Archives

2019年10月

写真 2019-10-27 16 32 33

写真 2019-10-27 16 32 37


ケルト人の1年は10月31日で終わる。
秋の終わり、そして冬の始まりを告げるハロウィンの日、
家族の元には死者の霊が訪ねてくると言われる。

同じ時期に出てくる精霊や魔女が紛れて家に入って来ないように、
焚き火を焚いて、仮面をかぶって、家を守るのが本来のいわれ。

子供たちが各家庭のドアを叩く「トリックオアトリート」に備えて、
大人たちは手作りのお菓子やキャンディーを用意して待っている。

現代では、半ば仮装大会のようになってしまっているだけに、
米国の小中学校では、どこまで仮装して登校して良いものか、
各学校によって規定を決めている。
ナッツアレルギーが深刻なため、お菓子の持ち込みにも制限がある。

年々統制が取れにくくなっている昨今、
米国では、ハロウィンを週末にしようという動きがあるらしい。

アメリカのカレンダーが変わると、日本にも影響があるのだろうか。
今年の渋谷は、秩序ある街であるようにと祈るのみ。

写真 2019-10-27 16 37 09

写真 2019-10-27 16 37 06

写真 2019-10-27 16 35 31


The Celtic year ends on October 31st.
Halloween day is the end of autumn and the beginning of winter,
It is said that the spirit of the dead will come to the family.

So that the spirits and witches coming out at the same time won't get mixed in,
The original idea was to protect the house by burning a fire and wearing a mask.

In preparation for a “trick or treat” where children hit the doors of their homes,
Adults are waiting for homemade sweets and candies.

In modern times, it's just like a costume competition,
In the US elementary and junior high schools, how far you can dress up and go to school,
Each school has its own rules.
Due to the serious allergy to nuts, there are also restrictions on bringing in sweets.

Nowadays, it has become difficult to take control year after year.
In the US, there seems to be a movement to make Halloween a weekend.

If the American calendar changes, will it affect Japan?
I just pray that this year's Shibuya is an orderly city.

写真 2019-10-27 16 37 20

写真 2019-10-27 16 37 26


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-12 13 44 00

写真 2019-10-12 13 44 05
Next

写真 2019-10-24 10 59 38


2年半前、個展開催のため渡米中だったアーティスト西村麻里さんを、
バイオリニスト加野景子さんのコンサートにお誘いした。
予備知識を何もお伝えしないまま、ただ「一緒に行きましょう」と。

ミステリオという団体の主催で、座席には手作りの白い人形が置いてあった。
そこに絵柄を描いて完成した人形を、世界中の子供たちに配布するのが目的で、
ゲストたちは各々マーカーを手に取り、可愛い人形を完成させていた。

コンサートが始まると、会場の空気が明らかに変わった気がした。
マンハッタンで暮らす人々の様子を、音楽と朗読で奏でるストーリー。
和やかな雰囲気の中に、ピンと尖ったバイオリンの音色が激しく響いた。

隣にいた麻里さんの目から涙が溢れ出てるのが見えた。
いわゆる共感覚を持つ彼女は、本物のアートをまさに肌で感じている。
「音楽が放つオーラと、演奏者のオーラの色が1つに重なる時」に、
彼女の内面が激しく揺さぶられることを知っていたから、
私はそのシーンを見て、さらに熱い感動を一緒に味わっていた。

******

「自宅のピアノ横に飾る「不死鳥」を描いてほしい」
バイオリニストからのオーダーに、アーティストが応えた作品を、
一緒にお届けに伺った。

ベールが解き放たれた瞬間に、キャンバスの不死鳥が鮮やかに蘇った。
火に飛び込んだ不死鳥が、新しい生命に生まれ変わるときのように。
もの凄い迫力と同時に、生命をそっと見守る優しさが見え隠れする。

力強い不死鳥に見守られながら、バイオリンを弾く景子さんの姿を想像する。
小さな身体からは想像もつかないような迫力ある演奏は、まさに不死鳥のよう。
それを見事に表現した麻里さんの力量にも圧倒される。

ここからまた、新しい音霊が生まれていくのだろう。
無限大に人の心を鷲掴みにするアーティストのコラボレーション、
その瞬間に立ち会えた、奇跡に感謝。

写真 2019-10-23 8 43 29


Two and a half years ago, I invited an artist Mari Nishimura, who was in the US for a solo exhibition, to a concertby Violinist Eiko Kano.
I just said “Let's go together” though I've never input her prior knowledge about the musician.

The concert was hosted by a group called Msterio, there were handmade white dolls on the seat.
The purpose was to distribute the completed dolls to children all over the world,
Each guest picked up a marker and completed a cute doll.

When the concert started, I felt that the atmosphere in the venue had changed.
It was a story of music and readings about "the people living in Manhattan".
The tone of a violin with a sharp point reverberated in a peaceful atmosphere.

I saw tears overflowing from Mari's eyes next to me.
With so-called synesthesia, she feels real art with her skin.
"When the aura of music and the color of the performer's aura overlap,"
I knew that her inside was shaken violently,
I saw that scene and enjoyed the hot emotion together.

******

"I want Mari to draw a "phoenix" to display next to my Steinway piano at home."
We got an offer to the artist from a violinist.
I attended to deliver it to her home when Mari was in New York.

When the veil was released, the phoenix on the canvas revived vividly.
Like when a phoenix jumping into fire to reborn into a new life.
At the same time as the tremendous power, the warmth of watching life gently appears.

I imagine Eiko playing a violin while watching over a powerful phoenix.
Her powerful performance that cannot be imagined from a small body is like a phoenix.
I was overwhelmed by the ability of Mari who expressed it wonderfully.

From here, a new sound spirit will be born again.
A collaboration of artists who grab the hearts of people infinitely,
I appreciate the miracle that I saw that moment.

写真 2019-10-23 8 43 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-23 8 44 15
Next

IMG_2276


毎年この時期になると「Autumn in New York」の映画を思い出す。
2000年秋、私がニューヨークに留学していた頃に公開された大人の物語。
リチャード・ギアが恋人とマンハッタンの街を歩く姿がカッコ良くて、
あんな風に大人の恋をしてみたいと妄想した。

木々が紅く色づいていくセントラルパークの光景が、あまりにも美しくて、
そのシーンをみるだけで涙が溢れ出た。
不治の病に侵されていた彼女には、やがて死にゆく運命が待っている。
季節の移り変わりは、すなわち恋人たちに残された時間の経過を映し出す。

昨年二人で見た光景を、今年は一人で見るせつなさ。
でもそこにまた新たな光景が加わっていくからこそ、人生は美しい。

秋の午後を楽しむニューヨーカーの景色に、今自分が入り込んでいる。
少し歯がゆい、居心地の悪さを感じながら、
それはきっと、心でいつも海の向こうを考えているせいだと腑に落ちる。

IMG_2277

IMG_2288

IMG_2292


Every year at this time, I remember the movie “Autumn in New York”.
An adult love story released in the fall of 2000 when I was studying in New York.
Richard Gia walking in Manhattan with her lover looked very cool,
I wanted to love someone in that way.

The view of Central Park, where the trees turn red, was so beautiful.
My tears overflowed just by looking at the scene.
A lady was suffering from an incurable disease and was destined to die.
The changing season reflected the passage of time left for the lovers.

The scene you saw with someone last year might change to lonely scene.
But life is beautiful because new scenes can be added to it.

I am now in the New Yorker view of the autumn afternoon.
I have a bit different feeling, since I am always thinking of somewhere beyond the sea.

IMG_2278

IMG_2289

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

IMG_2300

IMG_2294

Next

スクリーンショット 2019-10-21 12.30.50


米国進出プロジェクトにお声がけいただいたのが2006年。
2008年にニューヨーク店舗を開業してから、ロス、マイアミ、ホノルル等、
米国に事業展開する様子を、近くと遠くから見守ってきた。

数年前から、外部から入ってきた経営者が指揮棒を振り出したため、
私は少しだけ距離を置いて、それでも愛を持って様子を見ていた。

日本から送られてくるスタッフも、現地採用のスタッフも、
皆それぞれ慕ってくれるから、可愛くて、大好きで、
私は精一杯自分なりの方法で、親しみを込めて応援してきた。

先月末、経営者陣が大幅に入れ替わったという知らせを受けた。
現場から離れていたこの数年間にも、内部事情はたくさん聞いてきたけれど、
上層部が変わったとしても、彼らのスタンダードはまったく変わりない。

いつもの笑顔でお客様を迎え入れ、いつもと同じ美味しさを提供する。
顧客の9割は非日系人で、男性客の多さが一過性の人気でないことの証明。
地元に愛される店舗作りをしてきた現場スタッフの尽力が、
これからもずっと実を結び続けますようにと願う。

開業12年目を迎え、今ではトライベッカで最も愛されている寿司店舗。
Sushi Azabuの未来に乾杯。

写真 2019-10-10 20 41 56

写真 2019-10-10 20 55 55

写真 2019-10-10 21 25 31

写真 2019-10-10 21 54 42


In 2006, I was asked to support the US expansion project by the owner.
Since opening the New York store in 2008, Los Angeles, Miami, Honolulu, etc.
I have been watching their business in the US from near and far away.

A few years ago, a manager who came in from the outside created new team,
I have been a little away and still looked with love.

Since I have loved the staff sent from Japan and the locally hired staff, I have been cheering in my own way.

At the end of last month, I was informed that the management team had changed significantly.
I have heard a lot about the internal situation in the last few years when I was away from the site,
Even if the management team changes, their standards remain the same.

They welcome customers with their usual smiles and offer the same deliciousness as usual.
Ninety percent of customers are non-Japanese, and it is proved that they have big number of male customers is not a temporary popularity.
To the efforts of the field staff who have been making stores loved by the locals,
I hope it will continue to be in success.

Now in its 12th year, "Sushi Azabu" is now the most beloved sushi restaurant in Tribeca.
Cheers for the future of "Sushi Azabu".

写真 2019-10-21 12 24 28


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-10 22 11 39

写真 2019-10-10 22 56 59 (1)
Next

久しぶりに42nd Streetを東向きに歩いた。
グランドセントラル駅から、1st Avenueに向かうこの道を、
20年前に何度も何度も通ったことを、思い出す。

1999年9月18日、たった一人で、ニューヨークに降り立った。
カッコいい片道切符なんかではなくて、往復チケットを確保していたのは、
会社に戻らなくてはいけないという約束があったから。

戻る場所はあったけれど、今いる場所はそこじゃない。
そんな中途半端な立ち位置、新しい街で居場所を見つけようと必死だった。

学費と家賃と生活費を捻出するために、定期預金は全部解約した。
それでも留学生に貸してもらえるアパートは少なくて、
ようやく見つけたのが、この道を通って辿り着いた古いアパートだった。

建物はテューダー様式を再現した趣のある外観だったけれど、
エレベーターは階段を上るくらい遅くて、部屋の中は本当にボロボロだった。
隣人は気の強い独身女性で、薄い壁の向こう、いつも罵声が聞こえていた。

毎日アパートと大学を徒歩で往復して、夜中まで課題と奮闘する。
週末になると2nd Avenue沿いのバーでは、若者たちが酔い潰れていた。
私はそれを横目で見ながら、とにかく卒業するまで頑張ろうと必死だった。

あれから20年が経ったことを、改めて思い返す。
孤独な大都会に、こんなに長く住むことになるとは思わなかった。
家族や友達ができて、今は少しだけ深呼吸できる場所がある。

でも、やっぱりいつか日本に帰ろう。帰りたい。

42nd Streetの西側に傾く太陽に、不意に「ありがとう」と言いたくなった。
この太陽が沈んだら、今度は日本の夜が明ける。

写真 2019-10-12 11 22 23


After a long time, I walked bound east on 42nd Street.
From Grand Central Station, I headed to 1st Avenue.
I remember going back and forth 20 years ago.

On September 18, 1999, I got down to New York alone.
It wasn't a cool one-way ticket, but I had a round-trip ticket.
Because I had a promise that I had to go back to the company.

There was a place to go back, but the place I was then was not belong to me.
I was desperate to find my place in a new city, as such a halfway standing position.

I canceled all time deposits in order to generate tuition, rent and living expenses.
Still, there are few apartments that foreign students can rent,
I finally found an old apartment that arrived through this street.

The building had a quaint exterior that recreated the Tudor style,
but the elevator was slow enough to go up the stairs and the room was really tattered.
The neighbor was a strong single woman who always yield a hoarse voice over the thin wall.

I went back and forth between the apartment and the college on foot every day and struggled with assignment until midnight.
On weekends, I looked over young people were drunk at the bar along 2nd Avenue.
I was desperate to do my best until I graduated.

I recall that 20 years have passed since then.
I didn't expect to live in such a lonely city for so long.
I have a family and friends, and now there is a place where I can take a deep breath.

But I'll go back to Japan someday. I want to go home.

I suddenly wanted to say “thank you” to the sun leaning to the west of 42nd Street.
When the sun goes down, Japan's night will dawn.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-12 11 20 02

Next

写真 2019-10-12 11 53 35


母は裏千家の茶道師範で、お稽古のある日にはいつも「練り切り菓子」と
「お干菓子」が用意されていて、私はその残り物を楽しみにしていた。

和菓子を調達する店舗は様々だったけれど、季節物の練り切りは予約をして、
指定された時間に取りに行く、それぐらい繊細で上質な物だと学んだ。

******

茹でた白いんげん豆や白アズキに、砂糖か蜜で甘みをつけた「白あん」に、
芋や米粉といったツナギの食材を入れて調整したのが「練り切りあん」。

「練り切りあん」に繊細な細工をして仕上げる「練り切り」和菓子は、
ニューヨークでは、滅多にお目にかかることはない。

そんなニューヨークで、練り切りのレッスンが受けられる。
友人にお誘いいただき、和菓子好きの私は即答で参加を決めた。

一番調整の難しい「あん」の部分は先生が作っていてくださったので、
私たち生徒は、粘土遊びをするかのように、楽しく作業を終了。
「ハロウィン」をテーマにした可愛らしい練り切りが完成した。

一緒に受講した方々は、皆とても手先が器用で、
私も元ジュエリーデザインを学んだ身だとは言い出せなかったけれど、
スパチュラーでワックスを削っていたあの感覚を思い出した。

茶道と同じく、和菓子の世界も本当に奥が深い。
こういう文化を伝えている日本人がいることが、本当にありがたい。

写真 2019-10-12 12 12 05

写真 2019-10-12 12 27 31


My mother has been a Urasenke tea ceremony teacher, and on a practice day of practice, there always had "Nerikiri" and “Dried sweets” were prepared and I was looking forward to the leftovers.

There were various shops where she procured Japanese sweets.
For seasonally sweets, she made reservations.
I learned that it was such a delicate and high-quality thing, since it should be picked up at the specified time.

******

"White An" is made of boiled white beans or white azuki beans with sugar or honey.
By adding ingredients such as rice bran and rice flour, it will be "Nerikiri An".

Japanese confectionery "Nerikiri" is finished with delicate hand work made of “Nerikiri An”.
We rarely see it in New York.

I heard be a friend that we could take Nerikiri Lesson in New York.
I decided to join with a quick response, since I loved Japanese sweets.

The teacher made the “An” part, which was the most difficult to adjust,
We students finished the work happily as if playing with clay.
A cute "Nerikiri" with the theme of “Halloween” has been completed.

The people who attended the course were very dexterous,
I couldn't say I had learned jewelry design before,
I remembered that sense of shaving wax with a spatula.

Like the tea ceremony, the world of Japanese sweets is really deep.
I'm really thankful that there are Japanese people who convey this culture in New York.

Ms_Kuramoto


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Class_1

Class_2
Next

写真 2019-09-27 21 04 16


ニューヨークに来て間もない頃、この街に馴染めずに、何度も涙した。
人も文化も刺激的だったし、少しずつ友達も増えていったのに、
どこか孤独で、どこか満たされない、空虚な気持ちがつきまとっていた。

みんな異人種で、みんな「仮住まい」に身を寄せて、日々を過ごす。
「人類のるつぼ」と呼ばれる街だから、ここにいる誰しもがきっと、
少なからず同じような気持ちを抱えて生きているのかもしれない。

そんな空虚な気持ちの隙間を埋めるのには、胃袋を満たすのが一番だった。
同郷の仲間と一緒に、故郷の味を探して、郷里の話で盛り上がる。
胃袋が温まると、心も温かくなり、また明日から頑張ろうと思い直す。

ソーホーより北側、若者が集うワシントン広場の近くに、
当時の「牛若丸」があって、ゲイの友人に誘われて行ったのが最初だった。
ネタもシャリも大きめで、いつもアメリカ人が行列を作っていた。

チェルシー地区と呼ばれる現在の場所に引っ越してからも、
常連は現地の人だらけで、日系人に出くわすことは滅多にない。

「日本の味」は、今や「世界の味」になり、世界の人の胃袋を満たしている。
そんな光景を見ながら、改めて自分が歳を重ねてきた歴史を顧みる。

写真 2019-09-27 20 25 43 (1)

写真 2019-09-27 20 31 03

写真 2019-09-27 20 40 19

写真 2019-09-28 15 35 08

写真 2019-09-27 21 50 06


When I first came to New York, I didn't get used to the city and I cried many times.
The people and culture were exciting, and I got friends little by little.
But somewhat lonely, somewhere unsatisfied, there was an empty feeling.

Everyone is interracial and everyone spends their days living in “temporary home”.
Because it is a city called "Human Crucible", everyone here must be living with the same feelings.

Filling the stomach was the best way to fill such empty feelings.
Along with friends from the same town, we searched for the taste of hometown and were excited about Japanese theme.
When the stomach was warmed up, my heart was warmed up, and I thought I would try again from tomorrow.

At the north of Soho, near Washington Square where young people gather,
There was Sushi restaurant “Ushiwakamaru” at the time.
I was invited by a gay friend to go there at the first time.
The sashimi and shari(rice) were large, and many Americans always made a line.

Even after their moving to the current location called Chelsea,
Regulars are full of local people and rarely encounter Japanese people.

“Japanese taste” is now “World taste” and fills the stomachs of the world.
While looking at such a scene, I look back on the history that I have been aged.

写真 2019-09-27 22 11 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-04 21 41 26

写真 2019-04-04 22 48 45

写真 2019-04-04 22 12 52

写真 2019-04-04 22 27 58
Next

写真 2019-06-07 14 11 18 (1)

写真 2019-06-07 14 11 29

写真 2019-06-07 14 11 34

写真 2019-06-07 14 12 40 (1)


ミッドタウンウェストのハドソン川沿いエリアの再開発が進んでいる。
25兆円というニューヨーク市場最大の予算を費やし、
高級コンド、ホテル、デパート、オフィス、劇場、公園などを新設して、
2025年までに完成を目指すという巨大な民間プロジェクト。

開発の第一段階まで終了した今春、高級ショッピングモールと、
スペインをテーマとしたフードホール、メルカド・スペインがオープン。
ニューヨークの新しい観光地として、毎日多くの人が訪れている。

建物の外側、ハドソン川に面した展望台「ベッセル」は、
イギリスの建築家トーマス・ヘザウィック氏がデザイン。
モジュール154個を組み合わせた、蜂の巣のようなユニークな構造で、
2500段近くの階段の合間に80箇所の踊り場があって、そこから展望を楽しめる。
総工費150億円の新名所に上る整理券を求めて、終日人々が列をなす。

ハドソンヤードという宇宙基地のような地下鉄駅で降車して、
昼と夜で表情の違うベッセルを眺めながら、ハイラインを散歩する。

この町の人は、古き良きものよりも、とにかく新しいものが好き。
ニューヨークという街は、どこに向かっているのだろうか。

スクリーンショット 2019-10-14 18.07.18


Redevelopment of the Midtown West area along the Hudson River is ongoing.
They spend the largest budget of the New York market of 25 billion dollars.
New high-end condos, hotels, department stores, offices, theaters, parks, etc.
It is a huge private project that aims to be completed by 2025.

This spring, when the first stage of development has been completed,
Mercado Spain, a food hall with a Spanish theme, has opened.
As a new tourist destination in New York, many people visit every day.

The observation deck “The Vessel” facing the Hudson River, outside the building, was designed by British architect Thomas Heatherwick.
With a unique structure like a honeycomb, combining 154 modules
There are 80 landings between 2,500 steps, and you can enjoy the view from there.
People line up all day looking for a numbered ticket that goes up to a new landmark with a total construction cost of 150 million dollars.

I got off at a subway station "Hudson Yard" like the space base,
Stroll along the High Line while watching The Vessel with different expressions day and night.

People in this town are more fond of new things than good old ones.
Where is New York going toward?

写真 2019-10-10 18 58 17

写真 2019-10-10 18 58 44

写真 2019-10-10 19 00 52


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-10 19 01 10

写真 2019-10-10 19 03 01

Next

家族ぐるみで仲良くさせていただいているファミリーとの再会。
それぞれに子供4人ずつ、いまや総勢12名。

セントラルパークでリスを追いかけたり、
一緒に大きなハンバーガーにかぶりついたり、
5番街のショッピングに出かけたり。

大中小の背中を眺めながら、時の経過を思い出す。
子育ての不安も喜びも、ここには吐き出せる。

数年後には皆もっと大きくなって、私たちを追い越していくのだろう。
世代交代をしっかりと見守っていけるように、日々精進。

写真 2019-10-06 17 07 04

写真 2019-10-06 17 07 21


A reunion with a family who is friends with the whole family.
We each have 4 kids, and we are 12 membaers total.

Kids were chasing squirrels in Central Park, and had a big hamburger together,
We went shopping on Fifth Avenue, too.

Recalling the passage of time while looking at the back of large, medium and small.
We can tell the anxiety and joy of parenting here.

In a few years all kids will be bigger and will overtake us.
We work hard every day so that we can watch over the generational change.

写真 2019-10-09 14 56 00


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-09 15 18 54

Next

先週から心塞ぐ出来事があって、発信する気力が萎えていた。
そういう時は、ひたすら本を読み、インプットに務める。

従妹の結婚式でお会いして以来、大ファンになってしまった慎太郎ママ。
きめ細やかな心配り、優しさ溢れる人付き合い。
骨董収集を紹介されるインスタグラムのセンスに毎回感動して、
ママがアンテプリマとコラボしたバッグも購入して、半ば追っかけ。笑

普段はバスタイムに本や資料を読むことが多いけれど、
慎太郎ママの本は、静かな部屋で一人でしっかり向き合って拝読。
まるでサロンでママと直接対話しているように、心が洗われた。

身体も所有物も、すべては預かりもの。
目の前のことを、淡々とこなすこと。諦めないこと。
あることがたし、徹底的に「感謝の気持ちを表現する」こと。
「自分のため」でなく「人様のため」の力を持続する。
不幸は自分で飲み込むもの。地獄は一人で見るから美しい。
むやみに人と戦わないことが、いつか勝ちに繋がる。
人生の縮図。空を見る、木々を眺める。

いつも心しているけれど、自分に出来ていないことがたくさんある。
本当の幸せは、さりげない日常の中にあることを、改めて思う。
今日も、同じ空の下で、淡々と生きてみよう。

素敵な本を世に生み出してくださった慎太郎ママに、感謝をこめて。

慎太郎ママのインスタグラムはこちら。

写真 2019-10-11 10 33 54


There was a trouble that made my heart closed since last week, and the energy of my output was deflated.
Everytime it happens, I read the book and refresh my brain.

I have become a big fan of Shintaro Yabe since I met her at my cousin's wedding.
He has a wonderful characters with sensitive tenderness.
I am impressed with the sense of his Instagram that introduces antique collection every time,
I also bought a lovely bag that he collaborated with Anteprima.

I usually read books and materials during bath time,
but I read Shintaro's in a quiet room.
It was as if I was talking directly with him at the salon.

All your body and belongings are rental things.
Do things in front of your eyes. Don't give up.
Important thing is to express "thank you" thoroughly.
Sustain the power of "For someone" instead of "For myself".
Misfortune is something you feel by yourself. Hell is beautiful because you see it alone.
Unnecessarily not fighting people will eventually lead to victory.
Look at the sky, look at the trees, so you see a microcosm of life.

Though I always have a lot of things I can't do,
I reaffirm that true happiness is in everyday life.
Let's live under the same sky today.

Thanks to Shintaro for creating a wonderful book.

「アンテプリマ x サロン・ド慎太郎」の記事
2017-10-30 13.48.42


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

懐かしの結婚式!
2015-09-21 16.15.35 HDR

2015-09-21 16.07.43

2015-10-04 20.25.03

2015-09-21 15.17.54
Next

写真 2019-10-03 19 42 08

写真 2019-10-03 19 53 26


今夏、非常に落ち込むことが多かった。
特に後半は、公私共に思い悩むことが多く、
人と会いたいという気持ちさえもなくしてしまった時期があった。

麻里さんは、なぜかそんな時にふと連絡をしてくださる。
「美香さん、これを見てきて。これを聴いてみて」

私が彼女に何かを相談したわけでもなく、
「ふと美香さんを思い出したから連絡した」という彼女の勘の鋭さに、
私は心を揺さぶられる。

アーティストは、常に孤独な戦いを強いられる世界にいるはずなのに、
こうやって周囲を思いやり、優しい気持ちで生きている彼女だから、
私はずっと応援していたいと思うのだ。

“Life is vivid, beautiful and precious.”
アートの個展にしては、やや長々しいタイトルだけれど、
西村麻里さんの人生を俯瞰すると、まさにこの言葉がピッタリ。

コピーライターとアーティストという二足のわらじを履きながら、
その両方できちんと名を馳せることが、どれほど凄いことか。

常にチャレンジを続けるからこそ、きっと振り幅も大きい人生。
私は彼女から、今その瞬間を一生懸命に生きることの大切さを学んでいる。

我が家のリビングルームには、麻里さんが描いた龍の絵が鎮座している。
心が弱った時にチカラをくれる宝物。

そのエネルギーを、貴方もきっと感じると思うから。
是非、会場に足をお運びください。

Mari Nishimura Solo Show 2019
“Life id vivid, beautiful and precious.”
10/3(Thu)-10/30(Wed)

MONTSERRAT Contemporary Art Gallery
547 West 27th Street
New York, NY10001

写真 2019-10-03 15 34 30

写真 2019-10-03 19 41 08

写真 2019-10-03 19 42 17

写真 2019-10-03 19 54 43


I was very depressed this summer.
Especially in the end of summer, I had been worried about many things in both public and private.
There was a time when I even lost my desire to meet people.

At that time, Mari contacted me at some point.
“Mika-san, let you see and listen this.”

Though I did not consult her for anything before,
Because of her intuition that "I contacted because I remembered Mika suddenly", I was thrilled.

Though the artist should always be in a world that is forced to fight lonely,
She is caring about her surroundings and living with a gentle feeling.
This is why I want to support her all the time.

“Life is vivid, beautiful and precious.”
It is a rather long title for as an art exhibition,
This word is perfect when you look down at the life of Mari.

She is working as both a copywriter and an artist.
How amazing is it that she is a famous for both of them.

A life has surely many drastic events, because it is always challenging.
I'm learning from her the importance of living so hard now.

There is a dragon painting drawn by Mari in the living room of my apartment.
It is a treasure that gives me power when my heart is weak.

Please feel her energy from her artworks.
Please visit her solo exhibition in New York.

写真 2019-10-03 19 53 31

写真 2019-10-05 16 20 37

写真 2019-10-05 16 21 08


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-06 9 15 04

写真 2019-10-03 20 06 58

写真 2019-10-07 12 16 32
Next

写真 2019-07-17 17 50 13


日本が大好きだから、日本の良きものを海外に伝えたい。
ここに居を構えて19年、根底にある想いはずっと変わらない。

デザイナーの東家雅子さんが世界に向けて発信するブランドは、
京都発、日本古来の伝統的な紋様和柄をモードファッションに取り入れる。

上質な素材なのに、家庭で洗濯できて、シワにならないから、
移動の多い方や、旅先でのレパートリーとして、本当に重宝する。

日本画家の大家、加山又造氏の作品とのコラボレーションに挑戦されるなど、
エネルギッシュに活動の場を広げられる、SOUL WORKの世界観に大注目。

世界に飛躍する日本人アーティストの進化に、ずっとエールを送っています。

写真 2019-07-17 17 49 40

写真 2019-07-17 17 49 54

写真 2019-07-17 17 50 05

写真 2019-07-17 17 49 19


Since I love Japan, I want to convey good Japanese things overseas.
19 years after staying here, the underlying feelings will not change.

SOUL WORK is the brand that Masako Touke, the designer, sends to the world,
Introducing Japanese traditional patterns into mode fashion from Kyoto, Japan.

Although it is a high-quality material, it can be washed at home and will not wrinkle.
It really comes in handy for people who travel a lot or as a repertoire on the trip.

Recently, she challenged to collaborate with the work of Japanese painter, Matazo Kayama.
Let us see the world of SOUL WORK that actives in the world.

We will cheer the evolution of Japanese artists who will made a leap to the world.

写真 2019-07-17 22 25 02

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-07-17 22 24 59
Next

写真 2019-08-13 10 51 13

写真 2019-08-15 6 43 33


若き世代と一緒に紡ぐ、まったく新しい作品。
「ミュージカル・未完の贈り物」の脚本チェックをしている頃は、
公私共々、猛烈に忙しい時期でもあった。

そんな時期に「人前で話してほしい」というオファーをいただいて、
迷った挙句にお引き受けしたKUDENの動画が、オフィシャル公開されている。
緊張しまくっている自分の姿に辟易して、そっと黙っておこうと思ったけれど、
原作の背景として伝えてほしいとのリクエストにお応えすることにした。

初作「未完の贈り物」を世に出した後の苦悩を吐露したインタビュー記事も、
合わせて再掲載中。(2年半前の記事です。)
なぜママのもとに生まれてきたの? インタビュー記事

あの時に支えてくださった周囲の皆さんに、改めて感謝。

この世に生まれた命には、すべて役割がある。
私に与えられた宿題を紐解きながら、今日も大切に生きてみよう。

KUDEN Vol.8 Photo Gallery



"Musical, Mikan no Okurimono" is a completely new one of working with the younger generation.
When I was checking the screenplay for the musical,
Both my business and private schedule were extremely busy.

At that time, I received an offer to give a speech session of "KUDEN"'
The video of KUDEN that has been undertaken in the meantime has been officially released.
Though I was shamed that I was too nervous,
I decided to respond to a request that people want to know the back ground of my original book.

An interview article that uncovered the suffering after launching the first work "Mikan no Okurimono" was here, too.
Thanks again to everyone around me who supported me at that time.

Every life born in this world has a role.
I will live carefully while solving the homework given to me.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next