Archives

2018年12月

写真 2018-11-18 19 02 34

写真 2018-12-16 20 15 59


ニューヨークで、レストランの開業を手伝うようになって10数年。
これまでたくさんのシェフやスタッフと御一緒してきた。

労働ビザ関係や会社の異動で帰国したメンバーもいるけれど、
その多くは今でもニューヨークで活躍している。

マンハッタンでは、唯一の定休が日曜日というお店が多いから、
シェフ達が集まれるのは、平日閉店後の遅い時間か日曜日のみ。

だから、日曜日の夜は「シェフ・ナイト」。
我が家は築年数の古いアパートだけれど、皆が集まってくれる。
好きな食材を持ち寄って、自由に作って、食べて飲んで喋る。

私はもうとっくに現場を離れているのに、
長い年月ずっと変わらずに、こうして慕ってくれるのが嬉しくて。

仲間がいることの心強さと有り難さを、しみじみと噛み締めている。
お金で買えない信頼関係は、一朝一夕で築き上げるものではなくて、
変わらぬ距離感で、大切に、大切に育んでいくものだと。

新しいことを始めること。具体的に動く勇気。
そこにかけがえのない仲間がいるということ。

素敵な時間を共有できる仲間たちに、感謝をこめて。

写真 2018-11-18 19 36 49

写真 2018-11-18 19 14 55

写真 2018-11-18 19 15 07


Ten years have passed since I started helping restaurant opening in New York.
I have worked with a lot of chefs and staff.

Although some members have returned to Japan due to labor visa relations and company transfers,
Many of them are still active in New York.

In Manhattan, there are many restaurants where the only regular holiday is Sunday,
Chefs can get together only late hours after closing on weekdays or Sunday.

So, we hold "Chef's Night" on Sunday night.
Our home is an old apartment building, but everyone gathers.
Chefs bring their favorite ingredients, make it freely, eat and drink and talk.

I am already leaving the site,
I am glad that they visit us like this for many years.

I am feeling on the strength of having tight friends.
The relationship of trust that cannot be bought with money is not one to build up in a day,
It can be constructed in a constant distance, carefully and carefully.

To start a new thing. Courage to move concretely.
That there is an irreplaceable companion there.

Grateful to my fellows who can share nice time.

写真 2018-12-16 19 49 15



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-18 19 47 59

写真 2018-12-16 21 42 39
Next

写真 2018-12-13 8 41 20


デュッセルドルフは、ドイツ国内で日系人が一番多く住む街。
そこから車で50分ほど、オーバーハウゼンという街に、
「ドイツ国際平和村」がある。
1967年、ドイツ市民の手によって作られた人道支援団体、NGO。
今年、創立51周年を迎えた。

紛争や貧困によって、たくさんの子どもたちが傷付いている。
母国では治療を受けることができない子どもたちを、
ドイツ国内に運んで、手術や治療を受けさせる。
そして母国に返すまでのリハビリ期間、子どもたちが一緒に過ごす場所。
それが「ドイツ国際平和村」。

アンゴラ、アフガニスタン、アルメニア、タジキスタン、ウズベキスタン、グルジアなどから、
子どもたちがやってくる。
初めは言葉を話せなかった子どもも、3ヶ月もすればドイツ語で交流する。

パスポートを持たない子どもも受け入れる。
移民や難民を増やすことはしない。
治療を受けた子どもたちを、必ず自国に返すというルールがある。
ドイツ政府が、目をつぶって市民団体の活動をサポートしているという事実。

平和村のホームページに、こんな言葉がある。
「平和はやってくるものではない。人間が築いていくもの」
まさに、その通りだと思う。
戦争が終わったからといって、すぐに平和がやってくるわけではない。
ベトナム戦争が残していった地雷で、いまだに被害者が出ているように。
内戦や紛争、そして富裕国の支配による貧困が発生している。
平和を作るのは国であり、それは人間が作るもの。
国がやらないなら、民間がやるしかない。

手足を失った子どもや、大火傷を負った子ども。
極度の栄養失調や不衛生から、骨髄炎を患っている子も多い。
一見すると健康そうに見えても、みんな身体のどこかが傷付いている。
目を覆いたくなるほど、傷付いている。
そして心には、もっと大きな傷を抱えている。

それでも平和村の子どもたちの笑顔は、無垢で屈託がない。
一度は信じられなくなったはずの大人たちとこの世界に、
また希望を持ってくれてありがとうと、頬をなでてあげたい。

11月にアンゴラから来たばかりの小さな女の子「イザベラ」。
生年月日も定かでないから、およそ2歳を過ぎた頃だろうか。
公園の隅に座ったまま、何かに怯えているかのように、表情がない。
言葉もわからず、怖いよね。
今はまだ不安だよね。
でもきっと3ヶ月後には、思いっきり笑顔を浮かべているに違いない。

年少組のグループで、私にとてもなついていた子どもがいた。
やはりアンゴラから来た、4歳ぐらいの男の子。
顔に大火傷を負って、目も鼻も口も、生まれた時の姿をとどめていない。
誰が見てもぎょっとするくらい、皮膚もパーツも、顔のすべてを失っている。
でも、変形したままの瞼の向こうに、黒い瞳があることに、
私は安堵した。
君には、この世界が見えているんだね。

そうだよ。自分がどんな風に思われるかが大事なんじゃない。
君の見ている世界が、いつまでも美しいモノであるように。
大人はそこに責任を持たないといけなんだ。

今回、ニューヨークと東京から集まった視察メンバー。
敬子さんは、アイディアマン。
不衛生な環境から命を落とすことの多い国や地域の子どもたちに、石鹸を配っている。
彼女は台風の目。周囲をすべて巻き込むパワーの持ち主。
nicotan soap HP
のぞみさんは、生徒会長のような存在。
2011年から世界の子どもたちを人形で繋ぐ活動をしている。
次世代を繋ぐ活動のプロフェッショナル。
MSTERIO HP
美智代さんは、庶務と外交のエキスパート。
子宮頸がんという御自身の経験から、健康と平和を世に伝える才女。
Think Pearl HP
そして私は、皆が外に放ったモノをもう一度拾い集める交通整理係。
いろんな人と想いを繋ぐ役、というところだろうか。

このメンバーで、このタイミングで、ドイツに集まったことに、
とても大きな意味がある気がしている。
それぞれが「自分ができることをやる」だけでなく、
同じベクトルに向けて、具体的な行動を起こせるチカラがある。

大人の私たちが、子どもたちにできることがある。
日本人の私たちだから、できることがある。
ドイツやアメリカにできて、日本にできないことを、
これから一緒にやっていくために。

ドイツからの帰り道。
静かに滑走路をクルーズし始めた飛行機の窓から、曇り空を眺める。
今にも泣き出しそうな空も、突き抜けるような青空も、全部好き。
いつか娘に見せてあげたい。

この空を。この空と海と地球を。
美しく、守らないといけない。

我が娘にすら光を分けてあげられない母親だけれど、
私にできることをやるから、背中を感じていてください。

私たちは、早くも次の活動を始めている。
具体的に動くことだけが、次の一歩に繋がると信じているから。

来年は、「平和会議」と「地球こどもサミット」を開催します。
そして私たちの夢であった「Japan国際平和こども王国」設立に向けて、
着々と準備を進めています。
「目の前で困っている人がいたら、手を差し伸べること」を実行していきます。

だから、皆さんのチカラを、少しだけ私たちに貸してください。
子どもたちの未来のために、大人ができることを。

ドイツ国際平和村 HP(日本語あり)
写真 2018-12-13 20 59 00

写真 2018-12-14 15 58 56


Düsseldorf is the town where Japanese people live the most in Germany.
Oberhausen is the city about 50 minutes by car from there,
There is "Friedensdorf International / Germany International Peace Village" there.
In 1967, a humanitarian organization organized by German citizens.
This year marked the 51st anniversary of its founding.

Many children are injured by conflict and poverty in the world.
For children who cannot receive treatment in their home country,
They take them to Germany and let get surgery and treatment.
And the rehabilitation period until returning to their home country, the place the children spend together.
That is "Friedensdorf International / Germany International Peace Village".

Children come from Angola, Afghanistan, Armenia, Tajikistan, Uzbekistan, Georgien, and others.
Even children who did not speak the language at first can exchange in German in three months.

They accept children who do not have passport.
They will not increase immigrants or refugees.
There is a rule to return children who received treatment to their own country without fail.
The fact that the German government is closing eyes and supporting civic groups' activities.

On the homepage of Peace Village, there is such a word.
"Peace is not coming, something that human beings build"
Indeed, I think it is true.
Even if the war is over, peace will not come soon.
The Vietnam War left the landmines, the victims are still out.
Civil wars and conflicts, and poverty due to domination of wealthy nations are occurring.
Peace should be made by the country/government, it is what human beings make.
If the government does not do it, the private sector do it.

Child who lost limbs and children who suffered a big burn.
Because of extreme malnutrition and unsanitary conditions, many children suffer from osteomyelitis.
Even if it seems healthy at first sight, everyone has been injured somewhere in the body.
The more you want to cover your eyes, they are wounded.
And they have a bigger scar in their mind.

Still, the smile of children in Peace Village is innocent and carefree.
Once they might could not believe with adults and this world.
But now I thank that they are having hope.

'Isabella' is a little girl who just came from Angola in November.
Since her birth date is also unknown, it is about time she passed around 2 years old.
Sitting in the corner of the park, as if being frightened by something, there is no facial expression.
She does not understand the words, it's scary.
She is still anxious now.
But after three months, I'm sure you will get a real smile.

In a group of young kids, there was a boy who stick with me.
He was from Angola, and about 4 years old.
He suffered a big burn on his face, eyes, nose and mouth; he was totally different appearance that he was born.
As everybody would be surprised, he lost all his face and parts as well.
However, there was black eyes behind the eyelids that remained deformed, I was relieved.
He can see the world.

That's right. It does not matter how people think you are.
The world that you are seeing must be a beautiful forever.
Adults must be responsible there.

This time, the tour members gathered from New York and Tokyo.
Keiko is an idea woman.
She is giving soap to children who may lose their lives from an unsanitary environment.
She is the eyes of the typhoon. She has the power to involve all around.
nicotan soap HP
Nozomi is kind of the student council president.
Since 2011 she has been engaged in connecting the world's children with dolls.
She is a professional of activities connecting the next generation.
MSTERIO HP
https://www.msterio.org/
Mr. Michiyo is an expert in general affairs and diplomacy.
She has a talent who conveys health and peace to the world from his own experience of cervical cancer.
Think Pearl HP
And I guess I am a traffic control staff who collects things that everyone released to the outside again.
Also, I might have a connecting mission with people and thought.

With this member, at this timing, gathering in Germany,
All we feel we have a very big meaning.
Not only each "I do what I can do",
Towards the same vector, every members has a power that can make concrete action.

There is something we adults can do for children.
Because we are Japanese people, there are things we can do.
Being able to do in Germany and America, what we cannot do in Japan,
In order to do it together now.

On the way home from Germany.
Gently I looked at the cloudy sky from the window of the airplane that began to cruise the runway.
I like the sky that is about to rain, but also the blue sky that goes to the heaven.
I want to show the sky to my daughter someday.

This sky. This sky, the ocean and the earth.
We have to keep them beautiful.

I'm a mother who cannot divide the light even for my daughter.
But I will do what I can, so please feel my back.

We have already started the next activity.
Because we believe that only specific movements will lead to the next step.

Next year, we will host "Peace Conference" and "The Earth Children Summit".
And for the establishment of "Japan International Peace Children's Kingdom" which is our dream, we are steadily preparing for it.
We will carry out, " If there is a person in need of trouble in front of you, you reach out."

So please lend it to us a little bit of your power.
For the future of children, we shall do what adults can do.

Nozomi Dolls

写真提供:ドイツ国際平和村(無断転載を禁じます)
All copyrights reserved by Friedensdorf International.

Friededsdorf International HP (English)

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-14 15 57 36

写真 2018-12-14 15 56 48

Next

写真 2018-12-03 2 13 53


最終日。
まだやるべきことはたくさんあるのに、
敬子さん親子と美智代さんを残してニューヨークに戻る後ろめたさ。

私が帰宅予定の日に夫が日本出張に出ることになり、
次女のお迎えも夕飯の用意も、すべて長男が担当。
日付の変わらないうちに、子どもたちの待つ自宅に無事たどり着かないと。

朝、妙子さんが車で駅まで送ってくださる。
今回の視察で本当にお世話になった妙子さん。
14年前にドイツに渡り、ドイツ国際平和村のボランティアを経て、
今は職員として村の運営に関わっている。
6歳のお嬢さんを育てながら、平和村の子どもたちを見守る日々。

重複障害を抱えた娘を育てながら、ゴールはどこにあるのだろうと思う。
妙子さんも、そんな思いに悩んだこともあるという。
自国に帰っていく彼らを後追いしてはいけないというルールがある。
どんなに思い入れがある子どもでも、その先どうなったのか、
健康で生きているのだろうか、両親と会えたのだろうか、
その答えを受け取れないという歯がゆさ。

妙子さんのやりがいは「自国に帰っていく子どもの笑顔」だという。
今年で創立51周年を迎えた「ドイツ国際平和村」の目的は、
長く続けることではない。
戦争がなくなって、貧困がなくなって、
村がなくなることが、最終ゴールなのだと。

これだけ長い年月をかけて、組織が出来上がった。
平和村の今の姿を知らないまま、見届けられないままに、
すでにこの世に存在しない命もたくさんあるだろう。

人生の折り返し地点を過ぎてしまった私たちに、何ができるのだろう。
たくさんの想いが巡るだけで、アウトプットができない。
1つ言えるのは、妙子さんとの出会い、そしてトーマスとの出会いが、
今後の人生に必ず大きく影響してくる予感がしていること。

心配していた朝の渋滞もそれほどひどくなく、
予定通りに近くの駅に到着した。
ここからローカル列車に乗って、デュッセルドルフ空港に向かう。
前日にチケットを買って、列車が来るまでと、
駅のホームで一緒に待ってくれる妙子さんの優しさに、心が洗われる。

滞在中に何かレポートをと思ってSNS投稿をすると、
「自分にできることがあったらお手伝いします」というコメントが圧倒的に多い。
コメントを寄せてくれるだけで、まず第一段階。とても嬉しい。
関心を持ってくれて、そこに「コメントを書く」という行動が伴う。
きっとその人たちは、「自分にできること」を探して、行動してくれる人たち。

「何かできることがあったら言ってね」というエールが何より苦手。
「助けてと言う=人に迷惑をかける勇気を持つこと」の方がよほど厳しい。
本当の痛みを経験した人は、きっとその気持ちを知っているから、
具体的に自分ができることを、申し出てくれる。

時刻表より5分遅れで、列車がホームにやってきた。
妙子さんとの別れを惜しみ、二階建ての列車に乗り込む。
とても大切なものを置き忘れてきたような、胸が引き裂かれるような思い。

まず、家に帰ろう。子供たちが待っている。
守るべきものは、たくさんある。

写真 2018-12-03 2 13 45


It was last day.
There were still many things to do,
but I had to leave Keiko & Kai and Michiyo behind, and back to New York.

My husband was going to go to the business trip to Japan on the day I planed to go home.
The eldest son was in charge of picking up the second daughter and preparing dinner.
Before changing the date, I must arrive safely at home where the children wait.

In the morning, Taeko sent me to the station by car.
Taeko who truly helped us during this visit.
She came to Germany 14 years ago, and after volunteering at " Friedensdorf International / German International Peace Village",
she is now involved in the management of the village as a staff member.
Every day she takes care of children in Peace Village while raising a 6-year-old daughter.

While raising up a daughter with multiple obstacles, I sometimes wonder where the goal is.
Taeko said that she also suffered from such thought, too.
There is a rule that you should not ask children's status after they back home.
No matter how much you have a will to a child,
she wonders if he/she was able to meet his/her parents , living in health,
It is tough she cannot receive the answer.

Taeko's motivation is "a smiling face of a child when they return to their country."
The purpose of the "Germany International Peace Village" ,celebrating its 51st anniversary this year, is not to keep on long.
As war gone, poverty ceased,
It is the final goal that the village disappears.

Over the years these organizations were completed.
Without knowing the current figure of Peace Village,
there will be lives that have not existed in this world already.

What can we do, even we have passed the half point of life, ?
Just going through a lot of thoughts, I cannot do output.
One thing I can say is that I was happy I encountered Taeko and Thomas.
What I feel is that that will surely influence my life in the future.

The traffic congestion in the morning we were worried was not too bad,
we arrived at a nearby station as scheduled.
From here I take a local train and head for Dusseldorf airport.
Taeko bought a ticket for me the day before.
My heart was washed by the kindness of her who waited together at the station's home until the train arrived.

When we post SNS with thought of some sort of report,
There are overwhelmingly many comments that "I will help you if you have something that I can do."
Having the comments is the first step. Very happy.
It has interest and accompanies the action "write comment" there.
That people are surely looking for what they can do.

I do not like the ale that says "Please tell me if you have something I can do".
"Asking to help = Having the courage to disturb people" is more harder.
Those who experienced real pain, surely they know the feelings.
So they will offer some specific things that they can do.

The train came home, five minutes behind the schedule.
I was regretting separation with Taeko, I got on a two-story train.
Like I've left very important things behind, I felt like breaking my heart.

Well, let's go home. My kids are waiting.
There are many things I have to protect.

写真 2018-12-05 9 09 09



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-30 19 49 17
Next

写真 2018-12-02 4 16 02


日曜日。朝から冷たい雨が激しく降っている。
ロンドンに向かうのぞみさん御夫妻を見送って、
「ドイツ国際平和村」本部での勉強会。

これまでに日系メディアで取り上げられた平和村のDVDを鑑賞する。
今年で51周年を迎える平和村が、創立27周年の頃にNHKの取材を受けている。
妙子さんが、この平和村に来る10年以上前の出来事。

その後、いくつかの民放局が取り上げているが、
それでもまだまだ認知度が低いのは、なぜだろう。

2001年米国同時多発テロの後、アメリカはアフガニスタンを攻撃した。
その時のシーンや、街の廃墟が映し出される度に、とても複雑な気持ちになる。
今、アメリカという国に住んでいる私が、ここにいて良いのだろうか?という罪悪感でいっぱいになる。

そんな気持ちを伝えると、敬子さんがひとこと。
「だからこそ、これから先のことを考えましょう」と。
大人が決めた戦争で、傷付くのは子どもたち。
大人の私たちが、子ども世代に出来ることをやらなければと。

私が今ここにいる意味は何だろう。
ニューヨークのブロードウェイミュージカル「アラジン」を観た時に、
隣りの席に座っていたのが敬子さんだった。
あれよあれよという間に、彼女の行動力に惹かれ、巻き込まれ、
夏には「地球こどもサミット」を開催した。

アメリカに住む日本人として、私や我が子たちが伝えられるものが、
きっとたくさんあると実感した。
アメリカで障害児を育てる母として、その家族として、たすきを繋いでいこう。

「ドイツ国際平和村」の視察メンバーと、私の感想は、きっと少し違っているかもしれない。
ここにいる子どもたちは、なんて幸せなんだろうと思うのは、私だけだろうか。
ここに辿り着いた強運を持ち帰って、将来は平和の大使になっていくのだろう。

重複障害を持って生まれた娘を抱いて、ニューヨーク内外の病院を渡り歩いた時、
ニューヨーク大学の権威に辿り着いた。
自費と医療保険を使って、なんとか娘に最善の治療を受けさせたいと彷徨い歩いた。
しかしそこで、いろんな寄付金を使って治療を受けている子どもたちがたくさんいることを知った。
本来なら何万ドル、何十万ドルもする外科手術。
すぐに生命の危機に直結しなくとも、子どもが生きていく上で必要な手術がある。
米国の病院は、大企業や富裕層からの寄付金で成り立っている部分が多く、
不特定多数の子どもたちに、そんな大手術をタダで受けさせてあげるシステムもある。

ドイツやアメリカにあって、日本にないもの、日本ができないもの。
前例がないからできないなら、前例を作るしかない。
ベトちゃん・ドクちゃんを救うことができた日本。
きっとできることがある。

単一国家、単一民族だから、他を受け入れることができない。
それならなぜ、国内にいる日本の子どもたちさえも、守ってあげられないのだろう。
たくさんの想いが溢れ出て、アウトプットできなくなる。

夕方、近所のモールに連れて行ってもらう。
日曜日でモールはお休みだけれど、クリスマスマーケットは開いていた。
たくさん可愛い物が溢れているのに、まったく購買意欲は湧いてこない。
私たちができることは何だろう。
ドイツにしては暖かい雨に打たれながら、その想いばかりが巡りめく。

平和村のディレクター・トーマス氏は、来夏に引退を考えているらしい。
30年以上に渡って、他国の子どもたちのために尽くしてきたトーマス氏。
彼のこれまでの想い、そしてこれからの想いを、もっとしっかり聞いてみたい。

ドイツやアメリカを手本に、日本で出来ることが、きっとある。
自分たちが、出来ることをやる。
まず知る、見る、感じる、そして伝える。

私たちは、すでに次のステージを考えている。

写真 2018-12-02 4 17 56

写真 2018-12-02 4 18 03


It was Sunday. Cold rain was falling violently from morning.
We sent off Nozomi and Joshua, heading for London,
and we studied at the headquarters of "Germany International Peace Village".

We watched the DVD of "Friednsdorf International / Peace Village" which was taken up in Japanese media so far.
Though the peace village celebrating its 51th anniversary this year, it has been interviewed by NHK around the 27th anniversary of its founding.
After it passed more than 10 years of broadcasting, Taeko came to Peace Village.

After that, several commercial broadcasters have taken up the village.
Still, why people still are not in awareness here ?

Because Japan is a single country, a single race, the government cannot accept others.
Then why even Japanese children in the country cannot be protected ?
A lot of thought overflows, I cannot be output.

In the evening, Taeko took us to the nearest mall.
The mall was closed on Sunday, but the Christmas market was open.
Even though there were plenty of cute things overflowing, the willingness to buy did not come up at all.
What's we can do ?
Only that thought goes round in my brain.
For Germany it was hit by warm rain.

After the September 11 terrorist attacks in the United States, the United States attacked Afghanistan.
Every time the scene at that time and the ruins of the city are displayed, I became a very complicated feeling.
I wonder I can stay here though I live in a country of the US. now?
I was full of guilt feeling.

When I told that kind of feeling, Keiko said.
"That's why we think about the future."
Children are injured by war which adults' decided.
We should do what adults can do for the child generation.

What's the meaning that I am here now?
When I saw Broadway musical "Aladdin" in New York,
Keiko was sitting next to me.
In the meantime, I had been attracted by her ability to act and I was caught up.
We held "The Earth Children Summit" together in the summer of this year.

I realized that there were surely a lot of things what my kids and we can convey as a Japanese living in the United States.
Let's connect people as a mother or a family of breeding children with disabilities in the United States.

My opinion may be slightly different from the other visiting members of "Germany International Peace Village".
I wonder how happy the children are here.
They will bring back the fortunes they have reached here, and will become the ambassador of peace in the future.

After my daughter was born with duplication disorder, my husband and I visited a lot of hospitals both inside and outside of New York,
we reached the authority of New York University.
We walked around wandering with our own expenses and medical insurance to manage my daughter somehow for the best treatment.
However, we learned that there were many children receiving treatment using various donations.
Surgery that would do tens of thousands of dollars, even hundreds of thousands of dollars.
Even if it does not lead directly to the crisis of life, there is operation necessary for the child to live.
Many parts of hospitals in the United States are made up of donations from large companies or high net worth individuals,
There are also systems that allow unspecified number of children to receive such major surgery with no free.

Germany and the United States can do things that are not in Japan, things that Japan cannot do.
If we cannot do it because there is no precedent, we only have to make a precedent.
Japan which was able to save Viet-chan & Doc-chan.
There is certainly something that we can be done.

The director of Peace village, Mr.Thomas Jacobs seems to be thinking of retiring next summer.
Mr. Thomas has been doing his best for children in other countries for over 30 years.
I would like to hear more of his feelings and future thoughts.

There is surely something that can be done in Japan, modeled from Germany and the United States.
We do what we can do.
First, know, watch, feel, and tell.

We are already considering the next stage.

写真 2018-12-02 4 18 11

写真 2018-12-02 4 18 20

写真 2018-12-02 4 18 26

All copy rights reserved by Friedensdorf International


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-02 8 25 22

写真 2018-12-02 8 41 09

写真 2018-12-02 10 38 08
Next

写真 2018-12-14 6 46 48

写真 2018-12-13 8 40 27

写真 2018-12-13 8 41 45


気持ちの良い、薄曇りの朝。
雨の予報だった天気も、この様子なら大丈夫だろうか。

昨日と同じ年少児のいる公園へ。
先に到着した私たちは、子どもたちの笑顔に引き寄せられてゲートの中へ。
後から到着した妙子さんに、「勝手に入ってはダメですよ」と叱られる。
当然のことだ。子どもたちと村の安全が第一。
規則に従わず、本当にごめんなさい!

午前中は、女の子を連れてセミナールームで「学びの時間」。
ニューヨークから持ち込んだたくさんのヘアアクセサリーを見せると、
彼女らの目がキラキラと輝いた。

「ショコラ」と呼ばれているアンゴラの女の子は、まだドイツ語が喋れない。
でも、周囲の子が、手を引いて、説明してくれる。
弱い者には優しくすること。
当たり前のルールが、ここにある。

みんなここぞとばかりに、髪飾りを頭に付け出す。
何か贈り物をする時に、不公平であってはならない。
必ず、その時にいる村の子供たちに平等に、何かをしないといけない。

「一人、5個までね」
すでに頭にたくさんヘアピンをつけた子に、そっと諭すと、
「部屋で待っているお友達に持って行ってあげるの」
そうだね。この思いやりの心を、大人が引き裂いてはいけない。

美智代さんが持ってきたオランダ生まれの編み糸「スパゲッティ」。
Tシャツの端切れで作った布テープで、女の子たちと「ミサンガ」を作る。

ここにいる子どもたちは、いずれ自国に帰って行く。
みんな、親の待つ国に、生まれた国に、帰りたいのだ。
その時に、少しでも出来ることがあったら、自信がつくのではないかなと、
たくさんの仕掛けを持ってきた。
手品もミサンガ作りも、きっと思い出だけで終わらない、何かに繋がるかもしれないと。

美智代さんが、両手を広げて、ミサンガの編み方を説明する。
みんな「難しいね」と言う。
でも「できない」とは言わない。
指のない子や、火傷で指がくっついている子が、必死でミサンガを編む。
胸に突き刺さる光景だった。
このシーンを、世界に伝えないといけない。

近所のデリのようなお店で軽くランチ。
テイクアウトに並ぶ人の列。
ドイツ料理、ここでも美味しい。

午後からは、今回のメインイベント、2年に一度のホリデーバザーが始まる。
私たちのブースでは、着物をリメイクしたドレスやチュニックも販売。
毎回、ドイツ国際平和村のために寄付してくださる日系人がいらっしゃるという。
少し小雨が降り出したが、屋外ブースにも食料やドリンクが並び、近隣の方々が集まり出していた。

忙しくなる前にと、平和村のディレクター・トーマス・ヤコブス氏としばしの対談。
彼は少し英語ができることが嬉しい。一気に距離感が縮まった感がした。
今回の視察メンバーから集めた、僅かながらの寄付金を贈呈。

午後3時、年少組の子どもたちのお遊戯を、最前列で見つめる。
親元を離れて、元気に歌う子どもたちの姿を見るだけで、涙が止まらない。
前でしゃがんでいた敬子さんが、振り向いた。
彼女も泣いていた。

手がなかったり、足がなかったり、顔中に火傷を負っていたり。
でも、ここに来られた君たちは、本当に運が強い。
こんなに元気に歌っている姿を、きっと君たちの両親に見せてあげたい。
早くお家に帰るんだよ。
そんなことを思っていた。

私たちの手品ブースは大盛況で、思わぬ反響に、私たちがビックリ。
「マギー」(手品)
「アインス、ツヴァイ、ドライ」(1、2、3)
これだけのドイツ語で、こんなにたくさんの人が喜んでくれるとは思わなかった。
いや、みんなそこに「愛」があるから、笑ってくれるんだ。

手品の成功体験をさせてあげると、みんな2ユーロでグッズを買ってくれる。
100均ショップで仕入れて、手品を見せて2ユーロの売り上げ。悪くない。
いや、大成功だ。
私たちのブースが、どこよりも盛り上がっている。
みんな、笑顔が溢れている。
一番最初に売れたのは、私たちがかぶっていたトナカイの角がついたキャップだったっけ。
ドイツの人たちは、あたたかい。
売り上げはすべて、平和村の活動資金にあてていただこう。

夜8時過ぎ、ホットワインでお疲れ様をして、ホテルへ戻る。
日本から来たメンバーは、時差疲れもあって、夜が早い。
夕飯抜きで、そのまま解散して、各部屋へ。

今日も本当にお疲れ様。
私はなんだか気持ちが高ぶっていて、眠れない。

写真 2018-12-01 8 39 59

写真 2018-11-30 21 53 16

写真 2018-12-01 14 28 53

写真 2018-12-01 10 40 43

写真 2018-12-01 9 02 05

写真 2018-12-01 10 53 48

写真 2018-12-01 10 54 08

写真 2018-12-01 11 05 11


It was little comfy, cloudy morning.
Hope it would be okay, though the weather forecast said it will rain.

We were at the park where the same young boy as yesterday was.
As we arrived earlier, we were attracted by the smiles of children and got into the gate.
Taeko who arrived afterwards told us "Please do not enter without the permission."
It was obvious. Children and village safety was the first.
We were very sorry!

In the morning, we took a girl and had a "learning time" in the seminar room.
When we showed a lot of hair accessories brought from New York, their eyes glittered.

Angola girls called "chocolat" still cannot speak German.
But the surrounding child drew hands and explained.
Be gentle to the weak. The obvious rule is here.

Everyone got a hair accessary on the head.
We should not be unfair when we give something to children.
We should be sure to do something equally to the children of the village.

"Up to five per one person"
When I gently said to a girl who has already attached a lot of hairpins on her head,
"I will bring these to my friends waiting in the room"
Yeah. Adults should not tore this heart of compassion.

Michiyo brought the Netherlands-born yarn "Spaghetti".
We made 'Misanga' with girls with cloth tape made from T - shirt 's end.

Children here are going back to home country.
Everyone wants to return to the country where they were born, in the country the parents wait for.
At that time, if there is something that can be done even a little, they can feel confident, so we brought a lot of tricks.
Magic tricks and Misanga making, maybe it will lead to something that does not end only with memories.

Michiyo spread both hands and explained how to knit Misanga.
Everyone said "It's difficult". But nobody said "I cannot do it".
A child without a finger and a child stuck with a finger due to heavy burns desperately knitted Misanga.
It was a scene stabbed in my mind. I have to tell this scene to the world.

We had light lunch at a shop like a neighborhood deli.
A row of people who lined up in takeout. German cuisine, delicious again here.

From the afternoon, this tour's main event, Holiday bazaar , which holds once every two years, started.
At our booth, we also sold dresses and tunics remade of kimono.
Every time, there are Japanese people donating for the purpose of the activities of the German International Peace Village.
A little light rain started off, but food and drinks were also arranged in the outdoor booth, and neighboring people gathered.

Before getting busy, We talked a moment with Mr. Thomas Jakobs, a director of Peace Village.
I was glad that he could speak a little English. I felt the distance feeling shrunk at once.
We gave him a small amount of donation from us.

From 3 p.m., we watched the song show of younger children.
Just seeing the children who sang energetically, away from their parents, I could not stop tears.
Keiko, who was crouching in front, turned around. She was also crying.

One boy has no hand, other boy has no leg, another boy is suffer a burn in his face.
But you guys who are here are really lucky.
I'd like to show your parents that you are singing so energetically.
Get home soon, you guys.
I was thinking of such a thing.

Our magic booth was a great success, and we were surprised at the unexpected response.
"Magie" (Magic)
"Eins, Zwei, Drei" (1.2.3)
We used only that German, we did not think that we made so many people pleased.
Yes, There had "love" there, so they laughed.

Once we let guest the magic experience in succeed, everyone bought magic goods with 2 euros.
We purchased them at 100 yen shops, showed magic tricks and sold 2 euros. not bad.
Yes, it was a great success.
Our booth was more exciting than anywhere.
Everyone was full of smiles.
The first things we sold were the cap with the horn of the reindeer wthat we wore.
People in Germany are tender.
We asked to apply all sales to the activities of Peace Village.

After 8 o'clock, we cheered with hot wine for thank for good work, and returned to the hotel.
Members who came from Japan had jet lags, and the night was early.
Without having dinner, we came to each room.

I was really happy today.
I felt like somehow and I could not sleep.

写真 2018-12-01 9 16 07
写真 2018-12-01 9 41 22

写真 2018-12-13 8 42 21

写真 2018-12-13 8 42 36

All copy rights by Friedensdorf International


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-01 14 28 56

写真 2018-12-01 16 46 37

写真 2018-12-13 8 42 06






Next

写真 2018-12-13 8 41 37

写真 2018-12-13 8 41 41

写真 2018-12-13 8 41 54

写真 2018-11-30 11 19 50


ドイツの朝は遅い。
同室の美智代さんは、時差で午前3時から目覚めていたようだ。
いつまでたっても夜が明けない冬のドイツに、みんなテンションは低め。
ニューヨークに比べると、はるかに気温は高いけれど、
それでも日本の真冬ぐらいの寒さだろうか。
朝食を取ると、妙子さんが迎えに来てくれた。

世界平和を祈って「ヒロシマ通り」と名付けられた道路が、平和村への入り口。
近隣の村人たちが、子どもたちへの寄付物資を入れる箱が設置されている。
平和村のロゴが、アメリカのUSPS(郵便局)とよく似たフォントで、
なんとも言えない複雑な気持ちになってしまった。

保健局の規制により、一般人は子どもたちが生活する建物には入れない。
天気が良ければ、彼らが外に出て遊んでいる姿を見られるのだという。
空には厚い雲がかかっていたけれど、雨は降っていない。
スロープのかかった坂道をのぼると、子どもたちが笑顔で迎えてくれた。

「ハロー」それ以上の言葉が交わせない。
ドイツ語の予習をして来なかったことが悔やまれる。

聞いていた通り、杖をついたり、車イスの子どもが多い。
顔中に火傷を負った子どもや、足を引きずる子どももいる。
一番奥の柵で囲まれたヤードで、年少組の子どもたちと触れ合う。
11月に平和村に来たばかりの子は、無表情で、会話に反応もしない。
親から離れて、言葉の分からない場所で、
どんなにか不安だろうと思うだけで、涙が出てしまう。

食堂に案内されると、小学校低学年ぐらいの子どもたちが、
クッキーが焼き上がるのを待っていた。
宗教の関係もあり、ここでは男女は別々に授業を受ける。
私たちが声をかけると、みんな笑顔で大喜びする。
写真を撮ってとおねだりする。
顔に大きな障害を持った子どもが、自分の写真を見て大喜びするシーンに、
私は胸が熱くなった。みんな、ちゃんと自分の姿を受け入れているのだと。

私は長女が生まれた時、その現実をなかなか受け入れられないでいた。
幼少期に撮った写真が極端に少ないのも、
きっと母親として顔に障害を持った我が子の姿を直視できなかった弱さから。
藁にもすがる気持ちで、病院を探して回った日々が思い出される。

ここにいる子どもたちの母親は、どんな気持ちで我が子を送り出したのだろう。
ドイツの優れた医療が、我が子を救ってくれると希望を託しているに違いない。

セミナールームで、「ドイツ国際平和村」について学ぶ。
その歴史、経緯、これまでのこと。
なぜドイツ政府が目をつぶって、パスポートのない子どもたちを受け入れているのか。
たくさんのことを考えさせられる。
子どもたちは、希望を持ってこの国にやって来て、希望を持って自国に帰って行く。
戦争とは何だろう。国境とは、人種とは何だろう。そして親の存在とは。
セミナールームを出ると、また子どもたちが無邪気に手をふってくれる。

近隣のお店で昼食。ドイツ料理ってこんなに美味しかっただろうか。
乗務員時代に滞在したドイツでは、ソーセージとザワークラウトしか思い出がない。
水分の少ない乾いたパン、ボソボソした芋料理、もうそんな時代は終わったのだと痛感する。

平和村に戻って、明日のバザーの準備をする。
1年がかりで準備してきた他のブースに比べて、私たちのブースはやや寂しい。
「地球こどもサミット」と「Think Pearl」、そして日米の国旗。
クリスマスツリーに、のぞみさんが運んできたMSTERIOのドールを飾ったら、
ずいぶんと賑やかになってきた。

明日はここで手品を披露しよう。
単語しか知らないドイツ語で、笑いを取れたらこっちのものだから。
ジョッシュ(のぞみさんの御主人)もワインコルクの手品でスタンバイ。
きっと明日、ここで奇跡が起きる。

夜、ニュルンベルクのクリスマスマーケットへ。
ドイツ人の身体の大きさと食べる量の多さに再び驚きながら、
地球の裏側でお腹を空かせている子どもたちを思う。
ホットワインで身体を温めて、明日の成功を祈る。

写真 2018-12-13 8 43 11

写真 2018-11-30 11 27 09

写真 2018-11-30 11 30 29

写真 2018-12-13 8 43 07

写真 2018-11-30 12 05 08

写真 2018-11-30 15 53 21


German morning starts late.
Michiyo in the same room was awake from 3 am because of the time difference.
Since we did not see the sun early morning in winter in Germany, we did not feel so fine.
Compared with New York, the temperature was much higher.
But it was still cold in Japan about midwinter.
After we had breakfast, Taeko came to pick us up.

The road named "Hiroshima street" praying for world peace was the entrance to Peace Village.
The neighboring villagers have set up boxes for donation to children.
Peace village logo was a font similar to USPS (post office) in the United States,
It became a complicated feeling that I could not say anything.

Under the regulation of the Health Department, the general public cannot enter the building where the children live.
It is said that if the weather is nice, they can see the appearance they are going out and playing.
There was a thick cloud in the sky, but it was not raining.
As we climbed the sloping slope, the children greeted us with a smile.

"Hello" I could not say any more words.
It was regretful that I did not prepare studying German.

As I had heard, there were many children with wheelchairs and canes.
Children who suffered burns in their faces and children who drag their feet.
We interacted with the children of the younger group at a yard surrounded by the fence.
A child who just came to Peace Village in November was expressionless and did not respond to conversation.
They are apart from their parents, in places they do not understand words.
Just thinking their worries, my tears came out.

When guided to the dining hall, children around elementary school lower grade age,
they were waiting for cookies to bake.
Religious relations are also present, and boys and girls take classes separately here.
When we spoke to them, they all rejoiced with a smile.
They asked us to take pictures.
In a scene where a child with a big obstacle on his face delighted to see his photo, I got heartful.
Everyone was accepting his own figure properly.

I could hardly accept that reality when my eldest daughter was born.
The picture taken in early childhood was extremely little,
since the weakness as a mother that I could not look directly at the sight of my child with disabilities on her face.
With the feeling like crutching even at straws, I remember the days I spent looking for a hospital.

I guess how the mothers of the children felt when they sent out their children to here.
They hope the excellent medical care in Germany rescue their children.

We learned about 'German International Peace Village' in the seminar room.
Its origin, history, memory, so far.
Why has the German government closed their eyes and accept children without passports?
It made me think of lots of things.
Children come to this country with hope and go home with hope.
What is war? What is a border? What's race? And what's parents' existence.
When we left the seminar room, children also innocently wove their hands.

We had lunch at a local shop. I was surprised German cuisine was such delicious.
In Germany when I stayed in the crew era, only sausages and sauerkraut were memories.
Dried bread with little moisture, sweet potato cuisine, I was acutely aware that such times had ended.

We returned to Peace Village and got ready for the bazaar of tomorrow.
Our booth was somewhat lonesome, compared to other booths they had prepared for a year.
We put "The Earth Children Summit" and "Think Pearl", and the flags of Japan and the United States.
After we decorated the MSTERIO doll, that Nozomi brought, on the Christmas tree, our booth had become quite lively.

Let's show magic tricks here tomorrow.
In German that only knows some words, it is success if we can make people laugh.
Joshua (Nozomi's husband) is also standby with wine cork magic trick.
Surely tomorrow, a miracle will happen here.

We went to the Christmas Market in Nuremberg at night.
I was surprised again by the size of the German body and the amount of food I eat,
I thought of the children who were hungry in the other side of the earth.
We heated the body with hot wine and prayed for tomorrow's success.

写真 2018-11-30 10 17 03

写真 2018-11-30 10 20 25

写真 2018-11-30 10 22 17

写真 2018-11-30 10 22 48

写真 2018-11-30 10 23 16

写真 2018-12-01 6 10 52

写真 2018-11-30 16 23 19

写真 2018-11-30 21 53 21 (1)

All copy rights by Friedensdorf International


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-30 18 44 23

写真 2018-11-30 18 52 15

写真 2018-11-30 18 53 48

写真 2018-11-30 19 12 00
Next

写真 2018-11-28 23 21 30


前夜はMIFUNEでのイベント、会計が締まったのが午前2時過ぎ。
帰宅して、2時間程仮眠をしたら、目覚ましが鳴った。
子供達の弁当を作り、学校に送り出し、慌ててパッキングをする。

「ドイツ国際平和村」の子供たちへ持っていくズボン40枚とヘア飾り、
手品グッズとワインコルク、折り紙と手ぬぐい。すでに箱はいっぱい。
自分用の着替えは、手持ちバッグに詰め込めるだけしか持てない。

直行便のフライトチケットを購入する余裕はなかったから、
アトランタ空港で乗り継いで、ドイツのデュッセルドルフ空港へ降り立った。
ニューヨークの自宅を出てから、すでに18時間が経過。
前夜の疲れで、機内で首がつった時には、この先の我が身を案じた。

入国審査も長蛇の列だったけれど、税関でもまた別室での尋問へ。
カッターで開封された段ボール箱には、衣類と雑貨がいっぱい。
「いったい、何の商売をするつもりだ?」と。
英語で説明するも、税関員さえ「ドイツ国際平和村」の存在を知らない。

ようやく解放されたゲートの向こう、平和村のスタッフ・妙子さんが待っていた。
初めてお会いするのに、親しみ深い笑顔で出迎えてくれたことが、本当に嬉しかった。

日本とニューヨークからの視察メンバー、それぞれと現地集合予定。
私が最初の到着だった。
チェックインまで時間があるからと、近くの町を案内してもらう。

第二次世界大戦の軌跡が残る建物や、カトリックの大聖堂。
石畳の続く町で、その歴史を肌で感じる。

なぜここに来たのだろう。
もう一度自分に問いかけていた時に、妙子さんが同じ質問をして来た。
隠す必要はないから、そのまま答える。
「重複障害の娘がいて、アメリカの教育や制度の中で暮らしていること。
我が子だけでなく、次世代を担う子どもたち世代へ繋げる活動を、日米で展開したいと考えていること。
「地球こどもサミット」のメンバーと築き上げている想いを、日本の皆さんへ伝えたいこと」

いろんな話をしているうちに、妙子さんがポツリと言った。
「私、美香さんの本を読みました。あの美香さんなんですね。
いつかお会いしたいと思っていました。御縁に感激です」
それなら、自分の話を詳細にする必要もきっとないだろう。
私はむしろ、14年前から「ドイツ国際平和村」のスタッフとして働いている妙子さんのことを、
もっと知りたくなった。

夕方、日本からのメンバーが合流した。
「地球こどもサミット」の主催者・敬子さんと息子のカイ君。
そして、この夏のサミットを一緒に作りあげた美智代さん。
妙子さんも一緒に明日からの動向を打ち合わせする。

夜遅い時間に、ニューヨークからロンドン経由で、のぞみさん御夫妻が到着。
全部で6名の視察団。明日からどんな物語が生まれるのだろうか。

写真 2018-11-29 11 06 20

写真 2018-11-29 11 08 03

写真 2018-11-29 11 11 03


I had an event at MIFUNE, and was off around 2 AM.
When I got home and took a nap for about 2 hours, the alarm clock rang.
I made lunch box for children, sent them to school, packed up my stuff in haste.

For the children of "Friedensdorf International / Germany International Peace Village", I will bring 40 pants, hair ornaments, magic merchandise, wine cork, origami, and towel.
Already my box was full.
Clothes for myself can only be packed in hand-carry bag.

Because I could not afford to purchase direct flight tickets,
I transited at the Atlanta Airport and got off at the Dusseldorf airport in Germany.
18 hours have already passed since I left my home in New York.
As I was too tired in the flight, when I've got a cramp in my neck, I was worried about my future.

There was a long line at the immigration examination, even at customs, I was asked to get an interrogation in another room.
The cardboard box opened with a cutter was full of clothing and miscellaneous goods.
"Are you planning to do business in Germany?"
I explained in English, even customs officials did not know the existence of "Friedensdorf International / Germany International Peace Village".

Beyond the gate which was finally released, Staff Taeko of Peace Village was waiting.
Though it was the first time to meet her, it was a great pleasure to meet her with a familiar smile.

I was the first arrival in the tour members who got here form New York and Japan.
Because there was time to check in, Taeko showed me around the town.

Building where the trajectory of World War II remains and Cathedral of Catholicism.
In the town where the stone pavement continues, I felt the history with my body & soul.

I wondered why I came here.
Taeko asked the same question me when I asked myself again.
There was no need to hide, so I answered as it was.
"I have a daughter who has multiple disabilities and we are living in American education and institution.
Thinking that I want to develop activities not only for my kids but also for children who will be responsible for the next generation in Japan and the US.
What I would like to convey our mission that are building up with members of 'the Earth Children Summit' to Japanese people."

While talking about various things, Taeko told me.
"Now I remember I read your book, you are the author, Mika-san, right ?
I am deeply happy to meet you by the edge."
In that case, I definitely did not need to detail my story.
Rather, I wanted to know more about Taeko who was working as a staff member of "German International Peace Village" from 14 years ago.

In the evening, members from Japan joined.
Keiko, the organizer of "the Earth Children's Summit", and his son Kai.
And Michiyo who made up this summer summit together.
Taeko and we together talked about the activities from tomorrow.

On late night, Nozomi and Joshua arrived from New York via London.
We are six members total of the observation team.
I guess what kind of story will be born from tomorrow.

写真 2018-11-29 11 14 19

写真 2018-11-29 11 16 23



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-30 10 03 46

All copy rights reserved by Friedensdorf International
Next

写真 2017-10-05 21 05 34


「この名刺を世界中で配って歩きます」
日本画家・山田みどり氏と交わした約束がある。

国境を越えて人と文化を繋いでいきたいという想いを込めて、
「BEADING 繋ぐ」という社名を掲げ、細々とビジネスを繋いできた私に、
彼女が1つの作品を描き下ろしてくださった。

天平文化の色使いに影響を受け、独自の画法で描く「ロンダ・アート」は、
たくさんの個性を持った人たちを、想いで繋ぐという趣旨にぴったりで、
私はそれをビジネスカードにして、たくさんの人に配ってきた。

大きなことは出来ないけれど、ここから会話が生まれるのが嬉しくて、
私はこれからもずっと、このカードを持って世界を旅して回ろうと思う。

「ロンダ・アート」のHPが更新されました。
美しきロンダの世界を、とくとご覧ください。

Please click here to see HP "RONDA".

写真 2018-11-28 9 42 13

写真 2018-11-28 9 43 29


"I will distribute this business card all over the world."
I have a promise with Mr. Midori Yamada, a Japanese artist.

With the desire to connect people and culture across national borders,
To name a company name "BEADING / connect".
She drew down one art work for me.

"Ronda Art" is influenced by color usage of Tempyo culture and draws in its own painting method.
As it perfectly matched for the purpose of connecting people with lots of individuality with feelings,
I made it a business card and distributed it to a lot of people.

I cannot do big things, but I'm happy to have conversation from here.
I will keep traveling around the world bringing this card now and in the future.

The HP of "Ronda Art" has been updated.
Please take a closer look at the world of beautiful Ronda.

Please click here to see HP "RONDA".

写真 2018-11-28 9 43 39



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-28 9 45 40
Next

「サンタコン」は、非営利目的のチャリティーイベント。
毎年5万ドルの寄付が、NPO団体には寄せられている。

でも、ただ仮装して飲んでいる若者も少なくない。
「サンタコン」に参加しているほとんどが州外からの人。
オリジナルのニューヨーカーたちは、あまりよく思っていない。

10ドルのチケットを買って、指定されたバーで飲んで、
最後は「指令」に従って大集合する。
昼間から大騒ぎして泥酔しているサンタクロースの集団を、
街は少し冷ややかな目で見ている。

今年は「マディソンスクウェアガーデン」が最終ゴール地点。
大きな騒動や逮捕劇のニュースは聞かなかったけれど、
サンタクロースを信じる子どもたちの夢が、少し奪われた土曜日。

写真 2018-12-08 14 57 04

写真 2018-12-08 14 57 32

写真 2018-12-08 14 58 16


"SantaCon" is a non-profit-oriented charity event.
A donation of 50,000 dollars a year is given to NPO organizations.

However, there are some young people who don't know the purpose.
Most of the participants in "SantaCon" are people from outside the province.
The original New Yorkers do not think it's good event.

They buy tickets for ten dollars, drink it in the designated bar,
Finally gather in accordance with the "command".
To a group of Santa Claus who is drunk with a big fuss from the day time,
New Yorkers are looking with a little cold eyes.

The final goal spot of this year was "Madison Square Garden".
Although I did not hear the big uproar or news of arrest play,
The dreams of the children who believe in Santa Claus was deprived of a little on last Saturday.

写真 2018-12-08 14 59 01

写真 2018-12-08 15 00 21

写真 2018-12-08 15 00 26



海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-12-11 12.30.17

©️SantaCon2018
Next

写真 2018-11-28 23 59 26


友人の紹介で知り合ったフローラルデザイナー永田絵梨子さん。
日本、パリ、ハワイ、ニューヨークと、華々しいキャリアを重ねてきた実力派。
パリのミシュラン星レストラン「Sola」のシェフ吉武広樹氏との御縁もあって、
ニューヨーク「MIFUNE」で木のインスタレーションも手がけている。

ブライダル会社のパンフレット撮影に御協力いただいたり、
先月は有田焼・香蘭社の花器にお花を活けていただいたり。
彼女のセンスと人柄とバイタリティーに惹かれて、
私も機会あると、彼女にお声がけさせていただいている。

そんな彼女が、ホリデーシーズンのポップアップショップツアーを展開中。
コラボ会場は、フランス系のハイセンスな眼鏡屋さん。
店内に飛び交うフランス語の心地よさに、ついつい長居してしまう。

クリスマスリース、テーブルセンター、押し花のフレームなど、
彼女のテイストを純粋に楽しめる作品がいっぱい。
生活に花を、心に彩りを。
週末ごとに開催中。ぜひ会場に足をお運びください。

写真 2018-12-08 16 38 51

写真 2018-12-08 16 39 00

写真 2018-12-08 16 37 30


I got to know Ms. Eriko Nagata, a floral designer, a few years ago.
She is a proficient designer who has worked extensively with Japan, Paris, Hawaii and New York.
There is our common friend, the chef Hiroki Yoshitake of Paris' Michelin star restaurant 'Sola'.
She is also handling the installation of wood at "MIFUNE" restaurant in New York, as Yoshitake is an executive chef of that restaurant.

We offered her to work in photographing brochure of bridal company last year.
Also, we asked her to join the event of Arita-porcelain to arrange flowers on the vase of Koran-sha.
Attracted by her sense, personality and vitality,
I ask to work with us when we have a chance.

Now she is having a popup shop tour of the holiday season.
The collaboration venue is a French high-end glasses shop.
I was there long time by hearing of comfy French language inside the store.

Christmas lease, table center, pressed flower frame etc,
There are lots of works that you purely enjoy her taste.
Please enjoy your life by adding flowers in life.
It is held every weekend. Please come to visit her event.

写真 2018-12-08 15 44 32

写真 2018-12-08 15 44 45


◆Sat 12/8 : Selima Optique Madison
899 Madison avenue,New York (11AM-7PM)

◆Sun 12/9 : Selima Optique Soho
59 Wooster street,New York (12PM-7PM)

◆Sun 12/16 : Selima Optique West village
9 Christopher street, New York (12PM-6PM)

◆Sat 12/22 : Bond 07 By Selima
7 Bond street,New York (11AM-7PM)

写真 2018-12-08 15 44 37

写真 2018-12-08 15 45 02

写真 2018-12-08 15 44 58



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-08 17 21 58
Next

元「嘉日」のシェフ大堂浩樹氏が、「大堂」を英語にした「HALL」、
カジュアルなバーフードを極めたビストロ&バーをオープン。
先月のオープニングレセプションには、溢れるほどの人々が押しかけた。

インテリアを担当したSIMPLICITYの緒方慎一郎氏は、
「WASARA」や「アンダーズ東京」のデザインでも有名。
音響関係にはあの有名な在米日系ミュージシャンが参加。
こじんまりとしたコージーな空間、まさに最高の「HALL」が演出されている。

朝は持ち帰りのできるパンとコーヒー、昼はサンドイッチとバーガー。
夕方17時以降のカクテルタイムでは、お酒に合うバーフード。
それぞれのメニューに、日本人シェフならではのテイストが見え隠れ、
業界屈指のバーテンダーたちが、驚くほどカッコイイのも印象的。

高級懐石料理の「odo」と「HALL」は、キッチンが繋がっていて、
常に大堂シェフの目の届くところで、出来立ての料理が提供される。

世界のグルメが注目する35歳日本人シェフの挑戦を、
この距離から応援し続けたい。

HALL
17 West 20th Street

写真 2018-11-08 20 32 12

写真 2018-11-08 20 32 02


Mr. Hiroki Odo, former the chef of "Kajitsu", "HALL" who made "Odo" in English,
Opened a casual bar hood bistro & bar.
To the opening reception last month, overflowing people pushed.

Mr. Shinichiro Ogata of SIMPLICITY who was in charge of the interior, is famous for the design of "WASARA" and "Andaz Tokyo".
A famous Japanese musician, lives in New York, participates in the music and sound system.
Small cozy space, exactly the best "HALL" has been produced.

They serve "to-go" coffee and pastries in the morning, sandwiches and burger at noon,
In the evening cocktail time after 17 o'clock, bar food that suits wine and cocktails.
In each menu, we feel the taste unique to Japanese chef,
The bartenders are surprisingly cool, too.

The luxury kaiseki restaurant "odo" and "HALL" are connected with the kitchen,
Always the fresh cuisine is offered where Chef Odo's eyes can reach.

To the challenge of a 35-years-old Japanese chef whose gourmet in the world is paying attention to,
I also want to keep supporting from this distance.

HALL
17 West 20th Street

写真 2018-11-08 20 21 12

写真 2018-11-08 20 20 18



海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-12-09 08.12.55

Next

写真 2018-12-05 20 45 51

写真 2018-12-05 21 40 16


「僕が27歳の時、美香さんが「応援するから、いつか一緒にやろうよ」と
言ってくださったこと、ずっと覚えているんです。
あんな小僧の夢を聞いてくれたことが、嬉しかったんです」
35歳になったシェフ大堂浩樹氏が、念願のお店をオープンさせた。

精進料理「嘉日」のシェフとして、ミシュラン星を獲得し続けた。
究極の懐石料理でニューヨーカーのグルメ達をうならせた後、
いつか自分のお店を開けたいのだと、ずっと腕を磨いて来た。

人を応援するというのは、細く長く、ずっと大事な関係を続けることだと思う。
ブームになってから飛び付くのではなく、その人に会い、好きになって、
ずっと変わらない距離感で、人に伝え続けることなのだと思う。

あの時の出会いとその想いを、シェフ大堂氏がずっと忘れないでいてくれて、
まだテストオープンの段階で、先にお披露目したいと声をかけてくれた。

シェフ大堂の名前から「HALL」と名付けられたバー&ビストロを抜ける。
扉の向こう側、最上級の空間でのおもてなし。それが「odo」。

バックに素晴らしいチカラがついているのも、
たくさんの仲間が彼を本当に支えたいとしているのも、
すべて彼自身の才能と実力と人望だから。

このタイミングでオープンできたのは、本当に幸先が良い。
素晴らしい料理と空間と想いを共にしたいから。
ニューヨークの新しい隠れ家で、新しい歴史が始まった。

*御予約はこちらから。

写真 2018-12-05 20 08 37

写真 2018-12-05 20 16 14

写真 2018-12-05 20 29 58

写真 2018-12-07 11 29 34


"When I was 27 years old, Mika says," I'll cheer, so let's do it together someday," I always remember what you said.
I was happy that you seriously encouraged me for the dream of such a boy. "
Mr. Hiroki Odo, a 35-year-old chef, finally opened his restaurant in New York.

As a chef of the vegetarian Japanese Kaiseki "Kajitsu", he continued to win Michelin stars.
After getting many fans of New Yorkers with the ultimate Kaiseki cuisine,
He had brushed his skill to open his own restaurant someday.

To cheering for people, I think that it is important to continue to be good relationship for a long time.
Not catching at the boom, from when you meet that person,
you should keep telling people, with a same sense of distance for a long time.

Chef Odo has been constantly remembering the encounter and the thought at that time,
Before the opening in public, he asked me to experience his new restaurant earlier.

You pass through the bar & bistro "HALL" named from the chef Odo.
Beyond the door, hospitality in the superlative space is produced. That's "odo".

There has a wonderful power of his supporters,
A lot of people want to support him truly.
All because of his own talent, ability and privilege.

He was truly auspicious that he opened his restaurant at this timing.
We will be able to share great cuisine and passion with great space.
At a new hideout in New York, a new history has begun.

Please click here to make reservation.

写真 2018-12-05 20 41 15

写真 2018-12-05 21 07 30

写真 2018-12-05 21 17 29

写真 2018-12-05 21 24 01

写真 2018-12-05 21 38 15

写真 2018-12-05 21 50 57

写真 2018-12-05 22 11 02



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-05 22 12 53

写真 2018-12-05 22 17 03

写真 2018-12-05 22 36 02

写真 2018-12-05 22 24 08

写真 2018-12-05 21 27 23

写真 2018-12-05 21 40 21
Next

写真 2018-11-18 22 55 32

©️Gohei Nishikawa

ピアニストのルービンシュタインが、道に迷った観光客に尋ねられた。
「すみません、カーネギーホールにはどうやって行くのですか?」
「練習して、練習して、さらに練習してください」

生涯をかけてカーネギーの舞台に上がる。
音楽業界に生きる人であれば、それがどれほどすごいことかを知っている。

銀座男声合唱団が、ピアニスト西川悟平氏を特別ゲストに招いて、
カーネギーのザッケンホールでリサイタルを開催した。
ホリデーシーズンを前にした日曜日の午後。
600名を収容する中ホールは、彼らを応援する人々でいっぱいになった。

アメリカンポップ、ミュージカルソング、ジャズなど、
親しみやすいナンバーの構成に、心がだんだん温まる。
癌で他界されたお父様の遺志を継いでカーネギーに立った団員が、
「歌うたいのバラッド」の後に、観客席の彼女にプロポーズ。
サプライズの企画も大成功して、舞台は盛り上がる。

最後は西川氏のピアノ演奏に誰もが魅了され、
スタンディングオベーションで舞台の幕が閉じた。

日本から来た合唱団が、こんな風に暖かく迎え入れられたこと。
裏方の御苦労を知るほどに、それがとても稀少であることを痛感。

一緒に行った子供たちが唯一発したリクエストは、
「アンコールは「We are the world.」を英語で歌いたかったね」

近い将来また、皆で世界を繋げる企画をしていきたい。
子供たちと一緒に、北風の吹くミッドタウンを後にした。

写真 2018-11-18 22 55 30

©️Gohei Nishikawa

Pianist Rubinstein was asked by tourist who lost his way.
"Pardon me sir, but how do I get to Carnegie Hall ?"
"Practice, practice, and practice."

People take a lifetime of practice to get to the stage of Carnegie Hall.
If you live in the music industry, you know how great it is.

The Ginza Male Chorus Group held a recital at Carnegie's Zackenhall that invited Mr. Gohei Nishikawa, a pianist, as a special guest.
It was on Sunday afternoon before the holiday season.
The middle hall, capacity of seating 600 people, was filled with people who cheered them.

American pops, musical songs, jazz etc,
The mind gradually got warm by the composition of friendly music.
One member who stood the stage of Carnegie, inheriting the will of the father who passed away with cancer, asked his girlfriend who was in the audience seat to get marry, after " The ballad of musician."
The surprise propose plan was also a great success, the stage was exciting.

At the end, everyone was fascinated by Mr. Nishikawa's piano performance,
The curtain of the stage closed with a standing ovation.

The choir coming from Japan was warmly welcomed like this.
To the extent that I knew the struggle behind it, I was keenly aware that it was very rare.

My kids who went to see them, said the one request.
" I wanted to sing" We are the world.” In English as Encore."

In the near future Also, we would like to make a plan to connect the world together.
We left for home from Midtown in the cold weather.

写真 2018-11-19 8 36 58

©️Gohei Nishikawa


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2018-11-27 17 10 23


日本で最も古い歴史を持つ有田焼メーカーと日本酒の酒蔵。
佐賀県を代表する2つのブランドが、ニューヨークでコラボする。
舞台に選ばれたMIFUNEは、フレンチと和食を融合した料理を提供する。

イベントの総括依頼が来たのは、時期的にはかなり遅いタイミング。
サンクスギビング明けの火曜日に開催することだけが、すでに決定していた。
最も集客が難しいと言われる時期、どうやってゲストを集めよう。

第一関門は、数百枚に及ぶお皿の選択と搬送。
瑠璃色のクラシックなデザインから、白磁の新商品に加えて、
展示用の高価な花器や、撮影用のカップ&ソーサーなど。
莫大な送料をかけてでも、ニューヨークに届けたいという熱い想い。

打ち合わせの山場は、料理と日本酒のペアリング。
MIFUNEの充実した料理に、SAKE DISCOVERIESの精鋭が呼応する。
7品の料理とデザート、数種の小菓子を、10数種のお皿で提供。
天吹酒造の日本酒5種類を、7通りの飲み方でサーブすることが決定した。

これほど豪華な内容のイベントに、集客の手応えが感じられず、
そこから裏方の猛ダッシュが始まった。
これだけ大きなブランドでも、ニューヨーカーを響かせる何かが必要だと。

想いがようやく届いた頃には、イベントの当日になっていた。
朝の花の仕入れから、直前までの資料直しと会場設営。
ゲスト御来場の数分前まで、最後の打ち合わせ。

乾杯が始まると、時間との勝負だけになる。
イベント中にヘルスデパートメントの抜き打ち検査。
前代未聞のアクシデント発生にも、現場スタッフの呼吸がなんとか整って、
ゲストをお待たせすることなく、フィナーレまで駆け抜けた。

美しい花が活けられた艶やかな花器と、料理の個性を引き出すお皿たち。
それらに魅了されたゲストから、商品購入を希望する声が多数出て、
最後のレジが締まったのは、深夜2時をまわった頃。

香蘭社と天吹酒造の長い歴史に、新たな1ページが加わった。
お越しくださった皆様の顔を思い出しながら、大きな反響に感謝した夜。
心はすでに、次の企画を想い描いている。

写真 2018-11-28 9 11 31 (1)

「かぼちゃのスープ」+「天吹・吟の紅衣(ぎんのくれない)」にマリーゴールドの花びらを散らせて。
花言葉「幸せを運ぶ」胡蝶蘭のカップ。
写真 2018-11-28 22 26 22

「アミューズブッシュ」は青・白・イングレーズ の桜を文様化したお皿で提供。
写真 2018-11-28 22 26 43

「ブリの刺身」+「天吹・生酛純米大吟醸」
椿・水仙・桜・牡丹・菊・欄の花をあしらった丸紋が配された瑠璃色の深鉢。
写真 2018-11-28 22 26 49

「ブリしゃぶしゃぶ」+「天吹・生酛純米大吟醸」ぬる燗
ポン酢を入れた器は、縁起の良い吉祥文様入り。
写真 2018-11-28 21 31 40

「インゲンとホウレン草のピュレ」+「天吹・純米吟醸・ひまわり酵母」
「ポルチーニ茸のフラン」+「天吹・山廃純米・マリーゴールド酵母」
香蘭社オリジナル釉薬で作られた美しい光沢の椀。
写真 2018-11-28 22 27 42

「チキンフォアグラ」+「天吹・山廃純米・マリーゴールド酵母」ぬる燗
蘭の一種・カトレアを配した白磁は、モダンで人気の新シリーズ。
写真 2018-11-28 22 27 31

ぬる燗に胡椒を加えて、日本酒の新しい味わい方をお楽しみいただきました。
江戸時代に尾形光琳が描いた六曲一双屏風・群鶴図をモチーフにした盃。
写真 2018-11-28 22 27 50

「トリュフのリゾット」を入れた器は、イベント後の御購入が一番多かった人気商品。写真 2018-11-28 9 46 45

「洋梨のソルベ・ヨーグルトムース」+「天吹・純米吟醸・いちご酵母」にバーボン酒「Maker’s Mark」をブレンドして御提供。
写真 2018-11-28 22 28 13

「愁海棠」(シュウカイドウ / ベゴニアの仲間)をあしらったお皿に小菓子をのせて。
すべてハンドペイントで描かれたこのシリーズは、今回イベントで使用した中で最も高価なお皿でした。
写真 2018-11-28 9 11 39

盃の入っていた木箱を利用して「プチフルール」を。

写真 2018-11-28 23 59 26


There are Arita – porcelain maker with 300 years old history in Japan and the brewery of Japanese sake brewery.
Two brands representing Saga Prefecture collaborated in New York.
MIFUNE, was chosen as a stage, offers dishes that combine French and Japanese cuisine.

The request to direct the event came to me, it was a very late timing in terms of time.
Only thing to hold on Thursday of Thanksgiving had already been decided.
At the time when it is said that the most difficult to collect customers, how can we gather guests?

The first barrier was the selection and transport of hundreds of tableware.
The classic design of the sky blue color, the white magnetic new product,
Expensive flower vases for exhibiting, and cups & saucers for photo-shooting , etc.
They had a big passion that they wanted to deliver them to New York, even with a huge shipping cost.

Meeting highlight was a pairing of cuisine and sake.
The skill of SAKE DISCOVERIES exquisite responded to MIFUNE' s fulfilling cuisine.
We will serve seven menu, desserts, and several kinds of sweets using more than 10 kinds of plates.
We decided to serve five kinds of sake made by Amabuki-shuzo with seven different drinking methods.

The event of so much luxurious content, but we could not feel the response of attracting customers,
From there we push to collect the guests in dash.
Even with these big brands, something that made New Yorker resonate was necessary.

When the time our feelings reached to people finally, it was the day of the event.
We had many things to do, from stocking of flowers in the morning, remade of materials up to just before, and setting up the venue.
Last meeting was held a few minutes before guest visit.

Once the event started, it was only a match against time.
Suddenly we had unannounced inspection of NYC health department during the event.
Even in the unprecedented accident occurrence, breath of the on-site staff managed somehow,
Without keeping guests waiting, we ran through to the finale.

There were glossy flower vases for beautiful flowers, and dishes that bring out the character of cuisine.
A lot of voices wishing to purchase goods appeared from the guests fascinated by them,
It was around 2 o'clock in the mid-night when the last cash register closed.

A new page has been added to the long history of Koran-sha and Amabuki-shuzo.
It was a special night we thanked for a big response of everyone who came.
My mind already dreams upon the next project.

写真 2018-11-28 23 59 34

写真 2018-11-27 16 36 42

写真 2018-11-27 16 36 53

写真 2018-11-28 23 59 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-28 9 14 10 (1)

写真 2018-12-03 17 46 43


写真 2018-11-28 8 12 44

写真 2018-11-27 14 31 26

写真 2018-11-20 8 29 18


Next

写真 2018-10-20 17 11 39

写真 2018-10-20 17 11 18


今から40年前にスーツケース1つでニューヨークに渡ってきた御夫妻が、
日本の包丁や食器を世界に広めようと、ビジネスを始めた。
時代のニーズと御夫妻のお人柄が相重なって、
今や米国の飲食業界で「KORIN」の名前を知らない人はいない。

「KORIN」ショウルームの2階では、度々イベントが開催されている。
2万人の顧客リストに頼ることもなく、イベントは毎回大盛況。
マニアは限定商品を入手するために、早朝から列をなす。

「酔心」と「KORIN」のコラボ商品のプロモーションにも、、
多くのファンが会場に集まっていた。
最前列にはアメリカ人のシェフたちが陣取り、
魚のさばき方や包丁の研ぎ方などを熱心に録画、そして質問していた。

すべての歴史は、小さな一歩から始まる。

写真 2018-10-20 16 33 31

写真 2018-10-20 16 33 33


The couple who came to New York 40 years ago with one suitcase, started business to spread Japanese kitchen knife and tableware to the world.
The needs of the times and the couple 's personality overlap,
Everybody knows the name of "KORIN" in the American food and drink industry now.

On the second floor of the "KORIN" showroom, events are frequently held.
Without relying on 20,000 customer lists, the event has a great success every time.
Mania gets a row from early morning in order to obtain limited items.

Promotion of collaboration products of "Suisin" and "KORIN",
Many fans were gathering at the venue.
In the front row American chefs came,
He recorded vigorously how to cut the fish and how to sharpen the kitchen knife, and asked questions.

All history starts with a small step.

写真 2018-10-20 15 49 55

写真 2018-10-20 15 53 15

写真 2018-10-22 15 22 17



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-20 16 13 58

写真 2018-10-20 16 16 02

写真 2018-10-22 15 11 37


Next