place of wine in New York was brought in.
Preparation began in the early spring of this year.

My role was to connect owners and PR companies to the local New York.
Research of restaurants, meetings in Tokyo, negotiations with restaurants,
Arrangement of invited guests, production of equipment, management of logistics.
Numerous processes were sorted out exactly for each person in charge.

The most popular French restaurant in New York.
When we decided to hold in "Per Se" with Michelin 3 stars, the surroundings were surprised.
A historical restaurant with a completed menu, the chef probably will not make dishes according to all the wine we brought in.
Except for the welcome rosé wine, there were five red wines from appetizer to cheese.
We asked them to prepare different wine glasses according to each wine.

Holding lots of requests, we had the last tasting before two weeks on the day.
Examination of tasting and discussion over five and a half hours, we thought the pairing of wine and dishes.
While delicately retouching, the chef arranged the perfect dishes.
Despite saying "There is no such precedent", the person in charge supported me all the time.
In that background, my former colleague French friend was watching firmly.
At this point, it seemed that more than half of the events were successful.

It was just before two days when the wineglass which was air-borne from Riedel Japan and the contents of the gift set we deliver to the customer were received.
Until the day before, we were little nervous.

Every time, I was grateful for the working of the staff of PR company that were getting used to the event.
I was very happy for working with this team member.

Once the event started, the actual time passed so fast.
Everyone's happy smile including the owner, the participants, and guests made us to forget all of our hardships.
Usually I cannot do big thing only by myself,
I was very proud that I could hold a big event beyond the borders of Japan and the US.

On the day we ran around, I was almost going to collapse with hunger.
The champagne of the cheers we got into the vacant belly brought a comfortable sense of accomplishment.

I would love to join this team again.
We are very proud of the Waimarama wine which decorated a spectacular debut in the sacred ground New York.

写真 2018-09-29 11 45 29



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-29 11 41 27

写真 2018-09-18 0 50 42


Next