Archives

2020年01月

写真 2020-01-10 16 03 10

写真 2020-01-13 13 38 59


私は日米教育の違いは、パスタとチーズに喩えられると思っている。
束から1本飛び出しているパスタを、すっと引き揚げようとするのが米国式。
形の悪いチーズを削ぎ落として、表面を綺麗に整えるのが日本式。

ある一定の枠の中に収めておこうとする学校教育にうまく馴染めずに、
不登校になっている児童・生徒のために、東大が提供しているプログラム。
2014年にスタートした異才発掘プロジェクトROCKETの発表会に参加した。

知的能力が高く、自己の能力に貪欲過ぎて、集団学習には強調できない。
ROCKETに所属している子どもたちには、共通して「志」と「こだわり」がある。

その「志」と「こだわり」を引き揚げようとしてあげる環境と予算が、
それを必要としている子ども達すべてに届けられるわけではないけれど、
この画期的な試みは確実に「新しい価値を生み出す素質」を引き揚げている。

世に伝える絵画を描き続ける17歳青年の堂々としたプレゼンを聴きながら、
まもなく17歳になる我が娘は、社会に何を伝えられるのだろうと考える。

舞台は日本か米国か。
2020年、新しい活動を発進させた。
手探りのスタートだけれど、共に歩いてください。

写真 2020-01-13 14 17 57

写真 2020-01-13 10 17 30

写真 2020-01-13 10 28 30

写真 2020-01-13 12 03 26


I think the difference between US and Japanese education can be compared to "pasta and cheese".
The American style is to pull up one piece of pasta from the bunch.
The Japanese style is to scrape off badly shaped cheese and clean the surface.

There is a program provided by the University of Tokyo for school refusal that is for kids without getting used to school education that tries to stay within a certain frame.
We participated the presentation of the unique talent discovery project ROCKET (Room Of Children with Kokorozashi( ambition) and Extra-ordinary Talents) which started in 2014.

The children with high intellectual ability, too greedy for self-ability, cannot be emphasized in group learning.
Children who belong to ROCKET have a common ambition and commitment.

It is not delivered to all children who need the environment and budget for trying to pull up the “ambition” and “commitment”.
But this groundbreaking attempt is certainly pulling out "the ability to create new value".

While listening to the dignified presentation of a 17-year-old youth who continues to draw paintings that will be passed on to the world,
I wonder that what my daughter, who will turn 17 years old soon, can be passed something on to society.

Is the stage in Japan or the United States?
We've just launched a new activity in 2020.
It's a groping start, but please walk together.

写真 2020-01-13 12 11 06

写真 2020-01-13 13 48 34

写真 2020-01-13 15 42 41


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-13 14 18 58
Next

2011年、日本の女子プロ女子サッカーチームがワールドカップで優勝した時、
ニューヨークのエンパイアステートビルが、日の丸色にライトアップされた。
決勝で日本チームに負けた米国が、震災復興へのエールという想いもあって、
年間で決められたライトアップのスケジュールを急遽変更したのだった。

あの歓喜の中で大活躍していた選手が、今なお第一線で奮闘している。
プロスポーツ選手は、調子が良い時も悪い時もあるのは当然だけれど、
私は彼女の精神力の強さに、いつもいつも学ばされている。

昨秋に負った怪我のリハビリに専念している彼女を励まそうと思っていたのに、
私の方がたくさん勇気をもらいつつ、日々の大切さを胸に刻む。

彼女は西に、私は東に向かう、帰り道。
富士山を見るのが楽しみだったのに、日が暮れてしまった。

次の再会で、また夢の続きの話をしよう。

写真 2020-01-11 16 33 05


In 2011, when a Japanese women's professional soccer team won the World Cup,
The Empire State Building in New York was lit up in the color of the Japanese flag.
Because the United States, which lost to the Japanese team in the final, thought that it was an ale for reconstruction after the earthquake,
The light-up schedule, which was determined throughout the year, suddenly changed.

The player, Aya Sameshima, who was very active in that delight is still working on the front line.
Of course, the condition of the professional athletes are sometimes good or bad though,
I have always been learning about her strength.

I was trying to encourage her who is dedicated to rehabilitating the injury I suffered last fall,
I will keep my heart while receiving much courage.

On the way home, she went to west, I head to east.
I was looking forward to seeing Mt.Fuji, but I couldn't because the sun had set.

At the next reunion, let's talk about the dream again.

写真 2020-01-11 18 12 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-11 16 33 29

Next

写真 2020-01-10 16 02 41

写真 2020-01-10 12 50 46


小児病院近くある、病気の子どもとその家族のための滞在施設。
長女がフィラデルフィアで10時間に及ぶ大手術を受けた時に、
ドナルド・マクドナルド・ハウスの存在を知った。

1974年から現在まで、世界42カ国367カ所にも展開されていて、
病気と闘う子どもを支える家族を経済面と精神面からサポートするシステムは、
米国ではあまりにも有名で、その恩恵を授かれる機会に感謝した。

日本では2001年の「せたがやハウス」開業から始まり、現在11カ所に展開。
まだまだ認知度が低いのは、そのネーミングがネックになっているのかもしれない。
ハンバーガーのマクドナルド社は、あくまでも協賛企業の一部であって、
財団の大部分は、他の企業や個人サポーターの寄付によって支えられている。

全国のマクドナルド・ハウスに、拙著を寄贈させていただくことになり、
今年の活動は、東大病院に隣接する「東大ハウス」訪問からスタートした。

自分ができることをやる。
私たちの歩んできた道のりが、少しでも誰かのチカラになりますように。

ドナルド・マクドナルド・ハウスHP

写真 2020-01-10 13 07 45

写真 2020-01-10 13 09 06

写真 2020-01-10 13 17 38

写真 2020-01-10 13 18 33


There was an accommodation for sick children and their families near the Children's Hospital.
When the eldest daughter underwent a major 10-hour operation in Philadelphia,
we learned about Donald McDonald House.

From 1974 to the present, it has been deployed in 367 locations in 42 countries around the world.
An economic and spiritual support system for families who support children in the fight against illness, was too famous in the United States.
We thanked for the opportunity to benefit.

In Japan, the “Setagaya House” opened in 2001 and has been expanded to 11 locations.
Perhaps the reason for the low recognition might be that the naming is a neck.
The company of McDonald's is only part of the sponsoring company,
Most of the Foundation is supported by donations from other companies and individual supporters.

I had an opportunity to donate my books to McDonald House nationwide.
This year's activities started with a visit to the “Tokyo University House” next to the University of Tokyo Hospital.

I do what I can.
May our journey will be someone's hope.

写真 2020-01-10 13 11 46

写真 2020-01-10 13 12 31

写真 2020-01-10 13 21 13

写真 2020-01-10 13 22 13


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-10 13 24 34

写真 2020-01-10 13 06 43


Next

娘のいる学校のすぐ近くで、クリスマスツリーを買った。
あの土地から、空が繋がっているから、自宅に持ち帰った。

マンハッタンを少し遠くから眺めながら、
あと何回この景色を見るのだろうと、感傷的になった。

空が好きなのは、そこに希望があるから。
同じ空を見ていることが、支えになるから。

いつか娘に見せたいと思うのは、親のエゴであって、
空を知らない幸せも、きっとある。

ここから抜け出せなくて、もがいている。

現実を受け入れることは、希望を捨てること。
大人になることは、夢を諦めること。

でも、もう少し、もう少し。
私に何ができるだろう。

写真 2020-01-07 10 33 16


We bought a Christmas tree right next to my daughter's school.
Since the sky was connected from that land, we took it home.

While looking at Manhattan from a little far,
I was sentimental no matter how many times I saw this view.

I like to look up the sky because there is hope there.
There is a hope that we look at the same sky.

What I want to show my daughter someday is my ego as a parent.
There may be happiness that does not know the sky.

I can't get out of here and am struggling.

To accept reality is to abandon hope.
To be an adult is to give up my dream.

But a little more, a little more.
I wonder what I can do.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2019-11-12 12 59 05

写真 2019-11-12 12 59 09


かつてSOHO地区に住んでいた頃、これほど子育てに適さない街はないと思った。
ベビーカーの車輪が石畳に引っ掛かるし、四六時中、街の喧騒が絶えない。
私たちは逃げるようにアパートを探して、老人と子供の多い地区に引っ越した。

それでもSOHO地区とは御縁があって、立ち上げを手伝った店舗があったり、
日本からのクライアントを案内して回ったり、足を運ぶ機会は少なくない。

この20年間、街が変わりゆく変遷も、一緒に見てきたように思う。
かつての倉庫やギャラリーの多かったアーティスティックな街は、
今はブランドの旗艦店が立ち並び、流行の発信地となっている。

そんなSOHO地区に、アマゾンがリアル店舗を出したのは2018年秋のこと。
オンラインで評価の高い、4つ星以上の商品ばかりを厳選した品揃え。

オンラインで人気商品だけに在庫がなかったり、
商品の入れ替え時期とオンラインのタイムラグがあったりするけれど、
実際に手に取ってみないと分からないという人には、きっと有り難い。

市場調査に来たクライアントと店舗をまわり、
私もつられて、キッチングッズを買ってしまいそうになった。

いやいや、ここで荷物を増やしてはいけない。
やはりアマゾンは、家に届けてもらうことこそが、メリットだと思うのだ。

写真 2019-11-12 13 00 16

写真 2019-11-12 12 59 26

写真 2019-11-12 13 00 21

写真 2019-11-12 13 00 57


When we once lived in the SOHO district, I thought it was no better city for child-raising.
The wheels of the baby stroller were caught on the cobblestones, and the noise of the city was constant all the time.
We looked for an apartment to escape and moved to a district with lots of old people and children.

Still, there is a relationship with the SOHO district, there are stores that I helped launch,
There are also many opportunities to guide and visit clients from Japan.

I think I've seen the changes that have taken place in the city over the last 20 years.
An artistic city that once had many warehouses and galleries, is now the brand's flagship stores are lined up and are the epicenter of the trend.

Amazon opened a real store in the SOHO district in the fall of 2018.
There are an assortment of products that are highly rated online and have been carefully selected only for products with 4 stars or more.

If only popular items are not in stock online,
Although there is a time lag between product replacement and online,
If you can actually look it, you'll be grateful.

I went around the store with the client who came to the market research,
I was entangled and almost bought kitchen goods.

No, I should not increase luggage here.
After all, I think that the benefit of amazon is delivery it to home.

写真 2019-11-12 13 04 58

写真 2019-11-12 13 04 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 13 05 06

Next

写真 2019-12-10 13 39 01

写真 2019-11-12 10 39 37

写真 2019-11-12 10 42 44


ニューヨークには、たくさんのスポーツジムが存在している。
一年の半分近くは「寒いね」と挨拶を交わす土地だから、
アウトドアよりもインドアで健康管理をする人が多い。

なかでも「EQUINOX」は、ハイエンドに近いスポーツクラブで、
アップタウンのそれに行くと、セレブに遭遇することすらある。

「EQUINOX」プロデュースのホテルがオープン。
この先2年で、全米4都市に拡大予定だという。

ハドソン川を見渡すジムや、ヘルシーメニューが充実したレストラン。
忙しい出張の滞在中、その隙間時間にも徹底して身体を動かす人々。

年々高騰するニューヨークのホテル料金。
さらに3割増程を捻出してでも、健康志向に徹するホテルに滞在する。
新しいニューヨークスタイルが、誕生した。

写真 2019-11-12 10 48 03

写真 2019-11-12 10 48 30

写真 2019-11-12 10 48 26

写真 2019-11-12 10 49 21

写真 2019-11-12 10 47 03

写真 2019-11-12 10 46 49


There are many sports gyms in New York.
Nearly half of the year is a place where people are worried about the cold weather.
Many people manage their health indoors rather than outdoors.

Among them, "EQUINOX" is a sports club near the high end,
If you go "EQUINOX" in uptown, you may even encounter celebrities.

A hotel produced by "EQUINOX" has opened.
The company plans to expand to four cities in the United States in the next two years.

A gym overlooking the Hudson River and a restaurant with a healthy menu.
People who exercise their bodies thoroughly during their busy business trips even during their spare time.

New York hotel prices soaring year after year.
Even if you pay 30% more, you will stay at a hotel that is health-conscious.
A new New York style was born.

写真 2019-11-12 10 39 34

写真 2019-11-12 10 42 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 10 50 44

写真 2019-11-12 10 46 08

写真 2019-11-12 10 50 21


Next

写真 2019-12-26 14 40 51

写真 2020-01-01 12 12 58


昨秋、ニューヨークに来ていた従姉との会話。
「年末は暖かい所に行きたいと思って、バハマで集合ね」
「マイレージで行けるところなら、合流できるよ」

年末は、ニューヨークの寒さから逃れて、カリブ海方面へ。
蓋を開けてみると、従姉が行ったのはハバナ(キューバ)で、
私たちは、バハマ(英国加盟国)に向かっていた。笑

ニューヨークから、フライトでたったの2時間半。
白人が多く訪れる楽園の島、アジア人は本当に少ない。

目の前に広がるビーチと青い空、の予定だったのに、
ホテルの寒さで風邪を引いた私は、ずっと部屋に引きこもり。
お陰で、たまっていた仕事も出来たけれど、家族からはブーイング。

とにもかくにも、健康のありがたみを感じながら、
検疫にも引っかからずに、ニューヨークに戻った次第。

慌ててお節料理を用意して、2020年の始まりへ。
録画した紅白歌合戦を観る時間もないままに、ホリデーは終わった。

写真 2019-12-30 16 28 24

写真 2019-12-30 16 26 39


I had conversation with my cousin who came to New York last fall.
"I'd like to go to a warm place at the end of the year and get together in the Bahamas."
"If we can go by using airline's mileage, we can join there."

At the end of the year, we escaped the cold of New York and headed to the Caribbean.
When it actually happened, my cousin went to Havana (Cuba)
We were heading to the Bahamas (UK member states). Lol

It was only 2.5 hours by flight from New York.
There were really few Asians on paradise islands, where many white people visit.

Although the beach and blue sky that spread out in front of me were planned,
I caught a cold by the air condition of the hotel and stayed in my room forever.
Thanks to that, I was able to do some accumulated work, but my family was booing.

Anyway, while feeling thankful for being healthy,
I returned to New York without being quarantined.

I prepared for the Osechi (Japanese new year's food) in a hurry and welcomed the beginning of 2020.
The holiday was over without the time to watch the recorded Japanese TV show.

写真 2019-12-27 9 27 36

写真 2019-12-31 12 52 57


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-02 19 26 51

Next

日本から遅れること14時間、こちらも新年を迎えた。
ニューヨークから脱出して南下したけれど、時差はない。
そんな地球に住んでいる。

幼い頃は、21世紀を迎えることすら想像できなかったけれど、
2000年をとうに超えて、2020年という節目の年までやってきた。

毎年いろんなことが起こって、いろんな経験をさせていただいて、
それでも確かに命があることに、どれほど感謝しただろう。
今ここにある命を大切に紡ぎながら、次世代に何を繋いでいけるだろう。

壮大な宇宙の中で、自分一人で出来ることは限られているけれど、
気が付けばいつも寄り添ってくれる仲間がいて、
その存在にどれほど助けられてきたことか。

これからも、自分ができることを精一杯やる。
世界中に、たくさんの笑顔が溢れるように。
人に誠意を尽くし、懸命に、タスキを繋ぐ。

2020年が、皆様にとって幸多き一年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真 2019-12-30 16 22 46


We've welcomed a new year, 14 hours behind Japan.
I escaped from New York and went south, but there was no time difference.
I live on such an earth.

When I was young, I couldn't even imagine entering the 21st century,
It has gone beyond 2000 and has reached the milestone year of 2020.

Every year, various things happen and I have many experiences,
Nevertheless, how grateful I have a life.
What I can connect to the next generation while carefully cherishing the life here and now?

In the magnificent universe, what I can do alone is limited,
If I notice, there are always friends who will snuggle me up,
I appreciate how much they have helped me.

I will continue to do everything I can.
I hope many smiles will overflow all over the world.
I do the sincerity to the people, and pass the baton hard.

May the year of 2020 be a happy year for everyone.
Thank you very much.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-31 21 01 48




Next