Archives

2019年01月

写真 2018-12-30 11 41 01


アクロバティカルなショーをいくつもプロデュースするシルク・ド・ソレイユ。
舞台装置に220億円を費やすということがどんなことか、
「KA」の圧倒的な演出は、実際に体感してみないと分からない。

ある村で平穏に暮らしていた王族が敵の襲撃に遭いバラバラになる。
互いの攻防のなかで、人間のいろんな感情が表現される。
愛、友情、喜び、悲しみ、憎しみ。
人間の心に宿る様々な魂「KA」を、壮大な仕掛けの舞台で表現する。
空中を飛び回り、垂直の壁で戦う、重力に逆らった演出は圧巻。

シルク・ド・ソレイユの中でも、特に危険をはらんでいる演出。
過去の大きな事故を経て、今は命綱をつけているけれど、
「恐怖心を乗り越えるには練習しかない」という出演者たち。

その先にあるのは、きっと成功感、達成感、なのだろう。
スポットライトを浴びるアドレナリン、観客を喜ばせるホスピタリティー。

24時間眠らないラスベガスの街で、人生の醍醐味を考える。

写真 2018-12-30 12 05 02

写真 2018-12-30 12 51 05

写真 2018-12-30 13 27 58


Cirque du Soleil produces several acrobatic shows.
They spent 220 million dollars on the stage equipment.
The overwhelming stage show of "KA" cannot be known unless you actually experience it.

The royal family who lived peacefully in a village falls apart with enemy assault.
In each other's battle, various human emotions are expressed.
Love, friendship, joy, sorrow, hatred.
"KA" means that represent various souls that lives in the human mind with a magnificent gimmick setting.
Flying around the air and fighting on vertical walls, the production against the gravity was a masterpiece.

Even among Cirque du Soleil, the show of "KA" is particularly dangerous.
Through a big accident in the past, they wear a lifeline right now,
Cast performers say "To practice is the only way to overcome fear."

Over that, that's probably a sense of success, a sense of accomplishment.
Adrenaline taking a spotlight, Hospitality to please the audience.

In the city of Las Vegas that does not sleep for 24 hours, I think about the real pleasure of life.

写真 2018-12-30 12 53 19

写真 2018-12-30 13 09 52



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-30 13 29 39
Next

写真 2018-12-28 17 29 38


1990年代、乗務員時代に「オフ・ブロードウェイ」という言葉を初めて知った。
ニューヨークのブロードウェイ界隈に建ち並ぶ劇場ではないけれど、
それに準じるマンハッタン内の小さな劇場で公演を開催する。
顔を「青づくし」に塗った「ブルーマン」のコミカルなショーを観ながら、
その舞台に立つことがどれほど凄いことかを、実感した。

セリフのないショーだから、日本から来た友人からのリクエストも多く、
あの頃は何度も劇場に足を運んだ。
2000年に出演した企業コマーシャルが日本でも放映されて、
「ブルーマン」は一躍、世界という舞台で「時の人」となり、
ニューヨークでも、すでに25年以上のロングラン公演が続けられている。

ラスベガスの劇場は、ニューヨークの常設シアターより大きくて、
いかにもエンターテインメント向けに設営されている。
現代風にアレンジされて、プロジェクションマッピング的な要素もあったけれど、
基本となる筋書きは、あの頃とまったく変わっていなかった。

観衆を巻き込む観客参加型のショースタイルも健在で、
遅刻した観客にモニターカメラを向ける小技も同じ。
ミドルスクールに入ってからバンドを始めた次男は、
音楽的要素を高く評価して、ドラムの奏でるリズムに聴き入っていた。

「ブルーマン」舞台には、「仲間はずれ」というテーマが隠れている。
3人グループのうち、2人が組めば、残りの1人は「仲間はずれ」になる。
シニカルな「いじめ」から、観衆の笑いを取るというのも特徴。

でも、人数の多いマジョリティーにマイノリティーが従うことだけが、
解決策ではないことが、無言のなかに語られている。
2人の力が強くても、正しい1人に合わせて寄り添うことが大事。

観劇後に、こんな感想を語り合う親子がもっと増えれば良いなと思う。
こんなところにも、世界平和を考えるツールはたくさんあるのだから。

写真 2018-12-28 15 42 53


In the 1990's, during the era of flight crew, I first learned the word "Off-Broadway".
Although it is not a theater that is located on the Broadway neighborhood of New York,
they hold a performance at a small theater in Manhattan similar to that.
While watching the comical stage show of "Blue Man" painting their face “All Blue",
I learned how great they were on that stage.

As there were no language script, there were also many requests from friends from Japan,
At that time I visited the theater many times.
A corporate commercial appeared in 2000 was also aired in Japan,
"Blue Man" was "the man of the time" on stage in the world.
Since then, long-run performances of more than 25 years have been ongoing in New York.

The theater in Las Vegas was larger than the permanent theater in New York,
It was set up for entertainment all the time.
Although arranged in contemporary style, there were elements like projection mapping,
The basic scenario was not changed at all from that time.

A spectator-participating show style involving crowds was also alive,
The same skill that turns the monitor camera to the late arrival audience was the same.
My second son who started the band practice since he has entered the middle school,
he appreciated the musical elements and listened to the rhythm played by the drum.

On the show of "Blue Man", the theme of "outsiders" is hidden.
If two people out of the three people group, the remaining one becomes an "outsider".
From the cynical "bully" scene, it is also characterized as taking a laugh of the audience.

However, it is told in silence that "the minority obeying the majority" is not a solution.
Even if the power of the majority is strong, it is important to snuggle to the right one.

After the show, Hope to have more parents and children talking about these hidden theme.
Even in such a place, there are many tools to think about world peace.

スクリーンショット 2019-01-05 13.48.36

©︎BLUE MAN GROUP


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-28 15 40 34
Next

写真 2018-12-27 14 57 00


「アメリカズ・ゴット・タレント」という人気のTV番組がある。
2006年から放映され、今年で14シーズン目を迎える。
何万人という応募者から選ばれた優勝者には、100万ドルの賞金。
そこからメジャーデビューを果たした出演者は数多い。

YouTube動画でも大人気の「TAPE FACE」。
2016年の「アメリカズ・ゴット・タレント」で決勝戦まで残り、
いつも厳しいコメントをする審査員も大爆笑させた彼が、
ラスベガスで定期的にステージショーを開催している。

口にガムテープを貼り、ジェスチャーだけでコメディショーを演じる。
ボーカルやダンスといった演目の多い昨今にあって、
チャーリー・チャップリンを彷彿させるようなクラシカルな笑いを誘う。

観客席から引っ張り出したオーディエンスを舞台に巻き込む。
当てられた観客もすぐに観念して、舞台に上がっていくノリの良さ。
目の表情だけで会話をして、そこから笑いを取るスキルは、まさに古典芸能。

私もいつしか舞台に上げられて、ライオンのポーズで飛ぶハメに。
スポットライトが強過ぎて、ステージから観客の表情は見えないけれど、
あの壇上で堂々とライトに向かえる役者魂は、やはり凄もの。

言葉でなく道具を使った「プロップコメディ」。
こんな風に素直に笑って、心が和むのは、
そこに、AIには真似できない人間らしさを感じるからだろうか。

写真 2018-12-27 17 43 42


There is a popular TV program called "America's got Talent."
It was aired from 2006, and it will be in the 14th season this year.
To the winners chosen from tens of thousands of applicants, a million dollar prize.
There are many performers who made a major debut from there.

"TAPE FACE" is also popular on YouTube videos.
He was a finalist of the final match in 'America's Got Talent' in 2016,
A judge who constantly made harsh comments also laughed a lot.
He regularly holds stage shows in Las Vegas.

He puts the gum tape on your mouth and play a comedy show with only gestures.
In recent years with many vocal and dance performances,
he gives us a classical laugh that makes Charlie Chaplin reminiscent.

He involved the audience pulled out of the audience seat into the stage.
The audience who was invited did not hesitate to get on the stage.
A skill that talks with just the expression of the eyes and takes people's laugh from there is just classical performing arts.

I was asked to jump in the pose of the lion on the stage, too.
The spotlight was too strong, I could not see the spectator's expression from the stage.
The spirit of the actor who headed to the light dignifiedly on that stage was still awesome.

It is called "Prop comedy" using tools rather than words.
People laugh obediently like this, our heart gets better,
because we feel humanness that AI cannot imitate.

写真 2018-12-27 15 39 27



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-04 14 19 14
Next

写真 2018-12-26 20 33 35


マイケル・ジャクソン氏がプライベートで日本にやって来た時に、
コーディネートや通訳をしたのが、私の従姉だった。
世間ではいろんなことで騒がれていた時期だったけれど、
彼の本当の優しさ、子供や動物を愛する心、
そして世界への想いなどを、垣間見せてくれたと聞いていた。

カナダのサーカス集団、シルク・ド・ソレイユが、
マイケル・ジャクソンの音楽に乗せてスペクタクルなショーを繰り広げる。
空中パフォーマンスと豪快なアクロバット、最先端の音響システム。
63人のダンサーが、一瞬たりとも目が離せない豪華ステージを演出する。

私はなかでも、片足のダンサー、ジーン・ソック氏に釘付けだった。
最難関のオーディションを突破した彼のダンス技術も突出していたし、
彼を採用したプロデューサー側の姿勢にも感銘した。

極め付けは、等身大のマイケルがイリュージョンで写し出され、
他のダンサーと一緒に踊るシーン。
もう会えないと思っていたのに、また会えたという感動。
それでも、やはり本人ではないという哀しみ。

一本足の彼も「いのち」があるから、現実として踊れるのだ。
華やかな舞台を観ながら、「いのち」について考えたラスベガスの夜。
2018年に観たあらゆるショーの中で、間違いなくNo.1だった。

写真 2018-12-26 18 34 15


When Mr. Michael Jackson came to Japan on a private visit,
his coordinator and interpreter was my cousin.
It was a time when he was troubled by people's rumor in the world,
I heard his true kindness, hearts loving children and animals, also his feelings for the world.

Circus group of Canada, Cirque du Soleil, presents a spectacular show on Michael Jackson's music.
Aerial performance and awesome acrobatics, state-of-the-art sound system.
63 dancers produce a luxurious stage that we keep an eye on for all.

I particularly paid attention about Mr. Jean Sok, a one-leg dancer.
His dance skill which broke through the most difficult audition was prominent,
I was also impressed by the attitude of the producer who adopted him.

Especially I loved a scene the life-size Michael was projected in illusion, and danced with other dancers.
I thought that I could not meet him anymore, but I was impressed that I could meet him again.
Still, I feel sorrow that he is not alive.

Jean Sok has "life", so he can dance as reality,
but Michael cannot.
It was Las Vegas night I thought about 'life' while watching the ornate stage.
Among all the shows I saw in 2018, it was definitely No. 1.

写真 2018-12-26 18 56 22

写真 2018-12-26 18 56 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-26 18 53 37

写真 2018-12-26 18 43 45


Click here to watch the PV of Michael Jackson ONE

写真 2018-12-26 18 33 20

写真 2018-12-26 20 51 14
写真 2018-12-26 20 51 27

Next

久しぶりにニューヨークでカウントダウンを迎えながら、
2018年を振り返る。

前半、思いがけない裏切りに遭って、たくさん傷付いた。
人の誠意、信頼、思いやり、謙虚な姿勢、たくさん学ばされた。
だからこそ、真にサポートしてくださる方々に救われ、
自分は嘘のない生き方を貫くことを、心に堅く誓った。

後半、具体的に動くことだけが、前に進むことを実感した。
直接会って、話して、想いを伝えることが、いかに大切か。
現実を受け入れて、自分ができることを確実に実行しなければ、
何も変わらないのだと。

声をあげると、たくさんの仲間がいて、たくさんの理解者がいて。
支えてくださっている一人一人の顔を思い浮かべながら、
2019年も、感謝溢れる1年にしたいと思います。

皆様にとって、幸多き1年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真 2019-01-01 21 49 50


While entering countdown in New York after a long time,
I looked back on 2018.

In the first half, I encountered an unexpected betrayal, and I was hurt a lot.
People's sincerity, trust, compassion, humble attitude, I learned a lot.
That is why I am saved by the people who truly support me,
I vowed my heart firmly to penetrate a way of life without lies.

In the latter half, I realized that only specific movements will make us go forward.
How important is to seeing directly, talking and telling your thoughts.
Unless you accept the reality and do what you can do reliably,
It is said that nothing changes.

If we tell our thought specifically, we would be noticed that there are many fellows and many understanding people.
While imagining the face of each person who is supporting us,
I would like to have a year of appreciation for 2019 as well.

I wish you a happy and prosperous year.
Hope you have a wonderful year in 2019.

写真 2019-01-01 11 25 49



海外永住 ブログランキングへ "
Next