Archives

2019年11月

マンハッタンの中心部、ミッドタウンにグランドセントラル駅がある。
東京丸の内、まさに東京駅のように、たくさんの人と電車が行き交う。
在米日系人はそこを「グラセン」と呼び、地図の拠点として考える。

次の打ち合わせまでに、軽く腹ごしらえしたり、
電車の待ち時間に、近所に住む友人を呼び出して一杯飲んだり。

こんな空間で、人間ウオッチングをして過ごすのも、悪くない。

写真 2019-11-27 16 23 36


There is Grand Central Station in Midtown, the heart of Manhattan.
Same as Tokyo station in Tokyo Marunouchi, many trains come and go.
Japanese people living in the United States call it "Grasen" and consider it as a map base.

By the next meeting, we take lightly fed,
Or call a friend in neighborhood and drink while waiting for the train.

It is not bad to spend a human watching in such a space.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-12-01 6 37 23


ターキーを焼いたことがない。

それでもやっぱりこの日は、
すべてのことに感謝する。

毎年恒例、友人からお誘いいただき、
今年の感謝祭は寿司パーティー。

夜明けを眺めながら、
当たり前の朝がやってくるのが、当たり前じゃないと想う。

写真 2019-12-01 6 48 49



I have never baked turkey.

Still, on this day,
Thank you for everything.

As every year, we were invited from friend.
This year's Thanksgiving was a sushi party.

While watching the dawn,
I don't think it's normal that the morning comes.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next

写真 2019-11-15 17 20 45


一年で一番財布の紐を緩める時期。
今年お世話になった御礼にと、ギフトをいただく機会も多く、
だから私もお返しを考える。

贈られた人が包みを開けた瞬間に、どんな表情をするのだろう。
そんなことを想いながら、贈り物を考えるのが好き。

インディーズ系のデザイナーブランドが集結したサンプルセールは、
ホリデーシーズンのお買い物にふさわしく。

会場を埋め尽くす魅力的な商品の数々、
性格も素晴らしいデザイナーの皆さん。
だからみんな、ここに集う。

写真 2019-11-15 17 19 19

写真 2019-11-15 17 19 15
写真 2019-11-15 17 19 27

写真 2019-11-15 17 19 33


The time to open the wallet in the year.
There are many occasions for gifts to thank you for taking care of this year.
So I also think about giving back.

What kind of facial expression will be given at the moment a person opens the package?
I like thinking about gifts while thinking about that.

We had a sample sale of indie designer brands, that suitable for holiday season shopping.

Many attractive products that fill the venue,
Designers with great personality.
So we gathered here to see them.

写真 2019-11-15 17 19 38

写真 2019-11-15 17 19 48

写真 2019-11-15 17 20 18


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-15 16 40 19
Next

写真 2019-11-06 20 29 10


「同じ空の下で」繋がっているんだなと思う瞬間がある。

嬉しい時、悲しい時、幸せな時、しんどい時。
ふと、空の写真を送ってくれる友がいる。

年老いていく両親を介護しながら、外界を遮断していたら、
今見ている景色を「御両親に」と送ってくれた。

温度を持たないはずの写真が、温度を放つ瞬間。
心はそんなことで、温まる。

扉を開けてくれて、ありがとう。

写真 2019-11-06 20 29 12


There is a moment when I think you are connected "under the same sky".

When I am glad, sad, happy, difficult.
I have friends who send me sky photos, suddenly.

When I was caring for my aging parents and blocking the outside world,
He sent me the scenery he was looking at to my parents.

The moment a photo that should have no temperature radiates.
That's what makes my heart warm.

Thank you for opening the door in heart.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-07 17 37 31

Next

写真 2019-11-06 20 22 41


ニューヨークから14時間のフライト。
乗り換えたJR線の中で、見慣れた顔が私を迎えてくれた。
全身で誠実さを醸し出す、屈託のない笑顔。
大好きなシェフ米澤文雄氏が、アメリカンビーフをPRしている。

ニューヨークの老舗、ジャン・ジョルジュでスーシェフを務めた後、
2014年、同店舗の東京開業の際に、エグゼクティブシェフに就任した。

昨年、ニューヨークスタイルの料理を提供する「The Burn」オープン。
彼が長年従事したフレンチだけにはとどまらない、
多くの可能性を秘めたメニューがラインナップしている。

私が彼を心底尊敬しているのは、表に出ている活動の部分だけでない。
障害を持った子供たちのために無料で食事を提供したり、
仲間のイベントに休日返上で協力参加したり。

そんな彼が腕を振るう料理が嬉しくて、美味しくて。
短い滞在中、二夜連続でお世話になってしまった東京の夜。
写真 2019-11-05 6 07 42

写真 2019-11-05 6 27 09

写真 2019-11-05 6 42 32

写真 2019-11-06 4 43 03


14 hours flight from New York.
A familiar face greeted me in the JR line I transferred.
A carefree smile that brings integrity to the whole body.
My favorite chef, Fumio Yonezawa, promotes American beef.

After serving as a sous chef at Jean Georges, a long-established store in New York,
In 2014, he became an executive chef when the Jean Georges restaurant opened in Tokyo.

Last year, “The Burn” opened, he is serving New York-style cuisine.
It’s not just the French he’s been engaged in for years,
The menu has many possibilities.

It is not only the part of the activity that is mentioned that I respect him with all my heart.
He provides free meals for children with disabilities,
and participates in a friend's event on holidays.

I was glad that such a dish with his ability was so delicious.
During a short stay in Tokyo, I went there for two nights consecutively.

写真 2019-11-06 4 47 53

写真 2019-11-06 5 02 48

写真 2019-11-06 5 20 17

写真 2019-11-06 6 02 03


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-05 20 20 03
Next

写真 2019-11-08 0 17 09


麻布十番駅から徒歩1分。
奥行きのある店舗の手前に、カフェとフラワーショップがある、
フラワーデザイナー、秋貞右際(みぎわ)さんのお店。

彼女の世界がパーッと広がる、美しい空間。
街行く人が思わず立ち寄るのは、その温かい空気感ゆえだろう。

******

出会いは数年前、シェフとアーティストのコラボイベントだった。
パリで活躍したシェフが、右腕のように信用している彼女のセンスと、
そのキャラクターの可愛さで、私は一気にファンになった。

大手IT企業の秘書から、花を扱う職業へ転身。
憧れのフローリストに師事するため、単身パリに渡って修行を積み、
帰国後、レストランやイベントの装花、空間デザインなども手がけている。

******

日本にいる私の居場所を知って、5分でも良いからと、会いに来てくれた。
だから私も翌日、彼女のお店まで足を伸ばした。

星の数ほどのフローリストがいるなかで、彼女の突出した魅力は、
凛とした気持ちの良い性格と、仁義を忘れない丁寧な人繋ぎにあるのだと思う。
パリ時代に知り合ったシェフ仲間とは、今でもこまめに更新し合う。
私は勝手に姉のような気持ちで、彼女のことを応援している。

今秋、ユニクロのポスターで世界デビューした彼女。
週末、ニューヨーク5番街のお店に行ったら、みぎちゃんが微笑んでいた。

写真 2019-11-08 0 15 03

写真 2019-11-08 0 14 14


1 minute walk from Azabujuban Station.
There is a cafe and a flower shop in front part of a store,
It's a flower shop of Migiwa, a flower designer.

A beautiful space where her world spreads out.
It is probably because of the warm air that people in town stop by.

******

The encounter was a collaboration event with a chef and an artist several years ago.
She was introduced by the chef who was active in Paris,
the cuteness of her character made me her fan at once.

She changed from a secretary of a major IT company to a flower related profession.
In order to study with a florist she admired, she trained in Paris alone.
After returning to Japan, she also worked on restaurant and event arrangements and space design.

******

She came to see me as soon as she knew where I was in Japan.
So I went to her shop the next day.

Among the florists as many as the stars, her outstanding charm is
I think that it has a dignified and pleasant personality, and a polite connection that never forgets manner.
Even with chef friends she met in Paris, she still make frequent updates.
I'm cheering on her with the feeling of an older sister.

This fall, she made her world debut with a UNIQLO poster.
When I went to a 5th Avenue store on the weekend, she was smiling to me.

写真 2019-11-08 1 14 59

写真 2019-11-08 0 14 18

写真 2019-11-08 0 14 51


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

CD6F2ADD-6B6B-4BC0-93EE-C63A18D7F474

Next

「ミュージカル・未完の贈り物」地方公演が順延になることを聞いたのは、
10月後半に入ってのことだった。
その少し前に、とある筋からある批判を受けて心が弱っていたし、
制作サイドのトラブルを聞いた時には、身体に電撃が走った。

「必ずや原作と作品を守ります」
涙で訴えてきた脚本・演出家を、私は信じると決めたから、
滞在中はほぼ毎日、その解決のために奔走した。

彼女とそのカンパニーだけでは抱えきれないほど大きな問題を、
どうやったら前に進められるのか、事態は想像していた以上に深刻な現況。

幸い、東京公演が大成功に終わった実績が、たくさんの支援者に繋がって、
今また新しいスタートを切ろうとしている。

「美香さんを演じるでなくて、美香さんを生きる」
全身全霊をかけて主演を引き受けてくださった今泉りえさんとのブレストで、
私のやるべき方向が、ハッキリと見えてきた。

すでに同じ船に乗っているから、目指すゴールは一緒。
私たちの次のステージを、応援してください。

写真 2019-11-06 18 21 38


It was in late October that I heard that the "musical, Mikanno Okurimono, unfinished gift" local performance will be postponed.
Shortly before, I had be weakened by a criticism from a certain source.
When I heard about the trouble on the production side, it was like that I got the electric shock on my body.

"I promise to protect the original book and the work"
I decided to believe Julian, the script / director who appealed with tears.
During my stay, I tried to solve it almost every day.

There is a big problem that she and the company alone can't handle.
The situation is more serious than I had imagined, we think how to proceed.

Fortunately, the track record of successful Tokyo performances has led to many supporters,
We are trying to make a new start again.

"I do not play Mika, I live as Mika."
After Brainstorming with Rie Imaizumi who lead the work with her body and soul, we clearly see the direction we should do.

Since we are already on the same boat, the goals we are aiming for are the same.
Please support our next stage.


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

人生とは思うようにいかないもの。
特に人に裏切られた時に、そこから立ち上がるのに時間がかかる。

なかなかアウトプットができなかったけれど、
支えてくれる大切な仲間がいるから、また歩き出す。

すべての物事にはタイミングというものがあって、
出会いや再会のタイミングにも、すべて意味があると感じる。

申し合わせたかのようなタイミングで連絡してくれる方がいて、
なぜかぴったり時間が合ってしまうのは、やはり御縁というものだろうか。

駆け足で通り抜けた数日間。
私はどんな足跡を残せたのだろうか。

写真 2019-11-09 17 11 34


Life does not move as we think.
Especially when betrayed by a person, it takes time to get up from there.

It was difficult to output,
I have an important companion who will support me, so I move forward.

Everything has a timing,
I feel that the timing of encounter and reunion is all meaningful.

There are people who contact me at the timing as if we had agreed.
It is just the bonds that make the right time for some reason.

I stayed in Japan for a few days.
I wonder what I left behind there.

写真 2019-11-08 7 36 09

スクリーンショット 2019-11-22 04.09.33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-10 8 35 31

Next

留学していた頃、たくさんの家族にお世話になった。
食事を食べさせてもらったり、車で郊外に連れて行ってもらったり。
いつしか世代が交代して、私たちがお世話をする方の役割になった。

日本からの駐在で送られて来たスタッフの帰任が決まり、
いつものメンバーで送別会をやろうと話が持ち上がった。

私は簡単な前菜を用意するだけで、あとはシェフ仲間にお任せ。
あっという間に食卓が華やかな舞台に生まれ変わる。

ひたすらに飲んで食べて、あっという間に別れの幕に突入。
人生のステージは、いつもこんな風に忙しい。

写真 2019-10-26 20 23 24

写真 2019-10-26 20 09 29

写真 2019-10-26 20 03 19


When I was studying abroad, many families took care of me.
They had fed me eat, or took me to the suburbs by car.
One day the generation changed, and I became the role of the caregiver.

The return of the staff who was sent from Japan was decided,
We had a farewell party with the usual members at my apartment.

I just prepared simple appetizers and asked to left it to my chef friends.
The dining table was reborn into a gorgeous stage in no time.

We just drank and ate, and quickly entered the farewell curtain.
The life stage is always busy like this.

写真 2019-10-27 9 23 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-27 9 23 49

Next

写真 2019-10-24 23 15 37

写真 2019-10-24 23 15 46


細く、長く、応援し続けているシェフのお店を訪問する。

ニューヨーク近郊、ローカルの食材だけを使用したメニュー。

大切な友人と過ごす大切な時間は、とっておきのシェフのもとで。

写真 2019-10-24 20 52 12

写真 2019-10-24 21 03 57

写真 2019-10-24 21 13 54

写真 2019-10-24 21 42 40

写真 2019-10-24 21 45 13


We visited a chef's restaurant that I've supported long time.

He supplies a menu that uses only local ingredients near New York.

I love to spend my precious time with my precious friends at my precious chef's place.

写真 2019-10-24 22 21 44


写真 2019-10-24 22 39 13

写真 2019-10-24 22 52 04

写真 2019-10-24 23 00 31

写真 2019-10-24 23 15 11



人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-24 20 49 50

Next

写真 2019-10-26 11 31 32

写真 2019-10-26 11 31 41

写真 2019-10-26 11 43 29


海外に都立高校同窓会の米国支部があるのは珍しいらしい。
私が属するそれは、発足以来毎年、米国のどこかで総会が開催されている。

今年の総会はニューヨークで開催。
マンハッタンから車で40分ほどのウェストチェスター、
ハドソン川越しの広大な景色を見渡せるレストランでランチ会。

その後、ロックフェラー家の住まいを見学するツアーに参加。
カイカットという土地に、初めて足を踏み入れた。

米国最大の石油王、資本家であったジョン・ロックフェラー氏が建てた豪邸は、築100年以上、40室からなるお城のような佇まい。
しかし、中はいたってシックな造りで、蔵書のセンスも素晴らしい。

現在でも3代目のロックフェラー氏が住居として使用しており、
一般開放されているのはごく一部で、撮影もできない。

それにしても、お屋敷から見えるハドソンリバーの偉大さと、
どこまでも境界線のない広大な景色に圧倒される。

日本で台風被害を受けた河川敷沿いのニュース映像に衝撃を受けながら、
いつの時代も、富裕層は高い土地に住むものだと、つくづく思う。

写真 2019-10-26 15 27 02

写真 2019-10-26 15 28 23

写真 2019-10-26 15 30 09

写真 2019-10-26 16 54 49


It seems unusual to have the US branch of the Tokyo Metropolitan High School Alumni Association overseas.
This organization that I belong has held the general meeting somewhere in the United States every year since its inception.

This year's general meeting was held in New York.
Westchester, a 40 minute drive from Manhattan
We had lunch at a restaurant with a vast view over the Hudson River.

After that, we participated in a tour to see the house of the Rockefeller family.
For the first time, I entered the land called Kykuit.

The mansion built by John D. Rockefeller, the largest oil king and capitalist in the United States, looks like a castle with 40 rooms that built more than 100 years ago.
However, the inside is very chic and the sense of the collection is wonderful.

Even now, the third generation of Rockefeller uses it as a residence,
There are only a few that are open to the public, and photography is not possible.

Even so, the greatness of the Hudson River seen from the mansion,
We were overwhelmed by the vast scenery without boundaries.

While being shocked by the news video along the riverbed damaged by typhoons in Japan,
We know that wealthy people live in high land.

写真 2019-10-26 16 17 04

写真 2019-10-26 16 17 32

写真 2019-10-26 16 19 13

写真 2019-10-26 16 19 47

写真 2019-10-26 16 54 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-26 17 38 54

写真 2019-10-26 17 27 56

写真 2019-10-26 17 28 12

写真 2019-10-26 17 30 28

写真 2019-10-26 17 38 59
Next

2007年、mixiで呟き始めたのが、ブログの始まりだった。
ニューヨークで孤軍奮闘のなか、ずっと静かに生きていたけれど、
家族や親しい友人に、たまには近況を伝えたいと思ったから。

不定期で、確たるテーマもなく、日々の想いを綴るだけ。
何度も同じ想いや同じセリフが出てくるのは、素人の日記だから。
言葉を綴るのは、自分自身への戒めと、自分自身を奮起させるため。

心が弱っていると、うまく発信できなくなる。
誰かを説き伏せたり、生き急いでいる証を残したいわけでなく、
文字に綴ることで、心の整理をしている。

だから、時に暴力となり、凶器となって、心を傷つける言葉を、
キャッチボールのできない距離で、一方的に投げつけてほしくない。
お互いの想いは、きちんと話し合って解決したい。

裏切りは、最大の損失。
人を信じる力を、もう一度取り戻せますように。

写真 2019-10-28 11 31 16


In 2007, the beginning of blogging started with mixi.
In New York, I was living quietly in the struggle for solitary troops,
I wanted to tell my family and close friends about the current situation.

It is irregular, there is no definite theme, and it only spells out daily thoughts.
It ’s an amateur diary that has the same thoughts and the same lines over and over again.
The words are spelled out in order to inspire myself, and the commandments to myself.

If my heart is weak, I won't be able to write well.
I don't want to persuade someone or leave a testimony of being rushed,
I organize my mind by spelling letters.

So words that sometimes become violence, weapons, and hurt the mind,
I don't want you to throw it unilaterally at a distance that I can't catch.
I want to discuss and resolve each other's feelings properly.

Betrayal is the biggest loss.
May I regain the power to believe in people again.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next