Archives

2019年02月

写真 2019-02-20 18 35 07


乗務員としてラインアウトした当時、欧米へのフライトは2泊が基本だった。
会社の経営状態が悪くなり、長大路線以外の滞在は1泊以下になった。

西海岸には昼前に到着し、翌朝には日本に戻る。
フライト疲れで横になると、つい夜半過ぎまで寝てしてしまうのだが、
今度は朝まで眠れなくなり、帰りのフライトに支障が出る。
夕方に一度起きて、食事をしてからまた寝るのが正しい過ごし方とされた。

サンフランシスコ滞在時に、乗務員がよく行っていたベトナム料理のお店。
新鮮な茹でガニと、締めのガーリックヌードルを食べるのが定番だった。

あの頃の思い出を頼りに、当時と変わらぬメニューを注文する。
周囲には、おそらくコックピットクルーと思われる男性グループ、
キャビンクルーのような女性集団のテーブルがあった。

食事の値段が跳ね上がり、サービスも決して良いとは言えない。
「思い出は美化される」と言うけれど、美味しい味が健在だったのが何より。

写真 2019-02-20 19 02 42

写真 2019-02-20 19 02 48

写真 2019-02-20 19 02 57


At the time when I checked-out as a crew member, the flight to Europe and the United States had basically two nights stay.
The business condition of the company got worse, and staying outside the long journey route was less than one night.

We arrived at the west coast early in the morning and returned to Japan the next morning.
Flight When we laid down with fatigue, we fallen asleep until midnight,
Next time we could not sleep till the morning, hindrance to the return flight.
So we should wake up in the evening, and sleep again and after having a meal.
It was taken to be the right way to spend.

There was a Vietnamese restaurant where crews often used when staying in San Francisco.
The default was to eat fresh boiled crabs and garlic noodles.

Based on memories of those days, I ordered an unchanged menu.
There were probably a group of men who seemed to be a cockpit crew,
and there was a table of women group like cabin crew.

The price of meals has jumped, and the service was not so nice.
"Memories will be beautified", but I was happy that the most delicious taste was alive.

写真 2019-02-20 19 33 42

写真 2019-02-20 19 45 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 20 08 08

写真 2019-02-20 20 08 13

Next

写真 2019-02-20 11 44 09


かつて、ワイン業者とメディア関係者以外には非公開のワイナリーも多かった。
しかし近年は一般客相手に予約制でツアーを実施し、
丁寧にワインを小売販売してくれるワイナリーも少なくない。

イタリア語の「ファー・ニエンテ」は、「何もしないことの喜び」。
すなわち、「自由に、気ままに」という意味らしい。

90年代、ソムリエ資格を持った先輩に紹介されて、そのワインを知った。
歴史的背景を漂わせる建物が描かれたエチケットの美しさ。
シャルドネの黄金色の輝きと樽香との素晴らしいバランスに魅了された。
値段が高騰した昨今、ニューヨークで出会うことは滅多になかった。

美しく整備された並木路を通って、ワイナリーの玄関口へ到着。
ホスピタリティー溢れるスタッフが、丁寧に出迎えてくれた。
建物に入れず池の周囲で遊ぶ子供たちを、彼女が見守ってくれるという。

しばし現実を離れて、ワイナリーの歩んできた歴史の旅に出る。
ワインへの憧れとか、時間の思い出とか、失くした友人とか。
いろんなことを懐古する。

そしてこうやって、人と人、想いと想いを繋ぐことが、
残された者のミッションなのだと噛みしめる。

ワインの心も、人の心も。
ずっと誰かの中で、生き続けている。

写真 2019-02-20 11 45 01

写真 2019-02-20 11 51 09

写真 2019-02-20 11 51 14


In the past, there were many private wineries that only winemakers and media stakeholders were welcomed.
However, in recent years, tours have been made to regular customers by reservation system, there are some wineries who sell wine as retail.

The Italian "Far Niente" is "Without no care."
That is, it seems to be meaning "leisurely and freely".

In the 1990s, I was introduced this wine by seniors with sommelier qualifications.
The etiquette with the building drawn with historical background was very beautiful.
I was fascinated by the wonderful balance of Chardonnay's golden glow and the smell of oak.
In recent years after the price soared, we rarely met in New York.

We arrived at the entrance of the winery through a beautifully maintained tree-lined street.
Staff full of hospitality welcomed us carefully.
She said she watched children playing around the pond without entering the building.

For a while, I left the reality and go on a journey of history that the winery had been walking on.
A longing for wine, memories of time, friends who passed away.
I recollected various things.

And by doing this, connecting people and people, feelings and feelings,
I will bit it as the mission of the leftover person.

The heart of wine, the heart of man.
They will keep living in heart of someone for a long time.

写真 2019-02-20 11 52 10

写真 2019-02-20 11 52 18

写真 2019-02-20 11 52 41

写真 2019-02-20 11 56 25

写真 2019-02-20 11 56 32


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 11 50 10

写真 2019-02-20 11 50 14





Next

写真 2019-02-19 17 26 33

写真 2019-02-19 17 10 41
写真 2019-02-19 16 52 21

写真 2019-02-19 16 52 55

写真 2019-02-19 17 07 55


19世紀後半、ヨーロッパでフィロキセラという寄生虫が流行した時、
欧州のワイン畑は壊滅する寸前だった。
虫に強い北米のワイン木を接ぎ木することで危機を脱し、
現在も世界中で、いわゆる「旧世界」のワインが楽しめるのだ。

人工衛星を飛ばして、フランスと同じ気候・同じ土壌条件を探し当て、
フランスよりも廉価で美味しいワインを生産してきたカリフォルニア。
しかし世の中のカリフォルニアワイン人気に伴い、その値段も高騰している。

カリフォルニアワインの聖地、ナパ・バレー。
これまでにも何度か訪れたことがあるけれど、ずいぶん状況が変わって来た。
ワイナリーによってスタンスは様々だが、キッズフレンドリーな場所から、
13歳以下の子供は敷地内立ち入りさえ禁止というワイナリーもあった。
ツアーの事前予約はもちろん、ワイン購入の意思がなければショップにも入れない。

秋の収穫を終えて、新緑のかけらもないこの時期は、訪問客も少ないけれど、
ワイナリー専属のツアーガイドとブドウ畑を歩くのは本当に楽しい。

かつては「新世界」と称されたカリフォルニアワインも、
今は堂々と老舗の殿堂入りを果たしていることを実感する。

写真 2019-02-20 9 49 48

写真 2019-02-20 10 00 12

写真 2019-02-20 10 00 05

写真 2019-02-20 10 06 10

写真 2019-02-20 10 21 43

写真 2019-02-20 10 23 02


In the late nineteenth century, when a parasite named Phylloxera was prevalent in Europe,
European wine fields were on the verge of being destroyed.
It got out of crisis by grafting North American wine tree resistant to insects,
Currently around the world, we can enjoy the so-called 'old world' wine.

In California, people used satellites, found the same climate and the same soil condition as France.
They have produced cheaper and delicious wines than France.
But with the popularity of California wines in the world, the price has been also rising.

Napa Valley is the holy land of California wine.
I have visited several times so far, but the situation has been changing a lot.
The winery has a variety of stances, but from a kids-friendly place,
There were also wineries where children under the age of 13 were banned from entering the premises.
As well as booking the tour in advance, you cannot enter the shop without wishing to purchase wine.

After the autumn harvest, at this time without fresh green, there were few visitors.
But It was a lot of fun walking the winery exclusive tour guide and vineyards.

California wine once called "New World".
We know they are playing dignified entrance into the old-fashioned hall of fame now.

写真 2019-02-20 10 28 30

写真 2019-02-20 10 32 35

写真 2019-02-20 10 41 52

写真 2019-02-20 11 15 26


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 11 32 40

写真 2019-02-20 11 33 59


Next

写真 2019-02-19 15 16 29


突然思い立って、バークレーの街に。
全米で最も予約の取りにくいレストランの1つ「シェ・パニーズ」へ。

10年以上前に、かつての仕事仲間の叔母さんが働いているのを聞いてから、
ずっと行く機会を狙っていたけれど、なかなかチャンスがなかった。

ここで留学生をしていたことが信じられないくらい、
バークレーの街は美しくて、栄えていた。
あの頃は、何も見えていなかったのだなと、つくづく感じた。

アメリカではすでにカリスマ的存在のシェフ、アリス・ウォーター女史が、
1971年にオープンした、アメリカ料理のレストラン。
自然と人間に優しい農法で育てた地元の新鮮で美味しい食材を使用する。
スローフードや健康志向が高まる昨今、有機農法にこだわる店は多いけれど、
40年以上前から、同じスタンスで食事を提供してきた稀少な存在。

アメリカンバーガーとピザが唯一の御馳走だった学生時代に、
「食の美味しさの革命」にこだわり続けていたシェフに出会っていたら、
それはきっと、西海岸に踏みとどまるキッカケになっていただろう。

今回の旅の目的は、バークレーの思い出を奪回することだったのかもしれない。

写真 2019-02-19 15 15 25

写真 2019-02-19 15 14 35


Suddenly thinking, we went to the city of Berkeley.
To one of the US's most difficult-to-reserve restaurants "Chez Panisse".

More than 10 years ago, after I heard that my former colleague's aunt worked,
I was aiming for the opportunity to go all the time, but I did not have a quite chance.

I could hardly believe that I was an international student here,
The city of Berkeley was beautiful and prosperous.
In those days, I felt that I could not see anything in those days.

This American restaurant "Chez Panisse" has been opened in 1971 by Ms. Alice Waters.
She used locally fresh and tasty ingredients that were raised with nature and human-friendly farming methods.
Nowadays slow food and health consciousness are increasing nowadays, there are many stores that adhere to organic farming methods.
But for over 40 years, it is rare existence that has offered meals with the same stance.

During the student days when American Burger and Pizza were the only treats,
If I met a chef who was sticking to "revolution of taste of food"
I might been staying on the west coast.

The purpose of this trip may have been to recapture the memories of Berkeley.

写真 2019-02-19 14 05 27

写真 2019-02-19 15 12 20


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-19 14 15 44

写真 2019-02-19 14 29 49

写真 2019-02-19 14 30 05

写真 2019-02-19 14 55 17

写真 2019-02-19 14 55 23



Next

写真 2019-02-19 9 15 36

写真 2019-02-18 12 53 23


ピア33からフェリーに乗って約15分。
かつて全米の凶悪犯が収容されていたアルカトラズ連邦刑務所の跡地に到着。

南北戦争の前後から、囚人を収容する監獄となり、
1861年から1963年まで100年間、正式な連邦刑務所として使用されていた。

目の前、たった2キロぐらいの場所に、サンフランシスコの街並みが見える。
簡単に脱獄できそうでも、激しく波打つ冷たい海流のせいで、
向こう岸まで泳いで渡ることは不可能に違いない。

それでも、たくさんの囚人が脱獄劇を繰り広げたという歴史的事実がある。
首から下げた音声ガイドを頼りに、2時間程のツアーが終わる。

かつて囚人だったという男性が、今はアルカトラズのガイドをしている。
ギフトショップでは、彼が書いた本が販売されている。

法律って、何だろう。赦すことって、何だろう。
刑務所跡へのショートトリップは、複雑な思いが残った。

写真 2019-02-19 9 23 25

写真 2019-02-19 9 29 53

写真 2019-02-19 10 04 53


About 15 minutes riding a ferry from Pier 33.
We arrived at the site of the Alcatraz federal prison, where thugs of the United States were once housed.

Before and after the Civil War, it became a prison to accommodate prisoners,
It was used as a formal federal prison for 100 years from 1861 to 1963.

In front of our eyes, we can see the cityscape of San Francisco just away about 2 kilometers.
Even though it seems easy to jailbreak, due to the rippling cold currents,
It is impossible to swim across the other side.

Still, there is a historical fact that many prisoners have played a jailbreak play.
Along with the voice guide, the tour of about two hours was over.

A man who used to be a prisoner, now worked as a guide to Alcatraz.
In a gift shop, the book he wrote has been sold.

What is the law? What is to forgive?
A short trip to the prison site left complicated feelings.

写真 2019-02-19 10 13 05

写真 2019-02-19 10 13 21

写真 2019-02-19 10 51 09


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-19 10 42 37
Next

写真 2019-02-17 14 08 35


初めてここに立った時の気持ちを覚えている。

10代の留学生生活は、車の運転も出来なくて、ビールも飲めなくて。
バスを乗り継いでここに来て、お小遣いをはたいて、家族にお土産を買った。

初めて見たアメリカ本土の大きさと、
初めて触れたアメリカ生活の厳しさと、
初めて知ったアメリカ人の感性の乏しさと。

それでも、アメリカは偉大だった。

ここで食べたクラムチャウダーの塩味と、
涙の塩味が混ざっていた。

何であんなに苦しかったのだろう。

写真 2019-02-17 14 26 40

写真 2019-02-17 14 36 42


I remember feelings when I first stood here.

I could not drive a car, I could not drink beer, for my teenage foreign student life.
I came here by transferring a bus, making my pocket money and buying a souvenir for my family.

The size of the mainland that I saw for the first time,
The severity of American life that I mentioned for the first time,
The lack of sensibility of Americans who I knew for the first time.

Still, America was great.

The salty taste of clam chowder I ate here,
and saltiness of tears was mixed.

I wonder why it was so painful.

写真 2019-02-17 15 11 31

写真 2019-02-17 15 18 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-17 15 43 06

Next

写真 2019-02-17 11 10 59


急遽、西海岸に行くことになった。
日本に行く度に、アメリカ大陸を横断しているけれど、
6時間という飛行距離に、つくづく米国の大きさを思い知る。

北風の吹く寒い街を、バスに乗って市内一周。
10代で留学した時の、憧れと寂しさの入り混じった複雑な気持ちを回顧する。

あの頃、恋い焦がれていたものは、何だったのだろう。
手に入らないものばかり、追いかけていた。

「足るを知る」
だから今が幸せなのだと。

写真 2019-02-18 11 45 46

写真 2019-02-18 11 52 23

写真 2019-02-18 12 04 27

写真 2019-02-18 12 14 58


Hurriedly, we decided to go to the west coast.
Every time I go to Japan, I cross the Americas.
In the flight distance of 6 hours, I'm always conscious of the size of the United States.

We took the city bus to go around, in the cold with north wind blows.
I looked back over my feelings mixed with admiration and loneliness when I studied in my teens.

I wonder what was the thing that I felt in love at that time.
I was just chasing what I could not get.

"To knowing one has enough"
I am happy now.

写真 2019-02-18 12 29 43

写真 2019-02-18 12 30 49

写真 2019-02-18 12 31 13


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-18 12 51 55

写真 2019-02-18 12 53 15 (1)

Next

杉原千畝氏の四男・杉原伸生氏との打ち合わせ。
最初の目的を達成した次にやりたかったことが、
伸生氏とドイツ国際平和村を繋げることだった。

私はドイツに寄らずにニューヨークに戻らねばならず、
すべてを敬子さんに託して、報告を待った。

前例がないからやらないのではなく、前例がないからやる。
誰かがやるのを待つのではなく、自ら動いてやる。

平和村が続けていこうとしていることと、
伸生氏が目指していることの情報交換をするなかで、発信された言葉。

「宇宙から見た地球に国境はない。
私たちの住む地球は、天体の中で一番美しく青い色をしているのです。
この地球を、子供たちのために綺麗に保たなければなりません」

子どもたちと未来のことを、宇宙規模で考えること。
それぞれの立場で、できる活動をすること。

地球上に実を結ぶべき愛と平和は、今こそ芽吹く時を待っている。

今年4月、日本で「未来のいのち国際サミット2019」を開催します。

写真 2019-02-11 13 49 28

©︎ドイツ国際平和村

We had a meeting with Mr. Nobuki Sugihara, the fourth son of Mr. Chiune Sugihara.
What we wanted to do next after achieving our initial goal,
It was to connect Mr. Nobuki and the Friedensdorf International / German International Peace Village.

Though I had to go back to New York without going to Germany,
I entrusted Keiko to everything and waited for the report.

We have to do because there is no precedent.
We do not wait for someone to do it, but move by ourselves.

In the course of exchanging the information for the aim of Peace village and Mr.Nobuki, the following words were sent out.

"There is no borders on the earth seen from outer space.
The earth we live in is the most beautiful and blue color in the celestial body.
We must keep this earth clean for our children."

Think about the future with the children on the universe scale.
To do activities that can be done in each position.

The love and peace that should bear fruit on the earth are waiting for the time to bud.

We will hold "Future Life International Summi 2019" in Japan in April.

写真 2019-02-11 13 49 38


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-02-10 6 29 49

写真 2019-02-10 8 36 44

写真 2019-02-10 8 36 57


ベルギーの首都ブリュッセルから北西へ90キロ。
「屋根のない美術館」としても知られる美しい街、ブルージュへ。

ブルージュの語源は「ブリッジ(橋)」。
市内に張り巡らされた運河にかかる無数の橋が点在する。

「ブリュージュの鐘楼」と「べギン会修道院」、2つの世界遺産。
旧市街全体がユネスコの世界遺産に指定されている街並みを、
港湾都市として栄えた中世当時の隆盛ぶりを想像しながら歩く。

マルクト広場を起点に小一時間の古都散歩。
ランチは、ベルギービールとムール貝、チキンやビーフの煮込み料理。
貴重な週末、私たちに精一杯のおもてなしをしてくださる伸生氏とその御家族。
その心優しさに、改めてたくさんのことに気付かせていただいた。

ほぼ毎日のように雨が降り雲間が見えることはないと言われているこの時期、
敬子さんと伸生さんパワーで、私たちが外を歩く時だけはなぜか雨が止む。

この時間が、次のステップに進む礎を作ってくれたことに、間違いはない。
世界を少しでも良いものにするためには、具体的に行動するだけ。
この旅を通して、確実に仲間の絆は深まった。

写真 2019-02-10 19 18 42

写真 2019-02-10 19 18 24

写真 2019-02-10 19 18 50


We headed 90 km northwest of the capital city of Belgium, Brussels.
To Bruges, a beautiful city, also known as a "museum with no roof".

The origin of Bruges is "bridge".
There are countless bridges scattered around the canals stretched in the city.

"Belfort en Hallen" and "Begijonhof", two world heritage sites.
We walked the townscape that the whole old city is designated as a UNESCO World Heritage Site, while imagining the prosperity of the Middle Ages that flourished as a port city.

From the Grote Markt start a small hour's walk through the old capital.
Our lunch was Belgian beer and mussels, chicken and beef stewed dishes.
At a valuable weekend, Mr. Nobuki Sugihara and his family gave us the utmost hospitality.
I noticed many things to that kindness.

It was said that almost every day as it rained and we could not be seen the sun in this period,
By the power of Keiko and Mr. Nobuki, and rain stopped for some reason only when we walked outside.

There was no mistake that this time made the foundation to proceed to the next step.
In order to make the world as good as possible, we only act concretely.
Through this trip, the bonds of our friends definitely tightened.

写真 2019-02-10 6 31 37

写真 2019-02-10 6 40 27

写真 2019-02-10 6 42 38

写真 2019-02-10 7 08 45

写真 2019-02-10 7 09 50

写真 2019-02-10 7 10 33

写真 2019-02-10 19 16 22 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-10 6 14 44

写真 2019-02-10 6 15 32

写真 2019-02-10 6 15 39



Next

写真 2019-02-09 7 32 39

写真 2019-02-09 7 32 50


前職で世界を飛び回っていた頃、到着時に機体のドアが開く前に、
その街の匂いを、心と身体が思い出すようになっていた。

今はもうそんなことは出来ないけれど、
日本に帰ると、やはり街に甘塩っぱい醤油の匂いが多い気がする。

ベルギーの街は、どこもかしこもチョコレートの香りが溢れていた。
芳ばしいけれど甘ったるい、身体の力が抜ける魔法の薬。

この国の人の笑顔が美しいのは、
きっとチョコレートとワッフルのせいなんだろうか。

写真 2019-02-09 7 33 17

写真 2019-02-09 7 33 26

写真 2019-02-09 7 34 27

写真 2019-02-09 7 34 58


When I was flying around the world in my previous job, before the airplane door opened on arrival,
The mind and body were supposed to recall the smell of the city.

Though I cannot do such a thing anymore,
When I return to Japan, I feel that the city smells sweet and salty soy sauce as well.

In the city of Belgium everywhere was smelling of chocolate.
It was like a magical medicine that smells good and sweet and make my body uncontrolled.

The smile of people in this country is so beautiful,
Maybe it's due to chocolate and waffles.

写真 2019-02-09 7 35 05



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-09 16 43 23

Next

写真 2019-02-09 9 51 06

写真 2019-02-09 9 51 25


ベルギーの人々は、「フレミッシュ」という言語を話す。
現在のオランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての一帯、
「フランドル地方で話されるオランダ語」のことをいう。

イギリス人作家ウィーダ原作の「フランダースの犬」という作品は、
その舞台となった「フランドル地方」ではあまり知られていないとう事実。
日本のアニメ文化の偉大さを改めて感じながら、大聖堂を参拝した。

主人公・ネロ少年と年老いた大型犬パトラッシュは、物語の最後に、
アントワープ聖母大聖堂のルーベンスの絵画の前で行き倒れる。
ネロがずっと憧れていた「キリストの昇架」と「キリストの降架」の二作は、
当時、幕がかけられて、有料でしか拝観できなかったらしい。

あくまでも物語だけれども、あまりにも切ないストーリー。
ネロが母の面影を探したという「聖母被昇天」のマリア様を眺めながら、
傷ついた子ども達が、せめて自国で母に会えますようにと願う。

大聖堂では、夕刻の礼拝に参列。
神父様のフレミッシュは子守唄のようで、時差ボケの頭には難解過ぎたけれど、
20年ぶりに訪れたアントワープの街は、たくさんの想いに気付かせてくれた。
フランドル地方を代表するルーベンスの生家に寄れたことも、大きな旅土産。

ちなみに、杉原伸生氏の御家庭では、皆が英語で会話をする。
ベルギー国内でもすべて英語が通じるのは本当にありがたく、
同時に欧州文化の偉大さをつくづく感じた。

写真 2019-02-09 10 54 57

写真 2019-02-09 10 58 10

写真 2019-02-09 10 56 59

写真 2019-02-09 10 57 56


People in Belgium speak the language "Flemish".
It's Dutch spoken in the Flemish region, currently in the southern part of the Netherlands, western Belgium, northern France.

A story named "A dog of Flanders" by British author Ouida,
we have known the fact that it is not well-known in the "Flanders region" that served as the stage.
We visited the cathedral again feeling the greatness of Japanese anime culture.

At the end of the story, a hero boy Nello, and the elderly large dog Patrasche passed away in the presence of Rubens' art work of the cathedral of Our Lady of Antwerp.
Two works, "Elevation of Christ" and "Descent of Christ" that Nello has always longed for,
it seemed that at that time, it was closed by the curtain and only rich people who can pay the fee could be watched.

Although it was a story to the last, it was too sad.
While watching Maria of "The Assumption of Our Lady" that Nello looked for her mother's memory,
I hoped that the injured children at least see their mothers in their own country.

In the cathedral, we attended the evening service.
Flemish of the Father seemed to be a lullaby, and it was too difficult for my brain of jet lag,
The city of Antwerp, which I visited for the first time in 20 years, made me realize the many thoughts.
It was a great gift that we stopped by the Rubens birthplace representing the Flemish region.

By the way, among the family of Mr. Nobuki Sugihara, everyone talks in English.
I really appreciated the English was in general in all Belgium,
At the same time I felt the greatness of European culture obsessed.

写真 2019-02-09 8 00 58

写真 2019-02-09 8 16 03

写真 2019-02-09 8 20 44


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2019-03-01 13.09.27
Next

写真 2019-02-11 12 59 28


ニューヨークからブリュッセルまで、フライトで約8時間。
金曜日夜に出発すると、土曜日早朝にベルギーに辿り着ける。
眠たい目をこすりながら、電車に乗り換えて、アントワープ中央駅へ。

一人で駅を彷徨うことになるかと思いきや、
初対面の私を、満面の笑みで迎えに来てくれた美しい女性がいた。
間違いない、杉原伸生氏の奥様と愛犬のキヨタロウ。
そして駅前に停まった車で、お嬢さんが待っているという。

気がつけば、そのまま杉原伸生氏の御邸宅に招かれていた。
昼近くになって、ドイツ国際平和村のスタッフ妙子さんと一緒に、
デュッセルドルフ経由で来た敬子さんが到着。

杉原千畝氏の面影と気質をそのまま受け継いだ伸生氏との対談は、
非常に実り多く、充実した内容であった。

気持ちが打ち解けたところで、アントワープの街歩きを御一緒してくださり、
夜は再び伸生氏の御邸宅で、家族揃って大晩餐会。

最後に合流した智子さんのバースデーケーキまで御用意してくださっていた。
なんと素晴らしいおもてなしだろうかと、欧州の地で涙する。

無垢な気持ちで、愛と平和について考える。
この出会いがきっと、世界を変えてくれるかもしれない。

写真 2019-02-09 6 29 43

写真 2019-02-09 16 43 23

写真 2019-02-09 8 28 27


About 8 hours by flight from New York to Brussels.
Departing on Friday night, you can reach Belgium early next morning.
While rubbing the sleepy eyes, I changed to the train and headed to Antwerp Central Station.

I wonder if I would wander around the station by myself,
There was a beautiful woman who came to pick me up with a full smile, even though I met her for the first time.
There was no doubt, she was Mrs. Nobuki Sugihara and her dog.
And in the car that stopped in front of the station, Nobuki's daughter was waiting.

When I noticed it, I had been invited to Mr. Nobuki Sugihara's apartment.
At around the noon, Taeko, a staff of "Friedensdorf International/Germany International Peace Village", and Keiko form Japan arrived via Düsseldorf.

A dialogue with Mr. Nobuki who inherited the image and temperament of Mr.Chiune as it was,
was very fulfilling content.

After we shared good feelings, we enjoyed Antwerp 's town walking,
In the evening again, at Mr. Nobuki's apartment, we had a family banquet dinner party.

They had prepared a birthday cake for Satoko who joined at the end.
It was amazing that they gave us such a wonderful hospitality in the land of Europe.

Thinking about love and peace with innocent feelings.
This encounter will surely likely to change the world.

写真 2019-02-09 16 43 19


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-09 14 33 17

Next

写真 2019-02-09 6 29 55


「目の前に困っている人がいたら、手を差し出す。」
「人として正しいことを選択する。」

1967年の創立以来、ドイツ国際平和村は、そうやって2万人以上の
「未来のいのち」を救ってきた。

それでも法律や国境という壁があって、できないことがある。
かつて国境封鎖により自国に子どもを帰国させられなかった経験から、
現在はガザ地区の子どもたちを受け入れを中止している。

ガザ地区を封鎖しているイスラエル政府に、
世界の誰よりも大切にされている日本人、それが杉原千畝氏だった。
ユダヤ人6000人を救った「命のビザ」発行の功績は大きい。

千畝氏の四男・伸生氏は、かつてイスラエルからの援助を受けて、
イスラエルのヘブライ大学に通い、現在はベルギーに在住されている。

ドイツ国際平和村と杉原千畝氏の御子息が繋がれば、
きっと新しい奇跡が起こるはず。

いま自分たちが出来ることをやろう。
私たちは、そうやって動き出した。

写真 2019-02-09 3 48 51

写真 2019-02-09 4 30 54


"If someone is in trouble, give out your hands."
"Choose the right thing as a person."

Since its founding in 1967, "Friedensdorf International /the German International Peace Village" has done that and saved more than 20,000 lives for the future.

Still there are barriers of laws and borders, and there is something they cannot do.
From the experience that they could not let children return home by the border blockade once,
Currently they are stopping accepting children from the Gaza Strip.

By the Israeli government that is blocking the Gaza Strip,
The Japanese who was cherished more than anyone in the world, was Mr. Chiune Sugihara.
The achievement of issuing "visa for life" that saved 6,000 Jews was great.

Mr. Chiune's fourth son, Mr. Nobuki, once received assistance from the Israeli, he attended the Hebrew University in Israel and now lives in Belgium.

If the German International Peace Village and Mr. Chiune's son would connected,
Surely a new miracle will occur.

We shall do what we can do now.
So we have started our activities.

写真 2019-02-09 16 41 24



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-09 6 37 07

写真 2019-02-09 6 37 12

写真 2019-02-09 6 37 20
Next

写真 2019-02-07 14 34 34

写真 2019-02-07 18 15 04

写真 2019-02-07 18 21 37


日本で創業330年を誇る老舗ブランド「香蘭社」と、
トライベッカで創業11年を迎えた「Sushi AZABU」のコラボイベント。

「Sushi AZABU」は、1993年創業の「Plan・Do・See」が親会社とはいえ、
ニューヨークで10年以上飲食店を経営する難しさは、世界中が知っている。
どちらの企業も愛して尊敬してやまないからこそ、
このイベントは絶対に成功させたいと思って臨んだ。

昨秋リノベーションされたばかりのプライベートダイニングルームで、
寿司懐石コースと日本酒を、香蘭社の器でお楽しみいただくという企画。
一晩2回転のイベントは、どちらも満席御礼。

気がつけば、私自身もマンパワーとしてサービス提供する側になり、
久しぶりに乗務員時代の「おもてなしのやりがい」を思い出した。

日本人と日本企業がニューヨークでコラボする夢の競演。
今後の可能性をたくさん見いだすことができたと実感している。

御参加くださった皆様、関係者すべての方々、本当にありがとうございました。
また素敵な企画を、実現させましょう。

写真 2019-02-08 11 46 58

<先付け・Amuse>胡麻豆腐/生雲丹/叩きオクラ/山菜/旨ゼリー
Sesame Tofu with Uni/Okura/Wasabi/Umami Jelly
写真 2019-02-08 11 46 50

<刺身・Sahimi>三種盛り Three Kinds Sashimi
写真 2019-02-08 11 46 42

<八寸・Hassun>鮟肝ポン酢/飯蛸旨煮/筍照り焼き/菜の花唐墨/山桃/厚焼き卵/黒枝豆
Ankimo Ponzu/Simmered Octopus/Teriyaki Bamboo Shoot/Canola Flower withBottarga/Bay Berry/Egg Omelette/Black Edamame
写真 2019-02-08 11 46 35

<お凌ぎ・Oshinogi>フォアグラ茶碗蒸し/キャビア/金箔
Foie Gras Chawanmushi/Caviar/Golden Flakes
写真 2019-02-08 11 46 13

<焼き物・Yakimono>太刀魚幽庵焼/酢取り茗荷
Bely Fish with Yuan Sauce/Japanese Ginger
写真 2019-02-08 11 46 09

<煮物・Nimono>鰤大根/法蓮草/人参
Simmered Wild Yellowtail/Spinach/Carrots
写真 2019-02-08 11 46 00

<食事・Sushi>握り寿司 Chef's Choice of Nigiri
写真 2019-02-08 12 34 43

写真 2019-02-08 12 34 37 (1)

<デザート・Dessert>和三盆プリン/苺ソース/ミント
Wasanbon Puddings/Strawberry Sauce/Mint
写真 2019-02-08 11 45 43


"Collaboration Event of Sushi AZABU and Koransha"

We held a collaboration event of "Koransga" , the established long-established brand boasting 330 years in Japan, and "Sushi AZABU" celebrating 11 years in Tribeca.

Though the parent company of " Sushi AZABU" is "Plan · Do · See" established in 1993,
The world knows the difficulty of running a restaurant in New York for over 10 years.
Because I love and respect both companies,
we wished make this event absolutely successful.

In the private dining room just renovated last autumn,
We planned to make enjoy Sushi Kaiseki course and sake at the products of Koransha.
Both two sets per night of events were full.

When I noticed, myself became a manpower service provider,
I remembered the "rewarding of hospitality" of the cabin attendant for the first time in a while.

It was a dream competition where Japanese and Japanese companies collaborated in New York.
We realized that we could find a lot of future possibilities.

Thank you very much to everyone who participated, all the people involved.
We wish we have another event in the near future.

写真 2019-02-07 20 37 25

写真 2019-02-07 22 26 13

写真 2019-02-08 11 42 08

写真 2019-02-26 14 02 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-08 8 01 20

写真 2019-02-07 19 41 01 (1)

写真 2019-02-07 22 29 25

写真 2019-02-26 12 44 58
Next

写真 2019-02-04 12 17 15

写真 2019-02-06 15 24 08


母方の祖母は佐賀で生まれ、鹿児島で養女として引き取られた。
戦争未亡人になった後、娘3人を連れて上京。
親戚もいないから、九州にはほとんど御縁がなくなってしまった。

3年程前から、九州からイベントのお声がけをいただく機会が多くなった。
私はきっと、祖母の魂が呼んでくれているのだと信じている。

佐賀県が3年がかりで、有田焼の海外進出をサポート。
有田焼各社が、ニューヨークで最大の展示会「NY NOW」に出展した。
330年の歴史を持つ老舗ブランド香蘭社も、2018年冬からトータル3回、
「NY NOW」でブース展示を行うことになった。

初回は手探り、2回目は経過観察、3回目は成果を得る。
そんな作戦が見事に実を結び、2019年冬「最優秀新商品賞」を受賞。
世界での販路を拡大する大きなクレジットを獲得した。

香蘭社の誇る「瑠璃」という色にも、我が娘への想いと通じる御縁がある。
深みのあるこの青い色が、もっと世界に伝わっていきますように。

写真 2019-02-06 15 04 38

写真 2019-02-06 15 04 44


My maternal grandmother was born in Saga and was taken over as an adopt in Kagoshima.
After becoming a war widow, she went to Tokyo with her three daughters.
Since there are no our relatives, there has been almost no edge in Kyushu.

From about three years ago, I came to receive offers from the event from Kyushu.
I surely believe that the grandmother's soul calls me.

Saga prefecture had been working for three years projects to support overseas expansion of Arita-ware.
Some Arita ware companies participated in the largest exhibition "NY NOW" in New York.
Long-established brand Koransha which has a history of 330 years also have decided to exhibit the booth at "NY NOW", totally three times from the winter of 2018,

Their target was "trial" for the first time, the second time for "follow up", and the third time was "to get results".
Such a strategy got a fruitful, and won "Best New Product Award" in the winter of 2019.
They have gained big credits to expand sales channels in the world.

The color of "Ruri" which boasts of Koransha also has an edge that matches with my feelings towards my daughter.
May this deep blue color be transmitted to the world.

写真 2019-02-06 15 03 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-07 5 06 56
Next

写真 2019-01-31 10 15 06


ツアコンとコーディネーターは、似て非なるもの。
事前にたくさんの準備が必要だし、
たくさんのコネクションと、たくさんの経験がなければ、
コーディネート業は務まらない。

今回の御依頼をお引き受けしたのは、
間に立ってくださった方のことを、私が大好きで、
どうしても彼女のチカラになりたいと思ったから。

無理難題を受け止めて、それを上手に私に伝えてくれるから、
私は現地でできる限りことをして差し上げたいと心に誓う。

茨城県知事の人間力と英語力が素晴らしく、
また周囲のサポーター陣との呼吸合わせも滞りなく、
とても充実したスケジュールをこなすことができた。

4日間を共にしてくださったすべての関係者の皆様に感謝を。

追伸:ドライバーの河野さん、本当にお疲れ様でした。

写真 2019-01-31 15 13 13

写真 2019-01-31 15 32 10


Tour conductor and the coordinator sounds similar things, but totally different.
If you don't have a lot of preparations beforehand, a lot of connection, and lots of experience,
our business does not work.

The reason why I received the request of this time was,
I liked one lady who worked in between.
Because I just wanted to support her by all means.

Because she took impossible difficulties and told it to me well,
I pledged to do as much as I could in the field.

Human ability and English ability of the Ibaraki prefectural Governor were wonderful.
In addition, breath-matching with surrounding supporters was also smooth.
I was able to carry a very fulfilling schedule.

Thank you to all the people who shared 4 days.

P.S. The driver, Mr. Kohno, I really appreciate your work.

写真 2019-02-01 9 31 45

写真 2019-02-01 9 42 00

写真 2019-02-01 9 43 44



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-01 15 18 12

写真 2019-02-01 15 24 42

写真 2019-02-01 15 28 25

写真 2019-02-01 15 55 21

写真 2019-02-01 8 30 45
Next

写真 2019-02-01 18 49 18


地元で人気の和食レストラン「EN Japanese Brasserie」のシェフ安陪弘樹氏は、
現在、ニューヨークとロサンゼルスの店舗を行き来している。
年末にシェフに相談された「常陸牛とビール」のイベント。
そこでお迎えする来賓を、私がアテンドすることになったのは、
まったくの偶然であった。いや、偶然は必然。

マイナス15度という大寒波の中、50名近いゲストが集い、
常陸牛と常陸野ネストビールを使った特別メニューを堪能された。
茨城県知事や笠間市長はじめ主賓の方々から遥か離れたテーブルで、
地元で活躍する食メディアの方々と再会して驚きの連続。

脂の乗った常陸牛と、コクのある常陸野ネストビールのペアリング。
宮崎牛が流行りのニューヨークで、今後の展開が楽しみな食材たち。
安陪シェフのメニュー構成は、さすがの一言。

日本の良いモノが、こうしてもっと世界へ出てきて欲しい。

写真 2019-02-01 19 06 03

写真 2019-02-01 19 42 42

写真 2019-02-01 20 02 47

写真 2019-02-01 19 14 53

写真 2019-02-01 20 08 25

写真 2019-02-01 20 16 30

写真 2019-02-01 20 36 17


Chef Hiroki Abe of local Japanese popular Japanese restaurant "EN Japanese Brasserie",
currently he is crossing stores in New York and Los Angeles.
"Hitachi Beef and beer" event that was consulted by the chef at the end of the year.
I was asked to attend with the guests there by coincidence.
No, it was a inevitable destiny by chance.

Nearly 50 people gathered even in the cold weather of minus 15 degrees.
Their guests enjoyed a special menu using Hitachi Beef and Hitachino Nest Beer.
At a table far away from the governors of Ibaraki prefecture and Mayor Kasama and other guests,
It was a series of surprises as I met again with local food media people.

Menu was pairing of Hitachi Beef and Hitachino Nest Beer.
In New York where Miyazaki beef is in fashion, we are looking forward to future development of Hitachi Beef.
The menu composition of the chef Abe was amazing.

Hope that good products of Japan will come out to the world in this way.

写真 2019-02-01 19 05 12

写真 2019-02-01 19 02 57

写真 2019-02-01 20 13 59



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-02-01 14 15 45

写真 2019-02-01 14 15 55


ブルックリン地区サニーサイドパークの再開発が進んでいる。
かつては倉庫や工場が立ち並び、物騒な雰囲気もあったけれど、
近年、お洒落なインダストリー・シティーとして生まれ変わっている。
ウォーターフロントエリアに、フードやインテリアなどのショップが並び、
モダンに設計されたシェアオフィスに、自由に働く若者が集う。

そこに昨年誕生したのが、「ブルックリンクラ」。
アメリカ人オーナーが始めたニューヨーク初の酒蔵として注目されている。

「クラフトビールが人気で、優れた醸造技術を持つアメリカで、
同じ醸造種である日本酒が作れないわけはない」
「寿司屋で飲む高級酒という印象の日本酒を、もっと広くアメリカに伝えたい」

米国産の山田錦とカルローズ米。ブルックリンの水。
日本から輸入した麹菌。日本とアメリカの酵母。

かつてドイツビールをアメリカ人が開発した時に、
その起源世界の目は冷ややかだったというけれど、
いつしかアメリカビールは世界に誇れる地位に浮上した。
アメリカ人が開発した日本酒が世界のトップに躍り出る日も、
そんなに遠くないのかもしれない。

写真 2019-02-01 14 17 56

写真 2019-02-01 14 49 04

写真 2019-02-01 14 49 13

写真 2019-02-01 15 07 23

写真 2019-02-01 15 09 13


The redevelopment of Brooklyn district, Sunny side park, is proceeding.
In the past, there was also a noisy atmosphere, as warehoused and factories stood side by side.
In recent years, it has been reborn as a fashionable industrial city.
Shops such as food and interior line up in the waterfront area,
Young people freely working gather in a modernly designed shared office.

There is "Brooklyn KURA" that was born there last year.
It is attracting attention as the first Sake Brewery in New York which the American owner started.

"Craft beer is popular, in America with excellent brewing technology,
There is no reason not to make sake which is the same brewing species "
"I want to tell the sake more widely to the USA about sake though the impression of sake is to drink at a luxury sushi restaurant"

They use American Yamada Nishiki rice and Calrose rice., and Brooklyn 's water.
Also, they use Aspergillus mold imported from Japan, and Japanese and American yeast.

When American people developed German beer,
Although its original people did not attention,
One day American beer emerged as a place to be proud of the world.
The day that Japanese sake developed by Americans jumps to the top of the world, it may not be that far.

写真 2019-02-01 15 10 46

写真 2019-02-01 15 10 31



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-01 14 35 37
Next

写真 2019-02-01 10 32 32

写真 2019-02-01 11 10 32

写真 2019-02-01 11 15 44


ニューヨークで一番愛されている地ビール、「ブルックリンラガー」。
30年の歴史を誇る、ホップの効いたコクと苦味のあるビール。
かつてドイツ移民の多かったブルックリンで製造、
禁酒法時代以前からのドイツビール製造法を守り続けている。

ビールを飲まない人でも、ブルックリンラガーのロゴは知っている。
「I ❤️ NY」のロゴで有名なミルトン・グレイザー氏によるデザイン。
当時、「株の一部と、ビールを一生無料で」という交換条件だけで、
デザイン料は取らなかった話も有名。

今でこそ大人気の、ブルックリンのウィリアムズバーグ地区。
世界中に流通するビールの発祥がここにあることに感動を覚える。

少しずつ進化しているロゴをコレクションしたいと思えるほど、
スタイリッシュなボトルや、オリジナルグッズも豊富。
ウィンターエール、ブラックチョコレートシャウト、ブラウンエール等、
シーズン限定のいろんなシリーズが楽しめる。

週末には工場見学も可能。ぜひ訪れてみてください。

写真 2019-02-01 11 16 59

写真 2019-02-01 11 21 02

写真 2019-02-01 11 26 25


"Brooklyn Lager" is the most loved local beer in New York.
Boasting a history of 30 years, a hop-full and rich bitter beer.
Manufactured in Brooklyn where there were many German immigrants,
It keeps protecting the German beer manufacturing law from before the Age of Abstinence Act.

Even people who do not drink beer know Brooklyn Lager's logo.
Designed by Milton · Glaser famous for "I ❤️ NY" logo.
At that time, with only the exchange condition "part of the company's stock, and beer for free for the rest of my life"
The story which he did not take the design fee is also famous.

Williamsburg district of Brooklyn, which is very popular now.
I am moved by the fact that the origin of beer circulating around the world is here.

The more you may want to collect the logo that is evolving little by little,
there are plenty of stylish bottles and original goods as well.
Winter ale, black chocolate shout, brown ale,
You can enjoy various season-only series.

Factory tours are also possible on weekends.
Please visit by all means.

写真 2019-02-01 11 35 45

写真 2019-02-01 10 33 08

写真 2019-02-01 11 09 27

写真 2019-02-01 11 27 28



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-01 11 28 30

写真 2019-02-01 11 48 48


Next

写真 2019-01-31 16 46 04

写真 2019-01-31 16 44 13


「笠間焼」のデフォルトというのは存在しないらしい。
茨城県笠間市を中心に活動を続ける陶芸家の作品には、
まったくもって統一した概念がない。
「自由な作風」が特徴、すなわちどんな作風でも「笠間焼」になる。

笠間焼作家で唯一の人間国宝であった松井康成氏の遺作と、
現在の笠間焼を牽引する若手作家3名の作品が並ぶ展示会。

茨城県知事や笠間市長をお迎えして開催されたレセプションには、
日本の陶芸ファンを中心に、170名超のゲストが訪れた。

私の周囲にもすでにファンの多い額賀章夫氏。
以前、幼なじみに紹介されたという御縁のある戸田浩二氏。
ユニークなフォルムでどこまでも自由な発想の大貫博之氏。

それぞれの世界観が炸裂する作品に魅了されるゲストたち。
今年一番に冷え込んだ夜、日本芸術ファンの力は健在だと痛感した。

写真 2019-01-31 16 44 27

写真 2019-01-31 16 46 11


There seems to be no "default of Kasama Pottery".
Thinking about the works of ceramists who continue to work mainly in Kasama city, Ibaraki Prefecture,
there seems no unified concept at all.
"Free style" is characterized, that is to say "Kasama Pottery" in any style.

Nippon Club is now holding an exhibition that shows the works of Mr. Kosei Matsui, a living national treasure, and three young artists leading the present Kasama Pottery.

At the reception hosted by Nippon Club welcomed the governor of Ibaraki Prefecture and mayor of Kasama city.
More than 170 guests, mainly Japanese pottery fans, attended there.

Mr. Akio Nukaga has many fans already around me.
Mr. Koji Toda had previously been introduced to my childhood friend.
Mr. Hiroyuki Onukii produces a unique form and free idea.

Guests were fascinated by works that each world view explodes.
Even with the coldest night of the year, I felt keenly that the power of Japanese artists was alive.

写真 2019-01-31 16 46 33

写真 2019-01-31 16 46 41

写真 2019-01-31 16 47 03

写真 2019-01-31 16 48 06



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-31 18 55 13

写真 2019-01-31 19 27 50


写真 2019-01-31 17 46 25

写真 2019-01-31 17 46 30

写真 2019-01-31 17 46 34



Next

外気温マイナス15度のマンハッタンを歩く。

企画をするということは、そんなに容易いことではない。
イベント慣れしているニューヨーカーを相手に、
どんな内容にすれば人が集まってくれるのか、考える。

大事なのは、人と人、想いと想いを繋ぐこと。
興味がない人を、無理に追いかけたりしない。
参加してくださった方には、その大事な時間を使っていただいた分、
必ず幸せな気持ちになって帰っていただくことを目標にする。

大事なのは、次に繋げること。
一回きりのクレジット作りのための企画などしない。
御縁があった人や企業とは、大事に大事に、関係を育んでいく。

「どんな暗闇でも、ちゃんと隣にいるから」
いつもそんな想いでいてくれる大切な人たちに、ありがとう。
また新しい気持ちで、しっかり歩いて行きます。

2015-03-20 16.49.20 HDR


I was walking in Manhattan, where outside temperature was minus 15 degrees.

Event planning is not so easy.
For the New Yorkers who are accustomed to the event,
We think about what kind of content that people want.

The important thing is to connect people and people, feelings and feelings.
We do not force chasing people who are not interested.
For participants who used that important time,
we would like to give them happy feelings when they return home.

What matters is to connect to next chance.
We do not plan to make credit for one time only.
We will built up and develop relationships with people and companies that we had time together.

"I'm right next to you even when we are in darkness"
I thank for my dear people who always give me such feelings.
I will also walk firmly from here.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-01-26 19 00 40


「7本指のピアニスト」西川悟平氏と彼の教え子さん達が、
プライベートコンサートを開催した。
今年は日本での活動に力を入れるという。
ニューヨークで彼の音色を聴ける数少ない機会。

ニューヨークのスタンウェイ・ホールという最高のステージで、
ごく親しい人だけにお披露目する、とても贅沢な企画。
オペラ歌手田村麻子さんの歌声や、娘さんのヴァイオリンも共演。

大切な人たちに囲まれて演奏できる幸せと、
それを一緒に受け取ることができる幸せを感じながら、
凍えるような寒さの夜、心が芯から温まっていった。

写真 2019-01-26 19 50 09

写真 2019-01-26 19 43 06

写真 2019-01-26 19 52 25


"Seven-finger pianist" Mr. Gohei Nishikawa and his students, held a private concert.
This year he will focus on activities in Japan.
So it was a rare opportunity to listen to his piano in New York.

At the best stage of New York's " Steinway Hall",
It was a very luxurious project to show off to only close friends.
Also singing voice of opera singer, Asako Tamura, and her daughter's violin joined.

Happiness that can be played surrounded by important people,
While feeling happiness that we can receive it together,
On a freezing cold night, my heart warmed from the core.

写真 2019-01-26 20 11 29

写真 2019-01-26 20 14 46

写真 2019-01-26 20 21 39

写真 2019-01-26 20 27 10



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-26 20 40 22

写真 2019-01-26 20 41 18


Next