Archives

2019年05月

写真 2019-05-27 12 00 54


戦没将兵追悼記念日「メモリアルデー」は、「夏の始まり」を告げる日。
今年は最高のお天気に恵まれて、絶好の行楽日和でもあった。

我が家は毎年恒例の友人宅に御招待いただいた。
100人を超えるゲストが楽に収容できる大きな家と庭とプール。

集まってくる愉快な友人たちの温かい人柄。
毎回感動するホスト夫妻のきめ細やかなホスピタリティー。

BBQ、流しそうめん、水遊び、フットボール、花火、すべてのレジャーを堪能し、
丸1日どっぷりと「アメリカの休日」を過ごさせていただいた。

さて、本格的な夏が来る前に、まだまだ仕事を頑張ろう。

写真 2019-05-27 16 03 23

写真 2019-05-27 15 24 57

写真 2019-05-27 15 31 56

写真 2019-05-27 16 02 25


Memorial Day tells of the beginning of summer.
Blessed with the best weather this year, it was also a great holiday.

My family was invited to an annual friend's house.
A large house, garden and swimming pool that can easily accommodate over 100 guests.

I was impressed by the warm character of pleasant friends who gather.
Also, I was moved by the fine hospitality of the host and wife who are impressed every time.

We enjoyed all leisure activities, such like BBQ, flowing somen noodle, water games, football, fireworks.
We spent a whole day in the "American Holiday".

Well, I shall work hard still before full-scale summer comes.

写真 2019-05-27 16 02 53

写真 2019-05-27 19 56 36


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-27 14 31 34

写真 2019-05-27 14 31 39

写真 2019-05-27 14 31 41

写真 2019-05-29 6 54 24


Movie of Memorial Day 0527/2019
Next

写真 2019-05-22 19 01 56


第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館で、
ナチスに追われたユダヤ人に対して、日本の通過ビザを発行した杉原千畝氏。
政府の訓令に反しても「人として正しいことをやる」その想いが、
結果として、6000人以上の命を救ったといわれている。

「唯一存命している息子として、千畝のことを正しく伝えたい」
ニューヨークで、千畝氏の四男・杉原伸生氏の講演が開催された。

会場から外に溢れ出るユダヤ人の数の多さに、私は度肝を抜かれた。
「何としてもノブキに会いたい」と入り口のドアを叩く人々。
「これ以降の入場者は、別室でモニター鑑賞してください」
会場スタッフの言葉に、泣き崩れる人もいた。

伸生氏がステージに登場すると、いきなりスタンディングオベーション。
あの場所にいた誰もが、鳥肌が立つほどの感動を味わったに違いない。
司会のアン・カリー女史がモデレートしながら、伸生氏が「父を語る」。

帰国後に政府から迫害されて、千畝氏の人道的対応は誰からも評価されなかった。
「父は横浜港での荷積や、電球を売る店など、いろんな仕事をしながら、
私たち家族を支えてくれました」
明るく答える伸生氏の背後に、どれほどの苦労があったか偲ばれる。

「スギハラ氏のお陰で、私たち家族が今ここに生きているのです」
「あなたにどうしても御礼を言いたかった。心から感謝を」
千畝氏が発給したビザで助かった「サバイバー」とその家族が立ち上がる。

「なぜこれほどの偉業が、教科書にも載っていないのか」
「モラルディシジョンのロールモデルとして、もっと評価されるべきだ」
会場内の温度がどんどん上昇していく。

この日、「ニューヨーク在住の日本人として」感じた誇り高き想い。
何度も作り直し、ようやく完成した「未来のいのち国際サミット」動画を、
伸生氏が「とても良くできていますね」と評価してくださった感動。

「世に出回っている父の映画や本や芝居など、半分は脚色で事実ではない」
そう嘆く伸生氏の本当の想いを、改めて心に抱きしめた夜。
ユダヤ人の多いニューヨークで、私たち日本人が優しくされているのは、
杉原千畝氏というたった一人の日本人のお陰なのだと、肌で感じた。

私たちは、真実だけを正しく伝えていかなくてはならない。
改めて「書く、伝える」という責任、そしてミッションを噛み締めている。

「宇宙から見た地球に国境はない」
「人として正しいことをやる」
「目の前に困っている人がいたら、手を差し伸べる」

その先にきっと、本当の平和がある。

写真 2019-05-22 19 13 44

写真 2019-05-22 19 14 04

写真 2019-05-22 19 16 07


Mr. Chiune Sugihara issued a Japanese transit visa for Jews who were chased by the Nazis, at the Kaunas consulate in Lithuania during the World War II.
He did the right thing as a person even if it was against the government's instruction.
As a result, it is said that he saved over 6,000 lives.

"I would like to convey the right story of Chiune as his only living son."
A lecture by Nobuki Sugihara, the fourth son of Mr. Chiune, was held in New York.

I was overwhelmed by the large number of Jews who spilled out of the hall.
People hit the door of the entrance saying "I want to see Nobuki anyway".
"Since the tickets were oversold, after this, please watch the monitor in a separate room"
Some started to cry by the direction of the venue.

When Mr. Nobuki Sugihara appeared on the stage, all audience suddenly stood and applauded.
Everyone in that place must have felt the amazing impression.
Along with Ms. Ann Curry moderated, Mr. Nobuki told about his father.

Persecuted by the government after returning home, Mr. Chiune's humanitarian response was not appreciated by anyone.
"To support my family, my father worked in many jobs, such as loading at Yokohama Port, shops selling bulbs, and so on."
Behind the bright answer of Mr. Nobuki, I assumed how much the family had hard time.

"Thanks to Mr. Sugihara, our family lives here now."
"I really wanted to say thank you. Sincerely I appreciate your father."
The "survivors" and their family, who were saved by the visa issued by Mr. Chiune, stood up.

"I wonder why these great things are not listed in the textbooks."
"He must be evaluated more as a role model for moral decision."
The venue was filled with feverish excitement.

I was very proud that I attended there as "Japanese living in New York" on this day.
Also, I was very impressed that Mr. Nobuki evaluated our movie as "very well done.".
Since we remade it many times, and finally completed to show at the event "International Future Life Summit 2019".

"The films, books, plays and so on of my father that are on the market are half-truth, but half-fiction."
I felt the Mr. Nobuki's true thoughts in the heart.
In New York, where there are many Jews, we Japanese are being kindly by them.
I felt deeply that it was thanks to only one Japanese, Mr. Chiune Sugihara.

We must convey the true thing properly.
We have a responsibility and mission to write and convey.

"The earth has no borders when see from space."
"Do the right thing as a human"
"If you see someone struggling, reach out your hand."

Surely there should be a real peace ahead of us.

写真 2019-05-22 19 18 40

写真 2019-05-22 19 51 27

写真 2019-05-22 19 53 05

写真 2019-05-22 20 01 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "



写真 2019-05-23 17 07 33





Next

2月にベルギーでお会いした杉原伸生氏御夫妻が、
ニューヨークにお越しになった。
フィラデルフィアでの講演の感想を聞きながら、
しばし再会の時間を楽しむ。

私たちの壮大な夢を、目尻を下げて聞いてくださる優しさ、
「それが人間への愛情ですよ」と背中を押してくださる強さ。
改めて、この御夫妻と知り合えた運命に感謝する。

2036年のニューヨークでも、きっとまだこの会話が続いているだろう。

写真 2019-05-20 16 41 01


Mr. & Mrs. Nobuki Sugihara, who I met in Belgium in February, came to New York.
While listening the impressions of his lecture in Philadelphia,
We enjoyed the time of reunion for a while.

He was so tenderness, listening to our magnificent dreams,
and supported us, saying " It's a compassion for humanity."
Thank you again for the fate that we got to know them.

Even in New York in 2036, this conversation will probably continue.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-05-11 11 28 07 (1)


米国での子育て、子どもたちの日本語力を維持するにはとても苦労する。
よほど注意しておかないと、家庭内はすぐに英語の無法地帯と化してしまう。

日本語補習校では、学年が上になると少しずつクラスメイトの人数も減っていく。
地元の学校の勉強や習い事が忙しくなると、ギブアップが増えるのも当然。

それでも我が子たちは、日本語で話す友達に会えることを楽しみに、
毎週土曜日は、漢字テストのプレッシャーと共に、補習校に通っている。

私にとっても、日本のママ友と繋がっていられるのは、心のオアシス。
情報通の友人が助けてくれるから、どうにかワーキングマザーでいられる。

素敵な機会を提供してくれた友人たち、本当にありがとう。

写真 2019-05-11 15 14 03


As for parenting in the United States, it is very difficult to maintain the Japanese language skills of children.
If we are not careful enough, our home will soon become an English lawless zone.

At the Japanese school, language supplement school, the number of classmates gradually decreases as the grade level goes up.
Naturally, there is an increase in give-up-kids when local school studies and lessons become busy.

Still, my kids look forward to seeing our Japanese speaking friends,
Every Saturday they go to Japanese school having the pressure of the kanji test.

As for me, it is an oasis of mind that can be connected with my mom friend in Japan.
The intelligent friend helps me, so I can be a working mother.

Thank you very much to the friends for giving me a wonderful opportunity.

写真 2019-05-11 11 33 48


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-05-12 20 36 54


日本の文化を世界に伝える「JAPAN NIGHT」というイベントで
日本を代表するミュージシャンMISIAがライブコンサートを開催。
チケットは発売後すぐに完売だったらしい。

世界の舞台でも特別な思い入れのあるニューヨークという街で、
MISIAがライブを行ったのは、実はこれが初めてだというから驚き。

ゲストのPUFFYが、バンドとの呼吸が合わずに何度もやり直したり。
アンコールで誰もが期待していた「Everything」を歌わなかったり。

予想外のセットリストではあったものの、
たどたどしい英語のMCで「ニューヨーク大好き」と連呼する姿に、
ニューヨーカーは「ありがとう」「頑張れ」とエールを送り続けた。
そして何よりも圧倒的な歌唱力に、聴衆は皆魅了されたに違いない。

日本では4大ドームを制覇するトップミュージシャンであっても、
ニューヨークに来ると、手の届きそうな距離で歌ってくれる。
SNSでの拡散効果を狙ってか、カメラフリーの演出もありがたい。
会場が撤収体制に入っても、アンコールの声はいつまでも止まなかった。

MISIAの突き抜ける声が耳に残ったまま、またしばらく元気でいられそう。
素晴らしい機会をありがとう。


写真 2019-05-12 21 17 01

写真 2019-05-12 21 17 31

写真 2019-05-12 21 51 12

写真 2019-05-12 21 51 14


At an event called "JAPAN NIGHT" that conveys Japanese culture to the world
Musician MISIA representing Japan hold a live concert.
It seemed that the tickets were sold out soon after the release.

The city of New York, which MISIA has special feelings on the world stage,
It is surprising that this is the first time that she has performed live.

Special guest, "PUFFY, Ami Yumi" had small problem with the music band.
MISIA did not sing "Everything" that everyone was expecting at encore.

Although it was an unexpected set list,
she said "I love New York." in a repetitive MC.
So New Yorker continued to send ale, saying "Thank you" and "Do your best."
And above all, the audience must have been fascinated by her overwhelming singing ability.

Even if she was the top musician who conquers four major domes in Japan,
When she came to New York, she sang at a distance that we almost can reach.
As if it has aim at the diffusion effect in SNS, it was nice presentation to allow taking photos.
Even when the venue started the withdrawal, the encore voice did not stop forever.

With the voice of MISIA reached in my heart, I will be fine again for a while.
Thank you for the wonderful opportunity.

写真 2019-05-12 21 51 00

写真 2019-05-12 22 26 20

写真 2019-05-12 22 26 29


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-16 8 34 53


Next

拙著出版の際に大いにお世話になった小学館の方が御来訪された。
私よりもずっと、ニューヨークの流行りを御存知だから、
リクエストされる場所は、ローカル人気のところばかり。

そんな彼女たちから、ニューヨークのとある情報を尋ねられた。
ここでは書けないような、ニューヨーク在住者のみのぞ知る内容。
こんな情報をシェアできるのも、ここにいる醍醐味。

外は土砂降り、生憎のお天気続きだけれども、
日本からのお客様は、いつも元気を持ってきてくださる。

写真 2019-05-02 19 59 25


The members of Shogakukan who were greatly indebted when I published my book came to visit to New York.
They know the epidemic of New York more than me,
The places they requested were only local popular places.

They asked me some information about New York.
Contents that only New York residents know that cannot be written here.
The fact that we can share this kind of information was the real pleasure here.

It was raining outside, but
Visitors from Japan always bring me a huge energy.

写真 2019-05-02 21 21 01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

たくさんの方々に御支援いただいた「未来のいのち国際サミット2019」。
なかでも、国立大学の応援というのは、とても大きなチカラであった。

長崎県・長崎市・長崎大学が構成する「核兵器廃絶長崎連絡協議会」のなかで、
「ナガサキ・ユース代表団」という人材育成プロジェクトがある。
本サミットでも、スピーチやディスカッションに参加してくださったのは、
ここで活動をしてきた方々で、長崎の若者の平和意識の高さに感銘した。

今度は「ナガサキ・ユース代表団」がニューヨークにやってきた。
国連での会議。ユースギャザリング、地元補習校への出前講義など、
精力的な活動のレポートが日々アップされていた。

私は、彼らを引率されていた長崎大学医学部副学長と会合。
次のプロジェクトへ、繋がる夢いっぱいの話で盛り上がる。

夏にはまた、ナガサキに行こう。

58939943_1825181410916970_754031347613302784_n

©︎Nagasaki Youth Delegation

Our ' International Future Life Summit 2019" had been supported by many people.
Above all, the support of the national university was very thankful.

“Nuclear Weapons Abolition , PCU- Nagasaki Council, Prefecture-City- University-Nagasaki Council” is Nagasaki Prefecture, Nagasaki City and Nagasaki University comprise.
Among it, there is a human resource development project called "Nagasaki Youth Delegation".
Even at our summit, they participated in speeches and discussions
We were impressed by the high awareness of peace among young people in Nagasaki.

This time, the "Nagasaki Youth Delegation" came to New York.
Meeting at the UN., Youth gathering, Visiting lectures to local Japanese school, etc.
I enjoyed their reports of energetic activities were uploaded daily.

I met with the Vice President of Nagasaki University School of Medicine, who was led by them.
The next project will be full of exciting dreams, too.

Let us go to Nagasaki again in summer.

写真 2019-04-29 22 25 22


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-15 19 11 17



Next

写真 2019-04-28 13 12 45

写真 2019-04-28 13 22 11


ジャパンソサエティで開催された「殺陣波濤流NY道場」演武会の備忘録。
友人の香純恭(かすみ・きょう)さん率いる殺陣道場の5周年祝い。
約30名の生徒さんと恭さんが、舞台狭しと刀を振って動きまわる。

殺陣はパフォーミングアーツ、いわゆる演舞芸術のカテゴリーだから、
心を落ち着けて、その舞台を楽しみことができる。
我が子たちが道場に通うテコンドーは、マーシャルアーツ、格闘技。
いつどこかで怪我をしないか、手に汗握りながらの観戦と違って、
細かい演出にの1つ1つに感動しながら、凛々しい恭さんにうっとりした。

ハイライトは、オペラ歌手・田村麻子さんとの即興共演。
オペラと殺陣という前代未聞の演出に、観客一同大いに魅了された。

舞台の後は、レセプション会場に移動してのカクテルパーティー。
肌寒い日曜日の午後、たくさんの友人に会えたことも、NY社会の狭さゆえ。
世界の最先端にいる日本人女性の活躍ぶりに、心から祝福を。

写真 2019-04-28 13 57 52

写真 2019-04-28 13 58 12

写真 2019-04-28 14 04 19
写真 2019-04-28 14 11 39


A memorandum of "TATE Hatoryu NY 5th Anniversary Showcase" demonstration held at the Japan Society.
It was a celebrating 5th anniversary of the TATE camp led by a friend, Kyo Kasumi.
About 30 students and Kyo moved around, waving their swords.

TATE is a category of performing arts, so-called dance arts, we can calm down and enjoy the stage.
Taekwondo, where our kids attend the dojo, is martial arts.
Unlike when watching with worrying about injured,
I was fascinated by Kyo while being impressed by each one of the details.

The highlight was an improvised co-star with the opera singer Asako Tamura.
The audience was all fascinated by the unprecedented collaboration of opera and TATE.

After the stage, we went to the reception hall for a cocktail party.
We met many friends on a chilly Sunday afternoon, and felt NY society looked as very small world.
Blessing from the heart for the Japanese women at the cutting edge of the world.

写真 2019-04-28 14 16 21

写真 2019-04-28 14 16 33

写真 2019-04-28 14 16 41

写真 2019-04-28 14 16 52


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ

写真 2019-04-28 14 35 39

写真 2019-04-28 14 31 27

写真 2019-04-28 17 56 37

写真 2019-04-28 17 57 24

Next

写真 2019-04-25 17 14 24


男性は攻撃的、すなわち自分で何かを抑制したいという本能があるらしい。
それは人類生物学の定理でもあるし、一方で女性が受け身であるのも当然。
相手に合わせて「どうにでもして」というのも女性に対して、
男性が、自分でコントロールのできないものが苦手という理屈もよく分かる。

シックスフラッグスは、1960面創業の老舗テーマパーク。
10代で初めてカリフォルニアのシックスフラッグスに行った時は、
「絶叫マシーンの宝庫」ともいうべき構成に度肝を抜かれた。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオの攻勢に押されて、
一時は経営難に陥ったというけれど、
今でも絶叫マニアには絶大なる人気を誇っている。

子どもたちの春休みに付き合って、ニュージャージーのシックスフラッグスへ。
小雨の降るスッキリしない天気のなか、いくつかのスリリングマシンに試乗。
かつては大好きだったコースター、今は精神修行だと思って乗り越える。

さて、今夜のおかずは何にしようか。

写真 2019-04-25 14 39 50

写真 2019-04-25 14 39 52

写真 2019-04-25 14 40 05


Men seem to be aggressive, that is, they have the instinct to want to suppress something themselves.
It is also the theorem of anthropology, and women are passive.
Women understands the situation of un-control,
but men are not good at what they cannot control.

Six Flags is a long-established theme park founded in 1960.
When I first went to Six Flags in California as a teenager,
It was overwhelmed by the composition that it should be called "treasure place of screaming machine".

They were pushed by the offensive of Disneyland and Universal Studios,
It was said that it was difficult to keep the running of company before.
But it still boasts huge popularity to "screaming mania".

We took kids to Six Flags in New Jersey during the spring break..
We got on some thrilling machines in light rainy weather.
I thought that it was a mental training and I overcame coasters that I used to love.

Well, what shall we do tonight's dishes?

写真 2019-04-25 14 39 56

写真 2019-04-25 14 46 55

写真 2019-04-25 16 20 35


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

2002年にニューヨークで小さな会社を立ち上げて以来、
これまでたくさんの飲食店舗の立ち上げをサポートさせていただいた。

飲食業界の仲間の素晴らしいところは、横の繋がりをとても大切にしていて、
困った時には助け合ったり、互いを高め合うことに、努力を惜しまない。

平成最後のシェフズナイトは、土曜の営業が終わってから深夜のスタート。
ニューヨークで活躍するシェフとその近しい仲間、60名超が参加した。

寿司を握るシェフ、肉を焼くシェフ、酒をふるまうシェフ。
この上なく贅沢な夜、食べることは究極の幸せ。
それだけは、間違いない。

写真 2019-04-13 23 56 49

写真 2019-04-14 12 55 24

写真 2019-04-14 0 44 41


Since launching a small company in New York in 2002,
We have supported the launch of many restaurants.

The great thing about the food and beverage industry is that we value the horizontal connections very much,
When you are in trouble, we will spare no effort in helping each other and enhancing each other.

Heisei's last chef's night started late at night after Saturday business was over.
Over 60 active chefs from New York and their close friends participated.

A chef who made sushi, a chef who baked meat, and a chef who served beverage.
That was an extravagant night, eating was the ultimate happiness.
That was no doubt.

写真 2019-04-14 0 51 29

写真 2019-04-14 1 52 40

写真 2019-04-14 1 39 04 (1)

写真 2019-04-14 14 57 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-07 17 28 45

写真 2019-04-14 12 55 06

Next

平成時代の幕開けは、草津のスキー場で迎えた。
あの頃は、3年後どころか、1年後の自分のことさえ、分からなかった。

昭和時代のことばかり思い出すけれど、
人生で一番長く過ごしたのは、平成時代なのだ。

「平和で恵の多い時代でありますように」
懐かしい友から送られてきたメッセージが、心を暖かくする。

人生の折り返しは過ぎているけれど、
まだまだ前に進むことだけを考えよう。

スクリーンショット 2019-05-07 19.45.48


I welcomed the beginning of the Heisei era at a ski resort in Kusatsu.
At that time, I did not even know my own of one year later.

I remember the most about the Showa era,
But it was the Heisei era that spent the longest in life.

"May be a time of peace and grace"
A message sent from a nostalgic friend warmed up my mind.

Although the turning point of my life has passed,
I think just about moving forward.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next