Archives

2019年07月

写真 2019-07-30 9 49 08


同じクラスになったのは、たった1年だけだったけれど、
ハンドボール部の合宿とか、有志団体での活動とか。
一緒に過ごした思い出は、数え切れないほどある。

初めて作ったミュージカルとか、歌舞伎とか。
私が今でもそこに関わっているのは、あの頃の原点があったから。

学生時代から「私の元気の源は、ドリカム!」と豪語していた私に、
「俺のテーマソングを横取りするな」と言い争ったことも懐かしい。
あの頃の彼は、いつも好奇心と情熱が先行していた。

社会人になって、私がフライトで関西に滞在すると、
大阪の美味しいものとか、京都の楽しみ方とか、教えてくれたよね。

「子育ては人生最大の一大事業」だと、未来のいのちをたくさん考えていた。
私の活動にも、闘病中の君は、最大のエールを送ってくれた。

9月ミュージカルに「特等席を用意しておいて」と約束してくれたから、
私はずっと、その席を空けて待っていることにする。

最後に握手して「池本、お前は頑張れよ」なんて言わないでほしかった。
そんなこと言われたら、私は意地でも前に進むしかない。

また会う時まで、もう少しこっちで踏ん張るから。
ゆっくり休んで、最大の笑顔で待っていてください。
どうか、安らかに。

写真 2019-07-30 9 49 34


We were in the same class for only a year, but
Training camp in the handball club or activities in volunteer groups.
There are countless memories I spent with you together.

The first musical we produced, or Kabuki.
I'm still involved in these field because there was an origin of that time.

We discussed together how much we love the same music group "Dreams come true!"
At that time he was always followed by curiosity and passion.

When I stayed in Kansai at my previous job,
He taught me how delicious Osaka is and how to enjoy Kyoto.

"Child-raising is the biggest business in the life," he was thinking a lot of future life.
For my activities, even though you were fighting, he sent me the biggest ale.

Because I promised to have a special seat for him in the September musical,
I will be keeping his seat all the time.

Finally he said while shaking my hand "Ikemoto, you should do your best."
If you say that, I have no choice but to go forward.

I'll do my best for a little more until we meet again.
Please take a big rest and wait with your biggest smile.
Please rest in peace.

写真 2019-07-30 9 49 42

Next

写真 2019-07-15 14 59 51


4年に1度の祭典といえばオリンピックだけれど、
私にとって4年に1度のご褒美は「ドリカム・ワンダーランド」。

1989年のデビュー以来、一度も浮気せずに愛し続けている歌声に、
今夏もたくさんの感動をいただいた。

「私たちは名もない旅の途中」
大きな宇宙から見れば、人間の人生なんて小さな旅の途中に過ぎない。

また4年後、彼女の歌声に会いに行こう。

写真 2019-07-15 15 12 54

写真 2019-07-15 15 47 42


The annual festival every four years is the Olympics,
The reward for me every four years is "Dreams come True, Wonder Land".

Since the debut in 1989, I have loved their singing voice without cheating,
I was very impressed this summer again.

"We are in the middle of an unnamed trip"
Seeing from the big universe, human life is just a small journey.

Let's go to see her voice four years later.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
DWL

写真 2019-07-15 15 46 54
Next

写真 2019-07-23 5 47 17


毎年、1ミリも変わらない光景を見ながら、
この光景をいつまで見ることができるのだろうと、思いを馳せる。

2002年7月27日に、ニューヨークで小さな会社を作り、
18年目を迎えた今日も、まだ会社が存続しているという奇跡。

生かされている命を、大切に生きながら、
人を応援し続けることを、ずっと続けていきたいと思う。

20019年7月27日、OFFICE BEAD INC.創業17年。
18年目のスタートに、ありがとう。

写真 2019-07-23 5 54 54


Every year, while watching the scene that does not change at all,
I wonder how long I can see this scene.

On July 27, 2002, I established a small company in New York,
It's a miracle that company still exists today, even in the 18th year.

While I am living by some power invisible,
I would like to continue to support people for a long time.

OFFICE BEAD INC. has been founded for 17 years.
We welcome our 18th year on July 27 in 2019.

写真 2019-07-23 5 58 52
Next

写真 2019-07-26 9 49 34


日本滞在中に隙間時間とのタイミングが合うと、小さな劇場に足を運ぶ。
若くして他界した親友と、学生時代によく芝居を観に行った。
役者の息遣いが感じられる距離が、私にとって原点を思い出すツールになる。

舞台は、太平洋戦争の終戦間近、帝国陸軍訓練所があった満州。
「負け戦でも、最後まで日本国のために戦う」と特攻を志願する将校たち。
そのなかに、夫と共に特攻機に乗り込んだ女性がいた。
彼女はなぜ特攻を選んだのか。特攻隊の意義とは何だったのか。

「特攻に行く人は誇りだが、それを強いるのは日本の恥」
原爆症で亡くなった、当時19歳の女性の言葉が劇のテーマとなっている。
軍国主義一色の時代に、物事の二面性を冷静に見つめる洞察力が育まれていた。
それを敢えてこの時代に再現したことに、制作者の強い意図が感じられる。

実力のある役者が揃い、個性豊かな配役を、それぞれが見事に演じている。
三途の川や占いなど、スピリチュアルなシーンを加えて戦争を描き、
男たちが、本土から流れてきた女性らと酒場で絡む人間らしさも生々しい。
小さな劇場で、あれだけ臨場感のある操縦シーンを再現する演出力も感動。

戦争を風化させてはいけない。
深く重いテーマなのに、あっという間の2時間。
今の時代に、観て感じることの大切さを痛感する舞台だった。

写真 2019-07-27 7 59 42

写真 2019-07-27 7 59 45

写真 2019-07-27 7 59 48

©️演劇ユニット ニラカナエナジー

While staying in Japan, I visit a small theater if I have a chance.
Since my school days, I often went to see plays with my best friend who passed away at twenty-two years old.
The distance at which the actor's breath is felt can be a tool for me to remember my origin.

The stage was Manchuria, near the end of the Pacific War, when the Imperial Army Training Center was located.
"We will fight for Japan until the end, even if we lose."
Many officers hoped to volunteer for a special attack.

Among them, there was a woman who got into the attacking plane with her husband.
Why did she choose to attack? What was the meaning of the a suicide squad, special attack squadron?

"We proud people who hoped to be a suicide squad attack, but it is Japanese shame to force it"
The words of a 19-year-old woman who died of atomic bomb disease are the theme of the play.
Even it was at the era of militarism, the insight to calmly look at the duality of things was fostered.
I felt the strong intention of the producer in that she daringly reproduced in this era.

The talented actors are lined up, and each one plays a distinctive cast.
A war is drawn by adding spiritual scenes such as horoscopes.
The scene in which men interact with women who worked at the bar makes them so human.
The performance that reproduces the attacking scene with a sense of reality at a small theater, is also impressive.

We never forget the war.
Although it was a deep and heavy theme, I felt 2 hours was short.
Most important thing is to see and feel something directly.

写真 2019-07-27 7 59 51

写真 2019-07-27 7 59 54
Next

写真 2019-07-23 8 04 00


末娘が小学校に入る前からだから、今年で7年目。
沖縄の名護市近くに、今帰仁(なきじん)という村があって、
毎年の定宿とさせていただいているオーベルジュがある。

ホスピタリティー溢れるオーナー御夫妻は、心の友。
そしてウッパマビーチには、大好きな海の家の店長夫妻がいらっしゃる。
すでに「沖縄の家族」。
毎年彼らに会いたい気持ち先行で、私たちは旅を決める。

地元で採れた食材をふんだんに使った朝食。
ボーダーのない青い空と青い海。
真っ白な砂浜。

また一年頑張ろうと思う、心のカンフル剤がここにある。
写真 2019-07-24 17 41 05


There is a place where we visit every summer for these 7 years.
It is a village called Nakijin near Nago City in Okinawa.
There is an auberge that we stay as a regular lodging.

Mr. and Mrs. owners who are full of hospitality are our soul mates.
And at Uppama Beach, there our favorite couple who is a store manager and his wife at the house of the sea.
They are already a "Family of Okinawa.:
Every year we decide to travel with the feeling that we want to meet them.

Breakfast using plenty of local ingredients.
Blue sky and blue sea without borders.
A white sandy beach.

Here is the motivation of my heart that I will do my best for another year.

写真 2019-07-24 6 05 12

写真 2019-07-24 6 05 12 (1)

写真 2019-07-24 6 05 12 (2)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-23 8 04 51

写真 2019-07-23 19 05 51

Next

写真 2019-07-22 19 21 18


この数年、沖縄での夕飯はここで食べると決めている。

牛の内臓に、こんなに名前が付いているとは知らなかった。
そして、オックステールラーメンの美味なこと。

来年も、きっとここに来よう。

写真 2019-07-22 19 29 46

写真 2019-07-22 19 35 03

写真 2019-07-22 19 42 58

写真 2019-07-22 19 49 57

写真 2019-07-22 20 00 33

写真 2019-07-24 6 51 44



For the last few years, We decided to eat dinner here when we are in Okinawa.

I didn't know that the internal organs of the cow were so named with many kinds.
And the taste of oxtail ramen is very yummy.

I'm sure we will come here next year.

写真 2019-07-22 20 18 22


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-22 20 07 36
Next

写真 2019-07-22 15 48 11

写真 2019-07-22 16 47 22

写真 2019-07-23 21 56 06


毎年お世話になっている海の家。
息子たちは、早朝にビーチに行って、掃除や準備を手伝う。

日中、お客様の波がひと段落すると、
店長さんがマリンスポーツを教えてくださる。

今年は初めてウェイクボードに挑戦して、
毎年ビーチで顔を合わせる御家族とも仲良しになった。
一緒に滝を散策したり、BBQや花火をしたり。

来年また成長した姿で再訪しよう。
大人も子どもも、きっとずっと成長できる。

写真 2019-07-23 22 20 32

写真 2019-07-23 22 20 53

写真 2019-07-23 22 20 56


Sea house which is indebted every year.
My sons go to the beach early in the morning to help with cleaning and preparation.

During the day, when the customer does not come,
The store manager teaches them marine sports.

This year, for the first time, they tried wakeboarding,
We became friends with other family who meet each other on the beach every year.
Stroll along the waterfall together, BBQ and fireworks.

Let's revisit next year again in a mature state.
Adults and children will surely be able to be in progress.

写真 2019-07-23 19 06 54

写真 2019-07-23 19 06 58

写真 2019-07-23 19 08 01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-23 20 53 53
Next

好きなものには、こだわりがある。
一度好きになると、いつまでも好きでいる。
相手から裏切られない限りは、ずっと好きでいられる。

この夜明けを見たくて、毎夏沖縄を訪れる。
ずっと好きなシーンであり続けてほしい。

なぜ目先の利益のために、人を裏切るのだろう。
どんなに叫んでも届かない心に、自然の偉大さを教えてあげたい。

夕暮れを眺めながら、自分は人を大事に生きようと思う。

写真 2019-07-23 5 47 17

写真 2019-07-23 5 54 54

写真 2019-07-23 5 57 30

写真 2019-07-23 5 59 27


There is a commitment to what I like.
Once I like it, I like it forever.
Unless I am betrayed by opponent, I will be able to like it forever.

I visit Okinawa every summer to see this dawn.
I want it to continue to be a favorite scene.

Why you are betray people for the immediate benefit?
I want to tell you heart the greatness of nature.

While watching the dusk, I want to live my life with my precious people.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-23 19 40 10

写真 2019-07-23 19 40 21

写真 2019-07-23 19 40 26
Next

写真 2019-07-14 5 32 20


創造した作品は、世に出した時点で一人歩きするものと言われる。
でも事実を綴った作品は、そうあってはならない部分が大きい。

原作部分には一切の脚色を加えずに、きちんとメッセージを伝えて欲しい。
それが、私が彼女にお願いしたひとつの条件であった。
事実関係だけでなく、細かい言葉遣いまで、嘘があってはならないのは、
実在する人物と歩いてきた軌跡があるドキュメンタリーであるということ。
そのために創られた、人為的なストーリーなんかじゃないということ。

事実だけを叙述した本を読んだ母娘のストーリーが交錯する。
セリフに感情を、音楽にメッセージを吹き込む。
ミュージカルという表現方法を選んだ演出家の意図を確かめながら、
手探りで脚本を整えていく作業が、ようやく形になった。

初めての顔合わせと本読みの日。
私はきっと他の誰よりも緊張して、その場にいた。

「それまで台本を黙読しかできなかった」という主役の今泉りえさんが、
「生まれてくれてありがとう」の一言を涙ながらに絞り出した時。
アイドルの側面しか知らなかった伊倉愛美さんが、本をしっかり読破して、
最初のシーンの大切な言葉を丁寧に大切に発した時。
そこに集まったすべてのキャストとスタッフの皆さんが作り出す、
愛溢れる空気がとてもあたたかく思えた時。
すべてをこの方たちに託してみようと、心を決めた。

ひとりよがりの自叙伝ではなく、次の世代が新しいメッセージを加えて繋いでいくこと。
それはきっと「アートで世界を繋げていく」ということでもあると思うから。

東京公演に続き、名古屋、大阪、福岡での地方公演も決定。
私たちの新しいチャレンジを、どうか応援してください。

写真 2019-07-14 5 31 47


The created work is said to be walking alone when it is released to the world.
But works that spelled facts should not be like that.

Please send a message without adding dramatization to the original part.
That was one of the conditions I asked her.
Not only the facts but also the sensitive language, there must be no fiction.
It is a documentary with a real person and a real history.
It is not a story created for that purpose.

The story is the mixed story with real book and readers.
Give emotions to words and messages to music.
While confirming the intention of the director who chose the expression method as musical,
We worked together to prepare the script, and groping was finally in shape.

On the day of the first meeting,
I was probably more nervous than anyone else there.

Rie Imaizumi, who plays the leading role of saying, "I could only read silently until then.", squeezed out a word of "Thank you for being born" with tears.
Manami Ikura read through the book firmly, carefully cherished important words of the first scene.
The atmosphere that was produced by all the cast and staff gathered there, was full of love and very warm.
I decided on my mind to commit everything to them.

It should not be a selfish book, but the next generation will add new message.
I think that's also about "connecting the world with art".

Following the Tokyo performances, local performances in Nagoya, Osaka and Fukuoka are also decided.
Please support our new challenge.

写真 2019-07-13 20 50 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-14 5 32 35

写真 2019-07-13 20 51 14

Next

写真 2019-07-10 20 14 06

写真 2019-07-10 20 17 13


学生時代に葛飾区で熱帯魚屋の雇われ店長だったことが始まり。
熱帯魚を通して世界に繋がりたいという夢がビジネスになり、
そこにクリエイティブなエッセンスを足したら、
アートアクアリウムが完成した。

人生の岐路に立つと、常に「心の声に耳を傾ける」という木村英智氏。
今年で開催11年目を迎えた「アートアクアリウム」は、
アート、デザイン、エンターテインメントとアクアリウムの融合型展覧会。
金魚を中心とした観賞魚たちが、光と音と映像を駆使した神秘的な空間で、
自由自在に泳ぎ、アートのように演出されている、まさに「芸術水族館」。

見上げた天井にいる金魚の美しさが、ミラー効果で倍増する「天井金魚」、
妖艶な空気たっぷりの、金魚のお風呂「ジャグジリウム」。
「大奥」「花魁」「ロータスリウム」「超・花魁」と名付けられた
巨大水槽シリーズが4つ同時展されたメインステージは、圧巻のひとこと。

日本橋三井ホールでの開催は今年が最後になるという。
江戸の夏を楽しむ季節の風物詩、ぜひ訪れてみてください。

写真 2019-07-10 20 17 34

大奥
スクリーンショット 2019-07-22 17.57.50

花魁
写真 2019-07-10 20 19 51

ロータスリウム
スクリーンショット 2019-07-22 17.58.05

超花魁


Mr.Hidetomo Kimura started his business when he was hired as a manager of a tropical fish shop in Katsushika district at his student age.
His dream was to connect to the world through tropical fish becomes a business.
After he added creative essence to it, the "Art Aquarium" has completed.

When standing at a crossroads in life, he listened to the voice of his heart.
The “Art Aquarium” has reached its 11th year this year.
Integrated exhibition of art, design, entertainment and aquarium.
In the mysterious space where ornamental fish, mainly goldfish, make full use of light, sound and images.
Goldfish is swimming freely and directing like art.; it's an "Art Aquarium."

The "ceiling goldfish", where the beauty of the goldfish on the ceiling looking up doubles with the mirror effect.
The "Jugjirium" is a goldfish bath full of bewitching air.
It was named "Ooku", "Oiran", "Lotusrium", "Super Oiran"
The main stage where four huge water tank series were exhibited simultaneously is a masterpiece.

This year will be the last exhibition at the Nihonbashi Mitsui Hall.
Please come and see the seasonal features of Edo summer.

スクリーンショット 2019-07-22 18.00.54

天井金魚
スクリーンショット 2019-07-22 18.00.06

ジャグジリウム
写真 2019-07-10 20 20 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-10 20 16 57

写真 2019-07-10 20 19 11

写真 2019-07-10 20 19 37




Next

写真 2019-07-17 13 19 21


都内ホテルの中に、こんな隠れ家的な寿司バーがあることを知らなかった。
浜離宮の景色を眺めながら、今朝築地から仕入れたばかりのネタを堪能。

一緒にそこにいるメンバーが大好き過ぎて、楽し過ぎた。
幸せな時間は、あっという間に終わってしまう。

写真 2019-09-28 15 22 52


I didn't know that there was such a hidden sushi bar in a hotel in Tokyo.
While enjoying the view of Hamarikyu, we can enjoy the material just purchased from Tsukiji this morning.

I loved the members who were there together and was too much fun.
Happy time ends in no time.
人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-28 15 25 40

Next

写真 2019-07-10 20 41 34

写真 2019-07-10 20 44 30


「毎月だいたい10日に開催する大斗会」
アートアクアリウムアーティストの木村英智氏が、
またしてもユニークなイベントを企画をスタートされた。

東京・日本橋に復活した福徳神社の地下で、
1年365日、本家本元本流の日本の古典芸能が楽しめる空間。
「水戯庵」を月に一度ジャックして、プライベートパーティーを開催する。

6月10日、彼の誕生日(すなわち私の誕生日!)に発足した企画だから、
毎月「何歳と何ヶ月の誕生会だからお祝いしよう」と発信できるのも素敵。
7月の「大斗会」は、水戯庵のラウンジタイムを利用しての開催となった。

「日本のワインを愛する会」会長の辰巳琢郎氏のワイン講話。
宝生流第二十世宗家による能の舞。
伝統文化について語るセッションには、クリスペプラー氏が参加。
老舗和菓子屋「老松」当主・本田宗達先生による茶の呈。
大倉流小鼓方十六世・大倉源次郎氏による鼓打ち。

こんなに贅沢な「大人の社交場」が、東京の中心地に存在する。
こんなに素敵な空間を、もっともっと伝えていきたい。

写真 2019-07-10 21 10 36

写真 2019-07-10 21 25 59

写真 2019-07-10 21 32 50

写真 2019-07-10 21 48 37


Art aquarium artist, Mr. Hidetomo Kimura, has started planning a unique event.
It is called "Daito-kai", held on the 10th of every month.

In the basement of Fukutoku Shrine, which was resurrected to Tokyo Nihonbashi,
There is a space where we can enjoy Japanese performing arts of the classic 365 days a year.
Mr. Kimura will hold a private party by jacking "Suigi-an" once a month.

Because it is a project launched on his birthday (ie my birthday!) On June 10,
It is also wonderful to be able to send out "I will celebrate because it is a birthday party of how old and how many months" every month.
The "Daito-kai" in July was held using the lounge time of "Suigi-an".

Mr. Takuro Tatsumi, a chairman of "The association for Love of Japanese Wine" gave a wine session.
The dance of Noh was presented by twentieth sect of the Houjo style.
Mr. Chris Peppler attended a session on traditional culture.
The tea ceremony was presented by Mr. Sodatsu Honda, the master of Oimatsu.
Mr. Genjiro Okura, Sixteenth generation of Okura drum style, showed the 'Kotsuzumi" drum stage.

Such a luxurious "adult ballroom" exists in the center of Tokyo.
I would like to convey more and more such a wonderful space.

写真 2019-07-10 22 26 43

写真 2019-07-10 22 36 11

写真 2019-07-10 22 46 53

写真 2019-07-10 22 47 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-10 22 25 50

写真 2019-07-10 23 02 44

写真 2019-07-10 23 13 07

写真 2019-07-10 23 30 27


Next

次男のパソコンが壊れた。
電源を入れても、画面が立ち上がらない。

夜中になって、長男が米国アップル社に問い合わせをする。
英語のチャットが早過ぎて、私には理解できない。
結局オンラインでは原因を解明できず、ジーニアスストアに予約。

翌朝、新宿の街を歩く。
後ろにいる母を一度も振り返らずに、ガンガン歩く。

もう母親の役目は半分終わった気がする。
逞しくなった息子たちの背中に、明るい未来を見出したい。

写真 2019-07-09 12 44 40


My second son's computer was broken.
The screen did not come up even when the power is turned on.

At midnight, the eldest son made an inquiry to Apple in the United States.
English chat was too early for me to understand.
After all, the cause could not be elucidated online, and he reserved to a genius store.

The next morning we walked in the city of Shinjuku.
Boys walked ahead without looking back at their mother.

I feel that my mother's role was half over.
I would like to find a bright future on the backs of the sons who became big.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

たくさんの方々に御支援いただいた「未来のいのち国際サミット2019」。

皆様の想いを、ドイツ国際平和村の子どもたちに届けたい。
記念フラッグにお名前を記載する作業が、ようやく終了。

三浦大地氏デザインのフラッグがあまりに可愛くて、
将来「JAPAN国際平和こども王国」が実現したら、
きっとこれが国旗になるのだろうとワクワクする。

「未来のいのち国際平和パーティー2036」のサポーターも次々と増えている。
「正しいことを正しくでなく、正しいことを楽しくやるのが目標」
こんなことを提唱している方が仲間に入ってくださるから、心強い。

2036年、ニューヨーク、セントラルパークで会いましょう。
もうずっと、これを言い続けている。

フラッグ


"International Future Life Summit 2019" has been supported by many people.

We wanted to deliver the thoughts of everyone to the children of "Friedensdorf International / German International Peace Village".
The Work to put the name on the commemorative flag was finally over.

The flag of Daichi Miura's design is too cute.
If "JAPAN International Peace Kids Kingdom" is realized in the future,
We are excited that this will be the national flag.

Supporters of the "International Peace Party for Future Life 2036" are also increasing one after another.
"The goal is to do the right thing in fun"
We are encouraged by those who advocate this kind of things.

Let's meet in Central Park, New York, 2036.
We have been saying this for a long time.

写真 2019-07-08 14 59 15


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

フラッグ2

フラッグ1

Next

日曜日、七夕の夜。
東京には冷たい雨が降っていた。
一年に一度の再会を逃した彦星と織姫が、泣いているみたいだった。

胸がザワザワして落ち着かない、月曜日の朝。
会えるものなら、いま君に会いたい。

君たちと過ごした高校時代を再現したいからと、
あの頃の楽曲を復活させてほしいと、ワガママを言った。
事情を知らない友人らが、協力してくれている。

そこには、失った友への想いとか、一緒に過ごした時間とか、
たくさんの思い出が詰まっているんだよ。

9月のミュージカルを観に行くまでに治すからと、
つい10日前に、連絡くれたばかりじゃないか。

まだまだ生きたいという君の想いが、天に届くように祈る。
お願い、時間をください。

スクリーンショット 2019-07-07 19.40.18


Sunday, Tanabata night.
It was cold and rainy in Tokyo.
Hiko-boshi and Ori-hime, who missed the reunion once a year, seemed to be crying.

My heart is stuffy and restless, Monday morning.
If I can see you, I want to see you now.

I wanted to reproduce the high school days I spent with you,
I asked other friends and producer that I wanted to revive the music of that time.
Friends who do not know the circumstances are helping us.

I want to express my feelings for friends who pass away, time spent together, etc.
We have a lot of memories.

"I will cure my ill by the time I go to see your musical in September."
Just 10 days ago, he just did contact me.

I pray that your thoughts of wanting to live will reach heaven.
Please, please give us time.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-07-05 11 10 44


今夏の大きなイベントの1つ。
「地球こどもサミット2019」の準備を進めている。

遠隔からお願いしてばかりで、自分が動けないのがもどかしかったけれど、
具体的に足を運ぶと、急速にことが運ぶことが増えてくる。

ずっとお会いしたかった日本環境設計の岩元会長との打ち合わせ。
「持続可能な循環型社会」の実現を目指す。
やや固い言葉の羅列を紐解くと、目から鱗のような情報がたくさん。

世界のトップブランドが衣料品のリサイクルに乗り出しているのも、
携帯電話を集めて東京オリンピック2020のメダルを作り出しているのも、
映画「バックトゥーザ・フューチャー」のデロリアンを走らせているのも、
全部この会社の技術とアイディアが引き金になっている。

リサイクル部門では、日本が全世界を牽引していることを、改めて学ぶ。

エネルギーを半永久的にリサイクルすることで、
人々はその奪取のための戦争をする必要がない。その先には平和がある。

この夏、子どもたちに明るい未来を伝えることが、私たちのミッション。
8月8日「地球こどもサミット2019」開催。
是非会場に足をお運びください。

写真 2019-07-05 10 54 15

写真 2019-07-05 10 58 53


One of the big events this summer.
We are preparing for "The Earth Children Summit 2019".

I was asking from New York, and it was frustrating that I could not move directly.
Once I take a concrete action, the result will rapidly increase.

We had a meeting with Mr. Iwamoto, chairman of Japan Environmental Design, that we wanted to see you all the time.
Our aim is to achieve a "sustainable recycling society".
After we unraveled a string of somewhat hard words, there was a lot of information.

To ask the top brands in the world to start to recycle clothing.
To ask people collect mobile phones to create the Tokyo Olympic 2020 medal.
To buy DeLorean of the movie "Back to the Future" to move it by recycling energy.
All triggered by this company's technology and ideas.

In the recycling section, we learned again that Japan is leading the whole world.

By semi-permanently recycling energy,
People do not have to go to war for their abduction.
There is peace in the future.

It is our mission to tell children a bright future this summer.
"The Earth Children's Summit 2019" is held in August 8th.
Please come to join us to the venue.

写真 2019-07-05 11 10 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-05 11 10 28

Next

夏の一時帰国。
今夏はたくさんのイベントを抱え込んでいるため、
ゆっくり羽根を伸ばせるのは、きっとお盆過ぎになるだろう。

でも、会いたい人には、会える時に会う。
地元で、同級生たちと恒例の「オツカレ」会。
いつだって「お帰り!」と迎えてくれる、彼らが愛おしい。

ここには、まだ私の居場所がある。
いつも救ってくれて、ありがとう。

写真 2019-07-06 19 32 50


I have come back to Japan.
Because we have many events this summer,
It will probably be late in summer that I will have break.

But when I want to see someone, I see them when I have time.
We had the "Otsukare" meeting with my old classmates in Local.
My dears always welcome me, saying "Welcome back".

There is still my place here.
Thank you for always saving me.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

ニューヨーク店舗創業12年目を迎えたSUSHI AZABU。
トライベッカに人気のレストランが次々とオープンしていた開業当時。
住居用のビルは、まだまだ少なかった。

現在は高級コンドが建ち並び、セレブリティが住む街になった。
倉庫街とマフィアの多い危険なエリアとして有名だったのに、
いつしかマンハッタンで最も安全なエリアと言われるほど変化した。

町の住民が変われば、飲食店のニーズも変化する。
人気の寿司屋は相変わらず予約の取れない店が多いなか、
寿司を食べに来るニューヨーカーに、もっと日本酒のことを知って欲しいと、
SUSHI AZABUの1階に「SANKAKU SAKE BAR」がオープンした。

地元のファンがたくさん訪れて、オフィシャルオープンのお祝い。
また新しい歴史が始まるこの店の展望を、いつまでも見守っていきたい。

スクリーンショット 2019-07-03 20.28.13


SUSHI AZABU has reached its 12th year in New York.
At the time of opening when popular restaurants in Tribeca were opened one after another, there were still few residential buildings.

Today, luxury condos are lined up and become a city where celebrities live.
Although it was famous as a warehouse area and a dangerous area with a lot of mafia before,
It has changed to be called the safest area in Manhattan.

As the residents of the town change, the needs of the restaurant also change.
While popular sushi restaurant still have been booked every day,
To let New Yorkers who come to eat sushi to know more about sake,
"SANKAKU SAKE BAR" has opened on the first floor of SUSHI AZABU.

Many local fans visit and celebrated the official opening.
I also would like to keep an eye on their prospects where a new history begins.

写真 2019-06-26 19 52 37

写真 2019-06-26 19 52 42


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-04 9 23 36

Next

写真 2019-06-29 15 33 28

写真 2019-06-30 6 58 58

写真 2019-06-30 6 59 13


夏の帰国前、最後のミッション。
在ニューヨークのお客様のイベントを1階で開催しつつ、
2階のスペースでは、プライベートパーティーを開催。

ミシュラン星を取った寿司シェフと、懐石料理の達人がコンビを組んで、
特別メニューを企画してくださった。

いつものカフェが特別な空間になり、
ゲストの幸せそうな声が響き渡る。

私はその笑い声を聞いている瞬間が好き。
やっぱりどこまでも、裏方でいるのが好き。

写真 2019-06-30 6 58 25

写真 2019-06-28 19 18 06

写真 2019-06-30 6 58 33

写真 2019-06-30 6 58 37

写真 2019-06-30 6 58 41

写真 2019-06-30 6 58 43

写真 2019-06-30 6 59 02

写真 2019-06-30 6 59 05

写真 2019-06-30 6 59 08

写真 2019-06-30 6 59 28


It was last mission before I back to Japan in this summer.
While holding an event of customers living in New York on the first floor,
In the space on the second floor, we held a private party.

The sushi chef who took the Michelin star and the master of Kaiseki cuisine worked together, and planned a special menu.

The usual cafe became a special space,
The happy voice of the guest echoed.

I like the moment I'm listening to that laughter.
After all, I like working at the backstage.

写真 2019-06-30 6 58 53

写真 2019-06-30 7 25 49

写真 2019-06-30 7 25 37

写真 2019-06-28 19 30 55

写真 2019-06-28 19 30 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2019-07-03 18.10.16

写真 2019-06-28 22 05 11

写真 2019-06-28 22 16 48



Next

「妻と姪がニューヨークに行くから、会ってくれないかな」
高校時代の同級生からのメッセージが、この物語の始まりだった。

社会人になって、前職で乗務中に、彼と機内でバッタリ再会したことがあった。
彼が今の奥様の御両親に結婚の挨拶に行くという、大事な時のフライト。

その後、お互いにいろんな時間を経て、
彼の姪御さんから、このような企画をいただくとは。
本当に御縁とは不思議なものである。

親子ほど歳の離れた彼女が、私たちの軌跡を舞台化するという挑戦。
伝えることの試練を知っているからこそ、当初は半信半疑のまま聞いていた。

ドキュメンタリーという事実部分には一切脚色を加えず、
彼女が作品から受けた想いをパラレルワールドで表現していく。

「諦めない、諦めない、諦めない」
彼女がたまに呟く言葉に、
私の厳しさが彼女を苦しめているのかと、私自身も苦しんだ。
でもそれは、きっと生みの苦しみを共有している一体感でもあった。

真っ暗いトンネルの中でもがいている私はずっと一人だった。
頼る人がいない、孤独との戦いが、何よりも辛かった。
でも気がつくと、たくさんの人が周囲にいて、支えてくれていた。

人間は決して一人では生きられないし、仲間がいるから強くなれる。
だから私は、彼女が苦しんでいる時は、側に寄り添いたいと思うし、
何かを達成した時には、一緒に喜んであげられる存在になりたいと強く思う。

脚本が落ち着いて、ようやくここからが本当のスタート。
スタッフの皆さん、キャストの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

なぜ彼女がこの企画を取り上げてくれたのか、今ではよく分かる。
作品にはあらわれない本当のテーマを、私はいつかきっと伝えていこう。

チケット御予約はこちらから。


フライヤーおもて


"Do you mind if I ask you to see my wife and niece as they go to New York ?"
A message from a high school classmate was the beginning of this story.

More than 20 years ago, while I was working for JAL in a previous job, I had reunited with him in flight.
It was an important flight since he was going to his wife's parents for a wedding greeting.

After that, after various time each other,
I had received this musical stage plan from his niece.
It was really amazing connection.

The challenge was that she, who was as young as a parent and child, set our trajectory on stage.
At the beginning, I had heard in half-hearted doubt because I knew the test of giving.

I did not allow to add any style to the factual part of the documentary,
she expressed the feelings that she received from the work in a parallel world.

"I will never give up, I will never give up, I will never give up"
I knew the words she mentioned occasionally,
I was also suffered myself because my severity afflicted her.
But it was also a sense of unity that we shared the suffering of birth.

Once I was alone in the dark tunnel.
There was no one I could rely on, and the fight against loneliness was tougher than anything else.
But when I realized, a lot of people were around and supporting me.

People can never live alone and can become strong because they have fellows.
So I want to get close to her side when she is suffering,
When she achieve something, I strongly want to be a presence that I can be delighted with.

The script has already been written and the real practice will start from here.
I appreciate all staff members and cast members.

Now I know the real reason why she was passionate about this project.
Someday I will surely convey the real theme that does not appear in this musical stage.

フライヤーうら


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next



1999年、私がニューヨークに渡った年に、
トーマス・ヤコブス氏は、ドイツ国際平和村の副代表に就任した。
2006年には6代目代表となり、平和村の子供たちのために、
ずっとその時間を費やしてきた。

2019年6月30日、代表を御退任されるトーマスに贈り物をしたい。
彼の功績を称え、サミットに力添えしてくださった方々を伝えることが、
花や手紙よりずっと、想いを届けることができるかもしれない。

サミット各会場で御登壇いただいた皆様、会場にお越しくださった皆様、
ボランティアでお手伝いくださった皆様、御協賛くださった皆様、
本当にありがとうございました。

西川悟平氏の奏でる「ノクターン」があまりに美しくてせつなくて。
思わず最後のエンドロールまで見入ってしまうムービーが完成。

記念ムービーをこの日に公開できるように、駆け抜けてくれて、
そして今でも一緒に走ってくれている仲間の皆さんに感謝します。

_DSC7657


1999, the year I came to New York,
Mr. Thomas Jacobs was appointed Deputy Head of the German International Peace Village, Friedensdorf International.
Became the Head of the sixth generation in 2006, and he had spent all the time for the children of Peace Village.

June 30, 2019, Keiko and I wanted to give a gift to Thomas, who will be retired from the team.
We thought to convey the people who praised his achievements and contributed to our summit.
It may be able to deliver our thoughts far more than flowers and letters.

Everyone who made a presentation at each Summit venue, everyone who came to the venue,
Everyone who helped by volunteer, everyone who supported us,
We are really thankful to you.

The "Nocturne" played by Mr. Gohei Nishikawa was so beautiful and sentimental.
The movie which we wanted to look to the last end roll involuntarily has been completed.

Team members worked with me through so that the commemorative movie can be released on this day.
And thanks to all fellow who are still working with me.

_DSC7644


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next