Archives

2020年04月

事情があり、しばらくニューヨークを離れていた。
戦々恐々としたなかで、さらにリスクを取る可能性もあったけれど、
現状を実体験して、自分と家族がどこにいるべきかを考える機会でもあった。

世界が混乱を極めているなかで、まず命あることを日々感謝する。
直接人と繋がれないことが、どれほどストレスになるかを感じる。

祖国を離れて生きることは、正解のない、ゴールの見えない航海。
ここで生きる理由は、ここで生まれた子供たちのためなのか。

同じ空の下は、遠過ぎる。
同じ空間で、呼吸をしていたい。

写真 2020-04-30 2 21 51


Due to my personal circumstances, I was away from New York for a while.
There was a possibility that it might take more risks in a frightening battle,
It was also an opportunity to experience the current situation and think about where I and my family should be.

I thank each day for living, as the world is in turmoil.
I feel how stressful it is to be unable to connect with people directly.

Living away from the homeland is a voyage without a correct answer and without a goal.
Is the reason for living here for the children born here?

Under the same sky is too far.
I want to breathe in the same space.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

外出自粛が続くなか、週末だけは家族親戚と過ごした。
従姉の家に行くと、各々が1−2品を作って、皆で食べる。

ソーシャルディスタンスを気にしながら、
コロナと、身内の動向と、明るい未来を語る。

いつでも迎え入れてくれる家族がいることが、
こんなにも心強い。

写真 2020-04-18 17 19 29

写真 2020-04-20 19 21 23


I spent the weekend with my family and relatives, even though we continued to refrain from going out.
When we go to my cousin's house, each of us makes 1-2 dishes and we all eat them together.

With the social distancing in mind.
We talked about COVID-19, trends of our family, and a bright future.

To have a family that's always there to welcome me.
It's so reassuring.

写真 2020-04-25 18 22 04

写真 2020-04-25 18 30 12


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

写真 2020-04-24 12 24 44


米国のロックダウンに比べて、日本の自粛要請の緩さを体感。
家族以外には誰とも会わずに、ひたすらオンラインで仕事をする。

飲食業界で働く友人が、生き残りをかけてお弁当のテイクアウトを開始。
売り上げの一部で、医療従事者にマスクを贈るというビジネスモデル。

街中では、一般人に紛れて、各メディアの取材チームを何組も見かけた。
「外出自粛」を呼びかけながらも、街中で取材を続けるという矛盾。

日本はこのまま、穏やかな波を保てるのだろうか。
はたして世界は、どこへ向かうのだろうか。

不安と恐怖、そしてどこか諦めの境地。
生きる意味を考える。

まずは今日生きるために、
美味しい食事をいただけることに感謝。

写真 2020-04-24 12 46 50

写真 2020-04-24 12 48 36


I feel that Japan's request for self-restraint is lax compared to the U.S. lockdown.
I do not meet with anyone except my family and work exclusively online.

A friend of mine who works in the food and beverage industry has started a bento take-out to try to survive.
The business model is to give masks to medical professionals with a portion of the sales.

On the street, I saw several teams of media shooting the story among the general public.
There is a contradiction between calling for "refraining from going out" and continuing to cover the story in the city.

Will Japan be able to maintain this calm wave?
Where will the world go from here?

Anxiety and fear, and a feeling of giving up.
Thinking about what it means to live.

First, to live today.
I am grateful for the delicious food.

写真 2020-04-24 12 30 21

写真 2020-04-24 12 31 53

写真 2020-04-24 12 35 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-04-24 13 56 29

写真 2020-04-24 21 11 07

Next

全米で74万人、うちニューヨーク州で24万人の感染者。
この現状で、何をすべきか、何ができるかを考える。

オンラインでセミナーを開催したり、エクササイズの動画を発信する人たち。
コロナ最前線で戦う人々に、美味しい食事を届けようと奮起する友人シェフ。

エッセンシャルワーカーでない私たちにできることは
「感染しない、させない」ために、家にとどまり、静かに過ごすこと。

友人の息子さん(高校生)が、毎日イラストを描いて、発信してくれる。
絵の中に曜日を示す何かが隠れていて、それを見つけるのが小さな楽しみ。

人間も仕事も生き方も、自分にとって大切なものが見えてくる。
いつか教科書に載る歴史的事実を生き抜くことが、目の前のテーマ。

とにかく元気で、また会いたい。

高校生が発信しています。応援してください。
写真 2020-04-20 19 17 33


There are 740,000 people infected in the United States, including 240,000 in New York.
In this situation, I think about what we should do and what we can do.

Some people who hold seminars online and publish exercise videos.
There is a friend chef who strives to deliver delicious food to those who fight on the front lines of Corona.

What we can do as non-essential workers,
We should stay at home and stay quiet to "not get infected".

My friend's son (high school student) draws illustrations every day.
There is something hidden in the illustration that indicates the day of the week, and it's a little fun to find it.

I'm finding out the important things about people, business, or the way of life.
The theme is to survive the historical facts that appear in textbooks one day.

Anyway, I want to see you again in healthy.

Please follow his instagram.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

母の手術が終わった。
高齢かつ心臓の既往症があり、全身麻酔のリスクが高かった。
局所麻酔のために、脳梗塞の服薬を中断させることにもリスクがあった。

医師の想定よりも出血が多く、輸血を余儀なくされたというが、
それはすなわち、切断箇所に血流があり、皮膚が治癒する可能性でもある。

コロナの影響で、術前後はもちろん、入院中の面会もできない。
医師と看護師からの報告を受け入れるしかないという現状。

無力な時間は、あまりにも長くて、途方に暮れる。
思考回路がストップして、廃人のように、ただそこにいるだけ。

それでも、生きている自分に、はたと気付く。
そうだ、生き抜かなくては。

私はどこに、いるべきか。

写真 2020-04-06 9 23 03


My mother's surgery was over.
She was an elderly with a history of heart disease, increased risk of general anesthesia.
There was also a risk in discontinuing cerebral infarction medication if partially anesthesia would be done.

The doctor said she had more bleeding than he expected and she was forced to transfuse.
That was, there was also blood flow at the cut, and the skin may heal.

Due to the influence of corona, visits during and after surgery, as well as during hospitalization, were not possible.
The current situation was to accept reports from doctors and nurses.

Helpless time was too long and I lost my thoughts.
The thought circuit stops and I was just there, like a crap.

Still, I realized that I was alive.
Yes, I have to survive.

I wonder where I should be.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

2月後半、新型コロナ感染が少し話題になっていたけれど、
日本には、まだ穏やかな空気が流れていた。

新しい活動を始めたばかりの私たちは、ようやく一堂に会した。
それぞれの漠然とした想いをぶつけて、語り合った。

呼吸を整えるためには、直接会うことが必要。
そんな価値観が、もう今後は通用しなくなるのだろうか。

自分が感染しなければ、それだけで役に立てる。
人への思いやりが、試されている。

私たちの想いを、聞いてください。

写真 2020-04-06 18 39 34


In late February, the new corona infection was a little talked about.
The calm air was still flowing in Japan.

We have just started a new activity and have finally come together.
We talked about each vague thought.

It was kinda urgent to meet face-to-face to adjust the opinions.
Will those values no longer work?

If you don't get infected, it would be the best of all.
All we need is the love for all.

Please listen to our thoughts.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next

ニューヨークが感染のピークを迎えつつある時期に、
私はあらゆる覚悟を決めて、飛行機に飛び乗った。
家族を残して国境を越える心境は、とても複雑で言葉では表せない。

年老いた両親のために今何ができるだろう。
一番の理由はそれだった。
狭心症と糖尿病を患っていた母が、今度は脳梗塞で倒れた。
2月に切断した足の予後が悪く、さらなる切断手術が迫られる。
水頭症の父は、3度の手術を受けたのに、もうほとんど歩けない。

その横で、新型コロナウィルスが猛威をふるい、たくさんの命が奪われていく。
何度倒れても生かされている命、そこに意味があるのだと信じたい。

ニューヨークから、毎日戦場のような写真が送られてくる。
日本の病院に通いながら、どれが現実なんだろうと想いを馳せる。

母の手術が終わったら、ニューヨークに戻ろう。
でも、戻れる保証はなく、自分の居場所はどこにもないのだと気付く。

写真 2020-03-20 12 33 55

写真 2020-03-20 12 34 05


During New York's peak of infection by COVID-19,
I decided everything in mind and jumped on the plane.
The feeling of crossing national borders, leaving a family, was very complex and could not be described in words.

The main reason was that I wanted to do something for my parents.
My mother with angina and diabetes has now got a stroke.
The prognosis of the surgery of foot cut in February was poor, and further amputation was required.
My father with hydrocephalus has had three surgeries and can hardly walk anymore.

Beside them, the new coronavirus is rampant and many lives are lost.
I want to believe that there is meaning that they have survived many times.

Every day from New York, photos like battlefields have been sent.
While visiting a hospital in Japan, I doubt which world is real.

After my mother's surgery, I will return to New York.
However, there is no guarantee that I will return, and I realize that I have nowhere to go.

写真 2020-03-20 14 08 37


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next