Archives

2019年02月

写真 2019-01-31 10 15 06


ツアコンとコーディネーターは、似て非なるもの。
事前にたくさんの準備が必要だし、
たくさんのコネクションと、たくさんの経験がなければ、
コーディネート業は務まらない。

今回の御依頼をお引き受けしたのは、
間に立ってくださった方のことを、私が大好きで、
どうしても彼女のチカラになりたいと思ったから。

無理難題を受け止めて、それを上手に私に伝えてくれるから、
私は現地でできる限りことをして差し上げたいと心に誓う。

茨城県知事の人間力と英語力が素晴らしく、
また周囲のサポーター陣との呼吸合わせも滞りなく、
とても充実したスケジュールをこなすことができた。

4日間を共にしてくださったすべての関係者の皆様に感謝を。

追伸:ドライバーの河野さん、本当にお疲れ様でした。

写真 2019-01-31 15 13 13

写真 2019-01-31 15 32 10


Tour conductor and the coordinator sounds similar things, but totally different.
If you don't have a lot of preparations beforehand, a lot of connection, and lots of experience,
our business does not work.

The reason why I received the request of this time was,
I liked one lady who worked in between.
Because I just wanted to support her by all means.

Because she took impossible difficulties and told it to me well,
I pledged to do as much as I could in the field.

Human ability and English ability of the Ibaraki prefectural Governor were wonderful.
In addition, breath-matching with surrounding supporters was also smooth.
I was able to carry a very fulfilling schedule.

Thank you to all the people who shared 4 days.

P.S. The driver, Mr. Kohno, I really appreciate your work.

写真 2019-02-01 9 31 45

写真 2019-02-01 9 42 00

写真 2019-02-01 9 43 44



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-01 15 18 12

写真 2019-02-01 15 24 42

写真 2019-02-01 15 28 25

写真 2019-02-01 15 55 21

写真 2019-02-01 8 30 45
Next

写真 2019-02-01 18 49 18


地元で人気の和食レストラン「EN Japanese Brasserie」のシェフ安陪弘樹氏は、
現在、ニューヨークとロサンゼルスの店舗を行き来している。
年末にシェフに相談された「常陸牛とビール」のイベント。
そこでお迎えする来賓を、私がアテンドすることになったのは、
まったくの偶然であった。いや、偶然は必然。

マイナス15度という大寒波の中、50名近いゲストが集い、
常陸牛と常陸野ネストビールを使った特別メニューを堪能された。
茨城県知事や笠間市長はじめ主賓の方々から遥か離れたテーブルで、
地元で活躍する食メディアの方々と再会して驚きの連続。

脂の乗った常陸牛と、コクのある常陸野ネストビールのペアリング。
宮崎牛が流行りのニューヨークで、今後の展開が楽しみな食材たち。
安陪シェフのメニュー構成は、さすがの一言。

日本の良いモノが、こうしてもっと世界へ出てきて欲しい。

写真 2019-02-01 19 06 03

写真 2019-02-01 19 42 42

写真 2019-02-01 20 02 47

写真 2019-02-01 19 14 53

写真 2019-02-01 20 08 25

写真 2019-02-01 20 16 30

写真 2019-02-01 20 36 17


Chef Hiroki Abe of local Japanese popular Japanese restaurant "EN Japanese Brasserie",
currently he is crossing stores in New York and Los Angeles.
"Hitachi Beef and beer" event that was consulted by the chef at the end of the year.
I was asked to attend with the guests there by coincidence.
No, it was a inevitable destiny by chance.

Nearly 50 people gathered even in the cold weather of minus 15 degrees.
Their guests enjoyed a special menu using Hitachi Beef and Hitachino Nest Beer.
At a table far away from the governors of Ibaraki prefecture and Mayor Kasama and other guests,
It was a series of surprises as I met again with local food media people.

Menu was pairing of Hitachi Beef and Hitachino Nest Beer.
In New York where Miyazaki beef is in fashion, we are looking forward to future development of Hitachi Beef.
The menu composition of the chef Abe was amazing.

Hope that good products of Japan will come out to the world in this way.

写真 2019-02-01 19 05 12

写真 2019-02-01 19 02 57

写真 2019-02-01 20 13 59



海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-02-01 14 15 45

写真 2019-02-01 14 15 55


ブルックリン地区サニーサイドパークの再開発が進んでいる。
かつては倉庫や工場が立ち並び、物騒な雰囲気もあったけれど、
近年、お洒落なインダストリー・シティーとして生まれ変わっている。
ウォーターフロントエリアに、フードやインテリアなどのショップが並び、
モダンに設計されたシェアオフィスに、自由に働く若者が集う。

そこに昨年誕生したのが、「ブルックリンクラ」。
アメリカ人オーナーが始めたニューヨーク初の酒蔵として注目されている。

「クラフトビールが人気で、優れた醸造技術を持つアメリカで、
同じ醸造種である日本酒が作れないわけはない」
「寿司屋で飲む高級酒という印象の日本酒を、もっと広くアメリカに伝えたい」

米国産の山田錦とカルローズ米。ブルックリンの水。
日本から輸入した麹菌。日本とアメリカの酵母。

かつてドイツビールをアメリカ人が開発した時に、
その起源世界の目は冷ややかだったというけれど、
いつしかアメリカビールは世界に誇れる地位に浮上した。
アメリカ人が開発した日本酒が世界のトップに躍り出る日も、
そんなに遠くないのかもしれない。

写真 2019-02-01 14 17 56

写真 2019-02-01 14 49 04

写真 2019-02-01 14 49 13

写真 2019-02-01 15 07 23

写真 2019-02-01 15 09 13


The redevelopment of Brooklyn district, Sunny side park, is proceeding.
In the past, there was also a noisy atmosphere, as warehoused and factories stood side by side.
In recent years, it has been reborn as a fashionable industrial city.
Shops such as food and interior line up in the waterfront area,
Young people freely working gather in a modernly designed shared office.

There is "Brooklyn KURA" that was born there last year.
It is attracting attention as the first Sake Brewery in New York which the American owner started.

"Craft beer is popular, in America with excellent brewing technology,
There is no reason not to make sake which is the same brewing species "
"I want to tell the sake more widely to the USA about sake though the impression of sake is to drink at a luxury sushi restaurant"

They use American Yamada Nishiki rice and Calrose rice., and Brooklyn 's water.
Also, they use Aspergillus mold imported from Japan, and Japanese and American yeast.

When American people developed German beer,
Although its original people did not attention,
One day American beer emerged as a place to be proud of the world.
The day that Japanese sake developed by Americans jumps to the top of the world, it may not be that far.

写真 2019-02-01 15 10 46

写真 2019-02-01 15 10 31



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-01 14 35 37
Next

写真 2019-02-01 10 32 32

写真 2019-02-01 11 10 32

写真 2019-02-01 11 15 44


ニューヨークで一番愛されている地ビール、「ブルックリンラガー」。
30年の歴史を誇る、ホップの効いたコクと苦味のあるビール。
かつてドイツ移民の多かったブルックリンで製造、
禁酒法時代以前からのドイツビール製造法を守り続けている。

ビールを飲まない人でも、ブルックリンラガーのロゴは知っている。
「I ❤️ NY」のロゴで有名なミルトン・グレイザー氏によるデザイン。
当時、「株の一部と、ビールを一生無料で」という交換条件だけで、
デザイン料は取らなかった話も有名。

今でこそ大人気の、ブルックリンのウィリアムズバーグ地区。
世界中に流通するビールの発祥がここにあることに感動を覚える。

少しずつ進化しているロゴをコレクションしたいと思えるほど、
スタイリッシュなボトルや、オリジナルグッズも豊富。
ウィンターエール、ブラックチョコレートシャウト、ブラウンエール等、
シーズン限定のいろんなシリーズが楽しめる。

週末には工場見学も可能。ぜひ訪れてみてください。

写真 2019-02-01 11 16 59

写真 2019-02-01 11 21 02

写真 2019-02-01 11 26 25


"Brooklyn Lager" is the most loved local beer in New York.
Boasting a history of 30 years, a hop-full and rich bitter beer.
Manufactured in Brooklyn where there were many German immigrants,
It keeps protecting the German beer manufacturing law from before the Age of Abstinence Act.

Even people who do not drink beer know Brooklyn Lager's logo.
Designed by Milton · Glaser famous for "I ❤️ NY" logo.
At that time, with only the exchange condition "part of the company's stock, and beer for free for the rest of my life"
The story which he did not take the design fee is also famous.

Williamsburg district of Brooklyn, which is very popular now.
I am moved by the fact that the origin of beer circulating around the world is here.

The more you may want to collect the logo that is evolving little by little,
there are plenty of stylish bottles and original goods as well.
Winter ale, black chocolate shout, brown ale,
You can enjoy various season-only series.

Factory tours are also possible on weekends.
Please visit by all means.

写真 2019-02-01 11 35 45

写真 2019-02-01 10 33 08

写真 2019-02-01 11 09 27

写真 2019-02-01 11 27 28



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-01 11 28 30

写真 2019-02-01 11 48 48


Next

写真 2019-01-31 16 46 04

写真 2019-01-31 16 44 13


「笠間焼」のデフォルトというのは存在しないらしい。
茨城県笠間市を中心に活動を続ける陶芸家の作品には、
まったくもって統一した概念がない。
「自由な作風」が特徴、すなわちどんな作風でも「笠間焼」になる。

笠間焼作家で唯一の人間国宝であった松井康成氏の遺作と、
現在の笠間焼を牽引する若手作家3名の作品が並ぶ展示会。

茨城県知事や笠間市長をお迎えして開催されたレセプションには、
日本の陶芸ファンを中心に、170名超のゲストが訪れた。

私の周囲にもすでにファンの多い額賀章夫氏。
以前、幼なじみに紹介されたという御縁のある戸田浩二氏。
ユニークなフォルムでどこまでも自由な発想の大貫博之氏。

それぞれの世界観が炸裂する作品に魅了されるゲストたち。
今年一番に冷え込んだ夜、日本芸術ファンの力は健在だと痛感した。

写真 2019-01-31 16 44 27

写真 2019-01-31 16 46 11


There seems to be no "default of Kasama Pottery".
Thinking about the works of ceramists who continue to work mainly in Kasama city, Ibaraki Prefecture,
there seems no unified concept at all.
"Free style" is characterized, that is to say "Kasama Pottery" in any style.

Nippon Club is now holding an exhibition that shows the works of Mr. Kosei Matsui, a living national treasure, and three young artists leading the present Kasama Pottery.

At the reception hosted by Nippon Club welcomed the governor of Ibaraki Prefecture and mayor of Kasama city.
More than 170 guests, mainly Japanese pottery fans, attended there.

Mr. Akio Nukaga has many fans already around me.
Mr. Koji Toda had previously been introduced to my childhood friend.
Mr. Hiroyuki Onukii produces a unique form and free idea.

Guests were fascinated by works that each world view explodes.
Even with the coldest night of the year, I felt keenly that the power of Japanese artists was alive.

写真 2019-01-31 16 46 33

写真 2019-01-31 16 46 41

写真 2019-01-31 16 47 03

写真 2019-01-31 16 48 06



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-31 18 55 13

写真 2019-01-31 19 27 50


写真 2019-01-31 17 46 25

写真 2019-01-31 17 46 30

写真 2019-01-31 17 46 34



Next

外気温マイナス15度のマンハッタンを歩く。

企画をするということは、そんなに容易いことではない。
イベント慣れしているニューヨーカーを相手に、
どんな内容にすれば人が集まってくれるのか、考える。

大事なのは、人と人、想いと想いを繋ぐこと。
興味がない人を、無理に追いかけたりしない。
参加してくださった方には、その大事な時間を使っていただいた分、
必ず幸せな気持ちになって帰っていただくことを目標にする。

大事なのは、次に繋げること。
一回きりのクレジット作りのための企画などしない。
御縁があった人や企業とは、大事に大事に、関係を育んでいく。

「どんな暗闇でも、ちゃんと隣にいるから」
いつもそんな想いでいてくれる大切な人たちに、ありがとう。
また新しい気持ちで、しっかり歩いて行きます。

2015-03-20 16.49.20 HDR


I was walking in Manhattan, where outside temperature was minus 15 degrees.

Event planning is not so easy.
For the New Yorkers who are accustomed to the event,
We think about what kind of content that people want.

The important thing is to connect people and people, feelings and feelings.
We do not force chasing people who are not interested.
For participants who used that important time,
we would like to give them happy feelings when they return home.

What matters is to connect to next chance.
We do not plan to make credit for one time only.
We will built up and develop relationships with people and companies that we had time together.

"I'm right next to you even when we are in darkness"
I thank for my dear people who always give me such feelings.
I will also walk firmly from here.


海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-01-26 19 00 40


「7本指のピアニスト」西川悟平氏と彼の教え子さん達が、
プライベートコンサートを開催した。
今年は日本での活動に力を入れるという。
ニューヨークで彼の音色を聴ける数少ない機会。

ニューヨークのスタンウェイ・ホールという最高のステージで、
ごく親しい人だけにお披露目する、とても贅沢な企画。
オペラ歌手田村麻子さんの歌声や、娘さんのヴァイオリンも共演。

大切な人たちに囲まれて演奏できる幸せと、
それを一緒に受け取ることができる幸せを感じながら、
凍えるような寒さの夜、心が芯から温まっていった。

写真 2019-01-26 19 50 09

写真 2019-01-26 19 43 06

写真 2019-01-26 19 52 25


"Seven-finger pianist" Mr. Gohei Nishikawa and his students, held a private concert.
This year he will focus on activities in Japan.
So it was a rare opportunity to listen to his piano in New York.

At the best stage of New York's " Steinway Hall",
It was a very luxurious project to show off to only close friends.
Also singing voice of opera singer, Asako Tamura, and her daughter's violin joined.

Happiness that can be played surrounded by important people,
While feeling happiness that we can receive it together,
On a freezing cold night, my heart warmed from the core.

写真 2019-01-26 20 11 29

写真 2019-01-26 20 14 46

写真 2019-01-26 20 21 39

写真 2019-01-26 20 27 10



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-26 20 40 22

写真 2019-01-26 20 41 18


Next