Archives

2019年06月

写真 2019-06-08 14 04 28


友人の御子息の卒業式に参列した。
5年程前に相談を受けて、無事に合格切符を手にして、
意気揚々と、たった一人で渡米してきたのが4年前。

当時14歳の少年というと、今の長男と同じ歳。
多感な時期に親元を離れて、アメリカで生活しようという強い意志。
そして彼を送り出す親御さんの勇気と覚悟を、今さらながらに回顧する。

少し離れてみれば、あっという間の4年間。
でも、その中身はあまりにも濃厚で、短い言葉では綴れない。

高校時代の友人は、きっと必ず一生の御縁に繋がるから。
築いてきた時間をしっかり記憶の箱に封じ込めて、
ずっと心に持ち続けていて欲しいと切に願う。

卒業、おめでとう。
御両親にも、心からの感謝と祝福を。

この先始まる大学生活が、さらに実り多きものでありますように。

写真 2019-06-08 14 11 07

写真 2019-06-08 14 48 04

写真 2019-06-08 15 06 00


I attended the graduation ceremony of my friend's son.
We received consultation about five years ago, and he passed the examination to enter,
It was four years ago that he had moved to the United States alone.

Speaking of a 14-year-old boy at that time, he was the same age as my eldest son now.
A strong will to live in the United States by leaving his parents at a sensitive time.
And I looked back on the courage and preparedness of the parent who sent him out.

If we look away a little, four years passed very fast.
But its contents were too rich and we could not be spelled in short words.

Your high school friends will surely be connected to a lifetime relationship.
Keep the time you have built firmly in the memory box,
I sincerely hope that you keep it in mind.

Congratulations on your graduation.
To my parents, my heartfelt gratitude and blessings.

Hope that university life starting in the future will be more rich time.

写真 2019-06-08 14 48 30


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-08 15 27 21
Next

写真 2019-06-09 17 55 30


11月開催予定のオペラ「白狐」のプレビュー公演が、
ニューヨーク総領事公邸で開催された。

原作者の岡倉天心は、明治期における西洋化のなかで、
近代日本美術の発展に大きな功績を残した人物。
100年以上前にニューヨークで「茶の本」を英語で出版、ベストセラーとなった。

その後、日本の伝説をオペラで米国に紹介しようと書き上げた戯曲「白狐」は、
当時の作曲者と意見が合わずに、結局上演されることなく「絶筆」。

「未完成」のままであった作品が、マエストロ・平井秀明氏の手で蘇り、
オペラ歌手・田村麻子さんやNY波濤流殺陣師・香純恭さんらのコラボによって、
改めてニューヨークから世界に向けて発信されることになる。
画家・セッタンジュリ首藤あつき氏のアートディレクションも興味深い。

キツネが人間に変身して、恩人の男と結婚するというストーリー。
難しい呼称も含めて、英語で説明するのはややハードルが高いのか、
オペラは日本語のままで上演されるという。

各界のトップ、著名人、芸術家など、錚々たるVIPが鎮座されるなか、
芸術や文化に造詣の深い山野内勘二・在総領事のスピーチには説得力があり、
日本をいかにして世界に知ってもらうか、いろんな可能性を感じさせられた。

個人的な友人である方々が、こうして世界の舞台に立たれていることは、
とても刺激的かつ誇らしく、彼女らの躍進が心底楽しみでならない。

写真 2019-06-09 17 44 37

写真 2019-06-09 17 47 34

写真 2019-06-09 17 52 10

写真 2019-06-09 17 30 46

写真 2019-06-09 16 36 05 (1)


Preview performances of the opera "The White Fox" scheduled to be held in November, was held at the Consul-General of Japan, New York.

The original author, Tenshin Okakura, worked as a part of Westernization in the Meiji period.
He was a person who has made great achievements in the development of modern Japanese art.
More than 100 years ago, he published "The Book of Tea" in English in New York and became a best seller.

After that, he wrote the drama "The White Fox", to try to introduce the Japanese legend to the United States by opera.
It was said that he did not like working with the composer of the time, eventually it was not staged.

The work that remained "unfinished" is resurrected by the hands of Maestro Hideaki Hirai.
By collaboration of opera singer, Asako Tamura, and NY Hatoryu, Kyo Kasumi,
It will be sent to the world from New York again.
It is also interesting to see the art direction of the painter, Atsuki Settangeli.

"The White Fox" is the story that a fox turns into a human and marries a benefactor.
It might be difficult to explain in English, including difficult names.
This opera is planned to be staged in Japanese.

While the top of each world, a celebrity, an artist, etc. were invited as VIP,
I was convinced with speech of the consul, Kanji Yamanouchi, who had a deep knowledge of art and culture.
I was made to feel various possibilities how to make Japan known to the world.

The fact that people who are personal friends are on the stage of the world is very exciting and proud.
And we really hope their breakthroughs.

写真 2019-06-14 12 19 09

写真 2019-06-14 12 18 44


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-14 10 28 09



Next

写真 2019-06-10 19 37 00

写真 2019-06-10 19 42 52


家族でひっそり過ごすはずの誕生日。
友人たちがバースデーパーティーを開いてくれた。

いくつになっても、おめでとうを言ってもらえることは本当に嬉しくて、
どんなに照れくさくても、この日だけは主役になっても良いのかな。

節目の歳というけれど、昨日と今日と明日の私はどれも同じ私で、
時間だけは戻せないことだけが、紛れもない事実。

22歳の時に、親友を失った。
私と誕生日1日違いで生まれた彼女は、生きることに不器用だった。

今、新しいチャレンジをしているなかで、
命の大切さ、尊さを、改めて感じている。

彼女の役割はきっと、生き抜くこと、運命から逃げないことを、
残された私たちに教えてくれることだった。

もうとっくに彼女の生きた倍以上の時間を生きてきた私だけれど、
まだきっとやることがあるから、もう少し踏ん張ろう。

この世で生きることに不器用だった彼女は、
残された私たちの心の中で、ずっと、器用に生きている。

Happy Birthday to our new life.

写真 2019-06-12 7 43 49

写真 2019-06-10 20 55 06

写真 2019-06-11 8 45 25 (1)


Though it was a birthday that I should spend quietly with my family,
My friends had a birthday party for me.

No matter how old we are, it is really happy to get the words, "Congratulations",
No matter how shy we are, we may be the protagonist only this day.

It is called the year of the turning point, but I am same person, on yesterday, today and tomorrow.
It is an undeniable fact that only time cannot be returned.

When I was 22 I lost my best friend.
Her birthday was one day before mine, and she was clumsy to live.

In a new challenge now,
I feel once again the importance and preciousness of life.

Her role was to tell us what life was.
surely to survive, not to escape from destiny.

I have lived more than twice as much time as her life,
I still have something to do, so let's go a little further.

She was clumsy to live in this world,
But she lives dexterously in our remaining hearts.

Happy Birthday to our new life.

写真 2019-06-11 8 20 28

写真 2019-06-11 9 37 54

写真 2019-06-11 8 24 58


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-10 19 41 50 (1)

Next

写真 2019-06-10 17 35 03

写真 2017-11-15 22 27 47


彼女から熱いラブコールをいただいた当初は、戸惑った。
伝えることの難しさを知っているからこそ、
本当に覚悟を持って取り組まないといけないと自戒した。

私の心を解放させてくれたのは、杉原伸生氏のニューヨーク講演だった。
「感謝の連鎖」に包まれたあの感動を味わいながら、
正しいことを伝え、さらにその先を伝えてくれる人がいることに、
心から感謝しようと誓った。

誰もが、外からは見えない宿題を抱えて生きている。
だからこそ、すべての命に役割があって、すべての命は尊いのだと。
どこかで光を探している人のために、この想いが届きますように。

2012年6月10日、「未完の贈り物」初版発行。
2019年6月10日、「ミュージカル未完の贈り物」リリース。

伝え続けるのは、より良い社会への挑戦。
そして、世界平和への祈り。

*「未完の贈り物」(産経新聞出版/小学館)と「生まれてくれてありがとう」(小学館)の
両作品が原作となります。脚本・演出は小池樹里杏さん。

写真 2019-06-10 17 35 11


I was puzzled at first when I got a hot love call from her.
Only because I know the difficulty of convey, communicating,
We self-punished that we had to be prepared to tackle it.

It was Nobuki Sugihara's New York lecture that made my heart release.
While tasting the impression that was wrapped in the "sequence of thanks",
I sincerely thanked her that she would like to convey people about my opinion.

Everyone gets the theme that cannot see from the outside to live.
That's why every life has a role, and every life is precious.
I hope someone will receive this feeling for those who are looking for light somewhere.

On June 10, 2012, my book was issued the first edition.
On June 10, 2019, an information of musical version was released.

Keeping up conveying is a challenge to a better society.
And it is to pray for world peace.

写真 2019-06-10 18 39 31


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-05-16 21 28 09

写真 2019-05-16 21 41 53

写真 2019-05-16 21 54 46


前回ここに来たのはいつだろう。
そういうことを考えると、つくづく月日の経過の早さを感じてしまう。

昨年末のオープン以来、半年ぶりに訪れた隠れ家。
手の込んだ料理、一品一品すべてに感動をもらう。

この隠れ家の背景に、どんな大物プロデューサーが関わっているとか、
この隠れ家を愛する人に、どれほどの大物の名前が連なっているとか、
そんなことは、一切関係ない。

大堂シェフが長年変わらない謙虚な姿勢で向き合ってくださること。
そこに最大限の敬意を払い、私はずっと彼を応援していたい。

風薫る季節の素晴らしいメニュー、素晴らしい時間に感謝を。

写真 2019-05-16 23 00 38

写真 2019-05-16 22 00 33

写真 2019-05-16 22 30 15

写真 2019-05-16 22 47 51


When did I here last time?
When I think about that, I feel the speed of the passing of the day and time.

To a retreat that has been visited for the first time in six months since the opening late last year.
I was impressed by the elaborate dishes, one item and one item.

What big producers are involved in the background of this hideout,
To those who love this hideout, how many big names are connected,
That doesn't matter at all.

Chef Odo faces me in a humble attitude that has not changed for many years.
Paying the utmost respect there, I want to support him all the time.

Thank you for the wonderful menu of the seasons and the wonderful moment.

写真 2019-05-16 23 05 46

写真 2019-05-16 23 27 46

写真 2019-05-16 23 49 36


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-16 21 48 08

写真 2019-05-16 23 39 54
Next

米国では子供の誕生会に非常に力を入れている家庭が多い。
子供の意思というよりも、親の手腕のお披露目のような企画が多く、
人気の場所で、たくさんの友人を招いて、数千ドルを注ぎ込む。

我が家ではずっと、その類の誕生会を開いてあげる余裕はなかったけれど、
子供達も、誕生日だからといって、何かを欲しがるということもなかった。

でも親の役目として、彼らの経験値を増やしてあげることも必要だから、
少し背伸びしたお店で、「美味しい時間」というプレゼントを贈る。

彼らの胸に刻まれるこの時間が、いつか何かの支えになってくれますように。

写真 2019-05-23 18 13 31


In the United States, there are many families that put great emphasis on children's birthday parties.
There are many birthday plans like the protagonists of the parents, rather than the children's intentions,
In a popular place, they invite tons of friends and pay thousands of dollars.

We have never had money to hold a big birthday party for my kids,
The children did not want anything just because they were birthdays.

But because it is also necessary to increase their experience points as a parent role,
We give them a present called "Delicious Time" at the good restaurant.

I hope this time, engraved on their chests, will support them someday.

写真 2019-06-09 10 27 04

写真 2019-06-09 10 28 02


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

オードリーヘップバーンが、コーヒーとクロワッサンをほおばりながら、
ニューヨーク5番街のティファニー本店前を歩く。
映画「ティファニーで朝食を」の名シーンは、まさにこの地で誕生した。

歴史に残る店舗に初めて足を運んだ時の胸の高揚は、今でも覚えている。
初めて手にしたブルーボックスを、ずっと捨てられなかった。

近隣にあるトランプタワーの厳重警戒体制で、客足が減ったティファニーが、
3年がかりで本店の大改装を行うと発表したのが昨年の夏。
その大切なポジションに、友人の御主人が大抜擢された。

ということで、その友人らと、久しぶりに「ティファニーで朝食を」。
アジア人ゲストの多さに驚きながら、世界で一番優雅な朝食を堪能。

大好きな友人との会話が、何よりのご馳走。
素敵な時間を、ありがとう。

写真 2019-05-03 10 53 40

写真 2019-05-03 11 19 34

写真 2019-05-03 12 09 48

Audrey Hepburn welcomes coffee and croissants,
Walk in front of Tiffany Main Store on 5th Avenue in New York.
The famous scene of the movie "Breakfast at Tiffany" was born right here.

I still remember the rise of my heart when I first went to a store in history.
I could not throw away the blue box I had for the first time.

Tiffany, who has a reduced number of customers, is in close proximity to the nearby Trump Tower.
It was last summer that we announced that we will carry out a major renovation of our main office in three years.
The master of a friend was greatly selected in the important position.

So with that friend, after a long time "breakfast at Tiffany".
Enjoy the most elegant breakfast in the world while being surprised by the large number of Asian guests.

The conversation with my favorite friend is a treat for me.
Thank you for a wonderful time.

写真 2019-05-03 12 31 17


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-03 20 28 57
Next

写真 2019-05-09 17 52 36

写真 2019-05-09 20 23 20


先月、ブロードウェイミュージカル「Aladdin」を観た。
前から3列目という迫力満点の席に、子どもたちも大興奮。

遠い昔、オーラ鑑定ができるという女性に会った時、
私のシンボルは「空飛ぶ赤い絨毯」だと言われたことがあった。
魂が常に自分の状況を俯瞰しながら、空を彷徨っているのだと。

「Aladdin」の「A Whole New World」のシーンでは、
毎回たまらなく涙が溢れ出てくる。
「君の知らない世界を、見せてあげよう」
「誰も僕らにNoなんて言わない」
このセリフに、これまでどれほどの勇気をもらったことか。

私たちは「デイジーピースプロジェクト」という活動をスタートさせた。
世界の平和を願いながら、世の中をデイジーの花でいっぱいにする。
著名人からドレスのハギレをもらって、子どもたちがリメイクする。
そして公園にレッドカーペットを敷いて、ファッションショーを開催したい。

心に強く思って行動すれば、必ずそれは叶うから。
残りの部分は、神頼みの代わりに、流れ星にお願いをしてみよう。

劇場から出ていく人たちが、みんな幸せそうな笑顔を浮かべている。
みんな「Aladdin」の魔法にかけられているに違いない。

写真 2019-06-05 9 50 59


Last month we went to see a Broadway musical "Aladdin".
My kids were also excited about the seat of the third row from the front.

A long time ago, when I met a woman who could do an aura appraisal,
My symbol was said to be "flying red carpet".
She said that my soul was always crawling in the sky, while watching the situation.

In the scene of "A Whole New World" of "Aladdin",
my tears overflow every time without hesitation.
"I can show you the world."
"No one to tell us no or where to go."
I assume how much I had been encouraged by this words ever.

We started an activity called "Daisy Peace Project".
While wishing for peace in the world, we will make the world full of daisy flowers.
We will ask to get dresses from the celebrity for children to remake them.
And we want to put a red carpet in the park and hold a fashion show.

If we act with our wish, it will surely come true.
For the rest, let's ask shooting stars.

Everyone who left the theater was smiling happy.
Everyone might got the magic of "Aladdin".

写真 2019-05-09 17 52 45

写真 2019-05-09 17 52 51

写真 2019-05-09 17 53 00


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-09 21 21 09


Next

61283147_424137198368199_7479567481628000256_n


新しいホームページを開設した。
私たちがやっている活動を、整理して伝えるのが目的だけれど、
潤沢な予算があるわけでもなく、身内に土台を作ってもらった。

ニューヨークと東京の時差の中、細かいディレクションをしながら、
文章や構成を考えたり、久しぶりにクリエイティブな脳を使った。
彼女のセンスと知識にたくさん助けられて、ようやく完成。

是非、ご覧ください。

未来のいのち国際平和パーティ2036・ホームページ
地球こどもサミット・ホームページ

61359473_319763785586796_3033061631912312832_n


A new website has been opened.
The purpose is to organize and communicate the activities we are doing.
As we did not have ample budget, I asked my relative to set up.

In the time difference between New York and Tokyo, while making a detailed direction,
I thought about sentences and structure, and used a creative brain.
I was helped a lot by her sense and knowledge, it finally completed.

Please take a look our website.

International Peace Party for Future Life 2036
The Earth Children Summit

61464611_891105044561790_1491942712302108672_n


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

61604359_690905591346840_7328042049037402112_n
Next