Archives

2019年09月

写真 2019-09-22 13 18 38


ニューヨーク市のオフィシャルページには、年間行事の規定があって、
毎週開催されるストリートフェアのスケジュールが事細かく明記されている。
極感の時期以外は、いつもどこかでお祭りがあるということだけれど、
私が住んでいる地区での開催は、毎年9月のこの時期が多い。

並んでいるベンダーも、あまり代わり映えもしないけれど、
今年は1ブロックを占めるジャパンブースが、ずいぶん人気のようだった。
焼きそば、たこ焼き、わたあめ、ヨーヨー釣り。
まるで日本の縁日を歩いているかのよう。

決定的な違いがあるとすれば、夜間の防犯対策のためか、
夕方5時を過ぎるとすぐに撤収準備を始め、NYPDが通行止めを解除すること。
災害に強いニューヨークは、祭り後の掃除だって猛烈に早く、
街が暗くなる頃には、いつものストリートに戻っている。

神社や寺の境内で、提灯の灯りを頼りに屋台をはしごする。
そんな縁日シーンは、日本ならではの風靡な世界。
今夏も日本の祭りには行けなかったけれど、
寒空の下で熊手を眺めて歩いた、酉の市のことをふと思い出している。

写真 2019-09-22 13 16 37

写真 2019-09-22 13 16 41

写真 2019-09-22 13 16 59

写真 2019-09-22 13 17 15

写真 2019-09-22 13 17 34


The New York City official page has list for annual events,
The weekly schedule of the street fair is clearly stated.
There is always a fair somewhere in NYC except during the extreme cold time,
There has a street fair held in my residential district in September every year.

The vendors in line are always almost same,
This year, the Japan booth, which occupied one block, seemed very popular.
Yaki-soba, Tako-yaki, Cotton candy, Yo-yo fishing.
It was as if we were walking around a Japanese fair.

As there is a decisive difference for nighttime crime prevention measures,
As soon as it gets 5:00 pm, they will start preparing for withdrawal, and NYPD will release the road closure.
In New York, which is strong against disasters, cleaning after the festival is extremely fast.
When the city gets dark, It's back on the usual street.

In the precincts of shrines and temples in Japan, you can use the lanterns to operate the stalls.
Such a fair scene is a unique world of Japan.
I could not go to a Japanese festival this summer,
Now I miss the Torinoichi festival that I walked looking at the rake under the cold sky.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-09-22 13 19 12

写真 2019-09-22 13 17 30
Next

写真 2019-08-30 19 22 24


ニューヨーク在住歴が長い人ほど、仕事やライフスタイルを確立している。
いつも忙しいから、無理をして「仲良し倶楽部」的な人付き合いもしない。
けれども、ちょっと特別なイベントには、さっと集まれる気楽さがある。

6月から8月に誕生日を迎えた「夏女」たちの集い。
夕方から軽く飲んでつまんで、お喋りをして、
ルーフトップからサンセットを眺めたら、あっさり解散。

短い時間でも、話の内容は濃過ぎるくらい刺激的で楽しい。
みんな、大切な仲間。
大切な絆。

写真 2019-08-31 15 04 36

写真 2019-08-31 15 04 39


The longer people live in New York, they establish their work and lifestyle more.
They're always busy, so they don't try to get along with people like a "friendly club."
However, they get together easily if there have a little special event.

A gathering of “Summer Women” who celebrated their birthdays from June to August.
We drank lightly from the evening, ate, chatted, and finished after we looked at the sunset from the rooftop.

Even in a short time, the content of the story was too exciting and fun.
Everyone is an important companion.
I always thank this important bond.

写真 2019-08-31 12 30 45

写真 2019-08-30 17 06 31

写真 2019-08-30 19 22 43

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-08-30 20 09 28
Next

いわゆるオフ日は1日しかなかったけれど、
「会いたい人には会える時に会おう」ということで、
仲間が集う場所に顔を出す。

「お帰り」この一言が、たまらなく嬉しい。

写真 2019-09-28 15 59 45


The so-called off-day was only one day,
My friends asked me "Let's meet up if you have time.",
So I met some friends in Japan.

“Welcome back.” This word made me so happy.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-09-28 15 59 24 (1)

Next

スクリーンショット 2019-09-27 13.05.14


原作を知っている友人から、初日に感想が送られてきた。
「美香の苦しみは、あんなものじゃなかったよね」
原作を知らない知人からは、厳しいレビューもあった。
「伏線が多過ぎて、すべてを回収し切れていない」

しかし、それはほんの一部で、御来場いただいた多くの方から、
心あたたまる激励のメッセージが寄せられてきた。
「ステージ全体から「伝えたい想い」が伝わってきた」
「テーマがたくさんあって、あっという間に時間が経過した」
「周囲の人に、感謝の気持ちを伝えたくなった」

千秋楽。千璃と暗いトンネルを歩いてきた道のりを思い出しながら、
エンディングナンバーを歌うキャストを一人一人、舞台の隅々まで眺めていた。
きっと演技ではなく、それぞれが、幸せに満ち溢れた表情をしていた。

「ミュージカル・未完の贈り物」は、新しいひとつの作品。
原作へのこだわりを諦めないまま、こうやって新しい形ができたこと。
読者という新しい視点を加え、第三者がメッセージを繋いでいくという挑戦に、
一人一人が真摯に向き合い、表現しようと務めてくださったことが奇跡。

表舞台で表現してくださったカンパニーの皆様、
裏方を支えてくださった、たくさんのスタッフの皆様。
ここに至るまでに費やしてくださった時間と気持ちに、ただただ感謝。
しつこいぐらいに、大きなハグと愛を贈ります。

そして、忘れてはならない、会場にお越し下さった友人の皆様。
私たち家族が、今ここにあるのは、貴方たちが支えてきてくださったから。
貴重な時間、お金、足を使って、本作品を共有してくださったことに、
心から感謝の意を捧げます。
お子様連れで御観劇くださった友人もたくさんいて、
子供の率直な反応と素直な感想は、それはそれは有り難くて。

「私に出来ることがあったら言ってね」という言葉よりも、
「私に出来ることをやるからね」と具体的に行動してくれる友が何より。

会場でお会いできなかった方もいるし、写真掲載できない方もいるけれど、
御来場下さった友人一人一人の顔を思い浮かべながら、ありがとうを唱えよう。

瑠璃色の地球で出会ってくれた皆様へ、感謝を込めて。

「ミュージカル・未完の贈り物」
次は名古屋公演で、お待ちしております。

写真 2019-09-15 8 14 35

写真 2019-09-26 12 37 08

写真 2019-09-17 11 32 23


A friend who knew the original book sent me feedback on the first day.
"I know Mika's suffering wasn't that kind of thing."
There were strict reviews from acquaintances who did not know the original book.
"There are too many hidden lines and I couldn't understand the main theme."

However, it was only a part.
A warm and encouraging message came in from many people who came to the venue.
"The thoughts they wanted to convey came from the entire stage."
“I felt there were a lot of themes and time passed so quick.”
“I've got to want to convey my gratitude to the people around me.”

On the last day of the Tokyo stages,
While remembering the path of walking through a dark tunnel with Seri,
I was watching each one of the casts singing the ending number to every corner of the stage.
Surely they looked genuine, each had a full expression of happiness.

"Musical, Mikan no Okurimono" is a totally new work.
We've never given up the original work, but a new way was made in this way.
Adding the new viewpoint of readers, the challenge of covey messages through third parties,
It was a miracle that each one of them worked seriously and tried to express.

To the cast members who expressed on the stage,
and many staff members who supported the back side.
I'm so grateful for the time and feelings they have spent so far.
I will give big hugs and love again and again.

And I appreciate my friends who came to the venue.
Our family can be here because you have supported us.
That you shared this stage using precious time, money and feet,
I would like to express my gratitude.
There were many friends who took kids coming to the theater,
We appreciated so much for the report to the candid reaction and honest thoughts of kids.

Rather than saying "If you have something I can do,"
I respect friends who act specifically, "I'll do what I can do."

Though there are some people I didn’t meet at the venue, some people I couldn’t publish photos,
Let me thank while imagining of the faces of each friend who came.

Thank you to everyone who met on the azure blue earth.

“Musical, Mikan no Okurimono”
We look forward to seeing you at Nagoya venue, next.


海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-13 17 59 00

写真 2019-09-27 13 37 22

写真 2019-09-27 13 38 18

写真 2019-09-27 13 39 25

写真 2019-09-27 13 39 50


Next

写真 2019-09-18 10 07 26


「美香さんを演じるではなくて、美香さんを生きる」
主演・今泉りえさんの決意と覚悟を受けて、
私自身はちゃんと生きているだろうか?と改めて襟を正す日々。
人様に何かを伝えられるような生き方をしているのか、
伝えたいメッセージが正しく伝えられるのか、という葛藤が続いた。

ミュージカル化のオファーをいただいた時、最初に戸惑ったのは、
実際に生きている人間を写し出す難しさを、私自身がよく知っていたから。
小説や映画で描かれる空想の人物には、必ず役どころの個性が装飾されていて、
役者はそれを理解して、自分なりの人物像を表現していくのだという。
しかし、モデルが実在する場合はどうだろう。

私というフィルターを通して記された拙著だからこそ、
そこに書ききれない想いや事実がたくさんあったことを誰より知っているし、
後ろに控えている家族の想いを、痛いほど分かち合っている。
夫や日本の家族・親戚が作中にほとんど姿を出さないのは、
その外側に「家族を守る」という大きなミッションがあるから。

私自身は「その時」の事実や感情を、誰よりも正しく記憶している。
しかし、客観的な私がどのように映っていたか、私自身は分からない。
だから、どのように演じられるかについても、そこに正解はない。

「役作り」に関して、私は敢えてキャストの方々と距離を置かされていた。
脚本・演出家が、自身のフィルターを通して作品作りをしたいという想い。
同時に、私自身も彼女の演出に対する期待とリスペクトがあったから、
キャストの方々と直接呼吸合わせができない不安を押し隠した。

結果、樹里杏というフィルターを通して演出された私たち家族は、
身内が驚くほど現実に通じるものがあり、私もその熱演ぶりに感銘しきり。
実存の人物に対して、読者として架空の人物を描いたキャスト陣は、
きっとさらに大変な「役作り」をされてきたのだろう。

会場にお越しになったお客様から、新たなミュージカル作品として、
本当に高い評価をいただけたのは、カンパニーの皆様の想いが集結した結果。
作品のいろんな箇所に、たくさんのメッセージの蕾が埋め込まれており、
受け手によって、それがどう開花されていくのかの展開も興味深い。
師匠、夢子、今夏急逝して観劇に来られなかった同級生、
彼らにもきっと、キャストの皆様の想いが届いているに違いない。

いつも近くて遠い場所から見守ってくださる高橋政彦プロデューサー。
私の伝えたい想いを誰よりも理解しようとしてくれる愛すべき演出家・樹里杏。
縁の下の力持ち、演出助手や制作サイドのスタッフの皆様。
りえさん、愛美ちゃん、それぞれの役を演じてくださるすべてのキャストの皆様。
本当に、本当に、ありがとうございます。

「舞台」として観た時に、もっと整理して伝えたい想いが明確になったから、
地方公演に向けて、さらなるブラッシュアップ作業が続く予定。
私たちの軌跡というよりも、普遍的なメッセージが届く機会になればと思う。

まだまだ進化していく「ミュージカル・未完の贈り物」。
引き続き皆様のサポートを、どうぞよろしくお願いいたします。

写真 2019-09-18 10 07 45

写真 2019-09-18 10 07 54


"I will live as Mika, not play as Mika."
In response to Rie Imaizumi's wish and determination,
I have been thinking that I am alive properly or not.
Do we show a way of life that tells people something?
Our struggle have been continued as to whether the message I wanted to convey was correctly conveyed.

The reason I was confused when I received the offer to make musical was that I knew the difficulty of projecting a living person.
The fantasies drawn in novels and movies are always decorated with individuality of casts,
Actors understand that and express their own personality.
But what if the model is living?

Because the book was written through my filter,
I know that there were so many thoughts and facts that I could not write there.
I share painfully the feelings of the family behind it.
The fact that my husband, family and relatives in Japan rarely appear in my book,
Because there is a big mission to protect the family from outside.

I myself remember the facts and feelings of “at that time” more accurately than anyone else.
But I don't know how I was objectively reflected.
So there is no right answer as to how we are performed in the play.

With regard to “creating a role”, I dared to stay away from the cast.
There was a desire that the screenwriter / director wanted to create a work through her own filter.
Of course, at the same time, I had expectations and respect for her production,
So I hidden the anxiety that I could not contact with the cast members.

As a result, our family, produced through the filter of Jurian,
It looked surprisingly realistic, said by my relatives.
And I was also impressed with their performance.
As for the cast members who drew fictional characters as readers against real people,
I assumed they also had been hard time create role.

As a new musical work, we really received a high evaluation from the customer who came to the venue.
It was the result of the gathering of the theater company's thoughts.
Many messages are embedded in various parts of the work,
The report how it is blossomed by the recipient is also interesting.
Dear my friends, who sadly passed away and could not come to the theater, also must have received the thoughts of the cast.

Producer Masahiko Takahashi always watches us from near and far away.
An adorable director, Julian now understands my thoughts more than anyone else, I believe.
we have powerful fellows, an assistant and production side staff.
To Rie, Manami, and all cast members who play their roles.
I really appreciate your efforts, and thank you very much.

When I saw it as a “stage,” my thoughts I wanted to organize and convey became clearer.
We are now working to continue Brush-up work for local performances.
We hope it will be an opportunity to convey a universal message not only our trajectory.

"Musical, Mikan no Okurimono" is still evolving.
Thank you for your continued support.

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-26 12 12 55

写真 2019-09-15 13 05 45

写真 2019-09-18 9 42 10

写真 2019-09-18 14 06 48 (1)

写真 2019-09-15 7 39 17

Next

写真 2019-09-23 19 14 00

写真 2019-09-23 19 13 02


ドイツから成田空港に到着、ホテルに荷物を置いたその足で池袋へ。
一番後ろの座席にコッソリ座るつもりが、いきなり声をかけられる。
以前ニューヨークで一緒に仕事をしていたフォトグラファーだった。
満席のお客様が作り出すピリッとした空気が、さらに私を緊張させた。

照明が入り、脚本・演出家の小池樹里杏がステージに上がる。
今回導入したアクセシビリティ公演の説明は実によく考えられていて、
登場人物の特徴や、舞台セットの役割などを、お客様に伝えていく。

視覚に障害をお持ちの方には、音声ガイドが生でナレーションを加え、
聴覚に障害のお持ちの方には、音を振動で伝え、字幕タブレットで対応する。
会場内に白杖を持った方、盲導犬を同伴している方もいらして、
舞台芸術において、制作者側がお客様を選んではいけないことに、
改めて気付かされる。

舞台の幕が上がると、2時間の上演時間があっという間に過ぎ去った。
稽古現場を訪ねたり、ゲネプロ動画を観たりしているなかで、
伝え切れていない想いや、原作との相違が気になるかと思いきや、
キャストの一人一人が隅々まで「それぞれの人生」を演じている様子と、
カンパニーの皆の「伝えたい想い」に、至極感動しっぱなしだった。

暗いトンネルを歩き続けたストーリーを、読者という視点を加えることで、
こんな風に表現することができるという新鮮な驚きと、
観る人によってメッセージの受け取り方は自由だという若い発想。

たくさんの賞賛の声をいただいて、東京公演は11ステージの幕を閉じた。
エンドロールを眺めながら、こんなにたくさんの方が関わってくださったことに、
感謝の涙が止まらなかった。

東京とニューヨークの時差13時間。
樹里杏の才能に、私自身がたくさん学ばされながら、
より良い作品にするための、ブラッシュアップ作業が続いている。
こんなに離れているけれど、彼女とはすでに魂で会話をしているから、
若き世代のホープに、たくさんの想いを託し続けていこうと思う。

地方公演も、どうぞ御期待ください。

(東京公演の所感、まだ続きます。。。)

写真 2019-09-15 8 04 56

*アクセシビリティ公演。舞台セットの模型が展示されている。
写真 2019-09-18 10 08 10


As soon as I arrived at Narita Airport from Germany, I went to Ikebukuro via putting my luggage at the hotel.
I was going to sit quietly in the back seat at the venue, but suddenly called out.
He was a photographer who worked with me in New York.
The tangled air created by the fully booked customers made me more nervous.

The illumination was on and screenwriter / director Julian Koike got on stage.
The explanation of the accessibility performance introduced this time was really well thought out,
She told audience about the characteristics of the characters and the role of the stage set.

For those with visual impairments, the voice guide adds live narration,
For those with hearing impairments, the sound is transmitted by vibration and a subtitle tablet is used.
There had someone, with a white cane or a guide dog.
We were noticed again that the producer side must not choose customers in performing arts.

When the stage curtain went up, the performance time of 2 hours passed quickly.
When I visited the practicing site or watched rehearsal videos,
I thought that I was worried about the feelings that I couldn't tell, and the difference from the original.
But I felt each one of the casts plays the “each life” to every corner,
I was very impressed with company's thoughts to convey to everyone.

By adding the viewpoint of the reader to the story that continued walking in the dark tunnel,
With a fresh surprise that can be expressed like this.
A young idea that the viewers are free to receive messages.

With a lot of praise, the Tokyo performance ended with 11 stages.
While watching the end roll movie, I could not stop my tears of gratitude because so many people were involved.

There is 13 hours’ time difference between Tokyo and New York.
While I am learning a lot from the talent of Julian Koike,
The brush-up work continues to make a better work.
We are so far away, but I ’m already talking to her with my soul,
I will continue to entrust many thoughts to her, the hope of younger generation.

Please expect our renewal script heading to the local performances.

(My note of the Tokyo performance will be continued ...)


海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-18 10 07 26


Next

写真 2018-11-30 13 42 36

写真 2019-09-14 4 53 29

写真 2019-09-14 4 54 53

写真 2019-09-14 4 55 45

写真 2019-09-14 4 53 54

写真 2019-09-14 4 54 30

写真 2019-09-14 4 56 09

写真 2019-09-14 4 57 08


オーバーハウゼンの公道からドイツ国際平和村に通じる道路がある。
何度かの経営危機を救った日本への感謝を込めて、
ヒロシマの悲劇を二度と起こしてはならないという祈りを込めて、
「ヒロシマ通り」というオフィシャルな名前が付けられている。

「ヒロシマ通り」を中心に開催されたドルフフェスト(秋祭り)。
オーバーハウゼンの市民だけでなく、ドイツ国内からたくさんの訪問者が集い、
ファンドレイズのためのバザー、特設ステージで出し物など、盛りだくさん。

平和村の子ども達も、年に何度かあるこの「非日常」に大興奮。
会場内で工作したり、ステージで歌とダンスをお披露目したり。
食事制限があるので、屋台の食べ物はスルーしないといけないけれど、
いつもは子どもだらけの村が、大人でいっぱいの「社会」になっている。

顔中に火傷を負っていたり。
脳が飛び出してヘルメットを被っていたり。
手足から治療用の金属が飛び出していたり。
でもみんな、今日は笑顔で輝いている。

足を引きずる小さな子どもが、さらに車椅子を押して歩く姿。
平和村では当たり前の光景を、どうやって世界の子ども達に伝えようと思う。

ここには、世界があるべき姿、「本当の平和」がある。
ここで命を救われて、希望を持って自国に帰って行く子どもたちが、
いずれ「平和大使」となって世界で活躍していくために、
今の大人、私たちができることを、やっていかなければ。

今ある命の尊さに気付くために、心の洗濯が必要な時はまたここに来よう。
世界の皆さん、「ドイツ国際平和村」を知ってください。

「未来のいのち国際サミット2019」

*署名してもらったフラッグは、2036年ニューヨークで掲げます。

写真 2019-09-14 4 11 04

写真 2019-09-14 9 30 13

写真 2019-09-14 4 19 14

写真 2019-09-14 4 06 06

写真 2019-09-14 4 16 28


There is a road from the Oberhausen public road to the Friedensdorf International, Germany International Peace Village.
With thanks to Japan that saved several management crises,
With the prayer that Hiroshima's tragedy should never happen again,
It is named officially as “Rua Hiroshima, Hiroshima Street”.

Dorffest (Autumn Festival) was held around Hiroshima Street last weekend.
They welcomed a lot of visitors from Germany, as well as Oberhausen citizens,
There were many bazaars for fundraising, and special shows on stage.

The children of Peace Village were also very excited about this “unusual” that occurs several times a year.
They walked around the venue, showed songs and dances on stage.
Because there were dietary restrictions, they had to skip the street food.
But they enjoyed a "society" full of adults, since a village was full of children usually.

One had burns in his face.
One's brain jumped out and wears a helmet.
One wore metal for treatment that jumped out of the limbs.
But everyone was shining with a smile that day.

A little child dragging his leg walked further pushing the wheelchair.
We would like to tell the children around the world what the natural scene in Peace Village.

This is where the world should be, "true peace."
Children who are saved here, will return to their homes with hope.
In order they become an “Peace Ambassador” in the future,
We have to do what we can now as adults.

I will come here again when I need to refresh my mind to realize the preciousness of life.
Everyone in the world, please know “Friedensdorf International, Germany International Peace Village”.

*The signed flag will be displayed in 2036 in New York.


海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-14 10 08 36

写真 2019-09-14 10 11 11

写真 2019-09-14 10 09 28

写真 2019-09-14 4 43 24

写真 2019-09-14 10 13 01

写真 2019-09-14 10 13 10

写真 2019-09-15 18 56 26
Next

写真 2019-09-14 10 36 32

写真 2019-09-12 12 26 12

写真 2019-09-13 5 25 58


ドイツ・デュッセルドルフから車で約40分、
オーバーハウゼンという町に、ドイツ国際平和村がある。
近隣諸国から、内紛や貧困により自国で治療が出来ない子ども達を引き取り、
ドイツ国内の病院で手術をした後、自国に帰るまでリハビリをして過ごさせる。

世界諸国が難民や移民を排除しようとしている現代において、
その村は、真逆のことをして「未来のいのち」を救っている。
ビザやパスポートを持たない子ども達にも、ドイツ政府が特別なビザを発行している。

民間団体により1967年に創立された平和村。
幾度か経営危機に陥りながらも、52年間で3万人以上の子ども達を助けてきた。

6代目の代表であったトーマス・ヤコブス氏の声を、日本の皆さんに届けたい。
そして開催した「未来のいのち国際サミット2019」。
たくさんの方に御支援いただき、クラウドファンディングにも御協力いただいた。

御支援者の一人から、トーマス・ヤコブス氏に贈りたいというお申し出。
書道家・岡西祐奈さんが書いた「愛」という文字を、平和村にお届けする。
それも、私たちのミッションのひとつであった。

「愛」の書を受け取って、満面の笑みを浮かべるトーマス・ヤコブス氏。
今年6月末に代表職を退任され、現場で子ども達と過ごす時間が増えたと
実に嬉しそうに語らう。

「人として正しいことをやる」
「目の前で困っている人がいたら、手を差し伸べる」
世界のどこにいても、私たちが追随すべき教えは同じなのだと痛感する。

写真 2019-09-13 11 53 49

写真 2019-09-13 12 29 13


It is about 40 minutes away by drive from Dusseldorf, Germany.
There is Friedensdorf International, German International Peace Village, in the town of Oberhausen.
They take over children from neighboring countries who cannot be treated in their own country due to internal conflict and poverty,
After surgery at a hospital in Germany, rehabilitate until kids return to their home country.

At today's world, countries are trying to eliminate refugees and migrants,
The village is doing the opposite way and saving the “future life”.
The German government also issues special visas for children without visas or passports.

A peace village founded in 1967 by a private organization.
They have helped more than 30,000 children in 52 years, despite several business crises.

We wanted to send the voice of Mr. Thomas Jacobs, who was the sixth representative, to everyone in Japan.
And the “International Summit for Future Life, 2019” was held.
Many people supported us and cooperated with crowdfunding.

We got an offer from one of our supporters to give to Mr. Thomas Jacobs.
Delivering the word “love” written by calligrapher Yuna Okanishi to Peace Village..
That was one of our missions.

Mr. Thomas Jacobs received an art work of “love” with smile.
At the end of June this year, he retired from his position as a representative, and he told us happily that he has enjoyed more time was spent with children.

"Do the right thing as a person"
“If someone is in trouble in front of you, reach out.”
We realize that the teachings we should follow are the same no matter where in the world.

写真 2019-09-13 12 29 19

写真 2019-09-13 11 54 40

写真 2019-09-21 12 24 41

Next

写真 2019-09-13 4 01 10

写真 2019-09-13 4 01 41


今春、東京・広島・長崎で「未来のいのち国際サミット」を開催した。
52年間で3万人以上の「未来の命」を救ってきたドイツ国際平和村、
彼らが発している小さな声を、一緒に日本に届けたいという企画だった。

たくさんの企業や仲間が応援をしてくださり、企画は大成功。
その感謝をドイツまで届けるというミッションに加えて、
ドイツ国際平和村で「地球こどもサミット」の開催が決定した。

平和村でリハビリをして過ごす子ども達、「学びの時間」という授業がある。
その日は、アンゴラ、アフガニスタン、ウズベキスタンの子ども達が集合した。

日本で開催したサミット同様に、「海洋プラスチックゴミ」がテーマ。
ペットボトルは普及しているようだが、ゴミ問題はあまり身近でないらしい。
彼女らの住む生活環境は、常にゴミが溢れているから気にならないというのだ。

ここに来て、いろんなことを考えさせられる。

自分の名前とその由来についてはどうだろう。
みんな名前はある。
でも、名前の由来も誕生日も知らない子どもが多い。
アフガニスタンでは、みんな誕生日は1月1日。
学校に行っていない親世代は識字能力に難あり、出生届も提出していない。

「地球こどもサミット・東京」で、敬子さんが最後に話した。
「ここにいる君たち、自分は愛されているという自信を持ってください」

人は誰しも「必要とされたい、愛されたい」という欲求を持っている。
親から名前をもらって、その名前の由来を知っていて、誕生日を知っている。
「君たちは十分に愛されているということを、実感してください」
私たちの声は、どこまで届いているだろうか。

リハビリを終えて、自国へ帰って行く平和村の子ども達。
「夢を持って、元気に生きて、2036年にニューヨークで会おうね」
その言葉に、子ども達が目をキラキラと輝かして食いついてきた。

「ニューヨーク、知ってる。絶対に行きたい!」
紙に書いた世界地図に「ニューヨーク」、そして「2036年8月9日」と書いた。

平和村の子ども達のことは、決して後追いしてはいけないというルールがある。
子ども達が将来、自力でこちらにコンタクトしてくることを待つしかないのだ。

でも、私たちは信じている。子ども達のチカラを信じている。
2036年8月9日にニューヨークで会おう。
そう約束して、「地球こどもサミット・ドイツ編」は幕を閉じた。

写真 2019-09-13 4 38 11

写真 2019-09-13 4 58 24


This spring, "International Summit for Future Life 2019" was held in Tokyo, Hiroshima and Nagasaki.
Friedensdorf International, German International Peace Village, has saved more than 30,000 "future life" in 52 years.
It was a plan to report their activities to Japan together.

Many companies and friends supported us, and the project was a great success.
In addition to the mission of delivering that gratitude to Germany,
We decided to held " The Earth Children Summit" at German International Peace Village.

Children spending rehabilitation in Peace Village have a class called “Time for Learning”.
On that day, children from Angola, Afghanistan and Uzbekistan gathered.

Like the summit held in Japan, the theme was “marine plastic problem”.
In their country, Plastic bottles seemed to be popular, but the garbage problem seemed not to be familiar.
Because there is always a lot of garbage at the living environment in which they live, they are not always concerned them.

It made us think about many things.

What about their name and its origins?
Everyone has a name.
However, many children do not know the origin of their names, or their birthdays.
In Afghanistan, everyone's birthday is January 1st.
Parents who do not go to school have difficulty in literacy and have not submitted birth reports.

At the “The Earth Children Summit in Tokyo”, Keiko last spoke.
“You guys here, be confident that you are loved.”

Everyone has a desire to “want to be needed and loved”.
We got a name from my parents, know the origin of the name, and know our birthdays.
"Please realize that you are loved enough"
How far has our voice reached?

The children of Peace Village will finish rehabilitation and return to their home country.
“Let's have a dream, live well and meet in New York in 2036”
The children are very excited that we told that story.

“I know New York. I definitely want to go!”
We wrote "New York" and "August 9, 2036" on the world map that we made on paper.

There is a rule that we should never be follow the children in Peace Village.
We have to wait for the children to contact us on their own in the future.

But we believe. We believe in the power of children.
See you in New York on August 9, 2036.
With that promise, " The Earth Children Summit in Germany” ended.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-09-13 5 01 12

写真 2019-09-13 5 01 29

写真 2019-09-13 5 11 02

2019-09-13 11.11.37

2019-09-13 11.47.42

Next

写真 2019-09-12 4 46 38

写真 2019-09-14 10 44 00


「ミュージカル・未完の贈り物」東京公演が幕を開けた。
それなのに、私はまだ地球の裏側にいる。
応援に駆けつけてくださる方々への御挨拶に伺えず、悶々としつつ、
それでも、公演決定より前に決まっていた予定を敢行している。

***

2015年11月末。
日本出張の最終日に、ふと代々木のアトリエに寄った。
そこにいた女性が、師匠の最後の秘書だった。
「美香さんのことは、いつも先生から聞いていたので、すぐに分かりました」
整った美しい顔立ちの彼女から、師匠が入院したことを聞いた。

後ろ髪ひかれる思いで、ニューヨークに戻って数日後、彼女から電話が来た。
「先生から、美香さんへと言付かっているものがあるんです」
病魔と闘う師匠の姿を思いながら、私はそれを受け取ることにした。

ほんの数日後、師匠がこの世を去ったという連絡を受けた。
師匠からは、たくさん、たくさんの贈り物をいただいた。
「本当に美しいもの」や「伝えることの大切さ」をたくさん学んだ。

私は師匠からいただいた最後の贈り物を握り締めて、泣くだけ泣いた。
寒空に、明るい月が浮かんでいた。
娘と私が命を救ってもらったことを、いつかきちんと伝えられるように。
地球の裏側からも、諦めずに、伝え続けていこうと、夜空に呟いた。

***

2019年9月。
今、あの時の美しい女性と、ドイツの同じ部屋で過ごしている。
不思議な御縁を思い返しながら、師匠の仕業に違いないと確信している。
まずはドイツ国際平和村で待っている子供たちに、贈り物を届けよう。
そして日本の支援者からの感謝を伝えよう。


「自分で出来ることをやる」
だから私は、まだもう少し、ここでやるべきことをやろう。
この後、日本に向かいます。

写真 2019-09-21 12 35 04

©️ミュージカル未完の贈り物
写真 2019-09-21 12 35 13


"Musical, Mikan no Okurimono" Tokyo performance has begun.
Nevertheless, I am still the back side on the earth.
I couldn't greet to my friends who came to the venue on the beginning.
Still, I am doing the schedule that was decided before the musical stage decision.

***

End of November in 2015.
On the last day of my business trip to Japan, I stopped by the atelier in Yoyogi.
The woman who was there was the maestro's last secretary.
“I always heard about Mika from the maestro, so I knew it was you right away.”
I heard from this beautiful lady that the maestro was hospitalized.

A few days after returning to New York, I got a phone call from her.
“There is something that the maestro gifted to you, Mika.”
I decided to receive it while thinking of the master fighting against the sick.

Only a few days later, I was contacted that the maestro passed away.
I had received many gifts from him.
I learned a lot about "really beautiful things" and "the importance of conveying".

I received the last gift from my maestro and cried, and cried.
A bright moon floated in the cold sky.
May I will be able to tell you that my daughter saved my life.
Even from the back of the earth, I swore to the night sky to continue to convey without giving up.

***

On September in 2019.
I am currently spending time with that beautiful lady, the last secretary of the maestro, in the same room in Germany.
I am convinced that it must be a maestro's work while recollecting mysterious ties.
First, let's deliver a gift to the children waiting at the German International Peace Village, Friedensdorf International.
And trying to convey the gratitude from the Japanese supporters.

“I do what I can do”
So I'll still do a little more to do here,
and will go to Japan soon.

写真 2019-09-14 2 18 01


Next

写真 2019-09-12 4 44 04

写真 2019-09-12 4 34 25

写真 2019-09-12 4 42 49

写真 2019-09-12 4 43 11

写真 2019-09-12 4 36 50

写真 2019-09-13 17 33 18


「未来のいのち国際サミット2019」感謝の集い。
ピアニスト西川悟平氏の演奏に合わせて、書道家・岡西祐奈さんが書を描く。
彼女の作品「わ」を、アントワープに運ぶことがミッションのはずだった。

航空券を購入して、ホテルも手配した後、
あまりに大きな作品で、航空会社が機内受託をしてくれないという回答。
結果、私たちは手ぶらでこの街に寄ることになった。
(手ぶらと言っても、スーツケースはドイツで待つ子ども達へのギフトでいっぱいだったけど。)

「ホテルをキャンセルして、我が家で一緒に過ごしましょう」
杉原御夫妻の大きな愛に、私たちは卒倒しそうなほど温かな気持ちになった。

アントワープの街、中央駅すぐ横にある美しい動物園をのぞいて、
愛犬と一緒に港を散歩して、心地良いオープンカフェでランチをする。

気持ち良い秋晴れの太陽の下、何よりも嬉しいのは、
杉原御夫妻が心を開いて、いろんな話をしてくださることだった。
東京とニューヨークから訪ねてきた個性豊かな私たちを、
こんなに大切に、あたたかく、「一緒に先を見ましょう」と応援してくださる。

6000人の命を救った杉原千畝氏の心を確実に受け継いでいる伸生氏の生き様に、
私たちは改めて「人としての在り方」について、襟を正さねばと思うのだ。

手ぶらで立ち寄ったアントワープで、心のギフトをたくさんいただいて、
人生すべてが糧になることを、改めて学んだ。
そう、人生に無駄なことなんて、ひとつもないのだから。

写真 2019-09-12 7 22 32

写真 2019-09-12 7 35 25

写真 2019-09-12 7 35 43

写真 2019-09-13 17 33 30


We held a gathering of appreciation for the “International Summit for Future Life2019”.
We got a calligrapher, Yuna Okanishi, drew along with the performance of pianist Gohei Nishikawa.
Our mission of this trip was to carry her work “Wa” to Antwerp.

After we purchased air tickets and arranged hotels,
We got the reply from an airline that they do not accept the in-flight contract because the art was too big.
As a result, we came to this city without carrying an art work.
(Although it was empty-handed, the suitcase was full of gifts for children waiting in Germany.)

"If you don't mind, please cancel the hotel and spend time together at home"
The love of Mr. and Mrs. Sugihara made us feel so warm and comfortable.

We looked at the beautiful zoo next to Central Station in Antwerp,
took a walk in the harbor with lovely dog and had lunch at a pleasant open cafe.

The most pleasant thing on the autumn sunny day was that Mr. and Mrs. Sugihara opened their hearts and told us various stories.
They welcomed us who were from Tokyo and New York,
and cheered us so warmly, “Let's move forward together”.

To the life of Mr. Nobuki who has inherited the heart of Mr. Chiune Sugihara who saved the lives of 6000 people,
I think that we need to straighten up ourselves for “how to be as a person” anew.

We received a lot of gifts to our heart in Antwerp
I learned anew that all our life has some meanings.
Yeah, there is no useless thing in life.

写真 2019-09-12 2 24 17

写真 2019-09-12 3 28 25

写真 2019-09-12 2 47 12

Next

写真 2019-09-11 4 04 50


19年前のあの日のことを思い出しながら、私は欧州に降り立った。
久しぶりのシンガポール航空は実に快適で、まずドイツ・フランクフルトへ。
そこからルフトハンザ航空に乗り継いで、ベルギーのブリュッセルまで。

ブリュッセル空港で時間を潰していると、敬子さんからSOS連絡。
借りてきたWi-Fiの調子が悪いため、待ち合わせが難しいかもしれないと。
ところが、到着ゲートから出てきた敬子さんはニコニコ顔で
「助けていただいた日本人がすごい大物で、ビックリしちゃったー」と。
寄り添って下さったのが、某自動車会社の会長さんだったというから驚き。
さすがに、彼女は、凄い引き寄せ力を持っている。

ローカル電車に乗って、アントワープ中央駅に到着すると、
杉原伸生氏が、満面の笑顔でお迎えにきて下さっていた。
そのまま彼の御自宅にお招きいただき、奥様の手作り料理とワインを堪能。
地球の裏側で、家族のように温かく迎え入れて下さる御夫妻のお人柄と、
私たちをこの場に導いて下さった運命に、ただ感謝の気持ちで一杯になる。

「人として正しいことをやる」
「目の前に困っている人がいたら手を差し伸べよう」
杉原千畝氏の偉業に、私たちはたくさんのことを学んでいるけれど、
御子息・伸生氏の御尽力から、「正しく伝えること」の大切さを改めて思う。

たくさんの出会いの中で、伸生氏夫妻に巡り会えたことが奇跡。
アントワープの街で、愛溢れるおもてなしを受けながら、
100年後にもこの地球が平和で美しい星でありますようにと願う夜。

写真 2019-09-11 11 07 08

写真 2019-09-11 11 47 24


Recalling that day 19 years ago, I landed in Europe.
Singapore Airlines was really comfortable, I transited at Frankfurt, Germany.
From there, I transferred to Lufthansa to Brussels, Belgium.

While I was waiting for Keiko at Brussels Airport, she called me with SOS.
"The borrowed Wi-Fi doesn't work well, so I may be difficult to meet up."
However, Keiko came out of the arrival gate with a smiley face.
"I was so surprised that the Japanese who helped me was a big game."
I was surprised to hear that he was a chairman of the big car company.
As expected, she has a great pulling power.

We took a local train and arrive at Antwerp Central Station.
Mr. Nobuki Sugihara welcomed us with a big smile.
He invited us to his home and we enjoyed his wife's homemade food and wine.
On the other side of the earth, receiving their hospitality who welcomed us like a family,
I was just grateful for the fate that led us to this place.

"Do the right thing as a person"
"Let's reach out if there is a troubled person in front of you"
We have learned a lot from Chiune Sugihara's feat,
From the effort of Mr. Nobuki Sugihara, I think again about the importance of “to convey correctly".

It was a miracle that we met Mr. and Mrs. Nobuki in a lot of encounters.
While receiving a hospitality full of love in the city of Antwerp,
It was a night that we wish that this earth will be a peaceful and beautiful star 100 years later.

写真 2019-09-11 13 39 10

写真 2019-09-11 13 40 33

写真 2019-09-13 17 33 42

Next

ドキュメンタリーをミュージカルにする。
この挑戦を聞いた誰しもが、初めは耳を疑ったかと思う。
私自身も、悩んで、悩んで、ようやく許諾をしたのは、
若き天才演出家・小池樹里杏氏の熱意と、背後にあるストーリーを知ったから。

「私たちの歩いてきた軌跡が、道に迷っている人の心に明かりを灯せたら」
そんな想いで、書き綴った日記をそのまま世に伝えた時、
本当はもっと自分や周囲を守るべきだったのかもしれない。
1ミリの演出も虚飾もない説明不足から、たくさんの批評を受けた。

私一人で世に伝えるには、私自身が弱くて脆かった。
精神的ダメージから、貝になり続けた時間。
それでも伝え続けることを諦めてはいけないと思い直せたのは、
私たちを応援してくれている力強い仲間がいたから。

「私はあなたの言葉に救われた。今度は私があなたのように誰かを救いたい」
ジュリアンの想いに、私はどう応えていくべきだろうか。

第三者に託すという覚悟は、すなわち「赦す」という課題でもあった。
時を同じくして、杉原千畝氏の四男・杉原伸生氏の想いを学んでいた私は、
「正しく伝えること」に何よりもこだわりがあった。

そんな私の想いを投げると、彼女は1つずつ紐解いてくれた。
「言わなくても分かるはないから、とにかく直接会って話すこと」
私のこだわりを、彼女は1つずつ理解して、必ず答えを返してくれた。
若い世代へのタスキ繋ぎ、ここに希望があることを、彼女は教えてくれた。

「人生に関わってくださったすべての方に、感謝を伝えたい」

後ろで温かく見守ってくださるプロデューサー・高橋政彦氏の懐の深さ、
彼女を支えるカンパニーの皆様の愛を感じながら、
私の想いがこのような形で伝えられることに、ただ感謝しています。

開演を前にした今、余計なことを語ることは出来ないけれど、
すべてのキャストが隅々まで「自分の役割」を伝えているステージ。
お客様の反応がすべて。そこにきっと、私たちの選択の答えがある。

ユニバーサル、バリアフリーを伝えるチャレンジも、
5年後にはきっと、世の中のスタンダードになっていくと信じているから。

是非、劇場に足をお運びください。

ミュージカル・未完の贈り物」公式ホームページ
「ミュージカル・未完の贈り物」公式ツイッター

「ミュージカル・未完の贈り物」 東京公演 
2019年9月11日〜16日(全11ステージ)
池袋 シアターグリーン Box in Box THEATER

写真 2019-09-07 10 30 15


To make a musical stage based on non-fiction story.
Anyone who has heard this challenge may have doubt at first.
I myself was worried, worried, and finally granted permission to her.
Because I got to know the enthusiasm of young genius director Julian Koike and the story behind her.

“I wish our story illuminates the hearts of those who lost the way.”
With that thought, when I issued my book to the world,
I should have protected myself and our surroundings carefully.
We received a lot of criticism because of the lack of explanation, because it was not a fiction.

I felt I was too weak and fragile to tell the message to the world by only me.
I passed long time it has continued to keep silence because of mental damage.
But thanks to the strong fellows who supported us, I thought I should never give-up on continuing to convince the story.

“I was saved by your words. Now I want to save someone like you.”
How should I respond to Julian's heart?

The decision to entrust to a third party was also an theme of “forgiveness”.
Because I learn the thoughts of Mr. Chiune Sugihara's fourth son, Nobuki Sugihara, I stick the idea that the most important thing was "to convey correctly".

When I told my thoughts, she unraveled one by one.
"I don't understand if I don't say it, so I just meet and talk directly"
She understood my commitment one by one and always returned the answer.
I found there was a hope here for the connection to the younger generation.
That was her who told me new hope.

“I would like to express my gratitude to all who have been involved in my life.”

While feeling the love of producer Masahiko Takahashi, who watches warmly behind us, and all staff that support her,
I am just grateful that my thoughts are expressed in this way.

I can't tell you more than anything right before the show starts,
this is a stage where all casts convey their role to every corner.
Though I'm afraid of the reaction of audience,
We will see the answer to our choice soon.

Our challenge of conveying universal or barrier-free,
I believe that it will become the standard of the world in the next five years.

Please come to the theater if you have chance.

写真 2019-09-05 13 06 42

Next

写真 2019-08-22 17 58 34


ようやく大人だけの打ち上げ。

だんだん規模が大きくなってきた「地球こどもサミット」だけれど、
立ち上げメンバーの、損得勘定ない心意気がとても好き。

ここに明記できない内容の話も多かったけれど、
とにかくよく笑い、よく笑い、よく笑った。

また来年も、一緒に頑張ろう。

写真 2019-08-22 17 58 38


Finally we had launch meeting for adults only.

It’s the “The Earth Children Summit”, which is getting bigger and bigger,
I really like the spirit of the startup members.

There were many stories that could not be specified here,
Anyway, we laughed well, laughed well, laughed well.

Let's do our best together next year.

写真 2019-08-22 17 58 41
写真 2019-08-22 17 58 36


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-08-22 6 10 58

Next

DSC_2040

DSC_1615

写真 2019-08-08 11 17 34

DSC_1637


2015年に国連で採択された「SDGs」(持続可能な開発目標)17項目。
今年の「地球こどもサミット」では、「14.海の豊かさを守ろう」から、
「日本の海を守るために、子どもたちができること」を考えた。

日本財団が主催する「海と日本プロジェクト」にも御協力いただき、
「地球こどもサミット」とのコラボ企画「OCEAN’s 47」が今春スタート。
全国47都道府県から高校生代表を選出するという大掛かりな作業の一方で、
「地球こどもサミット」の先行イベントとして、海の勉強会やゴミ拾いを決行。

私はニューヨークからホームページ作成のディレクションをしたけれど、
日本で下準備に走り回るスタッフの皆さんの尽力はとてつもなく、
特に高校生選出をほぼ一人でやり抜いた弘子さんには、頭が上がらない。

全国のSGH(スーパーグローバルハイスクール)からたくさんの応募があって、
最後の代表が決まったのは、サミット開催の直前だった。

前日から東京入りした高校生もいたし、当日も早朝9時過ぎには全員集合。
一般傍聴者も参加して、朝10時から「海についての勉強会」が始まった。
高校生達の意見が飛び交い、200名定員の多目的ホールが一気に白熱。
海洋プラスチックゴミの現状から、将来を見据えたリサイクル問題まで、
若いエネルギーに、私たち大人が学ばされた場面も多かった。

午後は「地球こどもサミット」の傍聴をした後、夕方から交流会。
各省庁や企業の方々、世界のこども大使らも合流して、皆で名刺交換。
高校生が自らマイクを持って会の進行に協力してくれる姿は、
裏方にいる私たちにとっても頼もしく、未来への希望が見えるようだった。

全国からの高校生を招集するという初めての企画成功の裏には、
本サミットの運営に手いっぱいだった私たちを支えてくださった皆様、
私たちの活動に賛同してくださる企業や政府の皆様、
企画に興味を持って、わざわざ会場に傍聴にお越しくださった皆様、
その一人一人が具体的に動いてくださったストーリーがある。

私たちが小さな声でつぶやいている希望は、いつかきっと大きな希望になる。
関わってくださったすべての皆様への感謝を胸に、
新たなるストーリーを共に紡いでくれる仲間と共に。

「OCEAN’s 47」メンバーからの報告を楽しみにしています。

OCEAN's 47 オフィシャルフォトはこちらから。
DSC_1622

DSC_1687

DSC_2028

DSC_1717

DSC_1817

DSC_1907

DSC_2030


SDGs (Sustainable Development Goals) has 17 goals, adopted by the United Nations in 2015.
This year’s "The Earth Children Summit", along with the goal “14. Life Below Water", and thought about what children can do to protect the sea.

In cooperation with the “Umi to Nippon Project (Project of Ocean and Japan)” sponsored by the Nippon Foundation,
Collaboration project “OCEAN ’s 47” with “The Earth Child Summit” has started this spring.
While working for the major work of selecting high school student representatives from 47 prefectures nationwide,
As a pre-event for “The Earth Children Summit”, a sea study session and an ocean garbage collection was held.

I directed the creation of a homepage from New York,
The efforts of all the staff who are preparing for preparation in Japan are tremendous,
In particular, Hiroko-san, who was the leader in selecting high school students, worked so hard.

There were many applications from SGH (Super Global High School) nationwide,
The last representative was decided just before the summit.

There were high school students who entered Tokyo from the previous day, and all members gathered around 9:00 in the morning on August 8th..
General attendees also participated, and the “Group Study about the Ocean” started at 10 am.
Opinions from high school students flew, and a multi-purpose hall with a capacity of 200 people was heated up.
From the current state of marine plastic trash, to future recycling issues, there were many opinions from the high school students.
In the afternoon, after hearing "The Earth Children Summit”, an exchange party was held in the evening.
All the ministries, companies, and children's ambassadors from around the world joined together to exchange business cards.
The appearance of high school students cooperating with our event with their own microphones, made us reliable and hope for the future.

Behind the first project success of collecting high school students from all over the country,
Everyone who supported us as our fellows,
Companies and governments who supported our activities,
Everyone who came to the venue to have an interest in planning,
There was a story for each one of them that moved their heart in a way.

The hope that we tweet in a small voice will surely become a big hope someday.
Thanks to all who have been involved,
With friends who spin a new story together.

We are looking forward to reports from members of "OCEAN ’s 47".

DSC_7338

DSC_7352

Next