Archives

2019年01月

いろんなイベント企画の依頼が来るけれど、、
会場探しと集客が一番難しい。

何度も会場に足を運んで、そこのスタッフとの信頼関係を作り、
現地側として同じパッション、同じ温度感で進めないといけない。

クライアント側は日本から遠隔指示を出してくるけれど、
ニューヨークのやり方に変換していく過程がまた難しい。

現地スッタフが頑張ってくれるのが、何よりの支え。

写真 2018-10-18 23 23 26


A variety of event planning requests will come, but
Searching the venue and attracting customers are the most difficult.

We visit the venue many times, built a relationship of trust with the staff there,
It is necessary to proceed with the same passion, same sense of temperature as the local side.

Although the client side issues a remote instruction from Japan,
The process of converting to New York's method is also difficult.

However, we will do the best since the local staff will do their utmost to support.

写真 2019-01-25 19 06 19



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-01-23 21 52 50


突然のお誘いが嬉しい。
久しぶりに、友人との息抜きタイム。

世界で一番客単価の安いミシュラン星レストラン。
ミッドタウンウェストにオープンしたTim Ho Wan2号店。

他愛ないお喋りで、あっという間に時間が過ぎていく。
こういう仲間にも支えられて、いまのニューヨーク生活がある。

つい言いそびれてしまうからこそ、心でリピートする。
いつも愛をありがとう!!

写真 2019-01-23 21 52 45


I was pleased that my friend ask me a go out.
It was time for relaxation with friends after a long absence.

There is a Michelin star restaurant with the lowest customer unit price in the world.
"Tim Ho Wan" 2nd store has opened in Midtown West.

Spare time with chatter, time passed by quickly.
Supported by such fellows, there is my life in New York now.

Because I don’t have a chance to say you, I repeat with my heart.
Always thank you for your love! !


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-23 21 52 48
Next

カルシウムの塊、プラーク。
これが血管に詰まると、いろんな悪さを起こす。
父の脳梗塞の原因も、プラークによる血管狭窄。

遺伝、食習慣、老化現象。
父方は脳血管系疾患が多く、母方は糖尿体質。
自分で出来る健康管理について考える。

友人からメッセージが届いた。
「近所に住むショートスリーパーの友人が急逝した。
通夜に行って、お前を思い出した。とにかく寝てくれ」

意識して、かなり寝ているし、休んでいる。
でも、もっと眠ろう。眠って、忘れよう。

「父の手術が終わった」と、弟から連絡がきた。
ICUにいる姿を想像して、胸が締め付けられる。

自分の日常のために、たった1万キロの距離を越えられない。
ここにいて、何もできない親不孝を許してください。

写真 2019-01-27 17 20 48


Lump of calcium, plaque.
When this clogs the blood vessel, it causes various bad things.
The cause of my father's cerebral infarction is also vascular stenosis due to plaque.

Inheritance, eating habits, aging phenomenon.
Paternal side has many cerebrovascular diseases, maternal is diabetic.
Think about health management that I can do.

A message arrived from a friend.
"My friend, a short sleeper, who lives in the neighborhood suddenly passed away.
I went to her funeral and remembered you. Anyway, please sleep more."

I am consciously sleeping quite a bit and are taking a rest.
But let me sleep more. Let me sleep and try to forget everything.

"Dad's surgery is over", my brother contacted me.
Since imagining the dad's figure being in the ICU, my heart is shaking.

For my daily life, I cannot exceed the distance of only 10,000 km.
Please excuse me who cannot do anything for parents.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

ニューヨークに戻る機内で、実家の父が倒れたという連絡が入った。
脳梗塞で救急車で運ばれ緊急入院。
飛行機は折り返せないし、どうしようもないから、
まずは子供たちの待つ家路を急ぐ。

重篤な状態ではない、という知らせに安堵しつつ、
この先、いつ顔を見に行けるかと、現実を考える。
この距離が、いつでも、もどかしい。

駆け足で回った日本出張。
整理しながら振り返るにも時間がかかる、盛りだくさんの内容。

会う時間がなくとも、差し入れを届けてくれた友人。
私が行く先に合わせて、隙間時間を待ち受けてくれた友人。
私たちの活動を知りたい、協賛したいと申し出てくれた友人。
何はともあれ、会いたいから行くよ、と来てくれた友人。

一方的なペースに巻き込まれた皆さん、ごめんなさい。
一方的に時間を取ってという人には会えなくて、ごめんなさい。

同級生が「子供たちへのお土産に」とクッキーを焼いてきてくれた。
こんな心遣いが、何より嬉しい。
たくさんの愛に囲まれて、感謝でいっぱいです。

極寒のニューヨーク生活が現実。厳しい現実。

2019-01-19 00.03.30


In the plane back to New York, I got a message told that my father had collapsed.
He had an emergency hospitalization, carried by an ambulance due to cerebral infarction.
The plane could not turn back and I could not help it,
First of all, I hurried up to my home where my kids were waiting.

While relieving to the news that he was not in a serious condition,
I thought about the reality, when I could not go to see the face.
This distance always make me frustrated at any time.

My business trip to Japan was full of the schedule.
It will take time to look back while organizing, content of plenty.

Even without the time to meet, a friend who delivered the souvenir.
A friend who awaited my gap time according to the destination.
A friend who wanted to know our activities and offered to support us.
A friend who came my destination saying she wanted to see me.

I was sorry to everyone who was involved in the unilateral pace.
I was sorry that I could not meet a person who wanted to take specific time unilaterally.

A classmate baked cookies as "a souvenir for children."
I was glad about this kind of thought.
Surrounded by a lot of love, I was full of appreciation.

The extremely cold New York life is reality. It is severe reality.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

2019-01-18 11.36.52

2019-01-18 11.49.09

2019-01-18 11.49.23


「接待の手土産」秘書が選んだ至極の逸品。

全国で36000人の秘書が会員登録している「こちら秘書室」と、
霞ケ関のいろんな世界を勉強しようという「霞ケ関倶楽部」が
コラボしたら、こんなに興味深い企画になった。

今や日本で手に入らないものはないから、
一時帰国する際の手土産選びは、本当に頭が痛い。
この企画がそのまま海外に来て欲しい。

2019-01-18 11.35.54

2019-01-18 11.35.58

2019-01-18 12.00.58

2019-01-18 12.00.39


"Gift of entertainment" The superb article which the secretary chose

"Kochira hisho-shitsu. (Here is secretary room.)" where 36,000 secretaries nationwide have registered members,
"Kasumigaseki Club" to study various worlds of Kasumigaseki
When they collaborated, it became such an interesting project.

There is nothing that cannot be obtained in Japan now,
Choosing some gifts for temporary return home really make me headache.
I want this project to come overseas as it is.


海外永住 ブログランキングへ "

2019-01-18 11.23.21

Next

写真 2019-01-17 20 53 03


国内外で活躍し、分刻みのスケジュールをこなすほど忙しい方なのに、
私が日本にいることを発見すると、いつも連絡をくださる。

ニューヨークに戻る日の朝、二人で弾丸夢トーク。
映画作りの話に始まり、未来のいのちを一緒に考えようと締めくくる。

「夢・実現プロデューサー」の応援を背に受けて、
またひとつ、夢が広がった。

写真 2019-01-17 19 49 38


Mr.Takumi Yamazaki is active in domestic and overseas, he is busy enough to accomplish minute schedule.
But when he finds that I am in Japan, he always contacts me soon.

On the morning of the day when I return to New York, Takumi and I had brainstorming about a dream.
Beginning with a subject about film making, we discussed to think of the future life together.

In response to the support of "dream realization producer",
my dream will be continued.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

2019-01-17 15.48.19

2019-01-17 14.21.45

写真 2019-01-17 4 53 05

写真 2019-01-17 4 52 50


江戸元禄14年(1701)、江戸城で幕府が朝廷使者の接待中のこと。
赤穂藩の浅野内匠頭が、吉良上野介に対して斬りかかり、
それに激怒した第五代将軍徳川綱吉は、浅野内匠頭を切腹の刑に処した。

浅野氏の家臣は、浅野氏だけが処刑されたことに不服を抱き、
大石内蔵助を筆頭に四十七士が吉良家に討ち入り「赤穂事件」が起こった。

「忠臣蔵」の舞台でしか知らない赤穂義士たちの足取りを辿り、
大石神社を参拝した後に、敬子さんが山道に向かって歩き出す。
その先にあったのは、寒空の下にひっそり佇む「岩屋寺」。
大石内蔵助が隠棲した寺と言われている。

私たちの到着を待ちわびていてくださった番人女性が、
赤穂義士の真のストーリーを丁寧に解説してくださる。
12月14日に開帳され、1年のうち約1ヶ月しか参拝ができない御本尊には、
浅野内匠頭と大石内蔵助以下、四十七士の位牌が並んでいる。

死を覚悟で討ち入りした義士の位牌に、16歳という年齢を見て胸が苦しくなった。
「喧嘩両成敗」の世の中で、浅野氏だけが処刑されたという史実。
「人として、正しいことをする」という選択が、歴史をも変えてしまうのだ。

たくさんのことを考えさせられた訪問。
慌ただしい滞在中、敬子さんが京都に一緒に行きたかったという理由、
すべてストンと腑に落ちた。

大石神社には、ピアニスト西川悟平氏の父(浪曲師5代目・吉田奈良丸)と所縁のある
3代目・吉田奈良丸の碑があることも驚きだった。

すべての御縁が、繋がっている。

2019-01-17 14.31.23

写真 2019-01-17 4 54 06

写真 2019-01-17 0 54 52

写真 2019-01-17 4 53 41

写真 2019-01-17 0 55 06

写真 2019-01-17 1 11 33


Edo Genroku 14th year (1701), the shogunate entertained an ambassador in Edo Castle.
Takuminokami Asano, the lord of Ako Domain, cut down against Kouzunosuke Kira.
Fifth Shogun Tsunayoshi Tokugawa who was furious with it, handled Asano as a prison sentence of hara-kiri(seppuku).

Mr. Asano's vassals complained that only Asano was executed,
Forty-seven lordless samurai of Ako Domain, leading by Kuranosuke Oishi, attacked Kira's residence, "Ako incident" occurred.

Following the footsteps of Ako ronin that we only know on the stage of "Chushingura",
After visiting Oishi Shrine, my friend, Keiko Asano, walked towards the mountain road.
I found in front "Iwaya Temple" standing quietly under the cold air.
It was said that Kuranosuke Oishi lived there in hidden.

The woman who was waiting for our arrival keenly, carefully explained Ako ronin 's true story.
We can only visit about one month in a year from December 14th.
There are mosques of Takuminokami Asano and forty-seven samurai including Kuranosuke Oishi.

My heart felt painful when I saw the age of sixteen of the mosque,
because he attacked with the risk of death at that young age.
There was the historical fact that only Asano was executed, the actions or communication take more than one person though.
The choice of "doing the right things as a person" will change history as well.

Kyoto visit made me think about lots of things.
Reason why Keiko wanted to go to Kyoto together in a busy stay, it all caught me firmly.

It was also a surprise of me at Oishi Shrine that there was a monument of the third generation of Naramaru Yoshida who was related to the father of Gohei Nishikawa, a pianist in New York.
Gehei's father was the fifth generation of Naramaru Yoshida.

Everything will be related by bond.

写真 2019-01-17 4 53 51

写真 2019-01-17 4 53 46

写真 2019-01-17 4 53 28



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-17 0 17 01

2019-01-17 14.16.58

2019-01-17 14.25.25


Next

2019-01-17 15.59.19

2019-01-17 15.59.22

2019-01-17 15.59.29

2019-01-17 15.59.35

2019-01-17 15.59.32


フランフランが7年ぶりに展開した新ブランド「マスターレシピ」。
その直営第1号店が京都祇園にあると聞いて、立ち寄った。

森田恭通氏デザインの店内、沖野修也氏が担当したサウンドデザイン。
いずれも、フランフラン高島社長の選りすぐり精鋭による企画。

素材や人、技法、歴史、産地に裏付けされたストーリのある商品や、
職人とコラボしたオリジナル商品が、国内26の地域と、
世界20カ国から集められている。

衰退している伝統工芸を盛り上げて、世界へ発進するための拠点として、
京都という舞台を選んだことに、フランフランの意気込みが感じられる。

伝統技術にとどまらず「美しさ」と「新しさ」を重視したうえで、
職人や工房とのをコミュニケーションを大切に商品を選定。

昨秋、ニューヨークでイベントを開催した大堀相馬焼「IKKON盃」が、
店の中央に堂々と鎮座販売されているのを発見したのが何より嬉しい。

祇園の街で、デザインの美しさが際立つ内装が見事だった。

2019-01-17 16.02.36

2019-01-17 16.03.03
2019-01-17 16.04.07


"Francfranc" developed a new brand "Master Recipe" for the first time in seven years.
I heard that the first direct shop was in Kyoto Gion.

Mr. Yasumichi Morita designed the shop, and Mr. Shuya Okino was in charge of music design.
Both gentlemen were selected the best for the project by President Takashima.

The products with stories backed by materials, people, techniques, history, and production areas,
and original products that collaborated with artisans, are sold in the store.
They are collected from 26 domestic regions and 20 countries around the world.

As a base for bringing to the world excitement of declining traditional crafts,
The choice of the stage of Kyoto made us feel "Francfranc"s enthusiasm.

They are emphasizing "beauty" and "newness", beyond traditional techniques,
so they select products carefully by communicated with craftsmen and studio.

I was delighted to discover that Obori Soma Pottery "IKKON" sake cups, which we held the event in New York last fall, were sold in the center of the shop.

The interior decoration that the design beauty stands out was splendid in the city of Gion.

2019-01-17 16.00.01

2019-01-17 16.08.22



海外永住 ブログランキングへ "

2019-01-17 18.53.59

2019-01-17 12.13.43


Next

フリーの時間がこの日しかなかったから、
会いたい人に会おうと思った。

ペインターのレジェンドと、芸術サポートの達人と、英語翻訳のプロ。
相性や状況を考えつつも、
日常では出会わないような人同士を繋げるのが面白い。

感謝と誠意とリスペクト。
ここが共有できれば、うまくいく。

49897673_2137474533004190_3009484344516411392_n


Because there was only one night that I had free time,
I thought of seeing a person I wanted to meet.

A legend of painters, a master of art supporter, and a professional English translator.
While considering their compatibility and circumstances,
It is interesting to connect people who do not meet in everyday life.

Appreciation, sincerity and respect.
If we can share this, it will work.

50584717_2137474589670851_2149651717426249728_n



海外永住 ブログランキングへ "

50016000_2137474543004189_3623513115628404736_n

Next

高島社長は、私にとってアニキ的存在。
10数年前に、ニューヨークでの仕事を広げるキッカケになったのは、
彼から御紹介いただいた人から繋がっていった。

仕事や人生のアドバイザーとして、
真剣に話を受け止めて、一緒に考えてくださる優しさが魅力。

ここから繋がる未来が、少し見えてきた。

写真 2019-01-15 5 05 56


President Takashima of "Francfranc" is like big brother of me.
Ten years ago, he made me an opportunity to spread work in New York,
It was connected from people introduced from him.

As an advisor to work and life,
he received my taking seriously,
his kindness thinking together was very attractive.

The future will be connected from here, a little more.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

オーナーシェフの菊地美升氏は、友人の旦那さん。
友人というのは、六本木・小田島の若旦那のお姉さん。

ブルゴーニュの息吹たっぷりのお店をオープンされた2000年頃は、
元同僚と連れ立って、何度か訪れたことがあった。

ミシュランの常連になって久しいけれど、
今もあの頃と変わらないクオリティの高さは都内屈指。

友人との再会。素敵な時間。

写真 2019-01-14 23 34 24

写真 2019-01-14 23 36 20

写真 2019-01-14 23 36 26

写真 2019-01-14 23 49 53


Owner chef Mr. Yoshimasu Kikuchi is a friend's husband.
My friend is an elder sister of the chef of "Roppongi Odajima".

Bourgogne's taste restaurant "Le Bourguigno" was opened in 2000,
I have been to several times with my former colleague.

Although it has long been a regular of Michelin guide,
Even now the high quality that does not change from that time is one of the best in Tokyo.

Reunion with friends. Lovely time.

写真 2019-01-15 0 27 01

写真 2019-01-15 0 27 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-01-14 23 44 20

写真 2019-01-14 23 22 40


昨秋、ニューヨークで大きなイベントをお手伝いさせていただいた。
ミシュラン3つ星フレンチレストランを借り切って、
ニュージーランドワインのお披露目をするという前代未聞の企画。

イベント開催には、スタッフ側のチームワークが何よりも重要で、
素晴らしいメンバーと一緒に働けたということだけで幸せだった。

ようやくその打ち上げ会を中目黒にて。
鴨づくし料理の数々に、舌鼓を打ちながら、
ようやくお客様としてテーブルについて談笑できる幸せ。

一話完結で終わらないストーリーを、一緒に作っていけますように。
これからもよろしくお願いいたします。

2019-01-14 18.27.21

2019-01-14 19.11.09

2019-01-14 19.34.59


Last fall, I worked to help Japanese agent with a big event in New York.
It was an unprecedented plan to show off New Zealand wine, borrowing a French restaurant with Michelin Three stars,

To organize the event, teamwork by the staff was more important than anything,
I was happy just being able to work with great members.

Finally we had the launch party in Nakameguro.
While tasting a number of duck dishes,
Happy being able to talk about the table at last as a customer.

We hope to make a story that will not end with a single episode.
Yes, we can do it.

2019-01-14 20.49.41

2019-01-14 21.36.30


2019-01-14 22.09.29

写真 2019-01-14 22 36 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-14 23 44 33




Next

実家に戻ったら、日の丸の旗が出ていた。
「あ、旗日なんだな」と気付いた。

「国民の祝日だから、旗を揚げてお祝いする」という母が、
ずっと続けている習慣。

暦を大事に生きるというのは、こういうことなのかもしれない。

2019-01-14 12.07.57


When I returned to my parents’ house, the flag of Hinomaru appeared.
"Oh, it's a flag day," I noticed.

"Since it is a national holiday, I raise the flag and celebrates"
My mother has continued to do this all the time.

Maybe living importantly with the calendar is something like this.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

49857720_1190663224420625_8959501289276833792_n


第二次世界大戦中、ナチス・ドイツからの迫害により逃げてきたユダヤ人に、
リトアニアのカウナス領事館で「命のビザ」を発行し続けた杉原千畝氏。
外務省からの訓令に反しても「目の前にいる困っている人を助ける」ことで、
結果6000人以上の命を救い「東洋のシンドラー」とも呼ばれている。

私たちの目指す「Japan国際平和こども王国」設立に必要なのは、
「人として、正しいことを選んでいるか」というムーブメント。
ベルギー御在住の千畝氏の御子息とお会いすることが決まった時、
私たちは、まず千畝氏のお墓参りに伺うことにした。

日本出張の合間、福岡から羽田空港に戻り、そのまま鎌倉へ。
見晴らしの良い丘陵、突き抜けるような青空の下に、千畝氏の碑があった。

足元に積み上げられた石を見て、ユダヤ人の慣習を知る。
多くのユダヤ人が、千畝氏の功績に感謝して、ずっと参拝しているのだ。

世界の経済はユダヤ人が動かしているといっても過言ではないし、
特にニューヨークにはたくさんのユダヤ人が在住している。
彼らが私たち日本人に優しくしてくれるのは、きっと千畝氏の功績のお陰。

そんなことも知らずに生きている政治家や日本人がいなくなるように、
私たちは、正しいことを伝えていかなくてはならない。
祈り込めて鶴を折り、千畝氏のお墓に添えさせていただいた。

美しい丘陵と美しい青空のコントラストがあまりにも素晴らしくて、
そこに立っているだけで、涙が溢れてしまうシーンだった。

「目の前に困っている人がいたら手を差し出す」
「人として、正しいことを選択する」
これだけで、世界はきっと平和になる。

50309690_1190663344420613_9006223038739382272_n

49104204_1190663321087282_2104065879439310848_n

49937731_1190663371087277_6875343287629119488_n


Mr. Chiune Sugihara continued issuing "visa of life" at the Kaunas Consulate in Lietuvos Respublika, during the Second World War for the Jews who ran away due to the persecution from Nazi · Germany.
Even in contravention of the instruction from the Ministry of Foreign Affairs, he worked as "helping people in need in front of me".
Result, he saved more than 6000 lives, and has been called "Oriental Schindler".

What we need for establishing "Japan International Peace Kids Kingdom" is a movement of "As a person, are you picking the right thing?".
When we were asked to meet Mr. Nobuki Sugihara, the son of Mr. Chiune who lived in Belgium,
We decided to visit the grave of Mr. Chiune.

During Japanese business trips, I returned to Haneda Airport from Fukuoka and went straight to Kamakura.
There was a monument of Mr. Chiune at a beautiful hill, under the blue sky.

We saw the stones piled up at our feet and got to know the customs of the Jews.
Then we noticed that many Jews appreciated Mr. Chiune's achievements and have been worshiping all the time.

It is no exaggeration to say that the world economy is moving by Jews,
In particular, a lot of Jews live in New York.
Thanks to Mr. Chiune's achievement, they treat Japanese friendly.

In order for politicians and Japanese who live without knowing such a thing to disappear,
we have to tell the right things.
We folded crane (Orizuru) with praying, and put them to Mr. Chiune's grave.

The contrast between the beautiful hills and the beautiful blue sky was so wonderful,
It was a scene where tears overflowed just by standing there.

"If someone is in trouble, give out your hand."
"Choose the right thing as a person"
With this alone, the world will surely be peaceful.

写真 2019-01-13 13 47 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-13 13 47 54

49792243_1190663697753911_304807450970685440_n

Next

DSC02143


パリでミシュラン星を獲得したフレンチレストラン「Sola」。
シェフ吉武広樹氏に最初に出会った時に、ずっと御縁があるなと直感した。
大樹のようにどっしりと根を張り、空に向かって羽ばたくイメージ。
仏語の「Ciel(空)」をミドルネームに持つ我が家の次男「樹」と重なった。

2017年1月に「Sola」が火災事故に遭った。
やがて店は再開したけれど、吉武シェフは日本帰国という道を選んだ。
東京でシェフの味を食べたいという投資家がたくさんいたけれど、
彼は敢えて、自分一人の力で店を開けることにこだわった。

土地を決める時、工事の時、コンセプトを決める時。
いつもことあるごとに、私にまで状況をアップデートしてくれる彼の気配りが、
ずっと彼を応援していたいと思うファンに届いているのだと感じてきた。

彼が選んだ博多ベイサイドプレイスという港の前。
必ずお祝いに行くいう約束を果たしに、東京から足を伸ばすことにした。
密かに計画していたら、仲間たちが一緒に行きたいと連絡をくれた。
東京、ニューヨーク、福岡、佐賀、長崎、宮崎、京都から合流したいと。

シェフに内緒のサプライズ企画は、果たして最高の結束を生み出した。
他のお客様がいるからと、冷静に装うふりをしていたシェフが、
最後の一品をサーブした後、一気に喜びを爆発させていた。

余計なものを削ぎ落とし、メニューに素材しか書かない「Sola」スタイルは健在で、
パリでしか食せなかった「Sola」の味に再会できたことは感無量。
人々が交わるこの港町に、きっと新しい歴史が刻まれることだろう。

自分達にできることを自分達の表現で。
この海を通して世界の空へ。

福岡にお越しの際は、ぜひ足をお伸ばしください。

2019-01-12 19.26.53

2019-01-12 19.33.12

2019-01-12 19.33.15


Mr.Hiroki Yoshitake was a chef of a French restaurant "Sola" that acquired Michelin star in Paris.
When I first met him, I got instinct that I would have something with him.
An image like a big tree stretching the root and flying towards the sky.
It overlapped with the name of my second son "Itsukie" with the middle name "Ciel" (French).

In January 2017 "Sola" had a fire accident.
After soon the restaurant resumed, Yoshitake chef chose the way to return to Japan.
Though many investors wanted to eat the chef's dishes in the center of Tokyo,
He dare adhered to opening a restaurant by his own.

When he decided the land, construction design, the concept,
Every time he always updated the situation to me.
I have felt his mind has reached fans who want to support him forever.

He chose the place in front of the harbor called Hakata Bayside.
I decided to adjust my schedule from Tokyo to fulfill my promise to go celebrating without fail.
When I was secretly planning, my fellows contacted me that they would like to come with me.
They asked to join from Tokyo, New York, Fukuoka, Saga, Nagasaki, Miyazaki, and Kyoto

A surprise secret plan produced the best unity.
Because there were other customers, the chef pretended to be calmly.
After serving the last item, he was exploding his joy all at once.

The "Sola" style which off extra things and only writes material in the menu was alive.
I could feel reunited with the taste of "Sola" which I could only eat in Paris.
A new history will surely be carved in this port town where people intersect.

Sky, Ocean, Land, Across the world.
Fry with your own wings.

When you have a chance to come to Fukuoka, please come to join them.

写真 2019-01-28 13 01 23

写真 2019-01-28 13 01 47

写真 2019-01-28 13 03 13

写真 2019-01-28 13 04 10


Sola Factory co. (Restaurant Sola / Bar Porte)


海外永住 ブログランキングへ "

DSC02239

DSC02244

DSC02163

DSC02255

Next

スクリーンショット 2019-01-28 11.41.10


福岡の街中に突然リゾートホテルが現れた衝撃。
初めてここを訪れたのは、2006年のオープン直後だったろうか。

東京に比べると劇安のビジネスホテルが濫立する福岡という土地で、
周囲の3倍以上の値段でお部屋を提供するというのに、
ホテル稼働率は95パーセント以上。

アメリカのパームスプリングスをイメージした空間。
ミッドセンチュリーのラグジュアリーなインテリア。
設備の充実はもちろん、最高のおもてなしを受けたという充実感が、
長くこのホテルのファンでいることの魅力なのだろう。

久しぶりに訪れた空間。
開業から12年以上が経ったのに、少しも寂れた感がない。
ブライダル後のパーティーで盛り上がる若者たちが微笑ましい。

以前、ニューヨークで一緒に働いていたスタッフが、
今は福岡でホテル総支配人として活躍している。
そんなストーリーだけでも、感慨深い。

福岡に行く時は、またここを訪れよう。

2019-01-13 08.05.06


The suddenly a fabulous resort hotel appeared in the city of Fukuoka.
I remember I visited here for the first time just after opening in 2006.

In the land called Fukuoka where the dramatically economic business hotels are abreast compared to Tokyo,
Even though they provide rooms at more than three times the price of the surroundings,
Hotel occupancy rate is over 95%.

Space which imaged the Palm Springs of the United States.
Luxury interior of mid-century.
There is a sense of fulfillment that not only enhancement of facilities but also the customers received the best hospitality.
Perhaps it is the charm of being a fan of this hotel for a long time.

Space that I visited for the first time in a while.
Although more than 12 years have passed since the opening, there is no feeling of losing even a bit.
I enjoyed to watch young people who are excited about the party after the bridal.

A staff who worked together in New York before,
Currently he is active as a general manager of the hotel in Fukuoka.
Even such a story is very touching.

When I go to Fukuoka, I will visit here again.

2019-01-13 07.46.34



海外永住 ブログランキングへ "
Next

50042779_2051295651625655_84416654489944064_n


大切な友人の誕生日。

20年以上親しくさせていただいている栗本清シェフ率いる
お気に入りのレストランでお祝い。

人生の少し先を歩いている女性が、これほど素敵に輝いていると、
私もこの先が楽しみになる。

後に続く人たちに、いつかそう思ってもらえるように、
歩いていこう。

2019-01-12 13.18.03

2019-01-12 13.48.06

2019-01-12 14.11.29

2019-01-12 14.29.51


It was my important friend's birthday.

We celebrated at the Italian restaurant in Tokyo that was led by the chef Kiyoshi Kurimoto who was a friend with me for over 20 years.

A woman walking a bit ahead of me, her life is shining so beautifully.
So I am looking forward to the future.

Hope people who follow us think so someday,
Let's move forward.

2019-01-12 15.49.40



海外永住 ブログランキングへ "
Next

米国ビジネスに慣れている人は、どんなに小さな作業でも、
人件費を第一に考える。
英訳や資料作成をお願いすると、少額でも請求書がまわってくる。
プロとしてお願いするのだから、当たり前と言えば当たり前。

でも社会貢献に関しては、金銭を受け取らないことも当たり前。
本来はとても高いフィーの方ほど、「ゼロか100か」を徹底しているから、
その器の大きさに感激するような出来事が度々起こる。

拙著の英訳作業の過程をお伝えしたことがきっかけで、
私たちのチームが、世間的に大きな影響を与えうる方の御著書を
英語で伝える機会を御紹介いただいた。

著名人がお忍びで来るような日本橋の料亭で、
劇的に美味しい懐石料理をいただきながら、密談が進む。

写真一枚撮ることさえ忘れてしまったのは、
その会合があまりに楽しかったから。
こんなところで、歴史の1ページが刻まれる。

2019-01-12 07.18.53


People accustomed to US business, no matter how small work,
are thinking personnel expenses first.
If you ask to translate English documents or materials, invoice will arrive even at a small price.
Because it is asking for it as a professional, it is commonplace if it is said that it is natural.

However, regarding social contribution, it is normal to not accept money.
Originally very high fee people has thoroughly "zero or 100".
Occasionally happens events that are deeply impressed by the size of people's mind.

I told him about the process of my English translation work.
Then, a man who can have a big influence on a global scale, gave our team an opportunity to work in English.

At Japanese restaurant in Nihonbashi, where celebrities come in the secret,
While having about dramatically delicious Kaiseki dishes, close talks progressed.

Even I forgot to take a single picture,
that meeting was so much fun.
In this place, one page of history is engraved.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

娘のことを初めて世に伝えてから、6年半が経過した。
日本ではたくさんの方が本を読んでくださり、ブログを読んでくださり、
たくさんのメディアが、私たちのことを理解しようとしてくださった。

そんななか、私はずっと、お世話になった医師や先生や周囲の方々に、
いつか英語で伝えたいと思い続けてきた。

私が大切にしている日本語の表現を、どうやったら英語で伝えられるだろうか。
日本語が持つ響きの美しさを、欧米人に伝えるにはどうしたら良いだろう。

英訳する作業に、幾人かの方が手を挙げてくださった。
完璧なバイリンガルという人が、こんなにもたくさんいるのだと知った。

私に英語の細かいニュアンスは分からないけれど、
私が伝えたい、その本質の部分を理解してくれる人に一任したいと思った。

ようやく出会った翻訳チームは、業界の達人ではないけれど、
私がなぜ発信するか、その想いを分かち合ってくれるリーダーを中心に、
日米英豪の精鋭が揃った最強チームになって、チカラを注いでくださった。

形になったその原稿を、ドキドキしながらページをめくる。
自分のことなのに、涙が溢れてしまう。

次のステップまで、あと少し。
引き続き皆様のサポートを、よろしくお願いいたします。

2019-01-12 06.26.41


About six and a half years have passed since I told the world about my daughter for the first time.
Many people in Japan read my books, read my blog,
A lot of media tried to understand us.

In such circumstances, I have always think about the doctors and teachers who took care of us and the surrounding people.
I have been thinking that I want to tell our story in English someday.

How can we express the Japanese expression I wrote carefully in English?
How can we tell Westerners about the beauty of Japanese sounds?

Several people raised their hands in the English translation work.
I learned that there were so many people who were perfect bilingual.

I do not know the fine nuances of English,
I thought that I would like to ask a person who understands the essential part I want to tell.

The translation team I finally met is not an expert in the industry.
Based on the leader who share my feelings why I tell,
it became the strongest team with the best of both Japan, the UK, the US, and Australia, and pouring the power.

I turn the page of the manuscript while my heart is beating.
Even though it is about ourselves, my tears overflow.

A bit more to the next step.
I appreciate your continued support.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

オリンピック2020の裏方仕事は、いろんな方向から始動している。
大会開催期間中、東京の街をジャックする超ビックなスポンサー企業。
それを受けて、マンニングを組織指導する企業。
さらにその下で、たくさんのスタッフを統率する組織。

2020年なんて、ずっと先だと思っていたけれど、
あっという間に「その時」がやってくるのだろう。
メインスタジアムからすぐのこの店舗でも、
たくさんの感動ストーリーが生まれるに違いない。

来年は、一体どんな夏を迎えているのだろう。
まず何よりも、家族と皆の健康を祈っている。

写真 2019-01-10 13 44 58


Olympic Games 2020's backward work is starting from various directions.
A super-big sponsor company that jacks the streets of Tokyo during the tournament.
Based on that, a company that instructs organization as an organization.
Furthermore under that organization, an organization that leads a lot of staff.

Though I thought that 2020 was very far away,
It will be "that time" will come in shortly.
Even at this restaurant just off the main stadium,
A lot of emotional stories will be born.

How the summer will be coming up next year?
First of all, I pray for my family and everyone's health.

写真 2019-01-10 13 45 10

写真 2019-01-10 13 46 01



海外永住 ブログランキングへ "

2019-01-05 22.27.40

Next

写真 2019-01-10 1 00 36


私がJALに入社したのは、バブル経済崩壊後だったけれど、
世間では静かにワインブームが続いていた。
ブドウの形をしたソムリエバッジを付けた先輩の凛々しさに、
私もいつかワインの勉強をしてみたいと思っていた。
お酒に弱いからこそ、知識だけは身に付けておきたかったし、
ソムリエバッジは、お客様に意地悪な質問をされない印篭でもあった。

六本木・小田島は、和食文化にワインを取り入れたパイオニア的存在のお店。
フランスでワインを学んだムッシュとマダムが日替わりでメニューを提供し、
今では和食の定番にもなったフォアグラ大根を初めとして、
斬新なメニューが目白押しだった。

今ではムッシュと肩を並べてお店を仕切る若大将とその仲間が、
ちょうどソムリエ資格を取るための勉強をしていた頃。
私も同期と連れ立って、頻繁にお店に通ってワインの勉強をした。

飛行機という限られた空間に搭載しているワインの世界に比べて、
現場で実践を重ねている若大将たちは、知識と経験量が天地の差だった。
でも、私たちはめでたく同じ時期ににソムリエの資格を取得して、
それぞれの現場に旅立ち、別々の道を歩いてきた。

今では数年に一度しか行けないけれど、ここに来ると原点を思い出す。
年々、笑い顔がそっくりになってきたムッシュと若大将に会いに、
私はとっておきの友人を誘って、小田島の暖簾をくぐる。

2019-01-21 02.28.12

2019-01-21 02.28.51

2019-01-21 02.29.28


I joined JAL after the collapse of the economic bubble economy,
quietly the wine boom continued in the world.
To the gracefulness of the senior who attached the sommelier badge in the form of grapes,
I thought that I would like to study wine someday.
Because I was vulnerable to alcohol, I wanted to learn only knowledge.
The sommelier badge also worked as a symbol that the customer did not ask a deep question about the wine to the cabin attendant.

"Roppongi Odajima" is a pioneer restaurant that incorporates wine in Japanese cuisine.
The master and his wife who learned wine in France provide a menu on a daily basis,
Now with the foie gras radish which became a standard of Japanese cuisine, a new and fresh menu was dashing.

It was when the young master who now works with big master,
was studying to take sommelier qualifications with his fellows.
I was also often attending there to study wine with my co-worker.

Compared to the world of wine which was mounted in the limited space of an airplane,
The young generals who practiced in the field were extremely good with knowledge and experience volume.
However, we were happily acquiring the sommelier's qualification at the same time,
We left for each worksite and walked on different life.

Now I can go only once in a few years, but when I come here it reminds my origin of wine studying.
In order to meet the master and young master whose laughing face looks alike,
I take my best friends and go "Odajima".

写真 2019-01-10 1 00 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-10 9 38 45

Next

写真 2018-12-28 13 13 59

写真 2018-12-28 13 14 10


小学5年生の末娘が、サンタクロースに手紙を書いた。
「私は今年1年間、とても頑張りました。(中略)
クリスマスには、バスボムとスターバックスのギフトカードが欲しいです」
ささやかで現実的なお願いに、思わず心が温かくなる。

ニューヨークでは、「誕生会でバスボムを作る」というのが人気。
「日本の入浴剤の方がずっと割安で上質なのに」と思いながらのバスボム探し。
ラスベガスで、可愛いお店に出会った時は歓喜した。

私の日常、唯一無二の贅沢が、バスタブにお湯をためての半身浴。
読書をしながら、1−2時間でもお湯に浸かる。
家族に迷惑をかけないように、早朝や深夜の時間限定。

シャワー文化の米国で、男どもはバスタブに浸かることはないけれど、
思春期に入ったボーイズ、なぜかシャワーの時間が長い。
そこにバスタブ狙いの末娘が参戦して、
我が家はいつもバスルーム争いが絶えない。

贅沢すぎる争い。小さな幸せは、こんなところにある。

写真 2018-12-28 13 17 31

写真 2018-12-28 13 16 53

写真 2018-12-28 13 16 59

写真 2018-12-28 13 17 57


My youngest daughter of the fifth grade of primary school wrote a letter to Santa Claus.
"I worked very hard this year, (...)
For Christmas, I want a bath bomb and Starbucks gift card. "
To a modest and realistic request, it made my heart gently warm unexpectedly.

"Making bath bomb at birthday party" is popular in New York's girls.
I was looking for a bath bomb while thinking that "Japanese bathing agent is much cheaper and better quality".
I was happy when I met a cute shop in Las Vegas.

My daily life, one and only extravagance is bathing.
I am immersed in hot water even 1-2 hours while reading books.
To prevent inconvenience to families, I do it only in the early morning or late night.

In the US of shower culture, men are not interested in bathtubs.
but my boys who entered puberty, for some reason, they take long times for showers.
The last daughter who aimed at the bathtub entered there.
My family is constantly battling for bathroom.

A luxury battle.
Small happiness is in such a place.

写真 2018-12-27 19 00 01

写真 2018-12-27 19 00 05

写真 2018-12-27 19 00 07



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-27 18 59 47

写真 2018-12-27 19 00 25


Next

写真 2018-12-31 4 50 44


ラスベガスの繁華街から車で少し走ると、広大な自然景色が広がる。
眠らない街の周囲は、サボテンと砂漠と赤土の山。
何もないところに、カジノの街を作ったアメリカという国。
この規模感が、壮大すぎて、素晴らしい。

関東平野で育った私は、海が見える場所が好き。
山に囲まれている場所に長くいると、呼吸が苦しくなる。
錯覚だと分かっていても、逃げ道を探してしまう。

地平線と水平線、両方見える場所に飛んで行きたい。

写真 2018-12-31 4 50 50


Running a little by car from downtown Las Vegas, it spreads a vast natural landscape.
The surroundings of the city that does not sleep are mountains of cactus, desert and red soil.
In a place where there is nothing, the country of America made the casino town.
This sense of scale is magnificent and great.

I grew up in the Kanto plain, I like places where the sea can be seen.
If I am in a place surrounded by mountains, my breathing becomes painful.
Even though I know it is an illusion, I will look for the exit of escape.

I want to be to the place where both the horizon and the horizontal line are visible.

写真 2018-12-31 4 50 55



海外永住 ブログランキングへ "

Next

写真 2018-12-30 11 41 01


アクロバティカルなショーをいくつもプロデュースするシルク・ド・ソレイユ。
舞台装置に220億円を費やすということがどんなことか、
「KA」の圧倒的な演出は、実際に体感してみないと分からない。

ある村で平穏に暮らしていた王族が敵の襲撃に遭いバラバラになる。
互いの攻防のなかで、人間のいろんな感情が表現される。
愛、友情、喜び、悲しみ、憎しみ。
人間の心に宿る様々な魂「KA」を、壮大な仕掛けの舞台で表現する。
空中を飛び回り、垂直の壁で戦う、重力に逆らった演出は圧巻。

シルク・ド・ソレイユの中でも、特に危険をはらんでいる演出。
過去の大きな事故を経て、今は命綱をつけているけれど、
「恐怖心を乗り越えるには練習しかない」という出演者たち。

その先にあるのは、きっと成功感、達成感、なのだろう。
スポットライトを浴びるアドレナリン、観客を喜ばせるホスピタリティー。

24時間眠らないラスベガスの街で、人生の醍醐味を考える。

写真 2018-12-30 12 05 02

写真 2018-12-30 12 51 05

写真 2018-12-30 13 27 58


Cirque du Soleil produces several acrobatic shows.
They spent 220 million dollars on the stage equipment.
The overwhelming stage show of "KA" cannot be known unless you actually experience it.

The royal family who lived peacefully in a village falls apart with enemy assault.
In each other's battle, various human emotions are expressed.
Love, friendship, joy, sorrow, hatred.
"KA" means that represent various souls that lives in the human mind with a magnificent gimmick setting.
Flying around the air and fighting on vertical walls, the production against the gravity was a masterpiece.

Even among Cirque du Soleil, the show of "KA" is particularly dangerous.
Through a big accident in the past, they wear a lifeline right now,
Cast performers say "To practice is the only way to overcome fear."

Over that, that's probably a sense of success, a sense of accomplishment.
Adrenaline taking a spotlight, Hospitality to please the audience.

In the city of Las Vegas that does not sleep for 24 hours, I think about the real pleasure of life.

写真 2018-12-30 12 53 19

写真 2018-12-30 13 09 52



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-30 13 29 39
Next

写真 2018-12-28 17 29 38


1990年代、乗務員時代に「オフ・ブロードウェイ」という言葉を初めて知った。
ニューヨークのブロードウェイ界隈に建ち並ぶ劇場ではないけれど、
それに準じるマンハッタン内の小さな劇場で公演を開催する。
顔を「青づくし」に塗った「ブルーマン」のコミカルなショーを観ながら、
その舞台に立つことがどれほど凄いことかを、実感した。

セリフのないショーだから、日本から来た友人からのリクエストも多く、
あの頃は何度も劇場に足を運んだ。
2000年に出演した企業コマーシャルが日本でも放映されて、
「ブルーマン」は一躍、世界という舞台で「時の人」となり、
ニューヨークでも、すでに25年以上のロングラン公演が続けられている。

ラスベガスの劇場は、ニューヨークの常設シアターより大きくて、
いかにもエンターテインメント向けに設営されている。
現代風にアレンジされて、プロジェクションマッピング的な要素もあったけれど、
基本となる筋書きは、あの頃とまったく変わっていなかった。

観衆を巻き込む観客参加型のショースタイルも健在で、
遅刻した観客にモニターカメラを向ける小技も同じ。
ミドルスクールに入ってからバンドを始めた次男は、
音楽的要素を高く評価して、ドラムの奏でるリズムに聴き入っていた。

「ブルーマン」舞台には、「仲間はずれ」というテーマが隠れている。
3人グループのうち、2人が組めば、残りの1人は「仲間はずれ」になる。
シニカルな「いじめ」から、観衆の笑いを取るというのも特徴。

でも、人数の多いマジョリティーにマイノリティーが従うことだけが、
解決策ではないことが、無言のなかに語られている。
2人の力が強くても、正しい1人に合わせて寄り添うことが大事。

観劇後に、こんな感想を語り合う親子がもっと増えれば良いなと思う。
こんなところにも、世界平和を考えるツールはたくさんあるのだから。

写真 2018-12-28 15 42 53


In the 1990's, during the era of flight crew, I first learned the word "Off-Broadway".
Although it is not a theater that is located on the Broadway neighborhood of New York,
they hold a performance at a small theater in Manhattan similar to that.
While watching the comical stage show of "Blue Man" painting their face “All Blue",
I learned how great they were on that stage.

As there were no language script, there were also many requests from friends from Japan,
At that time I visited the theater many times.
A corporate commercial appeared in 2000 was also aired in Japan,
"Blue Man" was "the man of the time" on stage in the world.
Since then, long-run performances of more than 25 years have been ongoing in New York.

The theater in Las Vegas was larger than the permanent theater in New York,
It was set up for entertainment all the time.
Although arranged in contemporary style, there were elements like projection mapping,
The basic scenario was not changed at all from that time.

A spectator-participating show style involving crowds was also alive,
The same skill that turns the monitor camera to the late arrival audience was the same.
My second son who started the band practice since he has entered the middle school,
he appreciated the musical elements and listened to the rhythm played by the drum.

On the show of "Blue Man", the theme of "outsiders" is hidden.
If two people out of the three people group, the remaining one becomes an "outsider".
From the cynical "bully" scene, it is also characterized as taking a laugh of the audience.

However, it is told in silence that "the minority obeying the majority" is not a solution.
Even if the power of the majority is strong, it is important to snuggle to the right one.

After the show, Hope to have more parents and children talking about these hidden theme.
Even in such a place, there are many tools to think about world peace.

スクリーンショット 2019-01-05 13.48.36

©︎BLUE MAN GROUP


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-28 15 40 34
Next

写真 2018-12-27 14 57 00


「アメリカズ・ゴット・タレント」という人気のTV番組がある。
2006年から放映され、今年で14シーズン目を迎える。
何万人という応募者から選ばれた優勝者には、100万ドルの賞金。
そこからメジャーデビューを果たした出演者は数多い。

YouTube動画でも大人気の「TAPE FACE」。
2016年の「アメリカズ・ゴット・タレント」で決勝戦まで残り、
いつも厳しいコメントをする審査員も大爆笑させた彼が、
ラスベガスで定期的にステージショーを開催している。

口にガムテープを貼り、ジェスチャーだけでコメディショーを演じる。
ボーカルやダンスといった演目の多い昨今にあって、
チャーリー・チャップリンを彷彿させるようなクラシカルな笑いを誘う。

観客席から引っ張り出したオーディエンスを舞台に巻き込む。
当てられた観客もすぐに観念して、舞台に上がっていくノリの良さ。
目の表情だけで会話をして、そこから笑いを取るスキルは、まさに古典芸能。

私もいつしか舞台に上げられて、ライオンのポーズで飛ぶハメに。
スポットライトが強過ぎて、ステージから観客の表情は見えないけれど、
あの壇上で堂々とライトに向かえる役者魂は、やはり凄もの。

言葉でなく道具を使った「プロップコメディ」。
こんな風に素直に笑って、心が和むのは、
そこに、AIには真似できない人間らしさを感じるからだろうか。

写真 2018-12-27 17 43 42


There is a popular TV program called "America's got Talent."
It was aired from 2006, and it will be in the 14th season this year.
To the winners chosen from tens of thousands of applicants, a million dollar prize.
There are many performers who made a major debut from there.

"TAPE FACE" is also popular on YouTube videos.
He was a finalist of the final match in 'America's Got Talent' in 2016,
A judge who constantly made harsh comments also laughed a lot.
He regularly holds stage shows in Las Vegas.

He puts the gum tape on your mouth and play a comedy show with only gestures.
In recent years with many vocal and dance performances,
he gives us a classical laugh that makes Charlie Chaplin reminiscent.

He involved the audience pulled out of the audience seat into the stage.
The audience who was invited did not hesitate to get on the stage.
A skill that talks with just the expression of the eyes and takes people's laugh from there is just classical performing arts.

I was asked to jump in the pose of the lion on the stage, too.
The spotlight was too strong, I could not see the spectator's expression from the stage.
The spirit of the actor who headed to the light dignifiedly on that stage was still awesome.

It is called "Prop comedy" using tools rather than words.
People laugh obediently like this, our heart gets better,
because we feel humanness that AI cannot imitate.

写真 2018-12-27 15 39 27



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-04 14 19 14
Next

写真 2018-12-26 20 33 35


マイケル・ジャクソン氏がプライベートで日本にやって来た時に、
コーディネートや通訳をしたのが、私の従姉だった。
世間ではいろんなことで騒がれていた時期だったけれど、
彼の本当の優しさ、子供や動物を愛する心、
そして世界への想いなどを、垣間見せてくれたと聞いていた。

カナダのサーカス集団、シルク・ド・ソレイユが、
マイケル・ジャクソンの音楽に乗せてスペクタクルなショーを繰り広げる。
空中パフォーマンスと豪快なアクロバット、最先端の音響システム。
63人のダンサーが、一瞬たりとも目が離せない豪華ステージを演出する。

私はなかでも、片足のダンサー、ジーン・ソック氏に釘付けだった。
最難関のオーディションを突破した彼のダンス技術も突出していたし、
彼を採用したプロデューサー側の姿勢にも感銘した。

極め付けは、等身大のマイケルがイリュージョンで写し出され、
他のダンサーと一緒に踊るシーン。
もう会えないと思っていたのに、また会えたという感動。
それでも、やはり本人ではないという哀しみ。

一本足の彼も「いのち」があるから、現実として踊れるのだ。
華やかな舞台を観ながら、「いのち」について考えたラスベガスの夜。
2018年に観たあらゆるショーの中で、間違いなくNo.1だった。

写真 2018-12-26 18 34 15


When Mr. Michael Jackson came to Japan on a private visit,
his coordinator and interpreter was my cousin.
It was a time when he was troubled by people's rumor in the world,
I heard his true kindness, hearts loving children and animals, also his feelings for the world.

Circus group of Canada, Cirque du Soleil, presents a spectacular show on Michael Jackson's music.
Aerial performance and awesome acrobatics, state-of-the-art sound system.
63 dancers produce a luxurious stage that we keep an eye on for all.

I particularly paid attention about Mr. Jean Sok, a one-leg dancer.
His dance skill which broke through the most difficult audition was prominent,
I was also impressed by the attitude of the producer who adopted him.

Especially I loved a scene the life-size Michael was projected in illusion, and danced with other dancers.
I thought that I could not meet him anymore, but I was impressed that I could meet him again.
Still, I feel sorrow that he is not alive.

Jean Sok has "life", so he can dance as reality,
but Michael cannot.
It was Las Vegas night I thought about 'life' while watching the ornate stage.
Among all the shows I saw in 2018, it was definitely No. 1.

写真 2018-12-26 18 56 22

写真 2018-12-26 18 56 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-26 18 53 37

写真 2018-12-26 18 43 45


Click here to watch the PV of Michael Jackson ONE

写真 2018-12-26 18 33 20

写真 2018-12-26 20 51 14
写真 2018-12-26 20 51 27

Next

久しぶりにニューヨークでカウントダウンを迎えながら、
2018年を振り返る。

前半、思いがけない裏切りに遭って、たくさん傷付いた。
人の誠意、信頼、思いやり、謙虚な姿勢、たくさん学ばされた。
だからこそ、真にサポートしてくださる方々に救われ、
自分は嘘のない生き方を貫くことを、心に堅く誓った。

後半、具体的に動くことだけが、前に進むことを実感した。
直接会って、話して、想いを伝えることが、いかに大切か。
現実を受け入れて、自分ができることを確実に実行しなければ、
何も変わらないのだと。

声をあげると、たくさんの仲間がいて、たくさんの理解者がいて。
支えてくださっている一人一人の顔を思い浮かべながら、
2019年も、感謝溢れる1年にしたいと思います。

皆様にとって、幸多き1年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真 2019-01-01 21 49 50


While entering countdown in New York after a long time,
I looked back on 2018.

In the first half, I encountered an unexpected betrayal, and I was hurt a lot.
People's sincerity, trust, compassion, humble attitude, I learned a lot.
That is why I am saved by the people who truly support me,
I vowed my heart firmly to penetrate a way of life without lies.

In the latter half, I realized that only specific movements will make us go forward.
How important is to seeing directly, talking and telling your thoughts.
Unless you accept the reality and do what you can do reliably,
It is said that nothing changes.

If we tell our thought specifically, we would be noticed that there are many fellows and many understanding people.
While imagining the face of each person who is supporting us,
I would like to have a year of appreciation for 2019 as well.

I wish you a happy and prosperous year.
Hope you have a wonderful year in 2019.

写真 2019-01-01 11 25 49



海外永住 ブログランキングへ "
Next