Archives

2018年11月

写真 2018-10-13 16 01 03


ニューヨークでは、いつもどこかでアートイベントが開催されている。
衣替えと同じ感覚で、自宅のインテリアも季節ごとに変える感覚。
人々は常に新しいアートとの出会いを待ち受けている。

展示諸経費を支払ってでも、ここでの展示会に出展する意義は大きい。
新しいレストラン開設準備の買い付けにまわるユダヤ人富豪や、
友人の新築祝いに贈るアートを探しているロシアのお嬢様。
横を歩いている人が、自分とあまりにステージが違うことに驚きながらも、
日々またアート探しが楽しい今日この頃。

一層寒くなってきたニューヨーク。
でもビルの内側は、こんなに熱気が溢れている。

写真 2018-10-13 16 01 14

写真 2018-10-13 16 48 59

写真 2018-10-13 16 49 06

写真 2018-10-13 16 49 32


We always see art events held somewhere in New York.
With the same feeling as changing clothes, people have the sense of changing the interior of home every season.
People are always awaiting encounters with new art.

Even if you pay expenses for the exhibition, it is highly significant to exhibit at the exhibition here.
I met a Jewish rich man who went around buying a new restaurant opening preparation,
and Russian lady looking for art to give to a friend's new construction celebration.
While the person walking sideways is surprised that the stage is too different from myself,
I enjoy to look for art every day.

New York has become getting colder.
But the inside of the building is full of enthusiasm.

写真 2018-10-13 16 49 44

写真 2018-10-13 16 49 58

写真 2018-10-13 16 50 01

写真 2018-10-13 16 50 07



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-13 16 07 40

写真 2018-10-13 16 32 01

Next

写真 2018-10-28 13 02 42

写真 2018-10-28 16 39 31


ニューヨークの秋は短い。
半袖の季節から、一気にダウンジャケットが必要になる。
気温の落差が激しいから、木々の葉っぱも一気に色づき、
映画「Autumn in New York」と同じ、美しい世界が生まれる。

ニューヨーク郊外御在住の先輩宅で、ポットラックパーティー。
創立10周年を迎えた都立西高同窓会米国支部の定例会でもあり、
それぞれが持ち寄った食事を囲みながら、近況報告。
久しぶりに会った者同士でも会話が弾むのは、きっと同窓という絆の所以。

毎年こうして御自宅を御提供してくださる方がいて、
毎年こうして集える仲間がいる御縁に感謝。
子供達も少しずつ大きくなって、家族の形も少しずつつ変化していくけれど、
「変わらないもの」の存在を大事にしていたい。

冬時間の到来と共に、ニューヨークの秋は幕を閉じた。

写真 2018-10-28 15 31 01

写真 2018-10-28 13 34 43

写真 2018-10-28 13 34 55

写真 2018-10-28 15 08 20

写真 2018-10-28 16 03 37


The autumn of New York is very short.
From the season of short sleeves, down jacket is required at a stroke now.
Since the disparity in temperature is intense, the leaves of the trees are also colored at once,
The same beautiful world as the movie "Autumn in New York" is born.

There had a "pot luck party" at my friend's house living in the suburbs of New York.
It was also a regular meeting of the US branch of the Tokyo Metropolitan Nishi high school alumni association that celebrated its 10th anniversary.
We enjoyed the meals we brought with each other, and talk together.
The reason why we enjoyed the conversation even among those who have met for the first time was surely the reason of the bond of the alumni.

We appreciate that there are friends who provide us with their home every year.
Also we thank our relationship to gather in this way every year.
Though children grow little by little, and the style of family gradually changes,
I want to cherish the existence of "unchanged things".

With the arrival of "winter time", autumn in New York got a curtain call.

44983291_10205308327743379_910763418732986368_n



海外永住 ブログランキングへ "

A couple of years ago....
45023244_2032516043457895_5926727811015376896_n


Next

写真 2017-10-05 21 01 35


とても嬉しいことがあった。
以前から面識はあった方だけれど、きちんとお話したのは初めてで。
友人が改めて紹介してださり、きちんと名刺をお渡しした。

私の差し出した名刺をずっと眺めていた彼女が一言。
「ビード(BEAD)というのは、繋ぐという意味ですね。
とても良いお仕事をしていらっしゃることが、分かります」

会社への想いを名刺一枚で理解してくださった方は、初めてだった。
張り詰めていた何かがすっと引いていくように、感動で震えた。
誰かのたった一言が、こんなにも勇気を与えてくれるのだと。

「伝える」ことはとても難しい。
勇気を出して文字にしても、本意が伝えきれないこともある。
必ずしも正しいことを伝えられているとは限らないし、
多くの賛同を得られないことだってある。

でも、人を大切に繋ぐこと、大切な言葉で伝えること。
これだけは、諦めないでいたいと思う。
きっとわかってくださる方が、きっとたくさんいると信じていたい。

「BEADING」人を繋ぐこと。言葉を紡いで伝えること。
2019年、また新しいプロジェクトがスタートします。

一緒に走ってくれる仲間の皆さん、よろしくお願いいたします。

写真 2017-10-05 21 01 35


I had very happy experience.
Though we had met before, it was my first time to talk with her properly.
My dear friend introduced her to me again, and I gave her a business card properly.

She was looking at my business card for a while, and gave me words.
"Bead is meant to be connected.
I understand that your work is wonderful."

It was the first time that somebody understands my hope to the name of my company by seeing my business card.
I trembled with excitement so that my tightly tension was melted.
Only one word of someone will give people so much courage.

"Telling to people" is very difficult.
Even if you take courage and make it in words, there are things that you cannot tell the truth.
It is not always said that the right thing is told.
Also there are things that we cannot get much approval.

To connect people carefully, and to convey with important words.
I want to not give up just these.
I would like to believe that there are surely more people who understand.

"BEADING" is to connect people, and to tell people in words.
A new project of "BEADING" will start in 2019.

Thank you, everyone who makes it together.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2017-12-25 20 27 43


今春GWに先がけて、日本で大きなアートプロジェクトが計画されていた。
準備都合で何度も日程が変更される度に、私はフライトの予約を変更した。
たくさんのメディアにお声がけして、3局TV中継も決定していた。

企画を牽引するはずの中心人物が、突然参加できなくなった。
私は関係者に謝罪をしてまわり、たくさんの人に御迷惑をおかけして、
これまでに築いてきた、たくさんの信用を失った。

後日、職人仲間が集結して、プロジェクトが遂行されることになった。
「職人プロジェクト」の原点を考えた時、それは実施されるべきだった。
一人の誰かをヒーローにすることが目的ではない、
誰もがヒーローになれることを伝えるべきだと。

6月、梅雨の狭間の猛暑の中、職人たちが空を舞う。
高さ34メートル、幅24メートルという、巨大な壁への挑戦。
仲間が団結してくれたからこそ、そこに奇跡の作品が完成した。

日本の職人技術の素晴らしさを、もっと外に伝えたいから。
これからもずっと職人仲間たちを、応援していたい。

プロジェクトを支えてくださった寺田倉庫とパナソニックの皆様、
本当にありがとうございました。
このキッカケを作ってくれたすべての関係者に、心からの感謝をこめて。

*ページの最後に動画があります。どうぞご覧ください。
*広告期間終了につき、壁画は来月には消去されます。非常に残念。でも記録は永遠に。

写真 2018-06-04 7 32 08

写真 2018-06-04 7 32 12

写真 2018-06-04 7 32 15

写真 2018-06-05 9 32 48


Prior to GW this spring, a big art project was planned in Japan.
Every time the schedule changed due to circumstances, I changed my flight booking.
I worked as a PR person, and 3 big TV relay and many media shooting had been also decided.

A main artist who should lead the project suddenly canceled his schedule.
I apologized to the many people concerned around us, since we made a lot of troubles with many people.
I have lost a lot of trust that I have built up so far.

At a later date, craftsmen were gathered and the project was to be carried out.
When considering the origin of "craftsmen project" it should had been implemented.
It is not the purpose to make one person a hero,
We should tell everyone that anybody can be a hero.

In June in the summer weather during the rainy season, craftsmen worked in the sky.
It was a big challenge of a huge wall with a height of 34 meters and a width of 24 meters.
The miracle work was completed there because it was because the group united.

I would like to tell people more about the wonder of Japanese craftsmen's technology.
So I would like to cheer craftsmen even if he left us.

We are really thankful for Terrada Warehouse and Panasonic who supported the project.
To all the people who made this project, thank you from the bottom of our heart.

*With the end of the advertisement period, the mural paintings will be deleted next month. We will miss it.

写真 2018-05-17 6 50 47

写真 2018-05-17 6 51 04

写真 2018-06-04 7 32 17

写真 2018-06-05 5 01 39

写真 2018-06-07 6 08 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-04 7 32 35

写真 2018-06-05 9 32 26




45805356_1915559505199592_5035435270036520960_n

Next

写真 2018-11-08 17 08 29


福島県で300年の歴史を誇る大堀相馬焼は、二重構造の特徴でも有名。
東北大震災で壊滅的被害を受け、7年の歳月が流れた今春、
松永窯4代目・松永武士氏より御連絡をいただいた。

毎年NYで開催される「311追悼式典」でスピーチをされた時に出会い、
いつかNYデビューの際には応援するからという約束を覚えていてくださった。

「ここからできる震災復興支援」
必ずや素敵なイベントにしようと、仲間探しからその企画は始まった。

まずは、予算とお店の都合で、会場選びに苦労した。
足を使って、たくさんのシェフに説明したけれど、
最低営業補償額を提示されるたびに凹んだ。

SAKAMAIの秋山シェフが、イベントの趣旨に賛同してくださった時に、
まず第一段階はクリアーだった。
スタッフが皆あたたかくて、心強い仲間が出来たことに勇気付けられた。

集客当初の手応えが悪かったのは、きっと私の文面の拙さから、
イベントの趣旨をきちんと伝えきれなかった責任があった。
超零細企業の私たちには、足を使ってのドブ板営業しかできないから、
会費以上の価値ある機会だということを説明してまわった。

結果、当初25席限定の予定が、当日は32席まで増席するほどの大賑わい。
冷たい雨の降る11月、平日にも関わらず会場には熱気が溢れていた。

外側は同じで内側の構造が異なる3種類の杯「IKKON」。
温度や口当たりで、同じ日本酒を違った風合いでお楽しみいただいたり、
新鮮な刺身と純米酒には「ストレート」、
塩気の多い料理と大吟醸酒に似合う「ナロー」、
本醸造と肉料理には旨味を引き出す「ラウンド」をお勧めしたりもした。

熱心にメモを取るメディアの方々、新しい出会いを楽しむゲストの方々。
大切な時間を使ってお越しくださった一人一人に、
少しでも幸せな時間を共有できたという連帯感を持ち帰っていただきたい。
そのことだけに集中して、時間が流れていった。

大堀相馬焼の看板を背負って世界に挑戦していく日本の若き侍を、
これからもどうか見守っていてください。
応援してくださっているすべての方々へ、感謝をこめて。

写真 2018-11-08 17 16 59


SAKAMAIの秋山シェフ、カレン、ケン、そしてスタッフの皆さん。
映像チームの丸山さん、RVDケンダル、ターボ翻訳の美和さん、
そして4代目武士君。また一緒にやりましょう。

写真 2018-11-08 17 19 23


Obori Soma Pottery, which boasts 300 years of history in Fukushima Prefecture, is famous for its double structure characteristics.
Seven years have passed since the Tohoku earthquake disaster catastrophically damaged,
Mr. Matsunaga Pottery 4th generation, Mr. Takeshi Matsunaga, contacted me this spring.

We met when he attended at "311 Memorial Ceremony" held in NY every year,
we remembered our promise that I will cheer for his NY debut someday.

"Earthquake disaster reconstruction support that can be done from here"
We started looking for team members to make the project a nice event.

Firstly, due to the budget and the convenience of the restaurant, I had difficulty in selecting the venue.
I explained to many chefs with face to face.
It was depressed whenever minimum offer compensation amount was offered.

When Mr. Akiyama, the chef of Sakamai restaurant, agreed with the purpose of the event, the first step was clear.
All the staff were warm and encouraged me.

The reason for the poor response at the beginning of attracting customers was certainly due to the unclearness of my writing,
I blamed myself for not being able to tell the purpose of the event properly.
We could only do business in face to face as a micro company.
We explained that it would a worthwhile opportunity than party fee.

As a result, the schedule limited to 25 seats at the beginning, it was full of bustle enough to seat up to 32 seats on the day.
In cold rainy November, despite weekdays the venue was full of enthusiasm.

Three types of cups "IKKON" with the same outside and different inside structure.
By temperature and touch feeling of edge of glass, you enjoy the same sake in different feeling.
His recommendation is the follows;
"Straight" for fresh sashimi and Junmai sake,
"Narrow" which matches salty meals and Dai-Ginjo sake,
"Round" to bring out the taste for Jojo sake and Umami of meat .

There are media people who enthusiastically took notes, and people who enjoyed new encounters.
To each person who came by using an important time,
I wanted to bring back a sense of solidarity that we could share a happy time even a little.
Focusing on that alone, time went through.

For a young Japanese samurai who will challenges the world with the signboard of Ohori Soma Pottery,
Please encourage us to keep on watching from now on.
Thank you to all the people who are cheering him.

写真 2018-11-08 17 10 23


Special thanks for Mr. Akiyama, Ms.Karen, Mr. Ken, all SAKAMAI team staff,
Mr. Maruyama from Top Spin Creative Corp, Ms.Kendall from RVD, Ms. Miwa, and Mr. Matsunaga.
We shall work together at the another event in next year.

写真 2018-11-08 18 04 27



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-07 13 21 34

写真 2018-11-08 17 11 21

写真 2018-11-06 16 11 22


Next

写真 2018-11-07 16 50 49


「身体に美味しく美しい料理を」という杉本佳子さん主宰のお料理会。
今回は日本酒に合ったお料理を御提供されるということで、
自称「日本酒好き」もしくは「食べることが好き」な女性陣が集まった。

「各自一本ずつの日本酒を持ち寄り」というお達しに、ずらっと並んだ11種。
ニューヨーク在住の方がこうやって平易に持ち寄れるということは、
それだけ日本酒がニューヨークで流通しているということ。

地元で採れた新鮮な食材を駆使して、日本酒に合う料理を作る。
料理というのは、いかにもクリエイティブな作業だから。

時間と食材、そして美味しいと言って食べてくれる人がいること。
料理の王道は、そこから始まるのだとつくづく思う。

写真 2018-11-07 16 49 30


Cooking party presided over by Ms. Yoshiko Sugimoto supplies "Delicious and beautiful food for the body".
This time she was offering cuisine suitable for Japanese sake,
Women who self-named "Japanese sake lover" or "Eater" gathered.

By her suggestion of "Bring a bottle of Japanese sake", eleven bottles were lined up there.
The fact that people living in New York bring it like this easily,
That means that sake is distributed in New York as much.

She presented ten dishes for sake by making use of the locally harvested fresh ingredients.
Cooking is such a creative task.

If you have time, food, and someone who can eat yours saying it is delicious,
I think that the royal road of cooking starts from there.

写真 2018-10-30 22 19 33



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-10-27 18 56 32


父の実家は、大阪でメリヤス工場を営んでいる。
明治生まれの祖母が、まだ現役でミシンを踏んでいた頃に、
彼女が大切にしていた糸切りバサミを譲ってくれた。
「ハサミだけは、よう切れんとあかん」
祖母が他界した今でも、いまでも形見として私の側にある。

今ではアパレル企業のほとんどが、その下請けを海外に託している。
何度窮地に陥っても、実家の工場が会社を畳まないのは、
きっと日本人にしかできない手先の仕事があるからだと思う。

******

「ファストファッションはなぜ安い?」
弁護士・伊藤和子先生の御著書には、ユニクロをはじめとした
ファストファッションの下請け工場の労働実態が赤裸々に記されている。

バングラデシュやカンボジアの工場で何が起こっているのか。
劣悪な環境の中で低賃金の長時間労働を強いられる自国民に対し、
国政府として何も対処ができないという不甲斐なさ。

ファストファッションに限らず、高級ブランドでも同様の問題があるし、
アパレル業界に限らず、日本国内で働く技能実習生の実態は酷い。

近年、人々が口にする「エシカル消費」とは、
人と社会環境、地球のことを考えて作られた商品を消費することだけれど、
消費者側としては、より安く、より良い品質の物を購入したいのが当然。
だからこそせめて、自分の手元に届くまでのストーリーを知ってほしい。

伊藤先生の想いが胸に響く、意義深い講演だった。

写真 2018-10-27 18 56 25


My father's family home runs a knitting factory in Osaka.
When my grandmother born in Meiji period was still active and stepping on a sewing machine,
She gave me a small scissors she valued.
"I can work well if I have good scissors. "
Even now my grandmother passed away, I have still that scissors at my side as a memento.

Most of apparel companies now have their subcontractors overseas.
No matter how many times my father's home fall into trouble, the factory will not close the company,
I think that it is because there are jobs that can only be done by Japanese people.

******

"Why is fast fashion cheap?"
In the book of the lawyer Kazuko Ito,
The labor situation of a subcontract factory of Fast Fashion, including UNIQLO and others, was told.

What is going on in the factories in Bangladesh and Cambodia?
For those who are forced to work long hours with low wages in a poor environment,
It is inequality that nothing can be dealt with as a national government.

Not limited to fast fashion, even luxury brands have similar problems,
Not limited to the apparel industry, the actual condition of technical interns working in Japan is severe.

In recent years, people say to think about "Ethical consumption".
It is to consume products made by thinking about people and social environment and the earth.
As a consumer, it is natural that you want to purchase cheaper and better quality items.
That's why we want you should know the story of the products until you reach your hand.

It was a meaningful lecture that Ms. Ito's thought echoed in my heart.

写真 2018-10-27 20 07 20



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-06 14 15 33
Next

写真 2018-10-25 19 06 08

写真 2018-10-25 19 11 19

写真 2018-10-25 19 11 33



「世界中に氾濫する深刻な人権侵害をなくすこと」
そのテーマは、遠い世界のことのように感じるかもしれないけれど、
誰もが日常的に体感しうる、セクハラ、パワハラ、モラハラ。
すべての人権侵害に対して、真っ直ぐに戦っていくのが、
伊藤和子弁護士を中心とした「ヒューマンライツ・ナウ」の役割。

先月、ニューヨーク支部のローンチパーティーが開催された。
ミッドタウンのWe Workパーティールームに集まった面々は、
ありとあらゆる業界からの男女総勢80名近く。

伊藤弁護士と、彼女を支える有能なスタッフが勢揃い。
ここから救われる命、救われる人権が、たくさん生まれることを期待して、
私も微力ながら、この活動をサポートできればと願っている。

写真 2018-10-25 19 07 25


"Eliminate serious human rights violations that are flooding the world"
Although the subject may feel like that of a distant world,
they work for every issue that everyone can experience on a daily basis, such like sexual harassment, power harassment, and moral harassment and so on.
Fighting straight against all human rights violations is the role of 'Human Rights Now' founded by lawyers Kazuko Ito.

Last month, a launch party at the New York branch was held.
The people who gathered at the party space of "We Work" in Midtown, is about 80 people from all sorts of industries.

There has competent staff to support Lawyers Ito.
I hope that lives saved from here, human rights to be saved will be born a lot.
I am hoping that I will be able to support this activity even though it is micro powerful.

写真 2018-10-25 19 09 28

写真 2018-10-25 19 35 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-25 18 59 38

Next

イベント終了後の帰りがけに、友人にお声がけいただいた。
ぜひ一杯飲みましょう、と。

私の後輩や友人も合流して、ちょっとしたミングル飲み会になった。
旧知の友人からの、こんな不意なお誘いが嬉しい。

ミッドタウンの穴場的バーも、ちょっと嬉しい。

写真 2018-10-16 9 19 32


A friend asked out me on the way home after the event.
"Let's drink together for a little time."

My juniors and friends also joined and it was a Mingle drinking party.
I was pleased with such an unexpected favor from an old friend.

I was also happy that I reminded the nice bar in Midtown.

写真 2018-10-16 9 19 44



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-10-18 23 23 26


3年前の大晦日に1本の記事をアップした。
タイトルは、「道のり”0から1へ”」

開業前から10年近く見守ってきたお店が閉店して、
私は少し行き場を失ってしまった。
階下の寿司屋は継続して営業されていたけれど、
一緒に歩いてきた仲間のほとんどが、そこを離れてしまったから。

結局、ビルは売却されずに、1階はほぼ空き家の状態だった。
試行錯誤の末、もう一度自分たちで運営することが決まり、
3年ぶりにそこに新しい風が送り込まれた。

リローンチのお披露目パーティーは、クローズド企画だったにも関わらず、
開業当時からの顧客120名以上が押し寄せた。
DJが軽快な音楽を操り、寿司シェフが新鮮な握り寿司をふるまう。

私は久しぶりにそこのメンバーに再会して、泣きそうだった。
一緒に不動産を探して歩いた仲間が、今でも凛々しく活躍している。
新卒で入った仲間が、今ではGMになって店舗の指揮を取っている。
あの頃一緒に働いた仲間が、一度離れた後またこの場所に戻ってきている。

人の御縁の素晴らしさに、改めて感動した夜。
外気温8度、木枯らしの吹くトライベッカの石畳に、たくさんの歴史を重ねる。

新しく生まれ変わった寿司麻布のプライベートダイニングローム。
ご家族やお仲間での御利用を、お待ちしております。

お問い合わせはこちら。

写真 2018-10-18 20 53 18

写真 2018-10-18 20 52 17

写真 2018-10-18 21 38 13


I uploaded one article on New Year's Eve three years ago.

The title is "The Road, from 0 to 1".

After the restaurant that I had been supporting nearly 10 years from the start of business closed,
I have lost my passion a little.
Although the downstairs Sushi bar was open continuously,
Most of the companions who worked together have left there.

Eventually, the building was not sold, the first floor had been almost empty for three years.
After trial and error, they decided to operate there by themselves again,
New wind was sent there for the first time in three years.

Despite the reunion showcase party was closed event,
More than 120 customers came up.
DJ manipulated cool music and the sushi chef served freshly held sushi.

When I met the PDS members there, I almost cried.
A guy who had walked together looking for real estate are still working in the US now.
A guy who entered as a new graduate has now become the GM and are taking command of the restaurant.
Ex co-workers who worked together in those days have returned to this place again after they left for a while.

It was a special night for me that I was impressed again in the splendor of the people's edge.
Outdoor temperature was 8 degrees.
I walked on the cobblestone in Tribeca that reminded me our history.

Please enjoy newly reborn "Private dining room" at Sushi Azabu.

Please DM for inquiries and more details.

写真 2018-10-18 20 53 45

写真 2018-10-18 21 19 08

写真 2018-10-18 22 42 44



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-19 10 38 07



Next